「部外者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部外者とは

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170725134852

そんなんTwitterに腐る程あるけどね。むしろありすぎて腐ってるけどね。んで部外者にできることなんて何一つないけどね。

2017-07-22

慶応SFCSFC自称するやつ

湘南藤沢キャンパスのことらしいけど、慶応慶応じゃん。

なんかSFCということに拘りがあるのか、

ただ、田町日吉からすると格下目線があるらしいとかもあるらしいが、部外者からはよくわからん

2017-07-21

日本マイクロソフトはいい加減潰れろ

Windows10Edge が動かない。

Microsoftサポートコミュニティを閲覧する。

ウィンドウスクリプトプログラマー」とかクソにクソをラミネート加工したクズ野郎が日夜頑張って適当なことを吐いてる。検索邪魔

そのクソにまみれた手を洗いながら、いくつかの対応策が見つかったが、どれも有効打にならずエラー

 

MicrosoftのAnswerDesk(チャット)にイベントエラーの出力事項など詳細を含めて報告。

応えて曰く「ここでは解決できないので、Microsoftサポートコミュニティを利用してください」

は?お前ら何でサポート窓口にいてんの?お前らの役割は何?

あん部外者集合愚を頼りにしろとか、どれだけ無能擁護する無能なの?

というかMS本社サポートに流せよ。少しは通訳程度の仕事くらいしろ

 

で、Microsoftサポートコミュニティはクソ過ぎて役に立たないことを伝えると、今度は「有償プレミアムサービスを利用してください」

は?お前ら何でサポート窓(略

有償でもいいから何とかしてほしいから、まず内容を聞いてくれと言ったら「それは契約を済ませてからになりますので、まずは入金を」

は?信用におけないサービスに金を払えとか、お前ら詐欺集団

「信頼におけますので安心してください」なんて、日本人技術サポート担当なんて程度が知れているから頼りにならんわ。

というかMS本社技術者に繋げよ。こっちが英語でやり取りすれば済むはずだからさ。

有償なんか受けられないと言ったら「じゃあ案内できるのはここまでです。さようなら」と一方的チャットを切る。

サポートというより人として最悪。クビになってクビ吊れよ、MSのAnswerDeskの遠藤小林工藤と船木。

 

しょうがねえので日本MSKKの千代田区会社電凸したが窓口にすらつながらず。

AnswerDeskに電凸するも「チャットサポートで問い合わせてください」の機械音声。

プレミアムサポート電凸するも「AnswerDeskに問い合わせてください」の機械音声。

お前ら電話対応もできないのか。クソ無能だな。

 

で、Microsoftサポートコミュニティに現状の状況について明確に記載したうえで回答を待つ。

案の定、「ウィンドウスクリプトプログラマー」とかクソにクソをラミネート加工したクズ野郎適当なことをほざく。

散れよ無能。お前みたいな知ったか程度ですらない知識をフル回転して回答しようとしても、全然回答にならねーんだよ。クソが。

そのクソにまみれた手を洗いながら返信を待てども、一向に解決せず。

 

日本マイクロソフトはいい加減潰れろ。米国本社に直接英文メールできるようにするか、国際電話の窓口ができるようになれ。

2017-07-16

藤沢数希の経歴、正体、学歴本名、顔

参考 藤沢数希のまとめ http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisaw/

----------------

藤沢数希アムロのバックオフィス(三流の金融商品開発やトレードでも営業フロントですらなく)だった事がほぼ確定。

収入現実でもネット上でもメルマガぐらいで与沢翼と同じ詐欺の模様。

藤沢数希がやっていることは新手のネットワークビジネス

与沢翼信者ビジネスアムウェイのような洗脳ビジネスの合成。

稼ぎ方を売ると高額商品連鎖取引にも抵触するためぼかして有益情報とし、引き込んだコミュニティマルチまがいの集団洗脳を行う。

一回の金額の低さを脱出させない継続性で補う。

----------------

2005年金融日記を開始。

ブログ2008年09月会社が逝ったと書いているが、ABNアムロ銀行も同年同時期に経営破綻しそうになりオランダ国有化されているので藤沢数希の勤め先はアムロ銀行と言うのは確定。

あれだけ偉そうな藤沢営業は頭が必要だと言っている事と金商品プレゼン入社試験だった事からみて初めは営業マンだった可能性はある。

恋愛工学営業論にもルーツがあったとのうわさあり。おそらく最初入社したのは日本企業、やはり国際証券か。

著作では専攻は計算科学理論物理と書いてあり意味不明だが、察するにコンピューターシミュレーションの事か。

理論分野でなくせいぜい統計処理プログラムの実行ができると言った程度でそもそも物理学素養から一切ないのでありえない。

生物学が少し好きなよう。ハードサイエンスについて少しでも意味のある発言をした事はない。

統計屋のトレーダーであってプログラム自力で組めないのではないか

自称ではクオンツかつプロップトレーダーポートフォリオデリバディブの研究運用をしていたと言うが

クオンツ数学を使うのは日本で少なく文系でもなれる。金融商品開発ではプログラムが使えればよく文系もいる。トレード運用でも同じ。」と言っている。

当人理系でも数学スキルが低く半端仕事しかした事がないのでは?

ブログアゴラ記事をみるに多少数学的な話題を書いている場合もせいぜい経済学の初歩的な事や統計処理のみで経済関連では本当に初歩的ばかりか間違いも散見される。

クオンツと言っても字義的な量的に考える仕事を指しているのであって、数学物理学のような研究職ではないと思われる。

著作の内容もブログアゴラ記事と同様同じ程度で、インターネット新書に載っている事を引っ張ってきた以上の事は書いていない。

社会考察はほぼクリティカル経済話題ではななく一般的な時事に反応するだけで、内容も格差を認め規制をなくし競争させればよい程度のいわゆる新自由主義以上の事は言っていない。

金融関係記事部外者業界企業について調べたような視点見方情報のみ。

またクオンツ以外の広義の経済分析も、記事ワイドショーに使われるようなグラフを示しまるでみちびかれそうにない拙い思い付きを並べているだけでアカデミズムとも関係なく意味価値もないような代物。程度が知れる。

クオンツマーケティングトレーダー自称するにもかかわらず、実際に具体的な洗練された経済分析予測はしてみせたことがない。

本業だとしてもどうしても考え方や言っても問題ない事は自然と口にしてしまうはずだが(あるいはサービスするはずだが)、少しも実務の話や従事を感じるような発言をした事はない。

時折抽象的な事は言うがどれもこれも大外れでその度に言い訳をしている。とてもではないが経済分析仕事にできるような能力経験があるとも仕事をして情報に触れてきたようにはみえない。

以上から推測するに、もしかすると本当は元々『『藤沢数希国内証券会社営業マンだった』』可能性が高い。

金融を少し勉強し、もしかするとわずかにトレード技術業務にも携わった事があるのか。

あるいは外資系アムロ転職しバックオフィス一般職からみたような経験ブログを書こうとしたのではないか

理論物理学研究者だの外資系金融機関だのクオンツだの高給トレーダーだのと言うのは藤沢の詐偽。

それが目を惑わしているだけで、事実直視すれば無知無能なはったりだけの卑小な男がいるだけではないか

ドル(管理クオンツ)ではなくフロントでもリサーチなりアナリストマーケットトレーダーではなくセールス(営業)だったかもっと言えば一番可能性が高いのはバックオフィスだった。

金融日記が始まった当初はまだ外資系金融マン発言する事自体が珍しくそこに目をつけ思った以上に嘘が評判になったが、ネタが元からそれ以上なかったために恋愛工学シフトしていったのではないか???

----------------

藤沢数希さんがガチ市場関係者に絡まれ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Nb_6yaCy6QQJ:kabumatome.doorblog.jp/archives/65750196.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

藤沢数希には金融経済の基礎知識もなく、経済学自然科学理解もなく、トレーダーアナリスト経験もない。

プロが呟きを見て断言した証言理工学能力は見ての通り。

ゴールドマンサックスリーマンブラザーズではないABNアムロの、アカデミズム関係がない研究職なりクオンツでもなく金融マンでもないバックオフィス

----------------

藤沢数希経営なんてしてない。

経営する会社税務署から申告が来たけど忘れた→税理士は?と自爆会社経営も嘘確定。

2017-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20170712182025

大きい勢力であれば、小さい勢力権利に口出ししても良いの?逆は、許されないのに。そういう世の中がよくないかマイノリティ意見が反映されるような政治のあり方になってきたのが現代である信じたいね

部外者自分意見が違うから気にくわないというのはその通り。だけど、それだけじゃない。本当はゲイに興味なんかないし同性婚パートナーシップのあり方、結婚観なにも知らない奴が勘違いものをいってんのが明らか過ぎて腹が断つということの方が大きい。ちょっと調べてみれば、それは同性愛者の人たちが考える問題だねとなるに決まってんだから

https://anond.hatelabo.jp/20170712165723

当事者でなかろうと図々しかろうと小学生感想文並だろうと

数が集まれ勢力の一つになるのが今の世の中だもの

元増田はそれが気に食わないんだろうけど

部外者が首を突っ込むなっていうより

部外者自分と反対の意見を主張して世論がそっちに流れかかってるのが気に食わないように見える

https://anond.hatelabo.jp/20170712003518

そりゃ同性婚議論から同性婚のことを十分理解して

同性愛者のことを一番に考えた議論が出来ればそれが一番だけど、

実際には自分利益思想やいろんな思惑があって意見を言ってる人が大半で

その人達には同性愛者の事情なんて知ってても知らなくても大して関係ないんだよ

部外者が首突っ込んでくるのは面白くないだろうけど

議論なんてどうやったって結局そうなるもん

https://anond.hatelabo.jp/20170712000300

部外者って言ったって法整備なりなんなりするなら完全に無関係ってわけでもないし

完全に部外者スルーしてたらどんだけ内輪で議論しようが全く何も進展しようがないし

関係ないけど賛成だ反対だなんて言うのは別に同性婚に限った話じゃないだろう

同性婚議論になんで異性愛者が入ってくんの?

ゲイだけどなんで異性愛者が賛成だ、反対だと首突っ込んでくるのか理解できない。関係ないじゃん。

おまけに同性婚パートナーシップ制度との違いも知らずに適当同性婚支持してたりするのには閉口するしかない。簡単に言うと同性婚異性愛者の結婚と同等の権利をというもので、パートナーシップ制度必要法整備を徐々に進めていくというもの。んで、海外ではだいたい半々くらい。

ちなみにどっちにしたほうがいいのかは、ゲイの間でも意見が分かれてるというのが現状だ。お前らはなに基準で、同性婚賛成って言ってんの?俺は、パートナーシップ支持派だから、正直部外者が賛成反対言うこと自体お門違いだと感じてる。

2017-07-09

バンドなんかやめる

バンドをやってる。

ライブチケットをタダで配って、お客さんに来てもらってる。

から赤字

でも、バンド応援したいというおじさんがいて、赤字分はそのおじさんに負担してもらってる。

最初のころに「こんなにお金だしてもらって大丈夫?」「ぜったい下心あるよ」「やばいよ」みたいな話したけど、メンバーの一人が「お金を出したいなら出してもらおうよw」と言い出して、負担してもらうことになった。

なにか見返りが必要とか、そういう話ではなくて「ノルマ分のチケット代を出すからライブをやって。ライブが見たい」という話だったし、私も賛成してしまった。

 

その流れで、おじさんが練習場所を確保したり、打ち上げとかミーティングにも参加するようになった。

私としては、友達同士で楽しくワイワイとバンドを作っていきたかったのに、部外者が入ってきて、この段階で嫌な感じになってきた。

ライブときの服がバンド方向性と合ってないと言われて、たしかにその通りだったから、衣装代をだしてもらって買うことになった。それで服のチョイスにおじさんの意見がだいぶ入って、それもかなり嫌だった。

おじさんがお金を出すからライブも月に2回もやるようになった。みんな楽しそうにやってるけど、ちょっとのめり込みすぎではないかと思うようになった。

まあ、お客さんも増えて、私も、はてな風に言うと承認欲求が満たされてかなり高揚感を感じてはいたのだけど。

そういう経緯なんだけど、偶然、おじさんとメンバーの1人がいちゃついてるところを目撃してしまった。本人に問いただしたら、おじさんと付き合ってるらしい。ほかのメンバーには秘密にしてほしいと言われた。

親くらいの年のおっさん相手とかありえない。気持ち悪い。金さえもらえばなんでもいいのか。

バンドはやめる。

なんでやめるか聞かれるだろうから、ほかのメンバーにもバラす。

たぶん解散だ。

2017-07-05

とある生活保護cw日記

今の部署に配属されてから3ヶ月が経つが、もう無茶苦茶なことがめちゃくちゃ多くて心底感覚麻痺している。

あげつらうとキリがないが、今日めちゃくちゃ腹が立ったのはこれ。

※ところどころ虚実を織り交ぜて書いてあります、大体の流れは一緒

話は5月の半ばに遡ります

ある被保護者が元妻とやり直し、県外に転居するので、生活保護廃止にしてほしいと電話で申し出てきた(被保護者は単身世帯)。

電話口にその元妻という人も出てもらい、転居に至るまでの大体の流れと、転居先での生活はどうするのか、向こうでも生活保護受給する意思はあるのか、などを尋ねた。転居に至るまでの流れについては、元妻の父が死去し、ある県にある元妻の実家の墓を守らなくてはならなくなったので、ある県に転居するとのことだった。

転居後の生活について、元妻は、元妻の親類を頼って同居し、その親類が営む家業を手伝いながら生計をたてるか、もしくは近くに住み別の仕事を探すかする、とのことだった。平たく言えば、まだ転居先もはっきりしておらず、向こうに移ってから生活もどうするのか具体的には固まっていない様子だった。

しかし、もう転居の日取りと段取りは決めており、5月末には転居したいという。

当職から助言できることは、まず向こうでどういった方法生計を立てるか、また転居先をどうするか決めてから引っ越しをするようにすることくらいだった。

あくまで本人の意思尊重しなければならないので)

この時点でおかしな点が一つあるが(親類がいるのにどうしてその県に転居してわざわざその元妻と被保護者が墓守をしなければならないのか、という点)、その時は私も初めてのことで右往左往し、周りの先輩方に助言を請いながら対応するしかなく、疑問に思いはしたが、その点についてはあまりツッコミを入れることもできなかった(そこにツッコミを入れていいのかわからなかった)。

通常であれば、窓口に来て辞退届を書いてもらい、他県に転出による保護廃止という流れになると思う。自己都合による転居となるので、辞退届を書いてもらうだけで、特に支給もなくすんなり終わるはずだった。

しかし、この元妻というのが曲者だった。

電話口の印象としては、あくま普通、寧ろ父親の死にダメージを受け、沈んでいるような雰囲気も感じられたが、実際にその被保護者を伴って窓口に来た時の印象はまるで違った。

電話で話した際に、元妻に身元引き受け人という形で一筆書いてもらった方がよいとの助言を上から頂いたため、元妻も窓口に一緒に来てもらったのだが、面接室で話を聞くうちに元妻の態度が豹変したのだ。

やれ転居費用を出せだの、家を引き払うときにかかるルームクリーニング代は出ないのかだのの主張をはじめ、かれこれ二時間はそこに居座ったのである

そもそも、元妻は離婚しているままなので法的には扶養義務関係もなく、その上生活保護受給しているわけでもない。完全に部外者なのであるあくまでこの時点ではの話で、私の認識が間違っていなければだが)。

そのうち元妻は、「私の父は生活保護受給している父の兄に、父の兄の知り合いのならず者を通して、ギャンブルで使う金欲しさに金をせびられ続け、それを苦痛自殺して死んだのだ、当職の住んでいる街で調べればそいつ受給していることがわかるはずだ、なのにこちらはなにもしてくれないのか」、などと言い始め、その父の兄の名前を当職が尋ねると、それは教えられない、などと無茶苦茶なことを並べ立て始めたのである。仮にその話が本当だったとして(明らかに苦し紛れについた嘘のように思えるが)、こちらとしては、事情理解できるが、そのような結果がもたらされたのは、冷たいようだが、我々の指導できる範囲外のことであり、そういう案件警察相談してください、と伝えるしかなく、当職がそう伝えると、元妻は既に警察には相談している、役所は何もしてくれないのか、などと、主張を並べ立てるばかりであった。

ちなみにその間、被保護者本人はずっと大人しくしていた。被保護者本人は無害そうな人物で、特に何も無茶苦茶なことを言うことはなかった。寧ろ、無茶苦茶なことを並べ立てる元妻に対し、やんわりとなだめこちらをフォローしてくれているような様子さえ見て取れた。

いきり立つ元妻に、当職は何度も少々お待ちください、上と協議して参りますので、という宝刀を用い、かれこれ3、4回はそれを繰り返した(実際、本当に対応を上と協議していた)。

私も3月までは完全に生活保護門外漢であったので、OJT(私の業務サポートしてくれる方)も同席の上、対応していた。

ルームクリーニング代は通常支給していないが、そのうち上も元妻がただでは帰らないことを察したのか、何とか法的根拠に則った上で、必要書類が揃ったら、という条件を満たせば、クリーニング代を支給することとなった。

なんやかんやで被保護者必要書類等を持参させ、それが揃ったのは転居当日であった。しかしそれには明らかな不備があった。こちらとしては、原則として、あらゆるものにおいて、事前にかかる費用見積もり(この場合大家不動産から請求書)を提出してもらい、こちら側での検討を経ない限り、費用支給できないことになっているのだが、その請求書自体がまだもらえていないというのだ。当職が被保護者に対して、業者請求書を出すよう頼むように、事前に伝えていたにも関わらずである。それでも業者が頑として請求書を出さない、というのは考えにくい。

どう考えても、それではその場でのクリーニング代の支給はできない。しかも、保護は同日付で廃止となる(同日なのか翌日なのかの認識が間違っているかもしれないが)。これでもう支給は不可、ということになりそうなところだが、特例として、後日その領収書を提出をするのなら、それが確認でき次第口座に振り込む(このような場合原則窓口で直接小切手を渡し支給するが、県外転出で窓口には取りに来られないと思われるため)こととなった。

さらに、29日付けで廃止となったため、支給済みの、月の残り3日分の生活保護費は戻入金として返してもらわなければならない。

まり良いことではないが、転出してからでは回収できる見込みが薄いため、現金状態でその場でピッタリの額を預かることとなった(お釣りこちから出すことは出来なかった)。

釣りは出せない旨伝えると、元妻は露骨に機嫌を損ねた様子で、財布から出した札をこちらに放り投げ、持っていけとばかりにこちらに差し出した。この時点で当職は怒りではらわたが煮えくり返っていたが、それを受け取り、一旦この件は落ち着いたかに見えた。しかし帰り際、元妻は当職の名前を聞き出し、ある県に行くのはもうやめる!あんたとはやり直さない!などと腹いせに被保護者に対して言い放ちながら、足早に去っていった。被保護者は、その後ろをいそいそとついて帰っていった。

そして翌日、帰り際に元妻が市民相談窓口にクレームを入れていったらしく、その元妻が訴えたことが市民相談事案として当職のグループ下りてきた。私は対応協議していた直属の上司とともに、そのさらに上の上司に対して、このような事案があった、という釈明に追われた(その場では、私の対応特に落ち度はなく、こういうことはままあるので気にするな、くらいの話でまとまったが、それまで私の胃がキリキリしていたことは言うまでもない)

そして今日まで、何度かその被保護者と元妻に連絡を入れたものの、結局そのクリーニング代の請求書こちらに届くことなく、その支給は宙に浮いた状態になっていた。

長くなったが、これがことのいきさつである

ここからがやっと本題だ。今日、その被保護者から突然電話があった。何かと思えば、元妻が病死し、行くあてがなくなったので当職の住むもとの街に戻りたい、と言うのである

そして今どこにいるのかを問うと、沖縄、という答えが帰ってきた。もちろん、元妻の実家がある(と聞かされていた)場所沖縄ではなかった。この時点で話がめちゃくちゃだが、その上その被保護者は、身元の保証人になってくれる人がいないので家が借りられるかどうかわからない、こっちでそうした保証人のいらない物件を紹介してはもらえないのか、などと言い始めたのである

いや、無理。斡旋とかできないし。つーかもう帰ってくんなや。帰ってくるにしても自分で探せや。あんだけ好き勝手やっといて、保証人になってくれる人もいねえし、なんの宛もないくせに、こっちに戻ってくる理由はなんだ。

久しぶりに私のはらわたは煮えくり返った。もちろん電話口では、そういう紹介はできない旨伝え、こちらでできることは何もないとやんわりと伝えるなど、冷静に対応したが、怒りをどこに向けていいのか分からず、思わず舌打ちをしそうになった。

沖縄の方が暮らしやすいぞ?てか帰ってくる金はどうすんだ。借りた?んじゃあその金で暮らして立ち行かなくなったら自己破産でもしろや。つーか生活保護申請なんかわざわざこっち来てしねえで向こうでやれや。

本当にこの世の中は理不尽な事だらけである

枚挙に暇がなさすぎるので、このへんで筆を置くことにする。

楽しそうにしている人たち

人売りで開発支援現場に来ている。

LAMP現場だ。コテコテウォーターフォールで、ソース管理svnだしテストExcelで手動実施、チームメンバーは現状で15人。

要件定義からサポートなのだが、やっていることといったらひたすらExcelで画面イメージを作る作業だ。

モックアップはあるのだが、テンプレートエンジンに落とし込むことを一切考慮していないので再利用はほぼできない。

営業上がりのリーダーはそのことを理解していない。スケジュールを見ると炎上がほぼ確定している。部外者にはそれを正すこともできない。

リーダーは謎の打ち合わせで業務時間の8割は席にいない。チャットワークで問い合わせても返事はない。

与えられた仕事はどんなにかかっても1時間で終わるようなことなので、空いた時間トイレに篭るか瞑想するかはてぶを巡ることでつぶしている。

そして技術系の記事を見ていると、みな楽しそうに新しい技術や働き方について綴っている。

この落差は何なのだろうか。

人売りでしか生きていけないような会社に勤めていることが間違いなのか。

そもそもこの業界にいてはいけない人間なんじゃないかとすら思えてくる。

考えているだけだとどんどんネガティブ思考に陥っていく。

これじゃいかんと、最近オンラインIDEJSフレームワークをいじり始めた。

楽しそうにしている人たちにしてみれば2周遅れの技術だろうが、それでもコードをいじっていると気がまぎれる。

逃げるのは簡単ではないができなくなはい

でも、少なくともなにか1つくらい作りあげてからにしたいな。

藤沢数希の経歴、正体、学歴本名、顔

参考 藤沢数希のまとめ http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisaw/

----------------

藤沢数希アムロのバックオフィス(三流の金融商品開発やトレードでも営業フロントですらなく)だった事がほぼ確定。

収入現実でもネット上でもメルマガぐらいで与沢翼と同じ詐欺の模様。

藤沢数希がやっていることは新手のネットワークビジネス

与沢翼信者ビジネスアムウェイのような洗脳ビジネスの合成。

稼ぎ方を売ると高額商品連鎖取引にも抵触するためぼかして有益情報とし、引き込んだコミュニティマルチまがいの集団洗脳を行う。

一回の金額の低さを脱出させない継続性で補う。

----------------

2005年金融日記を開始。

ブログ2008年09月会社が逝ったと書いているが、ABNアムロ銀行も同年同時期に経営破綻しそうになりオランダ国有化されているので藤沢数希の勤め先はアムロ銀行と言うのは確定。

あれだけ偉そうな藤沢営業は頭が必要だと言っている事と金商品プレゼン入社試験だった事からみて初めは営業マンだった可能性はある。

恋愛工学営業論にもルーツがあったとのうわさあり。おそらく最初入社したのは日本企業、やはり国際証券か。

著作では専攻は計算科学理論物理と書いてあり意味不明だが、察するにコンピューターシミュレーションの事か。

理論分野でなくせいぜい統計処理プログラムの実行ができると言った程度でそもそも物理学素養から一切ないのでありえない。

生物学が少し好きなよう。ハードサイエンスについて少しでも意味のある発言をした事はない。

統計屋のトレーダーであってプログラム自力で組めないのではないか

自称ではクオンツかつプロップトレーダーポートフォリオデリバディブの研究運用をしていたと言うが

クオンツ数学を使うのは日本で少なく文系でもなれる。金融商品開発ではプログラムが使えればよく文系もいる。トレード運用でも同じ。」と言っている。

当人理系でも数学スキルが低く半端仕事しかした事がないのでは?

ブログアゴラ記事をみるに多少数学的な話題を書いている場合もせいぜい経済学の初歩的な事や統計処理のみで経済関連では本当に初歩的ばかりか間違いも散見される。

クオンツと言っても字義的な量的に考える仕事を指しているのであって、数学物理学のような研究職ではないと思われる。

著作の内容もブログアゴラ記事と同様同じ程度で、インターネット新書に載っている事を引っ張ってきた以上の事は書いていない。

社会考察はほぼクリティカル経済話題ではななく一般的な時事に反応するだけで、内容も格差を認め規制をなくし競争させればよい程度のいわゆる新自由主義以上の事は言っていない。

金融関係記事部外者業界企業について調べたような視点見方情報のみ。

またクオンツ以外の広義の経済分析も、記事ワイドショーに使われるようなグラフを示しまるでみちびかれそうにない拙い思い付きを並べているだけでアカデミズムとも関係なく意味価値もないような代物。程度が知れる。

クオンツマーケティングトレーダー自称するにもかかわらず、実際に具体的な洗練された経済分析予測はしてみせたことがない。

本業だとしてもどうしても考え方や言っても問題ない事は自然と口にしてしまうはずだが(あるいはサービスするはずだが)、少しも実務の話や従事を感じるような発言をした事はない。

時折抽象的な事は言うがどれもこれも大外れでその度に言い訳をしている。とてもではないが経済分析仕事にできるような能力経験があるとも仕事をして情報に触れてきたようにはみえない。

以上から推測するに、もしかすると本当は元々『『藤沢数希国内証券会社営業マンだった』』可能性が高い。

金融を少し勉強し、もしかするとわずかにトレード技術業務にも携わった事があるのか。

あるいは外資系アムロ転職しバックオフィス一般職からみたような経験ブログを書こうとしたのではないか

理論物理学研究者だの外資系金融機関だのクオンツだの高給トレーダーだのと言うのは藤沢の詐偽。

それが目を惑わしているだけで、事実直視すれば無知無能なはったりだけの卑小な男がいるだけではないか

ドル(管理クオンツ)ではなくフロントでもリサーチなりアナリストマーケットトレーダーではなくセールス(営業)だったかもっと言えば一番可能性が高いのはバックオフィスだった。

金融日記が始まった当初はまだ外資系金融マン発言する事自体が珍しくそこに目をつけ思った以上に嘘が評判になったが、ネタが元からそれ以上なかったために恋愛工学シフトしていったのではないか???

----------------

藤沢数希さんがガチ市場関係者に絡まれ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Nb_6yaCy6QQJ:kabumatome.doorblog.jp/archives/65750196.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

藤沢数希には金融経済の基礎知識もなく、経済学自然科学理解もなく、トレーダーアナリスト経験もない。

プロが呟きを見て断言した証言理工学能力は見ての通り。

ゴールドマンサックスリーマンブラザーズではないABNアムロの、アカデミズム関係がない研究職なりクオンツでもなく金融マンでもないバックオフィス

----------------

藤沢数希経営なんてしてない。

経営する会社税務署から申告が来たけど忘れた→税理士は?と自爆会社経営も嘘確定。

----------------

2017-06-23

一軒家とマンション

私は生まれた時から大学生になるまで新興住宅地の一軒家に家族で住んでた。4人兄弟末っ子で、私が高校生になる時には上の兄弟3人はそれぞれの理由実家を出て行った。私が大学生になり地方大学に通うことになり私は大学から近くのそこそこ綺麗なマンションの一室を借りて住むことになり、実家に両親2人が残ることになった。しかリタイア間近だった両親にとって庭の維持や家の掃除苦痛になったので駅に近いこぢんまりとしたオートロック付きのマンションを買った。今年大学卒業して今両親が住んでるマンションに一緒に暮らしているのだけどマンション暮らしてみて思うのは、一軒家の暮らしって怖くないか?ということである。巨大な屋敷大金持ちの人の場合ではない普通の人の一軒家というのは門の鍵をかけていない家が多いと思うんだけど、それって不審者部外者が入り放題だったんだということを考えて一軒家って怖いなって思った。

2017-06-21

https://anond.hatelabo.jp/20170621093833

増田コミュ力あるって言ってんだぞ?

世間のみんなが「カラオケ」って言ってたら、カラオケ行くのか?

それ一番コミュ力無い人間の行動だぞ。

当人が「歌駄目です」って言ったらどうすんの?

なんで部外者に聞いてるん?

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170619215946

逆に何でそれでいいと思うのか

貢いだ本人は一切怒るな、運営側おっさん勝手に決めた処分を黙って受け入れろ、などと言われて誰が納得するのか

そして貢いだ本人でもない部外者が何で偉そうにそんなことを言ってるのか

ましてや殺人事件である山岳ベースを持ち出すとか頭おかしいとしか言いようがない

君のやってることは単なる誹謗中傷

2017-06-11

○○のほうがよかったか

って部外者が言うの超きらい。

普通に「○○のほうがよかったのに」とでも言えばいいのに。

これだからオタは。

全然知らないことなのに「○○ってどうやるんだったっけ?」って聞くのと同じくらいきらい。

2017-06-05

完成形には爪痕がないことが多い

完成されたものって得てしてつまらなくて、退屈で、起伏がなくて、そう簡単大衆には振り向いてもらえないものが多い気がする。

子が音楽をやっているのだが、あれは音をひとつ出すだけで大変なものなのだな。押せば鳴る楽器なんてものはなく、たとえ電子楽器だとしても自然発声をさせるのは相当な訓練が必要であることを、子の練習を通してやっと実感した。

それがわかったとたん、あらゆる演奏の裏側に積み上げられてきた膨大な時間が見えてきて、今までつまらなくて、退屈で、起伏を感じられなかったクラシック音楽いかに素晴らしいものなのかを知った。

大変さを経験した者にしかからない醍醐味。それは完成されたものへの自然リスペクト部外者には全く見えない小さなさな爪痕から、その背後に隠れた壮大なストーリーを受け取って自然と涙できる。

そして、経験のない者らには、なんの爪痕もないツルッとした完成形に見えてしまう。

素晴らしいものになればなるほど、伝わりづらくなるというジレンマは、どの世界にもあることなのだろうな。

2017-05-30

性犯罪に対して「容疑者はとにかく罪を認めろ!」って方向はおかし

被害者保護必要だけど。主張を容疑者は全部受け入れろってのはムリだろうと。

部外者あんまり触れない方がいいというのはそうだと思うけど。とにかく「被害者良い!容疑者悪い!」みたいに同意しないといけない。そうしないのは被害者セカンドレイプだ的な主張には、どうにも納得できない。

被害者にとって裁判が大変で苦しいとか、矛盾を細かく指摘されるのが傷つくってのはそうなんだろうけど。

仕組みとして公正な判断が出来る方法を考えていく必要はあるだろうが。「被害者勇気がある!容疑者けしからん!」って言わないといけないのは、やっぱり変だと思うんだよねぇ…

まじめな話、仕事上で知り合った相手とそういう関係になる時は、利益相反的な事が発生するから性交同意書」を作成するべきだと思うよ。

2017-05-29

anond:20170529125001

そっと伝えたんじゃねえ、堂々と恋心を告白したの。本人に。でキモかいわれて振られて言いふらされたのね。

あんたのいう廊下はな、部外者立ち入り禁止廊下だ。ピクシブ規約13条もういっかいよんでこい。

2017-05-27

晴海時代から同人誌やってる人間だけどpixiv論文のような事件はいつか起こると思ってた

古いオタなら分かると思うんだが、昔の同人サークルってのは、個人ホームページ作ってがちがちの検索避けをしていた。

生物ジャニーズとか)やってるサイトなんて暗号解読しないと入れないのが普通だった

なぜそんなことをやっていたかといえば、「ネット世界は基本全公開なので、不要に表に置いていたらどこで何をリンクされても文句言えない」と

分かっていたからだ

R18などはその中でも裏ページに置いているところも多く、その裏にも暗号パスワード管理人に連絡などの方法ないと行けなかったりした

迫害されてきた歴史オタク達は、自分たちがやってることがどれだけ恥ずかしいことで、ばれると社会的死ぬかよくわかっていた

から同好の士以外は入れないところ」で隠れていた

pixivもそうだろうという趣はあるが、だがあれは無料ログインできて、適当語句検索すればそのジャンルに興味がなくともたどり着けるのだ

昔のサイトは、そんな好奇心だけの奴らから逃げるために、検索避けをしたりとか、裏ページを作ったりしていたわけで

pixivは一応閉じられた物だとは言え、オタクだけしか入れないSNSじゃない

まったく興味がない奴に見られる可能性は個人検索避けサイトより段違いに高い

から、今回の件は、確かに論文書いた研究者配慮がないとは思うが、そりゃ、そーだろ、って気もする

だってコミュニティに属しているからこそ「R18を書くのは恥ずかしく性癖を見られること」だと分かっているわけで、部外者には感覚理解できようもない

マジョリティ言動ダメージを食らいまくったマイノリティなら分かると思うが、彼らには悪気はないのだ。本当に全くないのだ。

あんたが書いた同人誌、親戚に配ったよ!」っていう親と同じである

やめてええええええええ!と叫んでも親には「なんで?」となる。

pixivなどというユーザー名とパスワードさえ設定して、検索すれば見つかる場所は、同好の士以外もたくさん通りがかるので、ある程度はしょうがないんじゃないの、って気がする。

しろ、よくpixiv程度のたべろぐに載ってる路地居酒屋程度の場所でR18なんて書いてたな、すげえな、見つかってもいいんだな、って思っちゃう

まり行きたくないのでサボろうと思います

そもそも自分はどちらかといえば部外者なのに

主役の人達がやりたくなさそうですごくダルそうにしている

それに付き合ってるとこっちまで精神的に参ってきて嫌になる

嫌なら廃止しろ

2017-05-22

公園バット持ち込みの是非

千葉バットで襲われる事件が起きた。

私も子供の頃、公園上級生にバットで殴られ打撲したことがあるので分かる。

バット凶器である

国営公園など多くの公園ではバットの持ち込みが禁じられている。

飛行機でもバットは機内へ持ち込むことができない。

昨年、大阪バットを持っていた大人たちが凶器準備集合罪逮捕された。

バット凶器である

この松戸市公園ではバットという凶器を使ったスポーツが行われていたという。

射撃アイロン掛けもスポーツであるが、ルールに従い、場所をわきまえて行われている。

バットを使ったスポーツもまた、場内への部外者立ち入りの制限

バット利用者登録認証バットの施錠管理等が必要ではないだろうか。

繰り返すが、バット凶器である

2017-05-18

職場の人が息子に手をあげている

職場の同僚(38歳、男性)が、息子さんを殴っているという話を度々していて、大丈夫なのか心配

状況を話すと、彼の息子さん(中学生男子)が、一年以上不登校状態家庭内で暴れる事が多くて、包丁を持ち出したり、壁に穴をあけたり。好きなゲームに没頭していて、嫌な事は一切やりたがらない、と。

話を聴いていると、素人判断危険なんだけど、何らかの発達障害かも、と思わせる部分がある。実は、その可能性は同僚もわかっていて、何度も受診をすすめてはいる、と。

でも、受診はしていない。本人はおろか、同僚の奥さんが猛反対しているんだとか。

奥さん的には、「息子を障者にしてしまうことで、彼が普通人生を送る可能性が閉ざされてしまう」事が耐え難いらしい。

いや、その認識は違うだろう!と強く思うんだけど、同僚の話を聞く限り、説得は無理ゲーに近い。

奥さんはかなり疲弊してて、もう一人いる息子さんのサッカー部活動に没頭することで平静を保っている状態。同僚は、不眠。

相手に「息子に向き合っていない」などと言って喧嘩しているそうな。

「いや、2人とも向き合い過ぎ(かつ、向き合う方法が間違ってる←カッコ内は当人には言ってないです、もちろん)、家庭内で決着つけようとしないで、支援の力を借りたりすれば、みんな少し息をつけるのでは?」みたいな事は伝えたんだけど、届いてないと思う。

あと、「殴ってしまうと、息子さんとの信頼関係メタメタになる。仮に何らかの障碍なら、なぜ殴られているのか、理解出来てない可能性も高いし」とも何度も言うんだろうけど、それも届いてなさげ

誰彼構わず(さほど親しくない俺にまで)「いやー、息子殴ってしまってね」みたいな事を口にする同僚は、相当追い込まれてるっぽいけど、息子さんはもっと気の毒だよな。なんか、部外者に出来ることがあれば、乞う情報

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん