「部外者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部外者とは

2018-11-20

君が心配することじゃないよ、っていい言葉だよね。

「てめぇには関係ねー」「部外者はすっこんでろ」「四の五の言わずに働け」と意味は同じなのに慈愛に満ちている。

もっと流行ってほしい。

2018-11-19

はてなタンカ待望論

はてなハイク村八分によって部外者や余計者を排除粛清してきた。

陰湿な村人によって徹底的に管理された村社会は彼らにとっての楽園廃墟)だった。

はてなタンカにグレードアップすることによって、村にヤンキー左翼が戻ってきて啖呵を切るようになる。

毎日が殴り合いと火炎瓶になる。

「血と火のあるところ祭あり 人集まれば村は発展す」イシュタルの教え

2018-11-15

anond:20181115170931

応戦って・・・からさっきもお前に言ったでしょ

応戦するなら社会運動としての結果を出せよと

増田で吠えるのは気晴らしにはなるだろうが、実績としては一切評価できないからな

それに賢者同盟は今まで機能しているし、部外者のお前に心配される筋合いはない

2018-11-06

anond:20181106092704

間内で使われる専門用語っていうのは、誰が仲間かを区別するために用いられる。

JK流行語と全く同じ。

同じ言葉を使っているやつが仲間で、使ってないやつは部外者だ。

仲間かどうかを無意識に試してきているんだよ。

.

まあ、無意識だけに非合理だし、自分から歩み寄る気が無いのは確かだろうがね。

自分対応は、相手が目上の相手かどうかによって決めろ。

個人的には、JK流行語ワイドショーで学ぶのは、日本語の乱れを憂うより楽しいと思うが。

2018-11-03

仕切り役を決めないままフワッとはじまる弊社イベント

担当も何も決まってないので抜かりや重複がボロボロ発生

無駄が多いんだよな

ワイは部外者からどうでもいいけど

2018-11-02

anond:20181102161036

「全年齢作品として世に出すなら表現には気を遣いましょう」と言う話を

オタクカルチャーに対する批判」だと取るのは、

オタクカルチャー=全年齢作品でも表現に気を遣わない文化」だと思っている、という事になるけど。

そりゃ批判されるだろ、としか

それ、オタクカルチャー以外にも同じこと言ってんの?

そして言ってることの正当性担保されてるの?その根拠は?

そういうあれこれを一切省略して、自分お気持ちに尤もらしい飾りをつけてあーだこーだいうから批判されてる。

第一、「全年齢作品」として流通出来るだけの配慮はすでにしてるわけで、それを部外者にどうのこうのと言われる理由はない。

2018-10-30

[] #64-2「ヴァリランキン」

俺がその一件の裏事情を知ることができたのは、父がヴァリオリのアニメスタジオで働いていたからだ。

人気投票結果発表から日経った頃、父は仕事仲間を連れて家に帰ってきた。

「あ、シューゴさん、フォンさん。いらっしゃい」

「よお、長男

「どうもどうも、お邪魔します」

シューゴさんは総監督、フォンさんはプロデューサーらしい。

父はこのように仕事仲間を家に連れてくることがあり、俺は彼らから業界よもやま話をよく聞いていた。

俺にとってはアニメの内容そのものより、むしろそういう話のほうが性に合ってたんだろう。

とはいえ、なんでもかんでも安易に話してくれるわけじゃない。

部外者に踏み込んだ話をペラペラと喋るわけにもいかいからな。

それでも隙のない人間なんていないし、なければ作ってやればいいんだ。

はいシューゴさん。どうぞ」

「お、あんがと」

俺はすすんで父たちの輪に入り、酌をする。

そしてこういうとき、「お客さん用」という名目で“いい値段の酒”を開けるようにしているんだ。

酔わせて吐かせるだけならストロング系の缶チューハイとかでもいいが、良い酒で喉元を潤したほうが口元も滑らかになりやすいからな。

そうして程よく酔わせたところで、父たちが話してくれるように誘導する。

今日は集まって酒飲み……ということは仕事が一段落を終えたんですか?」

「ん……ああ、まあな。アニメ制作自体はいつも通りだったんだが、予定外の仕事が増えたからキツかったぜ」

人気投票のことです?」

「そうです、そうです。特に結果発表が控えていたときに、ハプニングが起きましたからね……」


…………

発表の一週間前、父たちは事前に集計結果を確認していた。

人気投票企画運営をしていたのはスポンサー側だったが、監修のために立ち会う必要があったからだ。

キャラクター順位は概ね予想通りですね。主人公が1位で、それに仲間たちやライバルキャラが続いて、新シーズンボスが……て感じ」

「仲間でイセカだけはちょっと下がりますけど、キャラデザ的にウケが悪いのは仕方ないので1桁に入れただけ健闘した方でしょう」

「まあ、ネット投票する奴らはそこそこ年齢いってる奴らが多いだろうしな。イセカは子どもにはもっと人気あるだろうから十分だろう」

「イセカというより、イセカの使う武器が人気あるって言ったほうがよさそうですけどね」

死神よりも、死神の鎌のほうが好き、みたいな?」

「分かりにくい例えだが、何となく分かる」

とはいえ集計は終わり、結果が決まった段階。

その内容も予想通りだったため、雰囲気は穏やかなものだった。

「ん?……なんかコレ、おかしくねえか」

しかし、その中で一人、シューゴさんだけはすぐ“違和感”に気づいた。

(#64-3へ続く)

2018-10-25

hagex低脳先生にやられた理由何となく知ってるけど結局良く分からない

hagexさんの月命日?とかでブログを見た。

hagexさんにに関する情報低脳先生に関する情報も狭く浅いものしかない。

 低脳先生idコールして暴言を言いまくった

 hagexさん:見つけたら通報していた(ブログ通報のやり方をお知らせしていた?)

上記のような認識だった。

で、ブログ見たらウォチャーがどうのとか書いてあったんだけど良く分からないんだよね。

この情報だけだと、hagexさんが刺されたのは「運がなかった」という考えしかないし

うーん、良く分からない。

でも、私個人的に思うところがあって、「子供の罪が親族に関わるか」ということなんだよね。

シリアルキラーだって居ると思うし、どうしたって殺人とか罪を犯す人は出てくる。

そのとき必ず「親が悪い」「周りの関係者が悪い」って言い出す人が居るんだけど

どう足掻いたって「犯人が悪い」以外の何者でもないと思うんだよね。

血を分けた子供であったとしても、所詮は「自分」ではない「他人」なんだから

一緒に「罪を償え」ってのはおかしよ。洗脳していたとかだったら別だけどさ。

レイプにあった女が悪い」みたいな意見と同じで、胸糞悪い。

いじめられっ子が悪い」ってのも同じようなもんだと思う。

結局、誰が悪いかなんて同じ立場になってみないと分からないんだから

とはいえ、「俺だったらそんなことしない」「私だったらそんなことしない」という意見もアホらしいと思う。

何が言いたいかっていうと、「放っといてやれ」ってことかな。

犯罪という結果になったものは既に何か処置を受けているだろうから部外者出てくるのはおかしい。

推し出演2.5次元舞台キャスト変更で感じたこ

これタイトルで何の舞台か即分かるだろうけど。

推しが出ている舞台の大幅なキャスト変更があったわけだが、とある一人の新キャストの演技についてかなり違和感を覚えている部分がある。

新作のメインキャストが発表された時、「やっぱりキャストスケジュール的に変更多いな」っては思ったけど、覚悟してた事だし、これ以前にキャストが一人しか変わっていなかった事自体奇跡

キャストには何の恨みもない。

しろ長く続いている作品なだけあって、途中参加は何かと苦労が多いだろうと心配応援気持ちがあった。

んでつい先日その新作を観劇してきたわけだけど、演劇は毎度の事ながら見応えあって満足した。

ダンスも、よくこれだけ少ない時間の中で踊れているなあと、新キャスト努力には拍手

ただ自分の中で全体を通して一つ引っかかる部分が記事先頭で書いたとあるキャスト俳優の演技。

マイルドに言えばしっくりこない。

はっきりズバッと言えば、抑揚のない一本調子な演技。

ただ難しいのは、別に演技が下手ってわけではないってこと。

こういう舞台って初演で見たキャストイメージが色濃く付くから、ただ単にキャスト変更で違う人物キャラクターを演じていく事に自分嫌悪感を抱いているのだと思った。

でも違かった。

自分はこのキャラを演じる新キャストの彼の演技を、別舞台でいくつか見たことがあった。

からこそ感じるんだけど、何度も繰り返すようだが、彼の演技は一本調子

演者でもない大変さも知らない自分がこんなこと上から目線で書くのもおかしいと思うけど、それを言ったら誰もちゃんとした感想なんか言えないよね。

だって足を運んで観劇する側はお金を払って期待して行くわけだし、あそこがどうだった、ここが良かった悪かったって意見する権利はあるはず。

じゃなきゃ観といて良いとか悪いとかの感想も持ち合わせなかったらそれこそ観劇意味でしょ。

例えば面白くないと感じた舞台について我が推しに「面白かったよー!今日も格好良かったです!」みたいなアホらしいリプライを送るお花畑

これこそ観劇無意味を感じる。

まあみんな推しに好かれたいか本音は隠すんだろうけど。

彼はどの舞台でどのキャラクターを演じている時も、不思議なぐらい彼そのものしかなくて逆に天才だなって思った。

全然褒めてないけどね。

なんていうのかな、話し方が今まで他舞台で演じてたキャラクターどれも全く一緒って感じで、今回の自分推しが出てる舞台でもその調子だった。

彼が出ているシーンがくる度に酷い違和感に苛まれ観ているだけなのに凄く疲れた(笑)

「君は一体誰を演じているの?」と疑問に思うぐらい。

とゆうかキャラクターが死んでる、あれ。

ハッキリ言ってしまえば容姿雰囲気だけでいうと、この新キャストの彼のほうが元のキャラクターに近くて合ってると思う。

(前キャストさんの容姿が悪いってわけじゃない)

それに前々から個人的に顔立ちも綺麗で好きだし。

しっかし演技のほうになると…迷わずキャスト俳優のほうが何百倍も上手。

これは変わってみて気づけた事だから自分としても何とも言えないけど、その役の前キャスト俳優いかに演技が上手だったのかを思い知らされた。

きっとキャラクターを演じる上で容姿大事

だけどファン舞台を観に行く理由ってただ推し顔面を拝みたいってだけ?

それでOKだったら、自分推し一言も喋らずただ2、3時間ボーッとしてるだけのイベントにでも行けば?って感じ(笑)

自分だったらそんなイベントに金払いたくないね

少なくとも個人イベントでない限りはお芝居を見たくて行くわけだよ。

役者本人も稽古の成果を発揮するために舞台上に立つんだろうし。

自分推しでさえ、ひたすら滑舌が悪く台詞聞き取りづらい部分があって、顔は好みだけど演者としては…うーん…と思う部分があるぐらい(笑)

いくら推しが好きでも悪い部分はちゃんと悪いって思える。

ただ滑舌以外の面でいえばどの舞台に出ている時もしっかり違う役としてはめ込んでいて素晴らしいなと思う。

作品ごとに色を変えたお芝居をしてくれてるし。

それがどれだけ滑舌が悪くても推しをまだ推したいと思える理由

贔屓のつもりはないけど、やっぱりキャラクターあってこそだから

それはさておき議題の彼。

自分としては彼を「新キャストとして認めない」なんて事は絶対ない。

ただどうしてもあの1色にしかまれない彼の変わり映えのない演技に、観ていてどこか疲れてしまう部分があり、前者と見比べてしまうという辛さ。

おそらく彼を本気で追いかけているオタクさんたちは盲目フィルターか何かで理解し得ない部分もあるかと思うので、これは彼のオタクではない自分観点での意見

いわゆる部外者意見とでも思ってもらえれば。

だって自分推し否定されたら認めたくないし、きっとどこが悪いなんて感情そもそも抱かないだろうしね。

ツイッター観劇感想あげてる人たちのツイート見ると「〇〇くんが完全に〇〇(キャラ名)にそっくりでびっくりしました!」とか「〇〇くんの演技が〇〇そのもので好きになりました!」みたいなの多くて、たぶんこれ彼の他の作品の演技見てない人達感想だと思う。

たことあってこの感想なら凄い。

自分にはどの作品も同じ一つのキャラクター演じてるようにしか見えない…

しいていうならウィッグとか洋服とか容姿の違いだけで分けてるみたいに感じる。

ここまで書いてこの記事見た人がどんな感情抱くか分からないけど、勘違いしないでもらいたいのは冒頭でも書いた通り、決して演技下手といっているわけでもアンチでもない。

そしてこの作品に関わる前から知っていたし、なんなら人柄の良さとサバサバした部分に好印象を持っている。

観る側は芝居について素直な感想を持ち意見する権利があると思ってる。

から回りくどい書き方だけど、彼の事を嫌いになってほしいわけではないし、あくま個人意見から、この文にあるようなイメージに囚われる必要はない。

彼の演技は熱意があって表情もいいしダンスも筋が良かったから、努力は認めてあげたいし、なんならそこの部分に関してはキャスト変更の時から心配なんてしてなかった。

ただこんな自分のようなクソオタクから見ても、一本調子な演技をしていていつまでものし上がっていけるような甘い世界じゃないと思うし、自分と同じ意見を持った人も少なからずいるだろうから、今後の成長に期待したいところかな。

言及してくれた人には感謝してます。読んでもらえるだけで有難い。

文にもある通り主観だし言いたい放題文ですよ!笑

そのつもりで書いてます!笑

2018-10-20

短歌世界沈黙について」を読んで

@golden_wheatさんの「短歌世界沈黙について」を読んだ。

https://twishort.com/rqnnc

https://twitter.com/golden_wheat/status/1053324363733262338

関東住みという事もあって関西人達のことはよく知らない。

匿名の反応で申し訳ないと思いつつ、いくつか自分の見た範囲でおさえておくべきと思われる事を書く。関係者から話を聞いた事はなく、ネット情報であり、結社だの学生短歌会だのの水面下情報ではない。正確な情報ではない事、あっと驚く新情報、どっちが悪い悪くない情報はない事をお断りしておく。

告発内容

セクハラ学生短歌会参加の2つの問題がある。この2つは切り分けて考えないといけない筈だが、人的にからみあっており、どちらの話をしているのか混乱する事がある。読む時に注意が必要

告発したのは今回がはじめてではない。

2014年ネット上で告発されている。

主張はそれぞれあり、起こったことの経緯はネットでは痕跡がないが、少なくとも女性歌人側の主張に嘘が含まれているという指摘があり女性歌人側が(おそらく指摘を受けて)告発を削除、という流れは見てとれる。

なので自分感覚だと4年前の告発のことを語らず、5年耐えていたと発言するのはよくわからない。なぜ「告発してつぶされたけれどもまたやるぞ」と言わないのか。なぜはじめてのように振る舞うのか。

沈黙

「5年前に説明せず逃げてまた同じ告発をするというのはどういうつもりだ?」という意味にとった。@golden_wheatさんがお書きの「おそらくは女性歌人の主張が虚偽であるという趣旨」も含まれているとは思うけれども。他のセクハラ告発だったらまず被害者言葉を聞くところからはじまると思います。今回のケースは「前回」があるから嘘が含まれていると思われがちということです。「全部嘘」と思われている訳でもないと思います。どこまでが本当なのか測りかねての沈黙も多いと思っています

見ている発言が違うだろうと思う。見た範囲では沈黙発言の数は2つか3つでそこまでの同調圧力は感じなかった。

発言者が2014年関西近辺にいたかどうかを考えながら読むとニュアンスが変わってくると思います

5000人以上フォロワーのいる著名な若手男性歌人tweet

彼のtweetを見ると3桁超えるのは時々、だいたいふぁぼ2桁。全体的に「フォロワー数を踏まえれば不自然に少ない」と言えないのではないかと思います自分が見た時は19日の昼すぎで50超えたかどうかだったと思う。感じ方の問題になってくるけれど、このtweetだけ遠慮が働いているというのは自分は感じなかった。

ただ、このtweet問題ないのかというと問題はあると思っています実名を出したことです。セクハラした奴の実名を出して抑止力を狙うのははいい。「セクハラたかもしれない奴」は出してはいけないと思います。もちろん「セクハラされたかもしれない」人の実名も。悪い奴の名前を出すのは、当事者同士の話し合いが終了してから(決定的に決裂して終了もあるかもしれない)。被害者本人が実名を出していても同様。

「したかもしれない」「されたかもしれない」だけで噂にさらされるのは地獄。もちろん、最初手段としてネットに出したのなら、出した側は終了したらネットで報告する、というのが前提です。

もうちょっとロングスパンでお願いしま

告発があっても実名が出るまでは誰の事を指しているのかわかりません。実名が出て3日。何らかの経緯、今後の予定を表明しろっていうのは、ちょっと気の早い意見ではないかと思います

結社問題ではない

この告発結社所属している人間の事だとしても、内容は2013年学生短歌会の問題です。(この件で考慮してる場合かどうかというのはあるものの)学生自治尊重もあります

会社だったとしても、社外の学生サークル活動で起こった件についてネット拡散3日目、情報が不確定な段階では公式の表明はないと思います。問合せがあった場合に「調査中です」みたいな回答をするくらいではないでしょうか。

沈黙」の意味の取り方が違う事で、大変怖い思いをされているようだったので「そこまではひどくない(ひどいけど)」という一言をかけたかったのです。

お書きになった内容は大事なことで、@golden_wheatさんの混乱もダイレクトに伝わってきてヘドバンしながら読んでて、本当に本当に短歌やっててすいませんという気持になって書きました。 @golden_wheatさんに届くかどうかわからないけれど、皆が沈黙してる恐怖が少しでも和らぐ事を願って書きます自分はこの件の関係者とは話す機会ないくらいの雑魚だけど結社にいるのでおそらくいきなり直接話しかけても信用してもらえないだろうというのもあります増田でごめんなさい。

 

 

 

++++++++以下は@golden_wheatさん宛ではありません+++++++++++

 

 

 

現状

女性歌人は一部発言を削除したもの告発のうちの一部が残っている」「男性歌人は鍵」という状態

2014年告発に関しても残っている発言のうちどの発言が正しいのか、嘘なのかわからない。やはり自分は何の判断もできない。何かが明らかになるまでは沈黙します。

当事者関係者の方へ

事件があった事を知ってしまった自分は、歌会へ行っていいのか、イベントへ行って大丈夫なのかと迷いがあります。こういう目にあうのではないかという危機感もあるし、こういうことを目にした時対処できるのか、見て見ぬフリをしてしまうのではないかという恐れもある。もちろんこんな問題を起こす人達と一緒にされたくないという思いもある。

セクハラ告発があった、という事はすでに広く知られてしまっているという前提で今後を考えて頂きたい。

ネット告発した側は、ネット自分がやったことに対して責任を持ってほしい。つまり終了後の報告。ネットを騒がせて、それだけの人と思わせないでほしい。

セクハラ内容を詳細に知りたい訳ではない。実名もいらない。待つ事もできる。

から、身内以外の「お客さん」にもう少し安心できる情報を出してほしい。

起こってしまった時「それはおかしいんじゃないの」とツッこむぞと言ってほしい。今のままだと「起こっても隠蔽されるだけ」と思われ続けるだけだ。

部外者から」「学生短歌の話だから」で情報をはじかないでほしい。

不信感を持ったままそっと離れていってしまう人、身内の言葉が分からなくて戸惑う人、短歌組織感覚がわからない人、そういう人をひきとめてもらえないだろうか。これは部外者が言っても何の信用も得られない。関係者しかできないことだ。今はそんなことまで考える事はできないのはわかってる。けれどもこういう人たちが安心して残っていける場所をづくりを落ち着いたら考えてほしい。この人たちこそが今後短歌を支える人になってゆくのだから

よろしくお願いします。

2018-10-19

anond:20181019221338

いちいちムカついてるのは、部外者あなたでしょ。

パワハラ自殺話題だけどみんな実はそんな悪いことと思ってないだろ

東京で同じくらいやばい会社に勤めてて死にかけてたときがあったけど部外者に身の上を話したときの反応が

「そんな会社上司も異常。速攻で辞めたほうがいい」派と「全部人のせいとでも言いたいの?みんな辛いんだよ?逃げじゃん」派が半々くらいで拮抗してた。

思ったんだけど、

社員に対してとんでもない人権侵害かます企業実在する→そのことを知る→企業に対して怒りや軽蔑を抱く」

って流れは完全な勘違いであって

社員に対してとんでもない人権侵害かます企業実在する→『ネットマスコミに取り上げられて大きな問題になる』→そのことを知る→企業に対して怒りや軽蔑を抱く」

あるいは

社員に対してとんでもない人権侵害かます企業実在する→そのことを知る→『ネットマスコミに取り上げられて大きな問題になる』→企業に対して怒りや軽蔑を抱く」っていうのが実態なんじゃないのか?

要するにメディアに取り上げられるかマスに知れ渡るかして糾弾されないと、加害者に対してとんでもない!という感情を抱けないってこと。

『』の出来事が起こらないと、ブラック企業だろうが別にいいじゃん被害者ぶるなくらいの態度でいる人は多いのでは。

しかもそういうブラックを辞めたら辞めたで問題認定したり汚物視したりしてくるような感じ。

電通事件でも自殺した社員のことをどうせモンスターだったんだろとか切って捨ててる人結構いたなあそういえば。

2018-10-17

であることを武器に男を利用するの

部外者なので文句も興味もないし、勝手にすればと思うけど

被害者面するのくらいやめたら?

なんでセックスするつもりないとかほざいてたのに、寝て、クズだったクズだった騒いでんだ〜?

2018-10-14

[][] (仮題)第3話

(執筆途中の作品であり、今後内容を変更する予定です)

高田

雙葉学園は、フランスサンモール修道会の会員が1875年に設立した築地語学校を祖とする、私立学校法人である

雙葉学園はその長い伝統において、「徳においては純真に、義務においては堅実に」という校訓のもと、幼稚園から高等学校にわたる一貫したカトリック教育を行ってきたが、雙葉女学院大学設立により、さらに4年間の大学過程をふくむ一貫教育が行われることになった。

というのも、雙葉中学校・高等学校は、東京大学をはじめとするいわゆる旧帝国大学や、慶應義塾大学などの難関私立大学合格者を多数輩出し、全国有数の進学校と呼ばれるようになっていたが、多数の生徒父兄が、単なる学力の追及ではなく、カトリック教育さらなる徹底を望んでいたこと、卒業生の多くがカトリックの信仰を保持していない現実を嘆くサンモール修道会の強い推薦により、2002年に大学過程を行う教育機関の設立が決議されたのである。その後、文部科学省の認可を受け、雙葉高等女学校設立からちょうど100年となる2009年、開校に至った。

私が雙葉高校卒業したとき、もしこの大学があったら、このエスカレーターに乗っていだろうか。キーボードを叩く手が止まり、ふと自分過去を反芻した。

中学受験成功し、晴れて雙葉の門を潜ることはできたものの、入学後は成績が低迷し、人生の目的も見出せないまま、あるいは、先生がたがおっしゃっていた、神に与えられた使命を感じることもなく、特に受験勉強もせずになんとなく大学受験をした私は、願書を出した中で最も無名な、平凡な私立大学に行くこととなった。

パッとしない4年間の大学生活の間、やはり人生に意義を見出せず、大学卒業後は、飲食店塾講師などのアルバイト転々としたのち、25歳で、あるカリスマ英語学者執筆アシスタントとして雇われることになった。

受験生向けから社会人のやり直し英語のための参考書まで、様々な英語関連書籍を多数執筆し、そのほとんどすべてがベストセラー、2005年から教育テレビでレギュラー番組放送されている、クリストファー・トンプソン、その人である

誰もが認めるカリスマ英語学者アシスタントベストセラー約束された数々の出版物編集作業。やっと使命が見つかったかに思えた。

が、それもつかの間のことだった。

最初の数ヶ月で気づいたことは、クリス・トンプソン執筆作業ほとんど全てを、彼の『アシスタント』に任せているということだった。それでも、はじめのうちは、英語学者である彼の理論専門家でない一般大衆向けに落とし込むのに、アシスタントが最大限の貢献をしているのだろうと好意的に考えていた。

働き始めて半年が経った頃、主力の『アシスタント』が結婚出産を機に退職することになり、私がその立場を引き継がなければならないとなったとき彼女から真相が告げられた。カリスマ英語学者クリス・トンプソンは、自分ではなんの理論も持っておらず、彼の博士号はディプロマミルから得られたもので、彼のアイデアと言われるものはすべて、彼女作品だったのだ。

『徳においては純真に。』私は、彼が世間を欺き続けるのを手助けすることはできなかった。

代わりの職を求めた私はその後、27歳にして都内にある無名私立高校英語教師として採用された。

須藤智くんとの出会いは、私がその学校で働き始めて3年目のことだった。

高校といえば雙葉高校しか知らなかった私は、おそらく世間では平均的であろう、学習意欲のない生徒たちを前に、教師として戸惑っていた。そんなとき入学してきた須藤くんは、『教え子』と——おこがましいが——呼びたくなるような、優秀で向上心の高い、私の初めての生徒だった。

彼はすべての科目の定期試験で満点を取り、全国模試では偏差値が80を超えていたので、瞬く間に教職員あいだで評判になった。

彼の非凡な才能は、主に自然科学理解に向けられているようであったが、彼の言語に対する洞察も、単に受験勉強ができるというレベルを超えているように思われた。

それは、彼が二年次に進級し、私の授業を受けることがなくなった新学期のことである。珍しく残業もなく、夕方6時に山手線新大久保駅で帰りの電車を待っていた私の元に、彼が歩み寄ってきた。

自然言語構成する元素を見つけました」

突然そう告げた彼は、意表を突かれてうろたえる私の返事を待つことなく、ノートを広げ、彼の発見説明し始めた。

私は彼の理論を即座に理解することができた。なぜなら、中性子陽子原子核電子といった、化学アナロジーを用いているものの、それらの用語を適宜『主要部、内項、外項、句、付加部』という言語学の用語に置き換えれば、それは現代言語学の父、ノーム・チョムスキーが1970年に発表した、エックスバー理論のものだったかである

彼はきっとエックスバー理論をどこかで読んだのだろう、そしてそれを、自分の慣れ親しんでいる化学アナロジー理解したのだろう、と私は考えた。

しかし、彼は、これは紛れもなく自分でたどり着いた理論で、とっかかりになったのは、クリス・トンプソンの『60億人の英文法』にある「日本人名詞が主でそれに冠詞がくっつくと考えがちだが、冠詞がまずあって、そこに名詞がくっつくというのがネイティブ感覚だ。」という記述だと言う。

ともかく、私は彼の話を信じた。そして、彼が自分発見を教えてくれたお返しに、私も自分の『発見』を彼に打ち明けた。こうして彼は、クリス・トンプソン秘密を知る、部外者第一号となるのであった。

秘密を共有した私たちは、ときどきメールを交換する仲になった。話題は主に、言語学。彼は初め、原子力工学の話をしたがったが、私がついていけないということに気づくと、言語学を中心に、私が理解できる話題を選んでしてくれるようになったのだ。これは私にとって、10年遅れて訪れた青春の一ページだったが、彼にとってはたぶん、相手先生から、気を使って付き合ってくれていただけだったのかもしれない。

私は一度、言語学の道に進みたくはないか、と彼に尋ねたことがある。彼がチョムスキーほどの天才かどうかはともかく、才能があることは間違いない。しかし、彼は原子力工学をやるといって譲らず、ワシントンにあるベルビュー工科大学を単願し、同校に進んだ。なぜマサチューセッツ工科大学や、スタンフォード大学を目指さなかったのだろう、あるいは、ワシントンならなぜ同州トップワシントン大学に行かなかったのだろう、願書くらい出しておけばよかったのに、と当時も思ったが、きっと彼なりの理由があったのだろう。

メールのやり取りは彼が高校卒業した後もしばらく続いたが、彼が希望通りベルビュー工科大学に進学すると、須藤智という天才を失ってただの無名私立高校に戻ったその場所で、張り合いのない授業を続ける私が、なんだか取り残されたように思えて、劣等感からメールを送るのが億劫になって、やめてしまった。

須藤くんとのメールをやめた私は、高校教師仕事もやめた。また人生に迷ってしまったと思った私は、以前のように求人情報をチェックしたり、履歴書作成したりする気もなくなって、目白アパートに引きこもった。

そんな張り合いのない生活を続けるうち、あるとき新聞広告欄に、雙葉学園が、大学新設にあたり職員を求めているという求人情報が載っているのが目に留まった。行き場を失った私は、まるで蜂が巣に戻るように、こうして古巣に戻ることになった。

はいま、雙葉女学院大学国際交流課で、4年ぶりに須藤くんへのメールを書いている。雙葉女学院日本大学として初めて、ツー・プラス・ツーのダブル・ディグリー協定海外大と結ぶことになったのだが、なんの因果か、その協定第一号が、ベルビュー工科大学だったのである。そして、私が留学カウンセリング担当した学生が、第1期生として派遣されることになったのだ。

彼女聡明女性だが、単独海外に行った経験はないと言う。現地に信頼できる知人がいれば、少しくらい世話を焼いてもらってもばちは当たらないだろう。

腐女子やらかした」のエンタメ

主人公サブヒロインにくっついてほしいファンメインヒロインボコボコに叩く」というのはよくある話だが

男女カップル好きが別の男女カップル好きを攻撃する、という筋書きは

男性の多いSNSでは別に炎上しない。男女カップル好きキモーとは言われない。むしろ一緒になってメインヒロインをブスだのウザいだの言って叩く

恐ろしい罵倒の数々を晒しても加害者が別の男女カップル好きと分かればフーンで流す

しかしこれが「犯人主人公ライバルホモカップル好きの腐女子だ!メインヒロインを叩いてるのは腐女子!」と噂を流せば途端にメインヒロインかわいそー!腐女子こえー!異常すぎ!引くわー!となる

あれ、メインヒロイン罵倒してる人のツイッタープロフィールをよく見たらライバルファンじゃなくてサブヒロインファンばっかりじゃない……?と指摘する人がいても無視して腐女子仕業腐女子がやってる!怖い怖い!と叫び続ける


「男女カップル好きな奴が暴れている」より「夢女が暴れている」、「夢女が暴れている」より「腐女子が暴れている」筋書きの方が

圧倒的に面白い

いかにも真実らしいし

そっちの方が叩いて煽る時にめちゃめちゃ楽しいから

事実確認を一切しないまま大喜びで飛びつくんだろうなあ

普段はこの案件部外者自分が首を突っ込むことではないと冷静に判断する人も

何も知らないのに

腐女子ならやりそうだ、さもありなん、自分は前からおかしいと思っていた、としたり顔で眺めている


楽しいもんね、腐女子を叩くのって

メインヒロインがどうこうじゃなくて例えばこの人があの人の漫画をパクったらしいとかあいつがアニメイベントでこんな痛い行動をしていた~とかいろんな「炎上」があるたびに100:0で腐女子のせいになるしこれからもずっと腐女子はみんなのピニャータにされ続けるんだろうなあ

2018-10-13

anond:20181013103615

いきなりリプライするの?

フォロワーいっぱいいる人って結局いつもの数人とつるんでて、それを垂れ流してる感じがするんだけど、部外者新参者がそこに割り込んでも無視されない?

あれなんなんだろうな…

2018-10-10

anond:20181010085137

それー。コソコソやってのオタク文化だし間違って表に出てキモい!って言われたらごめんなさいてへぺろあなたはまだキズナアイに至れていないんですねって某自称aikoくらいの余裕と自虐をもって取り組むのがオタク活動でしょ。

オタク活動のなんたるかを部外者勝手に決めるなよ。

殴られたら殴り返すんだよ。

オタクがみんなに許容されたいと声を上げる時代怖すぎ。

それを怖すぎと思うお前怖すぎ。

なんで他人趣味に口出しして当然だと思ってるの?

教科書性的消費問題にしてもそうだけどそれ自体善悪を裁くのはアンチフェミでもましてやフェミでもない。

でも叩かれるのは仕方がないというかそんなこともあるよねとなんで受け入れられないのか…。

醜い。

何もしてないのに叩かれて受け入れられるわけがない。

じゃお前をぼこぼこにしていいか理由はお前の増田がむかつくから。それを黙って受け入れられんのか?

大声で怒鳴る客に強い態度で返せという無責任部外者

https://togetter.com/li/1274933 

公務員大企業の中じゃあるまいし本部警察も何も守ってくれないよ

まれるのは直接対応する店員なんだから遜る以外ない

いちばん無難大人対応がこれなのに情けないとか甘いとでも言いたげな人らは安全から卑怯だわ

2018-10-09

anond:20181009181542

誰も傷つけてない。

難民でもないのに喚いてた部外者はいるが。

2018-10-04

anond:20181004171433

なんつーか、現実認識やばいと思ったりはした。

たとえば、「過去に、通行人Aさんをボコボコに殴ってたよね?そんなやつが信用されると思うの?」って聞いたら、

「Aさんとは示談が済んでいます部外者あなたにどうこう言われる筋合いはありません。」みたいな返事が。。。

自分世界でセーフになるような解釈ができていれば、他人もセーフと思うに違いないだろう、みたいな。。。

2018-10-03

anond:20181003142007

こうやって被害も受けてない部外者が寄ってたかって一人の人生を潰そうとするの怖い。

2018-09-30

秋葉原2010年2018年

シュタゲゼロで牧瀬紅莉栖の「はいはいワロスワロス」に死語臭いを感じた後、そういやこれ2010年舞台の話だったなと思い出した。時の流れは残酷だな。

ネットスラングだけじゃなくて、秋葉原風景2010年2018年では大きく変わってしまった部分があるんだろうか。部外者から見るとあまり雰囲気の違いは感じ取れないんだけど。

2018-09-29

anond:20180929175714

出wたwよw お得意のスケープゴート

反論できないと「アイツらは同族じゃない! きっと部外者だ!」

 

ほれ、ポリコレ棒奇麗に舐めろ

歯を使うんじゃねえぞ?

2018-09-27

anond:20180927150349

公明党創価学会関係事実上政治団体と信教団体とが一致している。

支持母体政党独立しているから、政教分離できている、というが実質的にできていない。

さらに、公明党という与党特権と見れば、これは解釈によっては違憲になりうる

これは、マジックハンド的一致/分離である

この構図は、自民に属する、公明に属する、それぞれたった二人のみですら、意のままに操れる政治体制になっているではないか

この忍び寄る魔の手を断ち切れ!

公明党野党特に敵対する共産党との連携という師・池田大作のもみ消された(?)悲願をもういちど公然に照らす(詳しくは、「革命と生と死」を読まれよ)

また、野党全般、あるいは政策別にたたき台、まとめ案(俺だったらこうするというような政策)を、いくつかケース別に分け、処方箋のような形で提示することによって

(先の選挙に見られた野党政策への"disり"ではなく、その"処方"が、事実上反映されたと解すれば)

"死票をなくすことができる政治形態"が可能であることを確認したい。

ちょうど、現代薩長同盟想像すれば良い。

自民党は現首相ハリー・ポッターのファッジ首相の物真似ではないかと思えるほどの、権力の味を覚えた、独裁に近い政治となっている。

しかし、就任当初首相官邸でドヤ顔アメリカテレビシリーズを見ていると公言してはばからなかった人が本当の戦争の望むだろうか(ヴォルテモートは戻ってきてない ”He is not back”、というファッジ首相の姿と、戦争は再びありえないと断言する姿が重なってしまう)。

しろ家計問題のように、背後に交錯する思惑に目を向けるべきで、現首相ばかり叩いたところで話は進まない。

そう、アベはファッジなのだ

戦争をヴォルテモートに置き換えればいい(仮にわかやす仏法であてはめれば第六天の魔王ということになりうるだろうか)

このような提案をする意義がある。

なぜなら、ありとあらゆる政治信条が実際の政策に反映されうるようになるのだから、むしろ自民公明、または共産党以外の特定の支持者や部外者の冷やかしめいた(?)じりじりと詰め寄る支援が必至になる。

また、共産党との連携が悲願であったはずの、先生政治信条隠蔽は、師自身思想信条自由を脅かしている。

さらに、共産党との思いがいまだ本気であり、かつ、ご健在であられるのならば、その出方次第で、池田大作本人あるなしは(「影武者」ではなく、先生ご本人にしか決断できないであうから)わかる。

(ちなみに、私は先生と呼ばせることを制度したことには、観心の観点から反対であるので、できうる限り客観性を持たせるためにも敬称略というフォーマルで最も敬意を込めた形で先生をお呼びしていく。)

先ず急がれるのは、学会員選挙投票自由化と、外部の非学会員による公明党政策の公平かつ客観的な、正当な評価である(学会員の側の立場から論じられていたことは承知しているが、そういった主流派とは違う流れで)。

読者の興味・関心から何かしらのアクションにつながるような供給源となる情報資料などを提供することによって、幾分かでも非学会員の今後の公明党政策現実的利益還元、反映に寄与したい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん