「部外者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部外者とは

2019-01-19

知らない小さなジャンルの学級会の話

自分野次馬根性暇人であるというのは理解した上で書く。文章書くのも下手なので読みづらいと思うけど吐き出しのために。

先日たまたまとあるさな界隈で揉め事が起きているのという話を聞いた。その人もその界隈の人間ではなくツイッターフォロワーから愚痴か何かを聞いたらしい。

内容は、その界隈のとある2名(A、B)が公式ロゴを使ったグッズを作成し、公式タグ(#ジャンル名)を使ってツイッターにグッズの写真投稿

その後、同じ界隈のCが「それは著作権的にいかがなものか」「公式タグを使ってそう行ったことをするのは良くないのでは」「著作権を知らないのか」と言った言葉を少々口が悪い言い方で、AとBのツイートRTした後に批判したらしい。

個人的に、AとBの行為グレーゾーンだが公式タグを使うというのはあまり賛成できないと思った。もし自分ならFF外なら見かけてもスルーFF内なら作った人と距離を置くと思う。自分同人を行なっているが、公式ロゴをそのまま作品に使ってしかもそれをインターネットにあげるのは怖い行為だと思っている。(ちなみに今回のABCはAとBが仲良し、Cはどちらとも相互ではないようだった)

その後、RTされた二人がCの発言を見たらしくAがショックを受けツイートを消す。そしてそれにBが怒り出した。というところまで人づてに聞き、Bのアカウントを見てみることにした(正真正銘野次馬である)


BはCのいろんなツイートRTしては批判、Cはそのジャンル内で上位ランカーだったようだが(ゲームジャンルらしい。今回初めて聞く名前だった)「以前にも似たようにRT後の苦言で界隈の空気を悪くしていた、同じ行為で今回Aを傷つけたのは許さない。」とBはCのこれまでの口の悪いツイートなどもRTして空中リプライ批判した。

怒っているわりに空中リプライで笑ってしまった。なぜリプライを送らない。

途中、Cのお仲間?らしい人も何人かRTしては煽りのようなツイート(「お仲間なら助けるべきでは?注意するべきでは?なぜしないのか」)をしていたが、お仲間認定された人達ツイート内容は「C粘着されてるの?」というものこそあれど、そのほかは関係のない普通ツイートばかりでABが行なった行為に関するツイートは一つもなかった。が、Bは「Cお仲間は集団で私達を笑っている」と怒り心頭だった。

この間Cからのそれに関する言及、Bへのリプライともになし。


ここまで見てきてBの行動言動があまりにもおかしかった。はっきり言って厨二病と言わざる得ないツイートが多く、それも面白くて観察していた。

そのうち、Bは質問箱を設置して意見を求めた。するとCへの苦情、Bの反撃の仕方への苦言、Bへの煽りなど様々な文が送られていた。Bはそれら一つ一つに持論で回答。その持論も個人的にはずれているように思えた。

その中に「Cと同じやり方をするのは良くない」というものもあったが「そうしないとこれが嫌な事だとCは気づかない」と回答していた。Cが界隈の空気を悪くしてる事を怒ってたのでは?同じことして界隈の空気悪くしてどうするんだろう。しか関係ない人のどうでもいいツイートRTするのは同じ行為なのか?そしてなぜリプライしないんだ。Bはこの行為がCへの抗議になっていると本当に思ってるのだろうか。謎ばかりだった。

Bが質問箱を使って踊っている最中、そのジャンル公式が「公式ロゴ使って作品作って公式タグ付きでツイートしていいですよ」と発表した。びっくりした。こんな炎上とも学級会とも呼べないくらいの小さな話に公式は回答を出すのか。すごいジャンルだ。そしてその内容にもびっくりだ。許可出すのか、公式が。すごいな。

正直この手の事は問い合わせがあったら問い合わせの個人に返答、そしてジャンルによっては許可が出ない可能性も大きい。許可が出なかった場合が怖いので公式に凸などしない(今まで善意スルーしてたものに問い合わせがあると公式はNOと言わざるをえないから)というのが自分経験してきたジャンルだった。この狭い小さな界隈では公式ファンとの距離がとても近いんだなと感じた。

そんな公式の発表があってからBの勢いはました。Aに謝れ、Cの今までの行動は界隈にとって悪い事だったんだ、自分達は元々公式許可を得て作成していた(これは公式発表があった後言い出した)

それらをツイートしてたが相変わらずCにリプライする様子はない。

そしてとうとうCはBをブロックしたらしい。なるほど自分の部が悪いとわかったので逃亡したのか、と思ってさらに見ていたらどうやらAには謝罪リプライをしたようだ。その後AとCでDMで話したようで詳しくはわからないがCがまた失言でもしたのかAの固定ツイートが「謝罪いりませんは許したではありません」のような内容に変わっていた。そしてCは鍵をかけていた。

Bはその後もAに謝れやらなんやら言っていたが、途中からそれまで荒々しかった口調が突然丁寧になり「Cの行動をなぞる事でCにこの行為を嫌なものだと分からたかった」「自分は界隈をより良くしたい。公式タグファンアートのないジャンルは衰退する」と述べた。(個人的にはイラスト2次創作物に公式タグをつける人は苦手なのでこの感性はよくわからない)

あと「自分対話を望んでいる。Cは一方的ブロックしないで欲しい」とも言っていたが、ではブロックされる前にリプライ送って抗議するべきでは、と思いながら見ていた。何がしたいのだろうこのBは。部外者自分からはCと同じ界隈を荒らし人間みえる。

Bへの質問箱には「C一派は昔から声が大きくて迷惑していた」などという内容や、Cの動向を教えるいわゆるユダなんかもいたがBは変わる事なく現在も「対話を望んでいる」「貴方の行いは良くない」と空中リプライで一人で踊っている。


と、一連の知らない界隈の学級会?をBを中心に覗いてたわけだが内容見る限りCはランカーで課金もかなりしてるようだがそれを盾に口調がきつかったり言い方がひどく、かなり危ない人物であり自分が同じジャンルでも近づきたくはないなと思ったが、Bもどう見ても危険人物だ。それなのに質問箱にはBの行動を応援する声もあってすごい界隈だなと思った。

Bは途中、「RT先でバカにするのはいじめと同じだ」と言っていたがツイッターRTから批判なんて良くみる光景だがこの界隈は違うのだろうか。質問箱にも「Cに指摘すると自分が標的にされそうで怖かった」なんて文章も来ていたがAに謝罪文を一方的しろ送ったCはまだ会話ができる人間に見えた。この界隈の人達は今までCをたしなめた事があったんだろうか。RT後の批判に怯え、Cを不快に思うならなぜブロックするなりやめてと言うなりしなかったんだろう。自分感性が違いすぎておもしろいとすら思った。

途中、読んでいてBの厨二病加減にムズムズしてしまい、C寄りな内容になったかもしれないがCもBも同じ穴のなんとやらのようだ。…今時「自分を怒らせたら怖いぞ」なんて言葉吐く人いるんだな。

この話はCの鍵垢逃亡によって終わるんだろうが、今だにBは対話しよう対話しようとTL上でCに呼びかけている。

しかたらこの小さなジャンルの学級会?に続きがあるのではと思ってしまう。

暇つぶしになるのでもう少し見ていようと思う。

2019-01-15

anond:20190114232552

そんなだけ大病抱えてるんだから出来ないことがあるのは仕方ないんじゃねえのと思うのは部外者からなのか

直る見込みがなくてこれから先もずっとそうなら大変だなと思う

それよりも完全にメンタルヤバいからそっちを治した方が良い気がする

2019-01-13

anond:20190113015635

ならあなた部外者ですし、このトラバ批判対象でもありません。

私は手術もせず戸籍変更もせずに女湯に入ると息巻く方たちに向けて発信しています

2019-01-12

anond:20190112191225

好きの感情が強い文章です

喜び0.29 好き0.63 悲しみ0.07 恐れ0.35 怒り0.62

入力された文章

トランス女性vs 女性の構図を必死に作ってるのって、非モテおっさんでしょ。非モテおっさんトランス女性から一般女性から性的対象に見られてないから完全部外者なのに、なんで積極的に絡むんだろう?

怒りは正しく読み取れてる感じだけど、好きがどこで読み取ったんだろう

anond:20190112150155

life_love トランス女性vs 女性の構図を必死に作ってるのって、非モテおっさんでしょ。非モテおっさんトランス女性から一般女性から性的対象に見られてないから完全部外者なのに、なんで積極的に絡むんだろう?

この人の言う通りで、本来対立しないトランス女性一般女性を、おっさんがむりやり対立の構図に持ち込もうとしてるだけでしょ

2019-01-09

b:id:sheaさんへ

anond:20190108184851

 

id:Ri-fieです。増田の使い方なんて分からないので、リンクの張り方とかたぶんめちゃくちゃだと思いますが。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4662868772336576417/comment/shea

ブコメ、「まあそのラブホテルの話は冗談だろうけど」というスタンスコメント多いけど、なんでそう感じるの?わたし的には、父親が言うには十分狂気的な発言で、性的に見られてた可能アリアリだと思うんだけど。

と疑問を呈されていますね。私はまさに、自分ブックマークコメントhttp://b.hatena.ne.jp/entry/4662868772336576417/comment/Ri-fieで、

盗撮不明だが)直接の害を受けてなくてよかった。状況等を鑑みるラブホ云々は恐らく冗談だろうけれど、父親相手への想像力が欠けてる感じ。/それとは別に、盗聴盗撮趣味の親なんてそりゃ会いたくねーわ。

と記しており、恐らく私のコメント念頭に疑問を呈されていると思いますので、なぜ「冗談だろうけれど」と”書いた”かについて述べておきます

 

最初はsheaさんの上記ブックマークコメントにも、ブックマークして述べたのですが、idコールはもう届かないはずですし、100文字ではどうしても寸詰まりになってしまうので、

こちらの場を借りることとしました。

 

なお、前提として:私は、自分ブックマークを、多くは「他人にもだだ漏れ自分メモ」として使っており、

まれ範囲としては、ブックマーカーのほか、当該記事執筆者までを念頭に置いております

 

 

本題:「冗談だろうけれど」と”書いた”理由は3つあります

(1)父親はその後直接的な性的加害を行っていない

本気であったならば、父親はどこかで直接的な性的加害を行っていた可能性が高いのでは、と。

盗撮疑念は若干残るけれど、少なくとも増田さんは、ご自身が分かるような、直接的な被害は受けていないようなので、ラブホ発言が本気だったことを裏付ける「犯罪」はないわけです。

※仮に発言が本気だったとしても、直接的な加害をしていないならば、きちんと娘に対する自制が利いていたともいえます

ともあれ、増田さんに直接的な被害がなかったことについては、よかった、と言っていいことだと思います

 

(2)その場は、母を待っている間なので行きようがない

ラブホ云々は、増田さんのエントリの中では一度きり、母を待っているときのみ発せられた言葉のようです。

本気が宿っていたら、一度きりでなく、別の機会に何となく話を誘導しようとしたり、話を振ってみたりするのでは、とも感じました。

 

(3)強い根拠もなしに「本気のはず」などと書いて、増田さんの、父への想い出をこれ以上悪化させたくない

私が「冗談だろう」と書いた、一番の理由はこれです。

もちろん、増田さんの文章を読んで「性的に見られてた可能性」も感じました。

もし、まだ父親と同居しているならば、意を喚起する意味でも「性的に見られていたのでは(今も見られているかも)」と記していたのでは、と思います

しかし、すでに離れて暮らしており、「まぁ普通に考えて冗談だったのだろう」と冗談で消化してもなお

相手が骨になっても絶対に会いたくない人ランキング」のトップランカーだ、というほどに嫌っているなら、

性的に見られてた可能アリアリ」などと、さら増田さんを、そして父親を追い詰める必要なはないのかな、と。

 

何せ、私は(sheaさんも)しょせん部外者増田さんのことも父親のことも全く知らず、かつ、増田さんの視点からのみで今回の話を知っただけなのですから

 

 

結論

それはそれとして、増田さんがこのエントリを上げるきっかけになった記事も含め、

つらい思いをしている子どもたちが少しでも救われますように。

そして、つらい思いをする子が少しでも減りますように。

私は何の力にもなれませんが…。

2019-01-07

自分には良さが分からないものが人気だとイライラする

 自分勝手で面倒臭いのは重々承知の上で、こんなことリアルはもちろんTwitterでも言えないからここで吐き出したい。

 自分には良さがまったくわからないもの、人、コンテンツが人気だと、すごくイライラする。恐怖や憎しみの感情を持ってしまう。

 自分には1つも可愛いと思えない人が、かわいいかわいいともてはやされ大きな会場でコンサートをしたり、1つもかっこいいと思えない人のDVDランキング1位で、「カッコ良すぎる!」のような感想がそこかしらにあったり。見ても嘘っぽいなとしか思えないような物語ものすごい興行収入だったり。

 「私の好きな〇〇より△△の方が人気なのはおかしい」というよりも、

「本気で良さがわからないものに熱中する人が多くて怖い」という感情を持つ。

 しかも完全に部外者なのに、それが人気というだけで、あたか自分の好きなものをけなされたようなストレスを感じてしまう。自分で書いていてあり得ないくらい面倒くさいと思う。

 しかしそれでも、嫌いなものが人気と言う話を聞くと、そのものごと消えてなくなってしまえというドス黒い感情が湧き上がってきてしまう。

 好きなものだけを楽しんでいればいいのに、わざわざ嫌いなもののことを考え、嫌な気持ちになる。完全にシャットダウン出来ればいいけど、人気だからそこかしらで目に入る。もうそれがストレス。楽しんでいる人は何も悪くないのにその人たちにもイライラする。なんでこんなのにそんなにハマってるの?おかしい、気持ち悪い、と思ってしまう。

 書いていて分かる。自分が確実に悪い。こんな感情ばかりが渦まいてしまうこと自体が嫌だ。

2018-12-18

anond:20181218221023

それはオタク会社と自宅で違う言葉遣いするみたいなもんじゃないの?

はてなで すぐ 神~とか 死ぬだか尊いだか言ってるの

部外者から見たら気持ち悪いのには変わりないからな

2018-12-17

anond:20181217104850

スケール小さくすることで話をわかりやすくしたプギャーと思っているかもしれないけど、

元増田の家を占領するって普通に所有権をもっていて書類上もそれが証明できて、

完全にあなた部外者って証明できるんだけど、その点は大丈夫なのかな?

普通にあなたが捕まって終わりな気がするんだけど。

2018-12-10

anond:20181210162144

全くの部外者だけど5分で把握した内容だとドライとかじゃなくて単純にアホなんじゃないの梅原って人

馬鹿じゃなくて阿保

チンパンジーより頭少し賢かったら自分仕事に影響ある発言普通しないでしょ

辞めるつもりなら違うけど

部外者が「合理的に考えればそうなるというだけだが?」とか妄想してるのを「マジレス」とか称してる

2018-12-08

責任の取り方

(先にお断りしておきますが、吐き出しただけなので、まとまってません)

貴ノ岩事件を観ていて思ったのですが、責任の取り方って「前例」に倣うことが多いですよね。

取る人が頑張って考えて「私はコレで責任を取る」としても、どこからともなく現れた「大人」や「知識人」や「国民」等の当事者以外が、「それでは許さない。前の人はこうしていた。『誠意』()が感じられない」と怒り出す

(まあ、部外者が騒ぐというのは、「責任の取り方」に限った話ではありませんが)。

前例に従わないとイカン、というのでしたら、もっと選択肢を用意してあげても良いと思うのですよ。泡食ったら当人思考停止状態になるでしょうし。

賞金の返納、寄付、降格、etc.

まあもう少し厳格にしたものが、法律による罰則だったりするのだと思いますが、その前段階(訴訟に至らなくても)で。

それはともかく、暴力反対。ただ、罪と罰贖罪)のバランスも考えて欲しい。

バランス: 例えば、当事者同士が(色んな忖度や勘案が働いた結果)納得すれば、ひとつの落としどころなのかしら。

2018-12-06

anond:20181206223407

一番不動産価格が高そうな駅の名前プロに頼んでつけてもらったんだから

部外者は黙ってろって言っちゃえばいいのに。

2018-12-03

anond:20181203135339

横だが、俺だと「分からない奴は部外者。知らないなんてありえない」って煽られてる気になる。

2018-12-01

NOCに関わってみた話

いつも一般で参加するだけだし、何か貢献したいなと思って某NOCに関わってみた話。

すごく、部外者お断り雰囲気が漂っていてびっくりした。

私のほかにもこういうの初めてな方がいて、Slackで「何をすればいの?」みたいなことを書いても数日誰も何も応答しない。

ミーティングと称して集まりがあったのに何も決めない。

何か意見するとそれは違うという反応。

何か知ってる人達しか知らない暗黙の了解があるけれど、初見の人にそれを全く共有するつもりがない。

これでなぜ新しい人を募集します。みたいなノリで人を募ったのか。

決めるべきでは?という事はいろいろあるはずなのに、何回も参加している人達の中ではいつも同じようにしているからもはや決めるべきことではなくなっている。

という状況にもかかわらず、それら暗黙に決まっていることが共有されない中で何をすればいいというのか?

2018-11-30

anond:20181130114241

この話で一番怒って良いのはつくる側の開発な気がするんだけど。

(正直部外者が「社会人としてありえない」とか言い始めるほうがありえない)

2018-11-26

anond:20181126163809

ビビっちゃってあの席では言えなかったんですけどやっぱり先輩が好きでしたって言ってお米券2万円分くらい渡したらまだ間に合う

部外者からしょうがないアホ後輩に昇格できる

そのあと自分のチン毛抜いて瓶詰めにして同僚とかに「これ先輩のマン毛~」って見せびらかせば鬱憤も晴らせるし

性的対象ではないことを伝えたら怒らせてしまった、かもしれない

ちょい前の飲み会で同じチームの先輩に僕が惚れているというネタからかわれた時、はてなユーザーな僕は「女性は意中の異性以外から性的にみられるのを嫌悪する」ということを学んでいたし、先輩は姉に似ていてそういう気にならないから正直に自分の好みも明かしつつ好きな人別にいて違いますよという主張をして収めた。残業で二人だけになることもあるから嘘をついて気のあるふりをしても気まずいことになるし、そもそも先輩は彼氏がいるのでそれがベストだと思った、安心して貰えると思った。

なのに関係悪化してしまった。元から同僚、後輩枠だった関係部外者のような扱いになった、格下げだ。仲のいい同期も同意見なので被害妄想ではないと思う。

他に心当たりもないので十中八九あの時のことが原因だと思うものの、そうなった理由がわからない。先輩は美人で人当たりも良く恋人もいる、一方僕は冴えなくて恋人いたこともない、仕事上の会話はあれど親しく雑談する間柄でもなかったので、先輩が僕を好いていたというフィクションのようなこともあり得ない。そうなると「女性は意中の異性以外から性的にみられるのを嫌悪する」というのを疑いたくなってしまう。

2018-11-20

君が心配することじゃないよ、っていい言葉だよね。

「てめぇには関係ねー」「部外者はすっこんでろ」「四の五の言わずに働け」と意味は同じなのに慈愛に満ちている。

もっと流行ってほしい。

2018-11-19

はてなタンカ待望論

はてなハイク村八分によって部外者や余計者を排除粛清してきた。

陰湿な村人によって徹底的に管理された村社会は彼らにとっての楽園廃墟)だった。

はてなタンカにグレードアップすることによって、村にヤンキー左翼が戻ってきて啖呵を切るようになる。

毎日が殴り合いと火炎瓶になる。

「血と火のあるところ祭あり 人集まれば村は発展す」イシュタルの教え

2018-11-15

anond:20181115170931

応戦って・・・からさっきもお前に言ったでしょ

応戦するなら社会運動としての結果を出せよと

増田で吠えるのは気晴らしにはなるだろうが、実績としては一切評価できないからな

それに賢者同盟は今まで機能しているし、部外者のお前に心配される筋合いはない

2018-11-06

anond:20181106092704

間内で使われる専門用語っていうのは、誰が仲間かを区別するために用いられる。

JK流行語と全く同じ。

同じ言葉を使っているやつが仲間で、使ってないやつは部外者だ。

仲間かどうかを無意識に試してきているんだよ。

.

まあ、無意識だけに非合理だし、自分から歩み寄る気が無いのは確かだろうがね。

自分対応は、相手が目上の相手かどうかによって決めろ。

個人的には、JK流行語ワイドショーで学ぶのは、日本語の乱れを憂うより楽しいと思うが。

2018-11-03

仕切り役を決めないままフワッとはじまる弊社イベント

担当も何も決まってないので抜かりや重複がボロボロ発生

無駄が多いんだよな

ワイは部外者からどうでもいいけど

2018-11-02

anond:20181102161036

「全年齢作品として世に出すなら表現には気を遣いましょう」と言う話を

オタクカルチャーに対する批判」だと取るのは、

オタクカルチャー=全年齢作品でも表現に気を遣わない文化」だと思っている、という事になるけど。

そりゃ批判されるだろ、としか

それ、オタクカルチャー以外にも同じこと言ってんの?

そして言ってることの正当性担保されてるの?その根拠は?

そういうあれこれを一切省略して、自分お気持ちに尤もらしい飾りをつけてあーだこーだいうから批判されてる。

第一、「全年齢作品」として流通出来るだけの配慮はすでにしてるわけで、それを部外者にどうのこうのと言われる理由はない。

2018-10-30

[] #64-2「ヴァリランキン」

俺がその一件の裏事情を知ることができたのは、父がヴァリオリのアニメスタジオで働いていたからだ。

人気投票結果発表から日経った頃、父は仕事仲間を連れて家に帰ってきた。

「あ、シューゴさん、フォンさん。いらっしゃい」

「よお、長男

「どうもどうも、お邪魔します」

シューゴさんは総監督、フォンさんはプロデューサーらしい。

父はこのように仕事仲間を家に連れてくることがあり、俺は彼らから業界よもやま話をよく聞いていた。

俺にとってはアニメの内容そのものより、むしろそういう話のほうが性に合ってたんだろう。

とはいえ、なんでもかんでも安易に話してくれるわけじゃない。

部外者に踏み込んだ話をペラペラと喋るわけにもいかいからな。

それでも隙のない人間なんていないし、なければ作ってやればいいんだ。

はいシューゴさん。どうぞ」

「お、あんがと」

俺はすすんで父たちの輪に入り、酌をする。

そしてこういうとき、「お客さん用」という名目で“いい値段の酒”を開けるようにしているんだ。

酔わせて吐かせるだけならストロング系の缶チューハイとかでもいいが、良い酒で喉元を潤したほうが口元も滑らかになりやすいからな。

そうして程よく酔わせたところで、父たちが話してくれるように誘導する。

今日は集まって酒飲み……ということは仕事が一段落を終えたんですか?」

「ん……ああ、まあな。アニメ制作自体はいつも通りだったんだが、予定外の仕事が増えたからキツかったぜ」

人気投票のことです?」

「そうです、そうです。特に結果発表が控えていたときに、ハプニングが起きましたからね……」


…………

発表の一週間前、父たちは事前に集計結果を確認していた。

人気投票企画運営をしていたのはスポンサー側だったが、監修のために立ち会う必要があったからだ。

キャラクター順位は概ね予想通りですね。主人公が1位で、それに仲間たちやライバルキャラが続いて、新シーズンボスが……て感じ」

「仲間でイセカだけはちょっと下がりますけど、キャラデザ的にウケが悪いのは仕方ないので1桁に入れただけ健闘した方でしょう」

「まあ、ネット投票する奴らはそこそこ年齢いってる奴らが多いだろうしな。イセカは子どもにはもっと人気あるだろうから十分だろう」

「イセカというより、イセカの使う武器が人気あるって言ったほうがよさそうですけどね」

死神よりも、死神の鎌のほうが好き、みたいな?」

「分かりにくい例えだが、何となく分かる」

とはいえ集計は終わり、結果が決まった段階。

その内容も予想通りだったため、雰囲気は穏やかなものだった。

「ん?……なんかコレ、おかしくねえか」

しかし、その中で一人、シューゴさんだけはすぐ“違和感”に気づいた。

(#64-3へ続く)
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん