「産業医」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 産業医とは

2018-10-16

パワハラパワハラ辞めろっていうけどさー

具体的な社内対策って何があるだろうか?

・社内でパワハラ研修をする

第三者通報できる制度を設ける

ストレスチェック一定ライン越えたら強制産業医面談

・見聞きしたらとりあえず誰かに言う

予防でも対処(当事者でも第三者でも)でもどっちでもいいのでアイディアを知りたい

2018-10-08

anond:20181008095320

普通女性感覚だったら、生理的に受け付けないよね。

私も大手通メーカー勤務だったけど、呑み会となると、二次会キャバ三次会風俗普通で嫌だったな。でもオッさん達も女性の前では風俗の話は控えていたよ。娘や嫁と風俗の話をすると思う?

先輩女性が「あなた気持ちは分からない」と突き放すのはどうなんだろう。必死気持ち悪さをねじ伏せて、自分の心に触れないようにしているのかな。辛そうだ。結構特殊会社と思うよ。

その上で、日本性的に潔癖な方で、外国では気楽に買春売春する文化の国もあるので、そのギャップに触れてる可能性もありそう。女性一方的に囲われる国もあれば、女性ストレス解消に気楽に風俗に行く国もある。どういう背景で、そういうノリになっているのか知りたいところ。

増田がなじめないのが普通と思う。産業医や人事課に、転職を前提として相談してみたらどうかな。

2018-09-18

anond:20180918165836

200が続いてそれ以外の何か(体調とか気象とか無茶ぶりとかストレスとか病気とか)があると折れる

300でもかなりきついってか強制産業医面談じゃない?

2018-09-16

ブラック産業医会社グル解雇に追い込み

https://news.yahoo.co.jp/feature/1072

増田ユーザーがこの手の産業医会社にやられたら、裁判してしっかり賠償金会社評判低下を勝ち取れよ。

女として産まれたことが、憎い。

わたし小学生だった頃、

女の子算数が苦手でも仕方がない」

と言われたことがあった。

わたしは、算数が苦手なのは

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

つのときには

女の子運動が苦手でも仕方がない」

と言われたことがあった。

わたしは、運動が苦手なのは

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

弟とゲームで遊んでいて、

わたしゲームミスをすると

女子ってゲーム下手だよね」

と言われたことがあった。

わたしは、ゲームが下手なのは

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

中学になって、気弱だったわたしはすぐ泣いた。

クラス男子から

「女はすぐ泣くからずるい」

と言われたことがあった。

わたしは、すぐ泣いてしまうのは、

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

算数だけじゃなくて、

勉強について行けなくなってきた。

女の子男の子より勉強ができないから」

と言われたことがあった。

わたしは、勉強ができないのは、

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

高校に入って、いじめっぽいことがあった。

泣きながら教師相談したら、

「女社会ってそんなもんだからなぁ」

と言われたことがあった。

わたしは、いじめられてしまうのは、

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

大学に入って、喪女だったわたしは、

まり自分意思発言したりできなくなった。

でも、どうしても許せないこと、

嫌なことがあったら、嫌だと言うようになった。

「女ってすぐ感情的になるよね」

と言われたことがあった。

わたしは、感情的になってしまうのは、

わたしが女だから仕方がないんだと思った。

そのあと、何一つ輝くことなく、

無難に生き続けてなんとか社会人になったわたしは、

気づけば鬱になって、産業医面談をした。

好きなことを聞かれて、

唯一の趣味でもある料理のことを話すと、

料理って実は男の人の方が得意なんだよね」

と言われたことがあった。

もう限界だった。会社を辞めて、ひきこもった。

どうして、女だというだけで、

わたしは、わたし人生のすべてを、

奪われ続けなければならなかったんだろう。

わたしは何を間違えたんだろう。

女に生まれて、女として生きることって、

何もできない、奪われるものとしての人生しか許されないの?

であるという理由わたし否定した相手には、

男も女もいた。年上も年下も同い年もいた。

男が憎いわけじゃない。

女として産まれたことが、憎い。

2018-08-09

女医問題を臨床から離れた女医が考えてみる

ここ数週間、女性医師問題日本全体でもはてなの中でも話題になっていたようですね。(裏口の方はどうしたのって感じですが)

東京医大女子減点問題について、いち小児科医が思うこと anond:20180802123936

私が医療崩壊トリガーになる未来 anond:20180805172629

女医さんがやってきた anond:20180701010648


さて、増田タイトルにも書いてあるように「臨床から離れた女医」です。

ですが、臨床を行っていないだけでバイト医でもドロッポ医でもフリーター医でもありません。産業医でも保険医でも、もちろん主婦でもありません、念のため。

世界競争しながら仕事をしています

医師になって10年目前後で上の子供は小学生です。これはつまり初期研修前後最初の子供を出産したということです。

医師キャリアの中で早い段階で子供を産むとどうなるか、を臨床から離れた立場から少しこの場で考えてみたいと思って書いています



「私が医療崩壊トリガーになる未来

エントリーの中で増田女医が書いておられたことは、

問題意識が高く、普段からまれるなんてとても偉い(語弊がありますが)なと思って読みました。

マイナー科にいったらいったで周りに負担をかけるし、医師キャリア女性としてのライフステージがあっていない!なんて私自全然考えていなかったので。


一つにはおそらくロールモデルがあったからだと思います

直接お会いしたこともないのですが、既に亡くなられた某大の教授でいらした女性医師インタビュー医学生ときに見かけました。

その先生は2回留学されて、お子様も二人いらして、教授になられた方でした。

結婚出産しても医師としての縄跳びを止めようと思ったことはない、とおっしゃられていた記事を読んで

私もこのようにありたいと、今でも心の中でひっそりと尊敬し続けています

おそらくあと25年、30年ほどある医師キャリアの中でもずっとこの言葉を胸に進むと思います

はいえ、ロールモデルがあるから頑張って女性医師も働いてね、という方向に持っていかれるのは困るし頑張ってきた先達にも失礼だと思います

現代環境や考え方も変遷してきていますし、各人のやる気だけではもはや対応できないレベルに到達しています

こうなると、アメリカのように科の選択制限競争が加わることが避けられないかなと思えてきます

何科に進むかというのは医師人生のものにも等しい大きな選択であり、

女性医師の中にハード外科ははなっから無理と思う意識があることも否定できません。

現在東京医大女子の点数の問題が出ていますが、

私自身、正直誰が女子入試制限に反対しているのかと思うくらい、正直男性でなければできない部分があるのである意味当然の采配と思っています

裏口入学は別ですが)

私が入試を受けた15年ほど前でも、当然男性が優先される部分があると思って受験していたので、

今更そのような話が明るみに出ても不利だとも隠されていたとも感じません。その中でも優秀な成績をおさめれば合格するだけの話です。

一方で、これに関連して女性医師男性医師も働きやす職場環境を整えるのが先という意見や、

もしくは女性医師が働きやす職場環境男性医師負担がかかっているんだよ、というエントリーが出ていて興味深く読ませていただきました。

同じ医師でも臨床をしていないので、こうした現場感覚は人づてに聞くくらいでしかないのです。


一定男性医師必要と割り切って男性医師確保の道(海外大学での人種間の割合の差のように)へ動くのか、

ワークシェアのような形で職場改革の道を進むのか、正直今の私にはどちらがよいのか判断できません。

よりよい医療のためにはどちらの道がよいのか研究必要だろうなという意見程度しかもちませんし、少し離れた立場から見守る形を続けます


さて、医師キャリアの中で早い段階で子供を産むとどうなるか、という話に戻ります

早く結婚して早く子供を産んでから医師キャリアつんだらいいという意見がたまにあるのですが、

研修前後出産した立場からは、かなり否定的な立場をとっています

正直いつ出産しても壁にあたることは間違いなく、医師としての負担が少ない初期研修前後で産むのも一つ、という意見理解できます

しかし、最も手のかかる赤ちゃんをかかえて、第一線で研修医として臨床を続けるのはなかなか厳しいものがあるだろうとも思います

私の場合、今の道に進む決定的な出来事があり、今ではむしろそれに感謝しているくらいなのですが、

それがなければまだ臨床に迷いがあったかもしれません。

しかし、臨床に未練をもっても子供をかかえて同期より遅れていく知識習得経験の差に焦っただろうことも想像できます

今となっては、完全にできないということもなかっただろうとは思いますが、そうして後期研修やらなんやらを続けていたら

今度は同僚の迷惑だ、ということにもなっていたのかもしれません。

私自身はイレギュラーな道でそれらを回避してしまったのですが、万人に進められるものではありません。

どの段階で出産しても大変なので医学生だろうと研修医だろうと出産を祝福しますが、現在環境においては決して早い段階がおすすめとは口が裂けても言えません。

ほら、結局最初から男性医師養成しておけばいいんだよ、という先のエントリー増田の指摘、現状の環境においてはごもっともです。

ごくごく優秀な一握りの女性医師と、肉体労働長時間労働もこな男性医師入試で入れる、それもありなのかもしれません。

これってつまりは昔のまま、なのですけどね。




18歳のとき、金ではないもの重要視される世界で働きたいと思って医学部に入り、

研修医の時、上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医すを身をもって感じて臨床から離れました。

2年目増田も何かに気づいちゃったなら、視野を広く持つといいのかもしれませんが、

医師全員がそんなことを色々と考えだしたらそれこそまた医療崩壊に進んでしまうのかもしれません。

きつい仕事は結局社会の中でも医者世界でも押し付けあいです。

ということは、将来的には、競争を入れてきつい仕事に回る人材を確保しないといけないのでしょうね。

アリの世界女王アリと働きアリがいるでしょう。

開業医医師会が女王アリなのかもしれないけれど、自由意志で科が選べる時代はもうすぐ終わるんじゃないかと思っています

2018-07-28

anond:20180728090909

職場環境により鬱になった。このまま悪化すると誰かを殺すかもしれない、それなら早く死んでしまわないといけない、と考えていた。そのことが職場ではバレないように、押し殺して働いていたが、仲の良いのいい先輩が気づかれた。泣いた。自分ではどうしようもなかったダム決壊した。

半ば強制的産業医面談に行くことになった。

俺が働いていた会社産業医もクソだった。痴呆が始まっていたのか、前回話したことをもう一度説明させたり、なんの解決にもならないどころか、よりひどくなりかねない状況で最悪だった。

何が嫌だったのかを思い出すことも嫌で、なんとか振り絞って伝えたのに、それを掘り返されて、本当にしんどかった。

ただ、駆け込み寺として上司から引き剥がしてくれたこと、会社に対して正当に休養が取れたことだけが良かった。

心療内科に行ったり、増田に色々書きなぐったり、ひたすらFPSをやったり、猫カフェに入り浸ったりした。

結局、会社をやめて、今は海外生活していて、だいぶ回復した。

全てのことを一つの方法解決することは難しい。命の電話電話をかける、増田に書く、まであなたはできた。

ずっと自分で抱えてうずくまっているところからはじめの一歩自分で動き出せたことが本当にすごい。俺は幸運にも先輩に声をかけてもらえた。

そして、あなたが書いた増田も本当に素晴らしい。俺が鬱っていたときには、クソとか死ねとか何も文章にならないようなスパムのようなものを書くことしかできなかった。

とても理論的に書けているし、何よりほかの苦しんでいる人にも為になることも書いている。増田さないでね。

anond:20180728090909

これよりははるかに軽度だけど、産業医カウンセリング失望したなあ

仕事で鬱になって相談に来てるのに、こちらを肯定し寄り添うどころか頭ごなしに否定した

その場で号泣したわ

あんな話の聞かないカウンセリング担当医師っているんだなと

通院提案されたけど通っても何にもならんと断った

助けてほしい、と思ってすがると

だいたい失望する結果ばっかだなあ、自分人生

いのちの電話もそこが最後の砦ってわけじゃないし

いろんなとこに頼ったらいいと思うよ

増田もその一つかな

2018-07-04

anond:20180704232808

ぱっと思いつくのはこんなところ

中小企業メリット
中小企業デメリット
大企業メリット
大企業デメリット

2018-07-02

anond:20180702151730

過労からあきらかに病んでるようにしか見えないよね。

元増田は、いま自分に正常な判断ができなくなってることに気付いていないように見える。

正確に言えば「気付いていて目を逸らしている」だけだと思うけど。

増田の現状は明らかにオーバーワーク」だ。産業医相談してみろ。一発で休職提案されるだろう。その診断をもって上司相談しろ本業休職しろ

年収1000万あるなら、少し生活レベルを落とせば食っていけないことはないだろう。その間にやりたい副業はやればいいさ。Vtuberでもなんでも。もしそれである程度食えるようになればめっけものだが、まあならなくてもよい。そして、ゆっくり子作りすればいい。

子供ができたら、適当タイミング休職を育休に切り替えるといい。ホワイト企業ならそれも可能だろう。最終的に仕事に復帰するかどうかは、その後で考えればいい。退職したければしてもいいしな。

とりあえず、逃げ場がないように思っている現状は、別に逃げ場のない状況じゃないと認識せよ。逃げる方法はあるんだ。

2018-06-28

anond:20180627003411

産業医競争がない世界で生きているので、色眼鏡をかけてみるので基本オーケー

健診時の血圧測定がやたら低いのが何年も続いたので、相談してみたら「歳をとったら、いやでも血圧は上がりますよw」とかぬかしやがった

2018-06-27

[]

あー全然毎日かけてない

昨日

おしいれのもの出しておしいれに掃除機しかけた

おしいれのもの、去年衝動的に買っちゃったものがたくさんありすぎるから死ぬ前に処分しなきゃと思ってる

プレステとか

から駿河屋にまとめて送りつけよと思って

でもプレステ1の動作確認掃除機かけるだけで精一杯でギブアップ

でも一度も頭ぶつけたりおなか殴ったりはしなかった

ただ食欲はない

昼にサラダコロッケ2個、おやつわらびもち1パックだけ食べただけ

十分と言われるかもだけど

今日

おなかのあざの色が少し色素沈着っぽくなってきた

でも当初の真っ白ないろにはまだほど遠いけど

朝はヨーグルトりんご切って入れた

りんごヨーグルトってなんでこんなにおいしいんだろう

ヨーグルトのすっぱさでりんごの甘さが際立つ気がする

お昼にトマトカレーオートミールお腹いっぱいたべた

2日分くらい

これで晩飯と明日の昼までは何も食べない

ちょっと食べ過ぎたかなと思ったけどよるになっていい感じにお腹もこなれたし空腹感もない

完全に食事リズムが狂ってる

昼過ぎにすっごいゲリラ豪雨があって慌てて窓しめた

風が異常につよかったのは前兆だったらしい

ダンガンロンパ3のアニメを見始めた

12V3やって見たかったけどなかなか見れてなかったからよーやく

最初に1話しかない希望編みたらイミフラスト大団円ってところで見る順番ミスった

絶望編全部見終わって今未来編見てるところ

やっぱりダンロンの世界は好きだなあ

新作プレイしたい

もう多分出ないんだろうけど

あさひなきりぎりすき

えのしまじゅんこもすき

ほしいから買ったけど買って満足してる大半のもの処分しなきゃ

悲しい

悲しい

頭の回転遅いし先のこと考えられない考えたくないし死にたいしか思えない

産業医に話すシミュレートをしてみたけど今そう思ってるってことはまだ治ってないか復職だめですって言われるんだろうな

今の状態病気のせいだなんて信じられない

でも性欲なら薬でコントロールされることは身をもって知ったから、今のこの状態もおなじように薬でよくなってくれることを期待

する気力もない

自分なんて本来こんなものだという諦めのきょうちって感じ

わきあがるうおおおおおおと思えないのが本当にかなしい

股間がまったく反応しない

理性でエロいしか思えない

人間として生きる意味がない

でも大丈夫

死ぬ前に身の回りの整理をする必要があるから

それまでは死なないか

んであれ

そうやってるうちに気分も多分変わるんだろう

経験談かいろいろよんでるとそんな漢字らしいか

でも自慰できないのがつらくてかなしいなあ 

薬のせいとはいえそんなものに屈してしま自分の性欲が悲しくなる

事情きょうだいもこどもできないしおれがこうなって死んだらほんとに終わりだ

申し訳ないけど

上司には自殺したら軽蔑するぞとかはっぱかけられたけどそういうことじゃないんだよなあ

そういうのは思い込みからきてるうんぬんとかgdgd言われてはげまされたんだろうけど責められてるようにしか聞こえなかったし

一応これまでもなんどかアラートというかSOSは出したつもりだったけどその都度それなりにいいくるめられて結局決壊して耐えられなかった自分豆腐メンタルがいけない

楽しいと思えるものがなくて迷惑しかかけられないんだったら生きる意味なんてない

それでも生きてる人は強いからすごい

俺は弱いからだめ

安楽死できなければ自殺するしかないだろう

この無能感と絶望感ともういなくなったほうがいいというこの感じ、これが病気だとはいまだに信じられない

でも片付け終わるまでは薬のんでしなない

動けてるうちは甘えだと言われるんだろうな

そう俺も思う

ただの甘え、豆腐メンタルなのが悪いと

から死ぬんだよ

それで文句ないんだろう

例の事件じゃないけどgdgdくだを巻く前に行動で示す

それが今の自分にできることだとしか今は思えないか

ただ他人には可能な限り迷惑かけないようにする

どうしたって迷惑かかるのはしょうがないけど

こうやって思うままかくことでなにかまた気持ちがかわることを期待してもいるけど

とりあえず首吊りを考えてる

家につれるばしょがあるから

そんでおむつを二重ではく

死に顔はショッキングからかみぶくろでもかぶる

下は新聞紙しく

今はそういうのを考えてるけどまだおむつ買うまでは行ってない

あ、あと決行時は、低い姿勢からきゅうに立ち上がったときにすんごくめまいして現実と夢の区別つかなくなる感じの体質だから、それを利用してできるだけ夢うつつでやるといいかもと思ってる

餓死ちょっと環境てきにきつそう

食欲ないのに空腹でおなかいたくなる感じきついし

ということをなんとなくいつも考えてるけど自分はいたって正常だと思う

自分自身ただの甘えでしかないと思ってるから本当に多方面申し訳ない

本当にすみません

クズ無能迷惑しかかけられなくて本当にごめんなさい

あともう少しだけ許してください

涙が出てきた

泣く権利なんてないのに

悲しい

悲しむ権利もない

クズ死ね

なんで安楽死施設がないんだろう

anond:20180627003411

大学スクールカウンセラーとか産業医医療機関に勤務してまともにやってけない奴の受け皿だと思ってる。

芸術大学に通っていた頃にカウンセラー利用させてもらったけど元増田と似たようなこと言われた。

課題から逃避するための言い訳だろ?とほくそ笑みながらほざきやがった。

挙句「こんな大学通ってるような奴に才能なんてないんだから大人しく中退してとりあえず派遣なんかで働けばいいだろ」だとさ。

まらず「それはあなたの決めることじゃない。中退しないし派遣社員にもならない。」と言い返したら、

派遣社員を見下しているから僕の話を聞き入れられないんだろうけど、これが現実から(笑)」と全く噛み合わない返答が来てもう絶句

自分暴言を受けたことよりも他の学生の話もまともに話なんて聞いてないであろうことが悲しかったし強く憤りを感じた。

当時は自分の将来や成績のことだったり金銭的に困窮していたりで自分のことで手一杯だったので、カウンセリングルームで起きたことは誰にも話さないままになってしまった。

精神的に疲弊弱気になっている状態でショックの強い言葉を浴びせられたので「こんなこと他の人に言っても信じてもらえないだろう」と思い込んでしまったせいでもある。

今考えればすぐに教務課あたりに苦情を入れたほうがよかった。悔やんでももう遅いが時たま思い出して後悔の念に苛まれる。

くどくどと恨み節を書き記してしまったが、中高生児童カウンセリングを請け負っているカウンセラーは志高い人が多い印象があるので、精神科医やカウンセラーも当然悪い人ばかりではないはずだ。

しかしながら大学企業のお抱え医師は吹き溜まりの埃みたいなもんじゃないだろうか。

ストレス産業医面談受けたら「最近の若者は」って説教された話

今年度の健康診断で、ストレスチェックテストが軒並み悪い値を叩き出してた。

まあ残業とかは無いんだが、正直開発業から離れてディレクター業やらされてる分、結構精神的にクるときはある。

でも代わりになれる奴がいないとの事で、俺がディレクターやってる。

正直ストレスが原因で体調崩して2日くらい休んだこともあるし。

しばらくして「産業医面談やりませんか?」と言われた。まあせっかくの機会だしと受けてみることに。

ストレスに波があるから興味本位で行ってみた。

初めは看護職の女性説明と問診。

同意書書いたあと、業務の話を少しした。

まあ親身になってくれるし、ホッとした。

大変ですね、と言ってくれるだけ、心が軽くなる。

ここからが本番。産業医面談

少し世間話した後に、仕事について聞かれる。ここまでは良い。

やりたい仕事は何か?と問われた。俺には仕事理想があったが、熱く語っても仕方ないから、開発がやりたいとアッサリ伝えた。

そしたら、「ディレクターから開発に移ればストレス無くなるか?」と聞かれた。

正直、精神配慮業務変更されたら、周りからの目が気になって、今まで通り働ける自信が無い。

それに開発業はそれはそれで苦労があるから、別のストレスは溜まるだろうし……

そんな事思って返答に困ってたら、「最近の若者はやりたい事が無い癖に、自分仕事がすこし辛いと、他の仕事の方が楽かな?と考える。貴方もそうだろう」と言われた。

は?と思っていたら「こんな若者いくらでもいる。貴方だけじゃ無い。だから問題なし」と話が進む。

「異常所見なし、再面談なし、連絡事項なし、いいよね?」と更に詰められ、「は、はぁ」と応えたとこで終了。

会社制度に期待した俺が馬鹿だった。二度と産業医面談なんて受けねぇ。

2018-06-20

会社産業医白金に住むと精神病が治る

東武東上線沿いや西武新宿線沿いに住むと心が荒むって力説してましたね

シロガネーゼ最強ですね

2018-05-18

[]柳瀬さんが働き方改革担当総理秘書官だったらよかったのに!

国会ウォッチャーです。

 過労死問題遺族会代表者安倍総理との面談を望んでいる件。

 昨日の福島みずほさんの質疑で、安倍事務所だけでなく、福島議員仲介して、官邸との仲介内閣総務官室に依頼するFAXを送ったけど、安倍さんに伝わっていますか、という質問に、「事務的受理した」、「厚労省がしっかりと対応する」をひたすら繰り返していた、原内閣審議官。1日明けて安倍さんに伝わっただろうか・・・

精査して再度提出された労働時間総合実態調査(2013)にまだロジカルおかしい異常値が残ってるらしいんだけど、急いで月曜日に再提出されるそうです。急がなくていいんで、ゆっくり確実にやってから労政審にごめんなさいしてもう一回答申出してもらうべきでは。

 安倍さんが会うか会わないかはご判断でしょうけど、ロシアスケート選手に犬を上げるのに同席しようっていってる人は、目玉法案懸念事項、去年の働き方改革かいうのの端緒になった高橋まつりさんのお母さん含めて、家族会の人たちと面会しないとしたらちょっと多忙理由にするのは難しいんじゃないかな。

池田真紀@立憲

池田

「原審議官においでいただきましてありがとうございます。5月16日に、過労死遺族会代表者の方が、安倍総理に面会依頼をされています。で、安倍事務所に申し入れをした、また福島みずほ議員にも仲介の申し入れをされた、申し入れですね、面会の申し入れをされています。私も昨日、参議院厚生労働委員会を拝見をしておりました。その中での御答弁、原審議官の、中では、”官邸受理をした”というふうに伺っておりますが、そこは間違いはないでしょうか。確認をさせてください」

「お答えをいたします。ご質問の、ご依頼については、5月16日の午後9時頃に受理をさせていただいたところでございます官邸として、組織として受理をさせていただいているところでございます官邸にも届いているということでございます

池田

「そうしましたら、それは総理のおみみには報告というかきちんと入っているのでしょうか」

「お答えをいたします。官邸として、組織として、受理をさせていただいているところでございます。全国過労死を考える家族の会の声には、政府として十分に受け止めたいと存じます(でも高プロは引っ込めません!)」

池田

組織として受理しているのは、もう最初質問でわかっているんです。私が聞いているのは、総理に、安倍総理にきちんと報告をしているのかと言うことです」

「繰り返しになりますが、官邸として、組織として、受理をさせていただいているところでございます。」(蘇る昨日のリフレイン

池田

委員長理事が詰め寄って速記が止まる)」

(約10分後)

関係するところには渡っているようにしてございますが、総理本人に渡っているか確認してございません」

池田

関係しているところというのはどこの部署でどなたのことでしょうか」

原(委員長指名されるも席を立たないので、委員長に促され、)

総理室でございます

池田

家族会にも今の現状、お返事をされていないと言うことですよね。総理にも伝わっていない。資料もつけましたが、家族の会の方の依頼文を読んで、なぜ報告していないんでしょうか(忖度力が試されているから)。ここにですね、中段からですが、”過労死家族を失って、地獄の苦しみを味わうのは私たちだけで沢山です。過労死の防止のために全人生をかけて活動しております”、今どういう局面にあるのか想像がつきますよね(高橋まつりさんのお母さんのtwitterとか焦りがすごく伝わるよね)。そして”私たちの声を直接お聞きいただきたく、面談を切にお願いを申し上げます”。5月の22日までにお時間を頂戴できれば”。このような依頼を受けて、止めているということなんでしょうか。総理はいつ耳に入るのでしょうか。」

家族会の方々の声というのは、政府として十分に受け止めさせていただきたいと思います(でも高プロは引っ込めない)。いただきしたことについては、どうのように回答するかも含めて早急に考えてまいりたいと思います。」

池田

「今、考えてまいりますとおっしゃいましたけど、総理が考えるのではなくて、審議官が考えるんですか?総理に会いたいということを、総理に報告もしないで、組織として審議官の段階で、握りつぶすんですか?」

「私のところというわけではございませんで、組織としてしっかりと受け止めさせていただいたので、全体として、しっかりと考えさせていただきたいと思います。」

池田

「即刻の対応必要だと思います。昨日の答弁で、厚労省管轄からという答弁をされていました。もう一度確認しますが、総理に報告して、面会をセッティングされるおつもりですか?それとも昨日のように、これは基本的厚労省の分野だから、ということで、厚労大臣に返すんですか。」

「繰り返しでございますが、家族会の方々の声というのは、政府として十分に受け止めさせていただきたいと思います。その上で、所管であります厚生労働省においてご対応いただきたいと考えております。」

池田

「とてもおかしいと思います。この働き方改革は、総理肝いり法案ですよね、今国会何がなんでも通すと。そして施政方針演説、昨日、福島議員お話になっていましたけども、今日資料もつけております。ご覧ください、資料の8ですけど、”きちっと結果を生み出す働き方改革をみなさんと一緒に進めていく”と言ってるわけですよね。そして新聞報道でもありました。高橋まつりさんのお母さんとお会いした時の、これは資料7についてますけども、安倍総理はですよ、”涙ぐみながら聞いて”そういう風に聞いていたということ、これは不誠実ではないでしょうか、”二度と悲劇を繰り返さないように長時間労働是正に取り組む”と、こう言ってるから総理に会いたいんでしょう?なのに総理に会わせないつもりですか、もう一度ご家族に対してのレスポンス、また総理との面会を保証していただけるのか、その見解を含めてご回答いただきたい」

レスポンスにつきましては、早急に行いたいと思います家族会の方々の声というのは、政府として十分に受け止めさせていただきたいと思います。その上で、基本的に所管の厚生労働省対応いただくべきものとこう考えております。」

池田

「会わせないような口実にしか私には聞こえません。これは即刻、報告すべき問題ですよ。担当加藤厚労大臣には、ご家族の方、お会いしてますよね。家族会の皆さんとお会いされてます。16日の厚生労働委員会でも、加藤大臣は懇談されたと。(略)加藤大臣とあったけども、高プロの削除等ですね、要望が、この委員会を通しても、前にすすめられてないと。総理に報告をして、早急にレスポンスを、22日までにということであれば、今日金曜日ですよ、月曜日に報告をする、月曜日に返答する、なんてことはありえないと思います今日必ず総理に報告をして、お返事を、今日現在のところ、という話ばっかりじゃないですか、お約束をさせていただきたいと思いますいかがでしょうか」

「早急に、今ご指摘いただいた点も含めまして、早急に対応したいと思います。」

池田

よろしくお願いします。(略)組織的な判断で、厚生労働省に返す、これだけは絶対ないようにお願いしたいと思います。次になりますけども、加藤大臣、(略)お会いしてですよ、この(法案に)書いてある、高度プロフェッショナル制度を推進するようなお話とはまったく違う、ご家族お話だったと思います。そのことを聞いてですけども、高度プロフェッショナルを含んだ法案を進めるというのは、ご家族お話を聞いても、そう思ってらっしゃるということでしょうか。」

加藤

「あの、昨年11月8日に開催されました、過労死を考えるシンポジウムでは、5名の遺族の話を伺い、また委員御指摘の今年の2月23日(裁量労働制適用拡大もまだあった頃だね。)には過労死された方々のご遺族、また過重な労働の中で、心身の健康を失われた方々から、直接お話を伺った、ところであります。その思いについては、前回も申し上げましたんで、あの、詳細は省かせていただきますけども、過労死というものが、いかに、ご家族にとって、過労によって、心身の健康を損なうということはどれほど重いものか、そのご本人、等はしっかりと受け止めさせていただいたところでございます。その上で、今回の法案では(略)長時間労働の、罰則付きの上限をつけ、時間労働につける、長時間労働是正につなげるものも盛り込ませていただいておりまして(高プロ適用外だけどね)そういったものをしっかり進めさせていただきたい、というふうに思っておりますし、同時に高度プロフェッショナル制度につきましては、現在第四次産業革命、あるいはグローバル化、こうした中で、より深い付加価値を生み出していく経済、こういったものが求められ、またそうした経済の中においては、そうしたイノベーションを担う方々が、そうした意欲や能力を発揮をしていただく、こうしたことが求められている、こうしたことが、これから我が国の発展、雇用の確保にもつながっていく、そうした思い、こそ、それぞれの方の多様な働き方に即した多様な選択肢提供してく、ということで、現在高度プロフェッショナル制度も含めた法案の審議をお願いをしているということでございます

池田

「上限の時間管理は高度プロフェッショナルにはありませんよね。もう一度ですけども、(28歳SEの方の話をする・・・略)いろんなところで、ご遺族の方は高プロを削除してくださいと言われているんです、これは加藤大臣には全く響いていないんでしょうか」

加藤

「お会いした時にも同様のお話を伺っております。ご遺族の方のご懸念は、我々政府としても重く受け止めさせていただきますしかし、今回の高プロでは、業種を限定をして、収入要件、そして、本人の、しか職務についての中身も決めた上での同意、とうとう、様々な要件を課し、また健康確保措置についても縷々決めさせていただいている(岡本充功議員の質疑であったけど、産業医面談しても何の強制力もないし、うるさい産業医は解任できるし、事業規模が小さいければ産業医じゃないただの町医者面談したところで、誰の健康確保ができるのっていう話なんだけど)、こうした措置によって、ご懸念をできるだけ解消し、まぁ他方で高度プロフェッショナル制度によって、新たな産業あるいはプロジェクトを推進していく、先ほど厚生労働大臣として、というお話ががありましたけども、もちろん労働者の健康を守るのは大事職務ではございますが、雇用職業をしっかりと確保するというのも大事職務でありまして、もちろんバランスを見ながら両方をしっかりと見ていく必要があると思います

池田

職業の確保の中で、命がなくなるような職業の確保は私はいらないと思います。ようは、家族の会の方達は、こうやって今みたいな答弁でですね、加藤大臣の答弁がそういう状況ですから、前向きに受け止めてないとと思われてると思いますよ。だから、今回総理に会いたいとおっしゃっているんですよ。加藤大臣にはもうあってるけど、こういう状況だから総理と、働き方改革を進めるって言ってる総理と。せっかく、最後までいていただきましたから、原審議官、しっかりと、総理にお伝えいただきたいんです。柳瀬さんという秘書官の方がいらっしゃいましたよね。おかしくないですか、加計学園と何度も面会をして。なぜ今回はそんなに合わせないようにばかりしているのですか。もう一度最後にお願いします。それか、他の秘書官に行ってください、みたいなところがあれば、そちらをご紹介されるべきだと思います。」

本日のご指摘について、伝えるようにしたいと思います。」(誰に?)

柳瀬さんはアポの申し入れがあれば誰でも会うって言ってたじゃないですかーって言ってほしいって思ってたら言ってくれたから、ちょっとしかった。でもダメだ、柳瀬さんは、会ってはくれるかもしれないけど、総理に報告してくれないからな。ダメだったわ、残念。

2018-04-29

2型と言われて

学生時代はひょろひょろと痩せていたが社会人になり一人暮らしになりそのうち料理趣味になりで寄る年波には勝てずメタボ体型までになった。それでも健康診断(の結果)はガチ無視でやってきたのだが、さすがに最近いろんな異変が出てきた。といっても痛いとかキツイとかではなく、

・前は昼間眠かったのに最近は4時間くらいしか寝てないのに眠くない

・小さい頃から酷い近視で、40代になって老眼になったのだが、その視力が急に落ちてきた

・なんか指がパンパンになってる

それで去年の健康診断の結果で産業医に呼び出され、結果を見られて一言、「専門のクリニックに行ってくださいね」。

結論から言えば生活習慣からによる糖尿病。2型。1月に近所の糖尿病専門のクリニックに行って女医さんにバッサリ、「インスリン打って治療しましょう」ということで、セルフ治療デビュー。そのあと食事指導も入り、「とにかく炭水化物食べ過ぎダメ、甘い物ダメ、芋とか人参とか土の中から取れたモノはカロリー高い」。体重を落とすために1日1700kcalくらいにしましょう。と言われ、素直に従うことになりました。

毎日仕事ストレスで、ガムは5日で1箱(100粒)、グミ1袋、そのほか甘い物、帰宅が遅いので夕方社食そばラーメン、て嗜好品を全てストップ。毎日食事のご飯を大盛り→半ライスにし、(アラカルトで選べる)おかずも一番カロリーの低いやつを1つだけ。その代わりにサラダ小皿豆腐(冷奴)を必ず付けて、昼飯は600kcalくらい、夕飯は800kcalくらいに。それに毎食直前に即効性のインスリントイレへ行って注射。寝る前にもうひと種類注射。朝イチと夕食2時間後の血糖値を測るメニューになりました。

いま4月末。始めてから3ヶ月。BMI25から23くらいに(実体重でいえば8kgマイナス)。血糖値も200くらい余裕で超えるのが120くらいまでには下がってきました。それに伴い、視力は戻りつつあるし、昼間眠いし、いや低血糖だった学生時代を思い出す感じで。来月の健康診断までにはBMI22までは下げたいところ。血液検査の結果も危機脱出しつつあるし、インスリン注射から一部錠剤にも変わったし、ココロ穏やかに治す所存である

いやぁ、インスリン注射注射嫌いでない人でも結構ガーンとくるよ。ストイックに惑わされず回復できることを願ってひたすら毎日の決まりを守るだけだよ。

2018-04-27

あああああああうっぜえええええええええええ

眠れない

出勤が嫌すぎて眠れない

遅刻したらどうしようとビビりすぎて眠れない

すでに遅刻連発してるのにまだ遅刻が嫌で眠れない

出勤しても仕事が山積みなのが嫌で眠れない

クソ働かないオッさんのおかげで眠れない

働かざること山の如しの社内高齢ニートのせいで

そのクソニートが命ぜられた仕事をまっっったくしないせいで

この時期には詰め終わってなきゃならない話がまだ打ち合わせしてもいないみたいな進捗で止まってるせいで

或いはこのクソニートが俺から引き継いだ仕事をまるで方向違いのやり方で片付けてそのまま休み突入してくれたおかげで

部署から業務に全く使えない新ツールが来てるぞクソニートは話がまるで通じないどうにかしてくれ」という苦情が俺んとこに入ってくるせいで

俺は体調崩してて残業制限診断書が出たからそのクソニートに仕事を引き継いだんだというのに

というか本来そのクソニートが一からやるべき仕事をそのまま丸投げしてきたのを俺の権限でやれる部分は全部やって投げ返しただけなのに

めでたくその苦情対応の件で残業許容上限に達したせいで眠れない

俺の本来やるべき業務のうち月末までに完了必須のどデカイやつが丸々残っちまってるから許容上限を軽々突破することは必至だと思うと眠れない

産業医は破ったところですぐにはペナルティはないと言ったがそれは俺にペナルティは来ないということで安心すべきなのかクソニートの駆逐不可能だという意味絶望すべきなのか

だいたい課長は何考えてるのか、どうしてクソニートをどうにかしてくれないのかと思うと眠れない

俺はクソニートが押し付けてきた仕事を打ち返しただけで産業医から言われていた本来自分業務の軽減も図らなくてはならないのに課長そもそも業務負担見直し言及もしない

本当にこいつを課長と仰いで従っていていいのかという強烈な不信で胃が気持ち悪くて眠れない

こいつそもそもそういうマネジメント的なアレをやるつもりがないのではないか

それともクソニートが何ひとつ報告しないから何も知らないだけか

クソニートがバックレをこいているだろうことには驚きはない、ヤツは副社長に対してトラブルを釈明すべき場として設けたアポタバコ休憩ですっぽかした前科のあるマジモンのカスだ、課長シカトしたりヘラヘラして躱すくらいのことに痛痒を覚えるような神経が通っているはずがない

しか課長はこいつをそういうクソカスとわかっていて管理を避け倒しているのかもしれない

ならば業務軽減の話などしてこないとしても不思議はない、それはクソカスニート仕事をさせるということになるがそれがどんなに気の重い徒労的な話になるかは俺より課長の方が身にしみてよくわかっているはずだから

しかしそれでは俺の残業制限無視され続けるということになる

まり俺はもうずっと治る見込みがないということだ

もうずっと夜は眠れないのだ、これはその最初の夜になるのだ

ああ畜生眠れない

産業医診断書なんてケツ拭く紙以下だ

課長クソニート頼むからまとめて死ぬか辞めるかしてくれないか、俺の安眠のために

2018-04-23

NTTブロッキング社員モラルを求めてる人たちへ

海賊版対策NTT系列法整備前提でブロッキングを決定

http://www.ntt.co.jp/news2018/1804/180423a.html

これに対して、IT屋の皆様がNTT社員よ立ち上がれ的なこと言ってるけど、

元、中の人だけどそんなことするわけないじゃん。(ブロッキングする3社じゃなくて回線のほうだけど)

周り見ても、日々いか責任回避するかに全振りしてるし、

「俺たちが一般人回線使わせてやってる」と豪語してる部長がなんの問題もなく、

定年退職できる素敵な職場なんですよ。

あと、コンプライアンス窓口は、密告者あぶり出し機疑惑があるからお勧めしない。

産業医メンタル不調を色々相談したら、なぜか社内で問題になって吊し上げになった身としては、家族のために

NTT万歳雰囲気出しておけば、少なくとも平々凡々と生活できるんだから

2018-04-16

大雪の日からメンヘラが治らない

新卒で入った会社の転勤で東京に来た。

もともと東京で働きたかったわけじゃない、でも若手で期待されているのを知ってたしキャリアアップになると確信して部署異動も含めて辞令を飲んだ、後悔はしてない。

でも転勤して、上司の期待通りのことは何一つ出来なくて、オペレーター仕事しかできず、なんのために転勤したのかダンボールだらけの部屋で毎日涙目で自問自答した。

満員電車と人の多さが怖かった、誰かとご飯を食べることが減り、醤油がしょっぱくて食パンが薄く、空気乾燥していて、物価が高く、なにより東京は寒かった。

大雪の日の夜、しんしんと積もる雪を見て感じたのは薄い恐怖だった。このまま振り続けたら、生き埋めになるのでは。

朝起きて一面真っ白で深く雪に埋もれた景色を見て叫びそうになった、会社を休んだ、布団の中で泣いた、こんな遠くに来るつもりなかったのに。溶けない雪が死ぬほど怖い。

まれ故郷は地面そのものが温かくて雪が降ってもすぐ溶けてしまう、温暖な気候硫黄匂いのする街だった、嫌な思い出もあるけど心底帰りたいと思った。

でも帰ってどうするの、私の席などないのに。どんな顔して帰るの。不様だ。

母の失望した顔が浮かぶ、結局あんたはお父さんと一緒ね、と

ふとした瞬間に生まれ故郷方言がもう出てこない、かろうじて、関西の方?と聞かれる、笑って違いますと答える。

頭に靄がかかってる、朝きちんと来てくれるだけでいいんだ、きちんと来てから先の話をしようと上長は優しく諭す。チームのみんなが心配して代わる代わる声をかけてくれる。分かってます、色々試行錯誤してて、上手くいきそうな途中なんです、新しい枕を伊勢丹で買ったんですよ、そんでアロマデュフューザーで快眠のやつ焚いてるんです、大丈夫です、大丈夫ですよ、頑張ります

産業医は鬱じゃないと言った、そうですちょっと生きづらくてホームシック引きずってるだけです、もともと根暗ロングスリーパーだし、朝は弱くて、生理痛胃痛もあってちょっとタイミングが悪いだけです。7時には目が覚めてるんです、頭に靄がかかってるだけで、上手くスイッチが切れたら始業に間に合います

温泉に入ってとり天が食べたいだけなんです、お願いです見捨てないで頑張ってみせるから失望しないで。

2018-04-03

人の心が回復するのには思ったより時間がかかる

「働け」

今日旦那が言う。でも無理。そんなの無理。だってゴミ捨てに外に出るのだってこわいんだもん。

1年前、私は都会で公務員をしていた。長いあいだ、ずっと復職休職を繰り返していた。もう限界だった。

周りの目が怖くて、少しでも良くなったら復職していたし、転職もなかなか考えられなかった。

公務員で恵まれているのに、ワガママだよ。我慢しろよ。私のほうが…」と恨みつらみをぶつけられるのが辛くて。でも、上司から声をかけられるだけで過呼吸になって、もう続けられないと思った。

知人の紹介で知り合った今の旦那にだけ素直に気持ちを吐き出せた。それは彼も一般的に「恵まれている」といわれる職業だったから。その彼が恋人ではなく、いきなり結婚を決意してくれたもんだから、有り難く生まれ育った都会を捨てて、地方都市にやってきたよ。

毎日ゆっくりと日々が過ぎていく中で、少しずつ私は良くなっていった。

でも、まだ、こわいんだ。

人の悪意がこわい。

私がかつていた職場は、市民を助けるような仕事だったのに、パワハラが横行していた。私はそんな中で、真正にゆきすぎた。仕事効率化して、空いた時間でいろんな人のフォローをしていた。仕事が早くなるし、市民満足度も上がっていいだろうと思っていたけど、目立ちすぎた。

上司から小部屋に呼ばれて1日2~3時間は責められることになった。

「余計なことをするな」「マニュアルを一字一句覚えるまで読み返していろ」「この部署に来たばかりの癖に意見するとか10年早いんだよ」「常識知らず」「小学生からやり直したらどうだ」

私が正しいはずなのに、どんどん私がおかしいことにされた。昨日「A」と指示されたことが、指示を変更されないまま「B」になってて、そのとおりにできていないから使えないとされた。会話のメモもある、メール履歴もある、録音だって録った。それでも、人事も、産業医も、「私がおかしい」と判断した。

そのくせ私がやった成果に首長が関心を持つと、上司たちは競い合うように「私が考えた」「私がやった」と言い張った。

公務員なので、形ばかりの組合は役に立たない。親戚に恩がある有力者に相談した。

「あのね、君以外にもいっぱいそういう人がいる。その中には体力があって裁判を起こす人もいるんだ。でもね、役所お金があるから、少しでも風向きが悪くなると新しい弁護士に変える。4~5人は変えたかな。その時点でその人は諦めた。お金時間もとてもかかる。でも何もかえってこない可能性のほうが高い。それでも君は戦い続けるのか?逃げてもいいんだよ。もちろん戦うと決意してくれるなら、僕は全力で助けるけどね。」

私は裁判所というものは間違っているもの鉄槌を下すものではないということを経験上知っている。かつてDV夫との調停離婚をしたときに、奴は精神を患っているかお金を払えないと言い張り、調停員はその言い分を飲んだ。奴の親が社長会社給料明細証拠として採用された(出勤日数が少ないこととお金を持っていないことの証拠らしい)。親から月に100万以上のお小遣いをもらっているから払えないわけがないのだが、お小遣い証拠を私が示すことができないので、涙をのむしかなかった。

から今度はしっかり、逃げた。

そうして、はや1年。ここはいいところだと思う。

旦那だけじゃない。旦那友達もみなホワイト企業だ。みんな定時で帰れるし、残業代ちゃんと出る。通勤時間も1時間以内が当たり前だ。体調を崩せば会社の人が心配をして、無理をしなくていいよと休ませてくれる。

女性ファッションに関しての考えかたや、長男教が盛んなところがかなり遅れているなあと思うけど、それ以外は文句なしだ。

分かってる。

から、過剰な心配はする必要はないんだって

それでも「もし」を考えて、前に進めないばっかりだ。

最初は私が落ち着くまで、と見守っていた旦那も「役所で働け」「ダメならどこかでアルバイトでもいいから」としつこく言うようになった。でもこんな、すぐ落ち込んだり、すぐ気疲れして動けなくなるような人、雇ったほうが困るよ。

昔はこんな風じゃなかったのに、と思って歯がゆいのは私のほうだ。いつになったら元に戻れるんだろう…。くやしいよ。私を追いやった人たちは今日も良い母や父を気取って、笑顔で日々を過ごしてるんだよ。

今日燃えるゴミをまだ出せていない。

2018-04-02

anond:20180402230518

あのね、確かにお気の毒なんだけど、内示が断れるような職場なの?私の職場は「内示」イコール「そこに行け」という意味なので断れないんだけど。むしろ病気悪化する前に「休ませてくれ」とか「仕事減らしてくれ」とか言える環境必要だったのではないかと。私は激務職場うつ病になりかかったとき産業医に訴えて「定時で帰らせろ」「休みを取らせろ」という指示を上司に出してもらった。結局私の仕事は減らしてもらえなかったけど、「あいつに無理させてはいけない」「これで無理に働かせてあいつが倒れたら職場責任」という理解だけは浸透した。要するに自分身体メンタルヤバいときに訴える先がある環境かどうかが重要

ちなみにその後もなんとか仕事は続けており、激務ポストに行かされそうになると「私は昔うつ病になりかかったことがあって…残業の多いポスト行きたくない」と訴えることにしている。もはや単なる根性なしというか自分に甘いヤツに成り下がっている気がしなくもないけど、だいたい激務ポストほど何だかんだときちんとこなさないといけない仕事が大量にあったりするので、どっちみち私をそこに行かせるのは職場のためにもよろしくないと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん