「八つ当たり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 八つ当たりとは

2017-09-24

人生彼氏を数ヶ月で振った

半年前、卒業式から時間も経って大学入学の直前に、告白された。

私は、ここに書き込んでる時点でもうアレだけど、オタク一直線で何年も恋なんて忘れていて。だから当然そいつのことは恋愛対象ではなくて、大分困惑した。そいつくらいに親しい異性は何人か心当たる。私にとってはその程度で、だからその時点で断るべきだったのだと思う。

でも少し「彼氏」という言葉に憧れがあった。所謂少女漫画思考というのか。異性をそういう目で見てなかった分、自分にも魅力はないだろうと思っていたのだ。だから、私にもそんな魅力があるらしい、って告白されたのが嬉しかった。悪い奴じゃないのはわかっていた。だから、かなり悩んで付き合おうということにしてしまったのだ。

きじゃないけれど、君なら恋愛対象にできる気がする。そんな文言メールを送った。(告白事態メールだったからその返信である。)

めちゃくちゃ彼は喜んだ。好きになってもらえるよう頑張る、と言われた。彼がそんなに喜んでくれるのがこちらまで嬉しくて、なんだか私はふわふわした気持ちで彼から送られるメールを見ていた。

けれど、今は思う。初なオタクさんが二人付き合っても楽しくない。

……いや、違うかもしれない。恋に憧れていて、情の無かった私が付き合おうなんて時点で破綻していたのかも。

付き合ってみて思ったこと。彼はとにかく愛情表現が下手だった。告白以外、私が聞いてみない限りは何も言わない。ただデートに付き合うと彼が楽しそうにする。楽しそうにしてくれるから、好いてくれているんだな、とは思ったし嬉しかったけど……全くときめくポイントがなくて、静かに静かに冷めて、温度差ができていくのが辛かった。

デートの後半は愛想笑いが増えてしまっていたのに、全く気づいてくれない。

楽しみきれていない自分何だか嫌だった。気づいて欲しい、と期待してるのも自分勝手な気がして、一層デートの気が重くなった。

付き合い初めてすぐ、かなり遠回しに、親がいなければ家に呼びたいのにな、と言われた。何の気なしにああ、近いうちに私独り暮らしするだろうし、その時ならうちにこれるね、と返した。そうしたら、その時ならいいんだね、楽しみ、とラインが来た。上手く言えないけど、それは遠回しに性行為を仄めかすような文章で、心がモヤモヤした。その時は解らなかったけど、多分私は自分勝手に、「自分のことを好きになってもらおうという努力より先にそれがくること」が嫌だったんだと思う。

酷い話だ。付き合いはじめる時点で、彼は子供じゃないんだからそういうことだってしたいだろう、って思っていればよかった。そうしたらきっと、断っていただろうに。

手を繋いでみた。緊張でどうにかなりそうだった。だけど、それ以上でもそれ以下でもなかった。緊張だけ、繋げて嬉しいと思えない。当然だ、好きな人じゃないから。駅の改札の前でハグしたい、と言われて断った。手ならいい、と思ったけど、体重はなんだか預けたくなかった。

ハグを断った日、駅で別れてから二週間くらいは、ちまちまデートのお誘いの連絡が来た。ただ家から遠くの大学に通っているのもあって、付き合い出しての一ヶ月はかなり忙しかった。歓迎会サークル見学、土曜授業。ごめんね、と数回断ったら、そこからぱたりと連絡が止んだ。……いける日を聞いてくれたらよかったのに、って思うのだが、なら私もそれ言っとけよって感じだから黙ろうと思う。

そうしてあっとい間、連絡すらとらなくなった。隣の県に住んでいる彼とは会わない。絶望である。かなり悩んだ。新しい環境で疲れている。でも初彼氏、ちゃんと好きになって、ちゃんと恋がしたい。じゃないと、失礼だ。だけど連絡がない。

痺れを切らせて、連絡が途絶えてから一ヶ月後、私は少し起こった口調でLINEをした。

「連絡がないのはどうかと思う。このままじゃ全然君を好きにならない」

そんな文面だったと思う。それにたいしての彼の返信で私はもうこいつとは付き合えないと思ってしまった。

すいません許してください、なんでもしまから。すいません許してください、なんでもしまからだ。アホかよ。もうLINE見た瞬間怒りが込み上げた。真剣に悩んでたのにこいつはネタで返そうとする。茶化してすまそうとする。静かに怒って、LINEを放り投げた。

(というかそれ以前に淫夢ネタきじゃない。結局人をダシにして笑うのは、見てて気持ちいいものじゃないから。)

心のどこかでわかってもいた。きっと彼的には軽いノリで、付き合う前くらいの会話がしたいんだろう。わいわいわやわや喋りたいんだろう。だから、私の模範解答は、このネタに乗っかることなのかな、なんて。

だけどやっぱり、私の怒りは収まらなくなっていた。再びスマホをもって、丁寧に腹を立てている旨を伝えた。彼に今度はごめん、そんなつもりじゃなかった、と言われた。じゃあどんなつもりなんだ。だからここまで抑えていた、カップルの女側のテンプレートでクソみたいな質問をした。「私のことホントに好き?どこが好き?」ってやつだ。

彼の返事はなかなかこなかった。そしてやっと来た文面がこうだった。「それ言ったら思い直してくれる?引くかも知れない本音ばっかだけど……いい?」

あ、絶対こいつ私の体の話まぜる。こんなこというとアレだけど、私は細くかわいくない代わりに、胸がそこそこある。そんなことが理由なのか……。なんか一気に落胆した。

もう私の気持ちがだめだと思うからいい、と短く返事して、今度こそベットスマホを叩きつけた。スマホ文化はクソだ。こんな嫌な会話の履歴が残ってしまう。相手の顔が見れたら変わっていた?……八つ当たりだけど私は異世界スマホはクソ派に一票。スマホチートじゃねぇ。

別れてから何がダメだったんだろうと思う。あんなどこが好き?みたいな質問、したくなかったんやけど。

多分、お互い恋に慣れていなかったから、恋人らしいことが出来なかった。それで私は恋人でいることに価値が見いだせなくなったのだと思う。

元々軽い気持ちで承諾したつもりはなかったけど、もう二度と気持ちがないのに告白を受け入れないと心に決めた。自分勝手な期待で誰かを振り回してしまうのはもううんざりだ。

2017-09-23

遊んできて八つ当たりするな

ギャンブルで負けて八つ当たりするな

好きでやってんだろーが

金の為?笑わせんな

だったら貯金しとけよ

そりゃずっと同じ姿勢でいりゃ体調も悪くなるだろーよ

知るか

赤ん坊以下だな

他人の事全く考えられないのは本当に頭おかし

早く死んでくれ

今日死ね

2017-09-21

[]9月21日

○朝食:なし

○昼食:鶏肉ご飯

○夕食:手羽先UFOピザまん

○間食:アイスポテチ

調子

イライラしている。

イライラが抑えきれず、どか食いしてしまった。

ただ、それでもイライラが収まらない。

なんかこう予定がうまく立たず、もう本当にイライラしてイライラしてしょうがない。

ちょっとわずマウスとかキーボード八つ当たりしたくなった。

あああああ、もう、どうしろってんだよ……

3DS

ポケとる

アンノーンサファリ攻略中(Nがなかなか捕まえられない)

iPhone

○黒の令達

今日も少ししかプレイできなかった。

明日行ったら土日とお休みなので、そこでゆっくりプレイしよう。

シンデレラガールズに対する批判について

同僚の皆さんこんにちは

最近またちらほらシンデレラガールズに対する批判と言いますか、同僚に対する批判と言います

相変わらず減らないですね~

内容を見て「あーすごく感情的になってるなぁ」と思います

すごく大事なことだと思います自分感情を隠しつつコンテンツに向き合うのはとてもきつい事ですからね。

どこかいいはけ口を見つけられれば一番いいのかも知れませんね。

そこで同じ気持ちでいる人を見つけられれば気持ちを共有できていいかもしれません。

しかし、しかしですよ?

その反対も普通にいるわけです。

なにかんがえてるの?ですとか、頭おかしいんじゃないの?とか。

批判に対する批判は当然あるものだと思います

シンデレラガールズ本体運営方針アイドルの扱いなどに不満を持つのはわかります。こんなん、自分と思ってたんと全然違う!罠や!運営の罠や!って言いたいんですよね?

でもあれなんですよ。

お前がそう思うならそうなんだろう。声の中ではな。

ってことなんです。

みんなそれぞれ考え方がある訳です。

自分の思うとおりにいかず、運営イラッと来る部分もあるかと思います

未だに自分担当デレステSSR実装されてない人や、声帯実装されていない方も沢山いらっしゃいます

不満を持つのは悪いことではありませんが、八つ当たりはやめて下さい。

もう嫌だから担当やめる!という方。

是非やめてください。

無理して続けてもストレスが貯まるだけです。

ストレスを貯めながら続けるのに相当する意味がないのなら今すぐ離れましょう。

意味存在するなら続けましょう。それだけのことなんです。

そんな簡単に考えられないよ!という方。

そもそも娯楽コンテンツということを忘れていませんか?

楽しむことが大事です。落ち着きましょう。

そろそろまとめます

担当のことでいろいろ考えるのはとてもいいことだと思います。でも担当のことで揉めるとほんとうに厄介です。

周りから見たらその担当品位を下げようとしてるの?としか見えません

その批判に対して自分担当アイドルはまだ〇〇なのにとか言ってるのも同じです

とりあえず落ち着きましょう

批判する余裕があったらその分自分担当するアイドルの良さを布教しましょう。

デレステSSR実装されてないアイドルSSR実装を夢見てトレーニングしてるんです。静かに応援しませんか?

声優さんがついていないアイドルは声がつくその日を夢見て頑張ってるんです。応援しませんか?

みんな一生懸命なんですよ。尊くないですか?私は彼女たちがとても尊く感じています

ここまで読んでいただきありがとうございました。

稚拙な文ですがご容赦ください。

最後一言

なんでも批判は消えろ

2017-09-20

[]9月20日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司

○夕食:マクド

○間食:みかんゼリーチョコ

調子

あああああ!!!!!!

めんどいめんどいめんどい

いきなり三つも仕様変更が入ってきて、さらに通常業務もあって、てんやわんやしてた。

その上、選挙のせいでスケジュールが色々変更になって、もうあまりにもイライラした。

イライラしすぎて物壊しそうになぐらいイライラした。

もうこの、選挙スケジュール変更って、今までわかってなかったんだけど、なんか選挙がある日に休日出勤させるのがコンプライアンス的にうんたかんたららしいんだよね。

理屈はわかるけど、何ヶ月も前から念入りに準備してきて、さら出張ホテルとかもとってるんだから、さすがに勘弁してほしい。

あーーーー、まじでめんどい、今もパソコン叩き割りたくなるぐらいイライラしてる。

3DS

ポケとる

アンノーンサファリ攻略中(IとCとEを捕獲、残るはN)

iPhone

○黒の令達

トガビトノセンリツのあれがあるから先生キャラとどういう気持ちで付き合うか非常に悩ましい。

忙しいのであまりプレイできないのが非常にもどかしい

あと完全に八つ当たりだけど、上記の仕様変更の件を言い出した変な人と、このゲームキャラクタ名字かぶってるのが、いらだたしくてしょうがない。

会社行きたくないケムコADV世界にずっと浸ってたい。

2017-09-17

ガチ恋を拗らせて勝手失望した話

とあるヴィジュアル系バンドマンに恋して勝手失望した女の話

 突然だが、私には本命バンドマンがいる。それこそ今回話のメインとなる、昨年2月から今年の半ばまでおよそ1年半私のエネルギー全集中させたバンドマンだ。以後便宜上、彼のことを王子呼称する。

 王子出会ったのは2016年2月5日。諸々の縁あって、とあるイベントライブに当日券で入ったのがきっかけだ。私はとても守備範囲の狭いバンギャだったので、その日のライブには目当てとなるバンドはいなかった。スタンディングで見る気力がなかったので2階席へ移動して幕の隙間から見える機材搬入をする真っ赤な衣装に身を包んだ人影をぼんやりと眺めていた。やがて幕が開いた。5年ほど前に一度だけ見たことがある、やたら覚えにくい名前のそのバンドの上手ギター王子だった。真っ赤な衣装に真っ赤なリップ、派手な金髪、赤と緑のオッドアイテクニカルギタープレイギターソロを弾く真面目な顔、ソロを終えた後に大きな口をパカっとあけて笑う顔。彼の動き全てに目を奪われた。心が震えた。そんな状態ときに、王子は時たま2階を見上げてこちらを指差したりするものから、完全にハートを撃ち抜かれてしまった。25分のステージが終わりメンバーが捌けるのを見送ったあと、すぐさま近くのCDショップへ走り最新アルバムを2枚購入した。我ながらちょろすぎる。私は王子と衝撃の出会いからおよそ30分で翌月の2ショット撮影会参加券を手に入れた。

 翌月3月14日ホワイトデーイベントということで30秒トーク&2ショット撮影会が行われた。ガチガチになりながら初めてのイベントへ向かう。ライブ以来の王子衣装着用時はつけまに派手なカラコン、赤リップ、とキャバ嬢のような見た目をしていたが、衣装でないときは薄いメイクになるようで、男らしさを感じてドキドキした。至近距離で見た王子はむき卵のように白くてツルツルしていて、隣に座るとなんだかい匂いがした。優しくてかっこよくてトークも軽妙で、30秒間の間に100000000000回惚れ直した。この日の帰りさらに8枚アルバムを買い足して帰った。

 4月5月は毎週のようにライブインストに通った。王子は3度2ショットを撮るころには私を認知してくれたし、手元にあるインストチケットがなくなる頃には自発的名前を呼んでくれるようになった。以前通っていたバンドでは空気を貫いていた自分にとってはこれはかなり新鮮で嬉しいことだった。認知されたからには頑張らなきゃ(?)という謎の使命感からライブの本数を増やした。元々ワンマンライブ以外は行きたくないたちだったが、30分でも20分でも王子ステージにたつ公演のチケットはすぐに買うようにした。

 7月にはツアーファイナルのため大阪へ飛んだ。王子バンド拠点関西のため大きなライブは必ず地元大阪で行われる。実は私はギャ歴に比べると経験値が非常に浅く、ライブのための遠征経験ほとんどと言っていいほどなかった。このライブが私の初遠征の皮切りとなり、以降東京大阪間の移動へのハードルがぐんと下がったように思う。

 本当にこの頃、王子が好きで好きでたまらなかった。早いチケットを買い直してライブに行った。王子が構ってくれないと楽しくなかったからだ。構ってくれた日は浮かれて浮かれて、だらだらとツイッター感想を垂れ流した。ライブの合間に行われるインストのために、バカみたいにCDを予約した。たくさん王子写真を撮った。写真なんていらなかったけど王子に私という存在を忘れられるのが嫌だったから、毎週毎週飽きもせず撮影会へ向かった。私の顔を見て名前を呼んでくれるのが嬉しかった。

 こう何度も現場に出向くようになると、周囲にいるファンの誰が王子を好きなのかも分かるようになってくる。いつも同じ列に並んでいる他のファンにたいして無駄に対抗心を持つようになった。こいつらが見てない王子を見たいという一心たかだか20分程度しか持ち時間のないイベントライブのために地方へ行ったこともあった。とにかく私しか知らない王子を求めていろんなことをした。結果、何かが手に入ったわけではなかったけどその場限りの優越感を楽しんだ。

 頻繁にライブに行くようになったある時。王子が贔屓にしている人が誰なのか、分かってしまった瞬間があった。周年記念のワンマンライブ中、そのうえ2列目にいたにも関わらずワンワン泣いた。その日、王子とは目も合わなかった。あまりにショックで翌週の大阪遠征も取りやめた。チケットは捨てた。10月のことだった。

 しばらくの間、ショックでライブの本数をかなり減らした。11月に一度話す機会があったのでそこで少し会話をして、クリスマスライブに行った程度。どちらも大したことは話せなかった。代わりに時々ファンメールを送った。ファンメールといっても、王子に対する八つ当たりのようなことばかりかいていたので、実際には迷惑メールだったが。迷惑メールを送り続けたことで、1月の接触では「痛い女」と王子に言われてこれまた泣いた。しかしそんな風にいいつつも、王子は優しいところがあるので迷惑メールに書いた私のお願いを結構聞いてくれることがあった。私信とまではいかないが、ツイッターブログ、接触等で律儀にレスを返してくれる王子がやはり好きだなあとその度に実感していた。

 ファンメールから徐々にモチベーションを取り戻した私は2月からまた少しずつライブの本数を増やしていった。麺被りは殺す精神はそのままだったので、とりあえず王子に構ってもらいやす位置キープすることでなんとか精神衛生を保っていた。その頃春からツアーが発表された。モチベーション好調の私はウキウキ東名阪チケットを押さえた。なんとこれが中々のあたりで全公演そこそこの早番だったうえ、そのうち1つは最前確実だった。狂喜乱舞した。王子にそのことを伝えると「ほんまか!最高やな!」とハイタッチしてくれた。可愛かった。

 ツアーが始まった。気分は最悪だった。どうして目の前にいる私を見てくれないの。なんで私がいること分かってるのに別の人構うの。そればっかり考えていた。王子の目の前にいるのに王子の目に私は映らない。死にたかった。私はこんなに色々なもの犠牲にしてきてるのに、なんで、お前は。

 公演のあと、メンバー写真を撮るイベントがあった。能面のような顔で撮影場所にきた私に王子は言った。

今日めっちゃ前の方おったやん!」

「私のこと見えてたんですか」

 もう本当に死にたかった。

 私のことを見ない王子が嫌だったし、ファンの分際で見られたいという気持ち肥大している自分気持ち悪かった。私なんてたまたまチケット運が良かっただけの金なし乳なしブスだ。私よりお金をつぎ込んでる人も可愛い人もごまんといる。私が無視されることも、そういった人たちが気に入られるのも当たり前だ。でも我慢ができなかった。「次のライブも同じとこにいる」と王子に告げて撮影場所を後にした。1週間後、私はまた王子の前にいた。その日も王子こちらを見なかった。私は限界だった。

 好きだった頃に買ってしまったチケットが十数枚残っていた。ほとんどは売った。売れなかった3枚は捨てた。友達と行く約束をしていた2枚はちゃんと公演を観にいった。最前列で見たけど、やっぱり王子の目に私が映ったという実感を持てる瞬間はなかった。そして明後日、友人たちと約束しているライブ最後の1枚を使う予定だ。一体この日はどうなるだろうか。

 好きというエゴ肥大して好きなものを好きだと思えなくなってしまった。少し前に起こったアイドル殺傷事件。正直気持ちが少しわかるのだ。好きなのに、好きなのに、好きだから、憎い。まるで病気だ。

 今も王子のことが好きだ。でも王子が憎くてたまらない。この感情と決別するまでは、王子に会いにいってはならないと、そう思ってる。

2017-09-16

満身創痍

自己処理が下手な自分がいるのを自覚している。

どうしようもなく人に話すことも下手である

キャパシティオーバーした時。

人に当たってしまう、目に見えるもの全てにいらつくことがある。

そんな時は人との距離世間との距離を全てシャットアウトして過ごしている。

けれど必ずしも外側からこちらへ干渉してくるものがないという訳では無い。

そんな時、解決してくれるわけでもない、話しているだけでイライラする、どうしていいのかわからパニックになる。

無意味のもの激怒してしまった理由を話しても理解してもらえない。

八つ当たりだと言われる。やりたくてやってるわけではない。コントロールできない自分さらに腹が立つ。

やめろと言われても、止められないから苦しい。なんでと言われても、自分コントロール出来ないものだと伝えても、棚上げだと言われ、自己中だと言われ。

人に相談したくても誰かの迷惑しかきっとならない、同じようにお前が自分勝手すぎるんだ、とだけ言われ相手イラつかせてしまう。そんなことしか考えられない。

話しても話ても苦痛理解してもらえないものだと諦めて、距離を置く。

自分が変わらなくてはという焦燥感、どうしていいのかわからない絶望感。

すべて忘れた一人の時間がとても楽になる。

人と関わりたくない。

交通整理警備員の爺さんを怒鳴る人

昨日横浜の端っこにある安売りスーパーの出口で見かけた

20分くらい前に店内でうろうろして携帯すみませんすみません謝っていた

少しばかり大柄だったから目立っていてなにかやりそうな雰囲気があった

買い物終わって店の外に出たら案の定やらかしていた

警備員の爺さんのミスを大声でバカだのおまえは警察じゃない警察でもないおまえのいうことをなぜ聞かなきゃいけないだのと罵っていた

きっと電話いじめられてた八つ当たりだなと思って冷めた目で見ていた

大森靖子とYogee New Wavesの件について事実だけまとめ + 所感

anond:20170912124418

記事は省略が多いし話がとっちらかっていてあんまりわかりやすくないし、自分のためにもトピックを絞り込んで流れを整理してみた。

これの何がロックなの?(中略)そんなロック死ね

昨日フェスがありまして。自分表現をとても大切に、いいライブができたなって我ながら思ったんですね。盛り上がって。で、フラフラになりながらステージをはけたら、隣のステージで「音楽魔法だよ!」という軽快なMCでYogee New Wavesというバンド演奏を始めたわけです。

その後そのバンドベースの弦が切れ、本人許諾ないまま私のバンドメンバー楽器を借りて演奏しました。

魔物ライブ後、昨日の奴らがきて、「大森さんのゆーちゅーぶみて感動して、大森さんがほんとは音楽魔法だって言いたいんだろうなーと思って、MC音楽魔法だって言いました!」と言われまじ目が点だった。「え、あの曲聴いてよくそんなこと言えるね、国語…」というと「ぼくはぼくの表現しちゃいけないんすかー?!」と叫んでいて、あーなんかなんでこんなやつ相手しちゃったんだろーと余計不快というか日本語の断絶がすごくて、かなしくなっただけだった。もう忘れよう。ゆるさないけどわすれよう。

ていうかさキャリーパミュパミュぶさいくじゃね?

以下、個人的な所感。

私は発端となった大森靖子の怒りの動機はよく理解できるし、彼女のようなスタイルSSWであればあのような反応は当然だとも思う。気になるのは、Yogee側が大森靖子意識して「魔法発言をしたのかどうか、というところだけど、夏の魔物時のブログ記事を読むと、謝罪時に大森靖子歌詞意識したようなことを発言した旨が記載されている。これが本当なら、悪意の有無はともかくとして、表層的に歌詞引用されたと大森側が怒るのも無理はない。よってこの点は大森支持。

ベース無断借用の件は最初ブログ記事八つ当たり的に書かれたものだけど、Yogeeの謝罪文と照らし合わせても「本人許諾ないまま私のバンドメンバー楽器を借りて」という記述自体に誤りはない(許諾をとったのは持ち主のベーシストではなく、同じバンドギタリスト)。そもそもブログ記事でもこの件はあまり大きな問題として扱われておらず、あくま歌詞を粗末に引用されたことに付随する話、という印象。まあ、どちらにせよ、これに対し大森靖子が怒るのは違うと思うし、緊急事態なので借りるのもしょうがないし、ここはYogee側に大いに同情。

夏の魔物ライブ動画を公開した件に関しては、イベント出演時の契約がどうなっているのかわからないので言及しない。

本件、必要以上に話がこじれてて、ネットでも「大森が悪い」「Yogeeが悪い」と意見割れていて、無駄に不幸な人が増えている感じがして残念。でも、「後のバンド文句言うならフェスでるなよ」とか、そういう声にはやっぱり違和感があって、アーティスト矜持で怒りを露わにするのってそんな悪いことなのかな?と思った。

いくつか本件についてブログ言及している人がいるけど、一番私がしっくり来たのはこれだった。

http://basement-times.com/omori-seiko-yogee-new-waves/

ヨギーが足を滑らせてうっかり大森靖子のケツに蹴りを入れてしまっただけのことだと。蹴られた側には怒る理由があるし、蹴った側には悪気はない。

2017-09-15

anond:20170914231254

ほんとゴメン。八つ当たりだって分かってるけど自制がきかないんだ。

同じ土俵に立たずに(もげろとかの呪詛精神状態の把握に使う程度に留めて)一〜二段上の立場から『うんうん、かわいそうに。優しくしてあげなきゃな〜』と微笑ましく接してくれると嬉しい(私は)。温かいもの、例えば肉じゃがとか作って笑顔で「痛そうだね、大丈夫?無理しないでね」って出されたら恋に落ち過ぎて墜落死する(私は)。

八つ当たりしてほんとゴメン。いつもありがとう

2017-09-12

差別主義者を差別していいか

はてサリベラルによると、差別主義者を差別することは問題ないらしいけど、それってマジ?

ムシャクシャして何かに八つ当たりしたいときは、差別主義者を攻撃ターゲットにすればいいとして、その場合はどのくらいの"差別"をやることが許されるの?

  

例えば暴行脅迫など、違法なやり方で差別するのはさすがにダメだよね?

そうなると、できることって限られてくると思うけど、ぎりぎり許される差別方法ってある? エゲツないもの希望

2017-08-31

フェミニズムは男に片務的に犠牲を強いているんだな、とぼんやりと思っただけ。

ああ、この人達は俺を気持ち悪がりながら、あざ笑いながら、踏みにじって殺す側の人間なんだ、

俺の愛好する傾向の文化感情論脊髄反射だけで踏み潰して荒らして去っていく人間なんだ、

そう思っただけ。好きにすればいい。誰かに踏まれた痛みを八つ当たりしてこっちにぶつければいい。

片務的に犠牲になって自滅して死にますよ。あなた方の大好きな優生学もそれを求めている。

2017-08-30

anond:20170830011734

あの班長さんは短絡的にうちのポストに入っていた=うちが止めているって

思っただけなのか、八つ当たりだったかどちらかだと思うよ

うちに回って来るまでにかなり時間がかかっているんだろうけど

回るのが遅いのは確かなんでイライラしていたんでしょ

2017-08-29

https://anond.hatelabo.jp/20170829133444

非表示にしないで文句を言う

・「フェミはまた毒親のせいにしてる」と毒親情報に触れている書き込みをする

フェミがこんなに矛盾しているという内容を何度も何度も書き込む

フェミ認定したやつに粘着してるこいつは

ブクマカじゃなくて自分の親に「それはダブスタ矛盾してる」と言いたいだけ。

本当の解決先延ばししつつ八つ当たりして甘えてるだけ

2017-08-28

母親を哀れに思う

 小さい頃からよく母親に叱られた。本当に小さなことも多かったし、八つ当たりも多かった。

「だから怒られたのか!」と思えることが少なかった。大抵は「なんで怒られたんだろう」と思うばかりで、今後の参考にできなかった。

例えばスーパーで精算後の商品を袋詰するとき彼女が既に何らかの理由イライラしていると、もたつく私がトリガーとなって彼女を怒らせる。

はいえ人様の前では怒らない。車に戻って、乱暴にドアを閉めてから怒る。機嫌が良ければ怒られないですむ。

 徐々に「怒られないこと」が行動の基準になっていた。機嫌を損ねないように、他の誰かにも八つ当たりをしないように、あわよくば褒めてもらえるように。

自分の欲しいものと違ったものがきても、「こういうのが欲しかったんだよ~さすが母さん!」と言ってみたりもした。そういう時、彼女は本当に嬉しそうな顔をする。

心苦しかった。それでも自分の好みや、大事もの否定されたくなかった。「そんなもの好きなの?」と馬鹿にされたことが少なからず有ったから、それをできるだけ言われたくなかった。

 父親子育てほとんど関わっていなかったが、「不当に怒らない」というこの一点だけで私はずっと信頼していた。父親が怒るのは身の危険が及んだ時ぐらいで、基本的には諭す人だった。

から母親父親愚痴を私に零していても、何とも思わなかったし、時には父親擁護した。

 ただし父親は「父親」としての役割において金銭的援助と娯楽提供のみに留まり、それ以外をすべて彼女が担っていたとも言える。

叱ることや批判や、そういった部分も一人で行わなくてはならなかった。しかし一人の人間から複数役割発言を聞くのはあの頃の私には混乱の原因でしかなかった。

構い倒す母親放任主義父親バランスが良いように見えて、歪だった。そして私は安易に「怒らない」父親を気に入っているし、昔の思い出から母親を苦手としている。

 私と彼女はとにかく価値観が違うのだ。彼女にとって放置は愛ではない。だから放っておくことが出来ない。「過干渉だよね」と零しつつ結局私の生活人生に座り込む。

彼女がまるでドラマのような母娘関係を夢見ているのが解る。それはおそらく両者の価値観が合っていたり、役割分担が出来ていたり、そういう色々なことの蓄積であって、外面だけを真似ても為し得ない。

そういうときに、彼女を哀れに思う。この人の思う「愛情」は私にとっては「押し売り」で、私はそれを「パフォーマンスのようだ」と思っている。

きっと自分がされたら嬉しいことをやっているのだろう。だが、申し訳ないことに私は彼女とは違う人間で、近いところに価値観がない。

それでも幸せに死んで欲しいと思っている。こんな私を「母親である」というだけでずっと養育してくれた恩は返すべきだと思う。

こんな娘で本当に申し訳ない。あなたを立派な良い母親にしてあげられなくてごめんなさい。

今度帰った時にはかねてよりあなたが口にしていたように、一緒に料理でも作りましょうね。

2017-08-25

https://anond.hatelabo.jp/20170824164933

からそれをそもそもの原因である、「女」という巨大な括りで絡みまくってる奴らに言えば?

からあんたに嫌なことをしたのは特定人物であって「男」じゃないわけよ

「女」という巨大な括りであんたを殴った男が居たとしてもそれをしたのはそいつで「男」じゃないわけ

おわかり?

復讐するならそいつしろよ 

いいと思うよ応援する

無関係人間に当り散らすのはダッセえしきりがないからやめろと言ってるの



負い目はなくとも、「ミサンドリーばかり批判して遥かに多いミソジニースルー」という姿勢に疑問は感じないのかねと言ってるんだが

じゃあ俺の身に起こってるけどあんたの身に起こってないあらゆる支障や理不尽について

あんたはわが事として憤慨したり考えたりしてくれるの?

しないでしょ


俺がいきなりあんたをひっぱたいて

「昔俺に酷いことをした元嫁の分だ!」って言いはなっても

俺ではなく元嫁やミサンドリー風潮を憎む考え方をするの?

しないでしょ



いじめられっことかもそうなんだが

憎しみを引き摺るならやった相手を付け狙って正当な復讐してみろよ

でもそんな事件全然おきないんだよな

殴り返されなさそうな場面を選んで雑な八つ当たりは出来ても

ちゃんと本当に正当な復讐をやりきるガッツのある奴が居ない

2017-08-22

八つ当たりに見える。

https://anond.hatelabo.jp/20170822000741

趣味ゲームの腕前という細かいことに拘り記事を書きながら、人には細かいことを指摘されて気に入らないというのは、辻褄が合わないと感じます

それに、任天堂が嫌いになりそうって別に任天堂が悪いわけでも無いでしょう。

任天堂ユーザーを腐しているわけでもないし。スプラトゥーン仕事ではありません。仕事のように成果を要求されるわけでもありません。

プレイヤー心の問題に過ぎないように感じます

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818010056

確かに、その通りです。

間違いを正すことは義務ではない、私もそうしたことがあったと思います

イライラしていて八つ当たりのようになってしまいました、無礼をお許しください。

2017-08-11

https://anond.hatelabo.jp/20170811110218

君がRails女性が嫌いなことは分かったから、その恨みを健全イベントにぶつけて八つ当たりするのはやめようね!

2017-08-06

https://anond.hatelabo.jp/20170806090440

あのねえ、この曲は主人公女子学生目線で語られているでしょ。「八つ当たりによる破壊暴力行為」っていうのは、その主人公解釈にすぎないでしょう。きみはそれをまんまと信じているだけ。スカートを切るという行為には法的にどうであれ、性的衝動が関わっているでしょう(スカートを切る=パンツ見たいとは限らない)。今回はここに多くの人間が反応した。「性的被害を暗示してるものではない」とは言えない。暗示されているからこそ(というか、ほとんど明示だと思うが)多くの人間が反応した。

https://anond.hatelabo.jp/20170806084754

からカバンでも男性の服でも自転車サドルでも同じなの

スカートが用いられたのはそこに性的意味を込めたのではなく女性アイドルグループの曲として自然であることと言葉のチョイス(作詞家としてのセンス)であって

性的被害を暗示してるものではないの(そう受け止めたいならご自由にだしその意図が当初からあるかどうかなんてわからないけど少なくとも表向きにはオブラートで包まれているのにスカートを切るから性的だと想像できるからと結び付けて考えるのはその可能性を言及したら何とでも言えるでしょ)

わざわざスカートなんだから性的なはずだ(少なくとも可能性は排除できない)と言うならそらそうですよ

ただ描かれていることは「八つ当たりによる破壊暴力行為」であって「えっちぃ気分でパンツ見たろ」ではないことが読み取れてないならそれはもう国語能力の話に収束しますよ

2017-07-26

[] #31-2「その名も」

町の中でも、特にシロクロを目の敵にしていたのはツクヒという子供だった。

「む、また、シロクロか……目障りだなあ。見た目が目障りだし、一挙一動目障りだし、特に声が目障りだ」

ツクヒは自身コンプレックスの塊のような存在だと認識しており、その感情を同年代にばら撒く人生を送っていた。

あらゆることをコンプレックスに絡める卑屈さは傍からみていても気分の良いものではなく、彼の周りから人は自然距離をとる。

ツクヒの困ったところは、そういう原因に含まれている「自分」という人格を、ある意味では甘く見積ってしまうことだ。

まり、彼はそれがコンプレックスのせいだと意固地になり、それで人間判断する狭量な奴らだと周りを判断してしまうわけである

自分が嫌いだが、それ以外を更に嫌いになることで心の安寧を謀っているのだ。

そのため弟たちとも折り合いが悪い。

そんなツクヒにとって、弟たちと仲の良いシロクロは八つ当たりやすい格好の的だった。

「よーし、このスリングショットで目にもの見せてやる」

スリングショット子供玩具というイメージが強いが、極めれば立派な武器である

そしてツクヒの持っているのは正にそれだった。

「やめろ、ゴミ!」

ツクヒが構えたとき、弟たちがすんでのところで止めた。

「そう呼ぶのはやめろ!」

ゴミ」というのはツクヒのラストネームだった。

当然、読みがそうなっているだけで別に悪い意味はないのだが、ツクヒにとっては呼ばれたくないものであった。

「……ツクヒ。いま、シロクロに当てようとしただろ」

ツクヒは最初ばつが悪そうな顔をするが、すぐに取り繕って弟たちに言葉を返す。

「そうだよ。だけど別にいいじゃん。こんなことやっても、マスダたち以外は誰も強くは止めないじゃないか。シロクロは、これ位のことはされても別にいい存在って周りに思われているんだよ」

ツクヒの開き直りに、弟たちは怒りの炎を静かに燃え上がらせる。

彼の理屈をこの場で一蹴することは簡単だ。

だが、それではその場しのぎにしかならないことは分かっていた。

そこで弟たちは、とある妙案に望みを託した。


「ツクヒ……シロクロはな、“アレコレ病”なんだ」

「アレコレ病? なんだそれは」

聞き覚えのない病名にツクヒは首を傾げる。

それもそのはず、それは弟たちが思いつきで考えたものなのだ

「見ての通り。シロクロみたいに、“ああ”なるんだ」

「なんと、奴は病気だったのか。道理で……」

意外にも、ツクヒはそれであっさりと納得して帰っていった。

「シロクロの奇行は目障りだが、病気なら仕方ない。常人である自分たち我慢しよう」

弟たちにとっては藁にもすがる思いで実行した作戦だったが、ツクヒの予想以上の反応に手ごたえを感じ始めていた。

(#31-3へ続く)

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170724145323

マジレスすると、増田が「スルー力(りょく)」を身につけるべき。

奥さんの小言なんて、どうせ虫の居所が悪くて八つ当たりしてるだけなんだからはいはい適当にうなずいて、聞き流しときゃいいんだよ。

(それで離婚なっちゃったらごめんね。まあ、ダメで元々ってやつだよ)

2017-07-23

https://anond.hatelabo.jp/20170723022603

悪の帝国感出したいだけで

ヒトラー自体はどうでもいいんじゃないの?

 

ナチモチーフにしたベガを更に模倣しただけです~」みたいなノリ

 

どうせリアル歴史もの出しても売れないと思ってるクリエイター

リアル歴史ものを忌み嫌う消費者さんサイドに問題があるのであって

それを(日本国内では)何の影響力も無い

ユダヤさんサイドに責任擦り付けるって八つ当たりもいいとこ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん