「長所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長所とは

2020-08-11

anond:20200811113555

Wikipedia:外来語表記法#各表記法の長所・短所には「一般的慣用」「専門的慣用」「原音主義」「正式名称」が並立で書かれてるけど、原音主義者が謎に強いんだよな

Wikipedia日本語版」なんだから、「日本語一般的に使われている表記」にならうのが一番いいと思うんだけど

あと、「hatena」という英単語が由来の「ハテナ」という記事があったとして

英語では、hatenaに××という意味はないです!」みたいな主張で誤りとしてくる人もいる

カタカナ表記になった時点で日本語化しているから、英訳イコールである必要はないはずなのに

2020-08-10

anond:20200810184857

Q1.愛子ちゃん名前の由来は?

「父のおばあちゃん名前から取って愛子です。理由は“愛される子、愛する子”で愛子です。とっても気に入ってます

Q2.出身地は?

「生まれたのはフィリピンマニラです。そこで2歳頃まで過ごして、それから東京です」

Q3.血液型は?

O型です。結構がさつです。自分の部屋は汚いけど、友達の部屋とかに行くと片付けちゃうところはありますね。でも、自分の部屋は汚くても気にならないって言う…。ベッドだけキレイだったらよしです。くつろぐスペースさえ確保できればOK(笑)

Q4.趣味は?

カラオケは週2回行くほど好きです。必ず歌うのはFlowerさんの“他の誰かより悲しい恋をしただけ”。自分の声のトーンに合ってて歌いやすいのと、バラード系が好きです」

Q5.特技は?

「人を笑わせることと変顔かな。友達といるときは、ツッコミボケもしてます変顔結構ガチでやってるんでインスタ見てください(笑)

Q6.チャームポイントは?

「目です。よくインスタとかでも二重整形ですか?って言われるけど、元々なんですよ。両親ともに二重なので、遺伝ですかね」

Q7.長所は?

気遣いができるところかな。ありがとうとかごめんね、大丈夫?とか、ちゃんと声をかけるようにしています

Q8.短所は?

「逆に、気を遣いすぎてしまって、謝りすぎちゃったりするところですね。友達には、そんなに謝んなくてもいいよって言われたりします。結構気にしいなところがあるかもです」

Q11.休みの日はなにしてる?

「前はインドア派だったので、ずっと家にいることが多かったんですけど、最近修学旅行で仲良くなった友達しょっちゅう遊んでいます。遊びに行くのは新宿とか渋谷、あとは誰かの家に集合したり。カラオケ行ったり、ダーツしたり、映画観に行ったりしてます

Q12.好きな本は?

心理学的な本が結構好きです。お兄ちゃんもそういう本が好きなので、借りて読んだりしてます。人って速く話すと相手が聞き入れなきゃって感情になるらしいんですよ。だから私も実践して、すごい早口友達に話してたら、『ちゃんと聞き入れるからゆっくり話して』って言われました(笑)

Q13.好きな曲は?

Aimerさんの“コイワズライ”です。カラオケとかで歌うと絶対泣いちゃうんです。歌詞にも励まされることも多くて、大好きな曲です」

Q14.好きな芸能人は?

沢尻エリカさんです。強い女性像で、沢尻エリカさんっていうキャラクターがしっかりあるところがかっこいいなって思います。私が女優として頑張りたいと思ったきっかけの人でもあります

Q15.好きな食べ物は?

炊き込みごはんです。父が私とケンカするたびに、仲直りの意味を込めて作るんですけど、ちょっと前に結構長引くけんかしたら毎日炊き込みごはん作ってて(笑)。母から今日炊き込みごはんなんだけど…、もう飽きたから早く仲直りして』って言われました。私が『美味しい!』って言うとケンカが終わります

あとは、焼き鳥!タレ味が大好きで、とくにつくねが好きです。あと、キュウリも。家族外食するとキュウリだけで3品ほど頼みます。たたきキュウリともろキュウと浅漬けとか(笑)

Q16.嫌いな食べ物は?

「お刺身とかお寿司とか、生ものが苦手です。だから寿司屋さんに行くといつもカッパ巻き!安上がりですね」

Q17.好きなファッションは?

「色はモノトーン系とかシックな色味が好きです。撮影とかでは可愛い系を着ることが多いんですけど、プライベートでは、意外とかっこいい系が好きです」

Q18.ファッションのこだわりは?

ブランドものかにあんまり興味がないので、GOGOSING、HOTPINGとかの韓国通販が好きです。2カ月に1回くらいまとめ買いして、着まわしや組み合わせを楽しんでます。でも、ワンポイントブランドのバッグを持ったりするのは素敵だと思うので、たまに母に借りたりもします」

Q19.好きな瞬間は?

友達といるとき!と、友達と騒いだ後に、家のベッドで音楽聴きながら、なにも考えない時間も好きです。

1人のとき結構いろんなこと考えちゃうんで、マネージャーさんに思ってることをめっちゃメールしちゃいます

日記みたいなメール毎日のように送られてきます、とマネージャーさん談)でも、次の日には忘れちゃうんです。そのへんはO型っぽい(笑)

Q20.ヘア&メイクのこだわりは?

メイクは肌がいちばん大事っていうのがモットーです。アイメイクやアイブロウリップも映えさせてくれるのは肌なので、肌のきれいさや白さ、ツヤにこだわっています

ヘアスタイルは頻繁に変えたくなっちゃうんですけど、今後は黒髪に戻して落ち着いた感じにしたいなって思ってます

Q21.お気に入り美容アイテムはある?

「白肌にしたいので、3CEのウユクリームを愛用していますスキンケアも、ウユをラインで使ってます

朝の洗顔にはLUSHブラックダイヤというのを使っているんですけど、毛穴の汚れが落ちる感じがしてお気に入りです」

Q22.マイブームはある?

「今は友達と遊ぶのがとにかく楽しいから“フレンドブーム”ですね(笑)

Q23.自分に自信がなかったって言っていたけど、どうやってコンプレックスを解消したの?

スカウトされてお仕事を始めてからも自信が全然なかったんですけど、母に『自分で可愛くないって思っていたら、マイナスに落ちて行くし、本当に可愛くなくなるよ』って言われて、確かに!って思ったんです。

生きていく中でいちばん信じられるのは自分自身なんだから、まずは自分いちばん愛することがプラスに変えていける方法だ、って。可愛くなりたいって言ってるだけじゃなく、どうすれば可愛くなれるか、自分を変えるために時間を使おうって今は思っています

Q24.同世代にも自分に自信を持てない子も多いと思うけど、そんな子たちに伝えたいことは?

「人の顔って、それぞれ違うのが当たり前だし、両親からもらった顔なんだから、素晴らしいって思うんです。人と比べることよりも、自分の顔をより魅力的に見せることを考えて欲しいって思います私自身も、そういう考え方になったら、自然性格も明るくなったなって実感しています

Q25.恋するとどうなるタイプ

結構相手に合わせちゃうかも。好きの気持ちが溢れ出ちゃうから、すっごい一途です。あと、恋の力可愛くなる気がしま(笑)

Q26.男性のどんな仕草や行動にキュンとする?

「口のまわりになんか付いちゃったときに、舌をペロって出して舐める仕草とかがエロキュンです。かっこよ〜って思いますマニアックですかね?(笑)

あと、さりげなくポンポンとかしてくる人とか、キュンとしちゃいますね」

Q27.理想恋愛は?

「お互いが高め合える関係依存しないで、私がいるから頑張ろうって思われるような相手になりたいし、相手にもそうであってほしいです。一緒にいることでプラスになれるのが理想ですね」

Q28.この夏にやりたいことは?

「仲良しメンバー花火大会に行きたいです。あとは、旅行したり。大きめの部屋を借りて、友達と1週間くらい共同生活してみたいです。みんなサバサバしてるので、ケンカとかもしなそうって思ってます!」

Q29.人生目標は?

自分のやりたいことを実現していきたいなって思ってます。まだまだ変えなきゃいけないところはたくさんあるけど、女優を目指してがんばっていきたいです。沢尻エリカさんや二階堂ふみさんみたいに、色んな役に挑戦したいです」

Q30.109ニュースを読んでいる人へメッセージをお願いします!

「みなさん初めまして、愛子です。マイナスに思ってるとマイナスしかならないって思うので、ポジティブに考えていったほうがいいなーって思ってます。みなさんもポジティブにいきましょう!私も頑張りますポジティブになると、めっちゃ笑顔でいられるし、楽しいです!」

https://109news.jp/culture/20190730/156770/writer02

anond:20200810170343

「何にも長所がない」男と結婚するようなら、その女から見てその結婚他人価値観でははかれないきわめて大きな主観的メリットがあるだろうから

どっちが得とか評価する時点で野暮

不器量で小太りの29歳の女

すでに白髪の44歳の男

お互い妥協の結果なんだろうけど男の方は何にも長所ないんだからやっぱ男の方がこれ得してるよなぁ

2020-08-09

短所をなくすより長所を伸ばすんだ!

こうして私の乳首開発は始まった

2020-08-06

26歳子持ち既卒社会人経験なしフリーター就活した

結果として1ヶ月と少しで内定貰えました。

大学卒業してから約4年塾講師バイト経験のみ。就活経験なし。しかコロナ流行中。

ハロワ就活エージェント転職サイトNPO就活支援と一通り使ったので簡単感想を書いていく。


ハロワ

なんか職探しといえばハロワイメージがあったのでとりあえず登録

これがやりたい!みたいなのがなかったので職種を決めずに事務接客あたりで求人検索

15社ほど応募したが全て書類審査で落とされる。

しか企業ごとに書類を送付しないといけないので封筒切手などの手間がかかる。

手間も到着までに時間もかかるから全部の企業ネット経由で履歴書送らせてくれ。

そしてそんな手間暇かけた子たちが全滅すると心もお金も減るんだよ。

ハロワ既卒フリーターに厳しくね?中小企業が多いせいか分からんが、かなり経験優遇されてるのではないだろうか。

個別塾講師だったので個別PC教室講師求人はさすがに通ると思ったがだめだった。

というか数週間経っても何も連絡がなかった。不採用の連絡はくれ。

あとハロワ掲載されている企業ブラックが多いと言われる理由求人情報掲載するのが無料であるため。


NPO就活支援

ハロワの人が若い人向けのそういうサービスがあるって教えてくれた。

履歴書修正面接練習をする相手を確保したかったので電話で予約。

初回はzoom相談。どの職種にしたいかなど自己分析が行えていない私に相談員の人イライラ

私の担当の人には就活する時は職種を絞れって言われたけど結局絞らないまま就活続行。その後も面接練習相談にのってもらった。

そこで職業適性検査ができると言われたのでやってみたがそれの結果がくるのが私の内定が決まった後だった。気になるから聞くけどさ。。。

転職サイト

ハロワ使い始めて少し経ってから複数転職サイト登録

こっちはサイト上でエントリー書類の送付ができるので複数企業にすぐ応募できる。一回登録した基本情報は残ってるから志望動機とかを書き直すだけで応募可能

マイ●ビとリク●ビを頻繁に使用してたけど、結局勤務することにした企業はin●eedにのってたやつ。

でも明らかに怪しい企業が出してる同じ求人複数あってそれが検索する上で邪魔だった。そういう企業写真求人ごとに変えて掲載するから、しっかり企業名覚えておくといい。


転職エージェント

フリーター既卒相手にしてるのサイト複数登録。正直これはどのエージェント出会えるかという面が大きい気がするのでこのサイトがいいみたいな確実なことは言えない。

最初面談して自分のこと色々話して条件にあった求人情報メールとかで送ってくれるっていうのが基本。でも中にはさっき私が話したこと聞いてた?みたいな条件とぜんぜんマッチしてない求人を紹介してくるところもあった。なんかとりあえず手元にあったの送りました。みたいな。まあ既卒経験で雇ってくれるとこが多くないのはわかるけどさ。

でもみんな共通してたことが一つあった。

事務」というワードを出すとみんな顔を引きつらせる。

そもそも既卒経験子持ちで微妙な反応なのに「事務」なんて言ったらさらにだった。

今、事務職の需要が異常に高まっているらしい。

私が面接で行った企業の人たちも応募がたくさんきたと言っていた。

その中で経験ない新卒でもない人間が選ばれるわけがないとみんなそう考えていた。

なんならNPO就活支援の人には事務職もそうだし就活自体かなり厳しいものになるだろうと予想されていた。

就活している人間に対して人は「大丈夫」なんて無責任なことを言ってうまく行かなかった時にクレームつけられたくないんだろうな。そりゃそうか。

話を戻す。

あと、エージェントが紹介してくるのは大企業割合が多い。中小あんまない。

エージェント仲介するにはお金がかかるのでそれを負担できる企業ということになる。

また、ちゃんとしたエージェント企業だと依頼した企業としっかりコンタクトをとっていて就業内容に嘘がないかなど確認取れたところしか紹介しないというところもある。(全てではないとは思うが)

ほとんどの企業が一度面接して一回求人紹介してもしいいのあれば応募するって感じだったけど、送られてきたものであまりいいものがなかったのでほとんど返信せず終了。

今回私が登録したエージェントの中で一番いい求人出してくれてサポート厚かったのはウズ●ャリだった。一回ではい終わりじゃなくて履歴書の改良や面接練習をなんどもしてくれた。他の人がどうかはわからないが、私が当たった人はしつこいくらいにとても面倒見がいい人だった。そこの紹介で内定もらったが辞退した。

エージェントはこの求人がいいというと応募してくれるので楽。



今回の就活感想

・誰かの言葉鵜呑みにしない

・それぞれのいいところを吸収して利用する

・いろいろな選択肢を同時進行する

ハロワアナログ

サイトにのってる情報と実際に面接行った時の差が割とある

聞いてた話と違うみたいなことが珍しくないので面接仕事内容説明してくれるからしっかり確認する。

長所とかアピールポイントとかを全く聞いてこない企業もあった

そういうところはまず、就業条件や社内環境を開示してくれてそれに関して質問や話をしていく。その上でのコミュニケーション能力を見て決めてる。

面接官は年上の男性が多かった

そういう人にも物怖じしないでコミュニケーションを取れるかも見られていると思う。大学時代クラブバイトした経験が思わぬところで生きた。相手によって適切な距離感で話す。オープン会社のこと話してくれる人には突っ込んだ質問しても大丈夫だった。そこらへんはネット情報鵜呑みにしないで臨機応変大丈夫だった。

・子持ちは子供家族について必ず質問される



また思い出したら追加する。寝る。

2020-08-04

誰も傷つけないなんて多分嘘だ

大好きな漫画がある。これからネガティブなことを書くのでタイトルは伏せるがギャグ漫画だ。読むたびに爆笑するし出来るだけ長く連載が続いてほしいと思っている。

でもその作品の一部のコアファン層がうっすら嫌いだ。

ともいうのは彼ら(彼女ら?)はやたらに「この漫画の笑いは誰も傷つけない」と言いたがるから

オタクがよく言う「股下5mある」みたいな誇張表現ならまあまあまあ許せるけどどうも連中、本気で言っているらしい。

は? そんなのなんでお前が断言するんだよ。急に森羅万象代表ヅラすんなよ。なんで急に他人主観まで代表しだすんだよ。

この漫画のこと本当に好きだし、たしかに古めのギャグ漫画に比べたらだいぶ気を遣った表現が多めだなとは感じる。別に読んで自分が傷ついたわけでもない。

でも「誰も」は嘘じゃん。仮に事実だとしても一読者には把握しえないじゃん。それを無邪気に断言するのって本当は配慮とか全然興味ないだろと思う。

彼らは「全米が泣いた」ぐらいのノリで言ってるのかもだけど、そんな雑に他人をひっくるめるような言い方を自分はしておいてコンテンツには「誰も傷つけない」配慮を求めるの、ちゃんちゃらおかしいでしょ。

「私は傷つかなかった」とか「今までのギャグ漫画に比べたら配慮が行き届いている」とか、傷ついているかもしれない誰かを勝手に透明にしない言い方はいくらでもあるはずなのに。

彼らもお金払ってるファンだし、自分が直接なんか言われたわけじゃないからうっすら嫌いだなー滑稽だなーと思いながらTwitterミュートするだけだけどさ。

あと本当にギャグ面白い漫画なのにそこが1番の長所みたいな言い方するの……趣味が合わねえ〜

2020-08-02

ネットユーザーに多い「真面目系クズ」の特徴6つ

単に「クズ」といえば、開店からパチンコ屋に並んでいる金髪プリン灰色スウェット喫煙者

といったイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

しかし見た目や言葉遣いは真面目で誠実そうなのに、一緒に何かの物事に取り組むとクズぶりが露呈するという

新たなタイプクズ真面目系クズ」が、いま増加しています

 

目上の人々に受けのよいファッション

年代が異性の目を意識してオシャレをする中、

真面目系クズは親などの目上の人々に受けのよい、流行を取り入れないファッションします。

真面目系クズにとって落ち着くスタイルは「イケてる彼氏」ではなく「可愛い息子」。

そして「イケてる彼氏スタイルの男や、そういう男の彼女を内心で軽蔑しています

 

自分立ち位置ばかり考えており、人に関心が無い

金魚のフンもみっともないですが、あまりに人のことに関心が無いのもまた問題です。

人に関心が無いと会話の糸口が見つからないため、話す機会があっても盛り上がらず、

友達恋人も出来にくい傾向にあります

 

何事にも待ちの姿勢

問題や悩み事が発生した時、自分対処法を考えたり、

解決方法を知っていそうな人に助けを求めるアクションが出来ません。

困ったときは親や教師の助けを待つだけ。大人になってもその姿勢は変わりません。

そのため学生時代は「真面目な生徒」ですが、社会人になると「使えない」と切って捨てられます

 

親が過保護、過干渉

自力物事判断できる年齢になっても親が赤ちゃん扱いしてあれこれ指示するため、

慢性的無気力無力感を抱えていることが多いです。

親に引率されて行動することが多く、同年代と対等な関係で行動する機会に乏しいため、

幹事飲食店コース予約など)や、旅行の準備(飛行機新幹線切符購入、ホテルの予約など)が、

いい大人になっても出来ないことが多いです。

こういった「生活への苦手意識」は、歳を取るほどこじらせていきます

 

友達付き合いが浅い、あるいは居ない

これといった長所が無く目立たないため、友達は出来にくいです。

出来たとしても、友達が困っているときに支えたり、

深い本音の話をしたりといった「重い付き合い」を避けるため、

友達にとっては優先順位の低い、居ても居なくてもいい存在になってしまます

5人グループを作るときに入れてもらえても、4人グループになるとあぶれたりします。

 

面倒なことを先送りにし放置

真面目そうに見える服装言葉遣いをしているだけで、真面目系クズは真面目ではありません。

面倒事が発生した時は、ほとぼりが冷めるまで放置という姿勢です。

学生時代放置案件がせいぜい「宿題」などですが、大人になっても重要案件まで放置して逃げようとするため、

周りが気付いたときには手遅れになっており大迷惑、ということが起こります

それが続くと次第に何も任されなくなり、役に立たないから居なくても良い人になっていきます

 

真面目系クズ一言説明すると、子供のように親の背に隠れ、面倒事から逃げ続けている人間です。

そのように育った原因はたいてい親にありますが、逃げ続けた人生責任を取るのは本人です。

2020-07-30

自担のようになりたい

頭が良い。努力家。背が高い。細い。面長。男らしい。周りの人を大切にする。人に好かれる。丁寧に話す。文章が綺麗。良く笑う。人と歩調を合わせるのが上手い。声が甘い。ターンが美しい。ロング丈が似合う。修士号を持っている。天職に着いている。アピールポイントを持っている。生きている。

私は頭も良くなければ何につけても三日坊主努力できない。チビデブ。勿論脚は短い。可愛らしくもかっこよくもない。友人は少ない。関わりたくないとき半年くらい人と連絡しない。話をまとめるのが苦手。語彙が少ない。ストレート卒業できない。長所が浮かばない。安楽死の機会があれば死にたい

自担は驚くほど良く出来た人間だ。歌も踊りも喋りも大好きで録画して何回も同じ場面を再生したりする。最高にかっこいい。こんな人が現実存在する。自担最近クイズ番組に出ることが多い。アイドルでは無いから比べるもんじゃないけど畑違いでも自担と同じかそれ以上知識も経歴も何もかも持っている人がごまんといる。

打ちのめされる。好きな人の輝きに潰される。こんな矮小価値の無い人間申し訳なくなる。十人十色と言われても私は銀鼠色とかなんだろう。自担を愛するために生きている。自担活躍を目で見るために生きている。自担舞台が、コンサートが、動画投稿が、次はいつだからそこまで頑張ろう。そういう活力なはず。なのに惨めになる。自担は悪くない。私の考え方がおかしいだけだ。自分正反対から自担が好きなんだろうか。ただのコンプレックスによる気持ちなんだろうか。そんなの自担に失礼すぎる。

恥ずかしくない自分になりたい。堂々と人に紹介できる自己が欲しい。背が欲しい。細くなりたい。知識が欲しい。人を大切にしたい。自分を大切にしたい。努力ができるようになりたい。きっとずっと私はこうやって思い続けるだけで行動しないのだろう。そこが自担と私の決定的な差、一生かけても私は自担のようにはなれない。

こんなになりたいけど多分なるつもり無いんだろうな。

2020-07-28

anond:20200727185858

どちらにも利点があるように思える。

この先、このただの確率ゲームをどう面白くしていくか考える場合

長男方式は圧倒的に弱いじゃんけんスライムや圧倒的に強いじゃんけん帝王を作ることが出来る。

次男方式はグーグーと続いたらグーを出す確率が下がるようなCPUのクセを設定して心理戦演出できる。

それぞれの長所を示して、やりたい事によって実装は変わると教えたい。

2020-07-26

anond:20200726092534

増田なりの体験もあってシンプル故の難しさがわかっているかユニクロは難しいと言ったのだと思うし、揚げ足をとるところではない気が……

元増田が無地云々と書いていたから、シンプル=無地という認識で話を進めるのもわからなくはないですが、

プラスサイズモデルを見ていれば柄物を着こなしているなんてことはわかるわけで柄物デブやばいという認識は改めたほうがいいと思う

体型をカバーするというよりもそれを長所にし、自分に似合うものをわかって着ているんだなぁというおしゃれな人は多い

2020-07-25

anond:20200725221500

特にミスコン、つまり女性へのルッキズムに対してこれだけ言われるのは、特に女性に対して顔(だけ)がいいことへの評価と、頭(だけ)がいいことへの評価釣り合わなさが存在するっていう側面があるのかもしれないと思う

元増田の言う「顔だけが良い人」への救いという視点がある一方で、見た目がよくないことへのペナルティが他の長所を帳消しにしてしまうケースの多さは無視できない

また、顔がいい人が「あの人は顔がいいという理由だけで成功したんだ」みたいに言われるのもルッキズムひとつの形だと自分は考えている

私は私のこと結構好きだよ

とくに人に誇れるような特技もないし、むしろ他の人に比べるとダメなとこばっかりいっぱい見つかって落ち込むこともたくさんあるんだけど。

おしゃれで凝った料理も作れなくてにんじんのきんぴらとかもやし炒めとか簡単適当料理ばっかり作ってるし

化粧も服もマジでわからんのでこれすごいかわいい!と思って買ったワンピース着て鏡見るとまあべつに可愛くないんだけど着てると気分いいし

自分天才だとか魅力的とか思えないし自分長所は?って言われてもあんまり思いつかないけど

それでも自分のこと結構好きなんだよな

自分は最高!とか毎日楽しい!とか大好き!とかすごい!とか超偉い!とかそこまでの感じじゃないんだけど私は私のこと「結構好き」で「そんなに嫌いじゃない」んだよ

自分のことめちゃくちゃ好きでもないがめちゃくちゃ嫌いでもないよ

これからも仲良くしていきたいなー自分

ここまで読んでくれてありがとう

2020-07-24

死ねないだけで生きてきた

初めて死にたいと思ったのは小学2年生の頃だった。

家のすぐ隣に出来たゴルフ練習場の明かりが眩しくて、眠れない夜が続いた時だ。

死にたい」という明確な気持ちがあったと言うよりは、明日もこのまま寝不足学校に行って、

眠くてぼんやりとしているところを先生に怒られて、というのを続けるぐらいなら、いっそこのまま消えてしまったらいいのにと願っていた。

そうやって暗いイメージが湧き出しては止めることが出来ず、幼少の自分には長すぎる苦痛な夜の時間から抜け出したくて、

ベッドに横になったままできる限り精一杯長く息を止めるのを繰り返し「うっかり窒息死してしまえたら」と子供じみた自殺未遂を試み続けていた。 

次に死にたくなったのは高校2年生の時だった。

高2病とも言われるような、人生を斜に構えて無気力に過ごしては自身無力感に苛まれていた。

次第に学校もやや不登校気味になり、気が付けば「皆が真面目に勉強している中でフラフラ遊んでいる」というレッテルを貼られ、

たまに教室に顔を出そうものならクラスメートだけでなく教員たちから厄介者のような扱いを受けていた。

そんな時、家の薬箱から母親が昔飲んでいたらしい薬局の袋に入った睡眠導入剤を見つけた私は、

「これをたくさん飲んだら死んでしまえるかもしれない」と袋に入っていた束になったシートから錠剤を全て取り出して震える手で飲み干した。

どくんどくんといつもより大きな鼓動を打つ心臓が、自分死ぬかもしれないという不安と緊張と少しの期待のせいなのか、

それとも単純に薬の副作用だったのかは分からないけれど、私は暴れる心臓の音が家族に聞こえないように自室の中で布団に包まっていた。

暗闇の中で止めどなくほろほろと溢れる涙を流しながら、その時を待っていた、そして私の意識は途絶えた。

翌日、私は何事も無かったかのように、いつも起きる時間よりもだいぶ早くに目が覚めた。

遺書も残さず、数少ない仲の良い友人にも何も言わずに突発的に試みた自殺未遂だったけれど、

拍子抜けすると同時に、あれこれ残したりせずにして良かったと安堵していた。

まだ誰も目覚めていないキッチンに行って水を一杯飲んで、違和感を覚えた。

かめるように冷蔵庫に入っていたオレンジジュースを飲む、味覚が無くなっていた。

冷汗が止まらず、ただただ「どうしよう」という言葉が頭の中をぐるぐると回っていた。

自殺しようとして薬を沢山飲んだら味覚が無くなってしまった」などということを誰かに相談する訳にもいかず、

しばらくは生きた心地がしないまま、味のしない食べ物咀嚼するのはまるで砂や泥を食べている気分で、誰にも気づかれないように胃に押し込むことにひどく苦労した。

結局、三日も経たない内に味覚は元に戻るのだけれど、この時に「次に死ぬなら確実に死ななければいけない」と心に誓ったのだった。

 

次に死にたくなったのは22歳、大学留年した時だった。

真面目な学生では無かったけれど、なんとなく大丈夫だろうと思っていた淡い期待はあっさりと裏切られてしまった。

一応サークルには所属していたけれど、ほとんど活動に参加していなかった私は、文字通り大学一人ぼっちになってしまったのだ。

そんな私の唯一の心の拠り所はSNSの顔も知らない友人たち、その中でもとりわけ"メンヘラ"とカテゴライズされるような人々との交流だった。

最初は寂しさを埋めるためのアイテムだったはずが、尊大希死念慮に苛まれて生きるダメな人たちの存在可視化されることは私の良くない考えを加速させていった。 

あの頃を思い返すと、死にたかった、というよりも、いつ死んでもよかった、というのが正しかった。

私は名前も知らないおかしな人たちと浴びるように酒を飲むことも、サイケデリックな色をした「海外製」とだけ言われた錠剤をスナック菓子のように口へ放り込むことも、

そのまま外に飛び出して狂ったように遊びまわることも、怖いと思うことは何一つなかった

素面でいたくなかった、誰かと過ごしているようで、感覚けが宙に浮かび、幻覚の中を彷徨って倒れこみ、自分を取り囲む影と会話して過ごした。

路上はもちろん、駅の医務室や知らない人の家で目覚めることも日常茶飯事だった。

裸で目覚めて隣で眠る見知らぬ人を起こさないようにベッドを抜け出し、最低限の服と荷物だけ持って逃げ出したこともあった。

 一方で大学がある日は真面目に授業を受けていた。

離脱症状でガタガタと震えながら、倒れないように机に噛り付いて授業を受ける様は正しく狂人だったと思う。

ただ「死のうと思えばいつでも死ねる」ということが確かな心の支えになって、私は人より一年だけ多く掛けて大学卒業することができた。

真っ先に死ぬと思われていた私を残して、大学時代の悪友たちは4人が亡くなり、2人は隔離病棟入院していると風のうわさで聞いた。

 

気がつけば30歳を目前としている、生きてしまった、生き延びてしまった。

私は死ねなかった、自分長所や得意なものというのは思い浮かばないが、死ぬことは特別下手なようだった。

それどころか真っ当に就職して、結婚し、子供にも恵まれた、人は私のこと見て「幸せだね」と言うようになった。

ただそれでも「死にたい」という心の底に燻る感情は、初めて認識した時から今のこの時まで片時も消えてはいなかった。

から私は今夜も、精一杯長く息を止め続ける、「一度ぐらい上手くいきますように」と願って。

死ねないだけで生きてきた

初めて死にたいと思ったのは小学2年生の頃だった。

家のすぐ隣に出来たゴルフ練習場の明かりが眩しくて、眠れない夜が続いた時だ。

死にたい」という明確な気持ちがあったと言うよりは、明日もこのまま寝不足学校に行って、

眠くてぼんやりとしているところを先生に怒られて、というのを続けるぐらいなら、いっそこのまま消えてしまったらいいのにと願っていた。

そうやって暗いイメージが湧き出しては止めることが出来ず、幼少の自分には長すぎる苦痛な夜の時間から抜け出したくて、

ベッドに横になったままできる限り精一杯長く息を止めるのを繰り返し「うっかり窒息死してしまえたら」と子供じみた自殺未遂を試み続けていた。 

次に死にたくなったのは高校2年生の時だった。

高2病とも言われるような、人生を斜に構えて無気力に過ごしては自身無力感に苛まれていた。

次第に学校もやや不登校気味になり、気が付けば「皆が真面目に勉強している中でフラフラ遊んでいる」というレッテルを貼られ、

たまに教室に顔を出そうものならクラスメートだけでなく教員たちから厄介者のような扱いを受けていた。

そんな時、家の薬箱から母親が昔飲んでいたらしい薬局の袋に入った睡眠導入剤を見つけた私は、

「これをたくさん飲んだら死んでしまえるかもしれない」と袋に入っていた束になったシートから錠剤を全て取り出して震える手で飲み干した。

どくんどくんといつもより大きな鼓動を打つ心臓が、自分死ぬかもしれないという不安と緊張と少しの期待のせいなのか、

それとも単純に薬の副作用だったのかは分からないけれど、私は暴れる心臓の音が家族に聞こえないように自室の中で布団に包まっていた。

暗闇の中で止めどなくほろほろと溢れる涙を流しながら、その時を待っていた、そして私の意識は途絶えた。

翌日、私は何事も無かったかのように、いつも起きる時間よりもだいぶ早くに目が覚めた。

遺書も残さず、数少ない仲の良い友人にも何も言わずに突発的に試みた自殺未遂だったけれど、

拍子抜けすると同時に、あれこれ残したりせずにして良かったと安堵していた。

まだ誰も目覚めていないキッチンに行って水を一杯飲んで、違和感を覚えた。

かめるように冷蔵庫に入っていたオレンジジュースを飲む、味覚が無くなっていた。

冷汗が止まらず、ただただ「どうしよう」という言葉が頭の中をぐるぐると回っていた。

自殺しようとして薬を沢山飲んだら味覚が無くなってしまった」などということを誰かに相談する訳にもいかず、

しばらくは生きた心地がしないまま、味のしない食べ物咀嚼するのはまるで砂や泥を食べている気分で、誰にも気づかれないように胃に押し込むことにひどく苦労した。

結局、三日も経たない内に味覚は元に戻るのだけれど、この時に「次に死ぬなら確実に死ななければいけない」と心に誓ったのだった。

 

次に死にたくなったのは22歳、大学留年した時だった。

真面目な学生では無かったけれど、なんとなく大丈夫だろうと思っていた淡い期待はあっさりと裏切られてしまった。

一応サークルには所属していたけれど、ほとんど活動に参加していなかった私は、文字通り大学一人ぼっちになってしまったのだ。

そんな私の唯一の心の拠り所はSNSの顔も知らない友人たち、その中でもとりわけ"メンヘラ"とカテゴライズされるような人々との交流だった。

最初は寂しさを埋めるためのアイテムだったはずが、尊大希死念慮に苛まれて生きるダメな人たちの存在可視化されることは私の良くない考えを加速させていった。 

あの頃を思い返すと、死にたかった、というよりも、いつ死んでもよかった、というのが正しかった。

私は名前も知らないおかしな人たちと浴びるように酒を飲むことも、サイケデリックな色をした「海外製」とだけ言われた錠剤をスナック菓子のように口へ放り込むことも、

そのまま外に飛び出して狂ったように遊びまわることも、怖いと思うことは何一つなかった

素面でいたくなかった、誰かと過ごしているようで、感覚けが宙に浮かび、幻覚の中を彷徨って倒れこみ、自分を取り囲む影と会話して過ごした。

路上はもちろん、駅の医務室や知らない人の家で目覚めることも日常茶飯事だった。

裸で目覚めて隣で眠る見知らぬ人を起こさないようにベッドを抜け出し、最低限の服と荷物だけ持って逃げ出したこともあった。

 一方で大学がある日は真面目に授業を受けていた。

離脱症状でガタガタと震えながら、倒れないように机に噛り付いて授業を受ける様は正しく狂人だったと思う。

ただ「死のうと思えばいつでも死ねる」ということが確かな心の支えになって、私は人より一年だけ多く掛けて大学卒業することができた。

真っ先に死ぬと思われていた私を残して、大学時代の悪友たちは4人が亡くなり、2人は隔離病棟入院していると風のうわさで聞いた。

 

気がつけば30歳を目前としている、生きてしまった、生き延びてしまった。

私は死ねなかった、自分長所や得意なものというのは思い浮かばないが、死ぬことは特別下手なようだった。

それどころか真っ当に就職して、結婚し、子供にも恵まれた、人は私のこと見て「幸せだね」と言うようになった。

ただそれでも「死にたい」という心の底に燻る感情は、初めて認識した時から今のこの時まで片時も消えてはいなかった。

から私は今夜も、精一杯長く息を止め続ける、「一度ぐらい上手くいきますように」と願って。

2020-07-23

https://www.johnnys-net.jp/page?id=text&dataId=1956&artist=7

弊社所属アーティストTOKIO」に関するご報告

弊社所属アーティストTOKIO活動についてご報告

させていただきます

2021年4月1日より城島茂国分太一松岡昌宏

3名が株式会社TOKIO設立し、ジャニーズグル

関連会社として運営することとなり、長瀬智也

は、ジャニーズ事務所を退所し、個人として別の

道を歩むことになりました。

1994年CDデビューしてから約26年、バンドとし

て、俳優として、タレントとして、メンバー個人

個人長所を伸ばし、短所を補い合い、プロフ

ッショナルとしての意識を強く持ってきたからこ

そ、老若男女の幅広い世代の方々に愛されるグル

ープとなることができました。

長年応援してきてくださっているファンの皆さ

ん、様々なメディアを通してTOKIOを楽しんでくだ

さっている皆さんがいたからこそ、TOKIOを強く、

逞しい存在にしていただけたことを、心より感謝

申し上げます

2020-07-22

自分上位互換存在について

自分がどういう人間かについて、客観的に述べるのはとても難しいものです。

世の中は「自分」について語った文章で溢れていますが、時々ひどいナルシシズムが一行目からぷんぷんと漂ってくるようなものも少なくありません。そうしたものを読むと、油っぽくて甘ったるい何かを食べたような胸のむかつきを覚えるのです。

私は、これを読む人にそのような思いをしてほしくはありません。だから、できるだけ自意識フィルターを外して、ただその辺ですれ違った通行人描写するかのごとく自分自身について記述することを試みてみようと思います

私はそのような目でお風呂場の鏡に映った私自身を見つめました(なぜ浴室の鏡かというと、全身が映る大きな鏡がここにしかいからです)。

外見について。

私は身長が162センチメートル体重は48キログラムです。年齢は30代に入ったところで、もう弾けるような若さはありません。一見すると以前の自分とそう変わらないように見えますが、ちゃんと向き合うと、腰回りや二の腕や顎の下にほんの少し脂肪がつき始めているのがわかります

ひどい近視なので、かけると輪郭が歪むような眼鏡を掛けています。髪は肩より下で、下ろしているよりまとめている方が似合っているような気がします。いつも夏はカットソーブラウスを着て、長めのスカートを履いています無難髪型で、無難服装をしているなと思います

顔は… ひどく醜くはないとは思うのですが、美しかたことは一度もありません。

から外見的な長所(のようなもの)としてときどき言及されるのは、体型が比較的華奢であるということと、肌が比較的白いということです(スタイルが良いとか、肌が綺麗ということではありません)。

昔、私は自らの外見についてあまりよく把握していませんでした。ある時からきちんと鏡を見るようになって、そして人からどのように見られているかを通して、自分が美しくないことを知りました。それまでは、恥ずかしながら、物語に出てくる目立たないけれども綺麗な女の子自分を同一視していたところがありました。しかし私はそうではなかった。それはもう仕方のないことです。私は美しくない側の人間でした。

内面について。

私はコミュニケーションがとても苦手で、だけれども決して大人しくて守ってあげたくなるようなそういうタイプではなく、何か喋らなければと焦る頭で考えて、なんとか絞り出した言葉で大抵その場の空気を変な感じにしてしまタイプです。そうした場で、良かれと思って無理に明るく振る舞うのがわざとらしく、人をいらいらさせるのかもしれません。これは自己弁護になってしまますが、決して悪意があってそのようなことをしている訳ではありません。が、お近づきになりたい感じの人間ではないということもわかります(道はよく聞かれます)。

からだと思いますが、親しい人はあまりいません。しか幸運なことにゼロではありません。コミュニケーションは苦手ですが完全な孤独は望んでいないからです。あまり良くないと思っていた自分の特徴を気に入ってくれる人も稀にいるのだということが、大人になって初めてわかりました。

友人には数ヶ月もしくは一年に一回くらいの頻度で会います休日は一人で過ごすか、恋人と過ごすかのどちらかです。

趣味読書と、90年代00年代初期くらいのちょっと古いアニメを観ることと、インターネットと、散歩をすることです。

途中でいくつか失敗をしていますが、その断絶を無視すると、小学校から21年間の学校教育を受けました。世間一般では恐らく賢いと思われそうな感じの学歴ですが、実際は頭が良くありません(だからいくつか失敗をしました)。

長くなりましたが、私は上記のような外見および内面を持つ人間です。総括すると、平凡な外見で、少し長く教育を受けてきていて、コミュニケーション問題のある人物といったところでしょうか。

大人になっていく過程で、私は自分が美しくないことを始めとする気に入らないたくさんの点と、それが多くの場合遺伝環境によるものであるという理不尽さを、なんとか飲み込むことができました。そのような自分を受け入れて、そうしてたまに言及される長所のことで自尊心を満たして、何とか心を落ち着かせてやってきました。

****

けれどもそうした均衡は、ときどき崩されました。

私は同性愛者ではないのですが、私の均衡を崩す存在は必ず同性で、ついつい目で追ってしまうようなタイプ人物でした。

様々な点において彼女らは大抵私より高等な人間でしたが、その落差はそこまで大きいものではなかったと思います

彼女たちはすごく美しい訳ではありませんでした。しかし、わずかにですが、ところどころに美しさが宿っていました。

彼女らは大抵私より色白で、私より華奢で、儚げでした。そして大抵私より知的で、しっとりと落ち着いていて、コミュニケーションが上手でした。

大抵何か一芸に秀でていて、詩を書くのがうまかったり、計算が早かったり、楽器ができたりしました。

から大抵私は彼女たちのことを好きになってしまうのですが、彼女たちの方はというと、仲良くはしてくれても私のことはどこか対等に見てくれてはいないようにいつも感じていました。

自分よりあらゆる点で優れていて、対等に接することのできない素敵な人と同じ空間に居続けるのは辛いことでした。

私と彼女たちが横並びに居て、その状態で見知らぬ人と交流する機会があると、その人は老若男女問わず私の方を見ませんでした。そうした経験をした人とは、そのゆっくり流れる時間の中で、自分がどんどん虫けらのごとく小さくなっていくあの感覚を共有することができると思います

また、何かのポジションや何かを得る機会には、私ではなく彼女たちが選ばれました。彼女たちの方が優れているのですから当然のことです。しかし私は、成長過程子供っぽい感情は捨ててきたと思っていたのに、そうしたときには目の前が真っ白になるような嫉妬を覚え、全身に冷や汗をかいては気づかれないように急いでお手洗いに走り、ひとり個室でブルブルと震えたものです。

から大抵私は彼女たちと距離を置くことになりました。そうした醜く幼い感情と向き合うのはあまりに辛いことだったからです。

****

今では、そういう恋愛感情にも似たようなぐちゃぐちゃの感情を抱かない、そして私に対等に接してくれる友人としか会っていませんし、私の知り合いとは無関係恋人と一緒に過ごすことが多いです。だから心はとても穏やかです。

でもときどき、街中で恋人と歩いているときに、ばったりと彼女たちに会ったらどうしようと不安になることがあります。その確率は限りなく低いとわかっているのに。だから私はよく遠出をするか、家の中で会うことを好みます

それでも万が一出会ってしまったら、私が好きにならずにはいられなかった、私より高等の存在である彼女たちに、私の恋人が惹きつけられないはずがないと思ってこわくなります

かつて私自身が自分の思うような人間でない現実に納得できたように、自分より上位互換人間存在している事実を受け止めることができたら良いのですが。

しかし、はるか手の届かない眩しい存在を受け入れるよりも、それは難しいことのように今の私には思えました。

2020-07-21

anond:20200721172708

たぶん私はそれだと思う。だいたい愚痴を聞かされると、愚痴対象となっている人物より目の前で愚痴ってるお前の方が悪いと思ってイラっと来てしまう。

元増田が私を苛立たせる人種同類かどうかは知らないけど、自分の知人友人で愚痴を聞かされるとイラっと来る人の特徴は以下の通り。

絶対自分は悪くなくて、全ての非は相手にあると思っている。口癖は「私はこんなに頑張ってるのに周りが○○してくれない」 自分のやっている方向ややり方が間違っている可能性なんて絶対に考えない。

他人長所より短所にまず目が行く。他人のあら探しをしてわざわざ自分ストレスを増やしている。

他人に対する要求レベルが高く、きちんと要望相手に伝えないくせに自分の思い通りにならないと怒る。

自分常識他人にとっても常識だと思っている。自分と違う考え方や価値観を認めない。

要するに自分と違う価値観方法論を認めない察してちゃんなんだと思う。元増田がそういう人種かどうかは知らないけど、私は他人相談ごとや愚痴に対してどうも親身になれない。「上手くいかいからにはそいつ自身にも問題がある」と思ってしまう。それを正直に言ってしまうと縁を切られかねないので、とりあえず「大変だねぇ」などと共感しているふりはするけど、それは愚痴を早く切り上げて欲しいから言ってるだけで、できれば早いこと楽しい他の話題に替えてほしい。

聞いている方が不愉快になる話題は、いっそカウンセラーでも占い師でも良いから金をとって愚痴を聞くのを生業にしている人に話せと思う。こういう思考回路の持ち主なので女友だちとの仲が長続きしないんだが、やっぱり愚痴ばかり言う人とは仲良くしたくない。

冷たいようだが、心が参っている人の話を聞いて、相手を元気づけられるようなコミュニケーションができる人は世の中にそんなに多くないと思う。「誰でもいいから私の話を聞いて」じゃなくて、「この人には話せば元気になれる」相手を選んで話すべきだと思う。まぁそういう人はかなりの貴重品だと思うけど。

2020-07-18

自分、こんなちっぽけな人間で良いのか?

最近感じた事を箇条書きで書きます

・好きな活動者の方がいて、その方が以前から変に噂が立っていた異性の活動者とコラボするらしい。別に私はその人とリアルで会いたいとか関係持ちたいとか思った事は一切無いけどなんかモヤモヤする気持ちがある。その事を友達に言ったら「ガチ恋じゃん」って言われたけど別にそういうわけでもない。なんかこう、結局私はただの一般人で、活動者は有名人で、そこは決して交わる事のない世界である事を突きつけられたような気持ちが強い。

自分妄想癖がガチで酷い。1度ここでその事について書いたこともある。昔から自分妄想癖が他人に比べて群を抜いて酷いのは薄々気づいていたし、逆にそこを活かせば長所になるんじゃないかプラス思考な事を考えていたが、最近確実にマイナス方向にしか働いてない事に気がついた。妄想の中ではいだって自分がNo.1で居心地が良くて、この世界が実現してればな~と幸せな夢の世界に浸っている間に友達恋人を作り、勉強して、成功していた。結局私は妄想の中でしか生きられない凡人以下の人間だったのだ。それでも妄想は辞められないし、現実に引き戻される度にギャップ絶望する。苦しい。

今日、有名な俳優訃報が目に飛び込んできた。この日記に辿り着くような人は嫌でも詳細を見てきたはずなので、詳しくは書かない。そういや何年か前までは訃報で目にするような芸能人名前さえ知らなかった。ニュースを見るうちに、自分が産まれる前や幼い時に活躍してた方だったんだな、と学んでいた。しかし、最近になって亡くなった芸能人に見覚えのある名前と顔が増えてきた。しか結構若い人。その度、胸が締め付けられる思いがする。無力で何も出来ない一般人の私のはずなのに、「自分に何か出来たんじゃないか?」と思ってしまう。この方は亡くなったから注目されているだけであって、今も生きてはいるけど生きている心地のしないほど苦しんでいる人だっているんだよな、と考えるだけで悲しくなる。自分、このままでいいのか??地方住みで最近コロナの第二波に怯えてる妄想癖持ちのクソ人間だけど、本気を出せば何人か救えたりするんじゃないか

最近思った事ただつらつらと書いたのみです。皆さん良い週末を。

はじめてはてなダイアリーを書いた感想

第一に、まぁ説教したい人が多いんだなと感じた。私は自分のやりたいことが見つからなかった学生時代に、某知恵袋でいろいろな職について質問意見を聞くことを繰り返していたが、どれも「キツイからお前にはできない」「お前みたいな〇〇な短所がある人間にはなれない」「お前の長所は〇〇でも社会に出たらそんな事できる人間は当たり前にいる」みたいな感じだった。ここでも一緒だった。しかも、知恵袋民もここも自称高学歴が多く地方旧帝大早慶上智出身であることをさも当たり前かのように扱う人間ばかりだった。その上、私自身が何者かもわからないくせに、まるで人生をすべて見てきたかのように上から目線言葉遣いだって悪い。

たか自分はできる・天才エリートだと豪語し「〇〇な悩みがある」という質問に対し、「全ては自己責任、お前が悪い!俺は違う!」みたいな聞いてもいない絶対聞きたくないような「あえて厳しい言葉」を書けてくる人間だっている。(しかも、出身大学や経歴、職を自慢しておきながらプロフィールを見ると全く違うこともある)

この人達人生は、そんなに誇れたものなんだろうか?

大学早慶上智旧帝大出身で、海外の院を出てたり、帰国子女だったり、大企業仕事バリバリにできるエリートだったり、高収入だったり、それは本当なのだろうか?

上から目線で私の人生全否定してきた人たちは、本当に受験バイトでも失敗することなく、過ちを犯すことがなく、周りに迷惑もかけず、生まれから今まで年表にすると輝かしい経歴ばかりなのだろうか?

このブログにも説教したい人はわんさか溢れてくるだろう。時間無駄からコメントは見ないほうが良いということがわかった。

2020-07-16

anond:20200714235402

心身が頑丈なことは長所最上位だと思う

お金があっても貧弱だとできないことが多い

anond:20200714235402

かなりの長所だよ。

現代人は右も左もメンヘラだらけだし。

2020-07-14

メンタルが強くて健康なのはしかしたら結構長所なのかもしれない

ここ最近、長期化する在宅勤務の影響や気候不安定さもあってか、体調を崩して休んだり遅刻・早退する人が非常に多い

会社としては働き方もまったくブラックとは程遠く快適で(もともと自分ブラックから転職してきたせいで基準が若干甘いのかもしれないが…)

自分自身は転職体調不良で休んだことは1度もないくらいに元気に働いているのだが

同じ部署人達(年齢も近い)もやはり次から次へ体調不良、おそらくメンタルがやられている人もいる…で休んでいたりする

そこでふと思ったのだが特段仕事ができるわけでも出世しているわけでもない平々凡々な会社である

前職でも今の職場でも毎日決まった時間に出勤し、仕事をこなし、そこそこの評価を得ながら元気に働けているというのは結構誉められてもいいことなのだろうか?

独身を極めすぎてテレビ会議以外まともに人と話すこともなく社会的には孤立している気がするがメンタル健康、体もすこぶる元気、というのはもっと誇ってもいいのかもしれない

ブコメに傷ついた増田ブコメ見てたら自分有害さに悲しくなった(追記した)

【発端】32歳腐女子自分の子供っぽさに気づいて恥ずかしくなるanond:20200709170615

【そのブコメ】知人が「30すぎて若いと言われてる場合、絶世の美女美男子でない場合は単に「金持ってなさそう」という意味なので、ゆめゆめ褒め言葉と受け取ってはならない」とツイートしていたのを思い出す。

【この増田元増田とあるブコメに大層傷ついたので書くanond:20200714013533

傷ついた増田とそのブコメ見てたらコメントスターつけた自分って本当に思考有害なんだなって悲しくなってきちゃった

増田は本当に頑張ってるのに悲しい思いしてるし、ブコメは本当に私のこと言われてるなって感じで図星だったのでこんな事を言ってた自分って本当にアスペだし性格悪いなって思った

自分発達障害手帳持ちのガイジだし仕事もできなくて無職になってはや5年なので精神患って年収300万の増田神にしか見えないし、本当にすごい…

私はガイジなりに就労しようと発達障害者向けの就労移行支援施設に通ってもう一年以上になるんだけど、アスペ過ぎて空気読めないし頭も体力もなくて仕事できないし全然就職できる気配ないのね

そこの施設借金玉(あのツイッター借金玉だよ)の本が置いてあって、「あ、借金玉の本置いてる…まあ発達障害者向けの施設からな」と思って手にとってパラパラ見てたの

そうしてたら右から施設利用者のADHDおじさんが話しかけてきて(以下右おじ)「その本参考になりましたよ~!」って言うわけ

まあ自分はてな民として借金玉の言行を見るに好きなタイプの人じゃないしそもそも自分ASD強めなので発達障害タイプが違いそうだからあんま参考にならなそう…と思ったの

右おじは発達障害ガイジにしては結構話通じる方でADHDめだから参考になったんだろうけど

でもまあ「へー右おじさんは参考になったんですね~!いやちょっと置いてあるから休憩時間に読んでみようかなとか思って~!」とか適当に言って合わせたの

そうしたら左から同じく施設利用者のASDおじさん(以下左おじ)が急にヌッ!と会話に参加してきて「いやぁその借金玉さんって人Twitter炎上してて~僕2chヲチスレとかも見ててちょっと詳しいんですけど…」って言うの

その後めっちゃ借金玉のことDisんの

いや…私もはてな借金玉の炎上発言とかブクマしたりしてるからさ…左おじの言ってることは多少わかるけどさ…

それは右おじが純粋に本をおすすめしてる会話に割って入って言ってもいいことなのかな?そういうとこだぞガイジ…って思ったの

いや私も手帳持ちのガイジだからさ、言っていいこと良くないこととか空気とかよくわかんないしあんまり自信持って言えないんだけどさ

そもそも2chヲチスレの話とかおそとでしない方がいいよね?私も借金玉の5chのヲチスレたことあるけどおそとで言ったことないもんそんな話

これは左おじガイジすぎて右おじかわいそうやな…って思ってたらさ、右おじもめっちゃキレんの。怖いの

自分被害者で左おじがガイジだからって無限にやり返していいわけじゃないじゃん?(たぶん)でもそのへんの加減がわかんないか日曜劇場半沢ガイジ直樹始まっちゃうのね

右おじ「キチガイじゃん」とか言い出すの 対面で口に出して言うのよ?

いや…それは…言っちゃだめでしょ…多分…実際にガイジだとしても…っていうかここにいる人は全員手帳持ちの診断済みガイジなんですけど…

私は増田では今ガイガイジ言うけど実際に他人に頭がおかしいですねとは言わないもんね実際そこはライン超えてるって思うから(わかんないけど)

その後も右おじめっちゃイライラして左おじの関係ないとこもDisりだすの

インターネットじゃないんだから煽られたら煽りさないでよ…

流石に揉め出して施設職員が止めに入ったんだけど、右おじは自分被害者なのでなんで相手を責めちゃいけないのかわかんない感じなの(そういうとこがね…)

そこで休憩時間が終わって私はあわあわしてただけだけどなんとか事なきを得たの

そして始まった訓練がグループワークでテーマが「いいとこ探し」

まあなんとかいいとこ探さなきゃいけないんだけどさ…

多分自分の性根が腐ってるからだと思うんだけどさ、率直に言って右おじと左おじのいいとこあんま思いつかんくてさ…

グループワークの準備とかもみんなで協力してやる感じなのに私が全部一人でしてるしトークも私が回してるしさ…

ガイジ過ぎてコミュニケーション取れなくて無職の私がフォローする側に回るってことはこれは仕事意思疎通の出来なさも両方ヤバそうだし…

でもないですって言ったら相手を傷つけるわけじゃん?探したけどいいとこないですなんて言えないよそんなの グループワークの趣旨にも反するし

しかも左おじなんか自分のいいとこを言われるターンのときに「僕はブサイクだし女性にも持てないしいいところなんかない」って勝手ネガ入っちゃってるし

そんなこといわないでよ~言っちゃだめだよ~自分のこと愛していこうよ~って思ったけど実際左おじの愛せるとこあんま思いつかんくて

傷ついた増田を褒めてたブコメみたいにうまく褒められたら良かったんだろうけど

なんか心根はいいとか優しいとかそういうこと言ってあげたかったけど私のいいとこ探すターンで「あまり思いつかなかったんですけど(左おじはあんま思いつかなかったってちゃんと口に出して言った)強いて言うなら女性から花がある女性から話とかフォローとかできていい」って言われたあとだからあんま優しいと思えなくて…

(それって女であるという生物学上の区分以外長所がないって意味ですよね…まあ特に長所がない私サイドにも罪はあるんですが…)

見た目も自分ではブサイクって言うけど言うほど素材はブサイクではないけど決してきれいではないみたいな…

髪とかギトギトしてるし服とかヨレヨレだしこれでイケメンすよとか言ったら流石に嘘かなって思って…

で絞り出したのが「そんなことない…見た目は結構若いですよ!私は左おじさんと出会ってまだ間もないのであんまり深いところのいいところは出せないですけど、きっと親しい方からみたらいいとこたくさんあるんだろうなって思います」みたいな…

いや実際若いとは思ったんよね 就労移行支援施設って就労経験がなくて養護学校から直で入る人もいるんだけどそういう人かと思ったもんまさか自分より年上のおじさんとはという感じ

まあでもそれってちゃんとしてない幼さ、安さ、こどおじ感の言い換えやなってのはまあ言いながらも思ったんやけど

右おじに対しても「いい意味理屈っぽくて話が立つ しっかりしてる」って言ったけど「レスバ体質」のいいかえやもんねこれも 実際にいいなーすごいなーとは思ってないもんなやっぱ

そのGWが終わった直後は「いやアスペながらによくやったな自分大きなフォローはできなかったけどなんとか回した」とすら思っていたんだけどね

やっぱ今回の増田とか見ると人を傷つけてるんだろうなこういうとこが

アスペは思ったことを直截に言い過ぎて人を傷つけるってよく言われるし、そういう意味で実際に悪口ダイレクトに言ってしまって人を傷つけた経験もあるのであんま思ったこと言わず社会性を帯びた言い方するように気をつけてたつもりだけど

それがやっぱ皮肉というか揶揄嘲笑なっちゃってることに気づいてないってことなんだろうな

やっぱこういうおもってもないおべんちゃら体質というか、人の気持ちがわかんないで適当な嘘いっちゃうところがアスペでだめなんだろうな

アスペっていうか単純に性格の悪さか

他人のいいところも見つけられないし

ルッキズムで人を判断して左おじの見た目はだめだって思っちゃうところもいけないんだろうな

自分は鬱のとき自分のこと好きじゃないし人生がどうでもいいか結構一週間とかお風呂に入らないでいちゃうし、髪とかも全然一年以上切らなかったり肌も病気だし爪切らないで悪くなっちゃったりしてて(当然化粧やケアもしない)

そういうとき自分どう見てもキモ妖怪すぎてなおさら嫌いになっちゃって(そういう自分のことは見た目的にもやるべきことやってないことも好きになれなかった)

でもそれっていわゆるセルフネグレクトってやつなのかなって自己分析して

皮膚科とか病院行って美容院行って化粧してまともな格好したら中身ガイジだけど一見結構それなりまともな人間に見えてきて多少自信ついた面あるから、自信なくてあんセルフケアしてないっぽい人見ると自分はブスだから何してもだめだと思わずにやってみるといいのにと思うけど

それって多分ルッキズムというか古い価値観押し付け呪いから良くないってことなんですよね多分…

ルッキズム正直ピンときてなくてよくわかんないんだけど、なんかそういうちゃんとしなきゃみたいな価値観にすごく囚われてるのはわかるから本当に耳が痛い

金なさそうだなって感じちゃうのも実際に金ない人に失礼だし、実際自分無職からお金なくてお金はあったほうがいいのでは?って思うし安っぽい格好してる自分悲しくなるけど

そういうんじゃなくてありのまま自分肯定できたほうがいいんだっていう考えがいいのはわかるけど、実践できなくて困ってる

発達障害手帳持ち無職5年職歴ほぼなし友達なし才能なし仕事全くできない風呂入れない体力なくて倒れる見た目グロ妖怪嘘つきで他人にこういう嫌味を言っちゃう性根が腐ってる自分を愛す…難しい

ブコメ抜粋削除)

いやもうマジでその通りじゃん…私のことじゃん…

底辺アスペガイジで性根が腐ってるから思ってもいないおべんちゃらしか言えないし他人感情もわかんないんだよね

そういうとこだよ本当 見栄っ張りなのも本当だし 本当に無意識に人を傷つけることしてるんだな

昔は無職社会に何もできてない自分申し訳ないって思ってたけど、最近はもう働かないほうがいいんじゃないかと思えてきた

他人と働いても迷惑かけて他人を傷つける一方だし、ガイジらしく座敷牢なんかに入ってたほうが社会のためになると思うわ

でも障害年金無理っぽいんですよね…どうすればいいんだ

死ぬしかないのか?

追記

ID晒し上げになってるという指摘を受けたので削除しました

文章読みにくいし何いってんのか流れわかんないかなと思ったんで書いたけどそりゃそうだよね気づかなくてごめんなさい

ガイ連呼も人を傷つけたらしくごめんなさい

言っちゃだめという認識はあるけど昔職場の人とか大学の人とかにフランクな感じで普通に言われていたのでキチガイとかと違って自称とか親しみを持って言えば言っていいのかなと思いたかったんだと思います

普通にただの蔑称ですよね そりゃそうだ 自分バカにされて嫌われてる事に気づきたくなくて無理筋と薄々わかりながらも多少マシな言葉なんじゃないかと受け取ってました

障害年金は無理っぽいけど手帳は持ってます これでも程度は軽いのかもしんない そのくらいでは障害者自称する資格もないということですかね

自分は悪くないと言ってるように見えるという指摘もあり、よしよしして慰めてほしいは確かにある一方で、おまえ本当に害悪からこの世から消えてくれと叩いてほしい気持ちもあります

おじのくだりもDisになるしプライドの高さというか上だと思ってて馬鹿にしてるというのも多分そうなんだと思う

自分想定外のことをされるとパニックなっちゃうし感覚過敏もあって大きい声を出されたり近づかれたりするのも苦手だしできないこと(コミュニケーションとかフォロー)をしなきゃいけない立場が本当に無理だという思いが強すぎて同じ障害者なのに障害者の人がだめっていう最低だからおじさんたちの良くないところを強調しすぎてしまいそれがもはや攻撃になったんだと

あわあわしてたとかよく見せようと控えめに書いたけど自分もだいぶパニックになって意味不明なこと言ったと思うし(何言ったか覚えてないけど)普通に加害ですよね

傷ついた増田へのブコメ晒し上げは元増田のことを「傷ついた増田」と表記して自分が傷ついたという意味で表したつもりじゃなかったけどこういう人に伝わらない造語で話してるから話してても日本語話してって言われちゃうんだと思う

トラバのお前はただ性格が悪いだけだという反応に救われる

自分は消えていいんだと言うことを追認してほしい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん