「体幹」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 体幹とは

2022-12-07

anond:20221207112202

図鑑の角で殴ればいいよ

図鑑持ち歩けば体幹もきたわるし、

銃撃を受けても防いでくれる

2022-11-30

古傷がめちゃくちゃ痛みだした

自分は足は問題ないが体幹ダメ

リドカイン湿布を試しているところだがまだ良くわからん

昨日はカロチノイド系を食ってしまった

関節痛ませる神経毒なのかもしれん

高齢者の足神経痛もこういうのだったらかなりキツいな

2022-11-21

anond:20221121095747

新鮮な学びがあった。

首は、端部、てっぺんのことだ、と解釈すると、手首や、足首は、今の通常の認識と違うよね。

手首や足首のように、端部と体幹部との接続部分だ、と解釈すると、

ち、乳首は、赤ちゃんや、彼氏の頭部まで含めたジョイント部分としての解釈なのだ

2022-11-20

筋トレは4種類しかないらしい

押す→腕立て伏せ

引く→懸垂

ヒップヒンジ→ルーマニアデッドリフト

スクワットスクワット


これ以外に腹筋などの体幹系もあるけどやらなくていいらしい。

この4種類に重しを使えるのがジムの利点だから、自宅に重しがあるならジム行かなくていいんだって

2022-11-19

健太郎君が腹筋をしました、さてどうなっただろう

倦怠感が出た

健ちゃん体幹を鍛えた)

2022-11-07

anond:20221107230845

モンローウォーク練習をすると捗るよ。

男は揺れるものに弱い。男はモンローウォークさえしておけばほい釣れるよ。入れ食いだよ。

 

モンローウォークをすると体幹インナーマッスルが鍛えられる。

内臓が美しくなって肌もつやつや。一生の宝になるよ。

体幹なくて寄りかかってくる上にカバンでぶつけてくるのやめてください

2022-10-31

anond:20221031072521

体幹

行方向に向かい、足は逆ハの字で構えればめったな急ブレーキでも倒れない。

2022-10-27

萌えアニメはいいかげん自主規制健全な方向に修正するしかないと思う

俺は萌えアニメ好きな男性だが、最近の流れを見ている限りでは萌えアニメは最終的に全面的規制されてしまうと思っている。それは、女性の人たちが幾度も指摘してきた性的搾取を含んだ表現修正するどころか、反発してより過激な、より下品な方向に向かわせようとしているからだ。萌えアニメが好きな一部界隈はともかく、一般の人々がだんだん萌えアニメオタク反社会性や性加害の酷さに辟易している雰囲気を感じている。このままでは大きなバックラッシュが生じて、萌えアニメ規制されてしま未来が訪れるほかないだろう。

少なくとも、女学生を描くにしても下記のようなポイント修正していかければならないと感じる。これは俺が考えた一例だが、この他にも修正するべき箇所はたくさんあるはずで、そこはコメント等で教えて欲しい。

キャラクター全員巨乳にしたり、異常な巨乳キャラを出すのはやめるべき。見ていて不快なだけではなく、ファン層の質にまで影響する。現実でも巨乳の人はいるって反論が常にあるが、数%しかない個体値を当然のように登場させるのはおかしい。バトルやスポーツでは巨乳なんて邪魔しかならないし、そもそも体幹が狂ってしまうのだから巨乳にいいことはないと男性陣はちゃん理解するべきだろう。単純にルッキズムにも繋がるので、平均的なバストサイズキャラだけを登場させるべき。服の成形を無視した乳袋表現や、乳の大きさがコンプレックスかいうシーンを描くのはそもそも論外。

スカートの長さを異常に短くするのをやめるべき。そもそも戦闘シーンのあるアニメスカート履いてるのがおかしいと思う。単純に女性のみならず、男性から見ても不自然なほど短くしているのも不快になる。スカートが短いのがオシャレだと女性が思っている、というのは男性もっとも恥ずべき勘違いの一つだと思う。一般的な校則に合わせた長さのキャラクターだけ登場させるべき。

女性キャラクターにだけ変なコスプレをさせるのをやめるべき。男性キャラクター衣装はまともなのに、女性キャラクターとなると異常に露出の多い服装や、スカートなどを混ぜた衣装になってるのを見ると思わず失笑してしまう。バトルものであるなら女性にもちゃんと全身に鎧を着せるべきだし、スポーツものであれば現代ではは使われていないようなブルマなどを持ち出すのはやめるべき。

・髪の長さについて。女性キャラクターの髪を腰や酷い時は床まで届くような長髪に描くのはやめるべき。常に短髪の男は分かってないだろうが、女性が長髪にすることは基本的には不利益しかない。メンテナンスも大変だし、頭皮には負担がかかっている。碌に宿にも泊まらないような冒険者一団の女性キャラクターけがツヤツヤの髪をしているのを見ると不自然に感じられてしまう。

2022-10-22

15年ほど前、あるスポーツプロを目指してた

!注意!最新のトレーニング手法とは著しく異なる可能性があります

一昔前の個人体験談と思ってお読み下さい

15年ほど前、あるスポーツプロになりたくて、毎日過剰なほど運動してた

どれくらいかというとこれは自慢だけど、普通に働きながら、当時の同スポーツに携わる世界中プロの平均以上は運動してた(定量的指標がある)

酷使する部位は毎日必ずアイシングーとか、食事トレーニング後30分以内にとるーとか、ストレッチウォームアップ兼ねた体操トレーニングクールダウン兼ねた体操ストレッチの順番で運動するーとか、ある部位が疲労骨折寸前って言われたら治るまでその部位にかかる負荷が少ない別のトレーニングを考えるーとか、筋肉超回復を前提にメリハリつけてトレーニングの内容を組むーとか、日によって負荷の違いはあっても、一日も休まずそんなことばっかり考えながら運動してた

ちょうどその頃は世間プロテインがーとか体幹がーとか言い出してた頃だった

プロテインは一時期飲んでたけど、俺の体質からかやたら体重増え始めたからやめた

体幹は、井上康生のダチとか自称してた怪しい奴に鍛え方を教えてもらって一時期やってたけど、なんか鍛えられてる感覚全然なかったからやっぱりやめた

あと筋トレも、自重使った最低限のやつしかやらなかった

俺のやってたスポーツがそこまで筋肉必要タイプじゃなかったってのもあるけど、何より筋トレ自体が嫌いだった

それよりはストレッチとか、縄跳びとか鉄棒とか、両腕使って石の遠投とか水切りとか、技自体はしょぼくても倒立とか左右の側転とか跳ね起きをどれだけ綺麗にやれるかとか、別のスポーツでいうと90分ジョグ後の100m3本(全力の6割、7割、8割くらいのイメージでやると慣らしてるつもりでもものすごく速さを感じるので全能感がやばい)とか、プールクロールするときの息継ぎを左右逆にしてみるとか、バドラケットを左右逆にしてみるとか、そういう「やってて気持ち良いこととか楽しいこと」を優先してた

(腹筋ローラーは友達に借りて面白かったからたまにやったけど、直立(直立じゃないや、前屈?)↔伏せのやつは腰から肩にかけての筋肉が足りなくてできるようにはならなかった)

ここまで読んでなんとなく分かったかもしれないけど、なんか左右どっちも均等に使えるようにしたいみたいな感覚が俺の中にあった

てかそれは今もある

俺のやってたスポーツ的には合理的な考え方だと勝手に思ってる

まあ結局のところ、「やってて気持ち良くて楽しいこと」を優先してたのも、プロになれなかった要因の一つなのかもしれない(当然才能もあると思う)

途中で何のためにこのスポーツやってるのか分からなくなって、だんだん運動しなくなってった

今ではどこにでもいる中年太りのおっさん

かといってその頃のことを後悔してるかっていうとそんなことはなくて、たまに仕事場ストレッチする(最近オフィスってなんかヨギボーとか置いてイキってるスペース多いじゃん、あそこでやる)と、太ったおっさん股間の可動域が思いの外広くて物珍しいのか色んな人がひと声かけてくれる

そういうのってちょっと楽しいよね

何が何に活きるかなんて分からんし、楽しけりゃいいのさ

電車あなたの隣の席でいびきかいてる太ったおっさんも、股間の可動域が思いの外広いかもしれないよ

2022-10-10

今作ったサッカー用語

スタビ スタビライズの略 地に足を付け体幹で安定

ハト 背番号8から起点を作れ ※アハトゥン(注意の意)と混同しないように

快速 小刻みなパス回しをやめろの意

チョク ボールを受けてすぐ3時か9時方向へ出す

2022-10-02

anond:20221002232031

茶道とか謡曲とかああいう「年取ったらやってみたい」って言われがちな和風趣味、年取ってから始めると和室で立ったり座ったりするのがすごいきつい。

読書老後の楽しみにと思ってる人いそうだけど、字が小さい本はむちゃくちゃ読みづらい。古めの岩波文庫とかだと紙が黄ばんで字とのコントラストなくなって特に大変。

ついでにいうとゲームも目がしんどい

楽器の類も、指先とか体幹の力を思いの外使うので、若いからやってない人が50すぎて始めても上達しづらい。体がきつくて辞めちゃう

基本的に「老後やろう」と思ってる趣味は、今やったほうがいい。

2022-10-01

anond:20221001221013

元自

俺の場合、立ち方とか歩き方から分かるのは精々「体幹しっかりしてるなあ」くらいだな

街中を歩く目的にもよるけど、スパイとかだったら都合の良いように隠したり見せたりするだろうから日常所作だけから実力を推し量るのは難しいんじゃないの

ちなみに、ジョギングしてる人を見たときに「あの走り方だと長距離辛そうだな」とか思うことはよくあるし、日常的に走り込んでる人は膝から下を見ればすぐ分かる

2022-09-24

釘宮理恵と治す四十肩

今春から右肩の調子おかしくなり、腕が上がらない。

整形外科で診てもらった結果、四十肩であると。

とにかく腕を労る予防的な動きを体が身に着けるまで、待つしかないとのことだった。

とはいえから短気だった自分体幹強化のためこなしていた水泳リングフィットもできず、鈍っていく一方の体に耐えられなくなるのは時間問題だった。

夏になる頃には「とにかくなんでもいいから体を動かすんだ、肩に負担をかけず…!」みたいな精神状態に。

色々調べたところ、「フィットボクシング四十肩改善しました!」というブログでのレビューがあちこちにあることを発見した。

「ブルワーカーで彼女が出来ました!」と何が違うのかと思ったけど、ボクシング肩に負担をかけないのは本当のようなので、お盆休み前に購入し、早速始めてみた。

結果は驚くべきもので、なんとチュートリアルをこなしている途中から、既に肩が軽くなっていくのが体感できるレベルだった。

ちなみに購入前に画像検索公式サイトの流れで、メニュー画面のガイダンスおよびトレーニング時の注意や合図をしてくれるインストラクターのうち、ジャニスという、元チアという設定の子に興味があったので、チュートリアル終了後早速変更してみた。

なおCVハガレン銀魂アイマスとらドラ!、更にはシャナゼロ使ハヤテなどで数々のキャリアを積み重ねてきた、あの釘宮理恵である

割と甘めでよく通る声はそのままに、かなり抑揚控え目な大人っぽい喋りというのが耳に心地よく、決して簡単とはいえないトレーニングの弾みになった。

しか簡単ではないとはいえ効果は相当なもので、トレーニングを通じて痛みが大きく軽減しただけでなく、日常生活でも肩が痛くならない筋肉の使い方というかコツを掴みつつある。

改めて実感したけどパンチは腕や手で打つものではなく、脚と呼吸で打つのポイントだと思う。

これが元来、運動神経問題のある自分にとっては結構難しいのだが、身に着けると体がブレなくなるので調子が上がるという感じ。

あと、日常生活で右肩に違和感を感じたときはすかさず小島よしおの「でもそんなの関係ねぇ!」の振り付けで腕を動かすと治ることにも気づいた。

おっぱっぴーまでするかは気分で決めていいと思う(自分はしない派)。

英語を学んでいる人は小島公認英訳版"It doesn't matter!"に変えるのもあり。

というわけで、今後も楽しみながら完治を目指そうと思う。

2022-08-25

酔っ払いの族車に押出しをくらって路肩衝突、腰椎骨折

病院から検査治療も渋られ「痛いわけない、姿勢が悪い」といわれる

保険会社は当然のように法定仮払金も支払わない

被害者支援窓口は被害情報収集しつつ、別窓口の電話番号を教える

そういう国だから、ひとまず粗末な体幹装具を自作

 

賊車には装置番号もついていると思うが、警察は知りもしない

ひとまず敵氏族障害は与えたが、自殺にも犯罪者にも追い込めずにいるらしい

日本死ね

2022-08-22

anond:20220822144324

内側から内臓のスペースが減る方がきついとおもう

筋肉体幹だけなら、臨月でもシルシアーサナ(ヘッドスタンド)をする妊婦もいるので鍛え方次第という側面はまあたしかにある

なのでマッチョ体験するならおもりつけるよりも焼肉食べ放題で3kg肉食ってトイレ禁止腹パンパン状態でうろうろする方が近いんじゃないかね 知らんけど

2022-08-19

トトロキャラの走り方

体幹すごいしっかりしてない?

2022-08-18

anond:20220818123602

男がおっぱい見るのと同じで、女も普通に職場で働いていても男の身体見てる。(無意識的かもしれないけれど)

見せびらかさなくても姿勢の良さや体幹の強さみたいのはパッとみてわかるもんだよ。

2022-08-11

熊本市の中坂

熊本市地図を久しぶりに見ていて思い出したことがある

あれは熊本大学法学部入学してしばらくしたころ、授業で裁判傍聴するから各々熊本地方裁判所に集合してねと担当教授に言われた

熊本市出身ではなく、この春に引っ越してきたばかりで道にも明るくない

しかし、携帯電話熊本大学熊本地方裁判所距離を調べると2kmほどらしい

まあ、自転車で行くかと朝方余裕をもって出発した

始めは悠々と自転車をこぎ、熊本市ってこんなところにも商店街があるのかと楽しんでいたが、坪井川を越えたあたりで異変に気付く

二股の道に分かれているのだがどちらも高台につながった坂になっていて先が見えない

左の坂は中坂、右の坂は新坂という

中坂は高台の頂点と麓を直線で繋げたもので、新坂は高台の外周に沿って上っていく形の坂である

どちらを選択するにせよ、ママチャリで登るのはかなりつらい坂だ

あの時の僕は遅刻するわけにはいかないとどこに続くかわからない新坂ではなく、とりあえずまっすぐいけそうな中坂を選んだ

運動からっきしだったが、そうはいっても10代の男子身体能力である

初めはペダルも軽く進んでいく

徐々に坂の傾斜に対して自転車の推進力が足らず、立ち漕ぎを強いられる

気づくと背中に汗をかいていて、坂の終わりは見えず、ペダルが重い割には推進力が足りず、左右にハンドルを切り進行方向を小刻みに変えながら、体幹バランスをとる形になっていた

そして地面に足をつき、目の前には坂があり、どうやらまだ坂の中腹だと気づく

坂の傾斜は変わっておらず、ママチャリにはギアも何もついていないので、ここから坂の上にペダルこいで登り始めることは不可能だった

からママチャリを手で押しながらこの坂を上らないといけない

平野部の生まれが初めて、「坂に負ける」という概念を知った瞬間だったように思う

梅雨前の暑い日で、さらに汗をかきながら坂の上の裁判所へ何とか歩いた

クラスメイトの多くは僕と同じように新坂や中坂、または一本外回り観音坂あたりから自転車で上ったと言っていたが、大学前バス停からバスで行った方がいいよという教授の話をちゃんと聞いていた人や地元の人はバスで来ていた

緩やかな坂を選択して大分遠回りできた人もいた

地図を見ながら、なんかそんなこともあったなと思い出し、オチのない文を書いてしまった

2022-08-05

巨乳について

碧山琴ノ若御嶽海貴景勝巨乳だと思う

御嶽海貴景勝は同じような巨乳

左右それぞれ外側に向かって張り出すような巨乳

琴ノ若は独特の形をした巨乳

鏡餅のような二段巨乳

碧山はとにかく巨乳

脂肪だと思われる柔らかい巨乳

この違いはなんだろう

元の体型で印象が違うだけなのか、鍛え方が違うのか

だいたい力士はどの程度胸を鍛えるのだろうか

下半身は皆ガチガチに鍛えてるだろうが

首や腕も当然みんな鍛えているだろうな

腹というか体幹を鍛えるのもよく聞く、腹筋が割れているのは千代の富士くらいだけど

腕を鍛える以上ノータッチということはないだろうが、胸筋を鍛えるトレーニングとかってどの程度やるのだろうか

あと胸の大きさは有利不利に関係するのだろうか

腹が出ている力士は有利なのはわかる、腹が邪魔で回しがつかめない話もよく出る

胸も同じように相手の動きを邪魔するのだろうか

でも運動するときに胸が暴れると痛いというし、むしろ自分の動きの邪魔になっている気もする

悩ましいな、人体はすごい

というか俺は昼間から何をかんがえているんだ……?

2022-07-29

anond:20220728222953

ネグレクト組織的に行われているのではないかと思う

うちも妻のほうがカネもちの状態統一ではないが外国由来の信教を持ち、父親は親戚に士業がいた

父親洗脳されかけていたが、生来の人好きの性格オタクいやノブレス責任感を死ぬまで持っていて妻には手を上げることもなかったので、逆に妻から迫害され、自分反面教師だと意味深なことをよく言っていた

子の私は妻から妻を受取人とする生命保険を非通知でかけられ、その10年後には運転中に体当たり押し出し轢き逃げ事故あい体幹を負傷

しか警察轢き逃げを記録し本人が自白していても検察裁判所は取り上げずに済ませ

私が急ブレーキを踏んだから事故になったように思わせている

相手から民事裁判を訴えられても信用できそうな弁護士契約できないし、裁判官保険会社で酷い和解案を出してくる

いわゆる組織的迫害です

のちに生命保険の件が明らかになり証拠が出始める

しか父親高齢になり栄養失調で体を弱らせられた

妻は裁判の予定を知っているかのように電話攻撃をしてくる

 

事件を逆に追ったら幕末から保険会社創始期にまで遡った

いわゆる組織的テロではないかなと思います

2022-07-24

anond:20220723234710

エクステンションであってるぞ。大臀筋

腰まわりの筋肉でなく、体幹を人並みに持っていく。

だいたいの人はほんまに筋肉いからな。

なので簡単にできる腰痛予防の説明

一般人想像する腹筋・背筋・ストレッチになる。

トレーナー付けたトレーニングとか、既に腰痛めた後のリハビリになるともっと絞るけど。

数年前までのスポーツ医学知識なんで最先端ので変わってたらそれはすまん。

2022-07-22

anond:20220722091103

あの作品の女社長体幹しっかりしてるから肋骨抜いたらだめでしょ。読んでないな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん