「パニック障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パニック障害とは

2021-04-30

流行りの弱者男性について

弱者男性って別に弱者から優遇してほしいわけじゃなくて「男性の中にも弱者はいる」って事を認めてほしいだけだと思うんだよね

実際に何かしてほしいというよりも存在を認めてほしい人って弱者男性以外にもいると思うよ

例えば知的障害を伴わない発達障害とか、パニック障害とか、うつ状態とか……etc

社会の中で取り立てて弱者とされていなくても日々生きづらさを感じてる全ての人が救われるとまでは行かなくてもその存在を認めてもらえる日がいつかやってくることを願っている

2021-04-27

マスクの息苦しさのせいでパニック障害になってしまった

総務に相談したらマスクは付けてくださいねで終わった

2021-04-09

入社メンタル悪化しました

4月1日入社しました。


その2日後の4月3日(土)、友達と遊んでいたところ2年半ぶりくらいにパニック発作が起きました。(大学1年の時にパニック障害になり、大学は5年で卒業しました)

この時自分的にはそんなにダメージはなく、入社からずっと緊張していたのでついに来ちゃったかーという感じで謎に落ち着いていました。発作の対応には慣れていたので、テキパキ薬を飲んで飲み物を飲んで飴を舐めるといういつものルーティンをこなしました。帰りは地下鉄普通に乗れました。




しかしその後、家にいても外にいてもソワソワがおさまりませんでした。

幸い仕事は在宅だったのでなんとか研修は受けられました。


そして、昨日と一昨日も同じく在宅。

しかし夜にパニック発作がまた起こりました。

そろそろやばいなと思ってきて、夜布団の中で、今後ちゃん会社に通えるのかなとか、体調不良の中ついていけるのかなとか不安が押し寄せてきてさらに具合が悪くなるという悪循環



今困っていることは以下の通りです。

・緊張状態が続いている

パニック発作(家でも起こる)

・予期不安

・この先仕事ちゃんとできるかどうか

せっかく就活して入社した会社なので休みたくないし辞めたくないし不安100%で泣きそうです。会社には症状が2年以上出てなかったのでパニック障害のことは言ってません。

とりあえず明日病院行くので相談してきます

2021-03-22

よろしければ参考にしてください anond:20210322171520

生活保護受けたり抜けたりの精神障害手帳持ちアラフィフ男性10歳年下の子持ちの働く女性結婚する予定

なお、アラフィフ男性財産は無い

しろ生活保護受けたり抜けたりしてるのに身内・知人に借金はある

自分も200万くらいアラフィフに援助してるし、アラフィフ兄弟姉妹に至っては2000万以上は軽く援助している

 

ちなみにアラフィフ事業に失敗したりはしていない、家族難病の者がいたりもしない、博打もしない

アラフィフ生活能力が無く、よく詐欺られたり、収入に見合わない契約をしたり、

メンタルが不調な上に身体も弱くて生活保護抜けたタイミング入院退院を繰り返したりで、いつでも金が無いのだ

 

けれど、そんなアラフィフのどこが刺さったのかは知らんが年下の子持ち女性は彼と結婚するらしい

 

自称結婚したい・恋人が欲しい人 と このアラフィフの違いは、人間が好きかどうかでしょうね

 

このアラフィフは油断すると過呼吸起こすレベルパニック障害持ちだけど

人間がとにかく好きでいつも誰かと一緒に性別わず暮らしてた

メンタル障害持ちなのでプライベート空間を持てない状態で誰かと暮らすのは

非常にストレスなはずなのだけど誰かと暮らす喜びがまさった模様

もちろんフツーにトラブルは起こしていて、都度、アラフィフ兄弟姉妹自分金銭的尻拭いをした

 

仕事にしても同様である医者に働ける状態では無いとお墨付きを貰うレベルなのに

職場で誰かと話をしたり関わったり、稼いだお金で人と交流をする喜びが、精神身体苦痛を上回った模様

もちろんフツーに職場で倒れたり、アレなアラフィフを受け入れる職場ブラックだったりで、

様々なトラブルを起こしては、都度、アラフィフ兄弟姉妹自分金銭的尻拭いをした

 

自称 結婚したい・恋人が欲しい人は、言うほど人間が好きか?

2021-03-13

anond:20210313095710

ネットで生きづらさを感じてる系人間が吹き溜まるだけで

実態として数はそんな変わってないと思うぞ

増田見ればわかるがパニック障害躁鬱病発達障害とかコンサータモリモリ飲みながら副作用に苦しんでまでリアル社会に出るって相当心身的な負担だしな

2021-03-05

anond:20210305173937

はいはいよかったね😒

なんで百合豚が嫌いなのかも書き連ねたいわ

なお、ビアン自称する腐女子レイヤーV系バンギャについては闇が深過ぎで精神的にくるのでノータッチにしておきます

 

男が好き過ぎると矛盾の固まりくらいは気軽に書けるけどね

 

腐女子(BL愛好家・性別女)イメージを悪くしている原因ランキング

 

第5位:SPA!とかが喜びそうな男が好き過ぎるメンヘラ存在

 

 

 

 

 

第3位:ミサンドリストホモフォビアミソジニスト女性の権利についてネットで語りたい既婚腐女子婚活腐女子存在

 

 

 

 

  • いわく、女は弱く様々な手段で男に縋って生きるほかないとのこと。

 

 

2021-02-07

娘との別れ

自分には結婚して3年になる妻がいる。

妻は発達障害だし、結婚した当時は割と重めにうつ病だったし、そこにパニック障害もあった。

まり自分は「理解のある彼氏くん」というやつだった。

そもそも結婚したのはもちろん「この人となら~」とか「愛しているから~」とか、そういったことはあるけど、それ以上に、それ以上に医療福祉面で家族でないと介入できないことが多すぎたから...という事情が大きい。

当時の妻の家族、両親にはそれを求めるのが難しかった。

そういう事情での結婚生活大袈裟ではなく子育てだった。

まず、彼女は分離不安が強い特性があった。だから、私が1人で仕事に行っている間、不安からパニックになることもあった。

それを薬と、それから認知療法的に...居なくなっても必ず帰ってくるという実績を積み上げて自信につなげていく...1年くらいかかったかもしれない。

次に、些細な失敗でもパニックや過度な不安、落ち込み、希死念慮につながる。

家に帰る前に「洗濯物をしておいて欲しい」と電話した。妻は洗濯した。けれど、洗剤を入れ忘れたことに気がついた。

家に帰ると泣きながら寝込んでいた。次の日にも泣いていた。

それを自分でやり直しながら「そんな落ち込むことじゃない」と教える。。。これも1年くらいかかっただろう。

そして、パニックODにつながる。

不安から、落ち込みから、色々なことから発作につながる。

とてもとても不快な発作から彼女は逃れようと、手元にある薬を何錠も何錠も飲む。

それを防ぐために、朝・昼の薬は分けて渡す。他は自分が持って会社へ行く。。彼女の心の支えを奪うのはいささか気が引けた。

けれども、パニック改善しないし別の問題を引き起こす以上耐えるしか無い。パニックはいつも耐えるしか無いのだ。

...と雑に書けばそんな結婚前~だいたい結婚1年目。

僕と医療と妻で頑張ったことが多少報われた。

パニックの頻度は減り、パニックとの多少マシな付き合いを覚えた妻はODしなくなり薬を任せられるようになった。

分離不安は、不安ときは自ら「ちょっと話せないか?」とこちらの都合も考えながらも、必要最低限の支援でやり過ごせるようになった。

失敗も...失敗はいっぱいだけど笑って「ごめんなさい」と言うまでになった。

そんな成長は次の段階になる。

「家にいるのはもう嫌だ」

「家にいてももうすることない」

「独りぼっちで家にいるのはもう嫌だ寂しい」

僕はひどく混乱し落胆した。

家にはきちんと帰っているから寂しい思いはさせていないつもりだったし、なにより「家にいるのはもう嫌だ」と、それが何よりも傷ついた。

妻はどうして家を拒絶するようになったのだろうか。

場所がなかった妻に居場所を精一杯作ろうと努力したし、独りぼっちも極力回避してきたつもりだった。それなのに...と。

僕と妻は何度も何度も話し合った。

そして、1つの結論に辿り着いた。

「親離れの時期だ」と。

赤子はいつか歩き始めて幼児になる。

幼児はいつかまだ見ぬ世界を求めて、親の腕から離れて歩き始める。

最初は1歩だけ。怖くなって帰ってくる。けれども次の日には2歩。。。と。それが結果的保育園でも良いし幼稚園でも良い。

いつしか、親の居ない時間自分だけで過ごして新しい世界謳歌していく。

妻にもそんな時期が来たのだ、と。

とはいえ理解必要だし...。と、物は試しに就労継続支援を利用することにした。

これが効果覿面だった。

最初数ヶ月、妻は自分から「行きたい」と行った割に拒んだ。

不安パニックも再発した。それでも理解のある職員さんに支えられながら着実に通える日を増やした。

いつしか、朝の送り迎えは不要になった。妻は自分バスに乗って通うようになった。

そこまで来ると妻にも私にも分離不安なんていうことは過ぎらなかった。

パニックになりそうなとき自分から休憩するようになった。

落ち込む日には落ち込む理由を探せるようになった。天気、昨日の出来事、体調...etc

着実に妻は成功と成長を重ねた。

それが結婚2年目の話。

そして3年目。

今までのこと以外にもなんやかんや色々とあった。

妻の家庭(実家)に、余計なことと思いつつ介入しある程度正常化したり、

時には眠れない妻に付き合い一晩起きたり。

何より妻以上に不安だったのは私だった。

「良くなるのか」

自分のしていることは正しいのか」

そんな葛藤の日々だった。

頼れる人も少なかった。

今では当たり前のように幸せな人並みの夫婦生活がそこにある。

それでも、ここまでの私の苦労は人並み以上だったようだったらしい。

私の身体悲鳴を上げていた。

時には、、、あるいは1年目なんてほぼ毎日、、、お酒で寝てしまっていた。

ストレスから不眠だったし髪も抜けた。

その悲鳴に気がつく余裕ができてしまった。

妻の成長は自分身体悲鳴をより強調した。

「なんでこんなことになってしまったんだ」

「なんでもっと早く自分悲鳴に気がつけなかったんだ」

自分のことを後回しにした自分が悪い」

気がつくと、私は妻にたくさんたくさん泣きついていた。

そんな日々で今までの自分と妻を振り返った。

「本当に大変な子育てだったね。ごめんなさい。お疲れ様でした。

今日から夫婦になろう。一緒に頑張ろう」と、妻が言う。

今この瞬間、僕は娘と別れた。

そして改めて妻と2人で歩もうと決めた。

ひとまず一緒に自分の体をしっかり癒やそう。

かなり早い第二の人生スタートはそんな感じ。


いっぱい端折りました。推敲もしていなくてごめんなさい。

ひとまず今日書きたかたことをしたためておきました。

2021-01-25

異常な女性ファンの起こした事件まとめ

ジャニーズJr.

ジャニーズJr.メンバーメールを交換していると噂が立った14歳少女に対し、

熱烈なジャニーズファンの18歳少女2人が拳で顔面や腹部を約20発殴る暴行を加え逮捕された。

少女2人は調べに対し、「ファンルール違反したのだから、やられても仕方がない」とコメントした。

 

草野マサムネスピッツ

統合失調症美人OLに8年間ストーカーされ続け、精神病み公演中止になる等の被害を受けた。

ストーキングの内容は郵便物あさり使用済み生理ナプキン送りつけ、自分撮りわいせつ写真の送りつけ、

スピッツ公式HP掲示板への自慰動画貼りつけ、既婚女性板での支離滅裂結婚宣言

なぜか「婚約破棄」を理由一方的損害賠償1億円を要求するなどの奇行

 

細美武士(元・ELLEGARDEN

メールアドレスを入手し、「あなたが生きていることが許せない」「ライブを潰す」といった内容のメール

尋常ではない量送り付けてくる女性ファンが現れる。

被害届を出したところ自殺未遂。その後もストーキング嫌がらせは続いている。

 

藤原基央BUMP OF CHICKEN

藤原自殺しろ、でないと××幼稚園園児誘拐する」という脅迫犯行予告ネット上で繰り返し、

実際に千葉県園児を連れ去ろうとした熱狂ファン現行犯逮捕された。

ネット上では脅迫と並行して自分本名や住所、携帯番号を書きこんでいた。

 

タッキータッキー&翼)

「私は大天使ジブリール悪魔タッキーをおびきだす為に地上に降りてきた」

タッキー死神」「タッキー天災を起こす可能性があるが、自分被害者を救済する」と真剣に語るストーカー

コンサート会場でタッキーリンゴ差ししたことで「リンゴ女」として一躍有名になった。

現在埼玉精神病院措置入院している。

 

有吉弘行

「この間のテレビで私に向かって微笑んでくれてありがとう」「私のことをいつも意識してくれてるんですね」

有吉さんの子供が欲しい」「キスしたい」「愛している」といった内容のリプライ有吉に対して送り続けるブスおばさん。

有吉ツイッターストーカー複数人居るが、基本的に皆ブスおばさん。

 

ユンホ(東方神起

東方神起熱狂ファン20代前半女性)が「私が苦労をしているのにTVユンホが笑っているのが憎い」と逆恨み

スタッフのふりをしてバックステージ侵入、毒入りのオレンジジュースユンホに笑顔で手渡して飲ませた。

ユンホは嘔吐して病院搬送され、対人恐怖とパニック障害を患ったが、オレンジジュースを大量に飲む荒療治で克服した。

犯人反省が見られたということで、起訴は見送られた。

2021-01-24

全般不安障害友達

友達が数年前パニック障害になった。

学生時代友達で、今でも仲良くしているので、出かけたりするときのこと(映画館とか長距離移動とか)の都合で、私含む数人のグループに打ち明けてくれた。でも学生時代と違って毎日顔を合わせられるわけではないので、直接その症状に接することはなかった。彼女自身から詳しく話をしてくることもなかった。

後悔しているのは少し前のことで、

彼女が、数年前のそのとき電車に乗っても一駅ごとに降りてまた乗って本当に辛かった、という話をぽろりとしてくれた。(話の流れとしては、仕事の話かなんかしていて、私が実は前精神的にちょっと追い詰められて自律神経いかれてた、みたいなことを笑って話した。だから激務とか無理すぎ〜みたいな。)私が話したことに対して彼女は本当に優しくそれはしんどかったねって言ってくれたのに、それに応じて彼女がした話に私は寄り添えなかった。彼女のその苦しみを思ったらなんかうまいこと言えなくて、むしろへらへらして流してしまった。

些細なことだけどそれをずっとものすごく後悔している。

私は彼女のことが本当に大好きで、もっともっと彼女のことを全部知りたいけれど、彼女性格的になんでもかんでも話す感じでもないのかな、って思っていた。

ももしかして私はいつも自分のことばかり話して聞いてもらって、彼女の話には寄り添えなくて、そんなの本当にクズだなと思った。どうしたら正しく人の気持ちに寄り添えるんだろうな。

2021-01-07

anond:20210107141246

セックス依存症なかには、痴漢露出依存するタイプもいて他人迷惑を被ってると同時に犯人も内心では苦しんでたりするんやで

女で加害行為しないやつも、援交やらに依存して「自分身体を大切にする」が出来なくなると、犯罪に巻き込まれリスク、望まない妊娠二次障害としてうつ病パニック障害を引き起こすことになる

そもそも依存症じゃ、本人は「辞めたいのに辞められない」状態になってる場合が大半だし、ストレスフルなもの

君が問題視してる性の抑圧によるストレスと同様、セックス依存症ストレス存在する

2020-12-30

理解はないが理解のある彼くん

私はうつパニック障害メンヘラってやつ。

今の彼氏とは付き合って2年になる。

私がパニック発作を起こしてうずくまると背中をさすったり、過呼吸になるとレジ袋をカバンから出して

「はーい大きく吸ってー、吐いてー」

とかしてくれるし、頓服飲むための飲み物を買ったりしてくれる。

うつ調子悪くてデート行けない、と連絡すれば、俺がいなくて大丈夫か?家に行こうか?と聞いてくる。

多分これが「理解ある彼くん」というのだろう。

ただ、彼は私がどうしてそうなるのかは興味や関心がない。持病がある彼女だとは思っているんだが、その病気が何であるかはどうでもいいらしい。

ただ、つらそうなら辛い時に人にされて助かることや、自分ならこうして欲しいということをしてるだけで、メンヘラからこうやってケアしようとか考えたことがない、と言っていた。

うつパニック障害についてネットで調べはしたが、ただの病人くらいに思っているそうな。

病気には「理解がない彼くん」なのである

私は彼氏の「助ける方法理解があるが病気理解がない」ところが好きだが、世間でいう「理解のある彼くん」て、病気にも助け方にも理解があるべきなのかな?

2020-12-05

anond:20201205133608

数年前パニック障害だった。でも精神科心療内科?に行って治ったらしい。

今も継続して通っていて安心できる薬とか睡眠薬とかは出してもらってるみたいだけど…

anond:20201205133239

うちの母も同じような感じ。

最近病院パニック障害と診断されてた。

一度見てもらうといいかも。

2020-11-30

結婚ってそんなに良い物なんだろうか?」と思ってしま理由

結婚に対して、思った事を思うまま日記に書き記していきます

はじめに、私は今現在誰かと結婚している訳ではありません。

結婚という物に憧れがなかった訳ではないけれど、ある時期に「あ、私にはきっとこれは無理だ」と自然と悟るようになりました。

人間が最も身近に知る結婚している人間というのは、自分の親だと思います。私にも両親が居ました。

両親は夫婦として数十年生活を共にして、離婚こそしてはいなくてもお世辞にもあまり夫婦仲が良好だったとは言えませんでした。

私が小さい頃に私は良く知らない理由家庭裁判所のお世話になった事も、数年別居していた事もあったそうです。

世の中には様々な事情で片親だったり親が居ない家庭で育った方も居ると思います

そういう人達の中には、自分が親の愛情を知らないからこそ誰かと幸せな家庭を築きたいという強い願いを持つ方も少なくないと聞いた事があります

私は両親のどちらも欠ける事の無い家庭で育ちましたが、両親の姿を見て結婚夫婦が素晴らしい物だとはとても信じられませんでした。

父は私の目から見ても父の母、私から見れば父方の祖母とべったりでいつも伴侶より自分の親を思いやり大切にしているように見えました。

母はそんな父の事が嫌だったらしく、性格の合わない姑と時には掴み合い殴り合いの喧嘩までする事もありました。

から見れば父も母も祖母も皆大切な家族なのに、三人にとってはそうでもなかったようでした。それでも、三人とも私には優しかったです。

父は変則的勤務形態関係で、毎日家に居るという事がありませんでした。朝に家を出て、次の日の朝に帰ってきた父は疲れて良く自室で寝ていました。

休日自分習い事旅行に使って、自分パートナーに対する家族サービスを行う事はあまり無かったと思います

時々父と母が二人で旅行食事に行ってもどうしても意見性格の不一致から喧嘩を始めてしまうので、もう関わる事が嫌だったのかもしれません。

母は父に対する恨み言をいつも言っていました。私は母と過ごす時間が長かったので、その母の恨み言を疑う事なく受け止めていました。

その恨み言の真偽は私が生まれる前の事や記憶曖昧な幼少期の物も多いのでよく分かりませんが、概ね母の言う通りなのだろうと思っています

母は結婚してから何度も父に裏切られたと言い、父と結婚した事を後悔しているように見えました。別居の事もそうですが、離婚真剣に考えていたようです。

私は母に「もう父さんと離婚したいけどどう思う?」と聞かれた時、「お願いだから離婚しないで」と泣いて言いました。私は家族は仲良く暮らす物と信じていて、離婚したらもう父とは会えなくなると思ったからです。

ひょっとしたら一番の理由は母が父と離婚したら、きっとこれから生活に困窮するかもと心配だったからかもしれません。まだ義務教育を受けている最中だった私は、学校を出てすぐに働く自信がどうしてもありませんでした。

私が強く反対した事で母も思い留まってくれましたが、それからも母は嫌っている夫と姑と同居する生活を送らなければなりませんでした。私の我が儘のせいであの時母の人生を棒に振らせてしまったしれない、と今でも思っています

私は物心が付いてから数年間、父が傍に居ない生活を送っていました。夫と別居をしている間母は地元に戻っていて、私にとっては母方の祖父が数年だけ父親のような存在だったのかもしれません。

どういう事情があってか母がまた父の元に戻って、そこで初めて自分父親意識した気がします。確かに自分父親である筈なのに、何故か少し距離を感じました。

「この人は自分父親なんだろうな」と思っているのに、どうしても「この人は本当に自分父親なんだろうか?」とも感じずに居られませんでした。

父は私の母はともかく、自分の子である私は可愛がってくれました。私に父から怒られた事はあまりありませんし、自分でも居心地が悪いと思うほど甘やかされました。

祖母自分の孫である私は可愛がってくれました。母と折り合いが悪かったらしいですが、私にとっては優しいお祖母ちゃんでした。その事が、母には私を取り込もうとしているように感じられてとても不愉快だったそうです。

父には母の他に好きな女性が居たらしく、その女性と遊びに行くのに幼い私を連れて行った事があったそうです。もし母と離婚したらその女と再婚する気だったのだろう、と母は言っていました。

私は幼かったので覚えていないのですが、父に連れられてその女性と遊んで家に帰って来た私が「今日知らないおばちゃんと一緒に遊びに行って一緒にお風呂にも入った」と言った時、家の中の空気は凍りついたそうです。

母も父が浮気している事は勘付いていたらしいのですが、まさか子供浮気相手の所へ連れていくとは思わなかったし、まず間違いないと思っていても疑惑確信に変わるのはとてもショックだったらしいです。

その事が原因で母は父と大喧嘩し、それが数年間別居する原因だったそうです。私は物心が付くか付かないかの時期にも余計な事を言って母を苦しませました。

母は父の元に嫁いでから、折り合いの悪い夫と姑と小姑に囲まれ精神的にとても追い詰められていたそうです。ある時パニック障害発症してからは、母は薬を飲まずには外出も出来なくなりました。

そこまで母を追い詰めた父と祖母は、少し前に亡くなりました。祖母は年齢相応に老衰で亡くなり、父は自分母親が無くなったショックからかその数年後に後を追うかのように癌で亡くなりました。

私は聞いた事が無かったのですが、本気か冗談か父は若いから母に「もしお母ちゃんが死んだら俺も死ぬ」と言っていたらしく、そこまで母親にべったりくっ付いている事も伴侶であるからしたら面白くなかっただろうな、と思います

父は進行性の癌でじわじわと弱っていきました。病院は嫌いだ、手術なんて嫌だ、延命治療なんて絶対しないという主張を曲げず癌が発覚した時からまり病院には行かず自宅で過ごす事を選びました。

体に癌が出来た父は固形物が喉を通らず、柔らかい物や液体以外は口から物を入れる事が出来なくなりました。体もどんどん弱っていき、最後は寝たきりで自分の力で喉に詰まった痰を吐く事も出来なくなりました。

母は、こういう事は子供には任せられないと、お風呂に入れない父の体を拭いてあげたりトイレのお世話をしていました。その時期になってから父はよく母に「すまんなあ」と言うようになったそうです。

その後父は日本人の平均年齢よりずっと若く、年金受給出来る年齢になる前に亡くなりました。本人の希望通り自宅の自室で穏やかに逝く事が出来ました。安らかな表情に見えました。

祖母が亡くなった時も、父が亡くなった時も、母は泣いていました。幾ら恨みがあっても長年一緒に暮らした人が死ぬとどうしても涙が出てくると、母は言っていました。

こうして私の母は数十年連れ添った夫とその母と死別しました。父は平均よりは大分早く亡くなりましたが、それでも自分の生きたいように生きられた満足な人生だったんじゃないかな…と私は思っています

私は母に「お父さんと結婚した事を後悔していないの?」と尋ねた事があります。母は「結婚する相手は間違えたかもしれないけど、私は子供が欲しかったし、今自分分身がこの世に居るから満足している」と答えてくれました。

そう言ってくれる事は子供としては救われるような気持ちになりますが、私には父と連れ添った母の人生がとても幸福とは思えませんでした。物心が付いた時から、私は母の夫と姑への恨みを聞いて育ったからです。

私は父と祖母には甘やかされて育ったので、自分感情としてはどうしてもこの二人を嫌う事が出来ませんでした。ですが、母の視点から母がされた事を考えると、父と祖母は母にとって良い人では無かった事も分かります

母は一度友人や父の知り合いに自分の悩みを訴えた時、「まさかあんな良い人がそんな事をするなんて嘘でしょう?」と信じてもらえなかったそうです。父は人付き合いが上手く、外面もとても良かったらしいです。

私も父とは距離を感じながらも、自分に優しくしてくれる父の事は嫌いにはなれませんでした。何だかこの人に親しみを感じるな…と思ってしま男性はいつも、父と同じように煙草匂いがして眼鏡をかけている人でした。

子供が出来たから満足だ、と言ってくれましたが私には母が父と結婚した事で人生台無しになった人のように思えてなりませんでした。母は今でも、父は付き合い始めてから子供が生まれるまでは優しかった、とも言います

父に母以外に好きな人が出来たのは、性格の不一致だったり夜の営みだの相性だったり、何か事情があったのだろうな…くらいの事は思えますパートナーに不満が無ければ、簡単浮気などしないような気がするからです。

から見ると母も父も祖母もそれほど悪い人には思えませんでしたが、この三人が嫁と夫と姑という関係性になると途端にギスギスと険悪な関係になってしまう事が不思議でした。何で結婚したんだろう?といつも不思議でした。

ところで私には年の離れた姉が二人居て、姉達も結婚をそんなに良い物とは思っていないようでした。この姉達は私が生まれる前、父が一番血気盛んだった時期に生まれたからか、父に虐待のような事もされた、と言っていました。

何故末っ子である私だけが甘やかされたのか、父も年を取って落ち着いたのと、二人の姉が母と一緒に私の面倒を見てくれて相対的に私が一番手のかからない子供だったから、という理由が大きいのだろうなと思っています

私達は煙草の煙を吹きかけられたり煙草の火を押し付けられた事もあるのに一人だけ甘やかされて良いね、と姉達に言われた事があります。父が生きていた頃、私一人だけ贔屓されたという事に罪悪感を持っていました。

この姉達も結婚という物に不信感を持っていて、特に一番多感な思春期父親浮気していた事に酷く傷ついて、父親男性に対して強い不信感を持ったそうです。私達はきっと結婚なんかしないんだろうなぁ、とも話していました。

その姉が、父が亡くなる前後に二人とも結婚しました。「え?」と思いました。だってお姉ちゃん、二人とも結婚なんてろくでもないって言ってたよね…?何で…?と思いました。

二人とも数年間お付き合いしていたお相手が居て、アタック男性の側から行ってきたそうです。妊娠を機に籍を入れたとかで、今では二人とも子供が居ます。私にとっては甥姪になります

姉達のパートナー家事育児も手伝ってくれる優しい人のようで、そういう意味では父とは真逆の人だと思います。父以外の夫・父親を知らない私には、そういう男性が居る事が少し信じ難い気持ちでした。

結婚したって、どうせすぐに相手の事を嫌いになって、違う人の事を好きになって、それから離婚するなり仮面夫婦を続けるなりどっちにしてもも夫婦には愛情が無くて…結婚って、そういう物じゃなかったの?

自分結婚して欲しい」と言ってくれる人が居れば、結婚したくなる物なんでしょうか。私が結婚という物にどうしても肯定的になれない理由は、私には結婚なんて無理だよな…という諦めがあるからかもしれません。

2020-11-13

anond:20201109175008

それはパニック障害かいうやつかもしれないけど、

それは病であって、その患者障害者とは呼ばないだろ。

他のトラバでも言われてるけど、ちょっと昔だったら、

頭悪い奴くらいの扱いだよね。

障碍者手帳を持ってる人たちからすれば、障碍者バカにすんな

って言われそうな気がするよ。

2020-11-07

腐女子(BL愛好家・性別女) のイメージは割と悪い

ヨガと同じく人口が多いからいろんな人がいて然るべきなんだけど

メンヘラばっかり目に入って良いイメージ無いんだよな

 

  

腐女子(BL愛好家・性別女)イメージを悪くしている原因ランキング

 

第5位:SPA!とかが喜びそうな男が好き過ぎるメンヘラ存在

 

 

 

 

 

第4位:BLポルノ原作改変に感覚麻痺していつでも垂れ流す腐女子存在(非格闘派)

  • 悪気は無いのだろうけどね。

 

 

 

 

第3位:ミサンドリストホモフォビアミソジニスト女性の権利についてネットで語りたい既婚腐女子婚活腐女子存在

 

 

 

  • いわく、女は弱く様々な手段で男に縋って生きるほかないとのこと。

 

 

 

 

第2位: BLポルノ原作改変に感覚麻痺していつでも垂れ流し+萌えエロ積極的に食って掛かる腐女子存在(格闘派)

  • 説明は要らないよね?

 

 

 

 

 

第1位: 謎ルールを内外に振りかざす腐女子存在

 

 

2020-11-03

お互い正社員で、共働きでいようねと言って結婚した。

でもその直後に夫が鬱病発症。毎週通院するようになって、会社相談なしで辞めてしまった。

夫は鬱病理由に一日中ネットをしているので、家事も私が全てやっていた。

二人分になった生活費を稼ぐため(共働き前提の価格帯で広い家に引っ越したので、家賃負担が大きかった)なるべく仕事をうけて長時間残業させてもらい、家事もこなしてヘトヘトだった。

そんな中で夫婦生活を誘われたので「平日は体力的に辛いか休みの日にお願い」と断った。

夫、大激怒。怒鳴りながら家の物を壊して暴れた。泣いて謝ったが口をきいてくれなくなり、寝室も別になった。

そんな生活半年続けたころ、夫の服を洗濯しようとした時にポケット確認をして風俗名刺発見

抜け殻のような気分だった。何のために働いて、家事をしてきたのか、わからなくなった。

独身時代貯金探偵事務所に依頼すると、風俗だけでなく複数女性と待ち合わせしてホテルに行っていたことが判明。

出会い系サイト援助交際希望女性を探して会っているのではないかという話だった。

証拠を持っていって弁護士事務所離婚相談に行った。

から離婚を切り出すと夫婦生活を断ったときのように暴れられるのではないか相談すると、

全て弁護士を通してやり取りしていいと言われたので、夫が寝ている間に荷物をまとめて予告無く出て行くことにした。

それから一度も夫に会っていない。

夫は絶対離婚しないとゴネており、弁護士にも電話での暴言脅迫を繰り返しているようだ。

私は夫に見つからないようウィークリーマンション転々として生活している。

お金がかかる生活をしているのに財布のお金の減りが遅いので、夫が私の財布からお金を抜いていた可能性が浮上した。

そのお金風俗援助交際していたんだろう。既婚者の皆さん、面倒がらずに出納帳をつけたほうがいいですよ。

また夫に見つかる恐怖からパニック障害発症し、心療内科に通っている。今のところ薬のおかげで業務に支障は出ていないが、毎晩のように夫に見つかり暴れられ物を投げつけられる夢を見る。

上司や同僚とも仲がいいので今の職場を辞めたくはないが、出勤時や退社時に夫に捕まるのが怖いので同業種での転職を考えている。

実家は持ち家なのでそう簡単には引っ越せないが、夫に怒鳴り込まれいか不安だ。両親に戸締りだけはしっかりするよう注意してはいる。

 

私は心の底から結婚を後悔しています

すべては私の男性の見る目の無さが原因だと思います

異性を見る目に自信がない方は、本当にこのまま結婚して大丈夫なのか、

もう一度よく考えてみて欲しいと思います

こんな思いをするのは私だけでたくさんです。

2020-10-23

思い返してみたら自分の体はとっくにボロボロだった

中学生の頃、摂食障害と肋間神経痛になった。

大学生の頃、パニック障害で通学の電車に乗れなくなった。

親に心療内科に無理矢理連れて行かれ、自律神経失調と言われた。

社会人になった今、過敏性腸症候群に悩まされている。

肋間神経痛とパニック障害は今でも忘れた頃に突然やってくる。

たぶん自分よりもしんどい人はたくさん居るんだろうし、結局は自分メンタルの弱さなんだろうけど。

結局治らんと治療から逃げ出した反面、時々思い返して嫌になる。

2020-10-15

anond:20201015000645

マジか。でも一応ググるとこういうオンラインクリニックは日本でも見つかるぞ

下記のクリニックへ行ったら?とか下記クリニック全面的賛同するという意味ではなく、

原則的薬物療法効果は疑わしいと考えている。生活スタイルを直し身体的な健康度を高めるべくレジリエント生活食事療法を行う。

マインドフルネスレジリエンス療法を行う。』

みたいな、薬出しときOKっていう認識じゃないクリニックも一応日本にもあるようだよ

 

身体醜形障害美容整形セカンドオピニオン、外見・美容の悩み、生きる悩みなどの心療内科美容精神科形成外科を行っております

https://www.biyouseisin.com/

 

あと認知治療やってるNPOオンラインカウンセリングやっているようだよ

ステップ認知行動療法カウンセリングルーム市川

http://npo-steps.sakura.ne.jp/

 

 

日本でお薬出しときますねーで終わらない、臨床やっているかつ脳や腸からアプローチの本を出している

精神科医はパッとググった限りでは下記くらいだったな。流石にもう少しいると思いたいけど


脳と栄養ハンドブック

http://www.science-forum.co.jp/books/0308.htm

 

新百合ヶ丘総合病院

http://www.shinyuri-hospital.com/department/44_seishinka/doctor.html

 

あとは医師自身経験(精神科自身鬱病だった) や 長年臨床をやってきた知見からみたいなのが多かったな

 

  • 医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

https://www.amazon.co.jp/-/en/%E8%97%A4%E5%B7%9D-%E5%BE%B3%E7%BE%8E/dp/4908925593

 

甘いもの炭水化物の過剰摂取を辞めるだけで、精神症状は1~2割程度良くなることは充分に考えられます

ただし、血糖値精神症状に影響を与えているということを認識しながら治療に当たっている精神科医は少ないです

私が分子栄養学を学び、実践するモチベーションになったのが、女性うつ病パニック障害とみられる症状の多くは、

「鉄不足」によるものだということが、臨床的に確かめられたことです。

鉄を投与すると、みるみる治っていかたこから、このことを世に知らしめないといけないと思い、Facebookや本で情報発信を始めました。

・・・みたいな常識的発言をしているクリニック位なら本を出していなくてもいくらでもあったよ

2020-10-07

anond:20201007111102

書いとるが?

 


 

HSPのひとは、身体醜形障害になりやすいみたいよ。美容整形の人もほとんどがそうらしい

単なる不細工くらいはなんの障がいにもなりやしない

実際不利になるとされるレベルの外見についてはちゃん障がい者認定がされる

目鼻口があるべき位置についていてない、皮膚の裂傷/欠損と大きなアザや火傷があるなどだね

 

けど、ブサイクは障がいにならないという事実HSPを苦しめるのでは?

本人が外見のせいで精神的に苦しんでいるのは事実なのに誰の共感も得られない

そしてこの精神的な苦しみは甘えでもなんでもなく生得ものだし

あと、子ども特性無頓着放置毒親のせい

 

一度、カウンセリングとか行ってみるとよいと思う

身体醜形障害研究⑦-HSPと整心精神医学とレジリエンスマインドフルネス関係

HSPは、相手感情を察知しやすいので、母親自分に対するネガティブ感情を過剰に察知し愛着障害を来たしやすく、

しいては「基底欠損」、「自己障害から思春期失調に至り易く、思春期失調症候群パーソナリティ障害身体醜形障害気分変調症状態などになり易い傾向がある。

また、感覚過敏、ストレス耐性の低さは前帯状皮質活動性の低下、自律神経の易刺激性となり、自律神経失調症を招きやすい。

HSPストレス耐性の低さから慢性的ストレス下に置いては脳内アドレナリンの低下とセロトニンの低下を招き慢性うつ罹患やす身体環境となっている。

 

 

HSPストレス耐性が低いのが特徴だが、それはすなわちストレスから復元力・レジリエンスが弱いことでもあり、

HSPへの基本的対処法としてはレジリエンスを強める方法であるマインドフルネスレジリエンス療法(MBRT)が適応されることは前回までにみてきた。

 

HSPは元々ストレスによって脳が疲弊疲労やす状態にあるのである

 

美容整心メンタル科では身体醜形障害美容整形依存思春期失調症候群の遠隔診療オンライン診療

https://www.biyouseisin.com/lab/2017/880/

 

 


Highly Sensitive People (HSP)

下記はカリフォルニア大学ビアンカアセベド博士研究紹介動画書籍記事(Pod cast)、

興味があればどうぞ

HSP brain studies

https://www.youtube.com/watch?v=qep36Vy_0pE

Did you know that the brain of a highly sensitive person (HSP) works differently?

> The results of fMRI brain studies conducted by Dr. Elaine Aron, Dr. Art Aron, Dr. Bianca Acevedo and their colleagues are quite fascinating.

 

高感度な人(HSP)の脳の働きが違うことを知っていますか?

レインアロン博士アートアロン博士ビアンカアセベド博士らが行ったfMRIによる脳の研究結果は、かなり魅力的です。 

 

 

[Amazon] The Highly Sensitive Brain: Research, Assessment, and Treatment of Sensory Processing Sensitivity 1st Edition

https://www.amazon.com/Highly-Sensitive-Brain-Assessment-Sensitivity/dp/0128182512

 

> The Highly Sensitive Brain is the first handbook to cover the science, measurement, and clinical discussion of sensory processing sensitivity (SPS),

> a trait associated with enhanced responsivity, awareness, depth-of-processing and attunement to the environment and other individuals.

> Grounded in theoretical models of high sensitivity, this volume discusses the assessment of SPS in children and adults,

as well as its health and social outcomes.

> This edition also synthesizes up-to-date research on the biological mechanisms associated with high sensitivity,

> such as its neural and genetic basis. It also discusses clinical issues related to SPS and seemingly-related disorders such as misophonia,

> a hyper-sensitivity to specific sounds. In addition, to practical assessment of SPS embedded throughout this volume is discussion of the biological basis of SPS,

> exploring why this trait exists and persists in humans and other species.

> 

>The Highly Sensitive Brain is a useful handbook and may be of special interest to clinicians, physicians, health-care workers, educators, and researchers.

 

『高感度脳』は、感覚処理感度(SPS)の科学、測定、臨床的考察網羅した初めてのハンドブックです。この巻では、高感度の理論モデルに基づいて、子どもと成人のSPSの評価健康社会的転帰について論じています。また、高感受性の神経基盤や遺伝的基盤など、高感受性に関連する生物学メカニズムに関する最新の研究をまとめています。また、SPSの臨床的な問題点や、特定の音に過敏に反応するミソフォニアなど、一見関連していると思われる疾患についても解説していますさらに、この巻全体に組み込まれたSPSの実用的な評価に加えて、SPSの生物学的基盤についての議論があり、なぜこの形質がヒトや他の種に存在し、持続するのかを探っています

臨床医医師医療従事者、教育者研究者にとって有益ハンドブックです。

 

 

[foreverbreak] Highly Sensitive People How to Tell If You’re an HSP + Shedding Light on This Misunderstood Trait

非常に敏感な人々 あなたHSPであるかどうかを見分ける方法+この誤解されている特性に光を当てる

https://foreverbreak.com/podcast/s1/e5/

 

 

 

まぁ、アセベト博士でなくてもいいけど(TEDかにもあるよ)

 

『高感度であることは障害ではない。遺伝的および生物学的要素を持つ生物学特性
HSPの子供は、自閉症スペクトラム障害共通点があるため誤って診断されることがある』
HPSギフトです』

 

ってなってるね

 

SADの方は個性ではなく治療すべきってことになってる

 

社会不安障害(SAD)の患者さんは治療の機会を逃しています

海外では、SADは一般的理解度が低く、治療の機会を得にくい病気とされています

海外で行われた調査によれば、SADの患者さんの約2/3は病院に行っておらず、

また、病院に行っている場合でも「自分がSADである認識して受診した」患者さんは3%にすぎないという結果となっており、

治療の機会を自ら逃していることがうかがえます

一方、日本では、SADという名称病気の症状については、あまり認知されておらず、

その症状の原因を「自分性格のせい」であると思って、治療を受けていない(病院に行っていない)方が多いようです。

SADは発病すると、他の精神疾患(うつ病、アルコール中毒パニック障害など)を併発する割合が70%を超えるとも言われていますので、
SADの症状が現れている場合は、それは「性格のせい」ではなく「病気である」と認識して、早めに専門医精神科や心療内科)の診断を受けてください。

 

 

社会不安障害(SAD)の治療

SADの治療法には大きく分けて、薬物療法認知行動療法の2つがあります。実際の治療では、この2つの治療法を併用することが多くなっています

 

薬物療法

 最近研究では、SADは脳(セロトニン神経系ドーパミン神経系)の機能障害により発症するのではないかと推測されており、

 現在もその発症原因について、世界中研究が進められています

 海外では、早い時期から薬物による治療研究が盛んに行われており、既にSADの治療薬として承認され、

 患者さんの治療に使われている薬(一般名:パロキセチンなど)もあります

 一方、日本では、SADという病名で国(厚生労働省)に承認されている薬は一つしかなく(一般名:フルボキサミン)、

 患者さんの症状により抗うつ薬抗不安薬なども治療で用いられています

 現在、SADという病名で承認を受けるために進められている治験(国から薬として承認を受けるための臨床試験のことです)もあります

 

認知行動療法

 認知行動療法は薬物療法より歴史が長く、精神療法の中でも重要と考えられている治療法ですが、日本ではあまり知られていません。

 認知行動療法では、エクスポージャーソーシャルスキルトレーニング社会技術訓練)などの方法を用いて、

 実際に恐怖を感じる場面に直面したときに感じる不安感を自分自身コントロールできるようにします。

 薬物療法と違い、副作用が少ないのが利点ですが、患者さん自身もかなり努力しなければなりません。

 そのため、認知行動療法では、問題点を順番に洗い出していき、解決できそうな問題患者さん自身も大きな不安と感じないような小さな問題から

 順番に解決していくという方法がとられます

 

 

社会不安障害(SAD)の診断

SADの診断基準には、米国精神医学会編「精神疾患の(strikethrough: 分類と診断の手引)診断・統計マニュアルDSM-Ⅳ」、

WHO編「精神および行動の障害ICD-10 などいくつかあります

例として、前者の基準をいくつか示してみます

  • よく知らない人と交流する、他人の注目を浴びるといった、1つまたはそれ以上の状況において顕著で持続的な恐怖を感じ、
    自分が恥をかいたり、不安症状を示したりするのではないかと恐れる。
  • 恐れている社会的状況にさらされると、ほぼ必ず不安を生じる。
  • 自分の恐怖が過剰であり、また、不合理であることに気づいている。
  • 予期不安回避行動、苦痛により、社会生活障害される。または、その恐怖のために著しく悩む。

 

18才以下の場合は、罹病期間が6ヶ月以上である

罹患(りかん)期間:症状が出始めてから現在に至るまでの期間のことです。

 

e治験.com

http://e-chiken.com/shikkan/shinryo/sad/

2020-10-05

マスクを着けれない事情障害に寛容ではない社会

マスク着用拒否により飛行機から下ろされた人が居た一件以降、マスクを着用できない人への視線さらに厳しくなったような気がする。

最近そう思うことが増えた。

マスクをしてない=わがままな人というレッテルを貼られているようで、とても周りの目線が怖い。

自分パニック障害によりマスクができない。感覚過敏症もあり、締め付けがあるものも極力避けるように主治医から言われている。

口を塞がれる状態になると発作になったりするのだが、スーパーマスクができない旨を伝えると、ハンカチを当ててくださいと言われた。

ハンカチが当てられる状態なら、マスクだってできるのではないか……。

それが出来ないかマスクができないのに。

そう思ってスーパー入店せずに帰った。

少し前、海外ディズニーマスク着用できずに入園拒否になった件も見ていたけれど、娯楽施設であればまだ行かないという選択肢がある。

けれどスーパードラッグストアバス電車病院

行かないという選択肢が取れない場所マスク着用できない人はお断りと言われる。

マスクを無理に着けようとして体調が悪くなって昔から通っている病院に行く。

すると受付の人にマスクを着けてくださいと言われる。

着用できないのですが。

そう返答したのだが、着用してくださいと再び言われる。

困って固まってしまった自分に、忘れた人のために用意されたマスクを1枚差し出され、口元に当ててくれた。

口元が塞がれたことによりすぐに過呼吸になり発作が起こって待合室から奥のベッドに運ばれた。

あちらは親切でしてくれたのだと思う。

口元にマスクを当ててくれたのはそのスタッフさんの親切心だと思う。

マスクをしてない人がいると他の人も不安に思うだろうというのもあると思う。

けれど、そういった事情のある人が受診する病院で、マスクをしてないのは単に忘れたからなのか事情があるのか聞いてくれても良かったのではないかと。

マスクが着用できずに困っていてその病院受診するのに、マスクを着けてくださいと言われるのはとても理不尽気持ちになる。

どうやって生きたらいいのだろうか。

病気によりマスクを着けられないのはわがままではないので申し訳ないし許してほしいと思う。

こんなご時世なので周りの人が不安に思う気持ちもわかる。

我慢して着けてるのに!という人からの不満が出るのもわかる。

従業員の方もマスクしてない人が来たら困るというのもわかる。

けれど、マスクを出来ない人である自分はずっと申し訳ないという気持ちを持って生きなければいけないのか。

もし自分に他の身体障害があって、例えば車椅子生活していたとしたら、バスの乗り降りの度に時間がかかってすみませんと思わなければいけないのか。

ベビーカー電車に乗ったらスペースをたくさん取ってすみませんと思わないといけないのか。

どちらも最低限必要なことをしているだけで悪いことをしているわけではないのに。

すみませんと思わない人は図々しい。すみませんと思わないと許さないという、日本人謙虚じゃない人は許さないというような圧力を感じている。

それってなにか違うのではと思う。

持病がある、障害がある、子育てをしている。

いろいろ事情はあれど、自分が悪いわけではないのに、ずっと申し訳ないと思わないといけないのかと。

弱者と言われる側の人が普通に生きているだけで負い目を感じて生きなければいけない社会は悲しいと思う。

図々しく生活するのが正しいとは思っていない。

実際に申し訳ないと思って生活している。

もちろんこちらの努力として、マスク着用できないことを理解してもらうために名札を下げて生活している。

けれど1日に何回もマスク着用できないのかと聞かれて、何回もすみませんマスクできなくてすみません、と唱えて生きているととても辛い。

何度も何度も、1日のうちにその会話だけでどれだけの時間がかかっているのだろうと思う。

申し訳ないな、と思わなくても普通に生活できるように社会が寛容になってくれたら、と思う。

そういう世界にならなければ自分はもう最低限の買い物にも行けない。

人間として最低限の生活が出来ない。

仕事は在宅で出来ているものの、買い物に行けないので自炊が出来なく、食事は全て宅配に変えた。けれど金銭的に負担が多いので1日の食事回数を減らした。

宅配の種類はまだ選択肢が少なく、自炊ではないので栄養バランスも偏っていると思う。

日用品通販で買えるものもあれば買えないものもある。そして送料もかかる。

事前に買ってストックしているものもあるけれど、日常では突然買い物しなければならない場面もある。

マスク着用できないことによって《お断り》され、外に出られないことは金銭的な負担がとても大きい。

(そんなこと書いてる店はないと思うが)

盲導犬お断り、と書く店が差別であるように

マスク着用できない人はお断り!】と書くのは差別ではないかと思う。

店側は

健康マスクを着用できる方はマスクをしてください。

事情によりマスクを出来ない方はできる範囲でご協力ください。】

などにしてくれたらありがたい。

マスクをしてなくても咳やくしゃみをするときには人の方を向かない、ハンカチでガードするなど最低限のことは守っていくので。

そしてマスクしてない人=わがままな人というレッテルはやめてもらえたらありがたい。

どうか、マスク着用してない人を見ても、事情があるのだと察していただけたら嬉しい。

すみませんと1日に何度も唱えて辛い思いをすることなく、事情を受けれてくれて、フラットに生きられるバリアフリー社会になるといいなと思う。

2020-10-02

Highly Sensitive People (HSP)

下記はカリフォルニア大学ビアンカアセベド博士研究紹介動画書籍記事(Pod cast)、

興味があればどうぞ

HSP brain studies

https://www.youtube.com/watch?v=qep36Vy_0pE

Did you know that the brain of a highly sensitive person (HSP) works differently?

> The results of fMRI brain studies conducted by Dr. Elaine Aron, Dr. Art Aron, Dr. Bianca Acevedo and their colleagues are quite fascinating.

 

高感度な人(HSP)の脳の働きが違うことを知っていますか?

レインアロン博士アートアロン博士ビアンカアセベド博士らが行ったfMRIによる脳の研究結果は、かなり魅力的です。 

 

 

[Amazon] The Highly Sensitive Brain: Research, Assessment, and Treatment of Sensory Processing Sensitivity 1st Edition

https://www.amazon.com/Highly-Sensitive-Brain-Assessment-Sensitivity/dp/0128182512

 

> The Highly Sensitive Brain is the first handbook to cover the science, measurement, and clinical discussion of sensory processing sensitivity (SPS),

> a trait associated with enhanced responsivity, awareness, depth-of-processing and attunement to the environment and other individuals.

> Grounded in theoretical models of high sensitivity, this volume discusses the assessment of SPS in children and adults,

as well as its health and social outcomes.

> This edition also synthesizes up-to-date research on the biological mechanisms associated with high sensitivity,

> such as its neural and genetic basis. It also discusses clinical issues related to SPS and seemingly-related disorders such as misophonia,

> a hyper-sensitivity to specific sounds. In addition, to practical assessment of SPS embedded throughout this volume is discussion of the biological basis of SPS,

> exploring why this trait exists and persists in humans and other species.

> 

>The Highly Sensitive Brain is a useful handbook and may be of special interest to clinicians, physicians, health-care workers, educators, and researchers.

 

『高感度脳』は、感覚処理感度(SPS)の科学、測定、臨床的考察網羅した初めてのハンドブックです。この巻では、高感度の理論モデルに基づいて、子どもと成人のSPSの評価健康社会的転帰について論じています。また、高感受性の神経基盤や遺伝的基盤など、高感受性に関連する生物学メカニズムに関する最新の研究をまとめています。また、SPSの臨床的な問題点や、特定の音に過敏に反応するミソフォニアなど、一見関連していると思われる疾患についても解説していますさらに、この巻全体に組み込まれたSPSの実用的な評価に加えて、SPSの生物学的基盤についての議論があり、なぜこの形質がヒトや他の種に存在し、持続するのかを探っています

臨床医医師医療従事者、教育者研究者にとって有益ハンドブックです。

 

 

[foreverbreak] Highly Sensitive People How to Tell If You’re an HSP + Shedding Light on This Misunderstood Trait

非常に敏感な人々 あなたHSPであるかどうかを見分ける方法+この誤解されている特性に光を当てる

https://foreverbreak.com/podcast/s1/e5/

 

 

 

まぁ、アセベト博士でなくてもいいけど(TEDかにもあるよ)

 

『高感度であることは障害ではない。遺伝的および生物学的要素を持つ生物学特性
HSPの子供は、自閉症スペクトラム障害共通点があるため誤って診断されることがある』
HPSギフトです』

 

ってなってるね

 

SADの方は個性ではなく治療すべきってことになってる

 

社会不安障害(SAD)の患者さんは治療の機会を逃しています

海外では、SADは一般的理解度が低く、治療の機会を得にくい病気とされています

海外で行われた調査によれば、SADの患者さんの約2/3は病院に行っておらず、

また、病院に行っている場合でも「自分がSADである認識して受診した」患者さんは3%にすぎないという結果となっており、

治療の機会を自ら逃していることがうかがえます

一方、日本では、SADという名称病気の症状については、あまり認知されておらず、

その症状の原因を「自分性格のせい」であると思って、治療を受けていない(病院に行っていない)方が多いようです。

SADは発病すると、他の精神疾患うつ病アルコール中毒パニック障害など)を併発する割合が70%を超えるとも言われていますので、
SADの症状が現れている場合は、それは「性格のせい」ではなく「病気である」と認識して、早めに専門医精神科心療内科)の診断を受けてください。

 

 

社会不安障害(SAD)の治療

SADの治療法には大きく分けて、薬物療法認知行動療法の2つがあります。実際の治療では、この2つの治療法を併用することが多くなっています

 

薬物療法

 最近研究では、SADは脳(セロトニン神経系ドーパミン神経系)の機能障害により発症するのではないかと推測されており、

 現在もその発症原因について、世界中研究が進められています

 海外では、早い時期から薬物による治療研究が盛んに行われており、既にSADの治療薬として承認され、

 患者さんの治療に使われている薬(一般名:パロキセチンなど)もあります

 一方、日本では、SADという病名で国(厚生労働省)に承認されている薬は一つしかなく(一般名:フルボキサミン)、

 患者さんの症状により抗うつ薬抗不安薬なども治療で用いられています

 現在、SADという病名で承認を受けるために進められている治験(国から薬として承認を受けるための臨床試験のことです)もあります

 

認知行動療法

 認知行動療法は薬物療法より歴史が長く、精神療法の中でも重要と考えられている治療法ですが、日本ではあまり知られていません。

 認知行動療法では、エクスポージャーソーシャルスキルトレーニング社会技術訓練)などの方法を用いて、

 実際に恐怖を感じる場面に直面したときに感じる不安感を自分自身コントロールできるようにします。

 薬物療法と違い、副作用が少ないのが利点ですが、患者さん自身もかなり努力しなければなりません。

 そのため、認知行動療法では、問題点を順番に洗い出していき、解決できそうな問題患者さん自身も大きな不安と感じないような小さな問題から

 順番に解決していくという方法がとられます

 

 

社会不安障害(SAD)の診断

SADの診断基準には、米国精神医学会編「精神疾患の(strikethrough: 分類と診断の手引)診断・統計マニュアルDSM-Ⅳ」、

WHO編「精神および行動の障害ICD-10 などいくつかあります

例として、前者の基準をいくつか示してみます

  • よく知らない人と交流する、他人の注目を浴びるといった、1つまたはそれ以上の状況において顕著で持続的な恐怖を感じ、
    自分が恥をかいたり、不安症状を示したりするのではないかと恐れる。
  • 恐れている社会的状況にさらされると、ほぼ必ず不安を生じる。
  • 自分の恐怖が過剰であり、また、不合理であることに気づいている。
  • 予期不安回避行動、苦痛により、社会生活障害される。または、その恐怖のために著しく悩む。

 

18才以下の場合は、罹病期間が6ヶ月以上である

罹患(りかん)期間:症状が出始めてから現在に至るまでの期間のことです。

 

e治験.com

http://e-chiken.com/shikkan/shinryo/sad/

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん