「シンデレラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シンデレラとは

2021-05-07

シンデレラグレイ読んだ

1話試し読みで絵が合わんなあと切ったけど、読み進めるとその絵が最高に感じられる不思議シャープでかっこいいけどどこか垢抜けない絵柄がオグリキャラドンピシャだと思った。もうすぐ発売?の次巻も楽しみ

ところで1巻だけど、表紙オグリじゃないよね?

芦毛は色変わるとは知ってたけど、マンガの幼少時見ても真っ白だし

もしかしてお母さん?深読みしすぎ??

2021-05-04

anond:20210504222845

シンデレラって知ってるかね?

いじめられている女を王子様が救うの

CAをけなしているように見えてそれは演技であり実は盛り上げて結婚を祝福してくれている仲間なんだ

あのさぁ弱者男性ってさぁ

あのさぁシンデレラとか白雪姫とか「王子様がいつか迎えに来てくれる」はもう5歳で通り過ぎるのが女なの

あっこりゃ同級生男子ダメだわ、うんこちんちん連呼だわ、こっちから教育して誘い受けてやらんと、が完成するのが16歳ね

おまえら16歳くらいから色気づいてラノベよんで生理のない10等身髪ピンク女の子が空から降ってきたらいいなだろ

完全にすれ違ってるからね 

そんで32歳になってだれも迎えに来ない!気づいたら弱者だった!ママァ!介護したくないよぅ!自活できないよぅ!って遅いっつの

おまえらが20歳程度で女子普通に迎えにいってりゃよかったっつの お互い迎えをまって草食系とかそりゃ笑止とおりすぎて少子化だわ

いいことおしえてやるが4年で現実みれなかったお前らでも32からでも入れる婚活サイトあるから

じゃあの

2021-05-02

こういう動物愛護もどきが出るからウマ娘は嫌なんだよ

ウマ娘プレイすることに葛藤がある話 - とらじぇでぃが色々書くやつ

https://tragedy.hatenablog.com/entry/2021/04/24/071120


読後はもう「あのさぁ…」って呆れしか出ないんだけど。


シンデレラグレイもどこも書店探しても無い!めっちゃヒットしてて流行ソシャゲに乗れて嬉しい!」ってウッキウキしてる癖に「競馬は悪!生まれてくる競走馬可哀想!すぐに競走馬生産はやめるべき!」ってさ……


そりゃあんたは現行の競馬を知らずに過去の名馬の物語の後追いしてるだけだからいいよなあ?なら未来の事は知ったこっちゃないってか?

だけどこっちは現行の競馬ウマ娘のようなエモさや感動を覚えてんの。

これ見ろや。こんな感じで10年前から毎週毎週競馬見てんだよ。


ウマ娘風に日曜の天皇賞(春)解説する

https://anond.hatelabo.jp/20210430113006


なのにウマ娘になった以前の競馬物語消費は良くて、それ以降の競馬は馬が可哀想から生産やめろってなんやねん。お気持ちウマ娘ストップさせたい競馬ファンと同じじゃん。


てか「競馬はだめだけどソシャゲは綺麗なギャンブル」ってなんやそれ?

サイゲなら散々モバマス射幸性を煽る危険ゲームだってニュースになったやん。んでサイゲがその金を広告費にじゃんじゃん注ぎ込んでそのマスコミを黙らせたやん。

それに麻痺させられてソシャゲ大丈夫ギャンブルなんだ!ってなったんか?まあ爽やかCM打ってるJRAも大概やがお前のやってるソシャゲだって綺麗なギャンブルなんかじゃないぞ。


元ネタに敬意を払えとかみみっちい事は言わないけどよお、その元になったものをこき下ろして「でもウマ娘はやめられない」ってアホちゃうか。だったら最初から苦手意識のある競馬なんて題材を元にしたゲームなんてやるんじゃねえよ。


ウマ娘流行してこういうオタク動物愛護お気持ち表明が出てくるのは想定してたけどよお、流石に表面に出過ぎだわ。

元ネタモヤモヤ感じるなら垂れ流す前に辞めろ。そんでもって元ネタを貶すな。


あ、あとタイトル釣りなので。ネイチャかわいい

2021-05-01

anond:20210501213223

おやおや、いい年してシンデレラになった妄想を口に出すのやめたほうがいいですよ

若年介護問題童貞の相関があるというならそれこそ統計出してきたらよろしいのでは?

でも若年介護下方婚とは問題が別でしょう?

anond:20210501163844

そらアイマス(除くシンデレラ)よ。親御さんの目が厳しい幼稚園の発表会のようなものから

2021-04-30

うん、なんていうか

ガチャブって言われそうな要素を徹底的に排除してるんだな」

って感じがする今年のシンデレラガール総選挙

2021-04-11

anond:20210411205403

これ系って最終的にイケメンに世話された女がメイクやら意識改革やらでスーパー美少女になるからやっぱ女性ってシンデレラ願望というか変身願望があるんだなと思っちゃう

2021-04-08

anond:20210408150846

シンデレラガールズもそうだけど、男オタクも「女の腐ったような」学級会をやる界隈というのは事実ある

シンデレラもウマも男だけじゃなく女オタクも多いが、直接的にその人たちの影響というよりは、もともとそういうヴァイブスがあるコンテンツからオタクも呼び寄せやすいということなのだろう

2021-04-07

岩橋玄樹くん

が退所を発表したときリリース文を読んでついに復帰を諦めて治療に専念することを選んだんだなーって思った。アイドルとしての活動再開を意識することで治療に影響が出るような余計なプレッシャーもあるだろうし、仕方がない決断だったんだろうな、変に詮索されたりせず平穏に暮らせるといいなって思った。

からインスタ開設したときはいやそっちかーいってのが正直な感想だった。とはいえ岩橋くんのファンは2年以上顔を見れずにいた訳だし、事務所から出る文章だけじゃ伝えきれないメッセージもあっただろうし、まあ自分が口出すことじゃないかと思った。

でもその2日後に海人くんの誕生日を匂わせるような投稿を見て、なんとも言えない感情になった。キンプリは6人でデビューしたけどこれからは5人と1人でそれぞれの道を歩む。それなら寂しいけれど前に進むための退所なんだなって思える。でも岩橋くんはメンバーとの繋がりを匂わせて、残った5人はきっとこれからシンデレラガールを歌うとき岩橋くんの居場所を開けるし色々なところにピンク色を散りばめる。これまでと同じ。じゃあなんのために退所したの?前向きに送り出すと決断した、もう二度と戻ってこない人のポジションを開けて歌う5人を見ることになったときどんな気持ちになるんだろう。

岩橋くんの症状がまだ完全に治ってなくて波があるのはきっと本当なんだろうけど、インスタの投稿が滞ったとき大丈夫かな、元気かなって心配するファンの子達を見るのは辛そうだな。元気でいてね。

シンデレラグレイ1,2巻あっという間に読んじゃった

面白いなー

2021-04-06

七草にちかにかけられたソレは果たして本当に「呪い」なのか?

あるいは呪いにかかっているのはシャニPもしくはアイマスPなのではないか


 以下は苦言でも要望でもお気持ち表明でもなく、単なるアイマスPの断末魔なので悪しからず放っておいて欲しい。

 

 七草にちかをやった。「やった」というのはつまり、W.I.N.Gを勝ち、W.I.N.Gに負け、喜びと悔しさと悲しみと夢と絶望とを一通り味わったということだ。

 

 シャニマスくんさあ……君はアイマスを、アイマスPをどうしたいの? そもそもシャニマスくんが作りたいのはアイマスなの? それとも仮面ライダー555なの?

(当然、シャニマス新アイドルの『七草にちか』に関するネタバレあり)

 いや、我々に非がないとは言えないよ。確かに我々は天井努で盛り上がりすぎていた。あまりにもにちか本人を放っておいてあの男をいじり倒すのに夢中になりすぎた。いや、もしかしたら、あの見た目に特徴の無い、いろんな意味フラットな外見であるにもかかわらず背後の関係性だけが妙に複雑でその矢印が暴力的なまでに天井努に向かっている設定を見るに……もしかしたらSHHis発表後の天井努を廻る喧騒すらもシャニマスくんの掌上の出来事だったのか?

 あまりにも「普通」の女の子を……「普通女の子アイドルにするってのはこういうことなんだぞ」を、よりによってノクチルの後に、樋口円香の後に、『海に出るつもりじゃなかったのに』の後に叩きつけてくる所業は、天井努の件を抜きにしたって人の情があまりにも無さすぎる。むごすぎる。

 アイドルを夢見てアイドルになったのにアイドルとしての幸せを見つけ出せなかった天海春香ifとして、人に夢を見せる笑顔すら本人を傷つける茨でできた仮面となるアンチ島村卯月として、アイドルを続ける夢や動機すら他人からの借り物である春日未来オルタとして、そして何より「普通であって特別じゃない。なのに普通じゃない夢のような事を”できてしまった”」櫻木真乃殺しとして、あるいはそういった「夢」と瓶に書かれた毒を飲み込めない天道から最も遠い者として、シャニPどころかアイドルスター歴史のものを、今まで「普通の子アイドルに!」の物語を無批判かつ無責任に受け入れ紡いできたアイマスP達を殴りつける存在七草にちか。

 樋口円香が放った「あなた責任が取れるんですか」パンチをかろうじて受け止められそうなシャニPを追撃で殺す少女七草にちか。

 “明”るい部屋を、「やりたいことがわかっている葉月」と共に探したシャニPを刺しに来た少女「やりたいことがわかっているつもりの日花」。

 あまりにも平凡で普通なのに舞台に上がってしまった、上がれてしまった、上がり続けることができてしまった、上がり続けることを約束されてしまった少女七草にちか。

 大袈裟な言い方かもしれないが、彼女の登場はシャニマスの……いや、アイマス価値観根本から変えた。にちかの平凡さから逆説的に語られ始めてる真乃や智代子や小糸の「やっぱり普通じゃない普通さ」だけじゃない、そもそも「『普通の子』がアイドルなんかやったらこんなんなっちまうんだ」「今までプロデュースしてきたアイドル達はこういうぺんぺん草を燃やしてきたんだ」という現実提示。あるいは天海春香から始まる「普通の子」の歴史、もしくはいつのからか語られていた「普通の子アイドルになるシンデレラストーリー」そのものへのネガ七草にちかのあの“笑顔”がそれら全てを「ちょっと待てよ」の俎上に上げる。「アイドルをやるってことを甘く見てないか」「板の上に幸せはあるのか」「舞台の上に楽しさを見つけられなかったら、それでも続けなきゃならないのか」「じゃあ舞台から引きずり下ろせば幸せになれるのか」「そんなことも今まで考えたこともなかったのか」……。今までのアイドマスター15年をもう一度1から検証し直さなければならないほどの問いを、あの色の定まらない瞳が投げかけてくる。

 ただ、じゃあそれは「呪い」と呼ぶべきものなのか? とも考えてはいる。

 

 七草にちかの200%は曲がりなりにも、13,000越えのアピール数値を叩き出しW.I.N.Gの決勝審査員を吹き飛ばした。七草にちかはそれを「できてしまった」。それにより、確かににちかは月まで伸びる赤い地獄の道をこの先も歩き続ける羽目になってしまったが……それは果たして本当に「呪い」であったろうか。

 よしんばそれが呪いと呼べるものであったとして、ソレは本当に七草にちかにかけられた呪いであったろうか。

 確かにアイマスは、プロデューサーかいおっさん少女達に救いを与えるだけの物語であるけがない。逆に15年ものおっさん達に救いを与えてきた物語であるはずだ。 

であるならば逆に

 「普通少女達が普通にしているだけというかけがえのない時間の輝きに『アイドル』という体裁を与えて人々に提示できるエンターテイメントにするのもプロデューサー仕事だ」とシャニPに言わせた『海に出るつもりじゃなかったのに』の後に、この「アイドルの道をただ歩いているだけで幸せから遠ざかりそうな少女を、なんとかして幸せにする」ミッションをシャ二Pに課したシャニマスくん。あまりにも反アイマス的であり、「それは純然たるアイドルプロデュースである」という意味ではあまりにもアイマス的でもある。

 そういう意味で、あるいは七草にちかの物語シャニPにとっての、あるいは俺らアイマスPにとっての呪いではなかったか

 確かに七草にちかの輝きは彼女の前に地獄の道を伸ばしたかもしれないが、逆に言えば、そんな地獄の道の上にも確かに輝きはあった。そんな輝きを拾い集めてにちかにとって地獄ではない道に変えなければならない。それもあの天井努と七草はづきとノクチルら先輩アイドル達がいる中で。そんなシャニPこそ呪いの中にいるのではないか

 言われてみれば確かにアイマスにおいて夢は呪いだった。無印アイマス天海春香ドーム勝利エンドの先へ進ませたのは、アイマス2で如月千早を殺そうとしたのは、デレアニで島村卯月を苦しめたのは、etc.etc.....それは彼女ら彼らの夢と表裏一体になった呪いだった。そしてとうとう、アイデンティティのものの中に夢という呪いを組み込んだアイドル……いや「女の子」があらわれた。そんな七草にちかがアイドル道を、シャニマス世界を、アイドルスターを、どうやって歩んでいくのか……。にちかの登場はアイドルスターを大きく切りつけたが、それ故に、新たな切り口でアイマスを楽しめそうな気がしてならない。アイマスに新しい角度を与え、新しい視点を作った七草にちかの物語……それはもしかすると「祝い」なのかもしれない。

 しっかし新アイドル一人目の登場だけでこんなんなっちまって……二人目の緋田美琴が出てきたらどうなってしまうんだ? 本当に「わたし(she)がわたし(she)」になれるんだろうな? そもそも「(she)」ってまさか彼女」ってことじゃないだろうな?


 

 

 それはそれとしてこういう邪悪物語大好物。正直シーズン4くらいになると「そうだよ。これからも君はこの道を歩いて行かなきゃならないんだよ(愉悦)」と思っていた部分もある。

 なのでどんどんやってくれ高山

2021-03-31

アイドルマスターシンデレラガールズがしんどくなってきた

『不人気キャラでもゲームから削除されなくてSSRが貰えるんだから良い運営だよ』

SNSで目にするこういう意味合い擁護フォロー。これが今しんどい

自分の好きなアイドル(=ゲーム内のキャラクター)はゲーム内の総選挙の上位に入るような子からそうじゃない子まで何人か幅広〜くいるので自分は多分割とニュートラルに好き好みがあるP(=ユーザー)だと思う。

で、ゲーム内やSNSでの交友関係も有難い事に色んなアイドルのPさんと持たせてもらえ、楽しいなぁなどと思いながら日々このゲームを遊ばせていただいてる。9年も。

つのゲームとして考えると本当に長い。このゲームを始めてから現地LIVEなんてものにも行っちゃったりして遊びの域を超えるような課金とかもしちゃったりしてた。担当、つまり推しのグッズを買って部屋の片隅埋めちゃったりまぁいちオタクとしても楽しいお付き合いをシンデレラガールズにはさせていただいたと思ってる。LIVEって楽しい

でも去年9周年を迎えてさぁ10年になるぞ、という今現在過程は兎も角その今現在環境空気が なんだかすごく息がしにくい。

デレマス(モバマスデレステ)の環境ってまぁなやかんやとゴチャゴチャが混ざり合っててだいぶ面倒臭い事になってるので詳しい環境の話はしないとして。

ユーザーが今アクティブ何人か知らないけど多い時は数万人いたらしいシンデレラ魔法使い、そんだけ数がいたら大事な子や入れ込み度もその人の数だけある。

なので9年経っても強いカードを貰えないアイドルのPが「運営くんさぁ……うちの子にもそろそろ強いカードくれてもよくない?」と言うケースも起きてるわけで。

まぁ当たり前、どのPだって担当の強いカード1枚ぐらい欲しいだろうと思う。9年経ってるし。

「長いよねぇ9年。子供なら小学校入学してから中学校卒業するぐらいの期間だもんねぇ」「そりゃそれぐらい言うよね」ぐらいの目で私はこういう声を見てる。

少なくとも私個人はその手の発言自体特に悪感情は抱いてない。推しの強いカードなんか私だって欲しい。出番も欲しい。あと新しい衣装くださいとかも思っちゃう

それよりもこっち、そういう話が起きるたびにSNSとかで出てくる言葉、それが

『不人気キャラでもゲームから削除されなくてSSRが貰えるんだから良い運営だよ』

冒頭にもあった↑系の言葉である

これがなんだかとてもしんどい。『他人事で一々感情を引っ張られていてはキャラコンテンツなんか楽しめなくない?』とは自分でも思うのだが、こういうのがSNSやらなんやらでスッと視界に飛んでくる世界なのでその辺はもう仕方ない。

それはそれとしてこういう言葉ゴリゴリ自分の内側を削ってるような感覚に陥らせる。

キャラクターに愛情を持ちゲーム内外でユーザーが想いや思い出を積み重ねる、そういう世界だと私はシンデレラガールズ認識してたので人の好きな存在に『不人気』という言葉が使われる事が結構な衝撃であるそもそも人気不人気の基準はなんだという気持ちもあるが(あとそれを発言できる人は何様なのだろうという気持ちも)、衝撃を受けるのは私が性質として善良過ぎるが故かもしれない。『そういう発想すら浮かばなかった』というタイプのアレである

ゲームから削除』も、「ゲームから削除されないだけいいじゃん」という話をそのアイドルを求めてる誰かに話せる感覚価値観自分と違い過ぎてわからない。

『良い運営』のラインってキャラ削除しないの一線なのだろうか?

そこさえ守れば全てを許容しなくてはいけないみたいなそんな暗黙のルール常識のようなものが世の中にはあるのだろうか?数万人とユーザーがいたコンテンツでその欲望はなんとも小さく纏まりすぎな気がするがそんなもんなんだろうか?

何はともあれこういう言葉で黙らせようとする人がいるという環境が息苦しい。

実際のところ、言われた人にどうして欲しくてこれは言われるのだろう。黙って欲しいのだろうか?消えて欲しいのだろうか?『言われた事を守った先の世界』を想像すると、なんとも楽しむ気が失せる言葉に感じる。

自分の好きなアイドル一生懸命な人が私は好きなので私はそういう人にこそシンデレラガールズ世界にいて欲しいと思うのだが、強いカードが欲しいとか出番が欲しいとかそういう声に『削除されないだけいいじゃん』が飛んでくる世界だと酷く居心地が悪い。

黙らせようという意図があるからこその「○○ならいいじゃん」という言葉選びなのだろう。「納得しようぜ」「満足しようぜ」、その為の言葉が「○○ならいいじゃん」だ。

この言葉にもし納得できなかったり黙らなかったらこ言葉はどうなっていくんだろうか?やはり『嫌ならやめろ』という言葉シフトしていくのかな。

不人気が削除されないだけいいじゃん、が積み重なった後に残るシンデレラガールズ世界、どんな世界になってるのだろう。

どんな人が残ってどんな話をしてどんなゲーム運営してるのかな。

こんな事が頭に浮かんだり、こんな目線で人のやりとりや言葉のやりとりを見てしんどいなと感じてる私はこの世界でのシンデレラ魔法がもう解けかけているのかもしれない。誰もがシンデレラってフレーズ、私は好きだったんだが。『不人気』という価値観が飛び交うのに、私はとても寂しい気持ちでいっぱいになる。今自分が見てる世界キラキラしてないのだ。


追記:書き終わった後で思った事。

結局どうだったら私は満足なのだろう。酷く見える言葉が平然と飛び交う環境が辛いのならそこは他人精神性の問題なので自分がどうこう出来たり関わるような問題ではない。

コンテンツの周辺に悪意などのマイナス面が増えていってプラス面を上回るようならコンテンツは長続きしない。

結局、この舞台に終わって欲しくないという漠然とした不安があるのかもしれない。このままだと終わるんじゃないだろうかという漠然とした衰退の気配。

私はシンデレラガールズに『しんどくて嫌な記憶』として残って欲しくないんだ。

2021-03-30

ウマ娘シンデレラグレイマンガ

面白いと思えるからたぶんアプリやる素質もあると思うけどやったらはまるだろうからやりません

ゆとり教育推し活とかいゴミみたいな文化を生んだのでは?

最近は何かを推すことが推され過ぎている。

最早、宗教的ですらある。

「それで誰推しなの?」みたいなIQゼロの会話をしてくるカスがやたらと多くて辟易する人も多いんじゃないだろうか。

そもそも何やねん推しって。

○○好きだとか、✕✕ファンでいいじゃん。

まあなんでそんな言葉を使うかというと、理由は単純だ。

推しって言っとけば、自分無能無産の消費者じゃない立場にでもなれると勘違いしているからだ。

さらに、ジャンル的な大きな流行に乗っかりつつも、○○推しとすることで自分なりの個性まで表現できてしまうというスケベ心があるからである

「私はみんなと同じ話題が話せるけど、人とはこう違うんだよ!」ということだ。

ついでに、他の増田も指摘してる通り、商売をやるサイドにとって非常に都合のいい言葉からだ。

推し活の御旗の元に、ただの凡百の消費がなにやら意味のある行為に思えるし、

まるで道徳的に善いことをしているかのような錯覚すら感じてもらえるのだから、これほどありがたいことはない。

推し、燃ゆ。』なんていう読みやすさだけが取り柄の、何の内容もない発達障害者馬鹿にした内容のゴミ小説芥川賞を取らせたのも、まあ象徴的な話だよな。

又吉に賞をやるくらいわかりやすい。

クリエイト業界はそういう流行りでいて欲しいんだよなあ。としみじみしちゃうね。

あ、あと一応作者が露出できる程度には見映えのある、若い女なのも作品価値を高めるポイントか。

俺もその点は評価している。いいと思うよ。

さて、結局のところ、推し活なんていうのは頭の悪いテレビCMを見て商品を買ってるだけの層が、まるで趣味人かのように扱ってもらえる魔法概念なわけだ。

元を正せば地下アイドル現場あたりのワードなんだろうが、

これは都合のいい概念だぞ、とみんな気づいてやたら推し活は推進されるようになってしまった。

で、タイトル回収なんだが

そんな都合の良さは置いておいて、ゆとり教育流行りの一因なんじゃないか愚考するわけよ。

つまるところ、

「人の好きなもの馬鹿にするのはやめよう!」

「人はみんな違ってみんないい!」

みたいな教育象徴というか。

かけっこをすればお手々を繋いでみんなで一等賞、劇をやれば全員がシンデレラ、という狂った思想教育である

その2例は極端なんだが、要は他人ちゃん言動否定してもらえる機会が減ったよなと思う。

物事に優劣をつけたがらなくなった。

その上で、多種多様価値観がある=個性大事、なんて、今更な別ベクトル方針までぶちあげてしまったのだからさあ大変だ。

まとめると、「人となるべく優劣はつけないけど、多種多様価値観の元、個性は発揮して欲しい」なんて矛盾を抱えた指針が出来てしまった。

矛盾を抱えた教育が生むのは何か。

矛盾を抱えた若者である

若者は、人と同じでなくてはならない。

若者は、個性的でなければならない。

その矛盾が産み出した流行推しである

人は、消費者として人と同じものを消費するべきで、かつ、消費者として個性も発揮しなければいけないのだから

ほら、「推し」は都合がいいだろ?

推し文化は、ゆとり教育によって産み出されたモンスター達の奏でる悲鳴だ。

とかなんとか悲観的なことを書いたけど、

世の中の風潮を作るのは、なんだかんだで若者である

1020代若者に何が流行っているのか、30代のおっさんおばさん達は気になって仕方がないからだ。

そして企業で力のある30代のおじさんおばさんを40・50代のジジババが決裁権支援する。

こういう構造から流行や風潮はまだまだ若者のものだ。

ゆとり世代推し文化が逆流して定着したのは、その構造があるからである

でも、希望はある。ゆとり教育も終わったことだし、推し文化なんていうゆとり精神的衰退の文化も、そのうちみんな飽きると信じたい。

いや、飽きさせてみせる。

それを成すのは、俺たち10代の役割だ。

2021-03-28

きれいな靴を履けるような足のかたちをしていない

すっと細長いパンプスや、シルエットのきれいなヒール靴、先の尖ったサンダル、そういうきれいな靴が履けない。これはかわいらしいものへの心理的抵抗とかじゃなく、もう本当に、物理的な話。

本当はダイアナとかのきれいな装飾のついた、お姫さまのような靴を履いてみたい。大きめサイズの棚に並ぶ、黒くて地味なやつとか、マルイ通勤で歩きやすそうですね、みたいな利便性一辺倒なやつじゃなくて。

綺麗な靴屋さんの前を通り過ぎるとき、楽しそうに靴を選ぶ人々のことをとても羨ましく思う。

たまに、もしかしたらと思って試着してみるけれど、やっぱり履けない。私の足が長くて広くてアーチが大きいせいで、踵が擦れたり親指の付け根が痛くなったり、そもそも履けなかったり。

試着で失敗して、店員さんに申し訳ない気持ちで靴を返すとき、非常に暗い気持ちになってしまう。シンデレラの意地悪な姉たちのように、靴を履くには足の親指を切るか、踵を削るか、そうしないと入らない。

私にぴったりのきれいな靴は、今のところここにはない。私は一生、シンデレラにはなれないのだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん