「雑巾」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雑巾とは

2019-02-12

anond:20190212092507

嫌な上司の茶に雑巾のしぼり汁を入れるOLの話とか昔からあったよね。本当かどうかしらんけど。

2019-02-09

デスブクマ

煽り運転事故を誘発して人を死なせた奴死ねばいいのに」→煽り運転野郎心臓麻痺死ぬ

虐待子供を殺した親は同じ目に遭って死ねばいいのに」→虐待親、何者かに拉致され拷問を受けて死ぬ

飲食店食品を汚した店員は汚れた雑巾を食って死ねばいいのに」→店員、汚れた雑巾を飲み込もうとしたまま窒息死

「現政権大臣ネトウヨ全員死ねばいいのに」→ネトウヨ組織的同時多発自爆テロを仕掛けてネトウヨと現政権大臣全員死ぬ

「俺にidコールしたブクマカは苦しんで死ねばいいのに」→ブクマカインフルエンザで1週間苦しんだ末にベランダから落ちて死ぬ

増田死ねばいいのに」→増田全員心臓麻痺死ぬ

2019-02-06

anond:20190205205718

実際に頭痛薬とかはそうなってるけど、貧民の空雑巾搾るだけでなんも効果ない

当事者アイディアってそんなもん

2019-02-05

野田市虐待事件母親は私だったかもしれない

ニュース見てるだけで当時のことが鮮明に思い出されてフラッシュバックする虐待サバイバー自分だけじゃないんだなと思った。

個人的にしんどい事件なので必要以上に見聞きしないようにしていたが、母親逮捕されたというニュースを見かけてすごく驚いた。

純粋に「母親DVをされていたと聞いたのに、なぜ逮捕されるのか」という疑問だった。

母親逮捕ニュースへのコメントで、母親も悪い、なぜ助けられなかったのか、なぜ黙って見ていたのかと糾弾している人が沢山いるのを見てすごく心が傷んだ。

同時に、普通はそう思うだろうなと思った。

ごく普通の家庭で育って、普通環境で生きてきたら暴力恫喝による絶対的支配というものには遭遇しないだろうし。

北九州事件を引き合いにしてる人もいた。あれは犯人意図的共犯にさせていたけれど、根本は同じだと思う。

わたしと母が加虐されていた時代家庭内暴力ドメスティックバイオレンスという言葉一般的じゃなかった。浸透してなかっただけかもしれないけど。

母が紫に腫れ上がった瞼を氷嚢で抑え、私を幼稚園から連れ出したその足で交番に駆け込んだこともあった。

警官が「夫婦喧嘩には、警察は口を出せないんですよ。」などということを言っていたことをハッキリと覚えているし、母の絶望にくれた顔もよく覚えている。

加虐者は、小学校に上がったわたしを殴ることはあまりしなくなった。私が殴られないように立ち振舞っていたというよりは、母が一身に請け負うようにしていたというのが正しいと思う。

椅子を引く時に不愉快な音がしたとか、足の爪の形が気に入らないとか、そういう些細なことで加虐者は暴力を振るう。

それを無理矢理に止めて自分の方へ暴力を向けさせる母はいつも震えていたし泣いていた。

わたしは一切の動きをやめて、無表情に徹していた。感情を出すと更に殴られるのを知っていたから。

未だにあの時のことを思い出すと手が震える。あの、一度握られたら誰かを傷つけるまで収まることのない拳を自分へ向かうように仕向ける母のことが信じられないとさえ考えてしまう。

野田市虐待事件母親逮捕されたニュースを見て、それに付けられたコメントを読んで、

あの時母が死んでいたら私も逮捕されて、同じように糾弾されていたのかと頭をよぎった。真面目に考えれば、未成年なのでされていないと思う。

けど殴る父を、母の口が裂けて鮮血がぼたぼたと床に流れ落ちるのを、止めもせずに「床が汚れていると更に機嫌を損ねるから」という理由で、雑巾で拭っていたあのときわたしは保身だけを考えていた。

掃除をしていれば、いい子だと思われて私は殴られないかもしれない」と小狡い考えを持っていた。

今回の野田市虐待事件母親有罪となるのなら、この時の私の考えも明らかに罪になる。

結果母も私も死ななかったが、もしあの時母が死んで、父が逮捕されたなら、私はそのまま生きていたとしても「自分も裁いてくれ」と考える日が来たように思う。そう考えてしまうと一概に母親逮捕に異を唱えることも出来ない。重ねて見てしまう点はあっても、彼女わたしではないから。

結局虐待記憶からは抜け出せない。

20年近く経ったわたしですら、ニュースを見る度苦しさが募る。

亡くなった女児のことを考えるには、まだわたしには余裕が足りない。

それでも今現在暴力を受けている人間が、一刻も早く抜け出せるように祈っている。

2019-01-29

anond:20190129173337

女は今日お姫様願望......ってかそれ以下

さんざん高望みした挙句ボロ雑巾のように捨て去る冷酷さよ。恐ろしい。



ま、多分嘘松だけど。

ピアノの発表会の思い出を書く

小学生の頃、ピアノを習っていた。

通っていた教室では年に1度発表会があって、多分強制じゃ無かったんだろうけど、当時はお月謝とか教室システムとか何も知らずに、ただなんとな〜〜く通っていたので、なんとな〜〜く発表会にも出席していた。

正直、ピアノ練習は好きじゃない。先生が発表会のために選んでくる曲は毎年複雑な曲になっていくし、やんちゃだったので、ピアノのために学校の体育なんかで指を怪我しないように気をつけるのもめんどくさかった。というか指をほぐす運動?運しの練習?のただ単調なアレ(名前忘れた)が最大級にウザかった。最高に楽しくないと思う。そんなのよりもう弾ける好きな曲弾いてた方が楽しくない?って感じだった。もっと言うと、音楽センスが無かったし、ピアノに没頭できるほどの興味も多分なかった。いつだかにのだめカンタービレドラマとか映画とかを見て「ふーん、音楽好きな人はこんな考え方をするのか」なんて思った記憶がある。

ここまで書いたけど、教室に通うのはそんなに嫌いじゃなかったと思う。教室ではでっかいグランドピアノが弾けるし、きちんと調律されてる綺麗なピアノだし、友達もいたし。

嫌だったのはピアノの発表会である

発表会だからって練習する曲は増やされるし、難しいし、怪我しそうなドッジボールとか避けなきゃいけないし、レッスンの時に先週より上手くなってなかったらいつも以上に怒られる。

ここまではまだいい。

発表会当日には、無駄に着飾らされて、母に連れられて遠い会場に来て、順番待たされて待たされて、そんでめちゃめちゃ大勢の前で震えながらなんとか1曲弾いて、それで終わったと思えば写真をしこたま撮られ、先生友達家族挨拶をさせられ、そうすると母親たちの世間話が始まって、子供の私はまた長時間待たされるのである。クソ楽しくねえ

さらに言うならば記念写真時間世界で一番大大大大大大嫌いすぎる。大多数の人類には分かんないだろうけど、私は写真に私が写ることが、台所に出てくるGくらい嫌いなんだ。理由を考えたこともあったけど、嫌いなもんは嫌いなんだよバーローしか思い至らない。というか変に着飾らされた小学生のブスが写真写り良くなるわけがないだろ。

あと、発表会が終わったあと、会場の至る所で花束を抱えている生徒がいたのも、両親のみならず祖父母叔父叔母あたりが駆けつけてくれてる生徒も羨ましすぎた。父親子供に無関心だったか仕事休みでも来てくれなかったし、家族や親戚にも来てくれる誰かや花束をくれるような誰かはいなかった。

変に着飾らされて、上手くもないピアノ大勢の前で弾かされて、死ぬほど嫌いな写真に撮られて、隣には母親ひとりだけで、花なんて持ってなくて、ひとりで帰ることも出来ずにただ母親たちの世間話が終わるのを待ってるブス(私)。最ッ高に最低な日でしょ。初めて働いた居酒屋で「掃除してきて」って言われて座敷で仕切り板ずらしたら大量のGが出てきた日くらい最低だと思う。今思えばそんくらい嫌だった。ちなみにGは泣きながら雑巾で潰したし、その後バイトは辞めたし店は潰れた。

結婚したくないし、できる気もしないけど、もし将来子供が出来てピアノを習わせることがあったとしても、子供が発表会出たい!やりたい!って言わない限りは発表会させたくない。だっての子供だし、未来旦那が相当な陽キャじゃない限り、きっと私と似たような趣味嗜好・思考回路になる。子供習い事させるのがステータスみたいな風潮あっても、やりたい/やりたくないをはっきり言える歳になるまでは習い事極力させない。絶対させない。させたくない。

私ならよくわかんない年齢の時に「ピアノやりたい?」ってしつこく聞かれて「(よくわかんないけど)やる〜」って答えさせられてなあなあでピアノやらされ続けるの絶対やだ。実際よくわかってない年長さんのころから始めて、なあなあで中2くらいまで続けてしまった。こんなこと次世代にまでさせていいわけがない。断固拒否する。

いや恋人すらいないんですけどね

2019-01-22

反差別界隈の人にアメリカ生活してほしい

アメリカ差別に明確に反対してて素晴らしいみたいに言われてるけど

アメリカに行った事のある人なら日本差別が圧倒的に少ないことを知ってると思う

アメリカって挨拶代わりに差別される国なんだよ

からこそ、差別にノーを突き付けるのが正義だとされてる

そもそも差別なんか一部ネトウヨ界隈にしかない国では当事者間でなんとかしろで済む話

いくら俺が差別に反対したって自分差別当事者になることなんて日本では一生ないんだから(笑)

マジでネトウヨみたいなザコじゃなくて

アジア人イビりのプロであるゴリマッチョ黒人や知性で秀でてる白人至上主義者とガチバトルして欲しい

3秒でボロ雑巾になってくる姿が目に浮かぶ(笑)

劇場版若おかみは小学生!」の謎「命の恩人のいうことは聞くもんやで

劇場公開も終わったので・・・

「命の恩人のいうことは聞くもんやで」

どうやってウリ坊はおっこの命を救ったのか?

ウリ坊は物理的・ニュートン力学作用を、現実存在する物体に及ぼすことはできない。

鯉のぼりを操ったり雑巾がけをしたりトカゲを石の落下から守ったりできる美陽(白ワンピース)とは違う。

可能性A

もっともらしい説明は「その時不思議なことが起こったから」であろう。生と死の境目に位置したものについては干渉することができるとか何とか。

実際、ノベライズではそんな感じのようだ。

小説版はおっこ一人称であり、ウリ坊がそう説明した、ということだ。

だが、我々は「信用できない語り手」という概念を知っている。

可能性B

・ウリ坊はおっこを救っていない

B-1

・おっこもあの事故で死んでおり、劇中のおっこは幽霊である

 主人公主人公相手が実はとっくに死んでいた、幽霊だった、というのは「(ネタバレ)」「(ネタバレ)」などいくつか先行作品がある。

 マンション引き払い、転校手続きなどを小学生一人で実行できたとは思えないことから、これには一定説明力がある。

 ただし、大女将、春の屋スタッフ宿泊客「だけ」に見える幽霊というのはあり得ても、学校先生同級生全員、秋好旅館モブスタッフあたりにまで全員見える幽霊というのはさすがに無理がある。

B-2

・おっこは偶然助かった。

 スーパーナチュラルな要素なく、偶然助かった。ループものでいえば100000000000000000000回に1回助かった、みたいな。

 あまりスマートではないがいったんこの説を保留しておこう。

B-2-1

・おっこが助かったのは偶然であり、ウリ坊は自分が命の恩人であると騙しておっこに旅館の若女将役を務めさせようとした。

 だが、ウリ坊が嘘をついたと決めつけてよいのだとすると、何でもありではないか? スマートではない。

そもそも「命の恩人のいうことは聞くもんやで」の謎について考えていた。

しかし、問いの立て方が間違っていたのではないか

「(おっこの)命の恩人(であるワイ)のいうことは聞くもんやで」

との解釈が間違っていたとすれば?

「(Xの)命の恩人(であるY)のいうことは聞くもんやで」

C

「(大女将の)命の恩人(であるウリ坊)のいうことは聞くもんやで」

 たしか自分がおっこの命の恩人であるとは言っていない。物理的にも不可能だ。あらためて述べるが、プリンも食べられない幽霊であるウリ坊にトラックにはねられた人体を動かす力があるわけではない。

 だが、幽霊になる前、たしかにウリ坊は若き日の大女将を救っている。  

 とはいものの、大女将の命の恩人だとして、なぜ?という問いが

D

「(おっこの)命の恩人(である祖母)のいうことは聞くもんやで」

 たしか一龍斎春水の声で「織子ヨ春の屋の女将になっておくれ」との台詞はない。

 だが、幽霊であるウリ坊にとって、声帯を用いて発せられた明示的な言葉と、内心の声の区別がつかないという可能性もあるのではないだろうか。

 ウリ坊が大女将の内心の声を「いうこと」と表現したとすれば・・・

可能Bダッシュ 触媒

 ウリ坊単独でおっこを救ったのではないとしても、勝手自然に偶然に助かったのではなく、ウリ坊が何らかの存在の助けを借りておっこを救ったとしたら、

 ウリ坊がおっこを救ったとも言えなくもない。

 それは両親や大女将(の生霊。美陽タイプニュートン力学干渉能を持つ)かもしれないし、春の湯(概念)かもしれない。

続く

2019-01-16

動画とかで、画面の端に画面を写すのを「ワイプ」というのは正しいの?

Picture-in-Picture (PinP/PiP)が正しいと思うんだけど。

まず語源からして合ってない気がするし、ワイプって言われるとシーンからシーンに映る時のトランジションエフェクトのことだと思ってしまう。

wipe

自動

拭く、軽くこする

【他動】

〔汚れなどを〕を拭く、ぬぐう、拭き取る、一掃する

・Wipe the inside of the tube with a clean cloth. : 清潔な布でチューブの内側を拭いてください。

【名】

拭くこと

拭き取り繊維、ティッシュ、(化学雑巾


Premiereドキュメントには Picture in picture って出ている

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/multi/4609.html

映像業界の人はどんな感じなんだろ?

2019-01-06

衰退と分業が難しくなること

スーパーマーケットに行ってきた帰り、歩いている途中で、

人口減少による衰退というのは、実は分業が困難になることを意味しているのではないかということを考えた。

社会が豊かになる過程で、色々な会社が生まれて、本来は家庭の兼業主婦or夫がやらなければならな仕事、費やさなければならなかった時間代替してくれる。

私は結婚もせず一人暮らしをしているけど、レトルト食品ボンカレーの類)や、りんごみかん、パックされたサラダ

それから洗剤や、便所掃除する使い捨てタオルなどのお掃除グッズを買った。

私も一人暮らしが長いので、カレーライスぐらいはなんとか1人で作れる。でも実際には、レトルトで満足している。サラダだってキャベツを買って切った方が安上がりだが、パックの野菜を買っている。お掃除グッズにしろ、洗剤と雑巾という方法で頑張る方が一般的かもしれないが、さっと拭いて、さっとゴミ箱に捨てた方が楽である

要するに、時間を買っているのである。あるいは、色々考えて手を動かすことが面倒なので、一日当たりの有効脳みそ活用スペースを購入しているとも言える。

これらは、本来家庭が持っていた機能の一部を、企業が集約的に行うことで、代替しているとみることができる。

古くは、洗濯機に、冷蔵庫白物家電は、そもそも主婦労働を置換するために発達してきた。そしてその時間を利用して、日本が発展していったのだ。

ひるがえって、考えてみると、人口減少社会では、そのような、集約と分業が困難になる。

人が余っていれば、余っている人を集めて、新しく家庭の機能の何かを集約的に行うことで効率化が進められるが、そのような流れが起きない。

そうでなくても、昔に比べてワンオペと言われる育児、そして、介護問題

例えば、一流企業従業員であっても、親の介護、それに育児といった家庭の仕事が集積して、

仕事出世のようなバカバカしい事はやめようという考えになる方が自然である

そもそも育児介護自分でやらないで他の人にまかせるというのは難しい。海外のようにメイドを雇えばいいという話もあるが、

見方によっては自分の代わりにメイドという別の人生を購入して、犠牲者転嫁しているということもできる。

人口減少 → 衰退

の間に、もう一つコマをつくって

人口減少 → 分業不可能性 → 衰退

と考えると、スッキリ理解できるのではないかと感じた。

2019-01-01

でもぶっちゃけさあ、現代におけるスカートって結局は男の為のモンでしょ

私たちは好きでこれを履いてるの! だから男は性的な目で見ないで」

 

どう主張しようと結構なんだけどさ

一切性的な目で見られたくないなら、男みたいに緩めのズボン履いて

それにあったコーディネートした方が良くね?

 

夏だろうと冬だろうと、スカートってだけで足元は肌寒い

なんかの表紙で転べばパンツ見えるわ運動性はないわ、何の意味も無いじゃん

しろスカート履く方が人生自由度下がるよね? 

自立を謳っておいてスカートをはくってのは

黒人解放叫びながら鎖&鉄球を足にはめるようなもんだろ

 

ファッションとしてもダサイ フェミニンな感じしか出てこないからね

ズボン男性性も女性性も出せるが、

スカート男性性を出そうとするならバグパイプ咥えるしかない訳だ

短くすればパンツも見えるし、ファッションとしての自由度もない

ヘンタイアニメ好きのバカくらいなもんだろ、あんなの好む奴

 

歴史コンテクスト無視できない

ズボン作業用として実に合理的だけど

スカートなんか、男がすぐに股に顔突っ込めくらいの意味合いしかないじゃん

いわば、古代ギリシャローマトーから技術進歩は一つも無いわけだよ?

あの時代のヤリまくり社会要請から何一つ進化してない(女だけ)

 

からハッキリ言って、スカートはクソだし

これを解放の旗印にするのはバカフェミニストしか言いようがない

今すぐ手ごろな大きさに破いて雑巾にするか

もう一つスカート買って、二つ合わせてズボンに練成しろ

2018-12-30

バイト日記

最近、掌がすごく黄色お客様が多いなって思う。

冬休みミカンを箱買いして炬燵にあたりながらモソモソと食べる、というカルチャーはいまだに現役なのだろうか?

なお、我が家には気前のいい知人がくれたミカン一箱があったりする。ミカンうまし。

万引き常習者なお客様が二度ご来店。相棒が言うには、そのお客様毎日何度も来店するそうだが、私はそんなの初めて見た。相棒はそのお客様万引き常習者であることを知らなかった。

暇だったので掃除がしたかったのだが、棚にびっしり並んだ商品を一旦降ろして、棚に雑巾をかけて、また並べる程には暇じゃないという、微妙な感じ。

お客様になんか物凄く誉められたが、物凄く誉められて恐縮して私がペコペコ頭を下げてると、相棒不安になるらしい。

大丈夫?なんかやらかしたの?」

心配された。

コンビニ店員って失敗した時しかお客様から注目されないのが普通なので、誉められるというのはなかなか珍しい体験なんだけど、もし誉めどころがあったらその店員本人よりもオーナーとか店長に言ってくれたらより一層ありがたいんだけどなーと思う。

昔、定食屋ウエイトレスやってた時に、たまに接客態度が良いとかお客様からお褒めあずかったりしたのだが、悲しい事にそれが原因で、お客様が帰られた後に嫌な目に合う事が多かった。

というのも、店の女将さんがかなり嫌な人で、私がお客様から誉められてるのを見るとクレーム付けられてるのと勘違いしたばかりでなく、私の言い分を聞かずに頭ごなしに怒鳴り付けるという事がよくあったのである

私がお客様から誉められたのだと、ちゃんと主張が聞いて貰えた場合でも、「ちょっと言われただけでいい気になって」とか、「あんたみたいな顔と愛嬌だけで渡ってる奴は身体でも売って生きてろ」とか、そういう暴言ばかり言われたものだ。

その女将さんほど性格の悪い人は今の職場はいないけど、ま、私が自分の行いによって誉められたとして、嬉しいのは私だけだし別に良い事なんてない。オーナーとか店長にこの店は従業員教育が良いとでも言ってくれれば、オーナー店長から皆誉められて皆ハッピーな筈だ。それなら、私がお客様に媚びへつらってズルしてるという風には、誰も言わないだろう。

この間、イケメン正社員氏にこの店は年末年始は忙しい?って聞いたら、

「ちょおおおおおお暇っす!あと知らないお客さんばっかり来まっす!」

と言っていた。イケメン正社員氏の言う「知らないお客さん」というのは「迷惑な客」とほぼ同義なので、正月期間にガッツリ仕事を入れてしまった私は、不安になる。

2018-12-29

バイト日記

昨日はほどほどにお客様が来たけど、普段金曜日に比べたらだいぶ暇だった。

でも、仕事納め後なのに普段火曜日くらいの集客はあるんだから、うちの店は混む方なんだろうなと思う。

暇だからあちこち掃除したけど、棚から商品を全て撤去して掃除出来る程の暇さ加減ではなかったので、新商品入荷待ちで空き面積の広い棚とその周辺を、商品をちまちま移動させながら拭いた。

夜勤時間帯に入ってからは、ホットスナック肉まん什器プロアルバイター氏と手分けして掃除した。

冬休みに入りたてのせいか10時過ぎなのにお客様がぞろぞろ来店したりした。

私、酔払いなお客様に初遭遇。暴言暴力を振るう系の酔払いではなかったのでよかった。

「なに今の人」

ってプロアルバイター氏に聞かれたので

「酔払いです」

って言ったら、プロアルバイター氏はすごい変な顔芸で「うああ来たよ、年末だなー」と言った。


半端な掃除しか出来なくても、やらないよりはだいぶお店の中がいい感じになった。

もしも、全メンバーちょっと棚に空きが出来たのを見付けては雑巾で拭くようにしたら、大掃除する暇がなくてももっと店内は綺麗になるんじゃないかと思うけど、皆が皆、そんな暇はないと言ってるらしいので、そうはならない。

私の勤める店の前の通りを真っ直ぐ三キロくらい言った所に同系列コンビニがあるんだけど、そこはお店の中に塵一つ落ちてなくてめちゃめちゃ綺麗。ポテチの陰に埃がもっそり積もっていたり、牛乳パックの下敷きになって虫が死んでいたりとかしない。

どうしたらこんなに掃除を行き届かせる事が出来るんだろうなぁ。

私が頑張っても無力な気がするし、相棒なんかは余計な仕事やすんじゃないって怒りそうだけど、相棒の目を盗んでちまちま掃除に励むのを、来年目標としよう。

2018-12-12

両親とも専業主ふって家庭は存在しないのかな

主ふ一人当たり1000万円、ダブルインカムから世帯年収2000万円相当だよね。

放課後遊びに行ったらお父さんもいるお家がそれに当たるのかな。

弁当雑巾クオリティが半端なく高そう。

2018-12-11

25歳女、おしっこを漏らす

おしっこを漏らした」

その事実をようやく受け止めた頃、私はただぼんやりと薄汚いパンツを見つめていた。

事の発端は、夢だった。

うどんな夢だか忘れてしまったが、夢の中で私はトイレに入り、用を足そうとした。小さい頃ならお漏らしフラグとしてかなり確実かつあるあるな場面だ。

でも、私はもう25歳。最後に漏らしたのは小学生の時だし(ゴミ出しに行くエレベーターの中で漏らした。9歳の時だった)、もうこれだけ大人になれば夢で用を足したって現実に影響が出ることはない。実際、今までも夢の中で用を足したことはあったが、漏らしたことはなかった。

異変に気づいたのはおしっこ20%ほど出した時だった。おや?と首を捻る。

『これはもしや、夢なのでは?』

そう思った次の瞬間には、自室のベッドの上だった。しかも、嫌なことに──おしっこの穴から、何かが漏れ出ていくような感覚が、した。

いや、でもこれはおしっこにいきたいという予兆なのかもしれない。すぐにベッドから飛び降りると、トイレへ急ぐ。そして、身体に残っていたおしっこの70%を出し切った時、私はただ何にも考えていない頭で、自分パンツを触った。

湿っている。明らかに湿っている。

パジャマにしている、ジャージズボンも触ってみる。そこもやっぱり、湿っていた。

漏らした。私は25歳にもなって、漏らしたのだ。

ここから後の行動は速かった。パンツズボンを水でさっと洗ってから洗濯機へ投げ込み、新しいものへ履き替える。

シーツも湿っていたので雑巾でひたすらポンポンポンポン……と叩いて汚れを取った。

ベッド自体おしっこが染み込まなかったことだけが救いだった。

それから今日を過ごしたわけだけど、仕事をしている最中はずっと「私はおしっこを漏らしたんだ……」と変えようのない事実がずっと頭の中をついてきたし、上司に注意されても「大人にもなっておしっこを漏らした女に人権はないんだ……」と思ったし、何となくおしっこの穴が緩い気がした。

前に友人の家の風呂うんこを漏らしたこともあるが、その感覚を少し思い出したような気がした。

今回のことで学んだのは、

大人になっておしっこを漏らすのはたとえ家で、誰に見られてないとしても羞恥心が生まれ

・お漏らしの処理は楽(子どもの頃は途方にくれるしかなかったが、今では少なくともどう対処すれば良いのか分かる)

・でもお漏らしはちょっと気持ちいい

ということだろう。

私は実家暮らしなので、恐らく家へ帰ったら洗濯されたパンツズボンが畳まれて置かれているはずだ。

今日はそれに思いを馳せながら、まだ火曜日だけど、お酒を飲もうと思う。

2018-12-05

anond:20181205122043

どっちもあんまりピンとこないな…

洗濯ものは床に置かないが自分は床に座るし、その後ベッドに寝転ぶのも気にならない

スーツケースは直接床に置きたくない(足の部分を拭けばOK

掃除というのは普通に掃除機掛けること?それならするが、雑巾がけとかは何か零さなければしない

まあ自分感覚あんまり整合性はないな、とは思う

2018-12-04

[] ルンバを使うのって手抜きじゃない?

手抜きが悪いとは言わないけど、手抜きだと思ってる人は結構いるんじゃない?

はてなだと他のはてなーの表情を伺ってかみんな同じような意見だけど、ちゃん掃除してる人はルンバ使ったりとか、掃除機使ったりとかする際にちょっとした罪悪感あったりしない?

自分は幼少期から掃除してるけど祖母母親専業主婦だったのもあって、いつの間にか基本雑巾から絞らないとという強迫観念のようなものが植え付けられてる。

とはいえ自分の中でも許容範囲の線引きみたいなのあって、クイックルワイパーダスキンモップはOKとかマイルール化してる。

このマイルールの線引きが人によって違うのだと思うけど、掃除結構やってる人なら自分と同じラインの人もいるんじゃないかな?

手抜き掃除しか出来ないのなら、それは手抜き掃除ではなくて、その人にとっての掃除のものから、そりゃあ自分掃除を手抜きと言われたら怒りたくなるのはわかるけど、普段手順を踏んで掃除してる人からするといやいや手抜きは手抜きだよねってなるよね。

結局、掃除日常化していく過程で、個々人が「綿花栽培から始める人」「古タオルを使うけど雑巾は縫う人」「ホムセン雑巾や箒を買う人」「ルンバブラーバがメインの人」みたいなのに分類されてて、左側の人から見ると右側は手抜きだよねってなるんじゃないかと。

ここで、分類を無視して手抜きかどうかを議論したり、妻とか夫とかの問題を絡めてくるからややこしくなる。そんなことより、「ダシをとるところから始める人」の強迫観念をどうやったら取り除けるかを議論すべきなんじゃない?

2018-11-24

anond:20181124212824

お前は周りに親切にしてボロ雑巾になるまで働けばいいんだ!

2018-11-17

教室で失禁した思い出

を、ふと今日思い出した。

17年前、私は教室おしっこを漏らした。

授業の最中、強烈な尿意に襲われた。休み時間まであと20分以上はあったと思う。

先生トイレに行ってきます

その一言が恥ずかしくて言えなくて、下腹部に力を溜めて一生懸命おしっこ我慢していた。

席は確か教室の壁側、前から2-3番目だったと思う。

時間が経つにつれ、冷や汗が出てきて頭が真っ白になっていった。

どうしようどうしようという焦燥感に襲われて、頭はその事でいっぱいだった。

もうだめだ、と感じた瞬間、股間からじわっと温かい感覚があった。

あとはもうそのまま。

我慢したけど少しずつおしっこ漏れていって、パンツ制服もびしょ濡れになった。

幸い、当時椅子にはお母さんお手製の座布団が敷いてあったのですぐには床には垂れなかった。

じわじわと、座布団に染み込んだおしっこ椅子の足を伝ってゆっくりと床に水たまりを作っていった。

制服の長いスカートが上手く隠していたんだと思う。

当時、机の横に雑巾をかけるというルールがあったため、急いで雑巾を床に落として足で拭いた。

壁側だったからできた荒業だったと思う。

漏らした、どうしよう、気づかれていないか

周りを慎重に見回しながら、目線が下に行っている生徒がいないかかめた。

いない、よかった、誰も気付いてない。

おしっこでぐしょぐしょになった制服のまま、床を拭き終えると、壁と机の間に雑巾押し付けて、何事も無かったように授業に勤しんだ。

次の中休みか何かで友達トイレ行こうと言ってきたので席を立った。

濃紺セーラー服は濡れ染みが目立たなかったのでトイレ下着スカート一生懸命トイレットペーパーで拭いた。

一生忘れそうもない出来事なのに、すっかり忘れていた。

自宅のソファでごろ寝していた時に、ふとトイレ行きたいなと思った瞬間にハッと思い出した。詳細な記憶が全部湧き上がってきた。

あの時、後ろや隣の席の子は本当に気がついていなかったのだろうか。

匂いがあったんじゃないだろうか。

誰にも指摘されず、そのままこの歳まで過ごしてきた。

本当は気付いていたけどいじられキャラとかじゃないから言い出せなかったんだろうか。

2018-11-11

小学校雑巾がけってなんの意味があったの?

モップの正しい使い方とか教えてくれたほうがよっぽど有益だったよな

2018-11-06

anond:20181031092119

Twitterビジネスホテル清掃の経験談が書いてあったけど、掃除時間がなさ過ぎて手抜きするためにトイレの床を掃除した雑巾でコップを拭いたりするらしいな 

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん