「住宅ローン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 住宅ローンとは

2024-06-24

anond:20240624171108

民主党政権時にデフレだった一方で住宅ローン貸出残高が増えたので

デフレ好景気という次元は実はある

デフレで売上が上がるのは良い

証券として蓄財されてた金が実体経済に使われた

今は証券業界の吸い込み力が強すぎる

2024-06-21

平成元年から昨年までに

住宅ローン貸出残高は2.1倍になった

政府予算は5年前に爆増して結局2.15倍になった

不動産業界との対抗意識が見られる

そんなことで増税すんな

2024-06-20

anond:20240620141560

それそれ

派遣が増えて家売れず

逆に民主党政権とき住宅ローン貸出しが増えてるのは、デフレ証券不振だったからか

今はインフレ証券好調マイナス金利から、超資産家の不動産投資額は増えてるかもなあ

というかモテたいのか?

結婚して子供いるけど住宅ローン自動車ローン生活ギリギリ40代男は

妻以外に好意を持たれないどころか職場女性雑談を振っても微妙な作り笑いで逃げられるハッキリ言って非モテの部類

  

だけど世の弱者男性って俺みたいになるくらいなら結婚なんかしなくて良くて、ニッコリ微笑みかけるだけで今夜のセックスが確保できるくらいにモテモテになりたいって事なのか?

  

それならすまん

結婚して子供いるだけで上な気分になってたわ

志は君らの方が全然上です

なんでマイナス金利を引きずっている?住宅ローン貸出残高が都銀などの収入源だからかもしれない

 

私は初耳だったので驚いたが、小泉政権2001年から2009年まで住宅ローン総残高は微減だったのである

民主党政権になってから微増に転じたのである(この点は優秀な政権だったのだ)

アベノミクスマイナス金利政策をしたので残高は当然増加した(低金利銀行からないとしても)もっとも貧富格差をつけて家持ちを増やしたわけで、良否はなんとも言えない

さてマイナス金利を止めるとまた新規住宅案件は減って、貸出残高も減少傾向になるだろうが、銀行マイナス金利もうやめろと言っているようである

 

一方、不動産マイナス金利続けろといっているのだろう 

都会は不動産店が不自然なほど溢れているからな

2024-06-18

心療内科精神科に行くデメリット教えて

10年くらい常にうっすら憂鬱で、感情の起伏がなくなっている

俺の気質によるものなのか、何らかの精神疾患なのかを知りたいか心療内科精神科に行ってみようかと思うんだが

よく住宅ローンが組めなくなる とか 生命保険に影響が(既に加入済み) とか聞くんだが本当かい

あるいは、もしそれ以外に社会的デメリットがあれば教えてくれないか

anond:20240618110209

ただのワナビーだと買えない値段だけどな

独身貴族か、IT系小金に余裕がある奴じゃないととても買えん

年収1000万サラリーマンぐらいじゃ、家族やら住宅ローンやら考えたら、

ボーナスで買えることは買えるけど、そんなの買う前に他にボーナス用途あるしな・・・という感じ

2024-06-17

anond:20240617171542

今日ランチそんな話したわ

逆に高額ローンで後悔してる実例で多かったのは

住宅ローンが高額すぎて2人目の子供を諦めざるを得なかったって意見

住宅ローンなんて限度いっぱいまで借りろ

貸してくれるなら借りるのが一番に決まってるだろ

月々の支払いができないなら借りられないけど

そんなのそもそも貸してくれない

病気になったら」「失業したら」みたいなのはその時に考えろ

金銭面のコスパだけしか考えてないと借りて半年して死ぬのが一番得って話になるぞ

墓が安いぞ今すぐ死ね、と同じ理屈

やりたいことをやれ

そのために必要で貸してくれるなら迷わず借りろ

https://b.hatena.ne.jp/entry/4754991675697492032/comment/strawberryhunter

理想住宅ローン控除の10年が過ぎたら住んでいる物件を売らずに賃貸に出し、次の物件住宅ローンで買うこと。リセールバリューを期待するようでは先が思いやられる。

そんな借り方を許す銀行存在しないが

2024-06-11

ふるさと納税しない奴は住宅ローン減税も受けないんだよね

年収2000万までしか受けられないけど

そもそも家を買おうなんて人は高い借入金を受け取れるような富裕層であって

ふるさと納税と同じで富裕層向けの減税措置でしょ

志が立派な人はそういった減税措置は受け入れずにシコシコと税金納めてくれるんだから

大変ありがたいものです

2024-06-10

anond:20240610162425

妻の浮気離婚して住宅ローン払い続けてる男とか家庭内別居で1年間無視される男とか見つかるけど

anond:20220106101918

数年前の投稿への自己レスアップデート

  

10ちょっと前に5,000万円のローンで土地購入+注文住宅を建てたが得しかない、という例です。」

と書いていた物件の売却が決まり、リターンが確定した。

  

結局自分半年程度、家族含めて1年も住めないまま、国内外の転勤が続き、その間ほぼずっと貸しっぱなし。

質問住宅ローンでも貸せるのかというものがありましたが、住む予定で借りて、実際に住んで、業務命令で転勤した場合OKであることは確認済み)

  

リーマンショック後・東日本大震災前のほぼ底値で仕入れ土地・資材、そして変に高いものを勧めてこないまじめな工務店に恵まれ幸運もあり、

また、借主や周辺環境の変化にも恵まれた(地価も上がった)ため、年間ベースでは常に手取り賃料>返済を維持できた。

最近完済した残債と売却額との差が約2,500万円。当初入れた頭金やメンテナンス費用税金などもあるので、実質的には1,500万円くらいのリターン。

加えて、後述のような事情で後数年は賃料が入る予定なので、その手取り分は純粋な追加リターンとなる。

 

売却のきっかけは離婚。売却先は元妻の親族

  

離婚にあたっては婚姻中に得た財産を分割する必要がある。

自分としては普通に売却して綺麗に現金での分割を主張したが、元妻側が不動産要望

(将来住むためというわけでなく、収益物件として保有したいとのこと)

  

自分と元妻の結婚後の資産自分の方が多いが、圧倒的というわけでないし、慰謝料請求こそしないが元妻に親切にする気になれない離婚理由(察してください)なので、ただで譲る気にはなれなかった。

結局複数不動産会社に売却の想定価格見積もりをとり、その平均の評価額−ローンの残債をベース婚姻後の純資産の合計を計算不動産を元妻が得る分、自分現金を得ることになった。

そこからさらに色々あり、結局元妻ではなく元妻の親族が直接の譲渡先となった。譲渡価格は上の見積もりに若干色をつけてくれた。

ただし、支払いはしばらくかかるため、それまではこちのもの、となった。こちらとしては賃料が入ってくるので異議はない。

諸々契約をし、公正証書作成し、離婚届を提出した。

  

離婚ダメージ、そして、ほとんど貸しっぱなしの物件だったとはいえ、どこかでリフォームして家族で過ごすことも考えた家を手放すのは思っていた以上にダメージがあった、というかまだある。

  

でも悪いことばかりではない。

売却しても負債が残るような物件でなくて本当に良かったと思った。

元妻もそこそこ稼ぐ人だったが、家は頭金も名義も返済も全部一人でやっていたことも、物事が複雑にならなくて良かった。

あと子供が成人していて親権について争うこともなかったのも良かったし、子供との関係が維持できているのも良かった。

  

今後どうするか?

この10年くらい好調だった資産運用に加えて、上のようなキャッシュが入ってくるので、完全にFIREもできる程度の資産となる。

家・不動産について言えば、今買いたいと思える不動産もないし、自分一人なら賃貸の方がいい。

当面は大きな判断をせず、日々の仕事をしていくことになるのだろう。

  

自分もほんの数ヶ月前まではこのような展開になるとは思わなかった。人生何あるかわからない。

2024-06-06

anond:20240605092246

円安金利が安いとき住宅ローン組ませたくないか

あんまり宣伝されてなかったんよな

https://anond.hatelabo.jp/20240606010445

トヨタの売上優先で円安維持して少子化とか

アホだな

法人税安いくせに

マイナス金利そろそろ終わるし、住宅ローン金利も上がってくるんで

金融業界はは新築マンション売りつけたいぜぇ

東京都世帯対策やらせるぜぇ

少子化政策理由が分かりやすぎて白けるわー)

2024-06-02

財務省は昨日、5年後に発足する二重貨幣経済概要を発表しました

この制度により、一般消費に使用される生活貨幣と、政府活動企業活動を支える投資貨幣という、二種類の貨幣共存体制が発足し、労働者消費者は主に生活貨幣民間企業は主に投資貨幣を所有・使用することになります

また金融機関は、消費者金融生活貨幣一般銀行投資貨幣を取り扱うことになり、住宅ローン消費者金融によって提供されるサービスになります

併せて政治資金規正法改正により、政治資金における貨幣割合は、生活貨幣を50%以上とすることが義務付けられました

企業献金受入可能額が消費者献金の総額に応じて制限されるため、政治家消費者から献金を求めざるを得なくなり、労働者賃上げ消費財販売価格の値下がりに繋がる効果があると見られています

一方、労働者政治献金による利益を得やすくなります

real economy 実体経済 ←→ financial sector 金融部門 , monetary economy 貨幣経済

market economy 市場経済 ←→ planned economy 計画経済 , comamnd economy 指令経済

real GDP 国内総生産 ←→ nominal GDP 名目GDP

consumer economy 消費経済, home economics 家政 ←→ asset economy 資産経済, private-capital economy 民間資本経済

2024-05-30

ただ待つだけの日々

気が付いたら待っているだけの人生になった。

定年まで時間が過ぎるのを待つだけ。

子どもが大きくなるのを待つだけ。

積立投資資産が増えるのを待つだけ。

住宅ローンを返し終わるのを待つだけ。

他に何もしようがない、待つことだけが最適解。

ももどかしいんだよ。

立憲共産等に期待すること

なるべく早い段階で年収の壁を取っ払い、全ての労働者とそれを雇ってる企業から社保を取れるようにする

2030年までに消費税を15%に増税し、高齢者定義を70歳以上、後期高齢者を80歳以上にする

住宅ローン控除は延長せず終了する

こうすることで今の高齢者幸せ生活を守ることが出来る財源を確保する

と同時に子育て支援金で得たお金をもとに「高齢者地域の子育てに参加できるよう支援をするNPO」にお金をかける

これをすることで高齢者生活にもハリが出てきて元気で希望が持てる社会になる

前回消費増税してくれた立憲民主党なら、NPOに公金を投入することに定評のある日本共産党ならそれらをやってくれると信じている

まずは東京都から

そして来年衆院選政権交代

2024-05-27

既婚者のエネルギーすごい

独身30代後半だけどもう大分仕事やる気無い

年代の既婚者は仕事めちゃくちゃ頑張ってる

愚痴りながらもめっちゃ頑張ってる

住宅ローンに小さい子供の面倒も見てめっちゃ頑張ってる

すごいエネルギーで素直に羨ましい

エネルギーに溢れているか私生活が充実しているのか

環境からエネルギーを溢れさせないと生活できない状況なのかはわからない

やっぱ人一人食えるくらい稼げばいいやって人間

妻子が居てよりいい暮らし貪欲に欲する人間って根本的に違うんだなあ

20代の頃は似たりよったりだったのに笑えるよな

笑える・・・

2024-05-24

夫のために子供を産むということ。

私の正直な気持ち

私自身は、子供を持たない人生で多数の偏見さらされても、受け入れられる。

だって欲しいと思ってない子供が、産まれるほうが、不幸だから

私が偏見や悪意に傷つけられても、一向に構わない。

一抹の不安

ただし、結婚している以上、夫のことも道連れにすることになるため、どこかで何かが夫を傷つけてしまうのではないかと…それだけが怖い。

心無い言葉を夫に向ける人がいるかもしれない。

自身が、自分存在意義や稼ぐ意味を見失うかもしれない。

子供を持って一人前とか、ちゃんと性生活はあるのかとか、不妊の原因はどっちだとか。

お酒の場でこういう会話になることもあろう。

中高年になったときを考えてみる

そもそも子供持たない女性独身・既婚問わず)は、趣味が充実してたり同じ境遇の友人グループと集まったり旅に出たりと、なんだかんだ身軽で楽しそうなミドル世代が多い気がする。

職場にこういう女性がたくさんいる。

都内から余暇選択肢がたくさんある)

男性子供がいないミドル世代は、職場と家の往復みたいになったりしないかな?

そういうミドル世代男性が身近にいないのでわからないが。

仕事して、住宅ローンを返済して、たまにネトフリ見て、少し賞与が出たら繰り上げ返済して、また仕事して、仕事して、たまに飲みに行って、仕事。代わり映えのない毎日

世代の子持ちの男性育児に苦労してるのを見て、羨ましく思うかも。(だって子供がいないと、毎日想像通りだし、想定外のことはあまり起きないだろうし、大抵のことはお金があればなんとかなるし)

辛い思い、虚しい思いを夫にさせたくない。

どこまで見えているのか

子供を欲しがる男性は多いが、

その解像度の低さに驚くことがある。

障害を持って産まれるかもしれない。

いじめに遭うかもしれない。

しろ、誰かをいじめるかもしれない。

落ちこぼれるかもしれない。

今まで通り仕事に全力で打ち込めないだろう。

突然の欠勤で頭を下げることもあるかもしれない。

睡眠時間が取れないまま朝を迎えたり

疲れが取れないまま月曜日を迎えることもあるだろう。

どこへ行くにも子供優先。トイレ食事、段差、歩く距離、その他たくさんの物事が劇的に変わる。

楽しいことばかりじゃない。

しろ楽しいことなんてわずしかない。

そして、先進国だった日本はとうに失われ、貧しい国に成り下がってしまった。

欧米からは安く買い叩かれ、競争力は低下し、天然資源もない癖に第一次産業を守れず諸外国から食べ物さえも購入しないといけない。

自殺率は高止まり高齢者基準は引き上げられ、年金支給開始年齢から計算すると納めた分だけを受給することさえ難しくなる。国家による搾取

トヨタ株と大谷翔平活躍以外、希望という希望が見えない。

こんな国に子供を産み落として本当にいいのだろうか。

たくましく幸せに過ごしてくれるだろうか。

anond:20240524112933

全額ローンである以上、資産の大半が不動産っておかしくね

30代で購入するにしろ賃貸しろ、その時点では資産同じでしょ

仮に1000万としてもそのまま賃貸の人は1000万のままだし

家買っても全額ローンだから1000万のままだぞ?


全額ローンの意味勘違いしているか、持っている資産純資産の違いが分かってないか、どっち?頭金1割の話も引いてるから後者だと思うけど、そういうのに縁遠い学生さん

一応説明しておくと、全額ローン・フルローンというのは頭金無しでローンを組むこと。住宅ローンは余裕があるなら1割は頭金を入れた方が有利だから、たとえば増田の出している1000万円持っている人が1割の頭金を入れて住宅ローンを組み、9000万円の借入と頭金を合わせて1億円のマンションを買ったとすると、持っている資産マンション1億円。それと同時に9000万の負債を抱え、差分純資産として1000万を持っていることになる。資産の大半が不動産だ。一方で賃貸の人はとりあえず1000万円の銀行預金のままでこれが資産であり、同時に純資産も1000万円になる。この場合賃貸の人はまだ何も資産運用していないが、持ち家の人は1億円のマンションという巨額の運用をしているわけだ。両者で変わらないのは純資産であり、資産は別物になっている。もしマンション価格バカ上がりして2億円になったら得をするし、経年による値下がり以上にマンション価格が下がれば損をすることになる(もともとのマンション価格の1億円というのは、住むことによる受益家賃払いが不要という分だけではなく、売却価格も含めて初めて賃貸釣り合うような価格になっているから、マンション市況が下がれば賃貸よりも不利になる)。そういったマンションという資産にたった1000万円の純資産しか無かった人が1億円分も投資しているわけで、これが資産の偏り。

なお全額ローンにすれば賃貸派と同じだけの投資も別個可能になるが、これはマンション1億円に加えてさらに1000万円の投資をするということであり当然リスクも増し増しになる。資産が1億円のマンションと1000万円の株式、そして負債住宅ローン1億円で純資産が1000万円といった形だ。なおやっぱり資産の大半が不動産。そして、全額ローンにすると頭金を入れた場合よりも借入金利が上がってしまうし、買える物件の幅が狭まる。1割を頭として入れたらその9倍の借入全体の金利を下げられるんだから、それをしない全額ローンは基本的に不利。頭金を用意できないけど今すぐマンションを買いたいといった人が足下を見られ金利を上げられるだけで、余裕がある人は頭金を入れるものだよ。

2024-05-23

はてなって投資やってないやつは非国民ぐらいの勢いなのに賃貸派多いよな。なんで?

けっこうメインの年齢層も高いだろうから持ち家派が優勢でも良さそうなんだがなぜか賃貸派が多い。

もちろん人によって事情は様々だから個々人が賃貸なのは不思議ではないんだが、全体として持ち家派が少なすぎる気がするんだよな。

インフレ東京人口推移はほぼ確定的だし、サラリーマンだったら住宅ローン借りて家賃代わりにローン返すに越したことはないと思うんだがなんでなんだろうな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん