「エッセイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エッセイとは

2018-12-14

旦那が実録ウェブ漫画を描いている

私の旦那Twitterに実録ウェブ漫画をアップしている。

そこに妻として私も登場している。しかしそれが嫌で嫌でたまらない。


旦那漫画は毎回バズっていて、Twitter経由で仕事も増えて収入も増えた。そこは良いことだとは思う。

でも、漫画の中の私は脚色されすぎていてもはや私ではないのだ。

世間に対してハッキリバッサリと物言いをして旦那同様、聡明物事を深く様々な視点で見つめている」

というキャラになっているのだが、別に私はそんなキャラじゃない。

漫画の中で、旦那の考えを補強するための都合のいいキャラになっているにすぎない。


生活の中でも明らかに漫画意識していて、

「~についてどう思う?」

と聞かれると、このやりとりをネタにするんだろうな…というのが透けて見えて嫌になる。


また、言ってもないことを描かれることがどんどん増えてきて最近ではほぼフィクションになっている。

「私を漫画に出すのをやめてほしいんだけど。こんなキャラじゃないし、こんなことも言ってない」

と一度言ったことがあるのだが、

「そうは言ってもこれがウケてるんだし、利益も出るんだし、キャラクターとしても人気出てるよ。どんな漫画だって脚色はあるんだから認めてほしい」

と言われてしまった。


かに嘘はどんなノンフィクションにもあるだろう。

本屋に売っているコミックエッセイも、ネットでの漫画にも、インスタ映えライフを載せる主婦にも、ユーチューバーにも多かれ少なかれ嘘があるはずだ。

でも私は嘘が嫌でしょうがない。嘘をついてまで得るお金や称賛に価値はあるのだろうか。何だか最近けがからなくなってきた。


あと、漫画の中でかっこいい自分演出したいのはわかるが、漫画に見えないところもしっかりしろよ!と思う。

口が臭いんだからしっかり歯磨きして歯医者に行けよ、とかトイレ座りションしないなら掃除しろよ、とか

くしゃみがうるさすぎて周囲に迷惑かけてることに気付け、とか。

そういう、漫画はいちいち描かない積み重ねが人間形成していくと思うので、かっこいい部分だけ見せてそれが自分のすべてだと思っているところにも嫌気がさしてきた。


きっと旦那にとってはそういう日常はつまらないもので、ネット上で人気のある自分価値があるのだろう。私も嘘をついてまで楽しくなるような何かを探すべきなんだろうか。

というか私のほうがおかしいのだろうか。


最後ひとつ、脚色するんだったらもっと美人に描け。

ねほりんの喪女

の、感想を色々読んだけど案の定喪女さんと付き合いたい!」「友達になりたい!」とか言ってる奴いるな

そうやって言ってる人たち、喪女だって前提知らない状態学校職場喪女出会ってたらただの人としての魅力のない根暗ブスとしか思わないし友達になりたいとか異性として見るとか一切考えないと思う

はてなでも喪男喪女オタクの長文を読んで「文才あるよ!エッセイとか二次創作小説とか書いてみたら?ライターになれるんじゃない?」とか言う奴いるけど

自分の心の中で何度も何度も反芻したことテーマに喋ったり書いたりするのと

日常生活で円滑にコミュニケーションできるかどうか、どんなテーマでも上手にアウトプットできるかっていうのは違うだろうが

は~~~~くそムカつく

お前の身近にたぶん喪女いるよ、よーく見てみろよいるか

友達になりた~いなんてそいつに話しかけてから言ってみろよ

できないなら二度と言うな

2018-12-13

anond:20181213121235

そういう話なら、全肯定はできなきという前提で、東浩紀民主主義2.0オススメ

なぜ多数決なのかと、多数決を脱するにはどうするかに関するエッセイだ。

2018-12-11

anond:20181211013131

コメントありがとうこざいます

心療内科には既に(今回のこととは別件で)通院しており、次の診療の際にこの件も話してみようと思います

(言っていただくまで話すこともないだろうと思っておりました笑)

別居は、やはり難しいですがこうして皆様にお声をかけていただけただけでも本当にうれしくて、本当に!本当にありがとうこざいます

これでも強かなのでこの件を気にエッセイでも初めてやろうと思います!笑

anond:20181211013131さんに限らず他の全ての方のコメント拝読させて頂いております

 

コメント本当にありがとうございます、本当に嬉しいです

本当に本当にありがとうございます

anond:20181211174744

別に普通にブログとかで良い気がするけど、文章力を磨くことを目的としている人が多そうなブログサービスが良いと思う。

あと、私も使ったことないけど、テキストコンテンツを有料で売れるサイトなんかも覗いておくと良いのではないかな。エッセイブログは別物ではあるが、有名ブロガーがどんなサービスを使って自分文章お金にしているか研究する価値があると思う。

ただ、ブログ世界って文章力や内容以前に知名度や人気の影響が大きすぎて、芸能人が下らない文章自撮り写真ですさまじいアクセスを集めているのを見ると、無名素人が認めてもらうのはかなり難しいように思う。

何か特殊仕事や内幕が知られていない世界で働いて、そういう専門的な話を業務上秘密を守れる範囲で書く方が受けるんじゃないかな。エッセイストを目指すにしてもアルファブロガーを目指すにしても自分じゃないと書けない内容がないと難しいんでない?

anond:20181211174744

エッセイ一本でやるのは中々難しそう

まずは出版社関係者と知り合いになってそういうコラムを求めてる媒体とかを探すところからだろうか?

別に商業的に成功しなくてもいいのなら同人つのって文学フリマに出すのもありかも

エッセイを書きたい

エッセイを書きたいし今少しずつ書いてるけどどこで発表すれば良いか解らない

そもそも一般人エピソードなんて面白くないもの見て貰えるのかな

2018-12-10

anond:20181210005957

検索して見たけど、そういう騙りではないんだよなー。

エッセイの内容からオッサンであることは分かってた。

イラスト現実ギャップにショックだっただけで。

anond:20181210103632

昔、某作家が「サラダなんてうまいわけないだろ。生野菜だし。ドレッシングをかけたらうまい?それはドレッシングうまいんだ」とかエッセイを書いてたけど、まあ、たいていの料理は味付けするからうまいんだよな。

エッセイコミック作者の現実の姿にドン引き

エッセイコミックブログを見ていたのだが、その作者がTwitterもやっていることに気付いた。

今までブログしか見ておらず、初めてTwitterを見たのだが、そこのトップ絵が

40代くらいのオッサン二人が木の枝を刀を武器見立て決めポーズを取っている写真

で、ドン引き

どちらかが作者なのだろう。

ブログの絵は柔らかいタッチで描かれてて、無意識に優しい、フワッとしたイメージを持っていたが、

そこに、(痛い)おっさんという現実を突きつけられて落差にショックを受けた。

勝手イメージした自分が悪いのだが。

2018-12-09

なぜ日本人は、「公募」と「投票」と「アンケート」の違いを認識できないのか

いや、高輪ゲートウェイの話だけど。

投票でもアンケートでもないのに、なぜ票数が多い方を採用すべきだと考えるのか良く分からない。

ネーミングの公募は多いが、ネーミング以外にも公募制のコンペティションは多い、「○○を魅力的に紹介するエッセイ」といったものもある。

公募は数で選べと言うなら、公募コンペに、コピペで大量に同じ作品を送れば勝てると思ってるんだろうか。

anond:20181209120616

母親なのに出来ないとか責めること無いよ。

たんに増田自身発達障害の気があるだけだ。

医療系のお硬い本ではない、コミックエッセイ日常の困りごとを書いてる本もあるから

そのヤバめの失敗は自分だけではないって安心するためにも読んでみたらいいかもよー

anond:20181209115114

乙一エッセイでなんの知見が広まったの?いや好きだけど

2018-12-07

anond:20181207142759

吉行淳之介って*病だったらしいねー。中学の時文庫エッセイで読んだ。本読みまくってたなー。

2018-12-03

anond:20181203142520

施川ユウキ銀河の死なない子供たちへ」

バーナード嬢曰く。」の作者なのでエッセイ漫画書きだと思っていたら、突然ガチSFをぶち上げてきた作品

2018-11-30

anond:20181130152943

女医結婚したくても男が尻込みして避けるから結婚しにくいって女医エッセイで書かれてたよ

原因は女じゃなくて男にあるじゃないか

本屋さんに行った時の買ったか増田記憶沖田酢魔の火タッカ軒とタッイ人差やん補(回文

たまに本屋さんに行くと、

なんか不安を煽るようなタイトルばかりでなんか滅入っちゃうけど

食べ物の話の本に関しては、

ただ単に普通にお腹が空いてしまうと言う弊害があるわ。

でね、

カレーエッセイ集みたいな面白そうな本が置いてあって、

とても表紙も可愛いのね。

でもなんかこれ買ったかどうか記憶が超曖昧なミーなわけ。

ここは2冊重複してしまうことは絶対に阻止したいところなのよ。

わかる?

このわかりみ。

ネットならこの本以前に買ったよってデカデカと表示されて教えてくれるんだけど、

もしくは購入履歴とかで以前買った本がみれるじゃない。

リアル書店だとそれがないから、

この本買ったっけ?買ってなかったっけ?って困るわ。

あと

写真とかない本ならどちらかというと電子書籍で買っちゃいたいタイプでもあるミーなので、

本屋さんで本見付けたら、

タイトルメモするなりして、

その場で検索して電子書籍があるかどうかと言うことを調べる二度手間二度手間わ!

電子書籍レーベルでも取り扱ってるものの違いもあったりなんかするし、

こっちのサイトではない!

あっちのサイトではある!ってことが多々多発なのよ。

本を買ったら、

その同じ本が電子書籍版も併せて一緒にゲットできる仕組みがポケモンよね。

そういったところ整理して欲しいわ。

あとこれ前にも言ったかも知れないけど、

電子書籍の貸し借りも

リアルの本で出来ることをデジタルででもやってみたいわ。

デジタルになってから

逆にデータの取り回しが面倒くさいことになってるわよね。

まあ、

リアル本屋さんにいったら、

素直にバンバンたくさん本を買えなくなった事情は色々あるわよね。

トムハンクスって小説家か知らなかったけど、

たまたま本が置いてあって、

それってリアル本でも電子書籍版でも両方あったのね。

これってコレクターズ相手無敵な要素を持ってるから

本として形を持っておきたいところもあるし、

手早く端末で読めちゃう便利さも捨てがたいのよね。

要は両方買えって事なのかしらね

とどの詰まりは。

うふふ。


今日朝ご飯

炊き込みご飯をしてみたので、

その五目炊き込みご飯とお味噌汁和風です。

市販炊き込みご飯の素はすぐに飽きちゃうから

ぜひ自分発信のオリジナル炊き込みご飯も開発してみたいところ。

デトックスウォーター

今日はなんか朝起きたらのど渇いたので、

グビグビレモン炭酸一気飲みしちゃったわ。

我ながら冬のこの寒さで珍しい飲みっぷりだわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-11-27

プログラミングの入門はPythonでOK?

これからプログラミング勉強しようと思う人は、その前にポール・グレアムの「ハッカー画家」という本を読んでみて欲しい。(一部はネットでも読める)

 

時間がなければ一部のエッセイだけでもいい。

エリックレイモンドはエッセイハッカーになろう」の中で、 他のいろいろなアドバイスに混じって、ハッカーになりたい人はどんな言語勉強すべきかを述べている。

まずPythonJavaから始めよ、学ぶのが容易だから

真剣ハッカーさらに、UnixをハックするためにCを学び、システム管理CGIスクリプトのためにPerlを学ぶべし。

そして本当に真剣ハッカーLispを 学ぶことを熟慮すべきだ。というのも:

 

LISPは、それをものにしたときのすばらしい悟り体験のために勉強しましょう。

この体験は、その後の人生でよりよいプログラマーとなる手助けとなるはずです。

たとえ、実際にはLISPのものをあまり使わなくても。

 

この意見を参考にするなら

  1. Python
  2. Java
  3. C
  4. Perl
  5. Lisp

という5つが挙げられる。

大事なことはいずれにせよ、1度はLisp関数型プログラミング言語)を学ぶべきだということ。

 

Lisp教科書

今ならこの本が分かりやすいと思う。

時間があれば、関数型プログラミング言語Lispの他にOCamlもやってみよう。

 

Lisp以外ならPython

Lisp以外のプログラミング言語も含めるなら

  1. Python
    1. スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング https://www.amazon.co.jp/dp/4295003867/
    2. 独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで https://www.amazon.co.jp/dp/4822292274/
    3. レトロゲームエンジン Pyxel でプログラミングを始めよう! http://b.hatena.ne.jp/entry/tkitao.hatenablog.com/entry/2018/11/24/185346
  2. SQL
    1. スッキリわかるSQL入門 第2版 ドリル222問付き https://www.amazon.co.jp/dp/4295005096/
    2. おうちで学べるデータベースのきほん https://www.amazon.co.jp/dp/479813516X/
  3. Lisp
    1. Land of Lisp https://www.amazon.co.jp/dp/4873115876/
    2. On Lisp http://www.asahi-net.or.jp/~kc7k-nd/onlispjhtml/
  4. Prolog
    1. Prologへの入門 https://www.amazon.co.jp/dp/476490165X/

という順番にするとバランス良く学べるだろう。

 

時間がないなら消去法で

  1. Python
  2. Lisp

の2つでもいいだろう。

2018-11-25

anond:20181125090912

あの話ってこういうことじゃんって思ったので記念メモ

北海道コメは昔クソまずかったという話

 (ここですでに、コメそもそも南の植物から北海道では不味くてあたりまえ、という共有されるべき前提がある。常識として!)

 (ただし余計なエッセイを交えてるので誤読するのは悪くないというか、ツイ主の書き方が不親切ではある)

②いつの間にか科学の力でコメ旨くなったヤバイ

③でも、そもそも寒い地域でとれる作物食っておけば良かったのに、なんでそんな無駄努力するの?

 それは米信仰から来てるだろう。

 欲望信仰になり、不可能を可能にしてしまった。

 人間欲望まじヤバイ必要のない事でも知恵を絞って成し遂げてしま

 その力を使って恐ろしい兵器を生み出してしまうかもしれない

 その意見に父も同意する

④母が、「あんたたちみたいな口だけは役立たずだよ」とお灸をすえる


ブコメ母親がかわいそうだ!!!

2018-11-18

子供が欲しくない女の心のモヤモヤ

昔は当たり前のように子供が欲しかったし、結婚すれば子供を産んで育てるもんだと思ってた。

でも、バカみたいな話かもしれないけど、昨今SNSに溢れる「出産ってこんなに痛くて大変!」「子育てってこんなに辛い!地獄!」「ママ友関係PTAはクソ!!」という子供を持たない人を啓蒙するようなエッセイ漫画ツイートを見て、そんなに大変ならそこまでして欲しくないや、とすっかり子供を産む気がなくなった。

もちろん、あくま個人の感想だし、多少誇張してることもあるとは思うけど、少なくともそれらは私に「子供を産まない選択肢もある」と気づかせてくれた。

これが私にとって幸運ことなのかどうかは良く分からない。

最近結婚を決めた彼は、子供が欲しいと言っている。私は彼とふたりでお洒落して、美味しいものを食べて、旅行して、という今の暮らしを続けていきたいと思っている。

彼の愛情を独占したい気持ちもあると思う。9歳差なので、今はギリ20代の私はまだ可愛がってもらえてる。けど10年後に彼が同じ愛情を注ぎたいと思えるような魅力をキープできてるかと言われると自信はない。

多分その時に子供がいれば良かったと後悔するのかもしれない。

まだ結婚を決めたばかりだし、彼も「おいおい考えていけばいいんじゃない?」と言ってくれる。今ここで私ひとりで結論が出せる話ではないのはわかっている。すぐに白黒付けたがるのが私の悪い癖でもある。

2018-11-13

今日も女は愚痴エッセイ

どういう顔して描いてんのやろこういうの

2018-11-07

anond:20181107115436

生物の形状が凹と凸になっている以上、欲望に受け攻めが発生しちゃうのはしょうがないんや。

と、なんかの思想エッセイで読んだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん