「ドロップアウト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドロップアウトとは

2018-07-13

ああ、もう人間不信になってドロップアウトしてるから、復帰できる気がしないんだよな。

もう人間信じられない。

しかけられてもいっさい答えない人間になってしまった。

我ながら変わり果てたなと思うよ。

2018-07-03

俺にも強みがあるはずだ!

そう思って過去を振り返って振り返って振り返って気づいたのは、俺の強みはいだってパソコンの大先生」だった事であり、そして、IT業界においてドロップアウトした今、俺にはもう何も残っていないことに気づいたのだった……

いやー良く出来てるね

グリム童話かにでも入れられそうなぐらいシンプル人生だったよ

まれついての社会不適合を拗らせて引きこもりがちでパソコンばかりやっていて、それで自分パソコンが得意だし俺みたいな人間パソコンに向いていると思ってIT業界入って、実はむしろ俺みたいのはIT業界向いて無くて似て非なる別の社会不適合者達のための世界に足を踏み入れてしまったし、そっちにステ振りしてきた以上、俺にはもう本当に何もないっていうね

泣けるぜ

俺のために泣いてくれる奴は俺しかいないか自分で泣くぜ

泣いたぜ

スッキリしたぜ

泣きシコってネットスラングがあるけどよぉ

泣くのとシコるのって本質的には一緒な気がするんだよなあ

生理的な反射による脳内物質の分泌に酔って辛い現実から一時的に逃れることで精神寿命を引き伸ばす好意だよなあどっちもよお

何がいいってエチルアルコールを始めとした各種のドラッグによる酩酊状態と違って肉体に元々備わった機能を用いているか大分クリーンって所がいいぜ

自然クリーンなんて思想馬鹿げていやがるしじゃあお前トリカブト食ってみろやとしか思わんけど、人間の体に備わった機能であるなら外部から物質取り込むよりはよっぽど安全なのは間違いね

だってそれでヤバいんだったら進化過程で淘汰されている可能性が高いからな

あくま可能性が高い止まりだがそれでも酒なんか飲むよりは泣きはらして疲れて寝ちまった方がよっぽどローリスクハイリターンな可能性は限りなく高いと思うぜ

さてスッキリした所でどうっすかな

何の強みもねえけど何とかなるなんて言ってる連中は俺たち社会不適合者よりもずっとずっとヒューマンスキルソーシャルスキルが高いから信用できねえから信じねえとしてだ

詰んでる状況から逆転を狙うんじゃなくてそれでも少しでも楽しんでから死ぬのが大事だよなあ

焦って損切りしたり高望みしたり生きようと足掻けばぜってードツボだ

さあて、まずやることは、寝ることだな

だってよお健康的な睡眠を取ってから考えた方がいいのは間違いねえだろ

さて、とりあえずは明日仕事

クビになるまでは適当に今の会社から給料ドロボウしてそっから先の事はまあクビになってから考えるか

2018-07-02

anond:20180702214344

みんなが何を言っているのかわかる。

国語教育小学2年くらいでドロップアウトした奴って、中身の話をしようとしても文章の関連性がわからなくて、何を言っているのかわかんねーんだよ。

それだけ取っても学校教育超役に立ってる。

2018-07-01

今の自カプ界隈について思うところ

とある女性向け同人界隈で自分体験したことについて思うところを残したいと思いこの場を選びました。

まず整理するため起こった事柄記載します。

事の発端は自カプ人口を増やす目的で作られた企画アカウントでした。

BIOを見ると、自カプの人口を増やし、特にR18作品を増やすことを目的とすると記載されていましたが、(※1)

最初スタートした企画はこのR18に特化したものではなく、誰でも気軽に参加出来るTwitter上でのタグ企画でした。

その中のひとつ投稿されたあるツイートがプチ炎上し、その事を発端として他カプと衝突が発生しました。(※2)

続く企画でワンドロが行われ、R18作品が何のクッションもなくダイレクトに描かれた作品投稿され、それがそのままRTされました。(※3)

1についての是非は趣味嗜好の問題と思うので私個人意見はさておき、この時点で思うところがある人も当然いるとは思いました。

2について、該当のツイート他者攻撃する内容ではありませんでしたが、ひと目見て修正したほうがいい問題が含まれていて、それは一言伝えれば修正可能な内容でした。

現実には指摘は行われず称賛の言葉と共に拡散されていきました。

3は完全にアウトだと思います

補足として、該当のジャンルは決してメジャーではない作品ですがそれなりの知名度があり、カプとしての規模も大きくもなく小さくもなくと言った規模です。

以下遠巻きにこの一連の出来事を見た感想です。

企画を歓迎し参加して楽しんでいる人たちにとっては神のような企画です。

元々界隈にいる作家の方々が自分作品RTしてくれたり、初投稿でも暖かく歓迎してくれるムードがある事などが理由と考えます

それなりに時間の経ったジャンルなので、後から入って来るハードルを下げようと言うのも企画趣旨と読み取りました。

結果その趣旨通り、新しくアカウントを作ったり、作品投稿し始めた方がたくさんいる模様なので、企画大成功とだと思っています

これは本当に素晴らしいことだと思います

しかし、当然ながらそれがすべてでもありません。

特に前述の問題点が問題視されることなく、ただ盛り上がればそれでいい雰囲気に眉をひそめる人々が存在しています

Twitter性質上もあり、そういう意見を持つ人は特に声を上げることなく黙ったり、去っていくことが多いので注意深く見ていないと気が付かない流れです。

他にも様々な理由でこういった企画に乗り切れない人々と、お祭りを楽しむ人々の間に壁が出来てしまったように思えます

この現状の行末がどこに向かうのか、今の時点では数の多いほうが大勢を決するように思えます

それがこのカプについて良いことなのかがわかりません。

個人的には、小さいジャンルの中での諍いや囲い込みにプラスはないように思えます

理由は村化が進むからです。

界隈が仲が良いことは素晴らしいことと思います

一方で仲が良くなくても結束力を高めることは出来て、それが同人活動においては快適な距離感ではないかと思うからです。

最後に極個人感想です。

私は、推しの二人の可能性や良さを、より多くの人に知ってもらいたいし、一緒に色々なかたちで楽しみたいと思ってここまで来ました。

自カプでない人でも、あの二人って良いよね、と自然に無理なく思ってもらえるような存在であって欲しいと願って来ました。

その伸びしろを狭めるムーブメントには乗れないなと思いました。

それが主流だとするなら、私はカプから対象外になった存在になるのだろうと思います

特に存在感のない自分ドロップアウトしたところで大した影響がないことが皮肉ながら救いです。

カプにとって適切でないファンになったとしても、二人のことはずっと好きで、これから作品ファンでいたいと思っているので

大好きな作家さんが同じ立場でないことを祈ります

女医さんがやってきた

https://anond.hatelabo.jp/20180630150652

タイムリー投稿があったので、女医さんと一緒に働くことになった男性医師側の意見を書いておく。

ちょうど、元増田言及していたマイナー科の一人として。


結論から書くが、「次は元気な若い男を回してくれ」だ。


さて、俺のいる科はこの数年、5人で仕事をやってきた。この業界、5人というのは数字だけみると恵まれているほうだ。

1.ジジイ名目上のトップ現場仕事ほとんどしない。たまに外来をやるくらい。出張多い。

2.上司:実務上のトップベテランにさしかかってきた年で、体力がないと言いつつなんでもバリバリやる。

3.俺:10年目で、専門医になってしばらくたつ。

4.若手:5年目。ルーチンワークは一通り覚えている。

5.新人A:研修医上がりで、この科を選んだばかりの卒後3年目。


以上の体制が、新年度から以下のようになった。なお全員が某医大医局人事に従っている。

1.ジジイ

2.上司

3.俺

4.女医:育休明けたばかり。いちおう専門医で、俺より1つ2つ上だが修練歴は短い。

5.新人B:上の新人とは別のやつ。新人は毎年交代になる。


異動にあたって医局ジジイが話をつけてきたのだが、「若手を減らすかわりに、非常勤だが専門医を一人増やす」とのことだった。

ふたを開けてみれば、

女医さんは週3.5日来るはずが、週3日・時短勤務に→人数に余裕のない曜日時間帯が増える

・夜間の呼び出しに対応できない→ジジイ新人は無理なので、上司と俺で時間外の電話を全部受ける

・当然、内科医師に割り当てられる当直の仕事もこなせない

対応できない時間があるため、単独主治医を任せられない

・今まで下っ端二人に病棟の細々した仕事をお願いしていたのが、年の順で俺にも回ってくるようになる

女医さんは久しぶりで仕事を忘れている部分もあるので、俺がそのつど教えることに

など明らかにきつくなっている。帰宅時間は平均して1-1.5時間遅くなった。

元々呼び出しはかなり少ない科ではあるが、2日に一回の拘束が生じ、心理的にきつくなった。


少し俺の話をしよう。俺自身が今の診療科を選んだのは「楽だから」だ。

うちは3代続く外科系の家で、長兄も外科だ。俺自身は家に帰らない親父の仕事ぶりを見て「あれは無理だな」と思っていた。


10年以上も前になるが、2chでQOML(quality of my life, quality of medical staff's life)という考えが流行たことがあった。

仕事もいいが医者自身私生活大事にしようぜ、というものだ。(雪月花ブログ、と言えば一部の人に伝わるだろうか?懐かしい。)

俺は大いに感銘を受け、医学生時代2chのQOMLスレに入り浸った。フリーター・ドロッポ(ドロップアウト)のスレなどもあった。

どこの科が楽だ、研修病院はこう選べ。地方医師不足や診療科の偏在?構うものか。医療崩壊ハードランディング上等じゃないか

いやなら辞めろ、代わりはいくらでもいる。逃散だ。そう言って盛り上がった。

今の若い人たちもQOMLの影響は受けているようだ。今は単にQOLと称することが多いらしい。

研修医やる気なしクラブスレッドなど、その思想は受け継がれている。


とにかく患者が少ないか、急変しないかそもそも患者を持たない。それが進路選びの大前提だった。実際それに従って進む科を選んだ。

10年経って、意外に医療崩壊の進みは遅く、ゆっくりシュリンクしていく様相を見せている。

産科小児科外科の減少のために人が殺到するかに思われた当科も、思いのほか人手不足のままである


今年、女医の影響というか、女医にまつわる産休や育休の影響をはじめて受ける立場になった。

女性の同僚はいたが、フルタイムだったためこれまで特に気にすることもなかった。

しろ自身女医の働き方に理解があるつもりだった。半分が女子学生大学だってある時代だ。

そして実際に影響を受けて思った。これはきつい、と。


女医さん、時間あたりで外来件数比較すると、俺の1/3くらいしか働いてない。

それでいて時給換算すると俺より高い額をもらっている(なんで知ってるかというと雇用通知書を机の上に置いてたからだ)。

朝のカンファレンスが終わった頃やってきて、多少の仕事をして、早く帰っていく。俺たちは溜まった仕事もそこそこに、夕方カンファレンスに臨む。

彼女ときおり電話1本で「子どもが熱出たんで休みます」と言い、俺たちは一つ減ったブース外来をこなす


そんでこの前、彼女さら時短を望んでいるとかの話を小耳にはさむ。

ジジイ上司は、家庭は大事からねーと言う。認める方向のようだ。

いやいやお前それ、俺らの家庭が間接的に犠牲になってるのはいいのか。聖人か。

短いなら短いでせめて同じ密度仕事できませんかって聞きたいが、当の女医さんはいい人そうなので、ってか多分普通にいい人なので聞けない。


やる気はない、医者はただの生きる手段病院業界に対する忠誠心はまるでない、と俺は自分で思っていた。

それでもQOMLを達成するためには馬力と要領が必要で、全力投球して9時5時を目指すもんだと考えていた。

そこへ余りにもマイペースな(ように見える)同僚が現れて困惑している。じつはQOML派じゃなかったのか俺。


業界みんなで支えなきゃ。

お前は誰の股からまれたんだ。

パート女医でもゼロよりはいいじゃん。

お前も無理って言えばいいじゃん。お前も真似してみれば?

女医のせいっていうより実質上の減員だから医局に増員を頼め。

マネジメント問題だ。人を別に雇え。できなければ診療規模を縮小しろ

業務効率化をしよう。

非常勤のほうが雇用の調整弁なんだから待遇がよくて当然。

男も時短勤務を選べる時代にしよう。

主治医制を廃止だ。


そんな正論はいくらでも思いつくが、理想論の上に即効性もなく、さえずるなという感じ。

給料上げてもらえば?とかね。俸給表で決まってるんですがね。ま、残業や呼び出しで10万ほど増えましたがね。


「やっぱさー、一緒に働くなら元気のいい男の子がいいよ」

昔、他の病院に勤める先輩と一緒に飲んだときに言われた。

この人がそんなこと言うんだ、まだこの業界後進だなって思った。

でも今度から俺も言おうと思うわ。「次は活きのいい若い男を頼む」


あ、増田はできるだけ人の多いところに行って好きにすればいいと思う。とにかく人が多いところだ。お互いの幸せのために。

2018-06-27

そろそろ、人生からドロップアウトした氷河期世代が大量にでてくるころか。

そして、貯金を使い果たすころにはどうなっちゃうんだろうな。

2018-06-26

anond:20180626181725

アスペADHDか、なんか持ってそう。

学生時代学業の成績良かったので目立たなかったが、

コミュ障すぎて社会人になってからドロップアウトしてしまった的な。

予想があたってたら、また自閉症スペクトラムへの偏見助長されるなぁ。

2018-06-11

ドロップアウトした人を徹底的に支援したら企業への忠誠心が薄れるじゃん

2018-06-07

鬱は地平

同僚に、なんか病気なんじゃないですか?

と言われ、その目が明らかに鬱を期待してるような目だった。

そんなやりとり、他の同僚ともなんかしたことある。そういう時の期待の目。

世間一般では、やはり鬱はドロップアウト意味するものなんだな、と思った。もっと便利な言葉が、メンタルメンタルハラスメントとかって、ないのかな。ほんと、社会生き馬の目を抜く感じで、油断も隙もありゃしない。

幸か不幸か、鬱にはなっていないが、鬱のひとはちらほら周りにいて、何かみんな新たな地平にいるみたい。

真面目にやってるのがバカらしくなるような出来事が多いじゃないですか。

どんどんみんな鬱になればいいのにね。

2018-06-02

男の生き様

河原でちゃらちゃらした男女がバーベキューをやっていた。

男はイケメンが多く、女は頭の緩そうなブスばかり。みんな楽しそうだ。自分は何度生まれ変わってもあっち側になれる気がしない。

悲しくなったのは、酔っ払った男女が川に飛び込まないようにという配慮なのか暴力事件でも起きないようにということなのか、警備員の冴えないおじさんたちがそういうちゃらちゃらした男女から少し離れたところで、暑苦しい制服に身を包み真面目に警備していたということだ。警備員の冴えないおじさんは要するにキモくて金のないおっさんだろう。

ちゃらちゃらした男女が昼日中バーベキューと酒でちゃらちゃらハメを外していられるのも、彼らの安全キモくて金のないおっさんが守ってくれているおかげなのだ

ちゃらちゃらした男女は社会適応してバリバリ働いている強者か、これから就職活動して持ち前のコミュ力一流企業就職して、人並み以上に金を稼ぎ家庭を持ち子供が生まれ素晴らしい人生を歩んでいくことを約束されている名門私立大学学生だろう。キモくて金のないおっさんはそういう人生からドロップアウトした、あるいは最初からそういったレールに乗ったことがない人たちだ。キモくて金のないおっさんはちゃらちゃらした男女のバーベキューを見て何を思っているのだろう。

背中で語る」なんていう言葉がある。キモくて金のないおっさんは多くを語らない。ぺちゃくちゃしゃべっているのはバーベキューを楽しむちゃらちゃらした男女の方だ。彼らのイカれた笑い声を聞きながら、キモくて金のないおっさん悪態をつくでもなく、ただ警備業務遂行するのであった。

2018-06-01

一周年

そういえば一年経ったなぁ、と。

ベッドから動けなくなって、病院行って来い、と。

仕事も勤続年数だけ伸びてパッとしない日々。

しょうもないミスしたりして何やってんだろ、と自分が情けなかった。

趣味みたいなものはあったけども、なんかだんだん楽しくなくなっていった。

なんというか、趣味リフレッシュするのも仕事のため、みたいな。

そしてその仕事の出来はどうよ?と思うと、へらへら遊んでんじゃねーよクソが、と思うほかなかった。

医者からはとにかくのんびりやりたいことやって休めと言われた。

会社もまあとりあえず時間はあるから休めと言った。

というわけで一年ほどやりたいように過ごしたわけだが。

所感としては、緩やかに死んでいってるなぁ、という。

一応復帰するために早寝早起き(笑)を心がけているが、これがまた難しい。

最大HPえげつないほど減ってしまい、起きて本を読んでいるだけで全身ダルダルンなのである

趣味に関しては多少アドレナリンブーストがかかるようだが、終わって家に帰ったら即ダウン。

瞬間的に楽しいことはあれこれあるが、結局その後の虚脱感で差し引きゼロみたいな。

生きてるってすばらしい、的なことをこの一年たくさん言われた。

でもまあ生きるってどう死んでいくかってことでもあって。

たまたま僕は若めにドロップアウトして緩やかに死んでいくだけなんじゃないの、みたいな。

近く職場復帰のためのプログラムみたいなの受けるんだけど、たぶんそこで欠勤とかしてリタイヤすると思ってる。

そうすれば晴れて無職ひきこもりの爆誕、貯金残高がなくなったらいよいよステージレベルアップである

たぶん平成の終わりくらいは生きながらえると思います

東京オリンピックでガヤガヤするのうざいからそれより前に抜けるのも悪くないのかな。

2018-05-22

警察学校」ってワード

なんかここ一週間くらいでオタクコミュニティに広がっていった感があるから、全国の警察ドロップアウト者は今のうちに「誰も知らない警察学校生活」みたいな感じのエントリを書けば、バズってくれるんじゃね?

2018-05-10

anond:20180509232113

これは心が痛む残念なことだ。

増田が本当に生活保護受給しているとしたら、国はセーフティネットに引っかかるほど失敗して苦しんでいる救うべき国民に対して、カネを渡すだけで、その保護費でどうやって生きていけばいいかを一切教えていないことになる。自立支援機能していないことになる。サバイブするための知恵を必要としている人を放置して、「失敗者はすべからく死ね」と言っているようなものではないか

もしかしてこの国は、根っこからドロップアウトした人を救う気がないのではないか自立支援なんてものは建前で、「生保もらう奴なんかクズ頭が悪いから何を教えてもできやしねえ」と諦め見捨てているのではないのか。そういう人間が集まって、そういう空気のもとで行われている制度なんじゃないか。それは国として間違った「自己責任意識だ。

増田に寄せられるコメントを見ても、ますますその思いが強まるばかりだ。

本来増田のような困り方をしている人が存在してはいけない。そういう事を言える人がなぜ居ないのか。もう私は日本人をやめて、新国家を建てた方がいいのだろうか。

【君は、当たり障りなく働いて死ぬ人生で良いのか?】

仕事”ってなんだろう、と感じた時に読んでほしい。

・今やっていることの目的は何か?

仕事とはなにか

・なんのために当たり障りのない仕事をするのか

・なんのために残業するのか

お金必要から

→人と関わりやすくするために

恋人を作って結婚するために

→老後を考えて

かに金がないと満足の行く暮らしができないし、当たり障りのない仕事職業)をしていないと親戚一同や家族、友人に変わった目で見られる。これがたまらなく苦しい人もいる

老いた老後、または中年になった時、一般的な職歴がなければ仕事にありつけないという恐怖

大学卒業社会人→最低でも3念は努めて…、という日本の、世間一般のレールから外れる恐怖

これらを抱えて、苦しみ、深夜まで残業し、sns愚痴を吐き、こうしないと生きられないと考え、時には身近な人に、当たり前ができない自分を叱責され、見えているは暗くなってゆく

これが普通の日本人アジアで働きたくない国ナンバーワンという称号もつ日本

そして、これに耐えきれず死んでしまう人もいるのが世の中

果たしてそれは、死ぬほどのものなのだろうか。

社会に属さないならば、死ぬしかない、会社をやめるという選択肢はない、再就職絶望的、毎日家族罵倒される、どこに面接に行っても鼻で笑われる、お先真っ暗、だからどれだけ辛くても、会社をやめても、辛いだろうから、だから死ぬ、だから今の環境我慢する

大学生はこれを教え込まれsnsで見聞きし、絶望的な気持ちの中必死就活する

これでいいのだろうか?

世界の、この日本というちっぽけで異質な国の世界観に飲み込まれたままで人生を諦めていいのか?

家族罵倒される、上司馬鹿にされる、ゆとりが、と鼻で笑われる、これが死ぬ理由か?

ロクな家もなくて、働き方も不安定で、友達も少なくて、お金もなくて、こうなるのが怖いか死ぬのか?

仕事をやめると、社会のレールから外れると、3年以内にやめると、

毎日、笑って過ごせなくなると本気で思っているのか?

狭い価値観に囚われすぎだ。あまりにも。

楽しいと思うことをやって、暮らして、そして死ぬ未来を叶えてみたいとは思わないのか。

でも無理だ、とそう考えるのか。苦しい世界毎日過ごして、体を壊すほど残業し、休みの日に何も考えたくないほど疲労する。この毎日を望んでいるのか?

これを60歳まで続ける未来に何の楽しみがあるのか。果たしてその一生は、その人生は、本当に望んだものなのか。

多くの人間が首を降るのではないだろうか。そんな人生は望んでいない、と。ならば改善するべきだ。死ぬ前に、思考が停止する前に。

その、望まない働き方、生き方で終える一生と、好きに暮らした一生、どちらが良いのか。

たとえ社会的に底辺だと言われようと、楽しいほうがいいとは思わないのか、苦しむ一生でも、社会的な地位のほうが大事なのか。

社会地位を得るために、一生仕事で苦しむ人生で本当に良いのか。イレギュラーではない存在にそこまで価値があるのか。

日本における、イレギュラー存在となるこということは辛い、苦しい、皆そう思う。

しかし『好きに暮らす一生』はイレギュラーになることで手に入るのではないか?周りになんと言われようと、社会から馬鹿にされようと、それが『好きな人生』であればそれで良いではないか

『望む人生』は、年を取るたびにみえづらくなるが、ふと固定概念を捨てれば、すぐそこにあるのではないか

イレギュラーになることはマイナス要素ばかりではない、レギュラーでいること、レールの世界にいることが、自分の望んだ世界でないのなら、ドロップアウトすればいい。

ドロップアウトして、見える世界がある、はじめて自由思考できる、望む世界がみつかる。

大丈夫仕事をやめても、好きなことに全力で突き進んでも、親に罵倒されるのが嫌で家出しても、この国で死ぬようなことは大抵起こらない。

そう、望まぬ労働で疲労して、倒れて、電車に飛び込んで、そうやって死ぬ人のほうが何倍も多いのだから

からイレギュラーになることを恐れるな。200カ国ある国のたった1つの国のマイルール世界全てに絶望するな。

199カ国の価値観も知らないうちに、60歳までいやいや過ごすのは勿体無い。

日本馬鹿にされるイレギュラーでも、それはたったの200分の一のイレギュラーしかないことを忘れるな。

世界は広大であり、考え方は無限大である。誰もが間違っていないし、間違ってもいる。だから自由に、イレギュラーにいきてみないか

大丈夫、体が健康であれば、ふと空を見上げる余裕があれば、世界は明るい。

まずは、空を見上げる余裕を作ることから、考える余裕を作ることから、はじめよう

2018-05-01

オタク差別差別じゃない

はっきりそう思う

でも苦しんでる人がいるなら助けるのが人情だろう

では何に苦しんでるのだろうか?

容姿への侮蔑か?それはオタクかどうかは関係ない

趣味への偏見か?アニメはでも受け入れられてる。君の名はのヒットは誰でも知ってる

それともガチのオタアニメをたしなむ事を世間は許容しろというのだろうか?

私もオタクだがそれは無茶というものだろう

オタクという存在自体への侮蔑か?

それなら少し分かる気がする

かに程度の低いオタクとそうでないオタク混同されてしまっている状況はあるのかもしれない

インターネット差別用語を平然と使い、コミケ帰りでエロ紙袋を広げる輩と

単純にクリエイティブを楽しむオタクを一緒にしてはいけないとは言える

だったらオタク差別差別だろう

健全な人たちをバイアスで包んで非難するなら差別だろう

だがここで疑問が浮かぶ

オタク差別を謳う人たちは、後者のように人生かけてオタクをやっているのだろうか

宮崎駿庵野ほど突き抜けたオタク人生オタクというしかないようなオタクだろうか?

無名でも、それが生きがいだと言えるほどオタクやってる人なんだろうか?

もしそんな人たちが、程度の低い輩と混同されて非難されてるなら差別だろう

作品が、言論が、評価されないなら差別だろう

そんな人たちが法的に制限を受け、処罰対象なら差別だろう

就職や進学、結婚などに不利益を被るなら差別だろう

でも現実はそうじゃない

オタクの中にドロップアウトした人がいたとしてもそれはオタクという属性によるというよりも

実際には、彼らの取り巻く環境家系資産、運などの影響の方がはるかに強いだろう

イケメンコミュ力のある金持ちオタクが、オタクという理由差別されますか?、

美女で有能で男性受けのいい女性オタクオタクという理由迫害されますか?

思うんだけど、オタクを名乗るならむしろ差別されろよ

権力にクソったれと言え

迎合するな

マイノリティであるならそれを誇れ

なんのためのオタク人生なんだお前の人生

オタクであることをみんなにちやほやされたいのか

オタクであることを認めてもらいたいのか

オタク仲間でワイワイやるのが楽しいのに外から批判されたら腹が立つってだけだろ

タチの悪いヤンキーと同じなんだよ発想が

馬鹿

本気でオタクやれ

世間からの称賛がないとできないっていうならやめちまえ

ウチワの寒いノリが批判されてることを差別だ何だっていうのはダサすぎる

2018-04-29

安楽死させてくれ

幸せだ、

かに普通に考えたら幸せだったことのはずなのに、幸せ幸せとして、幸せのまま美味しく味わうことができないのはなんで。

間違いなく幸せのはずなのに幸せと感じきることができない頭が本当に嫌だ。

楽しいことを楽しいと思えない、美しいものを美しいと思えない。

なのに死にたいとか辛いとか悪い感情思考はそのままどころか増幅して自分を刺してくる。

もう死んでしまいたい。生きているのが苦しい。生きることそのものが本当に苦しい。死なせてくれ。

何も楽しいと思えなくなってしまった精神をこれからもずっと引きずって無理やり延命するなんて辛くて耐えられない。

頑張れなんて言わないで。頑張れないから。頑張ることすらできないんだ。もう頑張るための元気が枯れちゃってる。

病院だって通ってるのに薬だって飲み続けてるのに死にたい思考はずっと離れてくれない。もう脳がダメなんだよ。もうだめだ。

なんで世間死ぬことに対してマイナスイメージを抱いたままなのか。

一度生まれしまったら生きようとしなきゃいけないって残酷だ。

植物間引き必要なように、もうだめな人間はとっととドロップアウトさせてくれよ。有限なリソースをこんな無駄人間に充てないでくれ。

安楽死を選ばせてくれ。

2018-04-20

anond:20180420224758

しろそうやって盛大にドロップアウトしたほうが更生しやすい気がする

2018-04-19

社会人の皆とニートの私

今私は20代後半だ。友人は社会人しかいない。

私は一年前に新卒会社を体調の関係で辞めて、今無事に心も体も病んでいる。

友人の社会人達は今責任がある仕事を任されたり、転職して慣れない仕事を覚えるのに頑張っていたり、ノルマがキツくて大変だったり、同じ会社好きな人ができたり、彼氏ができたり、店を変えようか悩んでたり、結婚したり、いろいろ大変そうだ。

私は今、何もない。

毎日が一緒。

ずっと寝ていて、ご飯のときトイレの時以外起きない生活を続けていてもうすぐ一年になる。

ささいなLINEひとつ仕事愚痴。友人との差もひとつプラス

私は完全にドロップアウトした。今3年間働いている友人に追いつくにはどのくらいかかるのだろうか。

2018-04-18

どうして身の程知らずにもこんな素晴らしいところに申し込んでしまったんだろう。

私がこんなに無能だとは思わなかった。

つらいなぁ

もうちょっと有能だと思ってたんだけどなぁ

自分無能さに嫌気がさすなぁ

どうしてもっと勉強してこなかったんだろう

つらいなぁ

じわじわくるね。私は無能から

でも無能からと言われながら過ごすのって辛いじゃん?私だけくらい私を有能だと思い込んで過ごした方がいいのかなぁ

あと無能だと言っていると本当にどんどん無能になっていきそうで。

仕事遅いしなぁ

手先も不器用だしなぁ

握力も無いしなぁ

どうすればいいんだろう

どうすればもっと無能じゃなくなるのかなぁ

やっぱり私なんかが何かの間違いでこんなところに来るなんてお門違いだったんじゃないか…?

大人しく申し込むのを諦めた方が良かったんじゃないか…?

どうすればいいの?

でもここでドロップアウトでもしようものなら素晴らしいこの組織に傷がついてしま

から私に求められていることは無能から皆様に迷惑かけるから辞めますではなく、無能無能ですが精一杯頑張って皆様に追い付きます、であろう。

どうして私はこんなにも心を病みやすいのか…

今日もこうして増田に吐き出して明日笑顔で頑張ろう

私はへらへらしていた方がいい気がする

でも君は無能から君には期待しないよ、来年に期待するよ、と言われるのが一番堪えるなぁそう言われたくないけど思われているような気がするなぁ

2018-04-14

全ての興味や意欲を失った結果人生詰んだ

今40才。約3年をかけて色々なものへの意欲を失った結果人生詰んだ

意欲を無くすという事がこれほど恐ろしいことだとは思わなかった。

初めは料理ができなくなった。

10年以上自炊してて料理好きとは言えないまでも生活サイクルの一つとしてこなしていたのに急にお米すら炊けなくなった。

同時に不眠も併発していたので心療内科に通い始めた。眠れるようにはなったがご飯は作れなかった。

次に自分の見た目に対して興味がなくなった。

見た目を整えることは好きだったし洋服も好きで買いすぎないよう毎月気をつけていたくらいだったのに何も欲しくなくなった。

美容院に行ってもやりたい髪型はなく、洋服は欲しいものがないので買わない。

そのうち美容院に行くことすら面倒くさくなった。

一番やばいのは体重すら気にしなくなったこと。3年間で10キロ太った。

歳の割に小綺麗だとお世辞でも言われていた自分はもういない。

ここまでが意欲をなくし始めてから2年くらい。

かろうじて趣味活動は出来ていたので甘く考えてたが、気持ちの落ち込みと不眠は改善せず薬だけ増えていった。

何かをする事がとにかく面倒臭くて友達付き合いも酷いものだった。結果何人かの友達を失った。

様々な意欲をなくし始めて3年目。

ついに仕事に対しての意欲がなくなった。

web制作会社に身を置いていたのでこのことはかなり致命的だった。

新しい技術表現に興味を持てない。

やってやろうという気概が持てない。

自分目標クリアしようという気持ちも起きない。延々と目の前のチケットを消費するのが精一杯。

そんな中、社内でやらなければいけないことが増えた。フルスタック人材要求され困り果てた。もちろん話し合ったりもしたがやらなければならないこととされ、ただでさえも気力が足りてないのに重い石が頭上に降り注いできた。

弱音も吐けずyesしか認められず逃げ場はなかった。

そのうち本当に精神病み人生2度目のドロップアウト

心療内科でもらう薬は限界MAXになるも何も改善に至らなかった。眠れない時は眠れないし、やる気が蘇ることも気持ちが楽になることもなかった。

趣味ほとんど畳んだ。3ヶ月に1回くらい趣味時間を割くことがあってもそれを楽しみに生きることはなかった。

結果、定職を失い貯金を食い潰し日払い派遣でなんとか生活する中年誕生した。

こういう話をすると親や親族に頼れって言う人が出てくるけど、半年前と2年前に親から帰ってくるなって言われてるので帰るところがないんだ。

日払い派遣は時給も安く生活は苦しいが、頭を使わずに働くのは楽で精神も安定している。

心療内科通いは辞めた。一度主治医がいない時に通院したら代理医者が処方量にドン引きして減薬を始めたことがきっかけになり断薬した。3年経っても改善しなかったしな。

この全ての意欲を無くす前、私は努力を重ね派遣社員から正社員へ昇格し年収100万以上アップさせた。

なのに自ら派遣社員に戻った上年収もその時以下に下がるなんて皮肉だなと思った。

全てのことに意味があると思い生きてきたが、さすがにポジティブ意味を見出せない。

そして何かしらの意欲を取り戻したかというとそうでもないところが一番怖い。

相変わらず料理はできないし(米は時々炊けるようになった)自分の見た目はどうでもいいし何より仕事への意欲は皆無だ。

意欲が皆無なのでまた再び正社員を目指すことも老後を考えることもできない。

「何かやりたい」という思い、それが「お寿司を食べたい」だとか「早くあのゲームやりたい」でもいい、そういう類の気持ちがごそっと失われているこの状態が一番怖い。意欲や興味を持てず、このまま老いていくのが怖い。好奇心だけで行きてきたような若いから想像がつかない状態だが、もしかたらこれが老化なのかもしれないとも思った。

相変わらず貧乏気持ちの変化も何もないけれど、生を終える時は楽しかったと思えるのかな。あの時変に頑張らず現状維持を選んでおけばよかったのかなど思うことはあれどどうしようもない。

せめて、何か一つでも楽しみに生きる人生にしたい。

気力や気合いだけで、なんとかなるレベルじゃない

本気出したからって上手く出来るわけじゃ無い。

景気とか環境とか、社会情勢とか大事

  

バブルの頃に正社員入社できた人が、全員優秀という訳ではないのでは。

  

就職氷河期で、中途でくすぶっていた人も、そのままドロップアウト的に去っていくこともあるんだから

https://anond.hatelabo.jp/20180413132311

我慢するから向上しない

でも我慢しないと放逐される

流動性なき放逐はドロップアウトに等しい

その上でなお、解雇規制が有ることを望む

みなが望む希望を叶えた素敵な世界の結末じゃないの

2018-04-07

anond:20180407180119

人をアレして豚箱行って年功序列終身雇用で着実に子作り、家のローン、老後の準備に励んでいるエンジニア税金使いながら世界からドロップアウトするのもありっぽい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん