「世帯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世帯とは

2018-04-18

anond:20180418233052

世帯の入れ替えがそう進んでるとも思えないからジジババの街になってるのがほとんどじゃないの。

そう考えると少子化だね。

夜中にインターホンが鳴った

引っ越して来たばかりの賃貸マンションで、小一時間前にインターホンが鳴った。

まだ首が座ったばかりの娘を寝かしつけてる最中だった私は怖くなって、隣で寝ていた夫を何度か揺すってやっとで起こした。

インターホンが鳴ったことを告げても、反応は薄く、自分が見に行くことに。

人影はなく、女の人の声がした。

「◯◯、いるのかなぁ?」的な声が聞こえて来た。

女の人の声だけだったので、おそらく電話で誰かと話しながらかと推測

しばらく姿を確認できないかとドア穴から外を確認するも、声だけしか聞こえず。

そのまま階段下りるような(或いは上がるような)音がして、そのままインターホンが鳴ることは無かった。

もしかして生活音の苦情なのかな…と早速子育て世帯ありがちな問題に直面したのかと思ったけど、

考えて見てもインターホンを鳴らされた少なくとも一時間前にはうるさい音(娘の鳴き声含め)出した記憶もなかったので、謎。

基本、用のないインターホンは出ない口だから怖すぎる。

しか11時半て。もし苦情でもないとしたら非常識だとおもうんだ…

波風立てずに過ごしたい。

もし何かまたわかったらここに書こうかな。

怖すぎる…

2018-04-13

16年住んだアパートから多少郊外アパート引っ越した。

単身者世帯家賃はそれほど変わらないが、設備は良くなった。

通勤は思った以上に負荷が増えた。

客観的指標から判断すれば、どちらにもメリットデメリットがあり、どちらが得だという話もないのだと思う。

けれど、引っ越して良かったと思っている。

以前の立地にずいぶん長く慣れたこともあり、たまに懐かしく思う。

けれどそれは自身歴史に対しての愛着であり、アパートとそのオーナーに対するものでは決してない。断言できる。

今、長く勤めた会社に見切りをつけようと思っている。

次に行くところが何もかも良いはずはない、結局のところ、メリットデメリットプラマイゼロくらいになるものなのかとも思う。

でもきっと、変わったことには満足できているのだろう。

そんな気がしている。

anond:20180413030634

しろ逆の構図もあるけどね

子供をジジババに丸投げして働きたいから同居したがる女は多いよ

その場合は勿論夫の親ではなく自分の親が前提だけど

(夫の親だと子供丸投げで楽など出来ず、結局嫁が育児仕事も夫親世帯家事までもやらされるなんてケースも多いからな

自分の親だから図々しくも子供丸投げして楽出来るわけで)

でもそれだと夫が嫌がるので実際は近居というパターンが多い(同居でも完全分離の二世住宅なら近居とあんま変わらんね)

それだと夫のプライバシーも保たれるし子供はジジババに押し付けられて楽だしね

それはそれでジジババの方にうちは無料託児所じゃねえという不満が出るケースも多いが

2018-04-10

anond:20180410173500

優秀な成績でもない、卒業できるかもわからない、従って収入の当てもない人間に金を貸し出せるほど甘い制度ではないのだ…>二種奨学金制度

第一種ならそこらへん緩いと思うよ。(とはいアクティブ収入が無い世帯には貸してくれないと思う)

2018-04-08

子ども子育て支援制度という難題と今後の展望

平成27年度から子ども子育て支援制度が始まった。

就学前のお子さんがいる世帯で、一番気になるのは認可保育所地域型や認定こども園等も含む)への入所が従来とどう変わるかだった。

概観の話をすれば、ほとんど何も変わっていない。

しかし、自治体施設運営している法人個人も含め)には大きな変化が2点あった。

保育所の利用が措置から契約へ変更されたこ

施設への委託費ではなく、児童(の保護者単位での給付費の代理受領となったこ

①については、26年以前は入所選考と言っていたものが、支給認定と利用調整の2つに分かれた。

旧制度では、児童福祉法により、保育園は様々な理由保育所を使う必要がある人に、自治体が「措置」として、保育所に入所させるという形だった。

認可保育所へ入る児童は、全員この形だった)

制度では、子ども子育て支援法により、幼稚園も含めて、保護者支給認定保護者)がどれくらい教育・保育を受ける必要があるのか「支給認定」を自治体申請して、支給認定証を受け取り、各保育所へ申し込み、施設と「契約」する形になった。

しかし、実際には待機児童と呼ばれる保育所に入る必要があるが、入れない児童がいる。

その場合には、自治体は「利用調整」を行える法律になっている。

まり、従来は「措置」で自治体選考基準を決めて、振り分ければよかったものが、全員が入れる前提の制度になったため、「支給認定」のみになったはずが、実際には入れない児童が生まれる現状があるので、「利用調整」を行う必要があるという制度である

大して変わっていないと思うかもしれないが、「支給認定」は幼稚園を使うだけの子どもにも行う必要がある。

それだけでも対象児童が増えた。

従来は「措置」だったので、自治体ごとに基準を設けていた。

また、「支給認定」は法律上の基準等があるが、「利用調整」には法律上の基準がなく、自治体ごとで設定する。

このことにより、「措置時代から使用していた自治体ごとの基準現在の「利用調整)と、「支給認定」の基準にズレが生じた。

これが結構難題で、本来であれば、「支給認定」を基に「利用調整」を行うはずなのに、旧制時代に作ったトリッキー基準を無くすこともできないため、自治体職員が混乱する事態になっている。


②については、自治体施設の双方が疲弊している。

いままでは、入所児童から換算して、自治体から施設運営法人へ概算払いを行い、実際の月別の児童数等を確認(途中入所や退所は自治体でわかる)して、清算する方法一般的だった。

施設職員向けの補助金等も、同様だった。

制度では、入所している児童ごとに給付を行い、それを施設代理受領している方式になった。

(この方式自体は、介護保険制度で行われており、健康保険制度でも一部行われている。)

しかし、そもそも保育所等を運営している法人は、事務職員が少ないため、新制度になって、毎月の給付費の請求事務が発生したため、事務量が増大した。

もちろん自治体職員である

子ども子育て支援制度は、介護保険と異なり、介護報酬にあたる「公定価格」の改定等だけでなく、職員への処遇改善など、様々な給付・補助が多く、また改定されまくるため、毎年、自治体施設職員が混乱している。


上記の2点から、今後の子ども子育て支援制度(いつまで新制度っていうのか謎)は、制度設計の基になったと言われる介護保険制度のようになっていくと思われる。

それは、運営法人の淘汰と大型化である

運営数が多ければ多いほど、②の事務負担を集約化、軽減できる。

今まで以上に、法人間のM&Aが行われていくと思われる。

①については、法人が大型化すると、園の運営効率化を超えて、硬直化したりするので、しょうがい児保育や医療ケア必要児童にとっては、難しい時代になるのかもしれない。

介護保険制度では、各サービスごとの給付だが、保育所では、通常の給付費+αのα部分が少ないため、運営法人としてほ旨みがない。寧ろ医療リスク事故リスクを考えると避けたいのが本音と思われる。

さてはて、これで認可外施設にも保育料無償化を推進したら、どうなることやら…

介護保険に置き換えたら、給付対象外の有料老人ホームに入った人が払う、毎月の施設利用料(家賃)を無料にするということ?

どうやって管理するんだ、これ。

そもそも大企業企業保育所も含めて、認可外保育施設の保育料も無償化という話が出始めてから積極的に認可外保育施設を設置し始めています

企業主導型保育所は、平成30年度時点では、施設種別では認可外保育所です。)

認可外保育所は、認可制度範囲外ですが、逆に言えば自由度が高いとも言えます

世田谷区にあるカドカワの認可外保育所など)

もし、この傾向が顕著になってくると、現在認可外保育所運営している法人は、認可保育所だけでなく、大企業運営する認可外保育所との競争にもさらされます

認可保育所は、ある意味、国の庇護の下ですが、認可外保育所自由競争です。

認可外保育所の動向についても、今後気になるところです。

取り留めもなくてすいません。

2018-04-07

ベーシックインカムに賛成する理由

子供を産めばそれだけで世帯ベーシックインカムが増える

って状況があるべきだと思う

 

子供は昔は労働力だった

それが今やお荷物しかない

子供お荷物から子供が育ってから支援はない

まるで呪い連鎖のようだ

子供作りたくなくなる

それを解消するには子供が金にならなきゃならん

2018-04-06

anond:20180406134950

1年前までニートしてたけど、ニート実態って普通生活を送ってる人が想像してるのとだいぶ違ったりするんだよなー

世帯収入250万未満でも2人ぐらいなら生活はできちゃう

 

雪国地元では高齢ワープア片親+20代後半~40歳ぐらいのニート子供の組み合わせが社会問題になってる

ニートが炊事洗濯掃除買い物etcの子無し専業主婦相当の家事に加えて、雪寄せ雪下ろしとかの家庭内労働担当していたりして、

ワープア親もニート子供に家庭生活依存しちゃってるから、放り出すに放り出せないんだよね

 

ぎりぎりのところで生活してるからスーツや革靴買い揃えたり、交通費宿泊費とかの就職活動費用を捻出できないし、

就職できたとして転居費用とかが工面できないし、自立するとなったら親の方も雪の負担のない地方へ引っ越さないとまず生活できないかさらにカネがかかる

 

うちは年上の兄弟がいたから、結局そっちに諸々の初期費用負担してもらって自立できたけど、これ一人っ子だったらマジで詰んでたと思うよ

働くためのカネと時間がない状態

2018-04-03

anond:20180403115023

から、入れない人を入れるために保育園を増やすとか、

保育士を増やすために給料を上げるって話になるよ。

そのために補助金を増やすって話だろう。

 

入りたい人が入れないことが問題なわけで、

それを各世帯お金を配ることで解決できるとは思えない。

anond:20180403114410

え?そういう世帯保育園は入れるけど?

しろ最優先で。

あれ?なんかもしかして子供いない世帯の話してます

シングルマザーさんも最優先で入れる。

anond:20180403114116

全体的に配らないと、保育園に入る資格がない世帯(それこそ病気だったり職に就きたくても就けないなど、貧困層が多い)が取り残されるんだが。

保育園に入れる時点で、例えシングルマザーでも最底辺ではないんだよね。

anond:20180403111857

格差は縮まるでしょ。現状だと

認可保育園に入れる→安い金で共働き世帯収入倍増→小学校入っても学童優先で世帯収入保てる→貯金大量に作れるから学費豊富

認可保育園に入れない→共働き出来ず世帯収入半減→幼稚園入ってようやくパートするも↑ルートよりは遥かに少ない世帯収入のまま

           →小学校でも学童入れず同じ→貯金もなく子供学費出せず子供貧困層

          →仕方なく認可外に入れて共働き世帯収入は保てるが保育料は激高&環境は悪く子供教育を満足に出来ない

と言う状態で「皆専業主婦幼稚園で当たり前」時代より格差が遥かに広がってる。

それが「全世帯に金を配り、保育園入れたい人はそこから出す」方式になれば

保育園入れて共働き世帯収入が上がる代わりに経費(保育園代)は高くつく世帯」と

保育園使わず片働きで世帯収入が少ない代わりに経費は少ない世帯」に分かれる構図となり格差は縮まる。

2018-04-01

ニート生活保護を受けている人に本気で嫉妬している

自分は本当に働きたくないし、家でずっとゆっくりしていたい。

仕事楽しいとは思わない、むしろ毎日次の休日のことを考えている、ベーシックインカムが導入されたら即日会社を辞めて家で死ぬまで引きこもって暮らすと思う。

から家で引きこもることが許されている甘い親のいるニートや例え不自由があろうとも国から金が貰える生活保護者に本気で嫉妬している。

自分は朝の通勤電車ベーシックインカムの最新記事スマホ毎日見ている。

その導入がまだまだ時間がかかりそうだとわかると

引きこもり追い出し業者成功記事生活保護世帯へのいじめなど嫉妬対象悲惨な目に合う記事を見ることと

自分より悲惨待遇特定派遣会社社員口コミサイトを見ることでどうにか精神を安定させている。

片道1時間半の通勤時間で毎朝このルーチンを繰り返してから自分は出社している。

しかしたら、新社会人の人も社会絶望してベーシックインカムを心の拠り所にしている人や、ニート生活保護を羨ましく思っている人もいるのではないかと思いこの記事書いた。

2018-03-30

anond:20180330112650

いや、だから、それで円満な人いくらでもいるから…

何か変な思い込みでもあるのか?

実家近居が増えてるってのも、妻は実家家事育児手伝って貰えて共働きも楽々でwin

夫は自分家事育児しなくても妻実家勝手に手伝ってくれて妻が不満を溜める事もなく共働き世帯収入倍増でwin

実家は老後を娘に頼れてwin、と

winwinどころかwinwinwinから増えてるわけだし


昔の家父長制が上手く行かなかったのは、嫁を奴隷化する風潮が強かったからだけど

実家との近居は夫にとってもwinなのが大きな違いだよ

別居だからプライバシーも保てるし、自分が妻親の介護しなければならない訳でもないのにメリットだけは享受できるんだから

2018-03-29

たばこ税500円上げたい

そしたら、以下の税金が新たに手に入る。

2017年度喫煙者数1917万人

この人たちが1日1箱喫煙するとして仮定して、

想定税収はやく3兆5000億円だ。

 

これをすべて保育園対策子育て対策に回せば、

現在保育で使われている予算は約550億円なので、

これだけの予算があれば、かなり改善できるし、

子育て支援をすれば少子化対策にもなる!

例えば共働き世帯のために、家事労働のアウトソースできる振興券予算

家事代行サービス企業へ援助したりもできそうだ。

 

社会保障には使って欲しくない。

老害お金になるのは死んでも嫌だ。

 

どうせたばこなんて嗜好品から、高価でいいんだよ。

 

なんかさ、徐々に値上げしてさ、ちょこちょこ増えた税収をしょうもないことに使ってるのも腹が立つよね。

それだったらしっかり値上げして、税収上げて、ちゃん予算として使って欲しいわね。

 

2018-03-26

ルンバ購入費を稼ぐ事は家事と認められないの?

この話にどうしても乗っかりたい。

元増田が書いた話は元々増田の主張とずれてる気がするけどお金の話なのでここに付けちゃう

うちは専業世帯都内賃貸マンション暮らし都心駅徒歩3分に住んでる。必要ものが全て徒歩圏内にある。そのかわり家賃が高い。

食品を買うスーパーマンションの下階にあるから買い物がすごいラクエレベーターで降りるだけ。そして高い。生鮮食品惣菜日用品、全てが地元と比べるとやはり高いそうだ。

はい家計に打撃を与えるほどの金額ではないのでそこで全部買う。チラシ見て安いスーパーに行く必要はない。お米、水が重たいときは有料で届けてもらったりネットスーパー玄関まで運んでもらうことができる。

スーパーの他にレストランもあるので遊びに出かけて疲れた日は外食になる。

こどもの習い事も全て徒歩圏内。塾やプール学校もすぐ近く。小2から自分で行って帰ってくるようになった。小さい頃は妻が送り迎えしてたけど不要になった。

幼稚園を決めるとき弁当を作るのは大変だから給食ありの私立幼稚園にしたいとのこと。受験必要はないが高かった。

家事食洗機ルンバ乾燥機能付きの洗濯機?を買いそろえるとそこそこの金額するよね。

生活費のやりくりとか学費計画とか保険とか資産運用とかローンなんか妻は全てノータッチ

「誰のおかげで生活できてると思ってんだ」という気はないけど

お金があることで家事負担が減っている事ってかなり沢山あるはずなんだけど。

anond:20180326063004

2018-03-25

タワーマンションに住む人って引っ越し挨拶大変そう

500世帯くらいか

隣にもう一本建ってたら千世帯分のお蕎麦を用意するのお金がかかるなぁ

ってお金持ちだからこんな心配しないのかな

2018-03-24

有能無能

‪前の無能から引き継いだリーマンショックの後始末をし震災の悪影響からなんとか這い上がり子育て世帯児童手当というお土産まで残すという偉業を数年で成し遂げた有能政権があるらしい

一方経済再生を謳いながら年金を株にぶっこんで5年間給与GDPも大して上げられず人口減による就職改善を自らの手柄のように語る無能政権があるらしい‬

2018-03-23

anond:20180323121816

https://mamari.jp/1743

基本的には子供を無認可保育園(認可外保育園)に通う保護者対象になります。認可保育園に通う場合は、国や自治体が各家庭の納税額によって計算した保育料を払います

そのため経済的負担平等となるので、補助の対象にはなりません。つまり保育園補助金制度は主に、保育料が一律の無認可保育園に通わせている家庭の、経済的負担平等にするというものです。

補助金額の目安

補助金額の目安を下記のとおりあげてみます。これには世帯所得という条件がつく場合もあります所得が高いほど補助金額は低くなる自治体が多いでしょう。

0歳児クラス:30,000円

1~3歳児クラス:10,000円~20,000円

4~5歳児クラス:5,000円~10,000円

上記金額あくまで目安です。金額所得などの条件は自治体によって様々ですので、補助金制度についてはお住まい自治体役所で調べてみてくださいね

2018-03-19

ブルガリアヨーグルトがついに400gになるらしい

はあ・・・もともと500だったのに450にしてそっから砂糖カットしてついに400ですか・・

最終的に300gとかになりそうだなあ。。一人暮らし世帯が増えたからとかいこじつけ

2018-03-18

anond:20180318122254

ほとんどは嘘としても世帯数の割合としてもアメリカの方が多かったと思うよ。

多分401kみたいな税制優遇日本より優れてるのが理由じゃないかな。

思考停止ではないアベノミクスへの反論を考えてみた

anond:20180317143226

アベノミクス好景気の本当の原因なのかはよくわからない(経済学部卒業だけど)。

アベノミクスは、大規模すぎる金融緩和という第一の矢以外は、全く当たっていない、というか第二、第三の矢を放つこと自体を、言い出しっぺの総理自身が、全く忘れているかのようである

景気は良くなっているように見える、経済指標のいくつかは向上している。法人税の税率を下げて企業経済活動保護を行っているし、あれだけ札を刷っていれば当たり前のことでしかない。問題は、刷った金がどこに流れていくかである

人口の多くを占める給与所得者の手取りは減少している。増税社会保障負担増しているからだ。消費税増税するつもりでいたらしい。人口の大半を占める給与所得者の手取りは減っているし足元景気は両手を上げて喜べるほどの変化とは言いにくい。大規模金融緩和を行うための方便の一つである年金運用もそれほど改善したという話はきかないどころか、年金受給年齢を引き上げるという報道もあるように、むしろ大して良くはなってないのではないだろうかと思っている。

更に、重商主義政策は続き、いわゆる「働き方改革」に着手している。人口の多くを占める給与所得者の手取り収入が下がっている上に、この先は人手不足が深刻で更に労働環境悪化、主に労働時間の増加と時間当たり報酬の低下、というかたちで私たち給与所得者に対して、厄災として降りかかってくるだろう。人口減少に伴う労働者人口の減少は、もう10年以上前から話題になるべき場所では小さい話題にはなっていたが、これは企業利益率低下を招く。一番のコストである人件費が上がる可能性が高いからだ。そして労働者保護視点ゼロの現政権が考えている「働き方改革」の骨子を見る限りでは、企業にとって人件費を抑えるためにはとても有効な、労働者権利を最小化(というか労働基準法を守る気がない監視罰則の導入をする気がない)するものを、推し進めそうになっていた。

推し進めそうになっていた、と過去形で〆ることができたのは、ひとえに森友問題加計問題(これはまだ疑惑段階ではあるが、森友がこれだけ真っ黒なら…とは思わざるを得ない。状況証拠は森友より分かりやすく真っ黒なので)のおかげである

加計問題一見問題がない良い話のように見える。官僚管理主義排除雇用若者流出などの問題を抱える地方希望を与える、ように見える。が、露骨な「オトモダチへの利益誘導」にも見える。加計スキームの怖いところは「オトモダチでないとアベノミクスで買う人がいなくなるほど刷った金が還流できない」という「構造」を邪推できてしまうようなものでもあるからである。いくつかの報道本丸扱いされているのはこれが理由だ。どれだけ札を刷ろうが、幼稚園児に北朝鮮のようなマスゲームを仕込んで首相夫人を褒めそやさせたり、首相と幼馴染の生まれた時からオカネモチでないと、本質的意味アベノミクス恩恵を得ることはできないのでは…と思えてくる。

もちろん、投資家のうちに旨いことやった人々もいるだろうし一部の「勝ち組社員」の中には多少ベアがあったりボーナスでうはーとなったりしている人はいるだろうが、働き方改革がこのまま推進されてしまうと、せっかく給与雀の涙ほど増えたところで、労働時間負担がどんどん増えるだけ、という暗い未来が更に想像やすくなる。金を回してもらうには安倍のケツを舐めるしかない、という社会になるということ。

増田自民党のことが嫌いになれないというのは、どちらかと言うと安倍様のケツを舐める側に近いところから仕事を得ているからだろう。ただ、世界はその他大勢の「そうじゃない人」も支えているし、増田だって所詮はただの給与所得者でしかなく、上が「おらもっとケツ舐めてこい」という体制になったり、将軍様の気まぐれで余禄が還流されなくなったりしたら、同じことを言ってられるかという風が吹けば飛ぶような立場しかない。

社会を、より大きな社会リスクや変化を減らせるように運営していくためには、こういう形はあまり良くない。人が動かす社会不安定さを招きやすいからだ。繰り返すが増田だって「今たまたま」悪くない場所にいるだけでしかないし、安倍将軍のゴキゲンが変われば簡単に変わる、人知的な政治の怖さはこれである。私は法治国家の方が好ましいと考える。

更に元増田不思議なところは、自民党安倍政権をごっちゃにしているということだ。もちろん議会民主制なので政権与党≒キャビネットではあるのだが、実際には党内にも色んな意見があって調整したり話し合いをすることで、議論法案はより良いものになるはずである民主主義ってそういうことでもあったりするが、安倍政権公務員人事権運用独裁的(森友問題はおそらくこれが原因で起こっている)だし、内閣人事もこちらの顔が羞恥で赤くなるほど露骨な「ケツ舐めてくれる人優先」で能力を見た適材配所には全くなっていない。言えばきりがないほど、麻生がかつて漢字読めなかったことを揶揄されきっかけで退陣したのがばかばかしくなるだろうなと思うぐらいには失言方言失策オンパレードである稲田さんが典型

これは私見だが、おそらく安倍麻生を筆頭にした「彼ら」は、そして増田も「公」の概念理解していないのではないだろうか。安倍麻生両氏については「公=オレ」ぐらいに思っていそうである。違うよ。「公」はその社会に属している全員が共有する「場」であって、民主主義国家においては「法律」を作ってその場所をみんなで守る、と言うようなものである。常々首相はアホヅラで「朕は国家なり」って言うと似合うだろうなーと思っているのだが、それは帝国主義的だしもっと言えば独裁である江戸時代か、いや明治天皇にでもなったつもりでいるのか(実際の明治天皇はそういうタイプ性格ではなかったようだが)もしれない。

厄介なのはご本人たちに「公=オレ」いう間違いを自覚する気がないことと、公=オレと思いこめる源泉が「親から受け継いだ多大な財産」をバックボーンにしているという残念さである。せめてワタミ程度に「自力で手に入れたもの」であれば…もしくは官僚上がりの政治家のように一応は人並み以上に勉強を積み重ねた人であれば、とも思うが。ワタミワタミでああいうひん曲がり方をしているし官僚上がりだと官僚との慣れ合いが酷くなる可能性もあるし困ったもんだ。まぁ安倍政権官僚上がりの閣僚が少ないので後者心配不要である、つーか逆に偏差値で言うと43くらいだなーと思うのでもう少し官僚上がりの閣僚増やしたらいいのに笑。

今そういう独裁的な国家体制でこれ以上続けていても、国際競争力世界でのプレゼンスを維持できるとは全く思わない。現に安倍政権はほんっとーに外交がド下手だ。ちょっと面白いぐらい下手。北朝鮮に振り回されまくってるし、猫の目が変わるようなトランプ政権情報米国から流してもらえてないことすらしばしばだ。あれだけしっぽ振ってんのにどんだけ舐められてんだよ笑と思う。

更にいえば、誰も買うものがいなくなるほど刷っている札は、この後どうするんだという問題であるトリクルダウンは今のところ起きていない、あとは日銀がいつ紐を引き絞るのかということであるが、これ、誰がどのタイミングでやっても世の中全部が大怪我はする。すでにそのぐらい刷りすぎてる。なのに多くの給与所得者たちの手に渡る金は少ない。首相もいつだかの会見で「給料あげたれよ企業よー」というコメントを出したがその後に政権が進めたのが「底に穴があいている働き方改革」なので、まーガス抜きしかなかったのかなーと愚考する。

インフレも起きつつある。もちろん良いことではあるが、それに比して給与の上がり率が追いついていない。この先に待っている可能性はスタグフレーションである。すでに可処分所得の低い世帯からじわじわと個々の家計においてスタグフレーション的な現象が起こっている。若年層や子育て世帯に余裕がないなど、で、結果的少子化も止まらない。

もしくは、紐ちょっと引き絞っただけで一気にまたデフレに逆戻りか。どちらにしても札を庶民還流させるための方策であるはずの第二、第三の矢がまったく飛んでこないのだから当然である。ここで所得増税とか消費増税するあたり、安倍ちゃん結局良く分かってなかったんじゃね?感がすごい。2012年第一安倍内閣が発足してアベノミクスアベノミクス煩く言うようになった時から、「基本歓迎するけど、いつ紐締めるんだろうね、つーか第二第三の矢って具体策ゼロだけど大丈夫なのかね…」という声はあった。結局あれから5年経っても第二第三の矢はまだ実体が見えてこない。

2018-03-16

支持率

内閣支持率が39%で高いとか低いとか、若年層がとか高齢層がとかって言うけど。

基本的内閣支持率失業率有効求人倍率は相関してるから失業率低けりゃ支持率は高めに出るし、数%の変動幅は誤差の範囲

で、若年層が高めになるのは、固定電話を持ってる若年層は高所得世帯に偏りがちなので、自民党支持基盤である青年会議所とかの影響受けてる連中に偏るから

メディアせいとか、数値の改竄とかではまずもって無い。内閣支持率の変動は、元々そういう動きをするもの

せいぜい、失業率の割に高めだとか低めだとかで議論しようねー!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん