「世帯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世帯とは

2018-06-19

anond:20180619154932

近所に詮索婆さえいなければ引っ越し解決しそう

単身世帯なら超余裕っぽいよね

家族に乾杯かに出てくる家族って本当にあんの?

NHK番組で毎週放送しているからたまに観るけど、何処か違和感を感じる。

毎週行く度にこんな光景が映し出されるんだが、地方都市在住のオレが知る近所って、

こんな感じなんだよな。

正直、ああい番組に出てくる地域とか家族に憧れる事もあるけど、そもそもあんタイムスリップしたような地域って本当に存在するのか?

2018-06-17

夫がひとりで月に10万円以上消費する

恥ずかしながら、子どもが生まれるまで家計管理というものをほぼしていなかった。

昨年9月子どもが生まれて、それから2ヶ月ほど経って落ち着いてきた11月、学資の積み立て金額を決めるために、家計管理アプリを夫と共有で使い始めた。

それで分かったのだけれど、夫が毎月、自分給与口座から7万円~13万円ほど現金を引き出している。

別の口座に移しているわけではない、全部消費している。

さらクレジットカードも合わせると+2~3万円は使っている。

何にそんなに使っているのか毎月不思議に思っていたのだけれど、平日の朝食と昼食は外食してもらっているし夕食も私が疲れて作れなくて外で食べてきてもらうこともあるし、頑張って仕事をして稼いで来てくれている人にうるさいことは言いたくないので、今まで使い道について問いただしたりすることはなかった。

でも、私の育休手当ての振り込みがない月はいつも家計赤字になってしまっていたのでこのままではいけないと思い、節約しようね、という話は何度かしていた。

けれど、半年以上経っても、夫は毎月必ず10万円以上一人で使っている。

私がいくら自分美容院に行くのを我慢しても食費を減らすために節約メニューを考えても、全然追い付かない。

それで今日我慢限界で、「毎月10万円も何に使ってるの?」と聞いてみた。

夫は、最初は「よく分からないけど何かと必要なんだよね」と言っていたのだけど、しつこく何回も聞き方を変えて問いただしてやっと、下の2つを教えてくれた。

毎日(朝食・昼食とは別にカフェコーヒーを飲んでいる

・月に3回くらい、1回3000円ほどの整体にいっている

そうしたら、それは10万円くらいいくかも、という感じである

・食費(カフェ代込):1日3000円×平日20日=60000円

整体:1回3000円×3回=9000円

飲み会:1回5000円×3回=15000円

・通院(風邪など):1回5000円×2回=10000円

これで合計94000円。

これとは別にクレジットカード洋服とか技術書なんかを月に2~3万。

10万円という金額は、現在の月の世帯収入手取り)の22%くらい。

我が家経済状況からしてやっぱり使いすぎだと思って、今日はそう伝えてみたけれど、

夫は「ごめん、これから気を付ける」と言うだけで、具体的に何を減らすとか我慢するとか、何も考えていないと思う。

弁当とか水筒とかを持たせたら食費を減らせるのだろうけど…子どもができる前は昼食にお弁当を作っていたこともあったけれど、外食したいと言われてやめた経緯あり。

もう、どうしたらいいのか、考えたくない。

2018-06-14

歩きタバコ」にもっと減ってほしい。

たばこについての話が賛否分かれるのはわかる。

愛煙家禁煙成功者嫌煙者、ぜんそく持ち、子育て世帯などなど、それぞれがそれぞれの最適を探して議論するのだから致し方ない。

しかし毎度毎度、これは良いあれはダメ意見が分かれているのでは状況が前に進まないのも事実だろう。

そこでポイントを絞って意見を求めたい。

歩きタバコ

こいつだけはもっとみんなからバッシングされて良いんじゃないかと思うんだ。

自分が住んでる地方都市では、歩きタバコをする人間がすごく多い。今朝だけでもそこそこ通勤で人通りの多い場所でも5人は見かけたし、お昼時に至っては歩道を2~4人の男が等間隔に並んでみんなでスパスパしてたりする。昼ご飯を食べに歩いて5分程度移動するだけで、往路に5人、復路に5人、計10人の歩きタバコに遭遇するなんてザラだ。それも若いチンピラ風なんかじゃない。イイ年したスーツ姿の、おそらく役付と思われるようなオッサンがだ。余談だが、目の前でのたばこポイ捨ても週に1度は見かける。

地方都市とは言え、道路によっては「歩きタバコ禁止」となっている場所もある。確かにそこで歩きタバコしている人は少ない。でも少ない程度で、一本入れば人ごみの中でスパスパしている人もたくさんいるのだ。

喫煙ルームや、施設指定喫煙所など、いろんなことを語りたくなるのはわかる。でもまずは「歩きタバコ」をどうにかしたいのだ。

思うに歩きタバコをする人間は、嫌煙禁煙派の人にとってはもちろん、マナーの良い愛煙家の人にとっても敵だ。何年か前に歩きタバコ禁止の動きが出た時になんでもっと叩いて撲滅しておかなかったのか。そうしたらタバコ関連の市井議論ももっとわかりやすくなってたのに…。

嫌煙禁煙派の皆さんはもちろん、マナーの良い愛煙家の皆さんにも、ぜひとも歩きタバコに対する怨嗟の声を上げていただき、またどうしたら撲滅して行けるのかご意見を頂戴したい!!

…と、ここまで書いて思ったんだけど、もしかして東京の方では歩きタバコ忌避されて少なくなってたりするのかなぁ…。

2018-06-12

anond:20180612131057

41歳独身

年収460万円

残業代は付くがここ数年残業削減で2017年2016年残業代込みで500万円にギリ届かなかった

死ぬほど働いた数年前は600万に届いたんだよなあ……

仕事は金のため以外の何者でもないので楽しいとかつまらないとか考えない

結婚するなら男400万円、女300万円の共働き世帯700万円くらいが現実的じゃないかねえ

まあ俺は結婚は諦めたけど

2018-06-11

anond:20180611143452

てか保育園が充実したり小中高の教科書だとか給食費が安くなって

子育て世帯が満足したところで日本合計特殊出生率2.04超えるとは全く思えんのよな

大学学費とかなら少しくらいは関係あるかも?とか思ってしまうけれど)

結婚さえすれば一定確率で産む→結婚を増やそう!って方がまだなんか納得できる(家族観押し付けとか自由にさせろってので賛成はしないけれど)

anond:20180611141643

こういうノリで子持ち世帯ナチュラル選民思想かぶれつつがちなのを感じる

しか何気に攻撃性が高い、特に母親になった女性差別です)

ニートですら消費するし消費税も直接的/間接的に払うから社会の一部として回っているというのに

2018-06-10

転勤の是非と専業主婦

転勤の議論に関する記事が湧いて出てくるのは別にいいんですけど、議論自分の思う問題とちょいと違う方向に向いてると思うのです。

自分転勤族でおよそ3〜4年単位地方間転勤をしているんですが、それは入社から分かっていたので、それ自体文句があるところではありません。

奥さんも専業に何も違和感のない考え方を持つ人を選んだので、家のことは妻任せ、旦那仕事を頑張るという家庭です。

仕事をして10年になるのですが、最近、転勤に関してちょっと損だなぁと思う部分があります

それは共働き理由出世や転勤を拒否した方が「おいしい」世の中になってしまたことです。

これまでの流れで共働き家庭には多大な優遇が取られてきたと思います

世帯収入という面ではあまり出世しなくても十分に暮らせるのが共働きですが、

保育であるとか、残業問題などで現実的には大変負担のある生き方であったと思っています

また、ダイバーシティ運動から家庭を理由辞令拒否することが認められてしまたことで会社人生における生きにくさも解消されてしまいました。

その結果、転勤で確保できる収入アドバンテージ相対的に大変小さくなってしまったなぁというのがモヤモヤポイントその1です。

海外転勤などは、収入において未だに多大なアドバンテージが確保されていると思いますが、会社にとって転勤というもの重要であるならばもっとアドバンテージを付けるべきではないかという議論があっても良いのではないでしょうか?

そして、モヤモヤポイント2は自分の奥さん達、専業主婦に対する評価です。

自分で言うのも何ですが、うちの奥さんは山内一豊の妻と言いたくなるくらい、家のことや、付き合いをしっかりやってくれる出来た嫁です。

こういう専業主婦共働きを推進する世の中ではどんどんディスられているように感じるのです。

女性労働参加が賛美される中で家の中にいる女性は無産のように扱われていないですか?

自分家事などが苦手で、家では休日洗濯くらいしかしません。

そこを奥さんがバックアップしてくれるから仕事で頑張れるのです。

まり自分の働きざまは1人による成果ではなく、2人による成果なのですが、経済的視点ではそういった部分が無視され、専業主婦社会的メリットが一切話題に出ていないように思うのです。

働け!働け!と世間様が言うのはわかるのですが、今の議論はどこか偏った方向性に導かれた議論だと思うので、もっと多様な方向に議論拡散させていただければなぁと思います

2018-06-08

anond:20180608164240

横だけど、未婚率の増加によって一人暮らし世帯が増えてるんじゃないの?

彼らは好んでワンルームマンションに住みたがるものとばかり思ってたけど、そうでもないの??

2018-06-04

anond:20180603144234

老後は東南アジアリゾート!!!とか言って老人を輸出したりしないのかな。単身世帯ならガンガン行きそうなもんだけど。

2018-06-02

anond:20180602015306

私は現在2児の子育てをしている男です。

とてもいいことを言っているなと思いました。

ただ、育児家事に関する負荷は、おそらく一昔前と比べるとかなり小さくなっていると思います

育児に関していうとオムツの性能も良くなっているし、レトルト離乳食も充実している。

世間の子育てに関する関心も上がっていてどこへ行っても優しくしてもらえるし、

ベビーシッターサービス、託児のサービスも多いです。

家事に関しても、食洗器や全自動選択乾燥機もあるし、外食中食も発達していて

楽しようと思えば楽できます


じゃあなんで「育児は大変!」とか「夫が協力してくれない!」みたいな話が出るかというと

シンプルに『共働きがムリゲー』というだけだと、私は思っています


どれだけ便利になっても、時間には限りがあります

そして、子供というのは、時間があればあるだけ全部吸い取ってしま存在なのです。

仕事子育てを両立するということは、並大抵のことではありません。

というか、そもそも子育ては「片手間」にできるレベルタスクではないのです。


人生、何かをやるということは、別のなにかをやらないということなのです。

子供を持つということは、その代わりに何かを支払わなければいけないということだと思います


子供も育てて、でも自分仕事キャリアも諦めたくない。

そういう世帯が多いのだと思います。(我が家もそうです。)

私は、私か妻か、どちらかが「専業主婦(主夫)」になろうと提案しましたが、却下されました。

妻としては、専業主婦になることは仕事キャリアアップを諦めることになるからです。

また、離婚した際に、再就職が圧倒的に不利になるためです。

また、夫が専業主夫になることは、生理的にまったく受け付けないということだったのです。

現代社会の男は、「家事育児を手伝わないのは DV」ぐらいの重い十字架を背負わされておりますが、

それと同時に「一人前に稼げない男は、夫としての価値はない」ぐらいの認識なのです。


ほとんど私の愚痴になってしまいましたが、結論としては、


「求められるレベルが高くなり、難易度が上がっている」


ということだと実感しております

anond:20180601131345

はい?本音専業主婦やりたがってるだろ。世帯収入1000万以上の家庭で奥さんどれだけ仕事続けてるか調べてみろ。

2018-06-01

anond:20180601000559

男が当たり前に育児することに関しては産婦人科や親子学級からしハードルが高い。

うちのケースだけど、まず夫がショックを受けないように定期検診のときから予め言っておいた。

産婦人科には妊婦とか婦人病の人だけでなく中絶する人とか望まない妊娠をして男を憎んでいる人とかいて、もしかしたら男というだけで嫌な思いをするかもしれないけど心得ておいてね」

検診では他の患者がいない時間帯を狙っていったので特に何も無く、イマイチピンと来なかったらしい。

でも次の親子学級も心配で予め釘をさしておいた。

講師先生は『パパたちは家事なんか出来ないんだから今のうちにママに習っておいてね、どうせ男なんて』とかそういうマウント的な発言をする可能性が高いけどイラッとしないでね」

そんで親子学級当日。「パパたちも育児に参加を」とかいブックレットをもらい、それについて講義が始まった。

今日参加のパパたちは、どんな育児をしたいと思っていますか?」

たまたま端に座っていたうちの夫婦に当てられたので夫が「仕事から帰ってきて嫁を寝かせる」と答えた。

「その間の家事は誰がするのですか?」という講師に「僕がしますが」と質問意図がわからないという感じの夫。

後で「あれはミルクとかお風呂とか答えさせて『それ以外の家事育児ひとつです』って参加するママとドヤァする奴だったんだよ」と言うと「そうだったんだ」と納得した夫。

しかモヤモヤするのは「家事は誰がするのですか(まさかあなたが夕飯の後片付けなどするのですか)」とうちの夫が家事が出来ない前提で質問返ししてきた講師

講師に悪気があったわけじゃないのはわかるけど、なんで「パパ=みんな家事出来ない」の前提で話を進めてくるのかわからない。

うちの夫は料理は最低限だけど掃除洗濯はしっかりできるし、趣味家計簿も付けてる。トイレットペーパーや洗剤が切れそうだと思ったら自主的に買ってきてくれるくらいには消耗品管理もできる。

ネットニュースを見てたら『パパ必見!楽に出来る皿洗い!』っていう記事があったから読んだけど『お皿は一枚一枚ではなくまとめてすすぐと水道代の節約になります』とか当たり前すぎてバカじゃねえの、と思ったけどこんな記事需要がありそうなくらい皿洗いのひとつもできない人が多いのか」とのこと。

「世の中には妻が熱を出して寝込んでいても『俺の飯は?』と言うアホタレもいるからね」と話したら「マジでそんな奴いるのか」と手を叩いて大ウケしてた。

それでやっと今まで言われてきたことが理解できたらしい。遅いよ。

他にたまひよクラブ的な雑誌にも「里帰りで夫に殺意」「夫が無責任」「夫が使えないのは妻にも責任が」みたいな記事がたくさんあって、殺意覚える前にやることあるんじゃないかとか思った。読んでると夫に対してヘイトしか湧かないような記事の多いこと多いこと(あと実母姑に対してもすごかった)。

知り合いの子育て世帯を見渡しても「旦那家事を全くしません」という家はほとんどない。

料理は当番制」とか「子供のお迎えは交代で」とか当たり前にやっているし、それでみんな頑張っている。

観測範囲、と言えばそれまでだけど今の子育て世代の男は全く家事をしないという印象は全くないしどっちかというと共働きで動ける人が家事育児をするという家が多いんじゃないかな。

その意識が変わってきたのを育児業界が掴めきれてなくて「イクメン(笑)」とかやってるから「男が育児に参加するしない」で引き起こさなくてもいい憎悪煽りが尽きないと思ってる。

男性育児に参加してもらいたかったら、メディア単位で「育児するパパかっこいい」じゃなくて「子供の世話をするのは別に偉くないし当たり前」にどこかでシフトしなくちゃいつまで経っても「どうせ男は家事育児できないしー」みたいな風潮なくせないと思うけどまだまだ過渡期だから難しいかな。

ひどいパパもいるんだろうけど、世の中の頑張っているパパを褒めているようで見下してるような雰囲気がなくなればいいのになあと思います

2018-05-30

anond:20180530125018

結婚前は正社員旦那より稼ぎが多かった。夫の仕事が不規則時間で会えないから、パートに切り替えたらしい。勿体無い。

この時点でアホでしょ。夫も嫁も。

世帯収入が800万以上有ったと想定して、

それがほぼ半額になって、夫婦二人でやっていけると思ったならまだいいが、

その収入扶養二人って無理だろ、どう考えても。

子供作るつもりだったなら、世帯収入確保できてからだろ。

20年住んだアパートを出て行く

1LDK月8万円、引っ越す機会がなくて20年住んでしまった。

合計8室のアパート最初の頃は他にたくさんの住人もいたが、私が最後の住人だ。新しい人は入ってこない。

ここは大家のこだわりで条件が厳しい。

外国人駄目、赤ん坊がいる世帯駄目、ペット駄目、ピアノ駄目。

まー、20年前にはよくある条件ではあったのだけど。

その結果、誰も住まないアパートになった。

(築年数は確かに古いがリフォームを適時行っているため、設備や見た目は古くはない)。

正直、「清く正しいアパート」をまっとうしてそのまま滅びて欲しい。

相対的に稼がない男の未来

稼ぐ人同士ではなく、稼ぐ人と相対的に稼がない人が結婚した方が、世帯格差出なくて良いのは確かにそう。

稼ぐ人が稼ぐ人と、相対的に稼がない人が相対的に稼がない人とばかり出会う状況がマズいのも確かにそう。

でも、仮に稼ぐ人と相対的に稼がない人が出会システムが出来たとして、稼ぐ女性相対的に稼がない男性を選ぶのは、とても難しいじゃない?

これは、女だからキャリア形成不安とか、男とか女とか関係なく、単純に、「配偶者収入がある方が安心」ってことで、つまり稼ぐ人は稼ぐ人を選びがち。

そんな訳で、富は集中するんだけど、集中した富は累進課税で振り分ける形になってれば、まあ比較的マシ

2018-05-29

幼児教育無償化はてな民非難轟々だけど

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180529/k10011456341000.html

保育園不足は都心部だけの話、でも無償化は全国どこでも恩恵がある。

それに0~2歳は非課税世帯のみ(これは元々無償やごく低額である自治体が多い)、3歳以上が幼稚園含めて全世帯、と言う事は

実質恩恵を受けられるのは3歳以上のみで、

3歳以上なら保育園に入れられなくてもどうせ幼稚園に入れるのだから必ず恩恵は受けられる。

幼稚園すら入れない激戦区は知らんが、それこそ大都会の一部だけだしそれも大都会に住むリスクの一つだろう)

と考えると(ブコメでもそういう指摘をしている人が僅かにいるが)都心部より地方を優先するってだけの話だし

実際児童貧困率等考えると地方の方が出生率が高いのに経済状況は悪いわけだし

少子化対策を考えても、大して産む気もないのに大量の補助だけは欲しがるコスパ悪い都民税金をつぎ込まず地方を優先する方が効率いいだろう。

あと0歳から保育園使う世帯より3歳から幼稚園使う世帯を優先という意味もあるだろうが、

これも保育園は多額の補助があるのに幼稚園は少ないという不公平さの是正と考えたら妥当

現状だと収入によっては保育園の方が預かり時間が長いのに幼稚園より安い、という事になってるからね。

どちらも無償化する事で、勤務時間が短めで本当は幼稚園でもいいけど今は保育園の方が安いか保育園

って人が幼稚園に移る事で保育園に空きが出来る事も期待できるし。

と考えると割と妥当政策なんだが、

田舎DQNなんざどうでもいいから俺たち大都会民を最優先しろ!」なはてな民には理解出来ないのか。

他に必要なのは、0~2歳児持ちの保育園に入れない貧困世帯に対する補助を増やす事かな。

保育園の定員増やすのはその後でいいだろ。

anond:20180529113122

うちの町内の幼稚園菓子折り持って挨拶に来るし、騒音スケジュールも事前にプリントくれるけどな

相手マンションだと世帯数が多すぎて難しいのかな、お財布事情

anond:20180529134937

この国には夫婦と未婚の子供だけの世帯が、866万あるんだが、そのうちの10だか三十だかだけ切り取って、何の根拠になるの?

幼稚園騒音って実際にあるんだなと

去年、大通りを挟んで向かい幼稚園があるマンションの6階に越して来たのだけど、幼稚園騒音はそう気にならなかった。

そんなに長時間営業しているわけでもないし。

けれど5月になってから運動会があるみたいで、これの練習がやたらうるさい。

大音量アンパンマンマーチを延々と繰り返して流したり、下手な太鼓を不規則に鳴らしたり。練習からさ、まだ形になっていないわけ。

苦情とか言うほどでもないけど、うるさいことはうるさい、それは確か。

本来幼稚園業務とは別のところで、こういう騒音問題って発生してるんじゃないかな。

外国はどうなってるんだろう。まさかアンパンマンマーチエンドレスでかけることはしていないと思うんだけど。

[追記]

BGM鉄腕アトムのうたを使ってる、その幼稚園運動会。今の子鉄腕アトムを知っているんだろうか。

[追記]

私は子供がいないので、子育てをしてくださっている世帯の皆様には大変感謝している。幼稚園それ自体廃止しろとかそんなことを言うつもりは毛頭ない。

ただ、この手の話題って、「子供迷惑」と「おまえも子供だっただろうが」の両極端の対立になりがちで、幼稚園社会的必要重要機関、というのは大前提としたうえで、

そのうえで騒音を軽減できないかもっと冷静に検討、話し合いが出来ればいいのに、と思う。

ステークホルダーの中に、親、児童先生経営者だけじゃなくて地域住民も加えて欲しい。

例えば、太鼓練習は室内でやって、形になってから屋外で演奏するとか、ほんとちょっとした心遣いなの。

それがあれば寄り添えることは随分あると思う。

2018-05-28

anond:20180528232503

そりゃ普通カップルとなんら育児能力も変わりない(ゲイだと世帯収入が平均より高いこともある)のに攻撃されるからな。

袋叩きじゃなくて、先に攻撃されたから最低限の反撃をしてるだけだよ。

子どもをダシにするんじゃないよ。

anond:20180528183500

保育料上げるなんて猛反対するやん

どっちみち保育園に入れない困窮世帯には関係ない話だし

そういう世帯にとって一番良いのは子供手当だけどそれにも猛反対するし

子供手当って高収入世帯にとっては雀の涙でどうでもいいものだけど、困窮世帯にとっては非常に助かるもの格差是正にも効果的なんだが

彼らは「俺たち高収入世帯にとってはどうでもいいものから反対」だものね)

anond:20180528183303

保育園の料金あげて低収入世帯だけ確定申告でペイバックとかその辺調整できないもんかな

anond:20180528111439

それは子育て世帯に対する優遇是正されるべきだというのが自分自身の主張。勤労・納税の義務があっての自由から

フリーライダーが発生しているのは制度上の欠陥。

そもそも少子化経済シュリンクしてしまうと、それだけでも次世代への圧迫に他ならないんだけど。

税制とか、そのあとの問題しかない。

かといって誰かの行動を罰するような税制はあってはならないと思っているが。

義務を果たさない誰かには、懲罰的課税もやむない

anond:20180528111618

その飴と鞭の内容がここでは明らかにされていないので何とも言えない(足りていないのかがわからない)

全体に増税して子育て世帯に減税すればよいのでは。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん