「Gペン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Gペンとは

2018-11-07

井の中の蛙が絵を書くのをやめた話

さなから絵を描くのが好きだった。

紙と鉛筆さえ与えれば、大人しくしている子だったと母から教えて貰った。

そのまま小学生になっても絵を描き続けた。漫画家になることをぼんやり夢見つつ、父に買ってもらった原稿用紙に、Gペン少女漫画の模写をし続けた。

絵画系は毎年何かしら賞を取っていた。小さな小学校の中で一番絵が上手かった。

中学に入った頃、初めてネット世界に触れて、自分全国的にも絵が上手い方なんじゃないかと言うことに気がついた。

当時はお絵かき掲示板お絵かきチャットが全盛期で、ありとあらゆる場所で「同年代とは思えない!」と褒められた。

たまに信じられないぐらい上手い人を見つけると、こなくそ、と必死デッサンや着彩を勉強した。

負けたくなかった、絵が上手な私でいたかった。

高校2年生の頃、絵を描く機会がパタリと減った。

隠れオタクになったので、年相応にファッション恋愛生徒会学業に打ち込んだ。

ある時、ふとネット世界に戻ったら、当時絶賛してくれていたお絵描き仲間の絵のレベルが相当に上がっており、オリジナリティに溢れた素敵な絵が毎日上げられていることに気付いてしまった。

同時期に、美大専攻コースの授業を受けていたところ、普通男子生徒だと思っていた人たちの凄まじい画力にうちのめされた。

彼らは今、広告大手会社デザイナーやってたり、某有名デザイン事務所に勤めていたりする。

毎日描くことを怠らなかった本物がそこにいた。

愕然とした、うちのめされた。途端に描く手が止まって、もうどうでもよくなった。

美大は諦めた。私には写実力しかないことに随分前から気付いていた。

そんなことを言い訳にしたけれど、本当は恥ずかしくて悔しくてどうにかなりそうだった。

私の方が上手かったのに!

そんな行き場のない悔しさだけが湧き上がってきた。

ネットお絵描き仲間とも疎遠になった。

その頃には、もう滅多に絵は描かなくなっていた。

当たり前の結果に納得出来ず、絵を描くことをやめた。

あのまま描き続けていたら…と考えることもある。

結局表現したいものなんてなくて、賞賛が欲しかったのかなとも思うことすらある。

周りに差をつけられるのが怖くて逃げた井の中の蛙

あれから10余年。絵にまつわる仕事をしている。描かないけど。

この人たちは、周りの人に打ちひしがれることもなく、毎日書き続けていたんだなと思うと頭が下がる。

2018-10-09

萌え絵についての、まだオタクが見るし描くしという頃の記憶

萌え絵について考えた時、うる星やつら存在は大きい。

うる星やつらキャラデザは、萌えという記号が満載だ。

虎柄ビキニ鬼、パッツンセーラー服白衣保健女医、フリフリ女子……などなど。

ただ、高橋留美子の絵が「萌え絵」かというと、わりと微妙エリアになる。

とちらかというと絵柄は水木しげるのとなりにある気もする。

そこに描かれた絵は確かに萌え」の記号なのだが、絵柄として「萌え」かというと微妙である

朝起きたら、「高橋留美子みたいな絵柄になっていたらいいな」とアニメオタクが思うかというと

微妙だ。

当時のオタクアニメ)は「好きな絵柄」という自意識が強くあって

特にA先生とB先生を合わせて2で割ったような絵柄になりたい」みたいなのが良くあった。

同人誌自己紹介で、あちこちで見られた自意識

美樹本晴彦とか良く名前があがっていた。

それは、これまでにない新しい絵柄というものが、ティーンエイジャーの心をむんずと掴んだのだ。

その意味でいうと高橋留美子の絵は、ティーンエイジャーにとっては新しいものではなかった。

ただ、うる星やつらで見つかった、オタク好みの絵の流れというのもある。

森山ゆうじプロジェクトA子とか土器手司のダーティーペアとかへ繋がるあのへんのアニメ絵の流れ。


エロゲーでいうと、ELFのあのへんの作品と繋がる。

「野々村病院の人々」とか「河原崎家の一族」とか。

ちゃんと動かせるアニメっぽいデッサン力のある身体

そこに、PC98の肌色塗りテクニックDNAが入っている。

描く人が憧れる要素がある。


一方、萌え絵少女漫画からというのもがある。

かつて少年漫画の絵はGペンの太い線。一方少女漫画丸ペンの細い線だった。

そういう守るべきルールがあると子供は思っていた時代があった。

この細い丸ペンによる線。

ここの身体感覚がわかるだろうか?

丸ペンは繊細な人間しか描けない!」と、実際に紙にペンで描いてみようとした男子は思うものだった。

絵柄自体に繊細な少女身体を感じる。

壊れやす砂糖菓子のような絵。アニメセル画塗りに対し、淡い水彩が似合う。

終末の過ごし方」とか多少それっぽい。

この2つのDNAが、混ざり合って、オタクが憧れる絵柄は色々変わっていく。

デッサンポンコツだが、雰囲気カラー処理などこだわる部分が魅力的な絵が多く出てきた気がする。

雫とか。

そういう時代を経て、経て、経て、今はとにかくみんな上手い。

断絶の壁がある気がする。

受け手意識が変わっている気がする。

PCフォトショからSAIの塗りを経て、経て、経て、2018年だしな。


まだオタクアニメを見て感動して、自分でも(アマチュアとして)模写するのが普通だった頃の記憶

ちなみに、オタクはがきイラストを送る先の最高峰ファンロードだった。あそこはレベルが違った。

2018-01-07

anond:20180106181932

おいおい、それはキミの周りに変な人しかいないだけだろ。

自分語りになってしまうけれども、私は小学5年生からGペン丸ペンスクールペンPILOTインクスクリーントーンなどを用いて原稿用紙に漫画を描いており、更にドクターマーチンなどのクソ高いカラーインクを揃えてカラーイラストを描き、中学1年生時点で漫画2000冊以上持っていて、中学3年生のときには世界堂で道具揃えてセル画(ちなみに綾波レイを描いた)を自作していたガッチガチオタク

(家は貧乏。月の小遣い3000円とお年玉をすべて画材道具と古本漫画に注ぎ込んでいた)

だけどアニメマスコットやグッズを使ったことは今日まで一度もない。

恥ずかしい気持ちもあるが、そもそもグッズに興味がないからだ。

私が好きなのは作品のものであって、グッズはどうでもいい。

話はそれるが、ちょうどエヴァリアルタイム世代で、当時中学2年生だった私は公式VHSビデオ(1本2話収録で5000〜6000円)をすべて揃えるのが本当に本当に大変だった。

でも会話すべて暗記するほど擦り切れるほど観たので元は取れてるはず。


こんな私だけど17歳でデパコスデビュー青山ヘアサロンデビューしとる(バイトできる年齢になったので資金には余裕があった)。

キミは化粧やファッション界隈にいかオタクが多いか知らないね

コスプレとかでなくモード系でもない。ごく普通の界隈にもガチオタはいるのだ。

コスメオタクとかファオタって言葉を聞いたことない?

ちなみに私は「化粧なんてしなくていいんじゃない?」なんて母親からしか言われたことない。

というわけで冒頭に戻るが、キミの周りの女オタクちょっと変わった人が多いだけなんじゃないかと思った次第。

2017-11-08

iPad版のクリスタ話題になってて同人屋が騒いでるけど

もうGペンでシコシコ漫画描く時代じゃないんだなって

スクリーントーンとか要らんしな

2016-10-23

今更ながら、デジタル時代絵描き漫画書き)ってのは試練に晒されてるなあと思う。

アナログ時代ペン入れで一番難しいことは、滑らかでヨレのない長い線を引くことだった。

デジタル時代はそんなの、ちょっと画面の倍率を調整すれば簡単に出来るようになった。

これは一例だが、デジタル化が普及するにつれて、かつて「こんなのを手で描いたんだよなあ」と尊敬を集めていたことが、今ではそれほど強い印象を残さないということが非常に多くなった。

職人として難しいことに挑戦する気概、「人間の手でそれを表現する」ことの達成感に価値がなくなったら、絵を描くということの意味はまだ残っているのだろうか。

これはただの、技術革新についていけなくなったロートル困惑に過ぎないのか?

しかし、職人的、感覚的技巧を拠り所としない絵なんて、描いてて何が楽しいのだろう?

漫画は、それを描くことが喜びであるからこそ描く、という漫画家の手を離れて、ただのオペレーターの流れ作業になっていくのだろうか?

 

自分は、ゴールデンカムイのような、いかにもコミスタクリスタ)ですという自由すぎる描線は、汚くしか感じない。

この期に及んで、何故Gペンを模したツールを使っているのかわからいくらい、Gペンでは絶対に引けない線を引いている。

ペン画のニュアンスへったくれもない線で豪快にアウトラインを取り、これまた如何にもデジタルでございというトーンの多用で画面の密度を作っている。

それはクリスタ作画するなら100%正解のやりかたなんだろうけど、これが次世代漫画スタンダードになるんだろうか?…と考えると…。

読者はそれでも、絵が綺麗だ、細かいと喜んでいる。

このまま、描線の美しさ、達者さなんて何の価値もない時代になってしまうのだろうか。

もしくは、そのレベルの「こだわり」が当たり前に表現出来るまで、「デバイス」の進化を待たなきゃいけないのか?

なんだか本末転倒な気がする。

2015-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20151205033711

いるよね、サムネ映えするグラデとかカラーリングの絵しか認めない奴。Gペンの太い線を毛嫌いする奴。厚塗りでタッチを残すと汚いと言う奴。

そういうのはオタクでもなんでもなく、ただ絵を馬鹿にしてる人だから

自分の好きなものがよく見えてそっちが上手く感じることは別に全然普通。だけどそれをそのまま口に出すのは何も考えてない証拠で、考えもないのに下手とか決めつけるなんて絵を舐めてる、馬鹿にしてるってこと。

そういう奴のセンスがよかった試しなんてないでしょ?馬鹿にしてるんだから絵をまともに見る能力なんてない。基地の外の人と同じで、こういうのにイラついても意味ないから無視するのが吉。

あと、絵を描いてるならネット情報を探すのは辞めようぜ。1の真実があっても同時に9の嘘と勘違いが混ざってる。

多いんだよな、ただの自慢目的の奴、意味も知らずにデッサンとか言う奴、絵は描けないけどアドバイスはできると思い込んでる奴、自分はやらないくせに練習方法ランク付けしてくる奴、脳みそなんか人それぞれなのに「立体のイメージが」とか知ったかぶりする奴、あーーーーイライライライ(ry

2014-07-02

はてなユーザーって黒人女性で抜けるんですよね?

はてなユーザーはいつも差別に反対したりセクハラに反対したり集団的自衛権に反対したりしてるのでおそらくみんなリベラルだと思うんだけど、っていうことは黒人平等に見てるんですよね?

みなさんはいつも日本人とか白人で抜いてるじゃないですか。でもちゃんと黒人でも抜いてあげてるんですよね?寡聞にして黒人エロ画像まとめみたいなのがはてブで上がってきてるのを見たことないんですけど、俺の気のせいなんですかね。

ちなみに俺は黒人では抜けません。インド人だろうがアラブ人だろうが南米だろうがギャル系だろうが基本的に抜けますが、黒人で抜くことはついにできませんでした。努力したんですが。

ビヨンセならいけるだろうと思ったけど、ビヨンセでも駄目でした。なんか全体的にでかいんだよね。Gペンで書きなぐった感じっていうのかな。ビヨンセ持ち上げてる連中はビヨンセで抜けるんですかね。疑問です。ビヨンセ持ち上げるのがお洒落からっていう程度の理由なんじゃないかと思うんですよね。プリウス乗ってたりするみたいな感覚で。偽善者が。

2014-05-21

TwitterRTで回ってくる創作論やら創作啓発やら

鬱陶しい。なんなのだあれは。

How toとか「○○をうまく書くコツ」みたいなものとかは、まだ、わかる。実益に適っているし、具体性がある。

だが「絵がうまいひとはいだってこういうものの考え方をしている」だとか「絵がうまくなるにはこういう精神必要だ」だとかそんな感じの創作論やら創作啓発やら価値観押し付けやら価値観押し付けやら価値観押し付けをわざわざ発言なさる人種、とそれをありがたがってリツイート拡散しまくってる人種は正直理解しづらい。わけがからない、気持ち悪い、と感じてしまう。

自戒を込めて」という言葉がこれまた滑稽だ。その言葉を語尾に付ければどんな精神論を振りかざしても他人を見下したような発言をしても綺麗ごとをのたまっても許されると思っているのだろう。

ブラック企業オタク共はやたらと批判するのに、インターネット絵師信奉文化はそのブラック企業精神偶像崇拝とでいっぱいだ。精神論自己啓発で絵がうまくなると信じている(でも自分は絵は描かないor未熟である、が「うまくなりたいという向上心のある絵師にはこれを求めたい」と思っている)し、絵のうまい人の言葉をありがたがればそこに自分が近づけると思っている人間ばかりだ。憧れは理解とは最も遠い感情だって藍染惣右介だって言ってたろ。

そもそも創作という言葉が気に入らない。厳密に言えば、創作、という言葉をありがたがる風潮がわけがからない。絵なんて誰でも描ける。描こうとする人間と描こうとしない人間がいるだけだ。大体、生き物たるもの生きて何かを発言しているだけでそれ即ち創作と言い換えてもいいくらいだろう。そんなに創作かいう大層な言葉を持ち出してありがたがってハードルを上げて、意識の低いものを見下してなにがしたいんだ。意識を高く持ったところで絵がうまく描けるようになるのか?Gペンの線の太さを思いのままにコントロールできるようになるのか?ペンタブきれいな曲線をえがけるようになるのか?他人の言葉リツイートして何らかの大きな船にのった気持ちになって満足する暇があるなら絵でも描いてろよ。以上、自戒を込めて。

2014-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20140510171441

RPGみたいな単純思考になっちゃってるみたいだけど、お前が銃を持つ事と、今の時点で何もかも全てが優れているジャイアンが銃を持つ事の意味は違うぞ。

しかしたら、もっと離れるかも知れないな。

例えば、お前はGペンを持ったら漫画家と同じ絵がかけるようになるとでも思ってるのか?

銃は単純に+100するようなものじゃないんだよ。そこからズレてる。というかゲームしか知らない小学生的な発想だよな……

2010-07-28

applewacom

appleが少しずつwacomライバル会社に近づいてきている。

昨日公開されたMagic Trackpadなんかは、Bamboo touchそのものと言える。

ipad筆圧関知機能の無い液晶タブレットだし、

apple=wacom-筆圧関知+OS価格の安さ

という図式が成り立っている。

ここで筆圧関知も付けば、appleは全面的にwacomの機能をカバー出来る。

で、実際静電容量式のタッチパネルならば、筆圧関知は可能なので、appleがその気になれば実現できるんだ。

静電容量式での筆圧関知方法は、スポンジ状の通電ペン等を使用して通電範囲=筆圧として認識する方法。

wacomのペンに慣れた人は、このやり方をお粗末な物として話にならないと切り捨てる人が多いと思う。

しかし、実際にアナログな絵の描き方をよく考えてみよう。

Gペンにしろ絵筆にしろ、ペンにかける圧力によって「紙に塗料を押しつける範囲が変わること」で絵のタッチが生まれている。

静電容量方式での筆圧関知の方がより現実入力方法に沿っている、と考えることも出来る訳だ。

それこそハケ型の入力機器とかだって作れるしね。

ってことでappleがその気になってくれたら面白そうなのになーという風にいつも思ってるんだけど、

周りのデジ絵描きは皆(俺もだけど)wacomに金かけてきた奴ばかりで全く同意を頂けないので、増田愚痴っている俺でした。おわり

2009-07-08

創作系を目指してますが田舎だし家族が冷たい。

右手をかばいながら転ぶことが出来る漫画家志望です。漫画恋人Gペンとベロチューとかしてます(単につばをつけて拭き取って油を取ろうとしてるだけなんだけど)

賞は取ったことがありませんがあと1、2歩らしいです。そろそろ上京しようと思ってるのですがお金がないので1年間フリーターをしようと思ってます。

だけど

祖母は言います「女の子なんだから彼氏の一人でも見つけて早く結婚しなさい親孝行しなさい」

祖父は言います「死ぬ前に花嫁姿を見たい」

母は言います「夢を追いたい気持ちは分かるけど就職しなさい。漫画家不安定な職業でしょう」

父は言います「高大と私立に行かせてやってんのにフリーターとかふざけんなよブラックでいいから就職しろ

妹は言います「私は東京にいるから、お姉ちゃん地元就職した方がいいよ。いつか介護とか必要になるし。私は東京彼氏同棲するから無理。大卒就職しないとかお姉ちゃん何の為に生きてるの?」

弟は言います「昔の絵見ても分かるけど才能ないからニートにでもなればwwwwww」

金があれば今すぐにでも出て行きたいんですが、金がない。そしてフリーターしようとするとこんな冷たい反応。

田舎創作活動してる人の家族ってだいたいこうなんですかね?稼げば文句言わなくなるのかな。

それともうちの家族がやたらクリエーター系に否定的なだけなんでしょうか。

こんなご時世だからこそ何かトキワ荘的な物があると助かるんじゃないかなと思ったりしてます。

まあそれは別のお話

2008-04-30

Gペン漫画家と非Gペン漫画家

今週のジャンプを読んでふと気付いたこと。

例えば頬っぺたの線を描くとき線の太さを変化させる漫画家

ほとんど変化させない漫画家とわけられるような。

前者幼児系のアクティブマンガ向けで

後者4コマの理性的マンガ向け、とか。

いや、だからどうしたって感じだけど。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん