「奨学金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 奨学金とは

2018-01-20

教育無償化DQN輪廻向けの政策じゃないか

ちーがーうーだーろー

教育無償化ほー。良いじゃんと思って調べたら、誰得? ってなったわ。

DQN輪廻解脱できる優秀な人を救うことが目的じゃないだろ。

返済不要奨学金所得制限がついていると、インセンティブとして機能しないだろ。

で、外国人へはたくさんお金渡すんでしょ。そんで、飲食店コンビニで働かせると。それって、外国人労働を経由して飲食店コンビニお金流してるってことなんだが。

でさ、そのお金どこから出てるって、納税してる人たちで、中流の人はまたも、まんまとたんまり取られるってことだよな。消費税増税を通してな。

そろそろ、この問題を考えないと行けないんじゃない? 外国人労働DQN中流経営者間の断絶をさ。。。

2018-01-19

通学する大学生のオッサンはたしかに浮くだろうけど

奨学金蹴って高卒で働かざるを得なかったおっさんなんだが、今になって学問やりたいときはどうしたらいいんだ。

社会人受け入れてるとことか、ほぼ会社で役に立ちますよ系の学部ばっかじゃないか

医大でもないけど、もっと純粋自分の知りたいことを体系的に学ぶならやっぱ通信程度が無難なの?

anond:20180119113008

その歳で奨学金っておりるの?

あと医学部って相当忙しいぞ?講義さぼってバイトしまくって勉強せずとも進級出来るような昔の大学と同じと思ったら大間違いだ。

anond:20180119112024

筋トレガチ勢トライアスロンでは地区大会だがいまだに入賞してる

体力とか受験マニアもやしっこ受験生の100倍あるわ

知力って面では主席とまではいかないがかなり上位での合格になるだろうし問題ないだろ

生活費とかはさすがに国立でなんとかならんことはないわw

奨学金があれば授業料なんてなんとでもなるし

家もローン完済してるしな

いままでの塾講師のツテで時給3000円以上の家庭教師の依頼ならクソほどあるし

学生の忙しくない内はそれだけやってても貯金が目減りするなんてことないわ

もう老後だと思って死ぬまで医者やって適当に過ごすだけやな

2018-01-18

生きているのがしんどい

生きているのがしんどいと思い始めて、多分だけど15年とか経っている、ちょっとした消えたがりの散文が、つらつらと下に書いてある。

時間がある人はちょっとだけ読んでほしい。そして何か、少しでも意見が欲しい。いろんな考えが知りたい。でも、かなり怖い。

いや、読むのは時間を持て余した人だけでいい。かなり端折って書くけれど、15年くらいの時間を書いていく。きっと恐ろしく長くなる。なんか流行りだからここに書いたけど、きっと読む人は片手ほどで、その中でコメントを残す人を期待するのも間違っているんだろうけれど。なんてったって散文だし読みにくい。

でも、誰でもいいから話を聞いてほしい。私かうすればよかったか、これからどうすればいいのか。無責任で構わないから教えて欲しい。

初めて消えたいなと思ったのは5歳くらいだったと思う。6歳だったかもしれない。

親の都合で転園してきた先で同じ園の女の子に仲間はずれにされた。

ぼんやりしか覚えてないけど転園する前も、仲良くしていたのは女の子ひとりと男の子ひとりだけだったから、昔からまり好かれるような子じゃなかったんだろう。多分、すごく生意気子供だったから。

みんなが可愛いお姫様ごっこセットをつかって、私はなんか地味な、柄のないスカートだけ渡されて、「それもお姫様から使えばいいじゃん」って。キラキラの、可愛い模様がついたフワフワのスカートを我が物顔でつかいながら、私に言うのだ。

先生が「順番ね」と注意をして、真ん中くらいの順番を手に入れたけど、気づいたら割り込みされて最後になっていた。

私の順番は回ってこなかった。

その時に、私はここにいてはいけないんだなと思った。いる価値がないというか、いる事の方がおかしいと言うか、そんな感じ。転園してきた訳だから、仕方ないけれど。それで、早くここから消えてしまいたいと思った。

その時、唯一できた友達は、多分友達じゃなかった。

あれ持ってきて、これ持ってきて。何かを持ってこないと仲間に入れてあげない。そういうことを言って来る子だった。パシリにされていた。

でも、パシリでもすれば一緒に遊べたから、喜んで従った。あまりいいこととは言えない。けれど、一人で積み木で遊ぶよりずっとマシだった、消えなくてもいいと思った。頼られているのだと錯覚した。

小学校に上がって、ランドセルを買い与えられた。普通赤色じゃなくて、少しくらい、ワインレッドランドセル

母親はなんでピンクとか真っ赤じゃないのって言われたけれど、ワインレッドが可愛かった。ランドセルの蓋の裏が、赤系のチェックでとっても可愛かった。気に入りだった。

パシリはまだ続けていた。というか、パシられることが普通だった。

小学生になって、一緒に登下校をするようになった。

なんで変な赤色なの?って笑われた。

それを「可愛かったから」と言ったけど、それは可愛くない!こっちが可愛い!と言われた。多分、その子達に「センスがない」という判定を受けたんだと思う。

パシリにされてて、さらセンスもない。なんとなく流れで、みんなよりも立場が下だった。

ジャンケンランドセルの持ち合いをした時、他の子が負けたらみんなで持ち合いっこするのに、私が負けた時だけ全部持たされて、持つ距離も長かった。挙句、置いてかれた。前に進んでも誰もいなくて、置いていかれたんだと泣いた。おうちも少しだけ離れた同級生の重いランドセル5つを持って、道の真ん中で泣いた。泣いて数分たったら、なんだか自分のことが惨めになって、どこか誰もいない、遠いところに行きたくなった。結局はその子たちが戻ってきて、どうにかなったけれど。

小学2年生になって、夏休みで転校した。どことも知らないところだった。でも、一番長く住んでいたし、今の友達大学友達を除いて全部小中高で一緒に過ごした子だ。それまでに比べてとても恵まれていて、いい友達だと思う。一人一人が唯一無二の友達だとおもう。

でも、友達がいても、残りの4年半はいじめられて過ごした。

最初は多分「遠いところから変なやつが来た」っていう理由それから訛りが違う。あとは真面目ぶってる。オタク父親の見ていた深夜アニメを一緒に見ていた。デ・ジ・キャラットとか、ギャラクシーエンジェルとか。今でも大好きだ)であること。あと態度が生意気。たぶんこの生意気って言うのは、生意気だという子の都合が悪いことを「誰にも言うな」と言われても担任にチクッたからだと思う。自分あんまりにも理不尽だと思ったことは黙っていられなかった。多分、そういう意味では「いい子」ではなかった。

でも、石を投げられて先生に報告したら睨まれるって、おかしいじゃん。石投げる人の方が酷い。チクった私が悪いのか。

多分悪くは無いんだけど、こどもの世界ではご法度だっただけ。けれど、それがどうしても辛かった。おかしいと言ったら「お前の方がおかしい」と言われてすごく辛かった。ここにいたくないと思った。

親に「ここの学力は低いんだから、90点以上取らないとダメだよ」と言われた。頑張って100点とっても褒められなかった。周りからは「勉強もできるっていう自慢か」と妬まれた。

言っておくけど1番を取れたことは無い。せいぜい10とか20とか。自分ではすごいと思った。100人近くの1020って凄いじゃん。って。でも親にはそれじゃダメときつく言われた。ちょっと点数が下がったらお小遣いを減らされた。

生きているのがしんどかった。でも頑張らないと、価値がないと思った。

中学に入って、小学校の時みたいな勉強をしていたら、順位が真ん中よりも下の、後ろから数えた方が若干早い場所になった。その時に「さすがにやばい」と思って、塾に入りたいと言った。一人でする勉強限界を感じていた。

下がった順位を元に戻したら「当たり前だ」と言われた。

中学では部活に入っていた。周りはみんなキラキラしているのに自分だけ見ずぼらしく感じた。部活に入ってすぐ、どうしてかレギュラーに選ばれた。自分初心者で、周りには小学校の時から続けていた人がいたのに、自分担当に人がいないからという理由レギュラー入りした。初心者なりに練習した。練習中、何度も泣きそうになった。でも自分が頑張ることがこれからに繋がるとおもった。最後までやりきったあとに残ったのは「初心者なのにレギュラーに選ばれた変な人」だとおもう。若干避けられてたし、自分も周りにどう接していいかからなかった。ここで必要とされていないとさえ感じて、練習サボりがちになった。先輩からは、嫌われていたと思う(練習をサボったから当たり前だ)。同級生からもよくは思われていなかったと思う。

部活同級生から「〇〇先輩はあなたと同じように生徒会もやって部活もやって成績もいいのに、なんであなたは同じことが出来ないの」と言われた。生徒会が忙しくて休みがちになっていた。そんなの言い訳だと怒られた。それでも暇を見つけて部活に行っていた。それでも怒られた。今消えてしまえば楽だろうけど、消えたら迷惑をかけるなと思って、最後まで頑張った。意地汚く残り続けた。高校進学は「〇〇高校の□□学科じゃないと、ご飯作らないから」と言われた。当時、高校授業料無償化されていたから、ご飯を作らないになったのだろう。端的にいうと「親の希望に添えなかったらお金は渡さないし育てないから」といわれたのだ。必死になって、どうにか合格した。合格したけれど、自分学力じゃ、高校勉強は厳しいなと感じた。もう一つの学科自分レベルに合っているとおもった。でもそこでは絶対ダメなのだという。辛くなるんだろうなと感じたけれど、それでも合格したのだから通うと決めた。

高校に入って、それなりの地位をもてたと思う。部活は変わって、生徒会には入り続けた。その部活がいわゆるパソコンをいじる様なもので、関連分野で色々頼られた。今度はパシリみたいなのではなく、よく巷で話題になる「絵をかけるならちょちょいっと描いてよ」の類でもない、本当の意味での「頼り」だった。

得意分野を持つということは自分自力で立つことのできる力であると、その時感じた。普段だったら近寄れない、スカートを曲げて薄く化粧をした、クラスの人気者と話せる。そういう立場をその時手に入れた。

多分、高校生の時が一番、生きていて楽しかったと思う。みんなが私のことを知っていた。それに対する恐怖もあったけれど、決してマイナスではない視線は「自分はここにいていいんだ」と思える自信に繋がった。

大学は推薦で入った。センター前に決まって、受かるとは思わなくて、とても喜んだ気がする。

クラスメイト合格を伝え、「あの〇〇か!?」「嘘ついてるわけじゃないよね!?」と言われながらも喜んでくれた。学校先生もとても喜んでくれた。自分の妹も、私よりも喜んで泣いてくれた。

母親合格たことを報告したら、おめでとうよりも先に「お金がかかるなぁ」と言われた。

正直なところ、大学に進むことについては消極的だった。高校に入った直後は専門学校に入りたいと思っていた。でも父親は「進学するより働け。進学するなら国立じゃないとだめだ」と言われた。だから専門学校を諦めた。中学生の予想通り高校勉強はつまづいてしまって、学科では後ろから数えた方が本当に早いくらい、勉強はできなくなっていた。どれだけやっても勉強が伸びなかったから、早い段階で部活シフトチェンジした。そんな経緯があったから、大学は行かないで高卒で働くかなとなんとなく思っていたら、母親が「高卒で働くより大学に行ってほしい。私立じゃ学費は出せないけれど」と言ってきた。これに逆らうとまた何か言われるんだろうなと思って、とりあえずやるだけやってみることにした。でも、勉強はできなくなっていたから、模試はどこも最低判定。ただ、推薦でチャンスがあるところがあったから、一かバチかで受けてみた。これでダメなら学力じゃ到底叶わないから、就職をしようとおもった。部活の成績がよかったから、それで受けた。

そうしたら受かった。奇跡だと思う。なにかの間違いじゃないかと思ったが、それでも受かったら嬉しかったのに、おめでとうもなく「お金がかかるなぁ」しか言われなかった。

誰が国立に行ってほしいと言ったのだと、その時は悲しくて悲しくて仕方がなかった。

こんなの傍から見たら「親の言う事しか聞いていないからそうなる」と思うのだろう。私もそう思う。

けれど、高校受験の時に「お金さないよ」といわれ、大学受験に「国立しか認めない」と言われ、受かったら「お金がかかるなぁ」。反抗するなら自立しろ、親に頼るな。

それでは何をすれば良かったのだろう?

奨学金は申し込まなかった。心のどこかで受からないなと思ったし、親の収入などの関係で、ほんの少しだけ規定より上回っていたから受かるわけもなかった。し、なんとなく大学に入れても、やめてしまうかもしれないなと思ったのもある。とにかく奨学金は取らなかった。だから親に学費を払ってもらうことになる。お金がかかるのは、百も承知だった。

でも、まさか合格おめでとう」よりも先に「お金がかかるなぁ」だなんて。なんだか悲しくなった。受けるのをやめた方が良かったのではないかと後悔した。

何より、ひたすら「お金がかかる」とい割れるのが嫌で、消えてしまいたくなった、なんのために頑張ったのだろうと、ひたすらに悩んだ。

大学に入るまで、そして入ってからお金がかかると言われた。言われ続けた。

大学に入ってしばらく経った頃、仕送り勝手に減らされた。1万円も減った。バイトをやりながらも結構ギリギリで頑張っていたのに、なんの前触れもなく減らされた。

なんで仕送り勝手に減らしたの?せめて減らすなら前もって言ってよと親に言った。そしたら、「元々この金額だったでしょう?」といわれた。頑張って節約しながらも生きていたのに、あたかも「余分にお金をねだっている」風にされたのがひどく苦痛だった。

その年の夏、節約しなきゃとおもい、電気代をとにかく節約した。外に出るようにしたり、電気をつけなかったり冷房をつけなかったりした。

その月の電気代は1,500円もしなかった。

純粋に、自分すごいとおもった。

こんなに節約頑張ったよ!と母親にいったら、「もっと節約できるでしょ」と言われた。

電気をつけず、テレビもつけず、パソコンもつけず、ご飯はまとめて炊いて冷蔵庫に保管して、一瞬だけ電子レンジでチンする。冷蔵庫も止めてしまうと食べ物が保管できないから。そんな最低限だったのに、もっとと言われた。

馬鹿らしくなった以上に、親から私は「ただただお金のかかるダメな長女」だったのだろう。お金がかからなければかからない方がいい。そんな認識だったのだろう。

こんなに頑張っても文句を言われることに、自分が生きている意味とはなんだと問いたくなった。

答えは出なかったから、ただただ消えたくなった。

どう生きていてもお金がかかると言われて、生きているのがしんどくなった。我慢するのがバカバカしくなった。

バイトはしていた。学校に慣れるまで、夏休み前後から始めたいといったら、それでは困ると言われて5月くらいから始めた。バイト先の先輩に厳しくされて、辛いと嘆いたら「みんなそんなもの」と取り合ってくれなかった。辛かった。

そういうことも含めて、たまにTwitter愚痴を呟いていた。愚痴をいうと今まで仲良くしてくれた人が、なんでも話せた人達が「自分の方が辛い」と言い始めた。自分の方が不幸合戦が始まって、私の「つらい」が軽くあしらわれた。次第に愚痴を言えなくなった。私だけ「辛い」が軽くあしらわれるのが辛かった。

頑張って大学に通った。頑張ってレポートを書いても単位が取れなくて、好んでとったパソコン系の授業を始め、授業に出ると頭痛が激しくなったり、気分が悪くなったりした。1年間くらいだったと思う。でも、お金をかけてもらっているから行かないといけないと、頑張った。

しばらく立って新学期になった。自分の妹が私立大学に入った。

母親は、私立入学するのを許したらしい。

どうして?という気持ちがすごかった。父親が許したのかという疑問もあったのだが、早々にほかの選択肢を諦めた私とは違って、妹は頑張って説得したんだなと思ったら、それは認めてあげるべきだと思った。合格たことは喜ばしいことだし入学も喜ばしいから、合格おめでとうと、素直に伝えた。

しばらくして、父親入学を許していないということが分かった。それで父親に「お前も加担したんだろう」と責められた。私は何も知らなかった。

なんで私が責められているんだろうと、つらくてつらくて。消えてしまいたいと思った。私から奪われた仕送り1万が、妹の入学金や学費になるんだなと思うと、なんとも言えない感情が湧き出てきた。

しばらくして両親が離婚すると言うことを伝えられた。どう思うと聞かれて、私が何か言ったところで何か変わるの?と答えた。冷たいなとも思ったが、私は私でそれどころじゃなかった。

学校に行けば嘔吐頭痛を繰り返して、正直もう限界だと思っていた。

しばらくして父親から伝えられた。

離婚とともに破産すると思う。妹の学費や母方の生活費は払えなくなるが、お前の学費生活費だけは出してやるからな」

素直に喜べという方が無理だ。体調不良等でまともに単位も取れなくなっていったのに、どうして喜べるのか。それが決め手になって、学校に行かなくなった。休学届けを出して、今はアルバイトだけやってる。

両親から連絡が来るだけで胃が痛む。学校に行けない自分社会に出てもやっていけるとは思えない。大学友達とは疎遠になっているとおもう。ただたまに道ですれ違って、名前を呼んでくれて、元気?と声をかけられると、いい人と友達になったなと思う。同時に、こんなダメ人間友達でごめんねとも。

高校までの友達は「そのまま社会に出てもやっていけるよ」という。でも、日本会社というのはおおよそブラックだと思っているし、そんな所に行ってしまったら自分は生きながら死んでしまうのだろうと思う。きっといまのオタク趣味もままならない。二次創作をする時間もなくなるだろう。そうやって仕事に謀殺されて、私は私でいられるのだろうか。

そこまで考えて、今までの人生の中で、私が私でいた瞬間とは何なんだろうと思った。

私とはいったい何なんだろうか。

私が生きている意味とは。

なんでこんなに必死になって生きているのか。

辛いという言葉は、私の方が辛いで潰されて、楽しいことなんか二次創作を始めとしたオタク趣味ばかりで、そのオタク趣味すらも、今じゃ疎外感を感じている。自由に慣れていたはずのSNSは、現実と同じように苦しいものになっている。

辛いと思うことも軽んじられ、ひたすら金がかかるといわれ、遊びに行くと贅沢だお母さん達は頑張ってあなた仕送りをしているのにという。

私はなんのために生きているのだろうか。

こんな生活、生きているというのだろうか。

ただ呼吸をして、心臓を動かして。ただそれだけ。

生きているのがただただしんどい。早く死んでしまいたいとすら思う。でも死ぬお金がかかる。親が困る。周りも困る。

ある日母親に言われた、「お父さんはあなたを生んだ時に『なんで生んだ』といったのよ」と。

母親はそれを私に伝えて、何がしたかったんだろう。

必死に育ててくれてありがとうと言って欲しかったのか。

ひたすらお金がかかると言われて育って、なぜ生んだと言われたと言われる。

「なんで私のことを産んだの?」とは言えなかった。「産まなくてよかったのに」とはもっと言えなかった。言ってやりたかったけど、それを言ったら家から追い出されると思ったから。

私は「そう」とだけ返したのを覚えている。いつ、こんなことを言われたのかなんて、細かい年は覚えていないけれど、そういうことを言われたということだけは鮮明に覚えている。

私は

どうすれば良かったんだろう。

何をすればもっと前向きになれたんだろう。

何をすれば「頑張ったね」と言ってもらえるようになるんだろう。

毎日生きているだけでも精一杯なのに、もっともっとと周りはいう。頑張ることが当たり前。

でも、私はまだ頑張ってないんだと思う。恵まれているのだ。奨学金を借りずとも大学に行けたのだから。好きなことをやれているのだから

世界一不幸だと思うな。世の中にはもっと不幸な人が、辛い人が沢山いる。

みんなそう言う。私のつらいという気持ちを無いものとして。みんなそういうのだ。

生きていることの何が楽しいのだろう。

生きるなんて、辛いだけじゃないか

早く誰か、私を殺してほしい。

金だけかかって、だれの期待にも応えられない私を早く殺してくれ。

生きているのがただただしんどいということすら認められない世界なんか、壊れてしまえばいいのに、世界はそれを許さない。それなら。私を早くこの世界から追い出してほしい。

早く私を殺して欲しい。早く殺して。早く。こんなに辛いのに、世界は生きれという。お前はまだマシだと。

何がマシなのかちっとも分からない。生きているのがしんどい

2018-01-17

anond:20180117165012

なんで思考停止するのか分からん

馬鹿大学淘汰して競争しなきゃ入れない大学だけ残せばいいやん

それに自分奨学金払ってるから無償化になったら苛つくみたいなのがクソ

悪しき風習を残して喜んでる老害と一緒の早く冥途に渡った方が世の中の為になる人種

anond:20180117164605

ただの大学無償化なら辞めて欲しいわ。

奨学金支払い中でイラつくからな。

真面目に勉強しないクソガキ共が

無償大学に行くんだとしたら最悪。

普通に進学して親に感謝しない奴も居ることだし

無料から親に金かかってねぇし」っていって遊びほうけるやつが増えるんだろうよ。

良いのかよソレで。

本気で勉強したくて、勉強できる奴だったら

奨学金取れるレベル勉強頑張るだろうがよ。

無償化なんて必要ないわ。

anond:20180117154631

うん、そうなんだろうな。

全部周りのせいにしようとしてる甘ったれ根性というか、

「どうせ俺なんて」みたいな考え方と言うか、そういうのが嫌いなんだよなぁ。

弱肉強食みたいな概念でも埋め込まれたかな。

奨学金セコセコ支払っている身としては、どうしてもイラついてまう。良くないな。

そりゃぁ金持ちは羨ましいけど、大学に限らずいつだって羨ましいし比較したり考えたりすること事態無駄なんだがな。

予備校や塾にいけなくて良い大学行けなかったか死にたい

馬鹿なのかな。

予備校行かなくても塾に行かなくても

効率よく真面目に勉強していれば良い大学なんて行けるわ。

金が無くったって奨学金制度あるしな。

大学ゲームして授業中騒ぎまくるいる奴だっているしな。ほんとクズ



努力も何もしていないくせに「周りが悪い」「親にもっと金があれば」

とかクソみたいな被害者意識育てる前に、行動しろやアホ。

大学行かなくったって死んだりしねーわボケ

2018-01-16

ひがみ根性マックス

我ながらみっともないなあと思う。

遊ぼうと連絡してくる友達に苛つく時がある。

いつが暇かと聞かれても予定など立てられない。

こちらはダブルワークで働いているのだし、旦那副業させて子供借金させてまで専業やってるアンタとは違うと感じているのだ。

でもこれはひがみだ。

羨ましいなら自分たちもそうすれば良いだけのこと。

自分がそうしないのは家族負担をかけたくないからだ。

そう理解した上で感情を爆発させないだけの理性は残っているので、会わないほうがお互いにベストな形なのだ

会えば会ったで「稼げない旦那なんていらなーい」、「養育費なんてなんとかなるよー」と、言うことなすことにいちいちイライラする。

こうやって遊ぶ金は旦那日曜日返上して副業してくれてるから出せるんでしょ。感謝はないのとか、奨学金って感じ借金なんだよ?知ってる?と思ってしまうし、年中休みなく働く旦那に対して、「家事平等じゃないとね」と言いながら夜中に帰宅したのをつかまえて洗濯物を干させるに当たっては全く賛同できない。

オマケにそれを知った義母からあんた、うちの子を殺す気?」と叱れたと聞いても、そりゃそう言うだろうと感じてしまうし、姑にいびられてるから胃を壊したと訴え、年始挨拶すら行かず、「口出すなら金出せよな」などと言うのだから、いい加減相手旦那はなんで離婚しないのだろうとまで思ってしまうのだ。

とにかく会ってもお互いに良いことはない。

私は私で遊ぶなら同じように働いてる人と共感しあえる会話を楽しみたい。

その友達自分と似た境遇の人と遊べば良いのに、「私のために予定をあけてはくれないの」としつこい。

なんで他人自分のために何かしてくれるのが当たり前みたいに思ってんのと思うし、正直、合わない人のために時間を割くくらいなら寝ていたいのが本音だ。

毎回忙しいと言っているのだから何回か断られたら大人なんだから察して欲しいと思うのはワガママか。

出来るなら不用意に人を傷つけたくないと思うのは、自分悪人になりたくないと考える卑怯さなのか。

医学部に行って一番よかったこ

医学系の増田が伸びてるので自分語り

今某大の医学部に在学している学生

高尚なエピソードはないが、医者になって仕事を頑張ろうと思って勉強し、医学部合格した。

医学部に行って一番よかったな、と実感したのは講義でも実習でもなくアルバイト

医学生ですってだけで、家庭教師塾講師の高給バイトの口が山ほどあるんだ。

先輩や同期の紹介があれば面接審査もなく働き始められるし、受験時の知識ちょっと高校生相手するだけで、時給だってそこらの飲食の3〜4倍はゆうに超える。

他の学部の奴らがブラックバイトの安い時給で働きまくって金が無いだのウン連勤だの言ってるのを高みから眺めながら、空いた時間でちょろっと働いて同額以上を稼ぎ出す。

世間様が医学生に持ってる神聖イメージのおかげで、こんなに楽にバイトで稼がせてもらって、高校時代勉強頑張ってきてほんとによかった。

学費自分で稼ぐ場合でも、国公立大で奨学金ももらっとけばまあ苦労はしないだろうな。

学問と将来の社会貢献のために大学行ってるくせに意識低くて悪いが、これが現実の今、身に染みて感じてることだな。

医学部行ってよかった。

anond:20180115144843

解決法はない

奨学金やその他誰でもできる程度の工夫で私立大学医学部でれるなら高難易度国立大学医学部など行く奴はいなくなるわ

2018-01-15

医者転職市場()。

パートタイムならエージェント関係なく口は転がってるのは周知だしねぇ。市場商品ならスタートが遅い医者普通に敬遠されるよな。

開業コンサルやってる人に聞いたことがあるが、開業医だってフトコロが楽な訳じゃないから、自分プラスパート医師で回してるのが普通

もしくは同期とか先輩後輩とか夫婦開業というパターンが多いと聞いたな。経営センスがあれば正職の医師雇用するんだろうけど…あんまり聞かないなぁ。

40半ばで奨学金まみれで医者になって、パート医者かけもちするんかな

anond:20180115161647

35で奨学金たんまり背負ってる医学生が、町医者開業するのすごい難易度高いと思うよ…。

学費すらまかなえてないのに、開業資金を誰が貸してくれるんだよ。独り立ちできる頃には余裕で40半ばだぞ。

anond:20180115144843

既に奨学金も取ってるのか。これ詰んでるなぁ医者にならないと奨学金の返済すら厳しんじゃないだろうか。35で学生・除籍になったら無職だろう。

自治医大の編入枠がもしあるようなら、休学して死ぬ気で勉強して編入。その後はアラフォーでへき地医療勤務コースとかかね。

あとは、実家を売る、臓器を売る、ぐらいしか思いつかん。

anond:20180115153526

他の増田が言ってるように国立なら賄える。

まぁよしんば私立でもほうぼう、奨学金、学資ローンなどもろもろ

使えばなんとかなるんじゃないの?

しらんけどw

anond:20180115144843

成績も良いし医者になる能力もある?

授業料高いのわかりきってる私立しか選べないレベル甘えるな

公立行きゃ奨学金学費は全額賄える。

増田愚痴ってないでさっさとそこ辞めて、勉強し直して国立行けや。

それも無理なら医学部は諦めな。

anond:20180115145046

借金なんて親からも親戚からも友人からもクソほどしてる。奨学金も借りられるもの全部借りてる。

anond:20180115145337

どうして奨学金申請してないと思ったのか逆に聞きたい。そして、どうして奨学金程度で医学部学費が賄えると思ってるのかも。

anond:20180115153249

はぁ?借金してまでオタク活動かよ…

そんなことしてるから奨学金なんか借りるハメになるんだよ

金の無駄なのわかってる?

学生ジャニオタ

私は今奨学金を借りている。

一人暮らしで、地方大学に通いながらもジャニオタとして現場によく行く。

月に借りているのは3万。アルバイトの稼ぎは5~6万ほど。月に約9万が私が自由に使えるお金だ。

家賃学費は親持ち。贅沢に大学生活を謳歌していると思う。

もともと超地方の超田舎育ちで、ジャニーズが好きだった。そしてジャニーズ応援できる女の子が憧れだった。CDDVDも昔は買ってもらえなかった。ジャニショなんて遠すぎて、コンサートは夢。大人になったら自分お金を稼いでコンサートに行くんだ。ファンクラブに入るんだ。CDDVDを買うんだ。それは大きな目標だった。

東京ものすごく遠くて、家賃も高くて、偏差値も高くて。現実を考えて東京大学を受けることはやめた。でもせめてもと都会なところを選んで進学した。ドームジャニショもある。嬉しかった。越してきた次の日にジャニショ写真を買い込んだ。

ついにアルバイトを始めて、コンサートに行った。DVDも買ったし、ファンクラブにも入った。楽しかった。働けば働いた分だけ、自由お金を使える。勉強してもお手伝いをしても泣いて喚いても行けなかったコンサートチケットがあれば入ることができる。自分の力で稼いだお金で、楽しい時間を買うことができる。

大学生には時間がある。そこそこ体力もある。働けばお金だってある。今が一番無敵のような気がした。社会人になってからなんて分からないし、もっと大人になれば結婚するだろうし。自由になんでもできるのって今が最後なんじゃないか時間は有限だから、やるならきっと今しかない。だから私はできる限りコンサートに行くことに決めた。

ドームがあるといっても所詮地方。向こうから来てくれるなんて年に数回。デビュー組もJr.応援してるがJr.現場は基本東京だ。毎度遠征して現場に向かっている。

最初は行けるだけで満足だった。コンサートのために東京に行ったんだ。コンサートジャニーズを生で見れたんだ。それで満足だったのに、Twitterを見ているともっともっとと欲が出てくる。同じ公演に何回も入ったり、ツアーに合わせていろんなところに遠征したり。また、もどかしくなってきた。行きたい。もっと、見たい。

名義をひとつ、増やした。シフト自由な高時給のバイトを増やした。現場に行くうちに知り合いが増えて、コンサートに誘ってもらう機会が増えた。行けるなら行きたい。今しかいから、行く。それから地方遠征もして、よく東京にも行っている。

コンサートのために働いている。信念として学業は怠らないことにしてるので、成績は落としたくないとそれなりに頑張って勉強している。授業を受けて、終電まで働く毎日。まじでめっちゃ働いてる。周りからは常にバイトをしてる人という印象らしい。課題バイト、そしてジャニーズ。余裕がないな、と思う。忙しくするほど、ジャニーズが見たくなる。

月に9万。おかげでジャニオタをすることができている。これは奨学金をもらっているからこそだと思う。奨学金はいつか返さなければいけないと嫌というほど聞かされたし、返せない現実の大変さも聞いた。正直貰いたくはない。しかし、授業の関係アルバイトができない期間がある。収入が安定しないのだ。

奨学金の使い道は自由だと思う。奨学金の分は生活費として使っているし、ジャニーズに使ってるわけではない。でも、奨学金があるからこそ自由に楽しんでいる。

卒業すればすぐ返済が始まる。収入が安定してる職に就かなければ、借金に追われることになると思う。たくさん今楽しんでいることを返済するときに後悔するのだろうか。

anond:20180115144843

奨学金使え。

というかそれくらい調べればいくらでも解決策出てくるだろ。

一体いくつなんだよ?

そんなで医者になるのかよ。。。不安しかねーぞ。あなたに当たる患者は。

 

医者場合地方大学病院総合病院が勤務を条件に金を貸してくれるはず。

資金調達方法なんていくらでもあるはず。

 

てか、解決策出せないくらいの人材なら医学部にいらないからそのままやめちまえ。

そんな奴が治療方法出せるわけがない。

anond:20180115055658

似たような事をした人間から経験談です。

落ちる所まで落ちて、身辺整理して、すっからかんの部屋で毎日掃除してた。自分がいなくなった後、迷惑をかけないように、冷蔵庫家具の、裏や下まで掃除

持ち物もほとんど売って食費にした。大事にしてたものが、買い叩かれて、安いパンとかチョコになるのは悔しかった。どうしても手放せないものだけは残した。ほんの少しだけ。

町を歩いても、普通にご飯を食べたり、買い物をしている人たちが羨ましかった。その財布に、そんな無駄ものを買う金があるなら、今死にそうになっている自分にくれよ、とまで思った。でも何もできなかった。

そこまで追い詰められてから、急に生きる気力が出てきて、ふざけんなって思って生きるために生きた。

今考えると、普通に役所に行って相談したら良かったんだと思う。あんな苦労はしなくて良かった。相談するだけで良かったのに、当時はできなかった。頭が回らなかった。

自分自殺身体を傷付けたりもしなかったけど、その時に自分の中の何かがごっそり無くなってしまった、という感覚は残ってる。

本当にお金に困ったら、役所とかは相談にのってくれるよ。親に頼れないなら、そういうことも含めて説明して。

税金年金は支払い免除してくれるし(自分は稼げるようになってから、その時の分をまとめて払った)。奨学金もなんとかなったはずだ。

自分ほど苦しんで欲しくないので、助けを求めて欲しい。きっと助かる。

きっと増田笑顔を待っている人がどこかにいる。そういう体験をした増田に、救われる人もきっといる。

2018-01-09

人生詰んだ

こんな情けないことリアルじゃ絶対言えないし、言ったら幻滅されて誰にも相手にされなくなるからここで吐き出してみる。

特定されない程度にフェイクいれながら。

20代、男、FX自己破産会社人間関係がうまくいか休職中。

次の就職先を探さないといけない状況なのに、次も人間関係がうまく行かず働けないんじゃないかと怖くて動いていない。

そのうち休職給付金も切れるから早めに動かないといけないのに。

絶対に手を出したらハマるからあれほど手を出すなと自分に言い聞かせていたのに、手を出してしまったが最後あれよあれよと損失を出し、貯金を切り崩し、ついには借金に手を出し到底返しきれないほどに借金が膨れ上がってしまった。

元々会社でうまく人間関係を築けず会社辞めたいなと思ってストレス解消に何かないかと思って手を出したのがFXだったんだな、今思うと。こんなんならパチンコとかスロットの方がまだ良かったわ。

薄々自分はどっかで道を踏み外すだろうなと思うことはあった。頭の回転が他のやつより悪くいつも誰かに利用されていた。いつも自分が不利な立場になるような境遇に追いやられていた。いつも下に見られていた。

見返したかった。そんな奴らを。つるんでいた奴らが自分にはあっていなかったんだろうし、自分性格上そういう人たちと一緒に過ごしてはいけなかったのだろう。

プライドけが高かった。努力をしていなかった。そこで頑張ればよかったのだろうが、頑張れなかった。自分本質的努力ができない人間だった。

でもバカにはされたくなかった。楽してお金を稼ぎたい。安直思考。行き着いた先はMLM詐欺師だった。

そう。結局どこまで行っても利用された。楽してお金を稼ぎたいと思っている自分契約を取りたい人間詐欺商材を売りつけたい人間、利害は一致した。

自分はどんどん金を吐いた。これで楽に稼げる。バカにしてた奴らを見返せる。当たり前だが一向に稼げない。努力もしないで稼げるわけがない。焦る。貯金は底をつきそう。

終着点はFXだった。

初心者がよくやりがちな無理なハイレバをかける取引トレードではなくただのギャンブル。すぐに持っていた余剰資金は底をつき、カードローンに手を出した。

驚くほど借りることができた。自分でもこんな大金を持ったことはない。

しかし1ヶ月でその資金は底をついた。返せない。絶望に打ちひしがれながら仕事休み弁護士事務所相談をしに行き、自己破産

周りでは自分より安月給で奨学金の返済もしながら結婚をし、立派に生活をしている人もいる。

自分は恵まれていたはずなのに、どうしてこうなってしまったのか。

昔両親に言われた言葉

「お前は性根が腐っている。もう手の施しようがない。勝手しろ。」

今となってこの言葉が頭のなかで反芻する。今となってはただの親不孝者の社会不適合者だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん