「好景気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好景気とは

2017-12-15

ジムロジャーズ氏 「もし私がいま10歳の日本人ならば……」

「そう、私は自分自身AK-47を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。なぜなら、いま10歳の日本人である彼、彼女たちは、これから人生大惨事に見舞われるだろうからだ」

――いま日本は景気拡大期間が戦後2番目に長い好景気局面で、日本株も約26年ぶりの高値です。活況に沸いていますが。

「いま日本株が上昇しているのは、黒田東彦総裁が率いる日本銀行がジャブジャブに紙幣を刷ったうえ、日本株日本国債をたくさん買っているからにほかなりません。

紙幣が刷られると株価が上がるというのは市場歴史証明していることであり、ほぼあらゆる投資家たちがそのルールに忠実に行動しているまでです。

それに、日本株1989年末につけた3万8915円よりまだ4割以上も低い。アメリカヨーロッパ株式市場が史上最高値に達しているのとくらべてまだ上昇余地があるとして、多くのマネー日本株に流れ込んでいる。

このような状況は、日本の株を持っている私のような投資家には非常に好都合です。儲けが得られますからね。だから私自身は日本銀行感謝しているし、日本の株を持っている世界中投資家たちも日本銀行感謝していることでしょう。しかし、日本人にとってはまったくいい状況とはいえない」

――どういうことですか。

日本株はこれからも大きく上がるでしょう。私自身、数週間前に日本の株を買い足しました。日本銀行がいまの金融政策を続ける限り、私は日本の株を所有し続けるつもりです。

しかし、この日本株の活況はあくまでも日本政府が人工的に株価を上げているに過ぎないという点が重要です。日本の景気にしても、異次元金融緩和で円という通貨価値を切り下げたことで、一部の大手企業がその恩恵を得ているだけ。

そもそも円安になり、株価が上がったことで、日本人生活暮らしはよくなりましたか。答えは『NO』でしょう。

アベノミクスといわれる経済政策は、短期的に投資家大企業を潤すだけ。アベノミクスが非常に危険なのは、それが人工的に低金利の状況を作って、借金をしやすくしていることです」

――活況の裏で借金問題がいよいよ危険水域になっている、と。

「その通りです。ご存じの通り、日本はいGDPの240%、じつに1000兆円を超す巨額赤字を抱えています。そのうえ、猛烈なペースで進む人口減少社会突入してきたため、とてもじゃないがこの借金を返済することはできない状況になってきました。

いま50歳前後中年日本人であれば、30年後は80歳ですから、誰かがケアしてくれるかもしれません。日本国庫には、老齢人口を支えるおカネはまだ残っているでしょう。しかし、30年後に40歳になる日本人には、老後を支えてくれる人もカネもない。

このままいけば、いま日本人10の子どもが40歳になる頃には、日本は大変なトラブルを抱えていることでしょう。小さな子ども日本人にとって、未来はすでに『短い』わけです」

――だからあなたがもし10歳の日本人ならば、カラシニコフを手に取る。

「いますぐに日本政府手段を講じない限り、日本は将来的に『破産』することになります。それは計算すれば誰でも簡単にわかることです。私はなにもクレイジーなことを言っているわけではなく、事実を言っているのです。

借金は毎年膨張し、人口は毎年減少し続けているのだから、必ずそのツケが回ってきます

もちろん、それは6ヵ月後とか20週間後に起きるわけではありません。短期的には、日本株価はまだ上昇するでしょう。

しかし、20年後、30年後には、日本大惨事に襲われている可能性は十分にあるということです。20年後に振り返った時には、安倍晋三首相日本経済破壊させた張本人として歴史に名を刻んでいるでしょうね」

――そんな日本の「破産」は避けられないものでしょうか。「未来の年表」を書き換えることはできませんか。

可能ですよ。まず財政支出を大幅に削減し、さらに減税をする。この2つを断行するだけで、状況は劇的に改善します。簡単ことなのです。

しかし、いま安倍首相がやっているのは真逆のことでしょう。ただでさえ莫大な借金さらに膨らませたうえで、無駄な橋や高速道路を作ろうとしている様は狂気の沙汰としか思えません。

消費税増税すると言っていますが、これも新たな橋や道路にカネがつぎ込まれるのがオチです。安倍首相と彼の側近たちは、財政支出カットしたら選挙マイナスとなると考えている。つまり、彼らは日本未来より選挙に勝つことを重視しているわけです。

借金をこんなに増やして平気な顔でいられるのも、返済をするのはあくまで後世の人間で、自分が死んだ後のことだと考えているからでしょう。そうした負担をすべて押し付けられるのが日本若い世代なのです」

――人口減少問題への対応も後手に回っています

人口動態を大きく変えるには、日本人子どもをたくさん作ってもらうか、日本移民を受け入れるかの2つしか方法はありません。しかし、なぜだかわかりませんか、日本政府移民を受け入れようとしません。結局、いま10歳の日本人人生を通して経験していくのは、次のような『惨事』になるのでしょう。

これから日本では生まれてくる子どもの数がますます少なくなり、移民も入ってこないため、人口減少のスピードが急加速していく。借金さらに膨張し、その返済のために増税が度々断行される。それでも借金は返済しきれないので、次には年金などの社会保障が取り崩されていく。日本人生活水準はそうして徐々に悪化し、生活苦にあえぐ日本人が増え、いよいよ打つ手がなくなる。最終的には見たくもない破産劇が待っている、と」

――それでも、日本人の多くはカラシニコフを手に取ることはできない。この国に住み、この国で働いている以上、簡単に去ることもできません。

結局、個々人がみずから生活防衛をするしかない。そこで聞きたいのですが、多くの日本人銀行預金におカネを置いていますが、これは危険でしょうか。

「いえ、日本人資産銀行に預けているのはむしろ賢明判断です。なぜならい世界を見渡してみると、ほかの国々の通貨は円より危険からです。世界投資家たちは欧州通貨ユーロなどへの懸念を高めていて、円は持っておくのに『より悪くない通貨』と化しています。実際、円はいま1ドル=110円近辺でとても安定し、これからもしばらくこの安定状態が続くでしょう。だから、いまは資産を円建てで持つことを心配する必要はありません。

しかし、あなたがいま10歳の日本人であるならば、円を持っていることは懸念すべきことだと言わざるを得ない。国家破産が起きれば通貨暴落します」

――では、長い目で見た時に資産をどこに置くのが賢明選択となるのでしょうか。あなた子どものために金(ゴールド)を所有していると聞きました。また、金価格が1オンス当たり1000ドルを下回ればさらに買い増したいとも。

「そうです。いま金は価格が高いので買っていませんが、また安くなった時には買い増す予定です。自国資産価値が落ちる時には、実物資産である金を所有するのは正しい選択なのです。最近では金投資にかわるものとしてビットコイン投資流行していますが、私はビットコインを売買したことはありません。仮想通貨さらに普及していくでしょうがビットコイン仮想通貨の中心になるかは懐疑的からです」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53747

2017-12-13

anond:20171213221712

まあ、時代に関わらず藤村操みたいに何一つかけたところのないいいとこの優秀な坊っちゃん華厳の滝に身を投げたりしてたわけだし。

今時の20歳はそれは好景気の頃の20歳に比べて環境は恵まれてないだろうけど、とりあえず目先の彼氏彼女イチャイチャすることができてて明日食べるものは親が出してくれるなら安楽死したいと思うほど悲観しないと思うぞ。

anond:20171213221256

若ければ夢があるなんてのは社会がある程度余裕があって、長い好景気が続いているとかそういう時の話でしょ。

長い氷河期時代不景気ののち、ようやく回復しようという中でもそれを邪魔しようという動きがあまたある、そんな時代にどうしろと。

無論景気云々に限定した話でもなく、例えば恋愛についても言えるけど、今自分若いときは夢があったと言ってる世代若い時代とは

大きく感覚が違うという現状が長く続いてるものだと思うんだが。

そもそも最近じゃ自分では若いから夢があるとおもっていて、実際そういえるぐらい恵まれてる人ですら、

世間からしたら20過ぎたんだからもう終わりだろ目を覚ませみたいに説教されることぐらいあるような状況なわけで。

況や特別まれてるわけでもない底辺層をやだよ。

新卒採用バブル時代就活たかったな

私がシューカツした2002年採用凍結している企業がいっぱいあって、私も上手くいかずに公務員進路変更した。

自分選択責任を持ってるし、正しかったと自信を持ってるけど、まわりの優秀な友だちも苦戦していたし、シューカツに失敗して非正規フリーターを選んだ仲間をたくさん見てきたから、就活氷河期社会問題だったと思うのね。

いまシューカツは学生の売り手市場新卒採用バブルらしい。

無能面接官」が選ぶ「意識高い系」の使えない人材 日本企業採用面接を問う https://www.nagoyanz.com/japanese-shukatsu-crisis

正直羨ましい。そしてこう思う。

就職氷河期世代ロスジェネって死語かしら?)を中途採用して欲しい。いっぱい優秀な人間はいるけど、チャンスがなかったの。だから機会を与えて欲しい。まだギリギリ間に合うと思うの。

いまの学生さん好景気という幸運を逃さずに頑張ってね。

2017-12-10

景気も底まで下がったらあとは上がるだけ

なお今が好景気のもよう

2017-12-08

生活保護費を下げる好景気日本死ね

働こうとしてるのに働けない人間もまとめて死ねと、なるほど。

議員年金は上げる、脱税放置

こんなガス抜きで満足しちゃう人っているんだろうか。

生活保護最低賃金以下の生活しかできないよ、最低賃金で働いてる人良かったね、というメッセージなわけだが。

しばらく最低賃金は上がらないだろうし、生活保護とまとめて下がるループに入るんじゃないかな。

生活保護費より低いから、ということで最低賃金が上がる理由は一つなくなるわけで。

どちらも下げるべきではないし、上げなければならない。ここの水準が下がると生活や先行きに安心できなくなるから少子化の原因になると思う。

きっとそこは奴隷めいた移民で何とかするつもりなのだろう。

わたし生活保護受給しているが、家賃で42000円、生活扶助66000円頂いてる。

水道光熱費14000円、ネットMVNOで6000円、食費20000円。

日用品、服、勉強や外出、人と会ったりして人間性を保つのに25000円程度使っている。

貯金はできてない。

重めの喘息ナルコレプシー発達障害虐待適応障害持ちだが自分なりに資格勉強したり、無理して働こうとして何度も身体壊して来た。

就労支援も受けたし、ハローワーク障害者障害者しか受けられませんと門前払いもされたが紹介とかで何とか会社に潜り込もうともした。

自殺未遂も何度もして、それでも少しずつ頑張ろうと思えるようになってきたタイミングでこれだ。

死ぬほど生活保護を一日も早く抜けたいという気持ちはある。無理はできないのもこれまでの経験で分かっている。

自殺しろ、お前なんかお荷物だ。寄生虫非国民死ね

そう言われているよう感じて毎日を過ごしている。

そろそろその声に負けてしまおうかとも思う。

日本死ねというアレが国会で取り上げられても、こういう人間の声はセンセイ方には無視されるしかないのだろう。

彼らには都合悪いから。ちょっとそれがどうなるかも知りたくて、タイトル日本死ねと入れた。

2017-12-04

中国日本も夢の中

中国アゲサゲに連なってみます。どちらかと言えばやはり中国アゲかもしれませんのでご留意ください。

私は日本人ですが、縁があって数年前から中国会社日本支社の経営を任されています

(少しだけ業種に触れますと、貿易関係旅行関係IT関係ではないです)

そのため、中国に住んでおりませんし、先の増田のように訪問したばかりでもありません。

ただ、毎日中国人と過ごしていますので、テクノロジーではない以下の点を中心に触れたいと思います

1、英語に対する耐性

2、政治体制に対する考え方

3、給与水準について

4、ワーキングスタイルについて

5、文化教育の違い

1、英語に対する耐性

上司も部下も中国人です。

会社世界中に1500人ほど正社員を抱えておりますが、日本人は私だけです。

オフィスの中では中国語が飛び交っていますが、私と雑談するときは、全員日本語で話してくれます

から重要な話をするときは、英語を使っています

少数の日本人である私に基本的には中国人スタッフが寄せてきてくれているというのが現状です。

その他外国オフィスにいる中国人とは英語でやり取りしています

私が中国語メールしても英語で返してきてくれます

その英語レベルは控え目に申し上げても、日本人の平均レベルを大幅に上回っています

過去外資系大手、内資大手、どちらも3年以上務めたことがありますが、ヒラ社員までここまで英語ができる日本オフィスはありませんでした。

英語公用語の日本会社には在籍していませんが、スタッフ英語力が上がったというよりは、外国人を受け入れやすくなったというのが結果だったと聞いているので

そういう意味でも、たかだか1500人規模の会社でほぼ全員であるノンネイティブ英語で十分に仕事ができるという環境

中国が勝っていると言ってもいいと思います

英語ができる人が日本人口の15%だとしたら、その割合が同じまま中国にあてはめられるようになり、実際の人数は日本の13倍存在するという証左です。

英語を話すのは中国人日本人と同じくらい苦手なので、そこは安心してください


また、一方で全ての中国人英語が話せるわけではないことも十分承知しています。(中国オフィスにも定期的に訪問しています

中国を一人で旅するにはまだまだ中国語理解、話せた方が良いです。

英語は思っている以上に伝わりません。

トイレの使い方とかも、まだ少し田舎にいけば独特の場所が多いです。

案内板が複数言語で設置されていることもまだ少ないように思います

外国人一人旅行しやすさという点においては、まだまだ日本が勝っていると思われます


2、政治体制に対する考え方

一党独裁情報統制された不自由さを思い出す日本人も多いかと思いますが、

Wechatは超便利だし、くまのプーさん検索できなくてもなんの不利益もないぐらいローカルサービスが充実しているため

中国語検索することができれば、別にGoogleがなくても問題ないです。

中国はこの20年、ざっくりみればずっと経済が右肩に上がり続けているので、昔を知る50代以上の中国人体制にも不満は少なそうです。

圧倒的に過去より今が良くなっているので。

一方で裕福になってからまれ若い20代スタッフは、やはりくまのプー検索できない国はおかしいと疑問を抱いているようです。

昔より良くなったんだからいいんだ!という50代スタッフと、日本みたいになれてないじゃん!という20代スタッフはよくケンカしてます


3、給与水準について

そんな環境なので、基本的中国絡みでスタッフ採用することが多いです。

日本語英語ができる中国在住の人、または日本に在住している英語が話せる中国人がメインターゲットです。

採用活動をしていますと驚くのが、一定レベル以上の管理職は既に日本大手企業以上の年俸を貰っているということです。

経験6年以上で肩書がついたエンジニア採用することが多いのですが、

日本で優秀な中国人就職してしまうと、日本人でないという理由から採算性の低いグローバルプロジェクトに参加させられ、給与も低めが多いのに対して

中国グローバルプロジェクトに参加できるレベルであれば、同い年でも3倍ぐらい中国の方が貰ってます

もう少し具体的に言いますと、日本企業で働く中国人採用したときは、前職年俸450万でした。

中国で働く日本に来たい中国人は前職年俸1200万でした。(年齢と学歴はほぼ一緒)

なぜ日本支社の面接を受けたの?と彼に聞いたらば、子供が生まれたので空気のいいところで生活させたいと。

中国語英語の両方が堪能なので、非常に採用たかったのですが、日本語しか話せない日本顧客相手ができない(つまり中国にいるときと同じパフォーマンスが発揮できない)ので

同じ給料を支払うことは難しいと、お引き取りいただきました。

また別の方はやはり日本大好きなので、日本生活できるなら何でもすると、中国での給与より低い年俸日本オフィスに来てくれた人もいます

日本語必要ない仕事場合は、中国での前職より高い給与で(通常の転職ですので)引き抜いたこともあります

全体としては、中国人日本はいい国で(空気だけでなく、日ごろ英語を使って仕事をしていると思っているそう)、給料アジア一高いはずと思っているが

日本人イメージより相当高い給与を既に受け取っていることも多いし、昇給まれかつ低水準であることに驚かれるという日々が続いています

もちろん今も中国新卒給与日本の半分ほどですが、20%UPが半年に1回とか普通にあるので、中国の方が給与が安いは新卒から数年間に限った話ではないでしょうか。(成長産業でない業界はわかりません、ごめんなさい)


4、労働について

なかには怠け者のイメージを持つ人も多いかと思いますが、前述の通り給与が上がるので、めちゃめちゃよく働いてくれます

特に弊社の場合は、締め切りを必ず守るをポリシーにしているので、締め切り前は仕上げるまで残業を厭いません。

自分の分だけ終えていなくなる米国人よりずっとチームワークを大切にしています。君が仕事終えるまで僕もオフィスにいてあげるよ、みたいなやり方で後輩の面倒をみてくれています

また、質の方も悪いということはないです。猪突猛進な感じはあるので、途中で方向転換するのは難しい時もありますが、理由説明して納得してくれれば曲がってくれます

正直、具体的な理由もなく、回答までもうしばらくお待ちください。と待たされる日本のやり方にはフラストレーションが溜まるようです。

好景気なせいか、どこの会社社員全員で旅行に行くとかチームビルディング活動に力を入れています。そのため、一旦は給与に釣られて転職しても、出戻るパターンをしばしば見かけます

特に中国人でも若い人はお金だけでなく、生活の充実を望んでいますので、高い給与で激務より、そこそこの給与で楽しくを選ぶ傾向があります


5、文化教育の違い

たいていの日本人三国志西遊記に親しんでいますので、共通話題も多く、普段トラブルはありません。

ただ、南沙諸島問題南京事件などに関しては、たぶん教えられている内容の大前提から根本的に違うんだるな、と思うほどかみ合いません。

正しいと思っている者同士のバトルなので不毛な感じになりますが、じゃあどう決着をつけるのがいいかという所になると、落としどころは普通に話し合えるので

解決できない問題ではないのかなとも感じます

日本の文化として残っている多数のもの中国由来であるため、時々何もかも中国由来、中国が先!ってうるさいよ(でも事実)と思うこともありますが、逆に日本しかないもの

酉の市で熊手を買ったらそれ何ですか?と驚かれました)を見つける楽しみもあるので、違いは楽しむべきものだと思います

学校勉強の濃度については競争社会中国学生にとても太刀打ちできないので、素直に称賛します。

勉強して新しいことを覚えるという姿勢が体に染みついている感じなので、安心してこちらも新しい仕事の機会を与えてあげられます

このような猛烈に勉強する隣国に対して、日本のんびり生まれ育っているわが娘に、何を与えてあげれば20年後彼らと共に生きることができるのか悩む日々です。


まとめますと、中国からはまだ日本アジアであるような夢を持っていただけており

日本はまだ中国の方が貧しいという夢の中にいるようですと。

そしてその夢はそろそろ醒めてしまいそうな気配が、現実でもネットでも漂い始めています

2017-12-02

anond:20171202225411

丁寧にありがとう

好景気の時に格差是正ってあまり問題にならないと思うんだ

好景気だと成功のチャンスがそこら中に転がってるから格差固定化されないか

から昔はバカみたいな成金がいっぱいいたもんだよ

好景気だったら金がなくても成功のチャンスがある

好景気なら成功なんて目指さなくても真面目にやってればそれなりに幸せになれるしね

(まぁカネがあればあるだけ有利なのは間違いないけどさ。それは資本主義宿命って事で大目に見てくれや)

という主旨で懸念にはあたらないと思われる

眠くて文がまとまらない

個人的にはインフレで景気がよくなるとは思ってないので念のために申し添えておく

anond:20171202221820

インフレになれば株はまだあがるだろうし、不動産もあがる、賃料だってあげることができる

この部分書いた元増田ですけど、これは「悲惨未来」の仮定ではなく

あなたの言うように、さらなる好景気になった場合orインフレになった場合のつもりで書きました

その上で、貯金だけの富裕層ってのが居た場合、まだこれからでも資産を増やす選択肢があるけど

貧困層にはそれが無いという事で書きました

文章わかりにくくてすみません

anond:20171202214535

この増田氏、自分仮定した「悲惨未来」が好景気のものだと気づいているのだろうか?

2017-11-25

anond:20171125162915

景気は貧しさとは直接は関係ない。

途上国にも好景気はあるんで。

anond:20171125161358

から日本の長期の好景気戦争の影響であってるだろ。

お前はなにがいいたいんだ。

anond:20171125160536

君みたいな戦争景気が40年も続くというのよりは、

金の量×回転数が経済規模という基本と、ケインズ主義時代だったという方がはるか説得力がある。

本来戦争については、借金して大量の生産をしたこであるため、戦争中は、戦争部外者の国が儲かって、戦争が終わったら、戦争向けに行った過剰投資反動で景気が落ちる。

戦争当事国生産設備を失って貧しくなるという姿。ましてや戦争の結果40年も好景気が続くなんてことありえません。

anond:20171125122255

いまは好景気ということもあり、資本家側が旨みを多く吸ってるのは確かだが、

現場人手不足とは関係ない(賃金上げれば労働者暮らしは豊かにはなるけど、人手は足りないまま)



じゃあ前向きに、その「資本家が余分に吸ってる旨み」を使って、

治安悪化させないように)「移民は高度人材だけに留めて」、

さらに(日本人全体の生活水準を落とさないために)「生産量を落とさないまま」、

現場人手不足を解消するにはどうすれば良いだろう。



結局、現場で働ける人数には限りがあるので、技術革新生産設備への資本投下で現場労働力依存度を下げるしかない。

既に単なる生産設備への投資ほとんど終わってるので、生産技術革新に「資本家が余分に吸ってる旨み」を回すのが良い。



こういう意味では「金を落とせば人は集まる」は正しいのだが、

それは「金を落とせば(技術革新できる人物を)(海外から引っ張ってこれる/日本高校一年生に、理系工学部を志望させられる)」という意味しかなく、

決して、「日本労働者全体に金をばらまけば万事ハッピー」という意味ではない。

anond:20171125122255

今は機械を導入するか人を雇うかの選択肢もあるでしょう。

設備投資は先々の需要を見越して行う以上、最終的にはどこかの消費を増やさないとならない。

とすると、人件費が増えていかないと経済は伸びない。

やっと賃上げの流れができていってデフレ脱却ができそうなのに。

ああ、それから、いつの時代経済の流れを見れない経営者はつぶれるもんだ。ましてや、今度は好景気ゆえのこと、伸びる会社、生まれ会社さらに増えていく。

黙ってつぶれてくださいどうぞとしかいえない。

2017-11-23

日本女性の不健康問題解決するには「健康指導を見直す」しかない

これなら中国人の方が健康度がマシだ

日本女性1980年代好景気時代に本格的に社会進出した。もともとビジネスワーカーとしての生活に慣れていなくて、昭和ドラマを思い出せばわかると思うが家庭環境も相まって世代的なビジネスマンとしての経験地が低い。つまり専業の家事をしていた人が急に職場に顔を出すようになったので、生活スタイル形成されていないといえる。

大抵の日本国内男性社員は、もともと主要な企業戦力として経験地が詰まれており、そういった環境下で健康的な生活可能な人が多い。障碍者もあるいみでは彼らに倣うことであとからやって来た人たちも高度な生活秩序を形成してきたと言える。ある意味牧歌的暮らしていた女性経済成熟期に急増したため、軋轢が生じているのが健康問題の原因だ。

日本人女性ビジネスマンは適切な健康指導であればここまで悲惨なことにはならないと思う。もともと牧歌的だったことを考えると、中国人はどうだろう。調べてみるとと、案外その不健康度はキツくない。社員健康意識も意外と悪くもないので、それくらいが日本の働く女性本来理想である

日本女性精神性・記憶力・民度の3ポイントで「理想的」なだけであって、ビジネスマンとして十分に活躍できる社会ではない。だが現代学歴ビジネススキル語学スキルや成人スキルばかりが評価され、さらにはプライベートへの侵害を嫌う社会なので、人事の人には苦労がないのである

社畜の正体がまさに社会進出途上の女性だということ。日本社会は上っ面の合理性だけで人材を選ぶ。つまりスキルがあり「仕事になる」ということで障碍者女性を採る。どの会社役所の人事の男性安直選択をすると、ああいう風にストレスフルになるし、みんな残業などでヤセ我慢する人だから、過労者が出る。

北の韓国、南の日本という厄介さ

米韓の「ブラック社会問題って全部これに集約されると思う。ヤセ我慢をしている人たちの過度なインフレである。たとえば過労死餓死の多い韓国だってそう。封建的大企業公務員ぐらいしか選択肢がなく、日本人から見れば日本可愛いくらいである。妥協選択肢だ。選択肢外資外国にまで広げれば、回避手段いくらでもあるのに。

アメリカも同様に労働トラブル日常的になっているが、ここもある意味で閉鎖的である欧州のような労働者カバーする手厚い仕組みがなく、労働者フォローできる部分が少ない。政治資本第一である

「南の日本、東のアメリカ、北の韓国」という感じか。韓国ソウルからちょっと地方都市に行けば農業工業が残る場所アメリカもやはり世界有数の資本主義あっての富でしかない。これらの問題はすべてつながっている。つまり欧州先進国成熟社会の水準に値しない強引な経済成長経験値の貧しさがもたらした不幸なのだ

解決方法はたった1つしかないと思う。それは「健康指導の徹底」である日本健康指導はあまりにも適当すぎる。イギリスフランスと比べても緩い傾向がある。これはいただけない。どうにかして厳しくすべきではないか

飢餓女子」という言葉もある。障碍者食事が不健康であるように、女性食事健康的ではない。富裕層ほど健康的で貧乏人ほど太りやすい。微妙にズレた要因が、社会によってさらに串刺しにされたら、健康的な問題オーバーヒートを起こすのは当然なので、ではその要因を防止させればいい。たとえば女性カロリー不足を昼食でカバーできたらどうだろう?夕食や夜食依存している人は、食事の重心が夜から昼間に切り替わる。胃の負担が移動し、睡眠ストレスが軽減されることになる。昼間よりも夜間の方が実は胃の負担が凄い。太りやす障碍者も同じように逆にすればいい。

しかも今はIT化などによりオフィス全国的分散しているので、満員電車の緩和という副作用だって夢じゃない仕事科学化もあるわけで、もはや誰がやっても機能するような事務的仕事障碍者なり機械に任せるして人間負担を軽減する方向性にあった方がいいのではないか

マレーシアシンガポール香港に学べ!

その点は「マレーシアシンガポール香港」という成功事例がすでにある。2001年以降わず10年ほどで経済社会が成長。国家はそれに恵まれていて、実際の住み心地などもいいのでこれらの国は世界屈指の優秀都市として知られるようになった。

この2国と1都市が他と違うのは、社畜がすべてだからではないということだ。実際に富裕層に仕える家政婦が健在だったり、高度な医療システムがあったりする。そして支配者は多様である。明るい北朝鮮ならぬ明るいアメリカだ。結果的一方的社畜精神だけにならずに済むわけである

こういった地域都市国家的なわけで、国や民族のつながり以外の市民の「繋がり」があるわけで、やはりそれを見習う必要が今の日米韓大人にはあるんじゃないか中国人をひいきするわけじゃないけど、健康指導もっと厳格化権威化させる必要があるだろうね。

マレーシアシンガポール香港社畜がいないことはないけど、韓国日本みたいな話は聞かないし、アメリカみたいな「廃人」もいないでしょ。黄色人種社会からといって現地の右翼暴力団外国人に対して威張っているわけでもない。やはりこれ、イエロー何とかだからバカにするんではなく、むしろ学ぶべきだな。

2017-11-21

その年に名曲が生まれる数

不景気好景気みたい、繰り返してない?

2017-11-20

anond:20171120125139

土地が安くなるのは物価下落の圧力じゃん

人手不足賃金上昇の圧力じゃん

市場原理でいけば好景気の目はあるよ

正直、適正人口直感的なものなので真剣に考えてないよ

俺が真剣に考えてもあんまり意味ないしね

ただ人口減少がマイナス要因だと盲信するのはどうなんかね

少子化問題がどの程度問題なのかは一度真面目に検討する必要があると思うよ

2017-11-18

個人の消費と個人投資は反対の行動

だが、個人の消費が増えない限り、本当の意味での好景気は来ない。

一方、個人投資が増えない限り、日銀だけで株価を維持し続けなければならない。それはいつまで続けられるのか。

2017-11-15

anond:20171115144537

景気さえよければバカでもアホでも白痴でも(ハクチが変換に出なかった。偉いぞ)雇う余地があるんだけどね

雇用が元気になるような感じの無鉄砲な考えなしの好景気がないのが追い打ちになってる

2017-11-06

anond:20171106122104

戦後復興好景気冷戦とき前線基地である日本を発展させる必要があったアメリカ支援のおかげであって

日本底力でもなんでもない

団塊の世代はそれにあぐらかいてただけ

2017-11-05

日本政府北朝鮮ミサイル開発を望んでいる

なぜなら北朝鮮大陸間弾道ミサイルの開発に成功させれば第二のソ連となるから

ソ連時代日本アメリカの盾となっていたので重宝され支援されていた

しかソ連崩壊後、日本軍事的重要性は大幅に下がった

日本にとっては中国北朝鮮アメリカ仮想敵国として脅威を持ってくれた方が

アメリカから支配が「支援」となってくれるため有り難いものになる

韓国戦争していたころに日本好景気となったのは、つまりはそういうことだ

 

僕らは何一つ知らずに生きているし

おそらく死ぬまでにも何一つ知らずに死ぬのだろう

 

でも間違いなく僕らが目に見えないところで思惑が無数にあり

それが現実となって僕らに影響を与えている

 

僕らがそれを現実と感じえないのは

僕らがそれを知ったところで何一つ手段がないからだ

まりにも大きすぎるスケールに僕らは無力だ

何一つできはしない

から最後は諦めに似た思いで薄ら笑い

そして日常に戻っていく

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん