「エレン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エレンとは

2021-07-23

anond:20210723121040

林 士平(りん しへい)は、日本漫画編集者集英社男性従業員法政大学国際文化学部卒。

経歴

2006年集英社入社最初は「月刊少年ジャンプ」に配属される。 入社して1年で、月刊少年漫画誌『ジャンプSQ』の創刊編集の一人となる。2018年6月に『ジャンプSQから少年ジャンプ+編集部に異動。現在は『チェンソーマン』、『少年ジャンプ+』にて『SPY×FAMILY』・『HEART GEAR』・『ダンダダン』を担当中。

人物

既婚。 在日台湾2世。両親二人が台湾人。東京まれ東京育ち 。 子供の頃は「サンデーっ子」だったが中高時代同級生で持ち寄った漫画を手当たり次第読むようになり、雑食化。 元から漫画編集者を志していた訳ではなく、興味のある企業を受け、いくつか内定をもらった中で一番給料が良かった会社を選んだ結果、集英社入社して漫画編集をすることになった。

担当作品リスト

・『チェンソーマン』 ・『SPY×FAMILY』 ・『HEART GEAR』 ・『ダンダダン』担当中。

過去立ち上げ作品は ・『青の祓魔師』 ・『この音とまれ!』 ・『ファイアパンチ』 ・『怪物事変』 ・『左ききエレン』 ・『地獄楽』 ・『カッコカワイイ宣言!』 ・『貧乏神が!』 ・『ドリキャン!! 』 ・『ムーンランド』 ・『いいよね!米澤先生』 ・『BLACK TORCH』 ・『終極エンゲージ』 ・『彼女と彼』。

過去担当作品は ・『特異体質系女子の話』 ・『TISTA』 ・『月華美刃』 ・『終末のハーレム』 ・『冒険王ビィト』 ・『Mr.Clice 』 ・『ワンダーラビットガール』 ・『ギャグマンガ日和』 ・『FANTASMA』。

2021-07-05

腐女子きもい

同性愛キモいんじゃなくてあなた達の存在キモいんだよ。

からサンジゾロとかサスケナルトとかエレンリヴァイかに勝手セックスさせてんのキモかったんだけど昨今の腐女子という言葉同性愛差別!みたいなのでガチで無理になった。

性欲を正当化しようとしてごちゃごちゃ言ってるのマジきもい

2021-06-18

anond:20210617175605

最後がきになってるわけ?

エレンミサカに首切られて、

そのあとみんなにお別れの言葉いあにいってたのが発覚してスッキリ終わったよ。

ただそのあと書き下ろしで何ページか追加されてる。ただ駄作から見る気起きないや。

2021-06-17

anond:20210617175605

ネタバレしとくと始祖ユミル王様への恋が断ち切れなくて2000年悩んでてその悩みの解決先をミカサに託したわけでミカサの恋心がキュンする度に頭痛が下のはユミルが脳を覗き見してたからなのんミカサエレン相思相愛だったんだけれど戦争運命のせいでガッサーー引き裂かれてたけれど最後ミカサエレン斬首し且つキスすることでユミルはんもニッコリというプロットやわそいでエレンも相当先の未来を見通してたんだけれどユミルはんは皿にその一歩先を見通しててだからエレンは最終的に巨人の居なくなる大団円未来は見通せたけれど何でそうなるかは分からないし味方同士の殺し合いはハラハラ感あったけどユミルはん的にはそこはお見通しではあったがそこから先がわからんからどうなるかミカサおせーてといった塩梅オカピ使いながら吉田沙保里よろしくこっそり然るにしっかりヲッチしてたらミカサが一瞬夢と妄想現実逃避しそうになったが最後ガッツーン来た頭痛で真の愛を見出して何故か分からん巨人エレンの口の中に首のエレンがいることを伏線1オングストロームもなしにズバリ言うわよと細木確信リヴァイ使役しつつ前述した首チョンパアンド情熱のキッスでエンドや。

あとはアルミンの二段階ネタバレフィニッシュやな。とっぴんぱらりのぷう。

2021-06-12

anond:20210612183338

パラディ島が滅びるまでの間に島民が大陸移住して混血が生まれたりもしているだろうし

無垢巨人化は起きなくなったのでエレンアルミヒストリア努力が全部無駄になったとは思わなかったな

あれから大木の穴に犬が転げ落ちてモンスターパニック化しても

そうなるまでの間に巨人能力がない状態人生を生きて死んでいった人間がいるので

まあ無駄ではないと思ったよ

2021-06-10

進撃の巨人最新刊読んだ

これは平和エンドなのか?

あの後も戦争は続いているし結局意味があったんだろうか

エレン単体で考えればミサカといっしょに逃げ出して余生の四年間を生きた方が幸せだったんじゃないか

ミサカの相手は誰なのか?金髪だし馬面か?

それはそれでエレンが嘆きそうだ

第一から追ってた身としてはなんだかなぁって終わりですね

2021-05-31

エレン·イェーガーみたいな志望動機でも警察官かになれるの?

両親を犯罪者に殺されたか犯罪者をたくさん捕まえたいです!みたいな

2021-05-13

初期の進撃の巨人を見て、今のコロナ時代を思った事

 進撃の巨人が完結したようだけれど、進撃の巨人が大流行していた10年前、様々な名言が取り上げられていた。

初期の諫山創の、狭い「内側の日本」だけにとどまら世界に対する厭世的な見方皮肉的な見方

人によっては受け、人によっては鼻についたと思う。

それが象徴されるのが、エレンとピクシス司令官の会話だ。

「もし人類以外の強大な敵が現れたら人類は争いごとを辞めるだろうと昔誰かが言った。エレンはそう思うか?」と

それに対してエレンは「呑気な考えだ」と一蹴する。


 初めてこれを見た時、唐突だなと思った。多分、諫山創の伝えたい個人的な考え方だったのだろう。

それを自分が見た時は東日本大震災の後だったので、絆とか言われてる時代、この見方ちょっとへそ曲がり見方すぎるんじゃないか?と思ったものだ。


 でも今回のコロナではっきりしてしまった。コロナの状況は進撃の巨人に似ている。外に出なければ、経済活動をしなければ比較安全死ぬこともない。しかし放っておけば、壁を「ウィルスをまとった人間」が破ってくる。

脅威は持続的で、永遠とも思える長い時間が過ぎる。グローバル化医療の発達によって安全だと思ってた自分達も、蓋を開ければ結局インフルより少し強い程度のウィルス支配されていたことに気付いてしまったのだ。


 それで、人類は争いごとを辞めただろうか。

老人たちは壁の内側に籠り、若い人間派遣させ「経済」という得体の知れない巨人によって食われていく。人々は責任押し付け合い、誰かを敵に仕立て上げワイドショーで叩く。

中国から始まったウィルスなのに、飲み屋を叩き、そこに行く隣人を叩き、飲み屋制限しない政治家を叩き、政治家は夜の街と若者を叩き、絆とはかくも脆いモノなのかと思わされてしまった。

 今必要なのは狭い壁の内側で内乱を起こす事じゃないと思う。

「そろそろ一つにならんとな…戦うことも難しいじゃろて」とは、ピクシス司令官言葉である

2021-05-05

左ききエレン」がいまいちな理由(ネタバレ有り)

私の好きな漫画の一つ「左ききのエレン(原作版)」が、現在無料で公開されている。

https://cakes.mu/series/3659

好きだと言いつつもこれまで無料で読める範囲でしか読んでおらず、飛び飛びになっていた部分もあったので、一気に読み返してみた。

連載開始が2016年。5年超の期間、170話以上(第2部であるHYPE含む)の内容を、全く淀みなくストーリーを展開できる作者のかっぴーさんは本当にすごい。

ただし、作者さんが願う「もっと作品が売れてほしい、多くの人に読んでほしい」を実現するには物足りないところがいくつか見えてきたので、匿名で書きなぐっておこうと思う。

その前に、この「左ききのエレン」はどういう漫画かというと…

美大卒で広告代理店に務める主人公・朝倉光一と、高校の同級生で世界的な画家となった山岸エレンが、互いに影響を与えたり与えなかったりする物語。

キャッチコピーは、「天才になれなかった全ての人へ」。

…なのだが、多くの読者の支持を得るにはいささか物足りない部分がいくつかあるので、挙げていく。

(以下ネタバレ含む)




1. 主人公・光一がイマイチなポジションなのに、なぜか才能のある人に囲まれ、女子にモテモテ…?納得できる理由が欲しい。

例えば、近年巷にあふれる、なろう系小説。

現実世界ではイマイチだった主人公が、異世界転生したら色々無双し、女にもモテる、ってなストーリー。

その主人公には、明確な「属性」、すなわち異世界で有能たる「理由」が与えられる。

地球よりも重力が弱いとか、ブラック企業勤めで激務への耐性があるとか、なんかのレベルがいつの間にか99になってたり等々。

翻って本作「左ききのエレン」にはそういうものはなく、主人公の光一は美大を出て広告代理店に就職という、なかなかの難関をくぐり抜けているが、広告賞には縁遠く、イマイチな社員として描かれている。

それなのに、世界的な画家、トップモデル、写真家といった面々と一緒に仕事をし、絵描き相手には自分のイマイチな絵で挑発してみたり、モデル相手にはファッションショーの場をグダグダでまとめきれなかったり、写真家相手には世紀の一枚を台無しにしたり、いまいち間が悪いムーブを繰り出しているにもかかわらず、なぜか気に入られて関係が発展していく。

あと、なぜか女にモテる。このへんはあまり詳しくないので置いておくとして。

正直、私の拙い読解力では、主人公の属性は「普通」「圧倒的な間の悪さ」くらいしか読み取れない。

これでは読者は「読者が送る、つまらない日常を肯定するメッセージ」も「主人公が読者と圧倒的に違う、これはフィクションなのだと納得できる材料」のどちらも得られないよなぁ…と思う。

(かと言って、主人公の光一は、作者のかっぴーさんが「広告代理店をやめなかった(仮定の)自分」と公言しているので、もしも主人公TUEEE展開をやられると、そのまま作者の俺SUGEE表現と受け取られ、ちょっと鼻につくかもしれないよなぁ…)

2. 主人公のムーブが地味。

例えば「DEATH NOTE」「バクマン。」は、それぞれ作品の核は「ノートに名前を書く」「漫画を執筆する」という、絵的に地味なものである。

しかし、作者はその地味さを知った上で派手に見えるようにストーリー・作画上で様々な工夫をこらしていた。

「DEATH NOTE」ではノートの主導権の取り合いから生まれる心理戦をストーリーの主軸にしたり、「削除、削除ォ!」と派手な演出をしてみたり。

「バクマン。」では漫画作者同士のバトル要素を存分に膨らませたり。

翻って「左ききのエレン」の主人公・光一の仕事の多くは、社内調整とか地味な立ち回りが多い。

光一が最もカッコよく描かれていた場面は、クライアントの素直な意見を促して形にするという、これまた絵的に地味なもの。

「照らす側の仕事もあるんだよ」と言われれば聞こえはいいけど、地味な仕事を派手に見せるやりようはあるんじゃないかな…と思う。


3. エレン編をサクセスストーリーと期待して読み進めると、肩透かしを食らう。

作品序盤で、エレンが米国で記者会見をしていることから、彼女は世界的なアーティストになっていることを示唆している。

これを高校生の姿と同時に見せられたら、読者は「エレンが世界的アーティストになるまでの過程を示してくれるのだな」と期待するだろう。

だが、本作で示されるストーリーは、多くの読者が想像するであろう「絵を描き、それが評価され、また絵を描き、より『上』の世界で評価され、を繰り返していく」類のものではない。

ちなみに、作中でエレンが描いた作品として示されているのは、2つだけだ。

そのかわり、本作(のうちのエレンパート)ではエレンの「仲間との出会い」や「作品を通しての対話」に重きが置かれている。

そこには「仲間と出会ってこんな作品が生まれました」もなければ「他のアーティストの影響を受けてこんな作品が生まれました」もない。

「芸術とは対話である」と言うのもわからなくはないが、読者としては「絵」という見える形で通過点なり到達点なりを示してくれたほうが読みやすいのかもなぁ…と思う。

(同じ作者さんの漫画「アントレース」は節目ごとに作品(服)を、鮮やかなアイディアと共に示していて、凄いなぁと思ったけど、3巻で完結してしまった)

4. 天才でない私達は、この漫画をどう受け止めればよいのだろう?

本作の主人公・光一は「天才でない存在」として徹底的に描かれている。

光一がもがきながら見つけた生き方は「照らす側の人生」。モデルにスポットライトを当てるような、太陽に対する月のような役回りである。

しかし、彼は才能に溢れる人達に囲まれ、運としか言いようのない人脈で今の地位を築いている。

本作には「どうすれば自分が照らすべき才能と出逢えるか」、あるいは「どうすれば天才と会ったチャンスを物にできるか」については描かれていない。

そんな状態で「照らす側の人生もいいぞ」と言われてもねぇ…という気分になってしまう。

また、本作では「才能とは集中力の質である」として集中力の質理論が展開される。

興味がある人は調べて読んでもらうとして、結論としては「集中力の特性の差に優劣はなく、それぞれ向いた仕事がある」といったものだ。

ただし、本理論は作品の本筋ではなく「主人公・光一が集中力の質理論を駆使して成功を勝ち取る!」などと安いビジネス書のような展開もない。

自分が天才ではないと自覚している読者のうち、集中力の質理論を学んでより良い仕事に活かしている人もいるかも知れないが、それは作品の主題ではなかろう。

「天才かもしれない人」と「天才になることを諦めきれない人」に向けてなら「本気出してそれから諦めろ」もいい。

「天才になれなかった全ての人」は、「左ききのエレン」をどう読み解けばよいのだろう?

私はまだ、この作品を掴みきれていないのかもしれない。

2021-04-20

エレン最初あの巨人に立ち向かってたらどうなってたんやろう…

2021-04-14

進撃の巨人の謎

進撃が未来が分かる能力っていうのはわかるけど、一話目のエレンはまだ進撃を継承してないのに未来記憶(?)を見てるよね。

あれはなんなの?

アルミンの家族

やばい本をもっていて何者なんだろう。

人生の大切なものを思い出すシーンで、ジークはクサバーさんとのキャッチボールで納得だけど、アルミンはエレンミカサとのかけっこで思い出してもらえないし。

 

ガビに関して好きor嫌いのどちらかに振り切れる奴がすごいんだよな……

どっちにもなれないよ😔サシャ好きだったからサシャのこと考えるとウッてなる😔

でもガビだってあい教育されてなかったらあんなことしてないし、

それはエレンライナーも同じなんだもん😔

anond:20210414162806

エレン側を憎むよう教育されてた子だよ。

エレン達の仲間のサシャを殺しちゃったりもしたんだけど、

色々あって相手側も自分と同じなのだと気づいて考えを改めた。

エレンライナーと同じっちゃ同じ。

進撃ってエレンとリバイとあるみんとエルビンしか知らない

最終回にはみんな死んじゃったの?

2021-04-09

進撃の巨人最終話が最高すぎた

ゆうて全体で見るとクソ派手消化試合なんやが、人によっては最高すぎるシーンが散りばめてあったのでな

俺としてはエレンミサカへの気持ち吐露

あんだけ割り切って色々やったエレン全然割り切れてない所が最高すぎる

エヴァとか最後「あ、アスカ?ま、ええ女やったね。綾波も可愛かったわな。カヲルくんもほんま都合のええ彼氏ムーブあざっした。ゆうてとりま目の前の巨乳と付き合うのが正解よな(実写俳優の声で」って割り切り方やん?

ちゃうやん?

いきなり大人になりすぎやん?

少年漫画夢見てばっかはゲンドウやからシンちゃん大人になるんやって言われても、それエヴァとして違うやん?

綾波ー!アスカー!カヲルくーん!がエヴァやん?

その点エレンは満点よ。

なんか大人になった感出しちゃったけど本当はうわあああああああ!!!!あっ、ちょっ、今の忘れて、あっマジ恥ずかしーーーー!!!

これよな。

少年漫画からな。

発行部数だの連載期間だの関係ないんだよ。

少年達が傷つけ合いながら大人になりながら、子供の頃の大切な気持ちを失わずに最高の戦友になっていく漫画から

その気持ちを忘れてないんだよ。

読者はその気持ちになりたくて読んてるんだよ。

巨人駆逐してやる!と叫んだ少年達の真っ直ぐな思いの導く未来が見たいんだよ。

こんだけ超大型漫画になって、それでもまだ初志貫徹して読者の方を向き続けたのはヤバイね。

最後まで進撃の巨人は、エレンは、アルミンもミサカも、俺の知ってるままだったし、俺が見たいものが見れた。

これだよ。

これが出来るのは本当に凄い。

進撃の巨人エレン

とにかく訓練兵時代の同期を長生きさせたいというだけで人類の8割を殺してしまったらしい。

2021-04-08

進撃の巨人最終話(139話)の予想 ※最新話138話までの記載あり

タイトル予想】

「代償」「贖罪「鳥」「鳥籠」「あの景色」「この世界残酷で美しい」




ストーリー予想】




※ ※ ※ 138話までのネタバレあり ※ ※ ※




エレンの首が落とされたので、始祖・進撃・戦鎚が継承待機状態出産されるユミルの民待ち)。

始祖ユミル笑顔だったのは「道」での奴隷業をエレンと交代できるフラグが立った為。

 

ミカサエレンの居場所を知ったのは多分「道」エレンと過ごした際に知ったから。

「道」の中の歴代の知性巨人と同様、首切られたエレン「道」にまだ存在する。

 

「道」エレン&始祖ユミルアルミンが交差。

アルミン、大ピンチの仲間を救う為、無知巨人の動きを止めるよう要求

エレンユミル拒否、団結してアルミンを攻撃・・・と見せかけて、エレンが「自由だ」とユミル奴隷解放宣言。ユミル対立

 

アルミンの頭脳戦やらなんやかやあって、光るムカデが敗北。ユミル無力化。

エレン完全死亡(死亡直前にアルミンと共に「未知の世界」を見たり、ヒストリアの赤子を抱き上げる)。

全ての巨人能力消滅し、13年の呪いが解ける。知性巨人巨人化した104期生も助かる。

座標と「道」は閉ざされる。進撃を含めた全ての巨人継承されない。

 

巨人消滅後、一度は手を取ろうとしたマーレ人たち非エルディア人はPTSD。エルディア人達巨人能力は失れてもトラウマは残る。戦争は続く。

この世界残酷で美しい。

2021-03-20

anond:20210319110541

英語教科書エレン先生権利者がNoと言ったらピタッと二次創作はなくなったよね。

プリキュアガンダムは巨大コンテンツすぎて権利者の声が届かない層が目立つだけでは?

2021-03-19

anond:20210318185716

エレン先生の件なんかは、元々オタクとの好感度だの信頼関係だのが皆無な教科書出版社権利者だったからこそ怒られたらすぐ引っ込んだよな

教科書出版社にとってはオタクなんてはなから客じゃない&教科書に変なイメージがついて学校に採択されなくなったら死活問題なわけで

出版社オタクガチで焼き払っても一切構わないし、実際そうされる可能性は十分にあったか

馬主も同じで、馬主オタク忖度する必要性なんか全くないのを分かってるからこそオタク弱気になってるだけ

相手マンガアニメ業界だとオタクも客で相手オタク忖度しなければならない、ってのを分かってるからオタク強気になる

要は信頼関係があるからいうことを聞くんじゃなくて、むしろ

マンガアニメ業界相手だと「俺たちはお客様神様」とナメてるから例え相手が苦言を発しようが平気でエロにするけど

プリキュア東映から怒られた事あったけど相変わらず続いてるし。それも「オタク向け商売もやってる東映が俺たちを訴えるわけがない」とナメてるから

そうではない所だと怒られたら相手が怖いから引っ込めるってだけ

2021-03-16

シン・撃の巨人 ネタバレ

「とにかくもう巨人にだけはならんとくださいね

「お前の始めた物語だろ」

最後エレンが巨大化して終わり

進撃の巨人

エレンが、進撃と始祖と戦鎚の三つを取り込んだけど、一人が複数巨人継承したら分離する方法ってあるのかな。

継承しないで死んだら、ユミルの民の赤ちゃんランダム継承されるって現象を利用しないと分離できないとしたら不便すぎるな。

2000年の間に、そういう問題って起きなかったのかな。

2021-03-13

進撃の巨人」のネタバレを含む「親」や「王」の倫理

進撃の巨人が何を善としているか」というより、

作中で描かれた「親」や「王」の振る舞いについて、

何が善とみなされ、何が悪とされているか

Twitterスレなどの反応を見て感じたことではあるんだが…

 

まず肯定されている「王」がいない

初代フリッツ王:始祖ユミル巨人兵力土木工事奴隷として使役し、頼まれてもいないのに子種をプレゼントして3児を出産させた作中最も嫌われている王。「子種王」というあだ名のほうが通じやすい。

初代壁の王:エルディアから巨人の力を乱用して他民族に憎まれ記憶を消去して壁の中に引きこもった王。一見慈悲深く平和主義だが、壁の外から攻撃に対して無力なうえ、壁の王家は子孫代々犠牲になり続ける。

マーレ政権マーレ王政ではないようだが…。エルディア人をレべリオ収容区に集め、「名誉マーレ人」という餌を与えガビのような子供洗脳してマーレのために戦わせる方針。エルディア人を家畜扱いしている。

ジーク:彼もエルディア王家末裔なだけで王ではないが…。エルディア人に未来がないため、エルディア人を全員去勢して民族老衰死を迎える計画をした。エルディア人をペット扱いしている。

エレン:王ではないが…。エルディア人以外の民族を全員、大量の超大型巨人で踏みつぶし皆殺しにしようとした。エルディア人が生存するにはこれしか方法がないが、虐殺はいけないので駄目だとされている。

 

肯定されている「親」がカルラとブラウス夫妻くらいしかない

グリシャとダイナ:息子をエルディア復権の最強の戦士に育てようとした結果、息子を反出生主義にした、教育虐待毒親とされている。

ライナーの両親:女を孕ませて捨てたうえ息子に暴言を吐いた父親と、息子を復讐の道具にした母親の、毒親コンビとされている。

ブラウス夫妻:狩猟民として生きていく未来がないため娘を広い社会に送り出した両親で、戦災孤児保護などをしているため、良親とされている。

カルラ:エレンは生まれてきただけで偉いと全肯定した母親で、あるべき親とされている。

 

なんつーか、許される「親」の幅ってすごく狭いんだなと思った。

無限の愛しか許されてないんだな。

そして王など、民を導くというか方針を決める立場人間の持つ計画については、全部が駄目。

何かを取ると何かが犠牲になるから犠牲になった部分が絶対に叩かれるというのが王の立場

なんか、トップになるもんじゃないなという気がしてくる。

そういう漫画ではないんだが、感想を見ているとトップになんかなるもんじゃないなって。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん