「親権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 親権とは

2018-01-06

anond:20180106003109

お答えします。

親権を移すだけでは問題解決にはなりませんが、いくつかの前進はあります

1.役所から弟充てに振り込まれ児童手当(住む地区によってない場合もあります)が俺の両親に振り込まれるので、そういったお金をちゃんと甥っ子のために使えます現在そういった役所や国からの子育て用の補助金の大半は弟の交際費で消えてます

2.高校や将来大学に進学した際の手続きなどを代行できる。現在弟はこれらの義務をほぼ放棄して俺の両親に丸投げしてますが、学校側はまず実の親である弟が来てくれないと話が進まないケースが多々あります

3.俺の両親がもっと生活費の安い地区に引っ越す場合、甥っ子も一緒に連れて行ける。

ダメ人間が身内にいると、普通の人では想像できない酷いレベル問題日常茶飯事になります。それらから甥っ子を守るためにも親権の移動は必要なのですが、日本での親の権利は強固なのでうまくいくかは五分五分ってとこですね。

2018-01-05

身内に毒な家族を持ってしまった人へのライフハック 追記あり

わが実家でこの問題を抱え始めて早4年、まだまだ解決には程遠いですが去年末からようやく前へ進み始めてすこし希望が見え始めた増田おっさんです。

2017年にみた精神疾患抱えたお母さまを精神病院措置入院まで持ちこめた増田さんみたく、うちも解決してからこれまでの経緯を書こうと思ってたんですが、正直まだまだ解決までの道は遠いです。あと同じような問題を抱えている人に少しでも助けになればと思って俺なりの「毒家族対処法」をリストアップしたいと思います。なにぜ俺やほかの家族がこの問題に直面してネットでいろいろ検索しても、見つかったのは2ちゃんまとめサイト煽りエントリとか、明らかに非合法ひきこもり公正団体とか怪しげなアフェリエイトサイトかばっかで、まともな情報全然見つからないのです。(ググってもカス!)

ある増田ケーススタディ

大まかにうちのケースを紹介しましょうかね。俺はすでに結婚してよそで家庭もっている身なんですが、7,8年ほど前に借家住まいの両親のところに離婚して子供一人のシングルファザーしてた弟が合流、最初の3年ほどはみんなで助け合ってうまくやってたんですが、4年ほど前に弟が突然仕事をやめて自分事業を始めたのが終わりの始まり。彼の事業は1年もたたずに資金も底をつきて逆に借金地獄となり、しまいには自分の子供の世話や生活ほとんど親に丸投げ状態のうえ、いつの間にか自分境遇を親の責任だといい始めてまともな仕事もせずに高齢の親を働かせ金や車を巻き上げて好き勝手しているという状態です。家族の俺らからみても明らかに精神を病んでいるか精神科に診察してほしいのに本人の同意なんてもちろん得られるに何もできずに今に至ってます。ただあまりうちの個別のケースを持ち出すと「追い出せばいいじゃん」とか「児童福祉課に通報しろ」とか「精神病院つれてけ」とかそんな既にやってるし簡単に出来たら苦労せんわ!っていうクソリプが続くと思いますし、他の困っているご家族にも適応できる話から逸脱してくるのでこれくらいにしておきます

可能なら」まず逃げる!

まず最初に言いたいは、もし可能であればその毒な人間から一刻も早く逃げることです。ただこれはあくまで「可能であれば」です。よく長年家族間DV被害にあってたりブラック企業に勤めて精神を病んでしまった人に「なんでさっさと逃げないの?」「そんな会社やめちゃえよ」と言ってくる人がいます。そういう方に言いたいのは、そういった理不尽な暴力や状態から「逃げる」という選択をするにはある程度人間が強くないとできないのです。具体的には逃げるための経済的余裕、安定した仕事、頼れる家族や友達、そして健全な決断力。これらがないと「逃げる」という選択はできません。大抵の人たちはその絶望的な現実を前に「逃げる」という気力すらへし折られているのです。

家庭内でため込まず第3者に助けを求める。

上記のようにもし逃げたくても逃げれない状態でこのように家庭内DVで苦しんでいる場合、なるべく早い段階で同居している家族以外の信用できる親戚や公的な第3者に助けを求めてください。過去には普通に暮らしていた家族の一員だと、その人の変わりようが一時的わがままなのか、それとも完全に基地の外にいってしまった無敵の人なのかの判断は常に難しいです。一緒に住んでいるとじわじわと心を蝕まれてなかなか実感がわかないでしょうが、ほんの1,2日でもその対象から離れて生活した際にとてつもないストレス解放感を感じたら、あきらかにその人は一緒に住んではいけない人です。雑談愚痴話でもいいので誰か信用できる人に相談しましょう。俺のように同居してない遠くにすむ家族の一員でもいいですし、もっとおすすめなのは近隣の役所にいって公的サービスまたは地域見守り型のNPOを探してかたっぱしか相談しましょう。結局俺も遠く離れているとなかなか対処できないので、親が住んでいる地区高齢者見守りNPOを探してそこのソーシャルワーカー連携して対応してます。とにかく同じ家族内だと常に毒家族に振り回されて冷静な判断力だんだんと落ちてきます。だから定期的に家族とは関係ない第3者に連絡して、自分たちがおかれた状況について冷静な視点をもてる人を味方につけておきましょう。

公的サービス限界認識せよ

さて先に「公的サービスに頼れ!」といったそばから絶望させますが、残念ながらこれらの団体相談しても現在あなたが抱えている家族問題解決することは極めて難しいことを覚悟してください。その毒な家族包丁をもって暴れるとか殴り掛かってくるとか直接的な危険があったらある意味簡単なのですが、大抵のケースはもっと日常じわじわとした言葉精神の暴力でほかの家族の気力を削り取っていきます。これらの事例はグレーゾーンであり直接的な被害でないかぎり警察通報しても警告されるだけで終わりです。(ちなみに俺は警察相談した際、弟の薬物依存可能性も指摘しましたが、具体的な証拠がないと調査できないといわれました)おそらくやっとの思いで見つけたNPO団体相談しても、聞く人によってはただの家庭内喧嘩しか取り合ってくれないこともあるでしょう。うちも弟が狂ったように暴れて両親や甥っ子(弟の子供)が泣きながら電話してきたときに何度も警察を呼びましたが、家に警察がつくと弟はきゅうに大人しくなり、警察も警告を与えるだけで帰っていくというケースを何度も経験しました。一応かれらNPOや役所の人たちの立場からすると、彼らも明確な証拠がないかぎり、具体的な対処はできないのです。我々にとっては完全に毒な人だちでも、公的にはみな基本的人権ってのがあるのです。それを無視してして「自称被害者の話だけを重視して行動すると一昔前の座敷牢痴漢冤罪事件のようなことが起こりえるわけです。我々としては納得いかない点もありますが、ある意味でこれもちゃんと法律ベースにした市民社会機能している弊害だと割り切らざるをえません。

大事なのは「あきらめずに助けを求め続けること」

大事なのは、それでも何度もあきらめずに公的サービスに助けを求め続けることです。うちのケースでは、これまで様々な児童福祉課、高齢者見守りNPOや役所サービス経由で10人以上のソーシャルワーカー相談しましたが、うちのケースに真剣に向かい合ってくれる方に出会うまでに3年以上かかりました。5人目のソーシャルワーカーでようやく電子メールでの連絡を受け付けてくれる方と出会い、日々の家庭内でのトラブルを詳細に説明できるようになりました。そして過去に行ってきた役所警察への通報記録は、後々裁判沙汰にまで発展したとき重要証拠記録として残ります暴力事件などわかりやすい事例がないので、こういった第3者への通報記録は後々強い武器になってくるのです。ただ警察通報するには、家族内でつねにコミュニケーションをとっておく必要があります特に思春期の子供がいる家庭では「警察通報」は子供にとって大きなストレスですし、また警察を呼んでも事態ほとんど解決しない現実への絶望半端ないです。実際俺も甥っ子に「もう警察よんでも無駄からやめてほしい」「同級生にうちのことがばれちゃう」と泣きつかれて、それ以降は警察通報できませんでした。

安易に金を使っても事態悪化させるだけ

続いて「金は極力使うな!」と頭に叩き込んでください。このような毒家族に蝕まれた家庭では遅かれ早かれ生活費が回らなくなってくるので金が足りなくなってきます。それこそ俺のように離れて暮らす家族に金の工面をしてくることもあるでしょう。ただここで安易お金をだしても、事態解決に何も進展しません。むしろあなた金銭ヘルプをすることで生活自転車操業でも継続可能になると、根本問題がどんどん先送りになるだけです。あなた金銭ヘルプをしている間は生活が回る状態になると逆にあなた貯金が底を尽きるまで何も解決しません。あなた自分以外の誰か信用できる友人に相談して、冷静な意見を聞いて金の無駄使いは極力減らしましょう。個人的には「毒実家生活が回らなくなり引っ越しせざるを得ない状態」になったら引っ越し費用くらいを助けるのはアリだと思います。また毒家族に苦しむほかの家族を定期的に外食に誘ったりして短期間でもリフレッシュさせるのもいいと思います

毒な家族あらたな毒を回りにまき散らかす

たこ問題がやっかいなのは毒な家族本人の問題が一向に解決しない状態が続くと、その周りにいるほかの家族関係もどんどんギスギスして喧嘩が絶えなくなる点です。うちの実家の例をいいますと、「無敵の人状態の弟と彼の息子の生活費を稼ぐために70歳を超えたうちの父は今もタクシーコンビニバイトなどで週に6,7日働いています。たしかに大変で感謝してもしきれないのですが、その結果残された母がその弟と直接向き合う状態になります。逃げる機会が限られている母は次第に「お父さんは自分だけ仕事に逃げて、私に次男問題押し付けてる!」と恨みつらみをいうようになり、また弟の息子も断端と彼の父親をまねておばあちゃん(俺の母)への対応乱暴になって喧嘩ばっかになってます。本当に負のスパイラル状態になりますので、これも定期的に同居してない家族や第3者が入って落ち着かせてください。

家族問題は長期戦。合わないソーシャルワーカーはすぐにチェンジ

これまで何度も書いてきましたが、毒家族問題について早急な解決法は極めて稀です。結婚した配偶者からのDVだったら離婚すればある程度は逃れられますが(それでも逃げ切るのが難しいのは承知です)、血を分けた親族間のトラブルは縁を断ち切るのが非常に困難でとにかく時間がかかります。ただうちのケースでいえば、去年末から担当してくれてる児童福祉課のソーシャルワーカー(3人目)がようやくうちのケースを深刻に受け取ってくれて、現在甥っ子の親権を弟から俺の両親に移す手続きを進めてます。これまでの通報記録や弟が大量に滞納してる交通違反切符、そしてソーシャルワーカーが何度も弟との面談希望しても、弟がそれを拒否&逃走しつづけるのが決め手になりました。

家族問題に明快な解決法なんてない。常にケースバイケース

うちは甥っ子の将来があるので、できるだけ毒な弟をほかの家族から遠ざける方法を探しています。ただもしうちの弟ほど酷くなくて自室で大人しくゲームしてくれるだけの人畜無害な存在だったら、経済力の余裕があるうちは現状維持放置でもいいんじゃないんですかね。実際いろんなとこに相談して、そういったご家族のケースを何度も耳にしました。俺としてはその家族が長年さんざん悩み続けてるのは想像にたやすいので、その結果の決断として現状維持選択されてるなら、もうそれは尊重するしかないですよね。ただ俺はもうこういったダメ人間には非常に冷淡な人間になってしまったので、彼らの親が他界してから人生なんてホームレスにでもなればいいというスタンスなのでそこらへんの心情は忖度してください。

とにかくうちらみたいな困った家族って日本中にけっこうな数いると思ってるんですが、ネットいくら検索しても具体的な対策法がなかなか見つからないんです。だからせめてうちのケースでよければ少しは参考になるかと思って書き起こしてみました。

思えばうちの弟や毒になってしまった人たちも哀れな人だとは思うんです。おそらくいろんな問題が折り重なって社会や家庭で居場所を失って、本当は助けを求めているのにそれすら素直に言えなくて家族に甘えて乱暴に接することでしかコミュニケーションが取れなくなっているんでしょう。頭ではわかっているんですが、それでもやられてる側はたまったもんじゃありません。「本当は助けを求めているんだな」って思いながら、なすがままに殴られレイプされ続けるのを耐えられる人はいません。絶対にそこから逃げなければならないし、逃げれないならその毒な対象排除するなりで強引に沈静化させるしかないんです。このどうでもいいライフハックネタとして楽しめる人はきっとこういう問題に無縁な幸せな人なので素直にうらやましいです。何かの間違いでこういう事態に巻き込まれないように自身幸運感謝しつつ神様に祈っててください。

追記

id:novak777 “合わないソーシャルワーカーはすぐにチェンジ”これは広く知られてほしい。

これ正確には自分たち意思で違う方に変えてもらったというより、各施設ソーシャルワーカー多忙なため一度「そこまでの緊急性はない」と判断されると数週間たらずでその案件は終了になってしまうんです。そこでめげずに違う案件で児童福祉課や老人虐待などで通報して、違うソーシャルワーカーに来てもらってとを繰り返した結果が今です。

id:kpkpkpchang "家に警察がつくと弟はきゅうに大人しくなり、警察も警告を与えるだけで帰っていく"こういう時に、レコーダーでの音声や、動画を撮っておくことがどの程度有効なのか知りたい。

音声や動画を撮っておくはとても有効です。ソーシャルワーカーにも可能なら音声や動画の記録をすすめられました。ただこれも思ったほど簡単じゃないです。うちの場合は機械に詳しい父がほぼ毎日仕事に出かけているので機械オンチの母にはなかなかセッティングできない。また母は弟が逆上すると泣いてパニックになるほど怯えている状態です。何度か小型の録音機を渡していざという時にポケットに忍ばせて録音ボタンを押すようにとお願いしたのですが、目の前に弟がいると恐怖でそういった行動がとれませんでした。また隠しカメラマイクなどで録音するのも悪くないですが、後々膨大の音声データからこまめに問題個所のチェック&編集するのはなかなかの手間です。

2017-12-29

anond:20171229102138

離婚制度男女平等

親権は、むしろ両親両方が養育拒否していて母親押し付けられるというケースも多く、

いざとなれば相手押し付けられて養育費も踏み倒せる男の方が有利だろ。

障害児を持つ家庭が貧困母子家庭が多いのは、母親押し付け離婚して逃げて養育費も払わない男が多いからだし。

anond:20171229101220

では離婚制度親権母親渡り過ぎている問題など、男にとって結婚は不利な点が多いことを是正してもらおうか。

男が女を養うというのは、それくらいのリスクを背負っていることなのに、美人優遇されることくらい別にいいだろう。

2017-12-22

anond:20171215124419

アメリカ男性日本男性より遥かに育児をするからね。

親権は主に子を養育している側が有利だけど、日本男性が主に子を養育しているケースがほとんどない。

日本も昔は夫側に親権が行くケースが多かった、というのも

昔は夫の両親と同居で共働きで、子の養育は夫の両親が行うケースが多かったからというだけ。

そもそも父親自分育児などしないから、両親が頼れる訳でなければ親権なんか欲しがらないのが普通

あと妻が一方的に身一つで追い出されるケースとかな。

裁判すれば妻が親権と相応の慰謝料養育費を得られるようなケースでも、昔のムラ社会だと「裁判なんて恥だから」と泣き寝入りが多かった。

現代日本だと、共働き家庭は子の養育を主に妻両親がやってるケースが多いし

(それだと当然親権母親に行く。母親側は子の養育の実績も仕事金もあるんだから

子を母親一家に丸投げで自分では子の養育を一切行っていない父親より有利なのは当たり前)

妻が一方的に追い出されて泣き寝入りという離婚も減ったか

父親意識が変わって育児を行うようにならない限り、どんどん母親親権を取るパターンが増えるだろうね。

2017-12-16

anond:20171216004910

親権一方的母親に取られる父親気持ちは全くわからないんだ。

お前みたいな人格破綻者には、知った風な口を聞いてほしくないね

子供母親だけのものだと勘違いしているんじゃないの?

一方的男性だけを悪者にする男性差別主義者は消えろ。

anond:20171216004910

>イキイキママだのなんだの育児負担母親に集中してる日本親権だけ父親平等しろとかよく言えるな

それは女が男に自分以上の経済力甲斐性を求めているからだろう。自分以上の経済力を男に求める以上は、女が育児家事を男以上に負担するのは当然の話だ。フルタイム総合職で働くことのできない、男を専業主夫として養えないカス女がでかいツラをするな寄生虫

母子家庭貧困に陥りやすいのは出産で嫁さんが減給失業負担をおい、父親の大半が離婚したら子供貧困になっても構わないと月数万も払わず無視するからだぞ

だったら、親権のほぼ全ては父親に行かないとおかしいよね?

>子持ち父親職場迷惑と言われるくらい育児参加してから言えや

その前に、男が女に自分以上の経済力甲斐性を求めることができる社会になる方が先だよ。仕事の出来ない女の人格否定されるくらいの価値観社会になってからの話だね。

anond:20171215140038

厚木市斎藤理玖ちゃん事件とか知ってるか?

あれとか単純に浮気で別れた妻への腹いせに自分親権はとったけどそのあと邪魔になってネグレクトして死なせた例だよな。

自分もそういう現場にいるけど、妻の浮気離婚調停を申し出た男が親権を申し出るケースのほとんどは、子供のためとか全然考えてなくて単に「そうすれば妻を苦しめられうだろ」って感覚でやってるからな。

メディアとか見てると子供を守らない女性ばっかりがクローズアップされてるけど、正直男性の方が「子供しらねーよ」くらいのキチガイが多い。

anond:20171215140038

イキイキママだのなんだの育児負担母親に集中してる日本親権だけ父親平等しろとかよく言えるな

母子家庭貧困に陥りやすいのは出産で嫁さんが減給失業負担をおい、父親の大半が離婚したら子供貧困になっても構わないと月数万も払わず無視するからだぞ

子持ち父親職場迷惑と言われるくらい育児参加してから言えや

2017-12-15

anond:20171215135743

親権の大部分が母親に渡っている男性差別問題の是非は意図的に見ないようにしているお前も大概だけどな。

anond:20171215113714

それは、男は仕事、女は家庭の古い時代価値観場合母親親権が行った方が子供幸せになるという考え方が主流だったから。

でも今は違う。女も仕事をするのが当たり前になり、女の方が男よりも収入が上の場合もある。

女性社会進出が進むにつれて、男性親権を得るケースも増えてきている。

アメリカでは親権は男女半々。今のアメリカ社会が、30年後の日本未来を表している。

anond:20171215113714

子が小さいと、割と無条件に母親親権持つケースが多いよね。

ただ、夫の実家ネモパターンで、親権持ってかれた人を知ってる、まぁ完全に関係ないわけでもない。

anond:20171215095816

今の日本では、親権のほぼ全てが母親に渡ることへの不平不満が大きくなっていることも関係していると思う。

男には家事子育てができない、といった役所人間男性差別感情も強い。

男女平等が進んでいるアメリカでは、親権は男女のほぼ半々に渡っているらしい。

男性差別問題に疎い日本は、アメリカと比べて30年は遅れている。

anond:20171215080638

こういう言説を読んでいると、やはり男は女に経済力を求めるのが正解だと思う。

自分よりも経済力の低い女と結婚すると、子供親権も女に持っていかれそうだし、きちんとした定職についていない女と結婚するべきではない。

2017-12-12

離婚して5年経った話

離婚して5年経った。子供は元妻の元に親権があり、生きがいだった子供とも満足に遊べなくなった。ただ、子供と会えなくなったわけではないので、子供と元妻の家から車で30分ぐらいの狭いマンション住まいをしている。ご飯を作ったり家事をしたりすることは嫌ではないし、そこそこ上手に作ることはできていると思う。ただ、偏食は増えてしまい太ってきたのは確か(笑)

離婚という作業結婚よりも心理的負担がかかる。ひたすら穴を掘っては埋めているだけの毎日だった気がする。離婚直後は、人付き合いも嫌になり、仕事に夢中になっていたけれども、身近な友人たちは色々と気遣いをしてくれるのがとてもありがたく感じてもいた。5年という時間も心の傷をだんだん癒してくれた。

1年ほど前、とあるまり東京であったのだが、その時に同じぐらいの年齢の、やはりバツイチ女性と知り合った。その集まり食事をしたりした時には、とても楽しく時間を過ごすことができた。この女性自分必要な人だなと思ったのだけど、子供のこともあるし、50を過ぎてるいいオヤジが他の女性とおつきあいをするなんてのは夢にも思っていなかった。ただ、数ヶ月に一度程度、一緒に食事をしたりお酒を飲んで、ひたすらみんなと話をするのが楽しかった。

気になっている女性だったので、先日上京した時に思い切って彼女を誘い二人だけで食事をした。そんなおしゃれなところではなく単なる居酒屋。でも、とても楽しかった。彼女もとても楽しんでくれた。仕事の都合で上京することが多いので、その後も彼女食事をしたりお酒を飲んだりした。彼女も私にとても興味を持ってくれていることがわかった。

50歳の男は告白した。なんだかおつきあいできることになったみたいだ。これからどうなるかわからないけど、お互い一度は結婚に失敗している身なので、焦らずおつきあいができればいいね、という話をしている。子供高校生になる頃には再婚できればいいなと思う。

anond:20171212120534

アメリカだと子供親権は片方じゃなくて共同なので片方にしか会わせないってのは訴訟起こせるはず」

日本も面会拒否されていると訴える事が出来ると思いますしか親権離婚後も共同ってのは大事ですね。

https://anond.hatelabo.jp/20171212120101

日本だと、長子・男性相続の慣習が強すぎる

それゆえ謎の洗脳を受けたり、勝手に連れ去られたりってリスクが高い

プラスアメリカのように子ども権利を守る法律が充実していないというのが理由なのでは

アメリカだと子供親権は片方じゃなくて共同なので

片方にしか会わせないってのは訴訟起こせるはず

法律に守られてるってのはデカいよな

2017-12-06

https://anond.hatelabo.jp/20171121211414

ツッコミどころ

>夜中の授乳中に、私が子の寝かしつけをしていた時間に書いた

 粉ミルクにすれば授乳も寝かしつけも夫に頼めるのに、まさに「効率化できていない」状況。

睡眠不足ゆっくり食事ができないのは時々愚痴りたくなるけど、だからといって育児が嫌だとか辛いとか思ったことは今のところ一度もない

 愚痴りたくなるのは、嫌だとか辛いとか感じているということ。それを自分で気付けていないのが一番の問題

>夫の、育児タスクといって耐えるしかない辛いものだという昨日の投稿

 そんなことは書かれていない。夫の投稿を要約すれば「育児は難しい」ということで、なぜなら「効率化できる余地が少ないから」。特に「辛いものだ」というのは自分で付け足したもの増田自身が「育児は辛い」と感じていることを表している。

>そんな私の2ヶ月間を否定されたみたいに思えて

 私の2ヶ月間を否定したのは増田自身。夫ではない。

>これ以上夫のことを嫌いになりたくないから、もう育児を語るのはやめてほしいのだけど

 これ地雷増田の言うとおり育児を語るのをやめても、他のことで文句を言われる。なぜなら妻がきちんと育児の辛さを認めておらず、育児イライラを周りにぶつけるような幼稚な人間から。このような幼稚な人間と一緒にいては、夫や子供まで不幸になる。夫としては親権とって早急な離婚おすすめ

>直接言ったら感情的になってしまいそうで、上手く伝えられる気がしない

 そりゃそうでしょう、そもそも八つ当たりなんだから。「忖度しろ」とでも言ったほうがマシ。

これだけツッコミどころが揃っているので、釣りでしょう。みんなの気をひけてよかったですね。

それにしても「小町でやれ」が出ない。

・・・・・

はてぶコメント

赤ちゃんによっては哺乳瓶や粉ミルクNGの子もいるんだけど……というツッコミ待ち

 あーそれは考えてなかった。それはありうるな。

 今回のケースはどうか分かんないから、確かに早とちりかもしれない。

2017-11-16

anond:20170824233717

ブログTwitterなんぞで自己承認を求めてるような母親はたいてい自己中で自分中心だ。

家族子どもの方を見ず、自分を愛してあげることで精一杯。

育児スケープゴートにしているが自分を認めて欲しい、ただのかまってちゃんほとんど。

家族のことより、子どものことより、自分のこと、自分ブログのこと、自分人生のことが最優先。

>えらそうに育児について書いているが、結局自己アピールの一環で書いてるだけ。

50年も生きてきてこんなことしか言えないのか。あんたのほうがよっぽどアレだよ。

例の方は親権捨てたクズだけど、DVから逃げてシングル子供学費、塾代出すためにブログ書いて頑張ってる人が身近にいるから、こういう事を書かれると本当に頭に来る。

あんたも同じくらいクズ

2017-11-12

選択夫婦別姓について特に反対でもないのにイラっとする件

基本的夫婦苗字について一緒にするか別々にするかはどちらでもいいとは思うんだけど。

モヤッとするというかイラっとするのは「別姓の方が進んでいて、良い考え方」という論調

そのうちに「別姓でなければならない」となるんじゃないかという危惧

リベラル的(左派とはもう言わないんだな、)考え方のイライラする点は、「私たちの方が絶対正しい」

という思考回路なんだな。

リベラルは1歩調整すると3歩進んでくるやつらなので、そこんところがいやだ。

追記:匿名からしょうがないけど、なんでコメで高圧的にバカにしてくるのか不思議

あとたった6行の戯言からすごく妄想を膨らませるかたがいて、人間想像力とはすごいなと思った次第。

本題、事実婚じゃだめなの? 自分結婚離婚名字で揉めたわけではない人生いろいろ)>事実婚子供はいない)

結婚事実婚もそんなにかわりはない。(税金の控除がうけられないかな。でもリベラル的考えでは女性を家庭に縛り付ける障壁では?

パートナーガッツリ稼いでいるので控除受けられないけど。)

唯一非嫡出子親権問題あると思うけど、そこはリベラルの人はつつかないの?

追記の追記:朝起きてみてみたらたくさんコメがついていて驚いた。匿名の戯言をぶっ叩くエネルギーはすごいなと。

事実婚については、そんなにかわりはないと書いたが、書き方がよくなかったので訂正する。

相続 年金、等々いろいろ違いはある。我が家はお互いに経済的独立しているので気にならないのかも。

パートナー財産相続は一筆書けばクリアできる。パートナー親族相続は受けられないはず。

事実婚については、行政側も救済策(迂回策?)用意してあってそれを利用すればいいやと思っているので、変わりないと書きました。

最後コメを読むのもつかれるので、これ以上は読まないし追記もないと思います。皆様の勝利です!おめでとうございます

法改正まで頑張ってください!

2017-10-16

結婚っていう制度だけしかないのが問題なんじゃないの?

増田3級の俺が物申すけど「結婚しかいか出生率上がらないんじゃないの?

結婚」だけじゃなくてもっと気軽に子ども作れる制度必要だと思うんだけど。

 

・一生つがいで居続けなければいけない

・別れるなら片方に賠償金要求

離婚ときは基本、男が悪くて親権も不利になる

・愛していても性の不一致で離婚

子ども育ててる間、働けないし勉強できない

 

欠点ありすぎだろ

もう結婚っていう制度自体時代にあってないんじゃないの?

結婚はしたくないけど、子どもは欲しい

こんな声少なくないだろう

選択肢として新しい制度必要時代に来てるんじゃないか

2017-10-02

覆水盆に返らず

すごい作品を作るといっても、

ひっくり返されて、評価を反転される可能性を見せられたら

次の話はこないでしょう。

いか情状酌量余地があっても

親権争いで無理心中する人に子供は預けられません。

あとは、全て個人責任表現活動を行っていき、もう一度同規模の実績を作れればかなぁ

2017-09-20

番手っ取り早い子供貧困対策って

裁判所親権どっちに渡すか選ぶとき経済力重視にして、その結果として女に親権渡すの減らすことだと思うんだけどなんでこれやれないの。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん