「大学受験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大学受験とは

2017-11-21

anond:20171121190347

東京など離れた大学受験させてもらえる

大学受験のために私立中学に通わせて貰える、塾などで教育を受けさせてもらえる

等々の段階で女の子より男の子に金をかけた方が

女に高等教育を受けさせる意味は無いのでは

みたいなどうしようもない男女差別の残る地域がまだまだ日本はいっぱいあるんやで

anond:20171121190347

どうなんだろうね、いくら男女平等が進みつつあるとはいえ、労働市場は男が独占している状況は変わらない。

かに大学受験男女差別が無いけど、卒業後の進路に関しては男が圧倒的に有利だからね。

東大相当の学力のある女でも、東大には行かずにランク下の女子大に行くのはよく聞く話。

それに、「女には競争を勝ち抜く以上のインセンティブ自由恋愛の方にあるからだと思う」と言っても、それは一定レベル以上の美人の話。

ブスは男に選ばれないからこそ、勉強仕事に全力を出さざるを得ない。

しかしブスはブスであるだけで社会から排除されるわけだから、救われない話だよ。

自由恋愛禁止しないと男女平等は実現しないんじゃない?

大学受験って男女差別ないじゃん。男女平等競争だ。

それに大学入試レベル勉強であれば、男女の脳みそ構造が影響するなんてこともないだろ?

それなのに東大医学部といった競争を勝ち抜いた人しか入れないところは男が圧倒的に多い。

これってようするに、女には競争を勝ち抜く以上のインセンティブ自由恋愛の方にあるからだと思うのは俺だけか?

自由恋愛の方が男の成功に乗っかって、自己実現できる可能性が圧倒的に高い。

から競争ストレスに耐えるより、そっちに逃げるってわけだ。

からこそフェアな勝負なのに圧倒的に女が少なくなる。

これは、社会に出ても一緒だ。自由恋愛構造の中では女に逃げ道を作る。それ故に、ストレスの高い競争からは逃げてしまう。

逃げ道がなく本気で勝負してる人間と逃げ道があってあわよくば逃げてやろうってやたらが同じ土俵に上がるなんて無理な話なんだよ。

から、男女が等しく競争に向かう状況を整える必要がある。それが自由から禁止だ。

恋愛禁止して逃げ道が無くなったときはじめて男女平等が実現するんじゃないか

どうよ。

2017-11-18

JKだけど、子ナシ増税賛同する大人犯罪レベル馬鹿だと思う

anond:20171117175858

あんたたち大人はさ「子ナシはお金あるんだから出せよ」でいいと、本気でそう思ってるの?

税金をどう教育福祉に割り当てるのか、そういうものを示さず金だせって言ってるんでしょ?

具体的に増税分で何をするつもりなのかわからないんでしょ?

3歳児未満の保育が拡充するの?保育士給料は上がるの?大学無償化するの?それとも子ども手当出すの?

何するかわからないけれど何か子育て支援するの?それ全部ただの希望的観測だよね。

それで長期的にどれだけ人口を増やすつもりで、そうすると将来予測がどう変わるの?

なーーーーんにもわかんないじゃん。

なのに元増田は「出せ」「はいわかりました」なの?

元増田賛同しているはてなーもそうなの?

そんなのめっちゃバカじゃんw

これが実現したら、次は年収が下げられ、次に独身税高齢者税、それから子ども1人しかいない家庭の増税・・・ってなるよね。

子どものための福祉拡充のために」

というもっともらしい言い分で、実際に何に使われるのかわからないまま増税が進むだけだよ。

国民の働いたお金は、政府が気分で奪い取っていいものなの?なにそれそれこそ犯罪者じゃん


私は子育て費や教育費は増税してでももっと出すべきだと思っているからね。

結婚するのか子供産めるのかもわからないけれど、自分の子ども世代までちゃんとこの国が続いていて欲しいよ。

そのために長期目標を示して議論尽くすべきだって、その上で国民を説得するべきだって言っているんだからね。


てか大学受験を控えた田舎JKなので、本音は早急に大学無償化してほしいよ・・・


勉強に飽きたので勢いで書いちゃった。

センターまであと56日だよ。古典が本気でやばいよ。でも頑張るよ。

大人の皆さんバカっていってごめんねマジ卍!

(追記1)トラバの仕方わかんないっす/やってみた。できたっぽい

(追記2) たしかに、先にJKって書かないと「大人バカ」って言っても意味からなかったね。

今更見てもらえるかわからないけれど、わかりやすいようにタイトル変更。

10人くらいにブックマークしてもらえて、それだけ話を聞いてもらえたってだけでもちょっと嬉しい。ありがとねー

2017-11-15

中学校中退後の軌道修正

卓球平野美宇選手が通ってる高校通信制高校大原学園高等学校)でした。

平日は卓球の特訓をして、土曜日かにスクーリング学校に登校するんだったかな?

学校に通わなくても、卒業資格が取れる高校もあるし、大検を受ければ大学受験もできる。

中学校ドロップアウトでもまだワンアウト。高校大学をいろんなコースを迂回しながら攻略する方法はあるよ。

 

あとその子の親にある程度経済力があるなら、日本学校じゃなくて、インターナショナルスクールに通わせてあげた方がいいと思う。

日本国内にあるインターナショナルスクール外国人の子弟が通う学校)に、日本人も入れる場合がある。

インターナショナルスクールの方が、日本人のような姑息イジメがなくて、オープン環境でのびのびと過ごせると思うよ。

 

同じ理由で、大学もできれば海外留学した方がいいと思う。

お金がなかったり、外国語ができない場合は、日本国内大学でも仕方ないけど、今時できる日本人海外大学に行くからね。

大学世界ランキングでも、東大京大など日本トップ校はレベルが低い。

 

俺なら、とりあえず姪には外国語を学ばせて、将来の選択肢を増やしてあげるのを手伝うと思う。

英語だけじゃなくて、ドイツ語とか、複数外国語をやったらいい。

学校は行かない代わりに、個人事業起業)できるように、何か一芸に秀でていれば大丈夫だと思います

姪は何か特技はないの?(絵がうまいとか、音楽でできるとか)

2017-11-12

眼精疲労が治った話

から2年前、ちょうどコンタクトからメガネに変えた時から、謎の目の疲れに襲われた。

スマホとか画面見て続く目の疲れとはちょっと感じが違うような、そんな感じだった。

朝目を開けて30分ぐらいしてからもう疲れが出る。肩も凝るし、首もカチカチになった。体も緊張していて、どう考えても普通じゃなかった。

最初メガネが合わないのかなと思って、メガネを変えて見たり、眼科でちゃんと度数を合わせてもらったりしたけど全く治らなかった。

ネットでいろいろ調べてみると、「斜位」という言葉が出てきた。試しに片目を隠すと、驚くほど楽に、つまり普通に見えた。

で、無事症状がわかり解決かといえば、そうはいかなかった。

その頃は田舎に住んでいたので、1つしかない眼科に飛び込んだ。老人たちと一緒に1時間ほど待って、診察。

1回目は眼精疲労ですねーとわずが5分の診察で結論付けられ、目薬を処方された。

2回目に行った時は、「片目を隠すと楽に見える」と言うことをちゃんと話した。そしたら何やら斜位チェックみたいなのをしてくれたけど、「もしかしたら疲れで一時的斜位が出てるのかもね」と謎の結論からやっぱり目薬をもらった。

3回目に行って「斜位かもしれないのでちゃんと調べてもらえますか」といったけど、目の乾燥を抑える目薬をもらった。

この頃は大学受験の年だったけど、勉強どころではなかったので、推薦で平均的な大学に行く以外選択肢がなかった。

ただ、東京大学を選んだので、都会で暮らせるようになったので、田舎病院ではダメでも、都会の病院なら治るだろうなと思った。

でも東京眼科でも、やってもらえることは何も変わらなかった。

ほんとうにつらくて、死も考えることもあったけど、ある日どこかのサイトで、眼精疲労解決してくれたという「眼鏡屋」を紹介していた。

その眼鏡屋のサイトを見てみると、詳しくメガネの作り方や、検査方法が書いてあった。単純に度数を測って、Cを見させられるだけでなく、いくつもの検査を重ねて、時間をかけて作ることがわかった。

予約を入れ(メガネを作るのに予約するのも初めてだった)、検査をした結果、斜位だと初めて診断された。

その後、メガネを作ってもらい、やっと普通に過ごせるようになった。本当にこの眼鏡屋さんには感謝している。

同じ眼精疲労を患っていて、眼科に行っても解決しない人がもしこれを見ているなら、一度ちゃんとした眼鏡屋さんに行ってみてほしい。

ちゃんとした眼鏡屋さんはネットサイトもしっかりしてるし、検査の手順も書いてある。レビューなんかも掲載してるところもあり、手間をかけて作ってくれることをアピールしてるはずだ。

あと、自分の思ってることはちゃんとぶつけたほうがいい。実際自分も、この眼鏡屋さんにちょっとまだ疲れがあるとか、合わないとかをどんどん言ったので、検査に2時間ぐらいかかってしまった。

でもそれに眼鏡屋さんも答えてくれて、結果バッチリ眼鏡に仕上がっている。

眼精疲労に悩まされている方、その苦しみは私もとても理解できる。どうか早く治りますように。

優越感に飢えている

優越感に飢えていると感じる。

現代は、正しさよりも勝ち負けを重視する価値観支配している気がする。

自分鬱屈とした大学受験中も、勝ち負けにこだわっている奴らが多かったし今でもそうだろう。

かに、どんなに正しくなくとも世間から許されて好かれれば勝ちだろう。

慶応大学に進学したマナカちゃんは肌が綺麗で尻がデカくて顔もいいから勝ちなのだ

最近ネットを見るとネトウヨと言われる人にマウンティングを取る人が増えている気がする。

正しさの追求なのか、正しさを盾にした優越感を感じ得る行為なのか判断が難しいが自分は少なくともマウンティングである

まぁネトウヨと言われる人が言うことが支離滅裂で、不安になってくるというのがあるから全てが全てであるとは言わない。

ただネトウヨ国歌民族に、そうでない人間の一部は正しさを盾に優越感を感じる。

しかし、こんなことを気にしないのが一番の勝ちであるというのはネトウヨも一部のネトウヨに反発する人間も気づいている。

日頃、何も考えずに飲み食いや仕事をしている美男美女を見たら分かる。

マナカちゃんは、こんなネトウヨに何かを指摘して優越感を感じる必要はない。

美男美女同士でつるめばそれで優越感や肯定感は溢れんばかり得られる。

しかし、自分はそうは行かない。

生きているだけでは、何も得られないどころか容姿により優越感や肯定感は得られず精神は抉り取られる。

容姿が良くなった時に増えた時に勝ち負けではなく、正しさを追求できる気がする。

2017-11-08

https://anond.hatelabo.jp/20171108000955

こんにちはマンション管理業に従事する者です。

まずは、毎日勉強お疲れ様です。

大学受験の成否がこの先のライフプランに大きく影響する、ここで人生が決まってしまうかもしれない、という不安は、人を想像以上に痛めつけます。

そして誰よりもサポートしてくれるはずの親が、そんな大切な局面を迎えた実の子である自分差し置いて、隣の部屋でうるさく泣きわめく赤ん坊を庇うような言動をしたことは、若い心を傷つけたでしょう。まずはご自分を労ってくださいね

さて、以降は読んでも読まなくても構いません。

本文を読む限り、増田さんの「大家さんに窮状を訴える」という解決策は親御さんに取り下げられてしまったようです。

しか経験上、大家さんあるいは管理組合から委託を受けたマンション管理業者隣家騒音について訴えても、事態が打開されることはほとんどありません。

騒音の原因となる人は、往々にして言葉による交渉が難しいからです。

今回の赤ちゃん夜泣きについてもそうです。赤ちゃんが肉親にも制御不能の生き物である以上、どのような立場からしても、根本解決に至ることは至難と言えるでしょう。

子供を守るべき大人の一人として、大変申し訳なく思いますが、耳栓を買い、図書館自習室に入り浸り、イヤマフを付け眠る夜に慣れて数ヶ月を耐え忍ぶほかには、有効な策を思いつくことができません。

あなたを守れるのは、あなたをおいて他にいません。大変悔しいこととは思いますが、自身で行動することが現状を抜け出す鍵になるかもしれません。親御さんに今の気持ちを素直に伝えることも、あなたの助けになると思います

増田さんが受験において最大限の力を発揮できるよう、祈っています

2017-11-01

anond:20171031213801

似たような親を持っていたので。

増田は今は勉強に集中するべき。自分で書いているように、もし大学受験に失敗したら状況はさら悪化する。志望校レベルを落としてもいい(父親が納得する範囲で、になるだろうけど)。できたら遠くの大学へ。大学に入ったら全力で逃げよう。

今の段階では、父親には、「勉強に集中させて」とひたすら伝える。「1,2時間正座」してたら勉強にならないでしょ、と。怒鳴られてる暇があったら勉強したいから、と。父親が納得する理屈をつくって、なるべく冷静に説得する。

さらにできる限り父親と顔を合わせないようにする。学校図書館予備校自習室公立図書館カフェマック。なんでもいいから、そちらの方が集中できるといって、外で勉強してから家に帰ろう。家には寝に帰るだけにする。それでも絡んできたら、「寝不足になったら勉強できない」と伝えて、寝よう。

相手が殴ることをやめさせることはできない。でもだからといって相手の拳が届く範囲に居続けなければならないわけではない。殴られ続けなければならないわけではない。

増田父親は強い学歴コンプレックスがありそう。本人はいいことをしてると思っているので、ただ「やめて」と言っても状況は悪化する。おそらく安易第三者を介入させると、火に油を注ぐことになるだろう。そうすると、増田受験どころではなくなり、成果を上げられず浪人して、と悪いスパイラルに入ってしま可能性がある。今はひたすら自分を守りながら勉強を頑張って、逃げてほしい。

増田の状況は詳しくわからないので無責任アドヴァイスになるけど、なんか昔の自分のことを思い出したので書いた。

https://anond.hatelabo.jp/20171031213801

異常だって切り捨ててる人が多いが

大学費用の工面で親が苦労してて

そのストレスが小言に繋がってるんじゃないの?

子供大学受験の時期って、

世代受験・進学費用の工面も大変だし

自分の親の病気入院介護も佳境に差し掛かるわで

家庭運営がとんでもないことになってるケースも多い

子供にはそんなことになってるとはリアルタイムでは言わない)

自分大学受験の頃は家庭が異常で

毎晩自分の部屋に母親が来て2時間愚痴をたれ流していたんだが

から聞いたら、祖母の在宅介護ハードな上に父親浮気してるという異常事態だった

さらに、自分私大進学志望だったので金も必要

あの時、自分が話を聞いていなかったら離婚していたそうだ

anond:20171031213801

わかる。私も大学受験してたころ思い出したよ。とりあえず今は進路ちゃんと決めてそれに向かって勉強しようね。大学入ったらこっちのもんよ。

2017-10-31

18歳にもなって毎晩父に怒られている

私の大学受験が近いことで父が苛立っていて、ろくに勉強をしていないとかだらしがないとか態度が悪いとかいうことで毎晩毎晩怒られている。

勉強が足りていないのと怠惰なのはその通りで、自立・自律できていない私にももちろん多大な非があるのだけれど、態度への叱責に関してはすごく不当に感じる。ただいまの声が暗かったとか、口数が少ないとか、話しかけても勉強中なのをいいことに目を合わせようとしなかったとか、そういうちょっとたことで烈火のごとく怒る。突然怒鳴りだし、物を投げ、扇風機のような大きなものを引き倒したり、丸め新聞ゴキブリのように何度も私を叩いたりする。

怒っているときの父は完全に目がヤバくなっていて、抗議の声を上げれば大きな吼え声で遮られることもある。おまえはどうしていつもそうなんだ、どうしてどうしてどうしてと問い詰められ、なんと言えば許してもらえるのかわからないまま1時間や2時間にわたって正座させられる。ほとんど毎日

(ただしそれでも、怪我が残るような暴力に限ってはほとんど振るわれたことがない。愛と理性だ……。)

私の態度に対する父の過剰な反応からは、わが子に不当に嫌われ蔑まれているという被害妄想のようなものが感じられる。決してそんなことはないのに。ただ父は干渉が過剰で、私の勉強中に頻繁に様子を見に部屋に立ち入るなどするので、それに対してつい鬱陶しそうなそぶりをしてしまうのがいけないのかもしれない。

現在のように父が怒るようになったのは、私が小学校4年生で中学受験勉強を始めたとき最初だ。あのとき子どもが思うように勉強しないことへのもどかしさや焦りで気が立っていたのかもしれない。ごめんなさい。当時の記憶として、私が壁沿いに尻もちをついて怯えていて、父がヤバい形相で新聞を振り上げていて、母がおとうさんやめてと叫んでいる…… というような情景がおぼろげに残っている。

私が無事に中高一貫校合格すると父の叱責の頻度は減り、5年間を比較的穏やかに過ごしたが、最近また大学受験を期に関係悪化してきた。これまではウワーと怒鳴られても反抗的淡々と言い返すことが多かったが、最近は手を上げられる前から簡単に泣いてしまうようになった。精神が変になっているのかもしれない。泣けばうまく話せないし、相手ますます苛立たせてしまう。それに何より見苦しい。非常によくない。

不思議なのは、叱責のきっかけや内容、直後の悔しかった気持ちを、時間が経つとほとんど思い出せなくなってしまうことだ。だいたい怒られた30分後には何事もなかったかのようにケロッとしている。家での叱責以外で会話の内容を忘れるなんてことはないし、どちらかといえば過去感情はねちっこく反芻するタイプなので、多分怒られすぎてどうにかなっているのだろう。

中学受験ときと一緒で、きっと大学受験が済めば父は多少穏やかになるのだと思う。ただあと3,4か月耐えなければいけないと思うと家に帰るのがツラい。今年に入ってから母が祖母介護のために家を空けていて、帰ったら父とふたりきりなのだからなおさらだ。それにもし浪人すれば追加であと12か月、今よりもますますヒートアップするに違いない。

(たまに母が帰ってくると私の教育方針のことで父との怒鳴り合いが始まる。私がかわいげもなく怠惰穀潰しであるせいで家庭がおかしくなっている。申し訳ない……。)

家庭事情友達と比べることなんてないので、自分の家がどのくらい異常なのかわからない。ツラいことにはツラいけれど死ぬほどツラいわけではない。親子なんて案外これくらいが普通なのかもしれない。スクールカウンセラー相談に行こうかとも思うけれど、この程度のことで手をわずらわせていいのかわからない。

2017-10-29

anond:20171029135541

芸能人大学受験最近話題になりましたね。ただ、これから研究する人が増えるかというと難しいかもしれないです。他の欲はもはや満たされたと思う人も少ないでしょう。また、学問でも労力を使いますし、娯楽が目と鼻の先にごまんとありますから。例えば社会人講義だとか学術書ではない入門書だとかテレビメディアでいうとクイズ番組検証番組など、学問と娯楽のあいのものはまだまだ増えるかもしれませんね。あとは余生の嗜みとして。

娯楽が形と色を変えたくらいのパターンの繰り返しであれば、学問はそうはいきませんので、そういう点でこれからも発展していくと思っています

https://anond.hatelabo.jp/20171029101444

病弱で研究者の道を断たれた伊藤和夫駿台英語科に降りてきて、大学受験英語歴史が塗り替わったみたいな話だ。

2017-10-25

anond:20171024205956

KADOKAWA運営するN高等学校がその思想学校だよ。通いの学校など不要通信制高校卒業資格だけ取って、あとは好きなことを好きなだけしろって高校

課外授業がクッソ充実してて、N予備校ってサービス本来なら東進なんか月額数万取られる大学受験向け配信授業やプログラミング授業なんかがタダで受けられる。

通信制高校は今までネガティブ理由で選ばれる高校が多かったけど、N高等学校はやりたいことのためにポジティブ理由で選ぶべきタイプの新しい通信制高校

実際に生徒の一日とかを見てみると、普通高校なんか通うより数倍濃密な経験してるように思うよ。 https://nnn.ed.jp/net_course/oneday/

もし通いの普通高校無駄だと思うなら選ぶ価値あると思うよ。学費も実質年間10万で安い。

2017-10-23

英語力をつけるために本当に必要なこと

僕は英語ができない人間だった。

高校の成績も常に赤点で、1年生のときに"第1文型"という言葉が出てきた瞬間に、「あ、これは俺にはできない類の科目だ」と思った。

そもそも暗記が苦手だったし、英語自体に興味もなかった。

高校の時、このままじゃやばいなと思った。けど特に何もしなかった。

学校団体受検で受けたTOEICも300点代。何も得るものはなかった。

大学受験は失敗し、僕はニートになった。毎日のようにネトゲ時間を食いつぶし、他の奴らと煽り煽られる日々。親は僕を腫れ物のように扱った。

ニート時代

ネトゲにも飽きた頃、Dota2というゲームを見つけた。当時はまだ日本人プレイヤーはあまり多くなく、それなりにゲームに詳しい人間しかやっていなかった。

RPGストラテジータワーディフェンスゲームを組み合わせたようなゲームで、課金要素が増えたネトゲ界隈に嫌気が差していた僕に一筋の光を与えた。

しか現実(パソコンの画面だけど)は甘くない。待っていたのはnoob(初心者雑魚プレイヤーのこと)を狩る連中、煽る連中ばかりだった。口の悪さは日本人の比ではない。

当時英語がてんでダメな僕はあまり何を言っているかからなかった。が、なんとなく悪口を言っているのだろうと思い、次第にGoogleを使って必死に調べた悪口を言い返すようになった。

煽りに顔を真っ赤にして言い返してる当時の僕は、少しずつ英語悪口の引き出しが増えていった。

英語悪口がわかると、ある程度会話が成立するようになってくる。I have a penくらいの英語はわかっていたので、簡単な会話はできた。

初めて外国人の友だちができた。ネトゲで。嬉しかった。

外人とのコミュニケーション

そのうちSkypeでも通話しながら遊ぶようになるが、ここでまた大きな壁ができた。聞き取れないのだ。

僕は意味がわからないので無視し続け、友達を怒らせてしまった。僕はつたない英語で謝った。彼とは今でも親友だ。

そうして友達と話すようになってからは少しずつ日常会話もできるようになった。日々英語を覚えることに喜びをおぼえた。単純に楽しかった。

この頃、外国人友達からクラン(ギルドとかみたいな感じ)のメンバーで遊ぶから来ないか?と誘われた。

不安はあったが、みんな良いやつらだったのでカナダへ行くことにした。一週間程度の滞在だった。

現地でもコミュニケーションには色々手間取ったが、初めての海外、初めての1人旅行大雪に見舞われ初めての空港泊。お金の工面も含めて全部自分でやりきった。

帰国後の変化

その後、帰国してから受けたTOEICは600点を超えていた。

何もやっていないのに何故?と思ったが、思えば今までやってきたことはある意味学校勉強とは比べ物にならない時間を掛けて英語勉強してきたのだった。

僕は英語ができない人間ではなかったのだ。できないと決めつけているだけのただの弱虫だった。

僕はちゃんと英語勉強しようと思った。

ニートをやめた。社会人になって自分ができることを世の中に広めたいと思った。

今は勉強しないでもTOEICは900点を超えるようになり、人に英語を教えることもできるようになった。

でも学校の授業みたいな教え方はしない。僕がゲームで学んだことを人に伝えている。

何故日本人英語が話せないのか

理由はそんなに難しくない

必要がないか

英語必要な、興味を持てることがないか

・話す機会がないか

時間がないか

大体こんなところだ。色んな理由を思いつく人もいるだろうが、大体はこの4つに帰結する。

必要がないけどやりたいなーと思ってるだけでは人は動かない。明確な目標必要だ。

興味が持てないことに人は動機を持つことはできない。ガリ勉でやってもそのうち目標を見失うだろう。そういう人は話せるようにならない。

話す機会がないのは苦しい言い訳だと思う。世の中Hellotalkとか探せばいろんなものが見つかる。

時間がないは仕方ない部分もあるけど優先度の問題だと思う。自分が大切だと思うことには時間を注げる。それができないってことは、英語あなたには必要ないってことだ。

失敗を恐れるのもだめだ。人は失敗しないと学習できない生き物だから。愚直にやって失敗することが結果的に一番印象強く、人の記憶に強く残る。

まずは理屈よりも、失敗してもいいからやってみることが大事だ。やって後悔するよりやらないで後悔するほうがいい。何が自分にあわなかったかがわかる。

結論

効率がいい方法を探す暇があったら自分のやりたいようにやってみればいい。趣味領域に"効率"だとか"誰でもできる"なんて言葉甘い罠しかない。

何度もやって何度も失敗して、それを繰り返すことで初めて自分にあった方法がわかってくる。

白人の嫁と籍を入れたので今まで日本人で「英語ができるようになりたいけどできないです」と僕に言ってきた人たちに対してこっそり思ってきたことを書きました。

長文失礼しました。

2017-10-20

ツインテールJkかわいい子なんかいなかったぞ

かわいい子は、みんなポニテだったぞ

ツインテールなんてのは小学生までだぞ

小学生から大学受験生まで相手にする塾講師が言うんだから間違いないぞ

2017-10-05

中学高校時代に輝いていた友人に会うのがつらい

中学受験をして入った進学校出会ったあいつは輝いていた。

自分にはない精神的な芯と根性がありぶれない奴だと思い、いろいろといけてなかった自分には輝いてみえた。

そいつ趣味に引き込まれ、中高時代に一番仲が良かった。

子供なりにそいつ尊敬していた。

大学受験の時に、中学受験トラウマで勉学から逃げていた俺は一大決意をして、寝ている時以外は勉強して浪人して横綱に進学した。

そして、いろいろ成功と失敗もあったが、社会的成功して、家庭にも恵まれている。

そいつは、いろいろ理由を語りながら全く勉強しないで受験して、自頭の良さだけで現役でMARCHに進学した。

早慶に進学しても同情されるうちの高校からMARCHに行くなんて、毎年数人しかいない。

コンプレックスからか、この頃から実情が伴わない語りが目に付くようになった。

勉学も部活サークル中途半端に過ごし、就職活動も手抜きでイマイチ業界就職し、この業界のし上がると本人は語るも、すぐに根をあげて、上司と揉めて、辞めていった。

その後も、働いてはトラブり、負のスパイラルに入っている。

そんなあいつに会うのがつらい。

コンプレックスを歪んだ内容の語りで誤魔化すな。

合法の国で大麻を試した話をして俺がどう思うかも分からないのか。

辞める時にお前が殴った上司は、お前の話を聞く限り悪くない上司だぞ。

別な職場相手しょうもない裁判をするな。

だが何より、思い出の中のお前を汚すな。

から、他の同級生みたいに、普通に中高の昔話をしようぜ。

今、初めてお前に会ったら、社会経験から救いようがない駄目な奴と判断全然相手にしないぜ。

もう辛いからお前とは会わないことにする。

たぶんお前は安い酒で体を壊したり、薬に走ったりして、風呂もついてない安アパートで先に死ぬんだろうな。

してくれる親戚がいないなら俺が葬式に出す。だから、それまで会えない。

それまで、さようなら

2017-10-02

塾を無断欠席した

映像授業の予備校を無断欠席しました。今年高3の大学受験生です。

受験準備の為に春から通い始めた予備校を、夏休みが始まる7月から10月まで無断で休んでしまいました。

僕は親しくない人と話すことに苦痛を感じる内向的性格です。そんな僕が受講毎にアドバイスを受ける義務がある形態予備校を選んでしまったのがミスだったのかもしれません。チューター質問をしても解説が分かりづらかったり、問題理解していなかったりすることがよくあり、わざわざ人と話すストレス胃潰瘍になったり帰宅ラッシュ満員電車に乗ってまで通う意味があるのか少し考えてしまい、次第に足が遠のきました。

何度か電話を貰いましたが怖くて出れずにいるうちに段々申し訳なさと自分社会性のなさ、不甲斐なさに嫌気がさし、恥ずかしく今までどうしても足が動かずにいます

親も僕が欠席している事は薄々気付いているようですがなにも言わずに見守ってくれています。そんな中恥ずかしいからという自分可愛さで予備校へ連絡できない自分がほんとうに情けないです。

勉強については浪人できないので夏から自宅でこつこつこなしていますが、やはりこれからの時期の勉強自習では難しいものがあると思い、塾に復帰したいと感じています

やるべき事は電話をしてしっかり謝罪をし、これから欠かさず予備校へ通い、大学合格する事と分かっていますが、勇気が出ず胃が痛いです。俺はほんとにどうしようもない

2017-09-29

今まで頑張れなかった自分

大学受験を控えた高校3年生です。

からコンピュータインターネットを使っている(コードは書けませんが…)ので電気通信大への進学を希望しています

私は成績が下の方で、この前の進研記述模試でも全国偏差値が60なのに校内偏差値ではたったの43です。

センターもようやく7割を取れるようになってきたような具合で良いとはまだ言えません。

なので、センター試験まで残り100日を切ろうとしている今、ものすごく勉強をしなければいけないのですが、全く取り組めていません…

うちは中高一貫自称進学校なので、3年生になってからは周囲の人間が皆すごい勢いで勉強をしています

しかし、私は「勉強」が中々上手くできず、どの教科も集中が続かず30分程度で終了してしまます

環境を変えようと家ではなく塾の自習室に行って勉強しようとするも、同様です。


周りの人間が頑張っているのに自分だけ頑張れていない。


思えば中学受験の時も、直前で自分勉強のできなさに自暴自棄になって塾をサボるようになってしまい、今の学校以外ほぼ全落状態になっていました。

今になってその体験トラウマのように思い出されます

実際、5月から月に数回、学校に行くのが嫌になり学校を無断で休んでしまっています

私は、今まで頑張ってこれなかったことを引きずって、これからも頑張ることができないのでしょうか。

2017-09-23

あさひなぐ』のモデルとなったのは私の母校の薙刀

■この記事テーマ:私の母校の薙刀部が漫画モデルになった事実を基に、運動部漫画現実運動部の違い、運動部光と影についてを書いた。

(文化部にも言えることとは思う)

その1:部員飲酒

その2:部活活動時間・日数(あくまでも一般論として親のサポート部活熱心な顧問実態についても書いた)

■書いた目的:小中高校生とその保護者に「部活選びは将来の進路のことも見据えて慎重に考えて欲しい」と伝えるため

====================================================

今年2017年舞台化、映画化された漫画あさひなぐ』の薙刀部のモデルとなったのは私の出身高校薙刀部だ。

私は『あさひなぐ』を読んでない(観てない)けど、ネットであらすじを読む限りは爽やかで熱い運動部漫画という印象を受けた。

野球にせよサッカーにせよ何にせよ運動部漫画は、運動部きれいな部分しか見せない。

飲酒について

時々ニュースになる先輩から後輩への暴力指導者から生徒への暴力(いわゆる体罰)、生徒の飲酒喫煙などはまず扱われない。

母校の薙刀部も例外ではない。

私は薙刀部ではなかったけど薙刀部員の知り合いはいた。

ちなみに私が通っていたのは2000年代である

先輩後輩間の暴力顧問OG体罰というのは聞いたことはないが、薙刀所属の生徒複数人高校生(未成年)のうちに飲酒していた(喫煙は聞いたことがないし見たこともないが)。

私が知っているのは学校行事打ち上げ(夕食会)のことであり部活関係飲酒があったかは知らない。

しかし時・所が部活とは関係なくても未成年飲酒犯罪だ(軽犯罪だが)。

私も含めて先生にちくる人が誰もいなかったか彼女達は退学や停学にもならないどころか部活引退まで続けていられた。

彼女達が飲酒していた証拠はない。少なくとも私は持っていない。

私は母校の薙刀部もしくは母校全般を貶めるためにこれを書いたのでは全くない。同様に『あさひなぐ』という作品とその関係者を貶める意図も全くない。

部活を頑張っている高校生(未成年)が裏で飲酒喫煙いじめや後輩への暴行をしているというのは、特定学校特定部活に限った話ではない」ということを言いたかたから書いたのだ。

部活活動時間活動日数について

部活活動時間の長さ、活動日数の多さについても、部活漫画で触れられることはほとんどないと思われる。

(ちゃんと調べたことはないが)

多くの教師Twitterなどで発言したり、マスコミ報道するようになって段々有名にはなってきたけど、今の部活活動時間はとにかく長いし、活動日数も多い。

私の在学中の薙刀部も例外ではなかった。

薙刀部はとにかくたくさん練習しているみたいだった。

平日4日~5日は普通に活動していたと思う。

土日も練習試合があったと思う。

土日のどちらか1日は休みだったのか、土日両日が部活だったのかまでは知らない。

夏休み冬休み春休み普通に部活があったと思う。

さすがにお盆正月休みはあったと思うけど。

先生にも親戚付き合いはあるだろうし。

正直なところ、大学進学を目指すならこういう部活勉強を両立させるのはすごく大変だ。

両立して、学年トップクラスの成績を維持するような生徒もいたが稀な存在だった。

薙刀部の部員ではなかったけど、同じぐらい忙しい部活に入っていて、勉強試験1週間前から慌てて始める生徒達も高校にいた。

そういう生徒はさほど珍しい存在ではなかった。

あさひなぐ』に限らず部活を扱った漫画等の影響でその部活をやりたがる小中高校生は多いだろう。

それ自体は悪いことではないけど、自分卒業後(または将来)どうしたいのか(具体的に言うとどんな職業に就きたいか高校受験大学受験場合はどんな学校に行きたいか)きちんと考えて、親ともよく相談して入部するか否かを決めて欲しい。

部活って、一度入ると辞めたくなっても辞めづらいので。

そうして悩んでいる間に勉強が疎かになって行きたい高校大学に受かりにくくなってしまったら、時間無駄なんじゃないかなと思う。

AO入試またはスポーツ推薦入学という手段もあるので、卒業さえすれば勉強できなくてもいいかもしれない(極論だが)。

私は今の入試のことは何も知らないので、入試のことも含めて親と相談してから入部を決めて欲しい。

■親のサポートについて

話は逸れるが親(ほとんどの場合母親)も子ども運動部に入ると、朝練や土日の練習に間に合うようにお弁当作ったり、ユニフォーム洗濯したり、部費を支払ったり、大会の送迎・応援に行ったりと、子ども部活関係仕事が増える。

(文化部でも吹奏楽部合唱部みたいな忙しい部活だと同上)

そういう意味でも生徒の皆さんは忙しい部活に入る場合は必ず親(ほとんどの場合母親)に相談して理解を得てから入部して欲しい。

母親が外で働いていようが専業主婦だろうが、母親にも母親人生がある。

大抵の親は子どものやりたい事をサポートしてくれるものだが、だからといって甘えないように(既に理解していたらお小言すみません)。

親にとって部活関係仕事が大きな負担で、やりたくてもできないケースもあるのだから

部活顧問について

どこの部活顧問かは書かないけど、部活教師という職業やりがいになっているかのような顧問は何人かいた。

そういう先生方は生徒・学生時代からその部活をしていて、部活顧問になりたくて教師になった様子だった。

うち2人は体育教師

母校に限らず、体育教師には部活顧問になりたくて教師になった(体育大学に入った)人が全国的に多いんじゃないかと思う。

近年ネットでもそういう体育教師がいるって話を読んだことがある。

いや、体育以外の教師にも特定部活顧問になりたくて教師になった方もいるようだが。

しかし、国語数学英語なら入試に関わるから生徒や保護者から分かりやすい授業や学力向上や進学実績を求められるけど、体育は違う。

体育大学の志望者以外には、受験指導も進学実績も関係ない。

母校で体育大学の志望者は珍しかった。

小学校ならまだしも、高校ともなれば生徒本人も運動ができない事を改善しようとしなくなるし(少なくとも私の目にはそう見えた)、保護者もそういう要望体育教師にはしない。

部活以外の生徒及び保護者からあれこれ言われないから、部活顧問に力を入れるなら教科は体育(もしくは音感技術家庭など実技全般)が適任なんだろう。

薙刀部以外にも薙刀部並に活動日数が多い部活は何個かあった。

母校以外の高校中学でもそういう部活は何個かあるだろう。

そういう部活顧問は、部活生き甲斐にするタイプであることが多いだろう。

(部活にあまり興味ないけど保護者や生徒の要望活動日数を増やしているケースもあるだろうが)

先生にとって部活生き甲斐なら土日や夏休み練習でも平気、それどころか嬉しいのだろうけど

活動日数や長時間練習負担になり苦悩する生徒もいるし、子ども部活サポートするのを負担に思う親もいる。

そういう生徒や保護者は珍しくはない。

私は『あさひなぐ』のモデルとなった薙刀部を(部員ではなかったが、同じ学校に在学して)知っている。

からこそ漫画で描かれる運動部と、現実運動部の違いを(運動部光と影と言ってもいいが)、小中高校生に知って欲しい。

母校の薙刀部に限らず、運動部文化部を問わず部活に入る前は活動日数や時間の長さ、先輩達が飲酒喫煙暴力に手を染めていないか先生パワハラ(体罰含む)を可能な限り調べて欲しい(生徒だけでなく保護者も)。

入部する前に親子でよく話し合って欲しい。

個人的には部活をする学校生活は良い物だと思うし、本人にやる気があって部活に打ち込む中高生を悪くは思わない。

しか卒業後の人生の方が長い。

部活勉強が疎かになり受験就職試験に落ちたら、その人にとって部活弊害だったと言わざるを得ない。

すぐには答えが出ないことだが、中高生のうちに「自分は将来何になりたいのか、どんな人生を送りたいのか」をよく考えて欲しい。

将来の目標卒業後の進路に、特定部活必要なのかよく考えて、親ともよく相談して欲しい。

部活でやった事を将来の仕事(スポーツ選手演奏家など)にできる人は少ない。

それでも部活をやる意味はあると個人的には思う。

しかし、部活をやることで勉強が疎かになったり、健康を損ねること(多すぎる練習飲酒喫煙などで)になるんだったら、その部活には入らない(続けない)方がいいと個人的には思う。

繰り返しになるが、私は母校の薙刀部もしくは母校全\般を貶めるためにこれを書いたのでは全くない。同様に『あさひなぐ』という作品とその関係者を貶める意図も全くない。

多くの漫画では描かれることがない「部活実態」を伝えることで、小中高校生とその保護者に後悔のない選択をして欲しいと思い書いた。

(『忙しい部活に入るな』って意味ではありません。プロ野球選手になりたい少年には野球部必要であるように、部活子どもの将来に必要なら是非入部して欲しいと個人的には思っています)

なお、母校の名前は書かないでおく。

今の薙刀部のことは全く知らないし、現役の生徒達がかわいそうなので。

都立校、とだけは明かしておく。

学校公式サイト薙刀部のページにも『あさひなぐ』の薙刀部のモデルはウチだという主旨のことが書かれているし、検索すればすぐに分かりますよ。

2017-09-21

教授になります

教授になることが内定しました。

数多くの挫折感と戦友の屍をなんとか諦めずに乗り越えてきた。

望んだことでありガチ教授選に勝ってのことなので嬉しいといえば嬉しい。赴任先の大学レベル環境待遇文句ない。

教育学内業務もやりきろうと思う。

でも、研究に対する今後のスタンスに戸惑いがある。

院生ポスドクの時は単に研究知的に興奮できれば良かった。

でも、ある時に偉くなる努力から逃げてはいけない、さもなくば研究をすることさえできなくなると気付き、それほど面白くない研究でもポジション取りにつながるならとやってきた。

自分の中の研究に対する気持ちを抑えて、仕事として研究をしてきた。

でも、もう自分気持ちに嘘をついて研究テーマを選ぶ必要はなくなる。

今のような世間評価という名の受け狙いの研究方針は止めるべきだ。

いつまでも大学受験を語る東大生のようなことはしてはいけない。

ではポジション取りやnatureノーベル賞といった外的評価に影響を受けない本当に価値がある研究とは何か?

そして、心から面白いと思うものへと走る心を取り戻さないといけない。

面白いことをするだけでなく、面白いと思うことさえトレーニング必要とする。

この十年は自分気持ちに嘘をついて、面白いと思うスキルが鈍ってしまった。

幸いに比較的早く教授になれたので、心はまた希望に満ちている。

これからリハビシして本当の知的冒険に行こう。

2017-09-13

生活保護ケースワーカーもっと評価されるべき

地方市役所ケースワーカーをしていました。今年移動し福祉とは無縁の仕事をしています

生活保護ケースワーカーは、皆さまご存知と思うが生活保護受給されている方の総合的な支援を行うもの

厚生労働省基準ではケースワーカー一人当たりの担当数は80世帯までとされているが、実際は100世帯以上を担当している。

適正な支援を行うには生活保護法は勿論、健康保険法や税務関係、果ては不動産関係知識も頭に入れておかなければならない。つまり日本にある様々な制度をだいたい網羅する必要がある。

100世帯以上も担当しているとイレギュラーな事が毎日起こる。お亡くなりになられたり、警察逮捕されたり、入院していた病院から脱走したり。その都度ケースワーカーは呼び出しをくらうため丸一日役所にいないことも珍しくはない。また、事務作業も膨大であるため、他の役所部署よりも残業時間は多い。

例えば、11時に呼び出され17時に帰庁、帰庁後に事務作業を行うといった感じ。

まあ仕事量が沢山あったり呼び出しをくらうのは何も苦痛ではない。

私はケースワーカーという仕事の辛さは以下にあると考える。

被保護者との関係

はじめにいっておくが、被保護者の大半は生活保護が本当に必要受給している人だと思う。そういう方は来庁時も非常に腰が低く、市民税金暮らしている意識を持ち日々節制して生活をされている。

問題は一部の被保護者

自宅特定だけはやめてくれ。自宅特定して休日に自宅近くで酒飲んでうろうろするのもやめてくれ。

掲示板SNSに⚪︎⚪︎市役所生活保護課の田中(仮名)と書いて誹謗中傷するのやめてくれ。

収入申告の依頼をしても応じてくれず、訪問もかたくなに断る。翌年度の課税調査で稼働収入が発覚したか生活保護法78条返還(悪意ある保護費の詐取に対して返還を求める手続き)を求めたら、市議会議員にあることないこと言ってことを大きくするのやめてくれ。

毎日来庁なり電話暴言を吐くのはやめてくれ。業務が滞るし、なにより毎日毎日暴言吐かれたらこっちも辛いよ。

保護支給からわずか3日足らずで全部費消し役所に来てまた金くれよっていうのやめてくれ。魔法ATMでもなんでもないのよ役所は。それで貰えないとわかると暴れるのやめてほしい。

②様々な関係者との関係

ケースワーカーは様々な関係機関と関わる仕事不動産会社介護施設更生施設NPO団体医療機関など。

関係機関職員なかには素晴らしい方も沢山いると思う。

ただ、私はそういう人となかなか巡り会えていない。むしろ被保護者との関係よりこちらのが厄介で面倒臭い

ケースワーカーあくま被保護者を取り巻く支援員のひとり。決して被保護者の親でも娘でも便利屋でもない。これを関係機関人間には分かって頂きたい。

被保護者が自宅でお亡くなりになられた時に「ケースワーカーさん、部屋のなか入って鍵とってきてくんない?あ、結構腐敗すすんでて特殊清掃必要からお金よろしくー」っていう大家、本当なんなの。特殊清掃の金は役所から出せねえよ。

精神科入院中の被保護者病院で暴れたため「すぐに来て暴れてるのを取り押さえて」と呼び出され伺ったところ。「ケースワーカーさん、なんでうちの病院なんか入れたの?!もううちには置いておけないから!てか、転院先はもう見つかってるんだよね?は?見つかってない?!きちんと普段仕事してます?怠けたりしてません?」っていう医療関係者。いやいや、つい10分前に連絡があって役所から走ってきたんだけど転院先なんて見つけてきてるわけないじゃん...

団体施設に入所している被保護者が月の途中で失踪したため失踪日以降の施設利用料を返還してほしいと某NPOに連絡したところ「返せません、被保護者から取り立ててください」って...えぇ...

胡散臭い団体だなと思っていたが、ここまでとは。貧困ビジネスを目の当たりにした。てか被保護者失踪して居場所わからんのにどうやって返還してもらえと?

その後、その某団体とやりとりをする機会があったが終始嫌味口調。感じ悪いからもう二度と使いたくないけど、そこ以外あんまないんだよな。

まだまだあるがこれくらいにしておく。

一般的役所内ではケースワーカーは不人気部署。当たり前か。

から異動の権限を出せない新人が多く配属される。しかもそのほとんど、いや全部と言っても良いかもしれない、は福祉採用ではなく一般行政採用で入庁した方ばかり。

当然福祉知識なんて一切ない。しかも近年入庁してくる新人大学受験偏差値でいうと65以上の大学卒業してきた優秀な人間ばかりだ。

当然、貧困とは無縁の生活をおくってきただろう。彼らに福祉知識は無いに等しいし、生活受給者気持ちはこれっぽっちも分からないだろう。本当はケースワーカーなんかやりたくなかったって心の底では常に考えてると思う。

ただ、彼らは知識はないながらも真面目に

しっかり仕事をしている。ベテラン職員(?)となった私から見てもあっぱれする程に。

生活保護課にいた時、入庁してきた右も左も分からない新人被保護者に何時間罵倒されてたり、関係機関職員に嫌味を言われ詰められてきたのを何回も見ていた。それでもめげずに、怒らずに、笑顔対応したりしているのを見ると何か込み上げてくるものがある。本当に良くやってるなと感じる。

しかケースワーカー評価世間一般では「所詮公務員ぬるま湯だろ」程度。

確かに民間企業も大変だと思うが、それとはまだ違った大変さがケースワーカーにはある。

生活保護ケースワーカーもっと評価されるべきだと思う。


2017-08-25

最終学歴で何を買うのか

高校三年生の甥っ子が「進路めんどい」とうだうだしていた。「大学受験はかったるい」「専門学校でいっか」「とにかくどこでもいいから行け行け担任も親もうるさくて」。

なんでも聞いてくれるというお墨付きをいただいた私は傾聴に努めるけれど、心はふんわりと自分の中へと潜り込む。

自分高校時代を思い返してみると確かに、あの頃は何をしたいかなんてさっぱりわからなかった。

姉(甥っ子の母)が優秀だったので何一つ問題なく高学歴ルートに入るのをなんとなく劣等感にまみれた目で見ていた。

周囲の目を気にしながらも、あの時なりにつくった理由(将来の夢?)を足かせに大学受験をしたことを覚えている。

妹は私よりずいぶんとハッキリとした夢を描いて一年専門学校へ進学した。

弟は目的がなかったことと経済的余裕がないことを理由高校卒業後働いた。

から大学専門学校という最終学歴を持つこと、そして最終学歴高校とすることのそれぞれの結果を家族内で見たことになる。

単にあるひとつのケースとして、だけれど。

大学公立だったため学費私立比較すればかからなかったほうで、留年もせず卒業した私はその後一般企業に勤め、あまりブラックさにうつ病発症して退職現在専業主婦。病も軽度の時に救われたため、現在幸せと言える。

妹は専門学校進学のために奨学金を借り、卒業狭き門だった夢はそうそうに諦めてフリーターを続けるも奨学金返済が間に合わず実家に戻り、現在実家自営業を手伝う。彼女彼女なりの幸せ模索しているみたい。

弟は飲食業バイトを続けたのちに同社の社員に昇格、その後独立して自分の店を建てるもうまくいかずに店を閉め、その後はその経験ブログ執筆にあてて副業で稼ぎながら農家で修業中。彼も幸せ

大学時代に学んだ授業は、驚くほど覚えていない。ただ、時間も惜しま研究したこと、そこで出会った刺激的な仲間については今も良い糧となっている。全く別の業種についたが、あそこで出来上がったアイデンティティは大きい。

妹は専門学校時代を忌み嫌っている。理由は授業が入学前に説明されたものと違ったということと、専門学校自体宣伝自分の夢を搾取されたと感じたからだという。夢を叶えられなかったのは自分の才能がないからだ、と理解している。

弟はそんな私たちを横目で見て、一度お酒を飲み交わした際に「学費を払って何を学んでいるの?俺はお金稼ぎながらあほのように人生経験してるよ」と言ったことがあった。あの言葉は、忘れられない。

払った学費はなんだかんだで妹が一番大きいだろうか。

私は大学のものに払ったお金よりもその他の交友関係に使った費用が大きかった。

弟は独立して店に失敗したことで私たち以上の損害を抱えた。

夏休みの終わり、たくさんの高校三年生が、あるいはもっと若い学生たちが、進路に悩んでいるのだろう。

どの学校?偏差値は?親が言うからしょうがない、勉強めんどうくさい、これやりたい、あれやりたい。

ついこの前VALUの騒ぎを見て、あと今更ながら逃げ恥を見ていてぽつんと思ったことだが、やっぱりなんでも見返りがほしい。

なんでもだ。

から、きっと最終学歴にも私たちは見返りを求める。

というか、見返りを求めないで誰かの言いなりになって決めると不幸しか訪れない。

大学に入ったら安定した人生だろうか。

専門学校に入ったらスキルを活かした夢の実現だろうか。

進学を選ばなければ自由時間労働から得る充実感、そして対価だろうか。

なんだか言葉で書けば書くほど薄っぺらくて、そんなもののために(というかそんなふわっとしたもののために)進路なんて決まるか、と思えてくる。

から、進路に悩んでいる状態は間違っていない、と思う。

早く決めろ、どこでもいいから行け、という大人意見は、まあ正しい部分もあるにはあるけれど鵜呑みにする必要はないと思う。

からやってほしいことがある。ここから高校三年生の甥っ子にも話したことだけれど。

まず、進学するなら学費を見てほしい。大学でも専門学校でも。それから、在学する年数も。

その上で、その学費時間投資して「何を買いたいのか」をハッキリ答えられるか確認してほしい。

その形は「夢(状態)」でもいいし、「将来の収入(物)」でもいいし、なんなら「たった一人の親友」とかでもいい。

つり合いのとれる見返りを自分で描いてほしい。

それがどうしてもできないんだったら、ちょっと高値張って無駄な買い物をすることになると思う。

それは、あとでわめいても、誰にも文句を言えないお買い物。

ちなみに財布が親だろうが、奨学金だろうが、自分ではない場合も確かめてほしい。

出所自分じゃなかったら全部借金から

ということをつらつらと話した。

甥っ子は途中からうつむいて、「めんどーだよもー、ゆーちゅーばーになるー」と大声ではやしたてて言っている顔の表情は隠して見せなかった。

2017-08-23

母親自分を諦めてほしい

ごめん、もう期待しないでください。これを母親に言えたらどんなに良いか。もし言ったら呆れて閉口するか、何言ってるんだと叱られるかの二択だと思う。

受験就職で母を失望させた。大学受験では浪人したが第一志望に落ち、結局第二志望に行った。その時母は激しく怒り、「周りに報いたいと思わないのか」「本気で応援したのに」と泣かれた。就職では第三志望に決まり、「そこしかないの?」と尋ねられた。

母は結果に納得していないが、自分にとってはどちらも悪くない結果だと思う。大学は中堅国立就職子会社。もちろんベストな結果ではない。母親失望理解できる。

それでも、母親の期待が辛い。

期待されてる内はまだ良いなんて言うけど、失望されてあれこれ言われるのも辛い。

から、もう自分を諦めてほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん