「長時間労働」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長時間労働とは

2021-05-05

anond:20210505151203

え、過労死してないじゃん。

過労死してる原因は主に長時間労働なんだけど。

2021-04-29

anond:20210429004915

子供嫌いが給与労働環境から教職を選ぶと思ってるのか?

子供が好きだからこそやりがい搾取長時間労働教職をやってるんじゃねえのか

2021-04-19

anond:20210419105104

それも女性長時間労働している≒子供がいない&稼いでいる≒したくないセックス拒否出来る

って因果関係も高そうだが

逆に子供がいる専業主婦だと夫の方が力関係いかセックスしたくないとしても拒否できない事が多い

多産DVなんてその最たるもんだろ

anond:20210419104850

セックスレスとの相関もあるから長時間労働問題が先にあると考えられる

それに長時間労働疲弊してる状態さら子供を作ろうとは思えないことも考えられる

anond:20210419104237

どっちかっつーと子供がいないと長時間労働出来る、であって原因と結果が逆じゃないの?それ

anond:20210419103855

先進国的な価値観じゃなくて、長時間労働だろ

通勤時間を含めた労働時間が長いほどセックスレス少子化の傾向が強いんだから価値観どうこうじゃなくて労働時間問題

2021-04-16

anond:20210416084612

そういえばAppleというかホンハイの子供働かせてたとか、長時間労働とかの労働問題って解決したの?

Apple製造ラインにいないからセーフとも言えないよね。

Apple馬鹿みたいに発注することで労働者足りなくなって他のライン不法労働が発生することだってあり得るんだから

2021-04-14

なぜ「女性の方が恵まれている」と感じるのか。

女性の方が恵まれている、男の方が割を食っている」と感じている男がかなりいることは、近年SNSなどで可視化されている。

断っておくと、政治経済などのマクロレベル女性差別されているのは間違いない。これは強調してもしすぎることはない。

では「女性の方が恵まれている」のは、なんの根拠もない言いがかりなのかというと、そういうわけでもない。ミクロレベルでは、女性の方が恵まれているように錯覚する要因が確かに存在するからだ。

1. 恋愛市場

 恋愛市場においては、女性が選ぶ側で、男性は選ばれる側なっていることが多い。恋愛漫画や恋愛ドラマねるとん系の恋愛バラエティ番組ほとんど全てが「女性男性を選ぶ」という設定になっている。選ばれる可能性の低い男性からすれば、女性恋愛の決定権があるように見える。

2. 消費文化

 グルメ旅行ファッション広告サービスは、圧倒的に「女性向け」につくられているものが多い。テレビでよく紹介され、とくに最近増加しているカフェ雑貨店は完全に女性向けで、中年男性が一人で訪れるようなものではなく(かつての「喫茶店」はむしろ中年男性向けの雰囲気だった)、むしろ「小汚い中年男性」が決して近づかないような雰囲気になっている。男性向けの消費はあったとしても、車のような高額なものばかりで、金のない男性からすると女性が中心の消費の場から排除されているように感じる。

3. 家計

 結婚している男性の大部分も、家計の財布は女性が握っており、少なくとも日常的な買い物や消費に関しては、男性の決定権は小さい。このことは、上述の消費文化女性中心主義にも大きく影響している。

4. 非正規労働

 確かに正規労働世界では、マッチョ長時間労働飲み会文化などで女性排除されている。他方で非正規労働世界女性が主流で、非正規公務員などの事務仕事については完全に女性が独占しており、男性非正規身体負担が大きい3k労働に限られている。そして残念なことに、パート主婦非正規中年男性に対する侮蔑感情を持っている人は多く、パート主婦の多い非正規仕事につくと、かなりの確率いじめに遭う。

2021-04-12

anond:20210412154133

そこでいう「低賃金長時間労働をしている人」って保育士だろ

時間子供を預かるほど保育士労働時間は長引くんだから

anond:20210412111947

低賃金長時間労働であるほど認可保育園は優先だし

都心部だとそれでも入れないくらい足りてないんだが

anond:20210412111122

低賃金長時間労働をしたがる人はいいか

大金出せば24時間預かってくれる保育園はあるし、介護だって自費の施設に入れられるだろ

金出さないのに長時間預かれってのは無理ってだけ

2021-04-11

anond:20210411095511

女性出世させたくても適任者が本当に少ない

男性でも同じだけど、それなりの役職経験して適性審査クリアしてないやつを上に上げるわけにはいかない

長時間労働必須ではないが、遠隔地にも重要なな事業所があるなら転勤の経験必須

2021-04-10

弱者男性問題経済問題

なんで弱者男性問題が発生したのかって、それは経済問題であり、いわゆるネオリベ政策が推進されたから。

ここを抑えてない人が多い。

具体的に言うと竹中平蔵政策が発生してからである

草食系男子問題になったのもそのせい。

結婚なんかできない。自分で生きるので手一杯」って社会になったからだよね。

から貧困問題であるということを、「非モテ問題」にすりかえている。

「女をあてがえっていうのか?」と言い出すのは大きな間違い。

非モテは結果であって、原因ではない。

原因は、低賃金長時間労働残業代不払い、労働者権利基盤の弱体化などなど、労働問題で、中間層労働者恋愛に金を使えない貧困層に転落したことにある。

でも、その現実高学歴差別問題大好き人間たちは認めたくないんだよね。

自分タワーマンションで高級外車を乗り回しつつ、「差別は許せない」という人間たちにとって、「経済格差はむしろ歓迎すべき事柄」なんだよ。

貧困層の労働者が増えることは彼ら彼女らにとっては自分たちが勝ち組足るための必要条件だ。

から非モテ問題」にすり替えている。

社会欧米化たから、欧米格差社会日本に発生したとも言えるけれどね。

2021-04-08

すももは本当にあてがえ論ではないのか

すももは確かに「女をあてがえ」と直接的なことを言っておらず、「高望みをやめろ、低所得男性結婚相手として検討しろ(そして結婚しろ)」と言っている。一見政治的強制力はなく、女性意識改革を求めているだけにも聞こえるし、本人にもあてがえ論だという意識はないだろう。しか女性立場から見ると、彼の言ってることはほとんどあてがえ論だという認識を持たざるを得ない人間も多いのではないか

正直現状多くの女性にとっては

希望する条件の男性との結婚>独り身>条件に合わない男性との結婚

なんだと思う。

なんでかって言うと、女性男性に比べて性欲が低い。加えて家事は明らかに独り身の方が楽だ(どんなにすもも家事弱者男性やらせればいい、と言っても、男性家事をしてくれないという事実が今の女性には身に染み切ってしまっている。確かに日本人男性世界的に見ても長時間労働しているが、同時に全然家事をしないこともまたデータとして見て取れる。そして労働時間家事時間トレードだとして、やはり家事に割ける時間は全く年収とは反比例しない。つまり現状の日本では弱者男性女性が満足する家事ができないことがほとんど)。だからそこに「恋愛感情」がない場合女性にとって結婚するメリットって、それこそ「上昇婚」にしかないのだ。

まり高望みをやめろ」っていうのは、男性間の比較というよりむしろ独身でいるより低収入男性結婚する方がいいのでは」っていう比較になる。

すももはこの負の部分にリーチするのにかなり失敗してるというか、彼は結局「未婚男性はつらい」って話しかしない。低収入男性結婚する方が独身より絶対にいいよってデータを持ってきてない。「未婚女性より既婚女性の方が幸せだよ」ってそりゃ、今の女性上昇婚してるからな。

それって女性がどうこうするというよりむしろ男側の問題じゃないか?現状、女性メリットがある能力を有せてない、またはアピール出来てない。それでも「低収入男性が己を磨くのではなく女性意識を変えろ、それで低収入男性結婚しろ」って言うなら、かなり「性的強者としてのノブレス・オブリージュ」を要求してるというか、正直かなり精神的なものを押さえ込んだ強制だと思う。「感情を抑えて低収入男性結婚しろ」なら、それはほとんどあてがえ論じゃないか

anond:20210408072918

まず、職種IT系一択

案A

・どっか適当SES会社に入って1〜3年働く。ブラック理不尽長時間労働は全部拒め。どうせ長くいる会社じゃないと思えば強く出れるはず。

転職する。「テレワークができる」の一点を条件にする。それ以外は全部妥協しろ

案B

・どっか適当大学情報系の学部入学して4年間学ぶ。入れるところに入る。

就職する。「テレワークができる」の一点を条件にする。それ以外は全部妥協しろ

案C

就職する。「テレワークができる」の一点を条件にする。それ以外は全部妥協しろ。何年かかろうが諦めるな。

新卒ITフリーランス年収1千万です!みたいな話に比べれば十分現実味のある話だと思うがどうだろう?

2021-04-07

昨日は働きすぎた。朝7時から夜7時まで。昼休み1時間差し引くとして11時間労働だよ。90分ごとに15分の休憩時間の分も本当は差し引く必要がある。それにしても長時間だ。フィンランド首相なんて週休3日の6時間労働提唱だよ。24hrs/wk!! こんな長時間労働したら週に2日で24時間到達しちゃう勢。ああああああああああ!ALAS

2021-04-06

anond:20210406135514

とりわけ何か新しく始めないといけないことが見当たらない

弱者」としての存在認知

弱者の内容によるけど、障害者介護退職する人とかはちゃん認知されてるよね

伴侶のいない人へのハラスメント、「伴侶を作るべき」「強くあるべき」というような性別に基づく社会的圧力の抑止

→もう男性の1/4が生涯独身時代なんだから、いつか圧力もいつか消える

経済的困窮者を(余裕を持って独居可能〜家庭を持てる水準レベルに)引き上げる為の金銭補助、減税、福祉といった経済的再分配

生活保護じゃダメなのか?あとは労組組んで賃上げやるとか。あと障害者手帳があったら自動車税無かったり減税はあるよね。

長時間労働規制労働基準法の厳格遵守)

→かなり厳しくなってきてると思うし、通報すればいいのでは?ネットとかで通報すれば足もつかないでしょ。てか弱者強者関係ない。

困窮内容に対する男女格差是正DV/モラハラ/犯罪被害者自殺企図者の認知保護等)

→よくわからなかったのでパス

精神的な充足を得られる何らかの趣味嗜好への補助

年収700万だけど俺もこれ欲しい(弱者だけの問題じゃない)

趣味宗教といった何らかのコミュニティによる包括

→今もあるよね

アクセスが容易で社会的抵抗感の少ないカウンセリングコミュニケーショントレーニング

抵抗感を感じているのは貴方だけです。今やみんな心療内科に通う時代アクセスが容易なところは俺も欲しい。

衣食住〜介護問題まで含めた生活不安の解消

年収700万だけど俺も欲しい(弱者だけの問題じゃない)

独居困難者に対する住み込み式の衣食住の保障

生活保護ダメなんだっけ?

弱者男性必要な救いを具体的に整理する

明確な意見割れは起きていない内容


意見割れている内容



主張が具体的(「まともに扱ってくれ」みたいな定義曖昧な感じじゃない)で、「お前(弱者男性)がなんとか変われ」とか「女をどうにかしろ」みたいな煽りっぽいののうち、火種になってるあてがえ論以外を除くとこんな感じ?

半分は自分用にまとめたもので、面倒くさいので追記はしないぜ。補足は他のえらい人にお願いしたい。


anond:20210405201511

2021-04-04

収入男性はなぜ妻に家事やらせようとするのか

高収入女性との結婚希望している低収入男性は、家事をやる気がありません。

男女同権の時代から女性高収入を目指すべきで、女性から家事をすべてすべきだというよくわからない二刀流を使います

なぜかというと低収入男性は低収入なのにサービス残業長時間労働だったり、定時で帰れていてもギリ健(発達障害グレーゾーン)が無理して働いていたりするので、

帰宅後に家事をするような精神ゆとりがなく、やろうにもできないのです。

できないし、やる気もないというのが先にあって、そんな自分金銭面と家事面で救済する人間が用意されるべき理由こじつけいるからわけのわからない二刀流になります

MGTOW(ミグタウ)は違います。MGTOWは女性に救われる必要性がない状態志向します。

彼らは収入家事性的充足において自己完結しており女性依存する必要がありません。

あるいは依存する必要がない状態を目指して一歩一歩成長している、という姿勢でいるのがMGTOWです。

MGTOWと、女性下方婚を求める男性を、弱者男性として一緒に扱うのは間違っています

MGTOWには問題がありません。まったく、問題がないのです。

女性下方婚を求める男性には問題があります。ギリ健(発達障害グレーゾーン)がブラック企業低所得で使われている問題は、

経済的再分配の問題であり、その構造引き起こしているのは政治家献金コントロールしている経団連強者男性なのです。

まり彼らギリ健男性を救う方法は、株の運用益の増税法人税増税等、強者から徴税強化と再分配。

それなのに、女性下方婚を求める男性は、問題を「女性奴隷化」で解決しようとしています

彼らは心が弱く、能力が低い、つまり守られるべき存在であり、同時に非常に有害であり、非常に邪悪です。

anond:20210404102838

その鬱憤晴らしの矛先が、政治企業じゃなくて女なのが議論バグりがちなところ

自分低賃金のまま女が下方婚すれば解決、というのではなく、長時間労働低賃金是正するとか、

そういう方向に議論できればもう少し救済に近づくと思うんだけど、叩きやすいところにヘイトが向くんだよなあ

2021-04-02

anond:20210402094805

過労死が?

職場では短時間労働しかしてなくて、掛け持ちして結果的長時間労働になっているのは労働者の自己判断なのに

それで職場責任持たされても困るだろ

anond:20210401222557

これも正直もう古い考え方っつーか問題意識アップデートされてないんだよな。

昔は逃げずに踏ん張って壊れる人もたくさんいたのだろうけど今は逃げた結果、這い上がれなくなって詰んでる人だらけだ。

勉強就職長時間労働、転勤、昇進、そういうものからそそくさ逃げるのが今の日本人スタンダードであって、踏ん張って壊れる人間はもうほとんどいない。

いつまで1020年前の日本人を救おうとしてるのかって話だ。

2021-04-01

なぜ管理職政治家女性がいないのか

ジェンダーギャップ指数120位のニュースを受けて、なんで管理職政治家女性がいないかと言えば、「誰もやりたくない」から

なりたい女性男性が懸命に排除しているわけではない。男性の大多数も政治家管理職は「できればやりたくない」のだ。「やりたくない仕事」を誰に押し付けるかというときに、これまで担ってきた属性の人々が仕方なく担うという結果になる、というだけの話である。当然なことととして、管理職から経営陣になる人も少なくなる。その結果が「男性支配社会」の出来上がりである

女性管理職を3割に引き上げると言っているが、各種調査では管理職希望者は30代女性で1割強で、30代男性でも実は3割程度しかない。管理職に就いている男性の大部分も、長時間労働に加えて、重い責任、上から圧力と下からの不満で、権力自由裁量余地が増えているわけでは全くない。さらに「働き方改革」を受けて、普通労働者長時間労働是正ノルマとなる中で、労働時間規制の枠から外れた管理職に皺寄せが行っている。

政治家も同じ。駅前で辻立ち2時間も絶叫し続けて何かを訴えている国会議員がよくいるが、政治家になったらあれをやらなきゃいけないと思ったら、むしろ政治を真面目に考えている人ほど、特に女性敬遠するのは当たり前である。結果として、周りが一切のお膳立てをしてくれる、男性世襲議員が多くなってしまうことになる。

要は政治家管理職という仕事のもののあり方を改善すべきなのであって、それなしに数値目標の達成だけを頑張ると、多数の女性がのたうち回って苦しむことになり、かえって逆効果になるということ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん