「書物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 書物とは

2017-11-20

anond:20171119232602

仏教には三毒煩悩と言って、これがあると苦しむというのがある。

貪瞋痴慢疑邪見、怒り、欲望、迷い、自惚れ、疑い、刺激物を見る

不安は「疑」だね。毒までいかないが、過剰になるとやっぱり苦しめる。

苦しむと、それにとらわれて、事実を見れなくなる。

不安に囚われまくってる奴は、それが故に不幸になる。

成功者はその不安などを程度にわり切れるから成功できる。

これはある心理学検査からも明らかだ。

ポジティブな人とネガティブな人に、新聞中の画像の数をカウントしろというテストをさせた。

だけど、実は、その途中のページにでかでかと「テストをやめてください。画像の数は何枚です。試験官に報告してください」と書いてあった。

ポジティブな人のほうがそれを見つけて報告しに行く率が高かった。ネガティブな人はそれに気づかなかった。

過度な不安は眼を曇らせ、チャンスに気づかなくさせる。

だけど、新興宗教霊感商法であることが非常に多く、それはありもしない不安を煽るものであることが多い。

でも、不安にまみれているのは快感でもあるんだよね。だから、不幸な自分に酔って、依存させる。それが霊感商法

もちろん、既存宗教もそういうのに堕しているか、知見を持たなくなっている。

それでも、書物を書く僧侶心理学者はいるのだから、それを読んで心を鍛えるのが現代においては最善。

anond:20171119232447

身内にいるんだわ。

誰々の先祖霊障がーみたいなものなんざ有りもしないと断言していいが。

あとづけで適当ぶっこいてるの見るからにわかる。

新興宗教って大概霊がどうのこのうのの話だろ?

その前にお前捨てるものちゃんと捨てろ、片付けろ。そのための時間をとれと思うな。

だけど、それは当人ができないからさせない。それより、先祖霊障のせいにして、あなたは頑張ってる。だが、もっと金を出して払わなくというのが霊感商法

そいつへの反発でむしろ既存宗教(とくに仏教)に詳しくなったな。

もちろん、その上で形骸化している既存宗教と、書物はいっぱいあることがわかったから、今の時代宗教の教えは大量の本を読むのがいいという結論になってる。

今の時代でも正しい教えをとく人はいるが、それは大々的な宗教設備を構えている人ではなく淡々書物を書く僧侶だと思う。

金も安いし。

2017-11-19

anond:20171119083537

んな物仏教や禅あたりで、よく取り上げられてますがな。

と言っても、葬式仏教徒化したお寺では教えてもらえないが、書物としてはきちんと伝わってる。

ただ、一般化と検証が取り上げられてないか欧米でも宗教担当だ。

人間とは、生きる意味は→「世の中は、起きて稼いで食って寝て、あとは死ぬのを待つばかりなり」(それ以外は些細なこと)

幸福とは→「貪瞋痴(怒り、迷い、欲望)にとらわれている時が地獄なり、それを滅した時が浄土なり」

(双方一休宗純

欧米でも神との契約と、来世がどうのこうのだろ?

あと、イノベーションが起きないのはこの30年ほどの、新自由主義による金回りと景気を悪く、設備投資をしなくなった失われた30年。

ケインズ主義時代日本では日本初のイノベーションバンバン起きていた。1980年代末は一人あたり国民総生産世界一位で、

資本主義陣営社会陣営双方から日本は最も成功した資本主義」「日本は最も成功した社会主義」と言われた時代

新自由主義で金回りを悪くしたのが悪い。

最近イノベーションごっこも、金をださんのに、発想「だけで」なにかいものを作れないという悪あがきに見えるのはそう。

実際イノベーションが起きてるアメリカ金もだいぶ動いている。

2017-11-17

「圧巻」のことを、とにかく凄いことと思ってるやつ


>圧巻とは、書物、劇、催し物など、全体の中でもっともすぐれているところ。

だぞ。

2017-11-15

anond:20171114235620

完全に忘れたけれど、そこら辺の経緯を書いた書物結構あった気がする。図書館に行ってみることをおすすめする。

2017-11-09

anond:20171109125013

「本を読めば日本語能力が向上する」とは思わないのに「どれだけ書物日本語を読んでも正しい日本語は身につかないのは虚しい」と思っちゃうんだ。

正しい日本語が身につかなくても、その本が面白ければ読んだ甲斐があると思うけどね。

anond:20171109123019

「どれだけ書物日本語を読んでも正しい日本語は身につかない」を「虚しい」と感じている時点で「読書文章力向上!」のお仲間でしょうが

anond:20171109122326

うーん

私が言いたかったのは、単純に、

日本語用法として「すごい面白い」という言葉は間違っていて、正しくは「すごく面白い」なんだけど、どれだけ書物日本語を読んでも正しい日本語は身につかないのかなあそれって虚しいことだと思うなあ

って意味だったんです

一言で言うからどうとか、そういうことは言及しているつもりはありませんでした。

『「すごい面白い」はおかしい』っていうだけで、何がおかしいか自明だと思っていたんですけど、そうでもないんでしょうか・・・

2017-10-29

anond:20171029180533

こんな与太話信じるなんてお前宗教由来の書物全然読んでないだろ。

宗教ってのは単に「昔これが正しいといった人がいた」内容をまとめただけのもの

その正しさの根拠に「神」の存在を前提とすることがあるが、実は仏教儒教は神の存在を前提としてない。

ただし、近代に近くなり科学検証確立してきたため、科学分野では実は宗教が言ってたことは正しくなったことにより、宗教的権威も落ちては来ている。

といっても、科学は仮説、検証有意性が必要。だが、もともと攪乱要因がめちゃくちゃ多い社会医療関係結構苦手とする。

それでも心理学で少しずつ人間心理については研究してるが、前提条件で結構狂ったりする世界心理学科学ではないと言ったりする人がいたりする世界でもある。

からこちらも結局「誰か正しい人が言った」の権威にならざるを得ない状態

といっても、書物もだいぶ出版やすくなったから、本はいっぱい出ている、宗教団体に属する必要性はなくなってきた。

偏見持たずにいろいろ読んでみ、そのうえで信じないものは信じなかったらいい。

2017-10-28

転職して半年してミスったなと思ったら辞めるべき

新卒なら最低3年はいないと何とも言えないし、ミスしてもまだ許されるし、チャンスは何度でもある。

ただ、転職して入って3ヶ月経って、何かしらの貢献や、自信が芽生えなかったり、合わないなって思ったら我慢せずに早く辞めてしまったほうが良い。

新卒の時と違って、周りの人たちからの目は冷たいし、立ち位置も悪くなって誰から相手にされなくなるし、最終的に孤立して終わっていくと思う。

会社には社風とか文化とか政治的要素もあるから、合う合わないは仕方ないし、新卒の時にある程度出来上がった仕事スタイル固定観念とズレてやり辛さを感じるなら無理してそこから学ぼうと思うだけ時間無駄だと思う。

特に人間関係こじれやすくなるし、社内の人は、中途で入ってきた人を染めようとしたがるし、否定しようとしがちなので、本当に都合の良い人しか大事にしてもらえない。

基本的に新しいことを提案しても、やらない方向に持っていくための考え方をしたがるし、老兵とか社歴がやたら長い奴が多い会社ほど、取り組みスピードが遅いし儲ける意欲が無い。

あと管理職の人を尊敬できないのが一番良くない。

結構これ大事かなって思う。

かについていきたい、この人から学びたいって思えないと、正直人生における時間無駄って思えるし、反面教師とか思えるポジティブな考え方にもならない。

自分管理職として、偉そうに振る舞ってわざと自分より上の立場の人の前でマネジメント感出して部下を説教してる奴の痛々しさが半端なくて笑える。

ほんまに憧れたり、早くから結果出してのし上がってる人って、人を大事にしてると思うし、人のこと考えられるからこそマネジメント素質があると思うから、部下も自然と信頼して組織盛り上げていきたいと思えるし、何でも相談したいなって思える。

自分のために部下をマネジメントして、利用してる奴は、マジで管理職向いていないなって思えるし、考え方も古臭い

数十年前の管理職とかマネジメントとは的な書物に書いてある文章そのまま引用して、普段から使ってそう。

人が辞めたタイミング組織編成で、誰も適任がいなくて、年齢的に出世する奴ほどそういう奴多いと思う。

だいぶ話が逸れてしまったが、いま転職して悩んでる人は、悩んでる時間マジでもったいないし、無理せずに辞めてやろうぜ。

結果が出ないとか自分のせいだけじゃないから、そんなんで一度しか無い人生悩まずに、いまの環境から脱出して、やり直すチャンスを掴みましょう。

一人でも多くの悩んでる人に届いてくれたら嬉しい。

2017-10-18

anond:20171018121656

山口厚


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

当事者の主張に耳を傾け、証拠に基づいて、中立・公平で公正な判断をすることが必要だと考えています最高裁として判断すべき事件数の多さと事件の多様さに直面して、最高裁判事の使命の重大さを改めて痛感しています

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

詰まるところ、中立・公平で公正な裁判を迅速に行うことが求められているのだと思います結論に至る過程をできるだけ分かりやすく示すことも大切だと考えております。また、裁判所としては、情報発信さらに進めていくことが望まれるように思います

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

就任直後に関与したGPS捜査に関する大法廷判決が、刑事手続き法に関する近年の最も重要判決の一つであるだけに強く印象に残っています

注:令状のない全地球測位システムGPS捜査違法とした大法廷判決173月

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合妥当だと思うか。

任命権者が判断すべき事項ですので、回答は差し控えさせていただきたいと思います

憲法改正をどう考えるか。

憲法改正の是非などは国民判断し、決めるべきことで、憲法尊重擁護する義務を負う立場にある者としては、回答を差し控えさせていただきたいと思います

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

前項と同様の理由により、回答は差し控えさせていただきたいと思います

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

私の考えは、当審に係属した具体的な事件について判断する中で示すべきものと考えております

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見179月

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

今後当審にも関係する事件が係属する可能性がありますので、回答は差し控えさせていただきたいと思います

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

全体的に見れば、課題はあるものの、うまくいっているのではないかと考えておりますが、制度運用上、裁判員負担軽減に配慮することが必要だと思います

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

判断の誤りを避けるため、様々な観点から証拠評価をしっかりと行い、手続きを適正に運用することが重要だと思います

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求死刑執行との関係をどう考えるか。

死刑の存廃などについては国民的な議論が大切だと思います一般論としての回答は差し控えさせていただきます

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

法改正に向けた法制審の審議には私も参加いたしました。改正法は現状を改善する方向に向けた重要な一歩だと考えております。今後、関係者がそれを適切に運用していくことが大切です。

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

私は最高裁判事就任前には法曹養成教育の一端に携わっており、様々な課題があることを痛感しておりました。関係者の地道な努力が実を結ぶことを願うばかりです。

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

裁判を行うという点では変わりがないと思いますが、両当事者の主張・立証をしっかりと踏まえた適切な判断可能な限り迅速に行うことが大切だと思います

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

課題は多いとは思いますが、利用者利便性向上の観点から手続き電子化の導入に向けた検討が行われてよいと思います

最近出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

人生はうれしいこと、腹立たしいことの連続ですが、法科大学院教授時代の教え子から司法試験合格の報告が届いたことは最近うれしく感じたことの一つです。

趣味尊敬する人物、好きな言葉座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

趣味ウォーキング読書(乱読です)。いままでに大変多くの人と出会い、その出会いを大切にするようにして参りました。特定した「尊敬する人物」の名前を挙げるのは難しいように思います。好きな言葉座右の銘というほどのものはありませんが、研究者ときには、どのように小さなもの執筆する場合であっても、常に「全力投球」を心がけておりました。

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

多分野の書物を乱読するのが趣味ですので、特定の書名をあげることは難しいように思います小説でいえば、人の生き方を描いたものに感動したり、歴史的事件を題材にしたものをとくに面白いと感じたりしています


菅野博之


最高裁裁判官としての信条や審理にあたる心構え、仕事の印象、難しさは。

誠実と共感信条とし、意識的に多数の観点から見ることを心がけてきました。更に広い視野から見直しながら、バランスのとれた適正な判断ができるよう努めたいと考えます個別事件問題と法解釈問題、更には社会的影響や将来にわたる問題などが混在している事件に接するとき、頭を悩ませることが多いです。

国民裁判所に期待する役割は何だと考え、身近な司法とするために取り組んでいることは。

迅速さを含めた質の高い判断が期待されていると考えます。常に社会進歩・変革に即していくとともに、安定感のある判断が求められているのではないでしょうか。最高裁においても、分かりやす判決留意したいと考えます

これまでに関わり、最も記憶に残っている裁判とその理由は。

外国人の親と子ども退去強制処分事件フィリピン人の子どもたちの国籍事件台湾ハンセン病訴訟、様々な会社更生事件など、多数の事件が心に残っております子ども人権や自立性の確保が難しい事件、あるいは、多数の人々の利害の調整が難しい事件が一番記憶に残るように思います

最高裁裁判官の任命手続きについての考え、出身母体出身別の割合妥当だと思うか。

最高裁判事の任命に関しては、意見差し控えたいと思います

憲法改正をどう考えるか。

憲法改正については、議論のもと、各国民が決めることであり、その解釈適用に当たっている裁判官発言すべきではないと考えます

憲法9条戦後日本で果たした役割と、9条に自衛隊を明文で位置づける論議をどう考えるか。

憲法9条については、国民一人一人が考えていく問題であり、裁判官一般的意見を述べるべきではないと考えます

国政選挙で「一票の格差」の問題が長く続いていることをどう考えるか。

具体的事件において考えを示すべき事柄と考えます

注:16年参院選の「1票の格差」を合憲とする多数意見179月

東京電力福島第一原発事故を踏まえ、司法責任原発関連訴訟への司法姿勢をどう考えるか。

具体的事件にかかわる点については、意見を控えさせていただきます。ただ、一般論として言えば、裁判所は、法令に照らして厳密に検討しているものと考えます

裁判員制度で、公判前整理手続きの長期化や裁判員候補者の辞退率上昇が問題視される現状をどう考えるか。制度課題や見直すべき点は。

裁判員制度については、全体としては順調に進んでいると思います。ただ、迅速さを含めた適正な刑事司法理想に向けて、一層の工夫や研究が欠かせないと考えます

静岡県で1966年に起きた一家4人殺害事件など、再審無罪判決が続くなか、刑事裁判の現状への感想反省点、冤罪(えんざい)を生まない司法の実現への教訓は。

誤判はあってはならないことです。それを防ぐには、各裁判官が、客観的証拠を重視するという裁判の基本を再確認しながら、多面的に考え抜くことが重要と思います

日本弁護士連合会が昨年の人権擁護大会死刑制度の「廃止宣言」を採択した。死刑制度の存廃や、再審請求死刑執行との関係をどう考えるか。

死刑制度の存廃などは、国民意見により決められるべき立法問題と考えます

取り調べの録音・録画や司法取引制度の導入が刑事裁判にどんな影響を与えると考えるか。新制度導入にあたり、司法判断はどうあるべきか。

刑事司法改革関連法の影響などについては、最高裁判事として意見を言う立場にはありませんが、今後各制度趣旨に沿った運用が積み重ねられていくものと考えております

法科大学院募集停止が相次ぎ、法曹志望者が減少するなか、法曹養成制度の現状をどう評価し、どうあるべきだと考えるか。

司法、ひいては法曹界は、専ら人によって支えられていますので、志の高い誠実な法曹候補者が増えていくことを願っております

経済活動の国際化に伴い、国をまたぐ法的な争いを円滑に解決するために日本裁判所に求められることは何だと考えるか。

国をまたぐ争いであっても、スピード費用・公正さに着目されるのは変わりません。また、裁判官が広い視野を持ち、必要場合には専門家の助力も得られるよう、工夫を継続することが重要と考えます

外国裁判手続き電子化が進むなか、国民が使い勝手のよい裁判所にするにはどうすべきだと考えるか。電子手続き導入への賛否アイデアはあるか。

司法手続きにおける国民負担をできる限り減らしていくことが重要です。電子手続き活用も、そのメリットデメリット双方を検討しながら、適する分野につき進展していくのではと期待しております

最近出来事で、最もうれしかたこと、腹立たしく感じたことは何か。

うれしかったのは、この数年、何人もの日本人科学者ノーベル賞を受賞したこと。夢をかきたてられました。

趣味尊敬する人物、好きな言葉座右の銘と、それぞれを選んだ理由は。

好きな言葉は、誠実と共感です。裁判特に民事裁判は、命令や説得ではなく、心を開いて話し合い、それぞれの立場や考えを共有することが重要と考えております

最近読んで感動した本、面白かった本とその感想は。

趣味は、読書特にSF経済関係です。SFでは、J・G・バラードスタニスワフ・レムレイ・ブラッドベリなどが好きです。SFは、思考感性の幅を広げてくれるものと思います。次いで、音楽鑑賞(シャンソンカンツォーネなど)。元々天文学者志望だったので、星を見て宇宙について思いをはせることも好きです。

2017-09-05

anond:20100904050444

お母さんの言うことは当たり前だと思うよ

そしてあなたの言うことも当たり前

自分明治まれの親戚に子供の頃よく朝鮮人は大嫌いと悪口言われた

その親戚は大好きだったけどその言葉だけは子供ながら許せなかった

ところが彼らについての信頼ある書籍のいくつかを勉強して、彼らが何をしてきたか、なぜ戦後隠され続けてきたのかその意味を知った。

からあなたもえたと言われる人たちの真実を書いた書物自分の力で探して勉強すると良いよ。

なぜそう言われて差別されたか理解できるはず。

何でも相手の言うことを徹底的に理解してみてから反論しようよ。

差別はいけない。だけれど、戦後日本はこの差別を利用して日本人お金を吸い上げて日本国民を裏で支配し続けている人が現実にいることを知った方が良いよ。

日本戦争が、実はまったくの自衛のための正義戦争で、南北戦争アジア植民地主義出遅れ出遅れアメリカルーズベルトらが画策した戦争を、アメリカ人類史に残る歴史すり替えを行ったと言う事実が厳然とあることに気づくよ。

2017-09-04

https://anond.hatelabo.jp/20170904063505

もし古典選択科目にしたら、ほとんど学ばれなくなるだろうし、

その結果として古語は読める人が圧倒的に少なくなってしまう。

それって日本文化継承が断絶することを意味するので、それだけは避けたいという想いがあたんじゃないかな。

必要になる場面は限定的…それだけの理由で、自分たち祖先が書き残した書物をすべて捨ててしまうのは残念すぎるよ

2017-08-29

広島のじいちゃんとばあちゃん

広島まれ広島育ちのじいちゃん(85)とばあちゃん(82)。

72年前に空襲警報解除からのいきなりアレを経験したのかと思うと震える。

今日Jアラートだけでも怖かった。

72年前のじいちゃんは13歳。ばあちゃんは10歳。

じいちゃん今はぼけて施設に入ってるけど、元気な時に話を聞いてみたかった。

ばあちゃんは当時のことをあんまり話したがらない。だから家族も聞かなかった。

私も広島まれ広島育ち。

幼稚園から高校卒業まで15年間毎年平和学習経験した。

多分広島市民というか、広島市内で学生生活を送った経験がある人は、他の都道府県比較して平和学習ボリュームが多いんだと思う。

学生時代から恐怖心しかなくて、平和学習が嫌いだった。

書物映像体験談も。正直苦手でしょうがなかった。

どこか他人事だったけど。

自分が生きているうちに日本戦争が起きたり、ミサイルが飛んでくることはないだろうなって平和ボケしてた。

今日わかったわ。

国民保護サイレンって怖い。昔の空襲警報と同じようなもんでしょ?心臓に悪いわ。ミサイルが届くまで出来ることなんてそんなにない。

じいちゃんとばあちゃんがむかーしぼそっと「わしらは運が良かっただけじゃけん」って意味がわかった。

戦争をしてはいけないと思う。

だけど、抑止力必要

https://anond.hatelabo.jp/20170828024450

真木よう子炎上について、

問題が無いことを問題にしようとしているだけで、
どの批判意見ダブルスタンダードと化していることを文にしたい。

 

●「コミケ自費出版が当然だ。クラウドファンディングは間違っている。」
既にクラウドファンディング新刊を出してるサークルは点在しているし、
これを言ってしまうと、一部の合同誌が存在を許されなくなる。
参加者を応募し、参加者同士で製作費を出し合うタイプの合同誌が存在しているのだから
作品を作る能力がなくても作品費用算出枠として参加することは可能なはずだ。
もし、作品を作る能力が無いなら参加するなとの声があるのなら
一般参加者の存在が危うくなるし、
作品作れる作れないに関わらず同好の参加者だとの理念にも背くことになる。
この批判は共同出資サークルコミケから排除することになる。

 

●「コミケアマチュアの場だからプロは来るな。」
実の所コミケにはプロが沢山来てるので、
今になってこれを言い出したら多くのサークル出禁になる。
税金対策の為に法人化してるサークルだって一般ブース出展しているんだよコミケ
プロ漫画家の人が漫画を出し、プロアニメーターの人がイラスト集を出し、
プロゲーム製作者がゲームを出しているわけで、
よう子憎しでプロ批判をすれば既存サークルも一緒になって批判されることになる。
今まで特に大きな問題になったことはない要素を突如問題にするのはズルくないか
この批判プロサークル法人化サークル排除することになる。

 

●「写真集コミケに相応しくない。ファン層がコミケに相応しくない。」
別にコミケアニメ漫画ゲームの祭典ではない。
プロ料理人料理本や、牛肉写真集なんてものもあるし、
動物写真集手作り和紙人形を出品するお爺さんもいる。
それらを無視して女優写真集コミケではダメとはおかしな話
当然一般参加者側もアニメ漫画ゲームだけのオタクしか来ないわけじゃない。鉄道オタクもいればアイドルオタクもいる世界
何らかの強い好きがあるという意味オタク表現するなら、"女優オタク"たちが来ても問題ないはずだ。
勝手に「アニメ漫画ゲームオタクの為のコミケ」にしないで欲しい。

 

●「コミケのコの字も知らない一般人雪崩れ込んできたら危ないだろ。」
一理ある話ではあるけど、
オタクであれば初参加でもコミケルールを守るが、オタクじゃない人はルールを守らないって、
その選民意識は一体どこから来るのか。
漫画目当ての人はコミケ理解があるが、女優目当ての人はコミケ理解が無いって
そんな統計あるんだろうか?無いならただの偏見じゃないか
女優目当ての人はオタク偏見を持ってるに決まってる」っていう偏見じゃないか

 

●「ファンイベントでやればいい、コミケでやる必要が無い。」
まり、大きな名前のある人はコミケに参加するなということだろうか。
例を出すと、東方というジャンル公式は、既に法人化しているし、商業ルート外伝出してるし、
東方専用のイベントも行っているわけなのだが、
東方公式コミケに相応しくないものからコミケから出ていけとなるのか?
第一コミケでやる必要が無いって、部外者が決めることではない。
二度目になるが、今まで問題なく続いてきたものを突然問題にし、
これがルールだと宣うのはズルくないか

 

●「値段が法外すぎるからコミケに来るな。」
30P程度の本で500円とは一般書物からすりゃ法外な値段だが、それでも問題はないはずなのだが。
それを400円にする権利も600円にする権利も、あるのは製作者側だけのはずなのだが。
どんなに安いものでも興味がないなら買わないし、高いものでも自分が欲しいなら買うって世界で、
できるのは興味ないから買わないって程度のことで、値段が高い=コミケから追い出せとは繋がったら、
大手サークルも追い出されなければならなくなるだろう。

 

●「これがまかり通ったらコミケ芸能人に奪われる。」
多分それはよう子の前にいた芸能人サークルに言うべきだっただろう。
しろ彼らを皮切りにしていると言っても過言ではないはずだ。
そしてサークル参加者を選ぶのは我々ではなくコミケ運営である
オタクでも芸能人でも、受かったり受からなかったりするんだから
コミケ芸能人まみれになることがあるとしてもそれはコミケ判断であり、
言うべきは参加芸能人ではなくコミケ運営になるはずだ。
企業ブースみたいな芸能人ブースはできるかもしれないけど、
それを判断するのもやっぱりコミケ運営側だ。
あと別に芸能人からって売れるわけでもない。

 

●「存在コミケ破壊する可能性がある!」
クリーンオリジナル写真集を出そうとしてるサークル危険視するのは
私にはよくわからない。これに声を上げるならもっと別に言う所あるのでは?
まだ問題の起こってないことに、わざわざ悪い未来を想定して
まるで既に問題が起こったかのように騒ぎ立て、
参加辞退したことに対し「惨事を未然に防げた」ように表現するのなら、
コミケ作品の何割が「コミケ破壊しうるもの」扱いされるのか。
二次創作はグレーだし、エロ描写猥褻描写に引っかかる可能性があるもので、
時々版権元やコミケ運営からNGを食らう作品が出ているわけで、
惨事を未然に防ぐ」にはこれらにも自粛辞退してもらうのが筋ではないのか。

 

●「コミケルールを守れないなら参加はダメだ。」
言ってることは正しいように見えるが、
その実態は突如新たなルールを引っ提げて、特定相手押し付けているだけだ。
上記の通り、よう子炎上で言われ出したルールなんてものは、
今まで取り沙汰されることはなかったものだった。
これが今まで本当にずっとそのルールが守られていたのであれば良いが、
既存サークルは許しながら、新しいものにはお前はダメだと言い張り、
さも昔からそうだったかのようにアピールする歴史修正主義者の戯言だ。

 

●「なんか嫌だから参加しないでほしい。」
結局"なんか嫌"が不信の元の大半のように感じるのだけど、
変にそれに正当性主張の為の理由付けをしようとして、
いらぬ所にまで攻撃仕掛けていってない?と思う。
"コミケを守る為に"って主語が大きすぎない?
上記の主張を全て正統的なものと認めたら

参加者応募NG出資参加NGプロNG法人サークルNG
アニメゲーム漫画以外の作品は全てNG写真集も当然NG
コミケ検定で合格しなければ参加してはダメ
個別イベントのあるジャンルNG、値段は全て一律の基準に則ること、
有名人NG、少しでも危なそうな作品は全てNG

てなことになると思うのだけど、
そっちのほうが既存コミケ破壊する結果を招くんじゃない?

正直に俺が気に食わないだけだと言っておかないと、
コミックマーケットに流れ弾が直撃することになるよ。

今夜もまた眠れなかった

久々の喘息発作をきっかけに再発した昼夜逆転

今日は昼寝もしたからなおさら悪い。

トラベルミン1錠じゃあとっくに眠れなくなってるのはわかってたけど、やっぱり眠れないのはしんどい

そんなこんなで、眠気がくるま書物をすることにした。ほんとは勉強でもしたほうがいいのはわかっている。

買い置きしていたウィルキンソン炭酸に、バランタインを注いで飲んでいる。度数何度あるのかなこれ。お酒睡眠に良くないのは知ってるけど、早めに覚醒するなら昼夜逆転も治ってくれるだろうと淡い期待を抱いている。

壁打ちの場所としてこの匿名ダイアリーってのは便利だということに最近気がついた。読み物としてもとりとめがなくてやめどきもない。人々の恨みつらみから幸せまでが流れていく。数年前のトピックを読みながら、「ああそんな話題もあったっけ」なんて思ったりする。

やっぱり勉強したほうがいいかな。課題は山積みになっている。だけど今の自分は、自分思考して生きた蓄積を記録したい欲がとても強まっている気がした。

ここ数日、自分が読みたいものを誰かがすでに完成させたもの外注しようとして、見つけられなくて、夜が更けていくことが増えている。そして、自分共感できる話は自分しか書けないのだな、と思うようになってから、「書かなきゃ」という気持ちが強まっている。前にもそんなふうに思って、自分の書きたい話を書き続ける手が止まらなくなったことがあった。

あるいは現実逃避なのかもしれない。数カ月後に差し迫った人生の大イベントを控えて、逃げ出したくなっているのかもしれない。思えば昔の自分もそうやって逃げていたし、逃げるときは決まって何かを書き溜めたがった。またその周期がやってきたんだろうな。

それとも、今こうして自分が「読みたい」と思うものを、今の自分が書き溜めておくことは、後の自分のための貯蓄になるのかもしれない、なんて正当化理由も思いつたりする。後の私のほうが切羽詰まっているのなら、後のときの私のために、今の私が私のほしいものを用意しておいてやろう、なんて思ったりもする。それも逃げだろうか。

切羽詰まっているときの私がほしいのは余裕だろうに。余裕は前借りしておけば確保できるものなのに、今またこうして垂れ流していく。やっぱり無駄遣いなんじゃないか?って気持ちが頭をもたげる。どうにも踏ん切りがつかない。

そうこうしているうちにもう1000文字近く書き込んでいるらしい。やっぱりこれ書きたいものを書いたほうが良い気がしてきたな。20分かからずにこれだけ書けるなら、悩んでる時間より書いてる時間のほうが短くできる。

あとで書こう

2017-08-24

愛読書を売るのは過去を捨て去る行為に似ている。世間ではこれを断捨離と呼ぶらしい。

麻紐で雁字搦めにされた書物の山。紐解かなければ物語はもう誰の目に触れる事もない。燃やせば、その分のスペースが出来る。人生と同じで、誰かが消えればそこに誰かが入り込む余地生まれる。私が愛したのは埃に塗れた、小汚い書籍達。私と共に歩んだ書籍達。今はもう心躍らせる事はない、二度と思い出す機会はない、そう思い込みたかった。

書物の色鮮やかさは何度もノスタルジアに私を捉えて離さない。捨てて進むも、抱えて進むも同じ事。一度触れてしまえばその記憶は捨てる事が出来ない。

2017-08-21

愛読書を売る、それは過去を捨て去るような心地だ。世間ではこれを断捨離と呼ぶ。

麻紐で雁字搦めにされた書物の山。紐解かなければ物語はもう誰の目に触れる事もない。燃やせば、その分のスペースが出来る。人生と同じ。誰かが消えればそこに誰かが入り込む余地生まれる。私が愛したのは埃に塗れた、小汚い書籍達。私と共に歩んだ書籍達。今はもう心躍らせる事はない、そう思い込みたかった。

二度と思い出す機会はない?そんな筈はない。何故なら同じ物が書店で売られているのだ。印刷の色鮮やかさが何度でもノスタルジアに私を捉えて離さない。捨てて進むも、抱えて進むも同じ事。だけど一度触れてしまったのならその記憶は捨てる事が出来ない。

2017-08-18

フランスと聞いただけでエロそうな雰囲気を感じるのは

多分フランス書院功罪。あー、フランス書物読みたい。

2017-08-15

自殺者の心理

自殺の名所として、新小岩という駅が存在する。

成田エクスプレスが猛烈な勢いで通過していくらしい。

そんな鉄の塊に飛び込めば、さも簡単死ねそうだ。

自殺からすると、これはおおいにメリットだ。

一瞬の苦痛・恐怖で、この苦痛に満ち満ちた世界からオサラバできるのだ。

その反面、遺族には多額の賠償金請求されると聞く。よく聞く話だが、実際にどの程度の額を請求されるのか、私は知らない。

ただ、家族に対してなんらかの恨みを持つ人であれば、ある意味では、これもメリットだ。

カネという形ではあるが、なんらかの損害を与えることができるからだ。

死ぬなら勝手に一人で死んでくれ、という意見

「また遅延か、ふざけるな」

「モロに見ちゃった人、かわいそうだ」

「なんで飛び込むかな、遺族のこととか考えないわけ?」

これらの意見は、これから自殺しようとする人には、届くことはない。

自殺する者としては、「いか安易に・確実に死ねるか」という点を重視していると思う。

その他のことなんて、もはや自身が死んだあとのことなんて、死んだ当人には関係がない。

から、考える余地もない。

周りから勝手だと思われるかもしれないが、自殺なんてものは、そんなもんだと思う。

自分 = 世界

自身の死は、すなわち、世界の終わりだ。

自身にとって、他人なんてものは、ゲームでいうところのNPCのようなものにすぎない。

から自身が死んだところで、それらも同じように消えていく。

「いや、そうではない。」

周りからは見れば、確かにそうだ。

遺される人たちは少なからずいるし、巻き込まれて心に深い傷を負う者もいる。一般的には、"そういうことになっている"。

ただ、それがいざ、自分の番となった場合はどうか。

「死んだ後に復活して、それを書物に書いた」なんて話は聞いたことがない。だから自身が死んだ後のことなんて、想像世界しかない。

ただいえることは、自身としては「なんにもなくなる」ということか。

傷つく苦しみより、消失の痛み

自殺者にとって、自殺時に受ける苦しみなんて、それまでに受けた苦しみなんてものとは比較にならないほど軽い。

少しの間の苦しみをペイするだけで、その苦しみから永遠に解放される。

こんなに幸せなことはない。

代償はそれなりだが、自殺することは、すなわち、幸せへの近道だ。

から自殺者は減らない。

老人人口が多く、若者意見が反映されない現代日本に、将来性なんて見いだせない。

搾取されるだけ搾取され、絞りカスになって死んでいく。

そんなものを、生きる喜びとは思えない。

から自殺者は増える。

やれ「こんなもの子供に悪影響だ」だの、「不純異性交遊だ」だの、そんな理由で、性規制は年々厳しくなる。

その一方で、医療技術進歩により、妊娠中絶という道が開かれている。

から子供は増えない。

夢も希望も、あったもんじゃない。

終わりに

こんなことを書いている私も、自殺真剣に考えている。

考えはじめてから、もう半年以上経つか。

そんな中で思ったことを、書きなぐった。

自身の中で、もうそろそろいい頃合いなので、一応、自殺のための身辺整理を始めようと思う。

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810113944

本を読めば教養とは俺も言ってないよ。

子供の頃から本を読み人と話しいろんなところへ出かけるなかでじっくりと堆積していく知識のこと」

文化資本の厚み、バックボーンとなる知識技能知識人たちとの交流、そういった環境形成されてきた人格、その総体

なんだからさ。

そういうものを豊かに摂取できる環境、そこで育まれ人間的な土台のことで、特定書物の具体的な知識のことじゃない。

から「本についてはそれを読めばいい」「その本さえ読めば教養がある」という話ではないと分かるよね?

俺も含めてほとんどの国民教養がないよ。当たり前じゃん。

教養人」というのはガチ文化的エリートなんだから

しろ教養があって当然、教養は誰でも身につけているもの、とおまえが勘違いしている理由を知りたいくらいだよ。

2017-08-06

くだらない理由で筆を折った自称絵描きのはなし

絵を描くのが好きだった。

技術がなくても、ついったーの反応が身内だけでも、イベントでどうじんしが10しか売れなくても、好きなものを好きだと表現することが好きだった。

ある日、とある親しいフォロワーさんが絵を描き始めた。

以前からゲームSSを加工したり小説を書いたりして自分創作表現していたけれど、やっぱり絵も描けるようになりたい、と思い立ったようだ。

二児の親であるその人は、その日から家事育児の隙間時間を見つけては絵の練習をし、描いたもの毎日必ず一枚以上はついったーにアップし続けた。

絵を学ぼうというその前向きな姿勢と日々少しずつ上達していく様に誰もが感動し、フォロワーも日に日に増えていき、本人もたくさんの人に見てもらい褒められるのが嬉しいようで、その日から絵を一枚も上げなかった日はなかった。

もちろんプロからすればまだまだだけど、描き始めてから今までの過程を見届けてきた自分も他のフォロワーさんも、その人の画力の向上ぶりには驚かされている。

ネット書物でたくさんの技法を学びながら実践し、自分なりに昇華して、着実に表現する力を身につけている。

そして、どんな時も後ろ向きな発言をしない。

子供を叱ったりした日があっても、それがあったということだけをつぶやき絶対愚痴は零さない。

「嫌なことがあったけど、フォロワーさんの絵で癒された!」とつぶやいたりはするけれど、絶対に「何がどう辛い」みたいな話はしない。

うまく描けなくて落ち込むことがあっても、「楽しく描ければそれが一番!」と、絶対自分否定しない。

そんな人柄も他人を惹きつけて、今やプロ絵師とすら相互で繋がっているほど。

毎日楽しそうに絵を描いているその姿が、私は羨ましかった。

そして、それが日を追うごとに、嫉妬劣等感嫌悪感に変わっていった。

自分とその人との違いは明確だった。

「今すぐ上手くなりたい」か、「1年後にはきっと今より上手くなってるはず」。

前者が自分。そして、確実に上達するのは後者

いつから自分自分画力のなさが嫌になった。

何を描いてもすぐに気に入らなくなるし、どんな技法書を読んでも身につかなかった。そもそも勉強する気がなかったのだから当然だけど。

けれど、この人は最初から自分技術がないことを認めているから、とても強い。

今は下手だけど、ずっと学んで描き続ければきっと上手くなると信じ、決して他人との差を卑下することなく、描くことそのものを楽しんでいる。

自分はそんな風には考えられない。

すぐに他人との差を卑下して、超えられない壁ばかりを見上げてはそこに留まっている。

そんな自分も嫌だった。

けれど、もっと嫌だったのは、どこまでも前向きで愚痴も零さずひたすら好きなことを表現しようとする姿勢他人を惹きつける、その人。

私とは何もかもが正反対すぎて、いつしかつぶやきを読むだけでイライラするようになってしまった。

そしてある日、「公共の場から愚痴を言わない」的なつぶやきを見て、ああ、やはりこの人とは生きている世界が違うのだ、と気付いた。

自分リアル他人愚痴をこぼすことができない。物理的にそういう話ができる人間がいないのではなく、言えない。

数分熟考し、脳内言葉パズルを組み立ててから口にしないと、思ったことを話せない。

そうして出てきた言葉でも、相手が嫌な思いをするのではないかと考えると、口に出せない。だから言わない。

これはおしゃべりな人間には理解できないだろう。

からついったーで誰に言うでもなくぶちまけているだけで、別に誰かに拾ってほしいわけではない。そうでもしなければ精神が保てないのだ。

王様の耳はロバの耳的な感覚なので気が済んだらすぐ削除するし、差別的表現絶対に使わない。

その人にそういうことを否定する意図が一切ないのは知っているが、否定された気分にならなかったかといえば嘘になる。

私はついったーアカウントを削除し、ぴくしぶのアカウントに上げたイラストも非公開にした。

もうすっかり自信が持てなくなってしまった。ペンを持つことも億劫になってしまった。

これ以上公共の場で荒れる自分を見られたくないし、その人には私のことなど気にせず楽しく絵を描き続けてほしいし、何より私がその人のことや絵を見ていたくなかった。

その人との関係に溝ができることは避けたかったので、その人だけをブロックすることはしなかった。

自分が消えれば(周囲にとっては)すべて解決するのだから、それでいいじゃないか

そして1週間ほど経った今、ここでこれを書いているわけだが。

別に誰に共感されたいわけでもない。ただネットの片隅に書き留めておきたかった。

くだらない理由で筆を折った『自称絵描き』のつまらない話を読んでくれてありがとう

異論反論は読まないのでご自由にどうぞ。

2017-07-17

[]

可児郷土歴史館で開催中の「謎解き!可児古墳たんけん!」展に

行って参りましたわ。

愛知県岐阜県古墳出土品が展示されていて、

市内の古墳については見学の可否も紹介されていました。

削られてなくなってしまった古墳もあるのですわ。

展示全体に夏休み自由研究に使ってほしいとのオーラが感じられましたわ。

愛知県味美二子山古墳から持ってきた馬形埴輪のお尻に穴が空いていたのですが、

完全に復元で追加した粘土部分だったので、根拠が疑問でしたの。

増田的には埴輪といえどもお尻に穴は必要ですけれども・・・・・・

別の同型埴輪から穴の痕跡確認できたのかもしれませんわね。

岐阜県最後首長である熊野古墳が方墳であることは、

古墳時代最後に方墳の格が最上にあがったことと関係がありそうですわね。

書物でえた知識事実と答え合わせできると、とっても満足しますわ。

2017-07-11

ゆらぎ荘騒動を静観した後に起こるのは第二の都条例改正である

http://davitrice.hatenadiary.jp/entry/2017/07/11/114310

規制を求めたものではない」「少年誌にふさわしくないと言っているだけ」という理由

規制派の暴走であるという意見散見されるが、決して暴走でも過剰反応でもない

上記二つの意見は、2010年非実在青少年という単語が有名になった有害図書指定に関わる都条例改正擁護する立場から多く見られた

私は今でも都条例改正には納得していないし反対の立場

少年誌にふさわしくない」が定着した後に要求されるのは「成年マーク付きでやれ」か、「青年マークを新設しろ」になることは目に見えている

そしてCERO公的規制悪用されたように、青年マーク付き書物の購買年齢規制条例レベルで始まる

そんなバカなことは起きてはならない

よって、ゆらぎ荘騒動に反対する勢力は反規制派の暴走などではない

静観の結果何が起こるかを正しく危惧している故の行動である

2017-07-07

ストレスフルな文章業務で読むはめになった。

うちの会社パートに、これから出す予定の電書の校閲とかやらすんだけど、今まで読まされた原稿が揃って「日本人すごい」系。

アフリカ子供たちに体育会系野球掃除を教えたらみんな態度が見違えるようになったとか、昔アメリカ日本的な礼節を守り教え続けた日本女性とか、寺社仏閣の建築には日本ならではの神性があるとかなんとかそういうの。

ただ、そのテーマストレスを感じるわけじゃない。

問題は、そういう本を出したいという人の書く文章がひどすぎるということだ。

自分なんて素人パートだし、偉そうなことが言えるわけじゃないことはわかってる。最初ちょっとした誤字脱字をチェックするレベルなのかと思ってた。

でも、最低限、主語述語をしっかり書くとか、推論なのか単なる感想なのかはっきりさせるとか、人が書いた本から影響受けたんならその出典を明らかにするとか、小・中学生の作文でも指摘されることができてない文章ばかりなのだ

今日読んだ原稿では、筆者が考えたわけじゃなさそうな専門知識が並べられた後に、(すべてwikipediaより)ってあってクラクラした。

日本大好き日本アゲ!な本を書きたいなら、まず日本語日本既存書物大事にすればいいのに、と言いたくなった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん