「コンテスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コンテストとは

2022-05-19

anond:20220519055815

別に相手にされなくてもいいよ

たまに罪悪感かなんなのか知らないけど、コンテストとか教室かに誘導してくるけど

そんなの入りたくないし

2022-05-12

anond:20220512152716

あー、そんな感じそんな感じ

自分なら、砲丸投げして終わりにしちゃいたいんだけど、

どうだー!文句あっかー!みたいに言いながら

ただ、それをやったのは旧劇だから

今回はちゃんコミュニケーション取ります

若いときコミュ障ですいませんでした若気の至りでした、

みたいな感じもある

あー、登場人物がどこかつまらない大人になるってのもそういうことなのかな

自分はそれがつまらない

できれば、脳内だけは若いときのままでいたい

から、シン・エヴァ劇画オバQなんだろう

オバQ世界は無軌道若さ故の過ちが描けるが、

登場人物大人になった劇画はどこかつまらない

サラリーマンの悲哀と抑圧、ハカセとの起業の誘惑を断り、子育てのためにサラリーマンを続行、

シン・エヴァに感じるつまらなさにはそれもあるのかもしれない

碇ゲンドウの設定も不愉快なぐらい詳細になってしまい、

ミステリアスで謎が多いまま投げてしまえば良かったのに、

思ってたんと違う感じが満々で、そのまま露骨CG臭さのエヴァ同士が戦い始めて、

え?これってDoGAコンテスト?みたいに思ったのもつかの間、

あれよあれよと宇部興産新卒入社とか、

多分、氷河期世代から不愉快に思えるんだろうな

来世では宇部興産正社員になって、メガネ巨乳をゲットだぜ!

2022-05-07

意図せずパクりのような作品を創ってしまった。

 40歳を越えてから初めての小説出版し、さらそれから3年以上の時が経過した

 あれから唐突地球を半周したり、なぜかいきなり九州工場に働きに行ったり、いまさら結婚したり、唐突3DCG勉強したり、いろいろやった。

 なんだか基本的に迷走していた気もする。

 最近になって、前作を気に入ってくれた方から原稿を頼まれた。忘れ去られてないだけでもありがたいことだ。

 少し苦労して、自主的に書いていた時は完成しなかった短編をなんとか書き上げた。どうやら締め切りがないと書けないタイプらしい

 書き終わって原稿メールで送って一息ついたまさにその日の朝、書いた話とまったく同じアイデア漫画webで公開された。

ういてるふたり

https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496895224892

 あわててTwitterに、「ネタかぶりした」とアリバイ投稿をする。こういう時、内容の修正ができないTwitterはありがたい。

 それにしても、タイミングが悪い。

 実は前作も、ネタが被った。

 応募しようと思っていた小説コンテスト投稿締め切り1ヶ月ほど前に、「世界中が突然長期間停電してしまう」という自分小説とほぼ同じネタ映画サバイバルファミリー」が公開されたのだ。

 映画の内容次第では、応募すらできないかも。と、戦々恐々としながら劇場に見に行った。

 結果としては、大丈夫だった。題材は同じなのだが、書き方が違う。ある部分では負けているが、ある部分では勝っている。

 具体的に言えば、世界停電理由付けやリアリティの部分では勝てた。

 コツコツ調べて積み上げた小説内のディテールが、「これを世に出しても意味がないのではないか」という思考から自分を守ってくれた。

 今回の漫画を読んだところ、今回も同じことが起こっているように見える。

 食材は同じだが料理法が違う。そんな気がした。まあ自分作品ゆえの贔屓目なのかもしれないけど。

 世間の大体の創作は、おそらくアイデアレベルではオリジナルじゃない。

 有名映画監督や、「○○節」と言われるような独自の歌い方をする歌手など、作風、芸風を極めた場合、ひょっとしたらどんなアイデアでもオリジナル作品として消化できるのではないだろうか。

 わかりやすい例えでいうと、「シン」シリーズシン・ゴジラ以降がまだ未公開なので庵野監督成功パターンが作れてるかどうかはまだ謎だけど)。

 これはむしろ福音ではないだろうか。もし世にある様々なアイデア自分流に作り直してオリジナルに消化できる、ということなのであれば。

 ……と、自己完結はしたものの、やはり不安ではある。

 後出しが遅ければ遅いほどパクり認定されやすいのでは、という考えで、早々に公開することにした。

 こうやってここに書くのも、なんだか言い訳がましいなあ、と自分でも思う。

 でもせっかく書いたので、公開はしたい。判断はまあ、世間に任せる。

職場で浮かないように気をつけています

https://sfwj.fanbox.cc/posts/3793106

2022-05-01

anond:20220430203312

ミステリーは辞めた方がいい。

新本格ミステリー特にあかん

トリックさえ複雑でゴチャゴチャしていればいいんでしょって作りの作品ばかり。

編集審査員最初からミステリー文章力求めてないかトリックの出来がいいだけで文章力中学生の作文コンテストにも入賞しないようなのが大賞クラスを取ってく。

マジで辞めた方がいい。

マジでヤバイ

なんなんだあの界隈はってぐらい文章力という能力コケにしてる。

酷い酷いと言われてるなろう小説だって頭悪い人でも読みやすいような文章の作りを意識してるのは伝わる。

新本格マジで作者がトリックを隠すために用意した言葉の森以上の価値存在しない。

トリックとヒントと証拠っていう核以外の部分全てが余白。

可食部ほとんどゼロの過剰包装。

マジであれは文章目当てのときに読んじゃ駄目だ。

本当ヤバイよ。

今のミステリ文壇は完全にトリックを解明する能力と作る力のみを優先してそれがエンターテイメントであったことを忘れてる。

ミスターマリックがなぜテレビスターになれたのかを考えもせずにあの程度のマジックはーと言ってる売れないマジシャンのような連中ばかり。

まず文章があって始めて成立するんだってことが見えてなさすぎ。

牛丼ご飯が臭かったら肉がどんなに美味しくてもそれは牛丼という形で調理したものとしては失敗なんだってレベルの話を意地でも認めないアホの集団

そんなにトリックだけで全部終わらせたいなら死ぬまで3分ミステリー書いてろって話だよ。

2022-04-24

からリベラル意見賛同してる人って少ないんじゃね

リベラル意見賛同しているというより、周囲にリベラルと思われたほうが正義っぽいし、いい人っぽいし、なんならちょっと賢そうと思われそうだから、みんなしてリベラル大喜利してるんじゃないかと思ってる。


フェミオタクコンテンツに火付けすると、「リベラル派」がいろんな理屈をひっさげて、次々に登場したじゃん。

普通意見賛同してるなら、その意見が全員バラバラってのはおかしいだろ。

あれ、大喜利していて、リベラル傍観者喝采を浴びるコンテストしてんじゃないの。


そう考えると、無茶苦茶憲法解釈披露して弁護士たちからぶっ叩かれても、そいつ以外のリベラルは平然としているのも理解できる。

演芸場芸人が滑っても、恥をかくのは芸人であって観客じゃないからね。

2022-04-17

戦車模型の汚し塗装の技術ってどこまで行くんだろうっていう感じで日々進化し続けてるのが怖い

本物そっくりの汚れではないけどめちゃくちゃリアリティがある、1/35や1/48というスケールの違いまで武器にした技術の数々

マテリアル進化もあるし模型のものの造形力の進化もある

1ページでまとまってないのが残念だけどモンモデルオンラインコンテストとかTwitterで見てると、らしさの凄さでいつもため息が出る

あとはアーマーモデリング誌がいつも毎回最終回か!っていうくらい熱量を感じる

適当な安いタミヤ戦車プラモデルと隣の棚にある塗料と汚し用マテリアル買ってきて適当に(ホント適当でいい!なすりつけるような感じでもOK!)やるだけでも「らしく」仕上がるのは満足感がある

そこからさらに緻密に繊細に行くのも自由だし専用スミ入れ塗料だけで簡単仕上げでも全然楽しい

戦車模型楽しいよっていう話

2022-04-08

「涙で 文字が にじんでいたら わかーーーって下さーーーーい」anond:20220408122053

「わかって下さい」(わかってください)は、因幡晃デビューシングル作詞作曲因幡晃編曲クニ河内コンテスト用の編曲船山基紀)。1975年秋の第10

2022-04-07

anond:20220407125420

損害賠償する権利もあるよね

それだと女優側が金払う権利あるよねって言ってることになるぞ。

もちろんある。ぜひ好きなだけ払ってくれ。

損害賠償請求する権利ももちろんある。

民事で訴えるのは何だって自由だ。

でも、「コンテストで他の人が不正入賞して、私は落選だったか賠償してくれ」っていうのはかなり厳しい裁判になると思うよ。

2022-03-28

ADHDに向いてる職業

年間継続して平均的に結果出さなきゃいけないサラリーマンは無理

SNSとかは一時的に30万フォロワーかいったりゲーム全国大会とか出たり一瞬のブーストなら自信ある

でもyoutuber継続必要仕事からもうやりたくない

となると芸人になって賞レース出たりコンテスト系で名を上げられるモノが良いのかな?

anond:20220327235341

一生自立の難しい子の介護を続けるのも、そこにしかない人生醍醐味が感じられると聞くよね。

公共の作文コンテストの優秀賞に選ばれた作品では、しばしば家族介護経験醍醐味が語られている。

2022-02-21

anond:20220221105758

大昔、零細のゲーム制作会社にいて、その関係クリエイター崩れの知り合いがいたけど、企業コンテストパクるためにやってるから絶対応募しないとか、有名アーティストバックダンサーオーディションに行ったらフリをパクられたとか、パクられる被害妄想持ちがいっぱいいたな。

2022-02-11

最近読んだBLと非BL

 数年に一度は自分に襲い来る長野まゆみ作品ブームはまっている最中のため、あまり商業BLを読めていない今日この頃。残り少ないお小遣いも、長野先生新刊(非BL)を買うために温存中。

 ちなみに、長野まゆみ先生の書くものの多くには男×男の恋愛要素があるのだが、「非BL作品扱いなのは何故なのかというと、BLレーベル以外から出版されており、商業BL定義にあてはまるようなBLではないからというだけ。商業BLには面倒臭いルールがあるのだ。例えば、基本的ハッピーエンドとか、攻めの浮気厳禁とか、無駄に女を登場させてはいけないとか。

 まずは久しぶりにちゃんと「商業BL」の漫画から

極夜』(文善やよひ)

あらすじ

 世界は人の住まう「現世」と人ならざる者の住まう「常世」に別れている。主人公天野は、常世から来た者たちが利用する人里離れた旅寓(旅館)で働いている。

 ある日、常世の王・ツクヨミが旅寓に骨休めにやって来た。傍若無人ツクヨミ天野は振り回されるが、ツクヨミにかつて自ら命を断った友人の面影を感じ、気になってしまうのだった。

増田感想

 これはある特定の層にピンポイントでぶっ刺さるやつなのだろうと思うが、生憎私自身はこういう系を好きこのんで漁って読む方ではないので、せいぜいハジ先生の『坊主蜘蛛』を読んだくらい。BL外の作品ではたとえば『千と千尋の神隠し』とか『しゃばけ』とか『蟲師』とか『夏目友人帳』とか『モノノ怪』とか『家守綺譚』とかそこら辺が好きな人向けなんじゃないか。あ、私の好きな『左近の桜シリーズ』(長野まゆみ)もこういう系だな、そういえば。

 特定の層にピンポイントでぶっ刺さる系なので、『極夜』のレビューを某BLレビューサイトで見るとけっこう良さげなのだが、泣いたとか感動したは言い過ぎなのではないかと、私は思う。そこまですごくはない。まあまあ良い話だとは思うけど。

 事前調査なし・試し読みなしで買って読んだら、表紙めくって出てきたカラーイラストが『鴆――ジェン――』のフェイ将軍とツァイホンの絵だったので、私は買う本を間違えたのか? と一瞬慌てた。調べたら、この『極夜』というタイトル単行本、文善やよひ先生が『鴆』の大ヒットで人気作家になったために、絶版になっていた過去作品を『極夜』と改題して復活させたものだった。表題作の他に『鴆』の番外編も同人誌から再掲。なるほど、今の文善先生はかなり手練なプロ作家という印象だが、『極夜』は確かに若いなって印象だ。『鴆』はpixivコミックで2話まで無料で読める模様。

 文善先生の大ファンの人で過去作品全部コンプしたい人向け。文善作品ちょっと興味があるくらいなら、回り道せずに『鴆』シリーズか『蟻の帝国』を読むといいのでは。

 エロシーンがしめやかでいいな。私はあまりこれ見よがしな感じのエロシーンは好まないので。それと、ベタスクリーントーンが少ない為にエロシーンの白抜きが煩く見えなくていい。

 しかし、シンプルめな画風でもごっそりと白抜きのかかるのって。以前、某お気に入り作家さんのBL作品シーモア無料になっていたので読んでみたところ、修正レベルシーモアだったのでKindleでは輝く白さに消されるべき所が薄ぼんやり見えていたのだが、薄ぼんやり越しにもそこがかなり生々しい描かれ様なので驚いてしまった。な……BL作家さんって、キャラの顔はめっちゃ漫画でもおちんだけはこんなにリアルに描くもんなのか……なんでここまでおちん描写に執心してるのかわからない……と、電子書籍Kindle使いな私は愕然とした。そんな所どうでもいいと言い切ってしまうのも何か違う気もすると思いつつ、正直どうでもいいよなあ、どうせ消される所なんだし……と思わずはいられない。


『綿柎開(わたのはなしべひらく)』(長野まゆみ



概要

 16ページしかない掌編なので、あらすじは省く。掌編アンソロジー『掌編歳時記 秋冬』に収録された作品サラリーマンのほんのりオフィスラブ。現代現代的な話だから幻想なし。エロもなし。しかし非BLなので安定のインモラル上等ぶり。


増田感想

 普通に現代ものなのでビビった。登場人物ちゃんと今時のサラリーマンだなんてすごい! 漢字字形にやたら拘るところはいもの長野先生だけれども。

 こんな短い文章ボーイズがラブしているのすごい。文章は簡潔だけど、短いなかに情報量が多く、なのに情緒風景描写が死んでいないとは。熟練プロ作家恐るべし。と、これを読んだ時にちょうど小説投稿サイトフジョッシーで開催されていた掌編コンテストに応募すべく四苦八苦していた私は、震え上がり畏れ平伏叩頭したのだった。プロすごい。


ところでBLとも長野先生とも関係ないけど、『掌編歳時記 秋冬』のトップバッターが先週亡くなった西村賢太先生訃報を知ったあとに読むとほろりとしてしまう、切ない掌編だった。


『チマチマ記』(長野まゆみ




あらすじ

 猫のチマキは飼い主のマダム・ロコとはぐれてしまい、まだ赤ちゃん同然の弟・ノリマキを連れての放浪生活ののち、小巻おかあさんの家に流れ着いた。小巻おかあさんの家・宝来家は大所帯。おかあさんの息子でありまかない担当カガミさんの他、おかあさんの亡夫の前妻・マダム日奈子、日奈子の娘の暦さん、暦さんの兄・樹の娘のだんご姫、だんご姫の叔父桜川くん、そしてジャン・ポールが住んでいる。

 そんな複雑な家庭でクセのある人々と共に暮らすチマキは、小巻おかあさんのエッセイコマコマ記』を真似て『チマチマ記』を書くことにした。これはチマキが宝来家にたどり着いてから一年間の記録。

増田感想

 だいぶ極まった感じのロハス生活を描いた作品だが、長野まゆみ先生らしく背景には桜川くん×カガミさんのほんのり(悪魔的な)BLがある。

 長野先生がこんなにふんわりした感じの森ガール死語)が喜びそうな文章を書くなんて意外な気がする。しかも「にゃん語」とか「萌え」とかい単語長野作品に登場するとは、その事自体萌え萌えしい。

 だが、文体はふんわりしているのに、ことあるごとに美味しい食べ物カロリーが高くしか健康に悪いという現実ビシバシ突き付けてくる。なんなの長野先生サドなの? そんなに言わなくてもいいじゃないカロリーことなんて! 普段現実離れした作風なのになんでそこだけリアルシビアなのか謎。極力カロリー塩分を抑えてしかも美味しい料理を作ろうとなった時にまずは極上の食材調達してきてそれを干す、という異様な難易度の高さ。救いなどなかった! しょうがない、貧乏人はポテチ食ってデブしか……。

 昔、向田邦子か誰かの随筆で、戦中にこっそり隠れて読んでいた婦人雑誌に「シュウクレエムのいただき方」という記事が載っていて腹を空かせながら読んだが、結びに「淑女はシュウクレエムなど食べてはいけません」と書かれていてがっかりした、とかいう内容のがあったと思うのだが、きっとその時の向田邦子か誰かの気分が『チマチマ記』のお料理場面を読んだ時の私の気分に近いんじゃないかなと思う。

 難易度高過ぎロハス暮らし描写勝手に心折られてしまったが、桜川くん←カガミさんのBLは良さげに納まったっぽいのでいいや。

2022-02-01

夢を叶えるって難しいね

なんで作家になれないんだろう。

ろくに私の小説を読んだことがない母親に「こんな小難しい文書いてるから受賞できないのよ!私の言う通り書けば賞が取れるのに!」などと言われた。

喧嘩した。私は私の文章が好きだ。三年、自分の好みの文章にするために小説を書き続けてきた。

公募評価では文章は書けてると言われている。だから能力は無いわけではないはずだ。私は母親のために小説を書いてるわけではない。なのにどうしてここまで言われなければならないのだろう。

母親の言うことを聞けば何もかもうまくいくと教育されてきた。高校私立マンモス高、女だから短大に上がり、大企業就職して鬱病になってやめた。それでなんか知らんが小説家を目指した。私は精神障害者だ。その上身体がめちゃくちゃ弱い。どのくらい弱いかと言うと1キロ歩けなくてタクシー常連都内就職したくても通勤で倒れてしまう。だから家でできる職業を目指した。それがどんなに非現実的かも知らずに。

努力しても意味ない、と言う本を読んで本ごとゴミ箱に投げ捨てた。そんなのわかってる。才能業は私に向いてない。私は私の物語主人公にはなれない。それがわかってるからしかった。落ちた公募コンテストは二十を超える。これで一次で落ちるなら諦められた。でも毎回そこそこの成績を叩き出してしまう。少なくとも一次で落ちたことは最初一年、片手くらいしかない。だからまだ才能があるんじゃないかと思うんだ。

今までもココでだいぶ愚痴った。増田のみんなは優しいから、もうちょっと頑張れるよって言ってくれる。現実人達はいい加減現実見なよ、底辺が成り上がれるわけないじゃんなんて言う。村上龍だか誰かが13歳のハローなんたら(検索避け)で作家は最終手段なんて言ってた気がする。最終手段にも手が届かないって死んだ方がいいのか。

頑張ってる人はいっぱいいる。Twitterで傷の舐め合いをしてると、自分から行動して努力してる人は沢山いる。同業の作家志望者はその人たちを馬鹿にするけど私はすごいなあと思う。

諦めたくないなあ、と思うけどタイムリミットはある。三十路になったら現実を見ようと思った。あと一年。まだ努力が足りない。いくら努力すればいいんだろう。

小説家を諦めてシナリオライターになろうとした。派遣社員で。結果は全社落選派遣でも落ちるって何?私はやっぱり才能ないのかな。

もう嫌だな。

私は誰かに頑張れって伝えられるような話が書きたかったのにな。

今は異世界転生悪役令嬢ですよって言われて、書きたいものは売れてから書けばいいじゃないですかって言われる。

でもそれじゃ遅いんだ。早くしないと自殺する三十歳に間に合わない。もうOD後遺症でだいぶ身体にガタが来てて、痙攣が止まらなくなった。薬漬けであんまり長生きは出来ないだろうなと思ってる。だから死にたかったのに、こういう時に限って、サイトに知らない人から応援メッセージが来るんだよなあ。私の小説が誰かの頑張れになってるならもう夢は叶ったんじゃないかなあ。もういいか

でも私は欲張りだからもっといっぱいの人に頑張れをあげたいんだ。夢を叶えるって難しいね

2022-01-23

anond:20220122140840

サッカー 勝ち負けがある 対戦形式

ソリティア 勝ち負けがある

マインクラフト 勝ち負けない ゲーム機でできる マルチプレイ

上のみっつは、所謂一般的ゲームの要素があるから明らかにゲームだと認識してる人が多い。

プログラム

仕事の側面が強い(やってない人は頭使う地味な作業で楽しく無さそうだから特に

ファミリーベーシック以来ゲーム機との親和性がない

明確な勝ち負けがない(完成を持ってクリアとすることもできるが仕事ってみんなそんなもん

対戦形式ではない

みたいな感じで、ゲームの要素から離れてる

ゲームを作る上位存在でもある

とはいえプログラム教室とかでやってるスクラッチとかは子供ゲーム感覚だと思う

プログラムコンテストとか大会とかが盛んになったらゲームだと思う人も増えるかなと

自分も遊びとか趣味プログラムしてたことがあるし、周りにも変な趣味サーバー構築とか資格取得とか)の人多かったし、プログラミング的なゲームも増えてきたし、色んなことが仕事になってきたし

そのうちプログラミング(の一部)もゲームに入ってくるのではなかろうか

競技とか遊びの側面が強化されたら

本質的駆け引きの要素も元々備わってるし

2022-01-18

タイガーマスク結婚」と

 1988年4月26日都内六本木喫茶シールズ」で全日本プロレスジャイアント馬場が会見をおこなった。

同日、某スポーツ紙の一面をデカデカと飾ったのは「タイガーマスク結婚」という独占スクープ。会見場に現れた馬場は「これには参ったよ! 仲人はオレ? 今日にも婚約発表? せっかくみなさんに集まってもらったのだから仕方がない。ちょっとタイガーを呼んで来い!」と“主役”を呼び込んだ。

 会見場に現れた2代目タイガーマスク三沢光晴)は「ほんの軽い冗談ですよじゃ、済まないだろうなぁ」と言ったきり沈黙交際相手は第2回ミス映画村京都コンテストに優勝した女優。前年の1987年4月2日全日本プロレス大阪大会花束嬢を務めていたという。

 彼女写真を手に撮影に応じたタイガー。その横で馬場は「まさか虎のマスクかぶって結婚式をやるわけにもいかんしなぁ」とどこか嬉しそうだった。

2022-01-17

LGBTはんこ」がデザイン賞をとってしまLGBT後進国日本

★この記事はいわゆる「"LGBT"教育」についてそのへんの素人が管を巻いている話です★

前段は省くが、高校生対象としたデザインコンテスト毎日・DAS学生デザイン賞 第36回高校生デザイン賞)の結果一覧を見た。

その中の「プロダクト部門」で部門賞を受賞している作品が(より正確に言うなら、この作品部門賞を受賞していることが)むちゃくちゃショックだったのでここに書いておく。

最初に言っておくと、私は受賞者を非難したいわけではない。

審査員非難したい気持ちはなくはないが、問題日本全体のLGBT理解の鈍さだと思うので、運営毎日新聞社と(一社総合デザイナー協会)だけを責めるのも違うと思う。

「これが日本の現状なんだよなあ」みたいな諦め感と「それにしてもひどいな!?」という憤りを書き散らしているだけなので、関係者の方々はどうか適当に読み飛ばしてほしい。

早速本題に入るが、本大会プロダクト部門賞受賞作は、『Say hancall』という作品であるこちら作品紹介のスライドを見れば分かる通り、「性別」を表す記号を組み合わせた図柄の「はんこ」が4つ並んでいる。

以下、スライドに書かれた文章引用する。

みなさんは「LGBT」について考えたことはありますか?
日本異性愛者が一般的だという考えが多いと思いますが、少なから同性愛者・両性愛者・心と体の性が一致していない人がいます。今もなお、そのような人たちへの差別意識がある人は多いのではないかと思います。ですが、人生は一度きりだし自分らしく生きるのが一番だと思いませんか?
そこで私はSay hancallを提案します。男女の記入欄にぽんっと押すだけで自分の性を理解してもらえます。世の中のイメージ無視して自分の性をオープンに楽しんで欲しいです。


デザイン意図としては、いわゆるシスヘテロ(「心身の性」が一致する異性愛者)が「一般的」な日本社会で、LGBT当事者差別に負けずに「自分の性を理解してもら」い「自分の性をオープンに楽し」むことを応援する、「LGBT理解」を目的にしているのだろう。

しかし、私はこの作品がその目的を達成できているとは到底思わない。むしろ逆効果なのでは?とすら感じてしまう。

以下にその理由を思いつくまま列挙する。

・「男女の記入欄」に何で性指向を記入しなければいけないのだろう? 性指向に関わるLGBと性自認に関わるTを同列に扱うこと自体に無理があるというのはもう散々言われていることだが、現在日常的な質問で「性別は?」と聞かれて「異性愛者です」と答える機会はまずないだろう。にもかかわらず作品企画としてそれが通ってしまうのは、日本LGBT教育いかに「性的マイノリティー」の解像度を上げないままお題目だけ唱えているか証左ではないか

・「自分の性を理解してもら」うことをカジュアルに考えすぎではないか。性指向性自認に限らず、人種家族構成など自分が持つ「マイノリティとしての属性」を誰かに打ち明ける、理解してもらうということは、本来すごく負荷がかかる行為だ。嫌われるかもしれない、わかってもらえないかもしれない(そして現実としてそれが杞憂で終わらないことは少なくない)……当事者たちは、そんな不安を抱えながら、カミングアウトする/しないを決めている。間違っても、マジョリティ側が「自分らしく生きるのが一番! 言っちゃおうよ!」と強引に背中を押すことがあってはならないはずだ。

徹頭徹尾「"LGBT"問題」を他人事として扱っている雰囲気がある。LGBT当事者が「自分らしく生きるのが一番」だと思っていないとでも言うのだろうか。そうしたくても社会や周囲の人々、内面化された自分自身の偏見から、「自分らしく生きる」ことを抑圧されているケースが多数ではないのか。「世の中のイメージ無視して自分の性をオープンに楽しんで欲しいです。」などというのは、本来マジョリティ側が負うべき、現在差別的な社会是正する努力放棄した上で、マイノリティが「自分の性をオープンに楽しむ」ことを強要し、それをもって「LGBT差別の根絶」を図る、極めて傲慢とも捉えうる発言だ。

以上のような理由から、私個人はこの作品を受け入れ難かったし、もしこれが「LGBT理解を促進する素晴らしいデザイン」だと称賛されるのなら、それはとんでもない話だな、と思わざるを得ない。

2022-01-08

ジュノンスーパーボーイアナザーズ?

コンテストベスト100に選ばれながらも最終選考までは残れなかった中からメンバー選抜されている。

まり、二軍ってこと?

俺は二万軍ってこと?

2022-01-07

anond:20220107142338

でも継続して新人賞はやってるしなあ。

いわば「契約社員ウェブコンテスト」と「正社員新人賞」に分かれただけだよね。

anond:20220107141721

から出来合いの作家pixivとかなろうとか辺りから釣ってるよね。

投稿サイト出版社コラボコンテストなんか見ると、すげー! めっちゃ作家を育てる気ねぇー! って感心する。

2021-12-20

anond:20211220003526

政治家になった奴だけが得する!」っていうなら、れいわの障害者だって同じことなのにな

あの手のrepresentationってやってるのが左翼の時だけ都合よく持ち上げられるからクソ概念なんだよ

どうせ与党がびっくり人間コンテストみたいに障害者とかLGBTとかかき集めてきたって、なんの評価もしやしないんだから

2021-12-18

趣味に対して上から目線でのアドバイスをしてくる人とは

こんばんは、でいいのかな初めてここに投稿する。

匿名ダイアリーってこんな感じなんだな〜と思った。新鮮だね。

分数日でアカウントも削除すると思う。どうしても苦しくて、消化できなかったことを吐き出したくて作っただけだから

どこから書こうか。とりあえず自己紹介すると俺は一介の字書きだ。支部に細々と投稿して、一次創作をたまに書いてコンテストに応募したりもしてる。

本職は別にあってこれは理系なんだけど、本好きが高じて字書きになった。結構このパターンの人は多いんじゃないかな。

友達に「お前本好きだし、書いてみろよ」って勧められて支部投稿したら結構人気のジャンルだったからか割と読まれたりもした。

で、そうしたら次に「感想が欲しいな」と思った。自分限界に挑戦してみたいと思って一次創作を書き始めたのも同時期だったような気がする。

から感想箱を置いてみた。でもそれは一瞬で撤去した。

あの時の俺は馬鹿だったなと思う。ただ黙って感想箱を置いておけば良かったのに、知り合いの字書きと通話してた時にポロッと言ったんだ。

感想箱置いてみたんです」って。

そしたらさ、その知り合いが急に怒り出したんだよ。

あんまり覚えてないけど、「俺の作品感想くれないくせに、お前は自分作品感想が欲しいのか」みたいなこと言われた気がする。

訳がわからなかった。だって関連性ないと思わないか

俺の小説感想を書いてもらうことと、知り合いに感想を俺が書くことには何の関連性もない。というかそれまで感想を求められたことすらなかった。

どうやら知り合いの中では

「俺から感想が欲しいならまずお前が俺の小説感想を書くのがマナー

ということになってたらしい。しるかそんなマナー

知り合いは俺よりいくつか年上だから反発するのも面倒くさくて、すみません、みたいに謝った気がする。

一次創作も書いてるんです」って言った時には「他人推敲させてみろよ。バキバキに心折れるぞ。俺はこれで他人の心あったことある」っても言われたな。

なんでど素人推敲したこと他人の心を折ったことを得意げに話せるのか分からなかった。言っておくとその知り合いは文学に関する仕事では一切ない。

その心折れた人がどうなったのか聞きたかったけど怖くて聞けなかった。誇張で言ったと信じてはいるが。

「お前の作品義理で読んでやろうか」と言われたこともあった。なんでそんなこと言われなければいけないのか分からなかった。読みたくないのに読んで、それで感想を捻り出して、俺が喜ぶと思ったか

から俺は感想が欲しいのかと思って「感想を送りますよ」って言ったら即刻拒否された。今思えば、俺に批評されるのが怖かったのかもな。

もう疲れてしまって、今は一切連絡は取っていない。

趣味でやってることに対してなんでそんなに上から目線アドバイスが出来るんだ?

仕事でやってることに対してのアドバイス(理不尽でないもの限定だが)ならまだわかる。だけど、好きでやってることに対して求められてもないアドバイスをすることは理解できない。アドバイスをください、と言われた時は別だよ。でもそうじゃない時にわざわざ言ってくるのは承認欲求でも拗らせてるのかと思う。

読書量もブクマ数も書いている文字数も、あまり言いたくはないが俺の方が上だった。

そいつに見られてるかと思うと嫌で仕方がないが、支部では俺の作品を好きでいてくれる人がいる限り垢削除はしないようにしたいとは思う。

なあ、感想がほしいって思うのはそんなに悪いことだったのか?

今更落ち込んできた

今の数字が全ての世界は本当に辛い

Twitterのウン万のアカウント凍結させられて参った

その辺までもう一度上がるのであればコンテストとかそういう人数よりも権威に縋るしかいかもなと思えてきた

今は自己研鑽する時だと思ってやっているがどうだろうか

IT系免許オススメある?

ワイは35歳なんやがもう今の仕事しとうない。

そしたら会社新規IT部門増設するみたいなで「あっそれIOTIOTAI技術ゲームチェンジ」ってノリになっとると聞いた。

まあそれそのもの成功するとは思えんが、そういった流れを利用してヒョイっとIT系の部署に移動とか出来ないかなと。

ゆうて「一人でシコシコプログラム勉強しました俺の作ったゲームDL数ついに10人超えたんすよ」とかやっても馬鹿かって目でしか見られんからなんか資格がほしい。

ゆーて漢検TOEICみたいな実力証明書系は「俺の作ったゲームコンテストで佳作に入ったんすよ」と同じレベル仕事で使えるのかよソレが凄いじゃん。

から免許系が欲しいんだよね?

免許って腐らんやん?

ワシ電験運転免許持ってるけど、オームの法則さえ今の会社じゃ使ったこと無いし運転はペーパーゴールドや。

でも免許は腐らん。

資格はなんつうか流行り廃りがあるし、それこそ「俺、今英検受けたら4級落ちるよ。so sad pesimizm」の世界になったりするんだし。

つーわけでさ、IT業界にもなんかこれ持ってたら絶対的につええって免許ってあるの?

それとも「これが免許だ」でコーディング能力と人脈の自慢で押し切る世界なの?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん