「学食」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学食とは

2022-04-27

今思えばフラグだったって事あるよな

大学イラスト描いたりするサークルで、学園祭に出すイラスト同人誌編集をしてた時、後輩の女の子が焦げたクッキーをつまんでた。

話を聞くと、友達と交換するって言う事で練習したけど、見事に焦げちゃったらしい。

何となく1個貰って、なんだよ美味いじゃんってポリポリつまんでたら、それ以来めっちゃ懐かれた。

PC作業してたらちょこんと横に居たり、イベント前の徹夜作業明けで部室で仮眠してたら後輩のジャケットがかけられてたり。

イベント前日に売り子で着る予定のメイド服着てて、俺をマスターにみたててめっちゃメイドさんごっこする始末。

お茶とか淹れてくれたり、メイド服のまま学食いっしょに行ったりしてた)

今思うと超絶フラグだったし、なんでアクションしなかったんだ俺。すげー後悔してる。

めっちゃ良い子だったし一緒にいて楽しかったのに・・。

2022-04-25

初任給を貰った……生きてるだけでお金が掛かる

から社会人になり、初めて給料を貰った

1年目の初月なので取られるのは、所得税+雇用保険料のみだ

来月からは、更に健康保険料+厚生年金保険料が取られる

そして、来年からは更に住民税が伸し掛る

ざっと計算すると来月からは基本給が20万で手取りが約17.5万

来年は+住民税が引かれる

先輩曰く「来年から手取りが更に下がるからボーナス貯金しとけよ」だって

え??

来年から手取り下がるの?

意味分からん

何でだよ💢💢💢💢

そして、初任給手取りを超えるのには3年では無理らしい(初月は健康保険料と厚生年金保険料が掛からいから更に高い)

真面目に大学出て真面目に働いてるだけなのにこんなに税金取られるなんて(中堅大卒なんて人権ないのか)

学生時代毎日学食牛丼チェーン店生活出来てた

貰える手取りから家賃やら生命保険料とか必要経費引いたら、毎日すき家とか吉野家とか無理じゃん……(絶望)

今は、まだコロナ禍だから飲み会代は安く済んでるらしいけど、終わったらどうなるんだ?

いくら飲み会にかかるのか想像がつかない

来年下がる手取りの為にも貯めとけって先輩言うし

何も考えずに使いまくって先輩は苦労したらしいか

これで、将来30前に結婚して子供を2人育てるの?

ほら、よく政府とか自治体家族モデルで出てくる写真イラストは両親+子供2人だから!!

絶対無理だろ

今の所マトモに貯金出来そうにもないし

男女問わず貯金もマトモに無いやつなんかと結婚したくないだろうしな!

自分だって嫌だ

あーもし病気なって入院かになったらどうしよう

この給料じゃ急な入院費用とか払えないだろうな

限度額超えたのは戻って来るのは知ってるけど、一時的には自分で払わなきゃいけないし

から健康の為にも食費は減らせないだろうし、お先真っ暗

将来は、年収500万だよ!って言われてもそれはいつなんだろうね

どう考えても到達するのはよくて35歳とかだろ

平均年収調べたけどその年齢では充分高い方らしいが……

とにかく明日仕事

研修ばかりで残業代を稼ぐ事は無理そうだから、配属になったら残業代稼ぐようにして行きたい

2022-04-20

ぼっち大学学食で一人でメシ食うってかなりハードル高いよな

anond:20220420223034

世の学生学食で何を喋ってるんだろう。

シーラカンスの事かな。

学食のんきに飯を食う大学生が羨ましい

冷静に考えると飲食店食事をしているのと同じだが、学食というものに憧れがある。食事をしながら勉強中の課題について議論とかしたかった。日本でそんなことをする若者はいないだろうけど。

2022-04-14

アイカツ!ゾンビが完全新作映画アイカツ!留年ゾンビになった

アイカツ!シリーズ10周年を記念して

アイカツ! 10th STORY未来へのSTARWAY~」同時上映されます

https://twitter.com/aikatsu_anime/status/1514423630394195969

い゛やっだぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

きたきたきたきたきましたよ新作新作完全新作!!!!!!

どんな話だ!オンパレード!では盛大に楽しませてくれたからな~~~またスターライトのみんなでライブするのかな!?!?ねらわれたアイカツカードの全員ライブは凄かったな~プリキュアとタメ張れるぐらいに勢揃いでさぁ!!

本編後のお祭り映画なんてああいうのでいいんだよな!頭空っぽにしてきゃわわアイドル達が楽しそうにワチャワチャしてんのがいいんだわ!

キービジュではコスモスから二人のステージがいよいよお披露目かな!?フォトカツ!の新曲ハチャメチャにあかい楽曲だったから盛大に楽しみだな!!姐さん!?蘭は!?スミひなは!?んもーーーー楽しみ過ぎて三か月早く過ぎてほしいですね!!!!!


あかりスターライトクイーンに輝いたのち、いちごあかりは、二人のユニットコスモス』として、初めてのライブを行い大成功

こうして時が過ぎていくなか、スターライト学園・高等部3年のいちごたちは、半年後に迫る卒業意識し始める。卒業しても、アイドル活動は続く。しかし、卒業は通過点であり、ひとつ分岐点でもある。

いちご・あおい・蘭たちは、アイドルとして、これからどんな道を歩んでいきたいかを、ひとりずつ、大切に考え始める。



い゛やっだぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

やだ!!やだやだやだやだ!!!!!!!!!!!やだああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!

卒業!!!!!!!!!!!ヤダ!!!!!!!!!!!!な…なんで!なんでさ!!なんでしんみりさせんだよ!なぁ!!おい加藤さんどういうこったよ!!!

卒業ったら…卒業ったらもう終わりじゃねぇかよ!!!もうないんだよ!!!スターライトという学び舎から去っちゃったら!!!去っちゃったらさぁ……!!

もっと!もっと見せてくれよ!!あいつ等がスターライト学園でアイドル活動!してる姿をよぉ!!!!!朝早く仕事朝練する娘は同室相手起こしちゃ悪いからってそーっと部屋抜けてさぁ!!日がまだ昇り始めた位から活動ちゃうんだ!!昨日テレビ見たよー!とかあのアイドルステージすごかったねー!とかキャッキャウフフしながら学園生活しんじゃうんだ!!もっと学食で飯食ってるとこ見せてくれよなぁ!!ジョニー先生がいつものノリで指導してるとこ見せてくれよなぁ!!!!!図書室とかさぁ!!木陰で本読んでるララァみてーなアイドルもさぁ!!遅く帰ってきたあの娘のために枕元に置手紙置いちゃうんだよなぁ!!デジタルだと!自分の想い伝わらないからさぁ!!!!!!!!!!!!!!!

公式様にとどめを刺される!!!!!!!!ヤダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いやだいやだいやだ!!まだまだ学園で学んでくれ!ストレートしてくれ!!ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

や、まぁ……分かるんだよ。本編であそこまで綺麗に終わらせてくれてさ、この後も彼女たちの輝かしい未来が待ってるよって見せてくれただけで充分だったんだよ……映画とかオンパレード!、フォトカツ!にDCDは全部ロスタイムだ。贅沢過ぎる経験をさせてもらったよ…。

そのあとを書くとなったら、そりゃあそれしかないじゃんさ……でもさぁ…寂しいよ。

こういうのを一つのテーマにする以上絶対避けては通れないのは分かってるけどさぁ…アイカツ!アイドルものであると同時に学園ものでもあることを思い出したわ。

最初こそ新作じゃん!やったー!!ってめちゃくちゃはしゃいだけど少し経って冷静になったら「卒業」の二文字に押しつぶされた。

実際に卒業するか分かんないけどその後の進路は大体決める話なんだろうなってことは分かる。

姐さんはこのままアイドルやんのかな。蘭はモデル業に比重置きそう。おとめはさくらもいるしぽわぷりはまだやってそうだな。ユリカ様はかえでとアメリカ飛んでほしい。

つーかあいつ等寮出たらどこ住むんだろう。一人暮らしか、実家帰るかだけど…いちごスパっとアイドル辞めてなんでも弁当継ぐくらいしそうな気がする。美月さんに誘われて経営手伝うとかも良さそうだな。

あかりちゃんは…さよならのその瞬間まで笑顔でいるのかな。いて欲しいな、一人じゃないしな。

一緒に歩いてる時には、みんなで同じ道を進んでいるように感じるけど、本当は違う。

みんなが違う、自分だけの道を歩いているんだ。

その道は始まりも違えば終わりも違う。

決して同じではない、自分だけのそれぞれの道。

この道の続きに待っている、あいつらの素敵な未来に出逢いたい。

ARIA Navigation69 未来(アッヴェニーレ)」を読んでくれ…ARIAはいつも人生大切なことを教えてくれる。

正直当日劇場で平気でいちご達を見送れる自信がない。引くほど泣くかもしれない。今からかなりビクビクしてる。

からいずれは変わっていく今を、この素敵な時間を大切に…ね。

「ゴールはスタート」だしな、アイカツ!もいいこと言うじゃねぇか。

とにかくアイカツ!ゾンビアイカツ!留年者にならんことを祈る。

プラネット!は無印前座じゃねーぞ」「無印10周年じゃねーか」「ズーブルズ10thを祝え」

とかとか言いたい気持ちもわかる、分かるがまぁ一旦深呼吸しようじゃねーか。そんであいつ等に想いを馳せようぜ。

俺は笑顔あいつらを見贈ってやりたい。

そんで多分これ見た後に流れるアイカツプラネット!で笑顔になって劇場を出たいぜ……。

2022-04-05

公営で町中に1食300円くらいの学食みたいなところがあればいいのに

衣食住は生活の根幹で、住はURとかの公営システムがあるけど

食はなんで国営国民食堂みたいなものがないのだろう。

赤字垂れ流しになるからだろうか。

生涯未婚率も急激に上がってきているし需要はあると思うんだが。

2022-02-09

大学学食にいたおねえさん

ラーメンうどんかどっちか忘れたけど、お湯を切る時にすごいジャンプをしてた。

今もいるかなー

2022-01-26

母校(大学)のいいところ

学生以外も出入り自由(っぽい)から保育園児の集団が芝生で遊んでいたり、風景画を描いているおじいさんがいたりする

観光で見に来る人もいるらしい

・緑が多い

・広くて車が少ないか自転車天国

・道がまっすぐで気持ちいい

・冬は学食が遠い

生協も遠い

楽しい思い出しか思い出せない

2021-12-24

儲かりすぎてる人が東大寄付して東大生が学食食べ放題になった場合

東大生が喜ぶだろう

2021-11-04

ナレーター

…この区域は、この国で中流の人々が多く住んでいる地域です。それでも、多くの人が、爪に火をともすような、つましい生活をせざるを得ません。

インタビュー映像1 「給料は妻と合わせても1か月でたった14万ウォンです。それも家賃ほとんど消えてしまます学校にいく子供ノートも、何冊も買えません。」

インタビュー映像2 「最近は、学校には必ず弁当をもっていきます学食が値上げされてしまって。」

ナレーター

この国はかつて、アジアで一番裕福な国だと言われていました。ニューヨークエンパイアー・ステートビルを丸ごと購入するほどの経済力がありました。

一度は世界中を敵に回して戦争をし、枢軸国として原子力爆弾を受けましたが、降伏から10年後にはもう、驚くべき復興を遂げていたのです。

しかし、幸運わずか30年しか続きませんでした。1980年代不動産投資業の規制に失敗したと言われています。今、この国の人々の平均収入私たちの国の3分の1以下で、多くの人が高等教育を受けられません。

インタビュー映像3 「あの頃は、仕事帰りに毎日銀座で飲み歩いていた。朝まで飲んで会社で寝てたこともあったな。高級クラブじゃ国会議員なんかも見かけたもんじゃ。」

ナレーター

北朝鮮テレビ外国探訪」を終わります。次回は「ウラジオストク漁港の冬」。お楽しみに。

2021-09-11

anond:20210911183605

ワイの通ってた大学学食では唐揚げ定食オーロラドレッシングついててそれ付けて食べるようになってたやで

2021-09-09

社会不適合VS多様性社会

都内私大文学部出身です。

いつも、同じ大学に縁のある人間たちが、隣駅の駅前ロータリーを汚していて、

恥ずかしい思いでいっぱいです。

随分前ですが、学生時代文芸をやっていました。

その頃の知人とは、今もSNS交流があります

ただ、ほとんどが就職を拒み、

さらなる学びや、芸術世界への羽ばたきをたのみにしている人達です。

自分は、既に就職して数年経ちます

自分にとって彼らは、勉強はできるが社会に合わせない人、という印象です。

正直、生きている世界の違いに、戸惑います

彼らを見ると、

「俺より歳いってんだから、いい加減就職したらいいだろ…」と

「この人が就職する会社可哀想だな…」の、

両方の感情を抱えます

そうした時、自分は、『何も見なかった』ことにしがちです。

自分の食い扶持くらい自分で面倒見るべき、

という自分の考えが、

多様性」の物差しで見たら古さや因習のくくりに入る考えなのだろう、

と分かりつつも、

でもそれが正しいよな?と

結局自分価値観他人排除したくなってしまう、

自分の醜さに耐えられなくなって思考を辞めます

相手を軽んじながら、相手侮蔑する自分を認めないために

自分思考すら完遂しない、ということが、

自分の誇りを傷つけている気がします。

学びの豊かさが至上という人達の、

学びへの愛情や熱意や、

そうした言葉では表せないほどその人自身癒着した実感を、

否定したくはありません。

彼らのそういうところを、

まあそういう奴だよな、と、

隣人として愛しています

からこそ、その人たちの前では、

「働くことは結局は悪なんですよ楽しいですけどね」というポーズを取るしかなくなります

彼らと労働の話になってしまうと、

働くことはつらいけど楽しいと思っている自分を密かに殺しているような、

俺をこんな目に遭わせているのはこいつらだ、と相手を憎みたくなるような、

底意地の悪い気持ちになります






話は変わりますが、以前、その中の一人と、

食事ついでに何かいものを見ようと、

美術館を訪れたことがあります

彼は、不忍池の周りを意味もなく歩いたり、黙り込んだり、話したり、

弛緩ばかりの時間を共有してくれる、数少ない友人です。

自分の入館料を出そうとすると、彼は

「俺の手帳でタダで入れるからいいよ。

これくらいしか先輩らしく奢れないから」

と言いました。

自分は、固まってしまいました。

それはあなたに奢られた訳では無いだろ

あなた障害を俺が言い訳に使うのは違うだろ

俺は入館料も払えず美しいもの無償享受するような人間ではない

先輩らしさとは奢りのことなのか?

先輩らしさとは後輩に手帳を見せることなのか?

しかしこれらは”日本的な”健常賛美に基づく人格否定だ、

それをこの人に投げかけるのは俺の情が許さな

この人の厚意を無碍にしてまで俺がプライドを通す必要は無い

今日は楽しかった、この人が障害を持つことでこの先遭遇するだろういくつもの苦しみのひとつに、今日を加えたくない

乱れる思考のなか、咄嗟に掴んだ言葉は、

「あ、じゃあ、それで…」。

美術館は印象的でした。

洗練された気持ちになりつつも、

胸の奥に何かが引っかかり続けていました。

その人と美術館に行くことはもうないでしょう。

働かなくても(公的な補助と親の支援で)生きていけるという人たちが、

熱心に自分思考時間を費やし、

学食の安いメニューで一日をしのぎ、

障害手帳を駆使して芸術に親しむ暮らしを、

惨めでみっともないと感じてしま自分気づきました。

自分の醜さを恥ずかしく思います

でも変わりたいと思えません。

彼らの魂の高潔さと、自分の魂の高潔さは別の種類のもので、

彼らを清くするために自分が汚れる必要は無いと思います





長くなりましたが、

そういう汚さを飲み込んで生きていくのが、

多様性社会なんだろうなと、

社会適合」側にしか立てない自分は、

勝ちも負けもせず思います

みなさんはどう思われますか?

2021-07-29

小川くんとキスをしていた話

高校の頃の同級生小川くんとは

ちょくちょくキスをしていた。

なんでキスをするようになったのかは

よく覚えてないんだけど

スキンシップの延長だったと思う。

小川くんは男なのにやたらと

手をつなぎたがる癖のあるやつだったんだけど

女子より顔立ちが女子美しい人だったので

そういった癖もなんとなく

容認してしまったというわけでもないんだけど

一度手をつないできたとき

うっかりと拒否しなかったら

そのあとも手を絡めてくるようになって

それを払いのけたら小川くんは

少し嫌な気持ちになるのではないかなあ

想像してしまったら拒絶することができなくなった。

から、僕は小川くんと手をつなぐことをよくしていた。

みんなで話をしていると、

さりげなく小川くんが手をつないでくるから

僕は小川くんが納得するまでされるがままにされていた。

なんでキスなんてするようになったのか本当によく覚えていない。

この事実自分でも信じられないことで、

僕が自身のことを信用できないことの根拠にもなっているのだけれど

とにかくどういう経緯で小川くんとキスするようになったのかはよく覚えていない。

だけどキスをしていたことだけは覚えている。

だいたい僕がトイレに行こうとすると小川くんがついてくる。

廊下に誰もいなければ僕の手に手を絡めてくるし

そうでなければ何でもない雑談をしながらトイレに向かう。

トイレに誰もいなければ小川くんは僕にキスをする。

誰かがいれば何でもない雑談をしながらトイレを済ませる。

これが基本パターンだ。

場所トイレだったり学食への渡り廊下だったり特別教室だったり

体育館だったりするけれど

やってることは同じ。

人がいないタイミング見計らって小川くんは僕にキスをする。

ただそれだけだ。

そんなふうに小川くんとキスするようになってからのある日、

小川くんに自宅で遊ぼうと誘われた。

僕が好きだったアニメを一緒に見ようとかなんとか言われたんだと思う。

そのとき僕は断った。

別に小川くんのことは嫌いではなかったけれど、

ちょっと流石に怖くなってきていたからだ。

から断った。

でもそれほど重大な決意をして断ったわけではない。

ちょっとその日は都合が悪いんだ、とそんな軽い感じで断ったのだ。

でも小川くんはそんなふうには受け取らなかった。

ひどく重大な拒絶であると、小川くんは判断したようだった。

そしてその判断は間違っていなかったのかもしれない。

自覚はなかったけれど小川くんとのことはもう限界に近づいていたのだと思う。

僕の答えを聞いたとき小川くんの表情は忘れることが出来ないすごく不自然な無表情だった。

そして、じっと僕の目を覗き込んできて僕の心を読み取っているようだった。

だけど僕は小川くんの目から小川くんの考えていることはわからなかった。

それから小川くんは手を僕の手に伸ばしてきたけれど

僕はそれをそっと無視して手を洗ってトイレから出ていった。

その出来事の後から小川くんは僕を見るときにはすごく無表情な顔をするようになった。

時折じっと僕の目を覗き込んでくることがあったけれど、

そんなとき僕は目をそらすようになった。

そして小川くんはキスをしてこなくなったし手をつないでくることもなくなった。

僕は正直いうと少しホッとして

小川くんが僕との距離をとるのに

まかせているうちに

学年が変わってクラスが変わって

少し経ってから小川くんが学校をやめたという話を聞いた。

小川くんがその後どうなったのか僕は知らない。

2021-07-26

anond:20210726123747

自分理工学部の少ない女学生だったとき

数少ない女性同級生と二人で学部書店にいって別々に選んでるときに今まで20秒くらいしかしゃべったことのない某センパイ

つきあわない?って声かけられて顔見たら真っ赤で本当にそういう意味らしくて

もうびっくりしつつ半笑いお断りしたんだけど

あとで合流した友人に「あの人私にもいきなり告白してきた」って教えてもらった

なんかもう男だから彼女つくらなきゃ、アタックしなきゃみたいな固定観念で行動してるんだろうなと

まず会話しようよ お友達からはじめようよ 近場お出かけ(学食とか)したりして過ごす時間ふやしてから付き合うかを考えようよ

なお当時彼氏サークルのほうですでにつかまえてたわ 今の旦那

2021-05-24

学食とか学生寮カレーがたべたい

あの、なんの変哲もないなんのこだわりもないただのカレー

あいうのが食べたい

2021-05-16

大企業インターンに行ったらメンタルバキバキに折られた話

工学部修士課程の1年生は、夏に長期のインターンに参加するものらしい。

と周りの学生が言ってたので私もインターンに行くことにした。


世界シェア2位とかの大企業にいくつか出して、最初合格電話をくれたところに決めた。

1割も女子がいないのに3人採るなら1人は女子とか言いたがる感じなので、どこも倍率は死ぬほど低い。


30人のインターン生のうち10人が女子学生だった。

私を筆頭に機電系の女はブスで、化学系の女は可愛かった。集合写真見たら誰が化学系かわかるくらい如実に顔面格差があった。

顔で選べるほど女がいない機電系顔採用したい企業限界を見た。

20人の男子学生の全員が180cm以上で、169cmの先輩が学校推薦だったのにその企業に落ちたと言っていたのを思い出した。

かに社員デカい男ばっかりだった。


業務はこれといって目新しいこともなく、実験して解析して発表、みたいな研究室と変わらない感じだった。授業が無い代わりに時々会議がある。オフィスも広い研究室みたいだった。

社食学食より3割高く、学食ぐらい不味かった。

社員寮は洗濯機キッチン共用の監獄みたいな施設で、多分4畳半とかしかなかった。東向きの大きな窓に3級遮光のカーテン休日からと遅く起きることさえ許されない眩しさである。数週間でも辛いのに、ここに何年も住んでる人の気が知れない。


社員はとっても親切だった。

当然である学生お客様なんだから。いい評判を学校に持って帰って貰わねばならない。

私を押しつけられた部署の皆さんは、私が来たことで明らかに業務滞っているようだった。ざまあ。

食事もいっぱい奢ってもらった。私が可愛いからではない。技術インターンとはそういうものだ。


インターン生同士も仲が良い、というポーズを過剰に取る傾向にあった。

なぜなら評価基準になるからだ。

大人数の飲み会や遊びを企画した人間には加点が入り、誘われなかった人間は減点される。

まり気持ち悪さにドン引きしながら私も予定を埋めた。


社員からセクハラ、みたいなのもまあ当然のように存在していた。セクハラは良くないと意識して改善に努めた上で、無意識でそれセクハラやぞってことを平気でやっちゃう別に研究室でもそういう感じなので、この業界は当分はこの男子校のノリのような下品さと旧態依然とした男社会を維持し続けるんだろうなと思う。

ただ、親のコネインターンに来た学部3年の女子学生だけはそういうのにドン引きしてた。

すり減ってる彼女を見て可哀想になった。あー、私も研究室に配属されたばっかのときは摩耗してたな、って思いながら、彼女愚痴に頷き続けた。


非正規雇用差別みたいなの酷かった。

派遣契約社員の人は一段下に見られるし、工場作業員や社内の清掃員に関しては挨拶さえ返してもらえない。

非正規雇用には「正社員挨拶すること」を義務付けておき、正社員は一切その挨拶無視する。ヤバすぎる。

私はピュアガールなので社員に「なんで今無視したんですか?」って聞いたけど、社員が「なんでだろう…考えたこともなかった。」って言ったのでドン引きした。

インターン仲間にそれ愚痴ったけど誰にも共感してもらえなくて泣いた。


そういうことする人達なんだって目で社員を見始めた途端、彼らが飲食店店員などを人間扱いしてないことに気付いた。

総合職の同僚女性や私のことは人間扱いしてくれるけど、なんていうか契約社員やお給仕のお姉さんとかは女扱いっていうかメス扱いっていうか、とにかく人権のある存在じゃなくてそういう生き物としてしか見てない。

から彼女らに聞こえる場所容姿ジャッジの話ができる。

それを私には一切してこないってその線引きもキモかった。


嫌なことはされなかった。

気持ち悪いことはたくさんあった。

辛いことはなかった。

でも毎日電車飛び込みたい気持ちで出社していた。


何がそんなに嫌だったのかわからないが、とにかくそインターンを機に私の精神バキバキにへし折られた。

製造業全般への忌避感が半端なくて学校に行けなくなり結構長い間ベッドの上で天井を見るだけの生活をしてた。

今はまあ立って外を歩くに支障はないくらいになりはしたので就活してるけど、メーカー採用ページを見るだけで吐き気がする。


しかし吐きそうなテンション面接を受けても通るのが理系である

それぐらい製造業技術職は女子学生に飢えている。

逆に他の業種も受けたけど、死ぬ寸前みたいなヤバメンタル人間を雇ってくれる企業って全然ない。

結局製造業技術職やるしかなさそうで、本当に無理だけど、福利厚生だけは良いので鬱になってもちゃんと手当がでるのだけが希望だなと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん