「文学賞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文学賞とは

2020-07-15

字書き、絵師を羨む

小説なんて誰でも書けるよ」

自分で言って自分で泣きそうになった。

そう、小説なんて何となくルールさえ分かれば簡単に書けるんだ。

だって最初は全く分からずに

キャラA「セリフ

キャラB「セリフ

みたいな台本書きをしていたが、書き続けて今は地元の小さい賞なんかが貰えるくらいにはなった。

だってやり続けていれば何となくコツは掴む。

幸いにも友人や家族には凄いね、才能あるね、なんて言ってもらえた。

けれど、字書きの才能なんて正直いらなかった。

それよりも絵の才能が欲しかった。

語彙なんていらないから、きちんと線がまっすぐ書ける手と空間認識能力が高い目と脳が欲しい。

地元が開催している文学賞マンガ大賞の大賞部門の賞金を比べてみよう。

小説部門の大賞は諭吉さん1人

漫画部分の大賞は諭吉さん30人

どちらも地元ベースで動いている。

ただ、小説部分は地元のみ。

漫画部門専門学校イベント会社が協力していた。

この国では漫画の注目度が高い、というより小説の注目度があまりにも低い。こんな格差が出るのは当然だ。

Twitterを開けば色んな漫画はあるが小説はない。

文章流行っているものといえばラノベだろうか。純文学なんか名前が売れている人達の本じゃない限りそうそう見向きもされない。

そうするともちろん商売としても稼げるわけが無い。

ドラマ映画化等のタイアップでなんとか生活出来るくらいだろうか。

から小説家になりたい、だなんて口が裂けても言えない。

漫画家になりたい、は夢が溢れているのに

小説家になりたい、は現実ばかりが突きつけられる。

二次創作世界でもそうだ。

小説なんか見向きもされない。

閲覧数が違う。評価もっと違う。同人誌の売れ行きなんて天地の差。

文字なんて書けなくていい。

ただインスピレーションについていける画力が欲しい。

絵もたくさん練習はしてきたけれど、自律神経の乱れと安定剤副作用で手が震えて描けない。

調べてないから分からないけれど、空間認識能力も低い。奥行が掴めなくて、めちゃくちゃ遠くにある建物が巨大化してたりする。

絵が描ける人が羨ましい。

対価も評価も受け取りやす世界の人が羨ましい。

そうして妬みながらも、嫉妬しながらも、羨みながらも、私は文字を紡ぐしかないんだ。

2020-06-16

引きこもり文学大賞への疑問

今日、第二回目の引きこもり文学大賞がスタートしたらしい。

引きこもり文学大賞というのは、「引きこもりor元引きこもり」のみ4000字の小説投稿できる私設文学賞だ。大賞の賞金15万はクラファンによって集められ、クラファン購入者審査員となり大賞にふさわしい作品投票する。

主催者がつくったクラファンのページには「引きこもり価値観肯定する」「引きこもりに自信を持ってもらう」ために賞を創設したとあり、善意で創設した賞だということが伝わってきた。

世の中に引きこもりをまじめに気にかける稀有な人がいるものだなぁ。

けど、「なんてグロテスクな賞なんだろう」というのが率直な感想だ。

この賞は、引きこもっていない人が有権者になり、引きこもりに<優劣>を付ける。

引きこもっていない人の価値観迎合するような引きこもりが大賞に選ばれる。

文学というおしとやかな皮を被ってはいるが、2枠しかない大賞と賞金を目指して競い合う以上、これは引きこもり同士がペンをもって殺し合うコロシアムなのだ

この文学賞の存在を知ったとき、少し前にあった「とある県にて氷河期世代対象公務員を3名募集したら1800人から応募があり倍率は600倍だった」というニュースを思い出した。

このニュースを知った当時は、ただでさえ苦しんできた氷河期世代を集めて倍率600倍という新卒就活以上に厳しい環境で競わせるグロテスクさに不快な気分になった。

この文学賞も氷河期世代対象にした就活採用側とやっていることが一緒ではないか

そのグロテスクさやむごさに参加者たちは気づいているかもしれないが、彼らは稼ぎのない引きこもりであり、金のためには黙って参加するしかないのだろう。

果たしてこの賞は本当に引きこもりに自信を付けることができるのか?

大賞をとった引きこもりは自信を持つことが出来るだろう。

だが落選した引きこもりはどうなんだ?

そう思って第一引きこもり文学大賞のSNS上での反応はどうだったのかと検索をかけてみたら、案の定落選して傷ついた引きこもりたちのツイートがいくつも出てきた。

ヤフコメなんかを見たらわかる通り、引きこもりに対する差別的感情はすさまじい。彼らがいか世間の人々からつまはじきにされて疎外感を感じながら生きているのか推測できる。

そしてクラファンに参加しているのは世の中の大半の人々と比べて引きこもり理解のある心優しい善人たちだ。その善人たちにすら選ばれなかったとしたら、落選した引きこもりたちが傷つくのにも納得である

引きこもったことのない人々が、引きこもりに優劣を付ける文学賞。

果たしてこの賞はどんな道をゆくのだろうか。選ばれなかった引きこもりが自ら命を絶つような結末にはならないことを祈るしかない。

2020-06-11

『クソデカ羅生門登場人物紹介

登場人物大嘘

クソデカ羅生門トチ狂ったクソデカさを誇る門。正気を疑うレベルデカい、というかガチ世界一デカい。碌に修理もされず、ボロボロに荒れ果てた結果、クソヤバい狐狸や世界最強の盗人(六万人)が棲み着くようになったり、死体が超スピードで積み上がるようになってしまった。

下人:下人というからには、どこぞの使用人に違いあるまい。最近、主人にクビにされたらしく、激烈豪雨の中行きどころも無く、クソデカ羅生門で超途方にくれているが・・・

ブッサイクで気持ちの悪い顔だが、清廉潔白高潔にして、ありとあらゆる悪を世界一憎む心を持ち、最強正義体現する男の中の男。その一方で腐った性根と史上空前に邪悪な心を兼ね備えている。大馬鹿で学がなく、クソアホ。七十二時間ほど呼吸をするのを忘れても生きていける。三千里(約一万二千米)飛び上がる跳躍力を持つ。韋駄天異名を持つ。足は丸太のように太い。腹が減っている。天下無双にして無敵。最強下人。後に剣聖と呼ばれる。身長体重不明

蟋蟀:昆虫。象くらいデカい。クソデカ羅生門の円柱に止まる。

京都魔都上海、大淫婦バビロン、冥府の首府パンデモニウムを超える世界最悪の罪の都にして、最低最悪のゴミの掃き溜め。超巨大地震とか破壊辻風とか最強大火事とか極限饑饉とか云うエグすぎる災が、ここ二、三千年ほど毎日起こった結果、いまいち俺の貧弱極まりない言語能力では到底形容しきれないくらい荒れ果てた。しかしながら、クソ治安がいい。あと、クソ広い。

鴉:鳥類。超凶悪。クソデカ羅生門周辺に億単位で沢山集まってくる割には、いつの間にか数万羽に減っている。超凶悪。鼓膜破壊レベルの音量で啼きながら亜音速で飛び回る。超凶悪。死人(サイズ不明)の肉を、気が狂ったように啄みまくり、えげつなく臭い糞を垂れる。超凶悪

主人:下人の主人。クッソ強い。えげつなくデカい家に住む。下人を永年犬のごとくこき使ってきたが、ある日突然解雇する。下人とどっちが強いか不明

聖柄の大太刀:下人が腰にさげる世界最高の名刀。

※聖柄:ひじりづか。刀剣の柄を三鈷の形に作ったもの

大人食い蜘蛛昆虫ではない。クソデカ羅生門天井裏に巣をかけて暮らしている。

老婆:クソデカ羅生門の住人。最低最悪醜悪人間。檜皮色のクッソ汚れたきたならしい着物を着ており、ノミのように背が低く、ナナフシのように痩せこけ、髪はびっくりするほど短い白銀色の、豆猿のようなクソババア。超赤くなった瞼と、凶暴肉食最恐鳥のような、めちゃくちゃ鋭い眼がチャームポイント。極細喉で、針のように尖った喉仏を動かしつつ、ほとんど、鼻と一つになったタラコから、凶鴉の啼くような実に聴くにも堪えない冒涜的な汚い声を発する。神速の動きで下人を翻弄する。

※檜皮色:ひわだいろ。焦げ茶に近い暗い赤色

髪を抜かれた女:死んでる。生前傾国美女と讃えられるまでの美貌を誇り、八岐大蛇を四寸ばかりずつ切り刻む程度の能力を持っていたらしい。原型を想像できない程ぶつ切りにした干八岐大蛇を干巨大怪魚と偽って太刀帯の陣やらそのへんやらに売りまくる。大疫病に四回かかっても死なない程度の超絶免疫力抵抗力を持つが、とうとう五回目で儚くも死ぬ。死後、クッソ哀れにもそのバカ長い髪を一万本ずつ見ず知らずの極悪クソババアに抜かれるハメになる。なお、髪は巨大鬘の原料として有効活用される模様。

ところで、作者(本記事執筆者)はさっき(五万行ほど前)「Supreme Dragon Slayerにして傾国美女」と書いた。しかし、それはクソバ珍妙男がクソデカ羅生門の中に広がるクッソ空虚宇宙的暗がり、いわばダークマター暗黒物質)の中でクッソ長い髪をした巨死骸をおぼろげにも傾国美女と思い込んだだけで、クッソ長い髪=女、女=傾国美女、したがってクッソ長い髪=傾国美女というクソアホ三段論法を駆使して生み出された偶像アイドル)かもしれないのだ。起きがけの頭で冷静に考えてみると、そもそも女ではない可能性すらある。

太刀帯の陣:たちはきのじん。東宮坊の武官皇太子を警備する公務員である帯刀舎人(たちはきのとねり)が、御所を警備するための詰所

作者:『クソデカ羅生門』の作者。控えめに言って天才もしくは狂人。その行方は俺含め、マジで誰も知らない原作構成メタクソにぶっ壊してない辺り、芥川龍之介と『羅生門』への極限までに強い、ハチャメチャに妄執じみたリスペクトをそこはかとなく感じられる気がしないでもない。

芥川龍之介:『羅生門』の作者。日本小説家。1892(明治25)~1927(昭和2)。芥川賞は、直木賞と並んで有名な日本文学賞

2020-05-27

anond:20200527042032

「どこで発表するか」も大事だよ。

二次創作ガイドライン出ているコンテンツの素材での二次創作として表に出すことも考えてみたら?

あちらならもともと様々なコンテンツ好きが集まってる。またすでにあるキャラなどのフレームワークを利用するから人物設定とその伝えやすさが甘くても受け入れられやすい。

表に出してある程度フィードバックが得られる状況で直していったら受け入れられるようになるかもしれない。

東方二次創作小説を書いてた奴が、東方での二次創作経験下地に何か文学賞取ったって話を聞いたことがある。

君が何が足りないのかが全く分からない。「ただ小説書くの楽しす」はいっぱいいる、それに批判ってのは痛いところつくし逆切れされる懸念があるから、ある程度関係を見て特性を見ないとできない。

一方で弱い立場人間に心無いことを言ってすぐ逃げるような輩もいるからな。

2020-04-29

カラテカ矢部文学賞か何かとってから相方まったく見んなぁ

アメリカに渡ったんやったっけ

2020-04-20

anond:20200420031534

ついこないだ本で読んだんだけど

文学賞への投稿作品って実体験を元にした小説が半分以上で

そういった作品は読まれる前の選考で全て弾かれるって書いてあったよ

世間で受けが悪いんだろうな

現実から離れた作品の方がいいんだろうね

2020-04-12

anond:20200412010344

自分はこういう増田文学も好きだけどね。

書くという行為は恥ずかしい作業なのだそうだよ。文学賞を取ったプロでさえ。

2020-04-07

芥川賞直木賞も取ってない田中芳樹のほうがよっぽど面白かった。

田中芳樹夢枕獏菊地秀行

この3人。考えてみたら、芥川賞直木賞も取ってないよね。

ふと気が付いたんだけれど、直木賞芥川賞も、ぶっちゃけ全然面白くない。

あれは「この作品が一番面白かったで賞」じゃないんだな。

そう気づくと話は早かった。

文学賞って何のためにあるんだろうか?

2020-02-25

文学賞価値ってもう殆どないよ

と、〇〇賞を受賞した方が教えてくれた

2019-12-20

anond:20191220073648

昼勤の間中も頭の中で言葉が渦巻き、やがて夜勤に配置換えを願って再び自由に文筆の世界に羽ばたいた増田が、いつか遅咲きに文学賞を取ることになったのだが…という展開に期待する。

2019-10-23

ラノベ文学賞作ればいいのに

担当してるラノベやらおん記事にしてもらったとありがたがってリツして炎上した編集さんを見てて思った。

糞アフィに頼って宣伝してもらうくらいなら、漫画小説みたいに権威ある賞を作って、受賞作は大々的に宣伝して売り出すあれをやった方が有意義なのでは。

宣伝アニメ化か糞まとめサイトかでは情けない。

読んでないから賞云々言えるくらいの質や量があるのかどうかは知らんけど。

2019-10-11

anond:20191010203900

ノーベル賞出版部門自分とこでやる文学賞かなんかと勘違いしているのではないか日本マスメディアは。毎回毎回騒ぎ過ぎ、あと未だに脱亜入欧を続け過ぎ。

・・・そもそもアレそんなに要るか?殺人発明者の贖罪資金で、超福祉国家かいって障害者間引くような北欧運用しとるんちゃうんか、よう知らんけど

2019-10-10

文学賞まで1.5時間 ハルキ勝確だな

ハルキが変わる

文學が変わる

村上春樹は今回も受賞できない

なぜなら文学賞学校行ってないアスペガール内定たか

2019-10-09

明日文学賞だけど村上春樹が受賞したらどうするか決めてるか?

俺は過去ツイートを消して村上春樹先生が遂に受賞したと喜ぶツイートをする

2019-10-08

文学賞村上春樹ネタにしてる奴らは村上春樹を読んだ事が無い

一度でも読んだらこんなの書いてる奴が受賞するわけねーだろとわかる

2019-10-07

【速報】10年間ノーベル賞を当て続けた霊能者が語る!

今年の平和賞はグレタ!文学賞は遂に村上春樹が受賞!

村上春樹にそろそろ何か賞あげようぜ

フィールズ文学賞とか作ってさ

2019-10-04

2019ノーベル文学賞予想 台湾人女性作家李昂で決まり

来週からノーベル賞ウィークが始まるのを前に、ノーベル文学賞予想をしておく。

今年は発表中止となった昨年分と合わせて2名の受賞者が発表される。

2017年は日系のイギリス人作家カズオ・イシグロから、次の年にはヨーロッパ以外の作家か、アジア系以外の作家が選ばれると予想されていたが、今回は2名発表されるから、その暗黙の選考ルールもあってないようなものだ。2人のうち、1人はアジア系で決まりとする。

授賞側もサプライズがほしいから、まだノーベル賞が出ていない国・地域を選びたいだろう。そこで韓国台湾作家が選ばれる。

文学賞は時に政治的でもある。今アジアで一番ホット問題香港民主化デモだ。それを熱烈に応援しているのが同じ問題を抱える台湾である。そこで中国問題クローズアップさせるために台湾作家が選ばれるだろう。

また別の観点国際的ホット最近社会現象としてフェミニズム運動の隆盛がある。そこで台湾フェミニズム作家が選ばれる。

それにふさわしい作家は誰か。

李昂である

代表作は「夫殺し」。民進党支持で、台湾では「国民的」作家である

李昂が選ばれれば「台湾で初」、だけでなく「アジア女性作家で初」の受賞となる。

当たってたらブクマしてくれ。

anond:20191003213407

一番グサリと来て、実際のところクリティカルな部分で、そしてそれ故に許せない部分が一番多かったコメントでした。

まず前提として、俺の物書きとしての能力の低さ、そして「アドバイスの受信感度の致命的な低さ」は特に否定しません。現に結果も出てないわけだし、元増田を書いていた時に「ムカつい」ていたのがそこだったことも否定しません。ちなみに編集者から貰ったアドバイスとして、「どうしても『エンタメ』を書きたいなら、なろうで勉強するべき」というようなことを言われ、納得した上で、今なろう系を読んだり、書こうと模索しています

が、「なれ合いのサークル」。オメーはダメだ。

まず、そういう側面があるサークルなことは否定しません。っていうか、学生時代に入った直後は俺もそう思ってて嫌悪感さえ抱いていたし。そしてまあ、嫌われてるかと言われたら否定は出来ないな。少なくとも好かれてはいないんじゃないか? 特別には。

けど、まず、大前提として、サークルのみんなは俺が作家を目指していることを知っています学生の頃に俺自身、強い言葉作品否定したこともあったし、そのしっぺ返しだと思えばまあ、仕方のない部分はあるとも思っています(実際、口だけ番長だと思ってる奴普通にいるだろうなー)。

けど、彼らはちゃんと俺の作品を読んだ上で、「ちゃん酷評」しています。前回の感想会で貰った意見は基本全てメモしていますし、それに値する内容でした。俺のものだけ特別に文量が多かったのもありますが、俺の時だけ、それ以外の部員の倍の時間をかけて、ちゃん意見を言ってくれました。

そして、この冊子に参加している部員OB)は、ほぼみんなちゃんと「上手い」です。ある後輩は地方文学賞で賞を取っているし、ある後輩は某投稿サイトのR18部門ランキングトップ常連です。俺と同学年で、俺がサークルに入った直後に読んだ作品は「ああ……こいつはダメだな」と思っていたやつは、今や脚本家の卵で、仕事も貰い始めていて、俺よりも小説が上手くなっています僭越ながら、頼れる相棒であり、そして今この時点では俺よりも先を走ってる「格上」だとも思っています

まり、ごく端的に、俺が一番下手なんですよ。嫌われていようが、アドバイスの受信感度が極端に低かろうが、それは確かな「事実」であり、それ故に俺は、サークルのみんなを、同輩後輩問わず、(ほぼ)全員尊敬しています

そしてそんな「嫌われている」俺と、この前一緒に旅行に行って、馬鹿騒ぎをする程度には慕ってくれている(まあケンカップルとか言われてますが……)後輩も確かに存在しています。酒を飲みながらやったカルカソンヌはくっそ楽しかった。

俺は今、どうしようもないど底辺で、現時点では作家になれる見込みもない、そんなどうしようもない奴であることは否定しません。

そして、書き方が悪かったことも否定しませんが、しかしどうか、俺の大事な「仲間」を、「なれ合いサークル」の一言でくくることは辞めて欲しい。俺は尊敬してんだよ、あいつらを、マジで

2019-09-13

anond:20190912185940

この増田の使い方をいまいち知らないゆえ、違う場所に先日言及しちゃいました。田中慎弥うんぬんを書いた者です。田中氏は源氏物語を何度も通読し、川端康成三島由紀夫らの小説を何度も完読したと言います自分源氏物語など読む気さえ起こりませんが、田中氏のように、古典を何度も通読さら川端三島小説を何度も完読することにより、自然と体内に「文学脳」みたいな才能が堆積されたと推測します。たとえばブログ小説や、他人文章を読めば読むほど(インプット)、ブログに書くネタアイデアが次々に生まれる。アウトプット)。逆にアウトプットが続くと、書くネタが先細る。インプットアウトプット関係というか、法則重要だと思います。でなければ、工業高校出身田中氏が芥川作家になったには、それなりのインプットがあったからこそ。と自分確信するのです。ちなみに自分文学賞たるもの、いつの日か獲りたいと夢見た過去がありますが、自分の中にいわゆる「文学脳」とは無縁と自覚し、あきらめています。賞へのチャレンジ勇気すらありません。一次で落ちるに違いないと。。自己満足ブログ小説で終っています。まとまりのない駄文すみません

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん