「適応障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 適応障害とは

2018-10-20

日内変動についての感想

抑うつ傾向のある人間はしばしば日内変動がある。朝の方が調子良いとか、夜の方が良とか色々である

自分定型うつタイプなので、やはり朝は辛い。それでも今こうして、ここに無意味感想を残せそうである。少しは寛解したのだろうか。

朝、とにかく身体が重くて、頭が痛くて、動悸がして何も出来なかった。それが今は身体は重いがこうして、無意味感想を書ける。ニュースを流し見れる。

おそらく「そんなことは当たり前だ」のような厳しい言葉もあるのだろう。というか、自分が1番自分自身にそう思っている気がする。それでも今は抑うつ傾向、不安傾向の強い適応障害からの脱却の第一歩だと、自分を褒めておきたい。

もう少しすると、もっと身体は動くはずだ。そうしたら、趣味写真撮影でもやりに外を歩こう…。

2018-10-19

適応障害休職になった男のリハビリ日記1

前段の話

大手SIerの半研究開発職/半SEみたいなポジション仕事していた者です。

一応昨年度の新卒で入ってますが、業界は初めてではなく大学時代も細々ベンチャーで開発職したり、フリーSEしてました。

今の会社入社すると同時に結婚して、今は妻と2人暮らしです。

ただ妻はいわゆるボーダーで、パニック障害持ちでうつ病と少々厄介でした。

そんな感じの背景のある人間です。

本題

ある日、酷い頭痛発熱、全身の極端な倦怠感、強い動悸に襲われました。数日経っても改善せず病院に行きましたが病理的な原因は不明です(やや数字には出ていたのですがそもそも数日間食欲もなく水分もろくに取っていなかったので…)。

その後もあれよあれよと言う間に色々な検査を受けて最後精神科で掲題の診断に。

実は精神的な問題には心当たりがありません。会社も決してブラックではなく、もちろん妻のことは大変でしたがそれでもなんとか。強いて言えば妻は働ける状態ではなかったので、お金の面がじわじわ不安になってきた程度です。

それでも、事実として身体に症状が現れ、夜は眠れず、朝起きれば意味もなく(良い歳して)泣いて…。

あと自殺念慮というやつが私には今ひとつ分かっていなかったのですが分かったかもしれません。死にたいと思っているつもりはないのですが、自分電車に飛び込む映像、首を吊る映像ベランダから飛び降り映像…こういったものが繰り返し頭をよぎる(あるいは脳内再生していた)状態でした。

うつ病の妻を持っていたので、この手のことには詳しいつもりでいたのです。しかし、自分のこととなると意外と分からないものなのでしょうか。

自分も今でこそ、そんな風に客観的に書ける余裕がありますがその当日は「休職だけは勘弁だ」とか「死んでもいつも通りの生活する」などと騒いでいたそうで…(笑)

夕方比較調子が良いのと、セパゾンを飲んでるのが効いているのかなぁ…今は落ち着いて書けますね。

ごめんなさい、結論がまだでした。

休職1ヶ月を申し渡されました。

これが本題です。

休職1ヶ月のリアルは、主治医曰く

3割が復帰、3割がさらに延長、3割が今の仕事生活からドロップアウトといった感じらしいです。

私は復帰の3割に入れることを願い、行動しようと思います

適応障害と診断され、1ヶ月の休職になった会社員が本当に1ヶ月で復活するアーカイブとなれば良いかもしれない。あるいは、その難しさに挫折して違う道や、時間をかけた戦いに戦術変更するアーカイブとなっても良いかもしれない。

いずれにせよ、予想外の病に抗う匿名ブロガー不定期な日記をここに残していくことにします。

そして、最後自身方針を是非はともかく残すことにします。

薬物的な方針
行動とかの方針

薬物的方針主治医とも色々相談した上で…眠れないときアルコールで寝てしまうよりは…ということに。

SSRISNRIは相性問題も難しいですし、急性期の抑うつには難しいので一旦は無しで合意しました。

行動の方針はもう実行してますが…これは次の日記で。

具体的には会いたい人で、その上で会ってくれるという人には積極的に会って行くことにしました。あと大学時代研究室に少し、お世話になって勉強も。

今回の日記はそういった前置きの話で置いておきましょうか。

から本当の本当に日記になると思います

ちなみに次の日記には、大学時代お世話になった全然畑違いの先生に会いに行く話だと思います

今回のはここまで。

2018-10-04

逃げ癖が酷すぎて生きることから逃げた

上司に誘われて2人で飲んだ酒が抜けないので、このまま匿名をいいことに思いのまま書いてみたい。酒が入ってる。フェイクだ。これは作り話だ。創作だ。

から人の顔色を伺う癖が抜けない。私は頭は悪いが愛想だけは良い人間だ。いつもニコニコしている。人の顔色を伺うくせにワーキングメモリが人より小さいので器用に立ち回ることも出来ず、私にとって人間関係とは精神の磨耗でしかなかったと振り返って思う。

小学生の頃から粗暴な同級生に囲まれ空気を読みとってイジメもした。他人が傷つくのを同級生と一緒に指差して笑った。周りに気を使いすぎた私が不登校気味になるのは極めて早く、親には無理やり学校に行かされていた。が、何かに対して逃げることが唯一の安息を得る方法だと悟ったのは小学生の頃で、この悟りは今に続く。

何かを得ることや知ることは楽しかったが、学校が嫌いになってしまった私は学校に関わるもの全てが嫌いになってしまい、勉強微塵もする気が沸かなくなっていた。そもそも頭が悪いせいもあるが、中学生の頃、偏差値は30も無かったとおもう。

中学生の頃の記憶といえば、家で布団に篭りながら教育テレビを見ていたこと、学校にいるときは体が重く、常に眠かったことだ。私の髪質は剛毛で重度の縮れ毛で、私のようなエネルギーの無い人間は呼吸をしているだけで同級生から軽視されているのが手に取るようにわかった。コンプレックスがあちこち肥大していった。もうどうしていいのかわからず、中学生ながら人生をすでに手放していた。パートに行く母が悲しそうな顔をしながら私を怒鳴り、申し訳なさそうに学校電話をするのを布団の中で聞いていたっけな。

週に1度は休むような散々な成績だったが、近所の公立高校に進学した。

遊びに出歩かなかったので、祖母からもらえた毎月1000円のおこづがいはそこそこ溜まっていて、その金で縮毛強制をした。高校デビューというより、解決の一歩を踏み出した。しか同級生に「それ縮毛?」といわれ、奈落に落ちた。縮毛強制ひとつで何かも解決したと思ったが、伸びてくる髪は縮れ毛でアフロのようになるし、抜本的な解決方法が無いことを知った私が気づいたときには、酷く内向的人間になっていた。

高校生の頃の思い出も、やはり毎日が眠かった。頭の中が霞んでいた。体が重かった。ただ、晴れ渡る天気の良い日に仮病を使って早退して、住宅街を歩きながら抜けるような青い空を眺めてるときだけ、爽やかな風を浴びているときだけ、心の中にぽっかりと空いた穴の中に暖かく心地よい風が通るような、そんな気分になれた。遠い空に自分の居場所があるんじゃないか、どこか遠くにいけばそんな場所があるんじゃないか。そう思えた。そしてそう思い込むことでしか心が救われなったんだと思う。

そんなこんなでボーっと行き、ボーっと就職浪人し、ボーっと就職した。地方公務員になった。市職員である。同期たちはノビノビと学生時代を精力的に楽しんでいる上に私よりはるかに頭の良い人種だった。人間は急に変われるものじゃないみたいで、適応障害を起こし、バックレて退職した。家族から顰蹙を買ったが、怒りの声ももはやノイズしか聞こえなかった。社会人として最低なのはわかるが、バックレた時だけは救われる気持ちになれた。唯一生きてて気持ちよかった瞬間だった。乱暴にもぎ取ったモラトリアムの獲得に刹那的希望を持てた。

その後も職については絶望的な気持ちになり、バックレることを繰り返した。私の履歴書職務経歴書は、虚偽と虚栄と余所行きの顔で塗り固めてある。この話は創作である

私はあらゆる能力が劣っている人間なので、どうしても周りの人間に軽視されやすい。そしてそのことが肌感覚でわかると、酷く逃げ出したくなってしまう。逃げることへの安息に逃げてしまう。

そんな私も今仕事半年続いてる。奇跡的に周りの人間に恵まれた。本当に良い人たちだ。私のことを何かと気にかけてくれるし、同じような質問をしても嫌な顔をせず教えてくれる。

そして新たな感情がわいた。「私はこの優しい人たちの役に全く立てず、期待にも沿えず、片っ端からガッカリさせてしまうのではないだろうか」

今日飲みに誘ってくれた上司と会話していて、その杞憂だんだんと形あるものに感じてきた。

皆とても優しいのだ、その優しい人たちと接していると罪悪感に苛まれてくる。自分がこの人たちに何も応えられる自信がどうしてもわかないのだ。

また息が詰まりだしてきた。逃げたくなってきた。安息が恋しくなってきた。

軽視されて強く当たられるのが辛いとばかり思ってきたが、優しくされることすら辛く感じてしまう事をこの時気づいてしまった。

生きているのが苦しい。この世に居場所はどこにも無かった。高校生の頃に思いを馳せた遠い場所にいけても、きっとこんな気持ちになるんだろう。

ホーム電車を待っているときホームドアの向こうに初めて誘惑を感じた。人目も憚らず帰りの電車の中で涙が止まらなかった。そして体が重くなってきて、酷く頭の中に霞がかかってきた。グチャグチャな汚い顔のまま寝た。

昔、増田兄弟2人とも自殺した人の書き込みをみたことがある。その人も自殺を考えていて、「いつも眠かった」という記述があったと記憶している。

それを思い出したとき、きっと私はもう取り返しがつかない所まで着たんだと思った。

私の話なんて「こんな奴みたいにならなくてよかった」という優越しか与えることしか出来ないと思うが、そう思ってくれるなら冥利に尽きる。役に立てるのはそんなことぐらいだろう。

チィチィよ、ハァハァよ、あなたの良い子で、居られなかった僕を許してください。

来世は漬物石になりたい

2018-10-01

[]7

世間内定式らしい。去年の自分を思い出す。あの時も大学院適応障害フラフラしていた。

人に相談しながら物事を進めるのが得意じゃない性分は思えばかなり昔からだ。

中学の時はそんなに苦にした記憶はなかったんだが、あれは間違いなく塾の対応が良かったからだ。

集団塾だったが宿題のわからない項目の質問時間を授業内に設け、皆気兼ねなく質問していた。

その雰囲気に乗っかれたことが一番要因として大きかった気がする。

実際個人的質問に行ったことは一度とてなかった。単純に解説を読むなり設けられた時間理解して解決できていたというのが大きいが。

高校は周りの出来の良さと自身の出来の悪さに質問どころか勉強することを放棄してしまった。

大学教員になるという大義名分しかなかった。

大学院は専修免許を取るという大義名分だった。

思えば年を経るにつれ心的状況は悪化の一途だったし、何をやるにしろ自信がどんどん失われていく。

結構いろんなところで自身性格形成ターニングポイントはあったんだなぁと書きながら思う。

今後いい方向に修正できるものなのだろうか。

anond:20181001071718

適応障害一歩手前だぞ。気をつけろ。そして目一杯リフレッシュしてください。

2018-09-17

適応障害休職を命じられたワケだが

休職間中何をしたらいいのかわからない。

調子の悪い日は動けない瞬間もあったが、しかし現状動けないでもない。

ただ漠然と過ごすのも時間もったいないと思うが、

脳を休めるという目的を果たしつつ有意義時間を過ごす方法って何かないものだろうか。

2018-09-14

自ら学ぶ人はまともではない

まともな人は自ら学ばない

無理矢理でも自主的でもやれば成長はするが、自分から学ぶことは本当にない

考えてみよう

適応障害とは社会適応できない人の障害

しかし、障害ではない人、つまりまともな人は成長して適応できる

それは自ら学んだからではなく、やればできるからである

適応できない、つまりまともではない人は自ら学ばなければ適応できない人なのだ

そして適応できていないと常に感じて学び続けていき、やがて学び過ぎで適応できなくなっていく

2018-08-13

anond:20180813032659

いや、それ鬱だよ。

俺も30過ぎた時そんな感じになったけど適応障害だった。今は36だけど英語数学教科書とか読んで理解できてる。

適応障害理由パワハラ上司だった。転職したら性欲も戻ったよ

2018-08-09

アスペ公務員に向いてない(実話)

面接試験怖い!自分なんかが面接で受かるような会社ってどうせブラックでしょ?

そうだ!公務員試験を受けて学力で一度ふるいにかけられてから試験の成績で泊をつけて勝負すれば俺だってまともな仕事にありつけるぞ!

↑こういう事を考えて公務員試験を受けようとしている・受けてしまった適応障害の皆さん、残念ですが絶対にやめたほうがいいですこれは大間違いです。

公務員という職業アスペに向いてないと所は つあります

1 手段の目的化が起こっている組織ですので、「手段職場の村ルール)を事なかれ主義前例周到(ただしルールが突然変わる)でやりきる」事が最終目標となります

 これが意味しているのは目的から手段を逆算することが不可能であることです。そして手段目的を達成するために効率のいい方法となっていない事も多いです。目的が達成できても手段が予定通りでなければ叱られます。つまり他人指定したやり方に対して疑問を持っていもそれを封じ込んで、何でそうなっているのかも分からないルールを身につける過程で何度も理不尽な叱責を受ける」という事です。これを聞いて平気だというのなら、そういう人は公務員試験を受けるべきかも知れないですが、それがただの想像力の不足から来ている可能性を考慮して一度じっくり紙に描いて事細かに状況をイメージする事をおすすめします。

2 周囲との活発なコミュニケーション必須

 公務員という言葉を聞いて黙々と作業をしている姿を想像する人もいるでしょうが、実際は口を物凄く動かすことになる仕事です。役所の受付に回されれば様々な濃ゆい人達相手をすることになります事務室の奥に引きこもって働く場合でも、村ルールで動きまくっている上に何がやりたいのか分からん事ばかりしている職場においては「これってどういう意味で作られたどういう書類で、我々はどういう処理をする必要があるのですか?」という質問を頻繁にする必要がありますし、自分がその仲介役となって何重にも積み上がった伝言ゲームを完成させる必要が出てきます。そこで求められるコミュニケーション能力面接試験が可愛く見えるほどです

3 案外実力主義です(鋼鉄心臓があるなら別ですがあるのならばこの増田の1行目みたいな事は言わないはずです)

 使えなーいオッサンもいますが使えなーいオッサンに対する当たりのキツさは尋常じゃないです。本当に容赦なく悪口が飛び交います。そして、一度使えないレッテルを貼られるとポジション組織内で盥回しにされてしまうので年相応の能力が身につく機会は失われて何の強みもないゼネラリストの完全失敗作となり更に辛い思いをするループに入ります。クビにならないだけマシというのは事実ですが、同時にクビになる事がまず無いのですから一度「自分は本当にここに居ていいのか」と考えだしたら完全にドツボです。

4 就活市場で無価値になります

 とにかく他の会社で役立つような能力は身につきません。「どっかのお役所のよく分からんルールのごく一部に精通している」以外の能力が身につく機会が本当にないです。ビジネスマナー電話対応の仕方ぐらいは覚えられるかも知れませんがそれが精一杯でしょう。よって公務員でいるのが辛くなって就活市場に居場所を求めてもまず上手くいかないでしょう。また、先程言ったように公務員はまずクビにならないので、それを辞めて出てきたという事はそれ相応に馴染めなかったのだというレッテルが付き纏います。どうせクビにならないならちょっと我慢して様子を見れば案外自分にあった職場だと思えたかもよと言われるのは確実でしょう。それに対する受け答えに求められる内容は、他の企業から転職した人間よりもずっと強いものとなります

5 コンプライアンスを重視せよ(コンプライアンスを重視するとは言ってない)

 最近民間企業コンプライアンスに非常にうるさくなってきてますが、公務員は昔からコンプライアンスにうるさかった事もあり今でも他より一段階はうるさいです。そして、同時に、コンプライアンスにうるさいはずなのにそれを平気で破ってきたことで生まれたどうしようもない空気の濃度も他より2段階はキツいです。コンプライアンス大事しましょうと言った舌の根も乾かぬうちにコンプライアンスなんて守ってたら仕事は出来ねえと平気で言います書類に判子をもらって村社会ルールの中で自分仕事を終える過程において、かなりの確率で「これはコンプライアンス違反なのでは?」と疑問符を浮かべながらも、「でも書類を通すことの方が優先順位は高いから」とその考えを飲み込みますときにはそんなのやらなくてもいいような状況でわざわざコンプライアンスを破りに行くような行為をしていく職員もいます。とにかく村社会的な空気の濃度が濃すぎて一個人や一集団では既に抗えない状況になっており、全員がそれに操られて自分からコンプライアンスをぶっ壊して回っているような状態なのです。そうでありながら同時に、「それはコンプライアンス違反じゃない?大丈夫?」と他人仕事に口を出し、その対案として別の形でのコンプライアンス違反を行おうとします。矛盾の塊どころの騒ぎでない拗れっぷりです。


さて、社会適応能力問題のある皆さん、こんな同調圧力社会不正義と自己矛盾と八方塞がりのサラダボウルに飛び込む勇気はお有りで?


というかですね。

自分はこれからどうやってここから脱出すればいいんでしょうかね。

部署が変わるたびに石の上にも三年精神で耐えるだけ耐えてから結論を出そうと先送りを続けているうちに結構な年齢になってしまったんですが、いい加減メンタル限界に来てます……

マジでやめとけお前ら。

なんだろうこの文章

読む相手のことを考えてない気配がするのだが、それがどこに原因が有るのかハッキリしない。

多分だけど、「他人はお前が重要だと思っていることに、お前ほどには興味がない。皆が興味のある所にちゃんフォーカスしろ」って事なんだろうな。

わかった所で皆が興味のある所がどこなのかが分からいか解決は出来ないけどな。

たまたま俺が興味のあることと皆の興味あることが一致するのを願うしか無い

どこにも投稿できなかった退職ポスト

違和感が大きくなりすぎて大企業をやめます

大手メーカー新卒入社して2年。

馴染んできたつもりだったけど、やっぱり違う!!!!!と気づいたので辞めることにしました

何が私と合わなかったのか

業界の閉塞感

・興味と会社専門性のアンマッチ

生活の中で誰もが使うツールを作る会社。でもツールについて一生考え続けるのはちょっとな…。私はこのジャンルを究極に好きになりきれないと思った、ツールよりその先のほうが気になる性格なんだった。

業界自体の飽和 狭い業界骨肉の争いをしてるの、競争原理が働いて健全経済なのかもしれないけど、人類全体で見たら無駄エネルギーじゃね?

会社カルチャー

・若手の弱さ 会社ルールがたくさんあり、システムが古く、それらを習得するのに時間がかかる。習得しないうちは子供扱いされる。しかマニュアルが無くて知識が属人化している。

忖度ゲーム 社長に直接会えることは少なく、周囲のおじさん達の忖度で謎の指示が飛んでくる。社長(若い)にダイレクトに聞くと「え?そんなことないけど?」みたいなことたくさんある。伝言ゲームならぬ忖度ゲームです。

会社WHYがわからない 俺たちは何のために金を稼いでいるんだ?

昭和人間 たくさんいる。会社収益を上げる場所なんだという価値観。そうか!? 収益以上の目的はいらないのか!? ただ売ればいいってのは思考停止じゃないか? …という疑問を上司にぶつけたところ「それは社長レイヤーが考えることだから」と言われた衝撃。

腑抜けになっていくことへの恐怖 優しい人たくさんいる。1年で私もだいぶ顔が変わった。よく言えば優しくなった、悪く言えば攻撃力がだだ下がりした。生きていくことが簡単すぎると人は輝きを失う。ああ認知度90%越えの定番商品を売る老舗企業よ。黙っていても給料入る。なんとなくで仕事が進む。WHY理想についての議論は無いか、避けられる。

ぶっちゃけ

それでも、いい出会いがたくさんあった。ものづくり探究し続ける、好奇心理想をしっかり持っている、尊敬できる技術職の人はたくさんいた。良いメーカーなんだよ。

私がもし技術職やデザイナーだったらこ会社で続いたかもしれない。追いたい背中が見つかったかもしれない。

でも私は総合職なのだ

やめる直接の原因は、上司たちとうまくやれなかったからです。表面上はうまくいっていたけれども、私の中には「もう無理」が蓄積していってある日溢れてしまった。上司たちはびっくりしただろうし、普通に振舞ってたのになぜ?と思われたことでしょう。彼らの普通に適応すること自体が私にとってはストレスになってしまった。ザ☆適応障害。しかしこんなことに適応するために私の人生をくれてやるなんて惜しすぎるだろう。従順子供のような新卒ちゃん、をやるのは1年が限界だった。(どこが従順やと言われそうだけど、これでも頑張ってたもーん。)

本当に嫌だったことはここに書いてません。限界を感じた部分だけ書きました。限界を感じてても嫌じゃなかったら続いてただろう。

部署異動して心機一転したら…という話もあったけれども、会社に対する気持ちはもう修復不可能なところまでびりびりになっちゃってて。この気持ちで他部署に行ってまたゼロから子供いから…というのに私は耐えられない。私は尊重されるべき一個人であり、好きなチームのためならば情熱を存分に発揮できる。このカロリーもっと活かせそうな場所を見つけたので転職する。

ベンチャーに行きます

私が生きる理由、働く理由、私のWHYが活きる環境を求めて。

上司もチームも自分で選ぶ。

2018-07-25

ちゃんと記録に残したいのでラインで送ります

適応障害病気じゃなくて症状です

妻さんに話を聞いてもらえると改善し、話を聞いてもらえないと悪化しま

他にも体調が悪くなる要因はあります、ただ、他の全てがクソでも妻さんが話を聞いてくれるだけで改善しま

妻さんの影響はとても大きいです

症状が出た時に、二人だけの家庭で一人が倒れたらもう一人も危ないと思い立ち、以来なるべく負担をかけないように努めてきたつもりです

ご飯を作ってとか、洗濯をしてとか、自分身の回りのことをお願いしたことはなかったかと思います

なるべく負担にならないように、負担をかけてしまってる分は出来るだけ発散出来るようにと、妻さんの趣味に口を出しませんでした

ただ、水着フェスに行くというのだけは、どうしても不安の種になってしまうのでそう伝えました

妻さんにお願いしてるのは、話を聞いて欲しいということと、私の嫌がることをやめて欲しいということの、主に二つです

介護ってなんなんでしょうか。私の介護を頑張ってるってなんなんでしょう。

話がしたいですと(※私が)ラインした時に、家に帰ってくるのが介護なんでしょうか。

妻さんにとって話を聞くことがどれだけの重労働なのか察しがつきません。

家族の「病気」の知識が乏しい。話を聞くのが疲れる。という状態だと理解してます。もし違ってたら教えてください。

また、これは個人的価値観ですが、家庭を大切にしたいです。自分のことよりも優先です。今までもそうしてきたつもりだしこれからもそうするつもりです。

妻さんに押し付けるつもりはありません妻さんはご自身を大切にしてください

私は妻さんの負担になりたくないので、私と話をすることが嫌で家に帰ってきたくなかったり、上記つのお願いよりも趣味仕事を優先したいのであれば、共同生活をおくることはお互いにとって良くないのではないかと疑問を持ってしまます

妻さんには話ができないものだと思い込んでしまうことも多いです。

話をすることが負担になってると思うと、負担になりたくないので話をするべきか迷います

妻さんが負担に思うのではないかと推測し、話をしないことが増えました

話を聞いて欲しいということと、嫌なことをしないでということの、たった二つだけなのに、それすらお願いできません

一つ一つ確認したいのに、ただ確認すれば済むことなのに、それすらも面倒がられたと感じた経験から確認したくても迷った挙句話をしないことが増えました

話をしたいけど、否定されたらどうしよう、行き場がなくなってしまう、聞いてほしいだけなんだけど、聞いてもらうのを拒否されたらどうしよう、行き場がなくなってしまう、と、話したいことや聞きたいことを飲み込んでしまうことが増えました

これは理屈で考えてることではなくて、反射反応のように勝手にそう考えてしまます妻さんの考え方でいうと「病気」という状態です

この「病気」は、私に症状が出てても、原因は環境にあるらしいです

その原因をなるべく少なくしてほしいので、

話を聞いてほしい

嫌がることをやめてほしい

をお願いしたいです

妻さんとお互いにとって良い関係でありたいと思います

2018-07-20

返報性強めに設定してみただけでは

http://nogreenplace.hateblo.jp/entry/2018/07/20/190000

日本人だけでなく外国もそういう教育が基本なんだけど。

善因善果」で、善意でやったことは良い結果で報われるであろう。

という希望があってこそ人間は生きられる。

サンタさんしかり。お年玉しかり。いい子にしてるとご褒美もらえる。

家の前の畑に種をまいたらおてんとさんが一粒千倍にしてくれる。

 

これが現在は大きく崩された。

今年も災害がかなり重なった。

もちろん日本人は昔話で災害の恐ろしさは聞いている。

聞いているけれど、クーラーがあれば猛暑なんかで死なないですむのにバカだなあ、とか、

ダムで水なんかとめちゃえよー、とおもっている。

年寄りばかりじゃお米が採れない?なんで農薬とか田植え機とかつかわないの。とか。

 

そのクーラーをつけられないほど貧しい人や、

クーラーを動かす電力を火力発電だけで賄えない場合のこと、とか、

ダムのものの貯水量を超える場合ことなんてわからないし。

地方自治体もこういう天候になるなんておもっていないか

予算が今年すぐには取れない学校にはつけられません。

となるともう常人善悪判断能力を超えてしまう。

とりあえず市民いじめているようにみえ知事いじめておけばいいや。と行動する人も出る。

 

またおじいさん・ひいじいさんの世代侵略戦争判断能力を超える。

死刑採用している国の中では死刑囚がとても少ない日本では、コストをかけて容疑者を活かし、裁き、納得してから国が殺す。

これもなんとなく死刑がある国といわれれば外聞が悪いんじゃないかとは思っているが、

ではどうすれば犯罪が完全に発生しないようにするかは

欲望を押さえればいいだけだと、しつけや教育におしつけて口をぬぐう。

 

善意」の悪意性がインターネットなどで見聞されるようになった。

判断力が幼い人は善悪どちらかわからないことは手を出せない。

からわかりやすい小悪に対しては思いっきりたたきにくる。

小悪を叩いた自分が小悪としておもいっきり叩かれるとは思いもせずに。

 

そしてうっかり世間をみてしまって鬱だの適応障害だのになる。

 

これはもう、神様が「返報性強め」に設定しちゃった善なる国ならではの根深い病だと思う。

「がんばればいいことがある」の逆は「悪いことをすれば厳しく罰される」ではなく

「世の中につきつめればいいことも悪いこともない。一切は空だ」という鬱めの仏教のはずだったんだけどそれも廃れている。

 

なので、インターネット免許制にして、仏教棲み分けを必修で教えたらいいんじゃないのとおもう。

知らぬが仏を脱出しているのは知っていても仏であれる人だけだ、と。

そんでやっぱ子供向けとか無免許にはホワイトリストも使えばいいとおもうよ。

2018-07-18

精神病んでるときってこんなもの

友人が鬱だか適応障害だかで仕事を辞めて通院、薬も飲んでいたみたいだ。

当時自分妊婦だった。仕事もしていなくて暇だったので、よく相談に乗っていた。

その友人に呆れた出来事がふたつ。

1つ目。

妊娠中、一時期状態が悪くて自分入院することになった。

その友人も見舞いにきてくれた。

来てくれたのは嬉しいが、友人の同居している家族インフルエンザの人がいたらしい。

それを見舞いに来てから話された。一応マスクはしていた。

家族インフルエンザじゃ感染ってる可能性があるんだから見舞いになんかきちゃダメだよ」という内容でなるべく責めないように注意した。

せっかく見舞いに来てもらったし、しばらく話していたら、途中からマスクを外していたのに気付いた。

注意したのに…せめてものマスクも外すんか…と思った。

2つ目。

その後自分退院して、臨月を迎えた。

ある日の夕方に「明日遊びに行きたい」と連絡がきた。

暇だったし特に何もなかったのでオッケーした。

ただ、お腹が急に張ったときに等、「自分相手できなくなった時に友人が手持ちぶさたになると悪いので、〇〇ちゃんでも呼んだら?」と説明ちゃんとして、気が利く別の友人も誘ったら?と言った。

「わかった、誘ってみる」と返事がきた。

その後グループラインに「明日パーティーするけど来る人〜!」みたいなノリのことが投下されていた。

自分は慌てて「大人数は無理!入院した時にあまり動けないことも説明したでしょ?できるのはせめてふたりちゃんと訂正して!」とラインで叱った。

〇〇ちゃん指名した説明ももう一回した。

そして「誰と来るか、何時に来るかを報告してね。こちらも用意等があるので」と言った。

友人はわかったゴメンと、グループラインに「今のナシ」と投下したので大人パーティーはなくなって安心した、が以降友人からの連絡が来なかった。

その時は〇〇ちゃんを誘っているんだろう、〇〇ちゃん仕事かなんかで忙しいんだろう、と思って日付が変わるあたりまで待っていたが連絡はこなかった。

しかしたら叱ったことで割とションボリしてたみたいだし明日は来ないことになったんだろうか、どちらにせよ連絡のひとつくらいほしかったな…と思いながら寝た。

朝遅くラインの音で起きたら「今から行く、××時に駅につく。車のお迎えよろしく」という内容。

入院中に運転禁止されてることも話したのにな、それに臨月なのにな、結局誰が来るのかも聞いてないのに、山ほど文句があったがとりあえずもう余裕がないのでタクシーか歩きで来いと返信しておいた。

〇〇ちゃんはいなかった。友人ひとりで来たようだ。

今度ばかりは正直迷惑だったのでためておいた文句を並べた。

なんていうか一瞬しょんぼりするだけで、本当に理解してんだろうか?ぬかに釘のような気分だった。

〇〇ちゃん来れなかったの?と聞けば誘ってないという。

グループラインでは繋がっているが、個別だと繋がってないから。そんなことを言い出した。

じゃあ繋がればいいじゃん!

何で何時に来るかとか何人で来るかとか教えてくれなかったのかと聞けば、ラインで叱られた後しょんぼりしてたから。

もう意味がわからなかった。

過ぎたことはしょうがいから、こちらも色々用意があるんだから今後はしっかり連絡してと言えば、ともだちを家に呼んだことがないから知らなかった。家にともだちをあげてはいけないと親に言われていた。だからそんな配慮はできなかった。親のせいだ。

そういう家庭の事情があったとしても成人の口から出てくる言葉か?と呆れてしまった。

ラインで叱った内容をもう一度繰り返して叱っておいた。

精神病んでるときってこんなもの

もっと優しくするべき?

自分妊婦様すぎ?

あそこまで説明したのにわかってもらえないものなのかな?

もう成人してるんだからわかるもんじゃないのかな?

2018-07-12

anond:20180712002127

明治時代と言えば。千円札の人は、イギリスに行っても、英語通じなくて、ウツ(?適応障害?)になって帰って来たんだったよな...。

一方、軍医の人は、恋仲に落ちて、はらませたんだったか

2018-07-11

アル花は社会不適合者を慰めるためのポルノじゃねーぞ

アルジャーノンに花束を原題Flowers for Algernon)は自分のことを賢いけどちょっと天然(適応障害)入ってると思いこんでいる単なる人格破綻者のナルシズムを満たすための文学ポルノじゃねーよ。

あれは知能障害者の悲しみを通して、社会の狭量さとそれ故に社会が成立していることに対する無自覚さを読者に突きつけることがコンセプトなんだよ。

人付き合いが苦手とか、小中学校の頃100点がちょっとたくさん取れたからって他人との間に壁を作っては社会への適応力を自分から失っていった奴らがコミュ障あるあるで盛り上がるような作品じゃねーんだよ。

そこを分かってねえ奴らの多さにビビるぜ。

しろ、そういう連中を浮き彫りにすることによって社会に表出する地獄絵図こそがこの小説本来のコンセプトなんじゃないかと疑いそうになるね。

2018-07-09

売り手市場だけど売れませーん

25歳、大卒、経歴ボロボロWeb系崩れです。

前職はパワハラが原因で適応障害になり、退職しました。

「売り手市場だし、まだ若いし、なんとかなるっしょ!」と思っていたけど、なめてたみたいです。すみませんでした。

いやほんと、アルバイトですら受からない。未経験職種からってのもあるだろうけど、ぜんぜんひっかからない。

まあ、経歴がマジでボロボロ(ほぼアルバイト経験のみ・前職を半年で辞めてる)だし、

スキルもたいしたこといからそら苦労するわって感じだけど、先の見えない生活がそろそろ苦痛になってきた。

周囲を見渡してみると、活躍してる同世代キラキラぶりが目に痛い……自分キラキラしたい。せめて大戸屋ぐらいは値段を気にせず好きなものを注文できるようになりたい。

愚痴は以上です。「こんなどうしようもねー奴いるんだなw」と笑っていただければ幸いです。

ありがとうございました。

2018-07-06

ADHD疑惑が拭えなくて、お先真っ暗だ

 自分ADHDだと思う理由は以下の通り。セルフチェックでもかなり疑惑は濃厚。

・とにかくズボラ特に部屋の片づけがとても苦手。

 ・先延ばし癖。提出物・課題などは締め切り間際にならないとやらない。たまに締め切りを過ぎることもあるし、諦めて放棄してしまうこともしばしば。

 ・長期的視座に立って物事を考えることができない。短期的な快楽を優先してしまいがち。

 ・↑により、積み上げてきたスキルが何もない。

 ・何か作業していても、すぐに意識が別のことに行ってしまう。

  そして最初にやろうとしていたことを忘れてしまう。

 ・人間関係趣味に関しても広く浅くで、深く何かを突き詰めるというのがとても苦手

 ・注意散漫。緊張感があるうちはいいが、慣れてきたころに電車の乗り換えなどの決まった手順でも少しイレギュラーなことがあるとミスしてしまう。

 ・興味のないことに関してはとことんやる気がわかない。やらないと怒られるだろうな~と思っていても、面倒さが勝ってやれない。

学校勉強はできたので学歴はまあまあ高いけれど、「仕事」はできない、ということが分かり、プライドは高いのに自分無能さを認められないという最悪な状態だ。

ADHD診断に行きたいが、病院選び・予約などがまずとても面倒で…。激混みとも聞くし。

ちなみに、ADHDだとは思っていなかったときに、大学環境になじめず精神科に通っていたことがあり、適応障害うつ病可能性もある)の診断も受けている。

結婚出産もとっくに諦めてるし、人生モチベーションが湧かない。そして、どんどん悪い方に思考がいってしまう。どうすればいいんだろう。

2018-07-03

発達障害じゃなかった

「あれとってきて」がなんのことか分からなかった時、本を読んでいて声をかけられたのに気づかなかったとき忘れ物が多すぎると先生に言われたとき

「だからあんたはアスペルガーなんだ」

母親に何度も何度も言われてショックと不安でいっぱいだった。友達に打ち明けたら引かれて距離をとられるようになった。

ネットで聞き齧った知識で言ってただけなのに医者に診断はさせてもらえず、独り暮らしして適応障害が出て思いきって診断した。

診断名つかなかった。傾向はある、それだけ。

なんだったの。どうして私はやらなきゃいけないことすべて忘れてしまうんだ。場所を変えると感情も忘れるせいで何度も同じ間違いや忘れ物をしてしまう。

しんどい

2018-07-02

数年前に適応障害と診断された時と近い感じになっている。

あの時も夏だった。

なんでもないことで泣きそうになってなんでもないことで涙して

手が震えて何をするのも嫌ででも逃げるわけにもいかなくて

結局潰れたんだけど

早く逃げなくちゃ。

2018-06-29

anond:20180629125542

工学系なのか理論系なのか、本当は理論系の方が向いてたはずだったんだけどなと思ってる工学系なのか分からないけど

後ろ2つならうつ病適応障害可能性があるから精神科行った方が良い

もらうのは抗うつ剤だぞ、それがもらえなかったらいくら眠剤精神安定剤もらっても何も意味いからな

2018-06-27

anond:20180626204002

「もうそろそろ効くころ」とか、飲むのやめたあとの離脱症状描写から考えると、処方されてたのはSSRIかな。

とすると、主訴は抑うつ不安あたりかな。

薬が効かないということは、器質性の除外ができてないか治療抵抗性だったか環境に要因のある適応障害だったか病気自体が軽症だったからかな。

(よく誤解されてますが、うつ病場合重症であるほど薬が著効します。逆に軽症であるほど薬が効きません)

うつ病とかの気分障害だったら、自分日本うつ病学会サイトアクセスして、最新のガイドラインを参照すればいいんじゃないのかな。

あれが日本語で読める最新のエビデンスまとめだからな。

2018-06-12

ワケあって母親仕事を辞めさせてしまったけれどどこまで報いるべきなのか

適応障害(たぶん)だったとき介護に近いようなことをしてもらっていた。

半年経って今は無事元気になって働いている。

親に恩義は感じているけれど、今は親元から離れたいと強く思っており、引っ越す計画を立てている。

主な理由は以下の通りだ。

①ただただ遠い。田舎都心、均すとドアドアで1時間45分くらい。

拘束時間が長く、疲れる。それが不調を引き起こしたりもする。

交通費がかかるということもあるのだろうが、

会社の人に会うと二言目には引っ越さないの?と言われ、多大なストレス。(メンタルのことは知らない)

③まず家に帰っても家族と会話したくない というのが1ヶ月以上続いている。

もともと過干渉・すべて否定から入る気質があり(特に母親)、

そこが自分自己肯定感の低さに繋がっているのではという思いもずっと持っていたが確信に変わりつつある。

ややADHD気質があるので、生活能力低いこともあり、

とくにその方面に関しては「一人では何もできない」という趣旨のことを言われ続けている。

また仕事以外で外出するときや遅くなる時にはは誰とどこに行ったのかを聞きたがり、

言わないと「彼氏もいないくせに」と言われる。

価値観も合わない。家族はいろいろな意味保守的で、前時代的。

地元にとくにこだわりがない。実際この2か月間で一度も、地元友達に会っていない。

仕事において、都心での人脈形成情報収集必要なのもあって、

多いときは週3でネットカフェカプセルホテルに泊まっている。

⑤上のような理由で、経済的合理性もあまりない

……などなど、挙げだせばきりがない。

もう動いちゃえよ、と自分でも思うけれど、

ただ自分申し訳ないという気持ち、言い争ったり説得したりすることへの面倒くささ、

新居に凸してくるかもという恐怖。これらが足を引っ張っている。

2018-06-10

優生保護法あってもいいんじゃない

優生保護法強制不妊手術させられたと問題になってるけど時と場合とか人によってはいいんではないか

障害者ヘルパーやってるんだけど訪問してる障害者夫婦がどうもおかしい。

障害者の名をかたる自称障害者と言っても過言ではない。

精神疾患だということでメンタルクリニックから診断書もらって障害認定受けてるけど疑問を感じる。

嫁は鬱でしんどくて動けなくて家事が出来ないと障害者ヘルパー派遣してもらっているが

他の多くの鬱病の人はしんどくて動けないとずっと布団で横になったままなんだがこの嫁は「しんどくて動けないんですう~」と言いながらずっとTVゲームをしている。

いや本当にしんどかったらゲームも出来ないだろう。

ただの怠け者じゃないのか!?

旦那適応障害だと言ってるが気に入らないことがあればすぐに暴れて物を壊す困ったちゃんでこれはただの怒りんぼじゃないのかと思っていたらあるときメンタルクリニック医師が君は病気じゃないと診断書書かなくて障害年金や生活保護を受け取れなくて別のメンタルクリニックに行ったらそこの医師はすぐに診断書書く人ですぐに診断書貰えた。

で、この旦那もずっと嫁とゲームをしている。

しんどくて何もできないんですう~と言っているのだが部屋の中は通販で取り寄せたアダルトグッズがあちこち転がっていてしんどい動けないと言ってるわりに夜はセッ〇スばかりしている。

働くのはできなくてセッ〇スはできるとか都合のいい病気だな。

当然次から次へと子供が出来る訳なんだが育てられなくて施設に入れている。生まれてきた子には罪がないけど可愛そうだな。

何もしなくてセッ〇スだけして生きて民間人税金障害年金と生活保護受けて自治体は何をしてるんだ!なんだけど医師精神疾患ですと診断書出してるからには本当に病気障害に耐えて障害者作業所で頑張って働いている人と同じように扱わなきゃならんらしい。育てる気もないのに自分たちの自堕落の果てに次々と子供作って税金でそれを尻ぬぐいしなくちゃいけないんだからまれてくる子供可哀想だしこういう奴らこそ強制不妊手術したらいいのに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん