「適応障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 適応障害とは

2019-06-24

anond:20190623235455

未成年であったとしてもリスクベネフィットを勘案したうえで抗うつ剤を投与するケースはある(だって投与禁忌じゃないんだし)

一般論としては、うつ病はわりと短期間で寛解する病気とされているが、なかに治療抵抗性だったり反復性のうつ病もある

うつ病発症年齢が低いほど、のちに双極性障害に診断が変わる率が多い

(難治なうつ病だったと思ってたらじつは双極性障害でしたというパターン

あと、適応障害ベースにあるとか、抑うつ神経症(昔の病名だけど、心因性うつ病のこと)だとか、軽症または中等症のうつ病には抗うつ薬はあまり効かないとされている

抗うつ薬うつ病重症であるほど効果が高い

重症うつ病には、電気けいれん療法適応

以上、めっちゃ早口でお送りいたしました

2019-06-21

生きるのしんどくてメンタルクリニック屋さんに通ってるんだけど

何度目かの通院。

だんだん良くなってきてるけど、たまにコンビニ行きたいくらいのノリで「死にた」ってなったり

起き上がれなくなったりしてる。でも、去年よりはだいぶ良い。

診断名は適応障害

何度か通って原因もちょっとずつわかってきた。

これってもう治ってるの?

どうなったらゴール?

  

こないだの病院で『初診でずっと待ってるんだけど!?』ってめっちゃキレてる人がいた。

前のはてなのなんかでメンタル屋さんの諸事情で初診はめっちゃ待つってあったの読んでて、

私も前に初診予約した時は2週間後で絶望した気持ちになったのを覚えてるので

そのキレというか不安感(わかる…)とか思いつつ

(でも初診で予約しないで直にメンタル屋さん来ても無理じゃん…)とか思ったり

(でもこの人はめっちゃしんどくて、心の風邪って世間で言われてるから内科のノリで当日来院したんだろうな、つらいな)

とかも思いつつ、

  

なんか、私の予約と変わってあげればよかったのかな。

世の中、私よりもっとしんどい人の為に先生時間を割くべきなのかな。

  

でも今日カウンセリング中も先生と話しながらめっちゃ泣いた(内面のことを話すと些細なことで泣ける原因不明)

なんだよいつ治るんだよ。というか適応障害の治りってなんだ。いやわかるよ思考の癖を治す。

メンタルクリニックは心の安全基地になってるので引き続き通いたいけど、いつも混んでいる。

もっと他の深刻な人のために、私はもう通うのをやめたほうがいいのかな。

2019-06-18

こどおじはどうでもいい

こどおばが無理

こどおばの村で適応障害になりかけたからだ

とにかく無理

全てが無理

鈍臭くて自分からは何もしないそしてそれが許されている世界線に生きている

このように、自分にとってのこどおばのように、誰も彼にも無理とか嫌とかしんどいものがあると思うと、みんな飲みに行こうよ。笑おうよ。と思うことができるけど、こどおばだけは無理

お前たちは部屋で貝ひもでも食ってろ

anond:20190618094735

そんなことない。ひきこもりこどおばは存在する。そしてこどおばに囲まれていると適応障害になる。

2019-06-12

うつ退職した人間から

久しぶりにはてな使うので使い方からググった。

パナを退職したり勤めてる人のを読んでると、自分が辞めた頃と変わってるところ変わってないところがあるので興味深かった。

https://anond.hatelabo.jp/20190612010558

相変わらず朝会や昼会で綱領信条、七精神の読み上げとスピーチやっているのは松下幸之助創業者文化伝承しているのだなと意外。

自分がいた頃は社歌も歌ってたが社名が変わってから止めたのか?歌詞に社名が入っていたかどうか忘れたが。

十数年、綱領信条、七精神毎日声に出していたが結局覚えられなった。

スピーチは毎回何を話したらいいか悩むことを、当時の上司雑談してる時に話したらマジで叱られたことがある。

「それを考えるのが技術者や」

今だにその真意はわからないでいる。ちなみに当時の上司は今のパナの社長をしている。

結局自分は1、2分のスピーチで笑いを一回はとることを目標にしていた。これは今でも役に立っている。

eチャレンジという社内転職制度は相変わらずあるのだな。

上司にも内緒社内転職先と交渉して転職が決定してから、あとは上司に報告すればよい制度

自分のやりたい仕事と違いスキルが生かせないと思えば転職先と交渉すればよい。

もちろん転職先で生かせるスキルもなく今の職場が嫌いとかの理由では先方にも相手にされない。

サービス残業がないとか書いてあったのでそこは良い方向に変わっている。

部署によるのかもしれないが読む限りは勤怠でごまかしが効かないシステム採用してるようだし。

自分の頃は当然のようにあったし有給消化なんかできなかった。その日に有給をとったことにして幽霊として職場仕事していた。

遠方の祖母が亡くなった時に2日休むことをルールに従って申請したら「そんなに休むんか」と言われたこともある。

ただ土日祝は確実に休めた。自己啓発ということで土日に出て勉強する制度を利用して仕事してる社員もたまにいた。

うつ病対象保険があるのもいいことだ。

今はうつ病に対して理解ある会社になっているのだろうか。

自分の時はメンタルヘルスに関して全く理解がない頃だった。

ここから自分エピソードだ。長文の恨み節愚痴になるだろうからラクガキ程度に思ってほしい。読みづらくあえて詰めて書く、

自分上記上司との関係が悪くなり、うつ病発症した。

全く連絡を受けてない会議に呼び出されて「なぜ会議に出ない?資料をなぜ用意してない?メールしたやろ」と

罵倒された場面はいまだにフラッシュバックとして発作として現れるし夢にも出る。

単純に上司自分メールしてなかっただけだったのだが、それを話すことすら怖くなっていたのでかなりの重症だ。

電車でも隣の車両上司がいるのではないかとか職場でもトイレで首吊ることばかり考えていた。LANケーブルはすぐそこにあったし。

対人関係スキルを身に着けることは大事なことだ。

ある日上司から呼び出され転属願を書かされた。転属理由上司が話す言葉をそのまま書き写すだけ。

転属後はお決まり休職復職を繰り返すパターンだ。

休職期間はかなり長くとれるし安くなるけど手当も出る。これはベンチャー企業では無理だろう。

ただ復職が難しかった。

主治医復職可能診断書を書いたので復職すると人事に持っていったら人事担当

うつ病は完治した」という言葉がないと復職は認められないと言う。

うつ病寛解という言葉はあるが完治というものはない。

当時のあの会社の人事ですらメンタルヘルスへの理解はその程度だったのだ。

その後も休職してしま復職可の診断書を持っていくと転属先上司人事部長と面談となった。

現在早期退職者を募っているので利用してはどうかと。一ヶ月後が締め切りとのこと。

聞けば早期退職は何ヶ月も前から募っていたそうだが今まで何も連絡がなかったということと、辞める気はない旨伝えたが

かなり色々言われた。こういう時はボイスレコーダーで録音しておくほうが良い。

理解できてないようなのでちゃんと奥様加えてご説明したいと自宅まで来るという。

妻も仕事を休まないといけないので断ったが強引だった。

その日の夜7時に来た人事部長の第一声は「会社と家まで遠い」だった。

距離は遠いが時間的には1時間半と普通範囲だし同じ駅から通っている社員もいる。

どうも電車の乗り継ぎがへたで余分に時間がかかっている。

この第一声はもちろん辞める理由にしてほしくて言っているのである

人事部長「私は〇〇さんは適応障害だと思うのです」

医者は別の病名を言っているのだが何故か人事部長が診断名をつけている。

で、社風と自分が合っていないのではないか。だから転職をすすめると。

一緒に来た転属先上司休職期間は何をしていたのか」

自分最初の頃は家にひきこもって療養してましたがおかげさまで外出できるようになりました」

上司図書館へ行って資格勉強をするとかしなかったのか」とあきれた顔で言う。

ボイスレコーダーで録音しておいたほうが良い。

当時の労働組合はこういう時は全く役に立たなかった。

組合活動動員で当時の某野党議員の多量のビラを各家屋に入れて最終電車帰宅とかやらされたのに役に立たん。

結局あきらめて退職して、今ではうつ病として障害者手帳まで持っている。

退職判断は今では結果的に正しかったと思うし、障害者になり低収入暮らしているが

家族とそれなりに幸せに暮らせている。

ついでながら

自分は当てはまらないが、パナは才能知識そしてスキルもある社員がたくさん集まっていた。

天才変態紙一重みたいな技術者もいた。

優秀なのにつまらない仕事ばかりでいやになって転職した先輩もいた。もったいない

今の社長就任する前まではそんな優秀な人材を生かせない会社だったのだろうとは思う。

記事を読む限り、今は変わってきてるようだ。

パナの制度環境をうまく生かして面白く働いてほしい。

2019-06-05

anond:20190605165657

まあ発達障害だろうし

何なら社交不安とか適応障害もあるだろう

もっと突っ込むと躁鬱とかもありそうなんだよ

バイト時代から給料わずバックレた仕事が山ほどある

頭は間違いなくおかしいよ

けど、そんな奴がなんの保証もなく生きていかなきゃいけなくなるってもっとおかしくないか

anond:20190601153031

てか高学歴がみんな対人不安とか適応障害で引きこもって

そういう私立文系が「活躍」する(せざるをえない)世の中になっちゃったかね

日本も大変だな

2019-06-04

入社初日でややブラックが露呈して辞めたい

おっすオラ増田

福祉業界仕事してたらスタッフのオラが適応障害になって職場過呼吸起こして辞めさせられたぞ!

福祉仕事は嫌いじゃねえけど高確率スタッフ側がアレなんで支援員はこりごりと思って医者OKが出た時点で一般事務就活したんだわ!

一般事務で額面23万の残業なしでひえ〜〜と思って面接したら即採用で金に目が眩んでそのまま入ったら入社1日目で残業代が出ないことが発覚。

面接中に内定出される会社やばいというジンクスはマジなので覚えておこう。

どうも残業として認めない=残業してない=そんなものは出ないという図式らしい。

先輩は9時近くまで残業することもあったらしい。

ちなみにこの会社事務増田を入れて3人だが1人は週2の経理パートである

今日1日先輩から引き継ぎを受けたがやることが多いので流れが覚えきれない。というかこれ注文多い日はやっぱり残業必須では?レベルだった。

外回り営業は終わり間際に会社に戻るので仕事を持ち帰ってくる時は夕方でやはり残らないと片付かないのでは?と初日新入社員ですら思うことだった。

ちなみに先輩は増田が来たことで業務が減ったからという理由給料が下がるらしい。

もはや労基案件である

初日から先輩に「一緒にやめる?w」まで言われる会社とは一体。

からさまにヤバい会社なので増田適応障害がぶり返すのが先か

増田就業規則と実際の勤務体系を照らし合わせて会社都合退職できるのが先か

社長文字通り泣きついて人を増やしてもらうかのチキンレースになりそうだ。

なお3番目は社長がこの業務を「比較的楽な仕事だよ〜」と言っていたのを鑑みる夢物語である

2019-06-03

禿肥満腋臭適応障害は甘え

現代医学で治せる病気を治さないで不幸ぶるな。

虫歯になって歯医者に行かない奴は大間抜けだと皆が知っているが、どうも禿肥満腋臭適応障害といった連中に対してはそうじゃないらしい。

不思議

anond:20190603121235

すでに障害者ではあると思うぞ

適応障害発達障害社交不安障害うつ病

併発してる人も多いが、問題医療に繋げないところなんだよ

医療に繋げるでなんとかなる問題じゃないが少なくとも繋げられないと始まらない

なんか増田ブクマでは医療に繋ぐのが凄く簡単だと思われてるけど実態は違う

2019-05-25

自分を信じられない

はいわゆるアスペだ。

あえてこの言い方をするのは、正直自分でもこの病名がいまいちしっくり来ていないからであり、広い意味での社会適応能力不能者としての蔑称の方がしっくりくるからである


世の中には大人適応障害なんて言葉があるが、それが本当に大人になってから突然起きたパターンは少ないのだと私の担当医は言っていた(N=3)。

実際私もそうだ。子供の頃から社会には適応できていなかったが、求められる適応度が低いからなんとかなっていた。

前ならえや回れ右が少しズレたからって殴りに来る教師は今どきいないし、同級生からしても40人もいる友達候補の中で付き合いにくい奴がいてもそいつとは付き合わなければいいとなるだけだった。

それが、社会に出ていくと、書類印鑑不備とか会議室の予約忘れとかは、許しがたい罪となり、殺意を持って裁かれることになった。ただそれだけのことだ。


私は子供の頃から当たり前のことをよく間違える人間だった。他人が1000回やって998回成功することを、1000回やって888回しか成功しないような、そういう人間だ。ケアレス、やる気、自己流、一事が万事、呼ばれ方は色々あったが、結局は注意欠如を起こしやすい出来損ないの脳みそとして産まれてきただけの話だ。

そんな人間なので、自分自分が信じられない。何をやろうとして、まずは自分が思い違いや手違いをしていないか確認するフェーズを挟んでいくことになる。

当然動作は遅くなるし、回転率が低いということはクオリティが低いということにつながり、習熟も遅い。遅い、下手、ミスが多い。いいことは何もない。

そんな人間がなんとか社会で生きていくのはとても辛い。

周りの人間からしても面倒だろう。

私と似たようなタイプ人間が私の上司になったことはあるが、そのとき彼は「どうすればいいんだ!助けてくれ!もう無理!お前無理!」とある日おどけながら叫びだした(おとげた口調だから許してやったがパワハラになる手前やぞクソが空気読めなくていいか規則は読めや)。その日、ゴミ出しのためにフロアを離れると、別の先輩に喫煙室の前で呼び止められ「お前が言うな。だよなーww」とフォローしてもらったが、「(その言葉は、こっちにも刺さります)」と考えてしま曖昧に笑うことしか出来なかった。

駄目だ。

それから私は私の成長すら信じられなくなった。時間による解決を待っていれば、やがてあの上司未来の私になり、未来の私にパワハラをするのだ。もう嫌だ。信じられない。何もない。


こんな話がしたかったわけではないのだが、軌道修正が面倒なのでこの話はこれで終わる

人生に対して適応障害になったらどうするの?

休めるの?

2019-05-24

anond:20190524130944

ほらこういう奴

丸山穂高適応障害で苦しむ人たちを貶めた責任を取って死んで欲しい

丸山穂高適応障害にとっても失礼

適応障害が、都合が悪いと逃げるクズという悪印象を世間に植え付けた

控えめに言って死んで欲しい

適応障害と診断された7年半前のこと

もともと上司ガチャに失敗していたことと震災対応が重なったのもあり、会社に行くたびに強烈な吐き気に襲われるようになったので心療内科に行ったら、おそらく「適応障害」ですねと言われた。それが約7年半前。

まず上司について簡単に書くと、仕事上では頭がキレる人ではあったけど酒癖がめちゃめちゃ悪い人で、夜9時過ぎまで残業してると電話がかかってきて、「まだ(会社に)居るんだろ、来いよ。来ないと分かってるだろうな」と言われて嫌々ながら行くと、そこから夜中2時過ぎまで延々説教を食らうというのが(メンバー持ち回りで自分の番が)月2回以上ある感じだった。
フラフラになりながらもタクシーで帰って、翌朝二日酔いの頭を抱えながら会社に行くと上司はおらず、昨日見た時には何も入ってなかったはずのスケジュールには、謎の「外出」という項目。仮にも「営業」という名がついた部署だったので「外出」自体は不自然ではないものの、まあ色々予想できるわけで、それが傷んだ心をさらに削っていくという日々だったのだ。

心療内科に通ってる時は、医者はすぐにでも休んだほうがいいと常々言っているのにも関わらず、なぜか自分は言うことを聞かず半年くらい粘っていたが、とあるキッカケで張り詰めていた糸が切れ休職することになった。それが約7年前のこと。

休職して1ヶ月くらいは、毎日ほとんど何もせずボーッとしているだけで1日が過ぎ、暇があればしていたゲームも当時はちょっとしかできなくなっていた。
産業医面談が月1回あって、毎日(週?)日記を書けと言われたので嫌々ながら「何もしていない」的な内容を書いていたら、翌月になんでもいいので習慣になることをやってくださいという指示を受けた。当時からデブだったので、歩いていける所にあったジムに通うことにした。大した運動をした訳ではないので特に痩せることはなかったものの、日に日にボーッとするだけの時間は少なくなり、大好きなゲームもある程度できるようになってきた。この時には休職して4ヶ月くらい経っていた。

その後マイコプラズマ肺炎に罹って「運動するな」と言われてしばらくジムに通わなくなったりもしたが、特に病状が悪化することもなく休職から半年くらい経った頃に、件の上司が飛ばされていたこともあって、心療内科医者からはそろそろ大丈夫じゃないですかと言われ、産業医とも面談休職から約7ヶ月で復帰することになった。
別に元々バリバリやっていた訳ではないが、最初時間外は原則なしという条件を守ってもらえたこともあり、特に大きな問題もなく復帰することができた。

適応障害は他の病気と比べても個人差が大きいと思うし、8年近く前の自分記憶そもそも正しいかという点はあるけど、自分場合はこうだったというのをなんとなく書いておきたくなったのだ。

やっぱ精神科医は信用ならねぇ

丸山穂高適応障害の診断だと。

どこを見てどういう基準で診断出してるんだろうか。

そういえば、精神科にかかってた知り合いが引っ越しに伴って病院を変えたら病名がまるっきり違うものに変わったって話してたわ。

あと、親戚で20年弱ぐらい精神科に通って薬もせっせと飲んでる人がいるけど良くなってるのか悪くなってるのか本人も周りもよく分かってないみたいな状況でなんだかなぁって感じ。

まじでどういう基準で病名つけてどういう基準で薬出してるん?苦しんでる人を助けたいって思いでやってる精神医療関係者は多いんだろうけど、ほんとに医学の名に値するものなの?

精神科にかかって良くなったって人もそれなりにいるんだろうけど、医者ガチャ要素はでかそうだし、医者以外の私生活の諸々で治るかどうか左右される割合とかも結構ありそうだし、いまいち精神医療に信用置けないというか、つかみどころのない感じがするんだよなぁ。

anond:20190524160206

丸山議員適応障害から病人無罪みたいに主張してるのがありえんから心神喪失減刑もやめてほしい

障害者病人人権大事で、健常者と同等の人権が得られるべきなのだから刑罰も健常者と同等にしてほしい

昔と比べて子供の人権子供自己決定権が拡大しているのだから子供であることを理由とした減刑もやめてほしい

これは性犯罪に限らないんだけど

丸山穂高、よくやった!

お前のおかげで適応障害イメージが地に落ちた

全国の適応障害会社休んだり早退している奴ら。お前は丸山穂高と同じだぞ!戦争必要オッパイで女買いたい奴と一緒の思い通りにならないと癇癪起こす甘えん坊だぞ!

鬱病も同じだ。自分の思い通りにならないからって病気になるな。ちょっと自分の考え方変えろ

良かったな。国会議員適応障害を全国アピールしてくれたぞ!これで会社に堂々と言えるね

2019-05-20

anond:20190520021156

五月病とか鬱とか適応障害とか

短期間でたくさんの変化があると意識してなくてもストレス大きい

意識してなくても疲れてる

少し活動セーブするようにしてみるのもいいのではと思う

通学が負担なら大学そば下宿させてもらう、バイトは減らす、とか

授業も目一杯取ってるなら、優先的に取りたいものと落としていいものに分ける

自分でも言ってるように落としても来年取ればいい

初年度は大学生活に慣れるの優先で

2019-05-07

anond:20190507095630

ほんコレ

大企業でも無い限り、医者患者の都合のいい言葉しか聞かないから、弱めの薬出して話聞いて終了

結局鬱憤晴らしは職場や友人でやって、薬飲んだり就寝時に公開して謝罪の連絡してきたりする

適応障害だったけど転職して治ったわ!って報告多いけどどうなんかね?転職先の職場我慢強いだけじゃ?そうじゃなきゃ再発してまた大暴れだろうし

適応障害だ!優しくしろ

眠れん!起きれん!障害だ、仕方がない。

薬をくれ!価格はもちろん3割負担

今日は休む。仕事よろしく適応障害だもん、有給休暇だし。

気分が躁鬱。周りに当たりまくる。でも適応障害だもん。障害者だよ?薬飲んでるよ?

休職するわ!労働者権利だ、金をくれ。

転職決まった。引き継ぎ?私をこんなにした会社になんで残さなきゃ駄目なの?PC初期化データ削除。

適応障害治ったわ。私の人生これからわ!

先月会社を辞めたババア。同僚やそいつの友人にさんざん迷惑かけたけど、適応障害の錦の御旗で全て回避

こんな事言うと「ブラック企業被害者面するな!」とか言われそうだが、至ってホワイト(それはお前が奴隷からだ!と言われたら反論のしようがない)

ババアが気に入らないことがあって、勝手ダメージ食らって、勝手身体拒否反応起こしただけ。なのに医者は病名つけてババアが暴れてもOKライセンスを発行しやがった

もちろん辞めたから良いんだが、これ以来ADHD発達障害適応障害、鬱への嫌悪感が酷くなった。もちろん厳密にはどれも違うんだけど、正直詐病しか

ごく一部の厄介が暴れているだけで、大半は静かに過ごしているのだろうけど、もう薬あげてカウンセリングとか止めて施設で何週間か過ごすみたい公的措置をやってほしい

転職したらケロッと治る当事者は良いけど、周りはそうそう治らない傷を負うのだから

2019-05-06

GW連休は家で過ごしていたけどわりと良かった


買い物でショッピングモールに行くとか、近くのスーパーに行くとかはしたけど観光などには行かずに基本的には家で過ごしてた。

自分適応障害があり今回の10連休は非常に不安だった。通常通りの生活を送れずにリズムが乱れて体調を崩したらどうしようと思っていた。なので起床時間は必ず決まったときにして少し不眠気味なら昼間仮眠を取るようにした。あとは好きな本を読んだり文学賞応募用の原稿を作ったり、ときにはスマホゲームにがっつりハマったりした。

久しぶりにこんなにゆっくりできて普段納期に追われるIT土方なので意外と良い休みが取れた。

2019-05-04

絶望隔離としての平成

ただの一側面としてだが平成になって変わったのが鬱病などの精神疾患に関する認知度だろう。うつ病になったら会社を休むのが普通パニック障害などの精神疾患にも障がい者保険適用されるようになった。いいことである

精神疾患などのなにもかもたちゆかなくなる特殊状態とは別に平成になって(というかここ最近)感じるようになったのが絶望したまま人といることが許されないような感じをうける。

特に社会人におけるコミュニケーションではそうだがポジティブコミュニカティブで微笑を絶やさないで話すことを暗に強制しているような空気を感じるようになった。人間がゴロンとそのまま社会存在することは許容されなくなっている。そんなロールプレイ空気があるせいか無理してポジティブ人間であるアピールするかのように取り繕っているように見える人もいる。

常に笑顔聞き取りやすい声を発することがコミュニケーションをする条件のようになっていて普通に会話をすることがたまに難しいと感じる。普通に会話をすると「冷めた人間」のように見られるから自分道化を演じる。本当は別に何も面白くもないのに笑ってみたりする。

定型文を駆使して会話を途切れさせないようにして別に興味もない話に無駄に多く相槌をうつ。正直言ってそのすべてがめんどくさい。もっと普通に話したい。でも普通に話すとコミュニケーション能力が低い人間のように見られる。

精神疾患社会病理だととらえられることがある。個人社会乖離がその個人精神状態を疾患である結論づけるとするなら社会が通常の状態から乖離しているかもしれないという視点もあってしかるべきである

例えば人と食事するのが苦しいという会食恐怖症がいい例である普通他人がたくさんいる状況で食事をとることは人間動物として考えた場合には自然状態とは言えない。僕達が他人食事を共にするのは「慣習」である。その慣習がいきすぎたり気づいてしまった時には通常の状態でその場所にいることが難しくなる。

鬱病などの適応作法であるコミュニケーションにおいても同様のことがいえる。コミュニケーション舞台が過剰なポジティブであふれ返っていれば普通状態でその場にいることは「相対的」に絶望している状態である。その相対をいつのまにか内面化して自分が悪いと自覚して劣等感を生み高じれば鬱病となる。

抑うつリアリズム鬱病人間のほうが社会を正しく見ているという説)がどういう論理のうえにたっているか普通笑顔で会話している僕達のほうが考えるべきだろう。平成社会から絶望隔離した。鬱病という名のもとに。それは社会が過剰なポジティブ支配されている証左でもあるだろう。

これだけ鬱病適応障害の多い人が多いこの社会はありていにいえばなにかがおかしいのである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん