「心療内科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心療内科とは

2020-06-03

anond:20200417005726

これ書いた増田なんですが新しい彼女ができて悩みが割と消えた。

消えたはずなんだが、日付を見ると、恐ろしいことにこれを書いたのは彼女ができたあとになんだなぁ。

最近心療内科に通っていてクスリを順番に試していってるんだが、新しい抗うつ薬が効いてるんだろうか?

かにあんまり暗いことを考えなくなった気がする。

人間精神なんて適当ものなんだな。

あるいは彼女の愛を確信したことで変わったのかもしれないが。

2020-05-31

年収75万のリアル

アラサー実家住み、もちろん独身年収75万ほど。

家族構成祖父母と母。

離婚して母が帰ってきたのと、大学卒業してちょっと働いてうまく行かず、精神を病んでまともに働けなくなったので一緒に住むようになった。

貯金をがんばっているので200万ぐらいになった

よく分からないしアホなので、他の増田みたいに格好良く見出しとかつけられないけどごめんね

家賃について】

実家なので、なんとタダ!築50年の持ち家だよ。

固定資産税は18万円ほど。月で割ると15,000円ぐらいになるね。

まあ自分は払ってないけど。

普段食事について】

ニートみたいなものなので自分が作ってるよ。

最近コロナで暇すぎてお菓子ばっかり作ってる。

月の食費は5万円ぐらい。食費を任されているので余ったらお小遣いにしてる。

飲み会などの食事について】

友達は数人いるけどみんな引きこもりなので飲み会は行かない。

贅沢するといえば、心療内科に行った帰りにばったり会って喫茶店マックに行くぐらい。

コンビニスーパーでの買い物について】

家族からリクエストがあれば答えるけど、なんでもいいと言われるので自分の食べたいものばかり買う。

ちゃんバランス良く食事を取れるようには気を使っているよ。

肉や魚は安いときにまとめて買って小分けにして冷凍

毎回買うか悩むのはトマトちょっと高いよね。

酒は飲めないので買わない。

ファッション

昔貰ったものを5年ぐらい着てる。

どうしても小綺麗な格好をしなければならない時が来たらメルカリで思い切って買うぐらい。

靴下下着は近所のすごく安い田舎特有のごちゃごちゃした服屋で買ってる。

なんであんなに安いんだろう。

【車について】

免許を昔取ったけど、発達障害なので絶対運転するの向いてないなと思って運転しないままここまで来てしまった。

おかげで何年もゴールド免許

車は祖母母親の二台あるよ。たぶん祖母は80越えたのでそろそろ引退すると思う。

【貯蓄について】

がんばって200万貯めた。褒めて。

家にはタダで住ませて貰っているし、食費も一銭も出してないので貯められた。

実質祖父母年金暮らしているようなものから先のことを考えると死にたくなる。

こんな端金、あっという間になくなるんだろうな。

旅行について】

年に一度、祖父母に市から送られてくる温泉割引券で温泉に行く。

子供について】

孫は見せられそうにない。ごめんね。

結論

たまたま趣味がほんの少しの実益を兼ねることだったので年収75万ぐらい稼げているのが奇跡だね。

普通にバイトしろよと思うけど、ASDなので人と関わることが本当にストレスで出勤して帰ってきたら何もできなくなって次の日に起きられなくなるし、病気でなかなか感情コントロールができないので、迷惑かけるだろうなと思う。

でも今年はコロナ収入がかなり少なくなってしまい、現状だけでは稼げなくなるなと思ったので就労支援事業所に行くことも考えてる。

社会復帰しないとなあ。

年収が多い人は税金なんかも大変なんだろうなと思う。

ちなみに自分税金医療控除や障害者控除やらが引かれて所得税は4000円ぐらい。

住民税障害者なので所得125万円以下で非課税だよ。ただで住まわせてくれてサンキューな。

増田はみんな親の資産大事と言っていたけどその通り。

きっと自分と似たような人で実家がない人は本当にしんどい生活をしていると思う。

ちゃん祖父が働いていたからそこそこの年金が入って、自分のようなアラサーを養ってくれてる。本当に感謝しかない。

持ち家があるから住居は約束されてるし、突然祖父母が亡くなっても少しだけだけれど貯金があるのですぐに困ることはない。

まあ、お先真っ暗だけどね。母親が死んだら自分死ぬか~という感じ。

まあ、奇跡的に生きてるから今はがんばって生きるよ。

2020-05-28

anond:20200527191436

まさに自分かと思った

数年前から自分も同じ感じで、どこかに原因があるのでは?と思い心療内科5つほど行ってみたけどどこも答えは同じで

不安で眠れないとか、仕事に手がつかないとか、日常生活に支障がなければそれは鬱ではない」、「他は特にもうできることもない」と言われてしまった

病院精神科行ったらまた違うのかな

原因も考えたけど、自分場合目的を達成してしまたからかなと思った

一人暮らしをはじめて貧乏だったけど夢や目標に向けてワクワクしてたあの頃に戻りたい

anond:20200527191436

私なったことあるんだけど、鬱だよねコレ。

今時メンタル不調なんて誰だってなる。なったことに打ちひしがれなくていい。

「これもダメ、あれもできない」をみつけて焦らなくていい。

いいんだ今は。何も頑張っちゃいけない、しなくていい時期に入ったんだ。

脳みそがひどい風邪ひいてなんもできなくなってるんだ。

身内か誰かに付き添ってもらって、いい心療内科を探す。ためらわず行けるうちに行く。

気長に合う薬を探して、ちゃんと決められた通りに飲んで、陽に当たってればそのうちよくなるよ。

2020-05-26

在宅勤務でメンタルを消費してた

鬱病の既往歴がある。発症は5年以上前で、症状に合った薬に出会い、割とすぐに落ち着いたけど。

それでも冬は気分が塞ぎがちで、今でも年に2か月分ほど処方してもらい、気分が落ち込んだとき、予感がしたとき頓服として薬を利用しているのが前提。

現在は在宅勤務をチームの中で交代制で行っている、2日に1日出勤する、基本メール。社内社外仕事相手も在宅。なので仕事の進みはかなり遅いが、なんとか成り立ってる感じ。

在宅時の運動は「犬の散歩」。それ以前から朝夕30分ずつ犬の散歩を行っているが、昼も30分程度散歩。これで幾分気分が紛れる。朝昼夕トータル3kmくらい。

最近身体調子が芳しくない、特に胃。朝の目覚めも悪いし、寝つきも悪い。

昨日ようやくそ意味理解した。メンタルだ。

在宅勤務なので暇だが、PCの前から離れるわけにはいかない。当初、待ち時間自分PCエロサイト巡回していた、在宅に慣れるとweb巡回楽しいと思っていた。

在宅勤務の方が、空き時間好き勝手できるし、自由時間通勤時間の分だけ増える。ところが違った。

無駄PCの前に居なくてはいけない。

そこでメンタルがいっぱいいっっぱいになってた。疲れていたのだ。

僕には経験対処する薬があるから、驚かずに対応できている。

いま心療内科精神科は混んでて、予約まで3か月待ちが多い。

それでも気分が乗らなかったら病院に行く選択肢を考えて欲しい。相談できる人がいない人ほどまずは病院へ。

2020-05-24

心療内科舞台ということでザ・ノンフィクションを見ようと思ったけど

メンタル弱いので引きずられる感じがありやめた

あれはメンタルが強い健全人間が楽しむリアリティーショーだ

2020-05-21

anond:20200521181833

日常問題が出てしまうくらいの拒絶反応や、犯罪行為が無いなら自力で何とかする道を探させるのが心療内科

診断書を書く場所じゃない。

躁鬱って言われても、周りはやさしくしてくれるわけじゃない。

2020-05-18

初めまして。誰にも相談できなくて、というか相談してもどうしようもないので、書かせてほしい。

  

28歳女。引きこもりニート12月に家の給湯器が壊れ、6か月風呂に入ってない。

気分次第で家の雰囲気天国にも地獄にもする父親と、「育ててやってんだから文句あるなら出ていけ」が口癖の母親の間に生まれ、下には妹が1人。

高校生の頃に両親離婚、母と妹と暮らす。父はもうどこでなにをやってるか分からない。

  

大人になるまでに家族不和について外部の人間相談するタイミングはいくらでもあったが、家がガチゴミ屋敷のため人を招く事も、家の事情を口外することも禁止され何も言えず。

挙句中学で面倒ないじめっこに目をつけられ、相談した教師には「本人に注意しといたからもう大丈夫」と返されるが大丈夫なはずもなく、卒業まで苦しめられる。(その言葉が「お前が俺にチクってきたこバラしといたぞ」の意だった事に気づいたのは大人になってから)

頼れる人間が誰もおらず、心によく分からない辛さだけがまり、朝起きれなくなり、学校に行けなくなり、ネットゲームに逃げるようになる。

典型的引きこもりになりつつある私に対して妹は軽蔑し、母は焦っていた。2人は結託して私をこき下ろし、「家族問題はこいつさえいなければ解決する」かのように仕立て上げた。私もそう思ってた。

  

ある日、友人が父親に帰りの迎えを頼んでいる電話を聞いて、「普通の家庭は父親となれなれしく会話しても怒られない」事を知り驚愕

家は普通じゃない、このまま実家にいたらいけないと思い、紆余曲折あって県外に男を作って転がり込んだ。

さら紆余曲折あって最終的には一人暮らしになったが、今思い出してもあの暮らしは楽しかった。

自分で決めた仕事を始めた事、自分洋服を選べる事、お金の使い道を笑われない事、全部が楽しかった。最初は。

  

問題仕事が全く続かなかった事。今までにいろんな仕事をした。コンビニ店員、生命保険コールセンターゲーム会社CGデザイナー見習い…。

どの仕事も怒られた事なんかほとんどなかった。顔色伺って生きてきたから、人が自分に何を期待しているのか良く分かったし、その通りにしていれば優秀と褒められた。(っていうか、妙に固くて生真面目で融通きかない上に話もサムい人っているじゃん。たぶん私はアレだった)

でも私のやりたいことではなかった。じゃあ私は何がしたいのかと考えても、もうその時には分からなくなっていた。

  

実家に帰りたくなくて、生活費消費者金融借金して就活した。バイト派遣なんて中途半端な事してるから続かないんだと思い込んで、正社員になった。

インフラエンジニア資格を取って、将来はああしてこうして、と計画した。

シスコだかっていう参考書が枕の高さくらいある資格だったけど、毎日勉強して1,2か月程度で取れる予定だった。養成学校のような所に入って(無料だった)、トップに近い成績を維持し、面接を受けた会社は一発合格した。親も講師もみんな喜んだ。でも入社1週間で「もう無理だ」と悟った。

結局、100万の借金を抱えて実家に頭下げて出戻った。妹には「うちにはお金がないのに、母親を殺す気か」となじられた。

  

戻ってからキャバ嬢仕事を始めた。もうプライドなんかなかった。というか、だいぶ昔から頭が働いてなかった。

心療内科には高校生の頃からいろんな場所に通っていたけど、病院が変わるたびに病名が変わり、そのどれも薬が効いた例はなかった。医者が何でもいいから病名を付けただけにしか思えなかった。

心のわだかまりについてはカウンセリングの方が向いてるのだろうが、1時間で数万円。保険はきかず、貧困状態の私には払えそうになかった。

結局キャバ嬢も続かず、次の仕事どうしようと思いながら家に引きこもっている時、給湯器が壊れた。いつかこういうときが来ると思った。

  

一人暮らし中に片付いた家の健康さを知ってから実家をどうにかしなければと思って帰省してすぐトイレと脱衣所とキッチンを片付けていた。

黒カビで染まっていた風呂場の床も、年単位で洗ってない壁も、一生懸命ブラシで擦ってカビ漂白剤を1本使い切った。

でもここの家に危機感を感じていたのは私だけで、住んでいた妹も親も、この生活に慣れきっていたから何も困ってはいなかった。

妹は風呂場の掃除の仕方が気に入らなかったようで、自分で後からやり直し、「あんたが帰ってきたからやらなくていい家事が増えた。」

更には脱衣所の服の山に手を付けた事に対して「私の物に勝手に触らないで」と怒られた。

母も最初こそ「床が見える。片付けてくれてありがとう」と言ったものの、いざ一緒に家を片付けようよという話を持ち掛けた途端不機嫌になっていき、最終的に「ここは私の家だ。私はあんたと違って仕事もできてるし、何も困ってない。私の物に触るな」と言われてしまった。

実は風呂が壊れた時にようやく「片付けを手伝え、この家と私を見ても何とも思わないのか」と言われたが、既に文句をいう元気も、片づけを手伝う元気も私には残ってなかった。片付けたいけど。

から家は一生片付かない。家を片付けられないから、風呂を直せない。風呂に入れないから、仕事に行けない。

もう疲れた。何も考えられない。揉めたくない。何しても私のせいにされるなら、もういっそクズになろう。自己破産して生活保護を受けよう。

そう思って役所電話で助けて欲しいと電話したら、「家を出たらどうですか、そうしたら生活保護受けられますよ(要約)」と。その金がないので、福祉に頼るのも諦めた。というか、全部諦めた。

もういいじゃん。クズなんだから風呂に入らなくても、仕事しなくても、逃げてもいいじゃん。もう無理。知らない。

もう髪の毛も絡まってほどけないのも、キャバ嬢時代とは比べ物にならない肌の荒れようも、ぺりぺり剥がれていく皮膚の垢も、知らない。見ない。感じない。

  

きっとこの家はいつか火事になるし、そうでなくても母親を突然病で亡くすかもしれない。それまでこの家はきっとこのままだろう。

絶対に後悔することも分かってる。父親はどうでもいいけど、母親の事は一応好きだし感謝してる。恨んでないと言えば嘘になるけど、それとこれとは不思議と別で。だからこんな状態で何かが起こるのは絶対に嫌だ。でももう体も脳も動かない。その時が来るのを待つしかない。

  

同情引きたくて書いた訳じゃないから、アドバイスとかはいらないよ。

ただ書きたかった。

もっとしんどい思いしてる人は、これくらいでしんどそうにしてごめんね。私のキャパがちっちゃくて。

推敲してないから、文章が変なのは許しておくれ。

今日ゲームして現実から逃げるよ。読んでくれてありがとう。では。

2020-05-17

anond:20200517182734

今はゆっくり仕事が出来ているのですね。良かった。そして羨ましいです。

おっしゃるように、客観的自分を知ることが今の私には必要なのかもしれません。通院費が少し心配ですが、近くの心療内科を予約してみようと思います

自分性格の弱さを克服したい

私は物心ついた時からクズだったように思う。

小学生のころは習い事サボる方法ばかり考えていた。このころから学校に馴染めず私は欠席がちで、中学生になると体育の長距離走がつらく風邪をひいたことにし何度も休んだ。親のお金で通った塾も頻繁にサボった。

高校受験勉強うんざりし、入るのが簡単私立高校入学することを決めた。(結果的にその高校生活は充実し大切な思い出になったのだが)

大学受験も、好きな教科の勉強はよく頑張った気がするが、嫌いな教科からはとことん逃げた。

こんなふうに、嫌な何かから逃げたりズルをしたエピソードを山ほどもっている。

私はクズだ。昔からズルくてかっこわるい出来ない奴だった。一方で、厄介なことに自己愛プライドだけは人一倍高く…そんな自分がめちゃくちゃ嫌いで最近また悩んでいる。

自己愛プライドが高いといえる私の性質をいくつか並べてみよう。

私に非があるのに少し叱られただけでかなり凹む。叱られたことは、環境が変わるまで(その人と関係が切れるまで)何度も何度も思い出してしまう。

他人からよく思われようと振る舞う。人の顔色を伺う。嘘をつくこともある。

ありのまま自分に自信がない。

怒られる、呆れられる、恥をかくのが怖くて、ひとに対して不誠実でズルい対応をしてしまう。

私が他人を傷つけたことは何度もあるはずなのにさっぱり覚えていない。代わりに傷つけられた意識けが強く残っている。

恥ずかしい自分の姿を指摘されるのがちょっと不快

自分、マジ最低である。書きながら自己嫌悪が止まらない。

こんな性質もつ私は、今までどうにか生き残れたものの、社会通用しないのは目に見えていた。

犯罪おかした訳じゃないんだし別にいいじゃんって開き直るのも一つの手だけど、周りの目を気にする自分には出来ない。

から克服するしかない。正直に生きたい。

実はこんな自分でも、最近まで「私は優しい人間である」と自惚れていた。

コンビニレジ係の人に必ずありがとうございますと言う。他人に過剰に親切にする。社会犯罪者を批判することはなく、彼らなりの事情があったのだろうと慮る。

馬鹿みたいでしょ。それは優しさじゃなくて、自己保身とただの無関心だっつーの。中身のない自分を「優しさ」で武装していた。

ほとんどの人間意識せずして正直に生きているのだと思うけど、それってすごいよ。嘘をついている自覚がないだけなら、せめてすこしは気持ちが救われるのに。

いつか本当に痛い目に遭う前に、誰かに迷惑をかける前に、治さなくてはいけない。

相談先は心療内科でいいのだろうか。こんな人生相談をするために、心療内科なんて行って迷惑にならないかな。

生きるのってちょっと大変だ

「若おかみは小学生」にノリきれなかった

全体として良い映画だとは思うんだけど、クライマックスシーンでどうにもノリきれなかった感じがあって、その理由について考えていた

クライマックスシーンというのは主人公が両親を亡くした原因になった人物旅館に泊まりに来るってところだ

主人公から見て対向車線でまず事故が起きて、それを咄嗟回避しようとした後続のトラック中央分離帯を乗り越えて突っ込んできたことで主人公は両親を失うことになる

まりそのトラックの運ちゃんが避けてなかったら主人公の両親は死んでなかったってことで、親の仇であるということもできる

客がそのトラック運転手だと知ってはじめ取り乱した主人公だが、若女将としてやってくる中で身につけた寛大さのようなもので赦して大団円、って感じだった

 

俺がノリきれなかったのは、多分そのトラックの運ちゃん加害者と見ることができなかったからだ

自身腎臓を摘出するくらい大怪我を負ってて、食事塩分と油分を抑えたものしか食えない状態になってる 反省というか後悔もしている

「目の前で事故が起きたか咄嗟に避ける」ってのは「躓いて頭から転けそうになったか咄嗟に手を付く」みたいなもので、なんとかしようとしてなんとかなるものじゃない

俺はどうしようもない事故責任を見出すことを可能な限り避けたいと思っていて、その価値観だとあのトラックの運ちゃん被害者ではあっても断じて加害者ではない マジで何も悪くない

事故被害者がもうひとりの事故被害者出会うシーン」としてしか見られていなくて、赦しなんかが介在するようなものなのだと気付くまでにラグがあった

まあ気持ちはわかる 結果的に両親を殺したようなもの解釈できる人に対して複雑な感情を抱くのは当然だし、それも結構すぐ引っ込めてるんだから本当に偉いと思う

だって同じように両親を亡くしたらそりゃ相手のことを恨めしく思うかもしれない いまでさえそうなんだから小学生ならなおさらだ

 

まり文句はないんだよな 自然な反応なハズなんだ

なんというか、事故への考え方のせいで物語解釈が滞ってクライマックスシーンを受け止めきれなかったのがかなしい

トラック運転手のおじさんが事故について語るところで「親の仇やんけ!」となるのが正常で、「へーこの人も同じ事故被害者か」となってしまったのが全ての敗因

シュッと解釈ができる男になりたい

(追記)

なんか伸びてら!

なるほどなあ、「赦しがテーマ」みたいなこと書いてる人がけっこういたからそうなのか〜と思ってたけど、やっぱあれ許す許さないの話じゃないよね!俺の感覚が間違ってたってことでもないのか 

つかおっこちゃんの立場つらすぎるんだよな でも現実的にはあれでも相当いい形に落ち着いてる トラウマで引き籠り続けるとか心療内科に通い続けて生きるってよりは奮起して若女将やる方が社会的にも経済的にもいいって世の中なのは確かなんだよな 世の中がクソって話か?

あの話じゃ子供に多くを背負わせすぎだとは思うんだけど、じゃあ背負わせないであれより幸せになれるルートがあるのか?と思うとなかなか…

2020-05-16

自分が取るに足らないゴミであるように感じる

色々な人や物事から自分自身を軽んじられているように思える。

1ヶ月くらいずっと在宅勤務をしていて、昨日自分の住む地域緊急事態宣言から解除されていて、今日病院とか美容室に行って来た

病院はなんともなかったのだけど、美容室でへんな髪型にされてしまった

自分コミュ障からうまく意思の疎通ができなかったからだろうか?でもちょっと切るってだけでなんで変にされちゃうんだろう。

何か聞かれて、答えたらいちいち半笑いで、すごく嫌だった

ずっと人と接していなかったから、表情とか声とか話し方がおかしかったのだろうか?

自分をかわいそうで惨めだなと思ってしまって、一日中涙が止まらない。

今日は一日中土砂降りで、自分もっと沈ませるために天気に嫌がらせされているように思えた そんな訳ないのは判っているけど余計に涙が出てくる。

綺麗に掃除したのに角にちょっと埃が残っていて、それを見ただけで泣いてしまった。やばいと思う。

でも、昔に、心療内科に通って安定剤でラリった兄弟受験勉強妨害され続けたトラウマがあるので、そういうところには行きたくない

一人は気楽だし、こうした状況になる前から休日はずっと家に引きこもったりしていたし、一人で家にいることそのものが辛い訳じゃない

でも、何だろう?

この1ヶ月、友達家族恋人電話したりしてたけど、いつも自分代替可能なんだという感じがしていた

自分には全然友達がいないけど、自分友達にはたくさん友達がいて、zoom飲み会はしごして忙しいと言っていた

別に自分がそうなりたい訳じゃないけど、何だか、うまく言えないけど、そうか、と思った

親は職業柄、人の微細な感情に敏感なせいか自分だんだん鬱々として来ているのを勘付いて、気を遣ってよく連絡をくれる

その気遣いも、ありがたいけど、そうやって見られているんだなと思わされて辛かった。プライドが高いから。

恋人とは、いつもより連絡を取り合おうと言ったのに、途中からそれがおざなりになった。

連絡をするたびに、体調を心配してくれたり、早く解除になって会いたい、と言ってくれるけど、なんかそれはただのテンプレ空虚な感じがした。

実際、解除になってから連絡は来ていない。自分からすればいいのだと思うけど、連絡をしたり誘ったりするのは自分ばかりで、なんか馬鹿馬鹿しくなってきてしまった。このまま来なかったらどうなるんだろう。

あるとき、暗い気持ちで暮れそうな空を見ながらいつもの散歩ルートの海沿いを歩いていると、

自粛で行くところがないせいか、いつも人がいない散歩ルートに人がたくさんいて、

みんな家族連れとか犬連れとか友達同士とか恋人同士で来ていて、なんだよと思った。

自分だけの海沿いじゃないことは判っているのに。

やめとけばいいのに、H.G.ウェルズの「白壁の緑の扉」を読み返す。

中学校の時から何度も何度も読んでもうぼろぼろだ。ぼろぼろの本にも悲しくなる。

今、自分の目の前に白壁の緑の扉が現れたら、全てを捨てて飛び込んでしまうかもしれないと思う。

この本に出会った頃、自分は小さな田舎町にいて、周りを半透明のカプセルで囲まれているような気がしていつも息苦しかった。

親は干渉が強くてあれもこれもダメだと制限されて、兄弟には親にバレないようにネチネチ嫌がらせをされて、思春期同級生はびっくりするくらい残酷で、

から早くここから出て誰も知り合いのいない遠くに行きたいと強く思っていた。

一日の中で一番好きなのは、寝る前に自分好きな人間(自分キャラクターとかを考えた)だけが暮らしている素敵な世界自分設計した)で、ちやほやされまくったり、めくるめく恋をしたり、ハラハラするような冒険をするといった妄想をするひとときだった。

今は生まれ育った場所からものすごく遠い場所暮らしていて、高校までの同級生とは全て縁を切って、一人暮らしをしていて、好きなこともしている

なのに何でこんな気持ちになるんだろう。

昔の悲惨だった頃を思い出してまた涙が出てくる。ゴミはずっとゴミのままで、色々夢見て主人公みたくなろうとしても、無理なんじゃないかと思う。

バカみたいだ。自分が。すごく悲しい。

2020-05-13

心が弱いから鬱になったって責められた話はよく聞くけど、骨密度が低いか骨折したって責められた人には会ったことない。心の強度に効くものは経口摂取出来ないけど骨密度を上げるものは経口摂取できる。

なぜ骨折たか、それは例えば階段から落ちたから、車に轢かれたから、余暇スポーツ最中に。骨折したので数週間入院します、暫く腕を吊ります松葉杖を使います検査のため早退します、出来ない業務が発生します。それは許される

なぜ鬱になったか、それは例えば上司からパワハラ取引からモラハラ業務時間外の連絡、家庭内不和親族の死。鬱になったので休職したいです。本当にあなたは鬱ですか?定型ですか非定型ですか?診断書は2つ以上の病院から貰うように、心療内科ではなく精神科医師ベテランが望ましい。簡単には休ませられない、あなたにはあなた業務がある。

骨折したなら少なくとも同じ部署人間には周知する。あの人は不慮の事故骨折したのでしばらく入院します、不便もあるから助けてあげてね。

鬱になったことを上司は隠したがる。悪く思う人もいるから、しばらく黙ってよう。よくなったらみんなで笑い話にすればいいさ。勤怠は少しなら大目に見るよ、有給あるでしょ?

わたし骨折すればよかったな。

夜は夜らしくしていればよかった

仕事柄、毎日のように深夜の会議に出席していたら睡眠導入剤がないと寝付けなくなってしまった。

仕事がヤマを越して深夜の会議に出る必要がなくなっても、薬に依存気味になり、やめられなかった。いちど飲むのをやめてしまうと、離脱症状のせいで夜に目が覚めてしまって辛かったので、飲み続けるしかなかった。

だが新型コロナウイルス流行を期に、最近は薬を飲まなくても寝られるようになっている。

精神の不調を抱えているわけではなく、睡眠導入剤を処方してもらうためだけに心療内科に行って感染リスクさらされるのは割に合わないので、自然と足が遠のいた。

さらに、一言でいえば、夜に夜らしくしていれば寝られることがわかった。

まず夜でも電灯が明るい繁華街から郊外引っ越した。日が沈むと周囲が暗くなった。

また室内でも、日が沈んだ後は明るい照明をつけるのをやめた。すると、その明るさでできることは限られてくるので、夜に目が覚めるような活動はせず、自然と早めに寝るようになった。

日の出時間が早くなるにつれて起床時刻も少しずつ早くなり、朝の時間を余裕を持って使えるようになった。

大げさに聞こえるかもしれないが、コロナウイルスのせいでようやく人間らしい生活に戻れた気がしている。

2020-05-11

富川アナ記事自分偏見に気付かされた

自分も「奥さん心療内科に連れて行ったら?」というのが最初感想だった。もし同じ状況で夫がDV加害者だったら、「旦那さんを心療内科に連れて行ったら?」とは思わず奥さん、早く子供と一緒にDVから逃げてー!」という感想になっていただろう。

夫は腕力経済力で優位にあるから妻のDV被害者にはならないだろうという偏見に加えて、夫は妻を保護監督する権利と義務があるという偏見自分にあることに気付いた。「女子供」は一人前の人間ではないか加害者になっても責任を問われない代わりに男の指導に従え、という家父長的な発想が自分にあることにちょっと驚いた。

[B! 週刊文春] 【音声入手】「どこまで頭悪いんだよ!」報ステ富川悠太アナ コロナ療養の自宅に警察児相緊急出動 _ 文春オンライン

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/bunshun.jp/articles/-/37743

qukky 富川アナも明らかに妻によるDV被害者だろうに「心療内科に連れてかないとダメ」、「子供DVから守れないなんて」、「富川くん頑張れ」等々と、性別が逆だったら絶対についてないだろうブコメが並んでるんだよな。

2020/05/11

寝れない。毎日寝れない。

息苦しさを感じて内科に行っても問題なくて心療内科を勧められて適応障害って診断された。

毎日薬飲んでるけど、毎日辛いし毎日息苦しいし毎日寝れない。

そもそも自分はこの辛さや憂鬱、体の重さと10年以上付き合ってきているのに今更適応障害だと言われてもどうしたらいいのかわからない。明日の予定があるだけで怖い。泣いて喚きたくなる。就活なんてしたくない。こんな状況で社会に出られるはずがない。家族にも言えない。どうすれば治るんだろう。どうすれば普通の人と同じ生活ができるんだろう。

2020-05-10

わけもなく涙が出る

心療内科に行こうかと思ったが甘えだと言われそうで怖い。

涙が出る以外に目立った症状がないから。

原因ははっきりしていて、就職

でも職場の何が嫌とかは分からなくて、休日なのに何故か悲しくなってずっと泣いてる。休んだ気がしない。

甘えだと言われそうで病院に行かないのも適切な医療を受けない言い訳しかないのかもしれない。それはそれで甘えだ。

2020-05-08

anond:20200508011832

病的だと思いますPMDD心療内科相談出来るので困っているなら行くといいですよ。

2020-05-07

anond:20200507094921

話を気楽に一線を引いてやって聞いてやること。そのうえでどうしたらいいか聞かれたら児童相談所心療内科に連絡したら?と声をかけてやる。

NO!といわれる可能性があるが、深く追っかけずにそっかー。と流す。罵倒あるかもしれんがそれも聞き流す。

今はだれも信じられないんよ。それは児童相談所警察も。

そのうえで一線は引かれるが信じられるって立場ぐらいにはなってやればいい。

もっと精神的に参ってるやつは「全面的に認めてくれるだれか」を求める。だけどそれを求められたって抱えきれないよ。

16歳になって自分で働けるようになって、安い家でも借りて自立できるようになったら、家の保証人ぐらいにはなってあげたらいい。逆に言えばそれはゴミ屋敷になったらあなた掃除しないとならんってことでもあるが。

後、心療内科にかかる時に診療費ぐらいは出してやるぐらいもね。

マインドフルネス瞑想心療内科という手法はある。だけど、根本的に誰も信じられんって状態では彼女にはとどかない。そこから、誰かは信じられるという状態にまでしてやるぐらいはしてやったらいい。

もっともそういう弱ったやつには怪しい自己啓発セミナー霊感商法みたいな質の悪い人間もよってくる。ああいうのは一応は助けてはくれるんよ。永久幽遊白書の邪念樹見たいな感じで吸い尽くされるだろうけど。

せめて質の悪い人間に取り込まれず、チャンスがあったら児童相談所心療内科つなげるぐらいを目標にするぐらいで頑張るぐらいがいいと思う。全面的に力入れすぎるとあなたも疲れる。

2020-05-05

anond:20200505182507

ちゃん心療内科に言ったらどう?

キモくて」の部分は少しは改善すると思うよ

anond:20200504203549

自他境界がゆるゆるなだけじゃ心療内科は面倒見てくれないと思います

心療内科に通ってる人で自他境界曖昧な人はいっぱいいるとは思います

2020-05-04

anond:20200504120132

マジレスすると、そこまで自他境界曖昧羞恥共感性だけが強いのは良くない状態なので心療内科に行ってください。

煽りとかじゃなくて、普通に病院とかカウンセリングに行ってください。マジで

2020-04-30

地方公務員だけど、正直言ってコロナウイルスには感謝している

https://anond.hatelabo.jp/20200414081421

地方公務員(在宅勤務中)ですが、正直……これはもう駄目ですね……

先日これを読ませてもらった。

俺はこの人とは対極の立場にある。

コロナウイルス関係ないんじゃなくて、むしろコロナウイルス感謝している。

こいつのおかげで俺の肉体的・精神健康が著しく改善しているからだ。

イベント仕事をしている。

美術展とか文化祭とか成人式とか、スポーツ大会とかウォーキング大会とか、子どもらの表敬訪問とか夏祭り運営とか。

最近までは聖火リレーコース案を何通りも作っては否決され続ける日々を過ごしていた。

大きい自治体はぜんぶイベント会社委託できるが、小さい自治体だと職員が直接企画したり運営している。

イベント会社のと比べるとショボい内容に違いないうえにノウハウもないので苦労が多く、必然的長時間労働になる。

昨年の時間外労働の月平均は90h(うちサビ残が60hくらい)だった。

アイデアが出ない企画会議、終わる気配のないイベント準備、そのうえ日に2時間以上は接客に使う。

今3年目だけど、1年目の9月頃から心療内科に通ってる。

メンタルが弱ったら味覚に影響が出ることを学んだ。納豆ごはんポン酢を使って、梅干し野菜を載せたやつ)が好きだったんだけど、味を感じなくなった。ゴムを食べてるみたいになった。

ここまで言ったらわかってもらえると思う。

いろんなイベントが、ぜんぶ中止になってるだろ?最初の頃は中止対応で大忙しだったけど、今ではそれも落ち着いて、公務員人生史上、初めての定時帰りの日々を実現している。

幸せだ。

こんなに幸せで満ち足りた気分になったのは大学生の時以来だ。

帰り道にコンビニで買ったばかりのアイスクリームを食べながらそういう思いを感じている。

ただ、上の匿名ダイアリーを見ていて感じたのは、自治体によってコロナ対応にかなりの差があることだ。

上の人がいう状況は、俺が働いている自治体とは違う。

具体的に気になったのは以下の点。

・在宅勤務とは言うけど情報流出対策で何も資料が持ち帰れない

こちらではそもそも在宅勤務が始まってない。一部シフト制や有給取得の奨励で何とかしている。隣にある部署建築系)は課単位グーグルドライブ登録しているので、やろうと思えば自宅に居ながら仕事ができる。俺がいる部署価値観だと、みんな普通にファイル持って帰りそうな気がするし、上司も見て見ぬ振りをする確率が高い。

・その状況で保障や呼びかけのためとして仕事が増えてる

→むしろ減っている。公園花見客注意喚起したり、「体育館が使えなくなりました。予約をされていたのにゴメンナサイ」といった仕事は増えてるが、偉い人が出した方針として現場仕事自粛するような通知が出た。土木とか税務とか福祉の連中は内心喜んでるはずだ。

仕事の量は減ってない(年度初めに出した計画からズレましたってことになると予算管理的に許されない)

→本当だとすれば、自治体の大きさが原因のような気がする。でかいところだとこういう文化になってしまうんだろうな。うちは吹けば飛ぶような小さい市町村なので、形式よりも現実重視だ。県庁とか政令市みたいに、法律形式にこだわってたら組織崩壊する。そういう文化の違いは、研修の時に他市町職員の話を聞いていてしみじみ感じるところがある。

ここ最近はてな匿名ダイアリー記事を読んでいて感じる。

コロナ流行してからしばらく経つけど、最近では身も蓋もない論調も受け入れられつつある。

コロナウイルスで肉体的、精神的、経済的に苦しんでる人が多くいるのは知っている。直接見たり聞いたりもしている。

でも、はっきりいわせてもらう。

俺みたいに、コロナのおかげで助かってる人や会社マスク製造メーカーとか...)も少ないけどいるし、助かってる面だって少しはあるよな?

もし、そういう人がいたら教えてほしい。いなかったらごめんなさい。

追記

この記事推敲中に起きたこと。

今いる部署定額給付金10万円の担当部署になった。偉い人が決めたらしい。市長室の隣にある部署から数十通の総務省通知が転送されてきた。

俺が座ってる机のすぐ近くに、受付窓口と給付対象者照合用のパソコンを置くらしい。

最初に聞いた時、心臓がゾゾってなった。心臓から流れ出た血が逆流してきた感じ。

しばらく動く気力がわかなかった...

お客さん何人来るんだろう?市民の数を平均世帯人数で割ったらいいんだよなって思って計算を進めようとしたところで手が止まった。計算やめようって思った。

今はだいぶ楽になった。また地獄に戻るみたいだ。ゆとりのある生活さようなら...

俺の中にあったコロナ感謝する気持ちはまだ残ってるのかな?これから検証してみたい。

anond:20200430113946

すいません。男性社員の喩えが巧妙すぎて、不覚にも笑った。

まじで、心理カウンセリング心療内科受診した方がいいかもね。

但し、コロナの時期だから転職がどうでるのか、分からないよ。

男性社員ドーパミンまくりで目がギラギラしてる人か、鉄道自殺しそうな感じを醸し出してる人の2タイプしかいない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん