「心療内科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心療内科とは

2017-12-14

かつてものすごい医者不信だった

 学生生活も終わろうという頃、たまたまではあるが上手くいかないことが重なってひどい不眠や精神の衰弱に陥った。学内カウンセラーのすすめでメンタルクリニックに通うことになったのだが、自分の悩みや症状を訴えてもとりなしてもらえず、結局学校に行くことすらできなくなるまでに体調は悪化した。

 あわせて健康だった歯も、起き上がることすら出来ないような日が繰り返された結果さすがに虫歯が出来てしまい、痛みもするため、気持ちが戻ってきた頃に歯医者Aに行った。治療の際、知らん間に親知らずも生えていることを教えられ、せっかくなので抜歯して欲しいと伝え、手術の日取りまで決めたが、当日になり、やはり健康なら別に抜く必要はないと言われ、プロが言うならと素直に従い、取りやめに。

 しかしどうも噛み合わせの感じや歯に違和感があり、別の歯医者Bに行ったところ親知らずが横に伸びて歯並びを押し変えてしまっているという。比較的自信があった歯並びも失ってしまったショックもあったが、こうなった以上抜歯を決める。

 だがその歯医者Bがとにかく下手だった。さまざまな不手際があったが、中でも麻酔が切れていると訴えても「もうすぐ終わるし、効いてないはずはないから」と意に介さず手術を続行されたことが一番だった。20も後半に差し掛かっているにも関わらず、恐怖と痛みで本気で泣いた。

 最終的に遠くの大きな病院できちんと抜歯は行ってもらったのだが、とにかく結果的に上手くいったこと以上にさまざまな不都合を俺に与えた(と当時は解釈した)病院への怒りと絶望と不信が募り、すっかり医者自体を色眼鏡で見るようになってしまった。セカンドオピニオン選択肢があるほど、田舎には病院がなかったことも災いしたと言える。

 その後、年と共に、自分意思に関わらず、外科内科関係なく病院のお世話になることがなし崩し的に増え、自然病院への不信も氷解したのだが、それでも相変わらず心療内科歯科にかかろうという気は全く起きない。いまだにメンタルには問題を抱えているし、歯並びは治っていないのだが、成熟されたヘドロのような心の淀みと向き合う気力がもう沸かない年になってしまった。かつて医者不信だったなどといいつつ一部の医者への個人的偏見は一生消えないようだ。

 医者は正しい診断や治療は出来て当然、誤診や医療ミス憎悪対象になる、難儀な職業という点について一定の理解はあるつもりなのだが、俺がそうであるように、ムカついた記憶が早々風化しない事を鑑みると、どこかでいわれなくワリを食っている医者も数多いのだろう。だが個人感傷としてどうしても超えられないラインが生まれしまっている。むしろその事で損するのは俺の方だとは思うが。

2017-12-12

anond:20171210190509

それ、多分適応障害環境が変われば治る。つまり環境が違えば、同じ資格を使って働いても抑うつ状態にならない可能性がある。

大丈夫なら必要ないと思うけど、もし何かのきっかけで再発したら心療内科行ってみてほしい。

普通家族ってどんな感じなんですか

気にしても仕方ないことなんだけどさ、自分の家庭環境を考えると一般的な家庭ってどんな物なんですか。

 

色んな人生があるから片親や施設育ち、養子縁組とか色々あると思うんだ。

両親だけど喧嘩が絶えなかったり、片親だけど健やかに育てて貰ったり、DVを受けていたり。

 

多少喧嘩もあるけど両親共愛情を持って育ててくれた(当時は分からなかったけど成人してから愛情に気付く、みたいな)のが層が一番多いんですか?

喧嘩悲鳴が絶えなくて幼少期は不安とともに過ごした、みたいなのはマイノリティーなんでしょうか。

 

 

自分語りになってしまうのですが、

うちは母親心療内科に掛かっています。病名は分かりません。

というのも私が物心つく頃にはすでに発症していてため改めて気にすることはありませんでしたし、本人も理解していないようです。

ただ、兄の出産後に可笑しくなったと母から聞いています

 

精神疾患には詳しくないのですが統合失調症なのかな?と思っています

斜向かいの住人がカーテンの隙間から監視しているかカーテンは開けちゃダメ隣家旦那さんが車で後をつけてくる、母を駅まで送迎する際は時間をズラして別の場所で合流してから送り届ける、とか、たぶん普通しませんよね。他人の家庭は分からいか想像しかできませんが。

うちでは家庭電話が掛かってきても受話器は取りません。近所の人がイタズラで無言電話を掛けてくるからです。(市外局番を見て取る・取らない電話判断しているようです)

 

まあ、そんな母なので自分は幼少の頃から色々なことを「吹き込まれて」きました。子供ながらそれは可笑しいと思いつつも、父は自営業殆ど顔は合わせなかったため、基本は母の庇護のもと母に対する嫌悪感と諦念とごちゃまぜになった感情をどうすることもできず、物に当たると怒られるので自分を殴ってSなんだかMなんだか分からないストレス解消をしたりしてました。

 

 

何と言いますか、普通なんてない事も分かっていますし、誰かのケースがそっくりそのまま私に転化できる訳でもありません。

でも、隣家に対して怒鳴り散らす母を見ると、なんか、上手く言えませんがいつも不安になります

いずれは結婚して子供も欲しいですけど、子供がこんな目に合うなら結婚したくないし、伴侶が見つかってもああなってしまうなら、やはり結婚はしたくありません。

 

 

なんというか、家族ってこんな感じなんですか。

高齢化社会ですし介護痴呆症は珍しくないと思いますが、これは珍しくない なのか よくある事 なのか、自分ではよく分からないんです。

皆さんの家庭ってどうなんですか。

 

2017-12-11

パワハラに耐えきれなくて賞与減額されたクソッタレ

タイトルの通り。この前、冬の賞与面談があった。今回支給された賞与評価理由フィードバックする面談な。

そこで現部署上司に言われたのが「心当たりもある方は思うけど、上期は休みも多かったから、前期より評価は下げてます金額が少下がっているけど、下期は挽回する気持ちで頑張ってください」

俺は頭が悪いからそうっすかー頑張りますわ!でまとめてしまったけど、後から考えると悔しいわ。

その前に心当たりってやつについて説明すると、今年の4月に遡る。

今年の4月時点でその部署に1年間在籍してて、ペア仕事してた先輩が異動することになった。

そこで新しく着任した先輩と仕事することになったんだがまぁウマが合わない。詳細省くがパワハラの嵐とおもつてくれ。

最終的には心療内科にかかって診断書貰ってそれを産業医に持ち込んで、俺が異動することになった。

この頃の俺は今年度分の有給を使い切る勢いで仕事を休んでいた。夜は眠れないし食欲もないし、どうしても会社の最寄駅で降りられないことが何度もあった。限界だと思って心療内科に行ったら診断書もらったというわけ。

休職を申し出たが、いろいろ上のメンツもあったのか部署移動という話になった。頭がぼんやりしててあまりはっきり覚えていないのだがそういう結果になった。

そうして話は最初に戻る。

冬の賞与は上期(4〜9月)の評価で決まることになるから9月に異動した俺の評価は、場合は前部署上司がすることになる。

部署上司も、評価を前部署上司確認したところ、まあ休みも多かったから減額査定、という評価だったらしい(現部署上司にそう説明されたってことで、実際はどういう言われ方をしたのかはわからないけど)

結果パワハラに耐えきれず休みがちになった結果、会社から期待された仕事量をこなせず評価マイナスということのように見える。

理屈分からんかもないけど、自分を守ったことの結果がこれかよ。休むのに使ったのだって欠勤じゃなくて有給だぜ。

部署の先輩がどういう評価を受けたのか知らねーが、人を休職手前まで追い込んどいて、のうのうと生きてやがるのか。

結果そういう会社の期待に応えられない自分が悪いのか。俺は誰に向かってクソッタレと叫べばいいんだよ。クソが。

無性に悔しくて悔しくてぜんぜん眠れない。

2017-12-10

精神障害かもしれないけど治したくない

ある種の資格を取って、それで仕事をしてたんだけど、その職場ブラックだしパワハラだしで鬱っぽくなって辞めてしまった

今はその資格とは関係ないバイトをして暮らし、気分は改善してきている

稼ぎだけを考えるなら本当は資格を使った仕事に就いた方がいいのだが、前の職場のことがトラウマみたいになっている

その職に関係あるニュースとか見るのが辛いし、はてブでその職関係見出しが出てくるだけでも暗い気持ちになる

これはやっぱり心療内科案件かなと思うんだけど、この嫌悪感治療で消えてしまったとしたら

また資格で働き始めてまた心を病むんじゃないかと思うと、治療するの自体が嫌だ

今のところは生きること自体に支障ないから、このまま治療しないで一生あの界隈に近寄らずにいたい

2017-12-09

親戚の青年20代自殺した

思い出す。

の子が幼い頃、私が付き添って近所の公園遊んだ

ターザンロープ遊具で、私が背中を押した。

強く押しすぎて、

向こうの終端に勢い良くぶつかり、

弾みでその子が地面に叩きつけられた。

「やべえっ」と急いで駆け寄ったが、

の子は泣かなかった。

ぐっと涙をこらえていた。

強い子だなあと思った。

の子高校ラグビー部に入ったと聞き、

上の事を思い出して「やっぱり強い子だったんだな」と思った。

の子大学中退し、

数年修行した後で個人飲食店を始めた。

それが上手くいか自殺した。

若い頃の失敗は自分にもある。

配送仕事で、職場のおばちゃんから少しキツイことを言われ、

そのショックで配送車ごとバックレた。

自分も死のうと思ったが、

勇気がなくて2日後に戻り、解雇された。

祖母の事も思い出した。

私が小さい頃の祖母は、どっしり構えて貫禄があった。

実家も嫁ぎ先も農家から、戸惑うこともなかっただろう。

そう考えてた。

ほんの数年前に祖母本人から話を聞いたが、

祖母女学校に通っていて、結婚するまで農作業経験しなかったそうだ。

慣れない仕事だし、ヒルが脚に張り付いて血を吸うのが嫌だった。

何度か実家に逃げ戻ったが、その度に義父(私の曽祖父)が優しく迎えに来た。

この曽祖父は、昔聞いた話では競輪にのめり込んで借金を作ったらしい。

それを祖父夫婦が苦労して返済したというから

ろくでもない人だったんだろうなと思っていた。

が、今回の話で印象が変わった。

父は曽祖父に懐いていたというし。

そして、押しも押されぬ(訂正: 「押しも押されもせぬ」)オフクロといった風格の祖母が、

嫁いだばかりの頃は何度も逃げ出していたということに驚いた。

親戚の青年に話を戻す。

借金もあるだろうから

「周りに相談していれば」「いったん逃げていれば」

などと簡単には言えない。

だが…。

地面に叩きつけられても涙をこらえていたあの強さが、

いさぎよすぎる早まった行動に結びついたのでは、と感じる。

悩みを打ち明けることなんて、自分もできない。

引きこもり中年が板についた自分でも、

恥ずかしくて情けない体験談は、やはり人前では話せない。

だが、ここなら書ける。

自分自殺するかもしれないが、

その前に、ここに失敗談を書き残したい。

技術進歩すれば、

死にたい…」と口にしただけで

ウェブから失敗談を集めて読みやすく整理して、

「開き直ってもいいかもよ」と

助言してくれるようになるかもしれない。

そんな未来のために

の子と私と祖母の話をここに書き残しておきたい。


(追記: 2017年12月12日)

たくさんのコメントありがとうございます

感情に任せて投稿した後、後悔したり疲れ果てたりで、しばらくこのページを開くことができませんでした。

気持ちが落ち着いたので、返信と補足をします。

ブコメ: 「辛くて実家に逃げ帰る度に義父が迎えにくるとか最悪」

祖母が私に話した時点では、曽祖父はもちろん祖父も亡くなっていました。

この話は、私が職の定着に失敗し続けていた時期に、祖母と私の2人だけの場で話してくれたことです。

そのような状況で嫁ぎ先に遠慮して、本当は強引に連れ戻されたのに「優しく迎えに来てくれた」と嘘をつく必要はないと思います

また、私がその場で「ひいじいさんは競輪借金を作ったって、昔、聞いたことがあったから、ろくでもない人なんだと思ってた」と言うと、祖母が「そんなことないよー。優しい人でね。あんたの父さんもよく懐いてて、じいさんが死んだ時はワンワン泣いてたもの」と話してくれたので、やはり、強引な感じで連れ戻したのではないと私は思います

ただ、曽祖父が迎えに来た反面、祖父は夫として家の長男としての立場のため迎えには来なかったそうで、「ああ、昔の社会はそういうものだったのか」とは感じました。

ブコメ: 「死のうと思ったけど死ねなかった人が自殺した人をとやかく言っても説得力がない。彼は強いか死ねたんだよ。」

その青年は私よりも背が高く、体つきも良く、身びいき抜きでイケメンでした。

肉体的にも精神的にも、間違いなく私より強かったと思います

しかしどうしても、彼の死について、とやかく言いたくなります

自分能力過大評価したり、目標を高く設定したり、「こうしなければ」と自ら重荷を背負うことは、誰にでもあると思います

特に若い頃は。

私は今でもそうですが、長い引きこもり期間と心療内科への通院を経て、ようやく自分のペースを掴んできたと思います

そして自分若い頃を振り返ってみると、能力のないくせに自信過剰で、何でも真に受けて深刻に捉えてしま人間だったと感じます

暴走して職場迷惑をかけて、辞めて、死のうとして、それを何度も繰り返して、ようやく「根本価値観に無理があった」と気づきました。

嫁いだばかりの頃は何度も逃げていた祖母は、結婚2年目に子供が生まれからは落ち着いたそうです。

それは、祖母が農作業に慣れて体を鍛えて強くなったおかげもあるでしょう。

ただ、私の想像ですが、1番の理由祖母なりのペースを掴んだおかげではないかと思います

私が小さかった頃、盆暮れ正月帰省するほかに春に田植えを手伝うこともありました。

その時の祖母は、よく休憩を呼びかけていました。

もちろん歳のせいもあるのでしょう。

しかし、急がず焦らず、しかしたゆまずに働き続けるあの姿勢が、祖母がたどりついたマイペースだったのではないかと、今、そう考えています

私の父についても話します。

父は自営業で、今も四六時中働き続けています

私はそのおかげでこの歳でも自室に引きこもっていられるのですが、昔はその働きぶりを真に受けて真似しようとして、調子を崩すことがありました。

ただ、ずっと働き通しに見える父も、時折休憩したり、ふらっと散歩に出かけたり、洗車したり、夜には酒を飲んだり、夜中まで仕事した時は遅く起きたりして、極端に疲れないように気をつけているそうです。

私と違って立派に働いている兄も、つらい時は酒を飲むと言っていました。

私の周りの人々の「無理のないマイペース生き方」を思い出すと、あの子マイペースを掴む前に亡くなってしまったのではないかと、そう考えてしまます

借金を抱えた段階ではどうしようもなかったとしても、経営状況が悪くなり始めた時、出店する前、大学中退する前などに、彼が悩みを打ち明けやす環境を整えられなかったのかと考えてしまます

心を病んだ私のような人間が親戚にいるのに、なぜ私はその方面での支援ができなかったのかと悔やまれます

…ただ私は、調子がいい時は無職のくせにお節介を焼きたがって、のめり込みすぎて疲れ果てることがよくあるので、どこまで役に立てたのかは分かりませんが。

上のような事情があり、「親戚の連絡を密にして再発防止を!」などの分不相応な行動を起こすのは控えて、ウェブの力を信じて、この話が誰かの役に立つことを願って投稿しました。

批判的なコメントいただきましたが、「確かに自分思い込みが強すぎる」とうなずくことも多く、自分手綱を引くことができました。

また、「押しも押されぬ」が誤用だとは知らず、びっくりしました。 ( ×「押しも押されぬ」→○「押しも押されもせぬ[=しない]」 | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所 )

そして、暖かいコメントをいただいたことにも、もちろん感謝しています

本当にありがとうございました

anond:20171209162853

なんか増田さんの言動が怪しくなってきたぞ。

他の男を使ってとか、妄想なんじゃないの?

増田さん、メンタル大丈夫?お薬呑んでるんじゃないの?心療内科とかで。

ホントにそのシンママって実在する???

怪しすぎ。

2017-12-08

全然頭が働かない。ブレインフォグというやつか。当方メンタルを拗らせてはや8年。

全然頭が働かない。ブレインフォグというやつか。当方メンタルを拗らせてはや8年。

たまにちょびっとお酒を口にした時、サウナ→水風呂上がった後の「ととのい」、瞑想が上手くハマった時の吸うタイミング

こんな時にしか脳が醒めない。冷める時は血が上ってドクドクする感じ。持続性はない。安全覚醒を持続させて生活の質を改善させたい。

飲んでるSSRIレクサプロは効かない。ADHD気味もあり、頭が働く、整理がつく薬があるならそちらを試したい。

最近新しくかかった心療内科の初診では、脳疲労が極端に溜まっている、たまりやすいのでしょうとのこと

みなさん、脳みそを働かせる、血を巡らせるのにやっていることを教えてください。

2017-12-07

anond:20171019150447

是非心療内科にいって欲しい。

片づけが終わっても終わってなくても病院の予約の電話をしてほしい。

気になるかもしれないけど部屋が汚くても死にゃしないか大丈夫

自分適応障害で、会社辞めたら土日寝たきりとかはなくなって随分楽になったけどまだ機会があれば死んで良いと思っている。

なんならこの記事安楽死検索して見つけた。

一旦折れた紙の折り目は簡単には元通りにならないようだ。猫いるか死ねないけど。

そしてどうやら普通健康的な人間死にたいとは思わないらしい。驚いた。

病院に行って、話を聞いてもらって診断書なり薬なりもらってきてほしい。

元気になってから、あの時はステータス異常だったって思えるから騙されたと思ってさ。

んで、元気になって、好きな事ができるようになってほしい。

ゲームが好きなら、新作のゼルダやろう。おもしろいよ。

2017-12-04

適応障害と診断された

0日目:

 同棲している彼女とけんかになった。普段通り過ごしていたつもりが、彼女からイライラすると言われた。

夕方彼女の出がけにご飯を食べようと準備していたら、「あたしとはご飯食べないのに一人では料理して食べるんだ。」と言われた。

その前日、体調が悪く、彼女が作った料理を食べられなかった。にもかかわらず、今日は食べるんだ、みたいな感じで怒っていた。

「昨日は体調不良で食べられなかったけど、今日は少しよくなったかおかゆでも食べようと思ったんだ。」と伝えたが、

聞く耳を持たず、「なんでそうやってあたしを怒らせるの?嫌がることをするの?」と責められた。

怒らせるようなことをしたつもりはなく、かといって謝るようなことをしたわけではないので困っていると、

「本当にイライラする。やることも言うことも全部腹が立つ。」と言われた。正直なところ、とても傷ついた。

用事から彼女帰宅してから、もう一度話をした。

なんでイライラしていたのか聞いたが、「月に一回のホルモンバランス」とのことで、

僕が具体的にどう行動すればお互いが傷つかないかは分からずじまいだった。

また同じことになったら、というか、毎月のことならば来月にはまた同じことになることはほぼ間違いない。

そのたびに傷つくようなことを言われたらと思うと、とても納得できず、腹立たしかった。

 

1日目朝~昼:

 体調がぶり返したようで何度かトイレに駆け込んだりして朝4時ころまで寝付けず、

アラームをしつこいくらいセットして、8時に起床した。

彼女はもう仕事に出ていたようだ。吐き気がする。トイレに行くが出なかった。

心臓の脈が、大きくて速い。何度かに一回拍が抜ける。

しばらくテレビを眺めながら様子を見ていたが、一向に良くなる気配がなく、

座ってるのもきつくなって横になってしまった。

仕事のことが気になっていたが、今のこの様子では会社にたどり着けるかも不安だったので、

休みをもらおうと電話をしようとしたが、手が震えてなかなかうまくいかない。

なんとか電話をかけ、呼び出しが鳴り、先輩が出る。

「すいません増田ですけど」と言おうとしたが、声が出なかった。口がパクパクするだけ。

電話の向こうでは「もしもーし」と何回か繰り返している。「あー」とも「うー」とも言えずに切られてしまった。

上司ライン事情説明し、なんとか休みをもらうことができた。

「無理しなくてもいいけど病院いけそうだったらいってね」と言われたが、

前頭痛で休んだ時に病名がついた診断書を持ってくるようしつこく言われたために、

不安を押し殺して近くの内科へ。

受付でどうされましたかーと聞かれたが、うまく言葉が出ず、筆談言葉が出ないなどと説明し、

診察の際にも訝しがられながら「声でないのねー」と軽くあしらわれ、

必死になって、声が出ないんじゃない、言葉が声になって出てこないんだと伝えたところ、

近くの心療内科を紹介された。予想はついてた。

体調がしんどかったのもあって久しぶりにタクシーに乗り、その間も一言もしゃべれずに焦っていた。

病院につくとたくさんの患者さんがいて、みんなうなだれているように見えて滅入ってしまった。

状況をまた筆談説明し、2時間近く待たされて、その間いろいろなことを考えていた。

前日のこと、仕事のこと、実家家族のこと、昔諦めた夢のこと、

気づくと涙が出てて、気が付かないうちに涙が出てくるという状態に少しパニックになってしまった。

トイレに駆け込んで落ち着くのを待ったが、もうぐちゃぐちゃに泣いていて、

ドアの外で受け付けの人が呼んでいるのが聞こえ、なんとか涙と鼻水を吹いて診察室へ入った。

初老先生で、なにやらバーッて話をされ、ほとんど頭に入らなかった。

皇室雅子様なんかはそうですね。」という言葉だけ覚えてる。

とにかく休め、みたいなニュアンスだった。

寝付きやすくなる薬と落ち着く薬を出されてタクシーで家に帰った。

診断書が入った封筒の中を見ると、「適応障害」と書いてあり、下段には1か月の自宅療養が必要と書いてあった。

上司ラインすると、なかなか困った様子だったが、投げ出した形になった仕事は引き継いでくれるようだった。

繁忙期のため、文面の端々に嫌な感じがあった。

 

1日目夜:

 彼女帰宅するなり口をパクパクしながら状況を説明した。

それはそうとして昨日の話で納得できない点があったので、なんとか傷つき合わないような妥協点を探りたかった。

こうこうこうでこうだから僕はこうするけど、この点はこうしてほしいということを

ノートに書いて説明した。

ひとつひとつ確認しながら順を追って説明してる最中彼女は飽きたかのように眠そうな顔になり、

書いてるノートも見てくれなくなった。

見てくれなかったら、僕の考えていることを理解しようがない。

彼女は僕のことを理解しようとはしていないんだと思った。

まりにも失礼に感じたので、怒った。でもやっぱり言葉は声にならなかった。

彼女はそのまま寝室に行って寝た。僕は薬を飲んでソファで寝た。

 

2日目以降:

 翌朝、「昨日はごめんねどうしても眠くてしょうがなかったの。」と彼女が起きぬけに言った。

クチではそういうことを言うのに、結局は何の話も改善もせずにまた同じことを繰り返すんだろうと思ったが、

声にならずに、こくりこくりと首を縦に揺らした。

動悸がやばい吐き気やばい、いろいろやばくてとにかくしんどかった。

昨日書いたノートはやっぱり開いた形跡はなかった。丁寧に説明しようと思っても何も伝わらない徒労感。

 

 彼女はとてもやさしく接してくれた。でも何も伝わってないし、変わってないんだと思う。

このやさしさは僕のことを思ってしてくれているのではなく、

「てきおーしょーがい」って精神病彼氏を労わる慈しみ深い人を演じているだけだという思いが、疑いが、晴れない。

 

 とりあえず4日目に思っていることを書いておく。

2017-12-02

友達がいない

高校生の時から心療内科受診の年増大学生。休学を繰り返したのち復学し、少し持ち合わせている上辺だけの社交性と好奇心と勢いで学内外のいろんなコミュニティに顔を出して「知り合い」は増えた。そのうち対人にも慣れて彼らの中の気があう数人が普段から一緒に行動を共にできる仲間になるんだろうと思っていたが、結局いつも一人。回避性が強く、自己開示が苦手で自分から積極的に長期的な関係を構築するためのアクションができない。自意識過剰だが、周囲の人も自分から発せられる雰囲気に何かを察するのか誘われないし、人は寄り付かない。どんなところに行っても異物感。

みんなどうやって普段からつるむような友達を作っているか不思議しょうがない。

なんかまた同じようなダイアリー書きそう。

2017-12-01

anond:20171201044834

それ体力が無いんじゃなくて、自律神経失調症でしょ。

心療内科漢方で少しずつ治してゆくしかないんじゃないかなぁ。

2017-11-30

anond:20171130102241

自分が無神経で空気が読めないって自覚してるなら心療内科にでも行ってカウンセラー紹介してもらえ

生来性格カウンセリング受けないと矯正出来ないよ

2017-11-28

朝弱い私の半生【追記あり】

朝に弱過ぎる私の半生について語りたい。

幼稚園時代

朝に弱い傾向は覚えてないが、この頃から超面倒臭がり屋。

確か、年長くらいまで母に着替えさせてもらっていたと思う。

母に、「こんな年になってお母さんに着替えさせてもらってるのなんてあなたくらいよ」と言われるけど、平均的な園児の平均的な着替えのスピードなどは分からない。

小学校時代

基本的に間に合わない、起きれない。

小学1年生頃くらいまではまだちゃんと登校班に間に合うように行っていた気がするが、学校が好きではない事もあり、徐々に「登校」に燃え尽きていく。小学6年生になる頃には、半分以上登校班に間に合わなかった。そういう時は、1人で走って学校へ行った。夏休みの朝のラジオ体操は、2回くらいしか行ったことがない。毎日行っていたという人がいるが、私とは全く別の種の人間だと思う。

中学校時代

ギリギリ登校。遅刻をする人がクラスメイトから悪口言われているのを見て、頑張って登校するが、やはりギリギリ。早く起きれないから、女子で仲良く登校しているグループに入れなかった。

無理やり身体を起こして、半分寝ぼけたような顔で学校に来るから、よく笑われた。髪とかも、ボサボサでみっともない事が多かったと思う。体力がなくて部活は辞めてしまった。夏休み冬休み部活練習も、行く気になれなかった。中3になり、受験で塾に行くが、せっかく授業料払っているのに疲れて寝てしまう。勉強したいのに、身体がついていかない。ここら辺から学校に行けないことが増えて行く。遅刻も増える。このあたりでうつ病っぽくなってしまった。志望校には受かったものの、おそらくこの時期に大きく心と身体を損ねてしまったと思う。

高校時代

眠い。授業に全く集中できなくなった。登校は、良くてギリギリでほぼ毎日遅刻。遅刻する自分が嫌で、遅刻する事に何か言われるのも嫌で、自己嫌悪もひどくなっていくし、登校日数すら危うい。学校生活に支障を来していたので、この頃から心療内科に通う。夜眠れる薬をもらったが、効きすぎて翌日さらに眠かったり、元気を出す薬も効きすぎて躁転したりした。本で発達障害のことを読んで、私はADHDではないか医者に言ってみたら、やはりADHDだった。しかし、当時はリタリン規制されてしまった時期で、ADHDの私の症状に処方する薬はなかった。

死にそうになりながら、受験シーズンがきて、やはり塾に通う。先延ばし傾向の強い自分は、塾に行かなければ勉強しないと思った。しかし、やはり言われたことをできない。夏期講習も、参加して勉強したいのに、起きれない。勉強のできる男子が、私のことを批判して、本当に辛かった。詳しくは書かないが、彼の言動は何年もトラウマになり、私を苦しめた。結局学校自体の成績も悪く、偏差値も伸びず、私は浪人してしまった。

浪人時代

再び、眠い。勉強しようにも、様々なトラウマが蘇る。しかし、週2で予備校に通っていたものの、週5回毎朝起きて、学校に通うという習慣がなくなったのは良かった。予備校は夕方だったから。元々面倒くさがりな私が浪人で勉強するわけもなく、よくネットをやっていたので、家族から批判された。しかし、座ることさえ苦痛になった私が、せめて熱中できるのが、ネットと本だった。

英語の音読はとりあえずやっていたが、私が早稲田慶応マーチにも受からないことは明らかだった。そもそも、この状態では社会人にとしてやっていけるかさえ危うい。「社会人になったら大変だよ」「社会に出たらそんな事は許されない」みんな言う。今でさえ大変なのに、これからもっと大変なのか。私は、本を読んだり、知識を頭に入れることが好きだ。だから大学には行きたい。しかし、その先、働いたとしても、上手くいかないのではないか

いつでもベットと本があった浪人生活。こんな風に、生きていけたらなあ。

昔は大学卒業して無職で家にいる女性は「家事手伝い」と呼ばれ、それなりにいたらしいが、今の世の中だとそれでは「ニート」だし、聞こえも悪い。家族も私の将来を心配するだろう。

もう一つ、大学卒業後「家でゆっくりする」生活を手に入れるとしたら、それは専業主婦になることだ。そして当時、婚活、という言葉が流行り始めた。結婚できない女性が増えているらしい。そして、奥さんが専業主婦できるくらいの年収の男性も減っているらしい。ならば、早いうちに準備しなければ。稼げて、かつ、生涯を共にしてもいいと思えるほど愛せる人など、きっと何年かに一度しか会えない。私は、こんな私をバカにし、理解しない家族や、嫌な思い出のつまった家を早く出たい。新しい家族が欲しい。幸い、私はまだ若く、容姿も良い。私の最大の武器

志望校は、早稲田慶応も受けたが、もちろん撃沈し、あとは男ウケの良さそうな女子大を受けて、その中の一つに合格する。この頃から婚活意識して志望校を選んでいた。(本当は高学歴学校に受かるのが一番良い。優秀な男にたくさん出会えるから。)

大学時代

受かった女子大は家から遠く、やはり朝がキツかった。2限より前の授業に遅刻せずにいけたことなんて、数えるほどしかないと思う。お嬢様で育ちの良い女子大生たちは、ほとんど授業をサボらず、皆真面目だった。服も髪もメイクも、本当にみんな綺麗。その中で遅刻しがちで、寝ぼけた顔で大学に行くのが嫌だった。相変わらず、どうしようもなく朝が苦手だった。もう、遅刻することとか、何か色々言われるのが嫌で、大学ではほとんど友達を作らなかった。

サークルには入った。音楽が好きなので、軽音サークルボーカルギターをやった。先輩になってくると、バンドを組んで、バンドリーダーという立場にもなった。歌とギターが上手くなりたくて色々頑張ったこと、人前で大きな声で歌ったこと、ギターソロができるようになったことは自分の中で大きなプラス経験になった。ここで、念願の優秀な彼氏もできた。男子校育ちでモサかったので、そこは私が磨いた。彼氏にもメンタル的に支えてもらい、いろんな事に挑戦するようになった。飲食店バイトギターを習う。ボランティア読書会浪人してしまったが、やはり大学には行って本当に良かったと思った。

就活

大学3年生の終わり、就活の時期がやってくる。ここでまた、私の朝の弱さと先延ばし傾向が炸裂した。

まず、ESが書けない。面倒くさい。要領の良い人は、「一応受けとく」レベルの会社でも、さーっと書いてさっと出す。私は、書けない。やりたくない。夜、書こうと思ってPC開いたは良いものの、書きたくなさすぎて朝になる。会社説明会は4割くらい遅刻。自己嫌悪で自信がなくなり、また受からなくなる、できなくなる。

結婚の話もちょくちょく出ていた彼氏は、やはり私が就職しない、というのは嫌らしい。旦那の親から見ても、優秀な息子の彼女が就職できず無職というのは、今の時代恥ずかしいのではないか。優秀な彼氏にふさわしい妻になる彼女として、どうしてもどこかに内定をもらい、就職しなくてはいけない。

自分が、社会に対して何ができるのか。今まで、私が褒められた事を思い出す。私は容姿が良く、友達は少ないものの、コミュ力には問題ない。元気で礼儀正しいと言われたこともある。ブラック低賃金と名高いが、販売職で明るく物を売ることならばできるのではないか椅子に座ることが苦手だから事務職視野に入れなかった。

確かに、彼氏もこの世の中、彼女が一度も社会人経験なく専業主婦になる、というのも不安だろう。ある程度社会を知ってから結婚した方が良さそうだ。

最後の方は一ヶ月に一回、会社を受けるというペースで、私はなんとか販売職に内定をもらった。

販売職時代

数年前炎上したブログに、「社会底辺の人とは関わってはいけません」https://ameblo.jp/akky-0829/entry-12188216276.htmlというのがあったけど、販売職はまさにこういう世界だった。いや、このブログはさすがに極端すぎるけど、残念ながら、大方賛同できてしまう。私はここで、巷で噂される「若くて可愛い子に嫉妬して悪口を言うおばさん」を初めてみた。一日中、イライラしている大人を初めて見た。それでも、人が足りないからと言う理由で彼らは雇われているのである。私は遅番が多く、昼から出勤が多かったから、朝の弱さは軽減された。しかし、基本的ギリギリ出勤ではあった。基本、先輩よりも遅く来た。出勤が昼とはいえ、30分も早く売り場にいることが生理的に無理だった。ある日、私の評価をつける人が、「店の準備」の評価項目にCをつけた。毎日商品の埃を払ってフロスなどを熱心にかけているのに、なぜここがCなのか。上司に聞いてみると、ギリギリ出勤だからだと言う。おいおい、そういう準備も、規定就業時間の中に入っているんじゃないのか。ギリギリでも、時間内に来てるんだから、せめてBでしょ。会社に、強く不審感を抱いた。

一方で、私は働く楽しさも感じていた。私は、よく売れる販売員となったからだ。それは、私の容姿愛嬌コミュ力のおかげだ。また、商品提案のための勉強も進んでした。そして、若い私は男性社員からも気に入られた。しかしそこがまた、先輩から気に入られなかった要因でもあった。いじりとしても、先輩からキツイ言動が増えた。その頃からまた、私は心療内科に通うようになった。当初の予定通り、専業主婦になって辞めればよかったが、人手不足の中、辞めて良いものかわからなくなっていた。まだ若い私は、色々なことが経験不足で、判断がつかなかった。

色々あって、ああ、もう、キツイなと思った時、退職を考えた。このころあたりに、結婚した。職場に行くのもキツくなったときに、休職し、傷病手当をもらって辞めた。旦那に養われながら、傷病手当をもらいながら、ゆっくり休むことにした。この頃、ストレスでガリガリになっていたが、念願の専業主婦になる夢がやっと叶った。

専業主婦時代

本を読む。RPGのゲームをする。ジムに行って、身体を鍛える。ギターを弾く。散歩する。

ささやかな、やりたいことを色々やった。この頃あった友人に、「なんか綺麗になったね」と言われた。

しかし、念願の専業主婦になったにも関わらず、私の中にはある思いがあった。

「このまま、20代半ばにして専業主婦で過ごしていて良いものか」

他の同年代はみんな働いている。そして、私はどうも、仕事ができない方じゃない。子供を産んだら、子育て中心の人生だ。それで良いのか。私は、働けばお金になるのに。

そこで、転職活動を始めた。しかし、職歴販売職のみ20代半ば既婚、いつ妊娠するか分からない私はなかなか良い職に受からない。しかもここでまた朝弱いが発動、面接もしばしば遅刻してしまう。

やっぱり私はダメなのかな。

そう思った矢先、親戚の保険のおばちゃんに声を掛けられた。正直、保険営業に良いイメージはなかったので断った。しかし、給料も販売よりずっとよく、女性が働きやすい環境で、福利厚生もしっかりしているという。とりあえず、面接だけは受けてみないか。そう言われ、とりあえずで受けに行くと、トントン拍子で面接が進み、あっさり合格。保険営業には抵抗があったが、他に受けた企業よりは条件が非常によかったため、挑戦してみることにした。

保険屋時代

最初は、毎日16時帰りで研修をした。保険についての授業を受ける。保険を売るための試験に受かったら(みんな受かる)いよいよ営業活動である

相変わらずのギリギリ出勤だが、このころ、やっと安定して朝9時の出勤時間に間に合うようになる。20代も後半に差し掛かり、やっと。

しかし、本格的に営業が始まると、やはり体力的にキツかった。荷物も重い。大抵の保険屋の女の人は、バッグを二つ持っている。一つは財布やポーチなどを入れるバッグ、一つは資料お客様の提案書など、書類を入れるバッグだ。自分が保険屋になると、他の保険屋が分かるようになる。保険屋さんって、いっぱいいるんだなあ。

1週間のうち1日は、出勤だけして、疲れて何もできない日があった。そう言う時は、カフェ図書館時間を潰して、適当報告書を書いて一日が終わった。情けないけど、この一日があったから、私は今まで続けられたと思っている。

数字の方だが、私は順調な方であった。しかし、その順調な数字も、多少無理して働いた結果であった。週1日は休む日を作っているとはいえ、疲労でキツイ日も多かった。それでも、1年は続けようと思った。保険営業でやっていけたら、他のこと何でもできるような気がした。自信がつくと思った。確かに1年は、私は頑張った。しかし、段々とまた、身体が弱っていった。風邪を引きやすくなったり、頭痛や腹痛も増えた。

私は愛嬌保険を売っていたと思う。愛嬌で近づき、仲良くなり、アポをとり、上司が提案する。しかし保険知識があるかと言われると、あんまりだ。形が見えない商品は、イメージしづらく、正直あんまり興味が持てない。飛び込みも、営業先の企業で知らない人を呼び止め名前と生年月日聞くのもキツくなってきた。

この仕事を続けて2年。同じ時期に入った同僚が半分以下になる中、私はよく頑張ったと思う。

今月、私は上司退職したいと申し出た。

最近は会社も休みがちになってしまい、今日も会社を休んでこの増田を書いていた。

私が今、会社を休みがちになってしまったのは、朝弱いにも関わらず、無理矢理にでも9時に出勤し続ける生活をして、また壊れかけてしまったのだろうなと思っている。

はいだって、他の人とは違うと言うコンプレックスに苛まされていた。普通になりたい、普通になりたいともがき続けた。一日中、寝っ転がって本を読むような生活だってしたかった。でも、誰かの役にも立ちたかった。いろんな思いがグルグル回って、色々やり続けた。

私は今、27歳。昔よりは色々落ち着いて、大人になった。自分のこともよく分かった。

ひとつ、これはもう辞めようと思ったことがある。それは、週5のフルタイム労働だ。体力的にキツイし、学校でも、会社でも、週5で何かして良い結果を残したものはない。幸い、旦那高収入から基本的には週5でフルタイムで働くことはなさそうだ。しかし、人生何があるか分からいから、お金を稼ぐ手段は手に入れたいと思っている。

いや、それにしても、私は生きてきた。思うに、色々やっていれば、人の能力は年々高まって行くものらしい。朝9時出勤も、ずいぶんできるようになったし、寝つきの悪さもかなり改善した。仕事終わりにササっと美味しい手料理を作り上げた日など、旦那からはあまりの変わりように「お前は誰だ」と言われたものだ。

欠点があっても何とか色々頑張ろうとがむしゃらに生きた結果、今があるのだと思う。

誰がこの増田を読んでいるかからないけど、読んでくれた人、ありがとう


【追記】

書いた当初、自分としては力作に関わらずあんまり反応がなかったので、残念な気持ちになっていたのですが、昨日夜見たら色々反応があって嬉しかったです。

反応をいただくのは何でも嬉しいですが、「読んでよかった」「人の半生は面白い」「頑張ったね」などの言葉は特に嬉しかったです。

ありがとうございます普通の人が普通にやっている事が私にはとても辛く、例えできたとしても世間では「当たり前」ですから、自分が頑張っていることが認められていない気がしていたのです。本当に、ありがとうございます

元増田が能力が高い、勝ち組、若くて容姿の良い女はイージーモードだと言う声について

まずは、ご意見ありがとうございます

あの記事は、また会社を休みがちになってしまい内面的にもグダグダになり、誰かに自分がADHDであり、朝が弱く、辛い人生を送ってきたと言うことを誰かに急に吐き出したくなり、衝動的に書いてしまったものです。

匿名ダイアリーからこそ、自分は実は発達障害で〜などと秘密にしていることも話せるように、「私は若くて容姿が良い」など、現実世界ではちょっと言えないようなことも吐き出すことができます。普段人に言えないようなことがかけるからこそ、魂の叫びのような記事を読めるのも、増田醍醐味だと思います

知り合いには誰にも見せない日記から、私の良いところも、悪いところも正直に書きました。日本謙遜する文化から、はっきりと「私は容姿が良い」などかくと、自慢に聞こえてしまったかもしれませんが、私の人生を語る上で、これは重要ファクターでした。

正直、私は発達障害者にしては恵まれている方だと思います。しかし、これはあくまで「発達障害の中では」と言う話であり、やはり人一倍辛い人生を送ってきました。

この記事コメントにも死にたい、とありましたが、死にたい、と思って死ねる人なんてほぼいないと思うのです。私は小学校低学年の時から死にたかったですが、結局、人間苦しくてもよっぽどのことがあっても死ねないのです。死ねなかったら、生きるしかないじゃないですか。それも、なるべく苦しくないように。

から、私は自分が持っているものを、最大限使おうと思いました。その事実を書きました。

自慢したかったのではなくて、「そうやって生きてきた」と言いたかったのです。

あと、ちなみにイージーモードではありません。

美人からと言って何でも許される訳じゃないんです。

それに、遅刻はするわ色々ミスするわなのに、「可愛いから」もしくは「イケメンから」という理由でモテてたり、かわいがられる同性の同僚がいたら、ちょっと嫌じゃないですか?なんか悪口言いたくなりませんか?私だって、そんな人が周りにいたら、少し黒い感情が湧きます容姿の良さが仇となることもあるのです。

・そこまで朝弱いのは起立性調節障害や低血圧では

血圧は十代のころから低めでしたが、目立って低い訳ではありませんでした。

大人になって、疲れやすいと言うことで甲状腺の病気を疑い、検査したりしたのですが、結果は到って健康でした。正直、体のどこも悪くないのです。

しろ今の会社の上司が、女性営業職10年と言うことでかなりバリバリ働く人なのですが、健康診断の数値で低血圧で引っかかっています。しかし、普通にバリバリ働いています。本人曰く「気合い」だそうです。体の色々な数値よりも、結局「気」と言いますか、生命エネルギーのようなものの方が大事そうです。私には、それが足りないようにも思います

起立性調節障害については確かに、十代の頃、親が調べてくれればよかったな。。。肝心の母は私が朝全然起きれないことを母の母(つまりおばあちゃん)に愚痴ってた。。。私が発達障害な事もあんまり認められない感じだったし。父母共に優等生だった故か。もう過ぎた事だけど、書いてて悲しくなってきたわ。もうフルタイムでは働かないって決めたから、もう治療する気もないけど、子供の時に親がもっと色々やってくれればと言う思いは確かにある。学校が辛くても、せめて家庭だけでも私を受け入れてくれたら。子供の時の記憶は、悲しい事ばかりです。

・朝の時間を守ることを以上に重要視するせいで道を踏み外す人が結構いると思う

私もそう思いますそもそも人には色々リズムがある訳で、全員朝9時出勤と言うのも無理があると言うのも同意です。遅刻する人に対する嫌悪も、「自分は周りに合わせてこの時間に来ているのにお前はゆっくりしやがって」という嫉妬なのかもしれません。

あと、大学の授業でやったのですが、日本人はとても均等性を重視するのだそうです。なので、その観点からも、遅刻をする人は「均等を乱す」ため、好かれないのもしれません。

・朝起きれないのは自己肯定感の低さが原因だった

自己肯定感が低いと、全てにおいてレベルが下がりますよね・・・私も、旦那暮らしから急速に成長したように思います。これから私はしばらく子供も作らず好きに生きる予定ですが、それは自分の自己肯定感を上げるために、必要な期間であるように思います

・小規模な会社なら増田の働けるところがあるかも

そうですね・・しかし、周りの人たちに聞きますと、大企業より中小企業の方がブラックなところが多いようで、就職先として探すのは尻込みしてしまいますコメントをくれた方は人を雇う立場なんてすごいですね。何かのご縁があり、あなたのように寛容な人の元で何かしら活躍できればそれはとても素晴らしいことだと思います

2017-11-27

anond:20171127174928

×告白したり遊びに誘っただけで簡単ストーカー呼ばわりされるなんてさ

告白したり遊びに誘った→断られたのにしつこく食い下がった

これはストーカーオブストーカーですわ。心療内科Go

2017-11-25

アラフォーバツイチ子持ちで無職の姉の面倒をみろと親に言われたんだ

気持ちの整理のために書く。両親に姉の面倒を見てくれと言われた。やっぱりこれっておかしいよね?

姉は専門学校卒業してからフリーターを何年か続け、できちゃった婚で30歳ちょい前くらいに結婚した。

旦那さんも非正規で働いていたし当時は両親も結婚出産に反対だった。でも姉は頑なに産みたいと言って出産

そのあと旦那さん(今では元旦那さん)も定職に就いてなんとかやってたみたいだけど数年後に浮気して離婚段取りになった。当時は浮気されて姉可哀想と思ってたけど、姉も旦那の金を服とか自分のやりたいことにつぎ込んでいたみたいだ。元旦那さんも姉に働くように言ってたらしいけど「子どものためには母親は家にいたほうがいいから働かない」と言って断っていた。

自分浮気された被害者からと言って慰謝料請求したけど元旦那スズメの涙くらいしか金銭的余裕がなくて、わずかに毎月養育費をもらうことに決まった。でも姉は納得いかないと言って浮気被害慰謝料をもらうってまだ言ってる。慰謝料を貰えるまで離婚しないとだいぶ揉めていた。

そうしてズルズルと生活続けて元旦那は家から出て行って、姉と小学生の娘と二人で暮らすようになった。

普通そこで生活のために働くとかなるだろうに姉は30代半ばすぎるまで正社員であったことが一度もなくフルタイムで働いたこともないか仕事がないと嘆いて愚痴って過ごすようになった。働いてくれと周りが言っても「そんなプレッシャーをかけないで。そうやって責めるから余計に働けなくなるんだ」と被害的に振る舞うだけだった。

そんな姉を見兼ねて孫の為にと両親は金銭支援をするようになった。姉と子ども収入もなく、元旦那養育費と両親の支援3:7くらいのバランスで暮らすようになり、両親の老後の貯蓄を切り崩しながら姉は自由自適暮らしていた。

私はそういう環境が嫌で一人暮らしをして自分経済的に自立できるようにした。実家は生まれながらの地元で友人も多くいて恋しい場所ではあったけど、とにかく依存してだらけた言い訳ばかりの生活を送る姉と、そんな姉を断ち切れない両親をみるのが嫌で離れようと思った。

姉はどこで聞いたんだか心療内科に行って自分気持ちが落ち込むし働けないしうつ病だと思うとか言ってたけど、医者特に診断書を出さなかったし。「多少はうつ病になりやす性格があるかもしれませんね」という医者の小言を盾に「私が働けないのはうつ病になりやす性格から!周りが色々言うと本気でうつ病になる」と言って聞かない。というか子ども育てるために働けや。業種とかえり好みしてる場合じゃないだろっていつも思ってた。そろそろ子ども小学高学年になるのに働かず家にいる母親ってなんだよって。

昨日は出張帰りでお土産渡すがてら夜ご飯を食べようと思って実家に帰ったんだけど、母から「もう貯蓄がほとんどなくて、現状の生活はなんとかなるんだけど...何かあったときは姉たちのことをよろしく」と言われてショックで言葉も出なかったんだ。

これからどうしたらいいんだろうか。

2017-11-17

心療内科に行った

アスペルガー自閉症に近いと言われた

うつになってもう半月仕事を休んでいる

預金が減ると思うと食事もできない

つらい

2017-11-14

anond:20171114153246

アドバイスありがとうございます。通院なら心療内科とか?ですかね… 家族に何かしら負担を強いるのはちょっと気後れするので、まずは自力で何か手を打ってみます

anond:20171112202942

私が15年働いて、すなわち会社所属して残ったものは、複数精神疾患と神経疾患、数種類の薬を飲まないと成り立たない毎日

それでも無慈悲に訪れる原因不明の疼痛。

最初病気発症したのは働いて10年目、まず食事が喉を通らなくなり、呼吸が苦しくなった。睡眠もうまく取れなくなった。

それでも会社に行って働いた。それから全身がだるくなり、身体に力が入らなくなり、力を入れるとこむらかえりするようになった。

不安感が常につきまとい、すぐにテンパるようになった。それでも会社に行った。微熱半年続いた。

この時点で正常な判断能力は無くなっていたのだと思う。こんな状態なのに会社に行っていた。

実家に帰ることがあり、そこで少し庭仕事を手伝った所、熱中症のような症状が出て内科に行った。

ここでやっと病院にかかる。

微熱は出ていたが病名は不明神経内科に回される。しかしここでも病名はつかず、なんなら筋肉に針を指して検査しようかと言われる。

そして次は心療内科まあ精神科だ。ここでやっと病名が着く。自律神経失調症抗うつ剤抗不安薬をもらい症状は落ち着く。

基本症状は無くなることはなく薬で騙していいる状態ちょっとたことで体調は悪化する。

それでも会社に行った。特に病気の事は告げずに。

症状は悪化していった。心療内科転々とし、どんどん薬が増えていった。

薬を減らすと眩暈がして動けなくなった。

職場を変わった。30代で転職、激務だった。1ヶ月で10キロ痩せた。

食事睡眠もろくに取れなかった。しか薄給だった。

半年ほど経った頃、背中が痛くてほとんど動けなくなった。後に分かるが脊椎過敏症という病気だった。

それでも会社に行った。

駅で電車を待っている時、涙を流していることがあった。何も考えられなくなっていた。

会社心療内科に通院していることを言った。自己都合で退社してくれと言われ、強制解雇された。

背中の痛みが解らず、10数件整形外科に行ってレントゲンMRI撮ったが骨に問題は無く原因不明と言われた。

原因不明の痛み専門の整形外科にたどり着き、脊椎過敏症と診断された。

中枢神経に直接作用する強い痛み止めを処方された。

とりあえずは動けるようになった。

会社は辞めた。バカバカしくなった、どうでもよくなった。金は稼げなかった。貯金全然無い。身体は痛い。

薬を飲まないと食事睡眠も取れない。今日も辛かった。

明日は、少しまならいいなと思う。

明日は通院日だ。

2017-11-01

anond:20171031213801

お父さんは受験に対する強迫神経症的な何かに罹ってるのかね

他の事でも切れやすいなら脳の機能おかしいかもよ

心療内科へ連れて行ったほうが良さげ

2017-10-30

anond:20171030172901

毎月毎月同じ人が生理時期になると暴れてる

産婦人科というより、心療内科案件やね

anond:20171030085024

心療内科で鬱の診断もらったら手当金貰いながら休職できるよ。取り敢えず休んだ方がいい。

anond:20171029095236

毎月毎月生理になると、生理の恨みつらみを匿名で書くメンヘラ化するなら、

生理のない時期に軽くなるような知恵を仕入れるとかさあ、あと心療内科行ってくれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん