「心療内科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心療内科とは

2019-01-15

同居の母親被害妄想やばいンゴ

レーダー照射されてるとか家を盗聴してるとか職場スーパーマーケット)に来てるとか(それお客さんやでという)。

もちろん精神科には行ってる。何度も。この間は一緒に行った。なんちゃって心療内科ではなく、精神指定保険医資格をもった医者がいるメンタルクリニックだ。

できることといえば……あまりない。薬は飲むけどあんま効かない。飲まないのと同じじゃね?みたいな笑 症状ひどくなったら入院必要ですね、っていう。うちは家族全員働かないとやっていけない貧乏なのに、母が入院となると、大変だ……そういうプレッシャーも母を追い詰めてるのだろうか。

自分まで病みそうでござるの巻

2019-01-14

anond:20190114201505

弱い時に近寄ってくるのは邪念樹みたいな存在だけだぞ。

とにかく逃げて、知識だけを得て、静かに立ち向かわないとならない。

その時に宗教知識は役に立つが、今の宗教団体なんざ邪念樹みたいな存在ばかりだ。

まだ、心療内科のほうが役に立つ。

セックスレス、好みの男、楽しい言葉、失礼な言葉

27歳、パート主婦

旦那が激務でストレスの多い部署に異動になってからセックスレスになった。家に帰ったらごはん食べてすぐ寝てしまう。最初は仕方ないかな、と思ってたけど段々しんどくなってきた。もっと抱いて欲しい、と言っても「ごめん...」と言われてしまう。キスハグはしてくれるけど、セックスは3ヶ月に1回くらいになってしまった。

全然抱かれなくてしんどいな、と思ってるところに、その人に会ってしまった。出会い趣味サークルで。

最初は何とも思ってなかったけど、近くでみたらタイプだった。あと、声も良かった。帰り方向が一緒だから電車内で色々話した。

ある日夕食を一緒に食べた。フルタイムの前職で身体精神を壊して、心療内科に通った事を話すと、彼も睡眠障害でそういう医者に通った事があると言っていた。飲んでる薬に共通のものがあったりして、盛り上がった。

本や好きなYouTuber趣味も似てた。今まで旦那が一番とばかり思ってたのに、初めてこの人ともっと色んな事を経験したい、色んな所に一緒に行ってみたいと思ってしまった。

しかし、彼はたまに、人をバカにするような所があった。私から好意を分かってるからか、たまに冗談のつもりで失礼な事を言う。

彼は、自称今までモテてきて、仕事も出来たという。多分、それは本当なのだと思う。学歴も高い。それでも、30近くになって、長く続いた彼女が居ないというのは、やはりそれなりなのだなと思わせる所があった。

ちょっとイヤな所あるな、と思いつつも私は彼に惹かれ続けていた。そして、抱かれたいと強く思っていた。

誕生日プレゼント欲しいと言ったらお菓子くれたのも嬉しかった。彼の誕生日にもお菓子あげたら、何かと素直じゃない彼が本当に嬉しそうにしてた。

でも数ヶ月後、彼は仕事関係九州に行くことになった。

東京帰ったら連絡するから

って言ってたけど、こっち来ることなんてあるのかな。もう一生会わないかもしれないなと思った。ラインも一切していない。

そしてセックスレスと、彼の残像と、楽しかった言葉と、失礼な言葉が残された。

旦那がいつつ、好きな人がいたなんて誰にも言えない毎日、彼の妄想悶々としてる。

2人で使ってたローターは、その男妄想で私1人専用になった。早寝の旦那の隣で違う男で自慰してる妻、どうなの。

もう好きなのかヤリたいだけなのかよく分からなくなってきた。イケメンで話も面白いけど、ちょいちょい繰り出してくるあのナメくさった言葉、付き合ったらしんどそうだなと思う。いやいやそもそも結婚してるんだから付き合うとか出来ないのに。

セックスレス、好みの男、楽しい言葉、失礼な言葉

私は混乱している。

2019-01-13

復讐には価値がある:パワハラ上司復讐したこと

 ちょうど2年前になる。上司から執拗パワハラによって退職に至った。

 パワハラが始まったのは退社する3年前。その上司自分の直属の上司になってから。いわゆる言葉による長時間の人前での罵倒、叱責、嫌味・・・そのうえ、日常的に深夜残業休日出勤強要された。

 それまで健康だった自分精神を崩し、近所の心療内科に通った。うつ病の診断をされた。

 そのことをその上の上司にも査定の際に言ってその上司の下ではない配置にしてくれと言ったが聞き入れられなかった。周りの同僚からも「君はパワハラをしている」とその上司に警告があったそうだが一向に収まらなかった。

 結果、あるきっかけで他の社員がいる前で号泣、そのままフェードアウトのように退社させられた。その際、その上司のその上の人と面談になったが「あいつも悪気はない」「君がこの会社にあっていない」「彼の期待に応えられない君にも責任がある」と、擁護するだけ。

 そしてなぜか給料大幅ダウンを言われる。事実上自主退社に追い込まれた。

 私は失意のまま会社を辞めた。が、許せなかった。半年たって、まだこの怒りが収まっていなかったら復讐しようと思った。

 半年後、それを実行した。

 まず、パワハラ上司言動上司との面談の会話記録はスマホに録音してあった。客観性を持たせるために自分に気をかけてくれた同僚から匿名を条件に社内で日常的にパワハラがあったことを証明する文章をもらった。

 勤務実態証明のためタイムカードも退社前にこっそりコピーしていた。通っていた心療内科先生に通院歴、診断書も書いてもらった。

 これをもって労務関係に詳しい都内弁護士事務所を訪ねた。

 丁寧に話を聞いてもらい、音声データなどを聞いてもらったところ「客観的に見ても勝てるでしょう」と。そこでパワハラ当事者会社相手取って慰謝料請求を行った。

 反撃の開始である

 向こうも相当慌てたようだ。社内に残っていた同僚からメールで状況を聞いていたのだが、必死に隠そうとしていた。幹部が集められて向こうも弁護士を立てた。

 が、こちらの証拠がそろいすぎている&そのパワハラ上司は以前から私以外にも疎まれていたらしく、社内調査で他のパワハラが出るわ出るわ…一気に立場が悪くなったそうだ。

 結果、会社側の社長謝罪文和解金として200万の支払いをしてもらった。

 パワハラ上司は降格。当時社内で肩で風を切っていたのが、人望も失い今は閑職に追いやられ、あの人が辞めるのも時間問題だとささやかれている。

 以上がパワハラに対する私なりの復讐だ。弁護士を~って話だと面倒になるイメージだったが、思った以上にあっさり片が付いた印象だった。数回打ち合わせとメールのやり取りをしただけであった。

 というか、法律という外の世界の力を借りるとこの手のパワハラをする人間というのはとことん弱い。内弁慶だった。

 こんな卑怯人間人生を狂わされたかと思うと腹が立つ。

 今は私は同種の会社転職している。仕事内容は同じ。そこで彼に言われたやり方と真逆技術論で仕事をし、社長賞をもらうほど。つまり、あの時のあの上司の叱責は全く見当外れだったこと、自分が彼の言っていた「無能」ではないことも立証もできた。

 パワハラで苦しんでいる人に言いたい。ちゃん証拠を集め、客観的データを集めれば復讐とは意外と簡単。むしろ黙ってフェードアウトしなくてよかったと思う。

 弁護士依頼時に10万円ほどかかるが、泣き寝入りよりよほどいい。

 人生狂わされた代償がたった200万程度では割に合わない。しかし、自分の中で気持ちの整理はついた。

 復讐には意味がある。

 

 

 

2019-01-12

anond:20190112083041

まずは休んで、ストレス源を見つけて、それから逃げることを考え。

何がストレスか、それからどう逃げるか。この識別能力と行動力は、人間にとって必要能力

なにか辛いことが有るがそれから逃げてないか自殺なんて考える。

極寒の地で全裸で凍えながらなぜ つらいのかわかっていないようなもの

カウンセリングも有るという心療内科にでも行ってみたら?

2019-01-11

anond:20190111044932

ADHDだがコンサータ飲んでたら片付けられたというツイート今日たから、神経内科とか心療内科精神科などを訪ねてみては

2019-01-09

メンヘラ同人作家同人

はじめてのサークル参加学生の時、地元の小さいオールジャンルイベントだった。

コピー本を出して、一部100円で5部ぐらい売れた。

それから就活が嫌で、現実逃避同人誌を出した。地方の某オンリーイベント。30部刷って全部なくなった。

嬉しくなってまた地方オンリーイベントで今度は100部刷って持っていった。50部売れた。

調子に乗って今度は200部刷り、違うオンリーイベントに参加した。

すると自分の絵柄では場違いジャンルだったらしく、何あれ?とバカにされ、ネタに買っておこうと言われた一部だけが売れた。

残りの199部と余部は泣きながら捨てた。

それから初めてコミケに参加した。前回のことがトラウマだったが、100部刷った本は50部なくなった。

おそらく、ピクシブに絵を上げ続けたこともプラスになったのだと思う。

それから就職したが、パワハラにより、3ヶ月で職場を辞めた。

無職になって暇だったのでまた同人誌を出した。

それからフリーターをしながら同人誌を出し続けると、100部ほど安定して出るようになった。

二年ほど経ち、ジャンルを変えたら、コミケで安定して250部出るようになった。

同人誌の売上は伸びたが、定職に就くどころか、バイトすら続かなくなり、心療内科に行くと躁うつだと言われた。

今も同人誌を描き続けてはいるが、無職である

これから社会に出て働いていける気はしないし、同人誌の売上で生活ができるわけでもないので、未来は真っ暗だ。

元気なとき出版社まで持ち込みに言ってもつまらないと言われるし、自分創作活動って結局趣味の延長。

同人誌が売れても毎日死にたいので、普通に職に就いてオタクしている方が絶対楽しいよなと思う。

今は実家ぐらしで家族年金のおかげで生きているような人間

やることないか同人誌描いて、感想もらうと元気になるけど、現実と向き合うと死にたくなる。

一部も売れないのは辛いし、一部しか売れないのも辛いし、250部売れたって辛い。

2018-12-30

クレカ流出されたみんな達〜〜〜〜!

このたびクレカ情報漏洩されましたのでここにご報告いたします。

漏洩したメンバーを紹介するぜ!

これだけあればどこでもお買い物できるね!

経緯

漏洩元は自社製品を取り扱う自社ECサイト

情報漏洩が見つかってから数ヶ月たって郵送で通知が来ました。

まり数ヶ月の間、客は情報漏洩を知らされず、会社は黙ってたわけね。

郵便が来た時点でサイトには報告なし、「システムトラブルのためサイトリニューアルしました」という表示のみ。

システムトラブルといえばシステムトラブルかもしれないけど、情報漏洩と書いていないところから隠したい意図が透けて見える。

インターネットを数年やっていればクレカ流出たかもしれませんとか危険性がありましたみたいなメールは誰しも一度は受け取ったことがあると思う。

そういうメールは大抵「今日発覚しました、ひとまず連絡します、確認中ですが心配であればカード止めてください」という内容だったりするのだが、数ヶ月放置した上で「お客様のために連絡しませんでした」なんて言い分は、少なくとも自分は今まで見たことがない。

そして同封されている500円分のクーポン券。


…きこえますか…漏洩対象者のみなさん…

「……ここに…500円クーポン券がありますね…これを差し上げます……弊社サイトで…また…お買い物をするのです…」

と言わんばかりの、燦々と輝く自社ECサイトの500円クーポン券。半年有効期限。500円クーポン券。

使えば会社の売り上げになり、使わなければ会社は1円も痛くないことになる。

お詫びする・・・・・・!お詫びするが・・・・・・今回 まだその方法指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になればお詫びはクーポン券 実質損害なしということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!

リクルート社の情報漏洩の時は図書カード500円分だったそうです。リクルートより酷い。


裁判所的には0円

ムカついたので弁護士相談してみたところ、名前や住所、電話番号クレジットカード情報などの個人情報はそれによる実害がない限り裁判所ではほぼ0円として扱われるそうな。

病歴や犯罪歴など「本当に秘匿したい種類の情報」以外は、「実害ないならいいじゃん、住所なんて引っ越せば変えられるし、カード止めればいいでしょ」ということらしい。

引っ越し費用は?とかカード止めてる間クッソ不便被るなんですけど?みたいなのは裁判所には考慮されない。

精神的苦痛みたいなのも「実害ないならたいしたことないよね」でノーカン

ここが本当に納得いかなくて、じゃあお前500円やるから名前住所電話番号漏洩した状態暮らしてみろよって言ってやりたい。

心療内科なんかで診断もらえれば多少材料になるかもしれないけど、自分はそんな風にはならなかったし(仮病で診断取るのも違うし)。

なのでカード不正使用されたとか再発行中に仕事道具が変えなくて仕事ができなくなったとかでもなければ、裁判補償を求めるのは難しいみたい。


やってこ個別案件

じゃあ泣き寝入りしろってことですかと聞いたところ、会社に直接示談を申し込めば示談金なり取れるかもしれないと言われた。

その際に伝えると良いのが

ということだそうな。

クレカ止めたせいで仕事が進まんのですわ(個別案件)。裁判起こすとお互い面倒でしょう。やってもらったことは誰にも言わないんで(守秘義務)、もう少し対応考えてもらえないですかね。」って感じか。

金もらえればOKかというとそういう案件でもなかったので今回はなし。

もう少し補償してもらわないと納得いかんぞいというみんなは試してみてくれ。


あとは社会的制裁

取引会社クレームを入れて取引停止してもらうとか。

今回漏洩されたのはECサイトだったので、主要取引先にクレーム入れといた。

これで取引停止してくれたら飯が美味いのだけれど、今のところはまだ分からない。


それでは皆さま素敵な情報漏洩ライフ

まりネットに嫌いな奴の名前住所電話番号流出させても実害が発生しない限り特に罰則金銭請求も来ない、ストレス与え得ってこと。

そして企業としても個人情報なんかクソみたいなもんなんで、流出させても割引券でまた買ってもらえるわ〜くらいに思ってればOK

そういうわけなんで、俺達はガンガン流出させて素敵な情報漏洩ライフをやっていこうな!


こっからチラ裏

これ書いてるうちに5000円分の金券が追加で来てたけど、「500円じゃ足らんよなすまんかったな」程度のことしか書かれてなくて「そこじゃねえよ」感が半端ない

そもそも漏洩が発覚した時点で即時公表してればこんな面倒なことしなかったと思う。弁護士費用自腹だし。お詫びがクーポン券でも「アホじゃね」で終わってた。

情報漏洩セキュリティをどんなに頑張っても究極防ぎようがないもの100%安全は無いという意味で)だと思う。

問題はそこから企業としての対応で、数ヶ月放置した上サイトでも隠そうとする姿勢は許すべきではないと思う。

そしてそれに対して罰則を与えられない社会も。

あーあマジで潰れないかなあの会社

この話が私のもとに巡ってくれば

今年5年勤めた仕事退職した。

社員登用を目指していたけれど、結局うまく行かず退職してしまった。

年齢としてもギリギリアウト、自業自得といえば本当にそうで言い訳も弁解も出来ないレベルまで来ている。

今は就職活動をしながら夕方からパートとして働いている。基本一人で動く仕事だけに気持ちも楽ではある。

家族特に父親はこの件について珍しく私を叱ってきた。

から何かあったとき母親が私をこっぴどく叱ってきて父親フォローを入れるというのは常態化していた。

母親の叱り方に耐えきれず私は実家と疎遠になったわけだけど、今回父親が口を出したのには衝撃だった。

仕事においてあーだこーだ言われるのは覚悟していたし、想定内ではあった。

しかし「お前、うまくいかなかったら首吊ればいいと思ってるだろ。失敗したら死ねばいいと思ってるんだろ」と言われた。

そんなことはないけど・・と言葉を濁した。濁したんだけど実際はばっちりそう考えている。

それこそ「本当に何やっても駄目なら死ねばいいし」ぐらいの感覚である。お父さん、伊達に私のお父さんやってないな!と感心してしまったし、

見抜かれたくないところを見抜かれたようでびっくりした。

死ねない理由結構しっかりある

大切な人がいる、結婚も考えてる。友人たちがそれなりにいて、友人たちに私が死んだことを伝えられる手段がないのも大きい。

友達からは「うまくいかなかったら結婚しちゃえばいいんだし、そこは女ってことを上手に使えよ」とも言われた。

それこそ「いつでも死ねる」ぐらいに考えていたほうが気持ちが楽になった。

しかし、死んだら今住んでいる家のこと、恋人友達のこと、遺品整理とか諸々が気になってやっぱり死ぬのは無理だなと感じてしまう。

きっと両親は「やっと死んだか」ぐらいにしか考えないだろうし、悲しむこともないのだろう。

誰かが生きたかった明日が云々とか高尚なことを言う人はきっと幸せ人生を送ってきて、

悩みも些末で可愛らしいものだったんだろうなと邪推してしまうわけで。

どうか人生関わることな平穏に生きていて欲しい。

最後に、私はどうしても人生詰んだ死ねばいいと思ってる。

でも実際はまだ詰んでないし、大事で守りたいたくさんの人達ものがたくさんある。

よく心療内科に行くことを勧められるけど、「性格問題」って言われたから通院はやめなさいと親に言われてそれっきり。

性格問題なんで死ななきゃ直らないもんです。なので人生詰んだらそれなりにきれいに死にますんで、

それでひとつ勘弁して頂けませんでしょうか。

私がこの日記を忘れた頃に客観的に見ることが出来たら面白いだろうなあ。

2018-12-28

中学生の頃、いじめにあった。

さほどひどいいじめではない。たぶん大して理由もない。相手の虫の居所が良くないときちょっと無視されたり、部活叱咤激励の皮を被った罵倒を浴びせられたり。その程度だ。世の中にはもっとひどい目に遭っている人がたくさんいる。

しかしそのいじめは、当時の私にとっては世界否定されたと同義であった。だって、私にはそのコミュニティしか場所がなかったのだ。なのに、そこからはじき出される。いらない、死ねと言われているんだと思った。

結果として、私は部活で使う体育館に足を踏み入れるだけで過呼吸を起こすようになったし、人と関わることが怖くなった。それは中学卒業してからもずっと続いた。特に高校生活は灰色だ。保健室で、口にハンカチを当ててゼーゼーヒーヒーいっていた記憶しかない。

自分は誰からも嫌われる、この世にいらない人間なのだと思った。その気持ち大学生になっても、社会人になっても、ずーっと消えなかった。

社会人になって、すぐの頃。仕事がうまくこなせなくて、同期や先輩とのコミュニケーションも上手にできなくて、私は自己否定がやめられなくなった。過呼吸を通り越して不眠症になり、やがて抑うつといわれる状態になってしまった。

入ったばかりの会社休職した。人生ではじめて心療内科に通った。さほど医者に助けられたとは思えないけれど、とにかくいろんなことを考えた。

私の人生にはなんの希望もない。親ですら私を見て、こんなに困っている。苦しい思いをして生きるくらいならもう死にたい。どうせ誰にも求められていない。

はじめは、そんな感じ。だけどだんだん、私は腹が立ってきた。自分にではない。世界のほうに、だ。

私をこんな風に生んだ親が憎い。私をこんな風に育てた親類や先生が憎い。私をいじめた奴らなんか特に憎い。死んでしまえと思う。私の人生がめちゃくちゃになってしまったのは私のせいじゃない。好きでこんな風になったんじゃない。世界が悪い。世界が、世界が、世界が……。

ああ私はずっと怒っていたのだな、と、正常ではない頭で薄ぼんやりと思った。考えてみればいじめなんて、いじめられている側からすればひどく理不尽理由で起こるものだ。どういうわけか私はその理不尽に、無理やり理由をつけて自分を納得させ、怒りを抑え込んでいたらしい。タンブラーにそのとき気持ちを書き殴っている。読み返すとあまりにも憎しみがむき出しで、気分が悪くなる。でも、それほどまでに怒っていたのだ。そしてそれに気づかずにこれまで生きてきた。病気になるわけである

散々怒って泣いて、一ヶ月後、私はひとまず正常に戻った。

そのあとも何度か危うい橋を渡り、薬でどうこうするだけでは根本的な解決にはならないと思い至り、現在カウンセリングに通っている。

いままで書いてきたような話を洗いざらい聞いてもらって、なんだかずいぶんと楽になった。こんがらがった感情を解いていく中で思うのは、私はやっぱり怒っていて、多分一生怒り、憎み続けるのだろうなということである

それも、いいんだよ、と先生は言った。許せないことは許せないことでいいんだよ、と。私にはそれが正しいアドバイスなのかどうかが分からない。全部許せるのが本当はいちばんいいんじゃないかと思う。

でも、許さない。

あの無邪気で残酷だったかつての子どもたちのことを私はきっと一生許せない。

2018-12-26

セックスに集中できない

3月日曜日学部ライングループに友人の訃報が入った。

大学の同期では上から数えた方が早いくらいに仲のいい男友達だった。後悔は絶たない、涙も止まらない、とはいえ親友でも家族でも恋人でも無い。レンタカーを3台借りて皆で行った葬儀の帰り、さっきまでグシャグシャに泣いていた友人達サービスエリアで談笑しながら唐揚げを食べているのを見て、生きていくとはこういうことかとなんとなく思った。大切な人がひとり死んでも、冗談で笑って、ご飯を食べて、眠くなったら寝るんだ。

半年平気で過ごしたあとで、心療内科にかかることになった。キッカケはバカバカしいことにNetflix徹夜して見たデビルマンcrybabyがトラウマ級に怖かったからだったが、症状が進むにつれてデビルマンのことは忘れた。毎日恐怖に体中を支配されて、コントロールできない「怖い」に気が狂いそうだった。戦争災害AI宇宙人、恐怖心の対象は「必ずしも可能性を否定できない思いつく限りの地獄すべて」という感じだった。

耐えかねて初めて訪れたのは大学健康管理施設だった。精神科先生に話を聞いてもらい、どうやら根本の原因は友人の死にあるらしいとわかった。心療内科を紹介され、大学の方で週に一回のカウンセリングを組んでもらった。10月の頭のことだ。

治療は順調に進んだ。半年にわたる不眠も治ったし、恐怖心が生まれても落ち着いて対応できるようになった。問題は次々に出てきたが、その都度先生と話し合い、解決策を見つけてきた。ついに話し合うべき新しい悩みはなくなり、年末を境にカウンセリングは1ヶ月に一度になる。

本題はここからだ。確かに問題ほとんど無くなった。しかしそれは先生お話できる問題の話だ。3月から、私はセックスができなくなった。というのも、一切の性的快感を感じることがなくなった。相手同棲している彼一人なので、最初相手が下手だからだとか自身経験が少ないからかとか適当理由をつけて納得していた。しかだんだん問題は体ではなく心ではないかと考え始めた。ここから感覚的な話になるのだが、感じそうだな〜という段階になると頭の中に過去映像が浮かぶ他愛もないことばかりだ。家族だったり、友人だったり、特段嬉しくも悲しくもないような記憶の一部。それが浮かぶと一気にどうしょうもないような気持ちになる。途方にくれるような、絶望するような、悲しくて仕方ない気持ちになって、もう感じるどころではないのだ。なんだこれは。

カウンセリング先生とやってきたように、状況、行動、心情を書き出して考えたりもしてみたのだが、自分一人ではどうも客観視できない。だからといって「セックスができなくて〜」などと赤裸々に相談できるほど私とカウンセラー先生は仲良しではない。そうでなくても、平静を装ってこの相談をしている自分想像すると気持ち悪くてどうしてもできない。とはいえ今の状況が続くのはどうも辛い。彼がいつまで本番のできない女と付き合い続けるつもりかもわからない。申し訳ない。考えあぐねてとりあえずなんとなくここに投稿してみることにした。あわよくば何か解決の糸口が見つかるかもしれない。

吐き出し過ぎて逆に危ない

拙者不満まみれ侍 日々何かしらの怒りを抱え候
故 このはてな匿名だいありぃに愚痴と大便を書き残し なんとか耐え凌ぐ日々也

まず最初バカッターギャンギャン言ってたけど炎上してから怖くなってやめた
次に友人との間のライン愚痴をワァワァ叫んだけどそのせいでハブられました 当たり前だのクラッカー
掲示板荒らしたけど詰めが甘いのですっかり『いつもの人』扱いされたのでそこもやめた

で、ここなんですね はい 今はここで吐き出すことで自分を保ててる
でもダメですわ ダメなんですわ 歯止めがきかないんでちゅわ へけっ

悪意とか怒りとかそんなモノをゲボゲボ戻してたらスッキリしなくなってきてる このままじゃ何もかもに憎しみをぶつけるTEINOU-TEACHER Mk.2になってしま
人殺す勇気ないし捕まんのゴメンだけど

次はどこに行こうかな♪(Perfume
ネットに書くのがそもそも間違いなのでは となると心療内科ですか

2018-12-23

親と話すとパニック発作が起きますが、実家に帰らされることになりました。

 タイトルが全てです。

 今の私には上手い対処法が思い浮かばないので、

おとなしく従おうと思います

以下はただの感情を宥めるための吐き出しです。

疲れて頭が回らないので推敲などはしていません。

再読すらしていない書きっぱなしなので読みづらいです。

わざわざ読んで時間無駄にすることはありません。

キチガイ勘違い被害妄想がたくさん含まれているので真に受けないでください。

1.経過

 幼少期から両親に苦手意識があり、情緒不安定子供でした。

理由不明です。

強いて言うなら、母は精神疾患持ちでヒステリックであり、

父は素面とき過保護なだけの良い父親でしたが、酒を飲むと意味もなく独り言暴言を吐き、大きな音を立てて扉を閉めるような人でした。

また、私は発達障害者なので、私のコミュニケーション能力などに原因があったのかもしれません。

(※発達障害の診断自体は成人後に受けました。

 (ADHDASD協調性運動障害

 しかし、小学生の頃には担任発達障害を疑われていたので、当時から難有りの子供だったのだと思います

変わったところはある家庭ですが、毒親とか虐待とかまではいかない微妙ラインだと自己認識しています

(※母に、子供日本語が通じなくて怖いから幼少期はネグレクトしていたと近年告白されましたが、単にほったらかして一人で遊ばせていた程度のことだと捉えています

 そもそもそれを私に告白してどうしたいのでしょうか。

 私の世話は父が主にしていたようなうっすらとした記憶はあります

 n年前、就職と同時に上京し、一人暮らしを始めました。

(※家族親戚一同から地元就職を暗に望まれていましたが、運良く東京配属に滑り込めました。)

就職直後は実家から解放された喜びもあり、調子が良かったのですが(躁転なので本当は良くない)、

生来不安性や情緒不安定さ、発達障害などのためか、次第に生活業務に困難を抱えるようになりました。

発達障害者社会適応、正直無理ゲーじゃない?)

一時期、プレッシャーの大きく、長時間労働を伴う業務に付いたこともあり、

それがとどめとなってか、

結果として最終的には重度の鬱状態に陥りました。

 診断は双極性障害の2型です。

現在の症状は典型的鬱状態のため、詳細な説明は省きます

なお、躁鬱の自覚症状自体はは高校生の頃にはあり、

ちょうど入社直後に大きく躁転したことを切欠に、

上手くコントロールできなくなりました。

 復職と失敗を繰り返した結果、

現在会社の方から1年以上の長期の休職命令がおりたところです。

 休職となると私が東京に留まる理由もなく、

しろ経済的に厳しくなるため、

帰省余儀なくされているところです。

(父がそういうふうに展開を誘導したことは否めません)

2.実家の現状

 現在実家の状況は、あまり芳しくありません。

 私が上京する少し前に、母は精神疾患により長期の入院となりました。

なお、この時に初めて私は母が学生時代から精神を患っており、独身時代入院歴もあったことを知りました。

それまではずっと、母に癇癪を起こさせるのは私がキチガイからなのだと信じていました。

母はその後入退院を繰り返し、今は入院中です。

(※母の疾患に関する詳細は省きます

 父は、平時は非常に優秀且つ良き父親でしたが、先述した様に、些か酒癖が悪いです。

般若面のような顔をして暴言を吐く父と二人で食事をするのは、正直少ししんどかったです。

また、無自覚ながらも高圧的なところが有りました。

彼の過保護さは抑圧と表裏一体でした。

部活で帰りが遅くなったからって、酔った父から数分間暴力を受けたこともありましたが、いつ思い出してもちょっとよく意味が分かりません)

そもそも何故か私は部活自体が禁じられていましたが、流れとゴリ押しで入部しました。部活動はとても楽しかったです)

 我が家では、父>母>私という明確なヒエラルキーがありました。

(遅くなりましたが、私は一人っ子です)

ただし、ストレスの発散方向は、

父→母→私で固定されていたので、

直接父からストレスの発散としての不機嫌さを向けられたことは少ないです。

もっとも、父の不機嫌さを受けることにより母のヒステリー悪化したため、

そのヒステリーを受ける私の精神ダメージは結局増大するのですが。

 また、父はもともと精神疾患者を迷惑がり、下に見ているところがありました。

休職中の同僚に対する悪態を聞いたことがあります

(なんで母と結婚したんだ?)

父は入退院を繰り返す母にあからさまにうんざりしており、

私が帰省したとき、父は明らかに母に精神DVを振るっていました。

正直ドン引きしましたが、当時の私にはそれを真剣諌める元気はなく、

少し口出しはしましたが、ほぼ見て見ぬフリをしました。

そもそも、あの人たちと真面目に会話しようとすると、平静を保っていられなくて怖くて、迂闊に行動できませんでした。

 この頃にはもう、彼らの顔を見たり声を聞くだけでつらく、真顔を取り繕うのも厳しかったです)

現在も母の病状は芳しくなく、父の酒癖やDVもそのままだと思います

 余談ですが、入社直後に大きく躁転したのは、

入社直前に起きた母の入院に伴う様々なトラブルに起因する、過去最悪の鬱転の反動です。

あの三ヶ月間の私は、道を歩いているだけで唐突に泣き出すような奇人でした。

(発生していたトラブルの詳細は省きます。思い出したくない)

3.懸念事項

 下記は、私が戻らなければならないことを前提として記します。

もっとも、父がそういうあらすじを書いた以上、ヒエラルキー下位の私は逆らえないのですが。

 まず、精神疾患者を下に見ており、なおかつ精神疾患者にうんざりしている父の元に精神疾患者の私が戻ることで、

父の不機嫌さがさら悪化する恐れがあります

父は私には甘いのですが、それでもいずれ我慢限界は来るでしょう。

 次に、母の入院によって、父のストレスの発散先が私になる可能性があります

正直この数年の母の精神疾患は、母のストレスの発散先である私の不在に加え、父からDVによって悪化しているのではないかと私は考えております

しかし、私が実家に戻ることで、おそらく日常の細やかなストレス解消は私の役割となるでしょう。

一々病院に行くより近いですから

ただでさえ日常生活も厳しいような状態の私が、父のストレス発散対象に選ばれることでどうなるのか、考えたくもありません。

療養は諦めて、修行と思って己を鍛えて克服するしかないでしょう。

再び家を出るにはなんとしてでも私の精神疾患を治さなくてはいけないため、

無理してでも治ってしまったら雨降って地固まるですね。

 3つ目に、母と日常的に接触しなければならないことが挙げられます

私は主に母のストレス解消の役割を担っていたため、父よりも母と接触するほうが情緒不安定になりやすいです。

また、私は自分を母と似たような人間であると考えているため、母を見ていると私を見ているようで非常におぞましい気持ちになり、自己嫌悪で居た堪れなくなります

父と会う場合にはその場はとりあえず我慢して、その後自室やトイレなどに籠もってから涙を流して受け流しますが、

母と会う場合にはそこまでの我慢もできず、その場で発作を起こしてしまうこともありました。

(なんで理由もないのに涙が止まらなくなるんでしょうか。正直、止めたくても止まってくれなくて非常に不便です)

 あとなんか他にも色々あった気がするけど忘れました。

雑多なところで言えば

・今の主治医とかかりつけ薬局を信頼しているため、転院に不安がある

地元気候身体に合わない。

地元友達が(東京より)少ない

そもそも東京のほうが圧倒的に住みやす

などがあります

全体的に、今の私には言う権利もないような我儘ばかりですね。

外出も覚束ない状態ではあまり関係のない話でした。

ここまで書き殴ったら少し気分が晴れました。

問題は何も解決していません。

 先程、父と2時間くらい会話した結果、

5時間くらい泣いたり過呼吸したりを繰り返して収集がつかなかったので、

文章に吐き出せて良かったです。

そもそも書き殴りなので文章の体を成していない)

肉体は疲れ果てました。

 パニック発作がここまで悪化してるとは思わなかったので、今までこの症状に関して主治医相談したことはありません。

流石にこの状態では色々と怖いので、主治医頓服精神安定剤など服用できないか聞いてみたいと思います

主治医には実家に帰ること自体、避けたほうが懸命だと言われましたが……。

お金がないのは仕方がない。

治療する気があるのかって叱られても文句は言えない。

 カウンセリングとかで解決しないかな、と思って提案してみましたが、

カウンセリングできる病状ではない

・傷を掘り起こすことで悪化する

のでやんわりと断られました。詰んでる。

 実は以前に2回、父との通話中に我慢できずに泣いたことがありますが、

父は、私が父を恋しくて泣いてると勘違いしてくれたので丸く納まりました。

私は父が怖いです。

 しばらく前に、母の蔵書の目立つところに

『「子供を殺してください」 という親たち』

が置かれていましたが、これが母によるなにかの意思表示、嫌味でないことを願うばかりです。

 余談ですが、この話の最大の被害者は父です。

本人が身体障害手帳持ち)というハンデを背負っている上に、

妻は精神障害者(手帳持ち)、

娘もどうなるか分からないと言うこの状況は流石に申し訳ないです。

私の将来の夢は、

私が責任を持って両親の介護をして、

解放されたあとはできる限り人に迷惑をかけないように一人で老い死ぬことでしたが、

それも果たせそうにありません。

(ここで書かなくても良い父の身体のことを書くのは、

本人に気づかれない程度のちょっとした嫌がらせです)

 最後に。

上京してから色々なことがありましたが、

基本的地元にいた頃よりもずっと良い事ばかりでした。

初めて生活が少し楽しくなりました。

初めて泣かない日ができました。

挨拶をしてもしなくてもランダム罵倒されることがないのは、とても快適でした。

残業帰りに近所のコンビニで買って歩きながら齧ったカロリーメイトも、美味しかったです。

東京趣味に関するショップイベントコミュニティ豊富だし、

社会に馴染めない変わり者にも寛容なコミュニティが多く、居心地が良かったです。

私の様子を見ておすすめ心療内科をこっそり教えてくれるような友人、地元で巡り合うのは難しかったでしょう。

もしも今地元で、あるいは実家で息苦しい人がいて、万が一この部分だけでも読むことがあったら、

家を出る、都会に出るという選択肢があることに気づいてほしいです。

手遅れになってからでは遅いので、一刻も早く決断してください。

都会、楽しいです。

実家の外は、安心できます

 主旨も何もないメチャクチャ駄文を吐いてしまって申し訳ありません。

以上、乱文失礼いたしました。

(これで文章を締める癖が抜けないちょっと昔のオタク

追記(1223-1910)

はてなに長文を書くのは初めてなので常連ではないです。

誤解を産んでしまったならごめんなさい。

証明する方法がないのですが、黙っておくのも申し訳ないので、一応宣言だけしておきます

強いて言うなら、私はAセクかつ性嫌悪なので、

彼氏旦那がどうこうと言う文章をかけるような想像力はありません。

というか想像すると気持ち悪くて無理。

なお、生活保護の方向も検討しましたが、父をどう言いくるめるか考えて諦めました。

アドバイスいただきありがとうございます

anond:20181223163402

えっと、ちょっと自分に似ていると思ったのでいくつか気をつけておけば良かったと思うこと書きます

優先順位をしっかりと護る・ケアレスミスに気を付ける・心療内科に行ってるなら、診療日はどんなに忙しくても(月一とか)確保する。

忙しくなると自分を見失いがちになるので、流されないよう気を付けてください(的はずれなこと言ってるかもですが)。

anond:20181223160349

普通~良い他人対応が見えなくなって

不愉快ちょっと怖い対応する他人

10分くらいは怯えるという状態なら

やっぱり病気になってることがあるよ。

過大なストレスだけでもなるよ。

心療内科にいったほうが楽になれるんじゃないかと思うよ。

anond:20181223160349

普通~良い他人対応が見えなくなって

不愉快ちょっと怖い対応する他人

10分くらいは怯えるという状態なら

やっぱり病気になってることがあるよ。

過大なストレスだけでもなるよ。

心療内科にいったほうが楽になれるんじゃないかと思うよ。

2018-12-20

薬に依存し始めてる。

数年前、転職を機に、自分が極度のあがり症である事に気づかされた。

振替えって見ると、高校生くらいに本読みをさせられた時のドキドキとか、

テストの前のドキドキとか、いろんな思い出が断片的に蘇ってくるのだけど、

新しい職場の朝礼で本読みをさせられるまでは、「ここまでヒドイのか。」と思ってなかった。

割と何事も平気だと思ってたが、朝礼で震えが止まらない事に驚いて、

人生で初めて心療内科に行った。

すぐにあがり症に効く薬をくれた。

ついでに、「新しい職場で集中しなきゃいけないのに、邪念が湧いてきて、そこかしこの声を耳で拾う。そうすると集中できなくてツライ」

そんな事を相談した。

あがり症の薬とは別の薬も処方してもらった。

心がリラックスするらしい。

あがり症の薬は効果覿面で、少しダルくなる以外は、生活に支障はない。

最初仕事の時だけ飲んでいた薬だけど、

次第に仕事がない日も飲むようになった。

それは、あがり症じゃない方リラックスのために貰った薬だ。

今は、その薬がないと、調子が悪い。

酒を飲んでいる時以外は、思考があちこちに働いてて、

ぼーっとできない。

常にあれこれ考える。

信号待ちでも、お風呂の中でも、常に思考が渦を巻いてるイメージ

ネガティブな事も考えるし、「あれは何だった?」と、ふと思い出して思考に揺さぶられる。

ぼーっとできない事は、私の今までの人生の大半だったはず。

それなのに、このぼーっとできない感覚が年々辛くなってきた。

からすかさず薬を飲むようになった。

あがり症対策として飲む薬とは違って、

目的効果曖昧で実際の効き目もよくわからない。

薬に依存し始めてる気がしなくもないけど、

副作用はないようだし、これでいいのかな?と思う。

もっと言えば、みんなどうやって思考クリアにしたり、

邪念や雑念、ふと浮かんでくる暗い過去や嫌な出来事

悪い妄想や、目の前の雑音をどうやって消化してるのかな?

私も今までは、どうにかして消化してたはずなんだけど、思い出せない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん