「状態異常」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 状態異常とは

2024-02-15

バカ運営

運営「このボス付与する状態異常によるスリップダメージは、解除できない上に、ヒーラースキルでも回復が追いつかず、付与されたら死にます

ワイ「おいおい、じゃあどう対処するねん」

運営「ただし、フィールド上に存在するモブ対象に取る為、パーティに飛んでくるのは運が悪い1人か2人なので、全力ヒールしている間に短期戦を挑むのが攻略法です」

ワイ「ほーほーなる程、いけたわ、サンガツ

 

数カ月後

 

運営「あの時のボスが強化されて再出現!今回はボスの真の強さを体感して貰う為に、フィールド上のモブには状態異常はかからず、パーティメンバーを一度に3人以上対象に取ります

ワイ「おいおい、どうすんねん」

運営「登場から一定時間は進入不可のフィールド存在しており、そこから定期的に状態異常付与してきますさらに進入不可エリアから狙撃、味方への永続デバフフィールドを発生させるモブも登場します」

ワイ「おいふざくんな、テストプレイしてんのか?」

運営「エンドコンテンツですので!」

ワイ「…」

 

ア ホ く さ 。

2024-02-09

anond:20240207120122

>「頭痛い~」「だるい~」「熱あるかも~」とか言ってる相手に、

>「だるいんだね、でも家事しなきゃだよね、しんどいね~」と言うのが共感なの?

>俺だったらマジで頭くる

>「分かってんだったら 代わりにやるよ くらい言えや!」って

これ読んで思ったけど

増田は「共感以前」の話をしているし、なんなら妻より未熟。

あのな、「頭痛い」には「だから察して家事やってくんない?気付いてよ」なんて意味はない。

「空が青い」「今日は風が気持ちいい」を聞いて勝手に、「じゃあ今日のうちに窓の掃除やってほしいなって思ってるくせに言わない」という妄想を挟んで「言いたいことがアレばいえよ!」まで勝手に進んでキレてる状態

あのな、増田みたいにみんなが嫌味や依頼をただの報告風に誤魔化したりシないんだよ?

ついったーでもそういうやばい絡み方してたの?

つぶやいてるだけなんだよ

そうなんだ~でいいんだよ

共感求めてる、しいてはなにかの依頼をサイレントに込めてるっていうのがそもそも増田思い込み

自分ステータス表示をしてるだけ

強いていえば「今日●●してほしかったけど、まあ明日でいいか」くらいのことを求めてる

「体調悪いって知ってたら言わなかったのに」みたいなケース、あるだろ

それに先回りしてるだけ。

きもちでもなんでもない

ステータス共有。毒状態混乱状態になっても非表示キャラいたら困るだろ。きちんと点滅してくれるの助かるだろ。

共感問題すり替え得て、どさくさに紛れて女を貶めるんじゃない。

共感共感いってんの増田だけだから

お前は提示された「状態異常の情報」だけ「ふんふん」とうけとって、コマンド選択を少しだけ変えればいい。

わかったか

2024-02-03

深爪かい状態異常がないとまともに弾けないイカれた楽器ギター

右手はある程度爪ないと音が悪いイカれた楽器アコギ

逆に右手深爪じゃないとまともな音がでないイカれた楽器ベース

2023-11-27

はたらくのしんどい

人に話せないことを文章にすると良いと先生から聴いたので書き散らす。

働いている、納税している。

正規雇用保険年金も納めている。

三年前、ニートだった。

その頃が一番健康で、生活が充実していた。

毎朝九時にゆっくり起きて、朝御飯を食べる。

親が食べた朝食の食器シンクにあるので、一緒に洗う。

絵を描いたり、本を読んで過ごす。

母とドライブがてら買い物に行き、海沿いを走って海面を見る。

部屋の掃除や、シーツ洗濯をする日もある。

猫をなでる、ソシャゲイベントを走る。

夕食を食べて、入浴する。

あの時が一番幸せだった。

今は寝て起きて、仕事に行く。

疲れ切っていて休みの日も寝て過ごす、悪夢ばかり見る。

本を読む元気もない、隙間を塗って満足行かない絵を描いては悲しくなる。

ソシャゲイベントも走れない。

一昨年、猫も死んでしまった。

部屋の掃除も一ヶ月に一度出来れば良い方で、シーツの交換もなかなか出来ない。

休みの日でも、起きあがっていられない。

職場の人はみんな良い人たちだ。

業務内容もたぶん、今までで一番体力を使わない、拘束時間は長いけど。

給料も少ないけどもらえる、ボーナスもある。

だけど、起きあがっていられない。

帰ってきてから次に仕事に行くまで、起きあがっている時間が、宅急便を受け取る事とトイレしかないとかざらにある。

洗濯したくても起き上がれないので、たまっていく(実家暮らしはいるが、うちは洗濯食事も個々に行う)

純粋に体力がない、体力をつけようと運動したり、なんだかなんとか色々試したが、体力がなくて続かない。

そして遂に眠れなくなった。

疲れているのに眠れない。

寝不足のまま仕事をすると更に疲れる。

死ぬかと思って心療内科にかかった。

軽く入眠剤をもらえばなんとかなると軽い気持ちだった、今時は珍しくもない。

しかし、ただの不眠症かと思っていたら、ADHD抑鬱傾向、乖離強め、発達性トラウマ障害等々言われ、なんと薬では治らないとまで言われた。

風邪受診をしに行ったら、癌が見つかったような気分だった。

これを治せば、腰痛うつめまい、倦怠感諸々全て治ると言われ、詐欺のような話だと思った。

上記の症状諸々で、異常に疲れやすい体質だったらしい。気づかなかった。

親は絵に描いたような被虐児だなもんで、わたしにも大体同じ様な虐待をしていた。

ただ、暴力はなかった、親も色々戦っていた。

大人になったらお互い成長してわりかし上手くいくようになった。

でもそれだけではだめで、わたしはツケを払わねばならないらしい。

衝撃だった、上手く行ってると思っていたから。

働くの辛いなぁと思った。

でもわたし納税するし、年金保険も払わないといけないし、欲しい物もあるし、今の職場はとても働きやすいから、辞めたくない。

でも働くのが辛い、体力的にも精神的にも、弱っていくのを感じる。

抗うつ薬も合わなくて、処方されなくなってしまった(わたしのようなケースは服薬で悪化する人、薬が合わない人が多いとのこと)

精神的に病む!というわかりやすい病状ならとっととそれを理由に辞めたいし、周りから理解もえられやすいのではないか、と考えてしまう。

わたし場合シンプルに体が辛い。

疲れやすく、すぐに具合が悪くなってしまう。

顔色が悪くて心配されたり、熱が出てしまったり、その他体調不良で動けなくなること多々。

うつ病が頭痛胃痛肩こりなど、体にも影響を及ぼすことは知識として知っていた。

ADHDがなんか疲れやすい人が多いらしいのも知っていた。

合わせ技、まさかの合わせ技。

嫌なカクテル

デバフもりもり状態、常に状態異常。

ニートに返りたい、いや、猫に会いたい。

はたらくのしんどい

人に話せないことを文章にすると良いと先生から聴いたので書き散らす。

働いている、納税している。

正規雇用保険年金も納めている。

三年前、ニートだった。

その頃が一番健康で、生活が充実していた。

毎朝九時にゆっくり起きて、朝御飯を食べる。

親が食べた朝食の食器シンクにあるので、一緒に洗う。

絵を描いたり、本を読んで過ごす。

母とドライブがてら買い物に行き、海沿いを走って海面を見る。

部屋の掃除や、シーツ洗濯をする日もある。

猫をなでる、ソシャゲイベントを走る。

夕食を食べて、入浴する。

あの時が一番幸せだった。

今は寝て起きて、仕事に行く。

疲れ切っていて休みの日も寝て過ごす、悪夢ばかり見る。

本を読む元気もない、隙間を塗って満足行かない絵を描いては悲しくなる。

ソシャゲイベントも走れない。

一昨年、猫も死んでしまった。

部屋の掃除も一ヶ月に一度出来れば良い方で、シーツの交換もなかなか出来ない。

休みの日でも、起きあがっていられない。

職場の人はみんな良い人たちだ。

業務内容もたぶん、今までで一番体力を使わない、拘束時間は長いけど。

給料も少ないけどもらえる、ボーナスもある。

だけど、起きあがっていられない。

帰ってきてから次に仕事に行くまで、起きあがっている時間が、宅急便を受け取る事とトイレしかないとかざらにある。

洗濯したくても起き上がれないので、たまっていく(実家暮らしはいるが、うちは洗濯食事も個々に行う)

純粋に体力がない、体力をつけようと運動したり、なんだかなんとか色々試したが、体力がなくて続かない。

そして遂に眠れなくなった。

疲れているのに眠れない。

寝不足のまま仕事をすると更に疲れる。

死ぬかと思って心療内科にかかった。

軽く入眠剤をもらえばなんとかなると軽い気持ちだった、今時は珍しくもない。

しかし、ただの不眠症かと思っていたら、ADHD抑鬱傾向、乖離強め、発達性トラウマ障害等々言われ、なんと薬では治らないとまで言われた。

風邪受診をしに行ったら、癌が見つかったような気分だった。

これを治せば、腰痛うつめまい、倦怠感諸々全て治ると言われ、詐欺のような話だと思った。

上記の症状諸々で、異常に疲れやすい体質だったらしい。気づかなかった。

親は絵に描いたような被虐児だなもんで、わたしにも大体同じ様な虐待をしていた。

ただ、暴力はなかった、親も色々戦っていた。

大人になったらお互い成長してわりかし上手くいくようになった。

でもそれだけではだめで、わたしはツケを払わねばならないらしい。

衝撃だった、上手く行ってると思っていたから。

働くの辛いなぁと思った。

でもわたし納税するし、年金保険も払わないといけないし、欲しい物もあるし、今の職場はとても働きやすいから、辞めたくない。

でも働くのが辛い、体力的にも精神的にも、弱っていくのを感じる。

抗うつ薬も合わなくて、処方されなくなってしまった(わたしのようなケースは服薬で悪化する人、薬が合わない人が多いとのこと)

精神的に病む!というわかりやすい病状ならとっととそれを理由に辞めたいし、周りから理解もえられやすいのではないか、と考えてしまう。

わたし場合シンプルに体が辛い。

疲れやすく、すぐに具合が悪くなってしまう。

顔色が悪くて心配されたり、熱が出てしまったり、その他体調不良で動けなくなること多々。

うつ病が頭痛胃痛肩こりなど、体にも影響を及ぼすことは知識として知っていた。

ADHDがなんか疲れやすい人が多いらしいのも知っていた。

合わせ技、まさかの合わせ技。

嫌なカクテル

デバフもりもり状態、常に状態異常。

ニートに返りたい、いや、猫に会いたい。

2023-10-07

転生したら弱者男性だった~最強の弱者男性を目指す~

目が覚めたとき、そこは見知らぬ世界だった。

どうやらここは弱者男性蔓延ファンタジー世界らしく、ゲームのように敵や自分能力値を調べることができるようだ。

弱者男性を倒してレベルアップ、〖称号〗を掻き集めて上級弱者男性進化

そして俺はこの世界で成り上がってやるぜ!!…………って思ってたのによおおおぉぉっ!!!

「なんで俺がこんな目に遭わなきゃならねーんだよ!!」

「ギャアァッ!?

目の前には巨大なドラゴン。その口は今にも閉じられそうだ。

くそったれえぇ――――っ!」

必死になって腕を伸ばすも、俺の腕力じゃあ到底間に合わないだろう。

ああもうダメだ! 喰われる! そう思った瞬間――ドラゴンの首から上が無くなっていた。

「へ?」

間抜けな声を出した直後、ドサッと音を立てて胴体だけが地面に倒れる。

何が起きたのか理解できないまま呆然としていると、背後から足音が聞こえてきた。

振り返るとそこには一匹の弱者男性がいた。

鶏の体に首から上は皺だらけの老翁という恐ろしい姿の化け物だ。

ステータスオープン!」

コカトリス:Aランク弱者男性

Lv99(MAX

HP4400/4400 MP8800/8800 攻撃力3200 防御力2900 素早さ3000 魔力16000 耐性 火・水・氷・雷・毒・麻痺・眠り・呪い即死状態異常

特殊スキル

石化眼:相手を見つめることで相手を石化する。また相手レベルが高いほど石化しにくくなる。

固有スキル

石化無効:石化の状態異状を完全に無効化する。

うげええぇぇぇっ! こいつ強すぎんだろ!? しかもなんか見たことないスキル持ってんぞ!? つーか弱肉強食世界から強い奴に従うしかないんだけどさぁ……でもこいつはちょっと強すぎるんじゃねえかな? だってほら、強そうなドラゴンを一撃で倒しちまったし。

ギャオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン」

やべえ、外見はキモいし話は通じそうにないしで完全に詰んでるじゃん。

逃げようにもこの強さだし無理だよな……。…………よし決めた! こうなったらコイツを利用して成り上がるしかねぇ!!

ステータスオープン!」

コカトリスが叫ぶ。すると彼の前に半透明の画面が現れ俺のステータスが表示された。

佐藤友哉:Cランク弱者男性

Lv5

HP100/100 MP50/50 攻撃20 防御力10 素早さ15 魔力0 耐性 なし

特殊スキル

鑑定眼:対象レベル名前などを見ることができる。

固有スキル

なし

よし、これでいいはずだ。あとはコイツ交渉してなんとか仲間に引き込むだけだ。

「おいお前、よく聞け。俺は弱い男だがこの世界の誰よりも強くなりたいと思っている。そこでだ、俺と一緒に強くなってみないか?」

「ギャウゥ……」

おっ、興味ありって感じの反応だ。もう一押しすればいけるかもしんねーな。

「それにこの世界では弱者男性を倒して経験値を得ることによってレベルアップすることができるらしいぜ。つまり強くなるためには戦うことが一番ってわけだ。どうだい? 一緒に戦おうじゃないか

ギャオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン」

コカトリスの眼が真っ赤に輝くと俺の下半身が石になっていく。

「ちょっ、おまっ、まさか俺のこと殺す気じゃ――」

「グオオォンッ!!」

次の瞬間、コカトリスの大きな嘴が俺の首筋へと突き刺された。

「ぎゃあああぁぁあっ!? 痛い痛いっ! 死ぬぅっ! 死んじまうよおおぉぉぉっ!!」

2023-09-27

anond:20230927122632

俺も似たような感じの人種だったのに農協入っちまってえらい目にあったで

ゲームでいう状態異常に常にかかってる感じがして上手く立ち回れず、それがまた無能情報として共有されて立ち回りに縛りがかかるの繰り返し

2023-08-31

anond:20230829122648

よくわかるぞ。俺の場合時間が薬だった。落ち込みと、状態異常は徐々に回復した。

4年経っても、匂いや手触りは覚えている。思い出して泣くこともある。でも日常生活は出来てる。

見える人が言うには、俺の守護霊となっていつも側にいるらしい。写真を見せて確認したので別犬ではない、と思う。俺には見えないのでなんとも。

ちょっと自分語りをしちゃってすまん。

あなたも、徐々に日常に復帰できて、でも忘れなくて、きっとその子が側にいてくれるよ、って伝えたかった。

2023-08-29

ペットロスつらすぎワロタwwwww

いや笑えん。

なんか息がしづらい。心臓の動きが変。

状態異常:涙が止まらなくなった!が間欠的に発生。

何かやるのにすごい時間かかる。朝メシを支度して食うとか、着替えを選んで着替えるとか、PCつけて仕事始めるとか、そういうのがなんかすごく下手になってる。ゆっくりやんないとうまくできなくなってるというか、上の空が常になってる感がする。1秒ごとにスリープに切り替わるPCをがんばって稼働させてるみたいな。

別れとかを意味するような特定言葉を書いたり声に出して読んだりできなくなってる。ペット名前と紐づけて無理やりやろうとすると状態異常が発生する。

でも状態異常の発生条件はだいぶわかってきた。

生身で地雷原を行くキツさだったけど赤外線センサー起動の警報くらいに緩和されて、しかセンサーの向きが何となく読めるようになってきたような気がする。

でもなんかずっと息がしづらいし、心臓の動きが変。

昔話とか、よく「悲しみのあまり死んでしまいました」とか「王妃様が亡くなってから王様も後を追うように…」みたいなのあるイメージだけど、震災ときデータとかで、実際に心臓病(心筋症とか)の発作が起きてて死者も出てるっていうデータがあるんだってな。

強い悲しみが心臓を損傷するケースがあるというデータが。

後追いはしないけど、蘇りの儀式とかおまじないくらいは手を出すかもしれん。

でも、高齢病気も多くて、苦しい中最後までがんばってくれたってのに、それを呼び戻すってのもどうなの?とかもあるので、やっぱり何もやらないかもしれん。

呼び戻せたっていつかはお別れするんだ。

最悪俺が置いてく方になるかもしれないんだ。

バッキャロウできるかそんなこと。可哀想だろうが。

夏の晴れ渡った高い空が完全にトラウマだよこりゃ。雲ひとつないような抜けるほど晴天の今日は悲しいくらいにお別れ日和で。

いや今日じゃないけど。今日じゃないんだけど。

息がしづらい。心臓の動きが変だ。

泣くとちょっとだけ脈が整うんだ。気がつくとすぐ乱れてんだけどな。

人間が本気で全力で泣くと小学生がよく持ってる防犯ブザーよりでかい声が出るらしい。Apple Watchが教えてくれた。この騒音にずっと晒されていると耳がおかしくなるそうだ。

あんときは大変だった。泣く以外のことがマジでできなくて、息継ぎに失敗してそれでも泣くのがやめらんなくて、酸欠だか過呼吸だかで目眩起こして棚に寄りかかって、このままじゃ火葬の予約に遅刻するってのにそれでも泣くのがやめらんなくて。

いやまじつらすぎんだけど、ペット飼いみんなどうしてんのこれ?いったいどうやって凌いでんだよこれを。

でもじゃあ例えば、このお薬で綺麗さっぱり悲しみつらさが全部消えますよとか言われてもそんなの飲みたくないんだ。だって絶対他にもなんか消える薬じゃんそれ。

あのきれいな毛並みも匂いも消えて、食卓にメシたかりに来る時の真剣眼差しも寝息も寝言も消えて、エサの準備とかうんこの始末とかも消えて、今これ以上何か無くしても絶対いいことないじゃんこれ。

かと言ってじゃあどうしたいのか自分でもわからん

息がしづらい。心臓の動きがなんか変だ。

あいつをナデナデして一緒に昼寝でもすれば、すぐ治るのに。こんなの。

2023-08-24

ゲーム状態異常現実で受けてもいいもの睡眠だけ

・毒→イヤ

麻痺絶対イヤ

沈黙→イヤ

・暗闇→イヤ

睡眠OK

・石化→絶対イヤ

・混乱→すでに混乱している…

呪い→イヤ

・豚化→イヤ

・徐々に石化→一思いにやってくれ

・死の宣告→一思いにやってくれ

・蛙化→今流行りの蛙化現象?

・浮遊→高い所怖い


やっぱり睡眠だけはいいよね、寝る時に受けたい!

2023-08-12

[]8月11日

ご飯

朝:コーンフレーク。昼:ナポリタン。夜:豆腐えのきベーコンにんじんオクラ玉ねぎの鍋。たまごやき。間食:チョコ

調子

むきゅーはややー。お仕事は、おやすみー。

アーキタイプ・アーカディア

・はじめに

ケムコウォーターフェニックスコンビが送る文明崩壊した世界で何故か稼働し続けるVRMMORPG「アーキタイプ・アーカディア」を巡る、熱く燃える熱血ノベルゲーム

中人物達が遊ぶ「アーキタイプ・アーカディア」はゲームの設定が作り込まれていて、それを遊ぶ様がまず楽しい

そしてそんなゲームを遊ぶ日常がいつの間にか世界の命運を巡る壮大な物語に広がるんだけど、あくま個人の良いところもあれば悪いところもある生き様の格好良さで魅せる展開が多めの沸るシナリオ面白かった。

主人公のルスト、その妹クリスティンの二人っきりの旅から始まる物語が数多くの人を巻き込んでいきどんどん話が広がっていくのも群衆劇っぽくて好み。

インキャラ、サブキャラわず、どのキャラ重要役割があるを序盤から繰り返しやってくれるので、回想シーンやサブキャラの掘り下げが繰り返されるパートもダレずに楽しめた。

・「アーキタイプ・アーカディア」が面白そう

VRMMORPG「アーキタイプ・アーカディア」内の出来事物語の大半を占めているが、このゲームがよく考えられている。

ゲームログインすると、今までの人生で印象に残っている記憶カードが4枚入ったアルバムもらえる。

アルバムからカードを取り出して呪文を唱えると、その記憶媒体としたアバター召喚されるので、アバター同士で戦うPvP

アバターは人それぞれで、ごっこ遊び記憶から剣や銃や石といった直接攻撃系もいれば、愛し愛されの記憶から回復系、単純な乗り物の移動系、辛い出来事を耐え忍んだ防御系、複雑な事情能力からも伝わる状態異常系などなど、記憶出来事ゲームっぽさとが融合している。

他にも色々とルールはあるのだけど、記憶と共に戦うから戦闘を通じて対戦相手過去理解していくストーリーと密着したシステムになっている。

そのため、ゲームの中のバトルがそのままキャラクタの掘り下げになっていて、バトル描写が退屈しない。

お歌で戦うアバターから元アイドルなのかな? 縄のアバターで縛る子はSM好きか? など敵の記憶を予想しながら楽しく遊べた。

全員分の掘り下げがあるわけじゃないのが残念なところだが、主人公が持つ4枚の記憶カードについてはじっくりたっぷりストーリーが楽しめる。

他人記憶カード交換することもできて、そうするとその能力だけでなく記憶のものも受け取ることになるので、主人公だけでなく他のキャラクタ達の掘り下げも多い。

物語が進むと色々なシステムによってそれだけじゃない手段でも記憶カードの中の記憶を辿るストーリーが楽しめる。

・翔太が可愛すぎる

そんなカードのやり取りで記憶の一端が描かれるメインキャラの中でも一際惹かれたのが翔太。

見た目と表向きの態度は可愛い思いやりのある女の子記憶カードでは回復を使える優しい子なんだけど、VRMMORPGのキャラメイクシステムを使って女性を演じている22歳の青年男性

ネットゲーム用語でいう「姫プレイ」のような遊び方をしており、取り巻きを作り閉じた人間関係の中で悪循環を回している中々に攻めた設定だ。

他人依存し自立できない幼さがある癖に、すぐ調子に乗り増長する愚かさが愛らしい。

であることがバレるのを怖がっているが、性自認女性というわけではなく、あくま他人から都合よく愛されたいがために異性装している打算あるキャラ

とまあ嫌な視点ばかり書いてきたが、そんな人間の愚かさをある意味肯定的に、ある意味否定的に描く、人間人間であるだけで尊いそんな弱くて愚かだけど強くて可愛いキャラだった。

主人公やその他の男性キャラとそういう雰囲気になる展開こそないものの、22歳男性が自立できずに大人の男の人に依存して甘えた態度を取るのはエッチだった。

攻略対象として専用ルートも用意されており、男性キャラながらゲーム内の見た目が女性なのでヒロイン的なポジションとも言える。

なお「ぷぷぷー騙されてやんのー。残念! 男でしたー。おじさん男相手エロいことしようと思ってたのウケるんですけどー」な二次創作Pixiv投稿されていると予想したが一切されておらず涙した。

大人リゲルさんをはじめとしたサブキャラ達も良き

記憶カードの掘り下げこそないものの、他のサブキャラ達も魅力がいっぱい。

特に防衛隊隊長リゲルさんは出番こそ控え目ながら、相手カメラ撮影すると閉じ込める状態異常系のアバターと、竣敏な動きで攻撃する猫の攻撃アバターと、バイクの移動系アバターの三種類を同時に使いこなす屈指の強キャラだ。

アバターの同時併用は二つでも高等技術扱いなので三つでかつそれぞれの役割が被っていないのは強キャラの風格があった。

防衛隊なので物語の都合上どうしても負けシーンは多いが、彼ほどの実力者が負けることに毎回きちんと理由があるし、それが主人公の乗り越えるべき大きな壁になるので、主人公師匠キャラっぽさもあるリゲルさんは美味しいキャラだった。

他にも映画大好きなキャンディさん、翔太の取り巻きながら男を魅せる集落代表最後最後で良いところを持っていく奇妙な倫理観ローズ、肉体を使った「癒し」が得意なカーラのお母さんなどが印象的なキャラだった。

インキャラだけでなく彼らサブキャラたちの想いも乗った熱い展開が幾つもあるので、サブキャラ書き込み上長に感じず楽しめた。

・メインキャラとの思想ぶつかり合いバトルが面白

先に翔太という例外と魅力的なサブキャラ達の感想を書いてしまったが、この作品のメインは記憶カードをぶつけ合って戦う思想の殴り合いだ。

VRMMORPG「アーキタイプ・アーカディア」のシステムを利用した作戦や工夫のシーンも沢山ある。

この作戦を立てるシーンは楽しく、実際に何か3Dキャラを動かしたりステータスが変動する要素は一つも無いのに、このゲームを実際に攻略しているような気分になるのが面白い。

しかし、毎回色々、本当に色々あって、最終的には主人公ルイスが妹のクリスティンと遊んだ記憶カードと、章毎のメインキャラ達の思想のぶつかり合いが主題となる。

最強を目指して奪い取った様々な記憶カードに成り切り演じるリア、自身の犯した罪の意識から自死の願望が強いオリーブ恋人再起不能になったこから世界を憎むアレグロなど、様々な理由の「楽しい」以外の感情記憶対峙する。

これらを主人公ルイスはどのように破るのか、どの章でもここが見どころになってくる。

この思想バトル通じて得た仲間たちの輪がどんどん広がっていくのも良かった。

特にアレグロは表紙に映っているだけあって超重要キャラ対立が一度や二度じゃないのが、物語に深みが生まれていた。

主人公と表裏の関係にあるエピソードなんかもあり、名実共にもう1人の主人公だった。

彼らのエピソードはどれも単純な否定で終わらず、考え続けていくことで、作中でも後々には意見が変わることもあるのが、単純じゃ無さが伝わる難しい話だった。

良い/悪い、正義/悪のように一言で分類できないグラデーションのある多様な意見のぶつかり合いは読み応えがあった。

ゲーム楽しい

自己言及型のメタミステリのような物言いになるが、このゲーム主題を要約するとこれに尽きる「ゲーム楽しい」だ。

主人公ルイスが妹のクリスティンと遊んだゲーム記憶

これが物語最初から最後まで一貫して強く肯定される。

ゲーム楽しいシンプルな主張だが、多種多様な様々な状況においてもこの主張は繰り返される。

「悲しい時ほど遊ぶ」作中で何度も引用されるクリスティンの台詞

どのような意図なのかを細かに解体する必要もなく、遊んでいるプレイヤー自身もまたゲーム楽しいから遊んでいるのだから、この主張には納得しかない。

そんなメタ的な構造の話では終わらず、作中ではきちんと噛み砕いて説明してくれ、ゲームは殺し合いと違って次があること、次があるからこそ工夫をしたくなること、工夫するから技術進歩すること、終わったら勝っても負けても楽しいこと、誰かと時間を共有することの楽しさなどなど、ゲームの魅力をこれでもかと手を変え品を変えアピールしてくれる。

間違っても何度でもやり直せるように取り返しのつかないことだけはしない、そして自分相手も許す、ゲーム肯定することがいつの間にか人間肯定することになっているテーマ性の広がりが最高に決まっていた。

・さいごに

主人公の妹クリスティンが興したギルドで使われていた仲間の中だけで通じる内輪ネタ「ラスモス・ゾティーラ・トゥーラッカ」の意味オーラスオーラスで明らかになるんだけど、これこそが正にゲームだった。

ゲーム遊ぶことを肯定するどころか、ゲーム的でないもの否定するような強いメッセージ性のある強烈な作品でありつつも、そのような良い意味脱力する展開で、緊張がすごく解けてスタッフロールに迎えた。

ゲーム楽しい、そんな当たり前の感情を丁寧に解体して色々な部位で楽しませてれた。

僕もテキスト主体アドベンチャーゲームを一人で遊ぶのではなく、ステータスゲーム技術が求められる人と人との交流がある類のゲームを遊びたくなった。

2023-05-10

産後5年

女性状態異常だと思ったほうがいい。

その期間が過ぎたのか最近嫁が結婚直後くらいの様相に近づいた。

もちろんN=1なんだけど、そのくらいの覚悟相手しよう。

2023-05-07

本日シルバイオーを下し、気持ちのいいGW最終日を迎える

 

レベル:だいたい260~ぐらい。というかこの辺になると推奨レベルがさっぱり分からん

サポーター:330~ぐらい。手軽にレベル下げられる方法ないんか・・・

 

シルバイオーの細かい

昇天の光:麻痺ではなく沈黙だと思う。即死睡眠はあってる

絶対無敵シルバイオー:おおむね3ターンごとの使用。多分計4回攻撃した後だと使用してくるっぽい

純粋な光:絶対無敵シルバイオーの使用が後半戦になるとこれに代わる

 

面子役割

リーダー魔神降ろしを受けて嵐の叫び。というか血塗られた聖印強すぎて未だに使用

お姉ちゃん魔神降ろし係。確率復活する装備で運に頼る

番犬警備隊長。このころになると蘇生アイテムできつくなるのでいろいろ助かる。即死耐性つけるだけで昇天の光対策ができる

隊長参謀長自力状態異常直すのが本当に助かる

魔導の巨〇:後半戦の純粋な光対策係。純粋な光のターンに残り3人自由行動は助かる

マッスル:シルバイオーは勿論、純粋な光にもノーガードで耐えてくれた最高の牛。ゼラチナスシールドでぎりぎりだけど。

    後出し蘇生もやっていたが、なぜかたまに先制する。シルバイオーの素早さが分からない

ルフレエクレアに二回行動をひたすらかける

ハピ:低命中が多かったので回避優先主義ベルくんに代わるアイテム係。それでも結構落とされてた

女神様:まあボス戦には欠かせませんよね・・・

エクレア:これしか弱点ありませんので

ヒナヒナ:後方回復なのは勿論、体力の高さから前線でノーガードでも割と耐えてくれる。即死はやめてください

レナミザリーと迷ったが、素早さと回避的にこちらをとった。再行動チャンスもあるし。なので決してドロップの為ではありません

 

次点候補たち

プリシラ:これでどうしてもダメなら入れる予定だった。未知数

クウェウリ:同上

福ちゃん:遅さが致命的すぎる。ゴッドレイズ補正2000ぐらい欲しい

ウズシオーネ:水中での無双はうれしいが結局ノーガードで耐えてくれなかった

リントル:カリスマワルツは便利だったが枠がなく断念

 

MVP

あまつかみの櫛:またお世話になりました

2023-04-21

ドンブラちょー有名だったよね

展開が気になって、面白くてアマプラで全部見た

五色田介人とかギアとかで、関連性あるのでゼンカイジャーも気になったから、TFCC入って全話見た

ちょー面白

毎回違う名乗りとか、ほぼ必ず仲間が状態異常になるからしかった

キラメイジャーも全話見た

今は気に入った戦隊とか仮面ライダーちょこちょこ見てる

今まで映像作品見てなかったからこそ、子供向けのシンプル面白さが刺さるのかもしれない

2023-01-26

anond:20230126121049

恋人なら「実はなんか最近口のにおいを感じるようになったけど虫歯とか胃の調子が悪いとかそういうの検査してみない?」って聞くとか

本人が気にすることでワンチャン治るかもしれんし、ほんとに病気だったら治すに越したことはないし、「最近」って言うことで状態異常であってあなた臭いとは言ってませんよ感出るし

変わらなかったらまあ…ドンマイ

2022-11-25

anond:20221124174216

状態異常千種類を超え重複して発生し、正確な処方を行わないと治らないどころか悪化する

治ればまた戦場に返され瀕死になるか状態異常にかかるまで戦わせる軍医シミュレーターゲーム

2022-11-23

anond:20221122142637

ごめん、ストレートに君がポケモン下手なだけだよ。

RPGなんだから必要以上にレベルを上げて物理で殴るのは救済措置で、有利なポケモンで挑むのがセオリーでしょ。

ヤヤコマ進化してたしって1匹で何すんだよ。

あと絡め手を甘く見過ぎな。

能力上下は基本2/2から分母が分子ランクを足す。

状態異常だってやけどすれば物理ダメージ半減だから馬鹿になんねぇ。

小学生でもその程度考えるぞ?

体験がどうこうじゃなくてゲームシステムをもうちょっと考えてやれよ。

スマホゲーム馬鹿にしてるソーシャルゲー無でも今日日そこまで思考停止できねぇぞ。

2022-10-22

anond:20221022151347

「ん?なんだありゃ?」

街に向かう途中、上空に大きな魔法陣が浮かび上がった。

まさか転移魔方陣か?」

俺の予想通り、そこから魔王軍が現れた。

やれやれ、めんどくさいな」

俺は魔法を唱えた。

アイテム創造

俺の指先からまばゆい光が放たれるが、魔王軍のモンスターにはなぜか効果がなかった。

「あれ?おかしいな、ちゃんと発動したはずなのに」

「ギャハハッ!!愚かな人間め!!」

俺が困惑していると、魔王軍が襲いかかってきた。

ステータスオープン

俺は敵の能力確認した。

名前ガーゴイル199号

職業魔王軍兵

レベル99

体力:2000/2000

魔力:3000/5000

攻撃力:500

防御力:600

素早さ:600

幸運:100

スキル物理攻撃無効状態異常無効

称号魔法生物

「なるほど、『状態異常無効』の力か」

「その通り、俺たちにはどんな毒や麻痺も効かないぜ!」

「ふーん、大したことないな」

スキル創造』『雷神召喚

俺の指先からまばゆい光が放たれたと思うと、空に巨大な龍が出現した。

「グオオオッ」

「ひいっ!?

「さすがは魔王軍の兵士、でも俺の大好きなドラゴンの餌になってもらうぞ」

ドッカーン!!!

「ギィヤアアッ」

「ギャーッ!!」

バリバリッ!! 龍は口から強力な電撃を放ち、魔王軍と街を焼き払った。

「ふう、片付いたか

俺はため息をついた。

「敵が弱すぎてつまらないな。俺より強い敵と戦うのも嫌だけど」

俺は再び歩き出した。

弱者男性異世界転生チートハーレム冒険

俺の名前増田太郎30歳無職童貞のどこにでもいる弱者男性だ。

そんな俺だがある日突然異世界転生してしまったのだ。

ああ、転生神との会話とかは省略させてくれ。だってみんな興味ないだろ?

どうせテンプレ通りだしな。

さて、異世界転生してすぐに気づいたことなんだがこの世界には魔法存在するらしい。

「ふむ、まずはこの世界の事を知るためにも情報収集必要だよな」

俺はそう考えて例のスキルを発動させることにした。

ステータスオープン!」

名前増田太郎

職業弱者男性

レベル1

体力:9999/9999

魔力:9999/9999

攻撃力:9999

防御力:9999

素早さ:9999

幸運:9999

スキル魔法攻撃無効物理攻撃無効状態異常無効不老不死蘇生、鑑定、アイテムボックス言語理解スキル創造スキル削除

称号:転生者、低学歴馬鹿愚か者コミュ障ヒキニートオナニストマザコンファザコン童貞、クソ野郎ゲス卑怯

…….うん。

もう何も言うまい

とにかくまずは情報を集めよう。

「すみませ~ん」

俺は門番兵士に話しかけることにした。

はいなんでしょう?」

「ここはどこですか?」

「あら、旅人さんかしら?ここはアステリア王国ですよ」

へぇそうなんですかぁ」

「ええ、それであなたはどちらから来られたのですか?」

日本ですけど」

「ニホン!?それはどこにある国なのですか?」

地球っていう星にありますね」

「チキュウ……聞いたことがないわねぇ。でもここより東の方角の国なんですよね?」

「まあ多分そうですね」

「それならおそらく他国から旅人さんだと思うのですが身分証をお持ちでしょうか?」

「いえ持ってません」

「では申し訳ありませんが通行料として銀貨3枚いただけますか?」

「わかりました」

お金を払うと門番兵士は俺の通行を許可した。

ありがとうございました」

街に入った俺は早速ギルドに向かう事にした。

冒険者ギルドはっと……」

しばらく歩くと看板を見つけた。

「あったあったここかな?」

扉を開けると中からは屈強な男たちの話し声が聞こえてきた。

「おい見ろよあのヒョロガリの男。いかにも弱そうだぞw」

早速、テンプレ展開が起きたよ。

絡んできたこいつらを俺がワンパンKOすればいいんだろ?

簡単だぜ。

しかしその時だった。

「お待ちなさい」

受付嬢のお姉さんが現れた。

「ここが誰でも受け入れる冒険者ギルドからって、あなたのような弱そうな人は来る場所じゃないわ!

ほぉう、なかなか挑発的な女じゃないか

よし決めた。こいつは殴る。

「うるせぇ黙れブス!」

俺はそう言って女の顔を殴った。

「ぶべっ」

バキッ!!

軽く殴っただけなのにその女はグチャグチャに潰れてミンチになって死んだ。

周りにいた奴らも唖然としているようだ。

そりゃそうだろうな。だっていきなり人が肉塊になったわけだし。

でもまあこれで絡まれることもなくなるだろう。

「おいお前!よくも仲間を殺してくれたな!!」

あれ?なんか一人怒ってるみたいだけど大丈夫だよな?ただのテンプレ展開だもんな?

覚悟しろ雑魚野郎がッ!!!

男は剣を振りかざして襲いかかってきた。

死ねええええええええええええ!!!

バキンッ!と音が鳴り響き男の剣は粉々に砕け散った。

「ば、馬鹿なッ!?

俺は拳を構え男に向かって言った。

「かかってこいよ雑魚

くそおおおっ!!!

ドガッ! ボコッ! ベキィッ! ブシャァアッ!!

「ぎぃやあああっ!」

男が悲鳴をあげて倒れこむ。

全身がぐちゃぐちゃでもう原形をとどめていない。

「ひいっ」

それを見ていた周りの冒険者たちが怯えている。

「さあて次は誰だい?」

「す、すいませんでしたぁあああっ!!」

俺の言葉を聞いた瞬間、全員が一目散に逃げていった。

「逃げても無駄だぞ」

スキル創造』『メタモルフォーゼ

俺の指先からまばゆい光が放たれると、逃げていったチンピラ冒険者達の姿がモンスターに変わっていった。

「ギャアアアッ!」

「ギイイッ」

「ヒィイイッ!?

ゴブリン、オーク、オーガミノタウロス、様々な魔物たちに次々に姿を変えていく。

「よし、街の人間を皆殺しにしろ

俺はそう命令すると、街を破壊し始めた。

それから時間後、街にはもう生きている人間は俺しかいなかった。

「さすがに疲れたな」

俺はスキルを発動させた。

スキル創造

俺はスキル創造した。

疲労回復

これはその名の通り、体力を回復するスキルである

「ふう、スッキリしたぜ」

俺はギルドに残されていた金貨宝石類をアイテムボックス収納し、その場をあとにした。

2022-10-17

勇者パーティ追放された勇者~最強職『弱者男性』に転職し無敵になる。後悔してももう遅い~

あらすじ

俺の名前増田太郎28歳。

勇者パーティリーダーだった俺はある日突然、仲間に裏切られ追放されてしまった。

どうしても許せなかった俺はブクマカに魂を売り最強職『弱者男性』に転職し、仲間たちに復讐することを決意するのであった。

――――――

「タロウ!お前を勇者パーティから追放する!」

魔王討伐の旅の途中、突如として剣士ユウスケがそんなことを言い出した。

「なっ……!?

俺は驚きで言葉を失う。

「ど、どうしてだよユウスケ!俺たちは今まで一緒にやってきたじゃないか!それなのにいきなり……」

「うるさい!もううんざりなんだよ!」

俺の言葉にユウスケは怒鳴って返す。

毎日毎日、女の人生イージーモードだの女は産む機械だの! いい加減ウンザリしてたんだ!だからてめえとはここでおさらばだぜ!」

そう言って彼は俺の仲間である僧侶ユイコ、魔法使いマイコの方を見る。

「ほら二人とも行こうぜ」

「わかったわ」「はい

二人はうなずき、ユウスケについて行く。

「ま、待ってくれよみんな!置いていかないでくれ!」

俺は慌てて三人を追いかける。

しかし――

「来るんじゃねえこクズ野郎!!」

ユウスケは立ち止まり叫ぶと、剣を抜き放ち振りかぶった。

そしてそのまま剣を振り下ろす。

「ぐあああっ!!」

剣によって切り裂かれた腹部から血が流れる

痛みに耐えきれず地面に倒れこむ。

「ふん、これに懲りたら二度と俺たちに関わるなよ?じゃあなクソ雑魚

ユウスケは笑いながら去って行った。

「……くそっ!」

俺は歯噛みしながら地面を殴りつける。

しかった。悲しかった。

せっかくここまで来たというのにこんな終わり方なんてあんまりではないか

ちくしょう……なんでこうなったんだ?」

なぜ俺はこんな目に合わなければならないのか。

もしかして俺が完璧すぎるせいで嫉妬されたのか?」

そうだきっとそうに違いない。

まりスペックが高い人間には嫉妬が集まってしまものだ。

そのせいでこんな仕打ちを受けることになったのだ。

ここのところ毎日夕食の時間に、「女は産む機械資源として男に平等にあてがうべきである」と持論を聞かせていたのだが、

ユウスケのやつは決まって顔を真っ赤にして「いい加減にしろ!」と怒鳴っていた。

恐らく俺の完璧すぎる理論を聞いて俺の知性に嫉妬したのだろう。

全く困ったものだと思う。

俺としてはただ事実を述べているだけなのだが……。

ちくしょう……。このまま死んでたまるか」

すると――

『力がほしいか?』

突然誰かに声をかけられた。顔を上げるとそこには謎の人物が立っていた。

「誰だお前は?」

いかけると謎の人物は答えた。

『私はお前たちの言うブクマカのような存在だ』

ブクマカだと?」

胡散臭い話だと思った。

しかし今は藁にもすがりたい気持ちなので聞いてみることにする。

「それでブクマカが俺に何の用なんだ?」

『お前の願いを叶えに来た』

「俺の願い……」

願うことなど一つしかない。

あいつらに復讐したい。力をよこせ」

俺がそういうと謎の人物は笑みを浮かべた。

『ふっ、いいだろう。ならばお前を最強職である弱者男性に生まれ変わらせてやる!』

そう言った瞬間、俺の身体から黒いオーラのようなものが出て、それが俺の全身を覆う。

『対価はお前の人生のものだ』

そして俺の意識は闇に落ちていった―――

「ん……」

目が覚める。どうやら眠ってしまったようだ。

「傷がふさがってる!?

腹部を見ると、あれほど深かったはずの傷が綺麗さっぱり消えている。

ステータスオープン!」

俺は自分能力確認する。

------

名前増田太郎

職業弱者男性

レベル:9999

体力:9999/9999

魔力 :9999/9999

攻撃力:9999

防御力:9999

敏捷性:9999

魔力:9999

運 :9999

スキル魔法攻撃無効物理攻撃無効状態異常無効不老不死蘇生、完全鑑定、アイテムボックス言語理解経験値10倍、必要経験値1/1000、無限レベルアップ、成長限界突破自動回復、全属性魔法適正、転移魔法収納空間作成、無詠唱、多重思考、並列行動、神速移動、未来予知、超高速再生、透明化、空中浮遊、探知、時間停止、因果律操作、時空跳躍、創造魔法 ---

これはすごいな!」

わず声を上げてしまう。

「これならあのゴミどもに勝てる!」

喜びのあまり踊りだしてしまいそうだ。「よし!まずはあいつらの居場所を探るぞ」

俺は探知系のスキルを発動する。

「見つけた!こっちだ!」

俺が指差すと、そこにゲートが出現する。

「この中に入れば奴らの元へ行けるはずだ」

俺は躊躇なくゲートの中へ飛び込む。

「ここが勇者パーティがいる場所なのか?」

ゲートから出た先はどこかの屋敷だった。

辺りを見渡すが人の姿はない。

「仕方ない。探すか」

俺は屋敷内を探し回る。

「お、いたな」

廊下で三人を見つける。

「おい!よくも俺を裏切ったな!」

俺はユウスケたちに向かって叫ぶ。

「ああ?なんだよてめえは?」

「ふざけるな!お前らが追放した元リーダー増田太郎だよ!」

「はぁ?なに寝ぼけたこと言ってんだてめえは?」

ユウスケは馬鹿にしたように笑う。

「お前らこそ何を言っているんだ?」

俺は首を傾げる。

「俺を追放したのはお前らだろ?」

「はあ?」

「忘れたとは言わせないぜ」

「いや知らんよ。誰だよタロウって?」

ユウスケたちは本当に知らないという表情をしている。

どういうことだ?なぜ俺のことが分からないんだ……

「そんなはずは……」

そこでふと思い出す。

『対価はお前の人生のものだ』

ブクマカが言っていた言葉

まさか……。

2022-08-01

anond:20220801170829

病気中傷ではなく、脳の物質分泌の状態異常)っぽいね

病院行けば楽になるかも そういう薬あるから処方されたの飲みつつ落ち着いてきたら量減らす感じで

2022-07-28

anond:20220728204157

ピンピンコロリならいいけど状態異常を山程抱えてなかなか死ねなかったりするから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん