「百姓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 百姓とは

2018-07-16

anond:20180716000638

寺や神社は、もともと安全で良い場所に建ててあるし、宗教法人で無税なのだから、こんなときに民百姓を受け入れてほしいものだ。

2018-07-09

大企業正社員以外は労働者じゃない

労働者待遇改善とか、ベースアップなんてのは、大企業正社員のためのもん。

はっきりと言ってしまえば、工場作業員なんか人じゃない。

ゆえに、労働者じゃない。

労働者ってのは、特権階級名前

胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るって名言知ってる?

どうやって絞るかを考える立場人間現代では労働者っていうの。

どこの下請けを使って、下請けが死なない程度に安く買い叩くかを考える仕事

から晩までメールに返事して、1日が終わり。

労働者労働者なりに頑張ってるんだよ。

労働組合組織して、自分たち待遇改善したりもね。

かわいそうなのは百姓あらため、奴隷たち。

高卒とか、Fランク大学、それと転職組。

1番底辺は、工場作業員とか、コンビニ店員とか、居酒屋店員とか。

バイト大学生は、働いてる社員をみて

「こんな大人になってたまるか」

馬鹿にしてるよ。

2018-07-02

昭和30年代の見合い

80代なかばのウチの両親が見合い婚だということは子どもの頃から聞いていた。むかしのお見合いといえば釣書が行き交って、堅苦しい席が設けられてみたいなイメージがあって、ウチの親もそういうのだったんだろうと思っていた。仲人の婆さんが90代でまだ生きているのだけれど、どうせ頼まれ仲人なんだろうと思っていた。ところが意外にもそうではなかったということがわかったんで、忘れんうちに書いておく。昨日、親に頼まれてその家に届け物に行ったとき、婆さんが話してくれた。なお、場所大阪近郊の住宅地だが、当時はかなり田舎だったはず。

婆さんは、当時30歳ぐらいで、市場入口近くで小さな店を出していた。店にはいろんな人が来る。その地域ではヨソモノだったウチの母親や、その母親も出入りしていた(たぶん手芸関係の店だったように思うが、ここはきちんと聞いていない)。そして、地元百姓だったウチの父親母親も出入りしていた。

その頃、ウチの父親は、見合いを数十回繰り返し、全部破談になっていた。気に入った娘がいないというのが理由だ。その近在の年頃の娘は、だいたい総当りしてたんじゃなかろうか。なんでそんなワガママが通っていたのか知らない。末っ子から甘やかされてたんだろうか。

そんな愚痴を、父親母親は店に来てこぼしたらしい。そこで店番をしていた彼女は、やがてウチの母親となる若い娘を思い出したらしい。そういう人がいるが、どうか?

仕組まれ見合いというのは、こうだ。花婿候補になんのかんのと口実をつくって、その店まで来させる。何か用事をつくって、店先に座らせておく。そこに花嫁候補が通りかかる。こっちの方は、事情を知らされている。それでどんな男なのかを見てもらい、OKが出たところで紹介する。そういう手はずだったらしい。

で、実際にそれでうまくいって、その後は二人で難波かどっかに出かけて、トントン拍子に縁談は進んだ。仲人夫婦はまだ30そこそこで若いから、なにをどうやっていいのかわからない。結婚式はずいぶんとたいへんだったらしい。


イメージにあった古臭いお見合いとは、まったくちがっていた。そういえばたしかに、戦争が終わってしばらくの間は、「もう古いものはたくさんだ、これから時代若い人がつくっていく」という新鮮な空気があったとも聞く。それがいつの間にか変質していったのはなぜだったんだろう?

ま、おもしろい話を聞いた。

2018-06-18

麦茶ご飯

小学生の時から白いご飯麦茶かけて食べるのが好きだったけど、母親に見られてぶん殴られたことがあってから封印していた。

そして先日、やよい軒冷汁なる冷たいご飯合法的に食べれることを知り早速食した。

美味い。

冷たいご飯に何かぶっかけるのは、そんなに悪いことではないんだ。

そう思って白いご飯麦茶でぐぐってみたら冷たいお茶漬けとしてレシピが幾つか出てきた。

母親は70歳位だが、その年代の人の中では白飯に何かかけて食うのはお百姓さんに失礼という教えがあるのだろうか。

母親あんなに怒ったのはあれが最初最後だったな。

2018-06-10

anond:20180610075334

欧米サービスが悪い

周りに居ませんか?

欧米サービスが悪い」とか「日本サービス世界一素晴らしい」とか言ってるバカ

これって日本人の典型的勘違いなんですよ。

 

日本身分上下を付けて、身分下の人に偉そうに威張るのが好きな国民なんですね。

実に野蛮です。

 

 

やい、百姓!!

 

土下座せい!!

 

 

日本では、偉そうに威張るのが快感なんですから接客業相手には威張っても良いという風習が最高のサービスなんです。

 

先進国では、接客業だろうが乞食だろうが大会社重役だろうが同じように一個の人間として人権尊重されてます

大会社重役も、言葉不自由中国人ウエイトレス会社上司に接するのと同じ態度で接します。

これは素晴らしい事です。

でも日本人は、接客業のくせに客を威張らせないとはけしからん!最低のサービスだ!と怒るわけです。

本当に民度が低いですね。

 

日本サービス世界一素晴らしい」と聞いて、そのまま鵜呑みに信じてしまい、

欧米の話になると、「日本サービス世界一素晴らしい」と言わないでは居られない人ってのも多いんですよね日本は。

自分外国の事はちょっと知ってる」と思いたくて、聞いたような話を吹いちゃうんですね。

 

この記事読んだ人も、読まなかった事にして、明日にはまた「欧米サービスが悪い」、「日本サービス世界一素晴らしい」って平気で言い続けるんですよねー。あー恐ろしい。

 

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-118.html

2018-06-05

良い年をして小学生のようないじめ、というか嫌がらせ、いたずらのようなことをして

喜ぶ情けない大人がいることはそれほど予想外のことではなかったけど、

昨今はさらに加えて自分がそういう幼稚なことをやっていると堂々と宣言してきたり

こっそりやっているのがバレても醜態晒したというふうもなくぬけぬけと

「どうだ思い知ったろう」という顔をしてきたりする輩を目にすることがあるので驚きを隠せない。

それもいかにも学のない田舎百姓という風体でもない、大学を出てネクタイを締めた

4050の企業人のようなのが堂々とそういうことをやる。

これは一体如何したものかと思う。

事実小説より奇なりなどというレヴェルではない日本社会崩壊を感じる。

この国は小学生が動かしている国なのか。

2018-05-23

anond:20180523022649

欧米サービスが悪い

周りに居ませんか?

欧米サービスが悪い」とか「日本サービス世界一素晴らしい」とか言ってるバカ

これって日本人の典型的勘違いなんですよ。

 

日本身分上下を付けて、身分下の人に偉そうに威張るのが好きな国民なんですね。

実に野蛮です。

 

やい、百姓!!

土下座せい!!

 

日本では、偉そうに威張るのが快感なんですから接客業相手には威張っても良いという風習が最高のサービスなんです。

 

先進国では、接客業だろうが乞食だろうが大会社重役だろうが同じように一個の人間として人権尊重されてます

大会社重役も、言葉不自由中国人ウエイトレス会社上司に接するのと同じ態度で接します。

これは素晴らしい事です。

でも日本人は、接客業のくせに客を威張らせないとはけしからん!最低のサービスだ!と怒るわけです。

本当に民度が低いですね。

 

日本サービス世界一素晴らしい」と聞いて、そのまま鵜呑みに信じてしまい、

欧米の話になると、「日本サービス世界一素晴らしい」と言わないでは居られない人ってのも多いんですよね日本は。

自分外国の事はちょっと知ってる」と思いたくて、聞いたような話を吹いちゃうんですね。

 

この記事読んだ人も、読まなかった事にして、明日にはまた「欧米サービスが悪い」、「日本サービス世界一素晴らしい」って平気で言い続けるんですよねー。あー恐ろしい。

 

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-118.html

2018-05-18

anond:20180517162500

単純な戦闘であれば、戦闘員と非戦闘員との間での損害割合戦闘員1に対して非戦闘24という統計はあるよ。侍1:百姓24だ。

だがこの質問場合にも当てはめることができるかどうかは微妙だ。

そもそも農民」と「侍」は不可分である

封建制社会とは、土地権利媒介にした支配体制のことだ。土地を持った存在支配者とその支持者である

村落は年貢だけでなく兵士の供出義務も負っている。つまり戦闘員とは普段農民である

さら戦闘がどのような状況で起きるのかによっても損害は違う。

外部からの援助が期待できるなら、戦闘せずに守りを固めればいいので戦闘は起こらない。よって被害もない。

援助が期待できない側はどうしても決戦に持ち込みたくなるだろうが、相手が守っている以上攻撃側の被害は大きくなる。

戦闘を行う当事者はどんな戦力を持っていてどれだけの戦力をどれだけの期間投入できるか?援助は得られるのか?といった、戦闘の外にある「政治」が問題になる。

一揆はそれなりに楽しかったという言い伝え

現在90歳後半の曾祖母小学生の頃、江戸時代に生まれたかなり年寄りの親戚のおじさんが実家に同居していたらしいのだが、そのおじさんが若い頃に一揆に参加させられたらしい。鍬を持ってわーわー叫んだとか。なんとなく楽しかったらしい。百姓の人数が多いので、そんな簡単役人攻撃してこなかったとの言い伝え

2018-05-17

anond:20180517164331

そりゃ分かってるよ。百姓国家転覆狙うわけじゃないからな。

ただ、体制側が「譲歩などせん!首謀者は処刑年貢も今まで通り!」みたいな強硬派だった場合(あまり無いだろうが)に激突したらっていう仮定の話をしてんねん。

一揆体制側に勝つには何倍の戦力が必要か?

剣道三倍段と言うが、槍や薙刀を持つ相手に剣で挑む場合には3倍の段が必要というのは誰でも知っていると思う(本当にそうなのか知らんが)。

一方、昔ファミコンで「いっき」という百姓一揆テーマにしたゲームがあり、1人の百姓操作して体制領主)側に蜂起して進んでいくというものだ。

あの時は「1人で一揆なんで無理」と思ってプレイしたものだが、

最近ふと感じたのは、

「実際の江戸時代一揆では、刀で武装した武士集団に桑や鎌で挑む百姓は、何倍いれば勝てたのだろうか?」

というものだ。

もちろん、体制側は戦う前に分断工作や懐柔策をするだろうし、戦ったとしても弓矢もある上に軍師のような存在もあるため、正面から全面攻撃し合う事はないんだが、仮にマトモにぶつかりあったらどうだったんだろう?


=====追記 2018/05/18 =====

皆さん、ブコメ含めて色々意見ありがとう

というわけで、まとめてみた。

まず、

等の前提の話もあるが、オレとしては「仮にマトモにぶつかれば」という仮定に基づいた話なので、これらは省かせてもらう事にした。

一方、質問意図通り全面戦争になった場合には以下の要因によって戦況が変わるという。

  • 装備以上に騎馬のような機動力通信手段が違うので、話にならない
  • 武器で言えば、鎌を浴びせたり猟銃を使ったりと”飛び道具”が使えれば結構イケるかも
  • 双方の士気にも左右される
  • 体制側が混乱していれば案外簡単に落とせることも

なお、以下のような参考意見も頂いたので、この後は自分で調べてみたいと思った。

2018-05-11

anond:20180511012256

戦国時代の頃、「百姓農民」じゃなくて、庶民の様々な階層職種を「百姓」と呼んだだけであって

書状を見ると、秀吉は、読み書きが必須だった階層出身で、それなりに学力があったんじゃないか

まあ、いわゆる、「庶民」には間違いないだろうけど

2018-05-10

農業だるい」に同意できる人は人間関係がうまくいく人だけ

ミカンの木についた虫を爪楊枝で潰す仕事だって、嫌な上司に頭を下げるより全然楽しい

野良仕事も、百姓仕事も、最高に楽しいだろ。

面倒くさいとか言った農家は全員、農地よこせや。

2018-05-04

食べ物は残していい

食べ物は残していい

食べ物は残していい

食べ物は残していい

全ての「動植物やお百姓さんに感謝教徒呪いあれ

全ての「給食完食するまで残す」教師に災いあれ

食べ物は残していいのだ

2018-04-26

上梓の読み方をすぐ忘れる

読み方を忘れるので「うえ」変換「あずさ」変換としている

素直に百姓読みすると「じょうしん」になってしまうのでやっぱり間違いそう

いい覚え方ないかなぁ

2018-03-20

anond:20180320083608

百姓」を「ひゃくしょう」と読むのが「百姓読み」。

「ひゃくせい」が本来の読み方。

百姓差別用語なので使ってはいけない

憧憬をどうけいって読んだり、撹乱をかくらんって読んだりすることを

百姓読み」って言うんだけどさ

めくら撃ち」が制限されたように、百姓読みもダメになると思うんだよね

じゃあ、なんて言い換えるべきなのかな?

2018-03-05

anond:20180305204754

代官さま、百姓と油は絞れば絞るほど出るといいますから

あっ一揆徳政令が来

2018-02-27

地方で残ってんのはもはや地主層みたいなとこだけだろ

そこがヤンキーやってるから幸せウンヌン言えるけど

世代前に都会に出てきた水飲み百姓系都会の団地ヤンキーとかはお察しだろ

2018-02-18

慶雲応輝、皇階授木

聖人南面而聴天下、嚮明而治

大亨以正、天之道也

百姓昭明、協和万邦

2018-02-13

結局死ぬ

楽に生きてはいかんのか。

戦争飢饉、疫病に怯える必要がない現代日本

自分寝床から合衆国大統領に対してリプライを送れる現代テクノロジー

百姓生活を見て悲惨だと言うが社畜生活悲惨ではないだろうか。

天下統一を成し遂げても、オリンピック金メダルを取っても、死んでしまうことは避けられない。

楽に生きてはいかんのか。

2018-01-22

妻が前世探しにハマりだしてもう限界

少し前に前世平安時代のお坊さんだったという人がTwitter話題になっていた。

自分は、まあよく練られた創作だと思って読んでいたが、面白かったのはたしかだ。なので、夫婦食事しているときに、つい「Twitter前世がお坊さんの人がバズってたけど、あの人の前世は誰なんだろうねえ」という話をしてしまった。

自分歴史好きだったので、一種知的ゲームをしているつもりだった。だが、それがまずかった。

それ以来、妻が取り憑かれたように前世について調べだして夫婦生活に大きな影響を及ぼしつつある。

妻が勝手ネットで調べている分にはもちろん害はないのだが、私が外出中も平安時代のお坊さんだった人の最新情報(↓のURLのような)をLINEで送ってきたりして、いちいち反応するのも面倒になってきたのだ。

http://magurojuice.blog.shinobi.jp/Entry/19/

http://www.yuiaochang.com/entry/2018/01/19/011317

https://galapgs.com/life/jinsei/zensei-heianjidai/

https://togetter.com/li/1191876

この手のものはまだ「面白い」とでも返事すればいい。だが、それにはとどまらず、ググって得たオカルト臭い知識前世記憶を思い出す方法みたいな)を私にも強要しようとしたり、「これは電波だろう」というようなURLを外出中でもLINEで送ってきて感想を求められるようになった。

↓のような電波ガチ勢にはどう反応していいかわらかない。こんなURLLINEで送られてきたらどう返事するのがいいのだろう。

http://tocana.jp/2016/02/post_8742_entry.html

https://www.arealme.com/lastlife/ja/

https://inoue.myearth.jp/past-life-memory/

ここ数日、家の中ではずっと前世の話をさせられていて、ほとほと限界が来ていたので、昨日「私の前世・・・」と妻が言いかけたとき、つい「日本人なんてほとんどが農民なんだからきっと名も無き百姓だよ。サラリーマンから水呑百姓だよ」と言ってしまった。

それ以来、妻が超絶不機嫌になってしまい、いちいち突っかかってくるようになった。なんでこんな目に遭わなきゃいけないのかたいへん理不尽な思いだ。「うーん、キミは美人から小野小町細川ガラシャかな?」とでも言ってやればよかったのだろうか。

女って本当に面倒くさいな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん