「原則」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原則とは

2018-05-27

slack相手イライラさせずスムーズコミュニケーションを取るための10原則

を教えてください:innocent:

[]高プロ委員会可決されたので、労働者派遣法歴史を振り返るよ(2)

承前

https://anond.hatelabo.jp/20180527035719

国会ウォッチャーです。

今回は1999年派遣法の対象業務原則自由化について、政府がどういう説明をしてきたのか振り返ります。ちなみにこの時の質疑でも、ILO条約批准のために、労働者派遣対象業務自由化必要だというような事を言っているのですが、共産党ILO質問したら、別にそんな事をは要求していないという返事が来たとかいう去年どっかでみたような流れが。

1998年3月伊吹文明説明

 質問者は、前なんとかさんに、ルーピーからつの間にかしれっと評論家クラスチェンジして好き放題言っている松井孝治選挙区を譲れと言われて、ブチ切れて無所属から出て落選後、引退した笹野貞子

笹野

「(略)

 そして、私が一番大臣にお聞きいたしたいのは、この間大臣と久しくお話をさせていただいたときに、大臣終身雇用はいい、日本にとって終身雇用制というのは本当にいい制度

だと盛んに力説したのを見て、私は正直言いますと、あれっというふうに思いました。そのあれっというのは悪い意味ではありません。やっぱり大臣っていい人なんだなと、こういうふうに思ったわけです。

 この今の競争原理とかそういうのを推し進めていきますと、例えば労働基準法改正なんかを見ますと、大臣終身雇用はいいというその考え方と裏腹の方向に行くんじゃないかというふうに思いますので、まず第一大臣終身雇用制をこの流れの中でどのようにお考えか、お聞きしたいと思います。」

伊吹

「(どうでもいい事をだらだらと言っているの略)

一番大切なことは、やはりこの日本人の立派さ、自助自立の気概と、そして産業に対する帰属意識というんでしょうか、権利だけを主張せずにきっちり義務果たしていく性格というんでしょうか、そういう日本人をつくる教育をつくっていけば私は終身雇用制というのは守れると思いますし、また、そういうふうな形で守っていかねばならないと思っているんです。(因果関係意味わからんけど)

 ところが一方で、豊かになって、先ほどもいろいろな御質問がありましたが、子供を産み育てながら保育園子供さんを連れていった後少し働きたいとか、あるいは子育てが終わった後また働きたいとか、いろいろな働き方の選択が豊かさゆえに出てきているということも確かにあるんです。それにこたえるのは、私は派遣職員とかパートという形態だろうと思うんです。今おっしゃっている労働基準法裁量労働制とかあるいはまた変形労働時間制度とか、こういうものあくま終身雇用制の枠の中の話でございますから、その枠の中の話として労働時間管理を働く人たちにゆだねるということなのであって、それは終身雇用制を破壊するという先生問題提起の仕方については、私は率直に言ってやや奇異な感じを受けました。

 終身雇用制の枠の中で労働時間管理をゆだねていく、もしこれをだめだと言いまして、そして日本人の資質だんだん自助自立の気概権利だけの主張で義務を果たさないということになってきますと、企業は多分終身雇用制をやめて、そして裁量労働制じゃなくて派遣職員型の形をとってくると思います。すべてがそういう形になるということは私は余り感心したことじゃないと思いますので、その点はぜひ御理解いただきたいと思っております。」

教育族らしい頭のおかしさはあるものの、表面上は、派遣あくま自由な働き方の1形態であり、その対象業務を拡大しても終身雇用は崩れない、あくまニーズがあるから拡大するんだ、というつ最近加藤勝信から伺ったのとそっくりな事をおっしゃる伊吹文明。その後どうなったのかはご存知の通り。

1999年甘利明らの説明対象業務の拡大をしても派遣労働者はそれほど増えない、製造業に拡大するつもりはない」

 質疑者、石橋大吉情報労連石橋通宏参議院議員父親世襲労組候補というちょっとめずらしい例ですね。なお石橋さんは、参院厚労委員会では一番期待できる論客と思っているわらし。

石橋

「略)連合など労働組合側が非常に心配をしているように、派遣労働が常用雇用代替となり、いたずらに拡大しないようにするための最大のかぎは、派遣受け入れ期間の制限果たして実効性があるのかどうか、これが一番大きな問題ではないか、私はこう思っているわけであります

(略)

 そして、具体的に、改正法案では、この第四十条の二第一項ですが、派遣先はその事業所ごとに同一業務について一年を超えて派遣を受け入れてはならない、こういうふうになっておりまして、問題は、果たしてこれが現実実効性があるかどうかが問題になるわけであります

 このことに関連して、まとめて三つほど聞いておきたいと思うのですが、まず第一点は、一年の受け入れ期間を超えて派遣労働者を用いた場合派遣先に対する制裁をどうするか、こういう問題であります

 改正法案では、制裁としては企業公表などの措置が予定をされているわけですが、しかし、派遣期間を限定する法制において、派遣期間を超えた場合にはユーザー企業である派遣先への雇い入れを強制される制度をとっている国、例えばドイツフランスもそうだったと思いますが、そういう国々が結構多いわけであります我が国においてもそういう制度を導入することはできないのかどうか、これが一つ。

 二つ目は、改正法案では、同一事業所の同一業務について一年を超えてはならない、こう規定しているわけですが、問題は、同一業務をどのように当事者及び監督官庁特定認識をするか、こういう問題があります。従来の適用対象業務という枠と違って、ネガティブリスト方式のもとでは企業ごとに多種多様業務指定がされる可能性があり、また業務境界線あいまいとなるものと考えられるわけであります。この点も厳格にきちんとされなければ一年間の期間制限も全く無意味ものになってしまう、こういう問題があると思うのです。この点をどう考えるか。

 三つ目の問題は、派遣受け入れが終了した時点からどの程度のインターバルクーリング期間を置けば同一業務についての派遣を受け入れることも可能となるのかなどが重要問題となると思います期間限定実効性が担保されるような基準を設ける必要があると思いますが、この点についてどういうふうに考えておられるか、承りたいと思います

渡邊政府委員 

「まず、一年を超えて派遣労働者を使用した、その場合のいわゆる義務化の問題でございます。確かに、諸外国の例には、派遣期間を超えて継続してこれを使用するといった場合には雇用契約が成立したものとみなすといったふうな規定を設けておる例が見られます我が国雇用に関する法制を見ますと、(略)事業主が広く有していると解されております営業自由採用自由を含め営業自由、こういったもの保障との関係でかなり大きな問題があるのではないかというふうに考えておりまして、現行では、雇用についての努力義務を課するというところがぎりぎりのところではないかというふうに考えているところであります

 また、同一の業務範囲の確定の問題でございます

 改正法案におきましては、同一の業務について継続して派遣労働者を受け入れてはいけないというふうに規定しているわけでありまして、この解釈を確定するということが、常用代替の防止を図る、厳密に運用するという点から大変大事なことであるというふうに私どもも思っております

 現行の法令におきましても、この派遣労働関係でも、この業務という言葉はいろいろ使われておりまして、例えば職業職種を用いて表現するものとしては秘書業務とか通訳業務というふうに使われていたり、あるいは具体的な行為を明記して表現するものとして事務機器操作業務というふうに、確かにかなりいろいろな使われ方をしているわけでありますが、この同一の業務解釈に当たりましては、これが常用労働代替を防止するという観点から解釈をされる必要がある、こういった観点に立ってかなり厳密に解釈をする必要があるというふうに考えているところであります

(略)

 次に、いわゆるクーリング期間の問題でございます。(略)この問題につきましては、あくまでもこれも常用労働代替の防止という観点に立ちまして、どのくらいの期間が適当であるか、これは、法案が成立しました後に、審議会の御意見も聞きながら検討したいというふうに考えております

(略)

石橋

「(略、法案では)製造業における労働者派遣事業を当分の間禁止、こうなっているわけです。しかし、産業界を中心にして、製造業における派遣を解禁すべきだ、こういう意見もあるわけであります。さっきの雇用調整の問題などもそういうところに絡まってくるのかなという感じもしないことはないんですが、製造業における派遣労働禁止をされているということは、そういう意味では産業経済に非常に大きな影響を与えている、こう思うんです。

 例えばフランスなんかは、鉄鋼だとか電機だとか自動車だとか、ほとんどそういう製造業中心で派遣労働が行われておって、四分の三は男子だ、こういう形になっております日本では、製造業における派遣禁止をされておるということも恐らく関係があるだろうと思いますが、派遣労働の大部分が女性、こういう形になっておるかと思うんです。

(略)」

渡邊政府委員 

製造業におきます派遣適用につきましては、特に製造業現場にこれを適用することについて、強い懸念が表明されたところであります。したがいまして、改正法案におきましても、こういった意見留意をいたしまして、製造業現場業務につきましては、当分の間、労働省令においてこれを適用しないこととするというふうにしておるところであります。これは、特に製造業において、今委員御指摘ありましたように、いわゆる偽装請負というふうなものがまだ存在するのではないか、こういった懸念があるために、今回もこういった措置になったというふうに理解をしております。(略)」

ご存知のように無期転換ルールが導入されるのは2012年の民主党政権まで待たねばならないし、同一業務規制有名無実化したし、クーリング期間は2015年の安倍政権で3ヶ月と定められました。2006年には製造業派遣合法化され、2007年には、上限3年に緩和されますね。

自民から新進党改革クラブとなった前田正さんの質疑。

前田

「今説明をお聞きいたしますと、要するに、常用雇用がいわば派遣によって圧迫されることはない、また、むしろこの今の経済不況の中で雇用の推進につながっていく、こうおっしゃっておられると理解をしております。そこで、労働者派遣事業事業所数及び派遣労働者数、できれば男女別あるいは年齢別の、特にそういったもので突出しておるところの現状及び労働者派遣事業の総売り上げといいますか、どれぐらいになっておるのか。そしてまた、今回の法改正によって派遣労働者数というのがどの程度増加するように見込んでおられるのか、この辺についてちょっとお尋ねをさせていただきたいと思います。」

渡邊政府委員 

「(略)また、派遣労働者数ですが、これは平成九年度の報告でございますけれども、これによると、約八十六万人でございます。そのうち、いわゆる登録型の派遣労働者は七十万人、常用労働者が約十六万人であります登録型の中には複数事業所登録をしている方もおられますので、この方たちについて常用換算してみますと、派遣労働者は平成九年で約三十四万人ぐらいではないかと思います。したがいまして、派遣労働者の実数は八十六万人と三十四万人の中にあるのではないかというふうに見ているわけでございます

 また、平成九年の調査によりますと、派遣労働者に女性が占める割合は七二・四%というふうになっております。また、年齢別では二十歳代が四〇・三%というふうになっているわけでございます

 また、この事業報告によりますと、派遣労働者の平成九年度の年間売上高は総額が約一兆三千三百三十五億円で、これは前年度比一二・八%増ということになっておりまして、平成六年度以降増加傾向にございます。今回の改正によりまして派遣労働者がどの程度ふえるかということでございますけれども、現在は二十六業務のいわゆる専門的業務特定しておるわけでありますが、これを広く拡大していくということになります。ただ、これは、そういった面では増大要因でありますし、また、従来の派遣と違いまして、あくま臨時的一時的一年間の限定をつけるということでございますから、これが正確に今後どのくらい伸びるかという予測はなかなか難しいのですが、そう急激にふえることはないのではないかというふうに見ております。」

前田

「急激にふえるということはない、こうおっしゃっておられますが、この改正によって幅が広くなる、二十六業種以上に広くなってくるということになると、当然、派遣先がふえてくるわけでございます。ならば、業者数も当然ふえてくると思いますし、また業者さんも、それによるいわば労働者確保というものも当然ふえてくる。したがって、そうふえないのではないかというよりも、私は、急激にこういったものがふえてくる可能性がある、こういうふうに理解するわけであります

 そうすると、ふえてくるということになりますと、今度は派遣先の問題になります派遣先は、極力安い賃金で雇えればその方がありがたいということになるわけであります。過剰の労働者を抱えている業者としてはできるだけそれを送り込みたいということになると、私は、これから労働賃金というものは今のこの二十六業種の平均賃金よりもむしろ安値で安定していく可能性というものがどんどん出てくる、あるいはまた、労働条件そのものも大変悪くなってくるという可能性が多分に出てくるんでは(略」

渡邊政府委員 

企業の側で派遣労働者に対する要望があるということは、これはいわゆる即戦力を求めているという要素が大変大きいと思いますし、また、派遣事業主にとりましても、派遣した労働者が派遣企業要求している能力の水準に達しているということが事業の発展にも大切なことでございまして、この派遣業におきましては、とりわけ派遣労働者の教育訓練というものが従来から重視をされているというふうに考えております

 現行の法律の中にも、派遣事業主派遣労働者に対する教育訓練の機会の確保に努めなければいけないという規定を置いておりますし、私ども、実際に派遣業の許可やあるいは更新の際には教育訓練の状況についてチェックをするというふうにしているわけでございます

 また、今般、一時的臨時的な分野について一年間に限って派遣労働対象分野を拡大することにしておりますが、短期になればなるほど即戦力に対する需要という面が強くなってくると思います。そういった意味では、派遣労働者というのは、一定能力あるいは技能水準を備えた労働者が派遣対象になるということで業務は広がりますが、すべての人が派遣対象になるというものでは絶対にないというふうに思っております

 そういう意味では、即戦力としての能力を備えた、安心して企業の方も使用できる、こういったことでいいますと、今般の派遣労働の拡大が必ずしも賃金その他労働条件の低下につながっていくものではないのではないかというふうに考えております。」

能力の高い人が対象になって業務は広がるが、みんなが対象になるということは絶対にないとおっしゃる。またおちんぎんが低く張り付くこともないとおっしゃっていますが、噴飯物ですよね(橋本岳風に)。ちなみに5年後には全業種対象派遣期間無制限化が実現する模様。政府答弁の絶対にならない、は無意味さらにちなみに、そう増えないとおっしゃていた派遣労働者数は、5年で3倍近いの240万人に、10年で、5倍近い400万人近くに到達する模様。

[]高プロ委員会可決されたので、労働者派遣法歴史を振り返るよ(1)

 国会ウォッチャーです。

 とりま安倍内閣総辞職で。

 歴史は繰り返す高プロは高度な専門職で、おちんぎんが平均の3倍を相当程度上回るっていうのが条件で、使用者に対する交渉力が高いから、無理な働かせ方はさせられないよっていう主張なわけね。国富論は、240年前に書かれた本ですが、

親方たちは労働者がいなくても1年、2年耐えられるかも知らんけど、ほとんどの労働者は1週間でギブするしかないがな。親方たちは、裏でこっそり団結してなんとか需要供給の均衡状態よりおちんぎん低く抑えようと協力しとるけど、わいらはそういう団結について、具体的な活動はみーひんな。せやけどそれはあまりに当たり前すぎて、改めて話し合う必要もないほどやからや。しか労働者かて食うて家族を養っていかんと労働者という階層が縮小して、国が貧乏になってしまうやろ。"

みたいなことは、240年前のアダムスミスですら知ってたことやで?バカなんですかね。バカなんだろうね。Inequality of burgaining power交渉力の不均衡、交渉上の地歩の差というやつですがな。

 我らが日本国会はこれと同じような議論をすでに経験していますね。もちろん労働者派遣法です。今回は労働者派遣法の制定時、拡大時、規制強化時、規制撤廃時の議論を振り返りましょうな。

一応の年表

1986年派遣法成立」

1999年派遣対象業務拡大、例外列挙化」

2004年派遣期間無制限化」

2012年労働契約法、5年無期転換ルールの導入」

2014年有期雇用特別措置法による、無期転換規制の緩和」

全部書くかはわからないけど、とりあえずこの記事では派遣法の成立の時に、菅直人の質疑に対し、政府が何言ってたかをみましょうか。

1986年中曽根内閣労働者派遣法の成立」

1986年4月16日社会労働委員会

菅直人(当時社民連

 菅さんは、派遣法の導入によって、正規雇用派遣代替される自体が進むのではないか、直接雇用ができる事業適用外にすべきではないか派遣期間に制限を設けないと、正規職員と同じ仕事をしているし、熟練もしていくけど、労務管理が楽であったり、おちんぎんをあげなくても良いと思って、どんどん切り替わってしまうのではないか、また対象範囲も広がってしまうのでは、と危惧しているわけです。

 政府側は、派遣はむしろ新たな産業として、雇用の確保に資するものであり、代替は起こらない。期間制限を設けても期限直前で雇い止めしてから再雇用するとかするかもしれないし、意味ない。高度な専門知識がある業種しか指定していないか大丈夫対象事業はむやみに広げないと言っていますね。その後どうなったかは、ご存知の通り。左翼は本当に杞憂馬鹿騒ぎするから困るよね(棒)ちな、派遣法はこの時点で限定列挙を明示してますね。高プロ限定列挙なのか、例外列挙なのか、対象業務範囲すら示されないままの法案通過、本当すごいよね。ちなみに派遣先と派遣元のマージンについての質問がありますが、その開示が義務化されるのは2012年の民主党政権時代です。

「(略)この法律施行されたために、いわゆる正社員というか、直接雇いの社員仕事がどんどん派遣に切りかわっていくようなことになる危険がないのかというよりは、大臣はそういうことには絶対にしないんだというか、そういうことを目的にもしないし、絶対にしないのだということなら、その決意といいましょうか、考え方をまずお聞きをしたいと思います。これはぜひ大臣に。」

山口

先生の御指摘、御心配いただいたような問題点も十分配慮いたしまして、今回の制度化に際しましては我が国伝統的な、そしてまたいい形の部分における雇用慣行との調和を十分留意していかなければならない、そういう立場運用努力をするということが基本的取り組みでなければならないと思うのですね。

 それで、この派遣事業がひとり歩きして常用雇用者とか終身雇用者の職場の安定よりも、むしろ雇用不安を生んで雇用における弾力条項みたいな部分でかえって労働者生活権を圧迫する懸念もあるのではないか、こういう御指摘、御心配であろうと思うのですけれども、私は、この派遣事業というもの自体がこうして請負業として、労働力供給という立場でなくて請負業として、これだけ多様的な一つの形の中で一つの企業組織体として、あるいは労働者の参加も含めてそれが一つの事業として成立をしておる、そこも今昔先生が御指摘のように、我々の想像を超えたところに新しい時代に即応した一つの雇用関係あるいは契約関係というもの存在をしている、中には既に上場しているような企業もあるわけでございますから、そういう意味では私は基本的に、雇用の確保、拡大という我々の基本的課題にこの法案が大いに貢献してくれるのではないか、こういう認識の上で、ただその運用を誤りなからしめるべくひとつ十分監視監督していく必要もあるいはあれば、こういう国会論議等の中でも御注意喚起いただきながら、これをいい法案形態として、これが労働者の、国民雇用の安定と確保、拡大につながるようにひとつ努力をしていきたい、かように考えておるところでございます

「(略)今回対象業務を例示という形で十四業務挙げられていますそれからまた、いわゆる常用型と登録型という形で届け出と許可制になっています。つまり、これらの理解あるいは運用で先ほど来局長がいろいろ答えられていますけれども、何一つ歯どめがなくなるおそれがあるのではないかと思うのです。

 というのは、この対象十四業務もっとふえるかふえないか、いろいろありますけれども、こういう業務の中には、例えば従来常雇いといいましようか直雇いでやれていた業務もたくさん入っています。(略)

 だから、そういう意味から考えますと、対象業務というもの基本的な考え方として、先ほど来局長も野放しを認めるわけではないと言われておりましたけれども、できるだけ絞るという考え方が原則ではないか。つまり請負とか直雇いとかにしにくい非常に限定された分野にのみ絞ってやるべきではないか基本的に考えるのですけれども、この点で同感であるかどうかをお聞きしたいと思います

山口

「菅先生の御心配、御指摘している部分については、十分これは慎重といいます社会的な合意というものが成立した業種にできるだけ限定するということはやはり運用上一番大事なことだと考えます。」

(略)

それからもう一つ。先ほどもどなたかありましたけれども、この日本の今回の法律では同一労働者を同一企業派遣をする期間の制限が設けられていないわけですね。そうすると、例えば事務職なんかで二年、三年と同じ人が同じところにいる、それが正規社員の二割、三割あるいは半分を超えていく、仕事のもの正社員と全く同じ、しか身分的にはいわゆる派遣社員ですから労務管理意味で言えば一般的簡単だ、あるいは賃金的な問題でも少しは安くなるとかいうことを考えると、先ほど来の直雇いあるいは正社員仕事を切り崩さないという意味で考えますと、これはやはり派遣期間の制限を設けるべきではないか

 個々の派遣される社員にとってはあるいはもっと長くいたいという人があるかもしれない。しかし、この労働市場トータルで見たときは、そういうふうに長く同じ人を置くような職種にはまさに正社員として雇うべきであって、そうでない場合には短期特殊能力を持った人を雇わなければいけないような場合限定すべきではないか。つまり業務の種類を限定するだけではなくて、その形態特に派遣期間についても限定することによってこの派遣事業野方図に広がっていくことを抑えるべきではないかと思いますが、いかがですか。」

加藤政府委員 

「確かに審議会等の場面におきましても一律に一定期間の制限を設けたらどうかというようなことについていろいろ論議もございました。そういう中で、今お話しがございましたように、派遣労働者雇用の安定を害するという問題をどう考えるか、あるいは一律に一定期間を制限しても結局ヨーロッパ運用の実情にございますように、直前に派遣を中断するというような形での再度派遣を繰り返すという面もあって制度実効確保に問題があるのではないかというような議論等もございまして、明文をもって派遣期間を一律に制限するというようなことはしていないわけでございます

 しかし、基本的に、先ほどから申し上げておりますように、これで常用労働者代替が促進されるようなことのないように運用をしなければならぬ。また、そういう観点に立って、業務指定年功序列的な形で行われているような業務は認めないとか専門的な知識経験を要しないものについては認めないとか、そういう業務限定というものでもいろいろ配慮しているわけでございます。そういう意味で、今御心配のような点については我々も代替促進にならないような配慮多角的にしていかなければならぬだろう、そういう面での運用適正化というものについて十分検討していかなければならぬだろうと思っております

(略)

「もう一つ、少し立場を変えて、派遣される労働者がどれだけちゃんとした保護をされるか、この法案の中で幾つかの点が盛り込まれています。その中に派遣先の就業条件の明示というものが入っております。よく言われるように、中間搾取があるのではないか、非常に高くなるのではないかということが言われておりますしかし、この派遣先の就業条件の明示には、多分時間自分が受け取る給料は入るかもしれないけれども、派遣先と派遣元の契約内容の中に、簡単に言えば一人派遣するのに当たってどのくらいお金が来ているのかということが当然書いてあるわけですから、そういうことがわかれば常識的な形での手数料というか適正マージンみたいなものが見えてくるのではないかとも思うわけです。そういう点で派遣契約の内容を開示するということを加えたらどうかと思いますけれども、局長はどう考えられますか。」

加藤政府委員 

労働者派遣契約の中に記載してございますことは、法で定めておりますことは最低限必要記載事項として述べておるわけでございますが、こういう派遣契約の中でそういう料金関係も当然書かれるだろうと考えております。」

「そうすると、派遣先と派遣元の派遣契約の中にはもちろん料金も書かれて、その内容は派遣労働者に対して開示されると理解していいわけですね。」

加藤政府委員 

「書かれるであろうけれども、そういうことを法律労働者に明示しるということを強制するというのは、こういう市場取引関係で行われるものについて幾らで取引したということを労働者に明示することを強制するのはなじまないだろう、こんな考え方でおります。」

しかし、たしか有料の職業紹介の場合でも、六カ月内一〇%を手数料とすることができるとされているのです。特に、こういう派遣事業場合は、先ほど来言っているように中間搾取問題が非常に心配されるわけですから、それはなじまないとかというよりは、労働行政として特にこういうものを認める場合にどちらを優先させるかであって、そういう点ではそういうやり方をとろうと思えば十分とれるのじゃないですか。つまり、どうも商慣行だとか先ほどの何かの手続になじまないからと言うが、本質的問題労働者権利をどう擁護するかが局長あるいは労働省の本来の最大の目的なわけです。その目的を達するためにどういう工夫があるかということを考えてもらわなければ、一般的になじまないからそれは仕方ありませんでは済まないと思うのです。

 それは盛り込めば公開することになるのじゃないですか。せめて給料に関して一人当たり幾ら自分が受け取れるか、その場合にいろいろな契約があると思いますけれども、例えばオペレーターが一日行ったときに対して派遣から派遣元には月五十万なら五十万来ている、それを開示するということを条件に入れれば中間搾取的なものが省かれると思いますが、重ねて聞きますけれども、そういうことを考慮されるつもりはありませんか。」

加藤政府委員 

「幾らで派遣するかということはまさに両者でいわばサービスの対価として決められる、また派遣労働者に幾ら払うかというのは労働契約上の賃金として払われるものでございまして、これは直接には関係のないものだということでございます。ただ、いろいろ御指摘の御心配になっておられる問題について、例えば事業報告書、収支決算書といったようなものについて法律上とる、ことにいたしておるわけでございまして、そういったような観点からコントロールといったもの法律上も考えておるところでございます。」

「略)つまり人材派遣というのは初めての法律ですから、そういうことも十分考慮されて、派遣される労働者がその本社には机すらなくなるわけですからある意味では労働組合すら非常に組織がしにくいわけですから、それだけに本人が自分を守れるような手だてをこの法文の中にさらに盛り込むことが必要ではないか、このことを重ねて申し上げて、きょうの私の質問を終わります

anond:20180526190630

わりと本気で、努めて具体的に書くので、増田に届いてほしい。

・前提として

増田客観的フツメンである

清潔感が有るか無いかで言えば、有る方だと思う。肌だけで言えば、もっと酷い肌してる奴はごまんといる。

故に、就活が上手くいかないのは「顔面」「清潔感」以外の部分だと推察される。(表情、態度、話し方など)

しかしながら、増田自身自分の外見に自信が無く、そこを問題だと感じているなら、そこを改善すれば他の面でも良い影響が表れるはずである

以下、俺の考える清潔感の出し方を具体的に書く。

洗顔

洗顔料…「ロゼット」の「海泥スムース」または「ガスールブライト」を推す。あまり肌に悪いものが入ってなく、安価で、泡立ちが良い。

泡立てが下手な場合は、無印の「洗顔用泡立てネット」を使う。

洗顔は夜だけで良い。

朝は、夜に付けた基礎化粧品や皮脂や汚れをお湯で全て流すイメージ

洗顔ケア

化粧水…「オードムーゲ」または「ウィッチヘーゼル」を推す。いずれも毛穴ニキビが気になる人向けで、製品歴史が長く評価も高い。さっぱりしてるので春夏向け。コットンは使っても使わなくても良い。パシャパシャ出すのがめんどくさければ「アベンヌウォーター」(スプレー)でも良い。

美容液…「メラノCCお勧め。男が美容液?と構えないでくれ。これを使っても別に肌は白くならない、ただニキビニキビ跡の赤みがひく。数滴を部分使いで良い。

乳液…「ニベア」で良し。ニベアは顔を含め全身に使用できる。脂性肌なら「ニベアソフト」を使う。パール大(5~6mmの玉)を出して手に伸ばし、顔を優しく押さえるようにハンドプレスする。

睡眠

・枕カバー…できれば毎日変えてほしい。数が無いならフェイスタオルを乗せて取り替えれば良い。可能なら、楽天とかで「シルクカバー」の安いのを数枚買う。うつ伏せや横向きが多いなら尚更ね。

サプリ内定が決まるまで、「チョコラBB」の服用を勧める。経口のもの自己責任になるが、BBまたは「ビタミンC」「Lシステイン」と書いてあるものが良い。詳しくは検索してくれ。明確な効果が無くても、プラシーボがあれば儲けもん。

④朝~身支度

前述の通り、朝はお湯洗顔水洗顔で引き締めれば良い。髭剃り後に化粧水使用する。朝は乾燥を感じなければ乳液不要だと思う。髭は、当然面接前は綺麗に剃ってるよね。

パウダー…「アクメディカ」おすすめ。男がフェイスパウダー?と思わないで。テカりや小さい毛穴が気になるならノーカラータイプ、赤みが気になるならナチュラルタイプを使う。たぶん塗っても誰にも気づかれない。アクメディカはメイク落とし不要だが、他のファンデフェイスパウダーは基本メイク落としが必要なので注意。

・制汗剤…「Ag」がお勧め基本的に、身に付けるものは全て「無香料」を選んで欲しい。下手にシトラスミントを香らせない。Agドラッグストアでは高めの方だが効果も高い。シートとスプレーどちらも用意する。基本的に毎朝服を着る前に使う。

・整髪剤…増田の髪質を見るに、毛量多めでやや癖毛なので、ワックスよりジェルやムースタイプ清潔感出ると思う。ただこれは本当に髪質との相性があるから美容師に聞いてみるのが一番。

なお、日常ケア全般に言えることとして、マ○ダム・ル○ードのような男性向けラインは使わなくていい。使ってもいいけど、基本的に香料・着色料・冷感剤は入っていない方が肌に良い。

靴下…今どんなの履いてるか知らんが、夏場は「五本指」を勧める。Agを指の間や足の裏にスプレーしてから靴下を履く。ただし靴を脱ぐ場面では、悲しいかダサいので注意。

髪型

既に美容室には通ってるだろうが、何日おきに行ってるだろうか?1000円カットを挟んでいいから、できれば内定が決まるまで週1~2で行くことをお勧めする。

髪型を見るときは「ブサヘア」というサイトお勧め。載ってるスタイル少ないけど。増田もこのサイトモデルフツメンレベルだと思うが、イケメンじゃない一般人にとってこっちの方が参考になる。あと、増田は毛量が多いので、もう少し全体的に短くして、サイドも薄めにした方が清潔感出る気がする。

眉毛は整えてるかな?今のも悪くないが、若干釣り眉・眉尻が薄いので、無表情だと生意気に見えるかもしれない。眉毛って、原則上の部分を弄るのはNGなのだが、増田場合眉山の毛を1~2mm抜くか剃るかした方がいいかも。

⑥表情

増田画像で一番気になったのは、皮膚ではなくフェイスライン(あご~エラ付近の肉)だ。体格に対してフェイスラインがぼやけている。「表情筋体操」とかで検索して、全体的に引き締めることを心掛けてほしい。カラオケおすすめ

就活で心が荒むのは痛いほどよくわかるが、なるべく好きなもの楽しいことに接して、自分が活き活きした表情になるような時間を増やしてほしい。

内面

俺が偉そうに言えることではないが、誰かの格言でもあるように、思考は外側に表れてくるんだ。改めて言うが、増田フツメンだと思う。だが、考え方はキモい

外見の良い女だってオッサンに媚を売りたくはないだろう。むしろ能力/向上心のある女でも、外見が良いばかりに接待・嫁要員としか扱われないなんてことはザラにある。

女がイケメン好きなのは当然で、男だって美人可愛い子が好きだ。増田もそうだろ。だけど大抵は、何てことなフツメンブサメンを好きになって付き合うんだよ。就活も同じだと思う。

世の中は増田が思ってるより外見至上主義じゃないよ。

ーーーーーー

ここまで書き終わった後で追記読んだ。

色々試してたんだ。上から目線スマン。たぶん、食生活睡眠運動重要さも理解してるよね。上記増田の参考にならないかもしれないけど、誰かの参考にはなるかもしれないから残しとく。

少なくとも顔の造形については、文章を読んだ後ではイラっとするほど「ブサメンではない」ぞ。就活頑張れ。

2018-05-26

anond:20180526094006

いや、話し合いで解決できなければ、最後武力解決せざるを得なくなるという原理原則は今も昔も変わらないはず。

話し合いで解決できた問題も、現代にはたくさんありますけども……。

そもそも老害増田くんが主張する過去暴力的な結末が、すべてのデモ社会活動)に起こるかのように話すのも暴論。馬鹿の極論。

anond:20180526093226

いや、話し合いで解決できなければ、最後武力解決せざるを得なくなるという原理原則は今も昔も変わらないはず。

ちょうど今、トランプ大統領会談中止や軍事攻撃をチラつかせながら、北朝鮮に対して完全なる非核化の実現を迫っているじゃん。

anond:20180526071946

機械化も進んでるのに単純に安い労働者が望まれるとは言えない。

しろ、いま超廉価な商品フルオートメーションの機械によって作られてる。

ただし、機械原則同じものしか作れない。

とすると、同じもので極力多くの客に売れるような商品のほうが利益回収できる。

投資効率が良ければ日本全部が豊かになっていく。

あ、企業に金でどんどん溜め込ませるような政策資金調達しにくい政策にして、設備投資を激減させて一人あたりGDP先進7カ国最下位にしたのがこの30年の日本ネオリベね。

2018-05-25

東京一極集中是正しようと、東京23区内にある大学原則として10年間、定員増を認めないことなどを盛り込んだ法律参議院本会議で可決され、成立しました。

東京一極集中是正しようと、地方大学の振興や地方での若者雇用創出を図ることを目的とする法律は、25日の参議院本会議で、自民公明両党や立憲民主党などの賛成多数で可決され、成立しました。

法律では、東京23区内にある国立公立私立大学では原則として10年間、定員増を認めないとしています

2018-05-23

現役女子大生が教える英語上達のためのたった4つの要は勇気がないん

でしょ

ときどき、「会社社員から搾り取ることばかりで、社員のことを何も考えてない」とか「従業員サービス残業させて搾取している」とか
つまるところ「自分たちは苦労してるのに、重役達は楽して良い思いしている。むかつく!」みたいなエントリーを読むと、
だったら自分農場作って、社長になったらいいんちゃう?と素で思うんですが、そういうもんじゃないのかなぁ。
こんにちは東京都大学農学部増田と申します。
突然ですが、皆さんは、英語、苦手って思ってますよね。
でも、最近思ったんです。家畜意思疎通するよりも英語の方がずっと簡単なのでは…?と。
だって英語って、人間言語ですけど、人間ブタよりもとても賢い動物なのです。
#いや、ブタ家畜の中では一番賢いので、勘違いしないでよね。
ちゃごちゃ言ってるけど、要は勇気があれば、英語くらい楽勝なんでしょ?

第1要は勇気がないんでしょ「目を合わせる勇気がないんでしょ」

英語の基本はは会話、会話の基本は…なんだと思いますか?

わたしが思うのは、ズバリ目光線です!目から発射する光線です。英語ではgazeと言います

会話は、実は目があった状態でないと始まらないのです。

実験圃場にネコがいるのですが、急に声をかけてもすぐに返事はくれません。そこで…目を合わせる、すると「にゃー」。これが動物大原則。

英語って、実は動物同士のコミュニケーションベースにできているんです。だから動物原則大事

会話したい相手の顔を狙って、目光線!

会話したい相手に声をかけて、振り向いた瞬間に、目光線!

これが英語第一歩です。

第2要は勇気がないんでしょ「微笑む勇気がないんでしょ」

あの人と目が合った!次に、どうすればいいのでしょうか?Hello?それもいいでしょう。

でも、大切なのは動物原則

実験圃場に4代目ケンタロウIII世がいるのですが、知らない相手には吠えるんです。そんなときどうしますか?

そう、敵意がないことを示しますよね。ケンタロウは犬なので目光線で黙らせます

でも人間同士ではもっと便利なものがありますよね?そう、smile

2003年米軍イラク宗教指導者に面会を申し込んだら一触即発の緊張状態に。そんな時にはsmileで切り抜けました!

gaze!の次は、smile

戦わないことも勇気

第3要は勇気がないんでしょ「普通に勇気がないんでしょ」

相手smileを返してくれました。そしたらいよいよ会話です!

helloとかhiとか始めましょう。適当でいいです。義務教育は修了してるんでしょ?

第4要は勇気がないんでしょ「馬鹿と思われる勇気がないんでしょ」

誰でも外国語は難しいもの語学の達人シュリーマンもそんなこと言ってますきっと。

外国人はどうしても語彙が幼稚なため、知能が低いと思われがち。

そんな時、ヘラヘラしちゃだめです。ヘラヘラしてるとホルスタインゲロかけられますよ。

困ったときヘラヘラする代わりに両手をこう持ち上げて、目を閉じて、OKOK...と言って考えているふりをしてタイムアウトとります。これは教授には通用しません。「知らないことは、考えても出てこない」と言われました。

わかりません、という勇気。時には必要です。

英語ではI don't know.よりもI'm not sure.が便利です。

 

いかがでしょうか。少しは足しになりましたか

ホルスタインには気をつけてくださいね。ぶつかるとケガします。

anond:20180518012247

AQM せっかく書いてくれたのにごめん。これ多分あんま伸びないと思う。

普通にショックですわ。

anond:20180523175657

恋愛大原

俺は幼稚園の頃から、そうじゃないかと薄々感付いてた。

小学校に入ってから、これは間違い無いと確信して友達に言ってみた。

友達もみんな賛成した。

 

その大原則とは...

それは、「人を好きになると、相手も必ず自分の事が好きである」という原則である

まり、この世に実らない恋など存在しない。

あるいは、人は実らない恋などしないものだ。

という感じですね。

 

この事に気付いて、俺たちは人生が本当に楽に成りました。

子供時代なんて金や仕事の事なんて考えなくていいんだから、悩みのほぼ100%は恋愛でしたもんね。

 

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-727.html

anond:20180523140715

最低レベル尊重は誰に対してもされるべきだけど

性欲が食欲と同レベル必要な以上、「最低レベル」に含まれると考える。

恋愛とかセックスって原則好感度トップ人間しかさな最上級特別扱いなんでそんなもん全員には保証できないよ、

他人承認って食い物と違って社会生産性上がっても全体のパイが増えないから取り合いするしかない資源

から、全員から取り上げて再分配する必要がある。

食い物と同じくらい必要なのに、一部の人間にパイが偏る(あるいは、愛の全くない人間がいる)ことが問題なのだ


どうしてもそれを競争力ない奴にも回せって言うならフリーセックス社会にするしかないな

誰かのトップにはなれなくても上位10人とならセックスOKぐらいになればチャンスは増えるだろ

これでは足りない。

上位10人でも、「非モテ」となるものが現れ得る。

均等に、順番に、シていくほかない。

性の共産主義こそ、必要

anond:20180523135100

最低レベル尊重は誰に対してもされるべきだけど

恋愛とかセックスって原則好感度トップ人間しかさな最上級特別扱いなんでそんなもん全員には保証できないよ、他人承認って食い物と違って社会生産性上がっても全体のパイが増えないから取り合いするしかない資源

どうしてもそれを競争力ない奴にも回せって言うならフリーセックス社会にするしかないな

誰かのトップにはなれなくても上位10人とならセックスOKぐらいになればチャンスは増えるだろ

2018-05-22

anond:20180522105537

そんなの推定無罪原則に立ち返るほかはないだろ。

告訴結果的事実ではなかったことで罪を問われたら法治社会崩壊するわ。

元増田も悪くないし(私は痴漢から助けろとは言ってない)被害者女性も悪くない。悪いのは犯人一人だ。あえて言うなら市民の信頼を失う判決を出した法曹界も悪いと言えるかも知れんが。

anond:20180522105214

刑法にまつわる告訴結果的事実ではなかったことで告訴者の責任を追及する法があるのならば被害者女性責任を取るべきだと思うよ。


今は無いね

ちなみに、「痴漢を目撃したら助けないといけない」という法もないので、助ける義務もないね


今は痴漢に関しては証拠もなく起訴有罪に持ち込める人民裁判がまかり通っているから、

それに対するカウンターとして「刑法にまつわる告訴結果的事実ではなかったことで告訴者の責任を追及する法」を立法する必要はあるだろうね。

あるいは、「物証がない、罪を証明できない場合無罪」という原則に立ち返るか。

2018-05-19

よくまあ木造3階建ての重層長屋に住めるな

三階建て以上の共同住宅原則として「耐火建築物」にしなければなりません。建物構造や仕上げ材などが厳しく制限されますしかし、長屋特殊建築物にあたらないので、この規定対象外です。

東京都横浜市では火災とき避難をしやすくするために、共同住宅敷地のうち、1階の住宅の窓の先には数m幅の空地を設け、火災時などの避難路とすることを求めていますしかし、長屋はこの規定にも当てはまりません。

東京都建築安全条例により、共同住宅では各住戸の窓から敷地境界線まで一定距離空間(窓先空地)を設けなければなりません。

この窓先空地の規定により建ぺい率いっぱいの建物を建てることはできず、採光通風が確保されます

一方で長屋では、この窓先空地の対象外となります

2018-05-18

anond:20180518094513

色々な理屈を考えようと、女性が稼げるようになれば男性側は委縮するという原理原則は変わらないからね。

男性の草食化は今以上に進むだろうし、男は女に対して自分以上の経済力甲斐性を求めるようになる。

金も力もない女は、恋愛対象外・結婚対象外と見なされるようになる。

女性社会進出が進めば進むほど、恋愛結婚の主導権は男が持つようになるのがはっきりして来た。

そうなると、女自身強者として振る舞わなければならなくなるよ。

2018-05-17

FGO虚月館殺人事件、残された2つの

私の名はシャーロック・ホームズカルデアという機関顧問探偵と呼ばれている。

さて、読者諸君はFGOで現在開催中のイベント「虚月館殺人事件」を楽しんでいただけただろうか?

この先の話にはこのイベントの重大なネタバレが含まれるので、これから参加予定の方は終わらせてから読み進めて欲しい。



























では続けよう。知っての通り、このイベントでは犯人がハリエットであること、そしてその動機についても公式に明らかにされ、ストーリー一見完結した形になった。しか賢明なる読者諸君がお気づきのように、この事件にはまだ明かされてない謎が2つ残されている。これからそれを見ていこう。

1つ目の謎は、「なぜヴァイオレット家では、両親の呼び名が異なるのか?」だ。

整理すると、ヴァイオレット家は5人家族であり、父・アダムスカ、母・ハリエット、長女・ジュリエット、次女・エヴァ長男ケインという構成になっている。長女と次女は2卵生の双子で20歳前後長男高校1年生だ。奇妙なことにこの家庭では、3人の子供達全員が父親を「パパ」と呼ぶのに、母親のことは長女だけがママ」と呼び、残り二人の子供は「母さん」と呼んでいる。これはたまたまその一時だけそう呼んでいたというのではなく、母親が服毒して今にも死にそうという状況で、長女のみが「ママ」、残り二人の子は「母さん」と呼びかけていた。このような状況においては、他者意識した呼び名ではなく、長年使っていた馴染み深い呼称自然と出るものだ。従ってヴァイオレット家においては、何年も前から、一部の子供だけが母親を異なる呼び名で呼んでいたことになる。このような、父親母親呼び名家族内で異なるという奇妙な状況が生じた原因について、作中では明確にされなかった。実は長女と次女は、長男とは異父兄であるのだが、それを両親はなるべく伏せておこうとしていた。それなのに、このような家庭内違和感を覚えさせるような奇妙な状況を放置していたことにも疑問が残る。

2つ目の謎は、「なぜマスターは、母親と次女に対する勘違い修正できなかったのか?」だ。

こちらの謎は、1つ目と比べてもはるかに奇妙で辻褄が合わない状況となっている。マスターは当初、ヴァイオレット家の母親・ハリエットと、次女・エヴァを取り違えて認識していた。理由は、特殊視覚補正が入っていたことと、その視覚補正に対してある種の先入観があったためだ。しかしその後、マスターはその勘違い修正せざるを得ない状況に置かれることとなる。にもかかわらず、マスターの誤った認識修正されないまま残ってしまった。ではこの謎について、少しだけみてみよう。ヴァイオレット家とゴールディ家は、両家の婚姻契約のため、立会人を立ててまで、3泊4日で同じ館に滞在することにした。そして一日三度の食事は、基本的に全員が一同に会して行われた。そしてその際の席次は、当然ながら序列意識したものになるだろう。つまり席順は、ゴールディ家は上座から当主アーロン、妻ドロシー、長男新郎モーリス、長女ローリー。ヴァイオレット家は上座から当主アダムスカ、妻ハリエット、長女で新婦ジュリエット、次女エヴァ長男ケイン医師ホーソーン新婦友人のマスター場所の都合上下位の者が移動することはあっても、両家の上位3名の序列が変わることはないだろう。そしてこのような席次で食事が行われれば、いくらそれまで勘違いしていても、アダムスカの隣に座っている女性が彼の妻であることは誰の目にも明らかだ。

 また、食事の際の話題も、当然両家に関係した家族話題が多くなることになる。それには勿論、ハリエット話題も含まれるはずだ。このメンバーでの食事において、エヴァは沢山発言する機会があると考えられるし、ハリエット話題であれば、「母は~」と話すだろう。また、ハリエットに対して、「母さん」、と呼びかける機会も多くあったはずだ。またアダムスカが妻を呼んだり話題にすることも多くあったはずで、その際には「妻は~」などと呼んだことだろう。そしてハリエットが夫をゴールディ家の前で話題にする際には、「パパ」とは呼ばずに「夫は~」「アダムスカは~」などと言うことだろう。このような会話がなされる食事会は1時間以上継続しただろうし、3日間の滞在中食事の機会も何度もあった。そしてその殆どマスターは同席しており、慣れない人々との食事の席で気を遣いながら注意深く会話を聞いていたことだろう。それにも関わらず、3日間を通してハリエットアダムスカの妻ではなく次女である勘違いし続けることは不可能だ。仮に全員がマスターを誤認させ続けることを目的として行動していたのなら不可能ではないが、そもそも誰もマスターが誤認していることを認識しておらず、また誤認させようとする動機もない。また、マスター特殊視覚補正が入っていることを知っているものも誰もいない。しか事実として、マスターは3日間誤認し続けた。ありえないはずのことが起ったのだ。

 さて、これら2つの謎について、安直に思いつく一つの仮説がある。

シナリオライター力不足により、おかしな設定が放置されたままリリースされた」

というものだ。だがこのような仮説に飛びつくようでは、読者諸君推理を楽しむことにはなるまい。また、「食事のシーンは作中に出てこない。作中にないシーンを想像するのは推理ルール違反だ」というのも、「もし利き腕を偽るものが居れば食事の際に分かるはずだ」と作中で言っている以上、作中に出てこないシーンについても想像して推理する、というのがこの作品ルールだと考えられる。そして、「マスターは全ての食事の間ずっと極度の注意力散漫で前後不覚状態だった」という考えも、食後に食事が美味しかったねとジュリエットに話しかけていることから否定される。マスターは通常の認識力を持った状態食事を楽しめていたのだ。そして、「誰かしらが何かしらの動機マスター特殊催眠状態にさせていた」といった仮説も、「その4 未知な毒薬で~」に抵触してしまうだろう。

ではここまでの話と、「その8 読者に提示されていない手がかりを使って解決してはならない」という原則を利用し、虚月館に残された2つの謎を、読者諸君推理解決してもらいたい。正解者には聖晶石プレゼント、という訳にはいかないが、はてブコメントに書いてくれれば、石ではなく星が貰えることだろう。そして集合知が正解を教えてくれるはずだ。

・・・それでは始めよう。用心したまえ、鋭き刃は危ういものだ。

2018-05-15

日大、注目されたいが妙な方向へ行くのかな。

接触プレーが原則禁止バスケでも、スラムダンクとか読んだら、

全国大会相手エースキラー異名を持つ関西出身選手が出て来て

なんだかなーって思ったけど。

日大も大したことないな。

大日本帝国一角をになっていたようだが。

アメフト廃部にして欲しい。

anond:20180515100520

今の自民党中道左派中道右派のど真ん中に居座っているから、野党勢力には居場所が無い。それが安倍一強体制本質

安倍ちゃん経済政策を見てみると、資本主義原理原則を守った上で、国家社会主義を目指しているようなものからね。

野党自民党と同じ方向性を打ち出したとしても、「それだったら自民党の方がいい」という話になる。

野党自民党との違いを鮮明に打ち出そうとしたら、極左極右のどちらかに振り切るしか選択肢が無い。

しかし、国民はそんな極端な政党拒否するから野党は何もできずに手詰まりになっているだけ。

新潟女児殺害事件メディア・スクラムを憂慮する

新潟女児殺害事件

犯人逮捕でひとまずは良かったが、この先のマスコミメディアスクラムの事を考えると今から暗澹たる思いがする。

まず「容疑者普段好青年と思われていた」という点。

マスコミは嬉々としてそのギャップをこれでもかと根掘り葉掘り探り回す。

既に卒業アルバム写真が出回り、公開処刑

「疑わしきは被告人利益に」などという原則などなんのその。

これから容疑者犯人に決まってることを前提として御用心理学者による心の闇の分析とか何とかがワイドショー喧伝され、

週刊文春あたりが取材と称したゲスの極み記事を濫発するだろう。

大人しい男ほど実は危険だ、あたりのミサンドリーも吹き上がりかねない。

そして被害者及び遺族への二次被害

はてなでもセカンドレイプまがいのコメントしてる人間のクズが早速涌いている。

はてなはさっさと垢バンしろ

またメディアも遺族の方々はそっとしておいて差し上げろ。

騒ぐんじゃねえクズが。

ツイッターでも挙がっていたが、マスコミハイエナの如く事件現場周辺をネタ漁りに涌いて出て周辺住民に大きな迷惑をかけていた。


これら一連の乱痴気騒ぎ。

ゲスゴシップ欲を満たす」以外の何の役に立つ?

役にたつどころか害悪の固まりしかない。

はてブでは、ブクマで反応がでるのはある程度仕方がないが、

捜査等の結論が出るまで静観」一択であって欲しい。


もう21世紀の世の中で人の不幸でゲスな興味を満たす商売蔓延るのは根絶やしにされるべきだ。

2018-05-14

anond:20180514080230

オタク特有問題があるとすれば、小児性愛や2次元児童ポルノへの態度があると思う。

自民党児童ポルノ規制に対しては厳しい姿勢で臨んでいるはずだし、大部分のオタク達もそれについては賛成しているのではないかな。

表現の自由原理原則との兼ね合いについては、今後も議論を続けてほしいところだね。

2018-05-13

からバーは原則男性専用または女性専用店舗として営業するようにして

男女混合の場所風俗店と同じような扱いにして入店して酔ったらヤラれても文句言うなって感じにすればいいんじゃないですか

2018-05-10

今一番軽視されてるのって司法じゃないか

自分主義立場に合わせて、推定無罪原則を出したり引っ込めたりし

証人喚問事実がすべて明らかにならねば気が済まず、週刊誌片手に私刑ボコボコにできなきゃ納得しない

それなら裁判所なんか要らない

国に都合のいい判決を出さないと裁判官出世できない、というのももうずっと前から言われていて、今更誰も話題にしない

アベだの官僚だの以前に、司法というのはどうやら最初から信用もされていなかったようだ

2018-05-09

anond:20180509130459

男に経済力を求めることが出来るのは、若い美しい女だけ。

当たり前の原理原則普通に述べただけだから特に釣り目的ではないよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん