「原則」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原則とは

2018-08-16

ダブスタな主張してる奴見るとイラつくのはそうなんだけど、いざ自分が何かを判断することになるとしょっちゅう「あ、別のケースだったらダブスタな考えじゃん」ってなっちゃ

原則&例外っていうセットを用いずに、○○という原則だけで全て正しく判断できる基準ってのをどうにか探そうとするんだけど毎回思いつかない

そもそもそんな基準はあるのかなぁ

2018-08-14

anond:20180814173544

この場合匿名って本名かどうかじゃなくてID自分晒した上で他人IDを挙げて批判してるかどうかだから

なお、はてな匿名ダイアリー特性に鑑み、特定人物への言及に対して、言及された当事者より削除の申立があった場合原則として発信者への意見照会を経ずに削除を行います

申立があった場合屁理屈こねる暇もなく消される内容だよ。

2018-08-12

anond:20180812130836

海外では24時制は

軍人ぐらいなんだよ

24時間稼働が原則で、

国民の命が掛かってるから

日本の取るに足らない

民間企業同士の営利目的の商取引

に持ち込むには仰々しすぎないか

普段着迷彩服着てナイフ持ってる

ミリオタみたいなものだぞ

2018-08-11

anond:20180811140304

野党議員言論の自由行使したら自衛隊命令がなくても攻撃するのに

機関銃を乱射して船に当てるやつがいても拘束しないのは警察反比例原則 

黒船の時もこうだった

相手がお手紙どうぞと下手に小舟できたら大砲で回答して

砲弾が飛んできたら急に講和

サマータイムは「みなしサマータイム」導入するのではないか

いま話題サマータイム。さすがに本格的に導入すると、各種システムだけでなく、時間のかかわる法令も含めて影響が大きすぎることは、関係者もわかっているのではないか自分は思っている。

企業の改修コスト馬鹿にならず、買い替え需要バランスしないのではないかと思われ、影響のある企業は反対なのではないかと思っていたのだが、

経団連は賛成している理由が良くわからなかった。

なので自分は、サマータイムといいつつ、

「諸々の活動開始時間が2時間前倒しされる運用」と「諸々の活動終了時間日本標準時刻のまま運用

だけを行う、言わば「みなしサマータイム」を導入し、恣意的運用をしようとしているのではないかと思っている。

原則としてサマータイム間中日本標準時に-2時間した活動を行う」みたいな柔らかい条文で制定される。

JDTには切り替えずに、JSTのまま-2時間した「みなしサマータイム」が導入される。

企業は一斉に朝は9時出社や5時始発だったのが、期間中は7時出社とか3時始発になる。

一方で終業時間とか終電時間は「サマータイム考慮しなければまだあと2時間できるでしょ」みたいな雰囲気になり、2時間早められない。

結果、人間活動時間が何故か2時間増える。

狙いはこういうことだと思う。

2018-08-09

2002年 リンク許可問題日弁連は「あまり深く考えていなかった」

日弁連が「リンク」の方針を転換 ネット掲示板での反発に

2002年06月17日 18時51分更新

https://ascii.jp/elem/000/000/331/331641/

日弁連1996年9月ウェブサイトを開設している。その中に掲げられているサイト使用条件で、同会はリンク許可条件として「下記事項を承認し遵守していただくことを条件とします」とし、(1)リンクサイトURL管理者の住所、氏名、電話番号メールアドレス日弁連に事前に報告すること(2)リンクサイトに対する第三者から損害賠償、苦情その他いかなる請求についても、日本弁護士連合会責任を負わない(3)公序良俗に反するもの法律などに違反違反するおそれがある内容を含むもの、その他日弁連不適切判断したものについてはリンクを断る――などを条件として掲げていた。

リンク許可問題日弁連は「あまり深く考えていなかった」

2002年07月02日 14時30分更新

https://ascii.jp/elem/000/000/331/331957/

この問題は、日弁連ウェブサイトリンク許可条件として、リンクサイト管理者実名電話番号を同会に事前報告することや、「日弁連不適切判断したもの」へのリンクを断るなど、きわめて厳しい内容を掲げていたものだ。これに対してネット掲示板などを中心に「リンク制限表現の自由侵害ではないか」といった批判が集中。日弁連6月13日ウェブサイト上の使用条件の文章を「当HPへのリンクは、原則として自由です」と改め、実名電話番号などの要求撤回していた。

リンク自由」は、古くて新しい問題だ。他のサイトからリンクを張ることはいわゆる「参照」の範囲内で、著作権侵害には当たらないと考える専門家は多い。リンクをたどる場合ユーザーが直接リンク先へのアクセスをたどっているのであり、コピーされたコンテンツを見ているわけではないからだ。またリンク先のウェブサイトはもともと公開されているもので、「リンクを張られることを快く思わないのであれば、そもそもWWW上にコンテンツを公開すべきではない」と指摘する専門家もいる。

昔、このような話題があったらしい。

インターネットで全世界に公開した情報原則自由利用だと思うが。

一体なんの権利があって、厳しいリンク条件をつけていたのか。

(2)のリンクサイトに対する第三者から損害賠償等に対して責任は負えないという部分はまっとうである

マルチ商法まがいのとある業者ウェブサイト上で、自社の合法性を証明するため、同会のウェブ上の文書引用する形でリンクを張っていた。これにどう対応するか。インターネットに詳しい弁護士にも相談するなどした結果、リンク許可条件を掲示した方がよいのでは、という結論になったという。各地の弁護士会のウェブサイトを参考にし、その中でももっとも厳しい内容となっていた第一東京弁護士会のものを流用。

きっかけはこれだったそうだ。

しかしどうにも違和感がある。

マルチ商法まがいの事をするような悪徳業者が、法的な根拠のないリンク条件を守るのだろうか。

それに相手悪徳業者であっても法律を正しく語る権利はあるはずである。もちろん法律を歪曲解釈してはいけない。そこはリンク問題とは別ではないか

仮に、法律が悪くそれを悪徳業者引用して欲しくないならそれは法律が悪いのであって、法律改正すべきではないだろうか。もちろんそのような政治活動日弁連業務とは見なし難いとは思うが。

東北大の後藤助教授によると次の通りらしい。

私見によれば、リンクからんで起きるトラブルの大部分は、リンクのものではなく、リンク周辺の文章表現などに起因する。

これを見るとやはり、厳しいリンク許可条件はずれているように感じる。

演歌アスペ

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/amp/

思ったんだけど、男って女と比べて大なり小なりアスペルガー的で。

それをかつては、「男はそういうものだ」っていう女性限定世間知が包摂していて。

それを演歌的な美的感覚で消化していたのではないのだろうか。

「悲しみ本線日本海」とか、知ってる? すごいよ?

https://m.youtube.com/watch?v=UlHu2t2JzkU

もしも死んだら あなた

あなた 泣いてくれますか?

泣くに決まってんじゃん。

死んだんだよ?

でも、泣くかどうか確信が持てない。これはね、愛しているかどうか確信が持てないという解釈可能だけど、相手アスペだと仮定してごらん。

ほら。ね?

綴る便りを あなた

あなた 読んでくれますか?

読むよ。でもね、問題は「文字」を読むかどうかじゃなくて。「配球を読む」とか「気配を読む」という意味での「読む」と考えるとどうだろう。

ほら。ね?

で、なんだ、ほら。演歌って、アレじゃん。雑食的に幅広い音楽表現法を駆使して、扇情的にアレするじゃん。

そうまでして初めて、原則アスペ的な男には伝わるんだ。女にはあまりにも当たり前な人間としてのアレが。「あー。女っつーのはそんなことを考えてんのか。可哀想だな。守ってあげなきゃな。」

から問題は、なぜか突然増え始めたアスペ男子にではなく、世間知を継承できなくなった女性コミュニティにあるのかもしれないと思わないかい?

からね、飛躍するようだけど。

演歌復権が、少子化を緩和したりするんじゃないかとすら思うんだよ僕は。

医者はほんとに大変だと思う

治って当然の世界

そりゃそうだろと思う人が多いのかもしれないけれど、

『○○して当然』って想像以上に辛いこと。

原則毎回100点以外は0点ということでしょ。

これが24時間365日続くのだから

患者側に理解があるならば僅かにいいのだろうが、

意外と理解が少ない。

それなのに院内政治だなんだかんだとある

人も足りないし、時間も足りない。

医者になれない自分には何もできないけど、

せめて患者の時はお医者さんの言うことを聞いて、

自分の辛いところはちゃんと話す(医者だろうが人の心は聞けない)

くらいしかできない気がする。

近年のニュース見ると思うのは

もっと現場の人の声を拾えばと思う。

現場はそんなことどころじゃないだろうけど。

2018-08-07

35歳第二の人生頑張るぞ

701 名前:名無しさん@お金いっぱい。[] 投稿日:2009/07/06(月) 20:16:04 ID:HnypSwRzQ

今日から参戦することになりました皆さん宜しくです

投資経験ゼロですがFXバ-チャルデモで僅か半年資金が80~100倍になりました

デモをやってみた感じこれは行けると思いこの流れのまま先月で会社退職

運転資金として消費者金融に自宅を担保1000万借りて定期預金解約して500万

退職金が400万、妻の実家の両親から100万の合計2000万で始めます

35歳第二の人生頑張るぞ

768 名前:701[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:47:44 ID:xUQBNZWTQ

報告です

結果は惨敗です

具体的に資金の四分の一失いました

それと上のレスでも言われてます銀行融資は考えましたし相談しましたよ

でも今の時期自宅担保1000万はとても無理とのことで消費者金融で借りました

銀行員に相談したとき既に会社辞めてたし借りる理由理解出来ないみたいなので仕方ないですね

770 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/07(火) 20:52:01 ID:xUQBNZWTQ

一応トリップ付けます

明日は巻き返しはかります

手応えは感じてるしいけると思ったら勝負かけるつもりです

皆さんも頑張って下さい

852 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/08(水) 22:18:35 ID:iq4AW6o0Q

今日も今一つ

相場は読めたけど後の祭ですね

ついてません

結果は100万マイナスです

原因は恥ずかしい話しですが妻と喧嘩して流れに乗れなかった

最初応援してた妻もやっぱり一日中自宅にいると駄目ですね

854 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/08(水) 22:22:49 ID:iq4AW6o0Q

それと借金した理由資金面に不満あったか

自分の中での必勝法では1000万じゃ勝てないと思います

最初資金集めて短期決戦で逃げ切るつもりですから

現在収入ゼロですから早めに決めるつもりです

857 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/08(水) 22:29:07 ID:iq4AW6o0Q

>>853

それなら給料下がっても会社員でいます

自分一人暮らしなら将来もそれでいいですけど妻もいるし子供来年から小学校ですから

色々考えた末の決断です負けられないですね

958 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/09(木) 19:22:05 ID:P77FVZcvQ

皆さんの予想通り今日はやられました

これで資金1000万切りましたね

正直困ったな

弱音を吐いてても仕方ないので明日相場休んで愛車を鑑定にディーラーに行きます

三年落ちですがトヨタのハリア-ですのでそこそこいい値段になると思います

移動手段が妻の軽だけになりますが仕方ないですね

ここは我慢です

961 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/09(木) 19:25:33 ID:P77FVZcvQ

相場とは関係ないですが先程子供と一緒にお風呂入りましたけど

やっぱり可愛いですね

明日幼稚園休んでドライブがてら一緒にディーラーに行こうと思います

妻がうるさいのでこの辺で皆さんも頑張って下さい

974 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/09(木) 20:44:40 ID:P77FVZcvQ

>>971

危機感はあります

一週間もたたないのに半分以下になりましたか

でもチャート見返すと自分の予想とほぼ一致してますから流れはきてますしチャンスはあります

取り合えず愛車を売却して資金回復して巻き返しをはかります

明日は仕切り直しの意味を込めて再出発するつもりです

苦しいのは今だけここを乗り切れば勝てます

38 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/10(金) 19:15:17 ID:9jG+uXW2Q

昨日も言ってたましたが今日は愛車の鑑定にディーラーに行きましたので相場はお休みです

150万くらいで買い取ってくれるらしいので若干資金回復しました

チャート見る限り勝てる相場でしたね

240 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/13(月) 12:35:40 ID:myS+kvj1Q

今日はいい感じで勝ててます

午前中だけで150万の利益率ですね

やっぱり運転資金が多ければ多いほど稼げます

253 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/13(月) 18:23:42 ID:myS+kvj1Q

皆さん余裕持ちましょう

熱くなったら為替は勝てませんよ

負けるだけです

手数料の話しが出たので自分の考えを一つ

FX基本的銀行外貨預金とは変わりませんがサービスの中に「レバレッジ」といったものがあります

レバレッジを効かせると自己資金の数倍もの通貨を買い付ける事が可能になりリターンが大きくなります

しか自己資産の定められた一定額を割り込むとFX会社により強制的に決済され大損をしま

リターンを多く見込めますリスク存在しま

これが一部の人達がFXは危ないと言われる所以です

しか外貨預金と同等の資産運用が出来きレバレッジ顧客原則決められリスク管理も自分次第です

FX会社は買いと売りの値の狭さがドル円場合1銭3銭程度MMF銀行外貨預金は50銭2円程度

明らかに銀行は暴利ですこの銭や1円なんて微額のような値段を見ると初心者の方はピンとこなかいと思います

相当な手数料を抜かれます

外貨預金銀行が主に提供する外貨建て預金です

都市銀行をはじめ概ねどの銀行手数料が暴利とも取れるような手数料体系を取っています

正直論外です尚万が一の銀行破綻時は預金保護の対象にはなりません

手数料があまりに高くせっかくの利益殆ど銀行に抜かれ利用するだけ無駄です

現在特に都市銀行外貨預金など利用する価値は皆無と断言しても差し支え有りません

299 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/14(火) 12:33:15 ID:e5/N32fiQ

今日も順調に勝ててます

先ずは二連勝ってとこですか

やっと流れに乗りましたね

442 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/19(日) 09:41:36 ID:cDc5PSrrQ

皆さんお久しぶりです

三日連続的にロスカットになり資金が完全に無くなりました

消費者金融の方と話しあいましたが分割返済は認められないみたいなので

昨日話し合って妻とは離婚することにしました

娘は妻が引き取ることになります

我が人生完全に八方塞がりですね

残念です

さようなら

481 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/19(日) 18:39:09 ID:cDc5PSrrQ

今後自分は30代後半位まで袋ラーメン生活しつつ

この生活についていけず食えなくなった後はビルや駅の掃除でもして

それも出来なくなったらホームレスになって行き倒れて死ぬのかな

でも正直生きるのが面倒なので明日脳卒中心臓発作事故死ねるならとっとと死んでしまいたい

以前の職場で転落して死にかけたが突然の事故自殺と違って恐怖を感じないというか恐怖を感じる余裕が無くてとても楽

死ぬのが怖いのはあれこれ想像を巡らす時間的余裕があるからじゃないのかなーと思う

482 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/19(日) 18:40:00 ID:cDc5PSrrQ

自殺をよく考えるけど、

実家に帰って親兄弟バカにされながら

パラサイトシングルでもしようかなと思ってる

好きな事を仕事にして成功するつもりが、いつの間にか完全に負け組だよ

2018-08-06

anond:20180806150722

頭悪いなぁ

スポーツイベントを狙ったテロがどれだけあると思ってんだよ

スポーツ政治活動は切り離す

こんな原則理解出来ない土人アフリカ中東にでもいけや

オリンピックに反対してるリベサヨって

政治的イデオロギースポーツからめて主張したらあかんって原則もしらんの?

サッカー政治主張しちゃうって韓国人みたいじゃん

そりゃあパヨクって言われても仕方ないわ

反省せえよ

2018-08-04

東京医科大学女性受験者一律減点に思う

おお、医師書き込みがちらほらと。

さすがに今回はいろいろ考えずにはいられないですよね。

あ、私も女医独身)ですが。

医師の働き方と医療の在り方について、ネット上のいろいろな意見を読んで考えましたが、結局はシンプル解決法はなくて、ひとつひとつ、少しでも業務を減らしたり、当直明けは原則休みにするという仕組みを作ったり(それでも24時間勤務だけど)、細かい部分から見直していくしかないんじゃないでしょうか。

東京医科大学女性受験者の一律減点の決断をしたときの状況がどんなだったかは知りません。すでに現場疲弊していて、これ以上女医を増やすなという声が上がっていたのかもしれない。

それでも、やはり一律減点は最悪の対応でしょう。聞いただけでぞっとする。自分のとった点数が女だからという理由で知らない間に減らされて、それで落とされるかもしれないとか…。

しかに、医師のなり手を労働力(その人の人生で勤務させられる時間の総量)として数字だけでカウントするのならば合理的判断なのかもしれないけど、その視点だけで物事を決めるのはどうかと思う。人を労働力しかみなさずに、人権人生も軽んじている。

一律減点って関係者からすれば楽な方法にとびついて、それがどんなにひどいことか、まったく考えられなかったんだろうか。

昔と比べて女医割合が増えたら、産休、育休がでたときの穴埋めの頻度も増えるわけで、たしか現場は大変。カバーする人の負担はとても大きい。

(現状では、男性医師で育休とれる人はほとんどいないので「女医割合が増えたら」という話になってしまうわけですが)

(あと、出産後数カ月で復職したばかりの女医さんに無理をいって通常の当直させているところもあると聞いたことある出産子育て中の女医負担かかるパターン

それでも、それをきっかけに医師業務の在り方そのものについてもっと負担を軽減する方法模索するしかないと思う。理想論だし、それだけでは解決しないと反論されそうだけど。

地道な業務改善の模索をめんどくさいと放棄して女医の数を制限するという選択肢だけは否定したい。

とりあえず私が思いつくのはさっきもちらっと書いたとおり2つ。当直明けの原則休みと、業務を減らす(というかレセプト病名業務なくしてほしいというただの願望)。

・当直明けの原則休み

当直の割り振りって、昼間の勤務内容とか外来曜日とか考えずに、とりあえず振り分けてる場合ほとんどでしょう?あとは医師どうしで交渉してくださいって感じで。

当直明けがそのまま外来日のときのしんどさよ(外科場合は手術もあるわけで…最近はそうならないようにしているところもあるみたいだけど)。

「当直明けは原則休みにする」というのが何とか定着しないかな…。そのためには外来日前日を当直にしないとかの調整が必要でめんどくさいだろうけど。

それを医師自身で調整しろって言われたら調整担当になった医師死ぬんで、当直決めてる事務方に面倒をお願いすることになるのが心苦しいけど。

休みと言われても病棟患者もってたら主治医はひととおりチェックすることが多いので休むつもりが気づいたらお昼…とかはあるあるだろうけど。

あと、結局回診やカンファの曜日とか決まってたり、人によっては会議とかあったりするので休めなかったりするかもしれないけど。

それでも原則が定着して、とりあえず昼間いったんは家に帰るなりして数時間休んでいいというのが当たり前になるとだいぶちがう気がする。

業務減らしてほしい(特に書類関係

なんだかんだで患者さん目の前にしての診療はがんばれるのだけど、レセプト病名業務だけはやってられない気持ちになる。

どさっとレセプトの束がくるたび、私の場合は1時間半くらいはとられているかな(もっと多い人もいると思う)。だいたい月2~3回?くらいにわけてレセプトの束がくるんだけど。

診療の終わった夜とか、当直の合間とかにみんなカルテ開いてぽちぽちやってる。

レセプト病名、要は保険診療にのっとってやっていますよということを証明するために、すべての処方や検査に対して根拠となる病名が必要

処方も検査主治医が出しているので、原則主治医がつける。医師しかできないことになっている業務患者何百人分たまると、けっこうな業務量になるわけです。

いや、通常のカルテ内容にはもちろん病名記載してるんですよ?それとは別に病名登録専用の画面に入れとかないといけないんです。

外来診療中にやってしまう人もいるのかもしれないけど、それはよほど手際がいいか余裕がある外来か。

外来ってただでさえ患者さんの話を聞いて検査結果もみて説明して何か異常あればいろいろ考えて検査と次の予約入れて処方入れて、造影剤使う場合は毎回同意書とって、ってやること多いので、別の画面開いて病名つける時間とかないもんな。

パソコンって反応にタイムラグあるので、それだけで時間とられる)

レセプト業務制度必要業務であることはわかるけど、こんな、医師負担をかける形でやらないといけない?ってもう10年以上ずっと毎回毎回思ってる。

なんかまあ、仮にこの業務がなくなったところで(なくならんだろうけど)、実際の診療業務労働問題解決していないけど…でもこういうところから少しずつ見直していってほしいなと思うのでした。

anond:20180804084212

契約自由の原則とは、人が社会生活を営むに際し結ぶ契約は、公の秩序強行法規に反しない限り、当事者自由に締結できるという民法上の基本原則のこと。

2018-08-03

偉そうな医者医療崩壊のはなし

10年目内科医。ここを見ていると「医者を増やせば解決する、日本医師会が巨悪」「女性医師医療崩壊の原因」云々…との意見が多いように思う。

恐らく東京医大事件に関しても、「男女平等時代に逆行するなんて前時代大学なのだ」といった感想を持つの一般的なのだろう。

しかし、この出来事は実は医療崩壊の最終段階の端緒となる出来事のようにも思われる。

他でも議論されているが、まず医師を増やすことに原則的に反対の医師は多くないように思われる。増やせるものならどんどん増やしてほしいと思っている。

しか問題の根っこは「そこ」ではない。

欧米では医師の数が増えている。

しか我が国医師の数が増えないのは、医師会が反対しているから、医師らが声をあげないから、等々ではないように思う。

欧米と決定的に違うのは、我が国では国民皆保険制度があり、誰でもどこでも医療を受ける権利がある。ということである

極端な話、日本最高峰大学病院に突然風邪でかかっても、数千円のはした金を余計にはらえば見てもらうことができるのである

保険証の力は絶大で、診療の求めを受けた医療機関は「応召義務」のため診察を原則拒否できない。

しか国民皆保険のこの素晴らしいシステムには致命的な制約がある。

それは、国が決めた一律の料金で患者を診察する、ということである。ここに「よりよいもの提供し、より大きな対価を得る」という資本主義価値観はない。

訓練された一流の外科医胃がんの手術をしようが、3年目のペーペーが手術しようが、病院が手にするのは「所定の胃がんの手術料金」である

外来で例えよう。A医師患者の話を遮り、高圧的で、診察は3分。B医師患者の話に共感的で、優しく、10分間丁寧に診察を行う。

しか病院からしたら、A医師は一時間20人分の売り上げを獲得するのに対してB医師は6人分の売り上げしか獲得できない。病院から見てより稼いでくるA医師評価の方が高くなる。

要するに薄利多売のビジネスモデルを「お上」に強制されていて、回転率が命なのだ。即ち某ラーメン屋風に言えば、ロット乱しはギルティであり、長話する客と、それを許容する店員は退店やむなしなのだ。

以上のように、国民皆保険システム病院関係を考えると、「高圧的で話を聞かず、3分診療医師」の需要はとても高いのだ。

B医師人間的には素晴らしいかもしれないが、殆ど病院赤字すれすれでやっている現状をかんがえると、「いらない子」なのである

でもそんなA医師みたいなやつばかりな病院はどうせ患者がこなくなるかというとそうではない。

一つは、医師不足で患者余りであること、もう一つはA医師のような人物は大体特殊技術や多分野における専門医資格保持者であったりするからだ。そのような、希少価値のある医者は一時間20人ほどの予約がはいる。そりゃみんな、「優しいけど非専門」より「ぶっきらぼうだけどド専門」の先生に見てほしいからね。こうしてA医師さらに人の話を聞かず、高圧的になっていくのでした。

以上のように、医療価格は「お上」に決められているのだ。うちはすごい手術するから+10万円ね!なんてできない。当然、すごい手術をする医師特別手当てが出る病院なんてのもない。そもそも病院は儲かってないのだから

そうすると、医師からしたら、腕を磨く必要って何?ということになる。

普通会社であれば、大きなプロジェクト遂行し、地位が上がって、給与もあがり、達成感を得るのだろうが。

それがない医師はどうしたらいい?残されたのは「やりがい」のみである患者さんに「ありがとう」と言ってもらった。助からない人を助けた。そういうことに価値を見いだすしかないのだ。

医師医科大学入学し、その段階から世間とは切り離された環境培養される。総合大学においても医学部とその付属病院は、他学部とは明らかに一線を画している。「頑張って素晴らしいパフォーマンスをあげれば収入が増える」といった極めて基本的資本主義価値観体験することな研修医となり、医師となっていく。

そういった育成環境によりいわば世間知らずのまま育った医師は次第に先鋭化していく。「医師は人命に関わる特別職業であり、滅私奉公を基本とし、過労死も厭わない。金を求めるものは、医は仁術の精神を忘れた愚か者だ」と言う奴すらいる(自分は引いてしまうが、どこの医大にでも少なからずいるものと思う。)

いわばエリート意識の塊となり、医療現場に放り込まれるのである

一人前の医者になってもその「呪いとも言うべきエリート意識から解放されることはない。技術を高めても、接遇を改善しても、給与に反映されることはないからだ。

しかしこの「エリート意識の塊」こそ、現代医療の根幹を支えている人たちなのだ

医者には三種類いる。勤務医開業医フリーターだ。一番儲かる(時給換算で)のは開業医、次にフリーター最後勤務医であるしかし、勤務医は段違いに忙しく、高度な技術要求され、責任も非常に大きい。しかもこの三種類の形態はお互い自由に行きできるのだ。

このような構造は他職種ではあるだろうか?

それでも勤務医存在し続けるのは、「エリート意識の塊という呪い」のおかげであり、先鋭化した医師いるかである。36時間連続フルパワーで働き、土日も働き、下の教育と、病院経営陣との間に挟まれ寿命を削る(実際に勤務医寿命一般人口より短い)。こんなことができるのは言わば「エリート意識の塊=狂信者」だけである

この「狂信者=勤務医」の呪いがとけて、居なくなるとき日本医療崩壊が真に実現するときではないだろうか。

医者を増やす事のリスクとしては、①医師数の増加による、医師社会的ステータスの低下②収入の低下があげられると思う。

①に関して、先に述べたように「狂信者」のエネルギー源は強烈なエリート意識である。数を増やすと言うことは、医師の質は下がるのは必死である(弁護士の例をかんがみても)。今まで医師になれなかった人を、医師にするのであるから。こうした変化は、家族も省みず、収入にも執着せず、すべてをなげうって医療に身を捧げる者の士気を「医師の希少価値の低下」を通じて下げてしまうかもしれない。

②に関しては、医療費はその半分が人件費であり、医師の数を増やすと言うことは、医師一人辺りの給与は下げなくてはならない。これも「医師間で相対的に少ないとはいえ、一般社会人より多い給与を減らすこと」で「狂信者」の、モチベーションを下げ、呪いを解き、開業フリーター医師への逃散を誘発するには十分な理由になるだろう。

まり、今の医療崩壊医師を単純に増やすだけでは解決しない。また増やすことは万事を解決するわけでもなく新たな問題を起こす可能性もある。

これが我が国医師を増加させることが、医療崩壊解決にならないであろう理由である

歪な国民皆保険制度のもと、なんとか医療業界試行錯誤でたどり着いた妥協案が現在医療体制なのだ東京医大問題もその歪みの一部でしかなく、この問題小手先テクニック解決したように見せたところで、根本病理はなにも変わらないのだろう。

(私自国民皆保険制度は素晴らしいと思うし、是非継続してほしいと思っている。)

anond:20180803003822

まあ、養成にかかるコストという話をすると、

厳密に言ってしまえば経営学部経営学を学んだけど経営学使ってない人に投じられた養成費用も「無駄」ではあるんだよな。

でも、大学ってのは職業訓練の場ではなく・・・っていう定番原則が出てくるし、

経営学のものを使わなくても、間接的に「身につけた考え方」とかが役に立って養成費用が回収できる場合ごまんとある。

だけれども、医学科ってのはこの「大学というのは職業訓練の場ではなく・・・」の原則が当てはめにくいっていう問題があると。

大学としてはたしか職業訓練の場ではなく、だけど現実的には職業訓練の場になってしまっているわけで。「養成のための課程」だし。

そういう意味では教員養成課程がある種の教養学部的に使われてるって形は案外とても貴重なのかもしれない。

2018-08-02

anond:20180802225050

一週間で何時間までしか原則働かせてはいけない、という法律があった気がする。

夜勤で休憩は明示的にあるのかな?

2018-08-01

anond:20180801144533

有休申請されたら原則その通り与えないといけない

anond:20180728103408

居住している自治体生活保護担当部署相談

自治体によっては対応が悪い(申請させないように仕向ける)ところもあるので、「申請はとにかくします」とはっきり意思表示することが大事

貯金がある程度あると、時期を見て、ということになるがそれは仕方がない。

よくわからない理由で追い返されてしまった場合には、弁護士を同行して申請することもできる。

日弁連の困窮者支援のための事業なので、原則として本人の費用負担無く可能だが

対応できる弁護士を探すのにすこし時間がかかるかもしれない。

法テラスが窓口になっているので、法テラス(又は各県弁護士会)に問合せるとよい。

まさにこんなときの為の助け合いのための制度から利用すればよい。

安心が何よりの薬になって、きっと回復していく。

生活保護受給しながら少しずつ就労することもできる(収入認定はされるが)し、

これまでよくがんばってきたあなたならまた自立できる。

anond:20180801010626

実際その通りっちゃその通りなんだよなーこれ

伝統的には結婚というのは原則イエの存続のために行うものであって、自由恋愛あくまイレギュラー存在しかなかった

そしてその「イエ」が「国」になっただけ、というのが保守立場

ところでこの立場で考えてみると、LGBT側の主張する「異性愛優遇されているのに」というのがちょっと怪しくなってくる

別に異性愛だって手放しで持てはやしてるわけじゃないし、そもそも自由恋愛という概念自体、本当は認めたくないのかもしれない

あくま人口再生産に必要から、仕方なく優遇してやってるだけ

異性愛だろうが同性愛だろうが平等価値がないわけだ

2018-07-30

anond:20180730173802

その原則を等しく貫徹するならともかく、自分の嫌いな属性が殴られてる時には「生得的じゃないんだからOK」「努力しろよ」「服切られたわけでもないのに」とか言ってのけるのが自称反差別クラスタですので

2018-07-29

anond:20180729112141

原則としてはそうなるんだろうけど、わざわざ気に食わないものばかり好き好んで見に行く輩というのがいるからなあ

2018-07-26

リベラルだけど杉田水脈氏を擁護する

結論

杉田水脈氏の意見全体に賛同するわけではないけれど、「LGBT生産性がないから、結婚制度による社会的優遇には適さない」という主張は、重要な主張であって、暴言失言扱いで軽く片付けられる話ではない。

LGBT結婚を認めるかどうかは、社会制度設計問題としては非常に難しく、かつ、本質的問題はらんでいる。そして、賛成にしても反対にしても、「非常に難しい」ということを認めた上で、議論しないとそもそも議論のもの非生産的ものになってしまうのだが、最近の論争を見ていると、まさにそういう非生産的議論になっていると思う。

議論

そもそも結婚個人間の契約だという立場に基づけば、結婚に対する公的支援は、せいぜい、公証人制度のような形で、契約正当性担保する程度の話のはずで、結婚した人を税制社会福祉の受益者として優遇する措置自体が、平等原則に反するという見方もできる。

では、なぜ結婚制度があるのか。平等原則に反する優遇措置には、理由がなければいけない。これを正当化するロジックとして、2つの立場が考えられる。

1. 結婚次世代の子供を産み育てる個人の営みを、公的支援するためのものであり、公共性観点から結婚した人を優遇することの正当性が確保される。もちろん、結婚制度を利用しながら、子供を産まない、育てないことで差別されるべきではないが、結婚制度最初からそうした目的で利用することは、制度上期待されることではないという立場

2. 結婚は、個人の親愛の情に基いて、生活をともにしたいと考える個人性質に基づく普遍的権利であり、子供を産むか、育てるかという個人選択とは切り離されて考えられるべきであるという立場

最近社会の風潮としても、特にリベラル」の立場からの主張としても、2の立場が取られることが多い。でも、1はそんなに間違っているのだろうか?契約保証という観点からは、2の立場理解できるけれど、たとえば、配偶者控除など税制上の優遇制度を、2だけで、1と切り離して正当化できるのだろうかという問題はあると思う。

また、2の立場理念として正しいとしても、むしろ、それはLGBT<だけ>を結婚制度の枠内にしようという中途半端な仕組みではなく、友人同士であっても、3人以上であっても、共同生活をする人たちが、社会的優遇を得られる制度一般化することでしか正当化されないのではないかという疑問がわく。そして、この立場は、(陰謀論的な意味ではなく)結果として結婚制度解体という方向に結びつかざるをえないとも思う。

こういう議論全体について、自分が言いたいのは、2はダメで1が正しいということではなくて、これがすごく難しい問題だということ。1と主張するにしても、2と主張するにしても、そこには掬いきれない問題があり、それを無視して片方の立場の主張をしてもそれは空虚であるということ。

その上で、昨今の論争について言うと、「LGBT生産性がない」という言葉が独り歩きしているけれど、そもそも結婚制度は、社会の「生産性」のために設計された制度という見方もできるし、現状の結婚制度はむしろそのように設計されている。結婚制度自体解体して、「共同生活支援」のような制度を目指すのなら話は分かるけど、そうじゃないのであれば、「生産性」という言葉尻をとらえて批判するのは、態度として一貫しないだろう。

自分はどちらかというと、杉田水脈氏のような「エセ保守」は滅びてほしいと思っているし、擁護したくもないのだけど、批判する側がきちんと批判できてなければ、批判したつもりでも、むしろ彼らを助長させることにしかならない。だからこそ、この論点に関しては、杉田水脈氏の側にも一理あると指摘したい。

2018-07-25

anond:20180725135946

Policy Rationaleの意味を解さな文盲かな。

ここでいう原理原則は当然おまえの原理原則ではなくてFBのものだし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん