「ビジネスホテル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビジネスホテルとは

2018-05-25

アスペうつ病だけどプチ家出したい

当方都内地下鉄駅で自殺未遂を起こして現在休職中のゆとり世代ダメ人間うつ病ASDのデスコンボを喰らった。

現在南九州にある実家で療養している。

自分食事の用意と洗濯物の取入れ以外の家事もしなくていいので基本的に気が楽である

しか実家はド田舎であるバス停コンビニに行くのに片道徒歩1時間かかる場所である

その上相互監視の目は光っており、平日の昼間に散歩していただけでも陰口をたたかれるどころか、最悪不審者認定される地域である

ネカフェのような気晴らしできる場所もない。図書館すら遥か遠くにある地域である

そもそも運転免許も持っていない。家に自転車すらない。病院の日を除いて、事実上実家軟禁されているような状況だ。

父親は優しいが抑圧的な側面を持ち、母親もそれに同調する感じである家族一緒にいると一抹の息苦しさを感じる時もある。

そもそもいい大人が年老いた両親に病気名目パラサイトしている時点で罪悪感を感じてしまう。

 

からといって東京の自宅に帰ればどうなるか。確かに平日の昼間に歩いていてもスルーされるだろう。

気晴らしの場所だってたくさんある。両親が抑圧してくることもない。そういう意味では気が楽だ。

しか一人暮らしのためすべての家事を一人でこなさなければならない。肉体的にも精神的にも相当な負担がかかる。

自分には友人がいないため、東京に戻れば孤独の身になってしまう。

その昔、武田鉄矢が「うるさい親ほどあったかい」ってCMをやっていた。息苦しくても傍に家族がいないのは寂しい。

それらの負担により症状がぶり返す可能だってある(というかぶり返して実家に戻る羽目になった)。

 

単なる甘えだが、実家のように気が楽で、東京のように気が楽な場所はないものか。

くそういう楽な場所に行きたい。

症状が重篤だった時は「楽な場所あの世」だったが、今は「楽な場所首都圏以外の大都市圏ホテル」になっている。

具体的には南九州東京中間にある京阪神地区である。そこいらのビジネスホテル孤独感を感じない程度(3日~1週間)に休みたい。

それを家族カミングアウトすれば心配という名の説教が待っている。何も言わずこっそりと出て行きたい。

 

自殺志願から家出志願になっただけでも症状は改善されたのだろうか。

とにもかくにも京阪神地区に逃げて楽になりたい。

単なる逃げ癖・失踪癖の一種だし甘えでしかないのだろうけども。

自身の身勝手さにほとほとあきれ果てるばかりである

畢竟自分卑劣下劣人間未満のクズである

2018-05-24

コンビニに置いてあるえっちな本の是非

撤去するべき!ってステキな奥さまっぽい人たちが声高に主張している時。

そうですね…と曖昧に笑って相槌を打っている時。

ビジネスホテル近くのコンビニで深夜、出張でくたびれたように見えるサラリーマンがしばらくえっち雑誌の陳列棚の前に佇んで、発泡酒が入ったカゴに選んだ一冊を放り込みレジに向かった姿を思い出す。

顔はおぼえていない。

背中がとても丸くなっていて、この人はとんでもなく疲れていると強く思ったこしか

2018-05-23

一人で温泉旅館

男性何名かの旅の記事を読んで思い出した。

出張で北の方のとある観光地に一人で行って、せっかくだしと温泉旅館に泊まったのだが

食事をするところ(大広間的な)で中年男女のグループから聞こえる音量で

「女で一人で食べてるよ…」「なんで一人なんだろうね?」と言われて気が滅入った。

旅館ちょっと良い食事をすることを楽しみにしていたのだがどうもそのグループ

ずっと前の席にいて落ち着かず結局あまり味を覚えていない。

で、その人達の会話は続いてて「男だったら出張とかあるけどねぇ。」だって…。

別に悪いことしてるわけじゃないけど一人で温泉旅館結構厳しいんだなと思った。

それ以来どこへ出張するにしてもビジネスホテルにしている。

2018-05-22

彼氏東京に来た時にどこに泊まるか問題

彼氏とは飛行機距離遠距離恋愛中。

自分都内実家暮らし

彼氏東京に遊びに来た時、宿泊する場所でいつも頭を悩ませる。


だいたい金曜の夜にこっちに来て、日曜の昼に帰るスケジュール

いつもじゃらんビジネスホテルを探して予約するんだけど、アクセス設備や部屋の広さを考えると本当に難しい。

都内で安くて清潔で広くてアクセスの良い宿はなかなか見つからない。


宿はあらかじめ決めておきたい&連泊希望からラブホって選択肢はなし。予約できるところもあるけど、そもそもラブホちょっと苦手。

実家に泊まるのも今の段階ではまだ無しって考えると必然的ビジネスホテルになる。


駆け出し社会人からあんまりお金かけたくないんだけど、せっかく会えるなら最低限のスペックは欲しいしな〜

最近東横イン率が高いけど、荷物が置けるスペースがもうちょい広い方がいいなとか色々考えてる。ホテル店舗によっても違うんだろうけどね。


品川東京まで電車で30分圏内くらいで駅からアクセス性、清潔感、広さ、コスパのいい宿を絶賛探し中。

2人で1泊1万円くらいで泊まれたらいいなと思ってる。(安ければ安いほどいいんだけど)

大きすぎる駅は移動が大変だからまり好まない。(新宿池袋とか)


彼氏とは基本的にいつも仲良しなんだけどいつも宿を決める段階でなかなか決まらなくて若干喧嘩っぽくなっちゃうのが嫌なんだよね。

これからは毎回ここがいい!ってくらいのお気に入りの宿が見つかればいいんだけど。


というわけで、今日も予約サイト巡回です。

2018-05-15

ビジネスホテルの部屋に入った瞬間の、あの「よそよそしいよ〜」って空気

でも敵対的なわけではないあの空気

あれが好きすぎる

2018-05-08

今の就活って売り手市場って言うけど

たとえば関西から関東まで面接に行ったら、往復の新幹線代とビジネスホテル代ぐらいは出る感じ?

anond:20180507203958

え、いいに決まってるじゃん。むしろ何でダメなの?

ビジネスホテルオナニーしてもいいの?とかAVを見てもいいの?っての同じレベル質問

もちろん宿泊者以外を部屋に招き入れるのはNGなところが多いけど、それはセックスすることとは全く別の話

anond:20180507203958

二人分払えばいいだろ

シングル(大抵はベッドはセミダブルサイズだろうけど)の二人利用プランカップルおすすめ♪なんて書いてるホテルもあるし

便乗の疑問だが

最近はデイプラン日中2,3時間利用でいくら、って料金体系)があるビジネスホテルも多いけど

あれはラブホ代わりに使えという意味なのか

本当に純粋に一人での休憩に使う前提なのか未だに分からん

2018-05-07

anond:20180507203958

ちょっと検索しただけでも

デリヘル読んだときフロントで止められないビジネスホテルリスト

なんてのが出て来るからけっこう皆ヤってるんでしょう。

だったらいいんじゃないですかね。

2018-05-01

治らない病

別に命にかかわる病気じゃないんだけど、めんどくさい持病がある。時々顔の筋肉コントロールが効かなくなって、勝手にほっぺたや目の周りがこわばってしまう。他人から見てどの程度異様に見えるのかは分からない。いちおう職場上司には話してあるので、その情報が周りに伝わっているのかも知れない。発病当初は瞬きの回数が尋常でなく多くなり、だんだん目が勝手に閉じようとするようになった。その時には「苦しそう」「痛そう」と言われたが、その後目の症状はなりを潜め、その代わり広範囲筋肉に影響を及ぼすようになった。

服薬をしながら、ときどき病院ボトックス注射を打ってもらっている。あのしわ取りに使われるので有名なボトックスだ。余計な筋肉の動きを止めるため、私のような病気の持ち主のために作られた薬らしいが、あんなのを美容目的100%自己負担で打ってもらう人の気が知れない。私の場合健康保険適用されるので3割負担だけどそれでも高いと思う。

もはやこの病気との付き合いも8年ほどになるが、全く治る気配がない。原因からして不明だ。ストレス性の病気かと思われがちだけど、仕事が忙しいとき、イヤな仕事をしなければいけないときに出るとは限らず、家でのんびりしていても症状が出ることがある。なぜか旅行に行くと、旅先では症状が出ないことが多い。

が、やっぱり人生でいろいろ不本意な部分があり、それがこの病気を呼んでいる気がしてならない。それなりの給料福利厚生保証してはくれるが、2~3年でだいたい異動することになり、仕事内容を選ぶこともできない我が会社。そしてコミュ障ゆえに全然広がらない、深まらない人間関係。もはやいろいろなときに一人で行動することには慣れてしまったけれど、一人で動くと不便なことも多々ある。特に旅行に行きたいと思っても「一人部屋料金をとられるか、ビジネスホテルのようなところにしかまれない」「ペーパードライバー公共交通機関がある程度あるところにしか行けない」というのが非常に不便だ。

もっと近場で行きたいところがあっても、気軽に誘える相手を思いつかない。こっちは友達だと思っていても、向こうはそう思っていないことなんて日常茶飯事だ。そこそこお金はあるけれど、結局交際費お金がかからいか貯金できるだけなのだ。いろんな人と気軽にうまく付き合っていける人が羨ましい。昔は美女可愛い女の子が羨ましくて仕方がなかったけど、私と同レベルの顔でも人生楽しそうに過ごしている人もいるので、あまり容姿関係なさそうだ。友達に「○○ちゃん(私のこと)は、『自分自分はこのままでいい』って思えないの?」と言われたことがあるけど、要するにいわゆる自己受容ができていない、自分のことが好きになれない状態らしい。自分自分のことを好きになれないと他人にも好いてもらえないそうだが、そんな理屈だけ分かっていても簡単自分のことを好きになれそうにない。

もはやこの病気が顔の筋肉の病なのか、自己受容できない心の病なのか自分にもよく分からない。

2018-04-21

anond:20180421214513

日本マンションビジネスホテルっぽいよな。余りにも狭すぎる部屋のマンションを建てる事を禁止すれば良かったのに。

2018-04-18

木古内という田舎に、ホテルが建つらしい

まず、木古内というのは、北海道の南、函館松前の間くらいにある小さな町です。

少し前に北海道新幹線が開通し、駅前はガラッと変わって整備され、

道の駅じゃらん満足度1位に選ばれたり、

特徴を上げるとすれば、そんな感じの田舎の町なのです。

僕はここに20年近く住んでいます小学校から、今は無き高校にも通いました。

人口はどんどん減ってく一方で、お年寄りはどんどん増えていくような、そんなところ。

でもローソンセコマセブンイレブンコンビニがそろってる上に、

病院スーパーも2件あって、昔ながらの商店も、飲食店銀行もある。

個人的にはとりあえず住む分には不自由しないかな、とは思っています

日常生活を送る分には十分な規模の町です。

でも、わざわざ他の町から来る人はあんまりいない。

いたとしても、近隣の町からスーパーに買い物に来たり、病院に通う程度。

新幹線が通るまでは、そんな感じでした。

新幹線が通って、駅前が整備されて、道の駅もできたおかげで、

知内のカキニラ祭りに行ったり、松前花見に行ったりするときに通りすぎるだけの町から

通り道だしついでに寄る、道の駅があるし行ってみる、車を止めて新幹線内地に遊びに行く、

そんな町に変わりつつあるような気がします。

駅前を歩く観光客だとか、駅から歩いてきたような人たちがみそぎ浜にいる、なんて光景

少なくとも新幹線が通って道の駅ができるまでは、あんまり見かけることがなかったのは事実だと思うんですよね。

個人体感であって、正確な統計なんかはないからなんとも言えませんが。

まあ、そんな感じで、賑わいとまではいかないまでも、

以前よりはお客さんが増えつつあるこの町に、ホテルが建つらしいのです。

個人的には「いいじゃん!」と思っていたのですが、

家のポスト反対運動チラシが入っていたり、SNSでも微妙な反応を見てしょんぼりしつつ、

現状を整理しようと匿名のこの場所に記することにしました。

記するというよりは、所感を散文したという感がありますが。

新幹線開通の時にも色々ネガティブな話はあったような気はします。

まあ確かに、こんな田舎新幹線が通ったって誰も乗らないんじゃないか?って一理ある。

でも僕は旅行好きの人間で、美味しいものが好きです。

木古内から新幹線に乗って、青森仙台には何度も足を運んでいます

青森には世界で一番美味しいと思えるアップルパイがあり(個人の感想です)、

仙台牛タンは一食2,000円とか強気だなと思いつつも、美味しいから惜しまお金を払ってしまます

木古内から新幹線に乗って内地に行けることの一番のメリットは、

遠い函館空港まで車で移動しなくていいこと、と僕は思います

行きはともかく旅行帰り、空港に帰ってきてそこから車で木古内まで帰るのは、ちょっとしんどいものです。

話はそれましたが、そんなふうに僕は木古内町に新幹線がやってきた恩恵を、

いっきり受けている人間なので(台風飛行機欠航し、新幹線乗り継ぎで大阪木古内へ移動もしたことがあります

新幹線ホーム自分以外の乗車客がいないと寂しいと感じはしますが、

新幹線については無駄だったとは思わないし、これから未来も、必要性もあると考えています

積極的宣伝なんかを続けていかないと、在来線みたいに廃止なっちゃうかも、

なんて危機感をうっすら抱いていたりもしますが……。

さて、ここでホテルのこと。

現状、木古内町にも宿泊施設はあります

正直、木古内町に住んでいてわざわざ宿泊施設を利用することはないけれど、

付き合いなんかで中を見たことはあるので、どんなものかは知っています

木古内町の宿泊施設はこれまで観光客をメインに泊めて来たわけではなく、

工事関係者なんかの寮みたいな感じで使われることが多いとは思うのですが、

それにしても、新しい宿泊施設ができて、そっちにお客さんを取られてしまう!という気持ちは、

充分に理解できます。僕が当事者だったら頭を抱えます

でも、そこで町を叩くのは違うんじゃないか?と思ったわけです。

しろ町はこんな田舎によくホテルなんか誘致したな!どうやったんだ?!と思うのですが、

反対運動のチラシには、町民の税金をどうのこうの、と書かれていました。

でも町が完全にお金を出すわけじゃなく、

資本金は町内の企業が集まって設立した会社から出るのですよね?

運営ホテル業者委託するみたいですが、町が緩和する固定資産税?だったかは、

木古内町に移住する人ならだれでも受けている恩恵のはずですし、

町に来てもらうために手を貸す、というのはおかしなはなしではないと考えます

すでに木古内町にある宿泊施設からしたら、新しい所にお金を出して、

自分たちは放っておかれるんだ!って気持ちがあると思うし、

そこは平等に町もどうにかすべきなんじゃないかと思っていたら、

SNSの反応を見るにそちらにも補助金が出るらしいし、

(確定情報ではないので、違っていたら申し訳ありません)

それでひとまずは平等なのでは?と思います

それ以降はホテルだって色々独自宣伝サービスなんかで

生き残っていけるよう頑張るだろうし、

既存施設もこれまでと同じではいられないのだから

どうにか知恵を絞りだして頑張るしかない。

ホテル側には新しい施設というアドバンテージがあるけれど、

既存施設には地元の固定客っていう強みもある。

個人的にはお互いこう、

協力していけたら一番なんじゃないかなあと思うのですが、

反対運動の感じを見るにうまくいかなそうなので、

木古内町に住む一個人としては、こんな小さい町なんだし、

仲良くとはいわないまでも、うまくやっていけないもんかなあと思います

さて、僕個人としては、木古内町にホテルが建つ事について、

すでに述べた通り「いいじゃん!」と今でも思っています

ビジネスでも観光でも各地のホテルなんかにまり歩いてれば、

わかることなので、はっきりいいますが、

現状、木古内町にある宿泊施設は、

よくある駅前ビジネスホテルよりも劣っていると感じているからです。

接続とか、徒歩1分以内!などの一等地ホテルを示しているわけではなく、

から徒歩10分、ネットホテルを探すとき価格の安い順」検索をして、

上の方に出てくるような、そこそこ安価ビジネスホテル比較しています

もちろん、従業員の人柄やおもてなしなんかで満足度は大きく変わると思いますし、

資金がないから改築なんかできない、となると、

そこは満足してもらえるよう頑張るしかないのかな、と思うのですが、

僕は経営専門家ではありませんので、このあたりは控えさせていただきます

でも、新しい施設でなくたって、繁盛しているところはたくさんありますよね?

個人気持ちとして、もし遠方からの知人や友人を招いたとき

木古内町の宿泊施設に泊まらせてしまうぐらいなら、

我が家で泊まってもらった方がいいかな、と思います

見栄じゃないんですけど、そしてきっと、

もしここを既存宿泊施設関係者の方々がご覧になったら、

「なんてことを言うんだ!」とお怒りになるのも覚悟のうえで述べますが、

今ある宿泊施設に友人を泊めて「こんな程度のところしかないのか」と思われるのが、

ちょっと恥ずかしいなと思うのです。

いや、だからと言って、新しいけど単なるビジホに友人を泊めて、

「どうだ!僕の住んでいる町はいいところだろう?!」と胸を張れるかというと、

それは否、なのですが。

言葉を飾らずに言うと

「都会ほどのものとは言わない、まともなビジホ一軒ぐらいあったほうがいい」

あと、個人的には反対している既存宿泊施設の方には、

各地のビジホや旅館を見てきたほうがいいのでは、と感じます

赤字赤字と町を責める言葉を拝見しましたが、

身銭を切って投資をしなければ、今後落ちぶれていくだけです。

木古内町には知内町のニラのほどの特産物も、

函館ほどの絶景もありません。

どうにかして、道の駅だけでなく、木古内町に訪れてもらうきっかけを作ろう。

そう努力している町は頑張っていると思うし、

そこに手を上げた企業の方々は、これから頑張ってほしいと思います

もちろん既存施設には日頃お世話になっていますので、

これからも頑張ってほしいな、と思うのです。

非難の声を上げるだけではなく、前向きに受け止めてほしいな、と。

2018-04-13

巷にはメンズエステかい

巷にはメンズエステ(メンエス)とかいビジネスがある。

検索すると色々なWebサイトがヒットするが、どこも似たような作りとなっている。システムスケジュール、予約、アクセス等々、いわゆる性風俗サービスサイトと作りはほとんど同じ。システムをみると、60分10000円くらいか時間に合わせて値段は様々だ。

「メンエス」で検索するとヒットするのが、いわゆるレビューページ。様々なメンズエステでの体験毎日のように更新されている。これも作りは、性風俗サービスレビューページとそっくり。書いてある内容というか文体もよく似ており、具体的なサービス内容がぼやかされていることがあるのも似ている。確かにWebサイトにはあまり明確なことが書いていない。強調されているのは「癒やし」「治療目的としたものではない」「性的サービスは一切ない」とか。「アクセス」もぼやかされていて、「最寄りの駅から電話をしてください」とあるのが定番だ。

性風俗サービスにも、性感マッサージエステと称するジャンルがあり、オイルなどによるマッサージと抜きがセットとなっている。この場合ほとんどの店は派遣型か、受付所で手続きして近くのホテルサービスを受ける、

いわゆるホテヘル型になる。店舗型のエステはあまりいたことがない。さらに、シティホテルビジネスホテル宿泊すると、出張マッサージを呼ぶことができる場合がある。シティホテルならホテルマッサージ師が常駐しており、時間が合えばすぐに部屋で施術を受けることもできる。小規模なホテル場合、あるいはオイルマッサージ場合は、派遣型となり、電話で予約をすると、どこかから施術者がやってきて、オイルなどによるマッサージサービスを受けることができる。この場合性的サービスは一切ない。他、高級ホテルなら、ホテル内に「SPA」があり、同様のサービスホテル内のSPAで、あるいは宿泊する部屋で受けることができる。

街角にあるマッサージ屋、サウナでのマッサージホテルでのマッサージ出張のオイルマッサージ、性感エステなどを利用したことはあるが、メンエスは仕組みがよくわからないため敬遠していた。非常に疲労し体がだるいある日の午後、時間だけはあり余っていたので、思い立って都内にあるメンエス電話をしてみた。電話の受付は女性。開始時間施術時間リクエストして予約をする。予約の時間になったら、最寄りの駅のX口から電話をしてください、ということだった。その時間指定された場所から電話をすると、サービス提供する場所をより詳しく説明してくれる。この対応女性であった。場所は、近くのマンションの一室のようであり、簡単に見つけることはできない。どこどこの交差点についたらまた電話して、というやり取りを繰り返し、マンションの近くまで来たところで、建物名・部屋名が明かされた。なお、今回の場合Webサイトに具体的な住所・建物名・部屋名の記述はなかった。

指定されたマンションオートロック式で、部屋番号を呼び出して建物の中へはいり、エレベータで部屋のある階まで移動した。新しめのマンションのように思える。部屋の前でアホンを押すと、しばらくしてドアが解錠され、日本人女性が一人で現れて入室するように促された。玄関はいるとすぐに小さなキッチントイレ、浴室があるような単身用のマンションである。部屋には、施術者の女性マッサージ師のような衣装でたっていだけで、他の人はいない。間接照明のため薄暗いリビングには、小さめのソファがあり、床にマッサージ受けるための敷物があるだけ。ソファに座り、最初に代金の精算をおこなった。ここで、ひとつ予想外のことがあった。90分のサービスで事前に金額を聞かされていたものの、部屋で示された用紙には、プラス3000円で「VIPコース」「ラグジュアリーコース」(場合により呼び方が異なる)があり、それをお勧めされた。ただし、具体的に何がVIPラグジュアリーなのかの記述説明はない。特に考えもなく、追加の金額を加えて支払いをした。その後、流れについて簡単説明がある。これは単純な話で、最初に一人でシャワーあびるシャワーが終わったら体を拭き、準備された場所に横たわって施術を受ける、施術が終わったらもう一度シャワーを浴びる、というだけ。シャワー用には、貴重品袋が用意されていた。シャワーの間、施術者は準備をするという。

浴室は単身者用の部屋によくある狭い湯船の浴室で、ボディーソープ、あかすりスポンジなどが準備されている。そして、シャワーを浴びた後に履く、パンツ。これは、オイルマッサージであれば、出張マッサージでも用意されていて、シャワーの後にはそれだけを身につけてベッドに横たわるものだ。使い捨てのものであり、なぜだかわからないがTバック、というか後ろはほぼヒモであり、前もどうにか隠れる程度の下着だ。普段そのような下着をつけることのないおっさんには違和感がありまくる。

さて、シャワーをあびて、露出過多な使い捨てパンツを掃いて部屋に戻ると、施術者が衣装を変えていた。変えていたというよりは、脱いでいた。全裸ではない。透け気味のキャミソール姿である過去ホテル出張のオイルマッサージを受けた際には、施術者が着てきた着衣を脱ぐことは一切なかった最初から性風俗であると謳っている性感エステの場合、着衣からまり、流れでトップは裸、全裸など様々である。「性的サービスは一切ない」はずのメンエスとは、健全なオイルマッサージと、性感エステの間に漂う玉虫色存在なのだろうか、と思いつつ、施術は進行していく。メンエスとは一体なんなのかという謎に、少しだけヒントが与えられた気がした。

最初は、うつ伏せで、オイルを使ったマッサージ下半身からはじまる。なぜだかわからないが、敷物の周りには、床に横長の鏡が設定されてい、自分が横になってマッサージを受けている様子をチラ見することができる。マッサージこのような設備必要だろうか?ということはともかく、「今日はお休みですか」「どちらからお越しですか」などのマッサージあるある会話をしつつ、淡々とオイルによるマッサージが行われる。一通り、足裏からふくらはぎ、ふとももまで下半身をオイルにより摩擦したところで、施術者は体勢を変えて、うつ伏せの頭側へ移動してきた。そのまま、うつ伏せの頭の上にほぼまたがるような体勢で、背中の上側から上半身マッサージがはじまる。このような不思議な体勢によるマッサージははじめて経験した。なお、施術者はキャミソールパンツのみであり、いわゆる頭と下半身は近い。布一枚。接触をするわけではないが、もやもや、する。趣味についての会話をしながら施術は進行し、後半は仰向けでマッサージをうけた。最初に、施術者は上半身の首やデコルテのあたりをマッサージしてくれる。さらに、下半身側に移動して、今度は仰向けの体勢で下半身周りのマッサージをする。「これがリンパを流すってやつや!」と考えながら、そして全身オイルまみれになりながら、足の付け根の周辺のマッサージがおこなわれていく。ここまで完全に受け身であり、マッサージからそれは当たり前なのである。十分にリンパがながれたくらいのところで、時間となり、マッサージは終了した。もう一度シャワーを浴びて、オイルを流し、少し休みお茶などを飲んでから、着替えて部屋をでた。少し体が軽くなった気がする。

部屋を出る前に「VIPコース」というのは、普通コースと何が違うのか?と尋ねてみると、衣装が違う(脱ぐ脱がない)のだということであった。別の店でも同様の説明を受けた。

オチはない。

2018-04-11

ドクターペッパー彼女

遠距離恋愛彼女とひとしきりイチャイチャして一眠りついたのだけれど1時間そこらで目が覚める。のどが渇いた。小銭入れを持って出張先のビジネスホテルの部屋から自販機に向かう。自販機お金を入れようと小銭入れを見る、中には120円。うおい、10円足りねえ。飲み物は諦めて寝ようかな、と思うけれど、ふと自販機の中のドクターペッパーが目に止まってしまう。なぜかひどく魅了される。飲みたい。あの独特な風味と炭酸に浸りたい。部屋に1000円札を取りに戻り、自販機と向き合う。どうしようかなあ、悩む。ジャラジャラと重くなった小銭入れにささやかな敗北感を抱きながらドクターペッパーを握り、静かに部屋へと戻ってボロいセミダブルベッドの縁に腰を掛ける。プルタブを引くと同時にプシュッと吹き出す炭酸の音。うめえなあ。これは勝利の味と言ってもいいかもしれんなあ。「んーっ」彼女がはだけた浴衣を直しながら、少しだけ起き上がる。「ごめん、起こしちゃった?」「ううん」彼女は首を振る。「どうしたの、もっかいエッチする?」「ううん」呆れたふうに笑いながらまた首を振る。うん、俺ももうそんな元気はない。触れるか触れないかくらいかキスをすると、彼女はまた眠ってしまったみたい。彼女の優しい寝顔を眺めながら、ドクターペッパーに口を付ける。次はいつ会えるかなあ。少しだけ寂しくなりながら、明日仕事頑張ろう、と思う。

2018-03-30

anond:20180219002923

10年前に心斎橋婚活パーティで時給815円で司会してたことを思い出すわ−。もっと悲惨なのはパーティ開始早々で起きる。たぶん、初めてではない女子の参加。一回はカップルになるとか、いい人見つけたんだと思う。そんな女子の二人組のうちの一人は会場内の男性の顔見た瞬間に、顔が青ざめて。もう一人の子がどうしたの?って顔してた。(常連ばっかでさ。男の方は、ステイタスだったんだけどね。女子の参加料は1500円とかだったよ。男子3000円ぐらいだったかなー。)

どうして、そういう表情になるかなって顔してた。そして、退散されてしまった。

受付で身分証提示と参加料の支払いを済ませてから会場の内に入れるシステムだった。だから彼女たちはお金を払ったにも関わらず、出ていったことになる。

  

どういうことか、カンのいい人って気がつくかもしれない。

  

たぶんさー、一度交際した相手がいたんじゃないのかなって思う訳よ。訳ありで、別れたかな。。一日2回ぐらいパーティ開催して、2回とも参加する男の人がごろごろいたしなー。いやー、大変大変。あのねー、変なリピーターがいてねー、出会い産業って、ちょっと、色々あるのよー。

【*ちょっとブコメついたので追記】

婚活パーティーの経費と言うと、基本的参加者を募るための広告費が大半だった。当時は、フリーペーパー掲載されているのがメインで今のようにネット広告は、まだまだ、下火の時代だった。また、会場はビジネスホテル会議室の中で、ロの字型に並べる形だ。

本格的な司会者の人(芸人さんとか、結婚式の司会とか出来る位のレベル)もいるんだろうけど。この時のバイト先は普通素人がやってたよ。

  

もちろん、真面目に素敵な人との出会いがあって人生パートナーを見つける人も数多くいるんだろうけれど、一部、そういう事例もあったなーと。

2018-03-18

ドクターペッパー彼女

遠距離恋愛彼女とひとしきりイチャイチャして一眠りついたのだけれど1時間そこらで目が覚める。のどが渇いた。小銭入れを持って出張先のビジネスホテルの部屋から自販機に向かう。自販機お金を入れようと小銭入れを見る、中には120円。うおい、10円足りねえ。飲み物は諦めて寝ようかな、と思うけれど、ふと自販機の中のドクターペッパーが目に止まってしまう。なぜかひどく魅了される。飲みたい。あの独特な風味と炭酸に浸りたい。部屋に1000円札を取りに戻り、自販機と向き合う。どうしようかなあ、悩む。ジャラジャラと重くなった小銭入れにささやかな敗北感を抱きながらドクターペッパーを握り、静かに部屋へと戻ってボロいセミダブルベッドの縁に腰を掛ける。プルタブを引くと同時にプシュッと吹き出す炭酸の音。うめえなあ。これは勝利の味と言ってもいいかもしれんなあ。「んーっ」彼女がはだけた浴衣を直しながら、少しだけ起き上がる。「ごめん、起こしちゃった?」「ううん」彼女は首を振る。「どうしたの、もっかいエッチする?」「ううん」呆れたふうに笑いながらまた首を振る。うん、俺ももうそんな元気はない。触れるか触れないかくらいかキスをすると、彼女はまた眠ってしまったみたい。彼女の優しい寝顔を眺めながら、ドクターペッパーに口を付ける。次はいつ会えるかなあ。少しだけ寂しくなりながら、明日仕事頑張ろう、と思う。

2018-03-17

誕生日の過ごし方

もうすぐ私の誕生日が来る。いちおう両親とお洒落レストラン食事に行く予定ではあるが、ディナーだと猛烈に高そうな店なのでランチにした。しか誕生日当日は母の都合が悪いので、食事会は誕生日の前日である

で、誕生日当日と翌日も休みの予定にしてある。全然予定がないので、おひとりさまOKの温泉宿でも探して泊まりに行こうかと思っていたんだけど、今年は桜の開花が早そうなので、都内の桜の名所めぐりをするのも良い気がしてきた。

普通に自宅から行ってもいいんだけど、家だと油断して寝坊しがちなので、千鳥ヶ淵に近いビジネスホテルかに泊まって、朝一番から桜の写真を撮りに行こうかな。写真趣味なので、とりあえずカメラとかはいっちょまえのを持っている。足順としてどう回るのが能率いいだろう。思いつく名所は千鳥ヶ淵の他に上野公園新宿御苑、あとちょっと不便だけど砧公園かな。多摩地区23区内よりちょっと開花が遅そうな気がするので今回は除外しようかと…。こういう過ごし方ってどう?

2018-03-06

ドミトリー

てのに泊まってみたが。

どこもダニだらけで

あかんな。

田舎の広い安い宿でいいわ。

保健所はよ入らな病気の温床。

ネカフェが清潔に感じた。

世界中バックパッカー

かゆい

要注意。

ネカフェか、カプセルがよい。

あるいは一棟貸しか一部屋貸しの

田舎の広い家。

田舎の家なんぞ10部屋あるうちなんか

たくさんあるから

そんなんでやってほしい。

たぶんつぶれるな。

パタパタとできたが。

結局、ビジネスホテルに落ち着く。

日本人日本発祥ビジネスは清潔。

2018-02-27

anond:20180227183220

ふえぇこわぁい

そこまでして襲うならお金払ってプロ行ったほうがよさそうだけどきっと性欲とかじゃないんだろうねえ

じゃああそこは実質男性専用ビジネスホテルってことなのかなぁ

anond:20180227182219

サウナでもカプセルでもなくて連れ込み宿ではないですってわざわざ書いてあるビジネスホテル

泊まろうとしたら女一人では泊まれませんって言われたんだけどあれはなんだったのか

謎や

anond:20180227143019

ビジネスホテルのカミソリでスネ毛剃ったことあるけど、あれ最早毛を剃るっていうより肌削られてる感じ

肌赤くなって痒いし鳥肌みたいになっちゃって酷い目にあった

刃が増えるほど肌への負担が大きいとか初めて聞いた

刃が増えるほど高くなるし肌も荒れないんだけど

2018-02-25

anond:20180225205509

昨日なんかよくわかんないビジネスホテルって書いてあるところ安かったから泊まろうとしたら女の子一人じゃ泊めれないですって言われた!!

理由不明

連れ込み宿ではない健全な宿ですってわざわざ張り紙してあったのに!!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん