「話者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 話者とは

2019-01-12

anond:20190112093839

昨今、ケータイ小説から始まって、ネット文体ラノベ文体やなろう系がかなり日本語シンプルアップデートするべく頑張っている

ここは全然からないな。むしろその逆でネット文体ラノベなろう文体こそ文末表現等の多彩さや新語造語が見られるし、どんどん新しくなってどんどん陳腐になって入れ替わっている。その場そのときしか通用しない独特の詩的な表現というのも当然無限に作られる。

シンプルで簡潔で正確な伝達に適した客観的文体というのは、論文に使うような文体あるいはテクニカルライティング意識した文体のようなもののことだろう。

ネット文体ラノベなろう文体使用難易度が低い(音節が短い、極端に省略される、内容が幼稚)という意味一見シンプルに見えても、表現の多彩さという意味では今までの言語変化よりも(ネットでの共有が圧倒的に速いので)もっと急激で爆発的な変化、進化を含んでいて、むしろシンプルではなくかなり技巧的で一般日本語話者全体に定着させるのは難しいはず。

簡潔で曖昧性を克服し、正確な伝達を望むなら小説や詩などの文学的形式から距離を取るべきで、論文マニュアルなどといった形式にならうべき。ラノベ文体(やそれに影響を受けたネット文体)といっても文学である以上詩の領分にあるし、詩は物事を一対一にシンプル表現するものではない。

というか逆に「死ねばいい」を英訳するにしても何通りでもパターンは作れるし、そんなのは翻訳の不確定性の問題にすぎない。別に日本語問題ではない。

ネット文体ラノベなろう文体日本語シンプルにする機能を期待しているならそれはまったく間違っていると思う。むしろこれからも幼稚ながらも複雑性を助長していくし、そのアドホック表現や未知の言語変化や表現の多彩さ珍奇さこそが言語表現による娯楽なのだし。

2019-01-05

anond:20190105214549

「話が長い」に尽きるだろ。

話者が好みじゃなきゃ、ただひたすら苦行だぞあの長さは。

anond:20190105120705

日本語圏の差別には日本語話者反差別専門家が、韓国語圏の差別には韓国語話者が手分けして対処しましょう(今回の件は向こうの専門家に任せるべき)ってロジックらしいよ

とは言っても韓国語圏の専門家は手が空いた時期に日本に手伝いに来てくれることもままあるみたいだが

2018-12-30

anond:20181229181037

英語話者に対する言語習得難易度

http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20090919/1253362856

これを見るとスウェーデン語ノルウェー語デンマーク語は[カテゴリーⅠ: 英語と密接に関連する言語]で23-24週(575-600時間の授業)で習得できる。

ここにも書かれているように、スウェーデン語デンマーク語のもの簡単なのではなく、『英語と密接に関連する』からこそ早く習得できるわけだ。

逆に日本語は[カテゴリーⅢ: 英語ネイティブスピーカーにとって極めて困難な言語]で、英語ネイティブスピーカー習得するには2200時間程度必要だとされている。それは英語比較した時に日本語というもの文法発音などが極めて違いが大きい単語からだ。

となると、この2200時間という数字は「日本語ネイティブスピーカーが、英語習得するために必要時間」の目安であるとも考えられる。一方で、日本で、中学から高校の6年間で週4時間英語学習しても学習時間は840時間にすぎない。

2018-12-27

anond:20181227011254

それがねー、強すぎるが故に恥ずかしくなるんですよ。

相手コントロールしようとしてるんじゃないか的なね。

しつこく、「関東圏6年の関西人なのに頑なに関西弁」に対して言うけど、奴らの強い関西弁に対しては横浜あたりの「~だぜ」が結構効く。

思いの外クリティカルに効く。奴らは「流されない」関東ネイティブに弱いが、横浜弁は特に効く。

あと、関西弁話者は非関西弁話者関西弁に対して異様に厳しい…

ちょっとでも違和感のある関西弁を聞くと「ご出身はどちらで?」と聞く。

聞いてしまう…

2018-12-23

anond:20181223175820

1.日本語と英語文法、語彙などの違いが大きいから他の言語話者に比べて習得が困難

2.日本語で高等教育、高給な仕事への就職ができてしまうから英語を学ぶモチベーションが他の国に比べて低い

2018-12-20

anond:20181220193610

でもさー「Aちゃん綺麗になったねえ、やっぱ結婚して旦那様に抱かれると変わるねえ!」とかもう、これ完全にキモい親父のセクハラ発言なんだけど、ほんの十何年かまえまでは、多分ごく普通褒め言葉というか、品はないかもしれないけれど祝福の言葉だったわけでしょ? 落語世界では全然ありなトークとして現存してる。

その当時は、発話者は当然(社会に受容されてるから加害者ではなかったし加害の意図もなかったわけだ。

この親父が今も生きていて同じことを言ってたとしたらそれは「コミュニケーションプロトコルアップデート不備」なわけだけど、それってどこまで責められる? 責めていい? って考えれば、なかなか難しい問題だよね。Win7を使ってる人は、まだいるんだよ的な話であって。

2018-12-19

anond:20181217090558

読者数が桁違いだからな。

英語話者自体も相当多いが、最先端言語英語となったから、第二言語話者も買う。たとえば日本人も、日本語でなかったら英語で買う。

逆に、オール自国語で大学教育ができるのは、5000万人ぐらいの話者必要で、韓国語(14位)イタリア語世界21位)、ポーランド語世界24位)

まだ、日本語(9位)はぎりぎり大学教育をフルで自国語でできるだけましな言語

2018-12-08

史学科のゼミとか卒論とかって何やってるの

数学科事情、すごく興味深く読んだ。

「数学の修得には時間がかかる」ことの概説 - Unhappy Go Lucky!

ただ、文系学部の「研究」や「卒業論文」の位置づけとかについて、過大評価していただいているような気がしなくもない。日本語とは縁遠い言語を話す地域を専門とする史学科卒の人間として、「ゼミ」や「卒論」の位置づけについて語ってみたい。

ゼミで何をやっているか

いやこれは本当に分野によるのだが、「研究」というよりも「勉強」をやっているところが多い。歴史学というのはまず史料に何が書かれているかを正確に読み解く必要があるのだが、その読み方を徹底的に叩き込まれる。場合によっては修士課程でもこれが続く。もしくは、研究文献の読み方を叩き込まれる。そもそも2・3年前まで高校生だった連中である文系研究書をどのように読むべきかよくわかっていない人も多いし、英語の本を通読なんてしたことないですという人がほとんどだろう。レベルの高い大学なら外国語文献の購読をし(何語なのかは研究分野や参加者による)、あまりレベルの高くない大学なら日本語の本・論文の読み方をゼミで躾けられる。

(「史料」ってのは要するに「昔の人が書き残したこと」。王様勅令だったりお役所行政文書だったりインテリの書いた思想書だったり過激派の撒いたアジビラだったり新聞記事だったり、色々である公文書館に行って実物を見てくる場合もあれば、別の学者がまとめて印刷出版してくれたものを参照する場合もある)

何で学部の段階からゼミに分かれるか、というと、「歴史学とは何か」「史料批判とは何か」みたいな概念方法レベルの話や、「いやしくも歴史学を学ぶ者として最低限踏まえておくべき各地域・各時代の基礎知識」みたいなのを除けば、分野ごとに身につけるべきスキル全然違うので。江戸時代歴史なら江戸時代古文書明治期の歴史なら明治期の文書中国史なら漢文イギリス史なら当然英語古文書……を読まないといけない。イギリスについて研究したい学生日本古文書の読み解き方を勉強しても時間無駄だろう。逆もまた然り。

ぶっちゃけ、「卒業論文」に大したオリジナリティはない

慌てて言えば分野による。

社会調査とかする分野で、自分なりにアンケート調査してみた、とかそういう論文なら、どれだけ拙かろうがオリジナリティはあるだろう。あるいは歴史学でも、オリジナル史料を発掘することが可能な分野ならオリジナリティは出る。

ただやっぱり、学部4年の段階で大層な「オリジナリティ」は出てこない。そもそも外国史の場合史料の読解すら教員の手助けを得てようやく、という人が多い。歴史学では一次史料が重視されるが、私の分野では卒業論文で一次史料を使った時点で優秀な学生の部類に入るだろうなと思う。二次文献、つまり他の研究書や論文をまとめて長いレポート(うちの大学では3万2,000字が下限だったかな)を書けたらOK、という運用をしている大学も多いのではないか。まとめるのにもオリジナリティは出るしね、という苦しい理屈だしそんなの査読つき学会誌に「論文」として発表できるレベルではないが、学会誌に「論文」として出せるレベルのもの要求していると4年では足りないわけで、多くの史学科の学生修士論文で初めて学会誌投稿できるレベルのもの要求されることになる。

何度も言うようにこれは分野による。地味に重要なのが、「その言語大学第二外国語として開講されているか、あるいは教養科目で講義が受けられるか」という点。朝鮮史ドイツ史やフランス史場合韓国語ドイツ語やフランス語文系学部ならたいていは必修の第二外国語として教えられていることが多いので、卒論でも韓国語ドイツフランス語論文は読めて当然だよなあ? というハードモードになることもある。中国史なら「高校から漢文やってるんだしゼミでも読んでるんだから卒論でもちゃん漢文史料は読めるよね? 現代中国語論文も読んでね」ということになるだろう。英語? そんなの読めて当然でしょ? 第二外国語ではなくとも、たとえばトルコ語アラビア語なら多少気の利いた大学なら教養科目とかで開講されているから、イスラーム史やりたいなら学部1年のうちから履修しといてね、という話になると思う。逆に、マイナー外国語必要な分野だと、せめて英語の本くらいは読んどいてね、くらいにまでハードルは下がる。アイスランド史を勉強したいです! と言われても、日本アイスランド語の授業がある大学がいったいいくつあるのか……という話になるわけで。まあ東大の某ゼミではゲエズ語購読とかやってたらしいですけどね。雲の上の世界すぎてまったく想像もつかない。

なので、大学に入った段階で既にどの分野に進むのかなんとはなしの道筋がついていないと厳しい。第二外国語韓国語選択して、やっぱり私ドイツ史がやりたい! というのは不可能ではないが難しい。第二外国語選びの段階である程度進路が決まってしまう、というのが史学科の特徴だ(まあ、英文学科とかは、学科選びの段階で専門地域が決まってしまうわけだが……)。イスラーム史やるなら第二外国語フランス語にしないとね。そんなのついこないだまで高校生だった連中にわかるか! もちろんこれは大学による。西洋史に進学した者にはドイツ語とフランス語双方の習得義務付ける大学もあるそうである。これならヨーロッパのたいていの地域対応できるね! 史学語学と言われる所以だ。

あとは西洋以外の地域だと、「史料に書かれている言語」と「論文に使われている言語」が違うことが結構あって、何でかといえば近代以降に西洋諸国植民地支配されていたりすると「オランダ人研究者がオランダ語で書いたインドネシア史についての先行研究」みたいなのがたくさんあるので。つまりいくらインドネシア語やアラビア語が堪能でもそれだけでは片手落ちで、オランダ語フランス語ができないと先行研究が読めないので勉強せざるを得ない(付け加えるなら、植民地支配されてたということは、お役所では宗主国言語が使われていたり宗主国のお役所植民地統治担当する部局があったりしたわけで、それらの史料は当然宗主国言語で書かれている)。さら前近代史だと、「昔使われていた言語」と「現在使われている言語」が異なっていることが多く、典型的には古文とかラテン語とかである現代日本語論文はスラスラ読めても古典日本語チンプンカンプンという人も多かろう。前近代西洋征服王朝なんかだと大変で、現地語+支配階級言語植民地支配してたヨーロッパ言語、をやらなければいけなかったりする(アラビア語オスマン語+フランス語、みたいな感じ)。いやー、西洋現代史はヌルゲーの領域っすわ……その国の言語ができれば用足りるからなぁ。現地に行けばネイティブスピーカーいるか勉強簡単だし(アッカド語みたいなネイティブがいない言語習得してる人ほんと尊敬する)。もちろんここで少数民族とか国際関係史とかに興味を持ってしまうと語学沼に引きずり込まれるわけだが。イギリス史なら英語だけでいいだろうと思っていたらうっかりウェールズに興味を持ってしまウェールズ語を勉強することになりました、とか、ドイツ語だけで通そうと思っていたら枢軸国外交に興味を持ってしまったせいでイタリア語も読んでます、みたいな。とはいえこれらは院に進学してからの話(あるいは院への進学を希望する学部生の話)だ。院に進学しない学生卒論レベルなら日本語英語or中国語でじゅうぶん、という運用大学ほとんどだと思う。

ヨーロッパ植民地についてしか述べていないのは、日本植民地場合宗主国言語習得する困難はほぼ存在しないからであって、日本植民地支配をしていなかったと言いたいわけではないので念の為。もちろんこれは日本語母語話者である学生の話で、韓国台湾学生あるいはそれらの国から留学生植民地時代自国史を勉強しようと思ったら日本語を読まなければいけないわけであり、なんというか申し訳ない)

でもまあ、卒論書くのは大事ですよ。たとえそれがレポートに毛の生えたレベルのものであっても、院に行かない学生にとっては専門家指導されしっかりと文献を読み込んだ上でこんな長文を書かされる機会はこの先の人生でなかなかないし、それを経験するというのが大学に行く意味だと思う。院に行く学生にとってはもっと長い修論博論書くんだから当然このくらい書けなきゃ話にならんわけで。

院に進んだら何やるの

留学します。

これも分野によるのだけれど、たいていどっかに留学する。中国史なら中国台湾フランス史ならフランス、みたいに。留学先で大学ゼミに参加したり史料を集めたり現地の専門家指導を受けたり、あるいは分野によっては語学勉強をしたりする。もちろん複数国に留学してもいいし、研究対象国以外に留学することもありえる。アフリカ史を研究するためにポルトガル留学した人がいたり(イエズス会士が書いたものを読みたかったらしい)。で、帰国してから博論を書く(たまに留学先でそのままPh.D獲っちゃう人もいる)。

上述のような事情があるので、歴史学を専攻している人はたいてい4年以上博士課程に在籍する。ちゃんとした大学で3年で博士号獲るのは一部のバケモノだけです。たまにいるんだよそういうバケモノが。日本史なら楽勝かというとそういうわけではなく普通に4年以上かかってることが多い。留学期間とかもあるので、博士課程の先輩に学年を聞いても即答できないことが多いから気をつけよう。29歳でドクター? 夢物語かな? まあ本当に文系大学院なんて資産の子供か養ってくれる配偶者持ちか自殺志願者以外は来ない方がいいです。男性歴史学者が書いた研究書のあとがき奥さんへの謝辞が書いてある場合、もちろん本当に純粋感謝の念であることも多かろうがけっこうな確率で一時期ヒモ生活を送っていたことへの感謝だったりする。奥さん実家でチクチクとイヤミを言われた経験を聞かせてくれた教授もいらっしゃる。これ有名大学の教授様になれたから笑って話せるだけで、なれなかったら悲惨だよな……。まあでも、研究者の不遇っぷりは文理問わないか

2018-12-05

タコトの英語を喋る訓練をする学校

https://anond.hatelabo.jp/20181204191656

どっちかというと異様なのはタコトの英語を喋る教師とそれを真似させる教育なんだよな。

これネイティブ話者から見たらかなり奇異な光景だと思う。

「これから文章読むから繰り返してね」

「ワタシワニホンジンデス」

はい、続けて!」

「ワタシワニホンジンデス」

「もう一度!」

「ワタシワニホンジンデス」

「よく出来ました」

anond:20181205091102

かい音声は現地風なとこはあるけどアクセントはほぼ米式から普通に通じる。

アメリカでもイギリスでも国内地域ごとに発音の違いはあるけどアクセントはほぼ共通してるので通じるのと一緒。

一方、日本人特有カタカナ英語高学歴英語話者しか通用しない。

そもそも日本人発音アクセントの違いすら知らない人も多い。

2018-11-21

anond:20181120130629

日本ではないがロシア略称愛称日本話者にとって女性的印象を生み出しやすい気がする

(俺にとってはだいたいエリーチカのせいな気もするので一部かもしれない)

ミーシャ→ミハイル略称なので男性名

エリーチカ→エリク愛称なので男性名

ラーヴリャ、ラヴリューシェニカ→ラヴレンチーの略称愛称なので男性名モスクワからシベリアを一望できるスポットデートで連れて行って貰えそうな呼び名

イゾーニカ→以蔵……ではなくイザベラ愛称なので女性

2018-11-15

anond:20181115182958

話者忖度大好きだから奥深いのであって

日本人英語母国語にしたら忖度求められる英文で溢れかえると思う

言語思考規定するって言うけど、あれ信じてないんだ俺

2018-11-12

英語が少しできるようになると、他人発音批評するようになる

ハイ、俺ですね。俺も数年前だったら完全にトランプ擁護し、発音の悪い日本記者が悪い!と言ってた。恥ずかし。

大人になってから英語を学んだ人は完全には発音イントネーションを直せないと実感したとき絶望な。んで英語が訛ってることで、しか白人フランス人イタリア人は訛ってても何も言われないのに、アジア人が訛ってたら差別される絶望

この絶望を乗り越え、ノンネイティブ話者に優しくする必要性を骨の髄まで感じている。

まとめ:トランプはクソ

2018-11-11

日本の他言語話者への態度とアメリカの他言語話者への態度

https://cakes.mu/posts/23181


認識の仕方が「英語圏に住む日本人」という1方向から視点しかなく議論の整理としてはあまり良いとは言えない。

ブコメも含めて日本人の他言語者への態度とアメリカ人の他言語者への態度についてあまり実態が知られていないように見える。

これは日本が凄くてアメリカが駄目とかその逆のことを言いたいわけではないけど。

ここから書くのはあくまステレオタイプね。


1.アメリカ人は実は訛りに辛辣

トランプの件でわかったかもしれないけど、アメリカ人は実は訛りにうるさい。

正しい発音を求めてくるし聞き取れなかった場合、大げさなボディランゲージと共に皮肉交じりにジョークを言われることもある。

ちなみに日本人英語Engrish日本人はLとRを聞き分けられないから)と言ってからかうスラングがある。


2.逆に日本人外国人の訛りには寛容・・・なのだ・・・

一方で在日外国人からしばしば聞こえてくるのは、日本人日本語が母語ではない話者に対してかなり寛容であるという事実がある。

大抵の店員日本人日本語があまり聞き取れなくても繰り返し聞こうとしてくれるし、少なくとも馬鹿にはされないという点をよく強調される。

ただ、日本国籍を取得した元外国人日本語がうまくなり始めた外国人に対する態度に最大の違いがある。

これは

「今までは外国人から特に言わなかったけど、日本人になった/なろうとするなら話は別ね」

という日本人文化的規範のものに由来するとしばしば言及される。

まり内と外を分けて態度を変化させているというわけだ。

これが在日外国人

「なんかわからないけど急に日本人が厳しくなった」

という感想を抱かせることになる。

これが非常にストレスを感じさせるらしい。


アメリカ日本の違いを見て取ると

アメリカ英語は喋れて当たり前、できないなら馬鹿にする

日本日本語は喋れなくてもしょうがない、でも日本に溶け込みたいなら厳しく指摘するよ

という違いがある。


上記を踏まえて考えると

日本人はある特定言語を喋ろうとしている時、訛っている人に対するアティチュードをどう行うべきか」

という点についてよくよく考えなければならない。

問題点は、単に訛りについて寛容になればよい、という単純なものではないことがよく分かる。


日本人の内と外に対する意識の使い分けをどうするか

訛りを許容するなら日本人漢字間違いやミスに対する態度をどうするか

例えば、安倍麻生日本語を間違えることに対しても許容すべきか否か?

日本人は訛りに対して厳しくあるべきだと言うなら、外国人に対してもそうあらねば多様化社会の中では疎外感を覚える人が出てくるだろう。

逆に訛りに対しては許容すべきだと言うなら、安倍麻生にもそうであらねばならない。

なぜなら彼ら元外国人日本人になろうと努力している人もいるからだ。

日本人に対して厳しくあろうとするのであれば、当然彼らも将来的に厳しく追求されることになるであろう。


日本人英語を話せないのは馬鹿にするのに、外国人日本語を話せなくても馬鹿にしないのはこういった内と外の使い分けという側面が大きくある。

果たしてこの点について我々はどのような態度を取るべきなのだろうか。

この点を解決しない限りは、日本人が下手くそ英語を喋ることに日本人自身が寛容になることはありえないと思う。

2018-11-10

anond:20181109224907

ベターではありますよね。

言語学的に遠い日本語母語話者の多数を学術書が読めるところまで引き上げるのだから

2018-11-09

anond:20181109194457

話者数だけでマウントとって貧乏な国の言語を推すのはどうかと。

また日本南米移民しないと食ってけないレベルまで堕ちたら考慮に入るが。

あと英語アメリカだけって英国人がキレるぞ。

anond:20181108222354

学校教育6年って、全く足りないからな?

普通言語習得には3000時間必要と言われているが、学校の授業のコマ数数えると半分もいってないというね。

文部省だってべつに英語話者作ろうなんてしてない。後のとっかかりにさえなればいいのだ。

それをバカにしてくる外人がいたら、そっちのがおかしいぞ。あいつらだって学校外国語ぐらい履習してるんだから

2018-11-08

anond:20181108224258

ですいずあぺんで十分通じるよ

スペル話者でも書けないやついるらしいししょうがない

聞いた話では大統領でもあやふやらしい

anond:20181108222151

そりゃ1億人ぐらいしか話者がおらずそれもこれから減っていく一方の滅びゆくジャップ語は

使ってくれる異国者がいれば丁重おもてなししなくてはならんだろう。消えゆく方言を守れって感じだ。

そんな二百年後には消えてる古代語に比べれば英語が驕って見えるのはしょうがない。

この黄色い毛無し猿は人間語も喋れんのかと多くのアメリカ人は思っているし、それを知ってるからトランプもイジったわけだ。

2018-11-04

局所的に流行ゲーム

ちょっと流行ってる1時間人生おわるゲームにもう丸2ヶ月以上ハマっている

ログイン報酬とかデイリーとか一切ないどころか1時間寿命PS以外何も引き継がれないけどその潔さが好きで毎日時間やってる


このゲームアプリ版が日本で妙に人気になっていて日本鯖だけで8鯖ある(うち4鯖はビギナー鯖)

各鯖の定員は200人で夕方から夜はほぼ満杯 夜中でも150人くらいずつとか余裕でいる

明け方から早朝にかけて人が減ってそこで文明が途絶えがちなので発展してない村に生まれたい人は午前中がいいかもね

日本鯖はそんなだけど他の国の鯖はそうでもなくて例えばシンガポール鯖なんかは常に人が少ないし(20人とか)なんなら中身は日本鯖の混雑に嫌気がさした日本人だったりする

とにかく日本人・日本話者が多い 他の言語圏の人がやりにくいんじゃないかってくらい


まあこのゲームはもともとPCなので英語圏ではまってる人の多くはPCでやってんのかな?とは思うんだけど

クッキークリッカーもなんだか急に日本あほみたいに流行ったのをふと思い出したので

そういう感じでなんか急に局所的に流行ったゲームが他にもあったら知りたい

日本だけじゃなくて海外で急に流行ったやつとかも

ヤギのゲームとかパンゲームとか壺おじさんとかぼんやりと思い出すけどどこで主に流行ってたのかよくわかんない

流行ってたかわかんないけど神様になって信仰心集めて地形変えて人を導くゲーム好きだったな

言語対応で考えると英語圏英語圏という単位なんだろうか?

2018-11-03

anond:20181103070535

増田の夫はその認識説明すると量子論的考え方を好む話者だと思う

厳密な論理人間からすると、この考え方は非論理的に見えると思うが、

反例が見つからない限りは「反例が見つからないこと」を根拠説明することは

一般的論理的に考える人とみてもいいのではないか

2018-10-25

日本語圏で中東ニュースあんまり取り上げられないのは日本語話者日本語話者向けに書いたものじゃないからだろうなとは思うが

2018-10-19

anond:20181019165739

美人ですねとかカワイイ!とかって明らかに喜んでもらおうと思って肯定的に発話者は言ってると思うよ。

でも、当事者社会的関係性の如何によってはセクハラになりえてしまうから難しいんでしょ。

個人としては、職場であったとしても綺麗とか言われたら嬉しいんだけど、個人の受け取り方は関係ないことになっているからなぁ。うーむ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん