「能動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 能動とは

2019-02-18

[] 1日の始まりは夜にあり!!!

1日の始まりが朝だと勘違いしているやつが多いだろう。俺も昔はそうだった。

しかし、実際には夜寝る前にすでに1日がスタートしている。

なぜか?

 

 

寝る時間自分意思能動的に決められる。

睡眠は1.5時間×数回のサイクルになっている。体調の大幅変動がなければ、だいたい毎日睡眠時間一定(サイクルの回数が一定

から寝る時間を決めれば、だいたい起きる時間も決められる。

 

寝る時間一定でないと、その分朝起きる時間も変動しやすい(決めづらい)。

夜更かしして、目覚まし時計とかで無理矢理起きても、疲れが取れないよね?

寝不足ボンヤリした頭で、仕事勉強をしても捗らない。

これを解決するには、夜寝る時間自分意思で決定するところまで遡らないといけない。

 

寝る時間が、朝起きる時間を決定しており、睡眠時間が1日のパフォーマンスに影響を与えている。

これが、「1日の始まりは夜にあり」の理由です。

(「そんなの当たり前じゃん!今さら強調するほどのことでもない」と批判されるでしょうが、念のため増田で書いてみました。)

2019-02-16

「すん…」

って擬態語?(擬音語ではないよね) 最近漫画でよく見かけるようになった

急に冷めるシーンとか相手に呆れるシーンとかしらけるシーンとか

あと相手の言う事にはっとして納得するシーンとか主にネットで連載してるようなコメディ漫画結構見るんだけど

わーこれ若い人の新しい文化だな~~!!!ってめちゃくちゃ思ってる 新しい漫画用の表現が生まれ黎明期を目撃してる気する

好きか嫌いかは今のところは別としてこれからだんだん馴染んでいくようになるんだろうか

私はもうそんな若くないのでこの「すん…」の正しい用法複数漫画読んでても未だにわかってないんだけど

誰か若い人か詳しい人で知ってる人がいたら教えてほしい 

追記

ごいたくさん教えてくれてる人がいる!ありがとうございます

から「しーん」「シーン」は沈黙を表す表現として数多くの漫画で見かけるけれど

それとはちょっとニュアンスが違う感じなんだよね

突拍子もないことを言った人や世間知らずだったり常識外れな行動をした人にあえて沈黙遠い目で反応するコマとか

まりのことに相手に呆れたり急に真顔になってしらけたりして「あっそう…」みたいな感じで黙っちゃう

みたいなシーンのときギャグっぽい表現として使われてる感じ(pixivコミックとかでよく見かけます)

ポイントは「急に黙る」だと感じてるんだけど、ブコメにもあるけれどトラバ


>むかしから、「うんともすんとも言わない」って表現あったじゃん? あの「すん」が単独で使われるようになったんさ。


>「すん」の意味とは?

冷たい態度をとるさま。

内心では関心がありながら表面的に関心のないふりをするさま。

しなやかで、張りのあるさま。

用例

「すんとした表情で見られる」

「いつも彼女はすんとしている」

というのを読んで

あーなるほど言われてみればだよねと思った わかってみれば納得って感じの表現なんだなあ

「うんともすんとも」を思い浮かべない状態では画面に描かれている言葉人物能動的な行動を表していると思えるので

「何も言わないで静まり返っている」みたいないわゆる「シーン」と同じような表現とは思わなかった

現状ではそこから一歩進んでその描かれてる「特定人物」が「急に黙る」

というアクション擬態語として成立してる気がしてる

元は古くからある表現でも創作物とかツイートで見かけるようになったのはごく最近から

それまでは一般的ではなかった表現だってことだよね(昔からあるのを私が観測してないだけかもしれないけれど)

たくさんの人が使うようになる最初きっかけはなんだったんだろう

広がるということは多くの人の腑に落ちる表現だってことだよね すごくおもしろいです


あと「しゅん…」「シュン…」は「しょげかえって黙ってしまう」というニュアンスがあるので「すん…」とはちょっと違うかなあ

それからからある方のカタカナの「スン…」は登場人物が静かに鼻をすすりながら涙ぐむ、というとき擬音語だと思うので

最近広まってきた方のひらがなの「すん…」とは基本的には多分使われ方の違うものだと思うのでした(作者の意図にもよるでしょうが)

追記2↓

言葉として前からあったかというより、それが擬音として膾炙したこと時代性なんではないか


ほんとそうだなーと思います おもしろいです

描き手の方っぽいブコメも読んでなるほどなー!ってなってます 教えて下さってありがとうございます

私の言語化があまりうまくなくて的確な説明ができてなかったんだけどまさにこういうシーンで使われてるな!

っていう読み手感覚としてもぴったりな説明ブコメトラバにいくつかあったので引用してエントリを終わります

テンション下がる系描写

>すん は興味がなくなり落ち着いた様子を表してると思うけどな 賢者状態からエロ要素を抜いた表現だと思う

>顔から表情が抜け落ちるさまを表現してるのだと思ってた。

キャラクターが「しゅん…」とした時にできるようなすっと下がるような間を描きたいけれど別にしょげているわけではない、

 というときに使うよ/正規意味はしらないよ雰囲気だよ/平仮名でもカタカナでもいいよ

>「シーン…」は状態。「すん…」は変化。つまり沈黙状態が「シーン…」で、沈黙への以降が「すん…」。/個人的にはこんな認識

>すん【スン、すん…、スンッ】 類義語または語源:しゅん、シーン ①言動感情などの激しさ、勢いが急速におさまるさま。

感情場の空気などが冷めるさま。一気に消えるさま。 という認識


このあたりの感覚が「すん…」が使われる状況の「感じ」として

供給側受け取り手側でだんだん共有されて漫画表現として馴染んでいくのだろうなと思いました



増田虎達 @MasudaKotatsu

だって男性はベッドルームでは痴漢みたいなことしなきゃいけないんだもん。痴漢の話を男に聞かされても、賢明男性は黙るしかないし(「でも俺も彼女のことは触ってるしなぁ・・・」)、愚かな男性は「俺は彼女痴漢みたいなことしてるけど本当の痴漢じゃないから!」とアピールするしかない。痴漢の話を聞かされたところで、男性にはやれることがない。監視カメラの設置台数を増やすなどの話しかできない。痴漢の生態自体男性は叩けないわけよ。だってベッドルームではほとんどの男は痴漢になるんだから痴漢と同じ生態を以て女性を愛し繁殖していくんだから痴漢を叩くっていうのは男性の生態を叩くのと同じ。

女性同意があるかどうかで痴漢行為か愛の営みかに分かれるというのは、それは人間精神をフル稼働して自分を騙しているだけであって、実際のところは普通男性は「同意ありの痴漢」をしているだけであって、普通男性痴漢の間にほとんど違いは無い。もう一度言う。あなた彼氏旦那は「同意ありの痴漢」をしているだけである







ふぇいす☆政治厨鬼威惨 @FaceFromFallout

@MasudaKotatsu 殆ど犯罪同意が無いか犯罪なのだ







増田虎達 @MasudaKotatsu

@FaceFromFallout

女性同意があるかどうかで痴漢行為か愛の営みかに分かれるというのは、それは人間妄想をフル稼働して自分を騙しているから成立している区別であって、実際のところは普通男性はベッドルームで「同意ありの痴漢」をしているだけであって、普通男性痴漢の間にほとんど違いは無い。もう一度言う。女性彼氏あるいは旦那は、パートナー女性に「同意ありの痴漢」をしているだけである







ふぇいす☆政治厨鬼威惨 @FaceFromFallout

@MasudaKotatsu なんで同意が取れない相手痴漢というコミニュケーションを取ろうとするのでしょうか?







増田虎達 @MasudaKotatsu

@FaceFromFallout

知りませんよそんなの痴漢に聞いてくださいよ。僕は同意が取れた女性相手であっても愛撫しませんしクンニしませんし正常位をはじめとした腰振り行動もしません。







ふぇいす☆政治厨鬼威惨 @FaceFromFallout

@MasudaKotatsu 女性が嫌いなのですか?







増田虎達 @MasudaKotatsu

@FaceFromFallout

好きですよ。好きだからこそしないんです。女性の体に敬意を払っていたら女性の体をいやらしくまさぐることなんてできないはずです。たとえ相手女性愛撫や正常位に同意してくれたとしても、僕はできません。







ふぇいす☆政治厨鬼威惨 @FaceFromFallout

@MasudaKotatsu つまり同意の上の痴漢行為をする女性ではなく、男性非難しているのですか?







増田虎達 @MasudaKotatsu

@FaceFromFallout

男性女性もどちらも非難しています。「フェミニストなのに正常位する」「フェミニストなのに正常位される」オカシイでしょう。田嶋陽子セックスとき絶対に下にならないし、自分の体への愛撫も許さないと言っていました。私は田嶋陽子フェミニストの鑑だと思います







ふぇいす☆政治厨鬼威惨 @FaceFromFallout

@MasudaKotatsu フェミニズムは性の解放ではなく、性の統制なのですか。あなた女性ですか?







増田虎達 @MasudaKotatsu

@FaceFromFallout

全ての女性性犯罪被害に遭うこと無く、平和に暮らせる世界を目指した場合女性愚行権は一部制限しなければならないことは残念ながら事実です。「女性が危ない目に遭う自由」「女性が酷い目に遭う自由」はありません。女性被害に遭う確率が少しでもあるもの規制していかなければなりません。







増田虎達

@MasudaKotatsu@mstdn.jp

女性愚行権制限しないで女性自由にしていれば、これからも痛ましい事件は起こり続けます。そして、そういう事件が起こるたびに人々は男性男性性を責めて、一般男性たちは少しの罪悪感を感じて、それで終わり、ということを繰り返すでしょう。確かにそれで人々の心は納得するでしょうが、それで済ませてばかりいると、「人々の心はスッキリするが女性被害は相変わらず減らない」ということがずっと続きます

「人々がどう感じるかよりも、性犯罪絶対数を減らす」という立場に立った場合は、男性能動的な恋愛行為・性行為禁止と、女性愚行権制限必須です。私がもし為政者になれば、男女間の恋愛女性から男性アプローチすることしかしませんし、女性に対しては「自分女性)が危ない目に遭う自由」「自分女性)が酷い目に遭う自由」「自分女性)が貶められる自由」というものを認めません。セックス最中に首を絞めて欲しいとか言う女は死刑モノですよほんと。お前のせいでどれだけの男が勘違いし、どれだけの女性が危ない目に遭うか。







https://mstdn.jp/@MasudaKotatsu/101598915906340749

.

2019-02-15

anond:20190215120140

それは能動態として本来の使いかたでしょ。それこそ「残念」と一緒。

がっかりさせられた」とすると、完全に他責発言となるけども、現在の「がっかりした」は他責文脈としても使われる、能動受動が混在しているような使われ方になっているのは、言葉の変化だろうね。

anond:20190215113605

それは言うでしょ。

相手に対する失望という意味なら「ヤマト運輸にはがっかりさせられた」という表現になる。

元増田が言っているのは能動態だった「がっかり」が受動態として使われているということでは?

anond:20190215011952

ワイは割引きのチョコ買いに行って能動的に過ごしたで

今更だけど、バレンタインつくね

ラジオとかでさ

「みなさんはチョコもらえましたか?」みたいな事言うじゃん?

「いつもどおりもらってないですよ」って心の中で思うじゃん?

ダメージとしては1くらいなんだけど

これ来年も再来年もあるんだなと思うと、なんか、何このイベントってならない?

 

例えば無職の人が居るとするじゃん

その人に「今日勤労感謝の日です。あなたは職がありますか?」って聞いてきたら

なんか、何このイベント?ってならない?

 

今日子供の日です。子供まれましたか?」とか

今日成人の日です。成人式有意義でしたか?」とか

 

うーんなんて言うんだろ

今日敬老の日です。老人を敬いましょう」ならわかるんだよ。能動的だから

バレンタインみたいなのは受動的だろ?

ハゲハゲっていう感じなんだよ、わかるかな

 

毛根死滅したハゲに「今年は髪は生えましたか?」って毎年言ったらうざいだろ?

そういう「ウッザ」っていうのを、世の何割かの男性バレンタインで思ってるんだよ

これなんだろうね

今更だから別にいいんだけど、これ毎年繰り返してることに違和感を覚えてきた

怒りではないんだけど

ハゲハゲって言ってる人見たら「あ、この人やべーやつだ」って思うだろ、あんな感じがする

話通じないやべーやつ感

2019-02-13

ゆとり世代だけど根性論とか自己責任って言葉は割と好きだった

でもブラック企業とかヤバい宗教が、保身で責任を逃れる為に自己責任とか根性論を使い始めたからかそれらの言葉に対して嫌悪感を抱くことが多くなった。

そりゃ日本って割と救済処置が多いから生きることに甘えられる環境ゆえに、根性論とか自己責任意識個人にも必要なのかも知れないよ?

俺はそれを感じてるから相手責任になっても、これは俺が悪かったんじゃないか?って内省したり、自分のせいだと思ったら責任転嫁できてもしないよ?

でも、師弟関係とか学ばせてもらう立場能動的に立とうとしていない限り、失敗に対して他人から自己責任とか根性が無いとか言われたら何こいつキッショってなるわ。誰だよお前。

俺も性格いから失敗したって言われたら内心自己責任だろとか思うけど、流石に面と向かっては「大変だねー」「その内いいことあるから」とか適当に答えるわ

他人マジレスしない事について、よく「相手の為にならないから」「成長に繋がらない」いう輩も居るけど、だから別に!お前に教えてもらおうとしてねぇから!ていうか、何かを助言をもらうつもりなら不躾に物言いするわけ無いじゃん。頭下げて建設的にどこが悪いかを聞いて教えを乞うから大丈夫。求めてない説教はいらない。

似た話で自戒に使う言葉他人に浴びせるアホも嫌いだわ

例えば「お年寄り・体の弱い人には電車の席を譲る」とか「子供のした事だから許す」とかどう考えても命令形で人に使う言葉じゃないよね。自発的に感じてやる行為だろ。

嫌なことを能動的に我慢したことあんまりない

嫌だったけど他に手がなかったか我慢せざるを得なかったってだけだ

生きるためなら何でもする!みたいな台詞

自分は一生言えないと思う

死ぬくらいならさっさと逃げよう は似ているようで別物

これは割とよく使う

2019-02-08

アーケード音楽ゲームをやめて1年くらい経った

早々申し訳ないがタイトルに嘘をついた。すまん

正しいタイトルは「某アーケード音楽ゲームを"アプデを追いかけるほど"やらなくなって1年経った」。

こんなどうでもいい誰かの事後報告を見るのは多分自分と同じ暇人だと思う。

なので覚えてる範囲でやり始めた経緯から辞めるまでの話、それからやらなくなってからの変化について身バレしない程度に書く

よくある話から始まる

きっかけは高校1年のGW休み?かどっかの休み、本当に気まぐれで知ってる限りで一番大きいゲームセンター(ラウンド1には劣る)に行った時だったか

某社のタッチパネルエアホッケーのポップさに惹かれてプレイした所「音楽ゲームってこんな感じなんだな」ぐらいのまったり具合で好きなゲーム入りした

最初こそセカオワ虹色戦争とか、JPOPみたいな曲をやってたぐらいだったけど、ある曲のジャケット絵が偶然目に止まる

ジャケ絵が格好良いとかボス曲だったとかではないが、曲調が思い切りストレートヒットだった。

譜面かいろいろ調べてる内にその曲が同社の別の音楽ゲームタイトルから移植であることを知る。

そんなわけで移植元のタイトルの筐体がすぐ隣にあったこともあり、ギュイーンって感じのゲームをやるようになった。

エアホッケーとはシステムデザインやコンセプト、楽曲の傾向もまるで違っていたけど、もともとオタクだったのも合わさってこれまでにないくらいハマる。

これが始めた経緯。その後ボス曲を聞いてドチャクソ気に入ってしまった為に本気でプレーをしていくことになる。

それからTwitterで同タイトルやってる人と繋がったり、オフ会したりしてそれなりに楽しんでいた。

でもそれだけじゃないよねって話を今からしていく。

音ゲーってむずかしい

読んで字の通りなのだが、音ゲー自体本気でやるのが初めてなのもあって成長は時間がかかった。

それこそ1週間や2週間ちょっとではなく、年単位時間クレジット数、運指練習を積み上げる。

この時期にTwitterで実際にフォロワー上級者さんに「音ゲーは1,000クレまでチュートリアル」と言われたのだがこれは実際そうだった。

当時の最高難易度に辿り着いたのが実際それくらいだったし、何なら今もそう思う。

そしてここが問題なのだが、音ゲーの成長はまっすぐ右肩上がりには絶対にならない。

ランカーみたいなのは話が別だが停滞して停滞して、いきなり伸びてみたいなことを一生繰り返し、止まっている間入れたクレジットは無に消える。

お上手な期間は本当に短い。その間は死ぬほど楽しいがそれ以外が地獄のようなエグさを感じる。

おまけに自分が成長しない期間の間に他の同ラインにいると感じていたフォロワーお上スコアを出してどこからか焦りを感じる。感じてた。

そうやって成長しない自分に嫌気を感じたり、自他共に認めるお上スコアを出して承認欲求を満たしながら気がつけば5年くらいやってた。

音ゲーってむずかしい…ってかこれ無理

今までの記述でなんとなく何のゲームをしていたのか察した人もいることだろう、何なら筆者が誰なのか察した人もいるかもしれない。

そういう人たちならこの話きっと分かってくれると信じている

が、分からない人からしたら分からんだろうので2015年2017年後半くらいまでの間の話を当時のゲーム雰囲気を思い出しながらそれっぽく書く。

始めた当初はシステムデザイン楽曲に惹かれて始めたのは前述の通りだが、ある程度の基準を感じさせる程度には質の良い譜面が多かった。個人的には。

その後しばらくして新しいナンバリングの後継作が発表された。

ゲーム本質とは関係がないが世間一般でいう「ガチャ」が登場し、最高レアが出るとゲーム内の演出としてキャラクターを出すことが出来るといった新しいコンテンツが発表され、バグがそこそこ散見されたが楽しめない訳ではなかった。

しかし実際に稼働が開始して半年?ほど経った時に状況は変わる。

1クレジットプレー最後RPGゲームのようなHPを持った敵が出現し、攻撃(クレジット)を重ねてそいつを倒すことで楽曲が開放されるといったイベント後出しで出てきた。

問題は倒す過程なのだが、先程言ったガチャでの最高レアを持っている場合特攻が効く。つまり持っている場合と持っていない場合で解禁スピードに差が発生するようにした、ということになる。

当然これには不満を持つプレイヤーが多かった。そりゃおまけ要素として出しておいて今更「解禁楽になりますよ」なんて通る話ではない。

ところがその次のアップデート

先程のイベントに新しい敵が4体+全員倒した先に1体で合計5体(つまり新曲5曲)出てきたのだが、これをガチャでの最高レアなしで解禁する場合概算で100クレジット日本円換算で1万円かかるとかい馬鹿げた話をマジでやりやがった。

音ゲーガチャゲー要素あるのなんて他にもあるじゃん」って言われれば現在はそうだが当時はこいつだけだったし、何より「解禁に絡めるなんて一切聞いてない」というのが大きすぎる。

ロケテ段階でノートに「ガチャを解禁に絡めないで」と書かれていたのにも関わらずやってのけた。この案件一生許す気は無いし後世に語り継いで行かなければならない。

これ以外にもいくつかシステム面に問題を感じていたのだが、譜面の質の低下も顕著だったように感じる。

出来る出来ないで譜面判断する輩が一定数いるのは理解してるし、この書き方だと自分もそう思われても仕方ないとは思うけどそれでも適当な作りの譜面増えたのは感じてた

インフレさせとけばいい、むずい譜面出しときゃいいみたいなのはマジでやめてほしい

そんな感じのことがあって開発陣への不満や不信が募りつつ、また譜面の異常なインフレ無駄に加速する一方で追いかける側としても正直疲れを感じていた

もうむり

それでも惰性と承認欲求で続けてたし、成長速度が遅くても頑張っていたので最後まで解禁に困ることはなかった

でも2017年後半くらいか譜面難易度が明らかに急上昇すると共に精神的にも本気でキツくなってきてTwitterでの毒吐きがめっちゃ増えた。

Twitterスコア報告するけど伸びてないかゴミだし、他みんな総じて上手いスコア出してたし、謎のプライドが許せなくてゲーセン向かう、の悪循環

この時の自分は間違いなく「ゲームをやりに」行っているのではなく「スコアを出しに」行っていたように思う。

そんな中でなんとなく帰りがけに目に止まった某社のドラム式洗濯機ゲームプレーして久々に"楽しい"ゲームができた気がした。楽しくて仕方なかった。

その時になってようやく、この時初めて「もう辛いし、スコア上がらなくてもいい」と思った。

そうして、このゲームをやる機会は次第に減っていき今では「いい感じの過去の曲がやりたくなったら」「自分の気分に全部合わせて」やるくらいになった。

ちなみに毒を吐いていた時のフォロワーはまだ自分FFの中にいるし、頻繁ではないにしろ気軽に空リプする。この事も本当にラッキーだったと思う。ありがとう

やめた後の話

洗濯機はまだ続けてる。ただし「スコアを出しに行く」のではなく「音ゲーなんだから音楽を楽しむために」やるスタンスを徹底して貫く様にしている。

ゲームしにいってるんだから楽しくないなら変に根性出さずに帰る」ことが大事

それから、別の活動としてプログラミングを本格的にやるようになった。これは自分だけじゃなくてイベントで知り合った近い年代の人たちが居たから持続したんだと思う。

そのおかげか自分も行動を能動的に起こすようになり、かつては考えられなかった超大御所会社からお話を頂けている。自分は本当にラッキーだった

音ゲーをするのもいいけど、やっぱ他の趣味が有るのと無いのでは全然違うんだと身をもって感じた。

これから音ゲーをする、始める人へ

こんなクソッタレ投稿で今更自分が人様にとやかく言う資格なんかないんだろうとは思うが、それでもこの3つは守ってほしい。

特に1つ目は本当に覚えておいてほしい。でないと自分と同じ間違いをしてしま

2つ目だが、自分たまたまコードを書くのが適していた(?)だけで別にプログラミング趣味とする必要はない。

けれど、趣味音ゲーだけだといつか辛い時期が来る。その中でも楽しく生きていくために趣味は多いに越したことはない。

3つ目だが、 よくある話だと捨てゲーは正直な所「やってる側が楽しくない」のが見え透いていて、外野から見る人間からしても見苦しい。

事情目標はあるだろうがそれで周囲の人も自分幸せになれないくらいなら、いっそスパっと諦めてしまうほうが精神衛生的にもよい。的な。




稚拙な文でしたが、書き残しておきたかたことは以上です。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

コメントに関しては一切返信しませんのでどうかよろしくねがいします。

2019-02-07

ラーメン屋炎上記事を見て

ラーメン屋炎上の件がやりすぎだという記事を見て。

晒しあげて叩いているひとの大半は失礼だけどたむけんにそんな興味ないと思う。

なんとなく多くはラーメン屋の態度に単純に怒っていて、許されるべきではないと正義の思いで叩いている人に見える。

でも単に破滅して欲しい、苦しんで欲しい、そう思っている人は少なくない数いると思う。

自分がそうなので。

自分能動的に叩いたり晒したりするわけでもないししたいとも思わないけど、積極的に行動する輩もいるでしょう。

からこういう炎上かいじめがなくなることはないんじゃないかな。

これを読んでいるあなたも知らない誰かに必ず悪意を向けられてます

他人破滅は娯楽でしかない。

出来るだけ苦しんで◯んで欲しい。

残念ですがそう考えている人間普通にいるんです。

2019-02-04

恋愛における同意がどんなものなのかがわからない【追記

恋愛経験がないので一笑に付されるかもしれないけれど恥を忍んで聞いてみたい。

「手をつないでいいですか」や「キスしていいですか」、「セックスしてもいいですか」などの恋愛における同意がどういうものなのかがわからない。

こうした同意をとらずに雰囲気でやろうとするのは性加害の一環にあたるの?

その場合相手が受け入れていたしても、もし拒絶されていたときのことを考えると非常に危ない行為だし相手尊重していないように思える。

フィクションでは付き合う前の人たちでも同意なしでしてるけど、あれは実際にはあり得ないことなのだろうか。



追記

週の初めの忙しい時期に拙い質問に親身にお答えいただきありがとうございます

ここまで多くの方々のお目に触れるとは思わず、大変お見苦しい文章失礼いたしました。

実はラフ文章で長文を書くのが苦手なので、形式ばったかたちで返信させていただきます

行為言葉による同意について非常に勉強になりました。

行為においては、①こちらが行為の初動をして相手が嫌がるそぶりを見せたら即座にやめる②女性行為をしやすいような状態を作るという2点の同意確認の仕方があることを学びました。

後者女性がある行為能動的におこなったら、その行為に関してはたしか同意可能性は高いですよね。

女性が手を握ってきたときこちらも握り返してもよかったんでしょうね(もし相手が嫌がればすぐに離す)。

言葉についての同意勉強になることが多かったです。

とくに、「~してもよい」などの質問形式が必ずしもよいとは言えない点です。

これは一種尋問のような形式になってしまうからとのことでした。

女性男性より小柄であり、もし男性が襲ってきたならばという恐怖が付きまとっているため、

質問形式では断った場合になにかされるのではないかとの恐れから意図に反して同意してしま可能性があります

2人きりのシチュエーションであればなおさらでしょう。

「~したい」などの願望を伝えるほうが質問形式より女性心理的負担を減らしてあげることができると学ばせていただきました。

今まで生活をしてきて、女性のそうした不安をわかろうとしなかったことを猛省いたしました。


インフルエンザ流行っているようですので、どうぞご自愛ください

anond:20190204005842

能動的な「おはようございます」「お疲れ様でした(orお先に失礼します)」と受動的な相手挨拶へのオウム返し、そこに会釈を組み合わせるだけで多くの場合は角が立たない。

さあ、これが反射的にできるようになったら次は貼り付けたような笑顔練習だ。

2019-02-01

anond:20190201003347

対応の悪さが公になると形だけの陳謝はするが、結局は誰も責任取らないよな。

最悪のケースでも謝れば許されるんだからそりゃ能動的に仕事しろって方が無理がある。

2019-01-29

anond:20190128183257

神話類型までさかのぼっても、良いか

文化の枠を超えて、物語パターン類型)が存在する。神話や昔話として語り継がれているものの、パターンだけれども、これが語り継がれているのは、その物語に、各時代文化をを超えて魅力があるからだと仮定する。

神話・昔話が最も古い物語とすると、それを下敷きにして書き直されたのがハイファンタジーと言えるかもしれない。

物語テキストとして読みつがれていく中で、読み手は、主人公になりきったり、膨らませた空想のなかで、ある種の体験を得るというのがテキストとして物語

近年の異世界モノには、この物語性の他に、ゲームに対するフラストレーションを感じる。

物語テキストを読んでいる間は、読み手は誰もが、主人公としての体験を得ることができた。

最初期のRPGテーブルトークを含む)では、この物語性をより拡張して、能動的に物語主人公になることができるものだった。

ファミコン世代RPGドラクエFF)ではレベリング時間をかければ、最強の存在になることが可能であり、努力が必ず報われる”優しい”世界とも言えた。

異世界ものが下敷きにしている、MMORPGになると少しづ様相が変わる。

MMORPGでは、多くの人が英雄になれない。

メインシナリオの中では主人公的な役割を得たとしても、ほかのプレイヤーとの比較では、廃人級に時間コストを費やしたり、過大な課金を負わなければ、世界主人公たる万能感を得ることができない。

そうすると、原点回帰的に、MMORPG世界で、万能感・優越感を追体験できる、異世界ものライトノベル意味を持ってくる。

ここで具体的に、異世界ものを、(半ば無理やりに)神話類型に当てはめてかんがえると、

俺TUEE→英雄

神のような存在に導かれた異世界人がその世界で莫大な富を得る->貴種流離譚(高貴な血筋強い力を持った人物が、旅をしながら、最後自分の国を得る)

ハーレム設定→異類婚姻譚(転生者はその世界では異類と考えることができる)

などなど神話類型で繰り返されてきた物語の骨格を持っているようにも見えてくる。

そうすると、ゲーマーフラストレーションからまれ異世界への転生という構造が、ある意味普遍的物語性を宿していると思える。

このような背景と者が理性は、MMORPGプレイしていないがゲーム世界違和感のない層に届くように思われる。ゲーム世界親和性を持つが、MMORPGには現在は親しんでいない層、それは、社会人として購買力を持った元ゲーマーの30代をピークとした男性層として合致する。

https://bookwalkerstaff.tumblr.com/post/128323701752/

この層はゲームは好きだが現実世界仕事に追われてゲームをする時間は少なく、なろう小説を直接的にあさるほどの余裕がない。彼らにとって、異世界ものアニメ書籍化小説は、製作者・編集者査読して質のある程度保証された物語であって、購買する価値を持ちうる。

市場が成立すれば、流行はある程度継続やすくなるだろう。

まだしばらくは異世界ものは廃れないかもしれない。それは繰り返されるパターンが、どこかで見た安易剽窃を超えた、古くから語り継がれてきた類型であるから

2019-01-27

小説を読むのは能動的なんだけど、ゲームをする時に受動的な感じをうけるのはなぜなんだろう?

2019-01-25

anond:20190125195518

まあ、社会根本から変えるほどの野心を感じられなくとも、守るべき伝統を継ぎながら悪しき風習は継がないという意志を感じることは多い。

割と能動的に生きていると思うぞ。

韓国ってほんとうやばいよね

とか言うのがこの一ヶ月くらいでとみに増えてるが、それ、主語韓国」じゃなくて「日本」じゃね?って感じるな。

ほら、ネトウヨが「サヨクが何々をしている!」という批判は単に自分たちがやってることみたいな

能動的に外交問題化して、協議一方的打ち切り勝利宣言。おかげで色々政権にとってまずニュース相対的に軽い扱いになってる。

しかし、韓国では日本ほど話題にもなっていないし、日本マスコミやら世論の方が冷静さを欠いてるし。

アツクナラナイデマケルワ

って感じ。

というかすでに負けてて、いま敗戦処理中かな?

2019-01-23

anond:20190123104954

萌え能動的に表す

選ばれなかったら選びに行け

anond:20190123091708

PCでさえ今はWifiデフォで 完全にオフライン状態にできる機種はない 

ユーザーの側から能動的に通信することに料金や契約必要なだけだ 

2019-01-21

教師暴力をふるうのをどうやって仕組むんだ

テレビで仕組まれたとか言うけど

挑発されようが殴るのは教師能動

つうか挑発したら殴っていいという考えの人が挑発があったと言ってるん

死ぬのって怖いんだな

死ぬ予定は今のところないです。

フグを食べた。免許なしの家庭料理フグ。これまでに何度も食べて問題はなかったし、もちろん食べるのは毒のない部位。99割方問題はない。わりといつものことだ。

食後、気まぐれでフグ毒について調べた。発症数に対しての致死率は意外と低い。へー、1割いかないんだ。麻痺毒で、要するに呼吸さえ保つ環境があれば基本的に数時間回復する。軽症ならさっさと吐けば終わり。当たってもちょろいな、って考えた。意識してしまった。

あれ?なぜだろう。震えが止まらない。毒?いや、あり得ない。食べてからラグがなさすぎる。フグ毒の症状を調べる。微妙に該当していない。じゃあやっぱり違う。ひょっとして、怖いのか?

心拍数が上昇する。手足が震える。あれ?あれれ?いや違う、先にこういう症状が出るはずで...

怖くなった。食べたものを吐いた。能動的に吐く経験は今までなかったので、とても苦労した。それでも震えが止まらない。どう考えても恐怖と思い込みだ。でも、フグ可能性を捨てきれない。食ったフグに毒があってそれをちゃんと吐けてなくて、しか死ぬ確率?低すぎる。ひょっとしたら交通事故死ぬ確率のほうが高いんじゃないか意識を失ったらそのまま呼吸も止まりそうな気がして、眠ることもできない。いつでも通報できるよう自分の体の状態が本当に大丈夫確認しながら、ひたすら時間がすぎるのを待った。

十分な時間が経ちました。セーフです。全部思い込みだったようです。

死を忘れるな。わかっていたつもりだったが、わかっていなかった。ゆーて何十年も先だろうと。こんな近くにあったんだなあ。こんなに怖いんだなあ。

今までの人類もみんな死は怖かったんだろう。猫と戯れながらこれを書いてます。恐らくこの猫の方が俺より先に死ぬ。猫も死は怖いんだろうか。

フグはしばらくやめときます

2019-01-20

anond:20190119210459

知り合いとの連絡手段以外の目的SNS掲示板を見ない

出先でははてブを見ない

可能であるならスマホゲームはやらない

究極的には「用もないのに能動的にスマホに触らない」「来た通知にだけ受動的にリアクションする」になる

いろいろ便利アプリがあるけど時間食いつぶして差し引きマイナスだと思う

人類にはスマホは早すぎた

2019-01-18

個人的睡眠のコツ

アイマスクをして寝る できれば高いやつを

アイマスクのものの遮光効果有効だし、「モードの切り替え」ができるのが大きい 能動的に寝ることが大事なので

2019-01-12

楽しみの見つけ方

アニメとか見終わると憂鬱になる、いわゆるpadsになる。

前はそんなにだけど、最近になって酷くなってきた。

で、原因とか考えると、受動的な楽しみ方しか知らないから、というのに行き着いた。映画とか、ゲーム楽しいとか。

結局、そういうものは終わりがあるから、楽しみがなくなって鬱になってしまう。

そこで、終わりがないような能動的な楽しみを見つけるしかないと思ってきた。

さて、どうしたもの

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん