「能動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 能動とは

2018-09-18

ヤバいエロが読みたいかゾーニングはして欲しい

 ゾーニング論争はエロ嫌いvs.エロ好きの戦いではないし、さらに言うならオタク嫌いvs.オタクの戦いでもない。少なくとも私にとっては。

 何故ならエロ好き&オタクの私もゾーニング派だからです。

 エロ絵そのものはいいんですけど、エロ絵を日常に持ちこむ人、それを当り前だと思っている人の感性が怖いですよね。たとえば猫虐待してる絵が表紙の本が本屋にずらっと並んでたらどうですか。ツイッターで「猫いじめさいこー」とか盛り上がってる人たちがいたらどうですか。猫の飼い主、怖くならない?

 以下、個人的な話なんですが参考までに読んでみてください。

 私はかつて小学生だったときネット彷徨い偶然エロテキストサイトをみつけてしまい、最初はあまりの衝撃に速攻ブラウザを閉じたけど徐々に好奇心が湧いてきて一通り読み漁ったという過去があります

 ここで良かったのは私が元々本好きでフィクションに慣れていたので、『これは架空物語であり特定欲望を満たすための都合のいい展開である』ということを認識できたことと、文字媒体なのでどぎつい描写モヤモヤ~とした映像しか頭に浮かばなかったこと。

 小学生が明らかに18禁小説を読むのはよろしくないことですが、ともかくそんな感じで私は『女性性的に辱められる』『極端に男性に都合のいい設定』『とにかくエロだけを追求した話』『びっくりするほど下品であけすけな隠語』というもの嫌悪感はなかったのです。だってそれはそのサイトいかなければ読めないものだったし、自分が読みたくないときは読まなければいいのだし。

 それは刺激的で、斬新で、背徳的で、ジャンクフードのような中毒性がありました。普段は見ないけど、たまにひたすら頭の中の興奮ボタンを連打したくなったときに一気読みして、はー楽しかった、終わり、ってすっきりしてました。

 しかし同時に、私はネットでしばしば予期せずでてくるエロ広告嫌悪していました。私はあくまで刺激が欲しい時にエロ摂取したいのであって、いきなり飛びこんでくるエロはお呼びでないのです。むしろ「女を都合よく辱める創作を女に見せつけてもいいと思ってるんだ」と屈辱的な気持ちになりました。

 おわかりになるでしょうか? 「私が見たい時だけでいい、あとはいらない」と言うとわがままのように思う方もいらっしゃるかもしれません。

 これも本音なんですが、本質はもうちょっと深いところにあります

 エロテキストサイトとどこにでも湧くエロ広告の違いは、受け取り手能動性の差です。

 エロテキストサイトを見る場合、私は「荒唐無稽現実離れしてる刺激的なエロい文が読みたい」と意識してからサイトを開きます。私がそう思って行動しない限りサイトは開かれません。そして、サイトにはエロい話ばかりが集まっていますエロくない話の中に騙し打ちのようにエロい話があるわけではないので、そもそもこれはエロくてヤバい話を読みたい人向けのサイトだとわかります。つまり、「今から読む話では女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されてるけどみんなこれが架空だってわかった上のお遊びだから大丈夫」という安心感があります

 ところがエロ広告は、求めてもいないのに突然バン!と現れますしかも絵なので防ぎようがありません。日常なかに現れたドギツい描写こちらは面くらい、そして、「こんなヤバいエロ日常なかに放り込むなんて、この発信者もしかしてヤバいエロ日常を別枠だと思ってないのでは?」という恐怖を味わいます

 まぁ、今思うとエロ広告はむしろ不意打ちをこそ狙ってるんでしょうね。エロなかにあれば目立たないエロも、日常なかにあれば目立ってありがたがられますからね。ジャンプ過激化するお色気系漫画とかもそうなんでしょう。エロ漫画としてはそこそこでも少年誌の枠内では超エロ、っていう。

 でもね、人間、慣れるんですよ。

 嫌がってる人はなかなか慣れませんが、好きな人特に気にしてない人は普通に慣れますロリコン公言とかハイエースとかね、最初は「俺たち過激なこと言ってるぜ」っていう昂揚感、ヤベー奴スゲーみたいなとこから始まって、今ではすっかりネットミームでしょう。

 小学生恋愛対象に想定するタイトルとか、女の子がめちゃくちゃ露出してるとか、そういうのがありふれ過ぎて、日常浸食している。意図せず目に入ってくる。そういう状況は怖いです。

 ラノベは昔からエロ絵あったとかい意見もわかりますが、さすがにここまで多くも露骨でもなかったですよ。ホライゾンの表紙はラノベの中でもわりと異色だったように思います。少なくともエロい絵として喜ばれるぐらいには。今、特にオタクの中で話題にならないじゃないですかエロい絵の表紙。もう当たり前になっちゃったんですよ。

 露出の多い女の子が恥ずかしそうにしてるとか、乳首が浮いてるとか、パンツ見えてるとかの絵、女の子性奴隷に、だの、ロリがなんちゃら、だのいうタイトル、が『女性性的に辱められる』『極端に男性に都合のいい設定』であり、『日常とは隔離された架空のおままごとである』という認識が薄れてきていますだって日常にあるんですもの

 大人になってから触れた人はまだいいですよ。それなりの分別はあるでしょうし、もし影響されて何かヤバいことしたとしても本人の責任です。それが大人ってものです。

 でも子供のうちにあれが日常と地続きにある環境は確実に問題があります。ただでさえ子供のうちは架空現実の境目が曖昧なんです。自分で言うのもなんですが私は特殊例で、ヤバいエロに触れるずっと前に親から子供の生まれ方や性的に気をつけなければいけないことを教わっていましたし、架空物語との付き合い方をわかっていました。だから女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されているエロ』という箱を脳内に作り、これは日常とは絶対に交わらないものとして区分けできたのです。

 でも無視できない程度に日常ヤバいエロ浸食していくようになるにつれ苦痛を感じるようになりました。エロ広告ぐらいならまだ対処しようがありました。ネットを使って行くうちに、なんとなくエロ広告が出そうな場所を察知するようになり、それを避ける術を身に付けたので(もちろん取りこぼしはあります)。

 でもアニメ漫画ラノベツイッター動画サイト、ありとあらゆるところに蔓延ヤバいエロ思想オタクをやってると避けて通れない、どころか今やオタクじゃなくても目に飛び込んでくる数々の女体エロ絵。

 かくして私は『女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されているエロ』を読めなくなりました。もはやそれは日常の地続きにあるからです。「お話の中ではとことんヤバいけど私は安全」とは思えないからです。

 何故ヤバいもの日常に持ちこみたがる人がいるのか、私にはわかりません。まぁ彼ら怖くないんでしょうね。女体持ってないから。でも、自分達にとって『日常にあっても怖くないし楽しいもの』が他人にとって『日常にあったら怖いもの』だということはわかって欲しいです。

 言われそうなので先に書いときますけど私は少女コミックとかもどうかと思ってます。今は知りませんが数年前に読んだときは「え~……?」と思いました。エロ描写自体はたいしてないですが、安易に性行為突入する展開が多く、さすがに注意書きとかレーティングとかがいるのでは、と。あれは表紙は無難なのでその点はラノベエロ表紙よりはましですが。

 BLの表紙も、扇情的すぎるのはキツいです。中身はエロくていいから表紙はやめてくれ。私はBLも嗜んでるんですがやっぱり日常に現れるエロは嫌です。エロ広告とかも最近はたまにBL系のやつをみかけることがあり、エロ広告の常として過激なとこを抜き出してくるので無理矢理描写とかが多いんですよね。日常人権無視思想を入れて来ないで欲しい。私は心構えをして、人権無視した話が読みたいと思って、自分で専門の場所にいったり専門の書籍を買い、そして初めて人権無視創作を楽しみたい。

 要は「これは人権無視している」という認識を確かに持った人々が愛好する人権無視創作じゃないと、「ひょっとしたら人権無視だと思わないでこの創作を楽しんでいるのでは?」という恐怖に苛まれるんです。被害妄想じゃないですよ、私結構な数の「ロリとつきあって何が悪い」って言ってる人見ましたからね……思い出すだけでキッツい。

 だからゾーニング(○歳以下禁止、表紙にエロやら辱められてる人間やら未成年との恋愛示唆する内容は出さない、コーナー作る)したいんですよ。日常とごっちゃになってるのほんと無理。殺人事件の本はあるじゃんとか言いますけど、本の表紙が首絞められてるとことか眼球に針刺されそうなとこのアップとかだったらぎょっとするでしょう?

 しかも今のネットだと「人の眼球刺すのすげぇいい」の場合

「え、刺したことあんの?(こいつヤバくない?)」

マジレスやめろよ、あくまフィクションだって

「えぇ……(大丈夫かな)」

 でしょうけど

小学生エロい、さいこー」の場合

「わかる」「それな」「JCBBA

かになりかねないわけで、この人らが内心「もちろん冗談だけど」という気持ちだったとしても字面だけ見れば既に倫理崩壊してるんですよ。正直眼球刺されそうな絵より可愛らしい絵柄の「ロリが俺のこと好き」みたいなタイトルの本の方が怖いです。これ(https://twitter.com/traductricemtl/status/1039259936453283841)の「今日から俺はロリヒモ」ってやつ、さすがに萌え絵エロ本かと思ったらMF文庫でヒィッってなりました。マジか……。

 元ラノベ読みなので別にラノベみんなこうなわけじゃないのは知ってますが、各社サイト行くと恥ずかしそうな顔で露出したり胸と股強調された服の女の子の絵ほんと多いなぁと思いますMF文庫特にヤバいな。

 露出過多で恥ずかしがってる女の子可愛いって言うのぶっちゃけいじめっ子の感覚だし、纏足して足が小さくなったせいで転んでしま女の子可愛いって言ってるのと同じですよ。

 頼むから皆さんヤバい思想には自覚的に向き合ってくださいね……。

 私はなんの心配もなくヤバいエロが読みたいです。

2018-09-17

恋というものがわからない

女です。

まれてこのかた恋愛的に付き合いをしたことがない。

告白は何度かされたことがある。一回だけいいよって言ったことがあるけど、それは単に仲のいい友達が何か頼んできた(この場合は付き合ってほしいという頼み)からいいよって言っただけだった。実際付き合ってる同士らしいこともしないですぐに別れよってなった。その時も私は仲のいい人が頼みごとをしてきたからというくらいのノリでいいよって言ったしそれで別れた。

一回だけ告白したこともある。でもこれは単に「告白する」というシチュエーションに興味というか憧れがあっただけだった。相手のことは普通に仲のいい人だと思ってたけど付き合いたいと思ったことはないし、何よりその彼を選んだのは既に彼には付き合っている人がいて、私の告白イエスと言わないことがわかってたからで(なかなか最低だと思う)。単にそういうことをする自分に酔ってたんだろうね。若気の至りです。

じゃあ同性愛者かっていうとそういうわけでもたぶんない。そもそも他人に対して性欲を感じたことがない。

AV普通に見れる。男女、男男、女女どれも見たことがある。でも興奮したりはしない。普通に見てるだけ。例えばドラマとか動物ドキュメンタリーとかそういうのを見てるのとあまり変わらない。

オナニーはする。でもする理由の大半はそうすることで寝つけるからという理由。なんか疲れて眠れる気がするんですよ。

手を繋ぎたいという気持ちはよくある。私は少し仲良くなるとその人と手を繋ぎたいと思うことがよくある。それを恋愛感情と言えるかなと一時期考えたけど、その先のことに一切興味もないしイメージもないからたぶん違うんだと思う。キスをしたいとか思ったことはない。

他人に興味がないわけじゃない。むしろ大あり。その人が考えてることがめちゃくちゃ気になるし、下世話な話をするとその人がどんなセックスをするのかというのも気になる。この点について気になる度が高いのは男性相手から、無理やり判断するなら私は異性愛者かなと思うけど単にセックス男性の方が能動的なものという固定観念を持っていて、能動的なほうにより興味があるだけかもしれない。

人を好きにならないということでもない。友達のことはとても好き。ここで言う好きというのは、例えばその人が楽しそうだと私も楽しいとか嬉しいとか、その人が幸せに生きてほしいと思う気持ちとか、その人と一緒にいると楽しくて幸せだな〜と思う気持ちとかそういう感じ。

好きという感覚はあるけど、世間的に言う恋愛感情みたいなのは全然からなくて、関係性とか全然からない。アセクシャルとかノンセクシャルとか巷には色んなカテゴライズがあるけどとりあえず、「私とあなた」っていう関係でいいじゃんと思う。

よくわからないんですよ。最近、年齢的にもなのか恋をしないのか?みたいなこと言われるけど、わからないものをどうやってしたらいいんですかね。

2018-09-12

3年以上続けてる趣味ってなんかある?

能動的なやつで

2018-09-07

発達障害の診断も出ない単なる無能wププッw←こう笑い者にする戦略

この戦略取ってる奴ってかなりいるけど、彼らを見ると本当に何が何でも誰かを嘲笑差別したくてたまらないんだろうなあとゾッとする。

陰キャみたいな腰抜けの無能通り魔なんて大それたマネできるわけねえだろ!!www」

とか

独身者なんて宅間守以下やん。宅間守結婚してるやん。死刑囚以下やん」

とかケタケタ言う人とかもそうだけど。

発達障害普段徹底的に汚物視してボロっカスサンドバッグと見なして好き放題中傷してるのにもかかわらず、

誰かが発達障害診断を能動的に受けもうとしていると知るやいなや「発達障害ですらない無能!wプギャーwww」みたいなスタンスに切り替えるのは本当に精神底辺極まってると思う。怖い。

「こいつ自分の生きにくさの理由を解明したがってるな。ということは理由を知れたら少しはモヤモヤが晴れてしまうな…気に食わない。

もっと苦しんでほしい。どうしよ…発達障害はもうすでにエタヒニン扱いして思う存分叩いてるし。

そうだ!!『発達障害の診断すらもらえないやつ』っていう新たな差別階級を作ってしまおう!!健常者ってニュアンスを消し尽くすためにこいつらこそ得体のしれない最悪の無能ってことにすればいい!!」

一番悪質で卑怯な連中だと思う。

こいつらとりあえず相手が少しでも前向きになったり、生存戦略練ろうとしたりすると邪魔したくてたまらないんだよ。

なんJ民なんかにこの「絶対に逃さな差別戦略」はドハマリして大喜びで「発達障害ですらない無能www」みたいに喚き散らす奴めちゃくちゃいるけど、進歩的自称するはてな民なんかに結構いるよね??

2018-09-06

anond:20180906115615

それが理由の大半で、口ではそう言っても能動的にアクションを起こす気は何ひとつないってことでしょ

寝てるだけで5000兆円入らないかなって言ってるのと同じレベル

2018-09-04

anond:20180904110605

一人じゃ届かない、一人も手放さな

ことと

自分の足で歩け、夢を人に託すな

ってのはそもそも両立するのではないかって思った。

仲間と協力する必要性はあるけど、だからといって仲間に依存するわけではない。

仲間を手放さな必要性はあるけど、だからといって自分能動的な営みであることは変わりない。

からまあ優等生的とかそういうのとは無関係方向性の違いってのとは違うんじゃないかなあって思った。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.ネットが楽しくなくなってきたのですが、これは客観的事実ではなく、主観的ものなのでしょうか。

あらゆる娯楽にいえることだが、何かを楽しむのに個人能動性というものはどうしても要求される。

それは大前提だ。

だが「楽しめないのは自分自身問題」という回答だけでは、半分YESであり半分NOだろう。

楽しむために自主的に払う、時間や金などのコスト全般

飲み込むか、或いは唾棄すべきノイズ

客観的に見ても、コンテンツによって“楽しみやすさ”に差異があることは確かだからな。

遊具のない公園と、ある公園

それらを同程度に楽しめなかったとして、個人問題だけで片付けるべきかどうか、という話だ。

に学ぶべきは、遊具の多い公園の方が、必ずしも優れているとは限らないという点だろう。

私がこんなところでFAQを嗜んでいることからも、ネットの楽しめる多様性は随一だ。

だが、このような楽しみ方をもってしてネット面白さを語っても説得力はないだろう。

今やネットポピュラーな娯楽であり、遊具に溢れたテーマパークだが、上等でもなければ洗練もされていないということだ。

まあ、仮にディズニーランドとかだったとしても私はああい場所は苦手なので、今回の例えは不適切なのだが。

なお、はてブ匿名ダイアリーが具体的にどのような公園テーマパークかという問いに関しては私の手に余るので質問してこないように。

Q.ラノベ小説の違いはなんですか。

焼きそばカップ焼きそばみたいな違いだ。

どちらが焼きそばで、どちらがカップ焼きそばなのかは、ここでは問題ではない。

今回学ぶべきことは、もしも私の言うことにキミが少しでも納得したなら、詐欺には気をつけた方がいいということだ。

話は変わるが、胸メガネを一緒に売ってみないか

名前の通り胸の形をしたメガネだ。

「胸をジロジロと見られたくない」、「目を見て話して欲しい」という問題を一度に解決できる画期的アイテムだ。

男性版を作ってみたんだが、その在庫処理を手伝って欲しいんだ。

カロリーゼロカロリーメイトで釣れば、ついでに買ってくれるんじゃないかと私は目論んでいる。

2018-08-26

anond:20180825232427

3パターンくらいあると思う。

1つは、普段よく使う道が「○号線」とか「○○通り」だって自然に覚えるパターン運転中、標識をよく見て「この通りは○号線なのか~」と意識しながら運転してない人はそりゃ覚えられるわけもないと思う。

もう1つは、会話でよく出てくるから覚えるパターン。都区民なら環八環七くらい聞いたことあるだろう。

あと1つは、地図を見て能動的に覚えるパターントラック運転手とかタクシー運転手、あと趣味地図読む人なんかもこれだと思う。昔は職業運転手じゃなくても、カーナビなんかなかったから、遠出する時は予め地図を見て、○号線の○○交差点で右折して○○通りへ、とかいう風に計画立ててたから、それで覚えることも多かったように思う。

2018-08-25

RSSがどうのホッテントリがこうのって話、結局ネットネタに対して受動的か能動的かってことだけだと思う

能動的でい続けられる分には、使ってたアンテナの精度が悪くなったら今度は別に新たなアンテナ能動的に探すだけだからそんなに文句はない

でも受動的な態度が続き過ぎてしまうと、新しい能動的な情報に接するコストストレスが増大してしまうため、使ってたアンテナの精度の悪さが自分ネットネタに対するアクセスの悪さにダイレクトに結びついてしまう(能動的に新たなネットネタを探す能力が枯渇気味になってしまっている)

こないだ徳島阿波おどり騒動問題で、増田で長々とまとめてただけのエントリホッテントリ入していたが、あれも象徴的な話で、あの程度の情報だったら能動的にネタを探そうと思えば訳なくゲットできる

でも受動的な感覚がしみついてしまっていると、あの程度の情報量ですらアンテナに頼らないとだめになってしまっている

それから効率重視」というのも問題

どんな情報でもそれをゲットするにはそれなりの時間必要なはずなんだわ

読書に置き換えてみるとわかりやすいのではないかと思うのだが、

読書量とか読んだ本の冊数とか誇ったって仕方がないわけで、

その本からどれだけ情報知識を得られたか重要なわけだ

要点だけかいつまんで情報摂取すればそりゃ効率は良くて合理的なんだろうが、

結局そんな情報は表層をさらった程度だけにすぎないので、

からブコメなんかで「本文読んでるのか」みたいな批判が出てくることになる

そんなわけで「効率重視」な情報収集を「受動的」に行うのがガンなのではないか

それが進行してしまうと、いろんな情報アンテナに対して愚痴っぽくなってしまうのではないか

2018-08-24

警察検察に行ったり民事裁判を起こしたりした話

警察被害届を出そうとしたとき、私は北海道にいたので、北海道苫小牧署に行った。

そこでは、事件が起こった場所被害届を出すのがよいから、横浜に行く機会があったらそのとき警察に行くのがよいと言われた。

その旨を、現場管轄である神奈川県警戸部署に相談してみると、やはりこちらに来る機会に来署してくださいとのことだったので、

数か月後、東京に行く用事のあったときに、戸部署に寄った。

戸部署で話をすると、それでは被害届を受けるので明後日また来てくださいとなった。

なので2日後にまた行くと、女性警察から被害届は受けられない、ただ話を聞きたいだけだと聞いている、被害届を出したら加害者が怒ってあなたに何かするかもしれない、同じ女性としてあなた危険な目に遭う可能性にさらすことは出来ない、という話をされた。さらには、どうして時間が経ってから来るのだと言われた。(そのことについては事前に戸部署に相談しており、こうなっているのに。)


苫小牧署の対応と随分と感触が違う。

北海道に戻った私は、再び苫小牧署に行き、こういう被害届を出したいと言われたら苫小牧署ならどういう対応しますか?ということを質問した。

そういった場合にはこういう捜査をするだろう、という説明苫小牧署の警察から受けた。

から警察に不満があれば監察に申し立てるとよいと聞いたので、

戸部署ではじめに対応してくれた警察官と2日後に会った女性警察官とでは話が違ったこと、

苫小牧署ではこういう相談があればどういう捜査をするという話をしているのに戸部署では被害届を受けつけてくれなかったこと、事件に遭った場所によって捜査格差があってよいのか、

ということなどを手紙に書いて、神奈川県警の監察に送った。


手紙が届いたであろう頃に、戸部署に電話をしてみると、電話を取った人からして、ああはいはい、と話をわかっている感じであった。

そして、私の事件刑事課の(企業でいうと)部長クラスと思われる人が担当することとなった。

監察の力ってすごい!


ところで、私は、例えば「医師は全員女性なので安心」のような、女性相談を受けるスタッフ女性なので安心だという世の中の謳い文句安心を感じたことがない。

戸部署の女性警察官のように、「同じ女性として」という文句が「私も我慢しているのだからあんたも我慢しろ」という風に使われることがあるからだ。

生物学的な性が同じである前に、私とあなたは別の人間だ。

たいていの事件には加害者復讐可能性というのは伴うのではないか。そうした場合被害者は泣き寝入るしかないと警察はいうのか。

被害届を出すかどうかは私が決めることではないのか。同じ女性からといってそれをさせてもらえないのであれば、私とあなたは別の人間であるということの尊重のうえで相手の状況を慮ってくれる男性警察官が担当となってくれた方がいい。



事件捜査してもらえることとなって、2か月に1回くらいの頻度で戸部署に呼ばれた。

その頃には北海道から埼玉引っ越していたのだが、平日の昼間に片道2時間近くかけて警察まで行かなくてはいけないのはなかなか大変であった。


戸部署では、いつも刑事課の個室の中で話をきかれた。

その個室に入るときは、携帯電話をドアのポケットに入れなくてはならなかった。”いつもは悪い人を取り調べる部屋だから、外に連絡して打ち合わせることができないように”という説明を聞いた。

たいてい冷たいお茶を出してくれた。個室の壁のペンキはひび割れていた。警察建物ってたいてい老朽化している。お金がないからあまり捜査をしたくないのかもしれない。でもだからといって私が人権侵害行為を受けたことを泣き寝入ることはしたくない。


車で被害現場まで行き、ここですと指さしているポーズ写真を撮られることもあった。「おお、それっぽいことをしてる」と思った。


被害届刑事作成してくれるのだが、被害者の喋り口調で作るものになっているようだ。加害者被害者ニックネームがあれば、その名前が使われる。例えば、「みちょぱ」と「らぶりん」がニックネームであればそれが被害届のなかで使われる。こういった種類の事件テンプレートなのだろうか、「ときには優しいこともあって、そういうところが好きでした」なんていう文言も入る。つまり「みちょぱはらぶりんの、ときには優しいところが好きでした」という文面が出来上がる。それを刑事に読み上げられて、恥ずかしくってしかたがなかったのだが、こういうものなのかと思い「はい、それでいいです…」と言っておいた。


この頃、私はちょっとした男性不信になっていた。

加害者人権は守られている。例え立件されても、起訴されたとしても、特殊権限のある人がそれを調べない限り、そうなったことは知られない。

そう考えると、道を歩いている人も、実は殺人犯なのかもしれない。あの男の人は親切に道を教えてくれたけれど、家では妻や恋人を殴っているのかもしれない。そんな考えが頭をよぎった。


現場に関するものが少しトラウマとなっていた。「横浜」の文字を見ると嫌な感じが湧き上がってきた。加害者がよく着ていたような白いTシャツを着た男の人を見ると、恐怖感が湧いてきた。


私が警察被害を届けることを知人に話したら、その知人が加害者にそのことを告げるということが起こり、ショックを受けた。


加害者が「女性は1人の人間としてではコンテンツとしてみていて、必要がなくなったら他のコンテンツに乗り換える」と語っていたことがあり、その話をまた別の知人男性にすると、その知人男性も「男はみんなそうしたいと思っているところがある」と言って、そのことにショックを受けた。


ネットなんかで「女性ちょっとしたことでもすぐDVと騒ぐから」と書かれているのも見かけると、私の言っていることもそう思われるのだろうか、信じてもらえないのだろうか、と思った。

そんなことがあり、警察にも通っていたりで、精神的負荷がすごかったのだが、それで精神的に不安定になったら、”メンタル不安定な人”ということで、私の言うことの信憑性が低くなるのではないか、と思い、周りに支えの無さを感じていた。

そんなときに、10年ぶりに会った後輩に、これまでにあったことを打ち明けると、

「僕はあなたの言うことを信じますよ。だってあなた、苦しんでいるじゃないですか。」と言ってくれて、こころが救われた。

私が警察被害を届けようとしていることを知人が加害者に告げたことも、女性コンテンツ扱いする発言も、「ひどい」と言ってくれた。ようやく、私がおかしいと思っていたことを「おかしい」と言ってくれる人が現れて、私はほんとうに救われた。


警察捜査の進みはほんとうに緩慢で、1年くらいかかったと思う。

ようやっと書類送検ということになった。

警察で立件された時点で、前歴となり、その記録は警察自治体永久に残るらしい。


横浜地方検察庁に私も1度行き、話をきかれたりした。


事件は「執行猶予」となった。

これは加害事実があったと認められたということである

起訴」には社会的に重大な事件ではないとならないらしい。


その後、民事裁判を起こすことにした。


この時点で時効が迫っていたので、内容証明郵便加害者宛てに送った。こうすることで時効半年延びる。

その間に弁護士を探した。


親切にしてくれる弁護士もいたけれど、証拠が少ないということで引き受けてもらえなかったりした。

嫌な思いもした。被害に遭ったことについて私が馬鹿だと言う弁護士もいた。

私はDV被害者当事者会に出たりして勉強したが、DV被害者というのはみんな自分馬鹿だと思っているんです。そう思っているから、なかなか外に打ち明けられなかったするんです。それなのにそんなことを言う弁護士がいるなんて。

そもそも、人を疑って警戒しながら生きているのが賢くて、人を信じると馬鹿と言われる社会なんて。


そんな中、ようやっと、引き受けてくれる弁護士出会えた。

実は、警察では証拠不十分で立件できなかった加害事実について(数種類の加害行為があり、証拠が揃っているものけが立件された)、加害者検察での供述の中で加害事実を認める発言をしていることを、私は検察から聞いていたのだ。

裁判となれば、その供述調書の開示を求めることができるかもしれない、と弁護士は言った。開示されたら、それが重要証拠となる。


そして裁判が始まった。


東京地方裁判所は大きなビルの中に部屋(法廷)がたくさんあって、廊下の壁は明るい色に塗られ、大きな病院学校みたいだった。

地階に食堂があるので、ここは「裁判に勝つ」ということでカツ丼を食べようとしたのが、カツ丼メニューに無かったのでざるそばを食べた。

裁判官は頭に黒い帽子をのせてポンチョのような黒い服を着ており、「あれは昔はシルクだったけど今は合成繊維になった」と弁護士が教えてくれた。


私も裁判に出席して事件について述べなくてはならなかった。

ハンカチくらいは持ち込んでもよいと聞いたので、すごく緊張したかハンドタオルをぎゅっと握りしめて法廷に立った。

述べる前には、ドラマとかであるように、嘘はつきませんってことを宣言しなくてはならなかった。その文言は、プリントされたものが前に置かれていたので、それを読んだ。

私が述べた後には、加害者側の弁護士から質問をされる。

ここでも結局、私が馬鹿だということを匂わせることを言われる。

いくらDV被害者には特殊心理状態があるという研究があっても、DV被害者当事者団体が訴えても、それはなんにもならない。

私は「はい」か「いいえ」しか答えられない。私を侮辱するようなことを言われても、反論しようとすると裁判から制される。


この後しばらく、私は加害者側の弁護士の喋り口調がフラッシュバックすることがあり、精神的な危機を感じた。

弁護士の喋った内容ではなく、息遣いのようなものフラッシュバックがあった。

これまで警察検察に行ったり裁判を起こしたりして、かなり精神的に負荷を感じることがあったけれど、これが一番ひどかった。なるほどこれがセカンドレイプってやつかと思った。数週間したらおさまったのでよかったのだが。


私の弁護士裁判の中で、検察庁に加害者供述調書の開示を求めてくれたのだが、

それが開示されることな裁判は終わった。

和解ってやつになった。



警察被害を届けたり裁判を起こすときに、どうして警察に行くの?どうして裁判をするの?と言う人たちがいた。どうしてそういう質問がなされるのか私にはわからなかった。

泥棒に入られたら警察に行くのと同じことだと思った。カバオくんを泣かせたバイキンマンは、アンパンマンにやっつけられる。幼稚なのかもしれないが、世界はそういうものだと思っているので、私には泣き寝入るという選択肢は無かった。けれど、泥棒に入られても警察に行かない人もいるのかもしれない。

「得られるものに対して自身へのダメージが大き過ぎる」と忠告してくれた人もいた。

(確かに、負荷は大きくて、円形脱毛症になりかなり派手にハゲをこさえた。裁判が終わって1年近く経つ現在もまだ完治していない。)

そう考えて泣き寝入る人たちはたくさんいるのだろう。けれど私はそんな例を増やしたくはなかったし、このままあったことを無かったことにされたくなかった。

暴力的自分の意にそぐわない状況に置かれるという体験は、私の自己効力感とか自信を失わせるものであった。

むかしの私は将来に希望を持っていて活動的であったが、被害に遭った後は、何かをしようと思っても、自信がが持てずに力が入らないのだ。

警察に行ったり裁判をすることは、暴力的に意にそぐわない状況を受動させられたことを、自分で動くという能動に変えることであった。

から私は、やれるだけのことをやってよかったと思っている。

2018-08-19

anond:20180819184132

壁に貼った紙を見て文字を目で追って脳を働かせるという能動性が無くてもう無理。

できるだけ脳みそ使って考えたくないの。

からAIスピーカー一方的に話しかけられ、聞かされたい。

人感センサートイレに入った瞬間から始めてほしい。

2018-08-18

バズる前の記事を見てる奴ってなんなの?

サイトがリコメンドしてくる人気記事ホッテントリには目もくれず、ただひたすら能動的に情報を探しているわけだ

つーか暇なの?

2018-08-16

anond:20180816104655

当事者は誰も能動的にやってくれなんて言ってないし、受動的で感謝してるだろ。

文句つけてるのは対立煽り揉めさせ屋やぞ

anond:20180816104655

新幹線耳栓結構能動的な気がする

あなたは十分よくやってるよ。

人の善意に甘える人に譲りすぎるとキリがないから、どっかで折り合いつけないとな

子連れ能動的に受け入れろっての無理でしょ

俺は子連れクレームを言ったりしない。新幹線では対策耳栓を持参するし、ファミレスでガキが騒いでいても別に何も言わない。

俺にはそういう受動的な受け入れが限界だ。電車で席を譲るとか、満員のエレベーターを降りるとかはできない。可愛そうだと思うけど、こっちもこっちで急いでたり疲れてたりメンタルポイントが尽きかけてることも多いから、そこまではできない。「ベビーカーがいるのに満員のエレベーター誰も降りようとしない!これだから日本人は」と怒る人は多いが、そこに乗ってる人もまた全員限界だったらとか思わないんだろうな。見た目健康そうだからお前は健康、元気有り余ってるんだから寄越せとでも言いたいのか。ふざけるなと言いたい。犯罪行為でも何でもないんだし、受動的には受け入れてるんでもう勘弁してくれよ。たまたまその日は運が悪かったんだ。だからエレベーターに乗れなかった。悪意じゃない。それだけだよ。

2018-08-14

anond:20180814130528

 どうして相手発言曲解してゼロかイチで話を進めたがるんだ?w

俺は宣伝に振り回され過ぎなければここまで悩まないだろう、って文意で指摘してるんだが。

 それはそうと、コード自然発生(笑)するかどうかってのは多少興味を覚える指摘ではあるな。

例えばニワシドリ(https://matome.naver.jp/odai/2138734842643069001)なんかは教育番組で有名になったが、動物研究では比較メジャーな方だろう。

 この飾り付けが自然発生かどうか」ってのは自然定義にもよるだろうが、人間の行動自体能動性、受動性にも関わるな。

コード文化様式と深く関わっているのは言うまでもないが、鳥のソレを文化と呼ぶべきかどうかもまた学者によって異なるだろう。

 商用マスコミに影響を受けてのみでしか自分立ち位置確認できない人間が気の毒なのは同意するが、"もし" ニワシドリの中に巣を飾らない事でメスを引き付けようとする個体が出てきたら、それは群れの中の流行としてどう作用すると思う?

 それから "仮に" ニワシドリの群れに「今年のトレンドは青い小石」なんて囀る事で同種のオスから報酬を得ている個体がいるとして、それらは反巣作り派にどうリアクションを起こすと思う?


上から目線で気に入らないかもしれないが、少し考えてみようよ、自然派さん。w

寛容不寛容

能動者は不寛容受動者は寛容 から 能動者は寛容で受動者は不寛容になった

不寛容寛容でなく寛容不寛容でもない、寛容寛容を目指すべき。……違う気がする

能動者の寛容が認められるのは早さと多様性の為(プレリリースの得)

から早期の寛容寛容・以降の不寛容不寛容新規参入ブランド

まやは創発者の寛容・経営者不寛容受動者の寛容(これ名付けらんないな)

2018-08-07

人生5回目の風俗体験メモ

実験で、低身長女子との性体験は 最 高 であることが明らかになった。

遠すぎた店

 今回のテーマは低身長女子

 吉原までの道は、近くて遠い。そういつだって沈黙支配する送迎車は気まずい。僕は緊張して、ひたすら深呼吸しながら到着をまった。いっそのこと途中で下ろしてもらって引き返そうか、とも思ったがいまさらそういう勇気さえ無かった。隣には20前半と思わしき青年が座っていた。彼は帰り道でメッチャいい顔してたから、さぞかし楽しかったのだろう。う、羨ましい。

 僕はビビリだ。昨年の初風俗体験(=初めての性体験)では、"お姉さん"という未定義存在困惑してしまい、ほとんどまったく勃たなかった。そんなトラウマが忘れられず、時間を長めに予約することにした。だから今回は90分で3万円くらい。今回のお相手は(低身長) && (黒髪) && (貧乳)という条件で絞り込んだ。すべてがTrueになるときが来た。優柔不断で迷いがちな性格なので、自分のなかでアルゴリズムを決めて、不安になる前にお店に電話した。風俗では悩む時間コストに見合ったリターンが得られないと学習してきた。

 ついに店に着いた。ニヤニヤ氏は待合室でもスマホ片手に終止ニヤニヤが止まらないようであった。予約していたのに結構待たされた。TVに映る懐かしいお笑い芸人を見ながら待たされた。

少女との遭遇

 さて、私の目の前には女性がいた。ちっちゃくて、若かった。後で調べてみると、彼女のような身長女性は40〜50人に一人程度。クラスで一番背の低かった女子イメージだ。矢口真里がちょうどそれくらいらしい。僕の顎の下に彼女のつむじがあるという光景を目の当たりにして、僕の心は水面下で興奮した。体型はコレと言って特徴がなく、肉付きも丁度いい感じであった。腕も、足も、指の先まですべてのパーツが小さく繊細であるが故に「美しい」と感じた。これまで、文字通り「手に余る」サイズ乳房をもんでみたこともあったが、それほど感慨がなかった。しかし、二つの乳房を両手で覆うと、ぴたりとフィットする感じだった。ほんのり感じる胸の脂肪の柔らかさと温かさに、静かに興奮が高まった。

 人の年齢は手の甲に出るらしい。彼女の手の甲だけでなく身体全体の肌はとても美しかった。はたと、自分が20代前半だったころの肌を思い出してみると、きっと彼女もそれくらいの年代なのだろうと思った。顔には少しニキビがあった。職場のお姉さんが徹夜ストレスで口の周りにできるニキビと違い、彼女ニキビは頬にあった。化粧はニキビが透けて見えるくらい薄かった。職場で厚塗りしたブツブツの肌ばかり見ていたし、これまでお相手頂いた女性もみなそうだったので、女性はそういうものだと思い込んでいた。だから厳然と輝く肌を見せつけられて、僕は驚きを隠せなかった。

 すらりと伸びた黒髪は、肩まで達するほどの長さだった。色白とまでは言えないが、色黒ではない彼女の肌に、漆黒のような黒髪が映えていたので、かわいくて繊細な雰囲気を一層引き立てていた。顔は特に印象に残らなかった。例えるなら、どこのクラスにでも居そうな感じであった。

 彼女はきっと美少女だったにちがいない。よって、以後のこと彼女を「擬」少女(Pseudo-Beautiful Little Girl, PBLG)と呼ぶことにする。

身長女子、上から見るか? 横から見るか?

 私の前にいる擬少女は、おさげ髪型セーラー服を着ていた。僕は服を着ている方が興奮するタイプだったのでありがたかった。歩いても、座っても身体を洗ってもらっても小さくて繊細な後姿が可愛かった。身長差があると、上からキスしてもいいし、僕が屈んでキスしても良いので、それがかわいくて興奮した。

 とにかく擬少女の各々のパーツを触ってみて、撫でてみて小ささに感動し胸が高鳴った。

泡姫沈黙

 僕の数少ない経験からキモくてカネのないオッサンであっても、お金を払えば90分だけ自尊感情を得られる。そう思っていた。しかし、最初から最後まで彼女あくびが止まらない様子で、こちらが申し訳なく感じた。なんだか会話もうまく続かないので、気まずい沈黙風呂ベットをくっつけた不思議空間支配した。まあ、話が続かないのは職場で慣れている。だからしょうがないと自分言い訳しつつ、いままで出会った風俗のお姉さんは近所のオバハンなみに話しかけてくれたので僕は楽だったということが幸運だったと理解した。

 過去コスプレデリヘルで「きみ、気持ちよくなるためなら何でもするって、言ったよね? じゃあ、アタシのここ舐めて」と言われながら顔面騎乗されて最高だった。暖簾みたいにスカートめくったりして大爆笑もした。しかし、擬少女にはそのようなプレイは望めなかった。僕はほとんどの時間、擬少女身体制服の上から無言で撫で回していた。まあ、それはそれで不思議な満足感があったし、気づくと股間も膨らんできていた。

 擬少女は僕に撫でられて終止嫌そうな感じだった。僕は自分の強烈な性欲と申し訳ない気持ちで引き裂かれた。

制服少女性交

 制服に身を包んだ擬少女は、時計を見やると横になるように言った。やっと期待してた「仕事にとりかかってくれた。

 まず、擬少女は僕の胸の頂点をイジった。なるほど、その入力に対し正直な出力として、僕の股間は大きくなった。僕のアレは興奮して大きくなっても相対的には小さい。銭湯にいったりAV見たりすると、世の男性のアレは恐ろしく大きいのだなあと感じている。

 次に、擬少女は僕の股間のアレを口に含んだ。ときどき、歯が当たったりして「口もちっちゃいなあ」と感嘆した。以前別のお姉さんに喉の奥まで飲み込まれて感動したんだけど、後日、魚肉ソーセージを僕は自分の喉奥に突っ込んでみたら嗚咽して涙を流すことがわかった。だから、擬少女が優しく口に含んでくれたのは、彼女なりの精一杯なのだろうと思った。ついでに玉も舐めてくれた。だけれども直後に手でゴシゴシしてそっちのほうが気持ちよかった。

 最後にお待ちかね。擬少女のアソコは綺麗なピンク色ではないが、綺麗な構造でした。毎回毎回風俗にいくたび、女性のアソコをよく見ていないことに気付き後悔する。一回だけ以前のお姉さんが「くぱぁから顔面騎乗をしてくれて、そのときはよく観察できた。さて、今回は擬少女騎乗位であった。思い込みのような気もするが、アソコも小さく動くたび気持ち良いと感じる。「キモチいなら態度で示そうよ♪」という童謡にもあるように、僕は情けない声を上げながら快楽を受け入れた。擬少女の腰使いの甲斐もあって、僕はまたたく間に絶頂した。行為最中に胸も触ったし、尻も撫でれたので満足度が高かった。AVで見て一度やってみたかたことがある。それは「キスしながら絶頂」だ(AVでは正常位が多いけど)。今回それもできたので大満足だった。

 帰る途中でまんがタイムきららを買って帰った。部屋でニヤニヤしながら読んだ。ああ、僕には風俗よりこっちのほうが合ってるなと思ったし、3万円の風俗より500円のまんがタイムきららの方が高い満足感が得られたのであった。

「擬少女」あるいは今回のまとめ

今回の収穫は以下の点だ。

 なんか女性に触れることに慣れてきた気がする。これまでの「されるがまま」から一歩進んで、女性を撫でたり揉んだりして能動的に楽しめた。やっぱ若い子より優しいお姉さんの方が落ち着いていい。性行為握手の延長線上にあるような自然なふれあいであって、特別行為じゃないと思えてきた。

 次回はAVでおなじみの正常位もやってみたい。




会話も続かず女の子の表情も無表情で辛かったです。普通ソープ嬢とはこの程度の対応なのでしょうか? 優しい増田のお兄様、教えてください!



次回:

 低身長女子地方風俗編 お楽しみに!

2018-08-04

日本スポーツ中継って何で解説者は実況アナウンサーから話を振られるまで喋っちゃいけないことになってんのかが謎。

実況がいちいち解説者に呼び掛けるのが無駄に感じるし、話を振っといて解説者が話しはじめようとしても

グラウンドで何かが起これば「おおーっとー!」とか叫んで話を遮るからグダグダになるし。

海外だといちいち話を振らなくても実況に合わせて解説者が能動的に解説をさしはさんでいくじゃん。

何でああいう風にできないの?

2018-08-02

お金があれば鬱がなおるなんて嘘

とある事情不労所得が入るようになったんだが

趣味である音源購入にお金を使いつづけた結果

だんだん音楽に飽きてしまって

楽しいことが何もなくなってしまった

空腹は最高のスパイスという言葉もあるように

ある程度の飢えがないと(受動的な)楽しさって生まれなんだなあ

能動的な趣味がない人間お金があってもあまり幸せにはなれない

人生退屈でつらいだけ

仕事してたほうがまだ良い

anond:20180802012650

おれは勝ち組にあたると思うけど、現在地位自分努力の結果であるとはまったく思えない。

なにも能動的に仕向けていないのに初めから頭がよかったし、自ずからいい仲間に出会えた。適当にやっていたらお金も多少貰えた。

幸運風が吹いているかのようで、そんな風に吹かれなかった人に少し悪いような気がするのよ。

2018-07-28

anond:20180721003536

ファーストブクマをする人というのは、はてブ以外で自分能動的に新着記事をチェック・巡回している、情報収集力が高い人だけ。

から自分が一桁台でブクマした記事がいい意味でバズってると、自分のことのように嬉しい。

というか、ブコメスターつけられるのよりよっぽど嬉しいぞ。

これが本来ソーシャルブックマークの楽しみ方のはず、と思うんだけどね。

2018-07-25

anond:20180725152031

「私は乗り気じゃなかったけど相手が迫ってきたから……」っていう言い訳が欲しいだけでしょ?

そもそも女の多数派には能動的にやる気というのがないの

そりゃ抑圧があるかないかで言えばあるのは間違いないし、個人的にもそんなものはなくなればいいと思うけど、だからって何から何まで抑圧のせいにするのは単なる責任転嫁しかない

責任を負うことな一方的に与えられるのが女(の多数派)にとっての理想ということ

anond:20180725151006

女向けのエロ漫画とか、読者は性欲でムラムラしてるから読むのに、漫画の中の主人公は「自分はその気はないのに、イケメンのほうが強引にせまってきて」みたにな話多いじゃん。

妄想の中でさえ自分からはいけないくらい抑圧されてるから「〇〇とセックスしたい」みたいな能動的な言い方は無理なんだろうな。

2018-07-15

数年前まではただ新聞を読んでるだけで韓国情報が入って来た

今は稀にしか韓国情報が入って来なくなった

韓国情報を得るには能動的にも調べなきゃならない

メディアにとって今の韓国重要度ってそういうことなんだと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん