「難病」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 難病とは

2018-08-17

お母さんありがとう

わたし、30歳になる独身女性

もう、大人になってからずいぶんたつ。

 

独身で、「親」になるという気持ちは実感できないまま大人として過ごしている。

そんな私、生まれた頃は保育器に入っていて、退院してからしょっちゅう病気していて、

命の危険性がある難病を抱えているとかではないけれど、月の半分は熱を出したり、

肺炎にかかったり、喘息っ気があったりと、とにかく病弱な子だった。

中学に上がった頃から随分丈夫にはなったけれど、今でも抵抗力などは弱めで、よく体調を崩す。

  

なので、ニュースなどで感染症病気流行しているなどのニュースを見かけると、

少し不安になって母に「私って○○の予防接種したっけ?」とラインなどで聞くことがある。

母は母子手帳確認せずに「したよ」「してないと思う」とすぐに返事をしてくれる。

 

30年ちかく前のことを、時期や病名までしっかり覚えてくれているのだ。

から返事が来るたびに、ものすごい大きな愛情を感じて、泣きそうになる。むしろちょっと泣いてる。

 

母にとって私は第一子で、最初の子育てがそんな気の抜けない感じで、きっと大変だったんだろう。

実際、私が覚えている小さい頃の記憶は、外で遊ぶよりも病院の待合室で過ごしていることの方が多いし。

 

いろんな病気をした。

小学校の授業などで同級生母子手帳を見る機会があったのだけど、

私の母子手帳は、他の人よりぼろぼろで、ふくらんでいたように思う。

 

どんな症状が、どんなときに、何をすると出てくるのか。

ぜんぶ書いて、ぜんぶ覚えてくれてたんだろうな。

今でも覚えてるぐらい、何度も何度も考えて、見て、比べて、病院を回ってくれたんだろうな。

 

私は父が頼りないというか、あまり家にいない人だったので、余計に気が張ってたんだと思う。

物心ついた頃から、「熱が出る=38度後半」というイメージが出来上がってたけど、

からしたら、小さい子どもしょっちゅうそんな熱出すなんて心配だったよね。

 

母は今でも、私のことをすごく心配してくれる。

遠く離れて暮らしていても、ちょっとの変化を聞きつければ、すぐに医者に診るよう促してくれる。

ありがとうお母さん。

私は、本当に母の愛を感じながら生きている。

 

この、涙が出るほど素敵な愛情を、私も誰かに注いでいきたいものだけど、

本当に申し訳ないけど今のところ兆しなしで、今後もそろそろ厳しいかもしれない。

 

私も、お母さんのような、素敵な母親になりたいな。

そんな風に思ってたんだけど、ついつい、仕事に没頭してしまったよ。

 

こんなに元気に働けるようになったのは、お母さんのおかげだよ。

愛情いっぱいに育ててくれて、本当にありがとう

2018-08-15

anond:20180815080217

ぼう大な判断例を読み込ませたら、逆に難病に気づいたりして

子供難病募金

子供難病から助けてみたいな話はよくきくけど、親が難病になったからどうか他人カンパしてくださいみたいな話はあんまり聞かない。

後者の方が大変そうな気もするんだけど。

2018-08-13

anond:20180813083333

死ぬほど苦労すればいいんじゃないですか。

死ぬのは難病患者なんで、死ぬ死ぬ詐欺を言う資格ITぎじゅちゅしゃにはないんですよ。

2018-08-12

まくらを噛んでいたあの子が死んだ夏

俺が小学生5年生のときの話だ

女の子が枕を必死に噛んでいた

全身を震わせ、足を棒のように伸ばし、何かに必死に耐えていた

ちょうど給食という至福の時間が終わり、昼休みに入った時間帯だ

俺は当時、今とは全く違って、休み時間になればロケットのようにドッジボールをしにいくような子供だった

そんな俺が保健室に訪れたのは、とにかく腹が痛いからだった

同級生サッカーを楽しそうにやっている中、自分だけは腹痛でこんなところに来ているという状況が憎かったのを覚えている

保健室先生はいなかった

俺は椅子に座り、窓の外で同級生たちが遊んでいるのを眺めていた

ベッドのしきりの間から、何かが聞こえた

人の唸り声だ。とにかく痛そうで、悲痛だった

なんだろうと思って、俺はしきりの隙間からベッドを覗き込んだ

いたのはベッドでとにかく痛そうに、何かに耐えている彼女だった

汗をダラダラかき、堂々見られているのに気づかずに必死に何かに耐えていた

中でもよく記憶に残っているのは、枕を噛んでいたことだ

文字通り保健室の枕に食らいつき、まるで声を出したら何者かに連れ去られてしまうかのように、必死に声を押し殺していた

本当に辛そうに、かわいそうに

彼女は、4年生の頃に転校してきた

髪を腰まで伸ばしていて、足や腕が傷だらけだったのを覚えている

何かの難病を抱えていて大変だということを説明された

すぐにイジメにあったのは言うまでもない

俺は興味なかった。その時期の小学生なんて、そんなもんだ

ただ彼女のことで覚えていることがある

当時、仲の良かった友達

俺が一人寂しくグラウンドの端の方でセミの死骸を棒で器用にはさみ、アリの巣の近くに持っていく遊びをしていたとき

例の彼女がどこからか現れて、俺に

「それ、楽しいの?」と訪ねた

俺はなにも返事をしなかった。楽しくないよ、そういえば良かったと今でも思う

彼女はため息をつき、俺から離れていった

この程度のことで俺は彼女のことを好きになっていた

それが小学生

彼女は6年生になった春頃、またどこかへ転校していった

俺は何故か悲しくなかった。いつかまた会えると思っていた

なんの根拠もないが絶対に会えると、そう思っていた

今年、俺は大学卒業した

同時に今夏に小学校同窓会が開かれた

俺は彼女に謝りたかった。あのとき無視してしまたこ

そして保健室とき、何も声をかけてあげられなくて申し訳なかったこ

彼女絶対に覚えていないだろうが、とにかく謝りたかった

久しぶりに合った同級生の話によると、彼女最近自殺したらしい

なぜかはわからない。ただ自殺したという話だけが会の小ネタになっていた

とにかく彼女は死んだのだった

もう枕を噛むこともないのか、そう思ってちょっとホッとした

2018-08-10

anond:20180810141054

身も蓋もないこと言うけど、弱者友達になると「弱者と付き合ってる良いやつ」みたいなポジションになれるメリットはあるわけよ。「友達メンヘラ多い」とか「難病友達がいる」とか、そういうの得意げに言う人いるじゃん。そういう偽善、下心ドリブンでもいいから、なんか交友関係作ることからはじめるしかないよ。

実際、自分以外に交友関係なくて思うように身体も動かない人間をたった一人で恋人として支えるのは無理。男ならヒーロー願望あるから頑張れるかもしれないけど、女でそんな体力と気力のある聖人はさすがにいないよ。

でもさ、ある程度交友関係あれば、そのコミュニティの中で「車椅子の男と付き合ってる優しい彼女ポジになれるのはなかなか美味しい部分もある。相談に乗ってくれる人もいるし、いろいろ支援もしてもらえるから自分一人で支えなくてもいい。実際、障害者結婚してる人は結構いるけど、そのカップルを中心とした友人コミュニティみたいのが必ずあるね。だから、まずは友達づくりじゃね?

2018-08-08

anond:20180808051231

これって地方に住んでる人も同じことだと思う。自分難病持ちで、患者会に参加したり患者経験検索したりで思ったことだが、地方の人は大都市圏よりも良い医療を受けられてないと感じる。

女性浪人排除の誠実さに感激

私はとある難病治療しきれず、後遺症として症状が定着してしまった患者

日本でも患者数が多すぎる程ではないため、特定を避けたいので詳しい症状は言わないけど、感覚器官の病気だ。

その症状が出始めた時には地元医師にかかったんだけど、最悪だったのは、この初動の医療だった

診断と処方が不十分だったために、最初治療必要な薬が与えられずに治らなかった

その後、残ってしまった後遺症を治したくて、著名な医師や大きな病院を数年に渡って渡り歩いて

長期間に渡って治療を受けたけど、その際に直接言葉にされた訳ではないが

「これは最初の一歩がまずかったんだ」という様なニュアンスを感じる事が再三あった

そう言う患者視点では、こう言いたい

希少な症例患者や、医師にとっても体力的にも精神的にも厳しいER現場での重症患者の取り扱いをする際に

本能力や体力の劣る、浪人生女性排除してくれてるのは、とても有難い事だと思うし

事前に無能になり得る学生排除しておいてくれる事に感激さえする

もしも馬鹿医師になっていなければ、私の病気は良くなっていたかもしれない

この現実の前に、差別けしからん、などと言われても知った事かだ

差別がどうだというなら、お前も感覚器官を一つ永久に失ってから言えと言いたい

合格する為に、何年も浪人する馬鹿など医者にならなくていい。この差別はむしろ当然にして欲しい。

そもそも4年もかかって医師国家試験よりも遥かに簡単入試すら突破できない、知能か努力かしらんが足りてない奴など論外として

女性医師も6割も自らの無力さから男性医師の方が医療現場には相応しいと理解している様だ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011568421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

こういう無能な連中によって私の病気は治らず、生涯の負債を背負う事になった

許しがたいという思いしかない

不幸にも難病を患ってしまった患者が、無能馬鹿で体力のなさから判断力を失ってしまっている医師に当たらない為に

https://anond.hatelabo.jp/20180807124518

2018-08-07

欧米医療費ヤバいっていうけど

日本が同じようになったとしても

LGBTとか女子供難病患者にはクラウド寄付が集まるだろうし

まともな医療が受けられなくなるのはキモくて金のないおっさんと金のないジジババくらいになるんじゃないの

そう考えると別にリベラルはてな民国民皆保険の維持に賛成する理由なにもなくね?

2018-08-03

生産性落ちた。日本○ね

https://www.sankei.com/politics/news/180802/plt1808020018-n1.html

生産性案件、初めて知って、周回遅れだけど、暗澹たる気持ちになって、小学生より政治家道徳教育必要と思って、謝罪の話作ったら、熱中しすぎて、テストも作ったら、選択肢に少し泣けて、夜なべして、自分生産性落ちた。そういう話。

道徳テスト増田文学『玉入れ先生の赤くて白い杖』を読んで以下の問いに答えよ。

 3年白組先生は玉入れ先生と呼ばれています先生の影響を受けてクラスのみんなも玉入れに夢中になり、運動会に向け、何ヶ月も前から体育の授業で練習するほど熱中しています。でも、最近は、玉入れの得点が、どんどん減少。そこでみんなは学級会で話し合うことになりました。

委員長「それでは、玉入れ対策の話し合いを始めたいと思います。」

 最初に元気良く手を上げたのは、ムードメーカー加藤君です。

加藤君「玉を投げる時、みんなの口が開いていて、面白いと思います。」

委員長「それは関係ないと思います。次の人」

加藤君「違いまーす。夢中で楽しいけど周りも見るのが大切――」

委員長「それは私が先週言った目標だと思いますはい次の人」

加藤君「だから、俺は見たんだって。みんな、アイィーって」

 加藤君は、口を開けたものまねを、面白おかしくやりました。クラスは大爆笑でしたが、いつものことです。委員長無視して、野球の上手い桑田君を次に指名しました。

桑田君「僕は今、命中率を上げるためにゆっくりだけどしっかり投げています。もう少しゆっくり、しっかり投げたいと思います。」

委員長が「賛成の人~」と挙手を求めると、全員の手が上がりました。桑田君は、さらにゆっくりと投げることになりました。

 玉入れ先生は、この学級会をとても頼もしく聞いていました。これまでに積み重ねてきた実績があるからです。例えば、最初に誰が何個玉を持つか、それをどう投げるか、一人ひとり決めてきました。前半は全員連投し、後半は玉拾いと玉投げに役割分担し、足の速い子が遠くの玉を拾うなどの戦略も、彼ら3年生自身が決めてきたのです。もちろん大人が考えるような最善の策とはいえませんが、二人の先生のヒントを元に、児童自身が考えてきたことでした。その歴史が玉入れ先生の誇りでした。

 すると、クラスの中でも発言力が大きい杉多さんが手を上げました。

杉多さん「転校してクラス人数が減るのが問題だと思います。それを防止する通学支援なども学校にはありますが、それは玉入れ対策としての大義名分もたちます。」

 実は、玉入れ得点の減少は、杉多さんが言うとおり転校などでクラス人数が減少しているためでした。一方で通学支援や様々な援助などの優遇措置存在しますが、本来は、児童学修環境改善するためのものです。ただし、先生は知っていました。玉入れ得点クラスの人数で割った「得点率」は、上昇しているのです。先生は、あえて黙っていました。このクラスなら、自分で割り算しグラフにして発見することを信じていたからです。

杉多さん「でも学校支援には限界があります。例えば遠田さんは学校から優遇されていますが、支援の度が過ぎます。玉入れ得点を上げなければならないときに、みんなの理解が得られるでしょうか?だから投げられない遠田さん、つまり得点可能性の無い子への優遇をなくして・・・

 この杉多さんの言葉に、遠田さんは真っ赤な顔でうつむいてしまいました。遠田さんは、発症例の少ない難病のために1年生で手が不自由になり、確かに学校障碍者支援も行っています。遠田さんの夢が野球選手だったのを知っている先生は、あまりの衝撃に何も考えられず固まってしまいました。それでも何とか気を取り戻し先生クラスに声をかけようとした瞬間、遠田さん以上に真っ赤な顔で、隣の席の加藤君が立ち上がりました。

加藤君「得点可能性が無い、なんてことは無い。杉多さん、遠田さんに謝れ!今すぐ!!」

加藤君は遠田さんの幼馴染ですから、怒り心頭です。杉多さんに飛びかかる勢いでしたが、遠田さんが不自由な手と、器用に動かせる肩とあごを使って加藤君を押しとどめています。すると、後ろの席の桑田君が「まぁまぁ落ち着け」と言いながら立ち上がりました。

桑田君「今日も拾ったボールを僕に、遠田さんは……遠田はくれたし、おかげで俺一人でやるより点数は上がってるから、それは遠田の得点。玉拾いせずに投げるのに集中できるのは大きいし、遠田はちょこまか小回りも利くから、俺らはベストポジションだと思う……思います。」

桑田君は教員からは真面目にしか見えない児童でした。でもこの時先生は、真面目さの殻を破って垣間見せた人間内面の美しさに、思わず涙ぐみました。委員長も杉多さんの言葉は間違いだと訂正させることでクラスをまとめようとしています先生が少し安心していると、杉多さんと仲良しの古林さんが、ざわついた教室の中で発言しました。

古林さん「確かに得点可能性という言葉はきつかったかもしれませんが、あの得点可能性は、『投げられるかどうか』という意味だと分かります言葉文脈から切り取り、感情的になり過ぎてはいけませんね。」

加藤君「なんだと!」

 古林さんの発言は、まるで火に油を注ぐように、加藤君の怒りを爆発させ、加藤君が飛び掛ります教室は大騒ぎ。机や椅子がずれる音と、児童悲鳴の合間に、ばちんとビンタの音が小さく響きました。その直後、木の棒と大きな熊が一緒に倒れたような音が教室中に響きました。みんな静まり返って注目すると、玉入れ先生が転んでいます

玉入れ先生加藤、すまーん!」

 先生は大絶叫しました。クラス全員、先生凝視し、息をのみました。何故なら頭からピュッと血が吹き出ていたからです。真っ赤な血を滴らせながら立ち上がると、きょろきょろしながら問いました。

玉入れ先生加藤は、古林をはたいたのか?」

加藤君「は、た、か、れ、た、んです!」

 そう反論しながら加藤君は、ヒリヒリ痛む自分の頬に手を当てようとしましたが、桑田君に羽交い絞めにされていて無理でした。桑田君も周りの児童も、先生を見つめたまま石のように固まっています

玉入れ先生「そうか。ほんなら、よかった。金田先生がおらんから、大変なことになるところやった。」

 そういうと先生は、恐竜の鳴き声のように豪快に泣きながら児童一人ひとりに話し始めました。加藤君には、正しいからこそ、暴力という間違いを絶対に犯してはならない事、古林さんには、分かっているからこそ、分かったつもりになる事、桑田君には、醜い場面だからこそ、魂の美しさが輝く事、杉多さんには、人が謝るからこそ、社会の誤りを正せる事、遠田さんには、出来ないからこそ、出来ることがある事。それらはいつも玉入れ先生が言ってきたことでした。

 実は途中で金田先生が駆けつけてきたのに、玉入れ先生は話し続けていました。最後の方は、救急隊に運ばれながらも話していたのです。クラスのみんなも、血まみれの先生心配で、外の救急車までついていきながら、大声で話す先生の話を聞いていました。しまいには救急車の中から、怒鳴るような大人の声が聞こえてきます

救急隊「先生、黙って。血が吹き出るから!」

玉入れ先生「手でしっかり抑えてるから、吹き出ません!見えないからこそ、見えることもあるんです!!」

 その言葉は、みんなが玉入れ先生最初出会ってから、何度も繰り返し聞いきた言葉です。同じ言葉大人救急隊に怒られながら言っているものですから、みんなはあきれて笑い出しそうになりました。でも流血の恐ろしさや先生への心配、出発する救急車のサイレンへの驚きなどが混ざり合って、上手く笑顔が作れませんでした。委員長は複雑な表情を浮かべ、何故か、先生との最初出会いを思い出していました。その日、先生は玉入れへの情熱を語っていました。

球技の中で唯一、玉入れだけが誰の得点なのか見えない。見てるのは、自分の投げた球が、空中を飛ぶみんなの球にからみ、混ざり合いながら落ちるところ。その美しい運動から得点ってやつは誰かものにはならないという真実に気づく。逆に、自分得点他人得点と見分け始めると、間違う。先生も目が見えていた時、大好きだった球技で、やっぱり真実を見失ったのです』

加藤君「みんなのくち、アイィーだぞ」

 委員長加藤君のひょうきんな声に驚いて周りを見ると、急に笑い出す子もいれば、さらに泣き出してしまう子もいました。怒られた事に気づいて唇をかむ子も、誉められた事に気づいて顔を赤らめる子もいました。同じ場所にいるのに、みんなの心の中は、誰一人として同じではなかったのです。

おしまい

問:文章中に登場する言葉を並べた語群Aに対応するものを語群Bから順番に選び、最も適切なものカタカナで答えなさい。

語群A:1玉入れの得点、2「得点率」、3玉入れ対策、4得点可能性、5「投げられるかどうか」、6発症例の少ない難病、7野球選手、8通学支援、9学校支援、10自分得点他人得点

語群B:イ:自分の子他人の子、シ:``生産性''、ス:不妊治療への支援、ナ:国民税金、ニ:出生数、ネ:「産めるかどうか」、ハ:おかあさん、ホ:出生率、ル:性的少数者、ン:少子化対策

p.s.: 最初は、杉多と古林は、学級会で吊るし上げられる話にしたかった。先生が、そうさせなかった。

2018-08-01

もう無理、人生終わったって思ったときどうしてる?

もう俺の人生終わったわって言いたい気分のときってあるじゃん

それが今なんだけど、なんかもうダメだね。

みんなそういうときどうしてるんだろうか。

なんかもう検査ばっかで心身共に消耗気味だし、直近の検査代だけで7万円以上かかってる。新たに難病が2つも見つかったらしいし、これからさら治療費がかかる。もしかするとまだ追加の検査必要かもしれない。

別に全然終わってないんだけど、明るい未来は描けないから、なんかもう終わったわって言いたくなっちゃう気分なの。OK

2018-07-30

身体障害者だけどテント泊でフジロック行ってきた

体幹5級です。難病患者で疲れやすい。車いすではない。杖ではない。ずっと立ってるのつらい。長距離歩けない。

良かった点

1,11年前にフジ行った時はヤマト運輸荷物を送ったのですが、えんじ色のヤマト運輸かまぼこ型の建物に、みんなの荷物が山になっていて何百もある中を、一つ一つ自分のを探した。周りの人と協力して名前を聞いて「それ出てきたらおしえますから!」なんて言ってた。

今回フジ行くことになって一番の懸念事項が「ヤマト運輸荷物探し」だったんですよ。くそ重い荷物のなかで、ひっくり返しながら自分荷物探していくなんてできないよー。

今年行ってみたら伝票をバーコードでやって、奥の棚からヤマト運輸の人が持ってきてくれた!事前に心配していたことの大半が、この時溶けていったのだった。

2,体力を温存するようにしていたので、テント出るのを昼過ぎかにした。

オデッザの後、「なんかわたしまだ元気じゃん?これからアンフェアとか行っちゃう?」って思ったけど、ホワイトからテントまでの遠さを思ってやめた。

全身濡れて辛かったので、スクリレックス途中で帰った。睡眠時間取ることを心がけました。

3,子供を連れて行かなかったこと。ほんとにあの暴風雨は死を予感したので、連れて行かなくて良かった。

つらすぎて面白い

1,土曜夜の暴風雨テントがぺしゃんこになり、髪と服びしょ濡れでテントの布の中に挟まって時を過ごしたこと姿勢は、寝てるから辛くはないが、トイレに行ったりテント状態見るため外にでるとびしょ濡れになる。一応モンベルゴアテックスみたいなの着てたけど5年ぐらいたってるから、濡れて不快暴風雨のなかわたしは4回トイレに行った。(傘なし)

クラフトビール利尿作用すごい。

風に恐怖を感じたし、もしここで飛んできたポールがささって死んでも、SMASH責任を問わないでくれと思いました。(スマッシュ go round

2,レッドマーキーの脇から入口の、あの草生えてるところの傾斜角度。ここにゲート作るって正気じゃない。転びやすいので怖かったです。

3,防風雨の後の日曜帰るので、びしょ濡れでくそ重い荷物多分10キロぐらい、テントサイトからヤマト運輸までかついで持ってった。かたつむりの速度で下をむいて歩いてく。それからまた、シャトルバス乗り場までが遠い。

提案

自転車タクシーを50台ぐらい導入してほしい。長い距離歩けない人とか疲れた人とか。

バリバラメンバーフジロックに連れて行き番組をつくってほしい。

2018-07-29

遺書もなく犯人自殺したため犯行動機はわかっていない。

ただ、犯人父親1993年難病の頭頸部ジストニア発症して1996年自殺

兄も1999年自殺2001年には母親自殺未遂するなど身内に不幸が相次ぎ、

また、本人も持病のアトピー性皮膚炎で苦しみ知人に死にたいともらしていた。

2018-07-28

クローン病などの難病ではなく障害年金がもらえませんが知能が低いので資格試験を受けても合格できず前職を解雇されたのち今週は飲食店アルバイト面接を3件受けましたが

全て不合格となり家賃が払えずホームレスになる予定のキモくて金のないおっさんなのですがどなたか雇っていただけないでしょうか

先日は社会保障費の無駄なので早く死ねとのお言葉を頂いたのでロープを購入しましたが怖くて実行できませんでした

どうかよろしくお願いしま

anond:20180718061339

同じく、軽度のクローン病精神病精神障害者手帳貰って社会復帰している者です。

一応、精神障害者手帳申請医師診断書に、他の病気を書く欄があって、精神科医事情説明すればそこにクローン病と書き加えて貰えます

国の審査でどこまで合わせ技一本が認められるかはブラックボックスの中ですが

そういう記入欄があるということは、精神障害の単騎で申請するよりは通りやすくなっているはずです。

そもそも精神障害者手帳申請のチェック事項は、日常生活社会生活を送れているかどうかの選択枝を選んでいくだけで

原因とか、特に問われていないし。

大半の医者は、治療することと、患者社会に出られるように図らってやることの狭間で、判断バランス取ってくれているので

「この患者社会福祉に助けられず詰んでいる」と判断したときには、型に嵌った診断書ではなく工夫して書類を作ってくれたりします。

ズルではありません。だってクローン病治療法も原因も不明難病である以上、

頑張れないのがクローン病から来ることかメンタルヘルスから来ることかなんて、判別不可能なのです。

頻繁にトイレに駆け込もうが。

社会福祉の恩恵を受けやす精神病に寄せても、バチは当たりません。

精神科主治医が、学会症例報告とかする時の倫理はまた別問題で、厳密に考えた方がいいでしょうけど。

そして、働くにしても最初の稼ぎは、生活保護基準以下でしょう。

才能を疑うようで申し訳ありませんが。

やはりクローン病対応障害者グループホームを探して、世帯を分けて住むことをお勧めします。

役所障害者窓口で相談すれば、消化器疾患に強いグループホームを紹介してくれます

町に一つはある「障害者就労支援センター」みたいな所でも相談しましょう。

ついでに、そういう所で他の難病関連支援団体も探しましょう。

働きながら生活保護受給しましょう。

親があなた扶養できるかなんて、親の自己申告でしかないのです。

幾ら親に収入があろうが、「養っていたら我々が最低限度の文化的生活を維持できなくなる」と言えばそれで扶養義務から外れるのです。

親に差押えとかありません。

ただ、御父上が自営業とのことですが、都道府県市区町村との取引が多いと、田舎場合業務に支障が出るかもしれません。

俺はこれと、地方から車を手放せない、クレジットカードは欲しいという理由生活保護以下の収入で食いつないでいた時期がありました。

車は親名義にして借りるという裏技もありますが。

御父上の名誉問題になるなら、2,3隣町のグループホームを探すのも手です。



親と世帯を分ければ、社会保険も親の扶養から国民健康保険になり、保険料基準自分所得になります

特定疾患の上限がますます下がります

精神科でも自立支援医療制度を使った場合の月額上限が、かなり下がります

昨年度収入が80万円以下なら、月額自己負担上限は共に2,500円~0円(自治体による)です。

っつーか、生活保護受給すれば当然0円です。

2018-07-25

不審者を見かけてもそっとしておくのが正解…?

息子、不審者扱い 母親「そっと見守って」 FBに投稿共感呼ぶ /岩手

https://mainichi.jp/articles/20180724/ddl/k03/040/199000c

 難病アンジェルマン症候群の息子を持つ、花巻市の牛崎恵理子さん(57)のフェイスブック(FB)への投稿共感を呼んでいる。重度の障害がある長男、俊さん(30)が不審者に間違われ、警察説明した経緯などを紹介した。FBコメント欄には「考えさせられる」「同じような経験があり、何とも言えない思い」との感想が寄せられている。

 難病情報センターのサイトによると、アンジェルマン症候群は、15番染色体にあるUBE3A遺伝子の働きが失われることで発症する。重い知的障害があり、ちょっとしたことでよく笑うなどの特徴がある。

 5月26日の朝、牛崎さんの自宅に警察官2人が突然、来訪した。「24日に市内のスーパー駐車場女性不審者に声をかけられ腕をつかまれた。男は股間に手をやっていたように見えた。何か知らないか」と尋ねられた。男は俊さんのように思えた。俊さんは1歳半ほどの知的レベルで、言葉は話せない。

 そのスーパーはいつも利用していて、同日も買い物に寄った。俊さんと、同じくアンジェルマン症候群の三男、直さん(25)は車内で待っていた。10分ほどで牛崎さんが店から戻ると、俊さんが車の前に立っていた記憶はある。ただ、俊さんが今まで見ず知らずの人に近寄ることはなかった。牛崎さんは「勘違いだろうから謝りたい」と思ったが、女性が誰か分からなかった。

 後日、女性スーパー従業員だったと警察から聞いた。「一筆書いてもらわないといけない」と言われたため、「被害に遭われた方へ」と題した文章を持って、警察署に出向いた。牛崎さんは、俊さんが「トイレに行きたい」と女性に訴えようとしただけで、危害を加えるつもりはなかったと推測する。今後見かけた場合は「遠くからそっと見守っていただけるとありがたいです」とつづった。

 牛崎さんは、障害者の地域生活支援するNPO法人たんぽぽクラブ」で理事長を務める。講演では活動家族について話し、ボランティア講座で障害の擬似体験について紹介してきた。しかし「まだ啓発が足りない」と改めて痛感している。

 俊さんのように自分気持ちを言い表せない人がいる。牛崎さんは「親や支援者がそばにいる時は説明できるので大丈夫だが……」と理解を求めた。

 FBでは、大学教員から学生に紹介してもいいですか?」などコメントが寄せられた。牛崎さんは「こんなに反響があるとは思わず驚いた。障害者に対して批判的なコメント覚悟して投稿したが、好意的ものが多くてうれしい」と話している。【藤井朋子】


女性にいたずらをしている(ように見える)男性がいても遠目に見守るのが正解なのか?

弱い立場の人への共感が大切だと毎日新聞オピニオンリーダーもいつも言ってるんだが、

性犯罪に遭いそうな人よりも性犯罪者と間違われそうな人に共感するのが正解なのか?

今回のようなケースでは、先に問答無用私人逮捕してから障害者と判明したら釈放する方がマシなのでは。

2018-07-23

LGBT生産性の話

LGBT権利を認めるのと生産性を論じるのは明らかな間違い。

そもそもLGBTの発生数はコントロールできないので、生産性(=次の労働力=子孫)を増やすには仮面結婚なり契約結婚なりして子供を持つ必要があるが、これまでのLGBTは、必ずしもそうはしてこなかった。

子供を持ちたくて異性と結婚する人もいるし、結婚して子供もいながらパートナーを探す人もいる。最近ではパートナー関係を公にして、血は繋がっていないが、養子を迎える人もいる。

LGBT世間が認めたところで、同性から子供は生まれないので、しばらくこの形を踏襲するだろう。しかも総人口10%なんだから、数が問題になるわけでもなし。そもそもアウティング事件に似たことが頻繁する方が、貴重な労働力が失われるのでは、と思う。

しかも、LGBTのうち、恐れられているのはゲイ痴漢レイプだけで、男女問わず同性への痴漢レイプ対策をすれば解決するのでは?

杉田議員は見る分には面白かったが、今回の話は目の付け所が全然違う気がして、書いた。

杉田議員の言う「LGBTに割く金があれば少子化対策に」は、「自分罹患しない難病治療に高額な医療費を補助するのであれば少子化対策に使った方がマシ」「終末医療無駄」「介護費用より姥捨費用を」と同じ話のような気がするが、どうだろうか。

難病ではないので障害年金生活保護ももらえませんが知能が低くキモくて金のないおっさんなのでアルバイトにも採用されずこのままではホームレスになってしまうのでどなたか雇っていただけないでしょうか何度も投稿してしま申し訳ありませんが本当に困っているのでよろしくお願いしま

また返信してくれた方が削除されてしまったようですが主治医というのは私は医者にかかっていないので誰のことなのかわかりません

信頼できるケースワーカーの方を見つければよいというのもこれまで役所などで話し掛けてもまともに相手にしてもらえたことはなく

厄介払いのような扱いを受けていたため信頼できる人というのをどのように見つければよいのかわかりません

2018-07-22

難病ではないので障害年金生活保護ももらえませんが知能が低くキモくて金のないおっさんなのでアルバイトにも採用されずこのままではホームレスになってしまうのでどなたか雇っていただけないでしょうか何度も投稿してしま申し訳ありませんが本当に困っているのでよろしくお願いしま

難病ではないので障害年金生活保護ももらえませんが知能が低くキモくて金のないおっさんなのでアルバイトにも採用されずこのままではホームレスになってしまうのでどなたか雇っていただけないでしょうかよろしくお願いしま

2018-07-21

難病ではないので障害年金生活保護ももらえないのでこのままではホームレスになってしまう知能が低くてキモくて金のないおっさんも誰か雇ってくださいお願いしま

2018-07-20

anond:20180719081025

ダメ理由ってか反対はたくさんあるだろうけど、社会的メリット需要を考えればどう合法化施行させるかって時期だよね

どうすれば合法化できるんだろうな。判例?やっぱ最初難病患者後期高齢者のうちの希望者に限定される感じになっちゃうのかなぁ

2018-07-18

anond:20180717173436

クローン病などの難病障害者総合支援法対象となります

ですので障害サービスも利用できます

就労継続支援B型就労継続支援A型を考えてはいかがでしょうか

就労継続支援A型最低賃金保証してくれます

B型福祉的就労の面があり工賃は決して高くないですがここから初めて見るのもいいかもしれません

ハローワークには難病支援サポーターを配置しているところもあります難病と付き合いながら

働ける職場相談できます

ぢについては円座の利用はどうでしょう

anond:20180717173436

難病にもかかわらず就業したい学習したいという意欲素晴らしいですね。自分の病状も把握されておりヘルスリテラシーの高さまた文章の筆力も感じます

なかなか継続しての就業が難しいということですが医療福祉系での勤務はいかがでしょうか?皆様のアドバイスにあるように公共職業訓練所を卒業すれば慢性的人手不足なのでチャンスはありそうです。また皆さんヘルスリテラシーをお持ちなので普通職場よりは病状に配慮してくれるのではないでしょうか。

またお金はないが高校卒業はしたいということですが高卒認定試験はいかがでしょうか?意外と簡単らしいですよ。またお金ができれば中卒でも通信制大学入学できるようです。例えば、大学によっては大学入学資格認定コースがありますのでいきなり大学生です。

わたしも数回メンタルをやられたことがありお気持ち少なからずわかる気します。

道は無限にあるようですのでわたしも焦らずに諦めずに歩み続けたいです。

合掌

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん