「読み切り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 読み切りとは

2021-09-21

anond:20210921135355

まぁ、簡単じゃないんだろうな

読み切りでよかったところが全部消えてたりするとすごく残念

もったいないなと思う

anond:20210921135110

それジャンプだけの現象だよ。

ジャンプ競争が激しいか読み切りにすべてを懸けてネタを詰め込みまくるし、

連載ではその勢いじゃやってけないからネタを薄くせざるを得ないし、

そのうえすぐ打ち切るから適応しようとして無理に展開早めたりして破綻するわけ。

読み切り面白かったのに連載になるとつまらなくなる漫画

連載用に色々考えた結果なんだろうけど、裏目に出ることが多いよな

俺はジャンプしか読んでないけど、今ドベにいる2作はどちらも読み切りではおもしろかった

打ち切られる漫画感想でよく見るのが、「説明が長い」「主人公達に共感できない」「展開が遅い」だと思う

よく見るってことは、そうやって打ち切られてきた漫画が多いってことで、それを漫画家の人たちが知らないわけないよな?

それなのになんで同じ轍を踏むんだろうか

わかっててもそうなってしまうのかな

2021-09-16

Not for me - 『大きくなったら女の子

大きくなったら女の子 - 御厨稔 / 【コミックDAYS読み切り】大きくなったら女の子 | コミックDAYS

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/comic-days.com/episode/3269754496472136685

ブクマでは好評価が多い本作。

正直自分には合わなかった。

「皆が男として生まれるが、体が一定以上大きくなると10人に1人程度女に転換する」

って設定が消化不良で終わってしまった感。

現代社会とは根本的に違う社会的文化的構造になるはずなのに、

整合性をあまり考えずキャッチーになるように、現実の要素を取捨選択しているように見えて、違和感や混乱ばかり。

性別が途中で変わるような世界で、「嵐太郎」って名前があるの?それともこの世界では「嵐太郎」は中性的名前

ママに会うからってわざわざ新しい服買ったんだよねー」「女心わかってるわねー」この世界で言う女心って何?

かわいく着飾るのを好むこと?と思ったら後のページでは、「女の子になったら、もうかわいい服が着られなくなってしまう」と言ってて???

自分はどうも「人間が生きている途中で肉体的な性別が変わることが自然現象として存在し、それを認識している社会」という作品が苦手なようだ。

恐らく自分の中に「ジェンダー生物学的な性差を基盤として成り立っている」という考えがあるからだろう。

現代社会とは根本的に異なる生物学的な性差もつ主人公に対して、一体どんな社会人間模様を見せてくれるのだろうと期待する。

しかし中身は上に書いたような矛盾するような社会描写であったり、思春期ありがちな色恋沙汰だったり、現実世界安易ジェンダー問題投影だったりしてガッカリする。

「それ〇〇の設定いる?」と不満を言う。

「この要素を入れれば見てくれると思っているんだろう」と邪推する。

こんな感じでこういう系等の作品が苦手なんだろう。

anond:20210916184056

ブクマカ以外でもそういう読み切りバズるしバズりやすいから描く作家も描かせる編集もいるわけだし

世間流行ってるものブクマカも反応してるってだけだろ

2021-09-12

そういえば今は亡きメンズヤングエロ漫画で連載作品やってたんだよな

快楽天は基本読み切りだしエロで連載やるほどのストーリー今日日流行らないのかもしれんな

倉上淳士は今何やってんだろうな、この人の描く漫画好きだったんだが

月姫スマホでやりたい

動画広告見ると100クリック無料で読める感じにしてもらって10000回動画見て無料読み切りたい

2021-09-08

anond:20210908114812

いや、成人指定されてる漫画で成人指定される直接の理由となっている要素がメインじゃない漫画ってないねって意味でひたすら変わらないよ

1ミリでもそういう要素、具体的には性器の克明な描写のうち決して芸術的ともみなされないようなものがあったら一般向けではできない表現になるわけだけど、だからといって1ミリでは成人向けにも居場所がない。無理にでも(作者の頭の中の作品像に反して)その要素を増やすか発表を諦めるかになってしまう。

とまあでもトラバでも「冥王計画ゼオライマー 」ってのがあるようになくはないみたいだね。

俺も寝てるとき読み切り短編集だけど蜈蚣メリベの有機人形とか一部条件満たしてるんじゃないと思った。

と同時にあれは確かに性器描写一般向けに適合するレベルまで修正しても筋書き自体は成立するのだろうが、あれの魅力はエロ自体担保されてる部分も大きい気がするからそういう意味微妙

有害図書で弓月のシンデレラエクスプレスがあったのも思い出したがあれも性器に顔を描いてマイルドにしてる。今発表されてれば成人指定はされてないだろう。

まり元増田で主張することををより具体化すると、性器ちゃん描写しないと筋書きが成立しないような漫画ということなんだな。

まあ漫画ってそんな数学ならユークリッド空間逆張りして非ユークリッド空間を作り出たりリーマン積分理論的な粗に反発してルベーグ積分作り出すみたいなみたいな学術畑にありがちな既存原理に対するハッキング」みたいなことなんて敢えてするようなことはしないしする必要もないからそういう作品があまりないってだけのことなんだと思う。原理内の自由度作品作れればいいって態度。所詮娯楽だから

2021-09-07

エロに特化してない18禁漫画が無い

成人向け指定されている漫画はもれなくエロが内容の主体になっている。

でも、端的に言って、そうである必要性はない。

エロゲーと呼ばれているものを考えてみてほしい。

あのジャンルにはエロ主体じゃない作品普通にある。

たとえばfateリトバスEXにおいて、それさえ省けば全年齢向けとして販売できるシーンは俺の体感だが2パーセントもないのではないか。そんな「エロゲー」がごまんとある。

もちろん特に抜きゲーと呼ばれるようなとってつけたようにエロシーンが組み込まれている作品もある。

そもそもエロゲーは、一般向けの土俵では戦えないと判断されたものエロで釣って販売数を確保するという、手段的な側面がある。だからとってつけたようなエロシーンこそある意味本来的だ。一般向け(コンシュマー用)の版が販売されるようになるということはメーカーにとってもファンにとっても喜ばしいこととされる。

一方18禁なら一般向けより自由作品作りができるという面がある。一般的には倫理的観点から嫌悪すらされるが一部の人間に刺さるもの(そして作者が納得するもの)を作りたくて18禁という領域が選ばれることがある。

結局、様々な事情が想定されるエロゲーにおいてエロがメインである必然性はない。

対して漫画はどうかというと、成人向け雑誌エロシーンが一度も出ない漫画なんかまずない。あほすたさんみたいにインターミッション的な役割を持った作品は除くとして。

読み切りならばそれは当然かもしれない。でも続き物で毎話エロシーンを挿入しなければならないものなのか。

つの単行本になったときに毎話エロシーンがどこかにあるというほうがむしろ自然なのではないか

漫画においては「成人向けであるということ」を自由作風を確保するための手段としてはいけないのだろうか。

エロ漫画ではまるで義務かのように、とってつけたようにエロシーンをくっつけたり貞操が堅いみたいな性格設定をされているキャラとんとん拍子で脱衣していったりする。でもそうじゃない作品があっちゃいけない理由はない。

思うに「エロ漫画」というのがブランディングとして失敗している。「エロ漫画である限り、一定量以上の成人向け要素がなくては詐欺であるかのようになってしまっている。消費者側も考え方が変わる必要がある。

一般向けのエッチシーンは大事な部分に過度な修正を施すか全く見せないか、はたまた朝チュンみたいに記号化されているかのどれかだ。一般向けを銘打って未成年の購入や閲覧を正当に認めている以上それは仕方がない。

であればそうじゃないことはエロ漫画領域でやるしかない。つまり、たとえば大人同士の交流とか、未成年でもいい歳になれば性交渉があってもおかしくないだろう。そういうふうに自分が描きたい物語要請からエロシーンがリアリティへの接近に必須ではないがぜひ必要になって、しかもその場面における具体的な作中の事実物語の本筋に関わっているような作品である

作中の事実とは、たとえばどういう体位でどこをどのような道具でどういう動きで攻めたかとかみたいなことが、恋人が二人以上いるとかなら性器の細かな差異等があったとする。それらの「時空間的な広がりをもった」事実描写が、後背位とかグロマンとかバキュームベッドにぶちこんだといったような単語文章では片付かないものであり、且つそれゆえに、その場面の様子について成人指定されるような具体的な視覚情報提示することでしか、それに前後する特定の場面のコマ説得力が最大にならないという、そのような事実のことを言っている。言葉言葉因果関係で結ぶのなら小説でもできるわけで、コマコマ、あるいは漫画特有表現効果同士を因果関係で結んで文字によるものとはまた別質な説得力のある筋書きを紡げることが漫画醍醐味の一つだと僭越ながら思う(もちろん小説しか表現できないこともあるだろう)。

そういうわけだからエロシーンの性描写は克明に行う。その部分だけ取り出すと通常のエロ漫画の抜きどころと遜色なく人を興奮せしめるものであっても一向に構わない。本筋を成しているのだから具体的に描くこともまた当然ということである。抜きたい奴は自由に抜けばよろしいというスタンスだ。

されどそれが全体としてみれば物語を進める舞台装置になっていて当該場面の前後有機的につながっていたりある場面の原因としてうまく機能しているような作品。そういう作品タイトルでは指そうとしていた。

少なくとも現在商業エロ漫画界にそのような作品の居場所はない。連載において毎話エロシーンを挿入しなければならないという制約はそうした作風と相容れない。物語の展開によっては単行本に対してエロシーンが含むもの1話しかなかったり、単行本一冊分エロシーンが皆無だったりすることも理屈では十分あり得るのだが、同一のシリーズで1巻と3巻では成人向け指定があって2巻では指定がないみたいなものはないからだ。

そういうわけでそのような、エロシーンも本にまとめられるぐらいにはそれなりにあるけど比重としてはそれは壮大な物語の一部に過ぎないみたいな漫画の居場所一般向けにも成人向けにもないことになる。

商業漫画は成年向け雑誌という媒体をそういうエロのためにエロを描くのではなく、物語エロを盛り込む手段として利用させてもらうという半端者を認めないのだ。

しかしこうした実態にはエロゲーの様相を鑑みれば業界と読者との共同の固定観念があるように感じる。読者はエロを銘打ってエロがないのを詐欺だと思うし、業界詐欺呼ばわりされるのを恐れている。これらの固定観念創造性を毀損している。まずエロの有無如きで「詐欺かもしれない」と疑ってかかる狭量さや臆病さをお互いに捨てるべきだ。

先にエロ漫画というブランディングが失敗しているといった。私からの代案として「18禁漫画」という公称を提案したい。

コンシュマー18禁ゲームは性的要素を含むものに限らない。つまり単に18禁と名乗る限りではエロがないか詐欺批判される余地も生じないわけだ。

蛇足(では現実的にどこに発表するかということ)

現状商業でそんな漫画は出せない。持ち込んでも突っぱねられて終わりだ。

ならば個人で描いて発表するしかない。さてどこが相応しいか

pixivは続き物の漫画投稿やす仕様がある。商業みたいな話当たりの枚数制限もない。

ただたとえば十数枚のうちエロシーンが1枚しかないのにR-18と設定としていいものなのか。エロを探してる人間から検索妨害批判されたりしないだろうか。批判されるなら大量投稿している深淵絵師が先と考えれば杞憂なのかもしれないけど。

セカンドライフ仮想空間内で発表するということも一つの考えだと思う。セカンドライフには18歳未満立ち入り禁止区域があるが、その中も全域がネオン街みたいになっているわけではない。同じSIM内なのに、洋風のお城があってその中に名画っぽく額縁にど健全な絵が飾ってあったり木々小川のどか雰囲気になっているところもあったり、いい意味で猥雑としてる。こういうところで漫画を発表するなら詐欺呼ばわりされることはまずないだろう。

個人サイトを作ってトップページに18未満を退出させるお断りを設けその内側で発表するという古典的手段もある。

ただこれも、18禁部分があまりにも少ないと判断されたときに「もったいぶってたくせに騙された」みたいな人から炎上対象になったりしないか懸念するのは考えすぎだろうか。

しかし実際は詐欺を恐れて漫画が発表されないとかじゃなく、こういう能書きみたいなことを考えている人は俺以外にも割りといて、でもそういう奴に限って面倒くさがりで漫画を描けないか描こうとしないというだけなのかもしれない。

追記

なんだなんだどのブコメ漫画知識マウントとってきてよお!

お前らだってexhentaiと言われても何のことかも分からいか規制しか持ってないかのどっちかのくせに!

koviW52M

dorawiiより

2021-09-06

BLコレクション 3

過去に書いた商業BLレビュー


https://anond.hatelabo.jp/20210810121557

https://anond.hatelabo.jp/20210810152212

https://anond.hatelabo.jp/20210825165035

※一部商業BLじゃないものがまざってる。

https://anond.hatelabo.jp/20210803115324

https://anond.hatelabo.jp/20210807105902

https://anond.hatelabo.jp/20210816004742

前回までのBLコレクション

https://anond.hatelabo.jp/20210905133926

https://anond.hatelabo.jp/20210906004549

見ての通り、読書範囲死ぬほど偏っているうえに、あまり量読んでいない。

では、BLコレクションレビューつづき。

『ハレの日』(朝田ねむい)

 これはKindleでは売ってなかったのでhontoで買った。短編

 BLアンソロジーCanna掲載された作品なので、一応BLカテゴリーに入るんだろうけど、BL要素はあまりない。

 妻にゲイであることがバレて離婚し一人息子を育てている作家の話。作家は息子もやっぱりゲイであることを知り、昔の自分と息子を重ねて見てしまうが、息子は自分を越えていっていると気づく、という話。

 面白いかというと微妙淡々としていて、すごく心揺さぶられるようなものではない。いい話ではある。つまらなくはない。わざわざ単話で買うよりは、短編集や他の作品の巻末読み切りに収録されたらついでに読むくらいでいいんじゃないだろうか。私はわざわざ買ったけど。

 一人息子を育てている作家の話というと、よしながふみ先生の『こどもの体温』(BLではなかった気がする)という作品を思い出すんだが、それとこれとが似ているのかというと、別に似てはいない。

リカー&シガレット』(座裏屋蘭丸

 前にレビュー書いたような気がしたんだけど書いてない? 書いた? うっ、最近記憶力が……まぁいいや。もしも書いていなかったとしたら、たぶんそれはこの作品の攻めてが私の苦手なタイプキャラ(優しげだがねっとりとした言葉責めをするロン毛)だからじゃないかな。座裏屋蘭丸先生作品は好きなんだけど、拝読してもねっとり系言葉責めイケメンへの苦手意識は治らなかった! 『シャングリラの鳥』の無口な攻めアポロの無口ぶりがありがたすぎる。アポロにはずっと無口でいて欲しい……。

 ともあれ。攻めのカミロと受けのテオは幼なじみ。カミロは煙草屋で、テオはカミロの店の向かいで酒屋を営んでいる。ただの幼なじみ同士だったはずが、テオはカミロが自分に対して並々ならぬ熱い思いと視線を向けていることに気付いてしまう。そんなとき、街は毎年恒例のお祭りの準備が始まる。酒屋のくせに実はお酒が一滴も飲めないテオは、祭りで行われる利酒大会に出ることになってしまった。テオはカミロに利酒特訓に付き合ってもらう。だがそこで助平が起こる! という話。

 世間的にはカミロはカッコいい攻めなんだろうけど、私は、あああああいやああああああああ!! と、ナメクジとか毛虫とかに遭遇した時の気分になってしまうので、頑張って読んだ。ツルツル褐色肌のテオがひたすら可愛い。好きな漫画ではあるのだけど、肝心なところで鳥肌が立つの微妙だ。作品がというより、私自身が。

 すごく人気のある作品ストーリーを楽しむというよりは、絵の美麗さとエロエロさを楽しむ漫画体位の妙で局部修正を最小限にするすご技が使われているので、エッチなわりに18禁ではない。あと受けに激甘。

コヨーテ』(座裏屋蘭丸

 この作品過去レビューを書いていないとしたら『リカー&シガレット』と同じ理由で書かなかったんだと思う。攻めが苦手。でも少しは慣れたかもしれない。いやどうかな。

 マレーネ(攻め)は飲み屋ピアノを弾いて暮らしている。リリー(受け)はマレーネピアノ聴くため飲み屋に通うようになった。男同士なのに互いに相手女性名あだ名で呼んでいる二人。マレーネリリーに想いを告げるものの、リリーはなかなか受け入れてくれない。ある晩、リリーのあとを追ったマレーネは、リリーの正体が人狼であることを知ってしまう。そこで助平が起こる!

 ……なんて冒頭のあらすじだけを書くと、まるでエロしかない作品のようだが、長きにわたって対立していた裏社会組織がついに正面衝突する、スリリングストーリーベースものすごいエロ幸せ系)があるというタフな作品である

 『リカー&シガレット』同様体格差カップリングと見せかけて、攻めと受けがほぼ同身長同体格。あれっ、目の錯覚かな? って思った。

 肝心のマレーネ(攻め)が苦手であるもの作品自体はかなり好き。そんなこと、もしも作者が読んでも、全然喜ばないと思うけど……。だがここは増田なので、馬鹿正直に書いてしまう。

『水底に棲む子どもたち』(あずま香夜)

 作者は『親愛なるジーンへ』の吾妻香夜先生と同一人物だろうか。

 『水底に棲む子どもたち』はサンプルを読んで、自分には合わなさそうと思ったのだが、誤って購入してしまい、案の定合わなくて泣いた。

 あまりにも合わなさすぎて、内容を完全に忘れていたが、このレビューを書くために頑張って読み返した。

 まだ新米副担任を任せられた教師が、不登校の生徒の家を訪問する。生徒はネグレクト状態にあり、酷い汚部屋に独りで住んでいた。教師毎日生徒の家に通い詰めるが、内に秘めていた欲望を生徒に見抜かれた挙げ句に生徒をレイプしてしまう。翌日、別人のようにすっきりした格好で登校してきた生徒。教師は生徒から復讐されるのではないかと怯える。という話。

 90年代後半の絵柄とテイスト

『泥中の蓮』(ためこう)

 ためこう先生作品を集めることに挫折する前に買った。ガチ兄弟もの。弟が攻めで兄が受け。

 兄弟は早くに両親を亡くした。兄は売春をして弟の生活を支えるが、弟は知らない男を頻繁に家に連れ込む兄を苦々しく思っていた。という話。

 人気作ではある。情念系だけど、ストーリーがすごいかといえば、そこまででは。BLってこんなものなのかなーと思いかけたが、BL読書の幅が広がるにつれ、もっと面白い作品はたくさんあると知った。

リバース』(麻生ミツ晃)

 たまには自分が到底読まなさそうな作品を読んでみようかなーと思って買った記憶がある。サンプル読んでもピンとこないと思いつつ、まあ読書の幅を広めたいだけだし? といって買ったら案の定合わなかったが、別に嫌いじゃないしおもしろくないとも思わない。むしろ面白いんじゃないかな? 裏表紙(がっつりネタバレが載ってる)を読まなければね!

 二時間サスペンスドラマっぽい作風オメガバース。αの刑事×Ωの作家。二人は同じ施設で育った幼なじみにして番(つがいである。幸村(攻め)は番の円のために仕事セーブしているせいで、優秀なのに出世ができないでいる。円はフェロモン分泌異常を持っているため、番がいるというのに他のαを惹き付けてしまうのだ。異動後、幸村は病死したΩの遺体遺棄事件担当するが……。

 あまり趣味ではないせいか、謎があって面白かったということしか覚えてない。面白かったのは確か。



これくらいかなー。

あと、最近スリピングデッド』(朝田ねむい)を紙の本で買った。紙の本の発売からKindleでの電子発売までに20日以上あって、つい待ちきれなかったので。

 以前に雑誌掲載されたぶんの感想を書いたし、単行本で内容の大きな変更があるわけでもないので、単行本感想は「案外萌えが多い!」とだけ。

今月は『Badass』(ハジ)と『コヨーテ Ⅳ』(座裏屋蘭丸)が発売されるのが楽しみ。それまで頑張って生き延びる。

2021-09-03

ルックバックが全然面白いジャンプ漫画じゃなくてガッカリ

すごい面白い話題作!最近ジャンプ漫画じゃ一番だった!と薦められて、じゃあ単行本出たら絶対買うわ!

って期待して買ってみてガッカリ

バトルもないしエロもないしギャグもない。

快感も何もない。

何が面白いのか、ぜーんぜん理解できない。てか、コマの使い方とか下手じゃない?よくわかんねえや。話が。

多分、チェンソーマンとかファイアーパンチとか、自分が読んでないあの辺のキャラ活躍してるのだと考えられる。

いや、読み切りなら読み切りだけで完結して欲しかった。身内ネタとか勘弁。今はネットですぐ検索できる時代から、身内ネタでいいのかな?

昔のジャンプ漫画は好きで、今は全然漫画読まないから知らんけど、ハルタとか青騎士とか、あの辺が好きなサブカル気取りの漫画通は面白がるのかと思いました。

溢れ出るコミティアで手売りしていそうな漫画臭。うーん、そう考えると500円は高いが400円ちょいならまあ別によかったか

まあ、強いて理解できた範疇分析すると、日本ってサブカル文化若者に伝えるのに失敗したから、こういう身内ネタロックンロール?的な空気が再びウケたんかなあと思った。

ロクな娯楽作品に触れてこなかった若者には何か響くものがあるのかもしれない。かわいそ。

あと、現代の学級新聞普通漫画コーナーはありません。もっと取材しましょう。

まあクソ作品に触れるのもたまにはいいかな…うーん、けど薦めてきた友人には文句を言おうかなー…ってギリギリラインだよね。

不満点まとめると、もうちょっと絵の勉強して欲しいな、商業作家なら。線がガタガタ。ラインだけに。

あと、何より、もう少しでもいいかキャラクターが立ってれば、面白かったのかもしれない。キャラクターづくりの教本とか最近は売ってないのかな?小池一夫あたりの。

もっと共感できる主人公づくり」を心がけましょう、じゃないと読み手が置いてきぼりだよ。

テーマも、なんか活かしきれてなかったし、漫画テーマなら「まんが道」とか「燃えよペン」とか、あの辺の9割の人が読んでる有名作品を見返した方が良いんじゃないかナ……

同じネタでも、バクマンタイプパラドクスゴーストライター結構面白かったんだけどねえ。筋も少年漫画でわかりやすかったし、「ラッコ11号」とか読みたいなあ、って思わせる力があったよね。

ちゃんパンチラもあって、女キャラエッチだったし。

少なくとも少年ジャンプコミックスを期待して買った自分としてはガッカリ。☆1.5って感じかな。

映画パロディネタがちょいちょいあるのは、映画好きの自分としてはちょっとよかったかなあ。☆2はちょっとやれないけど。

うん、感じた事が上手くまとまったと思う。

多分、自分みたいに前評判から、期待して購入する人がいると思うので、そういう人を1人でも減らせるといいなと思って書きました。

買って読んでガッカリした人はドンマイ。

所詮は400円くらいだし、元気だしていこう。時間無駄にできるのも、人生が豊かな証拠だよ。

2021-08-23

似てる

才能も無く、努力もせず、そのくせ与えられるものに不平を言って、努力する人間の足しか引っ張れないような奴は、目を瞑ってどっか隅っこに挟まって、口だけ開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてろ



世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口を噤んで孤独に暮らせ



つーか元ネタ攻殻だってことを知らない人が多そう

あーそれにしてもブリーチ読み切り面白かったなあ

シリアス、バトルはどうでもよくて、やっぱ日常回のギャグがほんと好きだわ

まあシリアスバトルも込でキャラが生きてるからこそのギャグ面白さもあるんだろうけど

2021-08-20

みんなホッテントリに入ってる、

ちゃお読み切り漫画笑顔世界」は読んだの?

絶対読んだ方がいいよ。

今年一番のギャグ漫画だと思う。

読み終わってゲラゲラ笑っちゃったよ。

やっぱり笑いは意外性だよなあ。勉強なった。

2021-08-19

推しの子」を楽しめない理由

まあ楽しめないとか言いつつ楽しく読んでんだけどさ、ちょっとモヤっとしたこと今日更新ジャンプ+の読み切りで思い出した。

今日読み切りの「前川さんの後ろから」は後ろ姿美人女の子の顔を見たいけど何故か見れず奮闘するみたいな話だったんだが、あれが前川さんか!?と思い気や別人でしたって子の顔が不細工に描かれてる、作中では不細工ともブスとも書かれてはないけども。コメント欄ではそれに賛否両論になっていた。

それで推しの子でなんともショックをうけた回を思い出してしまった、3話で主人公双子の妹がすきなアイドルアンチスマホレスバしながら「どうせテメェ ブスなばばあだろ! (中略)ぶーす!」と言ってるシーンがあり、更に主人公が妹の前世をこういう女に違いない、とダサくてブスな女ヲタ像を想像するシーンまである

一回ならまだ流せるが同じ回で二度もブスという存在を弄られてリアルブスドルヲタ女としてはかなりショックだったわけだ、推しの子SNS中傷問題とかやってたけどそういう正義ぶった話やるならまずルッキズムをなんとかしてほしい。

2021-08-17

ジャンプラは良いコンテンツになったなあ

読み切り漫画『僕とお父さんについて』

https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496449195790

感動した。良い話。

タイトルは『お父さん』で、宮さんへの呼び名は『親父』。あくま主人公にとっての『お父さん』は死んだ父親なのが何とも言えない。

死んだ父親家事は手伝わないし授業参観にも来ない、けして良い父親ではなかったけれど、だからといって子供が嫌うとも限らないというリアルさ。

ともすれば青年誌向きになりそうな内容を、きちんと14歳少年主人公にした「少年漫画」にしている点に感心する。

他にもジャンプラってこういう一見少年漫画向きではなさそうな題材を結構扱っているしね。

必ずしもレベルの高いものばかりではないけれどそういう実験性も含めて面白い

話題になった『ルックバック』だって、作者は人気連載漫画の作者とはいえ女性二人の友情という一般受けしにくいともいえる題材だしな。

2021-08-16

一護織姫結婚したのってさ

個人的には順当なんだけど、一部で発狂してた(そして今も怒り狂っている)人がいるのね…。

とくにルキア推してた人が多い気がする。

なぜ…?

幼少期を一緒に過ごした恋次とじゃダメなん?

この前の読み切りルキアから一護織姫と別居していると心配されているという感想を目の当たりにしてびっくりした。

2021-08-12

安永航一郎?のウンコ味噌が入れ替わる漫画が思い出せない

オソマ?オマソ?で混乱したついでに思い出したんが、

読み切りもかなりの量描いてないか、あの人…

日本の昔話みたいな話で、男が両手に味噌ウンコを持って帰宅するが、

味噌ウンコを間違えて妻に渡してしまい、

その後の食事味噌汁に入ってるはずのないニンジンが入ってるだのコーンが入ってるだの…

2021-08-11

竿役のキャラが立っててストーリー性のあるエロ漫画

を、探してる

プレイ内容にはあんまりこだわりないけどグロちょっと辛い。

ただひどいだけならオイスターとかでも大丈夫だけどモツが出るとかがきつい

あと、一冊の中に読み切りいくつも…というよりストーリーものひとつ+読み切りいくつか、って構成がいい

痴女というか女側がエッチ積極的キャラだとなおグッド

注文が多くてすまんが、いい単行本でも同人誌でも電子書籍でも教えてほしい

2021-08-10

anond:20210810214126

全部解説したやんけ。俺なんて優しいからね。

全盛期ならわからないとか池沼wwwってボコボコだよ。

とにかく読め。BLEACHを読め。そんで読んでから俺と一緒に今回の読み切りを叩こう。

あとオタクじゃねえよ。

しろ30代後半なのにオタク趣味が辞められなくて困る

アニメを見るのがやめられないゲームをやるのが止められない。

スパロボとかつまんねーのに新作が出るとつい3週はやってしまタイプ。30とかマジで買いたくないわ何やねんあの舐め腐った参戦作品

とりあえずめんどくせえから三連休クレヨンしんちゃんとヒロアカとキネマの神様観に映画館行ってやった。

クレしんは前作と比べると1枚落ちる。ヒロアカはボチボチ。キネマの神様志村けん要素がクソ。

個人的に点数つけるならクレしん>キネマ>ヒロアカって感じだった。どうでもいいけど。

あと「ラブライブ」の無印のやつを配信で全部見た。

見た事なかったから。まあまあ良かったな。アニメテンポが飽きないようにしてあるし。最後の方のシナリオゴミだったけど。映画観たら評価変わるんかね~。

あとマガジンで売れてるらしいシャングリラフロンティア原作をなろうで読んだ。8割くらい読破

文章力低いな。ラノベなんて10文章力カスからしゃーないけど。

漫画最近面白いのねーよな。

4大少年誌ヤングがつく漫画雑誌はほぼ全部発売日に読んでるけど面白い漫画なんてカイジくらいだわ。

ちったあ期待してたBLEACH読み切りも相変わらずつまんねーしよ。

腐女子向けに吉良活躍させてて草なんだ。奴隷根性染みついちゃってんね。

そんな感じの30代なんだけどオタク趣味が辞めらんね~んだよな。もっと有意義なことに金使いたいわホンマ。

娯楽の質をもっと高めてくれよ。

2021-08-04

anond:20210803192800

ジャンプ読み切りで見た、ボディビルダーにあこがれる主人公ボクシングして憧れのビルダーをイジメボクサーを殴る漫画

なんで軽量級ボクサーマッチョ主人公に途中まで勝ってるのか、総合格闘技ブームになるまで理解できていなかった

ジャンプ漫画の内容で正しかったんだな

何の漫画だったか思い出せない

この間結婚相談所登録して婚活を始めたんだけど、似たようなシチュエーションを題材にした漫画があったなあと思い、思い出せなくて胸につっかえてるので聞いてみる。

読み切りか、単行本作品か、Web漫画かも不明

主人公は男

主人公とは違う誰かの力で「あなた結婚してもいい女性」を次々出してくれる機械が登場する

機械からは次々と女性が出てくるものの、一旦断るとその女性とは二度と会うことができず、かつ断らないと次の女性に会うことができない

・最終的には一人の女性を選び、結婚する(この辺のオチうろ覚え

最後オチはこんなんじゃなかった気がするなあ…

なんかもっと学びのある内容だった気がする

2021-08-03

ジャンプの新連載の1話

まあしょうがないとは思うけど、テンプレが決まりすぎててつまらない

1話目なのにそれが一番つまらいかもしれない

読み切りに近く1話で読者をつかむ起承転結つくってなおかつ2話目以降につなげないといけないからかなりきついのはわかるけど

自分のばあいすげーパラパラーと流しておしまいだわ

1ページ目の導入だけすこしまともによむかな世界観とか書いてあるから

それ以降は最初しずか→事件おきる→主人公解決orまきこまれ解決→次週への引き

みたいなテンプレからもう秋秋

フェミニストより統合失調症のほうが強い

藤本タツキ読み切り「妹の姉」がフェミニストに叩かれたのは修正入らなかったけど

ルックバック」が統合失調症に叩かれたのは修正入ったか

統合失調症による表現規制パンチのパワーのほうが強いことが判明した

2021-08-02

anond:20210802170802

かに読み切り漫画掲載の代償で

アニメ化が吹き飛んだら洒落にならないか

修正したくなる気持ちはよく分かる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん