「憧憬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 憧憬とは

2022-06-15

アトピー隠せていいね」にブチ切れた

( 続・過保護水着は良くないと思うぞ

みんな、最新のスタイルスクール水着を絶賛してる。

そんな中でオレは、たった一人、膝をついて震えている。

新しい水着選択肢が増えるだけとの触れ込みだが、近いうちに席巻するだろう。やがてジェンダーレス水着の一色に染まると思う。考えてみてくれ。水着は、悩みをもつクラスメイトのために作られたんだ。恥ずかしいからという理由ジェンダーレス水着選択する仲間のために、キミに何が出来る?

オレが中学生なら、自分ジェンダーレス水着を着る。それが善だからだ。そして完全に間違っている。

自作批評の中でオレは、学童未来を憂いた。

時代が進むほどにブルカ化していくスクール水着を見て、うすら寒いものを感じていた。

オレの考えた通り、新開発の製品にはジェンダーレス・長袖で紫外線カットお題目の裏側に、生徒の「肌を見せたくない恥ずかしい気持ち」を保護したいという優しい動機が隠れていた。

想像だにしなかったのは、かつて肌を晒すことをためらっていた子どもたちの多くが大人になった今も、

恥ずかしさの感情は “やむを得なかった” かのように思っている現実だ。

「あの頃にジェンダーレス水着があれば、水泳の授業もラクだったのに」

どこもかしこも、憧憬の想いで満たされている。

恥ずかしめたクラスメイトへの怒りや、からかってきた友だちへの憎しみを、露わにしているアカウント殆ど見つけられなかった。

「連中が、もっとマシだったなら良かった」そんな風に思っている人はいないらしい。

なぜ、恥ずかしい? 恥ずかしさの感情はどこから来る?

もし仲間はずれにみえる誰かを抑圧する同調圧力に屈したせいで、恥ずかしさが生まれてるならば。迎合するのは多様性に逆行してるぞ。被害実態にメスを入れる勇気のある論者は、しかしどこにもいなかった。

コンプレックスを持っていてもいいんだよ」と、怯える誰かに対応するための手段を与える。

一見優しく見えるけれど、そこには加害者側を責めずに被害者にばかりコストを負わせる社会の歪みがある。

「ビーーッ!! 阿武隈さん、クラスメイトを見つめるのはやめて下さい、失礼です。」

プールサイドから見守る監視カメラにつないだ人工知能が警告する。そんなソリューションもあり得たはずなのに。

みんなが、まなざし被害自己責任として受け入れるつもりなら、もう何を言っても無駄だろう。子どもたちが望むならジェンダーレス・ネックゲイターだって投入されるだろうさ。男女関係なく、うなじを隠せるカバー時代アップデートは止められないのだから、このまま世迷いごとをつぶやく有象無象としてネットノイズに埋もれよう。ふと、ある意見が目に留まった。

アトピーを隠せていいね

体毛を気にしてる人、太ってる人も安心だね。

注意深くみると、そんなニュアンスのことを言ってる連中がチラホラいた。

てめえら、自分が何をしてるのか、解ってないだろ… 😡

2022-06-07

anond:20220607120030

自己投影 = 憧憬 だろ

自分経験したこと投影して漫画読む奴なんていねーよ

やりたくてもできないことを投影するんだ

anond:20220607115731

「悪のアジトに乗り込みたい」と言ってる時点で憧憬であって投影してないだろ

「乗り込んだ」なら言っていい

2022-05-24

女買い続けてたらモテるようになった

モテなかった。

元嫁からはお前とのセックスは嫌いだから二度とヤりたくないと言われて別れた。本当に悔しかった。

ただ、金はあった。

から俺は復讐のように女を買いまくった。

するとどうだ、あれだけ天使女神のように感じていた女が、下品な声を上げてよがるではないか。女は男以上に性に貪欲で浅ましくなりうる存在だったのか。

街を行く女が全て汚らしいものに見え始めた。どんなに綺麗なお澄ましも、夜になれば股ぐらを湿らせて男に媚びるのだから仕方ない。

汚い!汚い!汚い!

そんなものを買う俺は地獄残飯を貪る腐った豚だ!このまま裁きにあえばいい!

陰茎を吸わせながら、膣に突っ込んだ鍵型の指を慣れた風に優しく搔き出している途中、俺は涙を堪えていた。

その帰りに立呑に行った。

横にいた女がめちゃくちゃに飲む俺を心配して声をかけてきた。昔の俺なら緊張で声が上ずっていただろう。けれど、汚物が豚である俺に話しかけてきただけだ。どうでもいい。

気が付いたらホテルにいた。

さっき別の女を抱いていたホテルだ。

俺はまた、陰茎を吸わせながら、膣に突っ込んだ鍵型の指を慣れた風に優しく搔き出し、今度は―――。

こんなことばかりになった。

まだたまに女は買う。確認のためだ。

である自分と、女の確認のためだ。

異性に対する憧憬とは少年にのみ許されうる幻想であり、我々良識者たる大人はその乳臭いから目覚めることを求められはしないものの、目覚めなければ社会の一員の本当の大人とはみなされない。その本当の大人とは、目覚めた地獄鼻歌を歌いながらスキップすらできる存在であるが、いつの日か、また、子供の頃にみんなで歌っていた楽しい歌を口ずさめたらいいなと思う。

2022-05-15

anond:20220515204458

単に共感に飽いたから次に求めるのは憧憬って流れというだけでは

2022-05-12

形に殺意を乗せていない兵器はつまらない

ロボットもの全般がつまらない理由だけど。

真面目に人殺しをしようとすればあの形にはならないはずでしょう。

ヒトの殺意だけを純粋に取り出したらヒト型にはならない。

ヒト型にはノイズが多すぎる。

ククリやカラシニコフバイラクタルTB2には、その形の向こう側の殺意イデアに触れたような気にさせてくれる何かがある。

ロボットもの兵器があのような体たらくから、なぜその殺し方なのか、お前の殺意はその程度かとなる。




追記

おもいのほかトラバブクマあつまったな。みんなサンキュー

戦争で勝つことが目的なら人を殺すより負傷させるほうがいい。1人戦えなくなるだけでなく、傷病兵を運んだり救護したり食糧を与えたりしないといけないので、1人分+αの戦力を奪える。殺意なんかいらない。

これはあるね。

敢えて殺傷力を弱めた地雷だとか、特定遺伝グループだけに発病するウィルスだとかね。

ただ命を数値で計る領域に行くとそれはヒトが抱えられる殺意からは取りこぼれた何かになるよねって気がして、

そのへんに自分フィクションを楽しめるNot for meのラインがあるように思う。

ロボットを楽しめる人とライン位置が違うだけというか。

日本刀の美しさみたいなものもまた殺意領分を超えた別の領域にある気がするなぁ。

ヒトの持ちうる領域内だけで殺意純化させていったような、

怨念傲慢嫉妬みたいなものものもそこに乗ってくるような、

端的に言えば命を刈り取る形みたいなものへの憧憬自分根底にあるかも。

「カエシ」がついてたりね。

2022-05-11

セックスボランティアセックスが出来なかった人はガッカリしただろうな。

用事が出来て遅れるとか言い出した時点で察しないといけないんだろうけれど、

でもそれならそれでもっと早くストレートにやっぱりやめますって言ってくれれば、

それはそれで仕方ないと思えることなのに、

直前になってどうしてややこしいことを言い始めるの?って気持ちになると思う。

女の人と普通にセックスできる人とかだったら、

グダりだした時点で気持ちを察することが出来るだろうし、

あるいはそのグダりからセックスへと持ち込むようなコミュ力もあるんだろう。

でも、セックスボランティアに頼らないといけないような人はそういうふうな器用なことが出来ないんだよ。

生真面目で自分は人との約束は破ったことがないとかいう人のほうが多いんだよ、モテナイ男って。

からから約束を破られると本当に本当に傷つくしガッカリするんだ。

だったら風俗いけよ、とかそういうことではないんだ。

お金の絡まないセックス、ほんとうの意味でのセックスにより近いもの

そういったものへの憧憬と渇望の極限状態セックスボランティアの人にセックスを頼むという行動なんだよ。

あのね、まともな精神状態だったら頼まないっって。

もうあとがないって状態なんだよ。おれは一生、風俗以外のセックスをすることがない、っていう諦めのなかに見えた一筋のか細い光明なのよ。

そりゃね、風俗と何が違うんだ?ってセックスに恵まれて生きてきた種族には理解できないよ。

でもね、素人童貞からしたらぜんぜん違うことなんだよ。

それをわかってほしい。そしてセックスさせてくれ。

2022-04-05

anond:20220405145005

話題になってるその監督の事を思い出した

わたし20年くらい前に小劇場に出るような劇団員をやっていた

友達劇団だったので演劇クオリティは高くはないけど、みんなでわいわいやるのが楽しかった

座長は同じ歳の友達で、脚本演出など全てを行っていた

座長ワンマン劇団といっても過言ではなく、彼女のための劇団だった

才能のある彼女のことを尊敬していた

そんな座長が有名な監督と付き合っている、と聞いた

その監督は他にも何人も女がいるらしく「今度の舞台に何番目かの恋人と来るらしい」と通達があった

監督が連れてきたのは当時は知る人ぞ知る人気の声優さんだった

私は知っている声優さんだったけど、監督声優さん一般人には特に有名ではなかったので騒がれることはなかった

当時はTwitterもなかったし

声優さんの他にも監督恋人は何人もいて、うちの座長監督との関係をしっている他の何番目かの恋人から嫌がらせを受けることもあったらしい

座長が話すその監督エピソードはなんとなく可愛らしく、嫌々付き合っているという感じはなかった

その監督自体才能がある人だから話を聞いたら面白かったりするのだろう

高圧的な態度の人って恋人と一緒の時は甘えん坊だったりするからそっち系の人なのかなと思った

座長枕営業というよりは彼に恋をしている感じだった

監督関係を持ったことで、小さな劇団のチラシに一言その監督コメントがついた

なんとなく箔がついた

有名監督から注目されている劇団、のような印象がチラシから読み取れた

弱小劇団には大きい効果だった

それだけで、動員に違いがあったりはしない

なんとなくちょっとレベルが上がったのかと勘違いはした

声優さん監督の作った映画に曲を提供していた

関係を持った人にはちゃんと旨味は与える人なのだとは思った

20年前でその状態で今までそのスタイルでずっとやってきたならそれこそ監督関係を持った女優はめちゃくちゃたくさんいるんだろうなと思う

とはいえ思い出は20年前なので、その後監督エスカレートしていったのかもしれない

ネットニュースで読む限りは悪行の内容はなかなか生々しい

まり騒ぎ過ぎてくれるな、と思っている女優さんもいるんじゃないか

今は引退している人なら思い出したくないだろうし、活躍してる女優さんもまたそんな枕営業は思い出したくないだろう

ネットニュースでその人の画像を見るたびに学生時代劇団活動の淡い思い出がふと思い出されるという話

かに特定の誰かを示唆した、素行に関する告発文、というか怪文書なのだけれど、

「その監督の思い出」というタイトルが秀逸、かつ、本文も、

知性的淡々とした筆致の中に、二度と戻れない季節へ向けた、ある種の憧憬と諦念が感じられて好きだな。

2022-03-25

anond:20220325160205

眼鏡車輌のような具体物は許せても、憧憬因果、接近のような抽象物の「この子」呼びは許せない人もいるね。

2022-01-16

新卒3年目だけど手取り36万円もらってる

anond:20190809203213 を書いた者。近況をダラダラと書いてみる。

新卒入社した会社で働いて今3年目。今年の春から4年目になる。

手取り収入新卒の時と比べて6万円増えた。月々使える金が6万円増えるって冷静に考えるとすごいな。出費は変わらず15万円ぐらいだから20万円以上貯まっていく。投資とかした方がいいのかな。暇な時に調べてみる。

フレックスタイム制から相変わらずセルフプレミアムフライデーとかしてる。あとリモートワークが以前より推奨されるようになって更に働きやすくなった。

業務も相変わらずのんびり楽しくやってる。成果さえ出してれば何も言われない環境。周りには業務時間中にゲームをやってる人がいるぐらい緩い。その人は自分以上の成果を出してる人なので尊敬憧憬こそすれ不満に思うことはない。優秀な人のおかげで会社が成り立って、自分みたいなエンジョイ勢が生きていけるわけだし。

根っからインドア派でスマホデスクトップPCネットがあれば幸せに暮らせるんだけど、最近は他の趣味開拓したくなってきた。年20万円ぐらいの予算で楽しめるオススメ趣味があったら教えて欲しい。仕事人間関係が広がりにくいので人と関わる趣味だと尚嬉しい。

近況としてはこんなところ。

そういうわけで相変わらず大手web企業はいいぞ。

2022-01-14

anond:20220114220959

普通に考えたらそうなんだけどさ、最上級学府なら普通じゃないかもって憧憬を抱いていたんだ。

2021-12-27

 言葉になったとき、一つのかたまりとして、声として、私の頭のなかをこえてでてくる。また、それを紙に書いた時、文字という紙に滲んだインクとなり、私の身体にあったものから、客体(オブジェクト)としての存在になる。また、私の口ずさむリズムは、音楽となり、その音楽楽器に憑依して自立する。また、私の見た幻想、見たことない景色は、筆の色彩となり、キャンバスに映し出される。このように私の身体はどんどんと身体の外へ超え出てゆき他者になっていく。そして他者化したオブジェクトは私に話しかけてきて、新しい対話が始まる。今私が文章を書く度に、書かれた文章は私にはたらきかけて、それが次の文章のいしずえになる。このようにして、私からかたまりとなって出ていったもの他者化し、それらは自律性をもっていて、他者化したもの同士が会話し始めさえする。

 あの作曲家音楽は、私の断片だったものの影かもしれない。私に内在していた音楽は、今、完璧音楽を前にし、その愚昧さを恥じて消え入ったのかもしれない。辞書は誰かの美しい蒐集であって、これも、私の欠片だったもの憧憬かもしれない。映画は、私の想像を刺激する。だがこれもまた私の小さな欲望だったもの慰めなのかもしれない。このように、夢のような、美しいオブジェクトは、私だった残滓を忘れさせるには十分な効力をもっている。

 私の絵は、私という鏡を通して映し出された像であって、絵は私が像をどのように写すかの観念自体である現実のものを私の想像力によって、色として形として記号化し、物質にして、キャンバスの中に再配置する。観察する私の眼球は、私の呼吸や鼓動でも、動いてしまい定まらない。視点が動く度に陰影や形は変化する。描かれる対象もまた、描いている時間に、僅かずつに、変化していく。これを表現する絵の具の色数も足りない。形、色、大きさ、視点、どれをとっても、物理に筆が間に合わない。一方で、写真機械的な仕組みによる鏡像だ。光は物質構成に基づいて、減衰して反射する。カメラはその反射した光をレンズで捉え受光する。その瞬間は一瞬だ。物理が間に合う。完璧設計されたそれは、美しい像を作り出す。

 私の気づかない重さの違い、色の違い、大きさの違いがあるが、機械は私の感覚よりも雄弁にその違いを語る。私の想像力という鏡では写すことのできないもの機械は美しく写す。そして、私の周りには、機械で均整されたオブジェクトで溢れている。情景は写真として、あの時の記憶は音として保存され、CDとして。主観だった感覚時計の刻む時間に、関係だった信頼は流通するお金に、手書きだった字も統一された活字になった。

2021年12月14日

 たとえば、私の書いているこの文章には、私が覚えていない漢字も沢山ある。「朧げな記憶」という言葉を私のおぼろげな記憶だけを頼りには書くことができない。いまこうやって、パソコンを使って漢字変換の機能を私が使っているから、こういう、ひらがなばかりではない少しかっこつけた文章を書くことができる。また、私はとてつもなく方向音痴なのだが、グーグル地図があるので、初めていく場所でも戸惑うことなく辿り着く。このように、私の漢字を書く能力土地勘、すべてが機械は私を上回っている。私の拙い感覚想像力は、より優れた機械によって、どんどんと私の身体の外の機械へと挿げ替えられていく。私以上の他者、に私は私以下にされてしまう。

2021年12月17日

 いつから物質に、システムに、メディアに、人が合わせ込むようになったのだろう。機械を作る人は、正確に、速くなければいけない。機械を作る時、機械に私が作られる。たとえば、漫画のなかの天才に、本当の天才はいるのだろうか。漫画のなかの天才は、漫画のなかの表現に制約される天才だ。もっとも、天才的な数学理論漫画に書くことはできない。それは漫画世界を超えてしまうからだ。もし本当にその理論があるのだったら、漫画ではなく現実論文として発表される。ではどのように天才性を描写するか。簡単方法には、周りより頭の回転が速いという形で、描写される。すると、漫画表現を真に受けて、そのうちに私たちは頭の回転が速いことが天才だと信じるようになる。語りえないものは語りえないので、語りえないまま、失われていく。語りうるものけが、語られて、語りうる媒体培養養分として生き残る。ミュトスロゴス最後良心のしかただったのかもしれない。

 今日、二人でランチをしながら聞いた話だ。モンブラン流行っているという。賞味期限3分だと店は言うらしい。立って食べる席しかないという。店員動画写真をとってくださいね、というらしい。多分、SNSへの投稿を期待しているのだろう。急いでモンブランを食べるらしい。それも立って食べるのだ。一体いつから人間はこんな機械みたいに急かされるようになったというのだ。モンブランを立って食べることを誰が望んだのか。機械が速くなればなるほどに、人間まで速い物質にさせられる。でも私は立ってモンブランなんて食べないし、流行は追わない主義から、と、私は機械を速くする研究をしながら、私はそういう人たちを想像して、侮蔑的な目で見ている    自分に、 分裂しそうになる。

 私以上の誰かにすげ替えられていくうちはまだよかったのだ。私が私以下の誰かにさせられるうちはよかったのだ。私以下の機械に私にいつのまにかすげ替えられてしまっている。私が私以下の機械にさせられてしまっている。

 私が高校生の頃、機械が歌を歌うようになった。抑揚のなさ、透明な高音、少しの切なさに心が惹かれた。これまで聞いたことがなかったけれど、すぐに耳に馴染んだ。いまは、人間が抑揚のなく、透明な高音で、少しの切なさを歌っている。

2021年12月10日 

 久々に実家に帰って、宇都宮駅に着いた、おばあさんが駅の改札口でずっとICカードを押していた。ずっとICカードを押すけど、ゲートは開かない。どうせすぐに駅員さんがくるかなと思ったら来なかった。おばあさんは何回も何回もカードを押すけど、異常音だけがなって、何も起きない。声をかけたらおばあさんはカードを二つ持っていて、一回開いたのに、動くのが間に合わなかったのだと思う、もう一回おばあさんはカードを押してしまったので、異常になっていた。もし、砂漠のなかで、このおばあさんと、ゲートだけだったらどうしよう。砂漠のだれもいないところでこのおばあさんとゲートだけの光景が妙に浮かんでしまって、悲しくなってしまった。

「あら、ゲートさんにもう少しやさしく押したら今度は開くかしら。」いいえ。機械です。

「そんなこと言わないで、私のこと覚えているでしょう?」いいえ。機械です。

「次は、こんな当て方はどう?」いいえ。機械です。

「ご機嫌斜めなのね、今はどう?」いいえ。機械から

太陽は正確に、円周運動。なので、まったく動きは計算できる。

毎日同じ動き、同じ場所に同じ条件なら、同じだけの光を。反復、振動、円周。変わらない日々。計算とぴったり合う動き。

放物線の、上に凸の、エネルギーを与える。日射強度時間積算量。青い、レイリー散乱純粋大気の青さと太陽完璧な円周運動に軽い目眩

帰り道、暗い住宅街で、なにか声が、聴こえた。

女が家の中でさめざめとなく声だった。私はその家の前で足を止めて聞き入ってしまった。

良い声だった。弦楽器の奏でる音楽のようだった。もっと聞いていたかった。さめざめと泣く声を。

朝、歩いて3分の駅に向かう。

歩道の上に猫のシルエットがあった。ダンボールかぶせてあった。

猫はダンボールに塗られた粘着質にべっとりと体毛をまったく密着させて、うごけなくなっていた。

猫に挨拶した。しゃがんで、猫を見た。猫は逃げない。許可をとって、前足からゆっくり体毛とその粘着質を剥がしていく。猫は泣く、が、たしなめる。ようやく前足だけ自由になった。

おじさんが、背後から歩いてきた。いつも通る横断歩道のおじさんだった。私の電車が間に合わなくなるのを心配してくれて、なにかあったのと声をかけてくれた。

猫は逃げた。私もホームに滑り込む電車に、走って乗った。

手が粘着質にまみれていた。トイレは誰かが使っていたので、手をお化けみたいにして、トイレが開くのをまっていた。

あのあとから猫は多分、ダンボールから剥がれていない。

でも次の日、おじさんのやさしい嘘。「うん、大丈夫、剥がれたみたい」

でも、私は指6本、10分程度の汚れ分しか助けられなかっただけのこと。あの猫は私のたった10分の汚れ、私はあの粘着質、あの粘着質は猫。

2021-10-22

ディレクター、その限りない虚無、こびりついた憧憬

自分自身もきっとそう見られてるんだろうけど、今まで俺が出会った「ディレクター」という肩書きのヤツは、本当に唾棄すべき奴ばかりだった。中身がなくて、薄っぺらくて、口だけで、悪い時はその口さえ営業に劣り、聞き齧った数年前の業界知識をひけらかし、ちょっと名の知れたマーケッターなりクリエイターなりのセミナーに参加しただけで自分も同じ土俵に立っていると錯覚し、目の前の顧客を見ず、ユーザーを見ず、会社の偉い人だけにはニヤケ面でヘコヘコし、しかも内心では、イチ会社員に過ぎない立場にかかわらず、自分こそが会社を回しているかのような尊大すぎる自尊心を持ち、モデル歌手フォトグラファーに甚だ馴れ馴れしい態度で接し、要件定義もできずに言われたことをデザイナーに丸投げし、じゃあせめて何かあったとき責任くらいは取ってくれるかというと、それさえ下流作業工程人間に丸投げするという、まあ本当に、ほんっっとーにクソみたいな奴らばっかりだった。何回もこの「ディレクター」という肩書きウンザリし、自己嫌悪し、自家中毒で吐きそうになりながら、結局まだここにいるのは、俺の目指す、俺が本当になりたい人物像を体現しうる職種が、ディレクターだけだからなんだろうな。

まり、たくさんの案件ちゃんとこなしてきた人間としての深みがあり、人の話をよく聞き、だけど無理な案件を引いてきた営業には言うべきことを言い、最新の業界情報を一生懸命勉強して振り落とされないように努力し、セミナーではなく現場四苦八苦し、その気になれば自分で手を動かしてデザインを作ったりコードを書いたりできて、顧客気持ちに寄り添い、ユーザーにいい体験をしてほしいというギヴァーとしての精神に満ち溢れ、会社の偉い人をうまく転がしながら現場意見ちゃんと通してくれて、だけどあくま会社員として組織のために自分があると思っていて、モデル歌い手フォトグラファー仕事に敬意を払い、斬新で、かつあくま顧客課題解決することが大前提アイデアに基づく要件定義ができて、チームのメンバーがなるべく早く家に帰れるように奮闘し、なにか問題があれば何の他意も打算もなく「自分責任者です」と頭を下げられるという、そういう人間。もう一回だけ、そういうディレクターになれるように、頑張ってみようかなぁ。

2021-07-20

90年代日本サブカル文化いじめ問題

体育会系文化いじめは付き物であるが、

拡散効果や影響は少ないし、

陰湿いじめとは縁遠いものだった。

メディアを介した日本陰湿いじめ問題

背景に90年代サブカル文化が暗躍した説を

私は主張したい。

これは、体育会憧憬した、

決してメインストリームになれない「陰キャ」上がりの当時の業界人メディアを介して間接的なマウンティングを行い「陰キャ」の聴衆が受け入れた結果なのである

実際のところ、小山田過去障害を持つ同級生を虐めたか否かは大した問題では無い、何故なら日本全国で小山田行為類似したいじめはどの年代でもどの地域でも珍しいとは言えない内容だからである

だが、普通はそんないじめ経験は、武勇伝としても自慢話としても公の場で話す類の内容では無い。

何故、小山田は25年前に積極的に悪質な虐めを全国誌で語り、その内容がそのまま出版され、多くの読者が受け入れたのだろうか?

その雰囲気を醸成したのが体育会系文化下位互換としての90年代サブカル文化だったのである90年代サブカル文化は、00年代以降のオタク文化とは似て非なるものであった。

00年代オタク文化はハレとケの、褻に当たる存在であることを自認しており、また、それは属性ではなく役割である。つまり普段は「陽キャ」として振る舞う一般的大学生が熱烈なオタク文化ファンになることも、役割であるが故に成立するのである

90年代サブカル文化においては、これは成立しない、何故ならサブカル文化属性であるが故に、メインストリームになり得ない存在であることが所属と同時に確定するからである

多くの者が成長と共に就職等で、サブカル文化という属性から自然離脱することにはなるが、留まり続ける者もいる。それが、メディアを牛耳る業界人だ。

今でこそ高収入社会的地位が高いイメージだが、当時、サブカル文化属性業界人メインストリームに対して劣等感を抱いていた (※ ハリウッドでも似た話があるので、これは珍しいことでは無い)。

この劣等感金銭的な収入では満たされない感情だったのだろう。社会的地位が上がるにつれてサブカル属性業界人は、メインストリーム体育会系強者匹敵するようなエピソードが欲しくなる。

しかし、人間は正直な生き物なので、完全に空想の嘘は付けない。結果生み出されるのが、90年代に公放送出版物で繰り広げられた下劣いじめ体験談につながった。

これは、小山田だけの問題ではない、小山田経験を自らと同じサブカル属性強者武勇伝位置づけ誇示するように掲載した雑誌関係者、自らと同じサブカル属性英雄の功績として希望を感じた読者は、皆等しく文化を醸成した因子なのである

陽と陰が協調し一つの目的に向かう初めての機会は、学生時代文化である。(※ 24時間テレビが近いと思うかもしれないが、24時間テレビは、テレビ業界所属している者が中心であるためにサンプリングに偏りが生じている)。

五輪はこの文化祭以来の、初の世代を跨ぐメインストリームと非メインストリーム協同作業だったのである

この機会に、90年代サブカル文化代表的な負の象徴である小山田過去が全国規模で炙り出されたことは決して偶然では無い。

京アニの性暴力ガー」記事書いたのワッシュってツイッタラーらしい

https://anond.hatelabo.jp/20210718192945


嫌いな白饅頭牽制したいがために「キチガイツイフェミを装った反フェミ」のフリして投稿自作自演だったのが真相のようだ。

そんな事のために「こんな会社燃やされて当然」とかわざわざ書いたのかと思うとゾッとする。


参考までにこのワッシュって奴は金田淳子のバキ道レイプ描写批判の時にも「カネジュン先生全面的に正しい!これを叩いてる反フェミオタクほうがおかし!!!」とツイフェミ絶対守護マンになっていた。



kanoseさんもこの無理筋擁護賛同している模様。


最近kanoseさんって車椅子クレーマー伊是名夏子の件でも「伊是名夏子が絶対に正しい!熱海駅職員が悪い!!!!」ってツイートしてて、随分香ばしい人になっちゃったんだなと思った。

2021-07-10

anond:20210710165623

それは何をもって「表面的な利用だ」としているの?

80年代アニメ海外に届いていたことはそうした映像的なサンプリングを「レトロ」として使用していることからも分かるじゃん。

そして、そうしたアニメ主題歌ヤマタツの影響下にあったことは誰かが前述していたよね。

であるならば、「アニメ主題歌と一緒にケーブルテレビかなんかで先に届いていてその憧憬がvaporwaveの発生とヤマタツ海外での再評価につながった」っていう可能性を否定できる根拠がなくない。

もちろん可能性の一つでしかないわけだけど、だからこそ、音楽評論の場でもっとアニソンの影響力について議論されるべきだって話じゃないの。

2021-06-18

はてなやめるので10000ブクマ見返した+ブクマカの名(迷)言まとめた(終)

anond:20210618213844

id:vlxst1224

体験し得たかもしれない情景を精緻に描いた作品を代償行為的に楽しむことで 空疎な己を超克したかのように振舞うと決まって漏れる溜息がある これは俺の心の嗚咽 人類よ覚えておけ これは枷 名を憧憬という - id:vlxst1224

ブコメページ - 漫画「恋がわから大人共」の恋人同士の関係性が可愛すぎて尊さの極みを感じる人達 - Togetter

おああーーーっ。あーっ。いけない。いけないやつだこれ。あーいけない。すごい幸せオーラ。光属性。弱点突かれてる。んんっ。死ぬ死ぬわこれ。ああーっ。もうあかんか。あかんな。闇属性やっぱあかんな。ああーっ - id:vlxst1224

ブコメページ - ご飯食べて、旦那の布団(ほんのり旦那香りつき)に寝っ転がって、旦..

時代が違えば国語教科書に載る詩人俳人になってたと思う。羨望を誰も傷つけることなくかと言って己を責めることな表現する才能は見事という他ない。(別増田id名指しで批判されたか自分id名指しで称賛してやるぜグフフフフ)

おわりに

ブコメをまとめたらなんか人生教科書~はてなブックマーカーから言葉~ みたいなものになった。各自適当人生に役立てたらいいと思う。名(迷)言って書いてたけど、ほぼ名言ブクマカ表現センス拍手👏

そのうちid消してこの記事も消えると思うのでブクマするなら魚拓にどうぞ。

IT系社会人として生きている(今は会社辞めて無職だけど)のは、ブクマ始めた頃にわけのわからないプログラミング系のサイトホットエントリーにあって、よくわからんけどカッコいいって憧れをもったから。そこはブクマカ感謝してる、ありがとう。(仕事どうしよう…)まだまだブコメおもしろコメントたかったという気持ちがないと言えば嘘になるけど、Twitterはてブアカウントは見てるので適当コメ欄は見に行くかもしれない。

あ、あとはてな運営さんはabout:blankブックマークを削除できないバグがあるので暇だったら直したほうがいいと思いますよ。

それじゃあはてなのみなさんお元気で!

2021-06-07

アニメドラマに出てくる「パンティ」が嫌い

いや、他作品パンティだかおパンツだか知らないが、クリエイターならば100%オリジナルのものを被れよ。

元ネタ作品への憧憬リスペクト

視聴者からすれば、製作者の心情など知った話ではないので、視聴者に魅せるのなら誰も創ったことのないものを創れよ。

パンティの要素を演出などで入れたのであれば、最後クレジットでその作品引用部分を書けよ。

それをしないってことは、やっぱり「後ろめたい」気持ちなんでしょ。

なぜこんなことを書いているのかと言うと、古畑任三郎パンツが「刑事コロンボ」の劣化コピーに過ぎなかった事を知って失望たから。

anond:20210607112019

2021-04-23

古武術への憧憬

普通に考えれば武術だって進歩するんだから現代格闘技の方が強いのは当たり前なのにね

2021-03-16

anond:20210316023723

いや、読ませる。

そして読みやすい。

2ちゃんや別のところに断片的にコピペされていた前田随筆集も読ませるものがあったが、ブログアーカイブも残っていたとは。

今となっては文章自体が晦渋になり読解が難しくなってしまったが、数学への憧憬法学への不信自体は当時から一貫していたことが分かった。

2021-03-06

ネット右翼いわゆるネトウヨ本質左翼である

彼らにとって体制側とはリベラル思想世界であるので、それに反発しているわけだ。

だがこの反発の正体は社会革命などという大それたものではなくもっと家庭的な問題に起因している。

もともと日本戦後左翼自分の親(この親も戦争PTSDなど抱えていた可能性もあるが)と折り合いがつけられなかった子供たちによって構成されており、

ゆえに主に父親への反抗の一環として革命運動を行って来た。

現代見方で解析するなら恐らくはアダルトチルドレンに属するだろう人々だ。

それと同様、トラウマ治療することな自身の家庭問題を逃避する形で、怒りだけを社会に持ち込んで居場所を作り出した、それがネトウヨコミュニティ

では俗にパヨク支流には俗流フェミニズム弱者男性論も入る)と呼ばれている人々は何かというと、これはネトウヨコミュニティが異なるだけで本質的には同じなのだ

彼らもまたアダルトチルドレンである。だがこちらはもう少し複雑な状況である

ネトウヨコミュニティ男性が先に作り始めたが故に基本的に男社会なので、男性的でない男性女性には入りづらい。

から周縁的な人々がしばしば行きがちな外国への憧憬に寄り集まり海外流行っていた「リベラルっぽい」集団形成した。直接向こうでリベラル思想を学んできた人々としばしば正反対言動を取るのは彼らが学問として体系的に取り込んでこなかったかである

まりパヨク世界ネトウヨに対するカウンターカルチャーである

だがどちらも確固とした社会思想も信念も持ち合わせていないうえに、そもそも本当に社会をよくしたいとは思っていないため、同じ相手と同じ問題についていつまでも解決しない論法によってぶつかり合い、非建設的な言い争いで延々と絡み合い続ける。傷のなめ合いや互助を反転させた関係だ。

彼らはいつまでも社会の周縁で幻想の父母を求めながらのた打ち回るだけの存在なのである

anond:20210306103933

いや、一部の支配階級に成れる層以外は中国国家制度憧憬なんて抱かんだろ。

様々な弊害はあっても民主主義の方がよほどマシ。

二大政党制がもてはやされたのは大国の米英が二大政党制だったからに過ぎない説

この説知ったら、「民主主義」も米英が民主主義だったからに過ぎず、大国化した中国を見て世界民主主義憧憬の念を抱かなくなるのは当然だと思った。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん