「ベタベタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ベタベタとは

2017-08-21

https://anond.hatelabo.jp/20170602214735

一昔前の私だなって思って読んでた。

一応結婚している身。たぶんここでいう独身を貫いている女性方向になるのだろう。私の場合

私の場合、本当にこの人だったら結婚してもいいなって思える「戦友」、「仲間」に会えたか結婚した。

なお子供はいない。作るつもりない。作ってもなんとかなるんだろうなーってきはしてる。

このぐらいドライ結婚を考えるとほんと生活楽でいいですよ。ベタベタ結婚けが正じゃない。

時には泣き言だったり愚痴だったり、経済的に頼れるそんな人に出会えるだけで本当に人生はらくになりますよ。

2017-08-18

だれか、トランプ政権アメリカ分裂したし‥と

投稿していた、けど消してしまたかな?

トランプ政権誕生が、ロシアから差し金としても確かに不思議ではないね

もっとも、仮にヒラリー政権誕生だったら、奴らはビル時代から中国政府ベタベタだった(ビルクリは、アメリカを超格差社会にした主犯‥奴は当時からアメリカ崩壊に手を貸していたのだろう)わけで、日本は米中韓朝ロから蹂躙されるところだった。。ああトランプさん支持者よ、心からありがとう!!

2017-08-17

絵が描けない

どうにも男性同士のカップリング要素に対して凄く嫌気がさしてしまった。

というか女性同士の友情感を男キャラに持ち込んでる感じがダメになった。

顔がやたら近くてボディタッチが多くて仲良しアピールが過ぎるやつ。

ミュージカルが出る前はマイナー普通中学生って感じも多かったのに、

ミュージカル役者同士がやたら仲良しアピールベタベタしているのか(ブロックしてるから知らない)、

単純にミュージカルを契機に人が増えたからか、

仲良し!もはや家族!みたいなのが公式扱いぽくなってしんどい

人気なんてでなくてよかったのに。細々と愛でるだけでよかった。

自分の絵を好きって言ってくれる人や未だにフォローしてくれる人に申し訳ないけど、

もう自分はこうして人を不快にさせる愚痴を垂れ流すだけでもうあのキャラ達の絵は描けないや。

2017-08-14

気づきメモ

理想

自分想像以上にオタクであり、オタク趣味第一になっている

・それを基本邪魔されたくない

・それを分かち合えなくてもいい(分かち合える仲間として妹がいること)

・分かち合えなくてもいいけど、相手も何かしらのオタクで、それについてたくさん語ってほしい(違う趣味世界を持っていたい)

・ただし、自分オタク趣味理解してもらわなくてもいいけど、バカにされたくない

・妹とのオタク活動も、彼との生活もうまくやりくりしたい

現実

・妹が彼をそんなに好きじゃない。彼も妹ばかりと遊ぶ、と私にネガティブな指摘をすること。

・彼は子どもがほしい

・私はよく分からない。ただし賞味期限は切れそう。ほしい時期もあった。

・私が子供いた方がいいな、と考えるのは自分のためではなく親が孫ほしいだろうな、という想像のため。自分本位ではない。

・彼は性格がよく、周囲の評判も良い。故にかなり結婚への期待を友人先輩後輩から言われる。

・私は結婚さえしたいかからない。

自分本来の開放感のあるノリと彼のノリがズレる。違和感

楽しいけど、たまに、ん?となる。

ベタベタとかイチャイチャとか正直ほんの少しでいいけど、向こうはそうではない。

セックスも正直どっちでもいい。

・そういう感情感覚なのに一緒に住むとかできるのか。

オタク趣味理解は示していても、会話があまり通じないから話さない→妹とばかりになる→めんどくさいことになる(ネガ感情を生む)

・別れることも考える。が、本当にそれで良いのか。

・彼を不幸にするのはいやだ。

・馴染みのある人で、こういう関係になれる人はもう二度と現れないと思う

・もし子供がほしくなる、もしくは親に孫を見せたい感情が強くなったときにどうしようってなりたくない

・周りの期待を裏切るどころか、友人が一気に減る。会うのが気まずくなる人が多数。

・だが別れないならこのもやもやを抱えたまま結婚、ひいては子育てできるのか。愛情を本当に注げるのか。無責任なことはしたくない。

・妹に孫は期待できない。(そういうタイプ故。)

彼女とは年の差があるので、彼女の感じ方と私では差異があまりにでかい。が、向こうはわからないのでお構いなし。

・妹が彼を好きでない(無理、と言われた)のは正直なところキツイ。いろんな意味で。

・心の何処かでもう一人でもいいや、と自暴自棄になってるけれど、数年後に後悔すると思う。

自分も含めて周りも不幸にしたくない。彼、親、、。

もっと若ければ別れるのも何するのも簡単なのに。つらい。

2017-08-11

俺もエア妻増田書いてブクマ300くらい目指したいので書いてみる

妻が仕事で疲れて家に帰るとクタクタなのに抱き着いてベタベタしてきます

2017-08-05

ロクシタンハンドクリームは良い

プラスチック製品にくっついた値札のベタベタを取るのに、今のところあれより強力なハンドクリームを知らない

2017-08-02

https://anond.hatelabo.jp/20170802142300

しろ化粧なんかしなくてもいいようにスキンケア死ぬほど力入れてる説

私もフォーマルな場以外でもあんなカサカサベタベタしたもん塗らなくて済むなら

多少苦労しても構わんわw

2017-07-30

久しぶりにデスクトップPC触ったら

めっちゃベタベタする。

手の油が酸化してベタベタ

キーボードマウスも。

もうほとんどノートPCスマホで用が足りてるし、メインのデスクトップPCはアプデの更新遅れぎみなんで、安心して使えない。

Windows終了しろ

あー認知症ムカつく

認知症出てると死んだ魚の眼みたいになってるし、返事してと言っても喋れないし、寝たきりみたいになるし、尿意も便意も麻痺してるし、衛生観念ないし、意味もなくベタベタ触ってくるし、注意すると噛み付こうとするし、嫌だ。

PMSとか介護に非協力的な家族イライラしてると余計に認知症にムカついてくる。

はームカつく。

2017-07-26

夫への対処に困る

結婚2年目共働き子無し。

帰宅時間は夫の方がだいたい30分〜1時間くらい早い。料理担当は私なので帰宅後夕食の支度をすることになる。夫は後片付け担当

私自お腹が空いてるのと、『夫を待たせてる』という意識から帰宅するとすぐに夕食の支度をする。作り置きなどもしているがそれでもそこそこ時間はかかる。夫はお菓子を食べたりマンガを読んだりしながら私の帰りを待ってる。夕食の支度中もそんな感じ。

夕食を済ませたらようやくゆっくりできると思い、ソファでくつろいでいると、夫もこちらにやってきてベタベタしてくる。それがつらい…。

私としてはベタベタしてくる前に皿洗いなどの夕食後の片付けをしてほしい。

理由は2つ。

まず、片付けを後回しにすると高確率で夫は寝てしまうのだ。翌朝やるとは言うが、朝は時間がないためできず、やるのは帰宅後になる。私が帰るまでに皿を洗い終わってればいいのだが、たいていダラダラしてて手付かずだったりするのだ。

そうなると私の夕食の支度に影響が出る。ストレス

2つ目はひとりでゆっくりする時間が欲しいのだ。

帰ってきてから休む間もなく夕食の支度をし、夕食時は夫の仕事愚痴を聞く(適当に流すと怒られる)。

なので私にとって夕食後こそがやっとゆっくりできる時間なのだ

だが夫がベタベタしてくる。

夫の事は好きだし、ベタベタされるのも嫌ではないが、いかんせんひとりでゆっくりしたいのである

夫にはその旨伝えているのだが、なかなか理解してもらえない。

邪険にしたくはないが、やはりイライラして邪険にしてしまうこともある。そしてそのことに対して罪悪感を抱いたりしてしまう。ストレス…。

どう対処していけばいいのだろうか…

2017-07-24

ドロドロ

ドロドロの不倫劇とか言う時の「ドロドロ」のイメージってポケモンベトベターなんだけど。ドロドロと言いつつ想像してるのはベタベタ

「気が付かなかった…」突然の肌荒れ地獄を救ったおばあちゃん医師

化粧品なんてなんでもいい。正直そう思っていた。



肌が強かったのか、これまで肌の悩みはなかったし、口コミサイトで人気の化粧品を使っておけばいいや。そう思っていた。



そもそも化粧品なんて男性みたいなもので、本当の意味自分に合っているかどうかなんて絶対にわからないし、一生懸命探せば確実に見つかるものでもない。



評判が良くても使ってみなければわからないし、それもある程度の期間を経なければ真価なんてわからない。



からあんまり気にする必要はない。そう思っていた。



でも全然そうじゃなかった。

化粧品の正しい知識選択女性にとって人生の質に関わってくる。



肌の悩みは女性にとって人生の質にかなり関わってくる。



肌に問題があると心に余裕がなくなり、外部との接触も減って自分世界が小さくなってしまう。



職場人間関係もぎくしゃく、友人が減り、彼との関係も悪くなっていく。



私はそれに気が付かず大変な苦労をしてしまった。



大げさに聞こえるかもしれないが、私は化粧品選択違いで、肌荒れ、ニキビ、最終的にはシミ。肌の悩みで長い期間苦しんだ。



死に物狂いで解決しようとも、方法を見いだせず、ノイローゼ寸前、そして金銭的にも危機的状況にまで追い込まれた。



肌に関して悩みに、悩みに、悩んだ結果、幸運出会いもあって、今は奇跡的に肌の悩みが全くない状態人生を前向きに楽しむことができている。



もっと早く気がついていれば、知っていれば」



今の肌にはもちろん満足しているが、ちょっとばかり吹き出物のあとが残ってしまった部分をみると、この後悔が湧いてくる。



基礎化粧品についての体験談なんて、あまり多く出るものではないと思うけど、私と同じく「根本的な間違い」によって多くの人が肌トラブルを抱えて苦しんでいるんじゃないかと思って、私の経験を伝えてみたいと思った。



今の基礎化粧品が合ってないと思う人、長年肌トラブルで悩んでいる人、最近になって肌質が変わったなと思う人は参考になると思う。



興味があったら読んでみてください。

普通の私の唯一の「自慢」



私は特に美人というわけではない。
学生時代も注目をあびることなく平凡に過ごしてきた。



30歳になればそのくらいはもう痛いほど自覚している。
美人生き方は到底できない。



からまり目立つことはせず、「普通女性」として生きて来た。普通大学を出て、普通に就職をした。



そんな私だが顔もスタイルも平凡な割には昔から男性受けは良い方だった。性格特別に良いわけではない。



ただ、肌だけには自信があった。



色の白いは七難隠すとは良く言ったもので、男性は本当の私の見た目以上に私を評価してくれているようだった。



「美香ちゃん肌キレイだね。」



というのが男性からもらえる唯一の褒め言葉だった。



肌こそが私の女としての価値



他になんの取り柄がない。



そう思っていた私は、いつしかこんな考えに取り憑かれていたのかもしれない。。。

突然訪れた絶望の序章



そんな私に突然変化が訪れたのは30歳時、冬に差し掛かる頃だった。



朝起きて顔を洗うとフェイスラインの部分に違和感があった。



「ん??なんだろう・・・」



そう思ってもう一度触ると、フェイスラインにそって大きな吹き出物が一つ出来ていた。



肌が強いといっても生理前などには吹き出物ができることはあった。



少し大きいから嫌だなと思いながらも、メイクで隠せばいいやと気にせずに放置していた。



いつもはこれでOK。忘れたころには治っていた。



しかし、この時は違った。ここから悲劇の始まりだったのだ。。



翌朝、気になってフェイスラインを見てみると、



「もう一つできている。。。」



フェイスライン上にもう一つ大きな吹き出物ができていた。これだけではない。



よく見ると鼻の頭にもニキビができていた。赤く腫れ上がった鼻は触ると痛みもあった。



初めての経験。



そして、見た目にかなり影響のあるその赤さに軽いパニックに陥った。



化粧水を塗る手が汚れていた?」


「昨日食べた揚げ物が悪かった?」


「枕カバーを洗ってなかったから?」


寝不足が原因?」


「なんで?なんで?」



化粧品食べ物生活スタイル、何かを変えたわけではない。



年齢によるホルモンバランスの変化なのだろうか。



考えうる原因が多すぎて対策が全くわからない。



肌になんて一度も悩んだことになかった私の頭の中は肌の悩みで一瞬にして埋め尽くされた。



ネットで肌の悩みを検索するが何が原因かなんてわからない。私はたまたま目にしたキュレーションメディアの「化粧品が合ってないのでは」といったトピック記事を読んで、それを鵜呑みにした。

化粧品甘い罠



まずは化粧品を変えてみよう。



肌は1日2日で改善するものではないが、一度荒れ始めると特効薬がどこかにあるのではとそれを探すようになる。



私は「高い化粧品こそは特効薬」と浅はかな意見に取り憑かれ百貨店に急いだ。



冷静な判断力を失っていた私はとにかくネット情報鵜呑みにした。



口コミサイト上位の化粧水美容液ニキビ対策化粧品、これらを探して店を回った。



美容部員アドバイスも受けず、ほしいものだけを提示し、購入した。



化粧水8000円


美容液:12000円


ニキビ対策美容液10000円



正直とんでもなく高い。


以前の私なら絶対に手を出さな金額であったが、悩みがあると不思議と安く感じてしまう。



高い=良い=効くはず



という思い込みも強くなる。



「これで開放されるんだ・・・」



この全く根拠のない安心感に包まれたのを覚えている。



早速家に帰り、使用量よりも多めに使って、翌朝には治っているかのような期待感で眠りに就く。



当然1日で肌が改善するわけはないのだが、現状維持をしているだけで、改善しているように感じる。

1週間くらいは荒れた状態ではあるが、その状態は維持できていた。



しかし8日目、また新たな吹き出物が発生した。



「どうして・・・」



高くて評判の化粧品、足りないものがないようセットで揃えたのになぜ?



信じたくないその事実にまたも混乱をした私は



もっといいもの必要なのか?」



とより良い化粧品を探しに走った。

いわゆる最高級化粧品だ。



今まで目にも入らなかったので気が付かなかったが、化粧品というのは実に多様で、高いもの美容液10万円なんてものである



何とかしたい。その一心で私はフランス最上級ブランド美容液にすがることになった。



一本40,000円の美容液、吹き出物対策のジェルで25,000円、UVも吹き出物に影響するとのことでUVクリーム22,000円



結局10万円に近づいてしまった。それでも私は



「今度こそ救われる・・・」



と素晴らしい安心感に包まれていた。

今思えばこれは完全に化粧品依存症だった。


当然ながらこれも根本的な対策とはならず、数日間肌が改善したようには思われたが、またフェイスラインと鼻に新たなニキビができてきた。



「ここまでやってもだめなのか・・・

噂の人たちはどうだ??



肌問題解決人生の全てになっていた私は新たにインターネット情報を探し、最終手段としてテレビなどでも度々話題になる有名美容皮膚科に足を運んだ。



予約の電話を入れると、1週間先なら空いているとのこと。その人気振りに「ここなら何とかしてくれるかも」という期待感が芽生えた。



そして診察当日、中世ヨーロッパのような豪華な内装に驚きつつ、診察室に入ると、テレビで見たことがある先生看護師を背後に2人も携えて登場した。



私は、



突然肌が荒れるようになったこと



化粧品を色々と試し、


食事野菜中心にした


カバー毎日洗っている



これらの対策をしても改善せず定期的に吹き出物ができてしまうこと

を伝えた。

それを受けて先生は何やら色々と説明をしてくれた。対症療法としては吹き出物はレーザーで焼く、食事面は糖質を減らしていく。そして食事で補えない栄養素はサプリメント補給するとのことだった。



正直ウルトラCを期待してしまっていた私はあまり新鮮味のない回答に拍子抜けしてしまった。



ただ、先生権威もあったので、勧められるまま、試してみることに。



しかレーザーで焼いた部分はかさぶたになってメイクでも隠しきれない状態になった。また糖質制限をするにしてもどの程度までやっていいかからず、かえってストレスが溜まった。



当然吹き出物もまた出来た。



翌週の診察であまり改善しない旨を先生に伝えると今度はサプリメントによる栄養補助を進められた。ビタミン剤が30日分9,000円程度と非常に高くびっくりしたが、藁にもすがる気持ちで私はそれに飛びついてしまった。

安らぎの「代償」



それでも一向に状況が改善はしなかった私はとうとう何をしていいかからなくなってしまった。そんな私に追い打ちをかけるようにクレジットカード請求書が届いた。



請求金額:368,781円・・・



殆ど化粧品美容皮膚科自由診療費、そしてサプリメント費用だ。



私は肌荒れの苦痛から逃れることに必死になりすぎて後先考えずに行動を取ってしまっていた。



幸い何とか支払いをすることが出来たが、一般OLの私のなけなしの貯金の大半を取り崩すことになってしまった。



ほんの些細なトラブルから私は精神的にも肉体的にも、そして金銭的には追い込まれしまったのだ。



もはやお金もかけられない。でも肌トラブルは治まらない。解決策も見いだせないけど、症状を受け入れて生活することもできない。



徐々に私は精神的にも不安定になり、外に出るのが怖くなった。会社休みがちになっていた。

カミングアウトそして意外な展開


そんな私の様子を感じ取ったのであろうか。実家の母が突然私に電話をしてきた。近くにくる用があるので、家に立ち寄るという。



あってすぐ私の様子が違うことがひと目でわかったのだろう。母は大事のようには言わないが落ち着いたトーンで



「どうしたの?」



と一言だけ聞いてくれた。



傍からみればたかが肌荒れ、でも私に取っては存在に関わる大きな問題。友人にすら言いにくい悩みをやっと打ち明けることができると思った途端、安堵感から涙がこぼれた。



母には率直に



「急に肌が荒れはじめて、原因も対策もわからない。自分に自信がなくなって、人に合うのも怖くなって精神的に辛くなっている」



と伝えた。



母は、「全然気にすることないのにねー」というが、私は



「みんなそう言うんだよ・・・」



と心の中で思う。



すると母が、「じゃあ、肌がキレイに戻ったら元気がでるの?それならカンタンよ。」



「え??」



私は思いもよらない母の言葉に耳を疑った。



「私が昔から行ってる皮膚科先生相談すれば一発よ」



「何!?魔法の薬でもあるの??」



そう思いながら翌日すぐに母の紹介で実家付近皮膚科に行った。

おばあちゃん医師の知恵?



クリニックは現在風の要素は皆無。マッチ箱のような規模感の古びた建物にひっそりと存在していた。以前にいった美容皮膚科の豪華絢爛さとは全く違う。その外観に私は失望を隠せなかった。



「でもここまで来たのだから診察は受けておこう。」



受付を済ませるとすぐに診察室に呼ばれた。



中に入ると小太りのおばあちゃんが座っている。



「こりゃだめだ」



私は心の中でつぶやいた。するとおばあちゃん先生は



あんた飯村さんちの娘さんね。肌が荒れてるんだって?」



「はい・・・



私は既に期待もなにもないので適当に返答をした。



すると先生は、



「私の肌見て、はいキレイでしょ。私80歳ね。」



「早く診察してくれよ」

と思ったけど、確かに80歳には見えない。肌だけみたら60台前半には見える。何より肌のキメが細かくシミ・シワが異常に少ない。



「私は化粧品使ってないの。保湿剤だけ。今の若い子はほとんど保湿が出来てないから、肌が荒れるのよ。はい。保湿剤あげるからこれを朝晩ちゃんと塗ってね。」



診察はわずか1分。薬などは一切なし。プロペトという保湿剤を処方されただけ。
あまりのあっけなさに怒りすら感じ、母に連絡をした。すると



「なんでもいいか先生の言うとおり保湿に注意してみなって。」

と突き放す。

意外な効果、あの肌を再び



まあお金もかからないし、やってみることに。夜寝る前と朝に塗れとのことなので、貰ったプロペトという保湿剤を風呂上がりに塗って試してみることにした。。



顔がすごくベタベタになるのが本当に嫌だったが確かに顔を守られているような感覚はあった。



ベタつく感覚違和感を覚えながらも、そのまま眠りついた。翌朝、意外にも早速効果が現れてきた。吹き出物が少し小さくなったような気がするのに加え、乾燥する感じは全くなく、もちもち肌になっていた。



「これはいいかもしれないぞ・・・

そう思う気持ちもあったが、シンプルすぎる対策に疑問を隠せないこともあり、もう少し様子を見ることに。



様子を見ること1週間。



新たな吹き出物は一切できない。



その間付き合いで少し脂っこいものを食べようが、夜更かしをしようが寝る前に保湿剤をきっちり塗るだけで一切肌が荒れなかった。



「え??もしかして私が悩んでたのってすごく単純なことだったの??」



きちんと肌を保湿をする。



そんな単純なことが出来ていなかったために私はこんなに苦しんだのだ。



肌に塗るもの第一優先は保湿なのだ。肌の水分を減らさないために保湿をする。それが一番大事あくまでその他の効果は2の次なのだ。



保湿をすることで肌本来機能を発揮してもらうことの方が、新たな成分を肌に付加し、浸透させようすることよりもよほど重要だと今では思う。



この経験を元に、保湿を中心とした化粧品選びを行った結果、今では昔と同等もしくはそれ以上の肌を取り戻すことが出来た。



始めて合う人からも「肌が綺麗ですね」と言われることが増えてきた。



吹き出物が多く出来た時期に跡が少し残ってしまったのだけが後悔だが、今は自分の肌に満足できて、自信も取り戻すことができた。

あなたに伝えたいこと



今まで化粧品に費やしてきた多くの金額無駄なのではないかと今は思っている。



もちろん身だしなみとしてのメイクファッションと同じで好みに応じてお金をかけてもいいと思うけれど、



基礎化粧品に関しては月に数万~数十万は掛ける必要はないと思う。



保湿力の高い基剤を使った基礎化粧品を一個使っていればいい。



私は最初病院で処方されたプロペトという保湿剤を使っていたけど、これだとベタつきすぎてメイクができないので今は月に4000-5000円のオールインワンジェルを使っている。



もし、あなたが肌の問題で悩んでいるのであれば、使うもの別に何でもいい。ただ、他の成分は無視して、まずは保湿力の高い化粧品だけを使ってみて欲しい。



高級化粧品なんて決していらない。



もちろん高級化粧品は素晴らしい製品だとは思うし、私達女性にとっては見ているだけで楽しい一種エンターテイメントだ。



だがそれによって本来の悩みを解決できず、むしろ更にあおり金銭面でも追いつめられてしまうこともある。



重ね重ねになるが。肌に悩みがあるならまず保湿。これをやってみて欲しい。



その効果にきっと驚くはずだから

。

私のような経験者の話が少しでも役に立てば嬉しいです。




2017-07-19

何が多様性だバーカ

アナ雪のエルサのときも思ったけどストーリーで全くそんな扱いされてないキャラ勝手LGBT象徴にしたがる人ってアホなの?

優等生の良い子ちゃんがベタベタ百合百合してて同年代男の子キャラ排除排除プリキュア多様性なんて欠片もねえよ。

2017-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20170712101651

もし原材料表示があるなら見てもらうと一発で判別つくんだけど、グリセリンが入っている製品増田には向かないやつだ。グリセリンって潤滑性があるんだけど、吸湿性が強くて粘膜や傷口を刺激する性質がある。しかも水分が蒸発するにつれて蜂蜜をうっかり手に付けたときのようなベタベタ感に変化していく。

粘膜につけば灼くような感覚があり、傷口につけば痛みを覚えるし、そっちじゃない方の穴に注入すれば便意と闘うことになる。ちなみにイチジク型の浣腸液の成分は50%グリセリン水溶液。そういうのが好きなら止めないけど、誰得成分なんだよね。

グリセリンというのは糖アルコールとか糖質とか言われるもので、舐めると強い甘さを感じる。

それがわかっていれば、原材料表示がなくても判別がつく。

まり

舐めてみて強烈に甘いローションは増田有害

ってことだ。

2017-07-11

この5年くらい暑すぎない?

それとも俺が歳喰って、脂汗流すようになったからだろうか??

若いころは、体力づくりの為に毎日6㌔走ってきても、ベタベタして気持ち悪いって感触なかった。

それが最近ちょっと汗流しただけで、砂糖水額につけたみたいにベタベタする。

ノートPCスマホなど、べたつきやすガジェットが増えてそれ中心に使うようになったんで、前よりもベタ付きが気になるようになった。つまり精神的なものなのかもしれないけどさ。

気温が毎年着々と上がってるのが問題なのか、俺が歳喰ったのが問題なのか。

服屋の店員ってなんで友達気取りで話し掛けてくるの?

洋服を買う時は大抵夫と一緒に行く。

私一人で買うと洋服単体の可愛さに目が眩んでコーディネートやバランスコスパについて考えが及ばなくなるからだ。

夫は客観視してくれるので、夫も私も太鼓判という服は何年着ても可愛い買ってよかった~となりやすい。

年に1~2回なので夫も文句を言わず付き合ってくれる。

でも毎度毎度の事なんだけど、店員邪魔。本当に邪魔臭い

夫とまともに会話が出来ないくらい話に割り込まれる。夫に話しかけてるのに店員が返答してきたりする。店員真逆の方向を向いて話しかけても。

2人で買い物してるはずなのに3人で買い物してるような図式になる。夫の発言する時間店員が掻き消す。

というか夫の存在店員が消そうとする。夫と私の真ん中に割り込んできて夫を背にして輪から疎外するような事も平気でやる。店のランク関係無い。

やんわり断っても1分後くらいにすぐまた割り込んでくる。なんかコーディネート例みたいなのを持って来たりする。聞いてもいないのに。

初動は解るよ。万引き防止とかそういうのもあるんでしょ?でも断ってもしつこく話しかけてくるの本当になんなの?盗むと思われてんの?

10分も20分も店の真ん中で一人ファッションショーとかしてたら迷惑なのは解るよ。

でも1枚の服に対して店の端っこで家の服と合うか、着る頻度と耐久年数は金額に見合ってるか数分話し合うのがそんなに邪魔

ベタベタ服を触りまくって商品価値を落としたりしてるわけでもないのになんで服を取り上げられてお前のファッションショーに付き合わなきゃいけないの?

即決しなきゃダメなの?迷っちゃ駄目なの?考えちゃ駄目なの?1枚5万も10万もする服を?迷うのも醍醐味じゃないの?

こっちだっていつどんな形で店員さんにお世話になるか解らないから無下にしたくないんだよ。良い関係を築いておきたいんだよ。

からだって相手が言ってる事やらないでよ!!!あんたたちと買い物するために来たんじゃないの!!!

2017-07-05

ワキガの季節

自分ワキガか分からないってやつ結構いるよな。

耳垢湿ってるお前。綿棒で耳かきしたとき黄色っぽいベタベタ耳垢でてくるお前。それワキガって証拠からな。

ちなみおれの耳垢がそれだったorz

2017-06-29

猫はかわいい

子どもの頃は言う事聞いて懐く犬が好きだったんだよ

 

でも実際飼い始めて亡くなるまでに印象が変わった

猫はちゃんと懐く

ただそれが人間本位ではなく猫本意だから分かりづらいだけ

気分屋なのはそうだけどベタベタしてくると思えば知らんぷりしたりする

そういうコロコロと違う反応を見せてくれるのが楽しかった

寝入ったところで顔を舐めてきて布団には入ってくるくせに

先に入れようとすると逃げるとか

そんなところが好きになった

 

まあ…

何考えてるのかちょっとよくわからない時もあった

何して欲しいのかも分からないことがあった

でもその選択が間違ってたとしても俺はそれでよかったと思ってる

色々ひっくるめて俺と猫の出会い総てを俺は肯定してる

 

熱中してゲームしてるときにお前が膝に乗ってこないだけで

随分と貼りあいの無いものになってしまった

 

もしあの世があって再びであったらその時にでもこんこんと怨みを言ってくれたらいいし

俺がいない間何してたのか話を聞かせてもらうとしよう

2017-06-24

シングルマザー日本では裕福になれない

N=1という批判は受ける。

先日自分の両親が熟年離婚危機にあるということをほかのきょうだいから聞いた。

父母はそれほどベタベタカップルではなかったが、私達きょうだい実家生活をしていたときには目の前で激しい喧嘩をするわけでもなく、それなりに仲の良い夫婦と思ってきた。

だが、話によると母親父親定年退職の日を待ち構えて離婚を切り出したらしい。

又聞きではあるが、母は昔から父親の横暴なところが嫌いで、過去勝手自分貯金借金の穴埋めに使ったり、近所への見栄でくだらない出費をしたりといったことを憎く思ってきたのだという。

何より離婚の決定打となったのは、長年患っていた母親の実母が危篤になったと連絡が入って今にも出かけようとしていたときに、父が「夕飯の支度はしてけよ」と言い放ったことらしい。

そんなこともあって定年の日を狙って母親父親離婚を切り出したのだが、その時もネチネチと「そんなことするとお前はこの土地に戻ってこれなくなるぞ」「恥をかくのはお前だぞ」と言ったそうで、母は結局そのまま友人を頼って家を出て現在は別のところに居を構えている。

そこまで拒絶をされたのだからさぞ父親は落ち込んでいるだろうと実家を久しぶりに尋ねてみたところ、ちょうど行政書士の人が来ていてどうも遺産相続の時に母親一円も残さずに済む…どころか借金押し付け方法はないかといったことを相談しているようだった。

既に自分にも家庭はあるのであまりよそのことに口は挟めないが、この年になって父親人間としての小ささを知ったような気がしてがっかりしている。

というか、男が女に別れさせないようにする手段経済的相手を困窮させるしかないんだなと思ってそのことの方がむしろ落ち込む理由になっている。

うがった見方なのかもしれないが、日本世界でもシングルマザーに冷たい国であることは、女性経済力をもたせると男が簡単に捨てられるからという男側の論理でやっていることなのだろうと思ってしまう。

もし国会議員の半数が女性になったら、シングルマザー処遇はきっともっと良いものになるのだろうな。

2017-06-23

ジャニヲタ内に蔓延する“徳を積む”概念のせいで迷惑している話

いい年して未婚、彼氏など10年近くいないので現実逃避するかのようにジャニーズヲタクになってしまった。

(もちろんジャニヲタみんなが現実逃避してるわけではないので、あしからず。)

毎月23日は男性アイドル雑誌2誌の発売日だ。

自担掲載されてるから一刻も早く手に入れたいのに、書店に行く足取りが重くなる。

と言うのも、発売日のドル誌コーナーでカップル夫婦と思しきアラサーの男女がズレた平台の雑誌位置を直している場面に何度も遭遇してしまったのだ。

ものすごく平台が乱れてるわけではないのに、わざわざ下にある雑誌まで触ってトントンと整えてるのだ。

反射的に、うわっ汚いと無性にイライラした。別に潔癖症ではないのに。

何なら店員さんの方がお金触ってるし菌の数は多いだろうけど気にならない。

こういう女がTwitterInstagramで #ジャニヲタ彼氏だとか #ジャニヲタ旦那なんてクソみたいなハッシュタグ付けて、善いことしたアピールするんだろうなと妄想してしまう。

ジャニヲタ内にはびこる“徳を積む”って概念は何なんでしょうか。

宗教じみていて本当に気持ち悪いです。

徳を積もうが積まなかろうが、チケット当落関係ないでしょうに。

この男女も徳を積もうと、誰にも頼まれてないのにわざわざ雑誌位置を整えてるんですか?

目の前でベタベタ触られた雑誌を買う身にもなってほしい。

(雑誌流通までに触られたのはノーカンで気にならない。)

きっと雑誌位置を直してたのが彼女だけならムカつかなかったと思う。

嫉妬しかないのはわかってる。

しかし私に彼氏旦那がいたとしても、一緒に書店に行くことはないだろう。

今日23日なので書店に行く。彼らに出くわさないことを祈って。

追記

めでたく善行気取りカップルには会わなかった。

その代わり、女性アイドル雑誌を読みながら下半身をガサゴソしている男に遭遇してしまった。

もう最悪だ。

2017-06-22

ワキガのヤツです

耳垢がベタベタワキガ体質だけど自分の嫌なワキガわかるけどなぁ。

わかるから普段から風呂で毛は処理してミョウバン塗って、定期的に消臭スプレーかけてる。

それでも気になる。

  

https://anond.hatelabo.jp/20170622192518

2017-06-20

弁当おにぎり用に会社に置き海苔をしている。

今日新しく買ったノリがベタベタするのでよくパッケージを見たら小さく「味付け海苔」って書いてある。

失敗した、もう死にたい

あと14枚も残ってる。

広島産と書いてあるのであわよくば牡蠣醤油が塗ってあるのかなと思ったが成分中に牡蠣煮汁とはあるがただただ甘いだけじゃん。

神聖海苔に甘い味付けてんじゃないよ。

海苔に合うのは醤油だけなんだよ!

2017-06-18

処女喪失に失敗しました

昨日これ書いた者なんだけど、残念ながら開通には失敗いたしました。

https://anond.hatelabo.jp/20170616191257

いや、みんなあれ最初からなんとかなるものなの?無理。無理だった。一人での多少の経験なんて役に立たなかった。

状況としては、一言で言うと私が痛がっている内に彼氏の状況が若干落ち着いてしまって、そのまま雰囲気も落ち着いてしまって後はもう流れで、みたいな感じでした。

やはり机上のシミュレーションみたいにはならないものなんだなあ。

けど、ベッドの上でごろごろ裸抱っこしながらベタベタするのはそれはそれでとても気持ちよかったし、彼氏別にゆっくりでいいよまた来ようねちょっとこのラブホswitch借りられるんだけどなにこれマリオカートすごい楽しいswitchほしい、みたいな感じで楽しんでいたみたいだったし、彼氏マリオカートやってる間私は彼氏背中にこううつぶせになって見物してた。二人とも全裸で。

落ち込むこともあったけど、私は元気です。彼氏も元気です。

2017-06-13

金縛り幻覚幻聴現実とのつながり

とりあえずWindowsから培ってきたマルチタスク癖で精神的に死ぬというもの恨み節は置いておくとして、10年ぶり2回目の体験である金縛りの詳細は軽躁状態であるうちに記載しておこう。

10年前はあんまり公にしたくないオイタをしでかしてしまい非常に頭がハイテンションになりすぎ脳が疲弊してしまったあとに金縛りが起きたわけです。ベッドで目が覚めると全く体が動かない、そうすると凶器を持った人間玄関からのっそりとやってくる。おれは動けない。恐怖が絶頂に達したときにわっと起き上がる。部屋にはは何もない、誰もいない。ただのマンションの一室がある。

研究で解明されているようなのだが、金縛りというのは非常にリアリティのある夢を見ている状態らしい。自分の部屋で寝ており、そこで動けないという現実を脳が作り出しているに過ぎないということ。だから実際は起きて動けていないわけではなく、浅く眠り続けたまま現実トレースした夢を見ているだけらしい。そんなのは当人にとって知ったことではないけど。

今年起きた理由は、普段やっている仕事範疇とは大きくかけ離れたテンションを上げざるを得ない作業従事を命じられたためだった。別に嫌ではなかったが、仕事を終えたあとは憔悴しきっていたものの、それとは別の企画書を一気に作るくらいのテンション作業をしてしまった。

今回はそれほど大きなクライシスが起こったわけではないのだが、10もの年令を重ねたこともあり自分限界を超えたテンションに身を包まれ眠れなくなり、無理やりアルコールで寝たことが最大の原因だと思われる。また、朝の起き抜けに神経痛を穏やかにする鎮痛剤を飲んでふわふわしたことも大きい。

朝6時半頃起床。家を出るのは8時半頃。7時までにシャワーを浴びて換気のために窓を開ける。胃の調子が悪いので野菜ジュースのみの朝食。その後、頚椎ヘルニアの痛みを抑える神経痛の薬を飲む。出勤まで時間が少しあるので布団で横になりながらスマートフォンネットニュースを読む。痛み止めのせいでぼんやりとしており眠るか眠らないかの浅い睡眠状態でいきなり幻聴が始まる。

NHKラジオ想像してもらえればいいのだけど、あの淡々としたニュースの語りが突然頭の後ろから聞こえ始める。もちろんラジオなんてつけていないから、それは幻聴だとすぐに分かる。しかも、日本語である認識できているにも関わらず内容の理解は全くできない。何かしらの言語を喋る、聞き覚えのある声が頭の後ろからAMラジオの音質で聞こえてくる。あーこれは幻聴だ。体も動かないし完全に金縛りだ。一度経験はあるのでそれはわかる。どうせ大したことはないし目が覚めればそれまでだろうと思っていたのだが、突然首や胸に見覚えの痛みが走る。シェアハウスに住んでいたとき、猫に噛まれた同様の痛みがチクッとする。見えない猫がおれを襲っている。大した痛みはない。大したことはないがそれはそれで。あれ。

その直後に誰かが体をまさぐり始める。腹を、胸を、手のひらが性欲を掻き立てるように優しくなでつける。気持ち悪い。はじめは交際相手かとも思ったが、こういうことをする人間ではない。痛みは何もないが見えない人間と見えない猫がおれを噛み、まさぐっている。

感じたことのない恐怖が浮かび上がる。おれの体を犯そうとするやつが居る。

10年前の金縛りも、殺人への恐怖が布団をはねのける動力源だった。

体をまさぐられながら吐息のような唸り声を聞いた瞬間、布団をめくり上げて初めて金縛りから解き放たれる。

金縛りに合いながら同時に聞こえていた音が聞こえる。道を走る車の音、冷蔵庫駆動音。布団の感触がする。毛玉でざらついたシーツ感触自分の臭がする枕。

明確に死をもたらしに来た殺人鬼妄想から10年、何故か反抗するペットやいやらしく体をまさぐる何かの手が脳に宿っていた。わかりやすくおれは快楽を求めているのか、それとも人間に対する意識が変容しているのかはわからないんだけど、とりあえず知らない人間に体をベタベタ触られるのは怖いよ! 痴漢痴女もだめ! マジで気持ちいからやめろ! 男だっていからな、変な人間ベタベタ触られるの!

そんなことを今回の金縛りで思いました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん