「命題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 命題とは

2017-07-18

https://anond.hatelabo.jp/20170718010701

言ってないよ。「仏教徒であれば「人殺し」と詰られても憤ってはいけない」と言っただけで、仏教徒でない人間については何も言ってはいない。

日本人は米が好きだ」と言ったところで、日本人以外が米を嫌いなことにはならない。

命題の「裏」は真ではない(お前は逆と表現したが、実際には裏)

高校数学ぐらい勉強しようね?中卒なのかな?

2017-07-13

https://anond.hatelabo.jp/20170712095559

老害ライダーヲタ昭和ライダーしか認めない、または電王以降認めないなど細かい

「一号〜555まで崇拝、カブトまで許容範囲、それ以降論外」派な老害だけど、

もう新作ファンへの殴り込みはやめた。楽しんでる奴らの横で、

「は?こんなんで満足してんの?俺たちの頃はな・・・」なんてまさに老害典型、こんな無粋なことはないしな。

新作ファンでも本当に好きな奴は大概遡って過去作見てくれるし。今はストリーミングあるから余計に。

そんときになってようやく「ああ、あれは放送当時はね・・・」とか言って口を挟むようにしてる。

アマゾンズ1stは一応最後まで見たけど、デザインガジェットと終盤・最期で周りの奴ほどハマれなかったな。

あの設定ならもう少し理にかなったデザインガジェットにすべきだと思った。

なぜ肉体的に変異してる設定なのにツルツルテカテカのヘルメットコスチューム電子音が鳴るおもちゃベルトなのよ。って。

今では手放しで礼讃されてるクウガも同じ疑問点があるけどね。TVだったクウガと違って好きな大人しか見ないんだし、シン系統で良いのにと思った。

あと終盤の展開。悪とどう折り合いをつけるか、が仮面ライダー命題なのにそれをぶん投げてしまったのがね。

あとアマゾンリスペクトってのも感じないな。名前デザインだけ借りた別物だよ。

2ndは見る気が起きずに見てないしこれからも見ない、こんなだから老害と言われるのだろうけど。

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706212646

いや、主張したい命題自体が正しくても論証の過程瑕疵があれば叩かれるのは当たり前だよ

2017-06-30

たいやきくんは個々のたい焼き同士が意識を共有した群体

そうでないと毎日毎日鉄板の上で焼かれていることを認識することは出来ない。

だが単にたい焼き達がテレパシーによって繋がっていると考えると問題が発生する。

その時にたい焼きとして存在している全てが売り切れてしまっいる状態で誰がたい焼き記憶を次に引き継ぐのかである

仮説1 たい焼き屋でたい焼きが完全に売り切れたことはなくいくつかは冷蔵庫に保存されて次の日温め直して売られる

仮説2 たい焼き冷凍であり常に一定以上のストックがある状態で保存されている

仮説3 たい焼きの魂は死ぬと次のたい焼きに生まれ変わるのでたい焼き実態が無くても認識連続は保たれる

仮説4 たい焼き屋にはたい焼きの亡霊が住み着いており彼らによって認識連続が保たれている

仮説1仮説2は物理的には正しいがたいやき屋の親父が冷蔵冷凍たい焼きを売っていたことになってしまうのがよろしくない。

仮説3仮説4はたい焼き屋が真面目に働いた上で話が成立するがオカルト色が強い。

だがそもそもたい焼き意識があることがオカルトなのだ

ならばここは仮説3や仮説4を正しいと考えるべきだろう。

もしも、仮説3のたい焼き輪廻転生説を支持するならば、命題であるたい焼き同士が意識を共有した群体であるという仮定が間違っていた事になる。

この場合、「たいやきくんは日々たい焼きとして転生を繰り返してきたたい焼きである」となるはずだ。

以上で私の発表を終わります

ご清聴ありがとうございました。

時間がないので質問にはお答えしかます

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623213233

つかよく読んだら

この話題になると誰しもが「自分は頭いいやつサイドだ」と思って意見するよね。

なんで?

こっちが主題だなー。

応仁の乱に食いつくのは2周遅れ、命題の真偽も周回遅れ、「何で誰しもが「自分は頭いいやつサイドだ」と思って意見するのか?」が主題だねぇ。

「ほんとに頭いいやつはバカにも分かるように話す」

俺は応仁の乱全体像について誰から解説されても全然理解できなかったからこの命題は偽だと思ってるんだけど、

ところでリアルの友人でも、2chでもはてなでも、この話題になると誰しもが「自分は頭いいやつサイドだ」と思って意見するよね。

なんで?

(追記)

いや応仁の乱のことはどうでも良くて、

「頭の良さと説明うまいのは別(俺は頭いいけど説明下手なタイプ笑)」とか

「(俺は頭いいしお前にわかるように説明できるけど)お前に説明する必要感じてないだけ」

みたいな上目遣いというか、自分バカの間に線引きして話してる人多くない?って話。

勉強してもうまく理解できなくて、自分ってバカだなーと思った経験ないの?

2017-06-16

https://anond.hatelabo.jp/20170615232250

そのK氏の『G』に“煽る”ものがあったのか、っていうのを一番最初に書いたんだけどなあ。結構わちゃわちゃしてたけども

要するに

表現の自由を語る以前に、まずそもそも『G』に小児性愛者を性犯罪に走らせるだけの原因というのが本当に存在したのか?

男性向けエロ漫画にあるような「法や倫理を越えて性交渉に及んだけどハッピーエンド」のような性犯罪肯定してくれるような内容ではなく、寧ろ陰惨な内容でその逆の趣が強かった

エロ漫画はい性犯罪否定的な態度を取っている漫画性犯罪動機づけにするのは理に適っていないし、もっと自分犯罪衝動肯定してくれるようなエロ漫画は他にいくらでもあった

④ともすれば『G』が性犯罪を煽ったのではなく、もともと性犯罪を予定していた人間動機づけに『G』を選んだと考えるほうが妥当ではないか

⑤そして①の命題が偽であるとすれば、『G』に今回の事件根本原因があるわけでない以上、他の増田でやってるその先の表現の自由だとか規制だとかなんて議論そもそもする必要が無いんじゃないか

ってことが言いたかった。

普通にスルーされちゃったからこれも単なる自己満なっちゃったけど

https://twitter.com/quzilaxxx/status/874688834381926401

犯人の男、放射能検査の手口以前にもわいせつ痴漢行為等何件もやっていたそうで、がいがぁをネットで見て思いついた方法は彼のバリエーションの一つでしかなく、今回110番通報されたのが放射能検査の手口だから目立ってるんだな、というのはある。

ってK氏のツイートもあるし、多分実際も自分のとそんなに遠くはないと思う(めちゃくちゃ今更だけどこれKじゃなくてQやんけ)

2017-06-02

子を望まない女性はどのようにマッチングすれば良いか

子を望まない女性に対してのアドバイスとして「子を望まない男性出会えば良いだけ」というのは真っ当だとは思うが、

流石にバッサリしててあんまりではないかと思うのだ。

というのも、やはり男性としては「伴侶には自分の子供を産んで欲しい」と思う男が多数派であることは、事実であるとは思うし、

「子を産まなくてもいいよ」と言う男性出会うのは、やはりそれなりにハードルがあると思うのだ。だよなあ?

というわけで、どうすれば「子供を産まなくても良い男性出会えるか?」という命題について色々考えてみた。

・年下を狙う。

やはり男というのは年を取るほど子供欲しい願望が出てしまものだと思うわけだ(これは男の本能というより男社会の抑圧のせいかと)

から年下を恋人として選べば、そういう抑圧から比較的和らいでいると思われる。

年収低い男を狙う。

やはり男というのは年収がステディより高いほど、相手子供を産むことを望んでしまうのだと思うわけだ(これは男の本能というより男社会の抑圧のせいかと)

俺がイニシアチブ取ってんだ!おめーに子供産んでほしいんだ!って具合にな。(無論そんなこと言うわけないが、心の何処かでそう思ってしまう)

だったら逆にイニシアチブ取れば良いのさ。私がイニシアチブ取ってんのよ?子供産まないけど文句ある?って具合にな。

まあボンヤリと考えてみましたがどうですか。

色々考えてみたって言った割に2つだけかよってツッコミ禁止な。

2017-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20170531151336

自分だけエエカッコ、というよりも、神の目線的に俯瞰的にみりゃ、生物としての人間が増えすぎて調整局面、みたいな面もあるのかなと思うけど。

「神の見えざる手」が、市場調整のために人間を間引いているというか。

拡大再生産優先の(言葉としてはジェンダー的に正しくない使い方ではあるが)男性的な方法自体が、200年ぐらいやってきて制度疲労してることに絶望しているという言い方もできるか。

議論としては少し違う軸におかれがちだが、今の貧困極右vs富めるリベラル、みたいな構図も「制度疲労」前提で考えると上手く配置できるんだ。言葉遊びみたいなもんではあるが。

拡大再生産は効率性を求めるが、制度成熟していけばいくほど、多様性がないものには価値がなくなる。プロダクトの価値差異で儲けにくくなる。

そういう過剰成熟した資本主義社会は、労働賃金差異のみでしか価値を生み出せない貧困層にとっては、全体主義的なマスプロダクツが無くなり生産効率が落ちて自分たちの懐にまで金が回らないから都合が悪い。

一方で、資本主義が求める価値=今まで最も大きいウェイトを占めていた賃金差異を生み出せる場所は、もう地球上にほとんど残っていない。マスプロダクツ生産拠点は、中国東南アジア中央アジアとどんどん「秘境の奥地」へ開拓されていく、それもも限界で一昔前の秘境もいまや一大消費地となり、また価値差異は小さくなっていく。要するに世界中ほとんどの場所で、燃費が悪くなった状態

で、異なる社会間での賃金差はもう期待できないからプアホワイト的な貧困労働者が更に苦境に立たされる、そして同一社会において相対的により低い労働力としてカウントされがちな移民や女などの社会的弱者への排斥圧力が高まってくるんだろう。トカゲ自分のしっぽ食う感覚

この1年ちょっとでもう誰も言及すらしなくなってるが、ピケティ21世紀型の富の再分配方法を考えなければ、という命題提示したのも、象徴的に考えられるような。

2017-05-24

組織崩壊すると言うこと。

ビジョンミッションが大切ですとどこぞの戦略コンサルタントがしたり顔してありがたいお言葉をくれるたびに、んなものどーでもいいじゃないかと本気で取り合ってこなかったけれど、いま目の前に広がる組織構成する人の繋がりのこんがらがった状態を見てはじめてビジョンミッション意味があるモノなんだなと納得してきた。いや、正しくは今じゃないな。少しずつもう以前から分かっていたのだけれども、何とかなるだろう的な超楽天的な考え方にぶらさがり見ないようにしていたかも知れない。

あなたは人を殺せと言われて、殺すことができるだろうか?そんなことを実際にいう組織はそうそうないと思うけれど、要は自分が今まで培ってきたいまさら変えられようもない価値観を壊すことができますか?という話。組織崩壊するのは決定的に価値観が合わない人同士が同じ組織の中に存在する場合に起こりやすいのではないか最近考えるようになってきた。価値観根本的に合わない組織に人が投げ込まれしまった場合どうなるか。その人はほぼほぼ間違いなく鬱状態に陥る。考えてみて欲しい。人を殺したくないのに周りからは人を殺してこい簡単だやってみろ人殺すことにより人が評価される社会ではそれが当たり前のように話されているのだ。思えば、前の会社はそれに近い状態だった(決して人殺し強要した会社ではなかった。比喩だ)。恐ろしいのはひな鳥のうちから企業としては一般的でなく平均的にもならないほどのあり得ない価値観をすり込んでいるので「会社とはそうゆうものなのだ」と納得して仕事をしている歯車大量生産されている会社だった。ひな鳥たちはその会社ブラック企業とは思わずに自ら進んで喜んで残業をする。もちろんサービスだ。社員の平均給与募集時の提示金額は嘘っぱちで実際は業界平均よりも低かった。自我があり、自ら考えておかしいのではないか?と疑問を持つモノほど心がやられて病気になり会社を去って行った。心がやられないのは疑問を持たずに目の前に提示されたことを黙々とこなす社員のみ。社長はそれを望み社員もそれを望むというお互いの利害関係が一致する関係が築かれていた。表面上は平和だ。表面的には。そんな会社にも「世のため人のため」を謳ったビジョンミッション提示されていた(そのためにはお前ら馬車馬のように働けと圧力がかかっていた状態だったためか、そのビジョンミッションを空で暗唱できる人はだれもいなかったが)。だからビジョンミッションなんてものは何一つ有用じゃないんじゃないかと考えていた。ビジョンミッション価値観の共有なんてできやしないんだと。でもそれは今所属している企業を見ていると間違っていたのかもしれないと考えるようになった。いまの会社は人を殺してこい!なんて酷いことは言わない。むしろ隣人を愛しなさいと説く。価値観は合っていると思っていたのだったが、なにぶん困っているのは「隣人を愛しなさい」というビジョンミッションに対してとりうる手段が個々人で異なりすぎるのだ。人を愛すためにという大命題のもと私は1日6時間だけ働きますという人。1日8時間は働きますという人。7日で25時間だけ働きますという人。すべて人を愛すためなのですと理由をつける。うちの会社が隣人を愛し続けるために、競合の会社破壊してきますという人もいるのを見るにつけ、それでいいのだろうか?と旗と考える事態になった。やっかいなことに、その行動がもたらす影響を横に置いて考えてしまうと、その行動を引き起こしている動機は皆善意なのだ。人を愛したい。隣人を愛すために愛すために愛すためになのだ。そう、ばっちりとビジョンミッション効果的に効いているわけなのだ。ということで、改めてビジョンミッションは、達成に向けた手段粒度も併せてすりあわせをしておくことの大切さを最近実感している。何より、組織の途中からビジョンミッションを作るのではなく、一番最初に作っておかないと行けないのではないかと思うに至った。ある程度人が集まった状態ビジョンミッションとその達成手段手段方向性までを再構築すると確実に組織がいったんは崩壊する。いまの組織ではこれから改めてビジョンミッション提示することになるので、どんなにお互いに対話を重ねても重ねても価値観が合わない人は離脱するだろう。いやすべきだ。その人が鬱病になってしまっては不幸なのでしかるべきところで離脱してもらわないといけないのだ。

多くの会社はいったん崩壊するべきなのかもしれない。

2017-05-18

意見交換会合コン

http://anond.hatelabo.jp/20170518030349

俺にとってははっきり言ってどっちでもいいんだけど、「意見交換会が真のとき必ず合コンは偽となる」っていうような排他的命題じゃないでしょう。巷の合コンだって意見の交換くらいしてますよ。

その会合名目が何だろうが、出会いの場としての機能を持ち、主にその機能を期待する人々にも積極的に利用されているのなら、実態として合コンでしょ。

言い換えれば、合コンかそうでないかを決めるのはそこに集まる人々の下心の有無(もしくは多寡)、つまり秘めた目的意識であって、その意見交換会とやらで出会って成立したカップルが年に何組もあるのなら、それは「合コンとしての機能をそなえた意見交換会」だと思うし、みんなが知りたがっているのはそういうところだと思う。

俺にとってははっきり言ってどっちでもいい。

2017-05-15

就職氷河期安楽死トリアージ

前回、就職氷河期について書いたとき安楽死についての意見いただき、これについてしばらく考えていました。

その折りに、衝撃的なニュースが飛び込んできたので、これも併せて考えて見ようと思います

そのニュースはこちらです。

高齢者がん治療に指針 厚労省抗がん剤に頼らぬ選択肢

2017/4/27 1:33日本経済新聞 電子版(http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15800570X20C17A4MM8000/)

他にも関連記事がありますが、これらの記事からは「75才以上の高齢者治療効果がないので、原則として抗がん剤を使わないことにする、と厚労省が決めた」ということが読み取れます

「そんなことまで書いてないじゃないか」と突っ込まれそうですが、たいてい厚労省がこういうことを発表し、日経新聞記事掲載する時は、もう決定事項になっていることを経験上知っています

他のメディアでは慎重な運用を求める声が出ています

それはそうでしょうね。

しかしたら抗がん剤治療で助かるかも知れないところを、年齢で一律に区切って治療をせず、痛みを和らげる治療だけにする、と言い出しているのですから

では、なぜ急に厚労省はこんなことを言い出したのでしょうか?

筆者は、それだけ今、国にお金がないことが原因だと思っています

日本に1,000兆円を超える借金があることは皆さん知っての通りですが、それだけではなく、医療保険制度を支える保険料収入が全く足りていないようなのです。

八代尚宏著・シルバー民主主義(中公新書2016)のp72によると、長期間デフレによって、医療介護費を賄うための社会保険料ほとんど伸びていないのだそうです。

本来であれば、働き盛りで一番収入も、払う税金も、保険料も多いはずの30代後半~40代前半の団塊ジュニア世代しかし、彼らの多くが就職氷河期の影響を引きずったまま、未だに非正規低賃金の人が多いのが現実です。

一方、高齢者の数は団塊世代後期高齢者差し掛かる中、急増しています

その数といったらハンパなくて、団塊ジュニアよりも遥かに多いのです。

私は「団塊ジュニアバブル世代より上の世代と同じか、それ以上に稼げているならまだしも、こんな状況じゃ、どう考えてもつじつまが合わないよなあ」と思っていましたが、やっぱりそうだったみたいです。

八代先生によると、足りない分は税金国債で補てんしているようですが、さすがにこれ以上、同じことはできない…。

ということで、医療費を削ろう、より年をとって助かる見込みのない人から削ろう、せめて痛みで苦しまないようにしよう、という方針になったんだと思われます

ところで、安楽死の話に立ち戻りますが、現実安楽死をどうやって実現するか?と考えると、いくつも壁が立ちはだかります

誰を対象にするか?

何を基準対象を決定するのか?

どうやって意思確認するか?

どういう方法で死に至らしめるか?

誰がそれらを行うのか…?

これらを国民全員が納得できるよう調整するだけでも頭が痛くなります

そもそも「誰が対象?」「基準は?」というところだけでも難しい問題です。

就職氷河期世代経済活動に貢献できていないし、今後も見込みがないか対象

じゃあ、他の世代で同じように経済活動に貢献できておらず、見込みのない人はどうするの?

経済活動に貢献できない人はみんな生きる価値がないの…?

という命題にまで行き着くのです。

(この命題に1つの答えを出したのが、相模原の大量殺戮事件でしょう)

「こういうことを制度として議論し始めたら、国連人権委員会から調査団寄越されて、国際社会から人権意識の低い国”ってレッテル張られるんだろうなあ…」と筆者は思っています

(かつて日本国際人権委員会調査団に調査されたことがあります)

こう考えると、安楽死ってとても難しいやり方なんだと思います

やっぱり、生きてる人間の命を奪うのはいろいろ意味で難しいんだと思います

それに比べると、寿命が長くなく、助かる見込みのない人の治療をやめるのは難しくないのかも知れません…。

まり、この社会就職氷河期世代安楽死させるよりも、団塊世代を始めとした高齢者トリアージすることを選んだのかもしれない、とも思うのです。

よく、「就職氷河期世代人口が多いにも関わらず、バブルがはじけちゃったから仕方ないんだ。運が悪かったんだ」という言われ方をされます

しかし、今は「団塊世代人口が多いにも関わらず、国が貧乏なっちゃったから仕方ないんだ。運が悪かったんだ」という時代に変わっているのかも知れません…。

2017-04-26

命の価値について論じている最中細胞集合体、という位置まで「還元して」論を展開する以上還元主義ですがな

ああ

「命の価値」という命題を論じているやつらがいたのね

2017-04-19

なぜ見当外れのコメントが無くならないか考えても無駄な日々を送っている

提唱者「原因Aのとき結果Bである

同意者「自分も同じ結果Bであった」

正しい反論「結果B以外でも結果Cの場合がある」

見当外れ「原因Aはおかしい!原因Xであるべきだ!」

 

この見当外れにとっては「原因Aであるとき、結果Bである」という命題に対して

本題となるところは原因Aという動かぬ前提に対して結果Bであるかどうか、というところに焦点を当てるテーマだということが理解できてない。

分かりやすくいうと空気読めてない。

現代文を満点取れないタイプだ。

 

周りの人間が何について議論していて何が真で何が偽か突き止める優先順位が目に写らない。

そのため平気で前提を変えようとするし自分の中でそれは筋が通っていると思い込む。

この手のタイプ会議の進行をたびたび邪魔するし何か新しいアイデアを出せるのかといえば、

その原因Xという新しい前提でさえ途中で変えるため何の積み重ねも作らずに何も生み出さない。

泡のように出てきた自分の考えがさも名案のように会話にハサミ混んでくる。

徒労だ。

 

彼らにとって変えてはいけない前提というのがそもそもないのかもしれない。

朝起きて見知らぬ歯ブラシがコップに刺さってても、それがトイレ掃除用の歯ブラシでも平気で歯磨きするのだろう。

今日も彼らの原因Xであるべきだ、原因Yであるべきだ、水ようかん何だかんだという

進行妨害を受けながらもなんとか協力者と会議をまとめることができた。

牛歩のように遅い進捗も彼らは社長お気に入りなので咎めることもできない。

お疲れ様です、明日の私。

2017-04-15

電車内は飲食禁止原則じゃない

なんだか電車内での飲食が是か非かが中心命題なっちゃったので仕切りなおして、その件に関して。

具体的にJR東日本に関して、JR東日本お問い合わせセンターに問い合わせて「電車内での飲食禁止していますか?」とたずねたらノータイムで「一切制限はしていません」と返ってきたよ。

東京メトロ電車内の飲食で制限はありますか?制限はしてない。マナーポスター飲食に関するものもあるけどあくまマナーを守った範囲でというお話

もちろん禁じてるところもあって新京成マナーで明確に飲食を禁じている。

から飲食を禁じていない電鉄会社電車内で飲食はせいぜい「マナーを守って飲食する」なのになんかそのマナーが「飲食原則禁止」っておかしくないか

というのが大前提だったわけなの。

もちろん「マナー」が人により変わるのは分かるが、その範囲が「原則飲食禁止」の方に偏りすぎてない?って思うんだけど。

以下レス的な文章表記方法とかあまりからないので言われたら訂正しま



田舎者

お前らDQ3エジンベア住民かよ!?田舎出身とは書いたが、「田舎者連呼はひどいだろ。そもそも電車内での飲食禁止とかロングシートでは飲食禁止なんて都会の一部のルールなのにそれが誰もが共有するマナーだと思ってる方がモノカルチュラル自己価値基準絶対だと思ってる精神的に「田舎者」なんじゃないかな?

マナー常識

から電車内での飲食を可と文化圏に育って、駅構内電車内でも一切告知されないことがマナーだとか常識だとか言われても困る。私はエスパーじゃないんだから

周りを見たらって言われても、そもそも食事をしてる際に周囲の視線なんて「趣味人間観察(笑)」の上級者でもないのにやらんわ。

そもそも電車内で一緒になった程度の人間にそこまで関心なんて皆持つの

それに行きが下りで帰りが上り、反対車線の殺人満員電車の様を見て「あっちは大変そうだなー」て感じで目の前には夜勤明けなのか横になって寝てるおっさんかいる状況だぞ?

アスペ気味、キチガイ

自分価値観判断基準が違う人間をそう定義するのは正直感心しないな

臭い

臭覚障害なら、大変だね。でもさすがにそこまで気を使えと言われても困るし、街歩いてれば色んな匂いもあるでしょう?

そもそも匂い自体即悪的なデオドラント文化の影響かな?

牛タン弁当

あのシーン、見てて主人公自体結構アレだし、リーマンの反応も嫌なら空いてるし離れればいいじゃんとしか思わなかったよ。

ピザがのけもの

うん?想定してるのはピザー○お届け!的なものでC.C.が食べてるようなやつだから、両手は汚れるし具はポロポロこぼれるので、ちょっと電車で座った状態でシートなどを汚さないで食べる自信がまったくないんだが。

<国に帰れ

少なくとも江戸時代から日本にいた一族なんでそう言われても困るな。そもそも自分と違った価値観を持つもの外国人扱いするレイシズム軽蔑するし、中国地下鉄韓国電車あたりはたしか飲食禁止だったはずだけど、まあこういう事を平然と言える人間知識も知恵もないのは往々にしてあるので不思議じゃないかな。

そもそも車内飲食可は鉄道黎明期から日本の伝統文化なんじゃないかな?


<俺ルール

日本では「マイホーム」「マイカー」なんて用例もあるし、なんら法的、公的根拠の無いルールという意味で「俺ルール」って使ったけどなんか他にいい言葉ある?「村の掟」とか?

2017-04-13

はてなーってLGBTは物凄く尊重するけど

実際のところ、例えばペドフィリアとか、ロリコンとか、動物性愛とか、ネクロフィリアとかは差別してるよね。

どういうとこでその差をつけてるの?

自分が許せるかどうか、気持ち悪いと思わないかどうか」「社会一般的にそれなりの多数かどうか」レベル判断しかしてないんじゃないの?

たまたまLGBTはそれなりの数が居て、自分気持ち悪くない程度の「度合い」でしかいから「赦してあげてる」だけなんでしょ?

小児性愛しか性的興奮できない人の悲哀について考えたことは?自分がその立場だったらどうすればいいのか、ってことを想像したことすらないでしょう。

同性愛だけにものすごく「配慮」するくせにね。

こないだの大阪府の「同性愛者に養子を」ってニュース拍手喝采送ってたのはものすごく滑稽だった。

「俺たちの思いが伝わってる~」って、完全にオナニーやんけ。気持ち悪すぎるw

結局、「自分気持ちいい」対象存在しか認めない癖にね。

どうせ「子どもなどの判断や抵抗ができない対象性愛対象にするなんてありえない」ってんでしょう。ましてや、「小児性愛精神的にビョーキから適切な治療が待たれる」くらいの気持ちでしょ?その理屈なら同性愛だって病気扱いできるだろ。

自分たち気持ちよく思える範囲の「差別反対」に一生縋ってろ。

この命題論理的反論できる奴がいたら出てこいや

2017-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20170410173520

ここの破綻がもう20年も前の話で、知らない人がいてもおかしくないくらい前なんだな。

ロングターム・キャピタル・マネジメント

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

アメリカ大学だと、大学資産経済学の知見を使ってうまく運用している話はよく見かける気がする。

日本大学もその手のことをやっているところがあって、リーマン・ショック大穴開けてた記憶がある。

まあ、経済学者は稼いでないって命題が間違ってるんだと思う。

2017-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20170408115713

なんで?女だから生きづらいって主張するのも

それは関係ないって主張するのも個人自由でしょ

卑怯だとかいう話を持ち込むなら女だから生きづらいとかい実証不可能命題を持ち出す側のほうが卑怯でしょう

別に自分卑怯かどうかなんてことにこだわってないからどうでもいいですけど

2017-04-03

死にたくない

私は教師じゃない。行政職員だ。絶対定時に帰ることを誓おう。憎くてたまらない。誰も教室の中で味方になってくれない。平静を保とう。自分がまず生き残る。それが私の生存戦略だ。鬱にはならない。安定した自尊心の中で生きる。ストレス耐性をつける。コミュニケートは過度には要らないが、しっかりと生きよう。コミュニケーションに自信がなくてもいいじゃないか死ぬわけではあるまいし。私には諦念がある。誰ともうまくコミュニケートができないのだ。元来の性質であれ、生得的な性質であれ、もうこれはあまり改善しないし変わらないのではないか。そんな諦めだ。だって、どうやっても改善しなかったじゃないか。もうしょうがない。諦めよう。他と適切なコミュニケーションを求めるのはある程度諦めよう。望みが強いから、欲求が強いから、できなかった時の失望が大きいのだ。仕方ないと割り切ろう。私はもう誰とも心を開いてコミュニケートできないのだ。しょうがない。だからと言って向上させないわけではない。初期値が低くても、限度があっても、第二の課題程度と置いて、少しずつ伸ばす方向での戦略をとる。絶対戦略ではない。必ずではない。命題第一精神が安定し、生き残ることだ。

2017-03-27

死んでも代わりはいくらでもいるという現実

上司が死にました。

突然でした。

会社に来たら「昨晩亡くなりました」と。

隣のチームの上司だったけど、大して仲良くもなく、仕事で絡むこともなく、それまで会話という会話はしたことがないけれども、それでもやはり驚きました。

過労死ではないとは思うけども、そこそこ多忙仕事でした。

月に2回程度の国内出張に、3ヶ月に1度くらいの休日出勤代休なし)、残業時間は月60時間くらいでした。

いわゆる過労死判定される80時間には届いていないので、過労死と訴えられることはないと思う。

それだけ働いていた人だから、さぞいなくなったあとは大変だろうと思われるだろうけども、

確かに後任の人が来てその人が慣れるまでの一ヶ月くらいは同じチームの人たちは大変そうだったけども、

後任の人が慣れてからは「亡くなった」という事実すら忘れ去られるくらいに何事もなく仕事が回るようになった。

結局、どこかのアニメであったセリフ、「私が死んでも、代わりはいもの」は真理なのだ

余程名の売れている漫画家とかスポーツ選手とか芸能人でもなく、単なるサラリーマンである場合は、その人の仕事なんてその人が死んだら別の人がやるだけで、いくらでも代わりがいるのだ。

から仕事のために無理をしてプライベート健康犠牲にしたりするのは無駄以外の何者でもない。

「この仕事は俺にしかできないんだ!( ー`дー´)キリッ」などといって、気張って無理をするのもいいけれど、結局自己満足で、自分しかできない仕事なんてそうそうこの世の中にはない。

遊んだり、家族時間を過ごしたり、友達と笑ったり…そういう時間は、自分しか過ごすことのできないかけがえのない時間だ。

仕事プライベート、どちらが大事なの?」なんていう、使い古された命題は、

死んだあとも何事もなかったかのように回る職場を見て一定の答えを得た気がする。

本当に、上司は死んだんだろうか。

上司が死んだと思っているのはその上司家族だけなのではないだろうか。

同僚である私達にとっては、後任の人が普通にその上司がやっていた仕事をこなしてくれているので、

上司が死んだ」のではなく「上司が異動した」という感覚しかならない。

あんたが死んでも代わりはいもの

「私が死んでも代わりはいもの

人間なんて、そんなもんだよなー。

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308222636

条件を付け加える?

不適応者は不幸になる確率が高い」という論理が成立するなら、他の全ての要因についても同じように成立するため、「不適応者は不幸になる確率が高い」というもともとの命題矛盾する。そんだけの話。

付け加えるんじゃなくて、最初の前提を認めるなら、集団の全員が「不幸になる確率が高いグループ」に入るまで、要因分けをすることが出来るでしょ?

http://anond.hatelabo.jp/20170308220623

うん、で各種要因に適用し続けた場合不適応者とそうでない者も、「不幸になる確率が高い」グループに含まれることになり、その特定集団の中で「不適応者は不幸になる確率が高い」という命題矛盾をきたすの。

わかる?

http://anond.hatelabo.jp/20170308170122

んーそうじゃねーんだ。ロジック問題なんで

言い換えるなら


不適応者がそうでない人よりも不幸になる確率が高い」ならば「不適応者が不幸になる確率が高い」

という命題は偽である


ことをどう説明したらいいのかっつーことで。

○○パーセント以上を「高い」とする、で○○の数字に何を入れても、命題が偽になる点で変わらないのな。

2017-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20170305202646

産んだら不幸になるから水子芸とかいう謎論法。産んだら存在してしまうので水子じゃないんだが産まれ子供と産まれなかった子供が同一だというキチガイ理論を垂れ流すクソの子供ってキチガイになりそう。

産んでないんだから一休さんの虎とか言ってる阿呆もいるけど、存在しうる存在現実には確実に出てこない虎にたとえるって相当頭悪いぞ。それを言うなら存在してない産まれなかった子の意志なる概念を持ち出してる方に言うべき。

トラバまとめ

http://anond.hatelabo.jp/20170305212416

http://anond.hatelabo.jp/20170305215044

はい?たとえば遺伝が確実な障害を持ってるのに産んだら、環境が悪いのに産んだら、不幸になる確率は健常者よりも高いよね?^^

これは社会学生理学遺伝学で証明された事実なので、きみらがわーわー喚いたところで、何の意味もないですよ?

健常者や現在勝ち組に入れた障害者等の側の人間が、努力認識でぜったいにぜったいに幸福になれるもん!とか喚いてるのって、典型的感動ポルノだよね笑

努力認識幸福になれる~という期待を勝手子供におしつけて産むのは虐待と言っても過言ではない。

幸福にできる可能性が低いなら、産まないという選択必然だよね。

☆脳ミソ腐ったクズトラバがまだ喚いてるのか笑http://anond.hatelabo.jp/20170308165310

最初セリグマンを持ち出して低所得など外部環境では不幸かどうかは決まらない!遺伝子ほとんど決まるんだ!と熱弁していたクズが。

「不幸かどうかは幸福を感じやす遺伝子という要素で50%決まる」という議論があるけど、この命題が正しければ一般人発達障害者など不適応者のうつ病にかかる率は同じでないといけない。しかし、実際は後者の方がうつ病にかかりやすい。つまり不適応者は幸福を感じやす遺伝子が低い傾向にあるので不幸になりやすい」か「不適応者は幸福を感じやす遺伝子を持っている場合があるが、それ以外の二次障害で不幸になりやすい」である証明がなされた、ということになる

こうやって論破された途端に、外部環境でも不幸は決まるかもしれない!とか言い出す議論にもならないゴミ

しかもさんざん可能性が上がるという話と高いという話は別だぞと言ってきたくせに、可能性が上がるから~とか言い出しててワロタ

☆以下の消えたトラバで「不幸かどうかは幸福を感じやす遺伝子という要素で50%決まる」という議論があるけど、

この命題が正しければ一般人発達障害者など不適応者のうつ病にかかる率は同じでないといけない。

しかし、実際は後者の方がうつ病にかかりやすい。

まり不適応者は幸福を感じやす遺伝子が低い傾向にあるので不幸になりやすい」か

不適応者は幸福を感じやす遺伝子を持っている場合があるが、それ以外の二次障害で不幸になりやすい」である証明がなされた、ということになる。

さらに50%以外の要素は、人間関係など、不適応者が苦手なものなので、より不幸になる確率は高いといえる。つまり、「他人幸福になれるかどうかは、わからない。」、「 子供はい他人の幸不幸を判断し得ると考えるのは愚かだ」という主張は間違いだといえる。また、トラバに対する反論をまとめておく。

・下層ですら適応できずに苦しむ可能性が高いなら産まなくていいってことですね~

次にサービス業が増えた現代では下層でも感情労働しなきゃいけないのでストレスまりっぱなしで大変ですね~

体力仕事だと30代後半で詰みが見えるね~

特に発達障害者身体性が低かったりストレス耐性が低かったりするから難しいですよね~

下層で適応できてるって、要は諦めで現在快楽に逃避してるだけでしょ?

不幸になる確率が高い子供感動ポルノを期待して不幸を味わわせるのってマジで可哀想

幸福になりやすい脳があっても仕事人間関係人生の大半なのでそこに不適応を起こしやす遺伝子の結果、ストレス値が高くなるので不幸につながる

他にも発達障害特にフラッシュバックが起こりやすいなど不幸を感じやすいというデータがある

・某さんの依拠してるであろうセリグマン人間関係重要性について謳ってるしね。

人間関係不適応になる確率が高い人間は不幸という指摘をしている俺の主張を補強するものだ。

また、セリグマン不適応なうつ病や統合失調症遺伝率は幸せを感じる遺伝子遺伝率よりも高いと本のグラフ提示していた。

うつ病患者も不幸な子供を産む確率が高いという点においても俺の主張を裏付けものだね。

人生の大半は仕事人間関係である以上、それに適応できなければ不幸になる確率が高いのは当然。

その場合環境遺伝が大きい影響があるというのは学術根拠がある。

努力認識論に持ち込むのは健常者や既に適応済の人間感動ポルノにすぎない。

学術的に不幸になる可能性が高い親がいるという事実否定できません。

メートル走で一般人より3秒出遅れてもボルトなら勝てる!一般人相対的に足が遅いやつもある!

3秒遅れたからといって絶対に負けかはわからないぞ!と喚いて、適応するのに苦労する人間を見てオナニーするのは虐待ですよ。

2017-02-26

意外と見落とされがちなリベラル派の難民問題に対する認識問題点

難民難民入国トラブルになる最たる例が、受入国雇用難民が圧迫するというもの

それが難民排除に繋がり、最終的には難民支持派の政治家選挙で落とされるという事態にまで発展した。

そこで修正案として、例えば最近ではスウェーデンが、その国にいる既存労働者雇用を優先するという政策を発表した。

ここからが本題だ。

スウェーデンのこの政策は、紛れもなく自国第一主義だ。

トランプ政権の「アメリカを再び偉大に」というスローガンも、表現は大げさでレトリックにまみれたものだが、その本質自国第一主義にある。

まり、その究極的な目的は「他国難民よりも自国国民が優先」ということだ。

いわゆるリベラル派は、この難民よりも自国民を優先することを、

差別、或いは不正義とみなしているのではないか

昨今は難民問題で大きな論争が起きているが、まずそもそも大元問題として、

上記の命題に対する是か否かという論点が、非常にあやふやなまま放置されているのではないか

というのが私の主張したいことだ。

国民国家という枠組みを前提とするなら、難民より自国民を優先するのは当然の発想だ。

だが国際的問題視野を広げ、ただ自分たちだけさえ良ければ良いという考えこ先進国欺瞞だ、

その欺瞞が抱える矛盾こそがシリアなどの戦争歪んだ形で現れている、

従って先進国自国利益を削ってでも難民を助けるべき、という考えもまた当然出てこよう。

またあまりにも理想主義がすぎるが、自国民雇用も維持、かつ難民も受け入れて共生を図ろう、とするのも選択肢としてはあり得よう。

ただこの場合現実性があまりにも乏しく、従って支持する人が非常に少ないことは想像に難くないが。

難民問題について議論するには、まず上記した2+1選択肢のいずれによってたつか、その主義を明確にした上で始めるべきだろう。

また或いは、2+1以外の選択肢もあるならそれを提示した上で、それを選択すると発言した上で議論すべきだろう。

前提条件すら確認もせず立場曖昧なまま議論を進めるから議論はいつまでたっても一向に成熟しないのではないかと私は考えるのだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん