「ギャグ漫画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギャグ漫画とは

2024-02-17

anond:20240213213517

消されたトラバ

https://anond.hatelabo.jp/20240213205530

男は高身長贔屓なだけで不愉快になるのだが、漫画アニメだと高身長って描きにくいから気にされない

インキャラだけ20cmくらい背高くしたら途端にギャグ漫画いきになるから

2024-02-13

anond:20240213193236

「殺してやるぞ天の助」の世界じゃん

ギャグ漫画ですらボーボボ以外にやらないレベルの幼稚な人間はいいですなあ。

2024-02-11

anond:20240211094153

なんとかグランプリみたいに、ギャグ漫画ギャグ歴史勉強してから来い!みたいになっていくんだろうか🤔

anond:20240210181955

ギャグ漫画も直接的な笑いでなくて「とんちをきかせる」冷笑系的なものばかりになってる

2024-02-05

anond:20240204163051

ホットエントリに上がってるタイトルだけ見て

囲碁将棋かと思ったw」ってコメントしてる人いるんだろうな~と思ったらほんとに囲碁将棋の方だった……

・つけちゃったらそれは違う


囲碁将棋が好かれてるのはやっぱりニン(キャラクター性や人柄)じゃない?初見じゃなくて二度目三度目の方が笑いやすタイプ芸人というか

ギャグ漫画でも「空知ほんとさあw」「ぶくぶやりやがったw」みたいに作者のことを知ってるからこそ相乗される笑いってあるだろう

関係ないけどシシガシラ脇田が変な団体に目つけられてるのはニンが知られる前に決勝のステージに上がっちゃったからでしかないと思う

2024-01-27

anond:20240127184836

ギャグ漫画や明確に児童向けならともかく、

シリアスな話や頭脳戦やりたい類いの作品義務教育レベルコケてたらそらドン引きでしょうよ

これ割と社会は知能で分断されているを感じるシーンだと思ってるよ

 

ワイはなろう異世界を見るので耐性ある方だと思うがやっぱ無理な類いはあるよ

 

無理な類いは、読者想定が幼稚園から小学生なの?な技術水準や社会制度が設定されている、なろーっぱ

俺TUEEEEチートするのにそれ必要だったか?みたいな

 

物理はなろうやファンタジーシリアスもの読みたいとか思わんのでだいたい大丈夫だけど、

SFが好きだからSFでこれ無理みたいなのは結構あるな

フィリップ・K・ディックみたいな精神とかそっち方面ではなく科学フィクション自称してるのに

スターウォーズガンダムやよくあるタイムリープみたいなことやってるのはドン引きちゃう

2024-01-25

anond:20240125121825

ワイはあの漫画不条理ギャグ漫画やと気付いたやで

立派な橋が出来たけどあれが理由で使えへん

必死に橋に風を送る鳥さんモンスター

とかもうボーボボやろ

かりあげ君のオチってたまに以上に難解なオチあるよね

今まで読んだ中でもかなり難解なオチなのが

かりあげが大家にすだれぐらい付けたら?

と言われる

はい すだれですね

→通行人ジト目でかりあげの部屋を眺めながら

南京玉すだれか…」終

マジで5年ぐらい意味からなくて最近になって

南京玉すだれのことを知った

あと難解と言えば

歯医者から出てきたかりあげがすれ違った人に「あなたは○○くんのお母さんですね」みたいなことを言いまくる話で

オチが隣人の子

親知らず抜いてきたんだ」

ってやつ

ギャグ漫画なぞなぞやらんでくれよまさし先生ぇ…

2024-01-23

私がラグナクリムゾンを読むのを辞めた理由

まあマンガの話なんだけど

昔っから読んでたマンガがあったのね。ラグナクリムゾンって言うなんか、それっぽいタイトル組み合わせただけにしか思えないタイトルマンガラグナロクとクリムゾン合わせたんか?ちょっと安直過ぎんか?

 

まあ、そこはどうでも良くて、たまたまマンガの一コマ見かけただけだったんだけどちょうど読むもの無かったんで単行本買ってみたらなかなか面白かったので、新刊出る度に買うようになってしまっていた。

 

内容はなんかこう、協力的な英霊エミヤが士郎に力を与えてくれて、いきなりその世界での人間の天敵を殺す能力を身につけた少年の話。

まあ、Fateって言うか、それよりも前にもなんか似たような設定の話あった気がするけど、

基本的中世世界観で、竜って人間の天敵の存在する世界で、(銃とかあるのに)わざわざ剣とかで竜殺していく話。

 

自体はまあ、今アニメやってるから見た方が早い

なんかこう、作者のアンチなろうじみたところが鼻につくけど、話の展開やら絵の勢いやらはわりと好きなんで読んでたんだよ。

 

漫画は一応翼の王倒して次は別の王倒しに行く展開。

いやクソ長かったんだよなここまでが。あ、もうコレ作者、漫画最初に倒す王が、翼、咆哮、爪牙、鱗、骨目の6人居たの忘れてるだろって思うくらい。

咆哮の話に入ってからようやく世界観の一端見えてきたような感じで面白く感じたけど際新刊は買ってない。

 

理由はさっき話に出したアニメ

アニメがくっそきつい。見ててきつい。俺の好きだった漫画こんなクソだったのか。ってのをどんどん突きつけてくる。

まあ、アニメがクソって事にしてしまえば良いんだろうけど。確かに目玉になる戦闘が本当にしょぼくてその上、漫画のクソ寒いギャグが本当にそのまんま画面にお出しされるので見ててきつい。マジで何とかならなかったのか?もうちょいスタイリッシュに出せなかったのか?メリハリの利いた画面構成に出来なかったのか?

まあ、あのアニメ会社じゃ無理だろうな。悉く期待裏切られてばっかだし。

それこそtrigger辺りが作ってくれたら多少マシになってたと思うんだが。

 

結局アニメのまずいところは原作の持ち味を生かせずすごいどうでも良いようなところをわざわざ拾ってるところなんだよな。コレギャグ漫画じゃないんで。

あんまり原作にたいする理解度が低すぎて困る。

いやそもそも自分理解してるのか?

なんやかんやとアニメ制作者の糞さが原因でアニメがつまらないと感じてるが、本当にそうか?

もしかして自分が見逃していた原作のクソさがこのアニメには全面的に押し出されているのでは?そしてクソだと思っているところが大半の読者にはうけていたのかもしれない

 

そうかんがえると自分にはこの先この漫画を読む資格があるのか怪しく感じられてきた。

しかしたら、読んでゆくうちに読み飛ばしていた原作のいやなところが目について読み進めるのが難しくなるかもしれない。そんなことになる前にここですっぱり読むの辞めた方が良いのではないのか?

2024-01-16

anond:20240115212317

ギャグ漫画特別難しいよな

姫様の場合は、一見シリアスに見えて拷問がアレ、というひと続きの緊張と弛緩がキモなのに

シリアス部分だけ見せてオープニング挟んじゃう構成にしたの、あん原作理解してないだろって感じする

(トーストは出るんだけど、せめてトーストに屈しかける姫様までは見せるべきだろう)

2024-01-09

ダウンタウンを通らなかった40代

周りの同年代男性松本人志信仰具合がよくわからない

お笑いは嫌いじゃない。フラットに同じ強さで好きというより人生で強くお笑い好きなタイミングがあったがダウンタウンは通らなかった

お笑いに初めて触れたのは多分笑点祖父母と一緒にテレビで毎週見ていた記憶がある。

子供の頃はテレビお笑い番組よりもギャグアニメギャグ漫画で笑いの湯に漬かっていたような思い出がある。

おじゃまんが山田君おぼっちゃまくんクレヨンしんちゃん奇面組燃えるお兄さん、とんちんかん

小学生も高学年になり周りがバラエティ番組を見る人が増えてからバラエティはそんな見なかった記憶がある。

中学になりギャグよりもオタク趣味、具体的にはファンタジーSFコメディ周りに軸足が乗った。

テレビを付けるのは主にゲームであり、また1日1時間だったのでその他は親が見ているNHKばかりだったよう記憶がある。

バラエティ記憶に残っているのはウッチャンナンチャン番組ぐらい。あとボキャブラ天国

高校大学自分人生で最もお笑いにハマった時期で何よりNHK爆笑オンエアバトルがその爆心地だった。笑う犬やその他お笑い番組も色々つまみ食いしていた記憶がある。

高校の頃バイトして買ったビデオデッキに3倍モードで毎週撮りためていたのをおぼえている。

そしてその時期自覚してダウンタウンを通らなかった一番の理由が私はお笑いでも漫才よりもコントを好んでいた。水のように変幻自在言葉応酬よりも、より硬く研がれた建築物のような笑いを好んだのだ。

大学後半にこのお笑いに対する情熱の火はふっと消え、以来は「普通に好き」ぐらいを通しているがやはりバラエティ漫才よりもコント系が好きで、結果松本人志はほぼ履修せずにここまで来た。

映画も好きだが好きになったタイミングがここ10年なので松本人志監督作品としては空白期間だ。

とはいえ周りには彼のファンも多く偉大なコメディアンであることは疑ってはいない。それに履修しなかっただけで好きじゃないが嫌いでもない。

2024-01-08

anond:20240108121321

中島らも著作エッセイ啓蒙かまぼこ新聞かなにかで、ダウンタウンが登場した当時の関西人がかれらの漫才から受けた「新しい笑い」の体験が、結構生々しく書かれていたのを憶えている。単なる『あいうえお』でネタを創り上げたそのセンスは、決してどこかのギャグ漫画二番煎じや、何匹目かのドジョウではない。

東京に行ってからの彼らは知らんけど。

松本人志の笑いが革新的だったという点だけは違うと言いたい

松本人志の笑いって本人も認めているけど、当時のギャグ漫画の笑いを持ってきているだけなんだよね

シュールな笑いはいがらしみきお、相原コージ

内向的空気はここらへんからはっきりと影響受けてるよね

キャラものだったり定型を崩すパターン赤塚不二夫

それが目新しく見えたのはそれまでの芸人漫才を見て漫才を作る人たちだったか

それでギャグ漫画を見て漫才を作るダウンタウンが異質に見えた

それだけであって、別に新しいものを生み出していたわけじゃないんだよね

大喜利の回答とかも、落語家がやるようなうまい回答じゃなくて、ギャグ漫画の発想で回答しているよね

単にそれだけなんだけど、ギャグ漫画を知らない芸能界の人たちや一般人には衝撃的に見えたんだろうね

ほんとうに単にそれだけで、別に持ち上げるものじゃないということは言っておきたい

2024-01-07

松本人志の笑いがいじめの笑いであるという点だけは違うと反対したい

年末から松本人志話題になっている。

性加害うんねんは当事者たちが法廷で決着を付ければいいと思うが、気になるのは松本人志の笑いがいじめ肯定する笑いだという意見だ。

正直、理解ができない。自分の知っている松本人志とは別の誰かの話しているかとすら思った。

まったく逆だろう。

ダウンタウンの笑いとは、いじめられている人間の放つ蟷螂の斧である

個人的には、笑いを「いじめる側の愉悦からいじめられる側の反撃」に変えたのが松本人志の最大の功績だと思っているぐらいなのに。

おそらく、ダウンタウンいじめの笑いと思っている人は若い人が多いのだと思われる。その人たちにとって、ダウンタウン物心ついたときから大御所で、昔のダウンタウンを知らないんだろうなと思う。

私が若いころ、とんねるずは嫌いだったがダウンタウンは好きだった。それはとんねるずの笑いが「いじめ人間人生の勝者」の笑いだったのに対して、ダウンタウンのそれは「いじめられる人間世界に居場所のない人間」の笑いだったからだ。

ダウンタウンの笑いを構成する元素は「根暗貧乏田舎者友達がいない、喧嘩が弱い、勉強ができない、ブランド品を知らない、ダサい、舌馬鹿」等である。これはとんねるずとは真逆属性であった。

ダウンタウンの笑いは、虐げられた人、世間に馴染めない人間世間を下から見ることによって生じる笑いである。

これは言い換えればオタクの笑いである。今でこそオタク系の笑いは珍しくないが、当時は画期的だったのである(それこそダウンタウンの影響で普通になった)。

からダウンタウン日本中根暗に受けた。

当時、ダウンタウン根暗救世主だった。

ダウンタウンがあっという間に天下を取ったのはいじめ系の笑いに対するアンチテーゼとして世間を馴染めない人間に圧倒的な支持を受けたからだった。これは若い人には信じられないかもしれないが、当時の空気感を知っている人、特にダウンタウン東京進出してきたころに学生だった人であれば首肯いただけるかと思う。

(「笑っていいともレギュラーだったころの松本は、東京に馴染めず、友達がいなくて、髪はズラ、というキャラだったのを不意に思い出した)

当時はとんねるずに限らず、「おれたちひょうきん族」や山田邦子森脇健児など陽キャの笑い、いじめの笑いが普通だった。

「明るくノリのいい奴こそ偉い、正しい。いじめる側に回れる奴が成功者」という風潮への反抗の旗手ダウンタウンであった。

松本は「俺は根暗」「根暗のほうがお笑いに向いている」と言い続けた。

松本だけではない。浜田傍若無人もただの暴力キャラではなく、あくまで「何も持っていない若者権威に噛みつく」キャラだった。

甲本ヒロトのように「ダウンタウンに救われた」という人がいるのは、こういう背景によるものである

甲本に限らず、現在40代~50代ぐらいの人の中には、ダウンタウンのおかげで勇気づけられた、元気が出たと言っている人間は多い。

ここらへんのことは若い世代にも、もうちょっと知られていいことだと思う。

実際、当時のダウンタウンの影響というのはすごいもんで、全国の男子学生松本浜田のノリを真似していた。

もちろん、そいつらのほとんどはただの劣化品で、ダウンタウンエレジー理解していなかったため、ダウンタウンへの誤解が生じる原因にもなっているのであるが、なにはともあれ凄いブームであった。

今や陰キャ系の笑いは芸能界に限らずエンタメ全般進出している。M-1などを見ても間漫才コンビネタ作り担当根暗そうな人間が多い。こういった一連の流れに大きな影響を与えたのがダウンタウンであることは間違いない。

もし、ダウンタウンがいなかったら、今のお笑い界の形も、エンタメもまったく違ったものになっていただろう。

いじめ・いじり、内輪受け、体育会系部活ノリ、のひょうきん族とんねるず系統の笑いからの脱却は、むしろダウンタウンよってもたらされたものである

そして、「世間を下から見る」松本スタンスは年取ってからも、そんなに大きくは変わっていないと私は思う。

ただ、ダウンタウンというネームは大きくなりすぎた。松本も『遺書』で書いているが、権威を笑う側が権威になってしまった。正直、こうなってしまってはダウンタウンが何をやってもいじめに見えるという人が出てくるのも仕方ないところである

松本芸能界に長く居すぎたのかもしれない。彼自身若いころに言っていたとおり、老いる前に引退すべきだったのかもしれない。そうすれば、「ダウンタウンの笑いはいじめの笑い」などという真逆の受け取り方をされることもなかっただろう。退き時というものは難しい。

さて、長々と松本人志の笑いについて書いてきたが、私の文章を読んでも若い人にはいまいち伝わらないと思うので、実際にダウンタウンの笑いを見てみてほしい。

違法視聴なので大っぴらには言えないけれど、Youtubeで「ごっつええ感じ」「松本人志 コント」などで検索してみるといろいろ出てくる。

お見舞い、思春期ストリッパー物語、トムとマイクおかんマー君、ガタンゴトン、西日本番長地図記者会見挑戦者、豆、日本の匠を訪ねて、悪魔、あざみ、くさや団子虫、しょうた、いかがです、ザ・バイオハンターサラリーマンツアーズなどがおすすめだ。

これらを見ているとうすた京介をはじめとする00年代に出てきたギャグ漫画家がダウンタウンから非常に大きな影響を受けていることがわかる。

実業団選手会大会剣道などは澤井啓夫彷彿とさせる。

また、ピー助というコント島袋光年もっとお気に入りコントだと述べているものなので、見てほしい。

Youtubeにはないもので一例をあげると「荒城の月」というコントがある。

便所の底に住む夫婦の話である便所の底から上にある便器の穴を見上げると、便器の形に切り取られて蛍光灯の光が月のように見えるという話。「世間を下から見る」松本世界観がよく表れている。

これらを見れば、ダウンタウンの笑いがいじめの笑いというの違うというのはわかるだろう。ここにあるのは弱者ペーソスである

2024-01-04

anond:20240104200416

お笑い芸人は練りに練ったギャグをここぞという場面で披露するか同じネタを何度も披露するかだけど、

ギャグ漫画家は週刊なら毎週新しいネタを考え続ける必要があるから

お笑い芸人が平気だからギャグ漫画家も平気とはならないと思う

 

それはそれとして別に頭がおかしくなるというのは眉唾だが

2023-12-26

1巻と最終巻だけ読んで面白い漫画ってあるの?

ネガイカナウヒカリとか恋するハートとか物語全く読み込まずにいきなり見てもその展開の何がどうエモいのかロクに伝わらないと思うんだよな。

じゃあどんな漫画なら最終巻にいきなりとんでも面白いんだろうって考えだしたらそもそも存在しない気がしてきたわけ。

ギャグ漫画だって最終回辺りは今まで積み重ねた要素の集大成やりたがるわけで。

なんでこんな話するかっていうと、知り合いに作品薦めたら最初最後だけ見て「ふーん。こんなもんね」って言われることが結構あってさ。

いやお前ダイの大冒険の1巻と最終巻だけ読んでも何も分からね―よ。

まぞっほのヒャドの熱さが分からね―まま読み進めて「ふーん」じゃねえよ。

2023-12-19

タフ感想

R国愚弄にもアメ・リカのウクラ・イナ予算不成立等の最新時事を絡めてくるなんて猿先生って奴は結構社会派だな

かに現実問題リンクしてるけど…時系列大丈夫か?

かなりモンキーリアリティ入ってます

エイハブ販促とか見所は色々もあるけど、結局ラストの顔芸で笑っちゃったのが俺なんだよね

怒らないで聞いてくださいねやっぱりギャグ漫画じゃないですか

2023-12-13

出版社についてのあれやこれや

最近漫画電子書籍で買った。

なんかページ数が多いなぁ、と思ったけれど、読者としては多い分には否やはない。
作者のデビュー作とかが載っているのかな、なんて読み進めたら90ページくらい広告だった。
他の漫画家の作品
雑誌じゃなくて単行本なのに、他の漫画家の作品が載ってるってわけ。


がっかりした。めちゃくちゃがっかりした。
だってこれ、紙にはないらしい。この広告
紙と電子で同じ料金なのに、広告分を負担しないといけないらしい。
電子書籍で買ったってだけで。


紙で買い直すにしたって、電子で買ったお金が戻ってくるわけじゃない。
買う前に知っていれば紙で集めていたけれど、
もうシリーズ結構続いていて、今から集め直すにしても
けっこう負担が大きい。
それでも買い直すか悩んだ。
いや、ほんとこのやり口は勘弁してほしい。


今は大丈夫かもしれないけど、
下手したら、ギャグ漫画のおまけにホラー漫画とか胸糞漫画いれられるかもしれないってことじゃん?
出版社裁量で、買うまでどんな漫画ついて来るかわからん単行本(本編は推し
て、最悪な福袋か?


紙にも、その広告部分の漫画を載せるとかで出版社も身銭を切るとか、
買う前に見れる概要欄に記載があるならまだわかる。
それならまだフェアかなと思う
(それでも嫌ではあるが・・・
でも今はそれすらない。
せめて、広告なしバージョンも同時配信してほしい。この際、多少高くてもいいから。


なんていうか、雑誌じゃなくて、単行本を買う気持ちを汲んでくれんか。
漫画家の方には悪いけれど、
同じ雑誌に載っている作品なら、なんでもいいって思っているわけじゃない。
お金を出して単行本を買うのはその作品面白いから応援したいと思っているからなので。


正直この出版社漫画を買うのは怖くなった。
なるべく発売日に買っていたから余計に。
これからは、この出版社作品は紙の中古で買えば満足なのか。


本当に嫌なのは、その漫画のその巻を電子書籍で買う限り、
Kindleで買おうが、シーモアで買おうが、hontoで買おうが
同じ広告が載っていること。
まり紙以外逃げ道なし!!!



いや、集○社とかに移籍してくれんか???

2023-12-07

anond:20231207114327

かくれんぼ遊びで焼け跡の冷蔵庫に入って眠ってしまってそのままタイムスリップする女の子とそれを数十年後に発見した青少年ギャグ漫画を描いてた永野のりこ漫画家団体会合運営上どうしても看過できない方針を示したからついつい発言して是正しようとして団体幹部にさせられたって愚痴ってた島本和彦

2023-12-06

この世界の片隅に

アニメ映画も、最近はすぐに政治の分断に使われて、普通の論評ができないのが馬鹿馬鹿しい。

自身リベラルで、かつ、この映画評価しない。けど、それは別に政治的な主張が良い悪いという理由じゃない。

単に、あまりにも記号的な書き方が芸術として評価できないだけだ。

 

流石にもう「ネタバレ」とは言われないだろうけど、終盤主人公空爆で腕を失くす。

それがあまりにも痛くなさそうで、しかあんな状況なのに処置が綺麗で、虫も沸かない血も滲まない。

エンディングに腐乱死体が出てくるけど、いしいひさいちあたりが描くギャグ漫画ゾンビ描写みたい。

すべての表現が徹底的に記号化されて、戦争空気感が「無痛化」「無臭化」されている。

これで「日常リアルを描いた」って、もうそれだけで表現としては噴飯ものしかない。

右も左も関係ない。芸術的な濃度を求める感性があれば、こんな病人食のようなもの評価できるわけがない。

 

そういうリアリティのなさが単純にすべて馬鹿馬鹿しくて、政治的に良い悪いの問題じゃない。

強いて言えば、そういう政治的な問題意識が、「はだしのゲンレベルでも耐えられない精神なお子様向けのものであることが問題っていうあたり。

こんな幼稚園児向けの絵本レベルに誤摩化さないと、日本大人って、戦争の痛みが受け止められないの? って。

 

そういう根本的な表現幼児性にまったく引っかからずに、ただ作家監督政治思想が云々って語るのに何の意味がある?

それ自体ごっこ遊び政治評論モドキとしか言いようがない。

幼稚なネットユーザー政治ごっこ劣化し続ける日本言論文化にはもうまっぴら。

2023-12-05

anond:20231205123541

闇とかどうでもよくてかわいいところだけつまみ読みしたいタイプだったんじゃね

正直ちいかわの闇って面白くも深くもない

小中学生流行った本当は怖いグリム童話みたい

あるいはギャグ漫画家がネタに枯渇して、独りよがり哲学風なネタに走るみたいなのに似てる

大人になってそんなの見せられてもな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん