「若者たち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 若者たちとは

2018-06-16

日本人弱者を救うのはリベラル人権思想ではなく自民族中心主義

はてなブックマーク - irrさんのツイート: "はっきり言うけど、日本人に生まれたというだけで、日本人には価値がある。リベラルは「自分の力で何も成し遂げられないから、日本人性に頼るのだ」という。その通

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/irrtenko/status/1007263346326769664

deztecjp 私は国連食糧計画に毎月寄付し続けている。全人類平等なので、国内相対的貧困対策など世界絶対的貧困を撲滅した後だ、と私は主張してきた。絶対的貧困撲滅目的なら増税も支持する。日本一国の景気より重要

このブクマ人権思想リベラルとしては全く正しくて、万人に平等価値があると信ずるならば必然的にこうなるはず。

世界には今も内戦飢餓明日の命をも知れぬ人々がいるのだから、彼らが全て救われるまでは、放っておいても死ぬわけでもない日本人弱者

例えばトリプルワークで疲弊して子供虐待しそうになっている日本人シングルマザーや頭は良いのに親に経済力が無く進学を諦めている日本人若者……なんてのは後回しになる。

もし日本政府人権思想に基づいて本気で世界から紛争飢餓を無くすために惜しみなく外国を援助し国連資金を出せば、とてもじゃないが日本人相対的貧困層に回す福祉予算など無くなる。

日本人弱者を救うのは、

次世代日本人を生み育てている母親たちは報われるべきだ」

若者たちを我が国明日を担う国家有為人材とすべく教育への援助は惜しんではならない」

「我々は苦しむ同胞を見捨てるなどという恥知らずな真似はできない」

という自民族中心の日の丸のもとでの権利平等の訴えだ。

2018-05-30

朝日新聞真人 経済成長永遠なのか 「この200年、むしろ例外

2017年1月4日 [脱成長論][成熟社会][定常社会]

 いつしか経済成長」は私たちにとって当たり前のものになっていた。だが、それは永遠のものなのだろうか。

 アベノミクス大黒柱である日本銀行異次元緩和はお札をどんどん刷って国債買い支えるという、かなり危うい政策である。にもかかわらず世論の支持が高いことが不思議だった。

 思えば「成長よ再び」という威勢のいい掛け声と、「必ず物価は上がって経済は好循環になる」と自信満々の公約に、人々は希望を託したのかもしれない。

 希望をくじいたのはくしくも日銀が放った新たな切り札マイナス金利政策」だった。昨年1月に日銀が打ち出すや世論調査で6割超の人が「評価できない」と答えた。いわばお金を預けたら利息をとられる異常な政策によって、人々がお金を使うようせかす狙いだった。これには、そこまでする必要があるのか、と疑問を抱いた人が多かったのだろう。

 政府国民も高度成長やバブル経済を経て税収や給料が増えることに慣れ、それを前提に制度人生設計してきた。

 だがこの25年間の名目成長率はほぼゼロ。ならばもう一度右肩上がり経済を取り戻そう、と政府財政出動を繰り返してきた結果が世界一借金大国である

 そこで疑問が浮かぶゼロ成長はそれほど「悪」なのか。失われた20年と言われたその間も、私たちの豊かさへの歩みが止まっていたわけではない。

 その間、日本ミシュラン三つ星店は世界最多になったし、宅配便のおかげで遠方の特産生鮮品が手軽に手に入るようになった。温水洗浄便座の急普及でトイレは格段に快適になった。

 若者たちが当たり前に使う1台8万円の最新スマホが、25年前ならいくらの価値があったか想像してほしい。ずっと性能が劣るパソコンは30万円、テレビ20万円、固定電話7万円、カメラ3万円、世界大百科事典は全35巻で20万円超……。控えめに見積もったとしても、軽く80万円を超える。

 スマホに備わるテレビ電話や会話する人工知能機能となると、25年前ならSF映画世界の話だった。

 ただ、この便益の飛躍的な向上は国内総生産GDP)というモノサシで測ったとたんに見えなくなる。80万円超の大型消費が、統計上はスマホの8万円だけに減ることさえあるのだ。

 そこで見えなくなってしまう豊かさの向上を考慮せず、「どんな政策手段を使ってでもとにかくGDPを膨らませよ」というのがアベノミクス思想である

 人間はそうまでして成長を追い求めるべきなのか。

 実は、いまのような経済成長歴史が始まったのは200年前にすぎない。長い人類史のなかでは、ほんの最近だ。GDP統計が初めて作られたのは、さらにずっとあとのこと。1930年代大恐慌、第2次世界大戦がきっかけだった。

GDP、語られぬ限界

 昨年夏、GDP統計をめぐるちょっとした論争があった。所管官庁内閣府日本銀行が「実態より過小評価されているのではないか」と問題提起したのだ。

 きっかけは日銀の若手職員が発表した個人論文。ただ論争には日銀上層部意向も働いていた。アベノミクスの主軸として史上空前の超金融緩和をしながらインフレ目標を実現できず、成長にも結びつかない。現実へのいらだちがあった。

 数字ひとつ財政金融政策を動かし、人々の景況感にも影響するGDP。その歴史は、長い人類史のなかでは意外と短い。

 世界で初めて国の経済全体の大きさを測ろうとしたのは英国。17世紀の英蘭戦争のためにどれくらい戦費が調達できるか知ろうとしたのだ。そこから現在のようなGDPになったのは、さらにあと。1930年代英国米国大恐慌対策を探り、第2次世界大戦に向けた生産力の分析を進めるためだった。(『GDPダイアン・コイル

 一般的には1760年代英国産業革命が成長の起点とされる。だが西暦1年~2000年代世界の成長を人口歴史資料から推定した経済学者アンガス・マディソンによると、1人当たりGDPがはっきり伸び始めた起点は60年ほど後の1820年ごろだった。

 その理由投資理論家で歴史研究家のウィリアムバーンスタインが『「豊かさ」の誕生』で分析している。1820年ごろになると、ようやく私有財産制度資本市場が整い、迅速で効率的通信輸送手段が発達。技術進歩や新しいアイデア評価する文化制度ができて、成長を後押しする基盤が整ったという。

■もとは冷戦期の産物

 社会思想家の佐伯啓思京都大名教授によると、国家が成長を必要としたのはもともと冷戦期に資本主義陣営が社会主義陣営に勝つためだった。「それだけのことにすぎない。なぜ成長が必要なのかという根源的な問いに、経済理論には実は答えがないのです」

 冷戦が終わったあとも成長への渇望だけが残った。むしろ成長の限界弊害について、以前より語られなくなったのかもしれない。

 1970年代初頭、世界科学者経済学者たちが集まる民間組織ローマクラブがまとめた報告書成長の限界』は、経済成長謳歌(おうか)する人類への警告だった。人口が増え、先進国経済が膨張しすぎると、資源の使いすぎや環境悪化などからいずれ限界が生じる、という問題提起だった。

 いつしかその問題意識は薄れ、成長信仰だけがひとり歩きしはじめた。

 佐伯氏は「ローマクラブが指摘した問題重要性は今も変わらない。これから無理やり市場を膨張させ、成長させようとする試みは競争格差を激しくして、人間にとってますます生きにくい社会にしてしまうのではないか」と話す。

■低成長容認社会に変化の兆し

 紙幣を発行し、金融政策をつかさどる中央銀行。その「元祖」は英国イングランド銀行とされる。もともと民間銀行の一つだったが1844年の制度改正中央銀行進化した。

 つまり1820年ごろに始まる「成長」とともに誕生した機能だった。

 いま世界経済の成長スピードが落ちている。2008年のリーマン・ショックマイナス成長に陥った先進諸国は、危機から回復した後も以前のような成長軌道に戻れていない。

 サマーズ元米財務長官は3年前、物質的に満たされた先進国簡単に低成長から脱せないという「長期停滞論」を唱えた。

 日米欧の中央銀行はまるで自分存在意義を確かめるように、ゼロ金利政策、量的金融緩和マイナス金利政策……と成長を取り戻すための異例の緩和策を次々と繰り出した。

 「これは長い目でみれば中央銀行の終わりの始まりだ」と言うのは日銀出身金融史にも詳しい岩村充・早稲田大大学院教授だ。

 中央銀行政府から独立する必要があるのは、たとえ政権が代わっても、お金価値が変わらない金融政策を続けることが経済の安定には大事からだ。岩村氏は「政府といっしょになって成長のために異常な金融緩和を進める。そんな今の中央銀行独立性はない。存在意義がなくなってしまった」と指摘する。

 経済史の泰斗である猪木武徳大阪大名教授は、成長を謳歌たこの200年間を「経済史のなかではむしろ例外的な時期」と言う。そのうえで無理やり成長率を引き上げようとする最近政策に異を唱える。

 「低成長を受け入れる成熟こそ、いまの私たちに求められているのではないでしょうか」

 成長の意義も認めてきた猪木氏が最近そう考えるのは、成長そのもの役割が変質してきたからだ。

 「かつて経済成長には個人を豊かにし、格差を縮める大きなパワーがあった。最近国家間の経済格差は縮まったものの、上っ面の成長ばかり追い求める風潮が広がり、各国の国内格差が広がってしまった」

 主要国の成長戦略金融政策は往々にして強く富めるものを、さらに強くさらに富ませる傾向がある。それがトリクルダウン(滴がしたたり落ちること)で中間層低所得層に広がるという想定だ。現実にはそうなっていない。

 19世紀の経済思想ジョン・スチュアート・ミルゼロ成長の「定常社会」を構想した。だが近代経済学事実上、成長ぬきには語られなくなった。いつしかあらゆる経済理論が成長の持続を前提に組み立てられるようになったからだ。

 むしろ現実社会に変化の兆しが出てきた。たとえば最近広がりつつある、買わずにモノを共有するシェアリングエコノミー。大量消費と一線を画す動きだ。

 四半世紀にわたるゼロ成長期を過ごした日本人の意識に変化もうかがえる。

 博報堂生活総合研究所定点観測調査によると、「日本の現状はこの先も、とくに変化はない」と見る人は昨年54%で、9年前より22ポイントも増えた。さら身の回りで「楽しいことが多い」人が増え、「いやなことが多い」人は減った。

 同総研の石寺修三所長は「人々の意識が定常社会を前向きに受け止めつつある変化がはっきり示されている。いわば『常温』を楽しむ社会です」と話す。

 いま世界が直面する低成長が「成長の限界」を示すものかどうかは、はっきりしない。ただマディソンの2千年の成長率推計を見れば、この200年の2~3%成長が、まるでバブルを示す急騰曲線のようだとわかる。

 成長の鈍化はむしろ経済活動の「正常化」を意味しているのかもしれない。少なくとも成長は「永遠」だと思わないほうがいい。(編集委員・原真人

元ページ(リンク切れ): http://www.asahi.com/articles/ASJDY5DR2JDYULZU005.html

ブコメhttp://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASJDY5DR2JDYULZU005.html

2018-05-23

控えめに言って教師なんて社会人としてクソ

教師という職業バカにしているのではなくて、勘違いしていると誰も幸せになれないよという話だ。

単純に言えば教師教師しかないということ。

アメフトの話をみてつくづく思うのだが、そのことを知らずして大事子供を預けることなんて絶対してはダメだ。

教師というのは、基本的学校出て教職員になるための指導を受けて教師になる。

それで教師になったら、教師世界の中で教師としての成長を遂げて、教師世界の中での生き残り方を学ぶことになる。

それによって生み出されるのは教師としてのスペシャリストであって、社会の中で揉まれに揉まれまくって角が取れた成熟した大人ではないということだ。

彼らは一見して社会人みたいな顔をしているが、一般社会企業に務めるという経験ほとんどしてない。

教師教師世界理不尽なこともあるだろうが、普通社会人が社会に出て味わうであろう日常的な理不尽とは縁遠い存在なのだ

売上のためにクソみたいな顧客とクソみたいな上司に板挟みにされても笑ってなければいけないようなこともなければ、行き詰まって職を転々としながら居場所を見つけるような経験したことはない。

その中から針に糸を通すような光明見出して、人間性を大きく成長させるような機会もないのだ。

教師という閉じられた特殊世界の中にいる人間が、どうしてこれから社会に出る若者たち社会のことを教えることができるというのか。

もし教師世界限界を感じた人間がいたとしたら、彼らはすでに教師を続けていない。

いうなれば、教師を続けている人間は、教師という世界適応できた人間に限られているということだ。

そのことを理解していない大人が多すぎる。

所詮教師が教えられるのは、学問教師としての生き方しかない。

それなのに人間として立派な教えを教師に期待するは矛盾だ。

そんな人間子供を平気で預けておいて、ひどい目にあってから教師を恨んでもなにも始まらないではないか

学校は生徒を立派な人間に育て上げるだなんてエゴはもう捨ててしまえ。

人間性を育てるのは家庭であり親の役目だ。

学校学問を学ぶ場所であり、教師を志す人間を育てる場所しかない。

それが理解できない限り、自分の子供が正しく成長することは諦めたほうが良い。

学校が悪いのではない。学校にそんなことを期待している親が悪いだけだ。

そしていつだって被害を被るのは子どもたちだ。

クソみたいな大人エゴで、子どもたちだけが傷つき続ける世の中を本当に終わらせたい。

2018-05-22

おっさんずラブ」が素晴らしすぎるから、長文で語りたい

おっさんずラブ」が凄く良い。

あと2話で終わってしまうからもっとみんなに見て欲しくて、熱く語るよ。

ざっくり言うと、ダメリーマン田中圭)とエリート営業マン(牧凌太)のボーイズラブに、部長吉田鋼太郎)と牧の元カレ武川主任眞島秀和)が当て馬的に横恋慕って感じなんだけど。

5話で牧の過去が語られることで、人物に深みが出て「愛」の深みが尋常じゃなく深まった。もはや、沼。抜けられなくなってる人も多いし、もっと沢山の人にぬかるんで欲しい。

まずさ。就活中はオドオド大学生だった牧くんが、入社後4年で本社勤務のエリート営業マンになれたのは、武川さんの導きがあったからだよね。

対して、ヘボリーマン春田入社10年たっても、にこにこ朗らかでいられるのは、部長の見守りがあったからだと思う。

ついつい、牧くんと春田恋愛事情を追ってしまうけど。この2人の裏には部長主任、2人のオッサンの愛があることが分かる。

部長は、10年かけて春田の良いところを伸ばし続けて、フォローしまくってきたんだと思うよ。ダメダメなところさえ、春田個性として潰さずに、大切に大切に守ってきたんだよね。そりゃ、「今のはるたんを作ったのはオレだ!」って言いたくもなるよ。

武川主任もさ。

牧が会社で自信を持って仕事が出来るように、丁寧に導いてあげたんだと思うよ。四年で本社勤務のエリート営業マンに仕上がったのは、本人の資質武川主任庇護の賜物。それより何より。真っ直ぐ目を見て春田に愛を伝えられる、今の牧になれたところが素晴らしい。

部長武川の注いだ愛は、同性愛でも何でもなくて。

子どもを育てているお母さんの中にも、部活の先輩にも、会社上司にも、みんなの中にある普遍的な愛だ。

からこそ、部長の愛を受け止め、それを振り切って牧を選ぶ春田を見て、部長の奥さん(大塚寧々)大号泣ちゃうし。「牧がいないとダメなんだ!返してくれ」とすがる武川には、見ているこっちの心が締め付けられる。

若者たちは先へ進む。オッさんの愛を置き去りにして。その残酷さが、とても美しく描かれてるドラマだと思う。

私は年齢的には、もうおっさん側の人間からね。見送る側の未練も分かる。そしてそれ以上に、置き去りにしてきた愛が古傷みたいに疼く。「あの時は、ホントにごめん」ってなる。

おっさんずラブ」は、そんなドラマなんですよ。老若男女問わず、全方位でみんなに見て欲しい。あと2話だし。

そして、制作部の人たちに。ステキドラマありがとう。この土曜日のためだけに、平日がんばれてるよ。

2018-05-21

anond:20180521183917

描きたいものっていうのは「歴史なかに滅びゆく若者たち」で、それはしっかり描かれていたと思うけど。

anond:20180521123910

モチーフ新撰組は、

多摩田舎者武士に憧れて上京してきて、幕府の手先として犯罪者をぶっ殺しまくったけど、

明治維新幕府が倒れて、それに殉じて死んでいった、という感じの人たち。

維新志士は「日本を変える」ことを考えていたけど、

新撰組は「既存体制のもとで成り上がる」ことしか考えてなかった。

鉄華団も序盤から「より強い存在の下につく」ことで成り上がっていった。

最初はCGS、次にテイワズ、蒔苗、そしてマクギリス。

「この道しかない」と突き進んでいくんだけど、他の道はいくらでもあった。

悪く言えば自分たちで考える頭がないんだよ、鉄華団には。

からずっと無知・無教養が強調されてるわけ。

「急に頭が悪くなった」みたいなこと言われてるけど「元からだよ」としか言いようがない。

明治維新では、天皇(=アグニカ)を手中に収めた新政府軍(=マクギリスの革命軍)が、その権威でもって幕府勝利する。

錦の御旗 - Wikipedia

バエルは錦の御旗だって劇中でも言われていたけど、比喩でなく「錦の御旗」を踏まえているわけで、

「バエルを引っ張りだせば従うはず」にはそれなりに説得力があるんだよね。

なんてったって史実では通用しちゃったんだし。

実際、ラスタル以外のセブンスターズ大人しかったわけだし。

それにバエル=錦の御旗だって分かれば、「バエルには何の能力もない」ほうがむしろ自然だと思えてくる。

ただの権威象徴なんだよね。

その後、オルフェンズは史実から分岐していく。

新撰組と違って、ギャラルホルン(=幕府)には義理のない鉄華団は、

若手将校を率いてクーデターを起こすマクギリス(=維新志士)と手を組む。

そしてマクギリスも、実際の維新志士とは違って、革命なんてどうでもよかった。

マクギリスの策謀はすべてバエルを手に入れるためのもので、それ以降のことなんて考えていなかった。

かくして、優秀な鉄華団とマクギリスが、腐ったギャラルホルンを倒して理想社会を築くという物語にはならなかった。

はいえ、ギャラルホルン肯定されたのかと言えばそういうわけでもない。

ギャラルホルンの緩やかな改革を成し遂げたラスタル高潔人物ではなく、

革命乙女となったクーデリアも聖女のままではいられなかった

そこに「何が正しいか」という意味でのテーマはない。

オルフェンズはただの歴史だ。

若者たちはいかにして敗れたか」を描いただけにすぎない。

2018-05-13

松本人志安倍晋三を足したら三島由紀夫的な何かが誕生する

松本人志(『ワイドナショー』より)

「『日本蚊帳の外』とよく言われるが、別に蚊帳の外でもいいんじゃないか。いよいよ日本は何か独自の物を作らないと、もっと強くならないと、自立しないとダメだろうなと本当に思う」

安倍晋三(著書『美しい国へ』より)

「国のために死ぬことを宿命づけられた特攻隊若者たちは、敵艦にむかって何を思い、なんといって、散っていったのだろうか」「死を目前にした瞬間、愛しい人のことを想いつつも、日本という国の悠久の歴史が続くことを願ったのである

2018-05-02

anond:20180502113258

マジレスするとスキャナ運用の面倒臭さを考えたらカメラパシャーで済ませる若者たち気持ち分からんでもないぞ。

2018-04-23

増田マウンティングおじさん

増田社会につま弾きものにされたおじさんがいます。おじさんたちは若い増田説教します。おじさんたちは社会若者たち尊敬されておらず、承認欲求を満たせていないからです。

おじさんたちは新しいものが苦手です。なぜならわからないことが多くて怖いからです。新しいものに関しては若者マウントをとれません。

おじさんたちが新しいものを避ける理由はただこれだけです。慣れてないから。わからいから。怖いから。今ので十分だから

それでもいい。仕方ないことです。しかし、それ以外にいちいち理由をつけて現状を正当化しているおじさんを見るとなんだか哀れです。

ところでSNSって流行り廃りのサイクルがありますけど、あれって若者マウンティングおじさんを避けるために、おじさんが避けがちな新しいサービスに移行しているように思えるのです。

2018-04-18

倒れるまで働かされる若者たち

所詮この国ではマイノリティ

人口の半分が60歳以上なんだから若者奴隷になるしか道はない

2018-04-16

anond:20170325024739

おい若者たち。この元増田金言だぞ。

年収500万以下で基本定時退社、完全週休2日祝祭日休み

年収600万以上で元増田みたいな基本的人権概念蹂躙される生活

だと明らかに前者の方がQOL高い。

こういう事言うと後者のような暮らしをしてる奴らは

「ププw負け組負け惜しみw」というだろうが、全くもって違う。

平日夜も休日も死骸のように眠るだけ。同僚以外の友人は消え失せ、趣味もない。

金だけはドカドカ溜まっていくが、使う時間がない。

健康容貌は年を経るごとに目減りしていき、精神は荒んでいく。

結局中高年になり体調を崩し、しこたま貯めた金の大半は自身医療費に消える。

大企業ネームバリュー年収パワーで結婚はできるだろうが、まさにATM扱いの空虚生活

子供は懐かず、嫁には邪険に扱われ、定年後は家族も友人も趣味もない抜け殻のような生ける屍になる。

女の場合結婚できるかも怪しいだろう。万が一結婚できても大抵破綻する。死ぬほど見てきた。

大企業目指すなら「社会勉強ノウハウを盗む・人脈構築」とさっさと割り切って、

数年歯を食いしばり頑張ってから独立しろ。それぐらいの気概がないならやめとけ。

会社員が楽だ、と言われる所以は「適当仕事ぶりでそこそこの金が途切れなく貰えるから」だ。

たとえ大金が貰えてもその「適当仕事ぶり」という大前提崩壊してる職場長居しても百害あって一利なしだ。

とっとと独立して不労所得で稼ぐ方法でも考えてた方が千倍マシだ。時間は金では買えない。

2018-03-18

アアアーーーーー彼氏欲しい

うそ欲しくない

この先の人生が楽しくなるパートナーがほしい

若者たちわたしの飲みっぷりは手にあまるみたい

お酒好きにせよ、普通の人みたく嗜む程度で眠くなるぐらいの肝臓で生まれたかった

とか考えつつマジ酒うまい

週末サイコー

2018-03-11

若い社員飲み会で嫌われないための3つの方法

最近若い奴らは飲み会でイヤなことがあるとすぐネット愚痴って文句言うだろ?

そんなのに気を遣ってばっかりだとやってらんねえよな。

それでなくても最近アルハラだのパワハラだの、油断するとすぐ叩かれるから気が抜けない。

そんな悩めるオッサンたちに、俺がちょっとしたTipsを授けてやろう。

飲み会を嫌がる若者たちネットでの意見を参考にしてまとめたモノで、この3つを守れば若者からの無言の非難はぐっと減る。

事実俺はこれらを守って、若手が進んで飲み会に来てくれるようになったよ。

なに、簡単なことさ。



最初の1杯がビールじゃなくても怒らない

まあ、「乾杯ビールしか認めない!」って御仁が多いと思うんだが、ちょっと聞いてくれ。

最初の1杯はビール、これがまず若者に嫌われる大きな原因なんだ。

そもそも若い奴らは、何かを上に決められる、強制されることをけっこう嫌がる。

ましてやこれが酒の席だとなおさら嫌悪感も増すというもの

アルコールダメなやつ(これがけっこう多いんだ)なんかにとっちゃ地獄だ。

飲みたくもない酒を飲まされる飲み会になんか誰が行くかよ、ってなっちまう

から最初の1杯はビールじゃなきゃ許さん!なんて言わずに、ウーロン茶でもカシスオレンジでも、好きな飲み物を頼ませたらいい。

乾杯スムーズに行かなくなるって意見もあるだろうが、そこくらいは年長者が我慢してやろうや。

みんなが好きな飲み物を飲める飲み会が一番だと俺は思うね。



酒を注がなくても怒らない

「おい、グラスが空いてるぞ!何やってるんだ!」

上司のグラスにはすぐ酒を注ぐのがマナーだろうが!」

こんなの言語道断だ。

酒くらい飲みたきゃ自分で注げばいいのさ。

人に、しか若いやつらの飲食邪魔してまで酒を注がせるから嫌われるんだぜ。

もしもこれを無視して、酒は若い女に注がせなきゃ!なんて強情張った日にゃ、

アルハラパワハラセクハラの3コンボで、もう誰も飲み会に来てくれなくなるってもんよ。

酒は誰だろうが自分で注ぐ。こういう平等を浸透させてほしいものだ。

自分のペースで飲んでこそ楽しい飲み会になるんじゃないだろうか。



二次会に来なくても怒らない

「え、何で二次会来ないの?行こうよ行こうよ」

これもあんまり良い上司とは言えないな。

そもそも会社飲み会なんか半分以上付き合いで仕方なく来てるんだから若い連中の中には一刻も自分の部屋に帰ってスーツを脱いで寝たい奴がたくさんいると思って間違いない。

そういう奴は気持ちよく帰らせてあげて、ほんとにまだ飲み足りない奴だけ二次会に連れて行くのがスマートだ。

そもそも二次会なんて金と時間が余ってないとなかなか厳しいものだし、若い奴にはどっちも無いからな。

拘束時間をいたずらに増やすのは嫌われる元だぞ、たとえよかれと思ってやってることでもな。





以上3つ書いたが、会社飲み会そもそも完全に任意参加にして、本当に来たい奴だけ来ればいいようにするってのが、一番の解決であることは言うまでもない。何事も強制されると幸せを生まないってことよ。

2018-03-04

>>増える高齢者クレーマー、悩むサービス業若者たち

低学歴だと悪質なクレーマーブラック上司と直に接する機会が多くなり

しかもそれが問題として扱われることがなく法的手段なども発想がなく

ただ消耗して心身の健康を損なうパターン

開き直って同化してムキムキになってしまパターンが多いと思う

2018-02-24

anond:20180222211209

うん。めちゃくちゃ肩入れしてるよ。私はナウシカという人物が大好きだし。

そして、ナウシカは現人類に肩入れしている。ユパが好きだし、アスベルやチククも好き。クシャナクロトだって好きだ。風の谷のみんなが好きだし、トルメキア人やドルク、蟲使いも。それ以上に王蟲が好きなんだけど……。いがみ合いは嫌いだが、いがみ合ってる人物のものを嫌っているわけではない。

その好きな人々を亡くしたくないんだよ。そのためにできることは何でもするだけだ。犠牲行動を「良い」と思ってやっているわけではない。行動原理は「その相手を助けたい」だ。そのためなら瘴気の中でマスクだって取っちゃうし、周りをドルクに囲まれて死の一歩手前だろうがトリウマを助けるのが先だ。「良いかいか」で判断してるような人にこの行動はとれない。

ナウシカ墓所が現人類邪魔から消したんだよ。私もその決断同意する。「私達のように凶暴でなく、おだやかで、かしこ人間」なんていらない。少なくともそれを生かすことによって自身の愛する世界を失うことになるのなら、その障害を潰すことを厭わない。

作中の現人類の多くはこの思考同意するだろう。漫画世界ではなく、今PCを閲覧している読者の多くも、ヴ王と同様に「そんなもの人間はいえん」と思っているだろう。

王蟲は変わったけど、新人類が変わるわけがない。それもまた思い込みにすぎない。

うん、それは私の思い込みだな。新人類進化して「凶暴で、おだやかでない、バカ人間」に、現人類並みに育つ可能性はあるよ。私はそれまで待てない、と言い換えるか。それにどうせ現人類並みになるならリセットせずに今の現人類を使えばいいじゃない。そしてそのとき墓所技術は現人類にとって危なすぎるの。そこの技術が現人類のいがみ合いの種の一つになってるから。「ヒトラーと同じだ」というが、ヒトラーなら優性思想から「おだやかで賢い人間」を生かすんじゃないの。知らんけど。

墓所側が攻撃するのは当たり前のことだ。旧人類の悲願は人間性の闇を捨てることだ。現生人類死滅させたいのも当たり前だ。それが残っていては計画が水の泡になる。交渉する余地など最初からない。武力で負かして交渉テーブルに無理やり着かせる必要がある。

あ、そういうこと言っちゃうんだ。じゃあまあ墓が弱かったから仕方ないね。「交渉余地すらない。武力で負かして交渉テーブルに無理やり着かせる必要がある」と言うからには負けた旧人類と新人類は黙って消えるしかないだろ。どうもあなたは「墓所が勝った場合人類交渉余地はない」しかし「墓所が負けた場合は、墓所交渉テーブルに着かせてもらえる」と思っているようだが、そんな甘いわけがない、巨神兵裁定はおりている。そして巨神兵プログラムしたのは旧人類だ。

新人類に正しい審判を下せるのは旧人類でも現生人類でも新人類でも王蟲でもナウシカでもない。はるかかなたの未来に生きる人類たちだ

あなた言葉には "説得力がない" んだよ。

「今」を生きるのに精いっぱいの人々にはるかかなたの未来に生きる人類を気にかけてる余裕なんかない。21世紀の現代日本ですらそうだろ。繰り返すけど、あなた物語の中の今を生きている人類に寄り添えていない。そんな人物の言説を誰が聞く?

古今東西、人を説得できないと物事は変わらない。国会でどれだけ「日本を良くする法だ!」と自説の正しさ唱えたところで、党内の票をまとめられなければ法案は通らず歴史は変わらない。

その、愚かな人類と決別しようとする "新人類教" では物語の中の世界を変えられないんだよ。せいぜい数千年後にまだしぶとく生き残っている現人類が「古文書見つけた!『お前ら人類虐殺者だ』『ナウシカ悪魔だ!世界を滅ぼしたのだ!』とか書いてあるよ。新人類だってさ」と珍しがる程度だ。

現生人類のみんながナウシカに心酔してたわけではないように、人間凶悪さを誰もが喜んで従っているわけではない

そうだろうね。そしてそういう人物は、誰かを殺す心配をするまでもなく、とうに誰かに殺さているだろう、と先にも書いたよ。

ナウシカ世界は、その環境過酷さにより人々がいがみ合い、憎しみ合っている。しかしそれぞれの人は "新人類ではない" から憎悪の一方で愛も持っている。良い一面も悪い一面も持っている。これが人間だ。そういう人々の行動を変えるにはどうしたら良いか。まずは説得だ。ナウシカは数々説得してきた。しかし凶暴で賢くない人類から、説得には応じられないこともあるだろう。では説得に応じない相手はどうすれば良いのだろうか?そう "行動を起こす" のだ。あなたは「交渉する余地などない、まず武力だ」と言っているが、まずは交渉、のちに行動。

最終話近く、マニ族とクシャナ軍がにらみあっている。ユパが、ケチャ年寄り連中と一緒に必死にマニ族を説得している。だがマニの若者たちは納得しない。彼ら彼女らも "復讐は何も生まない" と理性では分かっているのだ。だが自身感情を説得しきれない。そして、この気持ちを晴らすにはトルメキア人を殺すしかない、と"行動を起こし"クシャナに襲い掛かかった。(法の整備された現代日本では許されないよ)

ここでユパも説得は通じなかったことを悟り次の手段に出る。マニ族とクシャナの間に割って入り、マニの刃を受けることで双方の連鎖を止めた。先だって左腕も犠牲にし「この片腕、わしの心のあかしだ。たのむ判ってくれ」と再度説得。単なるきれいごとではなく、自らを痛めてまで訴える人間言葉は人の心に届く。(これには先立ってマニの僧正が同じ方法でユパの命を救っており、恩返しという側面と、僧正の念がこの場に出現しマニ族を説得するという流れになっている。この通り、聞かなきゃ殴るだけが行動ではない)

ナウシカも同様に、数々の行動によって人々を説得してきた。

ナウシカは恐れでためらうことが少なく、瞬時の判断力を持っており、おおむね良い方向に作用する。(主人公補正はあるが)

  • トルメキア軍を攻撃してきたアスベルを何の迷いもなく救出に向かう。単に"声"の主を探してたらアスベルがまだ生きてて遭遇しただけなんだが、死を目前にしながらも懸命に生きようとしている人間が目の前にいれば、躊躇なく助けるのがナウシカの特徴だ。

アスベル新人類と入れ替えてみたらどうだ?と言いたそうだな。やってみようか。新人類は生き残ろうとしない。生に執着しない。あなたと同様に「人間凶悪さを発揮し蟲を殺してまで生きようとは思わない」と言い残し、ナウシカに遭遇する前に蟲に食われる。おしまい

  • 粘菌に船を飲まれ「もはやこれまで」念仏を唱えだすチヤルカを問答無用で救出。説得の末、チヤルカの信頼を得る。
  • 王蟲の信頼を得ているので大海嘯の最前線に入れ、王蟲が怒っているのではないことに気づく。
  • 清浄の地から引き返すことで"森の人"セルムの信頼を得る。あなたなら「わ~い、清浄の地だ~」ともう帰ってこないだろう。
  • 腐海侵食され絶望する残された人々に対し「私たち風の谷の民は腐海とどうにかこうにかやっていく術を知っている。今残された土地は少ないが、まだお終いではない」と解決策を示している。


説得・行動・説得・行動だ。これによりナウシカは数々の障壁を超えてきた。残念ながらあなたの思惑とは違い、最終話ではもはやナウシカを止める人はいない。ナウシカはもう辺境の一首長ではない。行動により強力な支持者を得て、民衆を説得できる力を持った。ナウシカはみんなをつなぐ糸になれた。

あなたには説得力もなければ行動力もない。だから序盤で死んでいるだろうけど、それを大目に見てこの場で

新人類に正しい審判を下せるのは旧人類でも現生人類でも新人類でも王蟲でもナウシカでもない。はるかかなたの未来に生きる人類たちだ

と言えたとしよう。で?誰が耳を……あ!聞く耳持つ人がいたわ!墓所と守り人。ヒドラ

最後には旧人類の歩んだ道をなぞるだけだ。まったく徒労でしかない

これがあなた発言。そして墓所庭園の主『歴史は繰り返す』『お前達はその朝をこえることはできない』。そっくりだな!といってもあなたは墓の側に立って意見を出してるんだからそりゃそうか。

あなた墓所ヒドラだった場合、結局ナウシカを説得できなかったので歴史は変わらない。変えるとしたら、最後の生き残りの人々の前に現れ、今回の数々の教義を唱え、賛同者を募ってナウシカを止めてもらう必要がある。

そこにいる人々は、戦乱の世を必死に生き延び、死にたくないと願い、場合によっては人を殺めても生き延びてきた人たちである。その中でどのくらいあなた賛同者がいると思う?ナウシカを引き留めるには到底足りないと思うんだけどね。

ナウシカだって最初無垢でいたかったんだよ。でもそれだけでは自分愛する人は救えないと理解し、成長する物語だ。そしてナウシカは罪悪感や自己矛盾ちゃんと受け入れている。「人類を滅ぼしにいくのかもしれない」と自覚している。「悪魔として記憶されてもかまわぬ」と言っている。それに比べりゃ私たちなんて楽なもんだ。最後の決定をナウシカに任せちゃえるんだから。だからこそ、その決定について、ナウシカに責を負わせることはしないでおこうと思う。

あなたは、虐殺を犯したくない、無垢でいたい、と思っているようだが、一方で「まずは殴って言うことを聞かせる」と言う。あなたには矛盾があり、残虐で、勝手である。どう見ても現人類側の人間だ。

新人類だってあなた救世主だとは思えないだろう。「その人は私たちのために何かをしてくれたの?」「なんだ、世界の片隅で祈ってただけか」と。

あなたは、未来を変えたいが、自分の手は汚したくないという。墓所の主はそういう役割としてプログラムされているからまだわかる。しかあなたはには自分意志があるのに、その体があるのに、先へ進もうとしない。今の自分を超えようとしない。現人類より新人類側に思いを寄せている。もしかしたらあなた旧人類のように全てに絶望しているのかもしれない。どうせ全滅するのだから何をしたって同じか?「そうではない」とこの物語は示している。

ナウシカ行為正当性を産むことができるとしたら現生人類が生き残ることではなく、火の七日間を再度起こさないと確信に値するものを示すしかない。しかし作中の現生人類がそれを示すことはないまま作品は終わってしまった。

「答え」なんか分かるわけがない、っていうか自分で考えろってことだよ。人類は再度火の七日間を起こすよ。歴史は繰り返す人類は愚かだから正統性より目の前の命を取る。

今回私が書いたことはほとんど漫画の中に描写されていることだ。あなた最後の答えを知りたいというが、まずそこに至るまでをうまく読み取れていないじゃないか。まずもう一度通して読んでみてはどうだ。

あなたは結果を重視しているが、私は現人類過程を重視している。あなたは「自然に任せよう」と思っているらしいが、あなた自然だと思っていることは実のところ人間プログラムだ。穏やかで、賢い、人工の物体だ。自然体は許されない。人も動物も全てを書き換えるつもりだ。ナウシカ方法の方がずっと自然だ。「今」を乗り越えても、凶暴で頭の悪い人類は結局は滅ぶかもしれない。でも人類は滅んでも虫や動物は生き続ける。人類は滅ぶが、世界は滅ばない。とはいえ、人類はそんな簡単には諦めないという話だ。

たとえ過去1万回同じ過ちを繰り返したとしても、諦めなければ1万1回目でクリアできてしまうのが人類だ。1万1回やったけどダメだったから諦めたのが旧人類なんだろう。現人類は1万2回目、歴史は繰り返すしかしそれがいつになるかは現人類が決めるし、現人類はその今を精いっぱい生きるの。

このあたりはどこまでいっても平行線かもしれない。だからあなたが「私はナウシカ決断同意できない」と宣言すること自体問題はない。ただ、最後決断をした人物を責めてはいけない。私は旧人類の決断が間違っていると思うが、旧人類がそれしか取る手がなかったのだということは受け入れる。旧人類を責めはしない。現人類として、その決断には従わないという意思を示すだけだ。

1万2回目の人類最後ナウシカが決める。少数の反対を除き、私を含め大多数はナウシカ最後を託した。

歴史に埋もれたできごとが間違っているわけではないが、トルメキアとドルクをクシャナとチククが再興していくことを考えると、はるかかなたの未来に生きる人類たちはナウシカを「救世主」として受け止めることになるよ。「青き衣の人」として。新人類は生に執着しないが、もし執着するほど進化したとしたら、その時は現人類選択理解し受け入れるだろう。(同時にはなし得ないのでパラドックスだが)

あなたは現人類絶望しているのだろうが、それでも旧人類の決断自分を託すんじゃなくて現人類として自分で決めよう。誰から必要とされない自分なんていなくていいと思っているかもしれないが、人の評価未来を決めることはない。

本当に絶望の淵に立っている人に「マンガでこう言ってるし」「不安絶望も背負って、それでも生きていくしかない」と諭してもまったく力にはならないだろうなとは思う。私は漫画版ナウシカから力をもらったけど、絶望中にはせいぜい現実逃避として読んでただけな気がする。ある程度元気になって、現実世界に少し救いがあったからこそ、余裕をもってああだこうだ言える今がある。

はいえ、あなたは「マンガだし」と投げ捨てず、その内容について意見を書き綴れるくらいの力があるんだから、もう一度立ち止まって読んでみてはどうですか。

2018-02-19

anond:20180219182741

若者たち「(…下手に話して、嫉妬されたらやだなぁ・・・)」

anond:20180218230256

バツ独身40代後半女…という属性のおかげかほとんどこの手の質問を受けない。そして楽しい休日を過ごしていそうな若者たちも、私の前では楽しい休日経験について語らない。

あんまり彼氏彼女ノロケ話とかは聞きたくないけど、今どきの若者がどんなことして遊んでいるのか知りたいので、そんなに気を使わずに話してほしい。聞いたら聞いたで羨ましくなるかなぁ。

2018-02-06

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/f1-gate.com/liberty-media/f1_40791.html

モータースポーツクラブの子供たち、もしくはカートジュニアフォーミュラに出場している子供たちからくじ引きで選ばれる。

選ばれた20の子供たちは、レーススタート前に準備している各F1ドライバーの横に立つ。

F1商業部門マネージンディレクターを務めるショーンブラッチズは、子供たちが将来的にF1という夢を持つために“忘れられない経験と機会”を得られるとしてグリッドキッズアイデアを歓迎している。

若者たちのにとって特別な瞬間になるだろう。心に描く彼らのヒーローたちの隣に立ち、モータースポーツエリート中のエリートである彼らがレースにむけて準備しているのを見て、

スタート直前の貴重な数分間を彼らの隣で過ごす。彼らと彼らの家族にとってなんと忘れられない経験だろう。

サッカースタイル採用か。まぁいたって順当。

ブコメ見ると、イヤミのつもりだろうけど子供の人権はみたいなアホなコメントに☆が集まってるが、

カート競技をやってる子供家族という「招待されたら嬉しい子供群」から選ぶわけで、ブコメは悔し紛れなのか知らんけどずいぶん斜め下からインネンつけてんだね

しろ"華やか要員"だけのガールズよりも、競技団体としては意義も増えるし歓迎されるべきことなのでは。

サッカーエスコートキッズは、主要リーグについては多くの場合試合主催クラブホームチーム)のサポーターなどから事前に募集するのが一般的

日本代表戦の場合も、JFA試合前に募集をしている。特にJFAの会員じゃなきゃダメとかそういう縛りもないっぽい。スポンサー枠とかはあるかもしれないね。知らんけど。

知人の子キリンチャレンジカップエスコートキッズ当選したことがあるが、将来の夢は香川になること!という小学生地元スポ少サッカーやってる。

グリッドガールレースクイーンも、"華やかさ"だけじゃなくて競技知識ガチ度みたいな方面で「職業としての自立」に向かって

進化できる可能性はあったんじゃないかと、外側から見ると思うけれど、競技団体ガールクイーンたち自身に、そういう志向がなかった結果の、今

ということなのかなぁとかも。邪推ですけど。

しろプレイヤーサイドには「死ぬかもしれない競技なのだからゴール前に美女がいてくれないと」というご希望があったと聞くので、

そういうのがお望みのレーサーはこの変化に抗議する人が現れてもいいはず。

死ぬかもしれないのによその子のニヤニヤ顔とか見るのは、イヤだと言う人だっているだろう。ちょっと文句ぐらい言ったっていいんじゃない

2018-02-05

若者だけの職場を作ろう

上司無駄で長ったらしい説教も、イヤミなオッサンマウンティングも何にもない!

若者たちだけで構成されてるから若者気持ち理解してもらえる!

経営方針勤務形態も全部自分たちで決められるし最高!

なんて自由会社なんだ!

さあ、若者だけの職場を作ろう!

ネットミームを嬉々として口走る若者たち

現実で話してて「それは草」とか「魔剤ンゴ!?」とか言うの気持ち悪すぎん?

なんかさすがに寒気するわ…

普通に話せないものかね…

2018-02-03

いま現在子供保育園に入れられずに困ってるカップル

なら、制度の改変を待ってる余裕なんてないので、同じサービスを受けようとするママ友同士で足の引っ張り合いするのは普通だと思う。

そして、その苦労がいっぱい大変だったので、入園クエストが終わった後はスッキリ忘れるの。

つらい思い出をそのまま引きずるのはしんどいからね。

忘れるっていうか、制度が改変されて後からママになった若い奴が

ママ友同士皆保育園に入れられてニコニコ!!」

ってなるのがなんかムカつくので、継続的問題として取り上げようとしないんではないか

何年も前から問題になり続けてるのにいっかな改善の気配が見えないのは

「入る瞬間/もしくはその前後」にあるごくごく限られた人しか問題として捉えてなくて

かつてそうだった人も、これからそうなるかもしれない人にも、当事者から運動が広がらないからじゃないかなって。

よくある

ブラック批判すると「俺たちの頃は当たり前だったぜ苦労しろ」って現役の足を引っ張るオッサンたちの構図

自己責任で入ったんだろ?」「お前が悪い」って同世代や少し上の苦労をあざ笑う求人勝ち組若者たちの構図

は、現ママと過去ママ/将来ママの間にもあるような気がするんだ。

2018-02-01

今ほど歳をとるのが苦痛な世の中は多分ない

男も女も、あまりにも歳をとることにネガティブイメージを持ちすぎている気がする。私もそうだ。

原因はなんだろうと考えたけど、いまいちしっくりくるものが出ない。

年上の人のイメージを悪くするのは常に若者たちだ。

自分たちもいずれ向かう現実なのに、外見的にも内面的にも、自分はああはならないと確信している印象すら受ける。

外見的なことを言えば、別に太ってもいいじゃないかと私は思う。

シワが増えても、髪が減っても、背が縮んでも、体力が落ちても。

歳を重ねるっていうのは、それだけ長く頑張って生き延びてきたということなのだから、その過程で避けられない老朽化には自信を持って生きていきたいと思う。


しかしそれと同時に、内面的には、ああはなりたくないと憎しみにすら近い感情を抱くのだ。

若者はこれから社会を支える重要存在だ。狭い部屋に住んで、安い飯を食べて、たくさん働いて、税金を納める。それが私たち若者

しかし街中に出れば至る所で年上を敬えと強要される場面に出くわす。

だって蔑ろにしたくてしているわけじゃない、尊敬に値しない年上が多すぎるのだ。


高校の頃、部活で疲れて電車普通席に座って寝ていたことがある。

膝の上にはスクールバッグ部活用のエナメルバッグ、足の間には当番制で洗濯しているゼッケン袋があった。ヘトヘトになってうたた寝していた私を、誰かが突然叩き起こした。

朦朧としながら顔を上げると、目の前には手ぶらで佇む60代くらいのおばさんがいた。

おばさんは目を釣り上げながら私に「退いてくれないかしら、あなたが一番若いし。」と言うと、私を立ち上がらせた。

周りを見渡してもみんな見て見ぬフリだった。確かに、私はその車両では一番若かった。

結局私は彼女電車を降りるまで、立ったまま体の前にバッグを積み重ねてつり革につかまりながら寝続けた。


誰しもにある経験だと思う。

私たちはこれを、この先ずっと繰り返していくことになる。しかも優先するべき老人の数はどんどん増える。若者がこの椅子取りゲームに勝つ術はない。

この出来事だけでなく、言うことを聞かない年上の部下、根拠もなく私が若いというだけで提案無視する上司投票所に並ぶ私を見えてないかのように割り込みするおじさん。尊敬できない年上に蔑ろにされた経験は数え切れないほど存在する。

些細なことだけど、それがいくつも積み重なれば憎しみにも似た感情が生まれても仕方ないと思う。

私は彼らのようにはなりたくない。




自分指標となるような、尊敬できる大人を見つける必要がある。

若い私たちを疎ましく思わずに、導いてくれる人を。諭してくれる人を。

歳をとることへの恐怖に打ち勝つ一番の近道はそれじゃないだろうか。

そしていつかは、若者にああでありたいと思われるような大人になりたい。

2018-01-24

初手自殺についてどう思う?

今がめちゃくちゃ楽しいから

今以上に楽しくなるとも思えないから。

これから先の人生、辛いことを味わわなくても済むように。

死んでしまえば、今の楽しいままで終われるから

こういう前向きな理由で「初手自殺」を選ぶ中学生高校生がもしもいたとしたら、どう思いますか?

これから人生、もちろん楽しいこともあるだろうけど、それよりも辛いことを避ける方を優先する。

今、すっごく充実していて、何の苦労もないこのまま、ハッピーエンド人生フィニッシュできたらどんなに幸福か。

周りの人に迷惑はかかるし、悲しむ人もいるかもしれないけれど、死んだ自分にはそんなこともはや関係ないし、知るすべも感じるすべもない。

暗いニュース不景気社会に対する不信感と絶望感の漂う現代において、初手自殺は時として甘い蜜のように若者たちを誘うかもしれません。

自らの命を絶つことは、どうしていけないことなのでしょうか?そしてそれは、誰にとっていけないことなのでしょうか?

若者たちを生かしてあげるためには、私たちはどうすればよいのでしょうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん