「大森靖子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大森靖子とは

2019-12-27

大森靖子ZOCが嫌い

世界一大好きな道重さゆみ世界一大嫌いなシンガーソングライター大森靖子と延々とコラボし続けて、嫌になりそう。

もう地獄しかない。推し人質に取られている気分をこの二、三年間、ずっっっっと味わい続けている。

どうにか頑張って、大森靖子の曲も聞いて好きになろうと努力していたけれど、

女のどろどろとした執念やら嫉妬やらが詰め込まれた歌たちに吐き気がした。

これで人生肯定されているファン達とは別次元人間だなと思った。

多分、一生関わることもない人間だと思う。

楽曲提供やら「絶対彼女 feat.道重さゆみ」はぎりぎり許せたけれど、

少年院あがりの子センターに置いているZOC対バンが決まった瞬間にイライラが頂点に達した。

はいい子だとしても、過去少年院に居たぐらいだから、悪いことしてたんじゃないの。

戦慄かなのについても詳しく調べたくもないから、少年院あがりとかしか知らないけれど。

そういう他のアイドルに無いですよ!みたいな部分を表立って売ってるのも無理。

少年院あがりって誇れることじゃなくない?アイドルとして型破り以前の問題じゃないんか。

ZOCよりも道重さゆみが一番かわいいからライブはなんにも心配していないけれどね。

2019-11-11

うつ病」と診断されて分かったこ

自分自身は、「うつ病」だとは微塵も思っていない。

・むしろ「あの程度の診断で自分の何が分かるんだ?」ぐらいまである。重度とか言われても困る。

・でも飯は食えないし前を向けないし外に出たくないし眠れない。そして本当に大きい声が出せない。

・「仕事行きたくないからうつ病の演技してるだけだろ」と自問してる。

・3ヶ月くらい経って振り返ると「そもそもそうやって自問してた時点で異常」だと気づく。


思考回路死ぬどころか活発になる。地獄

・なんでこうなったのかは今でもイマイチからない。

・なんとなくよくなる→調子に乗って人に会う→メンタル死ぬ を繰り返す。

・人に会ってるとき調子いいけど、別れた後「みんなは普通に過ごせているのにどうして?」とマジで思い、死ぬ

・「痛みもなく迷惑もかけずに速やかに消えるための方法」を真剣に、真剣に考えている。やっぱりおかしい。


単純作業ゲームに恐ろしいくらいハマる。スパイダソリティアで6時間くらい平気でつぶせて、ビビる

・「英米で処方禁止!」「乱用者の3割が自殺企図!」みたいなドラマチックな薬を出されて、ビビる

・「元気がないのに職場に無理やり連れていかれ、地獄のような目に合う」みたいなドラマチックな出来事体験して、ビビる

・本物のメンヘラは意外と人生シビアに捉えていることに気付き、ビビる

大森靖子ファンのような人種すら寄り付かない次元メンヘラがいるということを身をもって知り、ビビる


勝手にやせる。

・性欲が消滅する。

整理整頓がしたくなる。

・旅に出たくなる。

・外には出たくならない。


・「健常者」との間に勝手に線引きされたような気分。

・やや、無敵の人の心境。

・病名を付ける、付けられる、ということの恐ろしさを思い知る。

・同時に、うつ病って思ったほどでもないんだな、とも思う。地獄だけど。

・まだまだ地獄ですが、今までの自分とこれから自分ちゃんと考える時間が取れているので、良かった気もします。いまんとこ。

2019-01-08

anond:20190108153752

ぐぐったら大森靖子ユニットでちょうど話題の戦慄かなのがいるのか・・・

Zone of Control”の略、ウォー・シミュレーションゲームなどで用いられるゲーム用語で、ゲームにおける「支配領域」の概念のこと

という説明もあるし、こりゃ簡単ガンダムゾックは亡き者にされるで・・・

2018-07-12

大森靖子GIRL'S GIRLのMV見てると、MVの見栄え良くするためにかわいいしか集めてないか歌詞説得力が半減してしまってておしい気がする。もっと微妙なブスな女の子にしてほしかったな。

2018-03-29

会うとお気に入りミュージシャンを紹介してくる友人が辛い

地元に帰ると一回は会う友人がいてご飯食べに行ったりするんだけどどっちも食べるの好きだからそれならってことで行ってみたかったとこ行こうってことでドライブがてら出かけるわけだ。近況話したりしてるとふとしたタイミングで向こうが切り出してくる。

ちょっと聴いてほしい曲あるんだけどかけてもいい?」

出た。こいつと車に乗ってると必ず「会わなかった間に自分が見つけたお気に入りの曲」聴かせようとする。

しかも前にも言ったけど、そういうベタベタしたちょい鬱入ったようなSSW系は好きじゃないんだ。いや自分だって聴くよ?大森靖子とかエリオットスミスとか好きだけど。でもそういうのとは違うなんなんだろうちょっと受け入れられない。

ていうかなんでおススメしたい曲を流してる間無言なの?「まずは聴いてみて」じゃねーよ。こちとらイントロの時点で「うん、無い」って答え出てるよ。その曲に、その歌手に、もしくはその曲とおまえとの間にストーリーがあるならそれを話してくれよ。なんで俺が汲み取る努力しないとダメなんだよ。

前は普通に音楽の話もしてたし、なんならこっちから「かけたい曲ある?」って尋ねたりもしてた。でも今はこの流れになるのが嫌でこっちから積極的音楽の話はしない。

こっちがシャッフルで流してても「今のところ特に引っかかるのは無いねからの「ちょっと聴かせたいのあるんだけど」

これだ。いや、こっちは好きなの流してるだけなんで。

なぜこうなってしまったのか。

次帰ってもその友人には会わなくていいかとすら思い始めてる。

2018-03-01

みなさま、よき感情を!

くぇぉぅぇぁぁ。ぼやける視界を押し広げると、月明かりでぼんやりと浮かび上がっている天井が見えた、夜らしい

左腕が疼く。見てみると、記憶にない無数の、正確に言うと17本の切り傷の上に固まった血がこびりついている。知覚が起動し始めるとこれまた記憶にない下腹部違和感が出てくる。前と後ろも

時刻は1時17分。外が暗いから午前なのだろう。空腹が胃壁に針を刺し始めてきたのでコンビニに行くことにする。月明かりを頼りに空っぽカップ麺と卵(卵?なぜここに卵があるのだ?)をどかし、(触感からおそらく)下着と(大きさからおそらく)ジーンズとなんかのTシャツを探り当てる。ちょっとしめってるけどまぁいいやと着、鏡を見ずに外へ出る

神僕と大森靖子が鳴り終わり、女王蜂が流れ始めるとセブンについた。塩おにぎり焼き鳥パック、セブンプレミアム担々麺いいちこをチョイス。空白に視線を落としながら佇む男の子レジを打ち、寝起きの女は代金を渡す。帰り道は時雨にした

電気ポットから熱湯を担々麺に注ぎ、3分後に液体スープ、塩おにぎりと串から外した焼き鳥を入れてかき混ぜると完全食の完成。グラスに注いだいいちこと一緒に

死生観の話。死、つまり無はこれまで自分にとってすぐ隣、すぐ裏、すぐ前、いつでも簡単に手にとって眺めることのできる位置にあるものであり、死と生という二つの選択肢のうち、生の方を偶然、たまたま、思いがけず、強制的に、否応無く、止むを得ずやっているという感覚と過ごしてきた。実際にやったことはないのではっきりとはいえないが恐らくやろうと思えば人を殺すことのできるタイプ人間であるし。実際にやったことはないのではっきりとはいえないがこの世界から居てもいなくても特に問題のない人間のうちの一人である

とにもかくにも、今は死の方に行ってみたい気分なのだ。ひっくり返してみたい気分なのだ。すぐそこにあり匂いただよう死へ

いいちこを飲み干し、窓を開け、ベランダ鉄格子を、8階の鉄格子を、一切の躊躇なく、流れるように、前からそうと決まっていたかのように飛び越え

7階 6階 5階 3階 ほら簡単

2018-02-12

俺が思う『少年っぽい存在ランキングベスト10、1位黒木智子

2位mol53

3位七松健司先生が描くショタ

4位大森靖子

5位YDIZZY

6位中原昌也の初期短編

7位丹生谷貴志

8位田村ゆり

9位フェリックスガタリ

10位トーマスベルンハルト

2018-01-20

鬱っぽい音楽におもうこと

むかし、どうしようもなく死にたい気持ちに寄り添ってくれた音楽大森靖子だった。

大森靖子を知ったきっかけは、インターネットの知り合いだった。

苦しい時にPINKというアルバムをずっと聞いて、励まされていたとインターネットに書き込んでいた。

しか最近、その子が「もう好きじゃない」と話していた。なんかわからんけどインパクトがあった。親離れみたいな。大人になったみたいな。卒業みたいな。

の子は熱心なファンだったし、ライブにも通っていたみたいだったし、古参の人だったはず。

そのことをきいてなんか寂しくなった。私はまだたまに大森靖子を聞くし、たしか最近のは好きじゃないけど、何度か聞いてると「いいな」って思える曲もあった。全部が好きじゃなくなっただけで。

新しい音楽ってなんなんやろな、とおもう。

大森靖子ファンは増えている気がする。別の誰かを救っているのだと、思う。

でも、その子にはもう必要ない音楽になってしまったのかもしれない。今はどんな音楽がその子を支えているんだろうか。

2018-01-06

anond:20180105234421

「優れた風俗小説は、時の流れを乗り越えると時代小説として生まれ変わる」


しか金井美恵子文庫本解説で評者が言ってたことだけど(目白四部作だったかな)、

これ映画でも音楽でも何でもいえるよね


やがて古くなれば価値が薄まるものだとしても、その瞬間は大切だったことってあるでしょ

モノそれ自体じゃなくて、モノにまとわりつく感情を保存するために、

作品なかにモノとして描いて記録しておく意味はあるんじゃないか


この考え方は大森靖子作詞スタンスとも重なるなあと昔思った

荻上

大森さんの歌詞の中には

現代的な固有名詞でおそらく数年経てば古びた歌詞になるであろうというようなものというのが

しろ選択されて、今の風景としてあったりしますよね?

それはやっぱり意識的なんですね。


大森

はい、そうですね。「自分風俗資料になりたい」と思っているので。

http://www.netapod.com/2016/09/blog-post.html

2017-12-22

無題

むかつく。

男も女も大好きな人にはそんなに好かれないのに、そうでもないひとにもそれほど好かれてない。

嫌いな人に限って大好きな人から好かれていて、ああ私はあんなふうにできなかったから嫌っていたんだなと思う。嫌いな人はコンプレックスだ。

どんなに正当に嫌っていても私が悪い嫌いという感情を抱いた私が。でも絶対私は悪くない私以外に好かれながら私に嫌われるあいつがわるい。

こんなに書きなぐっていても大森靖子ブログみたいにファンは励ましてくれないし、かかわった人々はみんな私のことなんてどうでもよくて、靴擦れしてしまった足に絆創膏を貼りながら、私に絆創膏を貼れるのは私しかいないというのがどんどん浮き彫りになっていく。ファンなんていないからね

私はあのこに絆創膏を貼りたいけれどそれは不可能で、もし貼ったとしても傷口にテープが当たって悪化させてしまうような貼り方しかできないしあのこはそれをわかっている。

好きな人に大好きになってほしくて起こす行動は全部全部全部全部全部空回りで、でも好かれようとしなければ嫌われてしまう。すっごく深い海の底から、もがいてもがいて水面を目指すけど、もがけばもがくほど、水面がどっちなのかわからない。おぼれている、でも、誰も溺れているなんて教えてくれなし、溺れてると主張しても誰も耳は貸さない。

どうやったら上手く出来たかを、ずっと考えている。それはずっと間違ったこしかしてきていない気がしてるから

私が誰を見放しても、誰も困りはしないけど、私は、見放されたら死んでしまうみたいな人が多すぎて、生きていくのが、苦しい。

2017-12-13

大森靖子が好きだけど、よくdisられる

大森靖子が好き。

でも沢山批判されるし、なんで他の人が大森靖子に引っ掛かるのかもなんとなくわかる。それでもこっそり大森靖子応援する。

二度だけ大森靖子に会ったことがある。

一度目はライブ。二度目は握手をして、プレゼントを渡した。

いつも激しくギターを掻き鳴らしてるはずの手は、思ったよりも白くて小さい。ちゃんと一人の人間が、柔らかく目の前にいた。

彼女のどこがいいのか、未だによくわからない。

よくわからないけど、なんとなく好きなので、なんとなくずっと追っている。

会いに行くのはとても緊張するから、二度だけしか行けていない。でも、緊張していても、会うと近所のお姉さんみたいに柔らかく迎えてくれるから、いいひとだな、と思った。(もしかしたら、そのときだけだったのかもしれないけれど)

大森靖子は可愛くもないしよくわからない」といった知人は、実際にライブを見に行くと「ギターうまい」とだけ言って、それからなにも言わなくなった。

そんなものだと思う。

2017-11-23

貴乃花大森靖子ぽい人だと思ってる。

大森靖子騒動の時に、美大時代の話をしてた。

悪気がなく友人の作品に飲みかけのコーラを置いた同級生に対し、「そういう意識の人は芸術に関わらないで」と言ったらしい。

この人は、自分価値観絶対で、受けとる側のことを汲み取れないのだなぁと思った。

相手にも事情があるかもしれないのに、一方的断罪して逃げ場を作らない。

かに「正しい」んだけどさ、でもってなるやん。

言い方がアレなのは本人も認めてたけど。

貴乃花も実況とかで相撲道とか精神論の話が多かった。

アナと話が噛み合ってなかったのを思い出す。

大多数の人が受信できない周波数の話をしていた。

彼も彼なりの「相撲にふさわしい心構え」てのがあって、それから外れるのはどんな事情があろうと許せない人なのだと思う。

自分相撲論、精神論を正しいと思っている。

グレーゾーンがないんだよ。

それほどの信念があったか横綱になれたのだろうけど。

前々から貴乃花部屋力士twitterとか見てて、すごく意識が高くて純粋力士が多いからなんとなく怖かった。

お相撲さんとしていいことなんだけど、真面目すぎてこわい。

貴乃花の話を素直に聞けて信じることができる子たちなんだろうなと思う。

お相撲さんとしてはそれでいいかもしれないけど……。

場所幕下上位の力士twitterちょっとした騒動を起こしたりした。収まったけど。

以前若い力士や裏方さんが急にやめたこともあった。特に何も情報も無くて、何がこの部屋に起きてるんだと怖かった。

今回の騒動は水面下でくすぶってものが一気に爆発したなぁと思ってる。

貴乃花は黒か白かの人だから、清濁あわせ飲まなきゃいけない理事長は無理だと思う。

そもそも政治ができる知恵を持ってない。

2017-10-31

怒っている理由が分からない。

人が怒ってる理由が分からない時が多々ある。

最近で言えば、橋下徹丸山穂高に対する怒りとか大森靖子がyogee new wavesに怒ってた件とか。全然からない。政界芸能界のことだけじゃなくて、友人が怒ってる時も何に怒ってるか、どういう意味で怒ってるのか分からない。なんで?って思ったまま。生きるの難しいぜ。アスパかな?

2017-09-28

anond:20170927123724

腐女子腐女子同士でしか争わないじゃん。

大森靖子に限らずだけど、音楽ファンって音楽以外を平気で見下す。

特に大森靖子ファン大森靖子以外見下す。メンヘラ=魂削ってる、エライって思い込んでる。

2017-09-23

anond:20170923002732

大森靖子はどうでもいいけど、あるアーティスト音楽歌詞が優れているとか

芸術的であるかそうでないかは人によって考え方、捉え方は様々だろ

どんな音楽に優れた芸術性があるかどうかの国が定めた基準みたいなもんでもあるのか

あるアーティスト音楽がクソだと思うのは自由だが、それは単なる個人の感想しかない

まさかアイドル音楽なんてファックだね的な中2病患者ではないとは思うが

音楽個人的好き嫌い音楽的要素がない、芸術性がないとか言い切ってしまうような人は少なくとも音楽好きではないね

anond:20170923002732

気持ちはわかるが、音楽に対するあなたの立派な敬意の為に、大森靖子非難する必要はなくってよ。

2017-09-17

大森靖子美大時代エピソードって、見事に差別迫害なんだけど、被害者アピールしながらああいエピソード挟めるの本当にすごいしファン特にあのエピソードに引っかからないのすごい

そもそも芸術的素養と細かい気配りができるかどうかって全然関係ないと思うし・・・・・・

何をやったらファンを辞めるか?のラインについて

大森靖子とYogee New Wavesの騒動で思ったのが「失望したのでファンは辞める」という人が双方のファンを見る限り殆ど居なさそうだな、ということ。(音楽は好みなので追い続ける、というのは問題ない。「人として」応援し続けるかどうかということ)

今回の件に限らず、今現在何らかのファン活動を行っている人には是非この機会に考えてみて欲しい。彼ら・彼女らが「何をやったら」ファンを辞める、と断言できるか?

そんなこと想像もできない、何をやっても応援し続ける!という人、あなた内面は今、他者コントロール下にあり危険な状況といえる。あなたは本当に、自分意思に基づき言動を行っているか他者に心酔するあまり本来あなたは行わないような攻撃的な言動を行っていないか

「私の人生の主役は私だ」と思っているかもしれないが、あなたは今、主役の権利他人譲渡しようとしている。そのことにどうか、気付いて欲しい。ファン活動あくま趣味範疇で行うべきであり、それによってあなた内心の自由が侵されることなどあってはならない。

…と、ここまで書いて、「狂信者を生み出す」という効果魔法であれば、確かにあるのかもなーって思いました(良い意味で言えば「魅了」?)。

2017-09-16

音楽魔法

大森靖子の話だけど、大森靖子音楽魔法じゃないっていうのは反語的な表現で、内容は音楽魔法ってことでしょ

あん音楽でも誰かの魔法になっていることに悔しくて、それでも感じちゃうって歌詞でしょ

はてなーアスペかよ

大森靖子音楽魔法だと思っている

みんな勘違いしてるけど、大森靖子は「音楽魔法」と思ってるが、"簡単に"「音楽魔法」とか言っちゃうようなバンドの「音楽魔法ではない」って話だからね。

週刊SPA! (2014/9/2発売)

大森靖子、観客とのキスも「歌詞の一部みたいなもの

https://nikkan-spa.jp/706101

「『音楽を捨てよ、そして音楽へ』という曲に『音楽魔法ではない』という歌詞があるんですけど、本当は私がいちばん音楽魔法だ”って思ってるわけですよ。でも、いい音も探さずに、工夫のないコードギタージャーンとか鳴らしてる奴ほど、簡単に“音楽魔法だ”とか言っちゃう。そこに気づいてほしいぞって気持ちもあって」

大森靖子とYogee New Wavesの件について事実だけまとめ + 所感

anond:20170912124418

記事は省略が多いし話がとっちらかっていてあんまりわかりやすくないし、自分のためにもトピックを絞り込んで流れを整理してみた。

これの何がロックなの?(中略)そんなロック死ね

昨日フェスがありまして。自分表現をとても大切に、いいライブができたなって我ながら思ったんですね。盛り上がって。で、フラフラになりながらステージをはけたら、隣のステージで「音楽魔法だよ!」という軽快なMCでYogee New Wavesというバンド演奏を始めたわけです。

その後そのバンドベースの弦が切れ、本人許諾ないまま私のバンドメンバー楽器を借りて演奏しました。

魔物ライブ後、昨日の奴らがきて、「大森さんのゆーちゅーぶみて感動して、大森さんがほんとは音楽魔法だって言いたいんだろうなーと思って、MC音楽魔法だって言いました!」と言われまじ目が点だった。「え、あの曲聴いてよくそんなこと言えるね、国語…」というと「ぼくはぼくの表現しちゃいけないんすかー?!」と叫んでいて、あーなんかなんでこんなやつ相手しちゃったんだろーと余計不快というか日本語の断絶がすごくて、かなしくなっただけだった。もう忘れよう。ゆるさないけどわすれよう。

ていうかさキャリーパミュパミュぶさいくじゃね?

以下、個人的な所感。

私は発端となった大森靖子の怒りの動機はよく理解できるし、彼女のようなスタイルSSWであればあのような反応は当然だとも思う。気になるのは、Yogee側が大森靖子意識して「魔法発言をしたのかどうか、というところだけど、夏の魔物時のブログ記事を読むと、謝罪時に大森靖子歌詞意識したようなことを発言した旨が記載されている。これが本当なら、悪意の有無はともかくとして、表層的に歌詞引用されたと大森側が怒るのも無理はない。よってこの点は大森支持。

ベース無断借用の件は最初ブログ記事八つ当たり的に書かれたものだけど、Yogeeの謝罪文と照らし合わせても「本人許諾ないまま私のバンドメンバー楽器を借りて」という記述自体に誤りはない(許諾をとったのは持ち主のベーシストではなく、同じバンドギタリスト)。そもそもブログ記事でもこの件はあまり大きな問題として扱われておらず、あくま歌詞を粗末に引用されたことに付随する話、という印象。まあ、どちらにせよ、これに対し大森靖子が怒るのは違うと思うし、緊急事態なので借りるのもしょうがないし、ここはYogee側に大いに同情。

夏の魔物ライブ動画を公開した件に関しては、イベント出演時の契約がどうなっているのかわからないので言及しない。

本件、必要以上に話がこじれてて、ネットでも「大森が悪い」「Yogeeが悪い」と意見割れていて、無駄に不幸な人が増えている感じがして残念。でも、「後のバンド文句言うならフェスでるなよ」とか、そういう声にはやっぱり違和感があって、アーティスト矜持で怒りを露わにするのってそんな悪いことなのかな?と思った。

いくつか本件についてブログ言及している人がいるけど、一番私がしっくり来たのはこれだった。

http://basement-times.com/omori-seiko-yogee-new-waves/

ヨギーが足を滑らせてうっかり大森靖子のケツに蹴りを入れてしまっただけのことだと。蹴られた側には怒る理由があるし、蹴った側には悪気はない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん