「メジャー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メジャーとは

2018-08-15

ゲーム作りたいんだけど

どのツール言語使えばいいかで悩んでる。

RPG派生ならツクールとかウディタでいいのかな。

Unityは何か難しそう。2Dゲームスムーズに作れるのか?

ココス2dxってどうなんだろ。

ゲームメーカーってやつもたまに聞くからきになる。

JavaScriptライブラリでごりごり書いてく…とかでもいいのか?

全然わからんプログラム素人に毛が生えた程度しか書けない。

出来るだけメジャー方法というか、いま1番ナウくてアツイやつを知りたい。

2018-08-14

anond:20180814130528

 どうして相手発言曲解してゼロかイチで話を進めたがるんだ?w

俺は宣伝に振り回され過ぎなければここまで悩まないだろう、って文意で指摘してるんだが。

 それはそうと、コード自然発生(笑)するかどうかってのは多少興味を覚える指摘ではあるな。

例えばニワシドリ(https://matome.naver.jp/odai/2138734842643069001)なんかは教育番組で有名になったが、動物研究では比較メジャーな方だろう。

 この飾り付けが自然発生かどうか」ってのは自然定義にもよるだろうが、人間の行動自体能動性、受動性にも関わるな。

コード文化様式と深く関わっているのは言うまでもないが、鳥のソレを文化と呼ぶべきかどうかもまた学者によって異なるだろう。

 商用マスコミに影響を受けてのみでしか自分立ち位置確認できない人間が気の毒なのは同意するが、"もし" ニワシドリの中に巣を飾らない事でメスを引き付けようとする個体が出てきたら、それは群れの中の流行としてどう作用すると思う?

 それから "仮に" ニワシドリの群れに「今年のトレンドは青い小石」なんて囀る事で同種のオスから報酬を得ている個体がいるとして、それらは反巣作り派にどうリアクションを起こすと思う?


上から目線で気に入らないかもしれないが、少し考えてみようよ、自然派さん。w

2018-08-13

anond:20180813151701

からデートコード文化メジャー面して抑圧してたせいで非婚圧力になったって話だろ

読解出来るようになってから口挟め馬鹿

2018-08-12

anond:20180812114455

閉鎖的な割には同調圧力が強い

甲子園の事はよく知らないが、同人オタク世界より甲子園世界がそうだとはとても思えないけど。

甲子園世界同人みたいに、何か変わった事したらすぐネットで陰口叩かれたりするの?

無名の人でも何かやらかせばすぐ2ch(今は5chか)で叩きスレが発生してストーカーじみた粘着叩きされたりするの?

法的にも倫理的にも問題ない事でも「同人ローカルルールを破った」ってだけで袋叩きにされたりするの?

関わる人数も全く違うし選手は毎年入れ替わるわけだし、そんなに一人一人の動向監視するの無理そうだけど。

同人でもメジャージャンルなら人多いから変な事やっても目立たなかったりするけど、

甲子園に関わる人数ってその比じゃないのでは?

高校野球参加者は皆無理やり動員されている!って

かに似てると思ったらアレだ。

韓流ブームの時に「あれは実際は全く流行ってないのに流行っているようにフジテレビごり押し工作してるだけ!」と言い張ってたネトウヨだ。

その根拠は「だって自分友達韓流好きな人なんか一人もいないもん」と言う超半径狭い話だったりして。

なんかはてなもどんどんネトウヨと同レベル化してるって事だよな。

メジャー化するとそういうのが増えるのは免れないのか。

2018-08-10

東京で一番大きいホビーショップってどこ?

ガンプラからラジコン電子工作までありとあらゆる種類のメジャーで無いパーツが欲しいんだけど、一つの店舗に固まってるのを見たことが無い。

東京山手線円周から行ける店で都内最大級ホビーショップってどこ?

2018-08-09

今日は8/8。

「ばあば(88)」の日ということで、おばあさんの日なんだそうです。

いや、母の日別にあるからばあばの日でも別に問題ないのはわかる、うん。

でも、素直に読んだら母の日だよね?

わかってる、メジャーかつ定着した母の日がもうあるのは。

いっそまったく関係ないけど由来を聞いたら納得するような日にしてくれたほうがすんなり受け入れられるというかなんというか。

anond:20180809135620

増田ってダサいし、敢えてそういうダサっぽいキャラに使うとしたら山田とか田中の方がメジャーっぽいし

anond:20180809121932

マイナージャンルとか弱小評論とか紙媒体で出すメリットってあんのかな。

たまにこれ読みたいってのを見かけても読めない場合が多い。

メジャージャンル大手委託があるからいいけど。

2018-08-08

自分の考え」とはよくわからないものだなあと思った。

最近漫画を読まなくなった。

前は志村貴子の簡潔な描線に唸ったりしたものだが、最近見返してみたらただの手抜きにしか見えないような気もした。

そんな折YouTube漫画夜話の青い花の回を見かけた。

頓珍漢なことばかり言うレギュラー陣に自分なら何て言うかなあと考えていたら、

青い花志村貴子イチメジャーな題材でそれゆえ志村イズムが分かりにくいとか

ラブバズの駄目な藤が最高すぎるんだとか

青い花だとふみが勘違いの期待に答えられずしぼんでいくところに片鱗があるとか

あーちゃん兄貴キモさにガチ泣きするシーンの意味だとか

絵も言葉も本当に微妙表現が多くを語っているのだとか

なんか色々言いたいことはあるみたいだと分かった。

漫画面白くなくなってきたのは漫画を語る機会がなくなってきたかなのだろうか。

考えを人に語ることで興味関心に影響があるのだろうか。

あるいは、人に語るというある種「体面」の形成自分の考えそのものを作っているのだろうか、とも少し思う。

自分志村貴子が分からない馬鹿者たちに対抗するために志村貴子を深く評価しているのだろうか。

2018-08-06

値渡ししかないとか勘弁してくれよ

iOS用のプログラム言語としてメジャーになりつつあるswiftは、Objective-Cベースにしているくせに、参照渡しは例外的しか認められず、事実上値渡し推奨である

これ、Javaとかから乗り換えてくると途方もなく面倒だからやめてほしいわ。

C++ベースにしたJavaは、逆にほぼ参照渡ししかない世界なのだから

なんでこんな意味不明言語仕様なのか。

anond:20180805150028

いや実際男色武士の嗜みっつーレベルメジャー性癖だったんだよ

武田ラブレター送ってるし信長も利家と男色関係だったの人前でのろけてるし

秀吉が育ちが悪くて男色理解できなかったか外聞が悪かったけど美少年稚児呼び出してやっと男色解るようにって喜んでたらお前姉さんおらんかと聞いててがっかりってレベル

2018-08-04

賃貸物件内見のコツ

教えて。

実家を離れるのは初めてなんだ。

金属製メジャーと筆記用具は持ってく。

置きたい洗濯機冷蔵庫の大きさも測った。

他には?

.

追記

●窓がぱちっと閉まるかどうか。

●隣人にトラブルを起こしている人はいいか

過去10年間に2回以上泥棒強盗に入られていないか

●部屋の汚れ、虫、ネズミなど

これも見る。

他には?

追記

物件決めてきた

満足いくところに住めそう。みんなありがとう

ただガス台の大きさを測ってくるのを忘れた

どんまい自分

2018-08-03

スポーツ万能ってオフ楽しそうだな

厳密に全てのスポーツがこなせなくても、サッカーバスケバレー草野球水泳サーフィンスノボ辺りがまんべんなくこなせれば、色んな仲間と楽しく過ごせそうで羨ましいわ。

プラスキャンプとかのアウトドア好きで、更にエレキアコギの1つも弾ければ完璧だろう。

他のスポーツだと、テニス大学でヤリサーに入るなら必須だろうけど、他で彼女作るつもりなら多分不要

ラグビーアメフト柔道は爽やかというよりガチムチな印象だし、スケボーヤンキーっぽいし、卓球バド剣道弓道アーチェリー自転車モータースポーツその他マイナー競技は「へえ凄いんだね」で終わりそうなので、まあできないよりはできた方が話題に困らないかも?という感じ。

楽器についてもトランペットサックス(アルトテナーのみ)はともかく、ピアノバイオリンフルートだと「男なのにやるんだ?ふーん」ってなりそうだし、ベースドラムは地味だし、クラシックギターオタクっぽいし、その他の楽器に至っては「どんな楽器だっけ?」になりそうだからあんま表に出す必要性が感じられない。


ともかく、スポーツを中心にメジャーどころの趣味や娯楽を押さえていれば、それだけで独身時代はもちろん、家族ができても子供と遊ぶネタや他の親と交流するネタにも尽きないし、リア充ってのはこういうのを指すんだろうと思う。

2018-08-02

anond:20180802224118

メジャーマスコミでまで話題になるほどではなくても、

有名で人気があって高い金取ってても予約殺到、なんて人はまだいるんじゃない?

anond:20180802173013

なぜ「わし」がないのだ。

朕とかよりよっぽどメジャーだろうに

「ワタシ」だったら「アタシ」の方が多そう。

どっちみちオネエキャラしか言わんし。

2018-08-01

ぷよぷよ!!クエスト」はぷよぷよシリーズ堕落させた?

自分コンパイルセガわずぷよぷよ魔導物語シリーズが好きな高校生だ。

しかし、どうしても「ぷよぷよ!!クエスト」を楽しむことができない。

なぜなら、このぷよクエが、本家ぷよぷよシリーズクオリティが下がったきっかけのように思えてしまうからである

そして今、ぷよぷよ、というシリーズは堕ちるところまで堕ちてしまったのだろうか、と感じている。

以下、ぷよぷよクロニクルネタバレを含みます



自分は元々、小学生頃にぷよ!15thやぷよ7を遊び、中学生頃に昔の事をネットで見て、シリーズファンになった人間だ。

ファンになった当初はぷよ!!20thとぷよテトの間の時期だった。

当然ながら、その時の最新作は20th。

すでにプレイしてはいものの、改めてその作品いかに凄かったか、という実感がわいた。

この「ぷよぷよ!!20th anniversary」というゲームは、冗談抜きでぷよぷよシリーズとしてはトップボリュームクオリティだと思っている。

思い出補正じゃないかと言われるかもしれないが、骨頂抜きにしてもそう思う。

セガぷよの絵柄が今のスタイルになった初めての作品であり、イラストも1番整ってて良い(未だにこの作品アートワーク公式の随所で使われてたりする。それこそぷよクエの☆3、4など)。

多くのルールに多くのキャラクター、多くのストーリー

特にストーリーキャラクター描写に関しては、個人的にこの作品から現在に続く"基準"を作り上げたと感じている。

この作品シナリオライターは、魔導物語含めた過去作を把握した上でストーリーを書いたらしく、今までの描写総合し、改めてキャラクター達はこの作品で再構築されたのではないか(もちろん不満点などもあるが、それまでどこかフワフワしていたキャラクター性を一気に濃厚なものにしたという功績はとても大きいのでは)。

とあるところで"最高傑作"と言われていたのを見たことがあるが、それにふさわしいと思う。

…と、ベタ褒めをしてしまったが、それぐらいこの作品自分の中で素晴らしいものなのである

そしてこの20thの系列にあたるドラマCDも発売されていた。

今までそう言うたぐいのものは買ったことがなかったのだが、自分はこのぷよぷよというシリーズキャラクターストーリーの魅力をより感じていたこから、正直財布には厳しかったが購入することにした。

自分所謂魔導キャラアルルコンパイル時代からキャラが好きだったので、彼女らがメインのvol.1を買った。

結論から言うと、とても面白かった。

20thと同じライターによって、それもゲームに比べると少し高めの年齢(おそらく中高生以上)を対象に書かれたというそ物語は、正直ゲームより聞きやすかった(セリフを読むスピードゆっくりでなくなっているからだろうか)。

また、当時自分特定カップリングに興味を持っていたので、供給にもなり得るシーンもあった(しかあくまでもフワッと匂わせる程度で、基本的キャラクター関係が変わる事は無い)事もあり、さら満足度が高かった。

そんな事もあって、次回作は記念作ではないだろうからボリューム等は落ちるかもしれないが、とても期待できると思っていたのだ。

ところで、少し時系列が前に戻るが、ぷよぷよシリーズにハマりたての頃、ドラマCDを買う前に「ぷよぷよ!!クエスト」が発表され、リリースされた。

発表された当初、自分は大いに喜んでいた。

特にパズル"RPG"という単語は、魔導物語を知った自分にはとても魅力的だった。

たとえパズルと書いていようとも、RPGとなればキャラクターが戦い、ストーリーがある!パズルというある種平等(実際には性能差はあるが)な性能でなく、各キャラクター個性のある性能がつけられる!…そう思っていたのだ。

今思えば、それは空回りする期待である事がわかるのだが。

ただ結果として、そのような事は決してなかった事、そしてゲームシステムが運の要素が強い上に"ぷよぷよ"の技術があまり反映されないゲーム性は自分にとって"期待はずれ"だった。

さらに、自分はこのぷよクエという"スマホアプリ"に大いに期待を抱いていた。

ぷよぷよというジャンルは、マイナーではないが、メジャーでもない、という微妙立ち位置である

それはセガ特に15th以降の"子供向け路線"も原因しているだろうか、とも思えるが。

ただパズドラがすでにヒットしていた時代スマホアプリという"これから時代が来る"であろう舞台ぷよぷよが出てきた事が嬉しかった。

記憶では、スマホに参入したゲームシリーズはまだ少なかったはずだ。

そして、これでぷよぷよシリーズ知名度が上がり、人気作品になるんじゃないか、と。

しかし、この期待も見事にはずれてしまう事はまた後で言及する。

ただ、このように不満な点はあったものの、まだこの頃はパプリスや妖精はいものオリキャラに溢れていた、というほどではなかったし、アルルはいないものの、他の魔導キャラが復活してきたり…という事もあって、好意的に見る事ができてはいた。

そして、20thの次回作ぷよテトが発表された。

あのテトリスとのコラボなら、さらプレイしてくれる人が増えるんじゃないか

まり評判が良くなかった7の後の20thはクオリティに反して数字を残せなかったらしいが、あの20thの後の作品なら、今度は…とまた期待した。

さらに、シナリオライターは20th、ドラマCDを手がけた人が続投するとも知って、安心感も覚えた。

実際に発売されると、1番気になったのは"ゲームとしての遊びやすさ"が失われていた事である

このぷよテト、起動してメニュー画面を出したのだが、それが20thまでと大きく変わっている。

具体的に説明するとなると長くなる上、適切に表現できるかわからないので、結論から言うが、無駄な動きが多くて使いづらい。

15th〜20thのメニュー画面は実にシンプルで、

ひとりで、みんなで、Wi-Fi…など文字の書いてあるアイコンが並んでいて、ポンポン進むのだが、ぷよテトのメニュー無駄な画面効果スライドがあって、なんとなくモタモタする。

その他にも、

3DSではCOMとの4人対戦ができない。

VSの次にメインであろうルールスワップが余裕で処理落ちする。

前作は実質30キャラいたのに減っている。

連鎖カットバリエーションが実質7以下。

…などなど、20thの時にはなかった不満点がいくつか出てきた。

ただ、メニューの動きのモッサリ感以外はぷよぷよテトリスという違うパズルゲームを2つ搭載しているせいもあるのかな、と個人的には思っていた。

ストーリーも、全員がストーリーを持っていた20th、つまりお祭り作品と違い、1本道なので出番の偏りはしょうがないのかな、と思っていたし、

自分としてはりんごメインだった事も、おかしいとは思わなかった。

なぜなら一応3人とも出ているとはいえ、本来ならばアルルアミティりんご、と主人公バトンタッチされているイメージだったかである

"ぷよぷよの"お祭り作品でもないし、一応最新の主人公であるりんごがメインである事に、違和感は感じなかった。

ただ、確か当時の購入特典がぷよクエにおけるアルルカードだった事は本編と違うのでは?と疑問に思った。

これで本編もアルルが中心なら納得いくのだが、いくらアルルが人気であろうと、ここはりんごを出すべきじゃないか、と。

ただストーリー自体普通に安定して楽しむ事ができた。

ライターさんが設定を考えたというテトリス側のキャラは、これで終わらせるのはもったいないとも思った。

ぷよテトから数ヶ月後、つばさ文庫での小説が発売された。

これの作者も20thからライターさんだった。

よって安定したキャラクターで、ドラマCDに近いストーリーを楽しめるシリーズになっていった。

また、ゲーム本編でサタンエコロという厄介者相手をするアルルりんごに対し、少しストーリー上で目立ちにくくなってきていたアミティ主人公に捉えたのも、バランスとしていいと思った(また、その2人を見る語り手としても適しているようにも思える)。

第1弾こそフィーバーキャラばかりだったが、その後いろいろなキャラが登場した。

しかし、メインがどうしても3A…アルルアミティりんごなので、普段からこの3人は"いつも"一緒にいる事になっている。

個人的には"急に"そうなった感じがしたので、小説版だから、と思っていたかった。

このぷよテトからぷよクロへの間は、小説ドラマCDがボソボソと出ていたものの、公式のメインはもっぱらぷよクエだった。

この頃になると、ぷよクエはもはや「誰だお前」の巣窟と化していた。

イベントキャラだと言われて堂々登場する知らないキャラ達。に対して、どんどん影の薄くなっていくぷよぷよキャラ達。

この頃になると自分はそんなぷよクエにはとっくに呆れていた。

自分がやりたいのは"ぷよぷよ"のアプリであって、知らないキャラクターだらけのアプリじゃない、と。

ぷよぷよパズルが全てではなく、キャラクター達にも魅力があり、その両方があるからこそ面白ゲームなんだ、と考えているからだ。

そして"ぷよぷよ"シリーズ生放送ぷよクエの話ばかり、という状況にも疑問が浮かぶ

いくら本家ぷよぷよがそんなポンポン出せるものじゃなくて、アプリは常に動いているものだとしても、"ぷよぷよシリーズ"としての本家蔑ろにされているのではないかと思うぐらいにぷよクエだらけだった。

それも知らない、ストーリーすらないキャラばかり。

自分含め、本家の"新作はまだか"という声が度々上がっていた。

さらに極端、いやむしろ的外れな「ライト向け」志向がどんどん進められていった。

25周年のアニバーサリーブックは驚きの薄さ。

版権問題上、コンパイル時代情報が少なくなってしまったとしてもそれは仕方ないと思うが、それにしても薄い。

自分は様子見をしていたが、情報によると裏話や裏設定などの記載はなく、ただ当たり前の基本設定の事しか書いていない。

それをわざわざいい値段で買う気にはなれなかった。

144ページで3700円ほどでその程度の内容はあまりにも馬鹿馬鹿しい。

(参考程度に、200ページ超えの復刻版魔導大全が定価3700円である

その内容の薄さで満足できるのは本当にライト…いや、ライトユーザーですら薄く感じるのではないだろうか。

25周年なのに新作は出ないのか出ないのかと思っていると、そこで「ぷよぷよクロニクル」の情報が出てきた。

3D化されていたのは驚いたが、出来が悪いわけでもなく、今まで停止絵を動かしていたのが、滑らかに動くのだと思うと楽しみだった。

そしてジャンルが「パズルRPG」。

一瞬、ぷよクエ移植なんていう、本家を食い潰す策をやってくるんじゃないかと思いましたが、そんな事はなく、本家ぷよぷよRPGをするという。

コンパイル最後の「ぷよBOX」にも「ぷよぷよクエスト」という、戦闘ぷよぷよ、というモードを思い出したりもした。

マップを走り回ったりと、かなりRPGっぽく、同時にストーリーにも気合が入れられるんじゃないか、とも思って期待した。

それに、20thと同じ、記念作である

ファミ通レビュー8×4=32を記録。

今度こそ…と。

しかし、それは甘かった。

というか、期待なんてするべきじゃなかったのだ。

蓋を開けてみると、ぷよテトの悪かった部分をほぼ受け継ぎ、仮にもDS用に開発された20thから進化した部分がほとんどない、という完全劣化

RPGモードは大々的に推しておきながらあまりボリューム不足。

雑魚戦闘のだるさ、マップの仕掛けのだるさ。

そもそもシステム自体だるい

ゲーム性としてはほぼ死んでいたと言っても過言ではない。

いくらパズルの処理をしながらとはいえ、2人対戦なら動くカットインが、4人対戦では停止絵。

そして前作から続く謎のキャラクター24人縛り…

そんな感じでも、自分は新作である、新しいストーリーが来た、というモチベーションRPGモードクリアした。

それからすぐは、達成感や満足感はあった。

…のだが、それも一時の話。

時間が経ち、冷静になるにつれて、このゲームいか問題か、実感するようになった。

上に挙げたシステム面はもちろん、ストーリーにも大いに問題があったのである

実は、今作のストーリーについて、プレイから不安は感じていた。

20thからライターさんの反応が無かったのである

一応、発売年の始めの小説(第4弾)も書いていたから、もうある程度固定してくれたのか、と思っていた

その一方、ぷよクエ側にも漫才デモ的な会話が導入され、それは明らかに違う人が書いているだろう事、上記小説と同時期に発売されたドラマCDvol.6は違う人が書いた話があるらしく、その上全体を通すと以前ほど面白くなかった事から不安も感じていた。

その悪い予感は的中してしまった。

念のため、自分の目で確かめたが、このゲームスタッフロールで、シナリオに20thからの人の名前は無く、違う人の名前があった。

ここまで言うと、その後続の人に失礼かな、とも思うのだが、明らかにシナリオの質が下がってしまっていた。

わかりやすものでいえば、新キャラアリィを描ききれておらず、薄っぺらキャラクターになってしまっていた事。

"勇者"として宣伝されたアルルに20th以降アミティとの差別化から描写されていた勇ましさが全然ない事。

アリィ以外のキャラクターまでも薄くなっていた事。

↑に関連して、「いつも通り」ばかりを意識したのか、キャラクターの行動があまりにも単純化していた事。

特にこの件に対しては、ドラコことドラコケンタウロスに驚いた。

"美少女コンテスト"にこだわる彼女であるが、流石に

ラスボス突入直前に美少女コンテスト発言」はあまりにもストーリー無視がひどかった。

彼女別にこれまでの話を何も聞いていなかった、というわけではないのに、だ。

また、作中で登場する"アイウエ状態"に関しても説明は一切無し。

その後の展開からして、

"本来変態ではないのに言い間違いのせいでヘンタイと呼ばれてしまう"シェゾを本物の変態にするための描写にも思えてしまう。

また、アミティが、率直に言うと"いやらしい"想像をするキャラにもされている。

これは一部の例だが、キャラクター単純化、時には無駄に"おバカ化"し、酷ければ一種キャラ崩壊を起こしている。

一応、過去小ネタを拾っていたり、少なくとも20th以降の安定した"雰囲気は"受け継がれていたのは良かったのだが、こうして全体を見ると良かったとはとてもじゃないが言えない。

そもそもアルル勇者であった意味が全くもってない。

サタン絡み程度なら別に"アルル勇者"だということを強調する必要もない。

また、主役はアルルのはずが、またりんご達の出番が多すぎ、という批判を見た。

そもそもりんご達がぷよぷよシリーズにおいていらない、という意見もいくつか見たが、ここまで来るとそのりんご達が可哀想である

自分キャラクター自体が悪いのではなく、あまりにも公式りんご達7キャラの扱いが下手なのが悪い、と感じるからだ。

ストーリーに関しては、ぷよクロ発売から半年後のアリィが登場する小説が追い打ちをかけた。

この小説は20thからライターさんが書いたものだが、いくらゲーム小説という違いがあるとはいえ、

物語としては小説版の方がしっかりしている。

アリィというキャラクターゲームとは設定が違うものの、描かれている。

それもぷよクロは例の子供向け志向が過剰になって、セリフの読み上げも遅くてたまらないが、一応、一応子供以上の人もプレイすることが考えられているのだろう。

小説児童文庫…一応本当に子供向けに絞ったストーリーの方が納得できるとはどういう事なのだろうか。

また小説版はあくまでもアミティが主役のシリーズなので、勇者アミティオリジナルストーリーとなっているが、つまりは"アルル勇者"であったゲームぷよクロの補足にもならない。

そして、ストーリーの質が明ら このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

anond:20180801145023

待ちきれなくて連載で読んでいた漫画小説と、

(次の号まで何度も読み返しちゃう

コミックスでなん十冊もまとめてどんと読んだりする場合の話の流れ把握とは

また違う気がする。

それと、

① テスト勉強中なんかに逃避として読んだもの

② 眠れないので枕元に置いて寝付くまでの間少しずつ読んだもの

③ 作家にどハマりして 大人買いして 他の事そっちのけで読みふけったもの

④ 特定ジャンル推理もの特定年代歴史もの)にはまってピンポイントで読んだもの

なんかも、記憶の残り方が違ってる気がする。

増田BLOG読書記録みたいなのを、メモでもいいからしていたもの記憶結構あるイメージ

登場人物相関図はメジャーものならWebに有志があげてる気がするので探してチラ見しながら読むとらくかなぁ

NG機能実装するくらいなら死ぬみたいなwebサービス

いまいちメジャーになりきれないwebサービスってこれがやたら多い気がする。

はてブユーザー非表示機能すら明らかに実装を渋っていてかなり紆余曲折だった記憶があるし。

 

自分はある食べ物トラウマがあって、文字列を目にするだけで吐き気するほど苦手なんだけど、はてブだとその食べ物を扱う記事ほどくっきりサムネつきで一日中ホッテントリにあったりする。

もちろん別にその食べ物が好きで盛り上がってる人たちに水を差したいわけじゃないし、通報して記事自体を潰したいわけでもないんだけどやっぱり自分にとってはグロ画像に等しい。

一度うっかり視界に入った程度なら傷は浅くて済むんだけど、数時間置いてTOP開いたときにまだホッテントリ居たりするのがつらい。

記事非表示にするボタンつけてくれたらいいのに。

でもNG機能実装したら死ぬ病のはてな絶対実装しないという確信がある。

ヒプ🎤の二次創作規制キモ同人誌よりネット



近頃話題の某声優ラップバトルジャンルについて、二次創作規制されるのではないかという件が話題になった(それも営利非営利わずTwitter上、pix○v上へのアップロード自体も含まれるのでは?という情報まで流れている)。公式エゴサ案件もあり検索避けにあれこれ手を巡らせる絵師が増えたように思う。

本件にあまり詳しくない外野腐女子情報なので、上記問題に関してはズレがあっても許して欲しい。

しかし、ぶっちゃけ私はこの件において当該ジャンルにおける二次創作は、むしろ同人誌よりもインターネット上、そして「BL」が主に注意すべきなのではないかと思っている。

決してごちゃついたモラルとか治安とか、そういうインターネットおじさんの説教話ではなく、"実害"についての話だ。ついでに法律とかそういうややこしい話でもないので、ぜひ頭の片隅に留めてほしいと思っている。

当該ジャンルが本格的なラップコンテンツで有り得る大きな理由のうちの一つは、メジャーシーンでも活躍している大物アーティスト作詞/作曲だろう。特にハマなんか凄い、ほんとにすごい、どれぐらい凄いかっていうと尾田○一郎と岸本○史と冨○義博が漫画全然関係ないぽっと出の新人アーティストジャケ写描いたよみたいな雰囲気(ここに関してのツッコミはいらない)。パーフェクトヒューマンじゃない方なんかはもう言わずもがなだ。アングラ寄りのラッパーからコメディアンまで、「新時代ヒップホップを作る」って理由で呼び寄せてしまっているのだから尋常じゃない。

そして、新譜でもその流れが続いていることを考えれば、この先も同じように楽曲提供を求める流れになる…と考えるのは自然だろう。

ここで、二次創作問題になってくる。

ラッパーだって、突然「曲ください!」なんて言われたって困るのである。それも所謂、"オタクコンテンツ"からのご依頼だ。

ヒップホップアーティストってやつはそりゃもう面子を気にする。というか、気にしなければならないのだ。ジャンルにはジャンルの風潮があるのは当然で、ヒップホップにおいてはかなり顕著といえる。ポップアーティストとのコラボ1曲でどんな曲とか関係なしに「媚び」「落ち目」「ダサい」と言われることなんて日常茶飯事の世界

そこで、この仕事を受けるか、受けないか企画書に目を通したあと出来ることと言えば、インターネット検索ぐらいのものである

この仕事を受けて、なにかメリットはあるか。業界内でデメリットがあるか。そして、どちらを取るべきか。そのコンテンツの評判や世間からの印象、そして実情を探るために、おそらく多くのケースではインターネット検索が利用されていると考えるべきだ。

では、当該ジャンルにおけるインターネット検索の結果はどのようなものなのであろうか。

(以下、考察ではなく検証結果になりますので、サクッと目を通したい方はスルーしていただいて結構です)

当該ジャンルタイトル名で画像検索すると、もちろん上位に来るのは公式情報だ。しかし、その中にさりげなく、某企業主催オンリーイベントポスターが出てくる。

さらに、特定キャラ名を検索ワードに追加してみる。チームごとに主観で「よく二次創作で見るキャラ名」を入れた結果は、

赤…二次創作イラスト(単体)、コスプレBL同人誌通販サイト

青…二次創作イラスト(BL)、コスプレ

黄…二次創作イラストコスプレ

灰…二次創作イラストコスプレ

R-18イラストは含まれなかったものの、同人誌通販サイトに関しては当該ジャンルR-18作品の取り扱いがあった。また、灰色キャラに関しては検索結果で公式よりも二次創作が多いという衝撃的な結果となった。

さらに、検索予測では「該当ジャンル名(スペース)キャラ名一文字目」でBLカップリング名が出現。名前を組み合わせたコンビ名称アイドルグループだったりするとただのコンビとして認識されていることが多いが、検索結果ではほぼすべてが二次創作BLイラストさらR-18描写を匂わせる画像が見つかった。

とてもではないが、"本格的"な"ラップコンテンツ"とはかけ離れているといえる(二次元コンテンツ的には決して珍しいことではない)このような結果を見れば、もちろんアーティストは自らのファン検索することを懸念するだろう。

今まではよかったものの、あまりに度を越した二次創作が目立つようになれば、どうなるかは想像に難くない。そして、既にオファーを断っているアーティストがいたとしても、それを私たちが知ることは出来ないのである

昨今の二次元コンテンツ業界において、二次創作は非常に一般化している。二次元コンテンツのみならず、あるドラマイラストコミュニケーションサイト上で二次創作イラスト募集したことでも話題になった。

しかし、まだまだ多くの人たちは「二次創作」ましてや「二次創作BL」のことは認識していない。今回の問題でも議題に上がっていたことだが、すべての二次創作は「非営利であることを理由に「グレーゾーン」扱いされている状況だ。正直なところ、腐女子層は二次元コンテンツ(特に女性向けとして展開されているもの)にとって重要な購買層である。それを自ら規制するのは、なにも「不愉快である」とかそういう理由ではないように思えるのだ。

公式エゴサ、そしてRT。これは、「公式がすぐに検索した情報で引っかかるようなイラスト監視されている」という合図なのではないだろうか。

もちろん、公式意図などはすべて推論に過ぎない。しかし、確実な点として言えることは、「我々は監視されている」のである

また、公式がどう考えているかはともかくとして、「絡みなし、公式準拠」のイラストにそこまで過敏になる必要があるかどうかは……個人判断に拠るだろう。

ついでに、先程からイラスト中心の話になってしまっていたが、キャラ名のGoogle検索ではTwitter文字だけのツイートピックアップされてしま可能性があるためあまり際どい話は鍵垢ですることが推奨される(これはどのジャンルでも共通して認識されるべきではある)。


さて、そろそろサクッと読める文章とは言えない文字量になってきてしまったので考察を終了しようと思う。筆者のTwitterアカウントはやむを得ない事情で鍵を外せないため、誰かがリンクツイートをしてくれれば、多くの方に読んでいただけるかもしれないと考えている。

余談だが、冒頭で外野腐女子とは言ったものの当該ジャンル音楽ドラマCDは聴いていたりする。すごいぞ長兄…

民間から公務員転職して感じたこ

https://yrarchi.net/from_civil_servant/

あくま個人の感想

公務員との違いを感じること

 ・みんな少なくとも表面上は仲が良い

  前の職場は怒鳴りあいしょっちゅうだったので、仕事中も仲良くしゃべれるのが新鮮。ただ、陰口を叩きあえるほどまだ職場に馴染めていないから裏はしらん。というかこの辺はどの組織もかわらんよね。

 ・趣味の話ができる

  前の職場趣味の話といえば車、女、ギャンブル、せいぜい野球自転車等のスポーツだけ。今は色んな趣味の話ができて楽しい。といっても、男しゃべる時は、車、女、ギャンブルは今も通用する。

 ・休みがとりやす

  忙しくないと有休を使って連休にすることができる。あと、育休とか時短勤務とかが認められてるのが地味にカルチャーショック

 ・優秀な人が多い

  みんな大学卒業してきているので、日本語が非常に通じやすい。コミュニケーションでのストレスはだいぶへった。

 ・効率よく仕事をする意識がある

  この辺は組織単位個人単位で分けて考えたほうがいいんだろうけど、個人単位では無駄仕事はしない意識をもった人が多いと思う。組織単位では柔軟さ、効率の良さはあまりない・・・わけでもない。組織の規模にしてはかなり考えてるほうなんじゃないかなあ。

 

◯変わらないこと  

 ・仕事楽しい

  前も今も変わらず仕事楽しい仕事を楽しめるかは個人意識もでかい

 ・人間関係仕事が回っている

  最低限仕事ができれば、あとは人間関係がすべて。味方が多い人は仕事やすいし、出世もしていく。

◯知ってほしいこと

 ・民間経験一口にいっても

  何百種類も職種、業種があり、数え切れないほどたくさんの企業があるので、公務員には民間経験視点必要と言われても、具体的にどんな経験よ?ってなる。中小零細のブラック根性を振りまいて欲しいの?そりゃある程度民間共通した「傾向」はあるけど、その経験ほんといる?長くてもたか10年弱の民間経験で人は成長するの?ただ、民間公務員わず人材が流動的になった方が良いとは思う。

 ・公務員一口にいっても

  これまた数え切れないほど組織がたくさんある。メジャーな所で、市役所財務省じゃやることも人間性も違う。これもまた、「傾向」があるけど、みんながいう「公務員」って何を想定してるの?仕事内容知ってるの?

 ・公務員は最終的な成果を考える事ができないという点

  トラバ先のブコメで言われてたけど、そんなことないよ。限られた範囲権限の中で最大限の成果を出すよう努めてると思うよ。そんで、その限られた範囲を決めるのはみんなが選ぶ政治家だよ。

2018-07-29

痒いところに手が届かないアマゾンプライムミュージック

メジャーな曲がたくさん入ってるのに聴きたいのに限って入ってない

みんな何聴いてるの?

良かったらオススメ教えて

2018-07-28

友達がダサかった

帰省した時によく会う十年来の友人がいる。

先日彼女が所用で上京するというので待ち合わせて遊んだ

帰省した時にはそんなに思わなかったけど、彼女服装があまりにも垢抜けなくてちょっとビビる

学生の頃に着ていた様なデザインの服で、もはやどこで買うのそれレベル

ほんの10年前くらいまで地元には何もなくて、服を買いたいけど店がない、みたいな感じだった。

でも最近駅ビルアウトレットだとあれよあれよといううちに店が増え、大体メジャーブランドの服は買えるようになった。

なのにその服のチョイス。

彼女独身正社員で、そして決して薄給ではない。話やSNSを見る限り、エステお稽古旅行にと日々忙しそうにしている。

なのに、ベルボトムジーンズチュニックサマーニットボレロ

なんでそのチョイスなの。

カバンや靴もちょっとずつ古いデザインで、服装には合ってるけど時代にはあってない。

「やっぱり都会で売ってるものはオシャレだねー」と彼女は買い物中に言ってたけど、今日見て回ったお店だいたい地元にもある。

何がどうしてこうなったのか。

遊んだ時間は楽しかったけど、終始服装のことが気になって仕方なかった。

こんな風にマウントとるみたいなこと考えてるのだから彼女にとって私はもういい友人じゃないんだろうなと思う。

そして、面と向かって「ダサい」と言って彼女にあれこれ介入する気力もない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん