「メジャー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メジャーとは

2018-01-21

VG刀剣乱舞クランが界隈で「冷遇」されているという誤解について

タイトルままです。

先日行われたヴァンガード公式大会コラボブースターにあたる

刀剣乱舞」を使用した方が優勝されました。

過去刀剣乱舞クラン使用した人が良いところまで残ることはありましたが

優勝を果たしたのは今回が初めてです。

刀剣乱舞ファンの方の間だけでなく

ファイター(VGプレイヤーのことを指します)の間でも大きな話題となりました。

しかし同時にファイターの間では「ちょっと待って!」と言いたくなるツイートも多く目につきました。

引用晒し上げのようになってしまうので避けますが、

個人的に訂正したいと感じたものは以下です。

刀剣乱舞クランヴァンガード環境の中では冷遇されている

ヴァンガード環境において刀剣乱舞には最強のカード存在しないにも関わらず勝った

ネタデッキである

まず①についてです。

これは断言します。

冷 遇 な ん て さ れ て い ま せ ん。

しろコラボとしては破格の待遇であったと思います

TCGをやらない層が多そうなのに第一弾時に構築済みデッキを同時発売しなかったのは惜しかったですが

数々のとうらぶ絵を使用したスリーブデッキケースが発売されました。

そして何よりコラボブースターでありながら新弾の発売というカードの種類追加も二度行われています

第一弾で発売されたカードのみでも色んな戦術を組めましたがこれにより幅広い戦略可能になりました。

ヴァンガード本来カードたちとも充分渡り合える戦力が用意されていると思います

②について。

これはツイート主さんが一体何のカードを指したのかはちょっとからないのですが、

少なくとも刀剣乱舞クランには発売時にヴァンガード存在する一通りのスキル持ちカード実装されていました。

超越(ストライドジェネレーション)という超必殺技を繰り出せるカードもしっかり存在します。

その中でも「三日月宗近」の超越はあまりにも強力なもので、

正直第一弾のみの環境では三日月宗近を場に出されたら死んだようなものでした。

ファイターの間では「使用制限がかかるかもしれない」と言われたほどです。

最後に③について。

ネタなんかではありません。

ヴァンガードプレイヤーが先導者となり、惑星クレイの住人の力を借りて戦うというロール設定があります

その住人たちの所属クランと呼びます

ですので確かにクラン刀剣乱舞ヴァンガードという世界観にはイレギュラーであるのは事実です。

しかし各刀剣キャラクターに割り振られた能力上記したように充分ヴァンガード環境で戦えるものばかりです。

決してネタと言ってバカにしていいような弱さではありません。

今回大会優勝者の方が刀剣乱舞デッキを使って優勝したことについて

刀剣乱舞をなめていたから不意を突かれた」

といった表現をされている方も見受けられますが、

単純に決勝戦となるとメジャーなかげろうやリンクジョーカーといった

作中でも強力とされるデッキ使用する人が多いので、

そちらを警戒したゆえに結果的に予想の範囲から来たというだけだと思います

あとは勿論ファイターさんの実力と運です。

ヴァンガードは運で逆転を起こせるのも魅力の一つです)

TCG男性が多い界隈なので女性向け作品という理由から使用を避けた人も確かにいたとは思います

しかし私はショップ男性刀剣乱舞使用する人にも会ったことがありますし、

刀剣乱舞デッキ大会使用することで嫌な思いをしたことはなかったです。

正直な話、個人的にはファイターがまるで刀剣乱舞卑下しているかのような

内容のツイートがぽつぽつと目に留まりしかったです。

何かを賞賛するために何かを卑下するような拡散の仕方はやめてほしいです。

ツイートした方に悪気はなく純粋自分の詳しくない世界刀剣活躍しているのが嬉しかったのだろうと思います

ですが、今回の件でヴァンガードに興味を持ってくださった方がいたのならとても嬉しいです。

もうすぐアニメ今の世代わっちゃうんですけど日曜朝10から放送中なのでよろしくお願いします。

Netflix日本アニメは失敗するのではないか

Netflixが絡んだ「クオリティの高いアニメ」とは

簡単に言えば映画にできるようなアニメ

 

まり、例えばアニメ映画がいっぱい出るような状況を想像すると良い

TVアニメから派生したやつではない

高級、高尚なオリジナル映画アニメ

そういうもの中で、成功しているもの成功しそうなもの面白いと思えるものがどの程度あるだろう

 

思うに、現在ジャパニメーションニッチに潜ってこそ価値を発揮するという

非常にオタク的な存在なのだと思ってる

(唯一例外だったのがジブリ

それをメジャーに引き上げるにはかなりの時間と労力と人材必要になるだろう

視聴者側の慣れも必要

 

そこまでずっとコストリスクを掛けるだろうか

ヒットが出るまで5年10年やるだろうか

かなり疑問だ

2018-01-18

anond:20180118140231

たとえば今期のアニメ一覧とか見りゃ分かると思うけどさ、

なろう系というと今期は「デスマ」一作品だけなのに対して、

漫画原作は「恋は雨上がりのように」だの「ハクメイとミコチ」だの「citrus」だの「キリングバイツ」だの

ジャンプマガジン作品ほどメジャーではないが一定の評価を受けている作品」がいっぱいだよね?

なぜか伊藤潤二までやってんぜ今期。

それでどうして「なろう系ばかりじゃなく漫画アニメ化しろ」という感想になるのか不思議

なぜかアニメ化されない水上悟志大石まさる作品

キャラ作りから構成かで画力まで文句のつけようのない水上悟志先生大石まさる先生漫画アニメ化されないのがほんとに謎。経歴も長くて代表作もたくさんあるのに。

掲載誌が似ているけど影キャラしか描けないやまむらはじめ先生にまで先を越されちゃって(好きだけど)。

先生とも本当漫画を楽しそうに書いていて、少なくない固定ファンもいるのだけど、もっとメジャーになってもいいはず。アニメ化ネタ探ししてる人、本当見る目がないなあと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20180117233358

2018-01-17

anond:20180117221155

人を選ぶ作品って例えばなんだろう

メジャーな中ではマイナー」みたいな作品

2018-01-16

メジャーじゃないけど重宝する時短食材と言えば

ちなみに自分乾燥マッシュポテト。添付のレシピには牛乳バターを入れてなんちゃらこんちゃらって書かれてるけど、ただ適当に水を注いで混ぜてチンするだけでも十分うまい主食になる。この流れでかぼちゃフレークとかも美味しくて便利そうと思ってる(ちょっと高いけど)。

ラノベ原作アニメが始まると

アニメ見て話題になりそうだと分かるとまとめて読み出す

それはいアニメなんて原作者ボーナスステージ

今やアニメ化されなきゃメジャー扱いされない

アニメ化されたくらいじゃメジャーにすらなれないこともある

からアニメ見て原作名前が知れ渡って読者が増えるのはとてもいいことだ

しかし、アニメ見て原作読んでしたり顔で解説してマウント取る奴はなんなんだ

おまえがマウントしてるような場所なんて読めば誰でもわかるところだぞ恥ずかしくないのか

せめて原作を何周してからマウント取ってくれ、さすがに途中でマウント取るのは止めてくれ

あと書いてあることならいい、どこにそんなこと書いてあるんだという謎設定でマウント取る奴

おまえは作者なのか?何者なんだ

そういう奴が増えるからとても邪魔だという話でした

2018-01-13

anond:20180111210559

inherentvice マジレスするとモモニラコマニラうまいぞ。コマニラさらもやしを加えて塩ベースで炒めると白米によく合う

マジレスしてもらってすまないが

美味いのになぜメジャーにならない(レバニラと同じ頻度でメニュー登録されていない)のかという趣旨増田なんだ

2018-01-12

anond:20180112210339

やっぱりメジャーみたいにくるくる巻いてるの?んでしゅーってやって戻るの?

anond:20180112171332

豆の質なんて問わない(わからない)から

メジャー安価で出しておくれー

メジャーの(ものを更に)安価(にして)出してくれ

 って読めるもんナ。私も最初そう思った。

カラシのない納豆が欲しい

私は納豆カラシ不要派。

最初は他の料理に使うつもりで置いておいたけど、どんどん増える一方なので捨てている。

1歳の子供も不要なのでカラシがないものを探すけど、これが全くない。

需要あると思うんだけどなー

豆の質なんて問わない(わからない)から

メジャー安価で出しておくれー

anond:20180112120453

下手に漫画というサブカルメジャー化したせいで何か流行ると乗っかろうとして

ファンもそれを消費しようとこぞって流れるせいで個性的漫画は生き残れない

2018-01-11

anond:20180111153023

増田仕事で会うシンママの属するコミュニティでは、男女ともに恋愛メジャーな娯楽だけど

年収500万のご友人の属するコミュニティでは、そうでもないという可能

まり階層の話

2018-01-10

なぜ「課」を「グループ」というのか

うちの会社は「課」のことを「グループ」と呼んでいて、入ったばかりの頃はすごく違和感があったんだけど、

社外とのやり取りをしてみると、意外と同じように「グループ」としている会社があってびっくり。

思っていたほどメジャーなのだろうか。

しかし、「グループ」にして一体何になるんだろう?

うちの場合は、上は部、下は係となっているので「課」と何も変わっていない。恐らく、他の会社も同じような感じだろう。

これが、部と課を統合してグループに〜、とかなら分かるんだけど。

いっき和製英語だし、結局分かりやすくするために社外に「○○社✕✕課です」とか言ってる人もいるしで、何の意味も無い。

2018-01-09

anond:20180109131837

地下ってどうやって

TOR最近は解析されてると言うし特定の仲良し同士で通信だって警察スパイが入らない可能性はない

オフラインHDDを交換するのはファイルも容量も無制限だけどヤバくて変な人と知り合いになって交渉しないといけない

からカジュアルコピーを潰せば解決する

メジャー違法サイトを潰せば著作権侵害が廃れるのは時間問題

完全には根絶できないけど普通人が手を出せないリスクがあるから99パーは消える

2018-01-07

黒塗りダメってことにしないと反差別界隈が困る

日本では黒人絶対数が少ないし

欧米ほど悪意のある差別暴力に晒されてるわけじゃない

から、せっかくのメジャー差別なのに反差別界隈の人はその波に乗れずさぞかし悔しい思いをしてきたんだろう

そこで手を出したのが黒塗り一律禁止かいボロボロ手斧

そんなんじゃうさぎも殺せねーよwww

2018-01-06

仮想通貨取引を始めようか迷っている増田

もう遅い。メジャー取引所が軒並みパンクして新規ユーザー登録を停止してしまっている。他の取引所も重くて使い物にならない。

迷ってもそもそも始められない事態になってしまった。

諦めろ。

インフレ目標ビットコイン2018年

まあ、素人考え程度に聞いて欲しい事なんだけど。自分経済専門家でもなんでもないんで。でも今年2018年は大変な年になるかもしれないと思っている。

巷はビットコインバブルだと浮かれてるけど、これってかなりまずい状況だと個人的に思ってる。かくいう自分20万円くらいはメジャー仮想通貨買ってはいるのだけど。

ビットコインバブルだという。でももしそれがバブルではなく「本当の価値の転換」だとしたら?

2017年に一番値上がりしたメジャー仮想通貨リップル200倍以上も値上がりして、いまやリップル社のCEO長者番付にのる程だという。

まりリアルマネー価値リップルに対して1/200になったって事。仮に1/200の価値のまま戻らないとすればどうなるか。昨日まで100円だったキュウリ20000円出さないと買えない。つまりインフレ率2万パーセント日本インフレ目標2%なんて遠くかすむ感じだ。まだみんなはバブル期の再来を祝うかのごとく熱狂してるけど、考えてもみて。今まで10000人しかいなかったリアルマネー億万長者が100万人に増えたら。一万円札も100ドル札も紙切れだ。

そうならないうちに早く各国がソフトランディングする対策を打ってくれることを願っています

2018-01-05

anond:20180105163114

ちなみにその手の人は複垢作って分身して自分いいねを押したりしま

ノイジーマイノリティってやつですな

女性叩きに加えて韓国叩きなんかでもメジャー手法

おかしい人の延々布教演説から

そもそも本当に有能な選手ならメジャーが拾ってるので

2017-12-31

[]

今回は少年ジャンプ+読み切り作品感想をいくつか

『彼方のアストラ』が最終話から感想書こうと思ったけれども、細かいこと言い出すなら色々とあっても結論としては『良い作品だった』ってことになるから、まあいいや。

FLEAGHT-フリート-

ド派手なアクションシーンで楽しませながら、終盤にちょっとしたオチ

まあ終盤のオチは、あれがないと単なる「巨大生物に立ち向かう戦士たちのヒューマンドラマ」になって月並みからちょっと捻ってみましたっていう印象のほうが強いかな。

もちろん設定とかもちゃんとこじつけはいるけれども、大筋の描写がしっかりしすぎているが故の弊害かもしれない。

マッチョグルメ』の人が原作だってこと踏まえると、ある意味で納得。

ややもすると真面目に描きにくい話を、大真面目に描いてストーリーを成立させるっていうスタイルからね。

鬼の影

話の流れ自体は、良くも悪くも言うことなし。

いや、「良くも悪くも言うことない」ってのは、つまり評価していないってことになるか。

前半の話に読者を引き込んでくれるようなものがないし、後半はタイトルにもなってる『鬼の影』についての解説ほとんどだし。

坦々としているというか、陳腐というか、「設定垂れ流しマンガ」みたいになってしまっている。

「実は主人公は……」みたいなパターン定番だし、その展開も読んでいる途中ですぐに気づく。

展開が読めること自体が悪いとは一概に言えないけれども、それが作品面白さとは何ら関係ないってのは欠点だと思う。

絵も基本的に拙いけれども、鬼の影が登場する場面は割とサマになっている気がする。

カラーの力が大きいだけかもしれないが。

佐本家のニケ

ストーリーものってサクッと読めないか感想書きにくいけれども、テーマ最初からハッキリしていると、それだけで読みやすくて助かる。

粗探しをするなら、ニケはキャラクターとしては出来ているけれども、ストーリー上の役割としては舞台装置的でしかないって点かな。

超常的な存在なのに大したことをやらせいから、展開としてはあまり盛り上がらない、役割としての必然性が薄い。

もちろん主人公の心境が少しだけ変化するキッカケにはなっているけれども、その程度だったら別に似たような人格登場人物でも良いって思ってしまう。

ハートフルコメディ”らしいが、コメディ要素に関してはそこまで楽しいと思える要素が少ない(ハートフル要素に関しては異論はないけれども)。

はいえ描きたいことは理解できるし、作風演出のものケチをつけるようなところはないので、総じて手堅く纏まっているって印象。

ロストサマーメモリー

回想の代わりに動画の記録という演出を取り入れて、その演出がちゃんとストーリー上でも意味があったと分かる構成が良い。

この手の話ってオチが読めたり、判明した後だと途端に白けるんだけれども、本作はそれが分かった上でなお読ませる構成になっているのが上手いと思う。

オチ理解したうえで改めて読み返すと、カメラに映っている登場人物たちの言動とか、視点が見下ろしになったところとか、色んな箇所に恐怖を覚えるっていうね。

もう一度読み返したくなるっていう意味では、今回感想を書いた読み切りの中では一番印象的かな。

難点は、ちゃんと読み込まないと話を理解しにくい構成なのが一長一短といったところ。

色々と工夫しているのに、それが分かりにくいのは勿体無いと思う。

余談。常々思っていることなんだけれども、はてブホッテントリになる漫画って、いまいち基準が分からないことが多いんだよね(面白いかどうかって話じゃなくて、面白いマンガの中からホッテントリになるのはどういう類のものなんだろうって話)。ただ、今回のに関してはまあ分かる。やっぱりプロットキャッチーさがあると強い。

欲(仮)

特定のシーンとかしっかりキマっていて、絵の迫力も中々なのに、話の流れとか展開が不自然なところが多くて悪目立ちしてる。

セリフ選びのセンスというかセリフ運びもぎこちなくて、そっちが気になって目が滑る深読みするなら、一応この不自然さにはちゃんと理由があるといえなくもないんだけれども、ほとんどの登場人物セリフがぎこちいから、ちゃんと機能しているといいにくい)。

テーマ犯人セリフからして明瞭ではあるけれども、ただ喋らせているだけって感じ。

ときおり出てくる独特な表現プロットに馴染んでなくて、単なる賑やかし的な飾りにしかなってないのも気になるし。

演出意図希薄なのに目立つ表現って、悪目立ちに近いから読んでると戸惑う。

作風は色濃く出ていて、一つ一つの要素を抜き出して評価する分には面白いんだけれども、それらが一つの作品としては噛み合ってないなあって印象。

雨音く君の綴る音

こういうシチュエーションは、『言の葉の庭』を思い出すね(別にパクりって言いたいわけじゃない)。

君の名は』でメジャー級になるまで、新海誠監督いまいち大衆認知されない理由象徴するような作品だと思う。『言の葉の庭』って。

アニメーション表現力は圧倒的なんだけれども、プロットが退屈すぎるからね。

要人物のやり取りとかの繊細さ、空気感など、作り手の表現したいことを汲み取った上でなお退屈だった。

なんか『言の葉の庭』の感想なっちゃたけれども、なんでこういう話をするかというと、この漫画長所短所も大体同じだからだと思う。

身も蓋もないことをいえば、動きの少ない、劇的じゃない物語面白がるのは難しい。

ましてや本作は漫画から劇半やアニメーションがない分、漫画という媒体を存分に活かした表現や、よりプロット重厚で繊細でないと厳しい。

キャラ漫画とかだと、キャラクター性に振り切ることで緩和されるけれども、地に足の着いた登場人物たちが現実的世界観物語を紡ぐなら何らかのフック、エンターテイメント性のある劇的な要素がないと、どうしても盛り上がりに欠ける。

ど忘れゴッデス

漫画記号キャラであるゴッデスと、漫画記号取り巻きたちに、主人公イライラするっていう要はメタフィクション要素の強い作品

“こんなヤツ現実にいるわけがないし、いたとすれば絶対キャラでやってるだろ”っていう読者の共通認識コメディ主体にしているのは、取っ掛かりとして良いと思う。

キャラとかではなく、本当に忘れっぽいだけ」みたいなオチに逃げず、ゴッデスが最後最後やらかしたポカが、ネタを忘れるっていう展開なのも利いてる。

深読みするなら、結局ゴッデスがネタでやっているのか、素でやっているのか有耶無耶にしているとも解釈できるけれども、それだと話としてフワフワしすぎているか個人的にその線はナシかなあ。

それと、展開にもう一捻り欲しい。

漫画記号に対するツッコミ主体にするなら、それこそゴッデスというキャラや、彼女を持てはやす取り巻きの不気味さとか掘り下げられる要素はたくさんあるのに、ただ表面をなぞっているだけのストーリーになっているのが物足りないかなあ。

anond:20171231103534

エロ本ならあるだろ

単にメジャー誌でやるほどの需要がないだけ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん