「メロディ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メロディとは

2017-10-19

anond:20171019160052

そもそもアイディアや設定自体には著作権は発生しない。だからお金掛けてロゴやらタイトルやら何やらを商標登録したり、歌なら歌詞やらメロディ登録したり色々やってる訳で。

法律違反する程の問題権利者が感じたなら話し合いでも訴訟でもなんでもやったらいい訳で。外野がクチ出すことじゃないよね?したければ、権利者にご報告したっていいけど。そんなの沢山受け取ったって迷惑だと思うけど。

こういうのにうるさく言ってくる人って、全く正義の味方じゃないからね。東名追突事故で、たまたま容疑者と同じ名前他人が在籍している会社嫌がらせしたりする人と同じ、正義の味方どころか暇人害悪から

2017-10-17

anond:20171017185730

メロディが聞き取れて、伴奏が無理ならコードを調べてつければいい。

不協和音だと感じるなら不協和音じゃないと思うところに音符を当てればいい。

コードが分からなければ調べればでてくる。

結局完璧原曲なんて作れないし、分かんないならちょっとアレンジしちゃえばいい。

別に音感がなくたって作れる。音痴だって作れる。


その友人は何か音楽知識があったのかもしれないし、ほんとうの初心者だったのか私にはわからないけど

最初から何かをうまくやる人なんて世の中にイヤってほどたくさんいる。


アレンジ創作したいのか、コピーしたいだけなのか分からないけど、あきらめる前に、やりようはあるはず。

なんだったら友人のDTM見せてもらえばいいし、教えてもらえることもできるはず。

作りたい曲があるなら続けるべきだし、やめるっていうならそこまで。

2017-10-14

音痴すぎてオク上オク下の概念がわからなかったんだけど

自分が無理なく歌える曲を登録していくと、カラオケで設定するベストキーを教えてくれるアプリを見つけたの。

それで大好きなんだけど低すぎて歌えない曲(書き手は音域がめちゃめちゃ狭い女、歌いたいのは男性曲)のおすすめキーを調べたら-4しろって言われて、頭にはてな10個ぐらい浮かべながら曲を入れたの。

そしたら歌えたの!!!

キー最大まで上げても歌えなかったあの曲が。

オク上、なるほど。

それで感動して色んな曲でアプリに言われるままの設定を試してみたけど先述の通り音痴なのでキー変えるとめっちゃ不安定になる。たまに一発でつかめる時があって自分でも不思議だけど。

そうだ、見えるガイドメロディ、あれはいいね

一列ズレぐらいだと調整ができずに悲しくなるだけなんだけど思いっきりずれてると勢いつけて声をあげたりさげたりして音程かめときがある。

あ、関係ないけどキーめっちゃ上げるとコーラスめっちゃ高くなって気持ちいね。これ下げるバージョンだとホラーになりそうだ。

来週はタカラなんだけどまだキー合わせられないか原曲キーで歌える曲限定だなあ…。

2017-10-12

三拍子とかCコードとかBメロとか何もわからないんだが

それでも、

・この曲は懐かしい気がする

・このメロディはなんだかノレる

不安になってくる

サイバーイメージ

ポストアポカリプス

・頭がおかし

・開放感

・高揚感

とかを感じられるから不思議だな

理屈なんて後から付いてきたのかな

どっちかというと洋楽メロディワンパターンなだけじゃないの

anond:20171012105841

日本ほどメロディ重視してる国ないじゃん、J-POPしか演歌しかり。失礼ながら洋楽あんまりいたことないのでは?

メロディだけで勝負して海外にもファンがいる久石譲とか植松伸夫とかが凄いってことでしょ

anond:20171012114315

それが王道進行とか同じコードの量産化ね

同じメロディで作る以上、あとは差を出すとしたら歌詞しかなくなる

そんで肉声でまさに肉付けするわけだ

毎回同じフレームで作るミニ四駆みたいなもんっていうとミニ四駆ファイターに怒られそう

からファンたちはメロディの話をすると本質が同じなので多く語れなくなり

歌詞の話をし始める

馬鹿もよく歌詞がいいんだよねぇ~とか言いたがるだろ?

馬鹿なりに同じメロディだって無意識に気づいてる

大人は飽きる

 

そもそもぶっちゃけ音楽歌詞の良さって必要か?

あえて悪くする意味もないけど良い文章を読みたければ

それこそ音楽かけながら本でも読めばいいだろ

anond:20171012113841

割と初期の段階で

メロディがたのしいかんじ、誰でも歌詞を口ずさめるからウケたのでは、という分析はされてたな

こういうところから学ぼうとしない限りはJ-POPから卒業できない

anond:20171012105841

歌詞というよりコードの付け方とかアレンジ方法だろうね

ヒャダインが「MISIAEverythingコードで保ってる」ってテレビで実演して見せて

メロディだけだと歯医者BGMみたい」と言われていたな

anond:20171012112604

いやいやいや

本当にメロディのほうが力あるなら、日本でも洋楽が売れているはずだろ?

逆なんだよ。

これは単純に外国人日本人に比べておしなべて言語を扱い慣れてねーの。

から映画ポスターなんかでも外国のものビジュアル重視だけど、日本に入ってきたときコピーがべたべた貼りつくの。

あれを「日本人ビジュアルセンスない」とみる向きもあるけど、本質的にはあれは日本人言語的な感性に富んでいるからなのな。識字率も昔から高いし。

anond:20171012105841

好きだからあえて言わせてもらうけどJ-POPの弱点ってどこまでいっても日本語なとこだよね

この文章がわかりづらいんだ

お前が言いたいのは「日本語なとこが弱点」、じゃなくて「日本語だよりでメロディ勝負できないところが弱点」だろ

anond:20171012112232

メロディ評価しない聴衆が悪いっつっても

今のJ-POPに熱心にかじりつくやつはもう、こどもか大人こどもしか残ってないんすよ

ちょっと変則的メロディ投げても食いづらい分からないっつって評価しない

王道進行しかカッコいいと思えない

糞みたいな害獣しか残ってない

インディーズメジャー化して牙がなくなるのも害獣たちようの餌を用意してる内にネタ切れと共に王道化していくから

悲しいけど国内で稼ごうとしたらインディーズ活動するよりも

こどもを相手王道進行量産させた方が成功する

そのせいで大人が興味を失って縮小していくんだけどね!

 

最も、作り手側が王道進行で楽しまくったせいで

まともな感性持ってる大人音楽という趣味(J-POP)に見切りをつけて

こどもしかいなくなったってのが正しいんだけどな

マーケットが縮小したってのは大人コンテンツ的な魅力をJ-POPから感じなくなったってことだから

 

なので今はアイドル使ってドーピングする日々です

anond:20171012111833

わかった馬鹿にも分かるように書くわ

 

メロディ重視

言語の壁が無い

大人も楽しめるから世界的に売れる

 

歌詞重視

言葉の壁がある

歌詞に感動できる子ども(または子どもみたいな大人)にしかウケない

 

J-POPの弱点

クソマイナー日本語という言語の壁

購買者が低年齢化(精神的な意味)で王道進行から卒業できない

 

まりメロディ重視すると言語の壁、歌詞共感できなくなった大人の壁、

これを突破できるから世界的に売れるってこと

 

J-POP永遠にこれを突破できないってこと

anond:20171012111833

メロディ琴線が動かない聴衆サイドにも問題があるのではないか

歌詞でもメロディでもなく、歌ってるやつの顔だろ

ギターで歌う系女シンガーソングライター、年いったら大概人気なくなる

anond:20171012105841

そこから導き出せる答えは、音楽において力があるのは歌詞であって、メロディ訴求力がないってことだよね。

洋楽がヒットしないってことはさ。

anond:20171012104425

俺もアジカンナンバガバンプも好きだけどさあ

好きだからあえて言わせてもらうけどJ-POPの弱点ってどこまでいっても日本語なとこだよね

正直メロディだけだと太刀打ちできんと思うのよ

演奏力とかリズムとか音域とか曲調の選択とか圧倒的に洋楽の方が上だもん

でも邦楽がいいと思えるときって

文字と1文字を繋げていくことでどんどん意味が変わっていって

メロディ意味全体像理解が進む、最後理解する

伏線回収型の理解J-POPの良さだと思う

でも外国人からしたら何言ってんのか分かんねえし

メロディはどいつもこいつも似たようなのばっかり

これじゃ売れるわけがない

別に外国人じゃなくてもいい

歌詞に興味がない人間から子ども趣味扱いになる

メロディで感動させないと大人は動かない

「デデンデンデデン! デデンデンデデン!」

強烈なメロディ歌詞必要ない

その点ではJ-POP演歌に負けてる

ぶっちゃけ演歌歌詞なんてあいうえおでいい

単に楽器として声を出すための役割になってる

例外的歌詞よりもメロディ重視のJ-POPもあるから

なんでこの曲が?って曲が海外めっちゃ人気なこともある

当然そんなのは日本では評価されない、日本人向けじゃないか

とにかく歌詞評価してもらおうというJ-POPの弱点は永遠になくならないと思う

メロディだけでも歌詞がなくても評価してもらえるようにならないと

スーパー歌詞抜きのオルゴールバージョン間抜けに聞こえても

それが本来の曲としての評価だと気づいてほしい

2017-10-03

ディスクシステムの謎

子供の頃からずっと謎だった事がある。

当時のCM記憶している人がどれくらいいるのだろうか。

ディスクシステムの発売は、カセットを買えない自分には夢のような話だった。

当時数千円が当たり前だったゲームカセットに比べて、500円あれば好きなゲームに書き換えができるというのだ。

しかし、残念ながらディスクシステム本体価格がとてもじゃないが手の届くものではなかった。

目の前のカセットを取るか、それともカセット数本文を我慢してディスクシステムを買うか。

CM流れる度に、ブラウン管の前で苦悩する日々が続いていた。

問題はそのCM最後流れるサウンドロゴだ。

メロディ一つに対して何パターンかのキャッチコピーが入るのだが、そのうちの一つにいつも違和感があった。

それが、「ゆめがおくれる ディスクシステム」というコピーだ。

はじめに聞いたときは、ディスクシステムを手に入れたい一心だったために早く手に入らないと「夢が遅れる」と急かされているのだと思った。

しかし冷静に考えてみればそれは変だ。

当時のファミコンカセットはロムのメガ数の大きさを競う傾向にあった。

から「2メガをくれる」などメガ数の話と聞き間違えているかもしれないとCM流れる度に耳をそばだててみたが、そうではなかった。

結局その当時は、「夢ガ(ユメ+メガ)をくれる」という造語か、「夢顔くれる」くらいなのかなと思って解決したつもりになっていた。

それが、ここにきて突然フラッシュバックするかのように思い出された。

岩田氏の訃報ミニファミコン発売のニュースなどを聞いているうちに、自然とそのサウンドロゴを口ずさんでいたのだ。

大人になって冷静に考えてみると、はやり違和感がある。

今になって考えてみてもしっくりくる解釈が思いつかなかった。

言葉は確かに「ゆめがおくれる」だったはずだ。

そう思って「ゆめがおくれる」でも「夢がおくれる」でも検索を書けてみたがスッキリする答えは見つけることができなかった。

当時、子供たちもそのサウンドロゴ普通に口ずさんでいたが、誰ひとりとしてその意味を疑うものはいなかった。

これが日本語としてもCMキャッチコピーとしてもおかしいと感じた人はいなかったのだろうか。

当時のことを覚えている人がいたらぜひ話を聞いてみたい。

謎が解けてすっきりしたいものだが。

2017-09-30

3大「 名前負けしている」専門用語

1.「ドーハの悲劇

2.「 ベルリン解釈

あとひとつは?



消しちゃやーよ



イエーイ再投稿マン見てるー?




最後に聞いたメロディはいつまでも思い出せる

2017-09-25

世界との仲直り」が作品テーマになり始めたのはいからなのか

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

――谷川俊太郎「生きる」

生きることだけが大事である、ということ。たったこれだけのことが、わかっていない。本当は、分るとか、分らんという問題じゃない。生きるか、死ぬか、二つしか、ありやせぬ。おまけに、死ぬ方は、たゞなくなるだけで、何もないだけのことじゃないか。生きてみせ、やりぬいてみせ、戦いぬいてみなければならぬ。いつでも、死ねる。そんな、つまらんことをやるな。いつでも出来ることなんか、やるもんじゃないよ。

死ぬ時は、たゞ無に帰するのみであるという、このツツマシイ人間まこと義務に忠実でなければならぬ。私は、これを、人間義務とみるのである。生きているだけが人間で、あとは、たゞ白骨、否、無である。そして、ただ、生きることのみを知ることによって、正義真実が、生れる。生と死を論ずる宗教だの哲学などに、正義も、真理もありはせぬ。あれは、オモチャだ。

――坂口安吾不良少年キリスト

「俺はな、この世界に招かれてない。用無しなんだよ。異世界に行きますか、イエス、ノーって、選んだか? お前は。――俺は選んでない。無断で俺はこの世界に連れてこられた。俺に選択肢はなかったし、招かれてもいないんだよ。お前たちは、招かれたんだろう? だからそうして呑気にしてられるんだろう!?

「ちがう、我々は、誰ひとりとして招かれてないのにゃ」

「お前たちがどうかなんて興味はない。だが俺は少なくとも招かれちゃいない。俺は俺の意志とはかかわりなくこの世界に連れてこられたんだ。この世界は俺を俺の意志とは関係なく、俺を勝手にしようとした。だから俺も世界勝手なことをしてやる。俺は間違ってるか、〈盗剣士〉!」

(中略)

 若者たちは産まれなおすのだ。

 理不尽強制としてこの世に生を受けた幼子は、若者となり、己の意志でもう一度生誕を決意する。

 自分が何者であるかを胸に刻み、望んでこの世界に生まれた二度目の赤子として自分自身人生を歩み出すのだ。それは神聖なる契約であり、人はそうして連なってきた。それが人をいままで繋いできた。

 にゃん太はそれを守るためならば、我が身を灰にしても構わないと思った。ロンダークがそれを知ってくれるのならば、どんなことでもしてやりたいと思った。

――橙乃ままれログ・ホライズン(Route43)」

「私の読んでいる作品では「世界との仲直り」がテーマになっているものが多い気がする」

そう書くと「それは、あなたがの内面がそのように作品を捉えるという文脈にあるからだ」という他者意見が内言として聞こえる

どうなのだろうか

以前は「救済」や「再契約」という言葉表現された“それ”が

現代においては、私においては「世界との仲直り」という形で象徴されているに過ぎないのではないだろうか

人は世界と仲良くできない

世界は時として容易に大切な人や物を私から奪っていくし

世界はすぐに過ぎ去って、私から感傷に浸る時間すら取り去っていく

そして、世界は私から様々なものを奪い取ったその後ですら、私を生かそうとする

世界は私の期待通りには動かない

世界は私の希望や願いを叶えず、ただそこにあるだけである

望むと望まざるとにかかわらず、世界はただそこにあるだけである


今日も、私は世界といがみ合いながら生きていく

小癪な世界のせいで、私は生き続けなければならない

「ただ生きるだけ」では世界の思い通りだ、負けたようで非常に悔しい

(きっと、世界の方もほくそ笑んでいるだろう。顔があるならね)

鼻を明かせるとするならば、それは自分自身世界契約するしかない

理不尽に産み落とされ、理不尽に生きろと言われたこ世界

不貞腐れながら、いじけながら

それでもただ「この世界に生きるために」という本末転倒動機から

人はこの世界と「再契約」を、「仲直り」をしなければならない

いつまでも喧嘩をしているわけにはいかないのだ

喧嘩には“限度”がある

今日も、明日も、世界とは戦争状態

しかし、今は冷戦中、もしくは休戦中である

勝利することはないのだ、恐らくは

しかし、何かを勝ち取る事はあるのかも知れない

私は明日も、ただ生きる

未明に鳥は“諦く”だろうか“噎ぶ”だろうか、それとも“号ぶ”だろうか

私を未来に繋ぐのは、彼が、そして彼女が唱えた通りに「好奇心」だろうか

anond:20170924234914

自分が楽しかったらいいじゃない。音楽技術必要だけどセンス必要だと思います技術は追い付かないだろうから簡単コードメロディを付けるとか、作曲してみるのはどうでしょうピアノ歴二十数年より。

2017-09-24

泣けるインスト曲が謎

歌詞に泣けるってのはまあわかる。言ってみればストーリーに泣けてるわけだ。

しかインスト曲には明示されたストーリーはない。あるのかもしれないが、知らなければ聴く本人にしてみれば無いも同じだ。

何かの映画ドラマアニメゲームなどに使われていて、シーンを想起して泣けているってのはありえる。

それではメディアの付帯としての曲でなかった場合や使われていると知らずに聴いていた場合はどうだろうか。

その場合メロディ曲調構成などが聴く人になんらかの泣けるイメージを想起させるか泣きセンサーを刺激したのだろう。

2017-09-23

元ネタ知ってる人がいたら教えて欲しい

https://youtu.be/R_RItQ-99co

このイントロ、というか最初のエレピっぽい音。

メロディラインリズムも(おそらく使用音源も)まんまの曲が洋楽であるんだ。無断サンプリングかと思うくらいまんま。

ラジオで何回か聴いた曲なんだけど曲名を知らない。ここ何年かののチャート系だと思うからわかる人はわかると思う。

ここでダメなら知恵袋に行くしかいかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん