「メンタリスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メンタリストとは

2018-10-19

横山由季子「ブロックバスター展は善か、悪か」を批判する

 美術手帖で連載中の「シリーズ:これから美術館を考える」の第6回、横山由季子(金沢21世紀美術館学芸員)による「シリーズ:これからの美術館を考える(6) ブロックバスター展は善か、悪か|MAGAZINE | 美術手帖」。一読して何が言いたいのか理解し難かったが、それもそのはず、書いている本人が考えがまとまらないと言っているのだった。

まとまらない考え、逡巡をそのまま書いてしまいましたが、現状を共有することで、今後の共催展、ブロックバスター展について考えるきっかけになれば幸いです。

https://twitter.com/blanche1002/status/1051094298815430659

 「考えまとめてから話せ、バカ」で済む話ではあるけど、一部好意的に受け止められている様子もあり、少しこだわってみたい。

 まず、かなり気に食わないことの一つに、ブロックバスター展について「善か、悪か」と問うている点がある。「善悪」というのは倫理道徳的価値判断であり、展覧会評価をするにあたってはなじまない言葉である。「是非」でよかったはずだ。にもかかわらず、横山は敢えて「善悪」という強い言葉を用いた。その理由は推測することも可能だが、不要から止めておく。ただ、私自身は「善か、悪か」という問いに答える気にはならないし、また応じて「ブロックバスター展は悪だ」と言っている人がいたら異様だと思う。些末な問題ではある。しかし、筆者の立ち位置や考え方が無意識に出ているように見受けられる所、注意を要する点である

 次。筆者はタイトルで「ブロックバスター展は」と議論対象提示する。そして文中で「ブロックバスター展」の定義を明確に行う。ここまではまったく素晴らしい。だが、なぜか横山は文中でブロックバスター展以外についても語り出してしまう。こんなわずか短い文章にもかかわらず、その対象を固定することすらできない。大丈夫なのか、この人?

 実際に対象になっているのはブロックバスター展と共催展である。前者も後者の一部だが、このうち60~70万人ほどを動員したものを指すと定義している。もちろんそれ以上動員した場合も含まれるのだろう。また、共催展以外でこの規模の動員は不可能と考えられる。すなわち、60万人以上の動員を記録した展覧会ブロックバスター展だと言っていい。明確だ。

共催展のなかでも、とりわけ規模が大きく大量動員が見込まれものは「ブロックバスター展」と呼ばれる。ブロックバスター展の基準について100万人以上の動員としている記述もあるが、近年ではさすがにそこまでの来場者を集めた例はないので、ここでは60〜70万人規模の展覧会ととらえることにしたい。広報会議メディア担当者と話していても、60万人あたりがひとつ分水嶺になっているような感覚がある。

 共催展一般共通するものであるならば、わざわざ分ける必要はない。だが、60万を越える規模になると、単に量の違いではなく、質の差が出るようだ。「60万人あたりがひとつ分水嶺になっているような感覚」というのはそういうことだろう。ならば、「ブロックバスター展」と呼び分けることに意味が出るわけだ。

 しかし、結局筆者が俎上に乗せるのは共催展一般であって、ブロックバスター特有問題についての指摘はわずしかない。筆者は読者にブロックバスター展のみに絞って考えて欲しいのか、それを含めた共催展一般について考えて欲しいのか不明である。というよりも、筆者自身の中で、その程度のことすら整理できていないのではないかと思われる。

 そんな筆者横山が共催展やブロックバスター展の「現状」についてどのように認識しているか批判的に捉えているか文章引用しつつ細かく見ていこう。

ブロックバスター展はその華やかな話題性によって、普段美術館に足を運ばないような人が展覧会を訪れるきっかけをつくり、美術裾野を広げているという側面もある。そのいっぽうで、やはり集客のために打ち出される広報の数々は「イベント」としての側面を強調するものであり、一過性の消費で終わってしまうのではないかという危惧がつきまとう。

 一過性の消費の何が悪いのかさっぱり分からん人生は短い割に、世界はあまりにも豊かだ。誰しもが、美術とがっぷり四つに組んでいる暇があるわけではない。すべてのことに入れ込むことはできないわけだ。学芸員成るほど美術真剣に取り組んでる横山も、例えば音楽とか、芝居とか、映画とか、ほかのジャンルに関しては一過性の消費で済ませていたりするわけでしょ? 美術に対してそういう態度をとる人たちを批判する権利なんかないわな。

そして現場学芸員は、採算性と学術性を両立させるという大きな矛盾に直面することになる。

 ブロックバスター展やそれに準ずる共催展に足を運ぶ人の多くは、作品を見に来ているのね。有名作に心踊り、傑作に胸を打たれに来てる。学術性とか、正直無くても構わないとすら思っている。

最近ではメディア側も展覧会事業にこれまでになく採算性を求める傾向にあり、10万人を動員する小規模の企画を年に何本も実施するよりも、大量動員が見込めるブロックバスター展を1本開いたほうが、労力的にも資金的にも報われるという事情もあるだろう。

 共催展の数を減らして、ブロックバスター展に集約していると読めるけど、事実なのか?

あくまでも組織としては採算性が優先されることになる

 当たり前なのでは。

ここで、そこまでの費用をかけてまで、海外作品を借りてくる必要があるのかという問いが生じるだろう。国内美術館にも豊かなコレクションがあり、それだけでも十分に展覧会は成り立つ。実際に、近年では国内の所蔵品を中心に見ごたえのある展覧会が多く企画されている。

 ブロックバスター展や美術館展など、学術性の低い展覧会批判する人って、だいたい欧米によく行っていて、そこで十分に作品を見ている人なんだよね。だから、そういった展覧会が名作や有名作を持ってきているということ自体意味を見いだせないわけだ。でも例えば、今後10年間、海外所蔵の作品を見ることを一切禁じるって言われたら、我慢できるの? できないでしょ。できないなら「国内美術館にも豊かなコレクションがあり」とか言って欲しくないよね。子供仕事で忙しい人、貧乏人、障害者、老人。誰しもが気軽に海外に行けるわけではない。そういうところにブロックバスター展の意味の一つがあると思うんだよな。弱者に優しいという点を鑑みれば、筆者の問いかけに「ブロックバスター展は善である」と答えることも可能かもしれない。

共催展の広報において差し迫った課題は、いかにして若者展覧会に足を運んでもらうかということである。とりわけブロックバスター展を支えているのは、バブル期以降の大型展に足を運んできた50代以上の世代であり、メディア側も確実な集客を見込んで、この年齢層に的を絞った広報戦略を立てることが多い。しかしながら、このような目先の集客ばかりを求める広報が続くようであれば、美術館展覧会未来はそう長くはないであろう。

 若者じゃないから分からないけど、どっちかというとやはりブロックバスター展の方が若者リーチしていて、それより規模の小さい共催展に問題がある気がするけどなあ。今なら例えばフェルメール展とルーベンス展。

近代美術の延長線上に現代美術位置づけ、両者を結びつける作業は、やはり美術館が担うべきものである。そして、村上隆草間彌生などの知名度と人気を誇るごく一部の作家を除いて、メディア現代美術展に出資することは考えにくい。美術館が主導して近代美術現代美術をつなぐ展覧会企画したり、現代美術一般へと浸透させる持続的なプログラムを行うための体制づくりや予算が求められる。

 これはブロックバスター展や共催展の問題じゃないよね。美術館学芸員が怠けていたからこういう状況になったんじゃないの? 「国内美術館にも豊かなコレクションがあり、それだけでも十分に展覧会は成り立つ」んでしょ。美術館主催粛々とやってればいいのでは。

数十万人の来場者を想定したブロックバスター展の場合、あまり大胆な切り口を提示することは難しく、個展であれば年代主題ごとに画業をたどるようなオーソドックス構成となりがちだ。先行研究調査をふまえた新たな視点を、カタログ論文作品解説のなかで示すことはできても、展覧会構成全体に反映するにはいくつものハードルがある。とりわけオルセー美術館ルーヴル美術館からまとめて作品を借りる場合は、これらの美術館学芸員が監修を務めることが多く、そのことによって企画自由度が低くなるという側面もあるだろう。

 そういう学術性は不要なんだって。単にいい作品を持ってくればいいの。学術性を発揮したいのであれば美術館主催の展示でやればいい。それでは自分能力が十分に生かされないと感じるなら本場の美術館就職してください。あと、日本学芸員よりオルセーやルーヴルの学芸員の方が信用できるから、その場合は口出さなくていいよ。

オルセー美術館には各所蔵作家の膨大な資料が集められており(ルノワールだけでざっと50箱以上はあり、フランス語だけでなく、英語イタリア語ドイツ語スペイン語、そして日本語や中国語韓国語資料網羅されている)、それを日々リアルタイム更新していくドキュメンタリストたちがいる。学芸員は彼らの協力を得て調査研究に勤しみ、その成果が展覧会に反映される。この蓄積こそが、オルセー美術館の、さらには今日における世界的なフランス近代美術の人気の礎なのである。これは一朝一夕に実現されるものではなく、長期的な視点に基づいた、たゆまぬ歴史化の作業の賜物といえよう。

 日本フランス絵画についてオルセーと張り合う必要なんかないよ。自国美術研究環境が貧弱なこと(いろいろ話を聞くに相応の事実だろう)については悲しむべきことだけど、西洋美術基本的に横のものを縦にしてればいい。もちろん立派な研究をなしとげれば敬意を表するが、俺達のブロックバスター展を研究発表の場として利用してくれるな。

 私はブロックバスター展やそれに準ずる規模の共催展を楽しんでいるのだ。それを学芸員風情の浅薄な考えや安っぽい使命感によってぶち壊さないで欲しい。日本に居ながらにして傑作や有名作を鑑賞することができる。これだけでブロックバスター展は素晴らしいものなんだ。ということを学芸員玄人気取りに理解してもらいたいのだが、なかなか難しいのかもしれない。

2018-10-02

おすすめチョコバー求む

メンタリスト」でパトリックジェーンチョコバー食ってたの見て自分も食べたくなった。

スニッカーズとか一本満足バーとか食べてみたけど、自分としてはもっとジャンク感あるカロリーシマシみたいなのが食べたい。

特にスニッカーズみたいな中がヌガーであるとなおベター

産地メーカー問わないのでこれぞと思うチョコバーありませんかね?

2018-09-01

anond:20180901223949

変わるよ。自信の無い男はそもそも鏡見てないからね。

メンタリストDaigoくらいには誰でもなれる。

2018-02-19

メンタリストMASUDA

まず、エロ動画サイト(「関連動画」とか「Related」機能があるサイトが望ましい)で適当エロ動画を開いてください。

そして、その動画の関連動画の中から、一番お好みの動画クリックしてください。

動画のものは観なくてもいいのです。ただ、関連動画サムネタイトルだけで、リンクを選ぶのです。

この操作(開いたらまた関連動画クリック)を10回くらい繰り返してください。



あら不思議。どんな動画からスタートしても、痴女モノ動画にたどり着くのです!!

2018-01-05

逆に不自然なほど黒人出てこない洋コンテンツとある

口を開けば「黒人枠ガー」っつってるけど

多民族国家であること考えたら、むしろ黒人の出番少ない作品結構あるじゃん

  

ロードオブザリング

フレンズ

スーツ

ビッグバンセオリー

シャーロック

ダウントンアビー

ファーゴ

ハウスオブカード

メンタリスト

ハットフィールド&マッコイ

最後の追跡

ピーキーブラインダーズ

イミテーション・ゲーム

ナチュラルボーンキラー

ビューティフルマインド

ライフイズビューティフル

エターナルサンシャイン

12モンキーズ

未来世紀ブラジル

セッション

ドライブ

英国王のスピーチ

ダラスバイヤークラブ

ワンスアポアタイムインアメリカ

ギャングオブニューヨーク

モンティパイソン

リックアンドモーティ

レッドデッドリデンプション

まだあるはず

 

あと現実じゃ黒人刑務所に沢山ぶち込まれてるけど

プリズンブレイクアルカトラズからの脱出なんて

一人しか主要キャラとして黒人いなかったぞ?

リアリティ考えるのなら、むしろもっと増やしてもいいくらいだろうに

 

アジア人の出演はホント皆無に等しかった

メンタリストのチョウでさえ、一言二言呟いてほとんど本編に絡まないw

2017-06-23

ネットドラマ

4つ契約して3ヶ月ぐらい(NETFLIX,Hulu,AmazonPrime,DTV)

みたのは

メンタリスト     

MARVEL映画全部   Hulu特集してたので時系列

ドクターハウス    途中までみたけど再度見直し

ウォーキング・デッド 吹き替えHuluではじまったのでやっと

プリズンブレイク 昔、途中までみたけど再度見直し

アイアン・フィスト

デアデビル

ハウス・オブ・カード 一番おもしろかった

サバイバー      

ジェシカジョーンズ  今見てる

時間がほしい、

2017-01-06

Goだかが裸足で逃げ出すような凄腕メンタリストがこの世にはどんだ

社畜ってのはどうしてそんなブラック企業を辞めずにしがみつき、心身ともに疲弊したり、下手をすれば死んでしまうんだ。辞めればいいだろ」

という良くも悪くも常識的意見に対して多分心根の優しい人たちから

「そんな常識的判断ができなくなるくらいに頭をおかしくされたり洗脳されてたんだ」

という答えが返ってくることがある。監禁された少女が外出中に逃げなかった話なんかも同じパターンだ。

これに対しては

「そんな何Goだかが裸足で逃げ出すような凄腕メンタリストがこの世にはどんだけいるんだよ。教えを請いたいくらいだわ」

と嫌味の一つも言いたくなることもあるが、はたと思ったことがある。

多分こういう「洗脳」に訴える説明はより自然もっともらしい説明をするという意図というよりはむしろ

被害者に原因の一端を負わせてはならないという道徳的意図に基づいたものなんじゃないか

もし洗脳という全面的加害者事件の原因を負わせる説明が出来なければ「どうせ変化が怖くかったから辞めなかったんだろ」とかいう風に被害者に原因の一端を割り当てることになる。これは道徳的観点からはマズい。

これを避けるために「被害者に原因がある”べきではない”」という道徳的判断を挟んだ結果が、心根の優しい人たちをして「どこにでも良そうな人が完璧に操れる洗脳を行う」という素っ頓狂な説明に訴えさせたんじゃなかろうか。

思うに「洗脳」に訴える説明労働者にとっては「じゃあどうやってブラック企業で壊されるのを回避する?」という解決策への道を閉ざしてしまうという点でかなり有害だ。人の心を思いのままに操る「洗脳」には対抗手段が見いだせない。

逆に(企業については言うまでもないが)労働者にできる範囲で何らかの気を付けたり改善する点を(自己責任論にならない範囲で)見出し、教訓を引き出すほうが交通安全における「赤信号の時には横断歩道を渡らないでね」、「見通しが悪いところでは徐行してね」という風な注意事項を引き出して生かすことができるので、道徳的意図の下で「洗脳」で説明するよりも現実的改善につながる。

2015-09-08

http://anond.hatelabo.jp/20150903155746

お母さん自分自分の事考えられる人になってほしいの。

あなた文句言った割に代替案を出してないから微妙なのよ。

例えば、解決案として「自分センター楽勝だからアメリカ行って飛び級大学入りたい」とか思うとするでしょ?

そしたら次にそれを主張してほしい。お母さんにも主張してほしい。

こっそり思って、匿名で主張されても、結局生きていく上で必要な人に必要なようには何も伝わらないのよ。


自分センターすら余裕」だから自分アメリカ行って飛び級大学入る」がゆるぎない、当然すぎて当然、とか思っても

それを人に主張するときは、相手の立場に立って言わないといけないし、当然その主張が通るだなんて思うのは間違ってるのよ。

お母さん、あなたメンタリストも極めてほしいの。

学校で人心掌握しまくって、バンバン上手に人を動かして、カリスマ発揮してほしいの。そういう人体実験とかも学校でしてきちゃって欲しいのよ~。

あなたは頭がいいからバカの考えてる事なんてわかるでしょ?想像するだけだから簡単よ。

「あれがわからない、これがわからない、これを知らない」と仮定して思考パターンシミュレートよ。

あなたが将来会社経営するときも、病院の院長になっても、大学教授になっても役にたつから

そうやって、人を動かしてると、周りがアホで耐えられないってなるでしょ?

そしたら、メンサって組織に入ったらいいわ。

お母さんはよく知らないけど、試験合格すれば入れるらしいわ。

そしたら、頭良い人だけとお話しできるから、つまらなくないし、バカだよねーって言いあえるし。

バックグラウンドが同じ仲間がいるのって良い事なんじゃないかしら?

しかしたら、そこで彼女とか彼氏とかできるかもね。お母さん楽しみ!


さかなクン牧野さんも魚や植物の知識量だけでなく画才まで発揮してるように、一つの事を極めるのに、別の事も必要になる事があるわ。絵はその最たるものから、練習しておいて損はないわよ。ギリシア文字とかほぼ絵だし。

建物の形も、人の行動も、天気も、それがそうなった理由が、あなたなら、観察するだけで分かるはずよ。

そういえば、、酔っぱらうと、周りを行きかう人なんかを見て、簡単にサンプリング?とって、それで問題を考えてなんだかわからない難しい計算をして遊んでる人とかもいるわね。お母さんはその楽しさの意味が解らないけどあなた暇つぶしにやってみたらどうかしら?いかに難しい問題を考えるか、というところから楽しいらしいわね。そういうのって、将来、直面した問題に対する買いを出すのに役立つと思うわ。解法を数学限定するだけでなく別の見方も楽しむのもポイントよ。

そういうわけで、お母さんはね、あなた自分で考えてほしいの。

自分の将来も自分で考えだして、問題点を見つけて、解決案を出して、実行して、課題を見つけて、人を動かして。

一生学んでいってほしいわ。お母さん欲張りでごめんね。でもあなたができる子だから期待してるの。

うそう、否定するくせはやめたほうがいいかも。否定するだけだとバカなっちゃうぞ

2015-07-16

オーバーキルされるくらい弱いのに考えなしにちょっかい出しに行く馬鹿は殺されても文句いえない

http://b.hatena.ne.jp/entry/topisyu.hatenablog.com/entry/hot_communication

・こういうの見ちゃう女性ってつくづく「般若の面」なんだなって思う

ちょっとオーバーキル過ぎないかなぁ

・そんな明らかに…な人を正面からこてんぱんにしなくたって…

オーバーキル

・なるほどこれがオーバーキル

・自滅した人を攻撃しなくてもええやん、と思うんよな。

・ムカついたから徹底的に打ちのめしたと解釈してよろしいのでしょうか?

・虫一匹に全力で殺しにかかるタイプか…。

オーバーキルの参考事例

・ウデマエA+がわざわざナワバリバトルに出向いてランク一桁をリスキルする様を実況される感じ。皆、そういうの好き?私はA+同士のガチバトルを期待するんだけど圧倒的弱者しか攻撃しないスタイルなんだよね

・ここで書いちゃったことで、同じ土俵に上がってしまわれた気がして、非常に残念なような。

・殴り返して傷口にハッカ油擦り込んでる感じ


トピシュさんがオーバーキルだという人多いけど。これトピシュさんが悪いか?トピシュさん特別強めに反撃したか?違うだろ。トピシュさんは通常モードだろ。こういう相手だとわかってるのにうかつに手を出す奴が馬鹿だろ。自分の力量もわきまえず、力関係を見誤ってちょっかいをだす馬鹿が悪いに決まってるだろ。直接指名したわけではないのにkyoumoeさんに襲われたメンタリストの人たちには同情するが、トピシュさんに関しては先に手を出したのは男性ライターなのだからどうなっても男性ライター責任がある。そこでオーバーキルされたのだとしたらそれは自分の力量わきまえずに手を出したやつが愚かだというだけ。オーバーキル批判される筋合いなどない。ただ同然で安全が確保されてる場所でわざわざコスト払って猛獣挑発しにいく馬鹿ことなど面倒見きれるか。

リアルだろうが、ブログだろうが、人に軽々しくケンカをうるのは危険だってからない馬鹿が悪い。あなた・・・覚悟して来てる人』・・・ですよね人を始末しようとするって事は逆に「始末」されるかもしれないという危険を常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね・・・ってセリフがあるが、はてなブログになってから、これわかってない馬鹿が多すぎ。深く考えずに自分からけんか売っておいてその報いがかえってきてから批判はよくないと思いますとか言い出す馬鹿。そういうセリフはな、自分が誰かにケンカ売る前に言ってまず自分が守れ、といいたい。ケンカを売った後に言っても説得力無いんだよ。

はてなブログ以前はこれわかってないやつはそんなにいなかった。いたとしても一回炎上したら大体学習するくらいの知能はあった。わかってなかったのはブルーツーイヤーくらい。それがいまじゃ見渡せばゴロゴロいる。力量わきまえてないのか過信してんのか周りが見えてないのかしらんが無造作にあちこちに挑発的な言動投げかけてていざ怒られたら批判することはいけないといいだす。はてな人間は醜悪であることがわかったとかいいだす。こっちから見たらお前のその幼稚園児のような甘えきった態度のほうがはるかに醜悪。開き直ってる馬鹿は好きにすればいいと思うが、そういうやつに対して通常モードで反撃しただけにもかかわらずオーバーキル呼ばわりされるのは納得いかん。

雑魚なら雑魚らしく雑魚とだけ群れて見えないところでこそこそ石の裏でゴソゴソしてろ。勘違いして強い人間に絡んだら踏み潰されるってことくらい理解しろネットスーパーマンにでもなった幻想なんて抱いてはいけない。現実に帰れ。


http://anond.hatelabo.jp/20150716210233

お前の言ってることがまるで理解できねええええええええええええええ!


ブコメおかしすぎるやつ多すぎイイイイイ!

俺は、オーバーキルだったかどうかの話はしてねええええええええ!

オーバーキルだとしてもオーバーキルした方が悪いわけじゃねえって言ってんだヨオオオオオオ!

文章読まずに反射的にコメントすんの、ひとりごとだとしてももうちょっと考えてしゃべってええええええ!

でも4つめのトラバのやつがさらにやべええええええ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん