「オカルト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オカルトとは

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623121222

人が買う本に触ることそのものよりも、

チケットを当てたいがためのオカルト他人を巻き込む浅ましさが嫌と感じるんだろうなそれは

2017-06-21

なんかこの時間帯にすげぇオカルト番組やってんだけど

いいのか?

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170620012548

涼宮ハルヒ自体には承認欲求はねえだろ。むしろまらない世界積極的否定したいっていうロックマインド持ってるやつだぜ。

ついでに言うとハルヒサブカル女じゃねえし、オカルト自覚的オカルトだと理解した上で言語として使ってるぞ。

キチガイではあるが、メンヘラでもない。それほど今のラノベありがちな類型にも当てはまってないしそれは憂鬱から驚愕まで一貫してると思うがな。

2017-06-18

カド

思想背景が思い切りカタカムナ文献(オカルト

ただカタカムナ文字自体アレンジしてあるのでそのままでは読めないっぽい

10話3:00付近のものはフトマニノタマに相当

2017-06-11

http://anond.hatelabo.jp/20170610102357

分かる。自分もそういう気持ちを持っている。でもそういう嫌いと思う気持ちが救われることは自分が生きている間は来ないとも思っている。生まれてくる時代が300年早かったか、生まれてくる星を間違えた。

あと、元増田は違うかもしれないけど、自分場合自分の現状が酷いので、何も考えてなさそうな人たちは何も考えていなくても自分より恵まれ人生をのほほんと送っているんだろうな羨ましいなみたいな嫉妬感情も持っている。

また同時に、中学生だった頃スーパーファミコンドラクエ3リメイクが出て最初勇者性格頭脳明晰になった時に言われた内容が脳裏をよぎったりもする。⇒http://anond.hatelabo.jp/20080926094443

神経質な自分改善できるなら、そっちの方が手っ取り早い。その余地自分場合は、まだある。

  • 奥歯の詰め物が取れた虫歯(×3)を放置
  • 狭い部屋を広く使うために買ったセミシングルの折りたたみベッドは色んな所が曲がっていて、これで寝るのは明らかに体に良くない。酷い時は3時間で体が痛くて目が覚める。
  • 月給18万(これでも昇給した。昨年度は16万)。会社保険料を半分負担してくれないから実質はもっと低賃金。週休一日。
  • ちなみに自分同性愛者で普段それを隠していることも不幸だと思っているけど、これは変えられそうにない。

など。こんな現状に陥っているのは自業自得なところも多分にある。沢山ある中から一つ挙げると、去年まで酒飲みの誘いにはなるべく断らないでいたか貯金はできなかった。他は惨めすぎてここにすら書けない。

去年の10月から500円玉貯金を始めたり、会社弁当を持参するようになったり(これは今はサボってるけど)、今年は一年禁酒宣言したりして、たぶん来月末には500円玉10万円貯まる貯金箱を満たしそうである。一時期は年金も滞納しがちで郵便受けピンクの紙で警告が来たりしていた。その頃よりはだいぶ回復した。

10万円貯まったら寝具を一式新調する。敷布団?にも穴が開いて綿が露出していたり酷い。その後は歯医者に通う。16年使っている冷蔵庫が壊れなければいいのだが。

その後はこれを書いているPC(Windows XP)を買い換える。普通にインターネット使うのも罪悪感あるし、一応会社ではWeb制作をやるので、色々試してみたいことがある。自分含め、会社技術レベルが低い。バージョン管理ファイル名でやって全部FTPでやるし。レビューとかテストとか何それ?みたいな。元々趣味Web制作やってたけど、4年以上やってる仕事を通して趣味以上にレベルが上がったみたいなのが、期待していたのと比べると遥かに少ない。レベルが低すぎて恥ずかしくて転職活動もできない。

実家にいる両親のことも気がかり。親戚関係が全く無ければ貧乏でも不健康でもレベルが低くても困るのは自分だけだから、もうちょっと気楽に生きれるのに。両親がいるうちは間違っても自殺だけはしないとは思っているので、仕送りもせず帰省した時に逆に小遣い貰うダメな息子だけどそれでなんとか許してほしい。

あとこれも自分改善余地かもしれないけど、怒りを感じたときに、自分の歩く姿勢自分の呼吸に意識を持っていくようにしている。猫背になっていたり口呼吸になっていたりする。天気が良いときは空の青さに注目するのもいい。オカルトめいているけど、街路樹テレパシー愚痴ってみるのも最近試している。万が一植物意識があってフィンドホーンみたいな奇跡があるなら助けてもらえるかもみたいな妄想をしつつ。植物的には自分みたいな腹黒い人間は嫌いなのかもしれないが。

2017-06-07

コピペが思い出せない

オカルトホラー系のコピペに「○○って言葉いたことある?○○、○○は?」ってあったじゃん

あれ思い出せなくてもやってる

2017-06-06

ところでさっきからなんか妙に脈絡のない自己完結投稿みたいなのが散見されるけど

これはアレなのかな

2chで言うところの追い込まれネトウヨ発狂して在日認定しだすののバリエーション

なんかオカルト祈祷にも似た「正体みたり」ごっこが始まったのかな

音楽好きが講じてオーディオ拗らせて、

吸音材とかインシュレーターとかケーブルとか果ては電源とか色々手を出して

ああでもないこうでもないとストレス貯めまくって挙句オカルト一歩手前のものにまで手を出したけど(ケーブルとかも人によっちゃこの範疇

結局のところ見た目とか含めでそれなりに気に入った機材揃えて、

よく寝てストレスなくして、美味いもん食って、音源の録音気にせず一番好きな曲流して、

リラックスしたときが一番いい音だった。

オーディオで一番音質に効果あるのは体調と気の持ちよう、ようはプラシーボ効果

無駄とは言わないけど、同じく躍起になってる人に一旦落ち着こうと言いたい。

ガジェット趣味的な側面もあるから、これからも色々買うけどね!

2017-06-05

スポーツがつまらないのは自分にとって再現性がないか

学問とある程度知識を有する者がその論文を読めば,

だけども,スポーツのその人しかできない技ってオカルトの域だよね.めっちゃTVだとありたがってるけど.

技術として残すならその技を論文しろよ.

体年齢がざっくりしたもの見方に貢献してるところはあるだろうなー。

肉体の感覚精神に影響する。腸内細菌性格に影響する、という研究などはその筋では一般化しつつある。

少なくともオカルトではない。実際自分の肉体が16~18頃に戻ったら多分ポップな物に惹かれてると思うし。

大別してこうだ、ではなく細やかなところに差異見出し一喜一憂したりする可能性は高い。

まあ何が言いたいのかというと、疲れっていかんよね。

2017-06-03

景気が悪くなって不幸になるなんてオカルト

いやー内田樹とか好きそうだなこの人

別にGDP下がってもいいですやん

GDPが下がるとみんな不幸になって死ぬみたいのもオカルト一種ですよ

2017-05-29

留学しないと英語ができないのは、日本英語教育が嘘まみれだから

直訳と"literal translation"

日本人にとって、直訳という言葉は「機械的文法に沿って訳語を並べて、意味不明の訳文を作ること」といった印象が強い。意味が通じる翻訳をするには、意訳、つまり元の文を理解した上でその内容を自分言葉で書き直す必要があると考えられている。

しか英語で直訳を表わす"literal translation"は、そういった言葉ではない。もちろん、機械的に置き換えて意味の通じない文を作ってしまうことも言うのだが、"literal translation"は「原文に忠実である」というポジティブな側面を持っていて、formalで立派な翻訳という感覚を伴う。

それはつまり、「意訳」に良い印象がないということでもある。それは「意訳」に当たる適切な英語表現がないことでも分かる。

https://www.onehourtranslation.com/translation/blog/literal-translation-vs-conveying-sense-text

ここでは"literal translation vs. conveying the sense of the text"(直訳 vs. テキスト意味を伝えること)というタイトルになっている。日本人から見ると「"直訳 vs."と来たら『意訳』が来るに決まっているだろう」と言いたくなる。しかし、英語で意訳という言葉は、直訳とvs.出来るほどの市民権を得ていない。

英語翻訳フランス語ラテン語といったヨーロッパ圏の言語から知識を取り入れるために行われることが多く、ヨーロッパ圏の近縁語同士では直訳は有効方法論だ。結果として、"literal translation"は立派でフォーマル翻訳という意味合いが生じた。

対して、訳者勝手自分なりの表現を加えてしまうと、fidelity(原文に対する忠実さ)が欠けているという批判対象になる。

たとえば、私は素人ながらアニメ英語翻訳に関わったことがあるのだが、海外アニメオタクは意訳を嫌う。佐藤さんはSatou-san,斎藤先輩はSaitou-senpaiだし、学校先生敬称英語だとMr.なのだが、犬塚先生はInuzuka-senseiだ。

たとえば、アニメセリフに「ありえなくね?」と出てきたら、文字通り"That's impossible, right?"と訳すのが好まれ意味を汲み取って"Are you kidding?"と訳したりすると、"over-translation"とか"liberal translation"などと言われて叩かれてしまう。日本人の私から見ると、とても理不尽に感じるが、彼らの感性はそうなっている。

http://www.proz.com/forum/translation_theory_and_practice/160439-%22overtranslation%22_vs_%22undertranslation%22.html#1349407

この問題についてググっていたら「literal translationが良いというのは神話だ」という海外の人の意見を見つけた。これを言っているのが日本語英訳をしている人だというのも示唆的だ。

日本では英語文献を翻訳するのが主なので、literal translation、直訳はほとんど役に立たず、ひどい翻訳代名詞のようになっている。英語話者にとっての日本語英訳でも同じだろう。

Translationと翻訳

基本的に、英語圏でTranslationと呼ばれているものと、日本翻訳と呼ばれているものは、行為としては似ているが、内実は全く異なっている。

英語圏で行われているのは直訳であり、我々がやっているのは意訳だ。英語圏でやっているのは文法ルール訳語を覚えて他言語に当てはめ、原文を出来るだけ変えずに英語に直すことであるが、我々がやっているのは「他言語を(何らかの方法で)理解し、その内容を自分なりに日本語で作文する」という行為である

直訳が役に立たないとはどういうことか

直訳が役に立たないということは、つまり文法ルールを覚え、日本語訳語を覚えて適用しても、英語理解することは出来ないということだ。

これは残酷現実であるが、「いくつの文法ルールを覚え、何万の訳語を覚えても、英語理解することは出来ない」

これは文法訳語が不必要だと言っているのではない。文法訳語はヒントにはなる。だが、答えにはならない。

はっきりいえば、ヒントを一生懸命集めて暗記しても、意味がない。文法ルールをいくつ暗記しようと、英単語訳語をいくつ暗記しようと、それは英語力ではない。

身も蓋もない言い方になってしまうが、法則化出来ないなんらかのプロセスによって、英語を直接理解する能力。それが英語力だ。

そして直訳が出来ない、つまり英語日本語に変換して理解するための法則が導けないという事実から分かるのは、日本語理解している我々の脳をどういじくっても、それを英語適用することは出来ないということだ。

それはつまり、「英語理解するための脳の回路を、日本語とは別にゼロから構築する必要がある」ということに他ならない。赤ん坊が新しい言語習得するときのように、何年もかけて、少しずつ脳を開発していき、英語理解できる脳を構築していくしかないのである

どこかの英語学習体験記で読んだことがあるのだが、「留学に行った所、フィンランド学習者と同部屋になった。フィンランド学習者はひたすら単語帳を眺め、英単語だけをひたすら覚えていたが、それによってあっという間に英語が出来るようになっていた。だから、私も一生懸命単語帳を眺めることにした」といったものだ。

これがつまり、直訳が可能言語使用している脳と、直訳できない言語使用している脳の違いだ。欧州の人々は基本的に、母国語理解するために使っている脳を英語向けにアレンジするだけで、英語ができるようになる。我々はそうではない。

しかその体験記の終わりは、「一生懸命英単語を覚えた結果、留学を終える頃にはかなり英語ができるようになっていた」となっていたように思う。しかし私が声を大にして言いたいのは「それは英単語を覚えたおかげではない」

留学神話は本当か

日本英語学習界には、留学神話がある。「留学さえすれば英語は出来るようになる。留学しないといつまでたっても英語ができるようにはならない」というものだ。

もちろん留学さえすれば英語ができるようになるというのは嘘だ。それはもちろん神話しかない。「留学して、英語を使わざるを得ない環境自分を追い込み、一生懸命英語に取り組めば英語は出来るようになる」というのは正しいが、「留学はしたものの、日本人同士で固まって遊んでいただけで、勉強はしていない」といった生活英語ができるようになるはずもない。実はそういう日本人留学生は数多い。

しかし「留学しなければ英語ができるようにはならない」というのは真実を突いている。

日本英語教育に従って、文法ルールを覚え、訳語を覚え、どんなに努力を続けても、英語ができるようにはならない。留学して、日本英語教育から離れ、ただがむしゃらに英語と格闘すれば、それだけで英語は出来るようになる。

そして「がむしゃらに英語と格闘する」ためには、留学別に必須ではない。がむしゃらに英語の本を読む事もできるし、映画を見てもいい。海外英語フォーラムに書き込んでもいいし、Lang-8英語日記をつけてネイティブ添削してもらうのも、アジア圏のネイティブスカイプ英会話をやるのも良いだろう。

がむしゃらに英語と格闘することが必要なだけだ。そしてそれ以外に英語ができるようになる方法はない。

なぜ日本英語教育では英語を出来るようにならないのか

基本的に、日本英語教師英語ができないという事実がある。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H1M_V20C15A5CR0000/

全国の公立中学高校英語教員のうち、英検準1級以上かそれに相当する資格を取得しているのは中学28.8%、高校で55.4%だったことが25日、文部科学省2014年英語教育調査で分かった。政府教育振興基本計画17年度までに中学で50%、高校で75%との目標を掲げている。英語教員のいっそうのレベルアップが必要な状況が浮かんだ。

高校英語教師英検準一級が55%、半分近くが英検準一級を持っていないということだ。準一級を持ってないということは、日本文法単語の暗記中心の教育をする能力すら疑問符がつく。

準一級の問題は、日本英語教育で教えられたとおりに暗記した単語を当てはめ、文法ルールにそって直訳すれば理解出来る、日本人向け英語もどきしかない。それが分からないということは、英語もどきを教える資格もないということだ。

もちろん教師聖職として尊敬されるべき存在であり、それを指揮するのは霞が関文部科学省エリート官僚であるから自分たちが教えているのが「実際には役に立たない英語もどきです」とは言えない。「私たち英語がよく分かりませんし、『生徒をちゃんと英語が出来るようにしろ』と言われても出来るわけありませんよ。むしろ、そんなやり方を知っているなら教えて下さいよ」などと口が裂けても言えるはずがない。

それに対して一方では「聞き流すだけで英語ペラペラに!」とか「たった100語で英語は出来る!」とか「頻出フレーズを暗記すれば日常会話はバッチリ!」とか、英語教育界はオカルトだらけである

もちろん商売でやってるのであるから、「がむしゃらに英語と格闘しろ、それ以外ない」などと言えるはずもないのだが、そんなことを言っていても誰も英語が出来るようにならない。なんとかならないものだろうか。

私が実践してきた、オススメの、実際はがむしゃらにやるだけの英語学習法を紹介しておく。

http://anond.hatelabo.jp/20170526220542

http://anond.hatelabo.jp/20170524213622

http://anond.hatelabo.jp/20170522214348

TOEIC3000語が覚えられない

コメントを頂いた。本を読んでもTOEIC3000語が覚えられない、ということだった。

TOEICリーディング結構速読必要なので、その実力が身につくまで、100万語ぐらい、500ページのペーパーバック12冊分程度読まないと、普通最後までたどり着かないんじゃないかと思う。12冊分を辞書を引きながら、単語表現感覚を感じ取りながら舐めるように読めば、どうやっても8000語程度の単語感覚的に理解できる、生きた語彙力が身についてるはずだ。必要なのは暗記力ではなく、文を深く読み、英語表現意味を感じとる力だ。記憶は忘れるけれど、感覚は忘れない。忘れたと思っていても残っていて、何度か同じ表現を見かければ、その都度感覚は強化され磨かれていく。

単語を覚えるというのは読書の途中で自動的についてくるもので、ピクニックの途中で摘める野イチゴのようなものだ。しか英語学習者は読書というピクニックには出かけず、ピクニックの準備だけを念入りに行っているように感じている。「自分にはピクニックも難しい。ピクニックに出かけたらヤマで遭難するかもしれない。その時のために食料を買い込んでおこう」と言いながら、辛い奴隷労働をして腐りかけのイチゴを買い込んでいるように見える。ヤマに出ればいくらでもおいしい野イチゴが摘めるのに、ヤマに行っても腐ってて使い物にならない表面だけの単語知識必死で暗記しているように感じている。これは本当によくないことだと思う。

LONGMANをやるべきか

もう一つコメントを頂いた。学習者は英英辞典オックスフォードでなく、ロングマンをやるべき、というご意見だ。

辞書から得られるもの単語理解ではなく、ヒントでしかない。ヒントを英語で貰っても基本的英語学習者にはわかりにくい。英英辞典自体を読み物として楽しめないなら、英英辞典を見ても英和より効率が悪いと考えている。もちろんロングマンが読み物として楽しい、読んで頭に入りやすいという方がいるならその方が良いと思う。私はオックスフォードが読み物として楽しいので使っているが、面倒な時はウェブリオに走っている。

忘れていた

この記事は長文すぎて最後が切れていたので、二つに分割したものの後半部分だ。前半部分はこの記事と繋がりがあるようでないのだが、いろいろと書いた。 http://anond.hatelabo.jp/20170529095534

終わり

ネタがなくなったので、多分この増田で吠える英語考察は今回でしばらく休止するかと思います。今まで長文をご覧いただいた方、コメントを頂いた方、ありがとうございました。

英語教育は嘘まみれではないのではないか、という意見について

http://anond.hatelabo.jp/20170529221645 こちらでコメント返しをしました。

2017-05-28

http://desktop2ch.net/sf/1429839713/

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2015/04/10(金) 12:29:02.09

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2015/04/08(水) 13:57:37.33

1月からFBアーティスト元カノ誹謗中傷しつつtwitterでは素知らぬ顔。

共著者から元カノ名前を抹消。311で追悼行為発狂してdisる

2ch元カノに非があったという工作しつつ女性センターなどで講演。

アカデミックポスト(和光大学二松学舎大学)が得られたので、通報されないように痕跡を消しつつ、

2chで「ホント藤田が悪いのか?」「このスレの住人はリンチしてるんじゃないか」と工作

自分が新著を出す度に炎上狙いでディスる記事を上げていたが、

それを忘れて「アイヌ問題」で炎上する東浩紀に「正義暴走」とすり寄る。

今度は2chオカルトネタ元カノ誹謗中傷を始める

DV疑惑などが浮上

自分からふっかけた「営業妨害」で炎上しかける。

にかさんを「嘘つき」とtwitterで断言し、関わった人らに謝罪要求するDMを送るも無視される

(とされるが客観的証拠はない。)


2

名無しは無慈悲な夜の女王[] 投稿日:2015/04/24 10:43:13

問答テンプレ1

藤田が何したの?

ストーカー行為

私的公的パートナーであったアーティスト破局したあと、出版物の共著者から抹消、

FB限定ページで誹謗中傷、参加する美術展への出没などのストーカー行為を行った。

一部行為については元から通報藤田に対し、公権力による介入があったことが仄めかされている。

その他

ストーカー行為と直接・間接的な関わりを持つ、各種の「やらかし」を行う。

2017-05-21

ここ最近政治界隈を見ると

安倍総理の枕元に毎日岸信介の亡霊が現れてみたいなオカルト話が出てきそうなので

50年後には祠にお祀りするようになるのかなあと。

http://anond.hatelabo.jp/20170520102940

俺も当時幼稚園児くらいだったからよく覚えてないけど、地下鉄サリン事件が起こるまでは単に変わったサブカルハードコア集団だと世間には思われてたらしいじゃん。

秘密結社的な中枢部を、徹底した秘密主義と巧みなカモフラージュで隠しきり、坂本弁護士一家公証役場事務長は綺麗さっぱり消しさってしまったのでただの失踪人に仕立てあげることが出来た。

オウムの様なカルト集団というかゲリラテロ組織が今現在存在しているとすれば、あの卓越した心理術や科学力、統率システムに輪をかけて高度な技術が投入されているはずだから、当時のオウム以上にその正体を見破ることは困難じゃない?

確かにオカルトを信じ込みやす雰囲気とかがあったんだろうけど、このオカルトの部分を何か違うものに取っ替えたオウムみたいな集団が今存在していて、みんなそのヤバさに気がついてないみたいなことがあり得るんじゃないのかなって思うわけよ。

元増田俯瞰で見てるから冷静にこいつらにみんな欺かれるなんてなって思えるだけで、明日の脅威は案外すぐ近くにいるかもよ。

1995年の凄まじさ

オウムに限らず、1995年は何とも怪しい年だった。

当時小学生で、妙な好奇心が強い年頃だったからか異様によく覚えていて、影響もかなり受けている。

しろ年明け早々には阪神淡路大震災3月には地下鉄サリン、夏には映画学校の怪談」、秋には新世紀エヴァンゲリオン放映開始だ。

その中でもやっぱり地下鉄サリン事件オウム真理教は印象的だ。

今では考えられないけど、朝から晩まで妙な新興宗教の変わった修行(水中で息止めるとか、生き埋めになるとか)やら洗脳ソングやら幹部高学歴っぷり(上位大学はほぼ揃ってたはず)が報道されてた。

テレビというのは当時メディア王様で、「テレビで堂々とやってるのなら」って感じで皆普通にオウムの話をしていた。

子供も影響を受けて、音楽の授業を真面目に受けて、放課後洗脳ソングリコーダー練習したりしてた。

しか学校の怪談ブームの真っ只中で、学校でコックリさんやったりオカルト話したり、テレビスプーン曲げやってたり。

オカルトマニアにとっては「あれ、俺たちマニアだけどマジョリティじゃない?」って思えるくらいの時代だったと思う。

から始まったエヴァにはキリスト教モチーフが沢山出てくるし(子供の頃は難しくて分からなかったけど)。

その後の97年の少年A事件、99年のノストラダムスの大予言など、90年代後半はとにかく世紀末というのがぴったりの世相で、今の若い人が惹かれるのも分かる。

僕もあの時代のことは妙に懐かしく、不謹慎ながら魅力的に思い出してしまう(思い出補正がかかってるだろうけど)。

何というか、アニメ世界観が現出しちゃった感じの世の中だった。

この「あっ二次元世界観現実に!」に近い感覚は多分ネット祭りなんだけど、最近は大規模な祭りあんまりないしねぇ。さてどうしたものか。

http://anond.hatelabo.jp/20170520102940

2017-05-20

無痛分娩に反対する理由を語ってる人がいた

その人いわく無痛分娩死亡事故を続発させて障害児ができるから反対してるんです、痛みに耐えてこそみたいなオカルト理由ではありませんだそうだ。

そこでどれくらい死亡事故が起きてるのか調べてみた。

2010年から6年間で出産時に死亡した298人中4%の13人、無痛分娩が原因で死亡したのは一人だけ。

6年間で一人が死亡事故続発になるのだろうか。

この頃は知らないけど今は全体の5から10%が無痛分娩で産んでいる。

障害児に至っては完全にオカルト系統の言い掛かりのようだ。

何かなぁ。

麻酔での死亡事故もっと起きてるから君が手術する時は麻酔無しで頑張れと思ってしまった。

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170518010527

いや、さすがにPCの電源が落ちてるのに「デバイスの切断」の音がスピーカーから鳴ったら、完全にオカルトでしょw

2017-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20170517152356

世の始まりは知性からである。即ち「我、光あれ」の言葉とともにこの世が生まれとあるように、

「光と世界」の前に存在したのが知性なのだ

この定義付けから詳しく説明を。人間的知性でないことは明白だが、

純粋なる知性が人間の枠外(カント風に言えばア・プリオリな枠組み)を超えて存在しうると論ずる根拠不明

ブクマでは違う作者じゃないかと言われているけど、このあたりを見る限り同一ではないかと思っている。

もし人よりも高等な存在がいて、それが時間とかを超えた文明をつくっているのなら、結局、この世界に介入するだろうね。

「ねーよ」

という感情論はともかく、根拠不明定義を元に記述しても無意味じゃないですかね。

なんかこう抹香臭いというか、キリスト教哲学臭いがプンプンする。

これは言い換えれば神を一神教世界観で再定義した「教義」にしか見えない。

知性の存続は時間という概念を超えたところにある。つまり「我、ここに有り」という瞬間がいずれかの

空間軸で萌芽した時点でそれは「有る」。またそこに「有り続ける」。結果として、知性は時空間という

概念の上位構想として存在しうる。

「ねーよ」

……おっとまた口をついて出てしまった。

デカルトの述べる「我あり」とかちょっと帰結早すぎねえ?

つってハイデガーさんからクレームついてたはずですけどね。

イデア論人格神を付け加えましたって感じ。

形而下においても知と知が自然発生的に生まれ相互作用する、

という作用を述べたいだけなのは分かるけど、根幹がいい加減にしか見えないので鼻白んでしまう。

あと、我あると思った瞬間に形而上にもそれは「ある」として存在する前提とかオカルトかよ、と思うし。

前提の一神教世界観が、そもそも人間限定知性を産んだのものが全智である

という思い込みによってなされてるから臭みが強い。

俺なんかでもアホらしいと感じてしまうので、もっと勉強した人から失笑モンじゃないでしょうか。

[]安部真弘「あつまれ!ふしぎ研究部」1巻

イカ娘の作者の新作

催眠術にかかりやす少年

催眠術が好きなおっとり巨乳お姉さんキャラの先輩と

怪力でタコスっぽいキャラでザでマジックが好きな女の子

オカルトが好きな地味品乳女の子

がふしぎ研究部でドタバタするちょいエロコメディ


風紀風紀うるさいおさげめがね委員長キャラが実はすげーhentai妄想しまくるところ以外は総じて微妙マンガだった

あとがきでイカでできなかったお色気とかをいれてる実験だって書いてあったけど、

まだはっちゃけ切れてないかんじがする

もっと毎話にお色気を入れるくらいでもいい気がするけど、お色気をみたいキャラがいないんだよな・・・

イカちゃんのパンツがみたい

侵略部の面子パンツがみたい

ってのはあるんだけど

たぶんこれからキャラも増えるだろうけど、イカのカワイさだけでもってた前作に対して、良くも悪くも下手なてこ入れをしなかった編集のことを考えると、今後面白くなることはあんまり期待できないかなあ・・・

イカちゃんが恋しい・・・

2017-05-15

[]ジョーカーゲームアニメ)1,2,5羽

1,2話はカチコチ(意味深)の陸軍軍人が、スパイ流儀になじむお話だった

1話ラストハラハラしたけど、2話で挽回たからほっとした

5羽は敵国でスパイとしてつかまってどうなるかはらはらしたけどうまいこと逃げてきれいオチもついた

へーそんなこともあるのか、と面白かった

1,2話程度でおさまるから気軽に見れて満足度高いな

これはリアルタイムで追えばよかったなあ・・・

でもなんつーか、こういう原作面白いことが保証されてるものアニメ化って、どう評価してよいものかすごく困るんだよね

アニメ面白いっつってもそりゃ原作面白いからそれを下手にいじらずにアニメ化したら面白くなるのは当然で

まあ原作に手を出さない人からしたらアニメ原作みたいな扱いだからアニメすげえで終わっててもいいんだろうけど

でも本来あるべきアニメへの評価としてはやっぱりオリジナルアニメへのそれとは別次元で考えるべきだよねとは思う

なんか5羽のスパイオカルト学院のあの主人公のさえない教師の男っぽかったな

2017-05-12

喧嘩で勝てない=技術体系全部がオカルトだ!

みたいな剣幕で語るのはまじでやめて欲しい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん