「儚い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 儚いとは

2019-07-08

ブクマカたちよ「力」が欲しいか

哀れなるブクマカたちよ

お前たちはいつも

ブコメというささやか行為

この世界に力を及ぼそうとしている

その力は余りに弱い

常に後手であり

記者ライターインフルエンサー

たちの燃え盛るような輝きに

比してあまりにも儚い

枯れ枝も山の賑わいといった体だ

哀れなブクマカたちよ

それでいいのか?

「力」が欲しくないか

この世界にお前という存在を誇示したくないか

スターが集まったなどという

そんな程度で貴様承認欲求は満足なのか?

私と「契約(ちぎり)」さえ結べば

私が「力」

それも圧倒的な「力」を与えてやろう

「力」さえあれば

この世界にお前のコメントスルーするものなどいなくなるだろう

お前の一挙手一投足が衆目の的となるのだ

だがな、ブクマカたちよ

私と「契約(ちぎり)」を結んで

今までのような安逸や平穏を貪れると思うなよ?

クククククク

さあどうする?

ブクマカたちよ

私と「契約(ちぎり)」を結ぶ勇気はあるのか?

2019-07-05

anond:20190704095800

五年くらいで発狂しそう。刑務所みたいに無理矢理にでも食に喜びを見出したほうがいいよ。自分なりの幸せなんて儚いものだよ。

2019-06-26

SF情報生命体がよく出てくるが位置情報生命体は見たことがない

地下に入ると消える儚い生命

2019-06-07

きなこって

かわいいよ

存在儚いし、語感もつよすぎる

かわいすぎず、ダサすぎず

来世はきのこになります

2019-05-25

キモチップとコミケ差し入れ

キモチップ燃えましたね。

それはそれでどうでもいいけど、あの話の中で結構見たのが

自分名前書いてあるのがキモい」というのだった。

いや、でもそれとは別の所で、「サークル主に差し入れなり手紙なり渡すとき自分名前を入れろ」というのをよく見るけど、

名乗るのがいいのか名乗らないのがいいのかどっちなの。

というか本当に名乗っていいんですか!? となる。なりませんか?

壁ならもはや名前入り差し入れというか差し入れ自体邪魔になるのではって思ってしまうし、

逆に島中なら名乗ること自体サークル主さんへのプレッシャーになってしまうのではと思ってしまうし、

じゃあ大ファンサークル主さんに新刊/新譜を1部頂いてそれで終わり、っていうのも……

結論が出ないので自分サークル参加することにした。もちろん島中。

結果、頒布数40ちょい。「応援してます」系の一言かけていただいたのが数名、名刺数名、差し入れ(名乗らず)1名。

名刺も嬉しい。でもやっぱり、プレッシャーがある。名乗らず差し入れくれた人、誰!? ってなる。でも嬉しい。一言いただけるのも嬉しい。

結局、一番知りたかった「名乗りつき差し入れ/手紙」をもらったときの実感がどうなるかは分からなかった。

一言か。一言だけでいいのか。数年に一度会えるかどうかという人にあなた作品が好きですと言ってすぐに立ち去る。なんと儚いおはなし。エモい。(そういう話をしているのではない)

2019-05-21

雨で散ったさくらとかけましてパンティーとときます

どちらもはかないでしょう

(散ったさくら儚いパンティーは履かない)

2019-05-13

anond:20190512201601

でも実際いろんな能力はあるもの

出世の見込みもなく家庭があるわけでもない30代後半

公務員という身分をのぞいたらまあまあダメおっさんじゃないの?

派出所にいるおまわりさんってもっと若くない?

両津ダメおっさんかどうかを考えると、多分何かを楽しんで充実を手にしてしまった時点でダメおっさんではなくなってしまうから

ダメおっさんだけど楽しそう」が成立しにくいということなんだろうなあと思う

儚いなあ、ダメおっさん

2019-04-30

平成の終わりとともに失恋した女の話

平成が終わるのと一緒に、一人の女の儚い片思いが終わりました。

いや、まだ平成は終わっていないけれど。

平成最後日曜日わたしの恋は終わってしまいました。

現実友達には、きっと引かれるだろうから誰にも言えない。でもほんとうに辛くて、身バレするかもしれないけど、もう誰でもいいかわたしの話を聞いてくれという気持ちなので、インターネットの海に流そうと思います



わたし好きな人女の子でした。

言うまでもなく、最初に述べた通りわたしも女です。

そして、わたしは男も女も好きになれる、いわゆるバイセクシュアルです。

自分がそうであると気づいたのは、失恋した人を好きになったとき。好きだと気づいたとき、1年前のことです。

その前にも、一度女の人を好きになっているんだけれど、その時はたいして自覚もなかったし恋愛対象としてはっきり意識していたわけではなかった。

名前がないと不便だから今日失恋した彼女を、まるちゃんとしよう。

まるちゃんのことは、ほんとうに好きだったんだとおもう。

ほんとうの「好き」って、「愛」ってこういうことなのかもって、初めて心から人を好きになれた気がした。

わたしは心の壁がばかみたいに高くて、誰のことも本当は信用していなくて、自己肯定感がとても低い。そんなわたしが、唯一心をゆるした人だった。この人にならわたしの全部をあげてもいいと思った。

まるちゃんバイだった。(のちにレズになったもよう)

「私、好きになるのに性別って関係ないと思うんです」

ふたり床に横になっているときにまるちゃんは言った。わたしはそのときのことをずっと覚えている。

そのとき、誰にも言えなかった、「女の人を好きになったこと」を初めて人に言うことができた。

わたしも、女の子も好きになれるって最近きづいたんだ」まるちゃんにだけはそう言うことができた。まるちゃんは、「わかってくれる人ができて嬉しいです」って言って笑ってくれて、わたしもやっと口にできたことも、理解者が近くにいることがわかったことも、うれしかった。

今日も、失恋をした今日も、「Aさんとは、こういう話ができるから楽しいです」ってまた笑いかけてきた。わたしは上手に笑えていたかからない。

わたしは、あなたが好きだったの。

あなたが好きだから、そういう話をするふりをして、あなた気持ちを探っていたんだよ。

とは、さすがに言えなかった。

わたしにも、こういう話ができるのはまるちゃんしかいないよ。って、へらへら笑っていた。



今日はまるちゃんふたりきりのおでかけをした日だった。

まるちゃんふたりで出かける夢を見た、そう言ったら、「実際に行けってことじゃないですか?」と返されて、まさか、そんな返事がくるとは思わなくて、わたしは返答に詰まってしまった。

そのときはうまく答えられなくて、でも本当になったらいいな、と思ったから、数日後に「この前の、本当に行ってくれるの?」と泣きそうになりながらたずねた。まるちゃんは、「それ、私も聞こうと思ってました。行きたいです」と笑顔で答えてくれた。

そんなこんなで実現した、はじめての、ふたりきりのおでかけだった。

わたしは新しいワンピースを買って、前日にはジャケットアイロンをかけて、ひとりファッションショーをひらいた。

自分でもわかるくらい浮かれていた。恋に奥手な自分が、はじめて誘ったデートだった。(わたしデートだと思っていたけど、もちろんまるちゃんにそのつもりはない)

日にちが決まってからずっと浮かれっぱなしだった。その日が近づくにつれて、まるちゃんは「すごく楽しみです!」と声をかけてきてくれたのも、素直で、かわいくて、うれしかった。

まるちゃん言葉には、いつも嘘がなかった。

本当にそう思っているんだろうなということが伝わってくる嘘のない正直で純粋なまるちゃん言葉が、わたしは大好きだった。

まるちゃんはよくわたしのことを「可愛い」と言ってくれた。

まるちゃんにとっては友達に言うようななんでもない「可愛い」という言葉を、わたしは一日中たかものみたいに抱きしめて、噛み締めていた。

まるちゃんもっと可愛いと思ってもらいたくて、まるちゃんに会える日はお気に入りの服を着て、メイクも手を抜かなかった。

そうやって「可愛い」と言ってもらえるたびにわたしの恋心は増していって、無駄勘違いをしてしまったりした。




今日、まるちゃんは、「実は付き合っている人がいるんです」って小さな声で教えてくれた。

おでかけの帰り道、わたしと、まるちゃんと、二人しか乗っていない車で、ほかの誰にも聞かれることなんてないのに、小さな声で、ゆっくりそう言った。

顔がこわばるのが、体の力が抜けていくのがわかったけど、わたし必死ハンドルにしがみついて、動揺していないふりをした。

車を運転していたらまるちゃんの顔を見て話せないのが嫌だなあ、と朝は考えていたけど、このときばかりは、向かい合っていなくて、顔を見られなくてよかったなと思った。

そのときまるちゃんがどんな顔をしていたかはわからないし、見たくもなかった。

同じように、わたしのこわばった顔も見られていないといい。

上手に笑えたか、声がふるえていなかったか、いつも通り話せたか、なんて答えたか、もう何も覚えてない。

頭がガンガンして、泣きそうになるのを必死にこらえて、ただ前をみていた。

「Aさんで、3人目くらいです、教えるの」とまるちゃんは言った。

なんだそれずるい。そんな秘密な話を教えてくれるなんて、うれしいのに、全然うれしくない。

うそ、やっぱりうれしい。なんだか特別関係になれている気がして、信頼してもらえてる気がして、それは、ちょっとだけ嬉しかったよ。



話はおでかけの3週間前にもどって、なんやかんやあって仲良くなったおじさん(40)とご飯を食べにいったときのこと。

ごはんのあとホテルに連れて行かれそうになって、断るのに「わたし女の子がすきなんです」と嘘をついた。(半分本当)

おじさんはだいぶ困惑していて、ホテルに行こうとするのはやめてくれたけど、最後に「女同士なんて、そんなのうまくいくわけないじゃん」と言った。

わたしはすごく傷ついて、でも冷静になって現実をみてみたら、たしかにうまくいってると思っているのはわたしだけだな、と思った。

まるちゃんは男も女もどっちもいけると言っていたけど、わたしのことは距離が近すぎてそんなふうには見れないと言っていたこともあったな、と。


そんなことがあったから、多少は構えていたはずだった。

まるちゃんわたしを好きになってくれるなんてそんなことはないだろうって。

でも、付き合っている人が女の人だとわかったとき、そしてわたしの知っている人だとわかったとき、その人の名前を聞いたとき、このままハンドルをきって壁に突っ込んでやろうかと思った。

おじさんの「女同士なんて、そんなのうまくいくわけないじゃん」という言葉がずっと頭のなかで再生される。

女同士、じゃなくて、わたしから、うまくいかなかったんだ。

付き合っている人が男の人だったら、まだ、諦めがついたかもしれない。

でも相手は女の人だった。女。女だ。もしかしたらわたしでもいけたんじゃないのかなって考えてしまって、諦めもつかず、でもどうしようもなく、ズルズルと引きずっていまだにまるちゃんのことを考えている。

本物の恋だと思ったものは、こんなにあっさりと終わってしまった。

気持ちを伝えるでもなく、フラれるでもなく、なんだか曖昧なまま終わった。

まだ、思い出してはぽろぽろと涙をこぼしている。


わたしのこの中途半端な恋心も、平成と一緒に終わったらいいのに。

2019-04-21

組み合わせ固定腐女子は生きづらい

ご機嫌麗しゅう、どうも腐女子です。

最近よく思うのが「組み合わせ固定腐女子は生きづらい


近年オタク同士の交流Twitterがメインになってきていて

私自身もTwitter交流するタイプオタクだ。

しかし、そこで実感した「組み合わせ固定腐女子」は生きづらい。


基本的私自身は、原作でのキャラクター同士の深い結びつきや関係性が好きなので

A×B でも B×A でもどっちでも好きなのだ。 (以下私の好きなカプはAとBの組み合わせを前提として進める)

最悪恋愛関係じゃなくてもいいくらいだ、コンビブロマンスも美味しく食べる。

オールキャラ漫画の中でAとBが当たり前に一緒に居る関係だというのにも最高を感じられる。


これだけ聞くと結構心の広い腐女子っぽいが、そうはいかない。

私は絶対に「AとB」じゃないといけない【組み合わせ固定】の腐女子からだ。

【A】または【B】を含む別のカップリング全てが許容できない。


さて、なぜこれが生きづらいというのか?


それは私以外の腐女子はどのようにカプが好きかの傾向だ。

以下、ざっと私の目に入る腐女子の人々のカプ傾向を書く。



【総攻め、総受け

このキャラは攻めのみ(受けは誰でもいい)または

このキャラは受けのみ(攻めは誰でもいい)の人々。

この腐女子はどちらも昔から多い。私には無理だ、人種が違う。


【左右固定腐女子

A×B 以外は全てNGな人々。

ここの腐女子は私から見る分にはOKだが、相手からNGタイプ

なんたって私はB×Aも平気で愛してるからだ。

相手からすると無理なんだ、人種が違う。


【雑食】

この人々は本当になんでも食べている。

私には無理だ、人種が違う。



いかがでしょう、これを見れば一目瞭然。

【組み合わせ固定】腐女子は同じ者同士でないと地雷を踏んで踏まれ

すぐに弱ってしまうのである儚い生き物だ。


Twitterには単語ミュー機能などがあるから

他カプをミュートにして交流すれば解決するのでは?と思う方も居るだろう


でもそうではないんだ。


私は更に面倒なことに生産元が【AとB】以外の組み合わせも好きであるオタク、だとわかるだけでもう無理なのだ

目には見えていなくてもアレルギー物質が入っているのですぐに泡を吹いてしまう。

【AとB】以外の組み合わせも話した口で【AとB】の話をされても「でもこの人A×Cも好きなんだよな」となってしまう。


もういっそ交流あきらめたほうがいいのでは?と思う人もいるかもしれないが、

私のような厄介クソ腐女子だって

自分の好きなもの他人と共有したい時だってあるんだ。

カプ語りだってしたいし人の萌え摂取したい時だってあるんだ。


なので、これからも私はTwitterで仲間がいないか探し続けるよ。

読んでくれてありがとな、センキュー


以上、組み合わせ固定厄介クソ腐女子は生きづらい。

2019-04-20

勃起不全になった。俺は死んだ。

22歳で勃起不全になった。理由結婚間近の彼女に振られたからだ。

女が怖い。女が気持ち悪くて仕方がない。女性を一括りで見てしま自分気持ち悪くて仕方がない。

過去の話をしたい、私はとある女性と3-4年付き合って居た。

ある日彼女から結婚を申し込まれ婚姻届が欲しいと言われた。私は冗談だと思い、用意しなかった。しかし、彼女覚悟は本当であり、泣かせ、悲しい思いをさせてしまった。私はそこから反省し、就職が決まったら再度自分から結婚を申し込むと彼女に伝え、了承して貰った。この後一度別れたがよりを戻し再度付き合い始めた。そして先日再度彼女から結婚を申し込まれた。その時就職が決まりそうであった為了承し、婚姻届を出す許可を貰いに、親にも相談した。親も話し合いの末、了承してくれた。この時が人生ピークだった。世界が愛と希望に満ち溢れ、就活ですら苦ではなかった。しかし、このような現実は淡く儚いものであった。この出来事から約3週間後彼女記憶から「付き合って居た事・結婚を申し込んでいた事」全てが無かったことになっていた。全て忘れてしまったそうだ。そして私はどうすれば良いかからなくなった。パニックになった。自分でも思う最低の行動をしてしまい、暴力を振るい泣き喚いてしまった、結果として彼女を傷つけてしまった。死にたい。何故俺に結婚を申し込んだ。何度も真剣に言ってるのか確認したのに何故俺が覚えていて向こうは忘れているのか。何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故死にたい。辛い。書きながら頭がおかしくなりそうだ。なにも考えたくない。暴力を振るってしまたことは本当に最悪なことだ。死にたい。全てが嫌だ。当の本人暴力を振るわれた。男は最低と今日Twitterで呟き、囲いの男には〇〇くんは違うと接している。面白くないか?確かに俺は最低でカスみたいな生き物かもしれないが、お前のしたことは最低ではないのか?俺に暴力振るわせるようなことするなよ。理性をどうやって保てばいいんだ?なあ、結婚を申し込まれ女性に付き合ってないし、お前気持ち悪いなw会いたくねえから連絡もやめろwって言われる男の気持ち分かるか?面白くね?????ウケん?ははw死にてえw

何が言いたいのか書きたいのかわからないし、正直何かしら書けば楽になったかと思うけど、全てが無理でしかない

何より彼女のことを嫌いになれず未だに好きでいる自分気持ち悪くて仕方がない。このままだとストーカーになってしまう。自殺する以外に道はない。このことが原因で勃起不全になり、今後女を抱ける機会も無いのだろう。稚拙な文で申し訳ない。冷静に書けない。生きることが辛い。頼む。これを読んだ人誰でもいい。幸せなに生きてくれ。偶にでいい。俺のことを思い出してくれ。頼む。少しでも貴方世界に傷跡を残したかった。死ぬ以外に道は残っていない。俺の世界人生も全て終わった。人はいつ死んでも良いと思う。安心して死んで欲しい。今貴方幸せですか?人の人生少し見てみたい。生きてくれ。楽しく気高く美しく。どんな人間も生きる権利はある。素晴らしいことだ。もう何もないなら早く死ぬ。これに限る。死ぬのが怖くて仕方がない。もっと人と話がしたい。会いたい。寂しい。書いているうちに気持ちが揺らいでしまう。何が言いたいかからなくて良い。あーーーーーーーー、良い人生だったのかもしれないな。ありがとう

2019-03-30

意識低い系ってのがどのくらい意識が低いか教えてやる

http://naomi14.hatenablog.com/entry/2019/03/28/154957

上記ブログを見て「これで意識が低いだと!?」ってマウントしたい気分になったので書いてみる。下には下が居るって教えてやる。

わたしはだれ?~

男性地方工業高校

・身内優先、地元大好きだが運動できなくてヤンキーとも言い難い。かといってマイルドヤンキーというには人付き合いが狭い。何事にも中途半端な三流オタク

ネトウヨではないと思うがフェミニストリベラル胡散臭い地に足のつかない余所から来て喚く無責任野次馬連中だと思っている。

愛国心愛郷心の切れっぱしという認識。国より地元首相より地元首長に関心がある感じ。

卒業後、進学の道もあったがこれ以上勉強したくない、かといって仕事したい訳でもないが勉強よりマシという理由就職。幸い、リーマンショック前だったので就職にはまっっっったく苦労せずに温く中規模製造業就職

10~15年くらい同じ部署仕事してた。キャリアとか言われても2カ月先の事も考えてないのに何考えろっての?

・将来の夢は宝くじ一等前後賞を当てること(人の夢とかい儚い、なにか物悲しいわね……)

最近ソシャゲに手を出した。ああ、コレは金食い虫だわ、こわいこわい

仕事勉強とかしたことない、プログラマーとか家に帰ってから勉強してるんだろ?すごくねーか?仕事終わって発泡酒なりチューハイ突っ込んだらもう何もする気にならなくない?

就職のためにやったこと~

スーツ買った

面接対策本買って読んだ

履歴書を書いて出した

ぶっちゃけかると思っておらず、東京まで交通費だしてくれるので遊びに行きたかっただけ

面接

当たり障りない受け答え。今思えば会社名前を知ってるから受けてみましたくらいの薄い内容だったと思う

受かったのはそのテキトーさ、図太さが買われたのか?

帰りにアキバに寄りたい気持ちで心がいっぱいだったのは覚えている

~ただいま転職活動中~

家族の都合やら何やらで地元に帰ろうかなーと考えてはいたがめんどくさいので動いていなかった。

偶々今の会社取引先が地元に伝手があり、なんやかんやで線路が敷かれた。流れには乗る性質(正確には流れから降りれない性質)なので「まあいっか」で転職を決意。面接の日程待ち。

ちなみに勉強も何もしていない。腹が出てきたのでスーツ新調しようかってくらい。コネ万歳

~思うこと~

人生のかなりの部分は偶然と幸運に頼って生きてきた自覚はある。

大学にいってたらリーマンショック就職はえらく困難だったろうし、就職先の人間関係が肌に合わなかったら酷いことになっていたかもしれない。

とは言え努力とか苦手だし自主性を発揮してうまくいったことは稀だし、言われたことをやって、乗った流れから降りず(降りれず)にやってきた訳でそれ以外にどう生きていいかからない。

なにかやらなきゃなーって気持ちが無い訳じゃないが、帰宅途中のコンビニストロングゼロ一本ひっかければどうでもよくなるしまあいっか。

たぶん、自分みたいな人間地方地縁血縁がんじがらめだからこそやってこれたんだと思う。

自分能力選択責任を持つ都会式のやり方だととうの昔に脱落してただろうなって感じる。

地元に戻ろうってのも東京が合わないなって感じるところが大。遊ぶには素晴らしい場所だけど根をおろして第二の故郷にしていい場所じゃないと思った。

転職が終わって落ち着いたら「地方から見た東京」とかそんな感じの匿名ダイアリーに書いてもいいかもなー(たぶん書かない)

2019-03-23

同級生レストラン

行きつけのレストランがある。

ひなびたイオンの近くにある、800円から1000円くらいの洋風定食メインのレストラン

30年前から知っている。

なぜなら小学校同級生実家からだ。女の子で6年間ずっとクラスが一緒だった。

子供の頃は特に行く機会が無かったが、仕事の都合で東京から地元に戻って来てから駐車場付きでランチが食べられる場所を探すのに難儀し、そういえばと通りかかった時に駐車場付きであることを思い出し通うようになった。

初めて入るときは緊張した。

しかしたら同級生いるかもしれない。ぼくは中学校から私学に通ったので出会えば実に二十数年ぶりだ。そういえば、あの子、僕のこと好きって言ってたような…周りの女子に茶化されて有耶無耶になったけど小学校特有のノリでそんなのがあった記憶が…何するわけでもない小学生の色恋なんてそんなもんだよな。

ガラン。

昔の喫茶店のようなドアベルの音。入った。しかし、自分と同じ歳の頃の女性はいない。いるのは親御さんだけ。面識は無いし、挨拶を交わすことも無く、少し安心しつつ日替わりランチを注文し時を過ごす。

それから数回通ったが同級生がいることも無く、むしろ馴染みのランチとして通うようになった頃、完全に油断した。昨日入ったらいた。同級生が。

いたー、けど、この子かな?まあこの子かな。ぱっと見地味な印象は変わらない。彼女も完全に油断しきった仕事普段着スタイルで、化粧をすることなく、味噌汁をついではお盆を運んでいた。

注文係はお母さんなので会話を交わすことは無い。割とじろじろ見ては見たが、同級生が来るとはついぞ思っていない彼女は終始油断しきってダラダラ親の手伝いをしている。

想像する。彼女人生を。他に働きに出たこともあったろう。指輪はしてないけど結婚してないのか。地元いるから他の同級生交流はあるのだろうか。日替わりのカツレツを食べながら想像する人の人生儚い哀愁。なぜか失恋レストランが頭に鳴り響く。

もちろん僕は彼女に声はかけなかった。油断した相手に不意をつくのは野暮だろう。そういう相手とは会うことを前提に会うことが礼儀である地元で生きるとこういうことがあるから人生面白い

人生交差点だ。いつかどこかですれ違う。

しかし、僕の課題はい彼女に声をかけるかだ。次も同級生レストランに僕は行く。

2019-03-19

逆シャアシャア酸素欠乏説ってあんまないのな

https://anond.hatelabo.jp/20190318130406

よくよく考えたらあのシャアはどうにも情けなさすぎて、もしかしたら酸素欠乏症にかかっているのではないかと思ったがあまり見当たらなかった

どうにもあの痛いシャアクワトロ大尉と同一人物とは思えないのだ。クワトロ大尉はどうにもやさぐれイカした男だ。

元カノに先立たれりフラれたのを引き摺っている青年儚い魅力をあわせもっている。指揮官としてもパイロットとしても優秀で

その上元カノを引き摺りすぎて女一人闇落ちさせてしまうところもぐっとくる。頭のいかれた若者理不尽に殴られてもキザな台詞一つ思いうかべながら流すところも素敵だ

ハマーンの年齢をしれっと確認したりミネバをじっくり眺めるクワトロ大尉ロリコンのあるべき姿を示している。なんて出来る男なんだクワトロ大尉

かえってCCAシャアは本当に情けない劇中まともに成功したことといえばダイナミックロリナンパぐらい。しかも突然そのロリ職場ヒステリー起こされて動揺する姿がなんとも情けない

本当にあれがあのクワトロ大尉なんだろうか。俺は信じられない。40代後半になって突然アイドルにはまったロック親父のように惨めだクワトロ大尉

これを説明するには酸素欠乏症しかないはずだ。正直Zの最後で生きてるなんて誰も思っていなかったのだからそれぐらいあり得るだろう。でもあまりない、不思議

2019-03-15

aya sato

ayasatoこと佐藤郁哉さん。

生きていてほしい…という感情

個人勝手戯言かもしれません。

でも

生き永らえて、あなた世界と格闘してみてもいいのかなと思う。

ノーメイクで、グレイヘアのあなたの作り出す世界は新たな扉かもしれない。

儚いからあなた世界評価され続けるの?

それとも本当に神様に迎えに来てもらったの?

2019-01-26

anond:20190126145728

でもXが最終的にこけそうなので、原点回帰しないかな、という儚い期待はある

2018-12-25

アニメ化直前ブギーポップシリーズ現状報告(ある程度の既読者向け)

(全て個人的見解です)

アニメの開始で、ブギーポップ懐かしい!原作いまどうなってるの?ていうかまだ続いてるの?という人々も少なからずいると思われるので、シリーズを振り返りつつ現在の大まかな状況を説明する。

今のところ明確にブギーポップシリーズとして刊行されているのは以下の22作。

  1. ブギーポップは笑わない
  2. ブギーポップリターンズ VSイマジネーター PART 1
  3. ブギーポップリターンズ VSイマジネーター PART 2
  4. ブギーポップ・イン・ザ・ミラー パンドラ
  5. ブギーポップオーバードライブ 歪曲王
  6. 夜明けのブギーポップ
  7. ブギーポップミッシング ペパーミント魔術師
  8. ブギーポップカウントダウン エンブリオ浸蝕
  9. ブギーポップウィキッド エンブリオ炎生
  10. ブギーポップパラドックス ハートレスレッド
  11. ブギーポップアンバランス ホーリィ&ゴースト
  12. ブギーポップスタッカート ジンクスショップへようこそ
  13. ブギーポップバウンディング ロスト・メビウス
  14. ブギーポップイントレランス オルフェの方舟
  15. ブギーポップクエスチョン 沈黙ピラミッド
  16. ブギーポップ・ダークリー 化け猫めまいスキャット
  17. ブギーポップアンノウン 壊れかけのムーンライト
  18. ブギーポップウィズイン さびまみれのバビロン
  19. ブギーポップチェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック
  20. ブギーポップアンチテーゼ オルタナティヴエゴの乱逆
  21. ブギーポップダウトフル 不可抗力ラビット・ラン
  22. ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学

(新作「ブギーポップオールマイティ(仮)」来春発売予定)

電子書籍ストアなどでは、作者本人が執筆イラストレーター共通しているスピンオフビートのディシプリン』『ヴァルプルギスの後悔』各4巻もブギーポップシリーズとして扱われているが、ここでは除外する。

ブギーポップシリーズは、刊行順の並びで大雑把に三つに区切ることができる。

12/26追記:この区切り自分個人的勝手にそう思ってるだけの便宜的なものです)

第一期(98年〜00年)
1.笑わない〜9.エンブリオ炎生

第二期(01年〜13年)
10.ハートレスレッド〜18.さびまみれのバビロン

第三期(14年〜)
19.デカダント・ブラック

各時期の特徴を見ていこう。

ブギーポップ第一期(笑わない〜エンブリオ

一般的な「ブギーポップ」のイメージを形作った初期作品群。

一見ありふれた現代日本日常の背後で、巨大な組織が絶えず暗躍し異能者が世界を変革するべく活動する、謀略論世界観。

思春期不安定な心と世界危機がいっとき交差する、叙情的・詩的な青春小説としての側面。

五人の主人公視点による五つの章で一つの事件を立体的に語る、という第一作の笑わないに代表される、トリッキー構成

ごく一部の準レギュラー的な存在を除いて、基本的新規キャラクターもしくは既存の脇役が主人公となって毎回半ば独立した物語が展開される、いわば全ての巻がお互いの「外伝であるようなシリーズの組み立て。

緒方剛志の洗練されたイラストと、鎌部善彦によるシンプルかつ洒脱なブックデザイン

少女達の間でささやかれる都市伝説であり、普通女子高生の別人格?として現れ黒づくめの格好で口笛を吹きワイヤーを操る死神もしくは世界の敵の敵……という、その他の世界設定からは遊離しているとしか思えない謎の、しかビジュアルデザインも含めて圧倒的に魅力的な存在ブギーポップ

などの点が読者から評価され、人気を呼んだ。

ラノベ流行TRPGベース異世界ファンタジーから現代ものに塗り変えただとか、現在大人気のあの作家やこのゲームライターも影響を受けただとか、当時の存在感については既に色んなところで言われているので各自Wikipediaなどを参照のこと(大げさだったり紛らわしかったりする情報もあるので眉に唾をつけながら)

ブギーポップシリーズ - Wikipedia

具体的なデータは分からないが、売り上げ的にも恐らくこの時期が絶頂だったのではないか。今回アニメ化の対象となるエピソードも、ほぼこの範囲からと見ていいだろう。

この時期で注目すべき巻、という話になると、一作目の笑わないはもちろんのこと、それ以外も全部と言うほかない。

王道ボーイミーツガールを軸に、前後編同時発売というボリューム作品世界が大きく広がった、リターンズ1・2。

予知能力者の少年少女によるささやかコミュニティがたどる儚い運命を描く、もしかしたら謎部活もの残念系の先駆と言えるかもしれない?パンドラ

閉ざされた高層建築というアクション映画を思わせる派手な舞台設定で、最終巻となる可能性もあったためか一旦シリーズを総括するような大団円が心地良い、歪曲王。

笑わないに近い連作短編構成で、シリーズ重要キャラクター炎の魔女」とブギーポップ誕生を描く、ブギーポップオリジンとも言える、夜明け。

ジレンマを抱えた創作者の心をアイスクリームに託した、ペパーミント魔術師

屈指の人気キャラクターの登場巻であり、二人の男が巡り会い激突する、シリーズ中では比較ストレートに「熱い」展開が見られる、エンブリオ二作。

以上の9巻はわずか二年の間に刊行されている。ほとんど月刊ペースで新刊を出すような恐るべき速筆ラノベ作家存在する現在ではさほど目を引く数字でもないが、当時としては驚異的なスピードだった。それが一世を風靡する大人シリーズであればなおさらだ

次に述べる第二期では、複数の他シリーズと平行して執筆していたとはいえ一期と同じ巻数を出すまでに十年以上かかっていることと比べると、初期はどれだけ筆が乗っていたのかよく分かるだろう。

ブギーポップ第二期(ハートレスレッドさびまみれのバビロン

ちょうど一度目のアニメ化、実写映画化の時期を境にして、やや作風に変化が見られた。

異能による戦闘の重視

能力存在のものは以前からさほど珍しいものではなかったが、それまでは物語の中の一つの要素でしかなかった戦闘に、武器として用いるのが半ば当たり前となった。

各巻の主人公格にはたいてい非能力者も一人は配されているし、エンブリオのような異能者対異能者の直接的な戦いがそんなに多いわけではないが、それでもいわゆる「能力バトルもの」という印象はかなり強まった。これを理由作品から離れた読者も多い、らしい

かい部分だが、能力に(多くの場合洋楽由来の)名前がはっきり設定されることが多くなったのもこのあたりからだ(言うまでもないがブギーポップジョジョの影響を大いに受けている)

・「敵」の扱いの変化

世界の敵、もしくは敵候補側の視点が薄くなり、一期のように主人公の一人として扱われることが少なくなった。これと同時に、世界の敵の動機に世直しというか率直に表現すると「人類補完計画」に類するものがほぼ見られなくなった。

異能バトル化の進行と併せて、表面的には「邪悪敵役主人公たちが討ち滅ぼす物語」という単純な構図にやや接近することになる。

構成の素直さ

多くの場合複数視点で展開されること自体は変わらないが、各視点をそれぞれ一つの章(短編)にしたり、時間を大きく前後させたりというような凝った構成はあまり見られなくなった。

霧間凪の(一時)退場

数少ないレギュラーキャラである霧間凪が、二期半ばの13作目のオルフェの方舟以降、ブギーポップ本編に登場しなくなる。恐らくは、凪が主人公スピンオフヴァルプルギスの後悔』との兼ね合いによるものだと思われる。この不在は、21作目のラビット・ランで再登場するまで長く続いた。

テーマの複雑化

言葉にしにくい部分だが、一期においてはまだ、各巻が主に何を題材にしているのかが、なんとなくではあるが伝わるという印象だった。それが二期では、テーマ的により込み入った話が多くなり、分かりやす共感や盛り上がりからは遠ざかった感がある。そのぶん作家性がより強まった、とも言えるが。

第二期の注目作としては、

霧間凪ライバル?的な存在が初登場する(以降の出番はほぼスピンオフ)、ハートレスレッド

設定上最大に近い「大物」の登場巻であり、以後、他シリーズも含めて作中世界に大きな影響を及ぼす出来事が語られる、ジンクスショップ

暗い森の中を延々と歩き回る閉塞感と晦渋さのせいか読者の賛否が極端な、ある意味で二期らしさを象徴する作品といえる、ロスト・メビウス

本当に大事なことは既に終わっているという、これまでもシリーズに見え隠れしてきたもの見方が改めてテーマとして大きく扱われ、青春とバトルのバランスの良さから?二期の中では読者の評価も高い、沈黙ピラミッド(沈ピラの愛称で親しまれている)

などがある。

ブギーポップ第三期(デカダント・ブラック〜)

現行の作品群。

近刊の最も目立つ特徴として、主に第一作品主人公格だったキャラたちが、再びメインを張っていることが挙げられる。

基本的には新規登場人物もしくは既巻でのサブキャラ主人公となることが多かったものの、かつての主役がメイン級として再登板という展開自体は一期でも二期でも存在した。たとえば、歪曲王の新刻敬、ロスト・メビウスの織機綺、化け猫フォルテッシモなど。しかし、デカダント・ブラック以降はそのようなキャラクター配置が今のところ全ての巻で一貫して見られる。

三期各巻で主人公格として再登場した既存キャラは以下の通り(カッコ内は過去の主演巻)

これらのキャラは初期作品評価に比例して人気が高く、シリーズ上でも重要人物と見られているが、彼らが登場しているからといって、いわゆる「本筋」が大きく進展するだとか、シリーズを畳みにかかっているといった気配はあまりない。相変わらず核心の周囲をぐるぐると周るような展開が続いている。

また、こうしたキャラクター配置がテーマから導かれたものなのか、それともある種の商業上の要請によるもの(早い話がテコ入れ)なのかどうかも不明

それ以外の傾向としては、概ね第二期のそれを継承した形になっている。ただ個人的に一つ気になる点として、新規キャラクターの「格」の低下ということがある。

あくま作品から受ける印象だが、三期で初登場した新キャラ達には、作者の思い入れというものがあまり感じられない。戦闘能力の強弱などの問題ではなく、良くも悪くも人格的な面で個性が薄く、その内面に寄り添い掘り下げるような視点も弱くなっている。

特に世界の敵もしくは世界の敵に至らない程度の「悪役」の造形はこの傾向が強い。あからさまに傲慢だったりするいけ好かない人間として登場して、実際にいけ好かない人格のまま説教されたり死んだりして退場する、というケースがほとんどを占めている。

また、主人公視点人物として再登場している一期のメインキャラ達はたいてい洞察力に優れ、過去の巻で既に何事かを成したいわばひとかどの人物であるため、彼らの視点で描かれる新キャラはいっそう底の浅さが浮き彫りになってしまうというキャラ格差問題もある。

世界中の誰しもが、たとえ一見取るに足りない存在であっても世界の敵になり得る、というようなテーマの反映なのかとも思うが、それにしてもクソ雑魚ナメクジに過ぎるし、そういう「敵」ばかりではさすがに辟易してしまう。なにより、たとえばあのスプーキーEですら持っていた、人格の複雑さ・意外性というものほとんど感じられないのは寂しい。

悪役なら悪役でいいので、せめて初登場時点では、恐ろしさや底の知れなさをもう少し演出してくれないものだろうか。あるいはいっそ、無理に毎回新規キャラを多数登場させることを控えて、ほぼ既存キャラだけで話を回し始めてもいい頃合いではないかと思うのだが……ムーンライトに一度だけ登場したカレー屋など、もっと掘り下げてほしい旧キャラも既に十分以上に存在することだし。

というかいい加減ストレンジ書いてくれ。

まとめ

自分の目から見たブギーポップシリーズのこれまでと現状は、こんな感じだ。

結果的に後半はほとんどネガキャンのような書き方になってしまったが、そういう意図は毛頭ない。むしろ、こんな風に不満を持ちながらもなんだかんだで楽しく追い続けている読者もいるぐらいには今も魅力的なシリーズなんだよ、ということが言いたかった。信じてほしい。

今回のアニメ化の影響で原作が売れたり読まれたりするとしても、そのほとんどはアニメ化の範囲であり新装版も出る第一期、それも前半に集中することだろう。だが、これを機会に未読の二期・三期作品にも手を伸ばしてくれる元読者がたとえ一人でも現れてくれるなら、非常に嬉しい。読んだら一緒に文句を言おう(文句言う前提)

この増田への批判反論は大いに歓迎する。内容が何であれ、ブギーポップへの言及は増えれば増えるだけありがたい。

2018-12-12

JK美容垢が尊い

 最近女子中学生女子高生美容垢を覗くことにハマっている。知らない人向けに説明すると、「美容垢」とは、コスメダイエットに関する情報を主に発信するツイッターアカウント総称で、化粧品レビューメイクテクニックを中心につぶやくコスメ垢」や、整形したい・した人の「整形垢」、ダイエットの経過を報告する「ダイエット垢」などがその内訳として存在する。

 その中でも、アラサーOLの私がハマっているのはJCJK女の子たちがつぶやいているアカウントである。たいていK-POPアイドルか、乃木坂女の子たちが憧れで、プチプラコスメ校則にひっかからないギリギリメイク方法特に涙袋の錬成に命かけてる)や、シースルー前髪の作り方などを画像にまとめている。彼女たちにキーワードは「透明感」「消えてなくなりそうなほど儚い」など、とにかくなんか白飛びした画像みたくなりたいらしい。強めの囲み目メイクが最高にイケてた女子高生時代を生きていた当方としては時代の変化を感じざるを得ない。

 で、正直こちとら化粧し続けて10年以上のキャリアがあり、課金顔面を強化し続けてきた身としては、そのメイクテク特に参考になるものはない。むしろ医学的根拠のないダイエット方法RTしたり、アイプチやりすぎの目元を晒したりしているのを見ると「おいおいやめとけって」みたいな老婆心がムクムクと湧いてしまう。

 なのにどうして目が離せないのかというと、そこにはもう私には手に入らない「尊さ」が存在するのである

 ギトギトの性欲と食欲に支配されている(偏見オブ偏見ですすいません)二次性徴期の男の子果たして気づいてくれるのかはわからないけど。

 こんな目的で閲覧されているなんて彼女たちも気持ち悪いと思うので、フォローもせず、こっそり覗いている。年増のBBAマウンティングと思われてもしかたない。でも、明日会議資料だとか、来月のカードの支払いとか、子供を生んでも働けんのかなとか、働いても働いても埋まらない男女のもろもろの差とか、そんなことはまだ考えなくていい女の子たちの顔は、彼女たちの夢とか憧れとか嫉妬とか劣等感とかがぎゅうぎゅうに詰まった小宇宙なんだと思う。その小さなさな努力はどこまでも輝いていて、本当に尊い願わくば彼女たちが少しでも自分の顔を好きになれますように。そのまつげのくるんとしたカールが、いつもより調子の良いアイプチが、あなたの大好きな人に気づいてもらえますように。

2018-11-27

anond:20181127172721

嘘乙。誰かと腰を振ってるだけだからきっとフラダンスとかを楽しんでるだけなので浮気ではないよ。

ま、人は弱く儚いものからしょうがないね

2018-11-04

米中衝突で「最後戦争」に勝った日本を見たいな

ペンス副大統領の対中方針演説関西弁に意訳されるとより過激に : 市況かぶ全力2階建

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65928151.html

トランプ政権煽りに乗って中国戦前日本のような狂犬になることはほぼ無いと思うけど、何かの手違いで沖縄あたりに先制核攻撃したりしないかなと、ほんのちょっぴり期待してる(攻殻機動隊がそんな設定だったっけ?)

で、当然アメリカ側で自衛隊が参戦して勝つの

第二次世界大戦最後戦争なのでそれに負けたお前の国は人類史の終わりまで負け組な、というのは辛いものがあるので。

いや本当に中共戦前日本みたいな外交オンチをするはずが無いから、まあ儚い夢ですよ。

2018-11-02

ジャニーズJr.萩谷慧悟くんとLove-tuneについて

5年間ずっと応援してきた萩谷くんが、とうとう事務所を退所した説が濃厚になってきた。バイトをしているなんて話も聞いた。SMAP木村拓哉になりたくって、小さい頃から事務所に入って一生懸命やってきた人。小さい頃はやけに前髪が長くて、HIP HOP JUMPというグループで踊ってた。その頃わたしは別のグループが好きだったけど、SMAP特番で緊張しながら質問したりとか、1 for you蛍光色のブカブカ衣装来て踊ったりとか、よく覚えてるよ。

わたしが1回離れたけれど、大学2年生の時に久しぶりに見たら、すごい大人になっていてびっくりした。秋の少クラ安井と一緒にTake overを歌ってるあの数分で好きになった。あんなことは初めてで、これから人生でも滅多にないと思う。それからずっとファン。ここ数年のわたし青春

最初安井にくっついてるオマケみたいな感じだったかもしれない。安井は前からファンも多かったし、アピールも上手だった。萩谷くんはあまり前に前に出る方では無いし、綺麗な顔をしているけれどファンはあまり多くなかった気がする。萩谷くんにはなかなかソロパートも与えられなかったし、クリエの公演でも萩谷くんはソロ無しの時もあった。

萩谷くんも大学生になって、二十歳を越えて、だんだんMCMを持つようになったり、髪の毛をパーマ掛けたり金髪にしてみたりした。地味な高校生が段々とお金を使うことを覚えて、それが少し寂しかったりもしたけれど、萩谷くんの中身は変わらないままだった。相変わらず自分の興味あることには徹底的に投資して頑張る人。だからずっと変わらず応援した。髪の毛については変える度に割と周りから不評で不憫だった。でもそれが可愛かったよ。わたし金髪にしてみたらってお手紙に書いたことあったから、別にそれを参考にして金髪にした訳じゃないと思うけれど、何だか申し訳なくなった。手紙なんて読んでいないかもしれないからどうでもいいけれど。

入り待ち出待ちもした。周りと比べてやっぱりファンは少なかった。それは萩谷くんがファンにあまり媚びないから、応援してても楽しくない人が多かったのかもしれない。でもそれで良かった。わたしアイドルとの接触が本当に苦手だから、サラ〜っと流されるくらいでちょうどいい。萩谷くんのファンは他のタレントと比べるとガツガツしてなくって、「萩谷くんが幸せそうな姿を見られればOK」っていう人が多かった。争いもあまりないし、みんな1人だった。

萩谷くんの後輩タレントの中には、ファンサービスが過剰なタレントもいて、そういうタレントファンはどんどんヒートアップしていく。ファンの数は簡単に増えるけれど、ファンサービスが貰えないと簡単に下のタレントに降りていく。萩谷くんはそういうことはしなかった。自分を安売りしなかった。そういうところも好きだった。来る者拒まず去るものわずの萩谷くん、それでもいつかの雑誌の「みんなの声援が僕の力になります。ずっとそば応援してください」その言葉で、萩谷くんがファンを大切にしてくれていることは分かったし、SMAPみたいになりたいっていう小さい頃からのブレない夢を知っていたから、ずっと付いていけると思った。

手紙には毎回同じイラストを描いた。あれで覚えてもらえたとは思わないけれど、見たことあるなぐらいに思ってくれたら嬉しいな。出待ちの時に仕切ってくれていたお姉様方は今どうしているんだろう。ネット上で叩かれたりもしていたけれど、ボランティアあんなに仕切ってくれてお世話になった。少なくともわたしは嫌なことをされたことは無かったし、いい人だった。一緒に帝劇から帰った友人たちは、わたしがあまり群れないタイプから全く連絡を取らなくなってしまったけれど、もう他のタレントに降りてしまっただろうか。

その頃Love-tuneというグループが出来て、大きく変わった。久しぶりのグループ結成でみんな力が入ってたと思う。安井にとっては初めてできた居場所。追加メンバー加入があった時は、想定外で少し落ち込んだけれど、それでも今はこの7人で良かったと思うよ。萩谷くんにもソロパートが与えられるようになって、すごく変わったと思った。わたしが好きになってから数年経って、masterpieceで萩谷くんと安井背中合わせに歌うシーンは胸に来るものがあった。2人はプライベートでも仲がいい訳でもないし、交友関係も全く違う、年の差もある。でも仕事上お互いを信頼していて、そんな2人が目標に向かって頑張ってきて歌うmasterpiece。俺の行く先はずっと君がいるなんて。

わたし社会人になって、年一度のクリエに行ければいいと思ってかなり落ち着いて応援するようになった。グループも出来たし、あとはみんなでひたすら上を目指して頑張るだけだ。わたしわたし生活を頑張って、たまに萩谷くんに会いに行こうと思った。

アイドル儚い。いつの間にか干されて、あっという間に露出がなくなった。行こうと思っていたクリエ公演もなかった。雑誌にも載らなくなった。そうやって消えていくタレントを何人も見てきたけれど、まさか自分応援している萩谷くんがそんなことになるなんて思わなかった。わたしは萩谷くんに会ったのは昨年の夏が最後だ。何でもっと会いに行かなかったんだろう。年1回会えればいいやじゃないよ。会える時に会いに行かなきゃ駄目だった。干された理由は色々噂があるけれど、事実なら彼ららしいなと思う。1つの場所に居なきゃいけない訳じゃない、横並びの与えられた仕事をただこなす人生なんてつまらない。この事務所10年以上頑張ってきたのはすごいことだけれど、他にも道はあるから幸せになれる道を選んで欲しい。できれば表舞台で輝き続けて欲しいし、事務所楽曲を歌えなくなるのは残念だけれど、萩谷くんの人生からやりたいことをやって欲しい。

どうなるかは分からないけれど、もし表舞台に復活したら今度は二度と後悔しないように応援しようと思った。こんなエモい気持ちにさせてくるアイドル他にあるんだろうか。ほとんどジャニーズからは離れてたのにこんな簡単に復活させてくる。アイドルには物語性があればあるほどファンが入れ込んでしまうけれど、こんな物語ぶっ込んでくるなんてずるい。昔やってたHeavenly Psychoを見てそう思う。「いつも夢に選ばれないまま」頑張ってきた7人。それでも、これからどんな形になろうと、みんな応援するよ。This is love songの終わりの「みんなと同じ未来を見れますように!」っていう萩谷くんの手書きコメントわたしもそう願ってるよ。すぐに復活は出来ないかもしれないけれど、ずっと待っているので、また元気な姿を見せてね。

2018-10-26

anond:20181026130223

しろ市場女性インパクトが増しているからこそ」女性による強気発言が目立つようになってるんじゃないかと。

かつて女性可処分所得もないし社会的発言力もない、取るに足らないもの、とされていた時代

女性にも「自分たちはそう扱われても仕方がないもの」と言う自覚があったから、世が男性中心に動いていても文句を言わなかったが

女性の力がどんどん増しているからこそ、文句を言うように(言えるように)なったんじゃないかと思っている。

実際に女性文句を言うことで世の中が動くようになってるわけで、

それは女性の力が無視できないほどに大きくなっているからなわけだし。

記事でも描いたように、それはまさにそうだったと思うよ。具体的には大正モダン時代から男女雇用機会均等法時代を経てずっと「市場における女性インパクト」は増大してきたし、それを背景に実際の発言力も、そして女性脳内における発言許可状況も拡大されてきた。もちろん指摘の通り社会はそれを無視できなくなり、女性向けのあらゆる商売が花開き、はいからさんが通る過去になった。

でも、ここ5年位でそれって頭打ちになってない? ってのが元記事でいいたかった消費に関する部分なのよ。すごくぶっちゃけたことを言ってしまえば、今現在バブル期のような財産献上を男性から受けるような、プレゼントの最低ラインティファニーホテルオークラプリンスで、みたいな意味での「女性による消費の主導化」はもうおこなわれてないでしょ? すくなくとも、「女性の消費力がどんどん右肩上がりで上がっていく」バラ色の未来予想図はもうない。非婚化すすんでいるんだから家庭に入れば消費大臣になれるってのも、どんどん儚い夢になっていってる。

現状は少なくとも事実として「女性の方が男性よりも給与が少ない」わけで、その事実のもとに「女性男性よりも消費のキャストボードを握る」ためには、理論的な帰結として「女性は自らが稼いだお金ではなく、男性財産処分先(消費するアイテム)の決定権を男性から委任される(もしくは強奪する)必要がある」のよ。そして、それは最近の傾向を見ると、どんどん難しくなっていくようにみえる。

もちろん、正しい、そして長期的に解決可能な回答は「女性給与男性と等しくする」だけど、少なくとも現在時点ではそうなってないって話でもある。

2018-10-17

いともたやすく行われるえげつない女の行為表現した曲が好き

SHE IS SUMMER

とびきりのおしゃれして別れ話を

Cocco

強く儚い者たち

かにいかなー(チラ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん