「ドキュメンタリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドキュメンタリーとは

2019-03-12

anond:20190312132534

レスつけないらしいので一方的に殴るけど、「ノンフィクション小説だ」に対して「小説だろ」はまったく反論になってないし、「ドキュメンタリー」と「ノンフィクション」の区別もつけたほうがいいぞ。

anond:20190312132006

狼王ロボ』(おおかみおうロボ、英語: Lobo, the King of Currumpaw )は、アメリカ合衆国博物学アーネストトンプソンシートンによる創作物語。

「群れを束ねる古狼「ロボ」を巡る逸話を基に創作したのが本作品「狼王ロボ」である。なおシートンは同時期に多くの狼狩りに参加した経験があり、各地での体験談統合した作品「ロボ」であるとする説もある。本作品が記された19世紀末頃のアメリカで狼は害獣として駆除対象とされ、各地で狼狩りが盛んに行われていた。当時米国西海岸で約50万頭の牛や羊が狼に虐殺されたという統計が残っている。」wikipediaから引用

 

相手動物じゃインタビューもできないのに「ドキュメンタリー」の手法を守れるわけがない

盛ってるんなら小説だろ

まあ募集した元増田意見なのか絡みたいだけの横か見分けがつかんからもうレスつけない

2019-03-11

マスコミ最低!でも一部の方はいいひとなんですけど…

という内容が拡散していくパターン結構あるんだけど

最低な人についての話は非常に具体的に書いてある一方

その「一部のいい・まともなマスコミ」の例が挙がることは基本ないので

はいはい俺らはマスゴミですよ」って開き直ったり(そもそも圧倒的人材不足&斜陽により新入りでも特に信念とか無い人が多数)

まともなひとも評価される機会が無いし数字も取れないしで流れに迎合していったり立場が狭くなった結果

こうやって各局似たような感動話か悲痛な話、あんま抗議が来なさそうな無難な内容をこの時間ゴールデンプライム帯の特番で流して

角度のあるドキュメンタリーは深夜、BSローカルでひっそり流してるという現実

この日が近づくたびに毎年見せつけられてる気がする

ただ単に衰退しているだけか

空母とかで働く人の作品って何かある?

空母とかって何千人って乗組員がいて、

コックさんだとか散髪屋さんだとか、

もうほぼ小さな街と言っても過言ではないぐらい、空母の中にいろんな人たちがいると思うんだけど、

そういう空母を支える人たちが出てくる本とか映画とかそう言う作品ってなにかありますか?

読んでみたいし観てみたい。

追記

作品ドキュメンタリーのとかでも見てみたいですし、南極料理人はチェック済み読みました観ました。

南鳥島観測員の話(ありますか?)とかも好きだしそう言うのが好きです。

さすがに石油備蓄基地の話はないですよね……。

たとえば白島石油備蓄とかの洋上国家石油備蓄基地の人たちの生活

2019-03-04

netflixドラマ

少し前までは食関係ドキュメンタリーしか見るものなかったけど

最近ドラマおもしろ

酒飲みながら見てると止められないほどおもしろくて見続けてしま

ちゃん吹き替えが用意されてるのがいい

2019-03-03

アカデミー賞の録画見たんだけど

アメリカやべえってなったな

作品賞とってそれが人種問題を描いたやつでそのスピーチが話し合えば理解できる、だもんな

そういうとこだよってなったわ

いや理解できなくても尊重しろよって

映画とかドラマとかドキュメンタリーしか知らないけど薄々思ってたんだよ

何かアメリカ理解できないもの叩いていいと思ってね?って

からみんな主張しなきゃいけなくなるんじゃねって

主張して理解させる努力を怠ってるなら叩かれても仕方なし的なとこあるわアメリカ

マイノリティも人と違う事を尊重しよう、じゃなくてマイノリティ迫害されてるから尊重しようって節あるし

よく日本でやべーやつが差別大国日本!みたいに言ってるの見るけどそれみたいに自分差別的マインド差別的な事言ってるって微塵も思ってないレイシスト的なのすげーいるみたいに見えるわアメリカ

アメリカ個人主義とか聞くけどそれ微妙に違うなってのも思うし

すげー帰属意識が強いと思うし相手批判的になる時も相手が属してるとこの影響は大きい気する

基本個人主義なんだけど人種とか性別とかルーツとかそういうのには全体主義

スクールカーストとかまさにって感じで

いや行った事もアメリカ人と喋った事もないし全部何か見て言ってるだけなんだけど

見てる9割フィクションだけど

作品賞とったのにつーかとる前からだけど何か本国で叩かれてんのもそういうとこじゃねーのって思った

英語読めないけど

2019-02-27

FANZAに撮ってほしい企画 其の2 エロスハウス

例のやつの(ry

AV女優AV男優の共同生活ドキュメンタリー

エロ部分以外は、無料公開。

エロ部分は、有料販売

やらせ台本ありのパターンやらせ台本なしのパターンの二種類試してみる。

AV女優AV男優ではない、一般人オーディションもやってみたい。

anond:20190226232113

中国住宅街ほぼほぼマンションじゃないのかな

ドキュメンタリー番組好きなので、そこそこ中国映像を見てると思うのだが

田舎は掘っ立て小屋中国最下層の、いわゆるネット接続されてない層)

それ以上はほぼ共同住宅だった

下位はビル的な、何も装飾がない建物(の1室に家族全員や、4人くらいでシェア

中層くらいから、マンションインテリア中国っぽさある。赤系の装飾品だとか、金のインテリア

上層はクソ広いマンション中国嫁の人の家みたいな)

 

 

つか、中国って先進的な部分が日本ではよく報道されるけど

年間20万人誘拐されて人身売買されてる恐ろしい国なんだよな

近代国家だと思ってると足元すくわれる部分はある

2019-02-22

食券機ドキュメンタリー増田すまーリタン目ゅ木戸金けっょし(回文

食券機で5分悩む人。

食券機を使えない人。

ご飯は別料金だと知らない人。

食券機の前には色々なドラマがあるわね!

はいものボンゴレビアンコ大盛りをもう場所も覚えてるので、

パパパッと食券買えちゃうんだけれど、

慣れない人から見たらやっぱり食券機は難しいのかしらね

でもキャンペーンメニューが追加されるたんびに

いつもの頼んでるメニューボタン位置が変わるのも混乱の一つの原因でもあるわね。

で頼んだボンゴレビアンコと日替わりのお味噌汁あさり汁で

マスター含み笑いで、

あさりかぶってやんの!って指さして笑うのやめてくれる?って思ったわ。

味噌汁の日替わりメニューチェックしてなかったわ。

教えてくれたって良いじゃない、

そしたら私ミートスパにしたわ!

まああさり好きだし!美味しいし!いいもん!

ボンゴレビアンコとあさり汁をパパッと食べ終わってふと見るとまだ悩んでる人いて、

もう10分以上悩んでるみたいなの。

悩む時間もったいないわって思っちゃう

私もう食べ終わっちゃった。

でもそれはまだ食券機に挑もうとしてる姿勢はあるじゃない、

最初から食券機に挑まずいきなり着席して現金でオーダーを強行させる人も居たりして、

なかなかのパワーっぷりよね。

で、なんとか本編のメインメニューは頼めたけど

サブメニュー頼めない人もしかりよ。

食券機を人間ウォッチングしてるとなにかの縮図にでも見えて仕方ないわ。

1回72時間ドキュメンタリーで食券機特集やって欲しいくらいよ。

でもこの時期冷や盛りパスタメニューからなくさないで欲しいなぁ!

あれは通年やっておくべきよね!

うふふ。


今日朝ご飯

タマサンドハムサンド

最近この組み合わせが多いです。

それとホッツコーヒー

デトックスウォーター

今週はずっとミカン系ウォーラーよね。

私がよく見てなかったのが悪いんだけど、

ポンカン1つ腐ってたわ!ショック。

昨日買ったばかりのポンカンが1日でそんなになるわけないじゃないって。

私がよく見なかったのが悪いと諦めたわ、

金八先生段ボールの隅っこで腐ったミカン

人と人が支え合ってるって方程式の話を思い出したわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-02-19

anond:20190219043926

何でそんな怒ってんの?こわい

日本語アレなのはそうなんだけど全部ってわかんないな

博物館以外は普通にたぶん日本語でも検索すれば出るくらいだと思うし特別な話ってわけでもないよ

なのに妄想とかソース求めるって事は知らないんだよね

から認識が偏ってるんじゃないかなやっぱり

ギリシャポーランドのなんて日本でもニュース流れてたの覚えてるし

ポーランドが改めてアウシュヴィッツにキレてたの最近だよ

植民地は国覚えてなかったけど調べたらナミビアだった

これは前にネットで見かけただけなんだけどインフラ投資分の請求とかだったか

植民地からの訴えガン無視してるのは知ってたんだけど欧米列強結構そういう感じっぽいって知ってビックリしたな

博物館のは2年?3年?くらい前だけどドイツ人から聞いたか眉唾じゃないならたぶんある

ナチス科学者技術者功罪の功の部分をフィーチャーした展示なんだって

観光客が来る様なとこは基本ないけどその科学者出身地田舎の方だったりすると誇るみたいにやってるとこもあるって言ってた

地元向けみたいなとこあるから自分最初ネットで知ったって

から又聞きみたいなもんなんだけど

映画帰ってきたヒトラー見てドキュメンタリーとしてもドイツ人のそういうとこ描いててこういう感じなの?って聞いたら教えてくれた

ドイツ人はこれはこれそれはそれって考え方する傾向あるから教育ちゃんとやるしナチスの罪も理解してるけどどこかでそれはそれとして功績は功績って捉えるとこもあるんだって

でも普通は思ってたとしても表立って言わないけど田舎だと悪気なくそんな程度の認識だよって

田舎じゃなくても東とかのある程度の年齢の人もそんな感じらしい職人系の人とか

イギリス人とかが見たらたぶんショック受けると思うけど自分はそこまででもなかったって言ってた

それがナチスの罪を肯定してるわけじゃないしそういう昔もよかったって人がいるのは知ってるからって

自分ドイツ賠償とかはアレだけど国内での今の教育とそういう価値観広めるのはすごいちゃんとやってるイメージだったかちょっとショックで覚えてた

結構そんな感じなんだなって

都市部田舎意識違うのはどこの国もそんな感じじゃない?って言われたけど

それナチスでやっちゃ話別だよね

でも名前失念してるしもう聞けないし博物館っていうのも違ったかもしれない

ハッキリした記憶無くて曖昧なまま知ってる感じで書いちゃったのはごめんね

2019-02-17

アメリカを横断する夢を持った中学生を優しく見守ってあげて

この話を最初に聞いた時は、結末は殺されるか、行方不明だろうなって思ってました。

おじさんの雑な想像申し訳ない。

歩いてアメリカ横断なんてすごいことだとおもってるでしょ?

ドキュメンタリー番組じゃないんだから交通機関使ったほうがいいよ。

僕は歩いて行ったことはないんだけど、自転車観光地まで行ったことあります

やってみるとすごい充実感があるの。走ってる最中植物の種が服についてて感動したりとか。

途中まで仕事でよく使う道を走ったんだけど、同じ道を走ったと思えない。

でもね、全く知らない土地に行くときには、歩き=難しい、公共交通機関=楽、という数式が成り立たないの。外から応援する人だと歩きで行くなんてすごいって思うんだけど、実際自分でやる人間には、歩きは体力さえあれば到達するけど、公共交通機関コミュニケーション取らないと目的地にたどり着くこともできない。歩きが一番イージー方法だと思います

旅は自分主観で見ると歩きとか自転車は、旅の充実感がすごくあるんだけど、脳みそが道の記憶で全部埋まってしまます目的地の印象がほとんど残りません。ここ行ったことあるけど何やったっけ?という記憶しか残らないんです。

それはそれで楽しいんだけど、いろんな旅行体験したほうが楽しいと思う。

から次にアメリカに行く時は公共交通機関を使って周りの人とコミュニケーション取りながら移動しましょう。

彼は今回の旅行強制終了で終わりましたが、次は周りの人を納得させて素晴らしい旅行になると思います

でも、一言だけいうと、周りの大人は猛省しろ。初めて行く土地言葉も通じない状態で無計画で行かせるな。

せめて計画は立てさせようよ。

アメリカ横断に挑戦する中学生を追跡するドキュメンタリーを撮って欲しい

2019-02-16

実録:遺影でイェーイ🍺 anond:20190216003651

なんかのドキュメンタリーでイェーイやってる遺影見た気がする

・・・が見つからんかったので

遺影だけにイエーイ」酒好きの祖父遺影に対する周囲の感想が深い「悲しんで送り出すよりも笑顔お疲れ様って送り出してあげるほうがいい」https://togetter.com/li/1264883


先日祖父が亡くなりまして、お通夜に行ってたんですけど、普通遺影って免許写真みたいなやつだが、酒好きのじいさんの遺影は「🍺(・∀・)✌︎」こんな感じのやつであまりにもインパクト強かったから思わず遺影だけにイエーイ✌︎ってか」ってボソッって言ったら母親がブフォッって噴き出した。


ちなみにこの遺影見る人みんながいいねって言ってくれた。お経をあげてくれた住職さんにも「いい写真だなあ~……」って言われたし、霊柩車運転手にも「この仕事して30年近いですけど、今まで見た遺影の中でも三本指に入るくらい良いですね」と言われた。

2019-02-15

anond:20190214023524

ヒャダインについてのブコメヒャダイン仮歌ヒャダル子じゃなかったか

なんかのドキュメンタリー撮影を断ってたのは、女声パートを歌ってるのを見られるのが恥ずかしいから、とかの理由だったはず

2019-02-07

anond:20190207215803

「あはがり」の人だよね

朝崎郁恵さんという方でたぶんまだご存命だと思う

ドキュメンタリーもかつてどこかで放送していたような記憶があるな

BSプレミアムドキュメンタリー

BSNHK総合教育制作され放送された過去数十年間のドキュメンタリー

テーマリクエストに沿って構成して再放送する「プレミアムカフェ」という枠があるんだけど

始めから終わりまで流れも登場する人の言葉ほとんど暗記してるくらい好きなドキュメントがいくつかあって

それが放送されるときは毎回録画しては飽きずに見てしま

自分の中ではその内容のあれこれを事細かに覚えていてもいつも新鮮で身近に感じるんだけど

実際には制作放送年が2002年とか2007年とかもうかなり古くて

自分もそれは歳をとるわけだなと思うと同時にそのドキュメンタリーの中に

自分が観る度に何度もずっと同じ姿のまま登場する人達は今どうしてるのかなと考える

数日や数か月や数年をカメラに切り取られてその動いているところが鮮明に写ってる

海外のどこかで暮らしてるその人たちがいまどうしてるだろうとかまだ生きてるだろうかと考える

年配の人はもう亡くなっているだろうなとかあの若いカップルは今は結婚したろうかそれとも別れただろうか、

ともあれ二人ともあの広大な国のどこかの町で元気に生きているだろうかと考える

名前のはっきりわかっている人はたまに思い出したように検索してみたりして

生きてHPフェイスブックをやっていると知り合いでもないのになんとなくほっとしたりとかもする

絶対生身のまま会うこともなければネット上ですら言葉も交わさな人達だし

こっちが一方的にそのときのその人を何回も再生してるだけなんだけどときどきものすごく気にしてる

たまたま見ることができただけのその人の人生の一部を共有してる気分になって

こうやって撮られていないだけで同じようにどこかでなにかあれこれやってる人たちが

世界中にどんだけいるんだよと思って世界広すぎるだろって途方もない気持ちになる

NHK、たまにかつて撮った人たちのその後を追いかける番組でも作ってくれればいいなと思う

2019-02-05

拝み屋郷内 花嫁の家

ホラー小説を読みたい気分だったので人気のこの作品を読んでみたのだが、あまりにひどい文章なので序盤でリタイアした。

「実話怪談」という体裁のはずなのだが、華美な単語意味もなく回りくどい言い回しで飾りすぎていて、「実話感」がゼロ

本の一話目は体験者の一人称で語られるのだが、もうこの時点で読む気がなくなってしまった。

わたし立花昭代から椚木昭代になったのは、昭和五十五年の九月。

山々に生える樹々が赤や黄色に色づき始めた、季秋のある晴れた日のことでした。

わたしが契りを結んだのは椚木家の家督息子で、名を武徳といいました。



ひどい。なんなら笑える。

昭和55年(1980年)で「契り」って。「山々に生える樹々が赤や黄色に色づき始めた」って。イデオンとか金八先生がやってる時代に、おまえだけ戦後か。

しかも著者(主人公)の職業が「拝み屋」なもので、「中禅寺秋彦にあこがれる中学生が書いた小説」のようだ。

この話は「家の周りでなんか生き物が吼えてて不気味」という内容なのだが、それに「月に吠える」(萩原朔太郎)と名づけるセンスにもゲラゲラ笑った。実話怪談だぞこれ。

そのすぐ後で、著者が巻き込まれ事件も語られるのだが、ここもひどい。

著者に助けを求めてきたシングルマザーが、深夜に娘を家に置き去りにしてきたことに気づくってだけなのに、なぜこうも回りくどいのか。

と、そこへ突然、何かとてつもない違和感を覚える自分がいた。

初め、違和感の正体がなんなのか分からなかった。が、千草が私の仕事場へ訪れるまでの経緯をひとつずつ思いだしていくにしたがい、ようやくはっとなって蒼ざめる。

「娘さん、今誰に見てもらってるんですか?」

そこで千草も「あああっ!」と悲痛な叫びをあげることになった。



普通小説でもトロくさい文だが、何度もいうけど、実話怪談なのであるドキュメンタリーなのである

しかも著者本人は服装にも無頓着な色黒のおっさんである

似合わないことはなはだしい。

こんな調子はずれの文章をみんなよく真面目に読んだり怖がったりできるなと、そっちの方がよほど不気味だった。

好評はサクラであることを願う。

2019-02-04

ダンガンロンパV3を思い返して(ネタバレ

この作品において前作までの話についてのあれやこれやらで賛否両論が起きて

レビューなんかも荒れて

そこから少し落ち着いていやいやこれはそういう話じゃないよっていう冷静な意見も出て

そういう意見にはおおむね賛同するんだけど


時々掲示板なんかで話題になると

やっぱりなんかずれてるなぁっていう意見の人がいる


ダンガンロンパダンガンロンパV3フィクションだよ?

よく聞く「ズレてるんじゃないかな?」って思うのが「主人公最終章で言ったことに胸を打たれた」っていう意見

自分たちフィクションなんかじゃない、感じて、喜んだり苦しんだりする本物の人間なんだ」っていう「キャラクター台詞」を受けての意見なんですが

彼ら彼女らが憤っていたのは「現実人間ダンガンロンパ世界において、ですが)」にコロシアイさせる、

それを見世物にして感動やカタルシスを得ようとする「外の世界(首謀者の話を真に受けたら、の話ですが)」に対してのことです。

まさか彼ら彼女らがあらゆる登場人物が傷つき、挫折したり克服したりする虚構全てを批判してるなんて捉えるのはおかしいでしょ。


から彼ら彼女らの台詞」を聞いて「ハッとした」なんて思ってる内は、むしろ「外の世界」の人間に近い考え方なんですよ。だって虚構現実をごっちゃにしてるんだから

多少ベクトルが違うだけで、次元としては「ダンガンロンパV3過去作品けがした!」って憤ってる人と大して変わらない。

ダンガンロンパシリーズはもう続編は出す”べき”ではない。っていうのも同じ。

まあ個人的意見を言えばこれで有終の美を飾ってもいいくらいの作品だとは思ってるけど。


主人公の切実な「自分たち見世物にするな」という叫びは、虚構からこそ、ある意味安心して感動できる。

これがドキュメンタリーとかだったら感動してる場合じゃないでしょ。警察通報でしょ。


そう考えると「(ゲーム内の)視聴者」の喜ぶようなことは何もしない、選ばない、という態度を取っていながら、

最終的には首謀者が倒れて、彼ら彼女らが生還する。めでたしめでたし。っていう「現実の私達」が喜ぶような結末になっていることも皮肉になるのかな。


もしもこの主人公の"「コロシア視聴者」への糾弾"が、イコール"「現実の私達」への糾弾"なんだとしたら、

突然ゲーム強制終了してスタッフロールすら流れない。ってところまで徹底して然るべきだと思う。

まあ単純にそんなことやったら賛否両論どころの騒ぎじゃないっていうのもあるけど、

それをやらないのは、やはり、どこまでいってもフィクションから。そういうことだと思う。


でもフィクションからいいんだよ、「フィクションの中で『それフィクションだよ』とか冷水かけるようなこと言っちゃう」のもフィクション自由さを現してるんだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん