「赤塚不二夫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 赤塚不二夫とは

2020-05-30

anond:20200529124907

MLPはよくプリキュアに擬えられるけどちょっと違うと思う。

プリキュアニチアサ文化ってものベースにあってそれありきで支持されてる。

一方MLP80年代ブームを起こし定着したのち(この頃から何度もアニメ化はされてきた )、だんだんマンネリ化し一時下火になったものの、

2010年から始まったアニメ、「〜トモダチは魔法〜」シリーズがその骨太ストーリーキャラクター造形から幅広い層から支持され空前絶後の人気となった。

ネトフリのドキュメンタリーシリーズ「ボクらを作ったオモチャたち」のマイリトルポニー回を見てもらうのが手っ取り早いだろう。

無理やり日本コンテンツに例えるなら、

昭和に一斉を風靡し何度もアニメ化されつつ、平成に入ってからは全く存在感のなかった「おそ松くん」を、

とっつきやすキャラクター設定、練り込まれサブカルネタが炸裂するギャグセンスで「おそ松さん」としてリブートし、腐女子という、今までの赤塚不二夫作品には見られなかった新たなファン層を獲得した事例に近いのではないだろうか。

「〜トモダチは魔法〜」の作風自体は強引に言ってけものフレンズに似ていると思った。

2019-11-12

anond:20191112174612

なんというか ギャグマンガじゃなくて

本当にそういう変態観測される世の中っていつまで待っててもおわらないんだなあ

しろ赤塚不二夫とかのギャグ漫画のほうがリアルなんだなあ

2019-11-10

タモリ赤塚不二夫への弔辞勧進帳だったという

そのオチタモリマネージャーがトガシだからだと本人は言う

でも下世話な解釈をするなら

その後に弁慶が罪の重さに打ちひしがれるのも

それを義経が許すのも

その後山伏が非礼を詫びて酒を振る舞うのも

その席で弁慶が踊って義経を先に行かせてやり、弁慶山伏や神仏に感謝をしながら飛び六方で去っていくのも含めて勧進帳に倣っていふものなんだろう

まぁ歌舞伎ちゃんと見たことないんだけど

2019-10-20

anond:20191020124807

現代少女漫画絵と現代オタク絵は同祖(80年90年代少女漫画絵)だからだよ

旧来の少年漫画絵は手塚治虫赤塚不二夫ライン、これは現代コロコロコミックあたりが引き継いでる

手塚治虫赤塚不二夫ライン少年少女漫画絵はよりリアリティを求め、従来の絵物語で有名だった永松健夫(黄金バット)あたりと合流し劇画絵に発展した

劇画絵は石ノ森章太郎(仮面ライダー)や車田正美(リングにかけろ)あたりが有名かな

劇画絵の影響は少女漫画にまで波及して有名な池田理代子(ベルサイユのばら)や美内すずえ(ガラスの仮面)などの作家が有名になる

その後、篠原千絵(闇のパープル・アイ)が登場し劇画絵の印象を残しながらも線が徐々にシンプルになっていく

よりシンプルな線となる流れを決定付けたのが池野恋(ときめきトゥナイト)の人気が白熱したことだろう

池野恋から活躍から従来の劇画ベース少女漫画絵はレディースコミック継承することになる

このあたりから少年漫画雑誌に線がシンプルになりつつもリアリティを残す少女漫画絵調の作品が増えてくる

代表的なのが桂正和(電影少女)やあらいずみるい(スレイヤーズ挿絵)など

更に線がシンプルになる流れへ拍車をかけたのが武内直子(美少女戦士セーラームーン)やCLAMP(聖伝-RG VEDA-)や吉住渉(ママレード・ボーイ)の人気

そして全漫画業界パラダイムシフトと主張して過言ではない種村有菜(神風怪盗ジャンヌ)が登場する

種村有菜の登場以降、それまで人気だったスレイヤーズ主人公リナの元々大きかった目がより大きくなり線も柔らかくなるなど強い影響を見せた

-----

まりまとめると篠原千絵池野恋劇画絵を整理して少年漫画少女漫画から絵柄を輸入しつつも種村有菜が完成させた

現在萌え絵(オタク絵)は少女漫画ベースで出来ており、2000年代以降の雰囲気が変わったオタク業界で人気だったいとうのいじ(涼宮ハルヒの憂鬱挿絵)などはCLAMPの影響を受けたと明言している

もし萌え絵少年漫画ベースとしているなら現在コロコロコミックの絵柄に近くないと説明が付かないんだよ

そのラインを引き継いでる作家を敢えてあげるなら吉崎観音(ケロロ軍曹)あたりであり、萌え絵(オタク絵)としてイメージされる絵柄とは一線を画す。けものフレンズは大ヒットしたけどね

4コマ漫画へ強い影響を見せたあずまきよひこ(あずまんが大王)も武内直子などに影響を受けていると明言している

少女漫画絵とオタク萌え絵意図的混同

意図的混同というか実際のところ少女漫画絵と萌え絵(オタク絵)の境界線曖昧グラデーションであり混同するとかしないとかそういう話じゃないんだよ

2019-09-23

バカハラ受けてる

顔のことで、バカにされ、蔑まれやすくて虚しい。

何かあるたびに、どうせ知能が低いんだろう?という、無言の蔑みを、

周囲の人間からも、初めて会う人からも受けている。

ブサイクというジャンルではない。

中学クラスメイトが言っていたが、俺の顔は、失敗した腹話術みたいとのこと。

といっても、目も眉毛も、鼻も、口も、標準的位置にある。

しかし、自分で言うのも悔しいが、彫りが変に深くて、赤塚不二夫漫画に出てくるキャラに思えることもないでもない。

見慣れた自分の顔だから、好きではあるが、もうちょっとのっぺりとしていたらと、何度思ったことか。

親は恨んだことはない。

一応、某難関国立大学卒。IQも高い。年収だって千万円超えで、貯金も一人で生きていく分は余裕である

しかし、人生って見た目が99.999999%なんだなと認めざる得ない。

悲しくてやるせないが。

少なくとも、増田でうろうろしている奴らよりは、金もあるし、頭もいい。

国家公務員とだけは言っておこう。くそ賤民どもが

はー

2019-05-31

仮面ライダー民度

おそ松さんファン目線で思うこと

おそ松さんがえいが記念に仮面ライダーコラボしたら、仮面ライダーファン民度が低くてとても驚いた

それぞれ原作石ノ森章太郎赤塚不二夫コラボなんてすごいことなのに、なぜそれを表面上だけでも褒めるか、それが嫌ならスルーできないのか

いつだったかおそ松さんは、手塚治虫の各作品ともコラボしたがその時は手塚ファンから叩かれるところはみたことが無いのだけど

私がたまたま厄介な手塚ファンと遭遇しなかっただけなのだろうか

また、おそ松さんウルトラマンともコラボしていたのだけどその時も仮面ライダーコラボほど叩かれていた記憶はない

これもたまたま厄介なウルトラマンファンと遭遇しなかっただけなのだろうか

にしても公式tweet罵詈雑言リプすると、仮面ライダーの界隈の評判が悪くなるので

せめて普通に検索に引っかからない感じで罵詈雑言をしてほしい

多分TL内だったら直接的なワードが無くてもフォロワーからは、なんとなくアレについて喋ってるなーと察っせれるだろう

2019-05-16

anond:20190516034956

窃盗殺人ギャグで済まされるのだろうか?

この人が赤塚不二夫を読んだら発狂するだろうな。山上たつひこの「イボグリくん」もお勧め

2019-04-16

おそ松さんがすきたか嘘松って言葉が嫌いって人が嫌い

何様なんだよって思う。

そもそもおそ松さん」なんて、赤塚不二夫大先生漫画おそ松くん」のリメイクだかパロデイだかでしょ?

それを腐女子が妙に持て囃しただけでしょ?

もちろん、日本語には歴とした「お粗末」(ただの「粗末」とはニュアンスがちがう)という言い回しがあって、それをキャラ名前にしたのは赤塚先生の功績だし。

嘘松」って言葉が生まれるに当たっては「おそ松さん」とやらが絡んでるらしいが、今更そんな語源の話なんてどうでもいい。

いずれ「チコちゃん」がネタにする程度の話だ。

大喜利って言葉がある。

あれは元々、寄せの最後(キリ)でやる演目で、普通落語じゃなくて特別な出し物をやることを指していたのだが、笑点のせいで、今やすっかり意味が変わってしまった。

それを今更「元々、最後にやるのを」とかいなのは野暮だろ?

大喜利って言葉の響きが、なんだか「お題を出してみんなで面白い答えを競う」という出し物の雰囲気に妙にマッチしてたせいで、もはや語源なんてどうでもよくなってる。

嘘松って言葉がこれだけ普及したのは「お粗末なウソ」=「嘘松」って言い回しキャッチーだっただけだろ?

私たちおそ松さんなのに」みたいな顔されると、本当にムカつくわ。

言葉あんたたちだけのもんじゃない。

2019-03-19

自分ツッコミである認識している」ツッコミキャラ

マンガに「自分ツッコミである認識している」キャラクター最初に登場したのはいつ頃・どの作品なのだろうか。

もちろん役割としてツッコミ的な位置にいるキャラクターは昔からいた。

マカロニほうれん荘のきんどーさんやトシちゃん対する沖田総司、『がきデカ』のこまわり君に対する西城くんのようなキャラクター達だ。

ただ、彼らはどちらかというとツッコミ役というよりはギャグキャラクターに比べて性格常識的で、ギャグキャラクター言動に振り回されたり驚いたり文句言ったりする位置づけであり、ボケとツッコミという役割分担であるという認識キャラクター自身にはなかったように思う。

赤塚不二夫あたりまで遡ると常識的人物は少なくなる。(バカボンママとかは常識的性格だが、作品内でのツッコミ的な行動は沖田総司や西城くんと比べて少なく、バカボンのパパのとんでもない行動がそのまま突き進んで話が終わることも多い)

個人的記憶しかないが、ギャグマンガ単語として「ツッコミ」が出てきたのは『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(以降『マサルさん』)が一番最初だが、もちろんマンガ歴史の中でみて最初ってことはないだろう。

それに『マサルさん』でもキャラクター(ふーみん)自身最初から自分ツッコミである認識していたわけでもなく、マチャ彦に言われてからだ。

なんというかふーみんは他者言葉によってツッコミキャラに目覚めた感じだ。啓示あるいはパッション

マサルさん』はお笑い芸人的なノリをマンガに持ちこんだ(個人的記憶では)最初の例だが、これももちろんマンガ歴史の中でみて最初ってことはないのだろう。

おそらく「ツッコミ」という単語最初使用したマンガと、お笑い芸人的なノリを最初に持ちこんだマンガと、「自分ツッコミである認識している」ツッコミキャラ最初に登場したマンガはそれぞれ別なのだろう。

それほどマンガをたくさん読んでいるわけではないので、このあたり詳しい人がいたら教えて欲しい。

2019-02-12

anond:20190211202346

漫画家のまんしゅうきっこは、父親だか祖父だかが、赤塚不二夫安部公房みたいに満州帰りだったのかと思い込んでいた俺

2019-01-19

タモリの驚異的な出世速度

赤塚不二夫に気に入られて、1976年に30歳で芸能界デビュー

芸歴5年目 お笑いスター誕生審査員をする。

芸歴7年目 笑っていいともスタート。以後31年続く番組に。

芸歴8年目 NHKアナウンサー以外で、はじめて紅白歌合戦総合司会を務める。

芸歴12年目 ミュージックステーションの司会となる。現在継続中。

以後、老若男女に幅広く人気となりお笑いビックスリーの1人となる。

今のお笑いでいうと、ひょっこりはんやガズレーザーぐらいの芸歴で紅白総合司会やってたんだよなあ。

凄すぎる。

2018-10-22

anond:20181022090735

なんでMAD動画持ち出したかはわからないが、現代アートギャグ漫画だというのはその通りだよ。

赤塚不二夫がやったこともほぼ現代アートと言えるしね。

ただ

>すぐに陳腐化する寿命の短い生

については百年経った今でも「現代アート」と言われるデュシャンの泉があるから同意はできないな。

2018-07-30

anond:20180730143841

宮崎駿「えー、そうなん? 若いころはよく口に出してたけど」

赤塚不二夫「ワイのマッマ死んだときに…その…ね?」

2018-07-15

マンガ家マスコットキャラ一対一対応

手塚治虫のヒョータンツギ、尾田栄一郎チョッパー赤塚不二夫ウナギイヌ臼井儀人のぶりぶりざえもん、空知英秋の定春。このへんが定番か。

どの時代にもいるけど、最近のはわざわざ出してきている感じがして好かん。昔のマンガ家のほうがしれっと面白キャラを使ってたイメージ

意外と石森や高橋留美子や両藤子に良さげなキャラがいない。(ラムドラえもんオバQ主人公扱い)

2018-01-27

ギャグマンガレジェンドって誰なのか考えてた

赤塚不二夫いしいひさいち山上たつひこ谷岡ヤスジ秋本治いがらしみきお鴨川つばめ植田まさし、ここまでで8人。きりのいい10人にしたいのだけどあんまり思い浮かばなくて。誰か忘れている漫画家さんいるだろうか?

2018-01-25

anond:20180124232919

そこまで言うなら、赤塚不二夫先生原作は当然読んでるんだよね? それはともかく、少なくとも男性ウケはしないし多分狙ってない。単純に保身に走ってネタがつまらなくなってるだけじゃないの?

2018-01-08

anond:20180107152956

手塚治虫賞とか赤塚不二夫賞って、お笑いで喩えるならばM-1みたいな感じかな。

どこで、連載を持てるか?が一つの称号だろう。

ゴールデンで司会できるのが芸人ステイタスみたいな感じに近いだろう。

少年誌なら週刊ジャンプで週刊連載を持てるのが一つのステータスではないのかな。

青年誌なら、ヤングジャンプモーニング辺りだろう。

少女漫画は、りぼんマーガレットかなー。

あとは、単行本の売り上げじゃないのかな。

  

元増田の言うとおり、今のところ商業的な側面が、強くなっているよねー。

  

2017-07-24

鯨漁妨害するシーシェパード行為合理的に思えてくる。

この視点は、なかったな。

クジライルカとか哺乳類だしなぁ。

そういや、役所広司の主演映画に、ウナギが出ていたよな。

もうあれじゃん、ウナギ主人公悲劇のヒロイン海月姫みたいな感じでウナギ飼育する腐女子が、

取り潰されそうなウナギ養殖場を、守るっている2次元コンテンツの登場か、

赤塚不二夫漫画の(うなぎキャラいなかったかな?)スピンオフでも、おそ松さん風に誰かに作ってもらって。

海外ファンクラブが出来て、外圧でも無い限り、俺たち日本人は変わることはないんだよ、きっとさ。

2017-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20170418155313

なんか知らんけど教養ポジションにいるよね

赤塚不二夫バカやってた頃の話とかもっと引っ張り出してくればいいのに

2017-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20170310150808

逆だよ

芸術にしちゃうと恥ずかしい、ってのが今のポップカルチャー作った人たちの基本スタンスだったじゃん

アニメ漫画も当然芸術だし、ゲーム芸術だと思うよ

でも、芸術から敬え、って主張されると、赤塚不二夫は大笑いしてバカボン描くわw

2017-02-26

今更だけど笑っていいともが終了した理由

やはりと言うか、当然といいますか。

この番組が終了した理由に気が付きました。


はい


その理由は恐らく。。。

赤塚不二夫逝去たからだと思う。


赤塚逝去2008年

番組終了2014年


番組司会のタモリは長年、赤塚と仲の良い交友関係にあったが、

所詮、中身のない芸能人なだけに、赤塚後ろ盾がなければレギュラー番組一つ持てない。その程度のタレントな訳だ。(NHKに出てるけどしょぼいよね)


そもそも、タモリは何が面白いのか??

今までタモリを見てて笑ったことは一度もない。

所ジョージも同じく、何一つ面白くない。


赤塚と仲が良かったのは所ジョージも同じだ。

彼もタモリと似ている。

何一つ面白くない。


にも関わらず、ふたりとも長年テレビに出演し続ける事ができたのは、

赤塚の影響力に他ならない。

化けの皮が剥がれたって感じだよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん