「五輪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 五輪とは

2020-05-29

ブルーインパルスが何の役に立つん日本死ね!!!

ふざけんなよ日本

子供騙ししかできねえのかよ

ほんとこの国って終わってんな

明るいニュースが何一つない

マスクも届かない

給付金申請書すら届かない

給食戦時中よりも酷い

五輪も開催なんてできっこないのに中止決定の判断すら遅い

そこでまた無駄金

こんなんばっか

あ~あ

2020-05-22

令和2年は爆弾が炸裂してるよな

コロナ五輪中止森IOC爆死

定年延長見送り黒川辞任爆死

ホリエモン都知事選出馬後押し箕輪セクハラ爆死

立憲民主党は何やっても爆死

2020-05-21

五輪の中止

はてな界隈をみていると中止だ中止って意見に★がつくけど。

アスリートもそうだし、誘致から関わってきた人や運営まわりの人たちの努力を無にする発言よな。

はてブの半分は、メシウマで出来ています

五輪中止ならアスリートが泣いてメシがウマいぞー!メシがウマい!ウマいぞ!メシがウマいぞー!

anond:20200521084048

3月に延期決定した五輪が今から再開できると思うわけないじゃん

でも甲子園は別だろ

2020-05-20

ウイルス五輪エンブレム風刺ヘイトか?

感染確認に伴い延期せざるを得なくなった、コロナ禍の被害者の一つであるはずの『東京五輪エンブレム』をウイルスのように落書きする、という行為風刺なんだろうか?

この表現は、「東京五輪」といった特定場所属性に「病気ウイルス」のイメージを与えている。そういう点で「武漢ウイルス」呼ばわりととあまり変わらない、差別的な面を持つ危険表現ともとれる。そういう表現を、誌面に載せて発表している。

海の汚染酷暑、それに対する頓珍漢な解決案などはいくらでも批判風刺されて欲しいと思うけど、それらとこれは別問題

2020-05-16

いつまでもパールハーバー」が嫌なら

アメリカで何かあるたび、いつまでも真珠湾攻撃を持ち出されるのが嫌なら、

劇薬ではあるが、方法がないことはない

あの戦争立案実行した関東というエリアを、日本から独立させたらいい

「この国は首都圏が支えてる」「地方お荷物」と日頃言う類の関東人なら、

喜んで日本脱退を支持するはず

国際連盟を脱退した時のように、日本から出て行けばいい

独立してやっていけるだけの力が、あのローム層にあるとは思えないが)

いかげん気づくべき

あの大本営的な気質は、関東ならでは

痛々しいプライドが先行しているのは、ここ数か月の右往左往を見てもわかるはず

個人的には、乾いた強風の吹く痩せた平原という歴史(の弱味)が、今も影を落としている気がする

大戦メルトダウンの原因、お笑い五輪……こんな地方日本に要るか?

2020-05-15

甲子園中止でメシウマが止まらない

野球部のクソガキ共が一生に一度のチャンスを潰されて愉快でたまらない

野球以外に能のない馬鹿の末路ってほんと哀れ

から勉強しとけっていったのに

ほれみろ

スポーツ特に団体競技ってほんと嫌いだからこれを期に全部禁止でいいよ

あれって要は戦争ごっこじゃん

なんで平和主義サヨクリベラルスポーツ禁止にさせないわけ?

このまま五輪も中止にしろ

2020-05-08

anond:20200508114503

結局政府はなるべくコストをかけずにコロナ収束させたって筋書きにまとめたいんだろうな

当初は五輪開催のために検査絞ってたみたいだけど

2020-05-07

anond:20200507113339

いや、概念じゃないやん。

五輪優先してコロナ大作後手後手。

休業補償もろくにせず、命よりも経済優先。

生死にかかわる問題じゃねーか。

2020-05-04

一億総凍食化を

コロナ禍が終わっても酒を出す夜の店系は国策で最小化の方向で4649!今回足手まといにしかならなことが分かった商売下手というか料理下手な外食関係者は凍食のライン工農民になってどうぞ!

🏊

五輪が開催されても、オリンピック見に来た海外客向け掲示板に「外で食べるところはチェーン店しかないんで・・それが嫌なら・・すみませんが、・・ホテルで凍食食べてて!どの凍食もお宅らの国のレストランより美味しい自信はあります!」って書いてほしい。

2020-05-03

全力自粛でなんとか鎮めることはできるようだが

五輪とかどうすんだよ・・・

ほんとめんどくせえ案件残したもんだな自民馬鹿ども

2020-05-02

anond:20200502204050

桜を見る会阿部記念学校獣医学部五輪がなければ簡単にねん出できる予算なのにな

無駄遣いが多すぎて日本が火の車

未来予想図

6月 ゴールデンウィークの影響でイマイチコロナが収まらない

7月 梅雨入り時期になるが全体的に空梅雨 猛暑日が続く

8月 酷暑日が連日続く。五輪どころじゃなかったわ。最高気温レコード連発

9月 雨が降っていない影響で最大レベルの不作発生

10月 大型台風列島直撃連発

11月 大地震発生

12月 コロナぶり返し

2020-04-26

anond:20200426220645

SARSときは5名死亡となってるな

別に隠して得するようなことはなにもないし

日本には五輪があったけど

最近、ちょくちょく地震が来て心配だ。

もし巨大地震が来れば、来年コロナ復興五輪震災復興五輪も兼ねることになってしまう。

2020-04-24

日本人=毎回ノーガード戦法で自滅する民族?🤔

コロナ後の世界 - 内田樹研究室 http://blog.tatsuru.com/2020/04/22_1114.html

 

■「独裁か、民主主義か」という歴史的分岐点

コロナ以前」と「コロナ以後」では世界政治体制経済体制は別のものになるでしょう。

 

最も危惧しているのは、新型コロナウイルス民主主義を殺すかもしれない」ということです。

こういう危機に際しては民主国家よりも独裁国家の方が適切に対処できるのではないか・・・と人々が思い始めるリスクがある。

 

今回は中国都市閉鎖や「一夜城」的な病院建設医療資源の集中という、民主国家ではまず実施できない政策を強権的に下して、結果的感染抑制成功しました。

中国他国支援に乗り出した。どの国も喉から手が出るほど欲しがっているもの国内で潤沢に生産できる。このアドバンテージを利用して、習近平医療支援する側に回った。

 

今後、コロナ禍が終息して、危機を総括する段階になったところで、「米中の明暗を分けたのは政治システムの違いではないか」という議論が出て来るはずです。

少なくとも現時点では、アメリカンデモクラシーよりも、中国独裁制の方が成功しているように見える。

欧州日本でも、コロナに懲りて、「民主制制限すべきだ」と言い出す人が必ず出てきます

 

中国はすでに顔認証システムなど網羅的な国民監視システムを開発して、これをアフリカシンガポール中南米独裁国家に輸出しています

そういう抑圧的な統治機構に親近感を感じる人は自民党にもいますから、彼らは遠からず「中国に学べ」と言い始めるでしょう。

 

 

■なぜ安倍政権には危機管理能力がなかったのか

東アジアでは、ほぼ同時に、中国台湾韓国日本の4か国がコロナ問題に取り組みました。

中国はほぼ感染を抑え込みました。

台湾韓国は初動の動きが鮮やかで、すでにピークアウトしました。

その中で、日本けが感染が広まる前の段階で中国韓国ヨーロッパ情報が入っているというアドバンテージがありながら、検査体制治療体制も整備しないで、無為のうちに二カ月を空費した。

準備の時間的余裕がありながら、それをまったく活用しないまま感染拡大を迎えてしまった。

 

―― なぜ日本は失敗したのですか。

 

内田 為政者無能だったということに尽きます

これだけ危機的状況にあるなかで、安倍首相官僚の書いた作文を読み上げることしかできない。

ドイツメルケル首相イギリスボリス・ジョンソン首相ニューヨークアンドリュー・クオモ州知事まこと説得力のあるメッセージを発信しました。

それには比すべくもない。

 

一つには、東京オリンピックを予定通り開催したいという願望に取り憑かれていたからです。

そのために「日本では感染は広がっていない。防疫体制完璧で、すべてはアンダーコントロールだ」と言い続ける必要があった。

から検査もしなかったし、感染拡大に備えた医療資源の確保も病床の増設もしなかった。

最悪の事態に備えてしまうと最悪の事態を招待するかも知れないから、何もしないことによって最悪の事態の到来を防ごうとしたのです。

これは日本人に固有な民族誌的奇習です。

気持ちはわからないでもありませんが、そういう呪術的な思考をする人間近代国家危機管理に当るべきではない。

 

「準備したが使用しなかった資源」のことを経済学ではスラック(余裕、遊び)」と呼びます

スラックのあるシステム危機耐性が強い。スラックのないシステムは弱い。

 

東京五輪については「予定通りに開催される準備」と「五輪が中止されるほどのパンデミックに備えた防疫対策の準備」の二つを同時並行的に行うというのが常識的リスクヘッジです。

五輪準備と防疫体制のいずれかが「スラック」になる。でも、どちらに転んでも対応できた。

しかし、安倍政権は「五輪開催」の一点張りに賭けた。それを誰も止めなかった。

それは今の日本政治家や官僚の中にリスクヘッジというアイディア理解している人間ほとんどいないということです。

久しく費用対効果だとか「ジャストインタイム」だとか「在庫ゼロ」だとかいうことばかり言ってきたせいで、「危機に備えるためには、スラックが要る」ということの意味がもう理解できなくなった。

感染症の場合、専門的な医療器具や病床は、パンデミックが起きないときにはほとんど使い道がありません。

から、「医療資源効率的活用」とか「病床稼働率の向上」とかいうことを医療の最優先課題だと思っている政治家や役人感染症用の医療準備を無駄だと思って、カットします。

そして、何年かに一度パンデミックが起きて、ばたばた人が死ぬのを見て、「どうして備えがないんだ?」とびっくりする。

 

 

コロナ危機中産階級が没落する

―― 日本が失敗したからこそ、独裁化の流れが生まれてくる。どういうことですか。

 

われわれに出来るのは、これからその失敗をどう総括し、どこを補正するかということです。

本来なら「愚かな為政者を選んだせいで失敗した。これからもっと賢い為政者を選びましょう」という簡単な話です。でも、そうはゆかない。

 

コロナ終息後、自民党は「憲法のせいで必要施策が実行できなかった」と総括すると思います。必ずそうします。

コロナ対応に失敗したのは、国民基本的人権配慮し過ぎたせいだ」と言って、自分たちの失敗の責任憲法瑕疵転嫁しようとする。

右派論壇からは、改憲して非常事態条項を新設せよとか、教育制度を変えて滅私奉公愛国精神を涵養せよとか言い出す連中が湧いて出て来るでしょう。

 

コロナ後には「すべて憲法のせい」「民主制は非効率だ」という言説が必ず湧き出てきます

これとどう立ち向かうか、それがコロナ後の最優先課題だと思います

心あるメディアは今こそ民主主義を守り、言論の自由を守るための論陣を張るべきだと思います

 

―― 安倍政権コロナ対策だけでなく、国民生活を守る経済政策にも失敗しています

 

内田 コロナ禍がもたらした最大の社会的影響中間層の没落」が決定づけられたということでしょう。

民主主義の土台になるのは「分厚い中産階級です。

しかし、新自由主義的な経済政策によって、世界的に階級二極化が進み、中産階級がどんどん痩せ細って、貧困化している。

 

ささやかながら自立した資本家であった市民たちが、労働以外に売るものを持たない無産階級に没落する。

このままゆくと、日本社会は「一握りの富裕層」と「圧倒的多数貧困層」に二極化する。

それは亡国のシナリオです。

 

―― 中産階級が没落して民主主義形骸化してしまったら、日本政治はどういうものになるのですか。

 

内田 階層二極化が進行すれば、さら後進国すると思います

ネポティズム縁故主義がはびこり、わずかな国富を少数の支配階層排他的に独占するという、これまで開発独裁国や、後進国しか見られなかったような政体になるだろうと思います

森友問題加計問題桜を見る会などの露骨ネポティズム事例を見ると、これは安倍政権本質だと思います

独裁者とその一族権力国富を独占し、そのおこぼれに与ろうとする人々がそのまわりに群がる。

そういう近代以前への退行が日本ではすでに始まっている。

 

 

民主主義遂行する「大人」であれ!

―― 今後、日本でも強権的な国家への誘惑が強まるかもしれませんが、それは亡国への道だという事実を肝に銘じなければならない。

 

内田 確かに短期的なスパンで見れば、中国のような独裁国家のほうが効率的運営されているように見えます民主主義合意形成時間がかかるし、作業効率が悪い。

でも、長期的には民主的国家のほうがよいものなんです。

 

それは、民主主義は、市民の相当数が「成熟した市民」、つまり大人」でなければ機能しないシステムからです。

少なくとも市民の7%くらいが「大人」でないと、民主主義システムは回らない。一定数の「大人」がいないと動かないという民主主義脆弱性が裏から見ると民主主義遂行的な強みなんです。

 

民主主義市民たちに成熟を促します。王政貴族政はそうではありません。少数の為政者が賢ければ、残りの国民はどれほど愚鈍でも未熟でも構わない。

国民が全員「子ども」でも、独裁者ひとりが賢者であれば、国は適切に統治できる。むしろ独裁制では集団成員が「子どもである方がうまく機能する。

から独裁制は成員たちの市民成熟求めない。「何も考えないでいい」と甘やかす。

その結果、自分もの考える力のない、使い物にならない国民ばかりになって、国力が衰微、国運が尽きる。

その点、民主主義国民に対して「注文が多い」システムなんです。でも、そのおかげで復元力の強い、創造的な政体ができる。

 

民主主義が生き延びるために、やることは簡単と言えば簡単なんです。システムとしてはもう出来上がっているんですから

後は「大人」の頭数を増やすことだけです。やることはそれだけです。

 

―― カミュは有名な小説ペスト』のなかで、最終的に「ペスト他人に移さな紳士」の存在希望見出しています。ここに、いま私たちが何をなすべきかのヒントがあると思います

 

内田 『ペスト』では、猛威を振るうペストに対して、市民たち有志が保健隊組織します。

これはナチズム抵抗したレジスタンス比喩とされています

いま私たち新型コロナウイルスという「ペスト」に対抗しながら、同時に独裁化という「ペスト」にも対抗しなければならない。

その意味で、『ペスト』は現在日本危機的状況を寓話的に描いたものとして読むこともできます

  

ペスト』の中で最も印象的な登場人物の一人は、下級役人グランです。それがカミュにとっての理想的市民としての「紳士」だったんだろうと思います

紳士」にヒロイズムは要りません。過剰に意気込んだり、使命感に緊張したりすると、気長に戦い続けることができませんから日常生活を穏やかに過ごしながらでなければ、持続した戦いを続けることはできない。

コロナ以後」の日本民主主義を守るためには、私たち一人ひとりが「大人」に、でき得るならば「紳士」にならなけらばならない。私はそう思います

2020-04-23

国民民主党が俺の中で熱い




そんな中、唯一、国民民主が期待できそうと最近思っている。

とくにこれ。

提案際立つ国民民主次の一手は「ロックダウン法案」 与党にも「パクって結構」 玉木雄一郎代表インタビュー

https://www.j-cast.com/2020/04/20384548.html?p=all

パクって良いという姿勢、素晴らしい。政党間の切磋琢磨とはこうあるべき。

与野党はお互いに是々非々で接し相手の良い政策はどんどん取り入れ、悪い政策には改善点を指摘しあってほしい。

他の党に勝つことより、国民のためのアウトカムを出すことを最優先してほしい。

2020-04-21

anond:20200421193411

片方やれなんか誰も言ってないだろボケ

両方予算つければいいのに

なおgo to travelには1.6兆円ちょっと予算ついてるからこれに五輪3000億足したら2兆円と言われてた30万給付予算とほぼ同じ額だな

anond:20200421123900

まり国威がなけりゃ五輪なんぞやっちゃ駄目だってことで誰もやらなくなるよなあっていうねー

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん