「性コミ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 性コミとは

2019-02-13

anond:20190213091244

基本的に一生モテない。

モテない奴、異性と接することのない奴は対異性コミュニケーション力のレベルが上がらない。

そして年齢が上がるにつれて要求される対異性コミュニケーション力も上がっていくわけで、

一生追いつくことはできない。

2018-12-14

東大入る方が彼女作るより簡単

東大入る方が彼女作るより簡単って言ってる人をtwitterで見つけていたたまれない気持ちになった。

僕が彼の友達だったら言ってくれれば女性を紹介するし、無難コミュの取り方を教えてあげたい。

実際問題、対異性コミュってのだって色んなレベルがあるし、これも生まれつき+環境形成されるから本人がどうにかできる部分は少ない。

こういうコミュ障みたいな人をサポートするNPOみたいなのも確か東京にはあった気がするし、彼もそういうところに参加してみれば状況は変わるかもしれない。

将来的には社会的コミュニケーションサポートみたいな福祉が行われるようになればいいな。

2018-12-06

anond:20181206200228

性コミュニティと、異性を排除したコミュニティとは違うと思うけど。

同性の友達普通にいるけど、異性を排除するコミュニティ気持ち悪い。

2017-11-23

anond:20171123224511

共感性コミュニケーションって別に共感性が高いんじゃなくて

単にロジカルに話せない人間共感強要してるだけなんだなぁ

2017-11-22

anond:20171122111810

行為に貼るラベルが「ミラーリングなのは違うんじゃねって話なのに

なんで明後日の方向にキレキレなの…共感性コミュニケーションって怖いなー

2017-09-10

anond:20170910204354

きもちは何よりも優先されるから

共感性コミュニケーション的にはAは百点満点の対応

2017-06-25

https://anond.hatelabo.jp/20170625202004

元増田だけど、女が女を好きなように、男も男が好きなんだと思ってた!

恋愛とかじゃなく、友情とか信頼できる気の置けない同族理解者って意味で。

から、なんかショック受けた。

キモくて金のないオッサンも、同性コミュニティーなら仲間意識で優しくしてくれる人きっといるし、そこで友達作れば寂しくないし平気平気〜と思ってたけど、そうでもないの?

絶望じゃん。

なんか、男の在り方を考え直した方がよくない?

2014-06-11

会話テクニック

私は会話が苦手だった。

この数年間、いろいろな本を読んだり実践をしたりして、それなりに会話に対する苦手意識はなくなった。

自分が会話に対して苦手意識を持っている原因を分析し、対策を立てた。

会話が苦手な原因

①何を話したらいいかわからない

②いつ終わらせたらいいのかわからない

①について

会話が不安な原因は、まずコンテンツにある。

これから会話をしようというとき、一体何を話したらいいのかわからないから不安になる。

しかし、会話とはそもそも事前に予測できるものではない。

このことに気付いたとき、この不安から解放された。

会話というのは、「連想ゲーム」のようなものだ。

相手の話の中からキーワードを見つけ、さら自分の頭の中からキーワード連想する。

このキーワードは、自分の体験に関するものが多い。それに、体験談はその人固有のものからそれだけで相手にとって興味を引くものである

から、何を話したらいいかと憂うより、ひたすらいろんな体験をすることによって引き出しを増やしていく方がいいと思う。(旅行なんかは汎用性が高い)

相手が最近フランスに行ったということを聞いて、何年も前に自分も行ったことをドンドン思い出すことができた。結果、会話は盛り上がった。

このように、自分の話のコンテンツは相手が話すコンテンツ依存している。始まってみなければどんな会話になるかはわからない。

から、とにかく相手の言ってることをよく聞くことに集中すればいい。このような意識を持ってから、話題に困ることはほぼなくなった。

ここで私がぶち当たった壁は、会話の起点をどうするかというものだった。

連想するにしても、まずは起点が必要だ。0から1を生み出すのは大変だ。

ここで初めて、会話本でよくいわれる「共通点」が威力を発揮した。

これは大きく、共通する「属性」と、共通する「体験」に分かれる。

特に、共通体験は超強力だ。「いやーお疲れー。あの〜〜は大変だったねー」なんて始めてしまえば、後は連想ゲームのレールに乗っかる。

共通属性は、共通体験がないとき威力を発揮する。まず、それを見つけるための質問をする。見つかれば掘り下げていけばいい。

いわゆる「きどにたてかけし衣食住」だが、中身を覚えるのが面倒くさいし、実際の会話では瞬発力が要求されるので、思い出してる暇もない。

私は、「連想」と「共通点」の二つだけを意識して、とにかく相手の話を聞くに集中した。あまり細かく枠を決めても、かえって話題の発想を制限してしまうと思う。

②について

よく、廊下なんかですれ違ったときに会話が始まることがある。

私は、会話の終わらせ方がわからなくて、このタイプの会話が非常に苦手だった。そのせいで、なるべく人とすれ違わないようにしていた。こんな自分が大嫌いだった。

立食パーティーなんかでも同じだった。

ここは、あらかじめ会話を終わらせるポイントを明確にしておくことで克服した。

大きく分けて、自分の都合で終わらせる場合と、相手の都合で終わらせる場合がある。

自分の都合は、予定がある場合が一番いい。「あ、そろそろ戻らなきゃいけないんで」とか。これは時間という明確な基準があるのでやりやすい。

ない場合・・・でっち上げる。しかし、私は嘘をつくのが苦手だったので、あまりしなかった。その後の予定が全くないというケースはほとんどなかったし。

相手の都合とは、正に相手に予定がある場合。相手から言ってくれることもあるし、自分が知っていれば「そろそろ戻らなくて大丈夫?」とか聞けばいい。

相手も会話を終わらせたいが、言い出せないというケースもある。会話が苦手なのは自分だけじゃない。この場合は、相手の仕草に注目していれば発見できる。そわそわしていたり、時計を見始めたら、「そろそろ行きますか」とか言って切り上げればいい。

ここでとても重要なのが、会話を「広げるか」否かの判断だ。

会話を広げてしまうと、終わらせるに終わらせられなくなってしまう。会話が広がっているところで強制終了すると、お互いに後味が悪い。

会話を終わらせるポイントに近づいていることを察知したら、話題をたたんで収束に向かわせなければならない。

この辺は、今話してる話題がなんなのか、を意識することで判断できる。

アメトーークの「立ちトーク」の回では、下に話題の流れのテロップが出る。会話中にあんなイメージで話題を追うのだ。

話題をたたむ方法は簡単で、広げなければいい。相手が返す必要のない球を投げればいい。

最後に、よく言われることだが、相手に興味を持って会話を楽しむことを特に意識した。

会話中にストレスばかり感じていると、連想が全くうまくいかないということが多かった。「早く終わらないかなー」なんて考えてたら、相手の話すことも頭には入ってこない。

会話が楽しければ、いつ終わるか不安になることもない。終わってほしくないとすら思う。

会話本を読んで表面的なテクニックだけを知っても、全く前に進んでいないと思う。

まり人間好きな人であれば誰でも会話に対する苦手意識を克服できると思う。ここが、仮性コミュ障と真性コミュ障の違いだろう。

これらのことを実践するようになって、美容師が必ず天気の話題から入ってくることにイライラするくらいには成長できた。

2014-04-23

メンヘラ時代が来る!!!!!!

ロスジェネ1972年~82年生まれ)系のメンヘラ男は、尊大で批判的で始終イライラと当たり散らしてる系と、対人関係回避した結果として貧困孤独に苛まれている系がいる。合併例もある。しかしあくまで「男性的な性格」だ。

さとり世代1987年~97年生まれ)系のメンヘラ男は、女性化が著しいと感じる。特徴的なのは異性から見た性的価値自己客体化。ロスジェネ男は「男は金を稼ぎ、女は体を売る」という旧来的な価値観で途中まで育っていながら、不況により突然放り出されてロールモデル不在の絶望を味わった世代だが、さとり男は最初から「男も稼げるとは限らない」という環境で育っている。稼げる男が勝ち組に限られてしまった今の時代、並~並以下の男たちはどうやって自分という人間の"需要"を確保するか?という難題を突き付けられた。その結果としての「対同性コミュ力偏重文化」と、「女性から見てオレの性的価値ってどうよ?」という性的価値自己客体化だ。コミュ力重視と性的価値の客体化は元々女性的な特徴であり、同年代女性も似たような価値観を維持していることからさとり世代には「総女性化」が起きていると思われる。さとり男の見た目が「男の娘」になっているという話ではない。異性の求める姿に己を最適化し、自己主張の強い生き方を「ダサい」「イタい」とする潮流だ。大学生活板発祥の「まじめ系クズ」などの造語からも、「いわゆる女性的な依存心」を持つ若い男性の姿が透けて見える。

結果として若者の多いインターネットでは、典型的な女メンヘラのとるような行動を取ってしまさとり世代の男が散見される事態となっている。ツイートを見ているだけでは、病んで不安定になっている若い女にしか見えないが、書いているのは男。そういう傾向があらわれだしている。彼らは女性化することで、男性的攻撃性・回避志向を持つロスジェネよりも仲間を作りやすいが、根本にある依存心と不安が彼らを内側から苦しめ続ける。

2014-03-03

自称の似非コミュ障か、ガチの真性コミュ障か

(書き直した)

最近の発言について、ズレたやりとりしかできていないと指摘されている。

http://anond.hatelabo.jp/20140303113406

http://anond.hatelabo.jp/20140303060133

周囲から「あの人とは無理だ」と不都合が生じるレベルで、

会話のつながりや意図が伝えられない「連合弛緩」と呼ばれる症状は、

統合失調症などの精神疾患で見られる。

http://yucl.net/man/56.html

本人は自分ブログのヘッダーにある簡易プロフィールで「コミュ障」を自称している。

http://rlee1984.hatenablog.com/

過去にも、統合失調症を疑われるレベルの、会話の意味意図のつながらないやりとりがあった。

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20140303113406

不可解なことに、

本人は「そのような診断を受けたことはないですし、受ける予定もありませんし、周囲からすすめられた経験もありません」と応えている。

http://rlee1984.hatenadiary.jp/entry/2014/02/10/053509

自称の似非コミュ障か、ガチの真性コミュ障か。

いずれにしても、病院、行け。

インターネット上の匿名の場で、限られた情報から素人考えに個人の体質を推測で議論されるよりも、専門家に白黒つけてもらったほうがいいだろう。

コミュニケーション障害に関連する精神疾患のたぐいには、アスペルガーとか、自閉症とか、他にもある。

まかりなりにも塾講師として生徒の人生を預かっている使命感があるならば、すすんで受診しはっきりさせてもらいたい。

2012-01-09

年を取るのが心底嫌な件

35歳になった。

ついこの間、魔法使いになったと思ったらアラフォーならぬヤラフォーになるとは。

本当に時間が経つのは早い。


自分場合ルックスは悪くないと色んな人から言われるし、仕事正規雇用の中堅SE趣味文武両道、でも社会性コミュ力ともに破滅的に酷いせいで総合マイナスという、自他ともに認める「実に残念なおっさん」だ。

「黙って立ってりゃマネキンの代わりくらいにはなるのに・・・」とも言い換えられる。

スーツだと30前、私服になると20代半ばに見られる。でも若いというより、精神年齢の幼さが顔に出ているのだと思うと、あまり素直に喜べない。


そして20歳になってから15年、性格ブサメンな部分は微塵も治っていない。

いや少しはマシになったのかも知れないが、彼女が出来て結婚してるわけでもなし、要はその程度だ。

「もうすこしがんばりましょう、てかやる気あんのかテメー」って感じ。

なのでこれからの15年もこの流れは変わらないだろう。

そうなると、生涯独身になる可能性も大いに視野に入れ、今後の生き方模索すべきなのだろうけど・・・憂鬱だ。


というのも、周囲の独身40代50代ともに、ろくでもないオヤジしかおらず、全く希望が持てないからだ。

例を挙げる。



これでどうやって独身貴族(死語?)の夢を見ろというのか。「男やもめに(ry」ってレベルじゃねーぞ

このおっさんたち、社会と関わる上で開き直ったり無視してはいけない部分を踏み外し、投げ出しているように思えてならない。

どうしてこうなった!?


しか自分は多分、上の人達にかなり近いところにいる。遅かれ早かれこうなる気がしてならない。

ここまで「明日は我が身」を見せつけられるのは恐怖以外の何者でもない。

こんな惨めな未来しか自分にはないのか。


それに引き換え、周囲の既婚男性は皆凄い。カッコイイ。輝いている人達ばかり。

なんで俺を嫁にしてくれなかったんだと詰め寄りたくなるレベル

せめて年を取るなら、そっちサイドに行きたかった。


そう考えると、「オヤジ臭い」というのが褒め言葉ではない理由がよく分かる。

生臭くならず年老いていくのは、かように難しいということだろう。

2011-07-16

ナンパ事始め レッスン1 地図を持って道を聞く

 ナンパをしてみたいが、様々な理由(これは結局の所、女性に声をかける勇気が出ないという事に理屈をつけているにすぎない)で自分には到底無理だ、考える人は少なくない。もちろんそれは貴方だけのせいではない。生まれ持っての性格容姿、両親の教え、兄弟姉妹の有無、学校クラスメート。様々な、自助努力ではどう仕様も無い所(人はこれを運と呼ぶ)で貴方の大部分の対異性コミュニケーションのスキルは形成される。だからまず初めに言っておこう。「モテないのは貴方のせいだけではない」と。

 しかし、モテない原因が貴方だけに帰結するわけでないのにも関わらず、このモテなさによって引き起こされる様々な悪循環の被害を受けるのはあなただけだ。そう自分のケツは自分でぬぐわねばならない。もちろん早く何とかしなければならない、と考えている人も少なくないだろう。しかしどうしていいかからない。とりあえずはてなブックマークで「異性から好かれる方法」みたいなエントリブクマしとくか?しかし定期的に人気エントリーとしてあがるこの手の記事を数年間見続けたにも関わらず、今日も貴方はまたこんなエントリーを藁をもすがる思いで見ている。つまり、貴方は何も変わっていないのだ。もう安全地帯でいちいちピーチクパーチク「リア充氏ね」と騒ぎ立てている場合ではない。時はきた。この手の記事をブックマークするのはこれで最後にしろ。実践だ。貴方が変わるのに必要なのは、聞きたくないだろうが「実践」以外にはありえない。断言するが、可愛い子とイチャイチャするのは、貴方が実践で多くの失敗を積むことなしにはありえないのだ。

 さてここでの実践とは「ナンパ」の事をさす。もちろんナンパ以外にも異性と仲良くするスキルを身につけることは可能だろう。そういう奴は各々思い当たる事をやれ。だがもう一度聞く。「思い当たる事」をやった、やったけど上手くいかなかった、あるいはそもそも出来なかったから貴方は性懲りも無くこんなものを「真剣」に読んでいるのではないか

 本題に入ろう。大丈夫だ。いきなり下心を出し切った状態で女性に声をかける度胸など、私は貴方達に期待などしていない。最初は「ナンパ」ではない。だが王道だ。道をたずねろ。ヘタレの中のヘタレ人々が最初にやる事。それが「道を聞くこと」だ。道を聞け。駅員じゃない。人の良さそうなオッサンでもない。若い女の子だ。自分恋愛対象になりそうな容姿をした女の子だけだ。「すいません、(女性が反応してくれるのを確認しろ。そして確認したら間髪入れずこう言え。ただし早口ダメ)この近くに薬局ありますかね」「図書館がこの近くにあるって聞いたんですが」とにかく場所は何でもいい。そして、愛想良く対応してくれて、かつ暇そうなら雑談しろ。不安ならスモールトークになりそうな話題をマニュアル化して対応すること。「今日すごく暑いですよね」を最初に必ず持ってくる、と決めておくだけで不安は和らぐはずだ。「道を聞く」という作業をする理由は単純だ。何の接点もない(強いて言えば同じ道を歩いていることが接点か)男女が交流するという、貴方のこれまでの人生にはありえなかった体験に慣れる事が一つ。あとヘタレに嬉しいお知らせ。道を聞かれて無下な対応をする女性は「ほぼ」皆無だ。いるにはいる。まあこれは通り魔に襲われるよりほんのちょっと高確率なぐらいだ。

 さて「道を聞く」という作業もやっぱり出来そうにない、という「真のヘタレ」 言わば「ヘタレの中のヘタレ」にはこんな工夫がある。タイトルの通り「地図を持って道を聞く」という事だ。大抵の女性は、それなりの警戒心を備えている。そしてナンパの第一関門は「警戒心を解く事」にある。もう少しいえば「俺全然怪しいもんじゃないですよ」と直接言わずに警戒心を解く事にある。「道を聞く」という事は「それ以上の目的があってあなたに近づいたわけではないですよ」という暗黙のエクスキューズを発信する事に他ならない。だから大抵の人は、特に女性は、貴方が思うより親切に対応してくれるだろう。しかしここで問題なのは、この警戒心の解き方は「○○ってどこですかねー」と貴方が自然かつスムースに言える事によって成立するということだ。もしかすると貴方の対異性コミュニケーションスキルは、そのような単純な会話が出来ないほど錆び付いているのかもしれない。だったらもう物に頼れ。そう地図だ。地図が貴方を「道に迷ってる人」に勝手に仕立て上げてくれる。あとはこう続けるだけだ。「スイマセン、ここってどこら辺ですかね?」

 以上、初歩の初歩から書いた。やる気のある奴は明日から始めろ。そして若い女性との一瞬の交流を楽しめ。もちろんここまでヘタレに配慮したのにも関わらず、やっぱり出来ない奴は、正直手の施しようがない。しかし繰り返すがそれは貴方のせいではない。ある意味仕方のない事だ。なので残りの人生、空からルイズたんが降ってくる奇跡を信じて心安らかに生きて欲しい。

2010-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20100702032630

考えるべきなのは、

好きな女性タイプ(こういう人がいたらいいな)じゃない。

そういう自分理想はなんだっけ・・・みたいに考えると、自分の足りないところを補ってくれる女性像にしかならず、

高望みや理想主義になって、釣り合わずに付き合えないで終わるパターンだ。


本当に考えるべきは、自分と相手の相性に尽きるよ。

どんな部分の相性があえば、二人は上手くやっていけるのかってこと。

言い換えるなら、自分が生きていく上で、ゆずれないところを共有できるか?ってこと。

きれい好きじゃなくてあんま掃除しないから、相手も掃除自分と同じレベル掃除をしない人の方が相性が良いわけだし。

SEXの頻度だって、片方がしたいしたいばっかいってても、やりたくなる頻度が違えばどっちかが疲れるし。


参考までに、自分は3つの基準をおいてる。他は、多少の違いでも我慢できるからな。

コミュニケーション=会話してて楽しいか。疲れないか。興味や、話したがり聞きたがりの相性。

性コミュニケーション=男・女の距離感恋愛距離感。1人でいる時間と2人の時間を選ぶ割合。あとはSEXの頻度とか。電話の頻度とか。

・金銭感覚=何にどれぐらい使おうと思うか。無駄にしか思えないものに月何万とか使うのを見てると耐えられなくなる。

2010-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20100605001633

自分の性の能力(対異性コミニュとか全般含む)に自信がないと、同性キャラに同一視できない。

俺そうかもしれん。

キャラクター自分投影できない。というか、話の外から眺めているのが好きになってた。自信のなさからくる、という可能性はじゅうぶん考えられるな。別に異性と話が出来ないわけじゃないんだけど…ぶっちゃけ話すことがない。テレビ見ない。相手と合う話題を用意する気もそれほど持ち合わせていないorz

http://anond.hatelabo.jp/20100605000314

百合男子やけれども、すこしソレは違うぞ??

確かに腐女子百合男子の構図は合ってると思うが

それは百合男子腐女子になりたくてなってるわけでもないし、憧れてるわけでもないと思う。

ふたつとも、単に行き着いたなれの果てだ。

はっきりいって性への劣等感と罪悪感。主に前者がそのなれの果てに関係すると思う。

普通の恋話みるときとかだと自分キャラクターと同一視するところがある。

要は、エロゲーとかで主人公の顔が見えない的な、アレ。

だけど、自分の性の能力(対異性コミニュとか全般含む)に自信がないと、同性キャラに同一視できない。

おれは、この男みたいに○○できないよ・・・とか

私は、この女みたいに○○できないよ・・・・となるわけ。

すると物語を読んでても、自分の傷を痛めつけるだけになる。

けれど、自分の性が登場しない同性ものの場合だと、完全に自分はただ作品を見てるだけの人になる。

そこでは、読み手に王子様を期待されないし、読み手にお姫様も期待されない。それは自分と同じ性の人間がいないから。

というわけで、同性愛自分を同一視しない今風の作品読み方であると同時に、

性的劣等感の表れでもあるというのが自己分析的な見解

2010-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20100529122903

性コミニュケーションがとれる相手と、付き合えたみたいで幸せだな。

性感帯探すとか、何度も繰り返して=開発するとか乗り気じゃない人もいると思うぞ。

そういう人とレベルアップしていくってのは、面倒くさい。

ananとかを見てると男性と性を謳歌しましょう。という啓蒙活動をしてくれているようで

今後はどうなるかわからん。まぁ、付き合った人数少ない男の戯言でした。

2009-10-22

http://anond.hatelabo.jp/20091022195810

もちろん女性の対男性コミュニケーションには友達コースと恋人コースの2つしかなく、

その2つが大きく異なることも知らない。

いわゆるラダー理論に対しては女性の側からの反論も根強いが。

純粋な男の受難?

最近、ある程度歳が行った女性から、純粋な男に出会いたい、

純粋な男と付き合いたいという話を聞くことが結構ある。

でもその話を聞くたびに、なんか無理目なこと言ってるなーと思ってしまう。

理由は主に2つ。


まず、純粋だけどいい歳して独身の男というのは、本人のパーソナルスタイルの問題から、

女性レーダーに引っかかる可能性が低い。

というのも彼らの場合、「清潔感がある、体に合ったシンプルな服装、手入れの行き届いた髪型

「自信に満ち溢れ、それでいて気さくで、にこやかで落ち着いた大人の態度」という

最低ラインすらクリアしていないことが多いからだ。

もちろん出会いを求めて独身女性が多数いる場所に進んで出かけることはないし、

交友関係が似たもの同士になったりするので合コンに現れる可能性も低いし、

そもそも女性に対して積極的に話しかけたりしない。

これでは女性の眼中に入らないのも無理は無い。


次に、純粋な男は純粋な反面、ナイーブで子供っぽいことが多い。

どれだけナイーブかと言えば、いい歳こいて女性と何を話していいか分からないのは当たり前、

もちろん女性の対男性コミュニケーションには友達コースと恋人コースの2つしかなく、

その2つが大きく異なることも知らない。

当然、結婚恋愛セックスの区別なんてついていないと見ていい。

こういう男と付き合えば、浮気性の男とは別の意味で泥沼化するリスクがあるし、

そんな彼のありのままを愛するのは、それはそれで大変だと思うのだ。


昔はお見合い制度のおかげで、こういうウブで不器用な男も恋愛抜きに結婚できたのだと思う。

でも今の恋愛結婚一辺倒なご時世じゃ、恋愛をする上で必要な知識も工夫も知らない彼らには、

女性と付き合うことはおろか、出会いすらありえないのが現実だろう。

つくづく恋愛至上主義は罪深い。

2009-10-10

橋下知事はファックコミュニケーションを習得すればいい

橋下知事に「『お前』メール」 府職員に100人もいる! : J-CASTニュース

http://www.j-cast.com/2009/10/09051410.html

ファックコミュニケーションが男性コミュで主流な理由とか - pal-9999の日記

http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20070527/p1

【トレビアン恋愛】ファックコミュニケーションで男女関係の恋愛攻略! - livedoor ニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/3195575/

大阪府民(ケンミンショウ) - 心のままに生きて - Yahoo!ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/baranohananoyouni/46398599.html

2009-09-30

二次元は二十歳になってから

おい!十代でラブプラスにぞっこんな君たち!

そんなことより学校バイト先の異性とのコミュニケーションを育んだほうがいいぞ!

ゲームなんて後からでもできるんだよ!

でもなあ、異性との貴重なコミュニケーションは、若いうちにたくさんしておいた方がいいんだよ!

二十代後半からがんばっても難しいんだよ!

三十代になったらもうわかんなくなるんだよ!!

さあ、そのDSを今すぐ閉じて、青春を謳歌しようよ。

ラブプラスにはまるのは、異性コミュニケーションに完全に失敗してしまった二十代からでいいんだよ。

若いうちに異性の友人を持っておいた方がいいよ。

十代でリア充な人たちは勝手にしたらいい。

15年前にときめきメモリアルにはまって貴重な高校生活を台無しにした三十代より。

2008-11-26

http://anond.hatelabo.jp/20081120211735

同質性の高い集団はしばしば強い同調圧力が働き、異質な者を排除・同化しようとする。

(男女問わず、同性コミュニティというのはこういう同質的な集団の代表だ)

一方で、まったく異質な人間の集まりというのもあまり居心地がよくない。

なぜなら、お互い接点や共通点のない人間の集まりを制するのは結局のところコミュ能力の高い人間であり、

同質性がまったくない分、ガチンココミュ力勝負になるからだ。

結局のところ、共通の話題や関心事が前提として用意されていて、なおかつ中程度の同質性の集団が

一番精神的に落ち着くと思う。(受験予備校とか、ある種の趣味コミュニティがこれに該当する)

2008-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20080426112418

それは少女マンガも同じだと思う特に性コミ系のは

どの作品を読んでそう考えたのか知らんが、普通は何らかの理由付けがされてるよ。

最低限の理由付けは少年マンガでもあるだろ

「やさしいところ」って

んなわけないだろと内心ツッコミながら読むのは野暮

ナンパだって普通ナンパが許されたナンパスポットでやるでしょ。

そうではない場所でナンパするのはただの迷惑な人だし、繰り返せば不審者として通報されても文句は言えない。

ピンポンだって同じだよ。

ナンパが許されたナンパスポットってなんだよw

新宿アルタ前のこと?

自分の場合だと飲み屋で隣の席とか、外国で同じ電車とかが女性に声をかける勇気の限度だけどさ

人によっては違うんじゃないかな

まぁ、住宅街でナンパ普通はしないだろと言うのは確かにそう思うし

ピンポンも通報されてもおかしくはないと思う

だが、ピンポンでやってくる宗教新聞の勧誘との迷惑度の違いはよくわからないな

ピンポンナンパの彼が壮絶なキモオタだったてのなら主婦が恐怖を感じるのはわからないでもないが

新聞屋なんか直球で前科者だらけじゃん

それこそイケメンならOKの本人次第なんじゃないのかと思う

まぁ、イケメンでもキモイ帰れが99%だろうけどね

http://anond.hatelabo.jp/20080426102530

そういや男性向け(特に少年ヲタ向け)の恋愛物語って、相手の女性がその男性のどこを好きになったのかさっぱり分からない

それは少女マンガも同じだと思う特に性コミ系のは

それと、主人公が自信なく悩むのは少年漫画には向かないと思う

それはさておき

ある種の相手は自分に好意を抱いているはずだという妄想を抱いていない限りは

普通恋愛スタートできないよ

場数を踏んで勘が働くようになる前の初心者ならなおさら

一種のKYだと思うが

女の子同士はお互いの腹の探り合いがあるから

女性にはわからないかも知れないけど思春期男子は基本的に妄想的で人の気持ちが読めない

成人になっても男の告白なんて断られるケースの方が多いわけだからさ

絶対成功すると自分に暗示かけるくらいじゃないとやってらんないよ

それができない奴が非モテになる

扉を開けた女性が一目自分を見て気に入ってくれると思ってるの?

家にいる女性は旦那ともセックスレスで男に触られれば

だれでもいきなりインランになるとか?

暇だったら遊んでもらえるかもくらいは思うんじゃね

ナンパだって99%断られるのに一応は社会的に認められた声のかけ方じゃん

ピンポンして声をかけるのも同じだろうよ

「だれでも」なんて期待するアホもいるかも知れないけど

100人に一人いるのを期待してやるんだよ

俺はセックスがそんなに好きじゃないからしないけどさ

2007-10-10

新條まゆを再評価する

ネットだと散々ネタ扱いされているけれども、新條まゆという作家は侮れない。読者のニーズ流行を一歩も二歩も早く察知する探究心と、サービス精神赤松健クラスじゃないかと思う。そして思春期女子を問答無用で黙らせる力技は並じゃない。強引男によるエロという様式だけ真似た「まゆたんチルドレン」とは格が違う。彼女の作品を俺たちが理解できないのは当然だ。新條まゆは特定の読者層を極めて正確に狙い撃ちしているのだ。一般女子が「ToLOVEる」を読んでも全く面白くないようなもんだ。

「バカでも描けるまんが教室」という新條まゆ技術書というか自叙伝があるが、これを読むと彼女がいかに自分の長所短所を正確に把握し、「それまでの少コミにないジャンル」を開拓したかが分かる。最初からエロだったわけではないのだ。新條まゆははじめから「それまでの少コミにないジャンル」を描かなくてはいけない、と言っている。新條まゆ作品は雑誌にとって異端でなくてはならない存在だったのだ。

ところが、新條まゆの作り出した新ジャンルには、たくさんの「まゆたんチルドレン」がむらがった。とにかく強引男、そしてエロであればいいというような作品が増え、従来の少コミ作家が肩身の狭い思いをするようになってしまった。結果、新條まゆ少コミ性コミ化した戦犯扱いとなってしまったのだが、この場合、本当の戦犯編集部だろう。

一方、雑誌がそんなことになってしまったのをよそに、異端でいたい新條まゆ本人は、(少コミにしては)ほとんどエロのない男子校の姫×女子校王子様のラブコメなんて描きはじめてしまう。しかも心底楽しそうに。エロ鬼畜セレブ男子×没個性一般女子を描かせたかった小学館は相当焦ったと思う。エロ少女漫画の旗頭がそれでは…といったところだろう。そのあたりのいざこざが小学館との決別につながったんじゃないかと俺は勝手想像しているんだが。

新條まゆは自らの手でムーブメントを引き寄せることの出来る作家だ。そして、世間が追いついたころにはすでに次の段階にいる。トンデモ台詞やオモシロポーズに騙されてはいけない。彼女の真価は既にそんなところには存在しない。新條まゆは、天然と計算が絶妙にミックスされたニュータイプなのだから。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん