「等価」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 等価とは

2018-11-15

anond:20181115231735

便所の中でぼーっとして過ごす30秒と、仕事がノリに乗っている定時直前30秒を等価値とするのなら、その感覚は正しい

2018-11-07

anond:20181107103859

性的指向合致しないゲイ売りと、性的指向範囲内の売春婦を一緒にしないでもらえる?

等価にするなら枕ホストとかが相当。それだって肝臓に来る分かなり分が悪いけど

anond:20181107102325

俺の給料より安い。終了。

あと、「ゲイに売れ」って売春婦等価じゃないからね?

売春婦性的シコウに合致した相手とヤるけど、ノンケゲイに売るのは性的シコウにもあってない。

2018-10-31

anond:20181031161915

>これを反古にするとは、日韓基本条約の破棄に相当する行為等価とみなされてしかるべきである」以外の解答は出てこないはず

"以外の解答は出てこないはず"そうですか。ならば日本政府国際司法裁判所提訴すれば良い。そこで出た判決に従えば良い。実際、そんな声も上がっている。

しかし、提訴するぞ提訴するぞだけ言って何もしないなら、それは負ける可能性があるからだと言わざるを得ない。

イキがってるだけで日本政府は怖がってんじゃないの?

出るとこ出ましょうよ。白黒はっきりつけましょうよ。向こうがアホなのか、こっちが愚劣なのか、はっきりさせましょうよ。

共感リベラル論理保守

韓国徴用工の個人賠償請求問題論理的に考えた場合は、「個人請求権消滅してないが、その請求先は韓国政府のみであり、日本対象とした請求日韓基本条約において最終的に終了している。これを反古にするとは、日韓基本条約の破棄に相当する行為等価とみなされてしかるべきである」以外の解答は出てこないはず、ではあるんだけど、リベラル方面論調は「かつて韓国人に負担を強いたことに対する被害者感情清算が済んでいない証左だ。個人賠償権は消失してないのだから日本はあえて韓国が納得するまで謝罪すべきである」というようなものが多い。

こうした、意味不明に思えるリベラル論調を分かりやす表現すると、被害者に対する共感や同情と怜悧に突き放す日本対応への反感のみがあって、いかにも情緒的な考え方が大事にされていて、正しさは重要ではない事が分かる。保守ネトウヨ界隈で、こうした「共感」と「正しさへの反発」は、受け入れられない。保守界隈は現実主義者自称する人が多いだけに、法的根拠客観的事実を筆頭にした、曖昧さを認めない冷たさがある。

様々なニュースについてるブコメの平均的な傾向として、共感リベラル論理保守って傾向は強い。もちろん、例外はあるでしょうが


保守リベラルもの道理が分からないバカと罵っても、感情が収まらないリベラル理屈には共感するはずがない。韓国人可愛そうと、韓国人は間違っている、の間に議論は成立しない。感情的な女性と、理性的男性との間で齟齬が起きたときの様なもので、理屈くそもない駄々こねで譲歩を引き出してきた韓国リベラルだけど、徴用問題では客観的根拠が明確なだけに決して日本の譲歩は引き出せないだろう。

個人としては他人共感できる事は好ましい事だけど、共感政治問題社会問題にまで延長してしまう事はどうなんだろうね。社会論理的であるほうが正常だ。

2018-10-25

どうしても思い出せないサイコパス故事成語

一時、孔子とか老子とか莊子とかそこら辺を読み漁っていたとき出会った言葉

社会に出てふと思い出したときにあまりにもその通りで鳥肌が立った。

ただ、その原典を探しているのだけどどうしても見つけられない。

その本の中でも、急にその言葉だけ異質だったのを覚えてる。

内容は、敵国を完全に支配するにはどうしたらいいかというもの

かに尋ねられて答えるみたいな構図だったような気がする。

力で押さえつけるとか、指導者を演じるとか、マインドコントロールするとかそういう類を想像していたけど書いてあることは予想とは全然違っていた。

相手支配したいならまず施せ」というものだった。

例を挙げると以下のような感じだ。

用水路を引っ張るなどインフラをしっかりと整備する。

・食料などの安定した供給を行う。

・娯楽など生きる喜びを提供する。

ここまでは聖人君子すげぇって感じに読んでたんだけど、その次に続く言葉を読んでぞっとした。

相手にとってその生活が当然な状況になれば、生きることに対してこちらに完全に依存していると同然だ。後は与えるものコントロールするだけで相手を好き勝手に操るができる。」

、、、

こわいこわいこわい!

こわいけどめっちゃある!

そういえばいつも定期的にうまいものごちそうしてくれたりゲーム貸してくれる友人Aになんだか振り回されてるけど断れないのもこれだよ!

その後社会にでて見て、本当にそうやって人の人生を好き勝手操っているひとの多いこと。

下請けとかとの関係もまさにそれ。

おかげさまでここまで出世できましたよ!

一見好意にに見せかけて、完全に支配しに来てる場合があるから注意してくださいね

ダメだよ一方的な施し。受けちゃダメ。得したと思ってると根こそぎ持っていかれるよ。

良い関係気づきたいなら、ちゃん等価で返しましょう。

もし原典をご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

2018-10-23

飴1つにつき鞭1つが許されるのだ

と思っている人種が未だにいるのが信じられない。

飴を鞭の言い訳にするなら10の飴と1の鞭がようやく等価になるかどうかすら怪しいぐらいだ。

それだというのに、3の飴をやったからそろそろ一発ぐらい許されるだろうとか、むしろ2つ分お釣りが出ないとおかしいのだとか、いつも厳しい人がたまに優しくするのが格好いいんだとか、そういう事を考えている奴らはいい加減にして欲しい。

基本的に、鞭はあくまで鞭であり、飴を使うことで相殺出来るなんて思わないほうがいい。

2018-10-20

コンビニのあたため

温泉たまごが好きです

なので、コンビニのお弁当でも温玉(的なやつ?)が乗っているものを買いがち

でも家で温めると温玉が温玉じゃなくなっちゃうことが多い 固まっちゃう

コンビニで温めてもらったときはそうならないのに

1500wで1分と500wで3分等価ではないのでは?

600wの場合は2.5分にすべき?

2018-10-18

anond:20181018102106

だーーーーーかーーーーら、元増田さんは菓子折りをもってお礼したうえ、呑みにも付き合ったじゃん。

今時珍しいちゃんとしたお嬢さんだよ。

具体的トラブルの内容について書いてないか等価かどうかは知らんけど、

菓子折り」なんて自分でも当たり前に買える程度のもの等価になるケースって少ないと思うが。

時給換算二時間くらいでしょ、せいぜい。

で、「飲みに付き合った」が「礼」だと思ってるのは元増田だけと違うか?

「誘って断られなかった呑み」は貸しでも借りでもないと思うと思うぞ。

助けたことと元増田さんのお礼の内容が等価関係に立たないということをいいたいのかもしれないけど、

処女の操は一般的に高い(判例もあります)ので、等価関係というのならそれこそ命を助けてもらったというレベルでなければそれを断ってしかるべきでしょうよ。

高齢処女の命」=「命の借り」ってそんな判例マジであるの?



個人的には、結構トラブルを処理してあげたとしても「ありがとう」と心から言ってもらったら満足だけどねえ。

「心から」かどうかなんか外形から分からんし、いうだけならタダ。

払ったリスクに見合わない。俺は御免こうむる

実際には、助けてもらって当然みたいな顔してる奴本当に多いし。

これだけは同感。

そういうやつが多すぎる。

元増田もそういう口だろ。俺は助けたいとは思わん

anond:20181018085542

助けられた恩は返して当然

だーーーーーかーーーーら、元増田さんは菓子折りをもってお礼したうえ、呑みにも付き合ったじゃん。

今時珍しいちゃんとしたお嬢さんだよ。

助けたことと元増田さんのお礼の内容が等価関係に立たないということをいいたいのかもしれないけど、

処女の操は一般的に高い(判例もあります)ので、等価関係というのならそれこそ命を助けてもらったというレベルでなければそれを断ってしかるべきでしょうよ。

個人的には、結構トラブルを処理してあげたとしても「ありがとう」と心から言ってもらったら満足だけどねえ。

実際には、助けてもらって当然みたいな顔してる奴本当に多いし。

2018-10-12

AI判断させたら男性優位になったやつ

どこを直せば男女等価になるのか分析していないの?

2018-10-09

anond:20181009153221

2003-2013年くらいのタイムフレームオタク絵の光学的な正確さが急速に上がったよね、その前は脳勃起とか角度固定フィギュアを出すような異次元も精確な絵も等価に扱われてたんだけど、壺民が叩きまくってPixivとかが出てきてサッーと消えていった

2018-10-08

anond:20181008175753

ホルモン抑制の為の臓器潰し」って意味では等価

議題として上がった以上しょうがない

2018-10-05

anond:20181005082009

毎度その例えが出る度に思うんだけど、乳房と陰部は等価存在ではないでしょ。

ブリーフ一丁の画像見て陰部のサイズ云々をまず論じる男って少数派だよ。いないとは言わないけど。

男が嫌がる男の性的表現が陰部の強調ではないことはananセックス特集表紙への反応見れば明らか。

2018-09-28

anond:20180928174125

紹介した論文を読んでいるが、お前はどうやら「道徳的運」という考え方を支持している、ということらしい。

反論となる「反道徳的運」によれば、こうだ。

窃盗を犯した人間と、窃盗に入ったが運の作用邪魔されて未遂終わった人間がいる。

お前の理屈によれば、前者のほうが責任は重い。

しかしこれは等価ではないのか?

2018-09-22

ちょっと君は情報収集のやりかたが受身すぎんよー(どやぁ

https://anond.hatelabo.jp/20180921225703

政治に限らず、この人情収集のやりかたがまずすぎる。

正しい答えを探そうとするからそうなる。

効率が異常に悪いよこのやりかた。

こんなやりかたしたら処理追いつかずにつぶれるに決まってるじゃろ。

やる気あるみたいだから一応かいとくか。


政治について考えるなら論点なんか無数にあるわけで、それ全部整理できないでしょ。

ある程度まずテーマ決めるのよ。

そんで、基礎知識ない状態情報集めたら死ぬから

正しいか正しくないかはおいといて、ベースとなる知識をまとめてる書籍読むの。

この場合サヨク右翼かはあんまり気にしなくていい。どうせどっちも後で読むから

で、たたき台として仮説つくるわけ。

その仮説を基にして情報に接しながら微調整をしていくって感じになるよ。

このたたき台ができてない状況で情報集めたら、

情報って全部等価から、さすがにしんどいじゃろ。

なんのために入門書があるかって話。


でもこの人まじめだよな。

たいていの人は効率の悪い情報の集めか他をして

それだとほとんど情報集められなくて、

集めた情報の中から自分勝手ストーリー作ったりするし

それすらもめんどくさくなって誰かの発言鵜呑みにするような馬鹿ほとんどだから

でもまなじまじめなもんだから自分情報足りないのはわかるけど

それをどうすればいいのかわからず、

どうしようもないから考えたり意見をする資格すらないって考えちゃう

誰もそこまで気にしてないか大丈夫だよ。もっと適当でいいんだよ

2018-09-19

anond:20180919031202

これはデータも何もないただの推測なんですが、ストレートの人らがLGBTについてまず思うことはセックスについてだと思うんです。

その性行為のもの特殊なので生理的嫌悪感が出てしまっているのではないかと。

勝手エロ想像して勝手嫌悪感を持つ。同じに感じますね。

それは嫌悪感を感じる主体から観点限定した話で、

嫌悪された対象の話ではないよね。

問題を「嫌悪感」を感じる主体限定するなら

件の社会学者が例に出した「殺人」に対する「嫌悪感」も嫌悪感覚えるから等価になるね。

殺人」に対する嫌悪感はまたひと味違った「嫌悪感」となれば、LGBTに対する「嫌悪感」もラノベ表紙に対する「嫌悪感」も違うものになるね。

別にわたしどっちかと言うなら表現規制反対派マインドの人だし、LGBTとか関係のない話すんなよ、論点それんじゃねーか、としか思ってないので、

何をそんなにLGBTに対して拘ってるのかわからないんだけど。百歩譲ってフェミニストのあり方を論理で殴るなら、わかるんだけど。

2018-09-18

LGBTラノベの表紙を等価に扱うことはヘイトかもしれません

anond:20180918223038

LGBT気持ち悪いと言うことと」

ラノベの表紙が気持ち悪いと言うこと」

を同じ気持ち悪いと言うことは同じ「表現の自由」の話だから等価

という主張があるけれども、

それは大変な勘違いです。

LGBTそもそも存在する人間属性です。

ですので、気持ち悪いということは、その生存権を脅かすヘイトスピーチになります

ラノベの表紙のキャラクター存在しない架空存在です。

ですので、それを気持ち悪いということは、そのキャラクターを描く自由、つまり表現の自由を脅かす行為になります

件の社会学者は、今わたし説明した上記理屈で、

青識亜論氏が、LGBTラノベの表紙、つまり生存権」と「表現の自由」を侵害する気持ち悪いを等価(あそこでは置換可能概念と言っていましたが)に論じることはおかしいと主張するために、

新たに「殺人する自由」「殺人表現する自由」を加えました。

(ここに「殺人表現する自由」を加えることによって主張がぼやけたという件の社会学者の落ち度はもちろんありますので、件の社会学者反省してください)

殺人する自由」に対する嫌悪という極端な例を「LGBT」と「ラノベの表紙」に対する嫌悪と並べることで

LGBT」と「ラノベの表紙」は「生存権」と「表現の自由」の話であり、これらも等価ではないということを示す為ですね。

すると青識亜論氏らは、その意図に気づかず、もしくは意図的に、

LGBT」と「殺人」に対する嫌悪等価とあるかうなんてどうかしていると

本来、件の社会学者が、皮肉表現で指摘しようとした論点とは真逆、つまり皮肉ではなくそのままの表現として受けとられ、

それが人口膾炙しました。

そもそもこの話は「表現の自由」を侵害するラノベ表紙への「キモい」は正当なものかという話で、

LGBT」の生存権の話とはまったく関係ないんですが、

青識亜論氏の「LGBT」を持ち出したエクストリームラノベ表紙擁護により、話がややこしくなっている状態です。

(ちなみに「LGBT」は生存権ではなく、表現の自由によってその存在保障されていると読めてしまう《なぜなら等価のように並列しているから》

青識亜論氏のTweet自体そもそもヘイトスピーチなのではないか、という懸念わたしは持っています

しかしわたしには性別という概念がどのような法体系規定されているのかが、わからんのです。

LGBT」は表現だと言って差別してきた歴史がある、というソースがあれば、ヘイトスピーチだよと言えますが、

そこまで調べきれていませんので、誰か教えてください。)

ラノベ表紙に関しては、あの表紙のキャラクターがあのようなポーズを取ること。

彼女は自らが女性として生きること、現在女性規範の頂点に立つことを誇りにする存在から

そこには文脈がありますし、キャラクター作品作品ライトノベルというジャンル

規定するのは、短絡的すぎやしませんかフェミニストの皆さんという正当な反論をすればよいと思いますよ。

社会正義を叫ぶひとに対する一抹の違和感

一言でまとめると「自分が支持し、主張する立場恣意性(非論理性)に無自覚人間が多すぎる」。

青識亜論まわりでいま丁度燃えているけど、個人的な印象論の範疇で言えば、フェミニストLGBT側の立場人間は、「自分他者を抑圧している可能性」というもの無自覚すぎるんですよ。

自分が、自分自身にとって大事だと思う権利を守るために、それを侵害する他者権利を抑圧する」、これ自体別に珍しくもなんともない。だけど、それを無自覚にやるのは流石に問題がある。丁度、「ラノベの表紙が気持ち悪い」「LGBT気持ち悪い」「殺人」を等価に置いた社会学者がいたよねという話題でもそれは結構散見される。

今更こんなことを言わなきゃいけないくらいに人類の知性は発展してこなかったんだという事実を目の当たりにするのは悲しいけれど、「論理的に等価である」というのは別に珍しくもなんともないんですよ。

LGBT気持ち悪いと思う権利」も、「ラノベの表紙が気持ち悪いと思う権利」も、誰にだってあるんです。

そこから一歩進んで、「LGBT気持ち悪いと発言する権利」も、「ラノベの表紙が気持ち悪いと発言する権利」も、誰にだってある。ただし、そこには発言したなりの責任が伴う。「LGBT気持ち悪い」と発言することによって、LGBTである人々を抑圧することはあるでしょう。それと同じことで、「ラノベの表紙が気持ち悪い」と発言することによって、ラノベの表紙を描くことをライフワークにしているイラストレーターさん・ラノベの表紙によって生きる糧を得ている人々(ざっくり言うと女性から切断された「キモくて金のないおっさん」を例に挙げておきますが、もっと単純にそれを単純に「いいイラストだなー」と思いながら受容する人々[男女問わない])を、抑圧することもあるでしょう。

そこは、何をどう解釈したとして、論理的に等価です。

では、その二つの何が違うかって、「何かを気持ち悪いと発言することで、どれだけの存在保護しようとしているのか。そうすることで、どれだけの存在を切り捨てることになるのか」という違いでしょう。

LGBTへのヘイト発言禁止することで救われるLGBT当事者気持ち価値は、LGBTへのヘイト発言禁止された人々の気持ち価値を上回る。LGBTに対するヘイト発言は、LGBT当事者を下手すると死にすら追いつめてしま可能性があるし、そういった想像は容易だからだ。

では、それと論理的に等価であるところの、「ラノベ気持ち悪いと発言する」ことの場合はどうなのか。ラノベ気持ち悪いと言われることで抑圧される対象は、発言を受けたことでLGBT当事者と同程度に守るべきなのか。これは個人的見解だが、同程度の重みを持たせることは、少なくとも想像範疇では難しいのではないかと考えている(これは、あくま個人想像範囲である)。

だけど、そこから一歩進んで、「気持ちいか規制すべき」という話になると、話は別だ。

LGBT気持ちいからその権利規制すべき」となったら、まあ、少なくない人間直感的におかしいと思うだろう。「気持ち悪い」という内心の権利を守るために、他者人権制限するというのは、保護法益バランスが全く取れていない。

では、「ラノベの表紙が気持ちいから、ラノベの表紙を制限すべき」という話になると、直感的におかしいと思う人が減る、という印象が、本増田にはある。減る理由はわかる。当事者属性の違いだ。LGBTである人々の存在は、少なから想像がつく。フェミニズムが守ろうとしている「女性」という存在も同様である。それに対して、「ラノベを表紙を制限することによって抑圧される人々」の存在がやや想像しづらいというのは、まあ、わからなくもない。

ラノベの表紙は「娯楽」である。娯楽に対して、LGBTというのは在り方そのものである。在り方そのものと、娯楽とであれば、そこの比重が異なるのはわかる。だが、世の中には、少数であっても、「ラノベの表紙を書くのが生業である人々」「ラノベによって救われている人々」が存在する筈なのだ。そこにあるのは、人類の数%(1億人近く)の権利を守るために、数千人の権利を縛るべきかどうか、という利益衡量の問題である人類の半分である女性権利を守るために、何千万人と存在するミソジニーな人々を抑圧すべきか。あるいは、女性権利を守るために、ラノベ関係する人々の権利を抑圧すべきか。

ここで本増田が言いたいのは、「お前の発言で抑圧される人々がいるから、ラノベの表紙を気持ち悪いと言うな」という話ではない。

現実世界において権利権利がぶつかるのは当然であって、そのような現実において、ある特定立場の人々を「守らない」という選択をするのは、仕方がないことだとは思う。だけど、その「守らない」という選択したことから目を背けるのは、誰がどう取り繕ったとしても、欺瞞しかありえない。

LGBT気持ち悪いと思ってしま人間にとって、それは仕方がないことだ。だが、発言した瞬間に、LGBTの人々を敵に回す覚悟必要だ。

それと同時に、ラノベの表紙を気持ち悪いと思う人間が、それを口に出し、主張する場合、「他人を抑圧する」という現実から目を背けてはならない。

況んや、「規制すべき」という話になると問題はかなりでかくなる。ここに来ると、「規制すべき」という形で、表現の自由問題が関わってくるからだ。

表現の自由」は、誰かが誰かから抑圧されないための権利である(それは主に公権力であることが多かったが、それ以外の私的権力からの抑圧を防ぐためでもあろう)。それは、どんな人間にとっても、本来的に備わっているものである、と法学人権定義をそのように構築してきた。それを制限するためには、それなりの整合性、具体的には「保護法益がどの程度大きなものなのか」を精緻検算しなければならないと、様々な判例の構築によってその線引きを見積もってきた。世の中の人々が考えている以上に、表現の自由ものすごく大きなものなのだ

それに対して、気軽に「ラノベの表紙が気持ちいからそれを制限しよう」と言い出す人たちは、その権利の重さをどの程度理解しているのだろう。「ラノベの表紙が女性扇情的に描くことで、女性蔑視・女性の「モノ化」・男尊女卑的な観念等を強化する」というのは理解できる。そして、それを守ることがそもそも男尊女卑的な、フェミニズム批判し続けてきた構造権力を強化するから全く擁護できない、という話もわかる。

だけど、それを主張することで、逆に自分たちが誰かを抑圧する可能性について無自覚か、目を背けているひとが多すぎやしないだろうか。

最悪、抑圧が発生するのはいいよ。民主主義ってもの絶対に少数派の意見を切り捨てる(厳密に言えば、多数派は少数派の意見を最大限聞かなくちゃいけないのだが、本題から逸れるので一旦措く)ので、仕方がない、避けようがない部分もあろう。でも、「そもそも自分たちは誰も抑圧していない」と言いはじめるのは、何か違うんじゃないか

俺が、青識亜論は少しむかつくけどそれ以上に彼を擁護したくなるのは、それが原因だ。青識亜論は特権性について何度も言及していた。市民社会において、どのプレイヤーも、プレイヤーとしては等価な筈なんですよ。市民市民を抑圧することはできない。市民は抑圧に対して抑圧に反発する権利がある。その権利が、あたか存在しないようにふるまう少数派が多すぎる。

せめて、「私は少数派の権利を守るために多数派権利を抑圧する立場に立ちます」くらいの大上段はふるってほしいものだ。本増田はその権利を守る。

2018-09-16

anond:20180916232553

続き

4.それに対する反応

5.これらを見たわたしの所感

コミュニケーションが失敗していて、また無駄煽りあっている。

饅頭(光属性バーチャルツイッタラー)氏の解説が、青識亜論氏たちの受けとり方としてわかりやすい。

一方、意見を発した側の牟田和恵氏の意図はそうじゃないとわたしには読める。

牟田和恵氏は、

そもそもラノベ表紙の「表現の自由」を主張とLGBTに対する生存権を置き換え可能概念ではないという想定を持っている。

から殺人を行なう自由をそこに加え、置き換え可能ではない殺人を行なう自由を並べるくらい無意味なことだよ、と皮肉ろうとした。

しかコミュニケーションは失敗する。

その原因のひとつは、

牟田和恵氏が「殺人小説に書く権利」を加えてしまたことだろう。

殺人小説に書く権利」は別に普通だし推理小説書くたび捕まってたらたまらない、と皆、思うからである

主張したい意見がぼやけてしまった。

一方、ラノベ表紙の「表現の自由」を主張とLGBTに対する生存権を置き換え可能概念という想定を持っている青識亜論氏らは、そもそもその想定を疑うことができない。

から牟田和恵氏の「そもそもラノベ表紙の「表現の自由」を主張とLGBTに対する生存権を置き換え可能概念ではない」という主張が伝わらず、

何言ってんだおまえ……的な反応になる。

皮肉って難しいね

ここで脱力したり、伝わらないことに腹をたてたりせず、自分が「殺人小説に書く権利」という不要な例を挙げてしまたことを詫びて、対話を続けるのが最善。

最後に、牟田和恵氏が持つ想定

ラノベ表紙の「表現の自由」を主張とLGBTに対する生存権を置き換え可能概念ではない、は正しい。

それを、白饅頭(光属性バーチャルツイッタラー)氏の先ほど引用したのと同じTweet説明の仕方を示してくれている。とてもわかりやすい。

でもそこになぜ、LGBTを入れてくれなかったんだろ。

饅頭(光属性バーチャルツイッタラー)氏風に言うと、

ラノベ表紙→表現の自由

LGBT生存権

ラノベとLGTBと置き換え可能にするの大丈夫??

2018-09-13

anond:20180913083544

ちゃんブコメ見てる?

ほぼボランティア敵視者=ラノベ敵視者じゃん(だいたいアベガーもセットで付いて来る)

そしてラノベには健康被害エビデンスなんてないんだが

もしかしてお気持ちによる排除願望とエビデンスのある健康被害への忌避等価なっちゃう人?

まともにエビデンス出せないから娘ガーなんてマック女子高生論法にも劣るもの持ち出してるんでしょ

2018-09-11

地方の豊かな自然に親しむ子育て

https://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20180910/1536574144

地方の豊かな自然に親しむ子育て」って地方子育てをするメリットとして語られるわけなんだけど、それってなんか有意統計的な結果として現れてるものなのかなあ。たとえば、地方の方が都心部よりもいじめの発生率が低いとか、不登校が少ないとか、刑事事件が少ないとか。

寡聞にしてそういう統計を見たことはないのだけれど、印象論で言えば「豊かな自然に囲まれ子育て」って、彼らが喧伝するような「精神的な豊かさ」に、全く寄与してないように感じてる。マイナスの影響があるとまでは言わないけれど、いじめなんてどこでも同じように起きてるんじゃないかなあ。

「豊かな自然の中で子供を育てたい」って、それってたとえば「子供ピアノを習わせたい」なんかと似たような、ある種の親のエゴであって、きつい言い方で言えば、「親が他人アピールしたいライフスタイル小道具として子供を利用しているだけ」ってのはあるのじゃないか。もちろんそれはアーバンライフタワーマンション子育てをしたいってのも、全く同じような意味で、「田舎暮らし」とは別種の「アーバンライフ」っていうスタイルの誇示にすぎないわけだけど、だからこそその両者は、「そんなもの子供にしてみればどの親のもとに生まれるのか選択できないように、結局は生まれた親の趣味で育成される以外にない」という意味等価でしょう。

なんかこう、最近少子化につながる息苦しさの一端は、「子供幸福に導かなければならない」「その意識がない親は害悪である」みたいな強迫観念にあると思うのだよね。いやあ、もちろん、親になったからには子供幸せを願うし努力もするんだろうけれどさ、一方でその努力ってのはいつもどこか空回りで一方的であり、小児教育ってのは洗脳とほぼ同義であるってのは忘れちゃいけないと思うんだよ。

もちろん虐待はゆるされないわけだけど、じゃあどこまで子供に尽くせば合格なのか? みたいな競争を始めると、際限なく子育てハードルが上がっていってしまう(そして実際自分ハードルを上げすぎて自滅して病んでしまう親もいる)。今回の件で言えば「子供を育てるために田舎に(あるいは都会に)引っ越すべきなのか?」みたいなのがそれ。正解を定義するってのは同時に正解以外、つまり不正解定義するに等しい。そこまでハードルを上げれば、ほとんどすべての親が失格になってしまわないかな。そして今生きてる殆ど日本人が「失敗した教育環境製造された人間」になってしまわないかなあ。

ネグレクト推奨という意味ではなくて、子供って(つまり人間という存在って)結局自分でかってに幸せになっていく生き物だよ。周囲の教育環境をキョロキョロ見回して、自分たちを減点主義で採点し、劣等感やら罪悪感をこじらせて結局子供にあたってしまう前に、「まあこんくらいでいいだろう」みたいな落とし所みつけるのが重要だと思う。

2018-09-09

一人旅

私は今、埼玉にある、一人暮らしをしている会社の寮に帰るため、中央本線を上っている。

――いや、正確には、明日会社の出社時刻に間に合わせるために、帰っている。

金曜の夜、同期と終電間際まで飲んだ。一次会は和食コース二次会適当大衆居酒屋で騒ぎ通した。飲みすぎた後悔を心内にしまい込み、三次会へ向かうまだ元気な彼ら、彼女を見送った。今日はここまで飲むつもりじゃなかったのに…、まだ明日の準備ができていない。帰りの電車の中で日付が代わり、4時半起きという事実が、吊り革に掴まったまま立ち尽くしている、酔いの覚め始めた私の頭にのしかかってくる。

4時間眠ることができた。5時に起きて、まだうす暗い外へ目をやる。アルコールがまだ残る体を引っぱたき、すぐさま荷造りを始める。荷造りと言っても大した量じゃない。それからぱっぱとシャワーを浴び歯を磨き、合計して30分ほどで準備が終わった。

1泊分の着替え、タオル歯ブラシを詰め込んだバックパックを背負い、青春18きっぷを手に握りしめ、まだ日が昇りきっていない外の世界へ繰り出した。

社会人1年目は、あっという間に6ヶ月が過ぎた。

まれから大学卒業まで、私は東京で両親と住んだ。入社と共に両親が自身実家に帰り、私は埼玉で寮を借りて一人暮らしを始めた。

それから今日まで、特に苦も楽もなく、上り坂も下り坂もない平凡な毎日を送っている。

土日はたまに遠くに出かける。

完全週休二日制の、どちらかといえば優良企業の弊社に感謝をしながら、週末の旅の予定を立てるのがこの虚しい日々をやり過ごす唯一の楽しみだ。

周りの同期はみんな一生懸命に見えて、賢く見えて、社会人を楽しんでいるように思える。

なにが私と違うのか、最近考えているけれど、まだ答えは出ていない。

22、3歳、の同期、もしくはマスターならそれ以上。彼らと私の過ごしてきた時間等価であるはずなのに。

劣等感だろうか。何に対する?わからない。きっとこれまで過ごした人生の重ね方だろう。

10時間列車を乗り継いだ。小田原熱海沼津静岡浜松豊橋岐阜

不思議とあまり眠気は襲って来なかった。やはり鈍行の旅は好きだ。途方もなく長い間に意識が引き伸ばされながら、少しずつ近づいていく。そして、気付くとそこにいるのだ。

下呂に着いた。予約しておいた民宿にお世話になる。

浴衣に着替え、下駄に履き替える。温泉街をぶらぶらして、たまに気に入ったものがあれば食べ歩き、たまに宿に帰って酒を飲み、湯船に浸かる。この繰り返し。

一人はいものだ。誰にも気を使う必要がない。もし私が、ふと道端に、使われなくなった昔の煙草自販機があって、それをまじまじと見ていても、誰も文句を言わない。サビの具合や、今はもう売っていない銘柄に関心を寄せて、私が私自身で解決できる。

こんな調子で夜も適当ご飯を食べて、適当に酒を飲んで寝た。もちろん朝も適当に起きて、朝風呂に出かけ、朝飯を食べた。

正直、どこに行ったかなんてここに書くことについてはどうでもいいのだ。ただ単に、私が言いたいのは、"社会がひどく七面倒臭い場所であること"についてのみだ。

それに反して、旅とはどれほどいいものか。自由象徴だよ、一人旅は。

きっと私は、縛られることになれていないだけなのだろうな。そしてこれから慣れていくのだろう、いや、嫌でも慣らされていくのか。

帰りは美濃太田から多治見、そして中央本線上り、帰路につく。こんな旅程、ほとんどの人間は呆れてしまうだろう。

そして私は今、大月にいる。酒を片手に、明日に向かう。

2018-09-06

anond:20180906015608

人の命は等価じゃないんだしやっぱり他のもので測るべきでは?

価値人間も多い訳だし

2018-09-05

anond:20180905215824

キモくて金のないおっさんアパートの一室で倒れ1ヵ月発見されることなく床の染みとなる最期を迎えることについて

他のまっとうな死に方と等価であると思えるのならばその通りだと思います

しか現実には国民全員にそのような考えを受け入れさせることは難しいのではないでしょうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん