「ゲゲゲの鬼太郎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゲゲゲの鬼太郎とは

2021-01-30

夜叉姫について

半妖の夜叉姫について、製作者や視聴者ネット上でのふるまいに対する雑感

いきなり夜叉姫とは関係ない話になる。

最近リメイク作品二世作品というのが流行っている。

なぜこれを最初に書くかというと、夜叉姫は名作「犬夜叉」の二代目作品からである

リメイク作品を作るというのは、本当に難しいと思う。

リメイク作品というのは、よく言えば古くから創作をし公式から供給が無い苦しい時期でも布教活動に励みジャンルを活気づけるファン

悪く言えば自分やそのお友達のみで育まれ自己都合解釈妄想に長年中毒になった信者、というのが必ずついて回るという、大きいリスクを抱えてしまうことになる。

ドラゴンボールドラえもんみたいに定期的に続編が公開されるジャンルではなく、長年のインターバルを経て続編を製作するというのは製作からしても長年のファンからしても大変だと思う。

公開前は異常に話題になったにも関わらず放送されてからは全く話題にならなかったり、前情報では全く話題にならなかったのに放送されてから人気が爆発したりなど、

アニメ製作自体博打なのに、リメイク作品というのはそれ以上の博打を行うことだ。

個人的感想として、ここ最近リメイクアニメ大成功したものは、GRIDMANくらいだと思う。元が特撮の物をアニメにしたのがリメイクといえるのか?という疑問は自分の中にもあるけど…

あとは、おそ松さんゲゲゲの鬼太郎成功だと思う。ここ5年くらいのリメイクアニメラッシュは、おそ松さんの功績だと勝手に思ってる。

現在放送中のリメイクアニメ成功してるなと思うのは、ひぐらしのなく頃に業。放送中なので今後の評価がどうなるかわからないけれど、今のところキャラクター目当てで見ていた人も考察好きの人も良い意味で盛り上がっているように見える。

逆に、期待以下でジャンル者が静かになるどころか毎週毎週異常と言っていいレベル炎上していたのは寄生獣だと思う。

寄生獣アニメの凄いところは、別に寄生獣ファンとして創作活動をしている人が大量にいるわけでもないのに、アニメ実写化が決定された時点で賛否の嵐、放送されてから批判の嵐だったところ。

回り道をしてやっと本題に入る。

夜叉姫は犬夜叉二世作品であるキャッチコピーは確か「殺生丸には娘がいる」だったか

犬夜叉続編アニメという時点で、昔の傷が疼いて暴れている人が結構いた。

20年前のアニメ犬夜叉は、正直原作強火ファンにはあまり評価がよくない。

原作強火ファンというのは、主に漫画犬夜叉×かごめのCPが好きな人のことです。

かにかごめの性格が所々ヒステリックになったり、桔梗悪女になったかと思いきやその後の物語矛盾する程に犬夜叉と愛し合っていた描写がされたり、犬夜叉の成長が無かったことになったりなど、粗い部分もあるアニメではあった。

しかし、ここで原作強火ファンの人に気をつけてほしい。

原作を知っている人からしたら憎しみを抱くレベルでの改変があったとしても、初めてアニメを見る人からすればそれまでどうしようもない話の矛盾が発生しているようには見えないのである

実際、アニメ犬夜叉に対して、原作を読んだことのなかった放送当時の自分はそこまで大きな矛盾があるとは思わず基本的には楽しく視聴していた。

当然面白くない回も存在したが、それは原作漫画も同様である

しろアニメを見てから漫画を読んだ時期の、本誌連載の展開の中だるみの方がしんどかった。

夜叉姫に対して批判的な意見を言う人に対して、一番ドン引きしたことは「高橋留美子先生可哀想」という発言をしている人がそれなりの人数で見受けられることである

原作者と何も接点が無い人間がただの憶測・というか自分の願望として

自分はこんな続編を望んでいないので悲しい、ということは原作である高橋先生も悲しんでいるだろう」という妄想押し付けて、それに対して少しの疑問も抱かずにSNSで発信していることである

これが、新人作家が初めてアニメ化した際にファンが言うというシチュエーションであれば理解できる。

しかし、高橋留美子は紛れもないレジェンド作家であり、犬夜叉20年前にアニメ化しており、夜叉姫のスタッフは当時のスタッフが多いのである

また、高橋先生アニメスタッフとも親交があり旅行にも行く間柄である

そんなアニメスタッフ交流のある大御所漫画家が、アニメスタッフに良いように利用されているだけだと思っているのか。

自分他人の考え方の違いや立場の違い等の境界線存在しない人間なのだろうか。

別に悪気があって言っているわけではないのだろうけど、本当に気持ちが悪かった。

話がつまらなかったで済むところを、完全な憶測被害妄想爆発させてる。

製作者がインタビューでことあるごとに原作者のお墨付きであるアピールをしていることに、多少イラっとする人がいるらしくそれには完全同意だが、

ファンの人の「原作者さん可哀想」「これ原作者は納得したのかな」発言には同等かそれ以上にイラつく。

主語を大きくして発言することが大嫌い。

自分好き嫌いのみで語れ、他人を巻き込むんじゃない。

ブログ愚痴を長々と書く人もいる。それ自体は悪いこととは思わないし、内容はなるほどなと思えるものも多々ある。

しかし、私が不快になる部分が一点。大体の人に共通しているのが、冒頭に「夜叉姫を楽しんでる人は見ないでください。製作陣を誹謗中傷する目的はありません。」という警告文を冒頭につけていること。

いや…それ個人サイトまたはブログしか感想を発信してる人がつけて初めて意味のある警告文じゃん…。

その長文愚痴リンクは、散々愚痴をまきちらしTwitterアカウント宣伝してるんじゃん…。

そのリンク踏む人の内訳は、あなた夜叉姫に不満たらたらなこと知ってる人が90%でしょうよ…。

ブログの冒頭で注意文つけるんだったら、Twitterプロフィールか固定ツイートにも同じこと書いとけよ…。

あと愚痴ブログ夜叉姫楽しんでる人は見ないで!警告つけるんだったら、キャラ名・CP名を検索除けもせずそのままでつぶやかないでほしい。

ブログでそう注意書きしてる人のTwitterでのアンチ意見普通にキャラ名で検索に引っかかるんだな。

そういう矛盾イラっとする。

だったら、このアカウント基本的にはアニメ犬夜叉に対して否定的です。と書くか、専用の愚痴垢作るか、鍵垢にするか、いくらでも方法はあるのに何もやらないんだろうな。

夜叉姫や犬夜叉に興味をもった人がTwitter検索して「犬夜叉界隈こわ…近寄らないでおこう」と思っていることも考えないで、お友達公共の場愚痴大会したいだけなのでしょう。

それは別にからだけどな。原作連載時は、原作に対しての愚痴大会キャラアンチを隠しもせずやってる人大量にいたし。

あれから十何年以上経っててこれな人はまともな日常生活を送れるのかと思うけど、青春を捧げた作品で何かが発生したら、精神年齢青春当時に戻ってしまうんでしょう。

進撃の地ならし中エレンの「自由だ」みたいな感じ。

結局のところ、犬夜叉界隈の人が散々愚痴ってるのに夜叉姫を毎週毎週視聴するということは、

「それも全部、あたしが、犬夜叉を大好きだってことよ。」これに尽きるんだろうな。

自分は今後も、犬夜叉かごめ桔梗三角関係を見ていたように、夜叉犬夜叉原作夜叉アンチ三角関係を見ていく。

2020-12-08

anond:20201207121329

ふと、これに似た状態があるなと思い出したよ。

ゲゲゲの鬼太郎よ。

嫌いではない。嫌いではないけど好きではない。

そういうスタンスからどこに魅力があるのかわからないのよね。

でも、ずっと評価されてるし、アニメ化もされ続けているし、各キャラ説明できる。

でも、そんな人気がある意味がわからないし、すべてのが意味不明でもある。

鬼滅の刃小学生人気がわからないのなら、ゲゲゲの鬼太郎小学生人気もまたわからない。

それぞれ鬼がからんでますね。

anond:20201207121329

ふと、これに似た状態があるなと思い出したよ。

ゲゲゲの鬼太郎よ。

嫌いではない。嫌いではないけど好きではない。

そういうスタンスからどこに魅力があるのかわからないのよね。

でも、ずっと評価されてるし、アニメ化もされ続けているし、各キャラ説明できる。

でも、そんな人気がある意味がわからないし、すべてのが意味不明でもある。

鬼滅の刃小学生人気がわからないのなら、ゲゲゲの鬼太郎小学生人気もまたわからない。

それぞれ鬼がからんでますね。

anond:20201207121329

ふと、これに似た状態があるなと思い出したよ。

ゲゲゲの鬼太郎よ。

嫌いではない。嫌いではないけど好きではない。

そういうスタンスからどこに魅力があるのかわからないのよね。

でも、ずっと評価されてるし、アニメ化もされ続けているし、各キャラ説明できる。

でも、そんな人気がある意味がわからないし、すべてのが意味不明でもある。

鬼滅の刃小学生人気がわからないのなら、ゲゲゲの鬼太郎小学生人気もまたわからない。

それぞれ鬼がからんでますね。

anond:20201207121329

ふと、これに似た状態があるなと思い出したよ。

ゲゲゲの鬼太郎よ。

嫌いではない。嫌いではないけど好きではない。

そういうスタンスからどこに魅力があるのかわからないのよね。

でも、ずっと評価されてるし、アニメ化もされ続けているし、各キャラ説明できる。

でも、そんな人気がある意味がわからないし、すべてのが意味不明でもある。

鬼滅の刃小学生人気がわからないのなら、ゲゲゲの鬼太郎小学生人気もまたわからない。

それぞれ鬼がからんでますね。

anond:20201207121329

ふと、これに似た状態があるなと思い出したよ。

ゲゲゲの鬼太郎よ。

嫌いではない。嫌いではないけど好きではない。

そういうスタンスからどこに魅力があるのかわからないのよね。

でも、ずっと評価されてるし、アニメ化もされ続けているし、各キャラ説明できる。

でも、そんな人気がある意味がわからないし、すべてのが意味不明でもある。

鬼滅の刃小学生人気がわからないのなら、ゲゲゲの鬼太郎小学生人気もまたわからない。

それぞれ鬼がからんでますね。

2020-12-04

ゲゲゲの鬼太郎になれなかった

子供の頃ゲゲゲの鬼太郎にあこがれてたけど

ねずみ男みたいな感じになったわ

2020-12-03

鬼滅の刃を蹴ってさらざんまい放送するテレビ局ってめちゃめちゃ尖ってるよな?

ちょっと前にゴシップ誌だか痛いニュースかに

フジテレビ鬼滅の刃(一期)の製作に関わることを断っていたという記事投稿されて

はてブでも「だからフジテレビは駄目なんだ」と例の如くパプリックエネミーFNNを叩いて勢に浸る遊びが開催されていた。

でも2019年の春クールフジテレビ放送されていたアニメってワンピDB以外だと「ゲゲゲの鬼太郎」と「さらざんまい」なんだよ、覚えてるか?

無期限の長期放送に入ってるワンピDBと定期的にリブートすることが伝統と化しているゲゲゲを除けばフジに空いている枠はノイタミナしかない。

そのひと枠に天下のジャンプ連載の勧善懲悪ヒーローアクションものを蹴って幾原邦彦オリジナル企画を選ぶというこの選択かなりぶっ飛んでるし、

プロデューサーより上にある程度理念みたいなものがないとやっぱできない気がする。

ウテナもうっすらそういうテイストあるけど、ピンドラから始まる21世紀幾原邦彦作品って「規範に潰される若者」の物語なんだわさ。

長男から」とか「強くならなきゃ」とか「先輩だから」とか「欲しがるばかりの奴は」って言葉ですり潰されそうな奴らが物語の中心にいる。

マクロ視点での善悪否定登場人物個人ミクロ感情肯定していく。そして最終的にそういう奴らが互いを理解し融和していくことで救済される。

例えるならサイコロ先輩のジレンマとか獪岳の苦悩に目一杯フォーカスを当てて、

彼らを「そうだよね君らにだって少しも慈愛がないわけじゃないし、不真面目なわけでもなかったんだ」って抱擁するのが幾原作品世界観だと僕は思う

ネットにおけるフジテレビは雑に言って「体育会系のノリでコミュニケーション弱者嘲笑文化を持っている」「軽薄で流行りに乗っかるしか能がない」というイメージで取り扱われている。

が、しかノイタミナは「連ドラのようにカジュアルに楽しめるアニメを」というマイルドヤンキーに向けた方向性を打ち出しながらも、

出版社業界力学オタクカルチャーゲームマンガラノベ等)のトレンドに左右されず、独自の指針に沿って型にはまらない企画を発表し続けてきた。

からこそオリジナル企画も多く、ただの深夜のアニメ枠でしかない「ノイタミナ」がブランドとしての意味合いを帯びてきたのだ。

視聴者と変わらない普通な現代社会で生きる、エリートでなければ超人的な能力も持たない平凡な人間叙情主題にした「あの花」は、

とらドラ」でその萌芽を見せていた超平和バスターズスタイルを完成させたとともに、アニメ純粋ヒューマンドラマを展開するエポックメイキングになった。

PSYCHO-PASS」は倫理観倒錯する未来ハードボイルド調に描いたディストピアサイバーパンクの秀作として10年代象徴する一作となった。

四畳半神話体系、ピンポンつり球といったメディアミックス作品ではなかなかお目にかかれない斬新な映像表現を打ち出した(それでいてストーリー構成にもそつがない)作品もなかなか実現は難しかっただろうしノイタミナでなければあそこまで好意的に受け取られただろうか?と思う。

「冴えカノ」や「DIVE!」のような「ラブコメ」や「スポ根」モノでさえ少年誌ライトノベルテンションから一歩引いたような独特なオフビート感がある。

これもノイタミナというフレームの影響にあると思うのは考えすぎだろうか?

個人的に次期の「2.43」がハイキューとどう差別化を図ってくるかにすごく興味が湧いているし、実のところ「ノイタミナ放送されているアニメ」然とした物が見られることを僕は既に期待してしまっている。

ノイタミナはなんとなくだが、社会から弾かれた者や、秀でた物がなくうだうだする若者に優しい作品が多い気がする。無邪気なラブコメヒーロー物を避け続けた結果なのだろうけど、そこが僕にとっては安心材料になりつつあるのだ。

話を戻すとして、

まずフジ鬼滅の刃を断った背景として、近い時期にジャンプアニメ放送が集中していたことが大きかったのではないだろうか?

周知の通りワンピDB放送しつつ、更に19年冬にはネバラン(一期)を放送していたので、19年春に鬼滅ということになると流石にジャンプコンテンツに偏りすぎるのではと危惧されたということがあり得なくもない。

日和見主義ゆえ、鬼滅の奇抜な作風グロテスク描写拒否反応を示した」というような粗雑なコメントニュース記事では散見されたが、ノイタミナでは過去鬼滅の刃と同系統の「甲鉄城のカバネリ」の製作積極的に関わっていた。故にジャンプ掲載される程度にはマイルドなこの作品を渋る理由としては考え辛いのではないだろうか。

追記

キャロル&チューズデイの存在をすっかり忘れていたことに気がついた。キャロル&チューズデイは19年4月から9月までの2クール放送されていて、鬼滅と丸被りしているので、邪推するならばこの代わりに鬼滅の刃放送されていたかもしれない。

まあとどのつまりそんなことどうでもいいんだけどね。

あいう未熟者が成長して真っ当に何者かになろうとする話は気持ちいいよね。

キャロル&チューズデイはアニメの中でも一際丁寧な作品だったと思う。音楽のこだわりもそうだし、渡辺信一郎さんといえばといった感じのスペースオペラ調のロマンに溢れた雰囲気も流石だなあといった感じだった。

まあこれは観るの中断してそのままになってるからあんまりわかったようなこといいたくないけどね。

実のところ+Ultraの存在自体すっぽり忘れてたんだけど(Great PretenderとかBeastarsみてたのに)、ケモノ物やわりかしハードSF物とかそういうのが多くて、ノイタミナとはまた違った形で硬派の作品を増やしていく感じがして面白いと思う。

2020-11-15

BULLっていう海外ドラマ

テーマソングゲゲゲの鬼太郎ED吉幾三の「おばけがイクゾー」まんまで

聴くたびに飛び跳ねてる鬼太郎が思い浮かぶ

へへへぇ、へへへぇ、へっへっへー

2020-09-29

2020-08-23

anond:20200819204408

本編があるかどうか分からんけどゲゲゲの鬼太郎野球回が一番有名だろ

>三大アニメの本編と関係ないスポーツ

2020-08-09

さっきまでゲゲゲの鬼太郎観てたけど

猫たちが自動車事故で亡くなることに怒り暴れていた化け猫妖怪を阻止する鬼太郎人間なかにも猫の事故死に悲しむ人間もいるんです僕で良かったら気の済むまで攻撃してくださいみたいなくだりがあって泣いた。

嘘。泣いてないわ。

ゲゲゲの鬼太郎3期みてるけど

うっかりキャスト一覧をみてしまった

このせいで鬼太郎アンパンマンがダブってしま

ミスった

ゲゲゲの鬼太郎3期みてるけど

ねずみ男鬼太郎のホッペにちゅーしたんだが

ゲゲゲの鬼太郎3期みてるけど

あかなめの色が緑になるの3期からなんだな

ゲゲゲの鬼太郎観てるけど

妖怪警察鬼太郎冤罪逮捕されて裁判にかけられている

妖怪警察があるなんて聞いてなかったぞ

法と秩序と強制力を持つ執行権力があったら人間社会と変わらないだろう

ただでさえ夜の墓場運動会にでたくないのに

ますます妖怪になる気なくしたわ

2020-07-25

anond:20200724230348

名探偵コナンの作者、ゲゲゲの鬼太郎の作者、どちらも鳥取出身でそれにちなんだお土産があるじゃないか

あともちろん砂丘関係お土産鳥取ならではでしょ!

2020-07-21

なんでもかんでも緒方恵美さんになる件について

緒方恵美さんはい声優だと思う。実力ありで実績がきちんとある声優だろう。声も好きな人は好きだろうし、人気もあるだろうな、と感じてはいる。それを分かっているという前提で読んで欲しい。

緒方恵美さんが好きな人は読まない方がいいだろう。何となくタイトルでも察するだろうが、この文は緒方恵美さんについてのモヤモヤしか書いてない。






私はアニメ業界にあまり詳しい訳では無い。好きになったアニメを見て、そこから声優について調べたりするようになるタイプだ。あるいは原作を知っていて、それをアニメで見るタイプだ。

私の家は別に母親父親漫画アニメが別段大好きな人ではなく、私がある意味オタク初代みたいなものだ。それにアニメにハマったのも少し遅く、同年代オタクより遅れてオタク業界に足を踏み入れた人間である

からなのか、「緒方恵美さんの声をほぼ聞かないで生きてきた」オタクなのである記憶にはなかったが、幼き頃に見た『カードキャプターさくら』に出てたと聞いて、あ、そうだったか認識したレベルだった。でも正直、好みかと言うとそういう訳ではなく、普通かなレベルだった。

しかし、そんな私に転機が訪れた。

漫画の1巻発売当初から追って来た漫画アニメ化し、その主役の少年役(影があって、少し色気を感じる)を緒方恵美さんがやることになったのだ。私はあまり声を知らないのもあって、ある意味、新鮮で楽しみだった。

しかし、公開されたPVを見て、違和感を感じた。私はその少年の声を、高山みなみさんであてていた。オタク特有なのか分からないが自分の頭で漫画再生する時にあてていたのだ。高山みなみさんといえば、近年オタク女子に爆発的に人気な名探偵コナンコナン役だ。それと、ゲゲゲの鬼太郎の5期の声も演じている。私はコナン鬼太郎を見ていたので少し大人びた少年声=高山みなみさんのイメージが強かった。(現在コナンはもう見ていないが)

から少年役も高山みなみさんであてていたのだが、別にハマっていれば今まであててた声じゃなくても私は構わなかった。しかし、何回聞いても違和感はあった。

なんというか、癖が強すぎるのだ。

色気もあるし、声質としては間違ってないと思う。だけど、なんか癖が強い。聞き取りづらいせいなのか、高め声になると掠れ気味になるのが原因なのか分からないが、ひたすらにコレジャナイ感が加速した。でも、初めたばかりだし、アニメをやっていく中で寄せられるだろうと思ってはいた。がしかし、やはりアニメ最終回目前になってもやっぱり違和感は残ってはいた。アニメ最終回は未だにビデオにとったまま、見れていない。

その漫画アニメ化にあたって、1番はキャラデザ作画心配だった。だけどそれは難なくクリアし、あとは心配ない!と思っていたのに、まさか声優問題にぶち当たると思っていなかった私は愕然とした。今まで、声優違和感を初めは感じつつ、最終回目前になれば「結果、この人でよかったよね」となっていたのに、なぜかその少年の声だけはそうならなかった。

私は感じた。

緒方恵美さんの声が、私の好みに合致しないのだ、と。

から、これは私の好みの問題であって、文句を付けるもんじゃないと反省し、自衛をするしかないなと思った。しかし、そんな私に更なる攻撃が仕掛けられた。

最近同人女漫画Twitter流行っている。そこに出てくるイケメン女性がいるのだが、「〇〇さん(登場人物名前なのであえて伏せておく)のCV.緒方恵美でしょ」という文が目につく。

断定を!しないでくれ!!

わかる、緒方恵美さんだって言うのはわかる!確かに緒方恵美さんはエヴァに出てるし、かっこよかったり、どこか影がある役だったり、色気のある役やったりもしてる!だから、多くの女子の心を掴んでるんだ、それは事実だ、私もそこは否定しないし、すごい才能だと思う!でも、だからって、「かっこよくてどこか影のある女の人」の声を全部、緒方恵美さんだろみたいな断言みたいなのを見るとこうモヤモヤが止まらない!!

そのツイートが大量に見られる訳では無いが、やっぱり定期的に湧いてくるし、同じ轍を踏まんようにしても踏んでしまう。私の自衛が弱いのだろうか。もういっそうのこと、名前ミューワードにした方がいいのか。ちなみにこの漫画以外にもそういうタイプ人間が出ると「緒方恵美でしょ」ってコメントが必ず出てくる。

言ってる方は、「裏切るタイプイケメンボイスは櫻井孝宏」みたいな感覚で言ってるんだろうなとは思う。そういうふわふわ〜とした感覚で言ってるんだろうなと言うのはわかる。「緒方恵美でしょ・・・(悶え)」みたいなのもあるんだろうな、という気はする。だけどやっぱりモヤるのだ。

アニメ化の一件でモヤモヤしてからやけに緒方恵美さんの名前を見るようになった。緒方恵美さんを叩きたいわけではなく、彼女のすごい才能を感じつつも、やはり私は彼女の声を好きにはなれないんだろうなと思う。人間的な話は知らない。私は声優に関していえば人柄ではなく、声の好みとかで判断してるので人柄は知ったこっちゃない。だから、そういうのは含まずの話だと思って欲しい。

正直、いちオタク戯言に過ぎないので、軽く読んでもらいたいところである。ここまでとっちらかったことを書いたのはあまりにもモヤモヤして捌け口を探したかたからというのもある。なんせ、私の周りには「緒方恵美さんの少年声がタイプ!」みたいな友人しかいないからだ。

2020-07-16

ゲゲゲの鬼太郎みてたら

目玉おやじが「エコノミーシートより座り心地がい悪いわい」

って言ってて

わず「いや、お前エコノミーシート乗ったことあるんかーい!」

エコノミシート座ってもお前のサイズならほぼほぼかいベッドやないかー!」

って勢いよく突っ込んだら

椅子から転げ落ちた

2020-07-15

ゲゲゲの鬼太郎(第3作)観てるけど

第7話 子連れ妖怪磯女

このサブタイとても見たくなるサブタイだな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん